大切な言葉、歳月の望むモノ。

止まらなさが今を教えてくれる。こしらえなさい。

私は知らなかったぞ。こんな世界があったなんて。

分からないだろうなあ。記憶。記憶。溶け落ちるミュージック。

虚しさと喜びの狭間で揺れる胸中

大好き。大好き。あなただけだよ。

見えますか。いびつさ、天才的ドリームの矛先。

興味ないんだ。どこまでも自由で、虚ろで、分からなくなってしまう

私の求める哲学や言葉とやら、愛でめくるめくエンドレス

とめどない喜びの涙、君のそばにいたい。

きれいな部分ばかりじゃない。僕も自分の嫌いな所と向き合っていくしかないんだよ。

司会は歯科医、敗者の歯医者です

リズムは白昼夢。明日と明後日からやってきた天使

あの手紙はすぐにでも捨ててほしいといったのに。

時空移動で人生TAS

深さを知った。人生を知った。今この瞬間を笑いだすように。

それを感じて育ったクソガキの未来

透明に共鳴する世界観、私の私を紡ぐものたち。

答えを待ちながら、恋焦がれる問いかけを。

まるでフェイバリット。あなたはフェイバリット。

うぬぼれないでよ。落ち込まないでよ。

止まらぬ涙とカレーライス、宇宙の私をのぞくものたち

黄金の音色、露風が歌うから。 

心も呼吸をしている。吐くことは、吸うことと同じくらい大切なんだよ。

仮眠をしてたら神がcoming

遠い距離を響き渡る。嘘に嘘が嘘をつく時。

イズム、協力する明日がつかむ最高の光を望みながら。

本人に自覚のない闘争本能を淘汰する鼓動

なんでもかんでも構わねえ。自由は本当は意志を尊重するはずだろう

誰かの何気ない行動が世界を大きく動かすことがある

そこには沢山の想いが詰まっている。知っている。だけど俺にもそれなりの理由があるんだ。

答えはないんだ。魅力もないんだ。ひたすら素敵なんだ。

記憶。意味する私たちのファンタジーは汚さないで。

数字より大切なものがあるんだよ。どうか忘れないで。

沢山の矛盾が心地いい。誇り高い無料の論理だ。

ボロボロキレキレあっかんべースタイルの確立を目指して

止まらない世界観と興味。虚ろさの向こう側にたたずむ影。

美しさを身にまとい、宇宙の最高を色なすものたち

都会に立ち並ぶ高層ビル。まるで墓標のようだ

止まらない世界と情熱。私の宿る運命

分からない立ち止まり方、不思議な世界の延長線上

複雑に道が絡み合い混ざり合う迷路 その中でどのみちしるべを信じるか

人間に生まれた以上人間としての限界って奴がある。それとどう付き合うか。

DNAの操り人形である俺の自我が立ち向かう人間という種としての限界

始まっては終わり、終わっては始まっていく。何万回、何億回の連鎖の果てに何があるのか

消えてなくなりたいとつぶやく光の見まごう事なき輝きの素晴らしさだよ

それはひどく悲しくて、重苦しいなあ

右脳と左脳、どちらに我々の心は存在しているのか

運命さ。分からなくて当然だ、僕は全てを許すのさ。

願えば願うほど遠くなっていくものはなーんだ

シンギュラリティの箱庭、歌いだす小鳥たち

新時代のうねりが木っ端みじんだ、誰かが待ちきれず歌いだした。

元来のハイテンションで宇宙の秘密すらこの手の中に

最終到達点に対する恋愛、ゴールの向こう側の情景

嘆き忘れによる究極状況

ぶり返す悩みは四六時中、嘘を書き残す意味の荒唐無稽さ。

到達した次の次元、新しさは紛れ込んで、歌い混ざりこんでいく。