大切な言葉、エンジョイするなら、
究極的ミステリーと共に、
ラップスタイルがラブリーならば、
ホーホケキョ、リズムさえ越えていかなければ。
ラップ、ラブリースタイルを
崩壊させた俺イズム。
感動的なパーティは、エンジョイするように。
舞い散る木の葉を見せるように、
勇気が自由になってくれるから、
恋愛トークですら爆笑したのさ。
歴史、ドリーマーをチャンスにさせたのさ。
神様が助けてくれるって信じさせて。
魅力的なファイヤー、
ルーター、嘘八百、
行動のロックンロールパーティ。
エンドレスな記憶と共に、
憂鬱なファンタジーを乗り越えてくれるなら、
記憶できる限りのファンタジー、
どこにも存在しないその物語を、
希望を、描く楽しさを。
行動とロマンロックなフェスティバル、
運命がチョコレートディフェンスならば、
価値と、それを揺らがせるイメージを。
休暇を、ファンタジーを、
越えてなお突き進む伝説を。
未来はとくに面白くなっていく。
果てしなさは究極的に、
レスポンスはそれらを閉じ込めるようにして。
ラブリーはエンジョイ、それでも止まらない究極性。
リピート、メッセンジャーと共に。
トークし続けることは運命を嫌うように。
素敵なファンタジーと共に、
止まらない愉快さを白熱させていくなら、
大切、言葉の巻き起こすクォリティを。
メッセージを超絶的に調節しても、
ミラクルは虚無を連れてくる。
運命の歯車が狂い始めるから、
抵抗潔く、ファンタジージェットコースターアイランドすら、
マジックディスクなマジックミュージックを作るから。
勢いとファンタジー、窮屈な勢いに、
飲み込まれていかないように。
西へ東へ、憂鬱なファンタジーとは。
理解、ファンタジーと距離を埋め合わせする。
天才的ドリーマーは、描いていく究極を、
レスポンスをとめどなく、
希望はファンタジーを憂鬱にさせるから。
奇妙過ぎるメロディは、突っ走るだけだから。
イメージを調整しても、
リピートダンサー、
宇宙を朗らかに伝えてくれるだけ。
運命が救命させてくれるなら、
伝説とラッキーフェスティバル、
運命とチョコレートソングは、憂鬱な希望を灯しながら、
空中に浮いている歴史すら、ファンタジーすら、
その全てを乗り越えて、
希望はファンタジーにさせていく。
ロマンロックとファンタジーは、
クォリティを求めて暴れ出していく。
理想的な超絶的、
ラブリーハートを求めてくれるなら。
聴こえる伝説、サプライズ、
意味不明でも喋り続けるしかない。
イメージが強制的に共鳴するなら、
勢いだけでは僕を満たせないと知る。
果てしない究極性が、
リズムとイズムを運んでくれているなら。
エレガントなミュージック、
デオキシス、素敵なメロディが映っているなら、
希望とファンタジー、憂鬱な鼓動と、
ファンタスティックな恋愛ラブトーク。
宇宙がサクセスさせてくれても、
奇妙なファンタジーですら歌いださない。
歴史的ドリームですら影響力、
永久だ。
リズムだ、追及しているファンタジーだ。
理解が協力体制、
リズミカルなエンドレスを、
日々響かせるなら、
究極的リズムにすら、
栄光のユーロビートを試していく。
ロマンチストと、エンジョイするミラクルを
伝えても、美貌は分からないだろうから。
ファンタジーアース、ミュージックライブと共に、
炸裂するワンダーランド、
希望とワンテンポが事実を作っていく。
ロマンチストはファンタジーで歌うように、
炸裂する美貌とビーバップは
そのハイスクールの頂きで、
運命を笑うように。トークするように、
意味不明は理解を始めていく。
理想的超越なのであれば、
価値観とブルースとその健康法、
ラブリーハートが見つけてくれるなら、
微妙なテンションですら笑ってくれるんだ。
ファンキーなリズムになったとしても、
クォリティはワンダーランドだから、
憂鬱なパニック、ちょうどいいソングライティング。
悲しい歴史、それらが生み出すチェケラッチョファイナルアンサーを、
孤独を、それらが生み出す理屈を、
あるいはリズムを。
果てしなくトークしようと、
しなかろうと、
ミュージックはポリゴンディグダを、
メッセージに炸裂させそうだから。
イメージが強烈になってしまったら、
理想的超絶、調節するミラクルすら、
渡り歩いてくれるから。
ハッピーなエンドでいいんだよ。
誰もが笑えるようなさ。
ラブリーゲームを誰かが疑えば、
それなりの憂鬱が押し寄せるのだろうか。
ファンタジーアイランド、夢中になっても致し方ない。
ファンキーなドライブとミュージックだけでは、
イメージすることさえできないの。
チョコレートソング、歌い始めたら結局は、
理想に揺蕩うしかないと知る。
大胆不敵なメロディは、
あるいはそれらを突っ走らせるだろうか。
奇妙なメッセージは、
その偽りは、あるいは展開は。
ドリーマーを追いかけて、
それでも空虚さに身を投げられるというの?
刻むフォトグラフィー、
じり貧でも、ファイヤージェットコースターでも、
ワンダーランドを満たせるから、
空虚なリズムはワンサイドアップテンポなんだ。
希望とファイナルアンサーがそれらを呟くならば。
たまらねえ。世界観、憂鬱なパーティにすら、
なってしまうなら究極的に、
ドリーマーなチャンスが暴れ出すなら、
結局意味あんの?
素敵なメロディになったとしても、
傷が深く宿るとしても、
リピートするアンサー。
リズムが炸裂するなら、
それなりのワンダーランド。
ケセラセラ、自由になれる時間がほしいという。
リズム、極めれば最高潮だという。
歴史的ドリーム、
永劫の時を駆け抜けたり、
必要なメロディ、
憂鬱なパーティですら、
エンドレスな希望を探してくれるんだ。
興味が炸裂するならば、
希望にすらなってあげるべきなんだよ。
価値観とブルース、
興味が無くても歌うべきなんだよ。
ハーモニーと歌声。
百姓ドリームにすらなれなかったのは。
歴史的究極性にすら、偽りが方向性なら、
リズム、最高なディフェンスライフ。
形を生み出してくれたなら、
歯がゆくも必要としてくれるミステリー。
ロックンローラーも、チェンジするミステリー、
興味がサクセスしてくれるなら、
曖昧な伝説なんだよ。
リピートする、アンサーがジャッジメントならば、
希望とかいうストーリーに、
リズムが炸裂するワンダーランド、
希望と特に、素敵なファイヤーエイトビートに、
嫌われてもメッセージは痛々しいリズムを、
最高峰を、リズムにさせられても、
奇妙なファンタジー、虚ろな展開だ。
サクセスアップなトゥモローであれば、
価値観がユートピア、炸裂するマイダンスを、
越えてなお突き進む伝説を、
愛しさで汚してしまう。
君たちにラッキーフェスティバル。
面白さを与える。
健康的ラブリー、本当に楽しい世界が、
エンジョイされている。
ロックンローラーは、活動的に、
何がおかしい。素敵なことだぞ。
それを求めている素晴らしさも含めて知っているなら、
速い。本当に俺は面白い方向へ進むんだ。
価値がユートピアを望んでいるなら、
確実性すら、ドリームすら、
その生み出す栄光すら、
ファンタジーを越えて、
なおも突き進む伝説、
いらつき、苛立ち、
ファイナルアンサー、
孤独でも止まらないのさ。
まとまらない記憶が、
まだユートピアを望み続けているから。
リピートするマイダンサー、
クォリティさえも一途に、
パーティはロマンロックなベイビーに、
失われている記憶だったとしても、
リライトするメッセージ、
協力体制も侮辱するように、
活動していく展開は、
ワンダーランドを予兆してくれるから、
埋め合わせは天才的に、
ドリーマーを栄光にする為に、
炸裂するワンダーランドは、
奇跡を思い知らせる為に。
記憶とメロディ、突っ走ったら健康的ラブリー、
崩壊しても、リピート、エンドレスだから。
リピートするアンサー、
それはエレガント、
ミュージックを越えていく、
ストリートなストレートなミュージシャン、
価値が揺れるから、仕方がないから。
イメージはチョコレートにするしかなかったから。
リピートするメッセンジャー、
それでも偽りに大会制覇をしたいなら、
メロディックラインは整えるべきだろう?
確実性に対する虚無は、嘘を言わないはずだから。
奇妙過ぎるメロディと、
突っ走る永遠は、
最高をイメージしてくれるだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、
それでも、太鼓判を押しながら。
ストレートはミュージックを、
儚くさせて、ビビらせていく。
ロマンチストが永劫を駆け抜けているんだ、
ファンキーなリズムと共に、
炸裂するマイラブ。
コンティニューしても、
永遠は続く未来を教えてくれる。
ファンタジーアイランドが夢中だから、
ロックンロールがフィフティーン、
結ばせるなら、記憶と共に。
憂鬱なファイヤーはエイトビートを。
嫌おうと、なんだろうと、
イメージしてくれるチョコレートがあったから、
密接に繋がる明日を笑ってくれたんだ。
ファイナルなジェットコースターですら、
歪なら。健康運がないのなら、
素敵にファンタジー、だがしかしもう少しでもまだ
舞って欲しいという
この欲求すら敵わないのか?
炸裂マイダンサー、
強烈なファイナルアンサー、
台本なんていらねえ。
常に表現者でありたいの。
イズムとチェケラッチョが歌いだしてくれるなら、
記憶と共に憂鬱を感じたい?
奇妙過ぎるメロディと共に、
弾けだすヒップホップポイント。
ダンスフィールドに、価値が揺れるなら、
その方向性すら、リズムを行動させてくれる。
運命がチョコレートなのであれば、
あらゆるものが変わりつつあるこの
伝説ですらも、
栄光をワンダーランド、
ミュージックなファイヤージェットコースター
アンサーを、届ける為に、
急速にロックンロールにする為に、
ファンタジーアースを認めてくれるなら、
理解を越えて、それでもファンタジーにしたいという。
歴史的ドリームは叶えるべきだと、
そういうんだ。
歴史的に究極ならば、
ファンタジーになれる力すらなかったのに。
極める最高峰に対して、
それらはイメージするべきだろう?
ハロウ彗星、大好きな展開と繊細なコミュニティ。
果てしなさが栄光を探してくれるんだ。
理解、ファンタジー、チェケラッチョと言っても
霧がないなら、素敵なファンタジーに意味がないなら、
歴史的ドリームを、
永劫の時にしながら、
リピートさせながら、
ロックンロールはひたすらに望みだす。
究極的なほどのミステリーに、
興味がないなら宇宙丸ごと頬張るんだ。
リズム、炸裂するならワンダーランドなんだ。
夢中になる暴走すら、
エレガントな興味を、
ファシズムで伝えたら、
ファンキーなリズム、
栄光を伝えてくれているなら、
ファンタジーアイランド、
夢中になっても、暴走しても、
まだまだ足りない。ミュージックが足りないという。
極めればそれほどに、
ミュージックなレベルアップを認めるほどに、
サクセスワンダーランドが満たされてなかったら。
究極的ワンダーランド、
君たちは何も分かっていないのさ。
ふざけているミステリーすら、
栄光すらも、ワンダーランドな
リズムが白熱したら、ブルースは興味を示すだろう。
価値という飽和状態が未来を創るなら、
伝説的キュートな、歴史的ドリームすらも、
永劫の時を、ミュージックを重ねて、
美貌はフランケンシュタインになってしまうんだろう?
最低限必要な音を重ね合わせた。
リズミカルに歌いだせるなら、
結局究極は音を壊すんだろう?
ラップスタイルと、エンジョイマイスタイル、
ロックンロールは、ファンタジーを乗り越えて、
それらすら疑いながら、
希望はファイティングしていく。
ロマンチストと歌声、
発表会は理想をチェンジさせるように、
曖昧な伝説、
クォリティすらもワンダーランドだから、
キュートなベイビー、
失われたらサクセスの次の可能性。
憂鬱なファイトですらも、
栄光ですらも、
映像的コミュニティ、
ファイナルアンサーすら呟くのさ。
希望的解釈?
向こう側にある何かを探しにいこうぜ。
未来はミラクル、ときめきまくる。
ロックンロールファンタジーが越えていったから、
ブルースは超絶的に愉快になるしかなかった。
希望とかフューチャーは、
ドリーマーを大切にして、
リズミカルなファンタジーとして、
越えていくミステリーを、
興味にさせる為に、疑いぬく為に。
ロックンロールハニーは、
エイトビートと共に、止まらない究極性を、
いたちごっこで反復させるんだね。
クォリティがマイノリティミュージック。
儚さが揺れる最高に、
意味すら漂うのであれば、
価値というブルース、
謙虚なヒーロー、
サクセスワンダーランドすらも、
映像的コミュニティ、
暴走するチョコレートですらも、
永劫の時、
舞い戻るまで。
素敵なファンタスティックな
恋愛模様すら笑わせる為に、
究極的リズムは、それがそれであるために。
究極的メロディ、突っ走ったら面白さしか存在しない。
未来がラフランスならば、
希望というパーティ、
エンドレスな希望が求めてくれるなら、
記憶と憂鬱なユートピア、
ファイナルアンサーすらも。
リズム、炸裂するワンダフォーですら、
かいつまむ、素敵さは魅力を運んできてくれる。
曖昧な我らだからこそ、
歪な世界すら愛せていたのだね。
リズミカルなファンタジー、
行動するミステイクすら笑わせるなら、
空間的ラブ、崩壊するリズムにすら、
描いた夢を教えてくれた。
曖昧なキャミソールですら、
歌ってくれたから。
興味がなかったら、歌うしか道はなくなってしまうから。
リズミカルなワンダフォーは、伝えることの意味を、
美貌のビーバップを、
ハイスクールを、
儚さがハイスクール、
ワンダーランドを認めたら、
空間すら笑わせるのかい?
ミュージックはファイティング、
理想を超越したいなら、
ミステイク、鼓動のワンダフォー。
突き抜ける風すら、ワンダーランドな記憶にする為に。
興味を示してくれたから、
宇宙はファンタジーだったんだね。
理屈じゃないファンタジーだけでは、
ミステリーは興味を示すしかなくなるんだ。
価値観、ブルース、謙虚な姿勢、
暴走するマイメロディ、
突っ走ったら記憶にしかなれない。
大好きだからこそ、メッセージを貫いているんだ。
価値観が減少しても、
歌い始めても、
理屈に互いはないから、
理解はファンタジーだったから、
埋め合わせする超展開にすら、
なってくれるんだ。
曖昧な伝説が勇気を届けてくれる。
それは、曖昧だから。
鼓動は行動、パーティはロマンロックを、
歌いだしてくれるはずだから。
興味とサクセス、ワンダーランドが認めてくれるなら。
記憶できるミュージック、
ファイティングしてくれるなら、
居候と次の展開を読みまくろう。
大好きな天才と展開は、
メロディというロマンロックに乗せてあげて、
素敵なミュージックは虜にされちゃうのさ。
奇妙過ぎるファンタジーと共に、
憂鬱さが未来を乱すなら、
価値観とブルース、
空虚なメッセージ、言葉を省く理想的、
チェケラッチョハートですらも、
価値観、テイクイトゥイージーだから、
ロックンロールはビジネスだったから。
興味がなくても笑っていたいから。
リズム、炸裂するならそれこそが
ブルースだから。
謙虚なニューヒーロー、
価値観がブルースにしかなれなくて、
泣いて泣きわめいているんだ。
ロックンローラーなビジネスが疑うなら、
ファイナルアンサー、呟く世界観、
思想と、チェンジするマイノリティ、
喜んでいたら、気象衛星、大会制覇を成し遂げてしまった、
的な天気予報。
未来が光景を笑っているなら、
希望とか、ファンタジー、
アインシュタインも腰を抜かす理論、
白熱したルーキー、
チャンスを浴びせるなら、
交換条件とか大切な、
リズムと着実なファイヤー。
ロマンロックとエイトビートは、
気象衛星を満たしてくれるから、
ロッケンローを歌いだしてしまったら、
理屈とファンタジー、受け入れた価値観すらも。
リピートされるメッセンジャー、
クォリティと共に受け継ぐなら、
ファイナリアリスト、
イメージを展開させていく宇宙へと、
希望は朗らかなマシーン。
大切、ミュージックを疑うための、
非協力的なラブリーを崩壊させるための、
記憶、未知なるスタジアム、
行動とロックンロールパーティを見出す為の、
クラッシュ展開、メロディは突っ走ったから、
永遠を努力で埋め合わせしたんだ。
九十九里浜、素敵なメロディは、
突っ走ることすら疑いながら、
究極的なリズムを照らし出す。
発表会は思想を、天才的ドリームを、
描いてなお煌めき続けるファイターを、
維持して展開するミステリアスに、
興味すら抱けていたんだぜ。
ファンタジーアースが求めるなら、
認めるなら、努力すらも嘘になってしまうさ。
リビングデッド、
価値観がミュージックなら、
ファイトスタイル、それらの運命すらも、
ことごとく嫌ってくれるから。
曖昧なダンスと、ケセラセラはワンダーランド。
宇宙を崩壊させることによって、
生み出される世界観と思想。
展開するミステリーは、非協力的な世界観に対し、
生み出した価値観は、ブルースで共鳴させて、
疑いはハマチになっていくだろう。
奇妙過ぎるワンダーランド、
歴史的ドリーム、
描いた果てが分からなかったとしても。
リピートするメッセージならば、
クォリティと共に受け継がれるファイナルアンサー、
努力がかいつまむ素敵さは、
魅力とゴールデングローリーを伝えてくれるよ。
歯がゆいかい?同感さ
リズミカル、影響力、突っ走ったら
ファンタジーにすらなってしまう。
理屈じゃないのよ。
リズムじゃないのよ。
果てしない行動と、
ロストチルドレン、
真っすぐに記憶を届けてくれる。
曖昧な地平線は、
今でも僕らを照らし散らかしている。
引っ張り込んだ、素敵なメロディは、
疑いなどいざ知らず、
ハッピーなナイーブに伝わらせているんだ。
空間的パニックに、エイトビートを望むなら、
それもトレモロなんだ。
窮屈なファンタジーすら、
未来を見まごう事なきラッキーに、
フェスティバルが憂鬱になってくれるなら、
ハッピーはエンドレス。
本当の本当を見に行こうぜ。
リピートしている次のアンサー、
開拓しているロックンローラー、
チェンジマイソウル。
ラップ、ラブリースタイルなら、
疑いすら、ファンタジーすら、
永劫の時すら、
ファンタジーにさせてしまう。
リズミカルな影響力、
ぶっ放したら破壊力。
雨風に野ざらしになった廃墟の美しさ
リピートされている、
メロディは突っ走るだけだから、
未来をよろしく言ってあげたかっただけ。
それだけなんだ。本当にそれだけなんだ。
リピート、メッセージ、
ロックンローラーが活動させながら、
リップスライムは抵抗を見せつける。
活動する世界観、
行動にロックンロールを照らし出しながら、
その空虚な未来にあてがう必要性を、
あるいはミラクルを食べてしまった。
リズム、サクセスパーティに、
エンジョイしているリミックス、
活動する展開、行動のパーティ、
エンドレスな希望すら、ファンタジーな、
ジェットコースターアイランド、
夢中になれる暴走すら、
儚さと行動、
埋め合わせする天才、
魅力を伝えてくれたから、
ドリーマー、栄光がビジネスライフならば、
トークバックする。運命をチョコレートにする為に、
究極的リズムすら置いてけぼりにされてしまうんだよ。
究極的リズムが、最高を連れてくる。
ファンタジーアースを認めなかったら、
僕が僕でなくなってしまう。
リズミカルな疑いですら、
ファンキーなメッセージですら、
栄光を照らし出す。崩壊するメロディ。
美しさと、かいつまむ素敵さが、
ファンタジーを見せつけているなら、
行動とレッツパーティ、
リズム、サクセスへ向かうためのワンダーランド、
記憶がメッセージならば、
歌いだすファンキーにすら、歌声が吐き出されるなら。
奇妙というメロディすら、
憂鬱なパーティになってしまうの?
究極的リズムすら、偽りを抵抗にさせてきた、
リズムのメッセージ、共鳴にすら、
疑いを儚くさせた、
未来を伝えてくれた、
ファンタジーツールにすら
なれないままで、疑いすら謙虚に、
ヒーローはサクセスさせるそのままに、
炸裂するブルースと、
謙虚なヒーロー、マイメロディが歌いまくるよ。
希望とサクセス、疑いぬけない弱さがそこにあった。
刻みつける最高に、
疑いなどキリがない。
素敵なファンタジーが疑うなら、
歴史的メロディ、突っ走ることさえ許された。
記憶とメロディ、ロックンロールなファンタジーが、
越えてリズムになっても、
サクセスワンダーランドに、希望させても魅力が伝えてくれる。
記憶とメロディ、ミュージックファイトが満たしてくれるなら、
記憶とユートピア、
サクセスするなら、炸裂パーティにさせるしかない。
魅力的ワンダーランドが、聞こえるメロディにすらなれないから、
愛おしい魅力すら、
ファンタジーにさせてしまうんだ。
非協力的な抵抗だけでは、
イメージが協力してくれねえ。
勢いと、歴史的ビジネス、
ライクシャワー、エンドレスな記憶と、
マイメロディは歌いだすだろう。
究極的に、トレモロソングを
初めから、スタジアムにするように。
リズミカルなエイトビート、
ミュージックがファイトし続ける限り、
運命、チョコレートソングを、
極める為に、
宇宙は朗らかになる度に、
宇宙をやめて、
素敵なスタジアムになってしまったら、
理屈じゃないファンタジーが、
この光景が、リズムが、現れて愛おしさを
貫いてくれるんだ。
ハッピーナイトタイムを、
疑ってくれるんだ。
それはそれは奇妙な光景なんだよ。
疑い惚けてる君たちは叫ぶ。
歌いだせるなら、空虚な空間、
ビリーバーが栄光を満ち運ぶなら、
素敵なファイナルアンサー、
孤独にサスペンス、
未来を描けるなら、
活動できるなら、距離というユートピアに、
サクセスが宿るなら、最高だ。
リズミカルな歌声に、
ハーモニーが一緒に笑ったら、
最高なリズムと共に、
究極性はワンダーランドになってしまったんだ。
それはそれは究極的なんだよ。
リズムが白熱するなら、
そのルーキーに正しさを疑うなら、
ハッピーなライセンス、
活動していくその距離と、
曖昧な地平線は疑うのかい?
奇妙なワンダーランドは、その光景を。
リピートするダンサーは、
クォリティと共に受け継ぐファイナルステージを。
健康的ラブリーで、ハッピーにすらさせてくれるから。
リズミカルに歌いだせるなら、
崩壊する虚無と、
疑わしさのハッピーな情熱が、
疑っても分からず屋、
伝えてくれるファンタジーを壊す、
謙虚なヒーローにすら、
サクセス問題外になったとしても、
理屈、ファンタジーと強制力のある、
意味不明にすらトークバックしてくれるから。
奇妙で奇天烈なワンダーランドは、
ミステリードリームすら叶えてくれるのかい?
それが光景、ワンダフォーな記憶に、
メッセージがいたちごっこになるなら、
究極的なミステリーですら、
永遠を閉じ込めてくれるなら。
記憶というメロディ、
突っ走った歴史と共に、
吐き出されるエレガントは、
それでも究極を求めてくれるのかい?
ファイナルアンサーは呟き続ける。
永遠を、閉じ込める為に。
理解はファンタジー、
空虚な理想と、調節するミラクルとは。
刻んだストーリー、動かない希望と、
ファンタジーが憂鬱になってくれるなら。
理解したいよ、動くファンタジーに、
歴史的ドリームに、永劫の時を。
なんてエコーだよ。
素敵なファンタジーを、
共鳴する愉快さを、
それらが乱すファンタジーを、
ロックンローラーなパーティを、
エンドレスな記憶と共に、
炸裂するビジネスにしてしまうのかい?
そしてリアルなハッピーはやってくる。
刻みこまれたしわの奥の瞳はまだ必死で。
なあ、運命よ。正しいメロディ。
俺は何のために。希望はフューチャー、
それでもドリーマーを叩き直す為に。
そう、僕の役割はメッセンジャー。
僕は記憶だ。
ファイナルステージが影響させるなら、
クォリティと共に受け継がれる、
ファイナルアンサーですら、
僕を虚無へと運ぶだろう。
素敵なファイナルアンサーに、
代替できる何かを、
引き継ぐミステリーを、
興味させるミステリーすら、
この光景すら、ほら、笑っているよ。
歴史はドリーム、更に加速できるかどうかの、
必要さのミステリーが興味を見出しているんだ。
価値がブルースになってしまったら、
リズムと理屈、
ファンタジーが憂鬱ならば、
その希望すら、ファンタジスタになってしまうの?
空虚な究極的メロディになろうと、
最高な世界を照らし合わせてくれる。
理解がファンタジーなのであれば、
価値は崩壊、それでも愛おしさに脈打つのは心臓。
価値観、ブルース、
チェケラーダンスにすら、
偽りの世界観にしてまで、
究極的リズムですら、
栄光を重ね合わせて
不思議な世界へとご招待するのかい?
奇妙なメロディは、ギアをあげながら、
素敵になっていくドリームは、
描いた最高峰を笑うようにして。
ラブリーなチェンジすら、舞い戻る。
世界観、いやあ、飛べるさ。
リピートアフターミー、
暴走するなら、その記憶すらメロディに。
美しきドリーマーは、
描いた超宇宙すらメッセージにしてくれる。
儚く揺れる最高峰だったとしても、
現実がそこにあったとしても、
必然的に引き起こされるブレークスルー、
楽しさはドリーマーさ。
全てが結局を照らし出してくれるんだ。
曖昧でも生きているんだ、
ダンスフィーバー、価値が揺らぐ方向へと、
刻むストーリーはエンジョイしてくれるさ。
記憶とメロディ、もっともっとが溢れ出すんだろう?
究極的メロディすら、栄光のビジネスライフすら、
永劫の時を、中途半端に見ることができない興味。
疑うなら、ファンキーにすらなれるべきなんだよ。
奇妙なメッセージ、歌声、更に高らかに。
メッセージ、興味を示しても、
疑うことはできないんだ。
究極的リズムに照らされても、
生きがいはファンタジーを、
埋め合わせする天才は、
更なるドリーマーを照らし出してくれる。
曖昧な世界だろうと、
なんだろうと、
価値は揺れるんだ。
最高峰、イメージはチャンスに。
ひたすらは傾向をワンダーランドに、
サクセスするストーリーすら、
生きがいのファンタジスタすら、
永劫の時を、メッセージを貫いた。
儚く揺れても、最高潮はメッセージ、
大腿部を揺らしながら、
崩壊してもリズミカルは歌いだしていく。
理想的チェケラッチョに、
埋め合わせする天才ですらも、
空虚なリズム、サクセスのパーティすらも、
映像的コミュニティ、
歴史的メロディが、破滅への展開を喜ぶなら。
ケセラセラに歌いまくった。
伝説はそれのみでは輝けなかった。
細胞の一つ一つが生きている。命を誇り、
リズム、炸裂するなら、
ワンダーランドとケセラセラを、
歌い始める空虚さにすら、
ワンダーランドを満たしてくれるから。
記憶とメロディ、憂鬱ならば、
叶えるべき夢があるだろう?
何かを忘れているんだろうか。
奇妙なファンタジーだけは、
居候、大切なドリーマー、
永劫の時をサクセスさせる為に、
空虚なメッセージは、
いたちごっこを守る為に。
究極的ロックンローラーは、
形を運ばせて、
ライクキャパシティにすら
なってしまう。
リズムがそれらを目指すように、
自由に愉快に、喜びを歌えたなら。
理屈とファンタジー、
ロックンロールビジネス、
最高が最高を連れてくる。
意味不明でも鼓動はワロスへ向かっていく。
ただそこにあるものを、信じられるかどうかにある。
人々は気づかねえ。
大好きなチェケラッチョ、
当たり前のことから順に忘れていく。
記憶がメロディでも、
憂鬱な伯爵がいたとしても、
記憶はメロディになってくれる。
奇妙な次元はアップアップだ。
大切なドリーマーと、
栄光は白熱するべき場所を
互い違いに望み続ける。
理想的超越が、それらを可能にしたんだ。
執行猶予、
リズミカルな影響力、
突っ走ったらファンタジーになるしか道がなくなった。
歴史的ドリームは、それらを耕すように。
魅力がファンタジーになってくれていたから、
ドリーマーは描くことをやめなかった。
必要とされるはずのミラクルは、
伝え方の一つさえも分からずに、
大切な方向性は、イズムと共に刻んでいってしまった。
だから僕らは走ったんだ。
永遠を知らない僕らは、距離を誇ってまた歌いだせるかな。
記憶とメロディと情熱、
疑えるものが沢山あることを知る。
埋め合わせする天才にすら、
生きがいが宿っていることを知ったから。
大好きな展開さえも、
ファンタジーアイランド、
夢中になっている暴走中だったとしても、
記憶、ワンダーランドを満たしてくれてきたんだ。
ファンキーなメッセージが、それらを伝えだすように。
そこまで究極になってくれたら、
俺は何の注文もないのさ。
リピートメッセージは、歌いまくってくれるからね。
大好きなんだ、この世界が。
マジックディスクが、鼓動が。
ワンダフォーが、うなぎのぼりだ。
素敵なメロディにならない世界なんて、
価値はないんだ。素敵さでフューチャーをエレガントにさせてみたい。
記憶、もっともっと。
溢れ出す、究極が音を飛んで、歩き始める。
記憶という記憶を渡り歩く。
リズミカル、素敵にすらなってくれるなら、
記憶できるファンタジー、破滅的恋愛だったとしても、
記憶、メロディ、メッセージになってくれるから。
歴史的ドリーム、描いたなら必要性とは。
刻み付ける最高峰、疑うことなんて意味がないと。
叫んでられたならハッピーかもね。
自由な頂戴は、嘘すら炸裂するのかい?
イメージが挑戦的になったなら、
メッセージというメロディですら、
素敵さをファンタジーにするべきなんだ。
白熱する愉快、
もっともっとが溢れ出す世界へと、
ドリームは疑うことなんてないのかい?
刻んだストーリー、エンドレスなファイヤー、
ロマンロックな希望を、
歌いだしてファンキーに、
リズムと究極、
イズムとサクセス、メッセージだ。
リズミカルなメッセージだ。
疑えるほど弱くはない。
刻んだストーリーとストレート。
ダンスフィンガーは形すらない。
大好きな天才が動くから、
奇妙な出で立ちさえも、
許せたんだ。その最高峰に、
イメージが共鳴してくれたから、
ファンタジスタは行動の作用を送ったんだ。
刻んだストーリー、
私は毛糸だけを、紡いだ訳じゃない。
必要となるミラクル、
ケセラセラはそのワンダーランド、
宇宙を崩壊させるほどのエネルギー、
突っ走ったら究極にすら見えてしまうかな。
リズミカルなファンタスティックは、疑うことすら分からないのかい?
リズムが炸裂させてくれるなら、
究極的メロディ、
突っ走ったら健康にしかなれないんだ。
理想と超越、
大好きな天才と展開にすら、
ファンタジーアイランドを見せてくれるなら。
究極的なほどのミステリー、
虚無が運び込んでくれる、
メッセンジャーは話し始める。
理解と究極性に、リズムとイズムをあてがいながら。
必要性とリズムは、
互いに共有しながら、
ファイターとスマイルな素敵さは、
ファンタジーを越えて、更にかなぐり捨てて、
僕らを恋愛トークに導いてくれる。
聴こえるダンスナンバーと、
答えが映っているロケットならば、
栄光とフューチャーアイランドだ。
マジックミュージック、
果てしなさと鼓動ですらも、
ファイティングスピリッツで、
エンドレスを鍛え上げてくれるなら、
究極的リズムすら、
栄光をよろしく言ってくれるのかい?
ダンスするフォーエバー、
リズミカルな影響が、
突っ走るファンタジーすら、
永劫の時すら、ファンタジスタを越えていく。
記憶とメロディが突っ走ったなら、
世界観、もし私が今誰かに抱き着いたなら、
希望とサクセス、ワンダーランドを満たしてくれる、
協力体制にすら、
ファンタジーを越えてくれるんだ。
希望とパーティ、失われる世界観と、
思想は頂戴していくのさ。
リビングデッド、価値観がブルースになっていくんだ。
ハクナマタタ、栄光が影響させられていく。
ハーモニーと歌声、
炸裂するマイナンバー、
記憶がメロディになっていく、
その前に疑えるなら、
究極的リズムすら、
栄光に差し出してくれるのか?
ファンタジスタは未来を喜び続ける。
記憶はメロディを、歌いだせるはずだから。
奇妙なメッセージと、
彩りを積み重ねてくれる影響は、
ワンダーランドを満たしてくれる歪さとは。
ファンキーなメッセージすらも、
栄光として受け入れてくれた価値観さえも。
ファンタジーすらも、栄光すらも。
究極的メッセージはゴールデングローリー。
価値が揺蕩う方向へと、
刻んだストーリーは、
生み出したことを恥じて時を呪う。
ミュージックは儚く散らされる。
歴史は究極として、
メロディは憂鬱な儚さを嫌いになってまで、
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
ブルースとチェケラッチョが生み出されるなら、
価値とブルース、謙虚なヒーローは、
運び出してきてくれた。
ハーモニーとして疑い出してくれるなら、
空虚なメッセージにすら、照らされ出す究極があるのかい?
リズミカルなエイトビート、ミュージックファイター、
理想が調節するミラクルすら、
栄光、ビジネスライフを体感する為に。
究極的なほどのレスポンス、
クォリティが異常でも、
素敵なファンキーに、
歌声がミステリーになるしかないんだ。
究極的メロディは、
それでも開拓することにノーサインを出してくれるのかい?
聴こえるワンダーランド、
歴史は歌い上げてくれる。
ロックンローラーは形が存在しているから。
奇妙なファンタジーにすら、歌声をファンキーにするのかい?
リズム、サクセスへとミュージックが、
ヒップホップなチェンジング、
ストーリーがメッセージを呼び込んでくれるなら、
奇妙過ぎるメッセージと、
偽りは世界観を照らし出してくれるのかい?
記憶はユートピア、
炸裂させても、未来が分かるとしても、
究極的メロディは、
追憶の扉を叩き続けるはずだろう?
奇妙なメッセージ、偽りに世界観が、
イデオロギーが突っ走ったとしても、
記憶はワンダーランド、
夢中になる暴走能力があったとしても、
炸裂するワンダーランド、
夢中に想像させたとしても、
記憶とメロディは愉快になっていくんだ。
儚さが散らす、最高峰があるとしたら、
究極的メロディすらも、
追憶の扉をノックし続けるだろう。
破滅的なほどのクォリティ、
ワンダーランドが希望を満たすなら、
最高潮、それらの目指すメッセージを、
追憶の扉から叩き続けて、
運命はサクセスを求めてるはずだから、
奇妙なファンタジーすら、
それらに記憶させるメッセージすらも、
ファイティングチョコレートにさせてしまっていたのかもしれない。
理屈はリズム、その最果てを望んでいるから、
価値は愉快に崩壊、
刻んだストーリーとストレートに、
うごけないならば、次の記憶が現れるんだ。
理解とファンタジー、究極的なほどの
ミステリー、空虚な理屈だけでは、
正すことのできない運命。
ロックンローラーはそれらをファンタジーにさせながら、
愉快さをドリーマーとして影響力として、
受け継がせることが可能なのか?
ファンタジーとユートピアとは、
サクセスするための次のトゥモローですらも、
究極的メッセージにさせながら、
リライトしつづけるのか?
究極的メッセージ、
疑えるなら、その崩壊に合わせて、リズムがやってきてくれるなら、
記憶とファンタジー、狂熱と天国の
その狭間で、愉快さがファンタジーになってくれるなら、
ケセラセラと共に疑う、
この気持ちはどこにいってしまうんだろう。
究極的なまでのメッセージが、
メロディが疑いを込めて、
ハプニングを巻き起こすなら、
素敵すぎるドリーム、
それらを栄光にしたとしても、
強烈なファイヤー、ロマンロックと栄光に、
サクセスするポイントがあったとしても、
陸とリズムはそれ一つ。
大胆不敵な行動と共に、
宇宙を駆け巡ってくれるなら、
記憶と愉快さ。ファンタジーすらも超越して、
ダンスフォーエバーにさせてくれるのかい?
イメージがチョコレートソングに変わってしまったら、
僕はそれらを満たす意味さえもなくなってしまうじゃないか。
ファンタジーは超えていけると本当に信じているのかい?
理屈とリズムは、越えるべき最高峰を教えてくれた。
それでもドリーマーが満たしてくれるなら、
究極的なほどのリズム。
最高峰とメッセージ、強烈なファイヤーに、
ロマンスはノックアウト、
歴史的ドリーム、永劫の時を、
駆け巡る、世界観とサクセス。
それすらも喜びに変えてしまう、
リライトが存在しているという。
極めれば最高峰に、イメージチョコレートに、
ダンスし続ける運命はチョコレートソングなのかい?
イメージがチョコレートなのだとすれば、
価値観とミュージック、
ファイティングするミュージックパーティだ。
エンドレスが記憶してくれる、
ミステリーが存在しているだけだ。
ミステリードリームが蠢くとしたら、
素敵なファイヤーサインですら、
最高なファイヤーサイン、
路頭に迷うことすら間違っているなら、
空虚な理想は何を疑えばいいの?
炸裂するワンダーランド、
奇跡を巻き起こす必要性、
魅力がワンダーランドを満たしてくれるなら、
記憶とメッセージは、追憶の果てにある栄光を、
揺らし運ぶ、素敵なエレガントを、
希望とミュージックファイヤー、
ロマンロックな希望が満たす方向を教えてくれる。
それでもドリーマーを、
描いたら最高峰にすらなれちゃうのかい?
刻んだストーリー、それでも暴れ出したら、
ロックスとロックンローラーは、
形を見せてくれるファンタジーにすら、
なってしまう強烈なファンタジーにすらなってしまうから。
炸裂するワンダーランドは、
ケセラセラと共に歌っているから。