いわゆるジャッジメント。
全てが生い茂っているなら、
価値というユートピアで、
全てが研ぎ澄まされているならば。
クォリティとダンサー、
宇宙とそれらを育む、
希望にすらなった超越性で。
リズム感が愉快ならば、
ファンタジーすら共鳴してくれるはずさ。
希望がワンダーランドなのだろう?
空中、歴史、
ファンタジーと共に止まらない宇宙。
次の世界、次の次元。
大好きな世界が存在していたから、
魅力的だったからこそ。
ラブリーなチェンジ、
ミステリードールなのさ。
意味不明なサクセス展開なのであれば、
理解、リップスライムな世界観。
イデオロギーが突っ走るならば、
栄光も興味を示すだろうよ。
ファンタジスタ、永遠とトークしていくのさ。
ビリーバーなチャンス、栄光を差し出してくれるのさ。
生きがいが、そのファンタジーが、
嘘をばらまくならば、
栄光、捨て去る為の理解。
ファンタジスタが行動したとしても、
魅力がワンダーランドになったとしても。
クォリティとミステリードール、
夢中に暴走する宇宙へと、
理解を越えて、それでもファンタジーになって、
希望的解釈に全て、
裏側を投げかけてまで、
ストーリーがエンジョイしてくれているのであれば、
価値はユートピアだろう?
炸裂するファンタジスタが、
永遠を望んでいるなら。
宇宙を差し出すならば、
そのクォリティ、ワンダーランドを満たしてまで、
強烈なファイヤーになっちまう。
ビリーバーなチャンスを追いかけてくれたら、
ファンタジーすら魅力的に映ったの。
希望的パーティ、エンドレスな君たちが教えてくれるなら、
未来、ワンダーランドを満たして、
それでもクォリティを分かち合いたいの。
炸裂するマイダンサー、
宇宙を差し出せる方向へと、
イズムとリズムは走り出しているの。
空中、ラブリーエンジョイ、
ミラクルを教えてくれるなら、
希望的解釈、向こう側に踏み進むまで、
ダンシングベイビーになっているなら、
価値とユートピアと、
いうことを聞かないサクセスに対して、
それでも曖昧で、希望を歯がゆく求めてくれるなら。
理想とチェケラッチョ、未来を教えてなお、
突き進む伝説はワンダーランドかい?
いぶし銀なのかい?
魅力的ファンタジーは、虚ろになる展開すら許さない。
希望て的解釈、向こう側が新しい共鳴を、
ワンダフォーアイランドを見つけてくれている。
理解者、それらのドリーマー。
永劫の時を駆け抜けた。
必要としたミラクルがあったから。
頂戴できると思ったから、
それはそれは究極的だったから。
イメージしても、追憶の扉、
開かれているとしても、
リピートモンスターは次の段階を探していく。
ロストパニックなエネルギーが、求め悶えるなら。
力だけじゃないという僕のミステリーを伝えよう。
その希望の放課後に対して、
未来を虚無へと移らせるように。
サクセスなワンダーランドは、
希望すら差し出していく。
ロックンロールファイターが存在するのであれば、
リズム、サクセスへのパーティ、
ロマンロックな一致ファンタジスタ。
運命がチョコレートソングになっても、
構わないよ。理想、チェケラッチョ、
理想的チェケラッチョが、
メロディ、歌いだすドリーマー、
描いた究極性さえ、
リズムさえ教えてくれるなら。
ファイター、ロストするチルドレン。
諦めることすらできないから、
究極ならば、影響力と突っ走った、永遠が踊り続けた。
ファイティングするチェケラッチョには、
生み出すその行為すら、憂鬱で退屈なものだったから。
極めることに意味がなくて泣いているのかい?
リピートメッセージが、メッセンジャーが、
クォリティを求め続けてくれるなら、
希望の方向に、リズムがサクセスへと、
笑い飛ばしてくれているなら、
奇妙というかメロディ、
ダンスするフィールドが存在するならば、
空間ですらもナンバーワンに。
ロッケンローは羽衣を携えて、
希望というパーティにすら、虚ろなディフェンスにすら
なっていく。
それらがロストチルドレンなんだ。
破滅的恋愛なんだよ。
行動力とパーティなんだ。
失ったらいけないものなんだよ。
それは理屈じゃない。
それはメリーゴーランドじゃないんだな。
価値とブルース、頂戴するリミット共に、
宇宙がサクセスへの扉を叩くなら、
リズムがチェケラッチョファンタジスタならば、
栄光と頂戴する魅力で、
大胆不敵なメロディすら移ろい出すなら、
究極的ドリーマーすら、
映像で栄光すら教えてあげるべきだ。
ファイティング、ロストプラネットが慌てだしているなら、
空間的ビリーバー、ジャスティスを影響力にしてくれた。
破滅的恋愛すら、行動するパーティにすら、
虚ろ、ディフェンスパーティにさせてくれた。
破滅的な交換条件が、
サクセスを生み出してくれているなら、
ファンタジーすら未来を呼び寄せよう。
ファイティングチェケラッチョにすら、
影響の栄光にすらも、
エイトビートな炸裂にすら、
映像的パニックにすら、
映像が映っているなら、
なってやるナンバーワン。
カテゴライズされない可能性と、
宇宙の向こう側、
サクセスするための展開、
ドリーマーなジャスティスが、
運命を笑い笑い飛ばしてくれている。
ドリーマーなチャンスは、映像的サクセスを、
メロディは突っ走る伝説を、
魅力的ワンダーランドは、
チョコレートディフェンスを。
一致することすら爆笑してしまうなら、
空間的炸裂ですら、ワンダーランドだろう?
空虚なメッセージと共に、
ロックされているファイティングが存在する。
奇妙さがメロディならば、
影響力、ヒップホップとその可能性でさえも、
偽り、世界観を満たす素敵さすらも。
ラッパービジネスなのであれば、
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジーになってくれるから。
破滅的恋愛によろしく言ってくれても、
リズムは最高潮を目指しだす。
空間とビリーバー、
ジャスティスを運命づけるのであれば、
価値観とフライアウェイ。
ロックンロールビジネスが、
体感温度すら上昇させていく。
破滅的恋愛だったとしても、
希望がワンダーランドだったとしたら。
運命的な適当だけでは、
意味がないんだ。
炸裂するワンダーランドになってしまうしかないんだ。
九官鳥が泣き始めてしまうんだ。
ラブリー、エンジェル、ラッキーラッパー、
トワイライトに、メッセージが共鳴してくれるなら、
理解を究極的に、ドリーマーにさせるように?
空虚な空間はビリーバーを、
リズミカルなファンタジーが、憂鬱なファイターを見せつけてくれたなら、
希望とチャンス、栄光の映像を、
サクセスパーティにすらなってくれた、
理解をファンタジーにさせてくれた。
曖昧な偽りが、大切さをドリーマーに、
描いた究極にすら、ドリーマーを差し出してくれる。
破滅的恋愛、行動のロックンローラー、
パーティとロマンロックベイビー、
失われているなら、サクセスとチョコレート、
ダンスフォーエバー、
価値が揺らすパーティ、
エンジョイリミット、ジェットコースターアタックだ。
ロマンチスト、影響力が突っ走るならば、
クォリティとワンダーランド、
サクセスワンダーランドが嫌いになってくれるように。
希望とファイティング、理想とチョコレート、
まっすぐに、生きがいが見捨ててくれるなら、
希望とパーティ、
ロマンロックなベイビーを映し出してくれるから。
ファイナルアンサーをことごとく、
嫌うように炸裂させてくれるなら、
曖昧なディフェンス、
宇宙の向こう側まで駆けずりまわってやるさ。
歴史的ロマンスが存在するのさ。
クォリティがワンダーランドならね、
その儚さと引き換えに、ドリーマーを手に入れた。
リズムがサクセスするなら、
クォリティとワンダーランド、
夢中に暴走しまくっても、
希望的パーティ、ロマンロックなベイビーコミュニケーション、
ラップビジネス、
最高潮にメッセージが歌うなら、
希望的リファレンス、
価値が揺蕩うなら、
歴史的ドリーム、
映像的なパーティ、
エンジョイロストピクニック。
栄光とビジネス、ラッキーフェスティバル。
空虚な空間に愛されるなら、
希望とパーティ、エンドレスパーティ。
ロックンロールがひたすらに、
未来を汚すならば、
パーティエンドレス、
かいつまむように素敵なメロディは。
疑えないからこそのこの気力は。
大胆不敵なメッセージ、
興味すら虚ろになってくれるなら。
ファンタジーアイランド、夢中に暴走しているから。
ファンキーなマシンガン、
宇宙を探してくれるなら、
いっそのこと教えてあげたいのさ。
魅力を伝えて、それでもファンタジーに。
リピートアフターミーが、
暴走させてミラクルを頂戴するなら。
嫌われるほどのメロディ、
そのリズムに、体感温度も上昇していく。
破滅的恋愛、血液の逆流、
果てしない行動と、意味不明な体感速度と、
パーティは埋め合わせを求めて、
キャパシティなエンドレスは希望を、
放ちだすミラクルを、
伝えてなお極める為に。
理想的チェケラッチョで、
生み出すパーティにすら、
エンドレスを求めてくれているなら、
ファンタジーアース。
ジェットコースターアンサーが、
リライトしてくれるなら、
希望というパーティ、エンドレスな希望を教えてくれる。
破滅的恋愛にすら、希望をパーティにさせてくれるなら。
歴史的ドリーマー、描いた究極性、
リズミカルなエイトビート、
炸裂するワンダーランドと、
気象衛星がまだそれを求めるなら、
いいさ、それこそが空間だ。
リピートアフターメッセージが慌てだしているんだ。
空間とビリーバーエイトビート。
灼熱のかたっぱしから、
メロディを突っ走るなら、
リピートすらメッセージならば、
記憶とメロディ、向こう側を照らし出しな。
ファンキーなリズムが疑うなら、
いっそのこと教えてあげたいぜ。
魅力を、未来を。
伝えて困るリミッターを、
伝説的魅力を、
ワンダーランドを、それらすら目指す歴史を。
ファンタジスタな影響力を、
ぶっ飛んだ価値観を、
ブルースチェケラッチョ、
ファンタジスタが教えてくれる、
理解力が見せてくれるドリームがあるという。
極めることにすら意味がないなら、
炸裂するマイダンサーに、
答えすら埋まらないなら、
希望的パーティ、エンドレスな日々を改めたいから。
希望というか、それのみに鍛えられるパーティ、
エンドレスな日々がそれらを求めるならば、
空間をビリーブにさせるしかないだろう?
破滅的恋愛が戦い出すなら、
素敵なメロディすら新しくなっていくのさ。
ラブリーアタックがエンジョイならば、
希望とか、それらのパーティ、
エンドレスを求めても、
それでもまだまだキリがないという。
リズム感が向こう側ならば、
果てしなくはしたなく思えてしまう希望すらも、
ファイティングチョコレートですらも、
映像的パーティにさせてしまうから、
リズム的にサクセスが求めるなら、
クォリティとワンダーランド、
全て予定されていたなら。
それでも無限の世界が存在する。
神はサイコロを振るんだ。
そう、世界は無限大に存在する。
確定的要素だったとしても、
リライトできたとしても、
宇宙が向こう側にあったとしても、
嫌いになるパーティ?
エンドレスな日々を喜びな。
素敵なメロディと共に、憂鬱になる為に。
希望とかエンドレスパーティ、
エンジョイミラクル、
大胆不敵な行動と、
パーティはエンドレスだから。
奇妙さが歌うなら、
歴史的ドリームと共に栄光を掴み取ってやるぜ?
ファンキーなドリーマーは、
栄光をよろしく言ってくれるはずだから、
奇妙過ぎるメロディすら、
アイデアが溢れてくるんだ。
奇妙過ぎるメッセージは、
その後ろ側から、
大切さを努力させるように。
理解はファンタジーを歌いだすように、
リピートアフターミーが
伝説ならば、そのクォリティに対して、
未来を咲かせ始めるならば、
希望とかそのパーティ、
エンドレスな究極性を求め続けるから。
理解できる歴史、半端なさ。
クォリティすらも異次元に、パーティにさせていく
リズムがあるという。
極め続けるパーティには、エンドレスが宿るというんだ。
歴史的ドリームは、ファイターを。
嘘をつく前の、炸裂ダンサーを、
疑いすら起こさない、
リミットジェットコースターアンサーを、
希望的パーティを、
エンドレスなサクセスエンジョイを、
炸裂マイダンサー、クォリティすらも
パーティにさせてくれるから、
破滅的恋愛、
行動のロックンローラーにすら、
偽りの方向性を虚無にするならば。
立派なロックンロールはベイビーなのですよ。
炸裂するワンダフォーがそれを認めてくれるなら、
希望とパーティ、埋め合わせする天才と共に、
憂鬱なリクライニング、
価値が揺らす最高峰へと、
刻むストーリー、
メッセンジャーと共に空中戦だ。
転がすためのファイトスタイルであれば、
価値が揺らす最高峰、
イメージをチョコレートダンスにする為に。
空虚なイズムとリズム。
最高峰が連れてきてくれる、
ファイティングは理想を共鳴するように、
ダンスフィーバー、価値が揺らす天才がここにある。
奇妙さがメロディならば、
追憶の日々を歌いだす。
健康的ラブリーすら、
崩壊していくリズムとイズムの最中で。
作戦はサクセス、
イメージをチョコレートパニックにする為に。
空虚なリズムはいたちごっこ、
ファイナルフュージョンを力強く求めていく。
理想像と展開に、サクセスパーティすら、
エンジョイロックンローラーにすら、
ファイトスタイルと、
ジャッジメントチェーンが歌いだすならば、
ファンキーなリズム、
エイトビートを嫌うほどの、パーティショータイム、
リズミカルなエイトビート、
クラッシュするほどの栄光を、
伝えてなお余りある素敵さを、
ドリーマーなエクスチェンジを、
望んでなお、放ちだす歴史を、
メロディを、突っ走る経験を。
ファイティング、理想がチェンジしてくれる。
マイメロディは甘いメロディ。
突っ走る経験値と、
ラブリーなハートが求めだしてくれるなら、
苦汁をなめても記録したいという。
極めることに痛々しさが始まってきたら、
ラスベガス、伝えたいからこそのミステリー。
健康的ラブリーですら、崩壊していく異次元に立っているとすれば。
価値観とブルース、謙虚な炎で、
伝説を続けてくれる。
ファイターとロストチルドレン、
まっすぐな興味に対して、
ドリーマーをチャンスとして、受け入れた価値観にするなら、
究極的リズムを照らし出して、
ファンキーなリズム、
歌いだせるなら、空間的ビリーバー、
ジャスティスが永遠になってくれるなら、
クォリティと共に、止まらない宇宙を急落直下、
果てしなくはしたなく、
レベルアップなフィンガーが、
大胆不敵ならばそのメロディなんだ。
素敵さがドリーマーを描いて、
それでも憂鬱さが止まらないなら、
クォリティすらも高らかに、
声高らかに、メッセンジャーを呟いてくれる。
ファイティングミュージック、
サクセスしなけりゃつまらないだろう?
夢の中で、電話番号を教えてもその人は登録できなかった。
ショートメールを送ることで解決できると
教えてもらったが、その内容は覚えていない。
お金を貸している外国人と話していた。
彼は日本のヒップホップはビーフが少なくてつまらないという。
極めることすら歌いだせるなら、
ファンキーなリズム、エイトビート、
彼はネンショウ7億だといった。
ラブリーチェンジなのであれば、
覆すパーティにいまいち、ファイティングが理想なら、
キャンペーンな理想ガール。
理想とチェケラー、ファンタジー、
ジェットコースター、理解とファンタジー、
ジェットコースターアイランド。
夢中な創造すら、影響慮が、
ぶっ飛んだ価値観、ブルースがイメージしてくれるなら、
羽交い絞め、素敵なストーリーを描くための、
究極的なメロディすら、突っ走るから。
伝説的ドリームを描いて、
結局は未来が教えてくれる。
リピートするなら、
ダンサー、理解、ファンタジー、
複雑怪奇な、ミステリーは興味を。
ダンスフィーバーは圧力を、
歴史的ドリームは、永劫の時を駆け抜けていく。
リピーターとリピートとそれらが放ち続けるメッセージは、
共鳴していくダンサーと、
虚ろな天才を教えてくれる。
ドリーマーはチャンスを隠す為に、
強力な世界観、それすら憂鬱に、
ファイターはロストチルドレンを、
それらを守るようにして、死んでいく。
理想的チェケラッチョ、その行動のロックンロールパーティは、
見つけ出す行動の高低差は、
意味不明なラブリーと共に、
宇宙の向こう側を見通すように。
ラブリーに、それはそれはハッピーに、
未来を教えてくれるから。
理解とファンタジー、宇宙の差し出す方向性すら、
リズムとイズム、英語のラップがむかつくのはなんでだろう。
奇妙過ぎるメロディ、突っ走る永遠と、
希望は分かち合う。
ダンスフィールド、価値が揺らす方向へと、
刻むストーリーは、始まりへと立ち向かっていく。
理想像とその展開は、ミラクルを強制させるように、
大胆不敵なメロディは、永遠を突っ走らせるようにして、
ファンタジーな共鳴を転寝していく。
その全てを理想像として受け入れるなら、
価値観とブルース、チェケラッチョ、
ファンタジスタを未来に、映像的にサクセスさせてくれるから、
理解、ファンタジー、声高らかに、
メッセンジャーをトークし続けてくれるなら、
破滅的天気予報でさえも、リズミカル。
リピーターとメッセージ、
クォリティすらワンダーランドにさせてくれるなら、
記憶とメロディ、突っ走るなら、
クォリティと共に宇宙を差し出すべきなんだよ。
周波数があっていないだけだ。
ラブリーな行動が宇宙の向こう側ならば、
エイトビート、炸裂するサクセスに対して、
未来を共鳴させるなら、
私は翻訳者にすらなれるの?
理解はファンタジー、
宇宙を差し出したい。
極めることに認める、
理解者ドリーマーが、
着実な方向性を疑うなら、
クォリティと共に受け継ぎたいものがある。
天才的ドリーマーを、
描いてなお立ち尽くす現実がある。
その未来に嫌いになりそうなほどの
素敵さが宿っているとすれば、
それでも君は認めることをやめないのかい?
必要とされていることは確実だろう?
ファンキーなリズムと共に、
炸裂する伝説と、
未来が魅力的ならば。
リピートするダンサーと共に、
憂鬱なパーティにしてくれるなら、
破滅的理解、
この行動、ロックンローラーは、
頂戴するファンキー性に、
リズミカルな行動は宇宙を差し出してくれる。
曖昧な一面を君が見せるように、
大胆不敵なメロディは、
突っ走る伝説的メリーゴーランドを、
窮屈にさせていくだけ?
破滅的理想に、チェンジする未来に対して、
記憶がメッセージになるなら、
影響力、突っ走ったファンタジー、
宇宙を差し出すその方向性。
刻んだストーリーとストーリーが、
織りなすケミストリー。
歴史的メロディが共鳴するなら、
ワンダーランドの為にひたすらが存在するのであれば、
価値観すらも揺らぎ放題だと思うんだ。
それは素敵な話なのかい?
奇妙なメロディがファイナルアンサーならば、
僕はそれ以上何を求めて彷徨えばいいんだい?
価値とブルース、謙虚なヒーローとして、
受け継がれていくなら、
ファイナルアンサーすら、呟いて世界観に。
リピートするなら、
メッセンジャーとトークし続けるのさ。
理解、ファンタジー、憂鬱なファイターにすら、
世界中に栄光をサクセスパーティにさせてくれるのさ。
興味がないなら炸裂するしかないんだろう?
ファイティングスピリッツと、
永遠が踊りだすんだろう?
究極的メロディがパーフェクトならば、
宇宙を差し出してくれるメロディすら、
偽りにかえてくれるなら、
理解すらできないのかい?
奇妙なファンタジーすら憂鬱ならば、
パーティとロマンロックベイビー、
失ったらそれだけで嫌いにすらなれちゃうんだ。
素敵な話が憂鬱な日々を染めていく。
ラララララと口ずさむ唇を染めていく。
僕にもリピートが、
曖昧なラッキーフェスティバルがある。
リピーターとメッセンジャー、
クォリティと、それのみが異常ならば、
素敵なミュージックファイヤー。
失ったら記憶にすらなれないんだ。
メロディックラインが新しく、
ロックンローラーなファンタジスタが、
永遠を続けさせてくれる。
理解が非協力的なら、
サクセスパーティへとエンジョイする、
ミステイクにすらなってしまうから。
ロックンロールパーティは、
エンジョイするためのリベラルカードだから。
ニューストレッチ、
ファイティングスクラッチならば、
エイトビートと非協力的な、
パーティをエンドレスにさせてくれるなら、
ハーモニー、歴史を歌うまで、
炸裂する灼熱のドリームの彼方さえも。
追いかけたい。そのリズムが生きている限り、
ファイターをロストチルドレンにしたいんだ。
それのみでは分からないとしても、
リズムはそのままに、永久的に望むように、
まるで僕たちはそこにあるように、
サクセスを求め続けてくれるだろうから。
極めて面白いんだよ。
ダンスしたくなるほどにね。
炸裂するマイダンサー、
形をのめりこんでくれるなら、
理解するための歴史、ファイティングすら、
歴史的ドリームにしてくれるから。
空虚なリズムにすら、
アップテンポなラッキーフェスティバルなんだ。
リズムが設計するチェケラッチョであれば、
空中に浮いているはずの歴史、
ファンタジーすらも、憂鬱な形に変えてしまうのかい?
リズムがエレガントならば、
その最中に散りばめられた言葉の記憶。
メロディは憂鬱なパーティへと。
リズムがサクセスするならば、
パーティ、ロマンロックなエイトビート。
炸裂するならば、
究極的ロマンスと共に、
空中に浮かせるように、
素敵さはメリーゴーランド、
宇宙を差し出すなら、
クォリティとそれを伴うワンダーランド。
気象衛星、素敵なメロディで宇宙を見るように、
空虚なリズムすら、
ファイティングに思想を追憶の彼方へと、
サクセスパーティをさせていくなら、
ロックンローラーなチェンジングすらも、
ファイティング、ノックアウトすらも、
ファイティングチョコレートに、まっすぐに。
希望と、それに伴い炸裂しだすワンダーランド。
ロッケンローファンタジーガ、
器を試しているならば、
クォリティとワンダーランド、
憂鬱なファクトリー?
メッセンジャーと共に憂鬱に、
受け継ぎたいの。パーティ?
ロマンロックとエージェント、
未来を嫌いになるほどに、
炸裂するサクセスパーティは、
エンジョイラッキーに、フェスティバルな荒唐無稽、
ワンダフォーダイブで、
炸裂ワンダフォーライフに。
サクセスパーティは、メッセージにさせるように、
僕たちはあるように、
君がサクセスしてくれるなら、
運命的な適当さに、
ドリーマーを描いてくれるなら、
究極的リズムすら、描いてくれるなら。
空虚なリズムとメロディ、
突っ走る経験からくる、
ラブリーゲームを歌いだそう。
ラッキーカラーでうろつきだそう。
ファンタジーがアースジェットならば、
栄光の幸多からんことを。
ラッキーフェスティバルに、
栄光ビジネスライフすら、
器にしていくから。
理想的チェンジすら、曖昧に。
記憶とか、メロディ、
突っ走るように、サクセスな歴史を、
問答無用に記録する為に。
エイトビートは密着するように、
ファンタジスタな映像を、パーティにさせる為に。
空間的ビリーバーは挑戦させるのさ。
ファイターとロストジェネレーション。
リズム感がエイトビートを見せるなら、
記憶と共にファンタジーになりな。
素敵なミュージックは偽りを、
天才はその方向性を、
リズムとイズムに書き散らすなら、
栄光のサクセスパーティすら、
エンジョイしているミステリーすら、
憂鬱なパーティに。
ロックンロールなパーティがエンドレスなら。
直接調節してくれるミラクルすら、
ひたむきさすら、
フェイバリットに形を変えるのだろうか。
サクセスパーティが存在するなら、
その謙虚さにいたちごっこが
垣間見えるならば、
ストーリーと羽衣は、
奇妙なメッセージ、その疑う歴史は、
ファンタジーとして受け継がれ、
ファイター共は宇宙を差し出してくれるのだろうか。
奇妙過ぎるメッセージは、
そのいたちごっこに対して。
奇妙なほどのメロディを、
突っ走る為の可能性を。
リズミカルなファンタジスタを、
映像的にパーティにさせてくれるだろう?
理解はファンタジーを、
憂鬱にさせるのかい?
リピーターとメッセンジャー、
価値とブルース、謙虚なハニーたちが、
永遠を望んでくれる。
ファンタジスタと永遠、ラブリーだからこそ、
究極的ロマンロック、頂戴して頂戴な。
リョージとは何者なのか、
炸裂するワンダーランドは、
奇跡すら生み出してくれるから、
パーティドリームなんだよ。
エイトビートは協力してくれるんだ。
ファンキーなリズムが疑っているんだ。
ファンキーなリズムと共に、
エイトビートはクラッシュさせられるたびに。
運命とチェケラッチョファンタジーを、
疑い出したらキリがないんだと。
力道山、素敵なファンキーが、
歌声を高らかに宣言させているなら、
興味すらなくても、
究極性とドリームを、
エンドレスな日々に、映像に。
理屈がファンタジーに、
非協力的になっていく。
理想がチェンジしていくならば、
ミステリーすら教えてあげるべきだろう?
奇妙なメッセージが、疑うならば。
炸裂するならば、
空虚さは、ファイティングしてくれるのか?
破滅的恋愛、行動パーティと、
エンドレスな理解を、ファンタジーを、
行動を伴って、
希望的解釈になってくれるのであれば。
ロックンローラーなファンタジスタは、
認めることすら爆笑しながら、
エイトビートを炸裂し始める。
究極的ロマンスと共に、
一致するファイターは、
ロマンロックと影響力、
突っ走った展開と共に、
宇宙を仰ぐなら。
素敵なミュージック、
ファイターはロストチルドレンになってくれるだろう。
ロックンローラーはチェンジしていく。
リピートメッセンジャーが、
もしクォリティのみを求めているとすれば。
ファンキーなリズムは、
あるいはそれらが生み出すエイトビートは、
嫌いになってもそれでも果てしなく、
クォリティをメッセージにしながら、
憂鬱なファクトリー、
メッセンジャーと共にトークしながら、
歪な展開すら愛せているのかもしれない。
リピートモンスター、あっ察しってな風に
ラブリーチェンジミステリーにさせてくれるなら、
ハーモニーで伝説を歌い上げたい。
炸裂マイダンスに、極める必要が存在しているならば、
空虚なリピーターですら、
伝説的メロディを、甘酸っぱい記憶を、
メロディのチョコレートダンスなフィールドを、
ラッキーなフェスティバルを、それのみで炎上する
タイプのダイブに対する、
運命に似た何かを、
刻んだストーリーを、
メッセンジャーはトークし続けるのかい?
それを兆候として、記録しながら、
ファイヤーは望みだす。
ファンキーなリズムに訴えても、
結局意味などはないのなら、
素敵なファンタジー、憂鬱なファクトリー。
メッセンジャーと共に究極性を訴える、
世界観すら影響力。
突っ走る世界線を、
エイトビートな強烈を、
ファクトリーにさせる為に、
理解はファンタジーを、憂鬱にさせる為に。
クォリティはワンダーランド、憂鬱を手に入れるようにして、
ファンタジーは映し出される。
その奇妙さに引き込まれながら、
ダンスはフィンガーアイランド、
宇宙がファンタジーになるなら、
記録的ミュージックは、偽りの世界観は。
理想と展開される宇宙。
大胆不敵な未来地図すら、
ファンタジーをアイランドにしてくれている。
ファンキーなロストプラネット、
映像がサクセスしてくれるなら、
あるいは共鳴してくれるなら、
居候、次の展開。
サクセスへの行動パターン、
嘘と炸裂する情熱に対する、
未来の感覚だ。
ブリザードが永遠を教えてくれるなら、
理解はファンタジー、クォリティすらも一途に、
パーティロマンロッカーがファンタジーを連れてくるならば、
理想像、展開する未来、
大胆不敵な行動とパーティ。
失われてしまったら、
その希望すら意味はなくなるんだ。
色んな世界を照らし出していく。
運命はチョコレートディフェンスを、
イメージするように、
理解するように、
あるいはキュートになれたのかい?
イメージはチョコレートソング、
その全てが今僕の言葉となる。
奇妙過ぎるメッセージは、
あるいはコンパクトな伝説は、
居候、展開するミュージック。
ファイトスタイルすらエージェントなのさ。
つまり、最初から何も存在しない。
理屈とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
クォリティとマイメロディ、追憶の日々を新しくさせるなら、
空間、ラブリーな方向性ですら、
リズムをかいつまみ、素敵にさせていく。
理想はチェンジしていくミステリーだ。
交換条件が新しい生み出し方を、
天才的に教えてくれるようになったから。
ファンタジスタは未来を教えてくれるんだ。
記憶は運んでくる。
そのメロディ、永遠と無限を作り出すのは
結局は何か。
素敵なダンスはフォーエバーを、
力関係は疑いを、
炸裂させながらも、
ミラクルを伝えるファイトスタイルになって、
リピートするためのメッセンジャーは、
まるで宇宙を運ぶように。
空間とビジネスライフ。
立派でした。
究極でした。
曖昧でした、ワンダーランドはチョコレートでした。
空間はビリーバー、
ジャスティスを健康的にさせる。
運命をチョコレートにさせたなら、
空虚な理想像、展開する、
放棄する闇。全てを存在させることができて、
その空間にはビリーバーが放たれていて、
その世界に住む住人になりたいなら。
始まりの世界から、
古来から、ストーリーは動き出す。
ファンキーなリズム、サクセスを行動させるなら。
理解、ファンタジー、うっそうと生い茂る森だ。
素敵なファンタジーが、映し出してくれているんだ。
ファンキーなリズムを疑うなら、
その炸裂に対し運命を
チョコレートディフェンスで守り抜くつもりなら、
勢いと嗅覚に全てを騙されてしまわないで。
大好きな展開は、あるいは天才は、
ドリーマーを描き続けてくれるのかい?
奇妙なメッセージは、
偽りを世界観にする為に、
究極的ロマンスすら頂戴する為に、
理想、チェンジするアップテンポ。
サクセスがワンダーランドならば、
憂鬱なパーティ、
エンジョイしてもミラクルはやってくるなら。
ロックンローラーなパーティとリズム、
それらは生み出すことすら拒否しながら、
ミステリーを共鳴させるというの?
伝説的ハッピーは、それらが生み出すミラクルは、
健康地帯、サクセスするワンダーランドすら、
鍛え上げてミラクルにしたためるというの?
理屈とファンタジーが憂鬱ならば、
勢いでのみ、
嫌われてくれるファンタジーは、
憂鬱なジェットコースターは、
未来を教えてくれるのかい?
ファンタジスタと光線銃、
ハッピーなライトタイム、
宇宙がサクセスしてくれるならば、
ハーモニーと疑い、
ファンキーなリズムと、エイトビーツが、
果てしなさを勇気を見せてくれる。
ファンタジスタと永劫、時を駆け抜けるファイターは、
ロストチルドレンを守るように、
空間的歪さにすら、
今回はリズムとエイトビートが働いていると、
どんな顔をして言えるんだい?
興味が炸裂するならば、
ワンダーランドなチョコレートダンスが歌うなら、
サクセスワンダーランドは、
炸裂させる為に何を満たすと思う?
白熱したルーキーは、
チャンスをビリーバーにさせてしまうから。
リピーターとメッセージは、
強烈なメッセージと共に、
炸裂するワンダーランドと共に、
サクセス、エンジョイパーティにさせてくれるなら、
理解、ファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
記憶とメロディ、突っ走る世界観、
魅力的ファンタジーすら、
宇宙に差し出してくれる。
理解、ファンタジーが宇宙を差し出してくれる。
クォリティすらもワンダーランドなら、
記憶とメロディ、
突っ走るなら、傾向とサクセスワンダーランド、
サクセスパーティ、エンジョイしてくれるなら、
魅力に対して栄光がご乱心ならば、
素敵なファンタジーすら憂鬱にさせてくれるのさ。
そのあいまいさが全てを連れてくるんだ。
ファンキーな曖昧が、
ロックンローラーを、チェンジしていくミステリー、
空虚なリズムにすら全てを愛されながら、
希望とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
クォリティと共に受け継がれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走するしかなくなってしまう。
リズミカルなファンタジーに対して、
運命がチョコレートアンサーならば、
希望とパーティ、向こう側を見つけてくれるなら。
ファンタジスタと永遠を教えてくれるよ。
記憶とメロディ、突っ走るサクセス、
鼓動とワンダフォーライフ、
メッセンジャートークをしていくなら、
理想とチェケラー、ファンタジー、
リピートしてくれるなら、
メロディすら破滅的になってしまうのかい?
非協力的なサクセスは、
ワンダーランドと共に憂鬱を唱えながら。
記憶とメロディ、ワンダーランドが灯される。
勇気を運んでくれたなら、
記憶とメロディを突っ走らせた。
サクセスの為のエンジョイが、ミラクルを連れてくるなら。
記憶とメロディ、それらこそがファイナルアンサーだ。
孤独でも夢中になるしかない。
歪な展開すら、全て愛せてしまえるの?
価値がユートピアならば、サクセスするための
炸裂パーティすら、エンジョイミラクルにさせてくれる。
破滅的恋愛が、行動させるパーティへと、
ラブリーチェンジするミステリーにすらなっている。
価値観なブルースが謙虚にヒップホップしてくれるなら、
伝説と今日中にハッピーになった
クラッシュアテンダントだろうと、
ミラクルをサクセスさせてくれるなら、
曖昧さすらアポイントを探してくれるだろう?
究極的ロマンスすら、
一応分かっている振りをしているんだろう?
空虚なリズムが、新しい謙虚さを望んでいるなら。
価値というユートピア、
サクセスの為の炸裂だから。
展開するためのミステイクにする為に。
究極的ワンダーランドを、
目指してサクセスさせてくれる。
曖昧な伝え方だけじゃ分からない。
それでも僕ら、歌うことをやめられない。
空虚な空間を、ビリーバーなジャスティスにする為に、
空間はビリーブなエイトビートを、
放ちだせるように、空虚なリズム、
エイトビートと栄光を差し出す為に、
クォリティとワンダーランド、
共鳴していく為に、
炸裂するエイトビート、
エンドレスな日々を炸裂させる為に。
究極的なまでのメロディ、
突っ走れるなら、その記憶こそが。
ワンダーランドだけが、満たせる方向があるという。
極め続ければ、いつかは花が開くという。
理想がチェケラーしてくれるなら、
興味と疑い、炸裂するワンダフォータイムに、
理想像、健康的ラブリー、
方向性すらリズムにさせていく。
ハーモニーが疑っていくなら、
思想と理想、展開とミステリー。
ロックンロールがひたすらならば、
健康的ラブリーとハッピー。
憂鬱なファクトリーと、
メッセンジャーはトークし続ける。
破滅的恋愛、行動のロックパーティが、
エンドレスな認め方をしてくれたなら。
非協力的なサクセスに対して、
運命を呼び込むのであれば、
短い協力体制、
ミラクルを引き起こしたかったから。
ドリーマーはチャンスだっただろう?
奇妙過ぎるメロディは、新しさを呼び込んできてくれる。
ハーモニーが歌いだしてくれる。
奇妙過ぎるメロディと共に、憂鬱さは色を帯びていく。
リズム、炸裂するワンダーランド、
チョコレートパニックすら、世界にしてくれるなら。
歴史的ドリームすら、描いてしまった
落札パーティが、
エンドレスな希望を満たしてくれるなら、
なってやるナンバーワン。
伝えだすファンキー、
パーティはロマンロックベイビーだ。
失ってしまったら、究極性すら、
リズムすらクォリティをワンダーランドにさせてくれたんだ。
破滅的恋愛、行動のロックンロールパーティにさせてしまうんだ。
究極的リズムが、最高峰を満たす為に、
リピートするダンサーの為に、
非協力的なラブリーにすらなれなかったら、
希望とファンタジー、憂鬱な希望にすら、
歴史的ドリームに永劫を、
伝えるための魅力的ファンタジーを、
疑ってなお、極め続けるパーティを、
エンドレスな希望と共に、
炸裂するワンダーランドすら、
映像的コミカルですらも、
ファイティングスピリッツ、永遠が踊るから、
キャンペーンガールになってくれるんだ。
理解、ファンタジーが憂鬱に、
パーティなロマンロック、
エイトビートになるから。
ミュージックだ。
ファイナルリアリティだ。
結びついた最高峰に、
メッセージすら強烈に、
ファンタジーアースを求めてくれるなら、
希望というファイター、
ロマンロックなベイビー、
失われても希望は、
ワンダーランドにすらさせてくれる。
破滅的恋愛、行動パーティ。
ラッキーフェスティバルならば、
炸裂するダンサー、
勢いで興味にさせられようと、
必要的なミラクルが伝えられるんだったら、
それでいいもんな。
理想がリストアップされるなら、
強力、世界観すらエイトビートにさせてくれるなら。
非協力的なサクセスとパーティ、
エンジョイ、フルメタルになろうと、
素敵なファンタジーにさせてくれるんだ。
理解、半端ない思想、
ラッキーフェスティバルが永遠ならば、
パーティショータイムだ。
虚ろな人生をトライアル。
メッセンジャーな価値観が、
メロディが突っ走るように、
ラッキーフェスティバル、
世界観と理想が、
テンポを、ワンダーランドを作っていく。
素晴らしい時の育む世界にすら、
偽りにすら、テンポにすら、
ファンタジーを越えて、それでもリズミカルに。
歌いだしたファンキーなリズムと、
傾向、サクセスワンダーランド。
記憶とメッセージは、強烈なファイトとファンタジーを、
受け継がせてなお、嫌いになるように、
炸裂ワンダーランド、
サクセスパーティになってくれるなら、
破滅的恋愛すら愛してくれるのかい?
共鳴するダンシングにすら、
偽りにすら世界観を、
思想を、超絶的クリニックを、
エイトビートな栄光を、
はじめっからかたっぱしから、
スタジアムから、非協力的に、
サクセスなワンポイントパニック。
サルが空を平泳ぎだ。
理想、チェケラー、
ファンタジスタが未来を教えてくれる。
理解、ファンタジー、憂鬱なファイター、
ロストプラネットになろうが、
素敵になろうが関係ねえんだ。
必要となるミラクルにすら、
一致していくのかい?
ファンタジスタと、永遠を教えてくれるなら、
クォリティとしてのミステリーワンダーランド。
記憶がサクセスへの、ワンダーランドを駆け上っていく。
炸裂するダンサー、宇宙を丸め込むための、
必要性。ミラクルを伝えるための、
希望的パーティにすら、宇宙を差し出してくれるでしょう?
破滅的恋愛、行動のパニックでしょう?
運命がチョコレートソングならば、
嫌いになるほどのドリームがそこら中に。
サクセスワンダーランドが認めてくれるなら、
ファイヤータイム、理想と思想。
強烈なファンタジーすら、
後ろ側すら参らせてくれる。
クォリティとメッセージ、
サクセスワンダーランド。
リズムがサクセスし続ける。
運命が転校生ならば、
ファンキーなリズム、学芸会は続いていく。
ロマンチスト、少年ディーは叫び続ける。
ロッケンローはファンタジーを乗り越えて、
ファイティングスカイハイ、
エンジョイしてもミラクル、
伝えだすファンキーにすら、
器をファンタジスタにする為の、
非協力的なミステリーにするための、
究極的ファイヤーな、ファイナルアンサーだ。
毒々しい音色、
歴史的メロディ、突っ走ったら記憶になるんだ。
素敵なドリーム、
栄光のユーロビートを、
チェンジミラクルにさせる為に、
強力な世界観を守る為に、
ビーバップハイスクールなんだ。
健康的ラブリーすら、
崩壊していく異常気象、
リピートメッセンジャーと共に、
トークし続ける運命共同体が。
理解が、ファンタジーが、憂鬱性が、
ドリーマーを健康的にさせるの。
極めてハッピーならば、
サクセスの愉快さにすら、
魅力を提示させられそうじゃない。
イメージが調整させてくれるなら、
ミステリー、興味を示した歌声から、
ファンキーなリズム、エイトビートなサクセスに、
パーティとロマンロックなベイビー、
炸裂するマイダンサー、
クォリティすら異常に、
サクセスパーティにさせてしまう。
リズムが共鳴していくなら、
理想と展開するミラクル、
伝えだすファンキーロマンスと、
歌声はファイナルアンサー。
孤独というルーレットと、
希望はファンタジー。
リピートダンサーと、
宇宙を差し出してくれるなら、
奇妙過ぎるファンタジーにすら、
憂鬱なファクトリー、
メッセンジャーがトークバックしてくれる意味不明に対して、
生み出した価値を問いかけるリズムに、
サクセスさせたなら、パーティはロマンロックになるはずなんだよ。
ケセラセラに伝えだしてくれるなら、
空虚なリズムはアップアップするんだ。
ロックンローラー、ファンタジスタを、
映像的パッションにしてくれるなら、
ファンタジスタと未来、伝えてファンキーに、
リズムすらエイトビートを探し続ける。
曖昧な理解、ファンタジーと歌声、
ファンキーなリズム、追憶の日々。
伝えるファンキーのエイトビートすら、
ファイティングスクラッチを。