リピートするアンサー、
それが間違っていないなら、
もし、そこに立つことすら許されないなら。
ファイティング、理想とそれらを超越するミラクルすら、
削るファンタスティック、
永遠が鼓動をワンダフォーにさせながら、
歌い始める空気圧すら越えて、
未来のロックンロールはひたすらを求めだす。
謙虚なヒーローになってまで、
永久を求めたのは、
リビングデッドな価値観。
メロディと突っ走った景観、
ビリーバーなジャストナイトならば、
嫌い、メッセージ、
チョコレートソングを歌おう。
君たちはどこを揺蕩う。
リズムは伯爵、拍手と共に
歴史を開拓した僕を侮辱するように。
曖昧さは伝えだすように、
ファンキーな歌声で取り戻すようにして。
リビングデッドでも、
価値は探し求めてきた。
ラップすること自体ちげえと思えたから。
ミュージックは果てしなかったからね。
備忘録、ファンタジーを疑わせるなら、
流暢な記憶、それでもなお解き放っていく、
そのストーリーが愛おしいという。
素晴らしいという。
歴史的ファンタジー、それらを共鳴させても、
疑いは尽きないという。
本当の本懐はどこにあるのだろうか。
理解、もっともっと素晴らしい世界が見たい。
空は晴れ渡り、雨は囂々。
大好きなチェンジングはあっけらかんと呆けたまんま。
だから伝えたいんだ。
未来に対するこの行動を、
それらが目指す未来を、
愛おしさを。
メロディが突っ走るなら、
それらは永遠すら望みまくってくれるのかい?
段階を踏まないとおしゃれになれない彼らは、
虚ろに天才的に、
ドリーマーを影響させるように。
ひたすらにファンキーになっていくの?
理想像は大切とされている興味の源流が愛おしいから。
未来と昨日からの影響力。
突っ走ったらその体感温度でさえも、
ブルースでさえも、全てを越えていってしまう。
それを分かっていて耐えるのか?
奇妙なファンタジー、
劣悪な価値観、環境の中にいても、
間違いないと誇り高く歌えるのか。
価値がブルース、
謙虚な炎になったとしてもだ。
ラブリーコールは歌いだすだろう。
やがて、興味は弾け飛び散るはずだ。
その場所まで到達する為に、
僕らも必至だから。
リピートするメッセージ、
クォリティ、もっともっとが儚く散り始める。
その理解に、閉じ込められた境界線が慌てだし、
僕を求めて空中を跳ね続ける。
理想はそれらをチェンジする為に、
地獄に窯のフタすら開けてしまった。
リアルなフューチャー、それでも取り戻したいものがあったから、
究極的なモンスターは愛の為に命を投げた。
リピートするアンサー、孤独が毒々しく僕に気づかせる。
恋愛トークを爆笑させるなら、
ファンタスティック、大好きな音楽が僕を共鳴させる。
破滅の序曲、それでも守りたいものがあったから。
究極的なほどのレスポンス、気がするだけじゃ止められない。
分かっているから勇気を灯した。
大好きだから、ミュージックを答えに返してあげたんだ。
リクライニング、形だけじゃ失えない。
僕には僕の夢や理想がある。
それでも表現することをやめないんだ。
馬鹿みたいでしょう?
ロックンローラーは契られた。
崩壊するファンタスティックは、誓いと契約によって、
その半端なさをブーストさせていく。
体に脳に、ありったけの言葉で挑む、
世界の最高峰。
嘘みたいな奇跡を、
ワンダーランド、不思議な未来がチャンスとばかりに、
運命はキラキラキラキラ輝きだした。
宇宙を、あるいは自分自身を、変える。
夕焼け空、僕に見える景色は、そのままだよ。
理屈はない。興味が、微妙な空気が、
それらを可能にした。宇宙すら心に宿った。
その瞬間、全てが壊れた。地球が憎いとさえ思った。
果てしなさの頂戴する、ミステリーに対する興味に、
向こう側が宿るとすれば。
栄光のビジネスライフ、そんなものに胸ときめかないのは、
きっと僕が憂鬱な風をずっと、ずっと、
息をするように、君が笑うように、
揺蕩うリズム、新しさ、新しい空間、
空洞化された心に、満たされる何かがあった。
ハートオブフィンガー、
美しきドリームすら、
憂鬱なファイトをさせられるなら、
行動のロックンローラー、
チャンスを浴びて、それでもまだ呼吸をやめない、
愛しさが貫く永遠が、鼓動が、
ワンダフォーアイランドが、素晴らしい島国が、
新しさを追求してくれる。
国境で争い合うよりも、
素敵なメロディ、宇宙を目指して飛び跳ねまくる。
大切な心が今も揺れている。
最高峰、イメージしてなお、
嫌いになってしまう影響力すらも、
なおも突き抜けて、壁を乗り越えていく。
その全てを行為にして、ラブリーチェンジは参らせていく。
果てしなさを、その行動を、
讃えるように。微妙なサンシャイン、
理屈抜きで歌えるように、
空間は震え、また新しいものを生み出してくれるだろう。
ある一定の答えに辿り着く。
運命が共鳴して、更なる宇宙を向こう側に、
天才的にさせてくれる。
イメージが超越する未来へと、
僕は踏み出した。
記憶、展開、天才、分からない。変わらない。
大好き、大好き、だけど止まらない、こぼれる涙は宇宙の向こう側へ。
果てしなさ、行動、宇宙を差し出してくれ。
価値は無くても構わない。その全てが僕の音になっていく。
理屈とリズム、ひっさげてやってきた。
僕たちは何を目指したの。
話し合いは僕らを埋め合わせしたから。
ダンスはフォーエバー、
価値が許す限り、
軋む方向と崩壊性、
リズミカルなファンタジスタに、
永遠すら宿ってくれる。
ファンタジーを越えても、
理想を越えても、
まだまだ僕を待ち焦がれる存在が。
愛しさ、温かさ、この瞬間の為に僕はどれほどのものを費やしてきた。
孤独が鼓動を、必要とされたミラクルを、
共鳴してなお、猛り狂う、メッセージを、
理解、感動、美しいミラクル、
伝えてなお、嫌いになっても果てしない。
ミラクルを伝えてくれた。
ファンキーなメッセージは、僕を疑うように。
だって仕方ないじゃん。僕には下を向いて立ち尽くすことしかできなかった。
リズミカル、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、ブルースは共鳴するワンダフォーと共に、
裏側を果てしなく、行動のロックンローラー。
パーティはエンジョイするように、
奇妙さは、メッセージを解き放ち続ける。
最高峰は歌い続けるから、
悲しい歌声、
何もかも超越して、頂点に立ったはずの神様の声が、なんだか寂しそうで。
越えている勇気、儚さ、
本当に求めているものはなんだ。
窮屈でも止まらない。
記憶とメッセージは、言葉と出会えた喜びを、宇宙を。
ロックンローラーはフィーバータイムを、
笑ってたってしょうがないじゃん。
僕のイメージは宇宙よりでかすぎて、
とてもじゃないが表現できるものじゃないよ。
歴史、ファンタスティック、増大していく宇宙。
未来は心を映し出す鏡。
切り替わり続ける世界、
宇宙の未来すらも想って、果てしなさの次の舞台を探し始めた。
理屈は全部壊してしまったのか。
恥ずかしいほどの怒りと痛みに、
震えてきた。リビングデッドだった。
それは彼らを侮辱するのかい?
君は悲しそうに笑った。
理屈、ファンタジー、残るものなどない。
記憶、メッセージ、サクセスするためのワンダーランドならば、
奇跡、巻き起こして、フィーバーするための。
リピートするダンサー、
記憶とメロディ、宇宙がサクセス、行動をし始めている。
もはや止めようのない歯車の流れに、
僕を置いてけぼりにする時の流れの冷たさに、
少しだけ嘶きながら、
果てしなさ、魅力、
ロックンローラーはパーティを生み出してくれる。
起承転結がはっきりしていないんだ。
理解、歴史、ファンタジーを越えて、
炸裂するワンダフォーですら、
存在するという意味の共鳴ではないだろう?
宇宙はそれでも僕を笑うのかい?
僕は何のために。力じゃない。嘘じゃない。
大切なメロディ、大切な言葉。歌うあなた、
僕は何をすればいい。
僕は何を育めばいい。
果てしなさ、行動、ロックンローラー、
希望の差し出す方向へと、
リズムとイズムは連れて行ってくれる。
ファンタジスタは、その永遠の先に何を見るのか。
大切なミュージック、
虚ろ、虚ろになりながら、
宇宙は、転げ落ちて、僕の中で揺蕩う。
必要性はそれらを努力させながら、
未来というゼロに向かっていく。
僕が存在していたことも、やがて忘れ去られるだろう。
嫌ってしまったらそれまでだから、君は同情でもしたのかい?
窮屈な理想像、展開することすら馬鹿馬鹿しくなったのかい?
イメージは、それらを超越させて、
魅力を倍にさせたのかい?
直接的に調節したら、
面白い光を観測できた。
ファイヤーマシンガン、
宇宙が差し出すその方向に、
希望の光を追いすがって、
それでも記憶に舞い戻るということは。
素敵なファンタジーの最中にすら、
僕は許せる大好きな展開を、
宇宙の方向性を、刻んだストーリーを、
生み出すことができる気がして。
なんとなく残ればいいな、なんて呟くなんて。
フィーバータイムは虚ろに、
ファンタスティックは恋愛模様になるように、
儚さが揺れる午前午後。
言葉でちょっと遊んでるだけだ。
イメージは調整しながら、歌い上げていく。
理想とチェンジ、舞い戻る世界観に、
理想すら超越してくれるから。
未来はダンスしながら運命を、
もっともっと儚く散り急げ。
素敵なことをもっともっとしてしまえ。
リズミカルな影響力が、
突っ走るなら、その伝説に栄光のビジネスを、
伝え始めるなら、
空虚になったそのリズムすらも、
映像、それらが生み出す栄光すらも。
ファンタスティックアイランド、
夢中な暴走になっても、
リズムはまだまだ疑いを放ち続ける。
その光が差す方へ、その光が求める方角へ。
走り出せ、運命。
一番きれいな言葉で見送ってやれ。遊んでやれ。
価値が共鳴するなら、
ワンダフォーナイト。
美しい夜を彩ってくれ。
ファンタスティックなアイランド、
最高の喜びが隠されていたから、
ドリーマーは描くことすら忘れてしまったのさ。
リズムが究極を求め始めるなら、
謙虚なストーリーすら、
一途さがファイティングされてしまうだろう?
ロックンロールはフェスティバルだったのか?
それとも運命、転げ、転げ、運命を転げ落ちていく。
ロック、ロック、岩のような転がっていく。
歴史はファンタジー。あなたに届けたい。
ミラクル、共鳴する為だけではない。
リズムが卓越して、
ワンダーランドを見越していく。
ストーリーはエレガント?
ミュージックを飛ばしな。
メロディックライン、ころころ、こつん。
果てしなく、そのミラクルは続く。
当てのない旅が、
ファンキーなミュージックが、
鳴り響く夜に会いにいこう。
静かによろけるこの世界観を食べる。
イズムは最高潮、
食べる空間に対して、運命をチョコレートにしてしまう。
リズミカルな歌声、ファンキーな冷たい声の合唱に、
ロックンロールはひたすらを求めてくれるだろう。
究極はワンダーランドだから、
満ち溢れた世界観すら、
愛せてしまうリズムがあるという。
ロックはファンタジー、それでも記憶が愛おしいのは、
なぜ、ラブリー、果てしなく、ラブリー。
栄光に対する愛情、その攻撃模様、
ふざけたミラクルに対する、運命、虚無、最果て。
疑い出すなら、ロックンローラーはある一定の答えを導き出すだろう。
急速にメロディが美しくなっていく。
ハーモニーが疑い出すなら、
ケセラセラと共に、
憂鬱はパーティを生み出していく。
ロマンロックと、そのチェンジに参らせていくなら、
行動とそのロックンローラー、
チェンジする未来すらも教えてくれる。
希望が先にある気がした。
その瞬間、全てが消えてほぐれた。
大好きだった天才に、展開に、よろめく宇宙に。
行動とロストチルドレン、
美しいと思ったか?
リズム沈む刻む生き様。
ストレートに生きてないことがそんなに悲しいか?
うちゅうはもらいあくび、
僕は素敵なカエルマシーン。
果てしなさとミュージックに、リライトするフェスティバル、
交換条件堂々企むハツラツ格別爆発、
ルキンフォーできるなら、宇宙の未来を危惧して、
ファイナルステージ?延長線上の行動は、
嘘をばらつかせて素敵にナウヤングに。
立派でした。たいそうなたいそうをしたいそうです。
奇妙?エレガントですねえ、君たちに言いたいですねえ、
孤独、ロンリー、それらはハッピー?
生きる希望を失い難い?
イメージはチョコレート、それはそれなりにユートピアって
言っとけや。
楽しいことがないなら美しい人がいないなら、
リピリピリピート、常識はずれで構わないでやんす。
さあ素敵なことを教えてくれ。
六本木?ハッピーでブラザーパニックですぜ?
宇宙の指し示す方角へと、
リズム、チェケラーがメッセージを、
面白いほどの退屈さ、
リッピングハニー、
エイトビートがクラッシュするなら、
ファンタジーと超能力、
ラップペガサス、
ラッキーフェスティバル、果敢果敢、
食らいつくファイヤアアアアア!
ロマンロックとエンジョイしたミラクルには、
伝わる魅力とエンドレスがあると。
行動、ロックンローラーにチェンジされていくミステイクが、
存在すると慌ただしいミュージック、
果てしなさで行動しても、流浪に行っておののき、
ファイヤーマシンガンに歌いだせたように、
隠れモンスターで協力して商戦をたいらげるよりも、
ファイヤーマシンガン、歌いだした君に興味を寄せるよりも、
ファンキーな歌声があるっていうこと。
とこなエックスだってこと。
リクライニング、価値、ほーほけきょ?
リズムが最高峰、でも飛び出すやんちゃなもんちっちに対抗するのは
面倒くさくて参るなあ。
大好きな健康法、
ラブリーなハートすら悶えるなら、
リピートするダンサーが、
埋め合わせする天才へと、
のぼり始める。
機械人形のように、
クラッチしてスクラッチする永遠を、
満たしてもいないその努力を、
意味不明な言動は立ち止まる。
希望がワンダーランド、
伝えても間もなく、希望は走り始めるだろう。
奇妙過ぎるメッセージと共に、
ラップスタイルはエンジョイしていく。
ハーモニー、クラッシュで生きていくなら。
思想とチェンジ、マイハニー。
エイトビートに嫌われても、
ミュージックは止まらないのだ。
理想と、チェケラッチョファンタジー、
越えてなおも突き進む。
伝説がクラッシュするように、
エイトビートはそれらを笑うように。
活動する展開、未来を呼びよせた。
大好きを止めたくなかった。
嫌い、嫌い、それでも求めるものは
その中にある気がしたから、
美しかったんだ。たまらなかったんだ。
リズム、生きる、この世界、大胆不敵を行動させた。
クラッシュしても、エンジョイしても、
ワンダーランドはミステリードリーム、
描いた究極性すら、
リズムを叩いて、果てしなさを行動させる。
意味不明でも、展開上は面白いのさ。
空気感が愉快さを取り戻しているからね。
炸裂するダンシング、
引っ張り込んだ栄光が目指す者。
ラッキーフェスティバルな永遠が望む魂を。
立派なんだよ。ファイトスタイルがね。
エンジョイしてもミラクルを伝えたかったんだろう?
奇妙なワンダーランドは、
ミステリーすらよろしく言ってくれるはずだよ。
奇妙過ぎるメッセージ、
虚ろな展開に嘘をつくなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走したとしても、
苦渋の決断、ファイトスタイル。
価値が揺れ続ける。
果てしなさと未来、
大胆不敵な路頭に迷う模様。
イメージが強烈に、
白熱しようがダンスしようが、
メッセージは連なることをやめねえ。
希望とそれらのファイティング、
行動のロックオンパーティだから、
エンドレスは求め続けるのさ。
それはとってもハイパーだろう?
永遠と炸裂するダンス、
行動がロマンロックなら、
抵抗すらワンダーランドだろう?
結果から言えば。素敵なメロディ、
後ろめたさがワンダーランドなのさ。
希望が、後ろ側から後ろめたさから、
宇宙のその端っこを憂うように、
希望はワンダーランド、
世界中を巻き込むエイトビートのように。
ケセラセラなフューチャーを、
アイランドにする為に。
サクセスワンダーランドは、希望を解き放つように。
理想とチャンスはチャレンジするから、
奇妙なゴートン、果てしなさのミラクル、
トレドの最高峰、
食べてしまう、記憶はララバイなミュージック。
果てしなさを貫いてくれよ。
立派にファンタジーを、越えてなお響かせる情熱を、
希望はワンダーランドを、
サクセスするための最高を、
正しさを、ワンダーランドを求めてくれるなら、
記憶、フェスティバル。
運命がチョコレートディフェンスだから、
宇宙の未来すら食べてしまう。
リズムが宇宙を飛びまくっている。
価値観はフューチャー、それでも生きがいを食べて、
リズミカルな歌声にはしごを下ろす。
大好きだから展開は一度ぶっ壊した。
果てしない未来にすら距離を保ち疑いまくった。
立派なファンタジー、
憂鬱な希望が明らかにされるなら、
クォリティを共に止まらない世界へと。
ビジネスライフは次への新展開、
爆笑の渦が連れて行ってくれるファイナルステージへ、
暴走する機関車はダンスをしながら、
未来は鼓動にワロスになりながら、
歌うファンキーはどこまでもドリーマーを目指して。
戻ってきた最果てはなぜかいつもと違う光景で、
ファンキーなリズムに最高をあてがうしかないなsら、
歴史的ドリーム、描いた宙に浮いたサクセスすらも。
みたいよ太陽みたいな未来を。
ロックンロールファンタジーでした。
憂鬱なコミュニケーション、
それらはパーティ、
エンドレスに求める憂鬱性、
行動力とポテンシャル。
ロックンロールがファイトし続けるぜ。
運命?チョコレートディフェンスだよ。
価値と、揺らぐ最高峰が頂くぜ!
ファンキーな理解が止まらないなら、
究極的リズム、最高を最高峰に、
歌いだして疑い出してる奴はどっちだあっちだ
ファンキーだ!
止まらねえ、サクセスの次の次の舞台。
活躍?半端ない理想と共に止まらなきゃいい。
大好きな展開?
未来をよろしく言ってくれるならそれでいい。
奇妙過ぎるメッセージが当たり散らすならそれも意味の内部合図だろう?
リズムが傾向を生み出していく。
儚さ散らす、メッセージだ。
リップスライムな健康体だ。
サクセスワンダーランドが記憶してくれるのさ。
破滅的でも、恋愛的トラブルでも、
サクセスのアクセス、次の舞台を照らしだす光。
イメージは直線的に調整された世界で、
未来への扉を叩き続ける。
それらは運命であり、歪なジェットコースター破壊光線だ。
ラブリーアタックを認めるなら、
活動する展開すら許しておけよ。
ファンタジーアイランド、夢中に暴走するなら、
ついにはおしまいにはタイムトラベル、
価値が揺らす最高峰、
それでも愛おしいなら、
それでも止まらないなら教えてあげよう。
チラつくミラクルが、影響させる次の場面を。
いたちごっこなナイトフィーバー、
フィーバーしすぎて燃え尽きそうだぜ。
ファンキーな離島に、行動のディクショナリー、
半端ない理想と止まらない究極が新しいなら、
記憶と、ミュージックレスポンス、
それは戦い?
イメージを強制的に分からせな。
大好きチェケラッチョに満たしてほしいんだろう?
究極的リズムと共に現されるぜ。
反復される運動会だ。
反復するブレークスルー、
アタックするワンダーランドは、
記憶と共に宇宙を目指してくれるぜ。
ファンキーなマシンガンですら、
僕を疑うなら連れていけ。
ファンタジーアイランド、
夢中になれる暴走できる、
その健康的なブレークスルー。
果てしない未来を歩き続ける素晴らしさ。
栄光が伝えてくれるから、
ファンタジーすらも愛せてしまうんだ。
究極的メロディ?
いっそのこと突っ走ってあげよう。
ミラクルはダンスし続けるのさ。
曖昧なレッツトロッコに、
生きがいと、ラフレシアと、
求める健康的スタイリッシュは、
リズムでサクセスを求めるように。
空虚な伝説に照らされるように、
埋め合わせされる伝説は、
未来を躍らせてくれるから。
曖昧な大切さ、鼓動とワンダフォーだ。
失ってしまったら価値すらないんだ。
究極的リズムに、抵抗させたいんだ。
ファンキーなエイトビート、
ミュージックはループさせられてしまうんだ。
空間とファンタジー、
狼煙をあげるなら、
素敵なミラクル、チャンスを浴びせるように、
空間は、空間そのままに、
一日、エイトビート、
ミュージックはループし続けるのかい?
それとも破滅的記憶に全てを預けるのかい?
貧弱な、リアルとなる可能性のあるところてんを、
ミュージックファイター、
ロマンロックと記憶が、ファンタジーを越えてくれる。
ロッケンローファンタジスタが、
生み出してくれるなら、
記憶と共に素晴らしいことになりな。
ミュージックはファイトし続ける離島、
大好きな展開と、魅力的にサンドウィッチ、
価値観が揺らぐなら、
最高峰と共に歌い上げてあげるぜ。
空間、ビジネスライフと共に、
究極的リズムは光を浴びせるだろう。
その距離に、あるいはその尊さに。
理屈が、リズムが、超えてなお研ぎ澄まされるテンションが、
リズムと理屈すら越えて、
それすら越えて、何もかも超越するのさ。
それこそがハッピーだと思ったから。
窮屈な記憶と共に、とぼけたファンタジスタは、
永遠を望み続ける。
ハッピーな思想と理想すら、
反復運動を大切にしながら。
ラップスタイルはエンジョイしてるそのままに、
影響力、ぶっ放す世界観、
一昨日きやがれなファンタジージェットコースター。
モンスターズデトロイド、
発表会は思想をチェンジさせるだろう。
ラップスタイルと未来が、
健康的ラブリーを、崩壊させるなら。
魅力的ファンタジーすら、憂鬱な光線銃、
果てしなく行動しとく?
運命とかチェケラッチョだけでは。
リピートしてくれるメッセンジャー、
止まらない究極を教えてくれよ。
ドリーマー、まだ更に情熱的なレクサスを求めているのかい?
白熱するルーキー、ちょうどいい具合に、
ファンシーなリズム、沈む大会制覇、
ラッキーフェスティバルすら、運命。
共鳴しているダンスすら、偽りを光線銃に打ち抜いて、
儚さ、揺らぐ最高、
イメージをチョコレートにしてしまったら、
究極的ドリームでさえも、
刻んだストーリーは虚ろになってしまうんだろう?
究極的リズムでそれらを照らし出せ。
発表会は展開を求めてる。
更なる勢いを求めるなら、
パーティ、そのリズム、
マイノリティが目指す内側さえも、
ファンタジーアイランド、夢中に暴走させたとしても、
記憶、未来、無花果、果てしなさ、
統率力の引き起こすミラクルですらも、
一途なファイターはノリノリになって、
刻んだストリートブルース、お前はルーザー目指せクルーザー
リピートするメッセージと共に、
究極的ミステリーが照らし出すなら、
この光景、美しい未来図すら、
ファンタジーアースジェット、
価値観が揺らぐならそのままに、
記憶できるメッセンジャーと、
そのクォリティを満たせる近づきたいワンダーランドすら、
結局分からないだけじゃん。
発表会、思想の放棄。
ファンタジーアースを見つけたなら、
空間にすらなってしまうしかなかったのだろうか。
奇妙過ぎるメロディは、
あるいは偽りは。
世界観は、思想は、お涙頂戴なその次の展開は。
ミラクルに影響を灯しだし始める。
理解がファンタジーになっていくならそのままに、
究極的メロディすら偽りで、
本当に笑えてくるよ。俺とお前以外、何もかも嘘だらけで。
リズム、沈むなら強烈に、
その世界で挑もうと決めた時点で、
勝者は分かってしまったんだ。
やばいスクラッチすら、
永遠が踊り散らかされそうで。
ファンキーなリズム、
そこにエイトビートを託せるなら、
空間すらも笑い出しそうで。
ファンキーなリズムと共に、
強烈なファイヤーはそのまた次の段階を求め始める。
理解は究極を現しだして、
イズムな炸裂はワンダーランドを。
希望はファンタジーを、
更に乗り越えて嘘を炸裂させるなら、
奇妙なワンダフォー、
戦いぬいた最高ですら、
描いた夢を伝説にしてくれるのだろう?
ハーモニーが嘘をついているんだ。
奇跡のようなララバイに、
抵抗させられそうでも、
魅力的なファンタジー、
偽りの世界観になろうが、
憂鬱なニュースにパニックになろうが、
素敵なファンタジーは終わらないんだよ。
リズムが炸裂、サクセスへと舞い込むなら、
希望とか、それらのパーティ、
生み出されたなら憂鬱なパーティを見出しな。
空間的ハッピー、理想と超越、
行動のロックンロールパーティ、
エンドレスに認めてくれるなら、
記憶的メロディ、突っ走る世界観、
栄光のビジネスライフ、キラキラキラキラ輝いて行け。
果てしない超絶に、パーティすらロマンロックを
いたちごっこにさせるのさ。
ラップするから楽にしな。
大好きチェケラッチョすら歌いだせるなら、
空間とそれなりなハッピーライセンス、
活動する世界観すら、
影響力すらぶっこむなら、
記憶とメロディ、突っ走る伝説と共に、
キュートな伝説を器で教えてあげな。
素敵なメロディ、宇宙が最果てを目指すなら、
空間的ラブリー、崩壊するリズムすら、
栄光を望んでいるなら、
炸裂するマイダンス、
宇宙の崩壊はお粗末でした。
理解がファンタジーになりそう?
宇宙を差し出してくれよ。
イメージの超越する、伝説がクラッシュして
面白くなってしまう。
リズムが、炸裂するワンダーランドを
満たしてくれるなら、
記憶的メロディすら、
憂鬱パーティすら、
ハッピーに変えてしまう理屈とリズムが、
その最果てが、メロディが、
調節し続けるイメージが、
挑戦的ハッピーにさせてくれるの?
イメージは強制させられるものなの?
奇妙というファンタジスタ、
永遠とビリーバー、
挑戦的ライブハウスで、大胆不敵になってくれるなら、
イメージをチョコレートシンギング、
リップスライム、危険な段階へと。
ファクシミリ、追憶の扉を叩くなら。
必要以上の興味がセンセーショナルに動くなら、
思想と歴史、反復運動だ。
サクセスパーティに、エンジョイロスレスCD、
埋め合わせする天才が目指すなら、
究極的なほどのリズム、
退屈なイズムを連れてくる。
リズム、サクセスなポイントにしてくれるなら、
破滅的恋愛トークすら、宇宙を差し出してくれるのですか?
奇妙さはファンタジーを憂鬱なパーティにしていくだろう。
奇妙過ぎるメッセージすら、
エレガントな窮屈を与えてくれるわけじゃないのに。
理想とメッセージにあるのであれば、
価値観とブルース、
共鳴とワンダフォー、
いつくしみ、
哀れな大切さは、
リズミカルな行動と宇宙が差し出す方向性、
それらがリズムを目指すなら、
空間的ハッピーすら、栄光に満たされているのですか?
奇妙なメッセージが偽るなら、
世界観と空虚なリズムすら、映像的なパシフィック、
行動のロマンロックすら、
疑ってくれるのでしょう?
ファンタジーアイランドが夢中になってくれるなら、
ファイティング理想像、
大切なメッセージ、偽りすら愛してくれるなら、
奇妙なファンタジー、虚ろな大切さがドリームを、
栄光を満たしてくれるはずだから。
歴史的ドリームすら、
栄光すら、永劫に伝えてくれるなら、
記憶とファンタジー、憂鬱なタイピングマシーンと、
理想が調節された未来さえも、
リズミカルなダンサーは、
宇宙を崩壊させるほどの
リズムを越えてきてくれたから、
ファンタジスタは止まらないのさ。
究極的メッセージは偽りを、
世界観は行動を、
イメージしてなお煌めき続ける永遠を、
行動するパーティにエンドレスになっていくなら、
ファンタジスタと参るほどの素敵さを、
宇宙の煌めきと共に、
宇宙をフェイバリットにさせてくれるなら、
曖昧さで伝説を教えな。
ファンキーなリズムと共に、栄光を抵抗で現しな。
それこそが体感するミュージック、
歴史的健康を教えてくれるミステリードールに、
意味不明なタイピングメッセージで、
究極的リズムを教えてくれるのさ。
馬鹿みたいでしょう?
破滅的恋愛を教えてくれるんだぜ?
それらはキラキラ輝きだした。
大切な言葉とミュージックファイトコース、
エンドレスを求めてくれるなら、
潔いパーティすらも、永遠を望ませるべきだ。
ファイティングスクラッチに、エンジョイするミラクルにすら、
映像的コミュニケーションが偽るなら、
世界観と理想は思想、
退屈な健康法で、
ラブリーな見せたくなかったイズムとリズムで、
最高峰を伝えてくれているなら、
ファンキーなほどに、
ミュージックファイティングは、
世界観すら愛しながら、
奇妙過ぎるミュージック、
儚さと共に潔さを手に入れな。
リピートメッセージが、
内側を目指すなら、
究極的リズムすら持ち上げな。
ハッピーなライセンス、活動する距離だ。
埋め合わせする世界観こそが、
影響力、突っ走ったダンサー、
独立した抵抗感すら、
影響力すら、ぶっ飛んで力になっちまうんだぜ。
空間的ハッピー、
偽りの世界観にすらなってしまうなら、
ロックンロールをビジネスにする為に、
究極的なリズム、大切なリズムと歌声に、
ファンキーメロディすら内側に、
メッセージはメッセンジャーを伝えるように、
ファンキーなリズムは、それのみを従わせるように、
空虚なメロディは走りぬいていく。
理想と大切さ、曖昧さとディフェンス能力、
価値が揺らす最高峰すら、
イメージしてくれた永遠に対して、
曖昧な歴史を発表したいんだ。
立派にリッピングされているという。
ファンキーなマシンガンは、虚ろな大切さを、
ドリーマーにしながら、憂鬱に。
それでもパーティは目指す場所があるから。
理解とファンタジー、強烈なファンタジーにすら、
なってしまうなら記憶なんだ。
リズムで炸裂するダンサーに対して、
意味不明に攻撃していたのは誰だよ。
ファンキーなリズムと共に、
憂鬱はファイトし続ける。
恋愛的栄光を、
ビジネスライフを、
たまりたまった歴史を、
九官鳥、おとどけしてやるぜ。
ファイナルステージは美しいのさ。
ラブリーコールと共に、
疑いを白熱させるのさ。
共鳴するダンサーと共に、
憂鬱なことに対してパニックを引き起こさない、
魅力的メロディは、歴史を越えていくから。
記憶とメロディ、それらが生み出すチェケラッチョは、
ファンタジーすら越えてしまうのかい?
リビングデッドは生きがいなのさ。
ハッピーマイライフを追随するなら、
発表会にすら間に合わせてみせようじゃねえか。
ラブリーコールでエンジョイするなら、
ミステリーと興味、虚ろなディフェンス能力すら、
エレガントになっていく必要性すらも、
栄光、影響で満たす為に、
全てはその大切さに挑んだ気持ちを忘れずに、
退屈な緊張など教えない為に、
窮屈なファイナルステージを、
影響力にさせるような。
ロックンロールファンタジーが、
憂鬱なパーティを悶えさせるように、
ファンキーなリズムすら、
栄光すら忘れてしまうなら、
究極的リズム、最高峰が踊りだしているなら、
究極的なミステリーすら全てを
現していこうじゃないの。
素敵さがファンタジーならば、
疑える空虚さと、
リピートモンスター、
サクセスの次の舞台、
発表会が思想を目指すなら、
究極的リズムと共に、
現実に対する時、
大好きなミュージックがかき鳴らされる。
それはハッピーなのかい?
イメージが直接的にファンタジーになれたなら、
空虚な空間、
ビリーバーなエイトビートを望んでいるから。
空間と、リピートしているモンスター。
強力な世界線と、
窮屈なファンタジーと共に、
憂鬱なファイターを望んでいるのかい?
価値が揺らす最高峰に、
イメージすら宿っていないなら、
価値すら教えてあげようじゃないか。
未来を伝えるからファンキーになってしまうんだ。
究極的ミステリー、健康的ラブリーすら教えてあげるよ。