2013年01月27日

完璧な人間ってなんだろう?
頭脳優秀、スポーツ万能、
さらにイケメンで、友達を沢山作れて、
その為にお金持ち。
しかもそのお金を自分のためじゃなくて
他の人のために使う。

こんなところだろうか。
まあそんなことはどうでもいいんだけど、
どうでもいいんかいっ!

じゃあさっきの6行はなんだったのさ。
なんなんがうっちゃんなんちゃんなのさ。
健康ってのが一番大事だと思うんだよね。
さらにいえば、不老不死が最高だと思う。

でもね。
それを実現する人が、
本当に完成された人間じゃないのかって。
創始者こそが。
でもね。そんな考え方はね。

泥の中へ海の中へ
沼の中へ山の中へ
宇宙のかなたへ捨てられてぽいっぽいっぽいなんだ。
だから分かっていてほしい。

眠くても笑っていてほしいんだ。
ただそこにいるだけで楽しめる人間になりたくて。
それを馬鹿にする人が許せなくて。
とんでも苦労、新しい自分。

豊かな世界が僕を笑っているよ。
何も答えなんかないよ。
そんなもの一つもないよ。
ここにあるのは見渡す限りの宇宙だけ。

とんでもエブリデイが発狂しそうだ。
ビリーバーたちだってあわてふためく。
完璧が雄々しく波風立てながら
それはまるで台風のように。
やってくる、とんでもない化け物、
魔法少女まどかのワルプルギスの夜のようだ。

完璧リライト
僕の発見。
そう、グーグルクロームを使う時がやってきたのだ。

ニコ動でアニメを見たいと思ったのだ。
健全たる優劣不可解
土日が暇なんぼ?
それでも私は生きている、

ことに損はないと思う、かもしれない。
だけども伝えるのも面倒だから、
明日には忘れておくれよ。

伝えたいのなら僕にだって、
誰にだってできるのかもしれない。

そう、宇宙は広大すぎるからね。
捨て去る現実は無力すぎるからね。
相手が悪かった、そう、今日はbad day.
bad appleじゃないよ。

でもね。でもね。でもでもね。
僕ってばマーベスト
あらゆる時刻に敏感で

毎秒毎秒頭をこくっこくって
それはまるで時計のように
そんなことあるわけないじゃない。
でも、生きていることは、とても楽しいことだから。
夢を諦めないで。


(20:45)