2014年07月06日

そして、何かを求め始めたその時、
動き始めた世界が存在した。
やっと到達した未来への翼。
まだわだかまりを感じているなら、容赦はしないが、
俺はそんなことをしたい訳じゃない。
怒るってのはあんまりいいことじゃないからね。
一途ならそれでいい。
ヌクモリティ、感じるから。
走りだした何かを感じた。
僕は僕を求めていた。
そして立ちあがった。
この怒りと共に、
充実した日々を送る為に?
未来永劫、立ち上がり続ける為にさ。
もっともっと強くなりたい。
願うことにつつましくなりたい。
何が本当だろう。何が嘘だろう。
でもそんなことは本当はどうでもよくて。
歌いだすハッピー、
煌めき続けるから。
それだけが素晴らしいんだ。
それが素晴らしすぎてさ。
どうでもよすぎて、
悲しいくらいにメロディは流れた。
だってそうしないと物語は進まないから。
だから僕は誓ったんだよ。
未来へと輝く自分を見つける為にね。
生きているってどんな感覚なのか、知らないだろう?
簡単じゃないのさ。いつまでもロックンロールだからね。
こんなに生きていると言うのに、力強さは
あんまり変わらないままなんだね。
こんなに美しい世界のまっただなかで、
この広大な宇宙の真ん中でさ。
すごく半端ない感覚が踊りだしているんだね。
すごく素晴らしいと思うよ。マジでね。
だから僕は伝えたいのさ。
本気の素晴らしい歌声、
流れるような豊かな綺麗な声。
透明で済んでいて、消えていくからっきしの、
闇に消えるスーパーホライズン。
でも大丈夫なんだよ。
すごくとっても大丈夫なんだよ。
なぜなら僕は生きているから。
さらば倒壊地方。
レベル圧迫 なんでもかんでも手に入れる風な我らだから。
その先にどんな困難が待ち受けていようとも、
知るか。そんなの面倒くさいよ。
でもなんとなくメランコリーだね。
だからI LOVE YOU,二人にあげたんだ。
すごく素晴らしいね。
なんかとっても素晴らしいよね。
感動するくらいだよ。
いらないものなんていらない。
吐きだす全てが、盛り上がる全てが、
感情の盛り上がりが伝えたいこと。
やっと自分の出番が来たのに、
何も言えないことが辛かったのかい?
表現できない人間は駆逐されていく運命にあるんだ。
それも致し方ないのかもしれない。
だってそうだろ?宇宙のように、距離のある日常さ。
自分の心と向き合うってのが、
こんなにも難しくて楽しいことだったとは。
言葉で紡ぐのは僕の可能性。
沢山煌めき続けるから
あほらしいほど楽しい。
叩き続ければ分かるだろう。
最初から生きがいを求めていたのだろう。
こんな事実関係があるからこそ、
本当に素晴らしいよね。
ちなみに何度も繰り返されてきた。
この行動パターンを把握された!?
それでも結構ローリングローガンだからこそ、
提督!どうすればいいのでしょうか?
本当に怖いのは一途ゆえか。
楽しさゆえなのか。面白さが最高だ。
チャレンジしていくことが、楽しいのであれば。
完璧に息を続けよう。
簡単でもいいんだ。
なんでもいいんだ。
あらゆるパワーを携えて、
乗りこえていくんだ。
しかし本当にすごいなあ。
よくもまあここまで、
踏み越えてきたもんだぜ。
何もかも失っても、
轟かす気持ち。全部を見つけたんだ。
全て、起き上った気持ちだ。
やっぱり仕方ないのかね。
どうしようもないんですかあ?
でもそれでいいんだよ
まあ、そんな感じでいつも通りなんでしょう。
僕は完璧に生きている気持ちで挑んでいるから。
何がどうあがこうが興味なんてねーから。
話すことは大したことじゃねーけどね。
まあ別にそれでもいいんだ。
くだらねーからいいんだ。
ミステリアスが叫び出してんだ。
こんな自分にすらも、
近づいているものはあるんだ。
やばいくらいハッピーなんだ。
なぜなら俺が沢山を求めているから。
ずっとずっと、考え続けた。
世界は誰の為に存在するのか。
結構な頻度で繰り返される戦い。
僕は少なくとも誰にも負ける気はしないよ。
これだけの力を得たからね。
びしょぬれで、感動的で、
宇宙よりすごいトリプル。
思い出のチームは応援してしまう。
何のとりとめのない話題。
I DON'T WANNA DIE.
だってそんな生き方が楽しすぎる。
成功に導きたい。そんな気持ちで、
溢れそうなミュージック。
煌めき続ける光。
輝き続ける星のような世界。
ミラクルを巻き起こす。
必ずやり遂げてみせるんだから。
勝利に向けて、遠い、遠い場所を目指してきた。
いつまでも育つだろうか。
輝く未来を相対したいから。
冷たい光りに燃やされてしまった。
僕を包括するせめてもの勇者。
でも必ず勢いづいてる。
せめて頑張らせる為に。
道筋を見かけたら潰れそうな気持ち。
ここに存在する全てに疑いの目を。
見たことのない宇宙、とんでもない未来。
駆けあがる地上戦。
経験から向かう日々。
チュニジア大戦争。
終わりなき痛み。
俺は全てを手に入れているよ。
だから今、とっても嬉しくてさ。
壊されても結構だよ。
何がどうとか本当面倒くさいなあ。
必ず手にしてやるんだよ。
見つけた最高のプレイスタイル。
それがどんなに怖かったか。
分からないだろう、分からなくて当然だ。
やっと辿りつけた境地があった。
確実に手に入る理想があったんだ。
俺は何もなくても幸せだからね。
そう言う人間は本当に珍しいんだ。
文章でたくみに自分の感情を盛り上げる。
そんな中で、一途に思い続けるというのは、
どんなに気狂いしても、簡単じゃないのさ。
積み重ねてきた歴史が物語るんだ。
俺と言うブランドはもはやすごいものになってんだ。
輝き続ける光のようだ。
そして、それを手にする全てに、
どんなに苦しい道のりが存在しようと、
それを僕らは希望と呼ぶんだ。
大切なのは未来を手に入れることなんだ。
ずっと思い続けてきたからこそ。
知っておきたいことは常にあるんだ。
思う、僕はただ思う。
仕方ないとすら思う。
でもそれは勝負の常だろう。
背を向けた仲間に、少しもちつもたれつ。
少し眠かったんだね。
でも大丈夫だよ。
心とまっすぐ向き合うことの大切さ。
ありのままの自分、自分らしさ。
行動で示すうちは、喚くうちは。
楽しく輝くことができれば。
見つけることに勇気を持てれば。
事実関係、嘘も含めてほら綺麗だろう?
そんな暑さに負けるような
生半可なパワーじゃねーんだよ。
こんな究極を踊りだすなら、
きっと答えは一つだけ。
ミステリアスが叫び続けている。
未来永劫伝わる者がないのなら、
意味なんて必要ないだろう。
僕が全てを掴んだ瞬間、
この世界中を巻き込むほどの戦い。
嘘偽りなくはっきりと言えるかい?
次の場所に向けて戦い抜く勇気。
どんなに大きな希望も、吸い取って生きていく。
挑戦なき人生に面白さなんてない。
何がどう変わろうが興味はねえが、
ひたすらすごいことだけは分かるよ。
とりあえずね。
感動的な歌声さ。
未知数が呼び込む羞恥湿地帯。
でも全然大丈夫なのはなぜだろう。
こんなにも蠢いているというのにね。
ひたすらに面白いよ。
伝えるのもおろそかな。
でも大丈夫なんだよ。
簡単じゃないこと多すぎて、
感動的なシチュエーションで、
未来が蠢く。煌めく。額に汗をかく。
それでも奪ってきた。つまらない戦いはしたくなかった。
見据えていた。それをしないと駆けあがれない。
未来へとぶっ飛ばすような陽気な太陽。
未知数を探し当てているのなら。
この異常な空間を愛し抜こう。
響きは絶対に伝わるから。
絶対にレスポンス、宇宙よりでかい何か。
たったひとつだけ見失いたくなかった。
思い出したかったんだよ。
ずっとずっと、綺麗な場所にいたかった。
未来への挑戦を見据えて、走りだしたんだ。
もう止まらないんだ。止まれないんだ。
やっぱりそれが正しかったね。
だなんて、追随を、むりくりに、
握り終わる全てに、狂おしいほど
感動的なほど。なぜこんなんなんだろうね。
あなたは一体何を目指しているの?
僕は文章を求め走ってきた。
ずっとずっとそれだけを願い続けてきた。
書き続けた文章はもはや、
完成されているかもしれない。
だけど俺の中では、まだまだ成長中だ。
ゴールを決めるのは自分以外の誰でもないんだよ。
ハッピーニュウニャアみたいな感じで
蠢き続ける歴史の合図に
煌めき続ける星のような
少し暑さでまどろむような。
そんな美しさを秘めながら、
沢山の感情現わしていく。
この行動こそが、
最高なんでした。
でもどことなく不安にさせる。
未知数の巨大な敵に睨みつける。
壁を壊せ。今を見つけ出せ。
何もかも、終わらない為の戦い。
これは変わらない問題なんだ。
ずっと、広がり続けているんだ。
やりたいだけなんだ。
それだけなんだ。
伝えたいこと、意味のある事、
なんでもいいからぶっ飛ばしたかった。
それだけなんだ。本当にそれだけなんだ。
感傷に浸って意味もなく笑う。
ただ少しだけイメージしてみる。
少し泡のような希望を手にとって、
すぐに消えるのに大事に握りしめているような。
やっと辿りついたんだ。
逃すものか。
絶対に手に入れてみせる。
意味がなくたって頑張ってみせる。
素晴らしくエンドレスが変わっていく。
それがすごく面白いから。
この感覚だけが宝だから。
それだけで素晴らしい感動に包まれながら。
素敵な未来が暴走。トロッコの上でぼーっとしてた。
ただそこに存在していることが、
何度でも繰り返せるみたいな?
ちゃんとしっかりいかないと。
伝わるメッセージが僕を後押ししていく。
奏で出すメロディが僕の鼓動に拍車をかける。
今僕にできることは何もなかった。だって僕は運の悪い男だから。
そして歌いだすのか。
未知数を繰り出した。
大好きな音楽で、心癒され、
いつか羽ばたく日をただ思うよ。
それでも邂逅、縮む感動的な
嘘つき物語。
永遠が踊りだすビーナスなのか。
けれどもそれだけじゃ足りない想いが
確かにあるからこそ、
僕らはもがいてきた。
たった一分ですら無駄にしたくはなかった。
永遠が僕を笑い続けた。
何を求めれば良かったのだろう。
分からないからこそ悩んでしまうんだ。
ここに存在するってどんな気持ち?
小さすぎる。短すぎる。
今僕にできることは何もなかった。
なぜなら僕は雨男だから。
悲しいことばっかりなんだ。
いくべき所へいってよ。
やるべきことがあるでしょ?
その悲しい現象に名前をつけるなら?
なんでもいいからぶっ飛ばしてきてよ。
分かったなら今すぐにさ。
知りつくすフリをしてきてよ。
私見た。大変なものを見た。
でも結構大丈夫。そう思える気がする。
それが楽しかったんだね。
ずっと、ずっと思い続けてきたんだね。
仕方ないよなあ。
本当に、しょうがないよなあ。
関西関東なんでもいいんだ。
いくる日々、感激感謝の雨あられなんだ。
時間がそれをいやしてくれると考えた。
でもそれすら、道具の一つに過ぎないと気付いた時。
僕の時間にも限界があるんだと気付いた日。
考えることすらままならない中で、
ひたすら求めるものは一体なんだろう。
ちょっと苦労して、頑張って、
なんとか生きてきたのにさ。こんな結末はねえよなあ。
魔王に立ち向かう勇者達のように、軽々とレベルアップすることができない。
絶滅の炎で照らされた。
僕らに逃げ道なんてなくなった。
どうしようもないならそれも真実。
新しい希望が漏れ出てくるから。
きっと大変な未来に存在していた気持ちに、
なっていた気がするのだから。
思い出せない程度の記憶と、
見いだせない程度の希望。
信じた道を進んだはずだった。
俺に本当に必要なのはなんなのか。
ずっとずっと考えてきたよ。
でも答えなんか出ない。出るわけがない。
人生と言う迷路で迷うしかない。
けれどもそれでもいいと思えるんだ。
なぜだろう、心が広く伝説的なんだ。
煌めき続ける光りがあるのなら、
僕はいつまでもそれを追いかけ続けよう。
そうするしか道がないのなら、
さあ飛び出そう。未来へと羽ばたこう。
絶対にワロスを生み出す為の戦い。
何がどうなってもいいやっていう気合い。
そんぐらいの心配のなさ。
エンドレス、光景の宇宙の左側。
ミステリアスが叫び出すような。
空間が蠢き、開き続けているような。
未来永劫分からないような。
そんな感覚に包まれてしまうのでした。
正しさってなんだろう。
面白さってなんだろうか。
見つけた、最高の歌声。
ハッピーアイランドが歌いだす。
ここに存在することを笑っていやがる。
研究されつくされた顔だな。
最初からんなもん求めちゃいねえよ。
だって僕はいつまでもホライズン。
スタンバイしているのなら、
永遠を共に笑おうぜ。
そして歌いだすんだろう。
こんなんだから分かっているんだろう。
静かに向き合う自分の心がうずく。
ただただ光りを刺し続ける。
何もできないならそれもいいや。
素敵なことが起こるのならそれでもいいや。
きっと嘘で包まれているから。
僕には到底、理解できないだろうから。
ゆったりと、ゆっくりと結ばれていく。
ここに存在する自分が壊されていく。
メッセージは僕を妥協するように。
彼らにとって、絶対に誓えると信じ込めるように。
光り輝くストーリー、
僕は信じていたいと願うよ。
だけどなぜ飾らずにいられないんだろう。
僕はどうして僕を初めてしまったんだろう。
訳が分からないや。
でもそれでもいいと思えるものはなーんだ。
そういや、そういうことだ。
どっちが喋っているのかも分からない。
俺は怖いんだ。
何が怖いんだい?
何にも恐れる必要なんかないじゃないか。
何を馬鹿にしているんだい?
結局果てしない世界、
転がり落ちた崖の底で、
助けを求めて声を枯らす。
この文章が、ああこの文脈が、
僕の全てであって、希望なんだ。
もう何もメッセージ吐きだせないとしても、
壊れるほどの想い、
続くメッセージ、
鍛えるべき部分。
いたわるべき人々と、
輝きを増していく自分との虚像。
何が正しいのだろう。
何が間違っているのだろう。
ひたすら、メンタル的な問題を追及する。
どうすればいいのだろう。
果たして、何が大切だろう。
僕は大好きで、
どうしようもなく大好きだったんだ。
なぜそれは選ばれなかったのか。
半端じゃなくやばいモンスター。
なんでも砕いちまおうぜ。
面白さがあってこそだもんな。
忠実な生き方、
流せなかった涙。
それはとてもおかしいもので、
果たしてそれを認めることができるのであれば、
ひたすらにただ願おう。信じよう。
ここにはもう迷いもおそれもないよ。
大丈夫だよ。僕が守ってあげるからね。
こんな風な考え方ができるのなら、
きっとなんにも怖くないから。
オゾン層の穴のことも、
森林伐採のことですら。
環境を守りたい?
何を信じれば
なんだってそんな嘘ばっか言えんだ?
ここから心理的な大決戦。
闇に消え我が伝説は。
消えていく流浪に少しだけ感じていた。
楽勝で歌いだした。
連続で煌めく光りに、
どうしようもない希望を感じる。
真っ暗闇に僕一人ぼっち
枯れた空間、
流せなかった涙。
終わりを求めて彷徨った。
ただただ生きることにあきれ果て、
伝説のクォリティもお化けになっていく。
僕が最強であるために。
まあなんでもいいんだけどさ。
見つかりさえすれば素晴らしい事になってるね。
見つけ出すことが発狂しそうなほど悲しいね。
でもしっかり前に向いて歩いていくんだ。
素晴らしい影響力だ。
この感覚だけが宝ダカラ。
全部が培うメッセージ。夏色ファンタジーは歌うようで。
悲しい未来はこぼれ落ちるようで。
僕はそれをただ抱きしめているようで。
悲しみ、何度でも繰り返したいから。
願ってやったのさ。導いてやったのさ。
この空間、この心理的影響、面白さの追憶。
未来の彼方へぶっ飛んでいくのであれば、
素晴らしいことだって閃くだろう。
こんないつもの世界が、
広がり続ける未来。
過去にツバを吐き未来をけっとばした。
俺には今だけあればいい。今が輝いていればいい。
そして伝説的な。
建設的な会話。
ディーフェンス、ディーフェンス。
素晴らしいよね。
素晴らしいよね。
この感覚だけが宝だから。
でもついでに狂って
意味もなく笑ってみたりして、
こんなに面白い空間に存在しているなんて、
感動的なミラクルデイズ。
ここが素晴らしいのね。
こんな存在の空間。
全てが全てになっているんだね。
続く夢が続く。
こんな人生が諦めきれずにいるのか。
簡単じゃない歌声が響きわたる。
それでもいいと思えるから。
なんか走ってるよ。
素晴らしい感覚が取り戻されていく。
こんな人ごみに迷い続けていくのか。
その仕方なさ。ずぶぬれファンタジスタ。
まいったなこりゃ。
痛いほどの究極。スタイリッシュな絶望。
未来を夢見て、光り輝くのか。
でも、全てが研究されているのね。
きっと今は自由に空も飛べるはず。
なんか簡単じゃない未来がやってきてさあ。
僕らを置いてけぼりにするんだ。
そんな時間が発狂しそうなほどハッピーなんだ。
声を鷹高に、メッセージを貫く。
この世界、神秘的で未知なフィールド。
僕の知らない世界は沢山存在するけど、
僕の欲しい物はたった一つだ。
この響きだけが宝だから。
ずっとずっと流れていた。
面白い空間に漂っていたんだ。
それしかできなかった。
そうすることしかできなかったから。
僕にはとても。他には何も。
これが全てなのだろうか。
追随を許さない。
淡々と死んでいきたくはないんだ。
感情制限突破しながら、
ぶっ通す道のりが今日を笑っているよ。
この頂きに頂きます。
名前より先にごめんなさい。
美しい未来をご覧ください。
でもだせーサイズの服来てカレーライスを食す
職種はいつでもニーズに左右され
いやなことをずっとずっと繰り返し、
繰り返し繰り返すそんな風な歴史なら
悪循環をぶち壊すには発想の転換が必要だ。
だってエンドレスは倦怠期だろう?
そこに到達したから僕ら笑っているんだろう?
そこに問いかけが発生したから、
俺たちは求め続けたんじゃねーのかよ。
違うのかよ。ミステリアス、希望も失った。
けれども大好きだった記憶は、終わらなかった。
ずっとずっと感傷に浸っていた。
見つけ出す、その感覚だけが宝だったから。
でもずっとずっと綺麗に輝けるわけがない。
もうさっきからずっと考えてることがある。
なんかひどいよなあ。天気模様なんかじゃないよ。
ずっとずっと煌めき続ける。
新しい炎が輝き続ける。
なんとなく、無理強いしてるような気がしてさ。
最高に面白い方向に進んでいるんだよね。
だけどずっと考えていたことを理解するには、
少しまだでも遅すぎる気がするんだよ。
煌めくような快感にあてがわれても、
まだまだ俺の目指す場所は遠く向こうだから。
綺麗に輝くよりも、醜く衝撃を与えていこうじゃねえか。
どうしたって無理な解答用紙、
さあ、花丸を一個おくれ。
でも一つだけちょうだい。
あなたも一人だけちょうだい。
訳が分からないよ。一体どうしろっていうんだい?
こんなにも輝く未来に、
一体何を期待すればいいのか分からないんだ。
光りを濃縮した世界。
眩しくて目がくらむ。
こんなにも一途なら、
一つくらい願いが叶ってもいいのにね。
最初から分からないフリをしていただけなのかもしれない。
自信という素晴らしい武器を。
破壊兵器をもったいぶって。
叩き潰されるように、安全に怠惰に。
自分勝手にふざけてきたから。
そんな心を大切に抱きしめてる。
これだけが僕の正義だから。
面白いことなんか言えないさ。
言える訳がない。
俺は芸じゃないから。
忘れてしまったんだ。
気付かないふりをしてしまったのか。
大切なぬくもり。忘れかけていた。
持っていくんだ。
それだけが正義なんだ。
奏で出す心理のミュージック。
これは確かに存在している。
奇天烈大百科なのだ。
そこにどんな希望が広がるのか、
訳も分からないほど素晴らしいんだ。
綺麗で宴を宴会を始めましょう。
食った気になってる、そればっかし。
それを求めて動いてきたんだ。
全然分からないんだ。
それでもいいと思える。
少しずつ、綺麗な心に満たされる。
これが俺の求めてた状態か。
どういう状況でも俺は頑張ってきた。
そういう気概がねーとやってらんねーのよ。
つまりギブアンドテイク。
されど最高の夢見の城。
アシタノ城か、果てしなさか。
まあどうでもいいけどね。
それだけじゃないってな話さ。
面白くもくどくも
ロストワールド。
俺に残された時間はそんなにないってこと。
だから貴重なんだよ。
頑張っている自分が発狂しそうなほど。
見つかりそうな空間、
イエスと言えなかった脳、
ミステリアス、サブリミナル、
砕け散る発泡スチロールの山に、
沢山蓄えた木の実を携えて。
導かれるのはどこだろう。
綺麗すぎるのはどこなんだろう。
ずっとずっと悩んでいたんだ。
最高を歌いだすその前に、
ちゃんとしたしっかりとした
目つき、光り、頂き、挑戦なき未来に価値などない。
ずっとずっと果てしなさはついてきた。
面白くないからぶん殴ってやった。
面白いからぶっ飛ばされてやった。
そうやって何度も何度も繰り返した。
面白い事は踵を返した。
美しい未来へと辿りついたから。
見過ごすわけにはいかなかった。
ミステリアス、ブギウギな感情ロストチルドレン。
明日、騒いだら、面白くなっちゃったから、
なんか、モノローグ、ひたすら必死な世界観。
どう考えたって無理があるからね。
走りだすワンダフルにこけずにいられるかって。
でもそれが一番最高なんだって。
それが成功したから今もここで立っているなんてことが。
こんな僕が存在していいのだろうか。
それを許された。存在を許された瞬間から、
その長い戦いは幕をあけた。
こんな風に感覚が研ぎ澄まされていくんだ。
一途な生きがいを求めていくんだ。
それだけが僕の正義だった。
だけどそれもたった今失くしたんだ。
俺が欲しいのはなんでもない、
何かが足りない、だけどどこかナイーブ、
知っているくせに。分かっているくせに。
何を今さら気を引いてるんだ?
今更分かることなんてあんのかよ。
そうやって頑張って、感動して、
珍しく泣き腫らして、
誰かが偶然見つけたしまったんだ。
それが楽しい時だってあるんだ。
気付いてるんだろ?
知ってるくせにさ。
何を今さら放蕩する気さ。
何をもがけば、
新しい何かを生み出せばハッピーなのかなんて、
自分の心に何度も何度も言い聞かせてさ。
本当に素晴らしいよね。
虚しくならないの?
こんなずっと綺麗にもがいているというのにさ。
訳が分からないよ。
本当に輝いているつもり?
だとしたらあほらしすぎて笑えるんですけど。
あなたは何を求めているの?
いつも思うんだ、ずっとずっと考えてるんだ。
未来が弾けて飛んでいってしまいそうなんだ。
輝きの中で、ひたすら願う。
ここが正しいことだったなんて、
気付けるわけないじゃん。
分かってるフリしてるだけじゃん。
面白くないじゃん。
こんなんで本当にいいのか?
こうやって人は壊れていくんですね。
ただ、それを忘却の彼方。
ずっとずっと消えていく。
僕は怖くて逃げだした。
追いかけるものはある。
だけど詐欺師扱いされたあの人だって、
美しい未来に希望を灯す。
本当に素敵なものは、どこにあるだろうか。
まだ探している最中なのだろうか。
模索していく超次元。
ひたすらに感じるそんな意味すら越えていく。
ミステリアスが叫び出す。
僕は一体どうすればいい?
願い、消えていく。
それだけが僕の正義だった。
それもたった今失くしたんだ。
記憶だってさ。なんでもかんでもだ。
この、だだっ広い世界の中で、
見つけ出す目の覚めるような子守唄。
大好きだからこそエブリデイ。
凄まじさを物語る。
だってそうじゃないとつまらないでしょう?
イメージできたなら、
分かったからさ。
ワールドカップに移ろう。でもなんだかメランコリック。
再びやってきた侍の伝説、
少ない文章で紡ぐ文章は俺オリジナル。
100年後生き残れるか?
お前らはいつまでも頑張れるか?
長い伝統の器が炎を燃やす。
海外のニュースなんて対してやらねえ。
悪質な法廷、ずぶぬれでもファンタジスタ。
何も語らないメッセージに、
奇天烈大百科。
おかしいと思ったんだ。
この街は違和感の塊だから。
でもなんでだろう。申し分ない素晴らしさ。
そして味わう苦痛とリクエスト。
勝利なんていらないよ。でも敗北も知りたくない。
戦わないという選択肢。
逃げても追いつかれて、戦っても負ける。
そんな場合どうすればいい?
何か方法はあるのか?
感動的な未来。
一途で求めすぎている。
感動的で、面白味のある世界。
煌めく訳の分からなさに、
何もできないことを笑った。
この脳の痛みはなんだ。
どこまで俺は成長していける。
何を手に入れれば満足するんだ。
どうすればいいんだ。
何をすればいいというんだ。
未来を手に入れた。
やっとのことで手に入れた。
だけどちょっと悲しみも膨らんだ。
僕は一体どこにいるんだい?
分からないからもがく。もがくよ。
ひたすらに怖くってさあ。
何もできないことも怖くて。
僕なんかでいいの?なーんてさ。
思い知ることができずにいるのさあ。
はっきり言ってずぶといね。
俺は日本で生きていきたいよ。
さしずめロックンロールよりももっと素晴らしい、
感覚研ぎ澄まされ五感、奇跡に近い現象。
でもやらなきゃ意味が無い。
絶対に分からせたい。思い知りたい。
サクセスの秘密を知りたいから。
私なら望める。
勇気を持って秩序の崩壊を見渡せる。
なんでもかんでも楽しい世界へと、
潰されるようにのけぞるように、
言葉の反射、未来への栄光。
素晴らしい感覚なのならば、
一致した見解を結びつかせた。
脳がやけに痛い。
そして難しい言葉が連続する。
分からない。希望の炎が、どんどん消えていくのか。
しっかりしろよ。意味がないだろ。
綺麗に輝き続ける。
光り、まだ結びつく。
栄光を手に入れる為に。
もがき、生き急ぐ。
でもまだ頑張り続けた。
これでも勢いは失ったつもりはなかった。
ただ、理解しがたい闇に、
飲み込まれないように、
頑張っていただけだ。


(17:04)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字