2012年06月30日

それが楽しいって思うことすらも、考えることすらも、支配されるその心すらも。
ぴぴるぱるぱる ぱぎっぱぎーなの。どうしてもちょっげらーなの。
どう考えたってぴぴんぽいぽい どうにかしてくれ どうにもできない

おわた臭いな どうしようもないな これが現実なんだって教え込まれたって
何をどうやってもぽんぽんちっきーに 全財産使い果すまで人の人生を踏みにじってまで
そこまでして手に入れたい究極があるらしいですよ。

やばいですねえ。怖いですねえ。とんでもありませんねえ。
ならばどうする?適当にふるまう。今を今があるままにこのままに
一生 頑張り続ければ。 届けばきっといつしかなんとかやってられるなんてそんなこと

わけがわからないよ。気持ちの整理がつかないよ。どうしちゃってくれればいいんだい。
おまけに僕はあれだし そこには何もないのがわかりきっているし
どうしても手に入れたいなら勝ち込め!特に理由がないならそりゃあ ひゃっほー

ひたすら ど根性 誰かを手に入れるための手ごまにすぎないなら俺は笑ってみせるよ。
適当にあげへつらってでも。なけなしじんせいろっけんろーだろう?
おもしろけりゃそれでいいなんて 友達でもあるまいし

だから僕は考えるのですよ。誰かにアタックするのですよ。
とっても気まぐれなこのブログの 適当なこの記事の 書き続ける宇宙、僕の
世界生活 残る何かをほしくてほしくて仕方なくて どうしようもなくて

だから僕は叫ぶんだ。言うんだ。何度も何度も伝えるんだ。伝え続けるんだ。
どうしようもなくても、伝える言葉がなくても、それがなんだっていうんだい。
適当クライシス。わかってるさ、全部全部。

理解不能?完璧を見出した結果がこれだから仕方ない。
何もできないのさ。何もできなくて悲しいかい?
音は暴力かい?誰かにたどりつくのは狂気かい?

ならばテクノポリスにちょちょいんちょいーんだな。わろすわろすもクライスメント。
それがどうなろうと構わないさ。どうでもいいのさそんなことは。
やってらんないだろ。やっべーだろ 完璧を目指して生きていくのはいいけど

僕はいつだって発展途上なんだって誰かにもててもそれがしょうがないんだって
思想の違いなんだって価値観の違いなんだって世界観の違いだなんて
誰が何をやっても結局身に付かない とんでもない あり得ない素晴らしい

やばい。相当やばい。これは素晴らしいんだ、とってもすごいんだ。
一応僕も毎日人間なんだ。どうしようもない?ふざけてるね。数字に踊らされてるね。
だから僕は受託したのさ。富士山が噴火したって太陽が爆発したって

見いだせる可能性。未来への期待をかける価値。それとかそういうものを。
手に入れたい全ての出来事を。誰かに託すことによる苦しみを。
俺は耐えきれる。大丈夫だ、問題ない。そう言い聞かせないと何も始まらないから。

やっと決まったんだ。やっとやれると思えたんだ。
わけがわからないよ。夢見た舞台に俺は立っているんだぜ?
一体どうしてくれるんだい!適当ビバルナイト!とっけらーにとちょっけらー!


(07:52)