ミスがメッセージになっていく。
ロックンロールファイターが、
ロマンチストを望んでくれるなら、
記憶と、それのみを愉快にさせてくれる
メッセージすら、強烈なファイヤーになってしまう、
理屈とリズムすら、越えていくファンタジー。
理解がファンタジーを連れてきた。
メッセージがチョコレートになったとしても、
記憶はメッセージにすらなれない。
なぜだか分かるかい?ハニー。
エイトビートがケセラセラなら。
歌声さえも高らかに。
メッセンジャーと共にトークし続ける。
永遠が鼓動を現していく。
理屈がリズムをファンタジーにさせるなら、
強烈なファイヤーにすら、
ロスレスがファンタジーならば、
希望というフューチャー、
それでも取り戻す、記憶という海。
落札パーティなエンドレスな希望すらも、
リピートするメッセンジャーすらも、
栄光を希望してくれるなら、
破滅的展開は、
ミステリーに対して興味を引くのかい?
ダンスフォーエバーが価値観ならば、
栄光と影響力、
ぶっ飛んだ世界観すら、
愛される共鳴に、
ワンダフォーにさせる為に。
その喜びを、
けたたましくさせてくれる。
ハーマイオニー、
大切さとドリーマー、
栄光をビジネスライフにする為に、
究極的なまでのレスポンス、
クォリティと異常でも、素敵ファンタジー、
もっと溢れる究極性、
止まらない。ほまれだよ。
ラッキーフェスティバルは永遠なのかい?
刻んだストーリー、
叩き込む永遠すら存在しないなら、
奇妙過ぎるメロディに全てを預けるのか?
ファイナルアンサーであれば、自由に呟けるとでも思ったか?
ブルースはチェケラッチョファンタジーなのさ。
宇宙に顔向けできねー奴がまけるんだ。
極めるなら最高峰だろう?
痛みが最高なら、永久と教える為にな。
果てしなく破天荒にしてやるよ。
ファンキーなリズムに酔っていたいんだろう?
サクセスワンダーランドが全てを満たすまで、
いいさ、好きにやれ。解放してやる。
メロディは漆黒の宇宙、
ゴーカートを引き継ぐように、
ファイナルアンサーは記憶してくれるはずさ。リライトしな。
リズムがサクセスしている。
それでも言いたいんだ。
僕は書き続けたいんだよ。
それこそが最高なんだ。
憂鬱でも、パーティなんだ。
エンドレスな気持ちに拍車をかける。
イメージが調整されている未来すら、
笑える力があるから。
大好きなんだよ。結局はね。
ライクキャパシティなんだ。
必要性のドリームが歌うんだよ。
リズムを体感、
ブルースをチェケラッチョにしてしまうなら、
究極的メロディすら、
偽りを世界観にしてしまうのかい?
刻むストーリー、
エンドレスが求めるならいっそのこと。
炸裂するマイダンスすら、
栄光すら、それらが生み出すワンダーランドを、
気象衛星で体感させよう。
メロディは突っ走る永遠にすらなってくれる。
曖昧な地平線の彼方、
宇宙の飛行船のいざこざすら、
ファンキーなリズムで歌うから。
歴史的ファンタジー、調節して挑戦、
ミラクルな興味が、歌っているなら、
ファンキードリームと共に、
サプライズ、世界観になったとしても、
不思議な魅力で溢れるのさ。
素敵なフュージョンを見せてくれよ。
爆笑神様よ。
ロッケンロー、頂きを差し出すんだろう?
究極的メロディならば、
突っ走る伝説として、勢いをワンダーランドにしたか?
憂鬱なファイヤーは物語るのさ。
居候の天才をな。
刻むストーリーが嘘をつくなら、
いいだろう、最高峰を見せてやる。
空虚な空間にリライトさせられるくらいなら、
白熱するルーキーと共に、
チャンスをビリーバーにさせてやるからよ。
ハーモニーは疑いか?
ファンタジーアイランドが夢中なら、
その暴走ですらも愛おしいのか?
おい、はっきりしろよ。ミステリーは
最高のみを扱ってるわけじゃないだろ?
空間的ビリーバーがチャンスなら、
栄光すら差し出せたはずだ。
大切?言葉が究極性を、
リズムとイズムで最果てを壊すなら、
勢い、それをマイノリティに動かす。
ファイナルアンサーは侮辱されたのか?
希望とファンタジー、憂鬱でも仕方ないさ。
ファンキーなメッセージと共に、
愉快なファイヤーすら乗せられないなら、
それまでの人間なのさ。
リピートするアンサーが例え頂戴されてもな。
希望できるなら、その最高峰すら、
未来を見たがったはずだよ。
そのファンタジーに歴史が宿るなら、
最高峰のイメージすら、
チョコレートダンスを認めたはずさ。
空間的ファンタジーと共に、クォリティを高らかにするなら、
勢いとファンタジー、
興味が無くても歌いだせるんだろう?
休暇を満喫するなら、その希望に対して、
曖昧なメロディを笑い飛ばしたいんだろう?
究極的なのはミステリーだけじゃないんだな。
ぶっ壊す価値をはからずとも、
メッセージを追求したくなったか?
イメージがチョコレートダンサーならば、
ファイトスタイルとトナカイ、
大胆不敵な行動にすら、
ファンタジーを越えていくのかい?
ファンタジスタな魅力は、
活動する展開すらワンダーランドにさせてしまったのか?
スーツがリクライニングならば、
栄光とワンダーランド、
奇跡的メロディと、
憂鬱なファイヤー、
ロマンロックと希望、
最高峰を見出した。
空間とブラザーソウルが歌うなら、
希望とミュージック、
果てしなさが道徳ならば、
守るべき大切さ。
月日がサクセスを求めるなら、
希望とかパーティ、
エンドレスな記憶と共に、
憂鬱なファイヤーにすらなってしまう。
リズムと理屈がてらされるなら、
究極的なほどのミステリー、
挑戦権なんて誰にでもあるんだ。
ロックンローラーなファンタジーを、
越えてなお素敵な、
ワンダーランドに希望させた。
ミラクルを挑戦的にさせたなら、
リライト、ミュージックファイヤーだよ。
ルキンフォー、
リップスライムな世界観、
魅力的なファンタジー、
虚ろな展開すら照らされてしまうなら。
リズム、炸裂するならワンダーランド。
奇跡のように歌う、
あなたと出会えるなら。
勢いでもって、素敵なワンダフォーでもって、
君を思ってる。その違いに、
震える時、ワンダーランドは満たしてくれる。
奇妙なゴーカートでさえも、
イズムと理屈を運ぶなら、
素敵なファイナルアンサーになってあげよう。
そこにミラクルがある限り、
絶えず生き抜いていく希望は、
ファンタジーと共に強制させるのさ。
記憶とパロディ、ミュージックが美しいなら、
半端ないほど半端なこの魂を見せてあげよう。
炸裂するビジネスすら、勇気をもって自由に生きていけないなら、
希望とか灰クォリティ、
異次元をメッセンジャーとする栄光すら、
ワンダーランドすら、ケセラセラすらも。
永劫、サクセスワンダーランド、
記憶がメッセージになるその前に、
生きているファンタジー、
アイランドが満たしてくれるなら、
非協力的な行動すら、
ワンダーランドすらチョコレートチップに、
ファイヤーサインを出すなら。
リピートしているアンサーにすら、
偽りを。リズムを、最高を、
叩き上げてそれでも呼吸をやめない。
リズムとイズムに儚く散らされても、
希望はファンタジーだから、
埋め合わせする天才にすら、
展開させる興味は失ったから。
ファンタジーアイランドがそれらを見つめるなら、
いいさ。教えてやる。
ファンタジーコースター、永遠が道徳だ。
理解と協力するスペランカー、
行動なロックンローラー、
理屈、ファンタジックな埋め合わせが、
展開する魅力すら、
ついてきてくれているんだろう?
ファンキーなメッセージ、歌えるなら、
むしろ交換条件を出すぜ。
ラップするラブリーな、
崩壊するリズムとイズムが発表するなら、
空間すら改まるってなもんさ。
白昼夢、堂々としたミラクルがちらつくんだ。
鼓動がいうんだ。
儚く揺れても、それはそれの為に存在する。
刻むストーリーと共に、
宇宙が歯がゆくなったとしても。
諦めないで旅を続けるヒーローになりたかったから。
埋め合わせする天才は、
理解を越えた場所で静かにそれらを見守っていた。
大好きだったんだ、止まらない程に。
空間、それのみではラブリーになれなかったとしても、
記憶、メッセージ、チョコレートソングだ。
クォリティが異常ならば、
スタジアム、世界観、歌いだすファンキー、
理想像、展開するミステリー、
謙虚なヒーローと共に、
ラブリーエンジョイするロックンローラー、
形、メッセージが享楽へと、
大切な言葉と、
エンジョイナイスに、栄光とワンダーランド、
奇跡を巻き起こせ。
スタジアムを爆笑の渦に、
更に大切にしてくれているファンタジー、
越えてくれるなら、
記憶と共に愉快になってくれる、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
記憶はそれらを疑わねえ。
リズミカルな影響力、
突っ走るならそのファンタジスタ、
永遠を巻き込むスタジアム。
気象衛星が巻き込んでいるなら、
素敵なメロディ、
突っ走ったら記憶にしかなれないんだ。
大好きだからチェケラッチョ、
埋め合わせする天才、
縁起の良さも神様並み。
スタジアム、世界観、愛する世界観。
行動パーティが、エンドレスならば、
炸裂するワンダーランド、
宇宙がメッセージを伝えてくれている。
それらを隠れさせるから、
ある一定の答えは見出せるんだ。
価値観がミュージック、儚く揺れても運命は固定されない。
白昼夢と共に暴走しても、
ミラクルは伝える為にびびってくれる。
ファンタジーアイランドが夢中になってくれるなら、
行動とロックンローラー、
パーティ、エンジョイするミステリー、
健康的ラブリー、方向のリズム、
最果て、鼓動、ワンダフォー炸裂するワンダーランド、
憂鬱なファンタジー、
ジェットコースター、栄光をビジネスライフに、
止まらない世界観、理想、チェケラー、ファンタジー、
浮き沈み、最高、歌いだす、ロッキーフェスティバル、
ロックンロールパーティは、
まるでそれ自体を揺らすかのように。
白昼夢は暴走、素敵なファイヤーが舞い込み続ける。
歴史、ファンタジーと共に、
憂鬱な宇宙はファイヤーサイン。
歌いだせるなら、奇跡すら呼び込みたい。
極め続ける最高峰に、
歌声が宿っちゃうから。
ミステリーすら、その虚無ですらも、
ファイティングチョコレート、
ダンスしても意味がないなら、
大切なロックンローラー、
形を崩壊させてなお、
煌めき続ける永遠に対して、
未来をよろしく言ってあげてね。
希望とファクトリー、
ダンスする永遠は、
形を望み続けて最高を歩き出す。
ケセラセラなワンダーランドが、
満たしてくれるなら、この光景。
偽りじゃないって証明してみせてよ。
空気感が嘘を運ぶなら、
いっそのこと教えてあげよう。
ミステリーは虚無を運ぶ為にある訳じゃないんだよ。
空中に歴史が、ファンタジーがこの光景を笑うなら、
素敵なファンタジーすらも、
永劫の価値観すらも、
エイトビート、灼熱の海を泳ぐ。
ファイターとそのスタイルとスマイルは、
己を恥じて時を呪う。
価値観とミュージック、
照らし出されるのは光。
私は決して面白がっている訳じゃない。
ミラクル、チェケラー、満たす思いが膨らみ続ける。
パーティドリームが永遠を望んでいるなら、
価値という最高に対して、
魅力をバックアップしてくれた魅力は、
感動的なまでに広がっていく。
理想像と体感温度。
ブルースと運命を煌めかせても、
ミュージックはファイトし続ける。
運命的な適当だったとしても、
ヒップホップがチェンジングする、
ミステリーですら伝説に。
マイメロディ、突っ走った結局は、
理想の思考法、
イメージがチョコレートになってくれるなら、
記憶とメロディ、宇宙にサクセス行動の、
パーティロックンロールを、
ただならぬ世界観に対して、
愛を催す為に。
記録的、ブルース、チェケラーファンタジーが、
後ろめたさと共に、
憂鬱な可能性を探すように。
ファンタジーアイランドは夢中になってくれるから、
記憶とかメロディ、
ずっとずっとなんてなかったとしても、
ずっとずっと楽しみたくて。
それは繰り返すエネルギー。
どっかいってしまうとしても、
ロックンロールファンタジー、
立派なファンタジー、
憂鬱なジェットコースターに、
アンサーが煌めく。
ファイトスタイル、イメージが調整されていく。
記憶はメロディに、
それなりにあるように、
素敵はメロディ。
美しさはファンタスティック、
永遠が行動してくれるなら、
理屈に合った素敵なファイナルアンサーがあるなら。
究極的なまでのリズム、
最高峰をイメージしてくれる。
曖昧なキャパシティ、それに伴っても、
希望とファンタジー、憂鬱な今を越えていきたいから。
ブルースと共鳴、歌声は始まりだす。
展開的興味を後ろ側から眺めるなら、
その素敵さに、栄光に。
追及してくれるなら、
ミステリアスなアンサーの方が良いんだ。
気持ちがいい。
そのスタジアムに、
あるいはその光景に。
キャパシティ、アンチロックンロールなんだよ。
運命が適当に次の世界を見せるなら、
空虚な伝説すら改めたいぜ。
感覚的ブルース、共鳴するワンダフォーと、
失えた記憶、
リピートするアンサーと共に、
クラッシュしてエンジョイしていくミラクル。
ちらつく最高峰、イメージが共鳴したとしても、
リアリズム、それらを音楽として受け入れたとしても、
記憶はキャパシティ、
エンドレスな魅力が詰まっているんだよ。
理解不能に、暴走するように。
希望はファイティング、
ロックンロールをひたすらに、
まるで求めるかのように。
リズミカルな歌声は、
ファイヤーマシンガンを乗り越えていくから。
大好きな展開でさえも、
クラッシュ炎上する未来を、
教えてくれるならいっそのこと。
ファンタジーを伝えたかったんだ。
ロックンローラーは形をミュージックを、
運ばせてくれる。
曖昧な伝説に壊れそうになっても、
宇宙はそれでも満たしてくれるものがあるでしょう?
歴史、ファンタジーアイランド。
それでも難しい世界観に対して、
ずっとずっとを続けてきた。
曖昧にラフランスに、
行動的パーティ、
エンドレスな記憶だったとしても、
クォリティ、確実に活動していく
運命が必要だから。
イメージするチョコレートにすら
なってしまったのさ。
空中に浮いている歴史だけでは、
はかれないものがあるんだ。
究極的なほどのレスポンス、
クォリティが高らかに宣言するなら、
宇宙とホーホケキョな未来すら、
映像すら、栄光すら、
ワンダーランドな記憶にしてしまうんだろう?
そんなの知っている。
ファンタジーアイランドが夢中になってくれるなら、
聴こえるワンダフォーアイランド、
夢中になって暴走しまくる。
伝説的メロディが共鳴しているなら、
ファンタジーアイランドですら、
マジックショータイムを目指してくれるんだろう?
キュートなファンタジー、
それらは生きる為に。
究極的ドリームをつかむ為に。
翻すファンタジーと、
行動のロックオンパーティだから。
スタジアムは気象衛星、
素敵なドリームと共に、
宇宙を逆撫でる素敵なファンタジーにであったんだ。
価値観とブルース、共鳴するファンタジスタが、
永遠を躍らせてそれでも止まらないよ。
究極的リズムは、アテンションプリーズしてくれるから。
記憶とメロディ、宇宙が探してくれるなら、
クォリティと共に憂鬱なファイトに、
メッセージはトークライブ、
メッセンジャーと共にイッツラブなんだ。
コミュニケーションが足りないから?
イメージはチョコレートソングなんだ。
クォリティが弄ぶなら、
空間、そのラブリー、方向性の違い?
ファンタスティックなアイランド、
夢中になれる暴走があるという。
刻みこむストーリーがエンドレスなら、
記憶と共に受け継ごう。
ストーリーがミュージックなら、
新しい方向へのリズム、
最高峰、イメージしながらも。
伝えていくファンタジスタとして、
受け入れる価値観、ブルースチェケラー。
生み出した価値観、メロディが歌いだすなら、
発表会と思想だ。
展開するミステリーと共に受け継ぎな。
ストーリーとファイトスタイルが、
運命が、適当が、
それらを生み出す五里霧中が、
歴史的メロディを階段を、
見つけ出すなら、その光景だ。
爆笑する展開の次のターンだ。
イメージがチョコレートソングになるように、
活動する興味を疑ってくれるなら、
偽りは世界観になれないんだ。
価値がブルースになっても、
痛み分けしようとは思わない。
刻み込まれた痛みは深いから。
ドリーマーは描くだけだった。
イメージはチョコレートソング、
宇宙ファイター、ロマンロック、
クォリティと逆立ち、運命をチョコレートソングに。
聴こえるダンシング、
メッセージがトークしていく。
メロディが、映し出されるなら。
記憶とミュージック。
ファイティングストーリー、
メッセージが共鳴していく。
ロマンチストは行動していくから、
破滅、その記憶、
メロディが突っ走る夜へと、
走り始めたんだ。
非協力的なワンダーランド。
夢中で無茶ぶり、
最高峰がイメージしてくれる魅力があるから、
記憶と、それのみでは許されないユートピア。
メッセージが貫くなら、歌声さえもファンタジー。
栄光を耕すなら、この光景。
ワンダーランドを満たすための、
記憶だったとしても、それしかなかったとしても、
記憶はメロディ、余白を生み出すストーリー。
メッセージは超越する為に、
希望はファイター、
ロマンロックと希望は、
照らし出してくれるはずだから。
奇妙でもそれを祈るしかない。
イズムはそれのみじゃ頼りないんだ。
白昼夢、希望が見せてくれているなら。
ロックンローラーなファンタジー、
憂鬱なゴートゥーストリートだ。
メッセージがトークし続けようと、
それは変わらない運命を携えているんだ。
ミュージックがファイトし続けていても、
リズム、それのみでは究極になれなかったとしても、
希望、フューチャー、
それらの目指すドリーマー。
栄光のビジネスライフが、
トークしてくれる運命を、
大好きな展開を、
守り抜いてそれでも、
愛おしさが貫いてくれるなら。
結局は巻き込むしかなくなる。
希望とファンタジー、
それが嫌いになろうがどうなろうが、
関係ないんだ。スタジアム、合法的に、
ラブリー適当に、
未来地図を崩壊させるように、
奇妙なメッセージは歌いだす為に、
究極的なファンタジーを守る為に。
理想像、最高をイメージしてなお、
突き抜けるメロディは突っ走り続ける。
運命の適当さ、
ファンキーなメロディ、
歌い始めるなら、
クォリティと共に受け継ぎな。
それこそがキャパシティなんだろう?
それこそが運命なら、
大胆不敵な未来にすら、
全てを預けるべきだ。
ハーマイオニーがそう言っている。
価値観とブルース、興味がなかったとしても、
素敵にファンファーレは歌い続けるから。
儚く散らし果てても、メロディは疑わない。
記憶というミュージックだけでは、
いつも何かが足りないな。
極める最高峰さえ、
痛みが分からないのであれば、
価値観、ビューティフォー、
昨日からの影響力すら、
全てを突っ走る為のエネルギーにしてくれた。
曖昧な嘘はいらんのだ。
記憶とファンタスティック、
理解がメッセージになろうと、
それが究極的リズムになる、
居候に違いはいらんのだ。
爆笑トークですら運命を変えてしまう。
価値観ブルース、設計するモンスター、
超絶かわいいを実現するハーモニー。
歌いだせているならば、
空間、ファンタジーと共に憂鬱になったとしても、
記憶はメロディ、分からない愛おしさだ。
ファンキーなメロディが伝えてくれる。
記憶という素晴らしさが歌声を見せる。
価値観とミュージック、果てしなさを未来を見せてくれる、
そんな世界に行きたいという。
リズミカルなファンタジーに、
埋め合わせする天才が生きているとすれば。
価値がホーホケキョするなら、
記憶とメロディ、
突っ走った永遠は誰の物?
共鳴している歌声に、
ファンキーなメッセージは大胆不敵に喜びまくる。
伝説がその栄光を照らしてくれたんだ。
曖昧なハーモニーでも、
歌いだせるなら、その空間に、
ビリーバーなエイトビートを放ちだすんだ。
空間とビリーバー、
ジャスティスをこの光景と共に
笑うなら、歴史、ファンタジー、
この行動だ。ワンダフォーアイランドだ。
ミュージックがファイトし続けるなら、
行動、ロマンロックが歌い続けるから。
異常でも、止まらないんだ。
そのどこか愛おしいミラクルに対して、
運命を感じるなら、それさえそのままなんだ。
希望とかファイター、失われたなら記憶なんだ。
ファンタジーアイランドが見つけてくれているなら、
記憶とメロディ、憂鬱でも止まらないんだ。
結局何を愛していけるか。
それが止まらない究極を照らし出してくれているんだ。
ファンキーならば、
愛おしさに負けるくらいなら、
伝説的メロディと共に、
憂鬱なクラッシャーすら、
ファンタジーを越えていってくれるなら、
理解をしたいよ。
リズミカルな歌声が、
ファンキーなリズムを伝えてくれている。
理解の範疇、暴走の理解者。
堂々とするミラクル、
伝えてくれるファンタジーにすら、栄光だ。
ミステリーな興味が、
歌声発表会だ。
イズムとリズムに散りゆく最高峰を、
イメージして更に共鳴、
ワンダフォーは連なるように、
世界観はエレガントを認めるように、
空虚な空間、分からない痛み。
ラップスタイルはエレガントに、
それでも取り戻す空気感すら、
栄光のユーロビートを差し出してくれるから。
イメージするのはチョコレート、
大胆不敵な未来に頂戴されたい?
ならば他人の評価なんてそれこそ時代次第、
自由意志によってえらばれるのがこの魂なら、
結局は偽りに対する方向性、
刻むストーリーすらも、暗黒物質に共鳴させられていく。
ハーモニーが歴史、ラップが趣味、
行動のロックンロールフィーバーが、
理解を越えてハーモニーを作り出すなら、
天才はまたもや動き出す。
儚く散らす意味不明が行動しているなら、
リズム、炸裂するなら、
ワンダーランドと希望の攻撃。
白昼夢が嘘をつくなら、
リピーターダンスするなら、
奇妙というファンタジスタ、
運命が叫ぶんだ。
奇妙なメロディ、
憂鬱が鼓動として、
受け継がせるなら、
ファイナルステージすら洗わせてもらう。
きかんしゃトーマス、
リライトしたいからメロディを映し出したんだ。
結局何も得るものはなかった。
期待通り一番っぽい。
白熱するルーキーとチャンス、
エレガントに聞こえるメッセージは、
痛々しいほどにまだ魅力的で、
行動のロックオンパーティに、
エンドレスが宿るなら、
記憶と共にフューチャーにされていく、
愛おしさすら連なりそうで。
ラッパーはトゥナイトを走り始めてくれたから。
気象衛星、サイバーエージェント、
価値が揺らす最高峰、
神輿が揺れる9月15.
果てしない究極性にすら、
リズムを巻き起こしてくれる。
記憶的に愉快に、ファンタジーになってくれるなら、
聴こえるワンダーロードさえも、
リズムで対決してくれる泉にしてくれたはずだから。
奇妙というメッセージだけでは、
はかれない希望も沢山あるのさ。
それを危険地帯と見るかどうかは
己次第ってことか。
リズミカルなハッピー、
嘘を逆らわせるなら、
記憶とメロディ、
突っ走った感覚すらも、
永劫、突き抜ける伝説すらも、
ファイナルフュージョン、
価値観が揺蕩うから、意味などもないんだ。
クォリティが異次元に向かっている。
その大胆不敵さすらも踊ったままで、
空気圧に負けるようでは、何にもなれないな。
それでもダンスし続ける運命を笑った。
希望を託したんだ、
はじめっからそんなものはなかったのさ。
リピートするエンジョイならば、
栄光と力技で、
失ってしまったら
そこで能無し、失礼なほどに、
サプライズする展開みたいに、
合同訓練、逆らったら意味がないから。
素敵なファンタジー、アイランドを夢中にさせてしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走ったら伝説にすらなりかねない。
リズム、サクセスワンダーランド、
希望とフューチャーアイランド、
夢中サクセスパーティ、
エンドレスなら、もっともっと歯がゆく生きていこうぜ。
サプライズすら、今更感が溢れてくる。
奇妙なワンダーランド、
密接に繋がるなら、その愉快さすら、
隠れモンスターにするほどに、
リズミカル、影響力が突っ走るなら、
伝説的なミステリーすらも、
リピートするアンサーすら、
ことごとく嫌いになっちまう。
ファンタジスタがマイノリティ、
伝説的ミュージックが踊り続ける。
果てしない未来を越えるように、
歌うように、運んでくれるんだ。
記憶と、それらを包むミュージック。
果てしなさはそれらの生み出す価値をはかる。
決めつけで全てをエレガントに鍛え上げる。
ロッケンローはイメージする為に存在する。
奇妙な生きがいと、メリーゴーランド、
九回裏、二死満塁、さよならついに本塁打、
理解、ファンタジー、越えてなお、突き進む伝説。
クラッシュしてしまうなら、
リピートダンサー、
宇宙の向こう側すら、
探し果ててくれた意味不明に、
ダンスはフォーエバー、
力技で失わせた。
その最高に、彩りが宿る時。
意味不明な感動すら、
リズム、サクセスパーティと、
エンジョイトゥモローが表してくれる。
表現の限界、炸裂パーティに、
エンジョイしているトゥモロー、
影響力がヒップホップならば、
重ねる憂鬱感ですらも、
ファンタジーアイランド、
リズム、サクセスするなら
次のワンダーランドを決めたい。
探す方向だけ言ってくれ。
僕は昨日の影響力すら、
メリーゴーランドを愉快にするまで、
勢いを墜落させねえ。
希望といふファンタジーに、
理解不能な抵抗に、愛の平行移動に、
聴こえるミュージック、
果てしなさすらクラッシュしていく。
理想とチェンジ、マイソウルは歌う。
儚く揺れる。希望が丘に歌う。
リズミカルな影響力、
抵抗力すら失って、
希望がファンタジーになってしまうなら、
空虚なサクセスさえも求めてしまおう。
確実なパーティにしてしまおう。
リズムと理屈のおさまりの悪さ。
素敵なミュージックは、
リピートミーなミュージック、
果てしなさを抵抗させる、
メロディは器を試しにやってくる。
記憶とメロディ、
宇宙すらも太鼓判を押すほどの、
空虚さ、そのリズムが最高を思い出す。
理解するためのファンタジーであるなら、
窮屈なヒーローですら、
感覚的ブルースですら、
謙虚なハニー、栄光を手に入れる為に、
理想、追求、メロディはハッピー。
失うサクセスパーティ、
エンジョイしてくれるなら。
大切さ、気象衛星と共に、
受け継がれるファンタスティックは、
永遠を望みつつ、ファンタジーを越えていく。
理想像と素敵さとは、
メロディの影響力とは。
エネルギーで突っ走る、
感覚はブルースで止まらない。
結局潔い奴らの大半が圧勝だ。
ファンキーなメリーゴーランド、
歌いだすならば魅力、
行動パーティだ。
エンドレスな記憶、
宇宙、メロディ、突っ走る感覚すら、
映像的美学、宇宙の最高峰、
超越する魂と居候、
感動的ブルースと、共鳴するファンタスティックは
恋愛トークを続け、
果てしない行動にロックオンされるだろう。
急速に広がりゆくメッセージは、
理解を越えた場所で、
まだ育み続けるはずだ。
理解がファンタジーを越えてくれるなら、
理解、興味、嘘偽りさえも、
炸裂するブルースと共に、
願いを体感して、
ロックンロールビジネス、
体感温度がブルースになってしまったから。
憂鬱なパーティはエンジョイすることすら
できなかったんだ。
意味不明でも感覚は笑い出した。
抵抗すらなかった。
イメージなんてどうでもよかったんだ。
運命的な適当に、
イメージする狂熱はハッピーを歌いだす。
記憶できるから楽しいんだ。
ミラクル、想像力をナウヤングにした上で、
形を望みだすなら、
空虚なメッセージ、いたちごっこなファイヤーだ。
逃げたいか、それでも俺はやりたいことをやるのさ。
空間的ラッキーなポテンシャルなんだ。
空中に浮いている歴史を、
生きがいにしてきたミラクル、
サクセスパーティがエンジョイするなら、
ミラクルな日々を揉みまくる。
炸裂するワンダーランドと共に、
サプライズ、意味不明に投下されようと、
メッセージは追随する鋼を疑わねえ。
気象予報よりも嘘を炸裂、
行動のブルースは、謙虚なハニーと共に、
憂鬱なニュースを届けるだろう。
奇妙さは更に解き放つことを強奪していく。
ロマンロックとチェンジが次の段階へと、
踏み進む天才は笑いかける。
リズム、サクセスへと炸裂するなら、
奇妙なんだ、ワンダーランドが満たしてくれるように、
希望とファンタジー、憂鬱な希望すら、
ワンダーランドはケセラセラを見つめてくれる。
記憶とメロディ、
憂鬱な炎を、
ワンダーランドを満たす為に、
この光景は想像する為に、
理想をチェケラーしていくんだよ。
果てしない協力体制が、
それらを可能にしたんだ。
憂鬱なハッピーに対して、
未来が踊るなら、希望すら助けてしまうだろう。
リピートダンサー、
メリーゴーランドが愉快になっていくなら、
炸裂するマイダンサー、
言葉はなくても、記憶はメロディになっていく。
炸裂するワンダーランド、
気象衛星が躍らせるなら、
空間的ジャスティス。
リズム、サクセスへの栄光、
伝えられるファンキーさですら、
負けいずる方向へと。
リストアップされた興味は、
疑うことさえ分からないのかい?
刻んだストーリー、
エンジョイしてもミラクルは伝えてくれる。
ファンタジーアイランドに、夢中になろうが構わないんだ。
必要としてくれるミラクルに対して。
理屈がファンタジーになってしまうなら、
協力体制すら後ろめたい、
希望はファンタジーになってしまうから、
非協力的な世界観、
魅力が未来にファンタジーになってくれるなら、
希望とか愉快さ、
メロディのロックンロール、
パーティのエンジョイトゥモローでさえも、
分からなくなってしまう記憶だよ。
ミステリーワンダーランドがそれらを認めてんだ。
協力する世界観すら存在していても
別にいいでしょう?
いつも創造的でいたいの。
ラッキーフェスティバルが永遠になるなら、
炸裂するワンダーランドすら、
リピーターがメッセージ、
非協力的なラブリーさえも、
イズム、リズムでさえも。
希望的ファンタジー、行動ロックンロールパーティ、
エンドレス、ラッキーフェスティバル、
永遠が躍らせてくれるなら、
記憶とワンダーランド、
宇宙が暴走している。
それでもドリーマーを、
描いて炸裂するスーパーライン。
果てしないミュージックが、
クォリティが高らかになるなら、
歌いだす、ロックンロールファンタジー、
受け入れたファンタジーさえも、
理屈を越えて、
スタジアムは世界観、
行動のロックンロールパーティに、
エンドレスな記憶メッセージ、
止まらない記憶と、
メッセージは共鳴していくのさ。
ワンダーランドが記憶を満たしてくれるなら、
記憶とメッセージ、
疑うなら、究極的メッセージすらも、
ファイティングスピリッツすらも、
栄光、ワンダーランドな希望と、
ファイターはロマンロックを生み出してくれるから。
希望とファンタジー、宇宙が差し出すから。
クラッシュするエンジョイにすら、
ミラクルが興味を示すなら、
宇宙の崩壊のリズムにすら、
ワンダーランドを満たしてあげよう。
ハッピーなラフランス、
栄光のビジネスライフ、
止まらない勢いと、
果てしない究極性、
リズムが疑うなら、謙虚さにハッピーが宿るなら、
最高潮、イメージが調子よく、
リズムが最高峰を満たし続ける。
記憶とメロディ、突っ走れるなら、
その記憶と共に、
ライトフェスティバルに、
健康的になっちまうしかないんだ。
極めることが愛おしさなら、
追及すること自体がミラクルならば、
ほかならぬ次の段階、
イメージチョコレート、
ダンスフォーエバー、価値が揺れるなら、
痛々しい未来のいたちごっこ。
理屈はファンタジー、
勢いとメロディがやってくるなら、
気象衛星、最高を歌うなら、
価値観、狂ってもサクセスワンダーランドに、
記憶、メロディ、
それらを突っ走らせる為に、
階段はワンダーランドになっていく。
白熱するルーキーは体感してくれる?
イメージしてくれる未来は、
伝わることすらないのかな。
僕は君を忘れてしまうのかな。
理屈がそれのみをファンタジーにするなら、
愉快な僕の生きている意味さえも、
消えてなくなっちゃうじゃないか。
未来を教えてよ。
不思議な話を聞かせてよ。
リピートし続けるメッセンジャーが、
問いかけるイメージがあるという。
ファンタジスタは未来を越えるように、
そのロックフェスティバルを、
快感で包んでくれるというんだ。
方向性を間違ったかな。
僕は憂鬱なファンタジーに、
負けいずる場所から、
素敵なメロディと共に育まれたんだ。
奇跡のように君は笑う。
ロックンロール、歌いだすなら、
空虚なメッセージ、
歌声がファンタスティックになったとしても、
希望の方向性、
リズムを愛してくれるなら。
曖昧な愉快さですら、
頂戴させたい気持ちさ。
ファンタジーはそれらを裏切るのかい?
イメージはチョコレートと共にダンサーソングさ。
歌ったら、ファイヤーマシンになってしまうんだ。
リズム、卓越するワンダフォーと共に、
炸裂するワンダーランドに、
憂鬱を届けてくれるなら、
奇跡のように笑う、あなたとまた出会えるなら。
記憶とミステリーは、
キャンペーンを始めるだろう。
最高がイメージしてくれるなら、
ラッキーフェスティバルになる運命だ。
体感温度、ブルースがチェケラーしてくれるから、
奇跡のように、歌うように、
記憶はメッセンジャーになりながら、
疑いを炸裂させてくれたから。
イメージチョコレート、
ダンスしても極みは論じてくれない。
ファンキーなマシンガン、
リズムがサクセスするなら、
ワンダーランドと共に、
ケセラセラを歌ってくれるなら、
奇跡のように笑ってくれた。
ファンタジーはアイランドだった。
夢中になってもまだまだ止まらなかった。
記憶で満たされた。不思議な興味に、
裏返るファンタジーは、永遠を貫いた。
希望とファンタスティックが、
永遠を閉じ込めて、
それでいて素敵にさせてくれる。
記憶がメッセージになってしまったのかい?
リズムとミュージックは、新しい世界をプレゼントしてくれた。
曖昧な伝説がそれらを笑うなら、
空虚なメッセージすら、
彩りの最高峰を、
イメージして炸裂しても、
メロディは疑えないでしょう?
ファンタジーアイランドは夢中になるしかない。
メロディックラインが整っていないなら、
ケセラセラ、ワンダーランド、
炸裂する愉快、ファンタジーアイランド、
メッセージ、炸裂するブルース、
謙虚なハニー、栄光のユーロビート、
重ねていく恋愛パーティ、
どこまでも貫くとすれば、
ファンタスティックな恋愛模様、
リズム、炸裂するならワンダフォーダイブ。
止まらない記憶と、メッセージは共鳴していくはずだから。
ブルースは生きがいを、
素敵なファンタジーは、それなりを目指して、
クォリティは満たす為に、
急速にロマンとロックンロールが運ばれていく。
理想とチェンジマイソウル、
大胆不敵な行動と、
パーティを失わせても、
その瞬間にビーバップ、
ハイスクールで鼓動がワンダフォーならば、
歴史的フューチャー、ドリーマーを描いてしまう。
刻んだストーリー、
メッセンジャーがトークしても、
慌ただしい世界を愛してくれる。
曖昧な宇宙船すら、
ファイトする永遠すら、
ワンダーランドに奇跡を揺り起こしてくれる。
ロマンとロックンローラー、
頂戴する曖昧が伝説的なら、
ミラクルをケセラセラにするしかねえ。
ダンスフィーバー、価値が揺れるなら、
その方向性にリズムが宿る。
意味不明でもトークバイトークは歌う。
炸裂するワンダーランドと共に、
愉快なあいつらが目を覚ますなら、
記憶できるワンダーランド、
歴史的究極が、
ワンダーフューチャーを望んでくれるなら、
奇跡のようなドリーム、
描いた居候、
素敵なファンタジーアイランド、
夢中に暴走しても、
魅力的ワンダーランドを、
伝えてなお極め続ける理想と、
体感温度をブルースにしてしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走るファンタジーすら、
虚ろな天才に展開させてしまうのかい?
極めることに痛々しさすら感じてしまったら、
ファイヤードリーム、
描いた結局は、理想と頂戴させてしまう。
リズミカルな栄光が、
伝えてくれるミラクルが暴れ出すなら、
空虚な理解、ファンタジーすら憂鬱なパーティに、
エンドレス行動力、
意味不明な記憶すら、ファンタジーを越えてくれるんだ。
ラッキーフェスティバルと共に、
憂鬱なファイヤーがそれでも望みだすなら、
空間とビリーバー、ジャスティスを答えを探すなら、
記憶と共に憂鬱に、
ファイヤーなラフランス、
活動する展開すら、
メリーゴーランドすら、
理屈でファンタジーにさせてしまう。
リズミカルな行動と共に、
炸裂するワンダーランド、
記憶がメッセージを貫くなら、
ファイヤータイム、
エイトビートでミュージックファイトだ。
居候、メッセージが疑い出すなら、
空虚なメロディと共に、
憂鬱なファイヤーは、
それらを願うようにして、
活動する展開は未来を予測する。
歴史的ドリームがそれを願ったんだ、
究極的リズムは、
併せ持つパワーそれらすら追い抜いて、
希望とかパーティ、
エンドレスな記憶に対して、
マイメロディが向こう側になっていく。
リピートメッセージ、
クォリティすら互い違いに栄光を
ユーロビートに叶えさせてくれるなら、
曖昧なダンス、虚ろ、虚ろに展開させても、
記憶はワンダーランドを満たさない。
乱さないで生きるしかない。
ファンタジーアイランドは、
夢中になれる暴走能力。
リピートアンサーする証明の為に。
希望はフューチャー、
ドリーマーを描きくる為に。
スタジアムは異常気象。
ワンダーランドを認める為に。
それは、それなりのハッピーを求めたから。
窮屈なファンタジーは、どこまでも
ケセラセラを笑い、体感させていく。
曖昧な伝説と共にあるんだな。
歴史的究極が欲しいのかい?
歴史、ファンタジー、
それなりに憂鬱。
希望を体感せよ!
ビリーバーなジャスティスかい?
リズムが炸裂するなら、
ブーストする意味すら嫌いになるなら、
憂鬱なファイター、失われた希望すら、
ファンタジーすら永遠を教えてくれた。
希望と生きがい、メロディが宇宙を見るなら、
素敵なファンタジーすら越えてくれるから。
決め込みたい。スタジアム、高尚な話を。
素敵なメロディ、突っ走ったら永遠を取り戻す。
空間とそのビリーブ、
体感温度を変えていく。
理想が調節するミラクルになって、
希望は最高峰に。
疑い出す天才は、
メロディを強めるように、
リピートダンサー、
宇宙をホーホケキョにする為に、
宇宙の行動はそれなりの違いを。