素晴らしい未来に映し出されるように。
気持ちいいことを繰り返すように。豊かな事実。
完璧な存在なんてないの それが現実なの。

でも僕は使命に追われているようで。僕はおなかがすいたんですか?
どうしてもだめなんですか?やめてほしいんですか?
それでも走り続ける僕はなんなんですか。

やばいですね。それはとんでもないですね。訓練は必要だと思います。
素晴らしいことに手に入れた、全てを導け未来像。宇宙、楽しさ、エブリデイハッピー。
完璧なエブリナイト。実習エブリデイ。そのたくさんの言葉の渦にもまれて楽しむのさ。

楽しいことだらけでたまらないんだ。ストレス発散の方法なら知っているんだ。
ぶつけるんだ。その魂。完璧エブリデイ。僕はとっても楽しいのさ。
だからこそ考えなければならない。夢を見続けなければいけない。

とんでもないワロチングに身を預けて。騒がしい言葉に追われても頑張り続けるようで。
無理をしているようで。僕はなんでもできるようになりたい。
限りある人材の豊富な感性を。何かを手にするための哲学を。

行く道いくのさ。やばいくらいなのさ。それは本当に、とんでもないほどに。
素晴らしいことばっかりになっちゃって。とんでもワロスな宇宙を見るようで。
美しい未来を見据えるようで。とんでもなくワロスなワールド、

鍛え上げられたタイピングの実力。まだまだ俺はやれるんだ。まだまだ頑張れるんだ。
完璧ならば、それが素敵ならば。とんでもワロスな展開にしてやろうじゃない。
僕は何も考えてない・・のか?でも僕はまだまだ発展していきたいからさぁ。

冷たい?そんなこと関係ないね。美しさの未来にはきっと楽しい未来が待っているから。
夢が僕たちをおいてけぼりに。捨ててしまうようだ。美しい未来を背負っているようだ。
いつになったら、どれだけ頑張ったら見つけ出せるんだい。

見たこともないような美しさ。やめてほしいほどのスーパーライン。
それが本当にいいことならば。大切なことが決まっているのならば。
相手が誰かも知らない。誰が何と言おうと楽しむのが人生だろう。

でも僕は他人の幸せを考えなきゃいけないんだ。どうしてもわからないんだ。
外を見れないんだ。相手に合わせて考えるんだ。やばいほどに。
素敵な宇宙、未来映像。楽しくてワロリングエブリナイト。

素敵エブリデイ。面白さに見つけられてしまった。認められてしまった。
宇宙は・・誰かは誰かのために存在している。それはただ立つように。
頑張れば、もう少し向こうへ届くため。いろんな世界を見据えるために。

本当に楽しいことを探す旅。面白いものを探す旅。そんなエブリデイ。
それがしどうしてもやっぱりね。プライベートワロッシュだからね。
仕方ないね。それが大切ならば。それが君のやり方ならば。

無駄になんてしたくないよ。僕はただ、生きていたいよ。