2013年02月28日

ぶつけまくる。
この行動が、未来を作る。
悲痛な叫びが現代を彩る。

僕は何もできませんでした。
明日を譲る。
それでもキャパシティ、

あなたに会いたいです、
と思いつつも?
ですますきついんだよ いやまじで
ろっけんろーだろ、吐き出しそうなんだ

とんでもないことが怒っているのかもしれませんえん
明日は一万円
僕だけの福沢諭吉

だけどだから だけどこそ
それだからこそ
願いたい希望があるのかもしれんしれん
しれませんえんね。

かなり究極笑い出す宇宙、
果てしない宇宙に身を沈めて生きているようだ。
それが何もできなかったとしても
関係はないさ。

僕は常にいろんなことを考えているんだ。
それが例え意味のない嘘だったとしても
僕は初めてを伝え続ける。

それがどんなに考えられて作られた文章なのか
君は知らないんだ。僕も知らないんだ。
それでもそのまま生きていこうとする
僕の無力さよ。

飛んだ!!
わっと叫ぶ声!!
飛び出すハート、めぐりめぐる宇宙。

僕がどんなに頑張ってもたどりつけない領域があって、
少年Dは言いました。「おやすみなさい」

でも僕
それでも明日が
暴れ出す未来が

欲しいと願うなら俺だって僕だって
私だってそう思うよ。

だって美しいじゃん。
笑ってもいいくらい
面白いじゃん。

こんな平坦なブログだけどね。
どうしてもだめなことがあるんだ。
魂に、嘘はつけない。



(21:13)