止まらないんだ。
勢いと、メッセージ。
突破するファンタジー、
受け継がれるなら、
それはナイトフィーバーだろう?
宇宙を最大限に、教えてくれよ。
大好きなトゥモローが、
諦められないほどに、
メロディを満たしてくれるから。
曖昧なダンスも、
共鳴するレスポンスも、
歴史、メロディ、
宇宙が朗らかになっていくシステムすら、
僕は笑えてくるんだよ。
ねえ、何を必要としてくれる?
冴えない文筆家は願い続けるんだ。
理解、ファンタジー、
なぜこんなに悲しいの。
リライトされるのはメロディ、
宇宙の崩壊に対し、
それらを癒してくれる存在。
果てしない言葉すら、
リライトならば、
ハッピーならば、
展開を教えてくれよ。
なぜこんなのに夢中になっているんだろう。
空虚なメッセージに照らされて、
それでも宇宙の向こう側を見たいだなんて。
炸裂するワンダーランドを認めきれないのかな。
ファンタジー、それらすら栄光にできないのなら、
宇宙。朗らかなパーティになってくれないんだろうか。
興味がサクセス、ワンダーランド。
奇跡的なメロディを照らし続けてよ。
果てしない興味に対して、
もっともっと溢れる世界を見せてほしい。
傘地蔵、リライト、メッセージ。
何かが止まらないのは自由ゆえか?
果てしなさ、行動、ロマンロック。
全てをいやせる本当なんて存在するだろうか。
奇妙なメッセージ、
リライトされる展開、
メロディが宇宙を目指してくれる。
理解するためのフューチャーが、
アイランド、メロディでうつぶせに、
最高潮をイメージして、
それでも声高らかに宣言。
宇宙と、それらが崩壊するリズムに対して、
未来が予兆を教えてくれないなら、
リライトする意味すらないじゃない。
私はどうすればいいの。
どこへ行けばいいの。
未来に対し、メロディを共鳴させる。
歌声すら存在しないなら、
波乱万丈なミステリーすら、
疑いすら、メロディすら、
相手にすることが馬鹿馬鹿しくなるほどの、
リズムを教えて。
僕に伝えてよ。
なぜこんなに虚しいの。
希望はファンタジー、
それでも生み出すことを喜びたかったから。
リズム、炸裂するワンダーランドが、
奇跡的メロディを巻き起こすなら。
本当の本当の本当の本当を教えてよ。
刻む歴史。そこに何があるのかなんて知らない。
偽りだったとしても構わない。
果てしない鼓動、ワンダフォーは何を投げかけるの?
希望とか、ファンタジー。
受け入れる価値すらないなら、
この興味に対するリライト?
果てしないメロディすら、求めたのに、
空間になれない僕のリライトは。
メッセージ、興味がなくてもリライトしたいよ。
果てしない未来を作ってあげたいよ。
僕は自由になることすら許されないの?
果てしない、行動の果てに未来を見つめる。
大好きな展開だ。
それらが興味を運ぶことさえ、分からなかった。
刻むストーリーと、限界は運び続ける。
リライトを、疑わしさを共鳴させながら。
リライトされるメロディと、
アップアップするトゥモローは、
違う尺度を持って溢れてる。
零れ落ちるメロディに、
一種の快楽を見た。
大好きな天才であり、
服従の呪文に巻き込まれるなら、
リライトする天才なのであれば、
価値とか、それらが飽和していく宇宙なんて。
希望とかパーティ、
エンドレスを求めてくれる一途さすら、
何も分からん。何も分かりたくない。
それでも勢いが、メッセージが連なっていくごとに、
メロディは宇宙を差し出してくれる。
曖昧な伝説を連れてくる。
ファイナルジェットコースター、
アンサーを言葉にしてくれるなら、
記憶とか、ユートピア。
メロディ、宇宙が果てしなく思えても、
希望はメッセージを連れてきてくれるだろう?
大切なんだ。
リライトしたいんだ。
共鳴、ワンダフォーになりたいんだ。
歴史的ドリーマー、
その中で何かを繋ぎ留めたいから。
リライトしたいから。
メッセンジャー、それでもクォリティを探したかった。
未来と、それらに対する挑戦権。
僕は全てを持っているから、
希望とファンタジー、どこか失っているような、
そんな気がしてしまっても、
リアルなフューチャー、
感覚がビリーバーになっていることすら、
認めてあげたくなるのは。
希望とファイター、
失ったらそれにしかなれないなんて。
宇宙、朗らかなパーティだから。
運命の時を、ただただ待っているだけだから。
分かってくれたかい?
メロディは一途すぎる宇宙なんだ。
希望とパーティ、
失ってしまっても、
リライト、それが愛おしさを貫くだろう。
歴史、ファンタジー、宇宙を越えてくれるなら。
リライトしてくれるメッセージすら、
リライトして、
次の展開を望み続けるのかい?
歴史的メロディは、宇宙を探して。
メロディは内側に灯る、
ろうそくを探して、
それでもリライトをさせようとして、
ミラクルは共鳴してくれるから。
ダンスフォーエバー、
価値が揺らす太鼓だったとしても、
リライト、メッセンジャー、
トークバックする聴こえてくる、
メロディはファイトし続ける。
永遠を求めるように、
空虚なメッセージに、リライトさせる為に。
クォリティ、ファンタジー、
未来が挑戦権を獲得したのかい?
僕は馬鹿馬鹿しいのかい?
メロディに対抗する術は?
リライトする天才、
それでもメロディを、
大切にしたいという。
ロベルトカルロス、
ラッキープール?
ひたすらに面白すぎるぜえ!
ダンスタイム?それのみっでファンタジーにしてやりたいぜ!
何が悲しかった?
なあ、その果てに何を手に入れた?
自由はそこにあったのか?
止まらない勢いと、
メッセージは興味を炸裂させるのか?
なあ、ナイーブな俺達を披露してくれよ。
なんでこんなに悲しいんだよ。
そういった、響きすらも、ミュージックになれないんだろうか。
ファンタジーは興味、歌声と疑いに、
思想的展開に、メロディは虚ろになってしまうのかな。
大好きな展開、天才とドリーマーは、
栄光と、それを伝えるビーバップに。
記憶、メロディ、
爆発的な機運に、
素晴らしい展開と、涙の落ちる音が零れてくる。
果てしなさとその魅力。
本当に感動的なものは、何によって生まれるんだろうか。
追憶の日々、悲しみのミュージック、
愛おしさの展開ですら、
栄光ですら、蟠りに変わっていった。
俺は何を必要としていたんだっけ。
未来、分からなくなる必要性、
大好きならば止まるべきじゃない。
ロマンロックハニーなのか?
エイトビートは炸裂するだろうよ。
奇妙なことはファンタジーだから。
僕は、かたつむりの迷子だから。
歴史的メロディ、宇宙がシステムを彷徨うよ。
勇気、自由に崩壊していけるだろうか。
奇妙な僕たちに、
一介の安息の血を。
リズム、炸裂、ワンダーランドが奇跡すら呼び起こす。
大胆すぎたんだよ。
今まで、何を手に入れてきたんだろう。
僕にはもう分からないよ。
カテゴライズされる、
結局、愛おしさが懐かしくなってしまう。
こだわり、ミステイク、
ハクナマタタガ嘘をつくように、
希望というフューチャー、
それでも愛おしさが貫くファンタジーを、
歴史を、メロディを、
宇宙に広げて、
それでも愛おしくて、
それらを貫く愛おしさにすら、
ファンタジーにすら、
全てを乗り越えていかれそうで。
大好きな展開、天才、
もっとミュージックを。
テンションを、新しさを、
マジックミュージックを、
手に入れてなおも、極め続けるパーティを。エンドレスな
希望を求めてなお、
打ちひしがれる恋愛トークを。
希望とか、そういうのってあるのかな。
希望とフューチャー、
アイランドが満たす、最高なメッセージが存在するなら。
希望とかパーティ、
失うことすら面白いの?
大好きな健康は、結びつく最高と、
イメージは調整するための魅力と、
複雑に折り重なった、
嘘と偽りが弾けて光る。
我、ここにあらんことを誓う。
本当のメロディは、
突っ走って、それでも鍛え上げて、
それで何が結局生まれたのだろう。
僕は馬鹿にされているのですか?
運命とチョコレート、
ダンスミュージックに、
白熱する意味が宿る。
最高峰なイメージは、大切な鼓動と一緒に、
大好きならばケセラセラ、
ワンダーランドを見捨てるように。
短い夢と、白熱する、勇気。
自由、フォトグラフィー、
全ての愛しさに貫いた。
物凄い、素晴らしい、抵抗。
なしくずしなら、栄光、もっと、
虚ろで華やかで、鮮やかだった。
作り出すなら、
空気。インプレッション、
果てしない未来が行動を示す。
ゆっくりと呼吸を始めた。
気球になっているようだ。
愛おしさと、貫き方。
リライトする天才は、
希望すら探してくれるのかい?
曖昧なダンスと、ミュージック。
こだわりを伝えてくれたなら、
希望、フューチャー。
アイランドを満たしてくれたから、
記憶。メッセージ、頂点を認めてくれるから。
希望というファイター、
失うことすら喜ぶの?
大好き、そんなチェケラッチョアンサーすら、
愛おしさすら、
貫いてくれるの?
何を手に入れれば勝利なんだろう。
大切、メロディ、
愛おしさが貫く、
フェイバリットソングですら、
生きがいを探してきた。
メロディ、虚ろな天才が、
動かすメロディが、
儚さが揺れる。
最高に生きているくせに、
ドリーマーはチャンスを目指していないのかい?
希望がどこかにあるなら、
憂鬱なこのストーリーにすら、
限界があるなら、
いいさ今すぐ教えてよ。
希望とか、ファイター、
失われても、歴史的でも、
ミュージックがリライトされても、
もっと、もっとを求めだすように、
空間、ビジネス、その宇宙空間。
満天の星空、君の声。
ロックンローラー、
価値観、メロディ、
私にはそれしかないの。
希望とか、パーティ。
エンドレスな記憶を、
ひっさげてそれでも、宇宙を目指して、
掛け替えのない日々になるまで、
素敵なミュージック、
カテゴライズ、失ったの?
歴史的ミュージック、
あの鐘を鳴らせ。
リズム、サクセス、
傾向がメロディになっていく。
メッセージは研ぎ澄ます。
記憶が疑っても僕は明日を歌うよ。
炸裂するワンダーランド?
奇跡的メロディになろうが、
必要じゃなかろうが、
メロディは宇宙を目指してくれるんだよ。
それこそが希望なら、
仕方ないじゃないか。
メロディと宇宙を探したいのかい?
ひずむ、気づく、静かに息づくリズム。
ことわりが分からないのかい?
リズミカルなダンサー、
らしくないぜ。必要性の賜物だぜ。
それでも素敵なんだろう?
心が安らかに、
落ち着く場所を探し求めているなら、
希望とか、フューチャー。
アイランドとか、ミステリー。
興味を示すなら、
生きる価値を、教えてくださいと。
極めるべきパーティ、
気分によって移ろいゆくのかい?
その意味を肯定したくて、
何かを信じたくて、疑いたくて、
僕らは逃げ出すことすらできないままに、
宇宙、崩壊するその兆し、
運命の時を操るとしても、
希望とメッセージ、
貫いたとしても、希望はエンドレスだろうが、
素敵なファンキーに、理想は頂戴されそうでも。
大好きな展開が求めだすんだよ。
それはとっても素敵なことだろう?
意味なんていらないさ。
言葉、それのみが高らかになるなら、
宇宙、メッセージ、
極めて最高なら、声高らかに笑ってみせるさ。
幸せの定義なんて、その場その場の気分次第だろう。
ミュージック、儚さが揺れる。
極めるべきパーティを、
エンドレスな記憶を、立ちふさがってまで、
リライトしようとした。
それでも愛おしさが連なって、
希望をもたらすなら、
記憶とユートピア、
静かに時が過ぎ去っていく。
大好きなメロディが、耳をくすぐる。
リズム、炸裂するなら、
ワンダフォータイム、
偽りでも構わない。
卑屈でも構わない、
理想が、それらを生み出すチャレンジが、
必要となるはずのミラクルが、
こだわり、サクセスを求めたとしても、
記憶がメッセージ、
リライトしたとしても、
記憶は、まだもう少しここにいたいという。
ラッキーフェスティバル、
それがなぜそこに存在していたのか、
その理由を知る。
果てしない興味を、
リライトされるプレゼンツを、
果てしない行動の示す闇を、
歌声の育むパーティを、
エンドレスな記憶にしてくれるから。
曖昧なダンスを歌うように、
大切、メロディ、
宇宙、メッセージ、
ラッキーならば、捨てられない意味に酔っているなら、
素敵なファンタジー、
それこそが動かす。
突破するルーキー、
果てしない未来を教えてください。
大好きな未来、伝わっているなら、
記憶と、ミュージックファイヤー。
失っているなら、
そのこだわり。
卑屈になっても、意味を呈することはできない。
何を思ったのか。
爆笑の渦に消えていったのかい?
理想的展開、
未来を教えてよ。
その動物的な考え方は嫌いなんだよ。
メッセージ、興味が炸裂しようと、
リズム、炸裂するなら、
ワンダーランド、なんでもできるけどなんにもしない。
リズム、炸裂するワンダフォーライマー。
伝えてくれるなら、
見事なくらいに。
ファンタスティックなくらいに、
希望、ファイティング。
路頭に迷っても潔いよ。
リズムが炸裂しても、
希望にすらなれないよ。
大好きな展開を思い出してはいけないのかい?
必要となるミラクルすら、
追随するパーティすらも、
映像、歴史、メロディが器を図っている。
大好きな天才、メロディ、
ご苦労サンタマリアだ。
大好きなチェケラーだ、
ひたすらな魅力を伝え続けたい。
メロディがゴーゴーストレートなんだよ。
ドリーマー、そこに根付く栄光と永遠を見たか?
希望とパーティ、失われたら孤独にすらなるの?
歴史的メロディ、
ケセラセラに歌える程度に、
炸裂するワンダーランドは、
どんな毛布より暖かい。
千思万考をひっさげて、
魅力を伝えることとは。
リズムがイズムを連れてくる。
マイナスイメージを解きほぐしながら、
素敵なメロディは移ろいゆくだろう。
ケセラセラなワンダーランドだろうと、
メッセージは興味を炸裂させるんだ。
奇妙でもワンダーランドは、
ミステリードリームを探してくれるんだ。
すごいだろう?チョコレートパニックだろう?
イメージ、共鳴しても留まることを知らないみたいだ。
奇跡のようなフューチャーだ。
アイランドだ、満たしてくれているみたいだ。
強烈なファイヤーだ、
失っても満たせる気がしない。
ファイトスタイルになっているのに、
ことごとく、ラッキーにファイヤーサインを歌っているのに、
孤独は歴史的なパーティでさえも、
刻む生きがい、ファンタスティックだから。
ドリーマーとチャンス、
疑いがファイヤーサインになれるなら。
ことごとく、メッセージが連なる。
ラブリーゲームとファイターは、
嘘をつくのかい?
イメージがチョコレートパニックになったとしても、
疑いはファンタジーに、
理想と調節するべき、
ミステイクを焦らせていく。
ダンスタイム、偽りがケセラセラなら、
疑いすらなくなるのかな。
ビリーバーなジャッジメントが、
越えてくれるミステリーなのかい?
イメージが調整してくれる、
曖昧さすらリライトしてくれるのかい?
イメージ、チョコレートがアンサーを見つけてくれるなら、
希望とかパーティ、
エンドレスな記憶をまさぐり、探しあててくれたから。
僕はとっても嬉しかったんだ。
必要とされる魅力が、
すぐそばにある気がしたんだ。
何を産みだしたんだろう。
興味、炸裂、ワンダーランドが満たしてくれる。
曖昧なダンスにすら、
疑い始めたらキリがないかもしれないけど、
それらが必要性を求めたんだ。
クォリティはミステリーだっただろう?
失うことすら笑ってしまうなら、
僕は一体何のために生きればいいの?
大好きなチョコレートダンスが、
疑い、ファンキーなリズムに、
栄光とドリーム、
成功を探しても、
意味がないという。
ラッキーフェスティバル、
運命がチョコレートアンサーになっているらしい。
大好きなメロディはそこにあるの?
ミュージックファイヤーに、
ロマンロックはテンションを上げてくれるの?
理解と、メッセージ。
きらめくなら、宇宙すら見せつけてくれたから。
大切、ことごとく、
必要とされてなお、
希望とメッセージは連なるだろう。
危険なほどのミュージック、
歴史なメロディ、
宇宙の崩壊に対して、
もっともっと。
スタジアムを記憶させるほどに、
魅力を伝えてあげたい。
違う世界を見せてあげたいんだよ。
それが必要としてくれる限り、
俺達は共に生きていくんだよ。
歴史、ファンタジー、宇宙を目指しても、
例え爆笑しようが、
メッセージが興味、
歌声でファンタジーを作り上げているとしても、
歴史的メロディ、
宇宙の向こう側を見通しているようだ。
奇跡を見つめているようだ。
歴史的ミュージック、リライトする健康法だけでは、
メッセージは宿らないなあ。
必要とされる魅力すら、
疑ってくれるのだろうか。
奇妙過ぎるメッセージだ。
リライトするポイントだ。
メッセージ、極める疑いすらないなら、
極めることすらできないじゃないか。
ミステリー、興味がないじゃないか。
リライトしてもパーティ、
意味不明が抵抗力をなくすなら、
必要性のミラクル、
大好きな展開にすら、
ドリームを描いて。消えてなくなるなんて考えたくない。
理想とチェケラー、ダンスしていく。
チャンスが炸裂しているんだ。
理想的。それはチェケラーダンス。
歌声高らかに、寂しくなるほどの栄光を。
朗らかなファンタジー、
この興味、歌えるなら。
その方向、イズムが炸裂して、
行動力。
少しだけ眠いだけ。
彼女はそう寂しそうに呟くと、
ロックンロール、
ひたすらな興味。
疑うことすらできない、
ファンタジーが心の底にある。
大好きな展開、宇宙をホーホケキョにする為に、
行動、ロマンロックパーティ、
エンドレスな記憶。
君を思い出せば、
胸が苦しくて消えてなくなりそうだ。
ファンキーなメロディなのかい?
憂鬱なパニックが症候群、
宇宙のシステムすら、
エイトビートよ煌めけ。
ファンタスティックなドライブよ。
偽りの展開を教えてくれ。
新しい世界、新しい未来。
クォリティが高らかだったとしても、
記憶、ユートピア、
右に曲がり、左に曲がり、
宇宙の方向性がただならぬ方向へ。
刻んだらハッピーになるしかない。
むしろ教えてあげようか。
ダンスフィールド、価値が飽和する宇宙へと、
広がっていく運命すら、消えかかっている現実が。
素敵なメロディと共に宇宙を目指すなら、
いいぜどこまでも突っ走ってやる。
儚さが入れ違いなのかい?
システム的にはラッキーだろうよ。
埋め合わせする為の展開だ、
必要とされたならそれこそが宇宙だろう?
奇妙さがメロディに乗って、
素晴らしい展開を呼びよせるなら、
理解者、そのドリーマー、
栄光とワンダーランドを見せつけるファイトへと、
広がり続けるダンサーは望み続けるだろう。
その意識と意識の狭間にある、
ルーレットを利用したがるだろうよ。
果てしなき未来を頂戴したいか?
それでもドリーマーは見つかるべき??
宇宙?壊滅?アハハハハ!
ダンスタイムに踊り始める為の、
空間はビリーブさせればさせるほどに、
勢いとメッセージ?
興味なくてもリライトしてくりゃせーーー!
半端ないトロッコに巻き込まれてくれりゃんせええ!!
半端ないリライトと、
宇宙を差し出すファンタジーと、
この光景は歌うぜ。
ラッキーフェスティバル、
それらの目指す運命の方向へと、
刻んだストーリーは、
メロディを探して突っ走っていくだけ?
ファンタジーが見つめるなら、情状酌量、
果てしなさと行動のブギーバックが、
後ろめたさを連れてくるなら、
ファンキーなリズムと、
最高なイズムを連れてくるのさ。
リピートしたいかい?
別のアンサー、こだわりがあるのさ。
記憶したいかい?
メロディ、向こう側へと、
理想は超越するためのミステリーすら、
歪な展開に、更に黒く、
嘘を炸裂させるように、
メロディは痛々しいまでに。
大好きなチョコレート?
メッセージは貫いてみせるぜ。
ファンキーなリズムと一緒に、
想像以上で横暴な、
興味。ワンダーランド、
そのシステムすら、栄光のなきものにする、
大好きな展開すら、メロディ。メロディ。
宇宙とその方向性、
刻む、一致するファイターが、
逃げ出さないように。
奇妙なメッセージ、
リライトしていけるように。
行動と、ビジネスと、
確かさと共に改めよう。
その日が来るまで常時サバイブ。
価値が揺らすほーほけきょでも、同じ話さ。
素敵なメロディとリズムに酔っているなら、
素敵なファンタジーすら教えてあげよう。
見せて見せよう。
リライトするためのファンタジー。
行動力の意味不明で、伝えるべきテンションを。
行動のビジネス、やっぱ面白い方向に動きたいのだ。
宇宙を散々ざわつかせたいのだ。
極めることに意味がないなんて、
誰の受け売りだよ。
ふざけたことばっかり言いやがって。
コンパクトな理想像からは程遠い?
ミステリーが興味を示すなら、
宇宙、その方向性すらも、
刻むパーティにさせてしまうのかい?
そこにリライトがあると?
ふざけたパーティ、
エンドレスな記憶と共に、
宇宙は崩壊していくリズムへと。
リライトされるのはウィキペディア。
能無しの宝庫、
刻むストーリーすらエンジョイさせるための、
希望とかファンタジー。
宇宙の目指す方角に、
愛おしさは更なるチェンジ。
未来と傾向を愛おしむための、
旅路に似た、膨れ上がるふくれっ面に、
ミステリー、その興味すら預け合った。
希望的パーティなのならば、
宇宙とその崩壊すら教えてあげるから。
リライトされるのはメッセージ?
お気を確かに、リライトされるパーティ、
エンドレスな記憶と共に、
宇宙を繁殖させていく希望、
ミステリーが興味を映し出される。
刻んだ行動、果てしなき未来、
大胆不敵な行動、
ビジネスパーティ、
エンドレスが求めるなら、
記憶すらも戦わせてあげよう。
ロマンロックなパーティならば、
その崩壊性にもふれておかねば。
記憶とユートピア、
炸裂するならワンダーランドにすら
なっちゃうよね?
希望と崩壊性かい?
リズムが適当な意味を越えてくれるなら、
その記憶にアンチテーゼを教えてあげたいのさ。
魅力的ワンダーランドが認められないんだろう?
空気中に浮かんでる酸素すら、僕を望んでいる気がした。
大好きな天才と共に、受け継ぎな。
素敵な未来を当たり散らしな。
素敵でファンキーな、
歌声すら、メロディにするような。
空虚なメッセージ、
リライトするなら、その記憶。
メッセンジャーはひたすらに不愉快。
リズム、炸裂するなら、
ワンダーランドな程の希望を、
ファンタスティックなドリームが、
目指す世界へと生きたい。
刻む世界に愛おしさが
チェンジされないなら、
勇気と、炸裂するワンダーランドに、
記憶すらユートピアにさせる為に、
魅力的なのはワンダーカーネーション。
確実な方向性、
リズムがケセラセラを歌うなら、
起承転結、
始まりの世界へと、
置き去りにしてやるぜ?
クラッカーならば、ファイトし続けるんだろう?
曖昧なダンスにのたうち回りやがって。
大好きな天才と共に、展開できる宇宙を果てしなさと呼ぶなら。
ワンダーランドに、満ち溢れる展開を見た。
必要となる魅力にすら、
クォリティが高らかに宣言するほどの、
歴史。ファンタジー、
クォリティと一途さを見た??
関係なかった。全てはイメージそのままだった。
チェケラッチョが愛おしいとしても、
リライトする行動は間違っちゃいない。
大胆不敵な行動が、
ラップするクリスマスすら喜ぶなら、
抵抗とサクセスと、
イメージするためのチョコレートとか、
大切にしている、刻んでいる歴史にすら、
ファンタスティックを呼び寄せられないなら、
記憶とファンタジスタ、
永遠と超ラッキーにさせてしまった。
活動の展開すら、
ロマンチックファイターだねえ。
希望的パーティだねえええ。
宇宙の宇宙だねえ!
ロマンロックだぜ!
ハート、ユーロビートを支えてるものは?
刻むストーリー、メッセンジャーがトークするぜ。
生きがいがファンタジーに、
越えていく、メッセージがあるという。
極めることに対し、躊躇しない。
トップルーキーが悲しいのかい?
未来はそれらを作らねえぜ?
その意味に対する肯定か。
ラブリーならば愛しいかもな。
リズムが合う、それだけで愛しいんだ。
貫くファイトスタイル、
エンジョイプレイですら、
偽りのコントロール、
宇宙を最高潮に、
素晴らしい、展開的なミステリー。
興味を示しても、疑えなくて。
希望というパーティ、
エンドレスな希望にすら、
宇宙が宿ると知る。
突破ライン、
失える訳はないから、
奇妙なメッセージ、
歌いだしてもファンキーなくらいに。
うろ覚え、ディスカウントストア。
止まらないぜえええええ!
景気よくなっちゃったんですか?
イメージはチョコレートになってしまったみたいだ!
そのチョコとろとろにとろけていくらしい!
とろっとろ、とろっとろ!
宇宙もとろとろ、溶けてなくなっちまう!
聴こえているのか!!!
いませんね。
すいませんね。
謝っても済まねえんじゃい!
意味のなさに対する、問いかけの虚無に対する。
勢いとメッセージ、
リライトすると嫌いになってしまいそうだ。
そのイズムと、作らせるための希望が。
止まらない世界観と、宇宙が目指すパーティが、
エンドレスを求めてくれるぜ。
ファイトスタイルと、エンジョイしても嫌いになれない。
疑いはファンタジーを貫いていく。
希望とファンタジー、
受け入れるなら記憶にすらなってしまうだろう?
宇宙と朗らかさを忘れたなら、
勢いすらも立ち上がる勇気がなくなるってなもんさ。
必要となる魅力が必要とされるまで、
宇宙を朗らかに守り続けな。
楽しい未来と共に、
憂鬱なパニックがやってくるなら、
記憶と共に、流浪に生きてやるさ。
ファンキーなメロディと、
憂鬱なパニックですら愛してくれるんだ。
曖昧なダンスであるべきなんだよ。
空中に浮いているなら、
最高峰なイメージだ。
メッセージがトークするなら、
記憶もメロディに、
憂鬱なパニックはそのままに、
歴史的メロディ、
憂鬱でも止まらないのだろう?
記憶、情熱、
メッセージを耕してまで、
素敵にしてまで、
クォリティは高らかに、
宣言する宇宙にすら、
ファイトスタイルにすら、
受け継がれるファイナルアンサー。
ダンスタイムがミュージックを。
生み出した価値観が、
ブルースを。興味を、
疑えない程度の、
理想を、頂戴するように。
ハーモニーは歌いだすように。
ロックンロールワークスだったから。
意味不明なトーク力、
引き継ぐ、ファイトスタイルすら、エンジョイしてくれるなら。
記憶とメロディ、
憂鬱なパニックが連れてくるものがある。
理想と思想に、チャレンジを愛しい方向に。
刻むストリートすら、
描いてなお、突き進む伝説に、
未来地図を呼びよせながら、
儚く生きる俺達の意味とは。
刻むストリート、ダンスフォーエバーだ。
理想が大切にされているんだね。
奇妙なメッセージと共に、
動くなら失礼のないように。
リライトファイターだけが、失うべき
今を見つめているなら、
空虚な究極は、
イズムとリズムを連れてくるだろう?
運命的なチョコレートで、
全てを現していくなら。
素敵なメリーゴーランド、
宇宙と、崩壊するリズム。
奇天烈な歌声が、
更なるファンタジーを呼び覚ますんだ。
価値観、それらはグルーヴ。
形を失ってなお、
煌めいてなお、
大好きな展開、
ドリーマーとジャスティスに、
運命すら宿りそうで怖いぜ。
システムズラッキーならば、
トランス状態すら愛せるってなもんさ。
希望がワンダーランドなんだろう?
イズムがリズムを連れてくる。
その面白さに、ときめいているのだろう?
窮屈だなあ。
生きがいがメッセージを伝えているようで、
ひたすらファンキーになっているようで、
羨ましいことこの上ねーのさ。
たまらない生きがいにも、
メッセージが生き残る可能性を探している。
リライトするなら展開すら愛するべきだぜ?
破滅するロンリー、
疑いが炸裂しても、
ワンダーランドはチョコレートになってくれない。
それならばここぞとばかり、
運命を嫌ってそれでも、
記憶は愉快なファンタジーを作り跳ねていく。
理想とチェケラードリームが、
描いてくれるなら、
メッセージとチョコレートにすらなってしまう。
記憶と愉快なファンタジスタ、
運命とチョコレートダンシング、
形がメロディならば、
歌いだす破滅すら流浪に楽しませるなら、
勇気をもって自由に動かさせてもらうぜ。
空間的ミステリー?
いっそのこと虚無にしてあげようか。
それでもミステリーは、
窮屈なフィンガーアイランドが、
言葉にすらならない生きがいなら、
ファンタジーアース、
ミュージックなリライトと、
適応力、突破するメッセージ、
ロックンローラーなビジネスを、
大きいスタジアムで見守っているようだ。
窮屈なことは変わらないだろう?
イメージ、チョコレートダンサーなんだ。
ロマンロックならば、
その記憶。メロディになってしまうまでの、
距離と愛おしさ、
貫くことが元気ならば、
ファイティングプリーズだ。
卑屈なワンダーランドが見せてくれる、
興味とミュージックが。
新しい展開を呼び寄せてくれるなら、
記憶、それのみでは愉快になれなくても、
希望とミュージック、
果てしなさが閉じ込められないと、
面白くないってことさ。
リライトするメロディと、
宇宙が指し示すなら、
記憶すらリライトするべきだろう?
ロックンローラー、
ビギナー、もういいよ。
大好きな展開すら慌ただしい。
その超越に対する未来だよ。
何がおかしいんだよ。
素敵なことばっかり言いやがって。
理想と超絶的に調節することが可能か?
ミステリードリームすら、
描いたというのにこのザマはねーぜ。
素敵なファイティングと、
聴こえるメロディと、
宇宙になるべきスタジアムは、
起承転結で騒がすべきなんだろう。
窮屈なファンタジーは、
受け継がれる記憶の正体とは。
世界中に、意味のなさが響き渡る。
行動的興味、
移ろいゆけば、希望、ファンタジー。
空中に浮いている、歴史、メロディ。
突っ走るならダンサー、
ことごとく、嫌ってあげようじゃないか。
大好き、展開、ミステリーがその興味を、
虚ろな天才に願い出すように、
クラッカーを食らうようにして、
ファイナルファンタジーはただ続いていく。
面白さと、焦りまくるフューチャリングを、まくしたてながら。
記憶とメッセージ、聞いたことのない音の模様。
リズムをとりながら、ミュージックは発展していく。
理想的展開、ミステリーな興味、
虚ろな伝説が目指そうとする、
その方向に一致するべき展開を呼び寄せる。
大好きだったから仕方ない。
ミステリー、更なる興味。
リライトするなら、
展開すら愛せてしまえそうだ。
リライトするのはミュージック、
果てしなさだけが僕を抱きしめたから。
窮屈なファンタジー、理想像。
イメージ、超越的思想。
ラッキープールがもどかしい。
イメージとチョコレートアンサー。
砕け散っても、忘れないで。
どうかどうか、イメージすることを。
リライトすることを、忘れないで。
そしてようやく・・
私は辿り着いた。
何を思っていたのだろう。
遥かな道を、歩いてきた。
首をかしげる人もいた。
水に溶けていく感情。
今を開く扉。
愛おしいほどのロックンロール。
発掘してきた、ミステリーに興味を見せる時。
風が吹く時、何かが変わる。
その風、ささやかで、災いをはらんでいた。
意味が分からなかった。
それでも、愛おしさはあったんだ。
何が愛おしいのだろう。
世界、世界、世界が愛しい。
それは儚さ?
何が儚いのだろう。
儚さと友達になって、これ以上のものを探して飽きる。
ミュージックだぜ。
パンチラインだぜ。疑っているの?
奇跡的ドリーマーが描いてんだ!
ああ、好きにやるがいいさ。
大好きな天才と共に。
でもそれはそれで憂鬱だよな。
奇妙過ぎてコントロール不能なんだろう?
極めて最高なんだろう?
ロックンローラーファンタジーに、
宇宙とメッセージに。
嫌いになっていくドリーマーに、
ロマンロックになった東へ西へ、
ダンスフィーバーなのですか。
奇妙がワンダーランドなんだよ。
奇跡を落としこんでんだ。
ルーキー、ジャスティスばっかり願いやがって。
白熱したルーキーがさまよってんだ、
仕方ないだろう。奇跡的ドリーマーなのか。
メッセンジャーならばストレート、
ダンスフィーバーにすらなっちまうんだぞおお
聴こえている・・それでも生きていたいんだね。
急速なロマンロックなんだね。
言葉とミュージックは破裂するべきなはずさ。
奇妙なゴールデングローリーと共に、
サクセスは言葉を望みだす。
歴史的快感と、メロディは突っ走るから。
歌ってやるのさ。ラララバイバイ。
白熱しているルーキー、チャンスだぜええ!
ロマンロックだぜ。究極なんだぜ?
ロマンロックハートだぜ!
宇宙を目指したら記号。
希望、奇想天外?
連想展開、次の突破ライン。
白昼夢の合同訓練、
マイナスイメージですら食べ散らかすイメージ?
大好きチェケラッチョ!
歌いだしたんだね。ファンキーだね。
歌声、パニックショータイムだね。
じゃあ俺が最強っていうことですか??
ファイナルアンサー、
ことごとくクロックロックワークスならばな!
ファンタジーを認めやがって・・
理想的展開に巻き込まれてんの?
白昼夢、暴走的展開かい?