2013年01月24日

そんなこと無理っちゃげっぽなことくらい
知ってるわよそれっくらい
これっくらいのお弁当箱にっ?
とんでもわろりんちゅっちゅエブリデイ?

そんなかき出した泥みたいな表情を
浮かべないでよ
まるで湖に
浮き輪を放り込むような行為を
しないでよ!

誰でもあなたを認めているわ。
きっと誰も忘れないよ。
だったら僕に優しくしてよ・・・・・・
僕を救ってよ!おめでとう!

そんなこっちゃちゅげちゅげナイトで
タイトルなんて見ないでごっつぁんして
とんでもエブリデイがおごりあん
ストイックなパパ、エンドレスザワールド、

とんでも発狂、
明日も絶叫、
スタイリッシュな生き方希望!!

だがしかし
それでもだけどね
僕はいつもね

ストレイトフラッシュ、
しかもロイヤルですぜ。
とんでもアリゲイツでしょう?
タイトルなんかどうでもいいぜ、
俺は内容で勝負するんですか?

まるでお姫様になった気分だぜ。
完全に怒り狂ったお母上。
とんでもナッシングなエブリデイが僕の教科書。
それはまるで挨拶をするように、
何度も何度も繰り返される俺の言語。

だからこそ勇気なのかもしれない。
その知らない世界に突っ込む勇気を、
未来への挑戦を、
かけた戦い。

生死をかけた戦い、なのですかん?
そんな奴とは戦いたくないよ。
おら、もっと弱い奴と戦いてえ!
俺はすでに死んでいる。

悪い、俺社会的に死んだ、みたいな?
それでも面白さエブリデイ。
さあかぞえよう、
未知の道の数を。

新しい明日が今すぐにもやってきそうだから
とんでもなっしんぐなぽろろりんを沢山手に入れよう。
あいつらタレントがそろってやがる。

面白さってなんだろうね。
そんなことどうでもいいのかもしれないね。
やるんなら頑張るしかないさ。
そんなこと分かってるさ。
意味なんざもとめちゃいないさ。

だから僕は叫び伝えるんだ。
戦う相手は永遠さ。
頑張って追求するんだ。
そしていつか、超越してみせるんだ。


(17:41)