大切、勢いがミュージック。
理解と、そして止まらない記憶というメロディ。
記憶、ミュージック、ファイターだから。
そこには未来はないという。
悲しい栄光が、咲かせるメロディがあるという。
極めつけは、リズミカルだからだ。
九官鳥、
サクセスワンダーランドに、
奇跡を起こすようなメロディ、
追憶の扉すら開いちゃう。
大胆不敵な行動と、
ロックンロールパーティは
歯がゆくも、露呈しねえ。
それに対する愛が存在するなら、
極めてミステリー、超能力。
ラブリーチェンジ、理解、ファンタジー、
それすら憂鬱なファイター。
ロマンロックとベイビー、
失われたならケセラセラなんだ。
宇宙を差し出してくれるなら、
記憶と共に行違う、
僕のストーリーはどこまで突き進む?
ファイティングポーズ、
ノーモアライズ、
歌いだせるハッピータイムだ。
理想像が大切さを、
リズムを教えてくれるなら。
聴こえてくれるから、
ファンタジーを教えてくれるから。
努力は期待を裏切らない。
反復感が理想ならば、
調節してやるよ。
それはミステリー、
行動のロックンローラーすら、
映像的コミュニティすらも、
差し出す栄光の力、ワンダーランドがチョコレートに、
ダンスフィーバー、
価値が揺れる方向に対して、
意味不明にトークアバウトしてくれるなら、
奇妙と言えるほどのファンタジー、
虚ろにファンタジックになっちゃいな。
ロックンロール、びびってる感覚に、ブルースがついてくるなら、
クォリティとワンダーランドなんだ。
それは面白いのかい?
サクセスを伝えてくれるならね。
要するに色んなものが希望と戦っているのさ。
憂鬱な日々が明け暮れるなら、
素敵さはドリーマーだろう?
宇宙の向こう側を見たいという。
君はいつでもそうだね。
不思議な考え方をする。
その距離に対する魅力がすぐそばにあるんだ、
当たり前っちゃあ当たり前だろう?
未来を教えてほしいのか?
ミステリーがサクセスなら、それすら希望なのさ。
その意味すら越えていきたいのだろうか。
奇妙過ぎるからこそのファンタジーなんだよ。
あげつらって素敵になるほど、
俺の頭は面白い回転はしねーよ。
ラッキーフェスティバルだ、それこそが運命だからな。
馬鹿馬鹿しいったらありゃしねえ。
でもどこまでも広い世界を冒険したいだろう?
活動する世界観に、全てを照らし出す方向性を、
リズムを虚無にしたいってことか。
そこに儚くも散り急ぐ何かがあるならね。
大好きなんだよ。要するに。
希望がそこにある気がしたから、
ミラクルを伝えだすことに、飽くなき挑戦権を得たんだ。
価値がまだ分からないのか?
リズムが究極ならば、
その方向に対するリズムですら、
活動を休止してしまうだろう?
それこそが意味不明だっていってんだ。
じゃあどうすればいいんだよ。
活動する虚無に対して俺達はなすすべがあるのか?
極めることの意味が分からないんだな。
それでも憂鬱は止まらないんだろう?
歴史的ファンタジーが裏返るならな。
それこそ最高じゃないか?
歌いだせる可能性の方向の先に、
君は立っているんだぜ?
究極的なミステリーとの勝負ってことか。
良いだろう、サクセスはエンジョイするトゥモローを、
栄光で差し出してくれるなら、
運命的な適当ですら教えてあげよう。
伝えることがひたすらファンキーだったか?
リズムが最果てを望み続けたんだ、仕方ないだろう?
奇妙なワンダーランドと共に、
何かを忘れてないか?
リズミカルな生きがいがファイトするなら、
それすらも嘘になってしまうじゃないか。
それが怖いんだね。
何をすればいいのかすらも分からないのかい?
本当に奇妙なんだ。ルーレットなんだよ。
確率で死ぬのはごめんって感じか。
炸裂するビジネスは捻じ伏せる勇気すら与えてくれるだろうに。
本当の言葉を探しているんじゃなかったのか?
奇妙さが疑い出すなら、それすらも嘘になってしまうからね。
究極的ドリーマーが、照らし出す宇宙がほしいのか?
未来すら分からない奴に何を期待しろってんだ。
半端ない理想を追いかけたいんだろう?
極めろよ。大好きな展開をお城よ。
ファンキーなミュージックが、
いまだに最高峰の中にいるんだろうか。
奇妙なメッセージと共に、虚ろになるなら、
天才的ドリーマーにすらそれを伝えたいと思ったか?
ロックンロールはひたすらなんだぜ。
ロックンロールはイメージを持っている。
それはどうでもいいんだ、
どうでもよくねえ、本当のことがそこに眠っているんだ。
理解ができる範囲のものなのか?
まあ、ある程度脳を回転できればな。
炸裂ワンダフォーが貫く、
まるで僕の言葉みたいだ。はは、やるせないな。
そう悲観することはない、
リズムを教えてくれる楽しさですらそこには宿っているのだから。
空間的ビリーブが、チャンスを教えてくれているのかい?
ハーモニーが歌うなら、その気がするだけの魅力すら、
ワンダーランドなチョコレートになったかもな。
奇妙な偶然だよ。本当にね。
リズミカルなファンタジスタは歌いだした。
ファンキーなリズム、栄光を笑い出すように、
メッセージが共鳴するなら、
勢いとファンタジー、
受け継がれていくファンタジスタと、
未来を逆らわせたのは、
記憶と共にドリーマーになってしまった憂鬱さと、
ドリーマーの着実さ、
ファンキーなメッセージが疑い出すなら、
空虚な理想と、展開するドリーマーを、
映像にして、なお貫いていくファンタジーを、
希望的ファイターを、
ロマンロックなベイビーにしてまで、
クォリティとしてのワンダーランド。
些細な期待すらしてしまったから。
リズム感、エイトビート、
スクラッチしてクラッシュするなら、
ファンキーなドリーマーを、描いたサクセスに対して、
魅力的ワンダーランドはサクセスに帰ってきたんだ。
ロマンロックとエイトビートは、
更に高い場所へ行くことを願っているの。
価値は許される限り、
不思議な感覚を携えているの。
価値はブルース、服従の世界。
リズム、炸裂するならワンダーランド、
そのケセラセラですら、
歌い始めていく奇跡に、
メロディは突っ走り続けるんだ。
曖昧さがファンタジーを連れてくる。
歴史的ドリーム、永劫の時を、
ビリーブした超絶調節にすら、
偽りのサクセスを求めて、
ビリーバーなジャスティスを、
栄光でメッセージを貫いた。
希望とファンタジーは、疑うことすらできぬまま、
日々を響かせて、
ドリーマーはチャンスを浴びせる。
空間的ナイトフィーバー、
ロックがハーモニーが、理解するファンタジーを、
越えてなお突き進む享楽を。
半端ない理想を、超越したダンサーを。
リズムがサクセスするなら、
希望を、ワンダーランドを、
その奇跡を、見まごうことのないラッキーを、
埋め合わせして、超越して、
まだまだ高鳴るなら、
希望とフューチャー、
どこまでも駆け抜けていけ、フィールド。
ケセラセラなワンダーランドが歌いだしているなら、
ファンキーなドリーマー。
リズムがサクセスするならば、
ワンダーランドに対して、
未来を教えてくれる未来に対しても、
一緒だよ。ファンキーなエイトビート、
クラッシュしてもエンジョイだよ、
空間が炸裂しているならばね。
大好きな展開を教えてくれる。
奇妙過ぎるメロディが更に、
うつ伏せなファイターを、
のらりくらりと疑うように。
ファンキーなリズムは追いかけてくれるのさ。
俺には本当に楽しいことがある。
未来に対する共鳴は、とっくに捨てているんだ。
ファンキーなドリーマーを、
映像の永劫の栄光を、
サスペンス、形にすらなってねえ。
希望というか、
それに伴いファイターは、
ロマンロックとベイビー、
失った気がするハッピー。
理想と超越するミステリーに対して、
謙虚な理想、世界観を、
越えていくファンタジスタに、
映像的なパニックにさせてくれるなら、
空虚なリズムで、歌いだしたらファンキーになるだけだから。
奇妙さはゴールデングローリー。
果てしない未来と共に、
映像をサクセスさせてくれるから。
曖昧なディフェンス、
その真ん中で、疑い出すチェケラッチョは、
あるいはそれらが生み出すファンタジーは、
何か最高に対して、
未来のあがく天才たちにすらも、
ファイター、ロストするチルドレンにすらなってしまうのか?
価値がブルースならば、
リズム感が憂鬱ならば、
ファイティングスピリッツ。
イメージを挑戦的にさせてまで、
魅力的ファンタジーは宇宙に浮いていったんだ。
ファンキーなリズムがエイトビートを狼煙をあげている。
奇妙なファンタジーが歌いだすなら、
経験値で歌いだすファンキーさすら、
栄光のビリーバーすら、
逆らってくれそうで恐ろしいぜ。
ファンキーなミュージックと共に憂鬱になるのかい?
愛おしさと、ドリーマーが展開する虚無を疑っている。
ファンタジスタと永遠がつなげてくれるなら、
奇妙なワンダーランド、サクセスするトークへと、
動かされるなら、興味すら移ろいゆくだろう。
奇妙なファンタジーが歌いだすように、
空虚なリアリズムに、トークバックされるなら、
空虚なリズム、最高峰の頂きから、
ミュージックはそのポテンシャルを発揮するように。
空間はビリーバー、
挑戦的メッセージを、歌い上げるように。
空間はメッセージ。愛おしさを傾倒するように、
理解とファンタジー、歌いだすメロディは逆らい出すのさ。
謙虚なヒーローと共に、移ろいゆきだすなら、
ファンキーなリズムすら、
栄光すら、はねのけまくって、
ビリーバーはチャンスを預けるだろう。
それはもう素敵な。
リズミカルなエイトビートが、
スクラッチしてもエンジョイパーティを、
見舞うことなきラブリーを、
見まごうことのないストーリーを、
リズムが炸裂するなら、
そのワンダーランドを、希望を。
白熱するダンスを、
イメージを、調整してなお、嫌い続けるファイトスタイルを。
エンジョイしてなお、貫き続ける伝説に対して、
曖昧な希望が方向性を望み続ける。
天才的なドラマを見せてくれるなら、
ドリーマー、そのチャンスがあぶく銭となって消えるなら、
ケセラセラなパーティ、疑うことすらできぬまま、
ストレートはミュージックファイターで、
失うことすら馬鹿馬鹿しいなら、
頂戴してあげよう。
ミステリーな興味、虚ろに天才的に、
ドリーマー的になっていく神輿を教えてあげよう。
ロックンロールなリズムを、
行動のインフォメーションを、
ただならぬ世界に対して、
理想を超越する為の。
ヒップホップなソングライティング、
価値観がブルースなら、謙虚な炎で咲かせられそうなら、
奇妙と言わしめるほどの、
クォリティを、そのワンダーランドを。
希望してなお続かせる、
ファンタスティックなドリームを、
顕著に、サクセスを求め始めて、
クォリティはワンダーランドを探し出す。
始まりの世界から、偽りの世界へと、
潔いルールブックのコマ劇場で、
サプライズしてくれるミステリーになってくれる。
ハーモニー、歴史的ドリーム、
永劫の時を炸裂するワンダーランド、
空間、ビリーバーなチャンス、
映像で、炸裂するワンダーランドだ。
クォリティ、異次元、ファイティングチョコレートだ。
ダンスフォーエバーに、
形をメロディにする為に、
空間、ビリーバーなエイトビートだ。
ミュージックファイター、
失われる歴史、
リズム、炸裂しているワンダーランド、
無は全ての生みの親だ。
素敵なファンタジーが歌いだすなら、
究極的ミステリーすら、
超絶的にファイトしていくだろう。
奇妙なファンタジーが歌いだすなら、
ファイトスタイル、ジャッジメントチェーンでも分からないだろう。
奇妙なメロディと共に、
憂鬱なファイターを乗せてくれるなら、
クォリティと共に異次元。
ロックンローラーなファンタジーを、
嘘を炸裂させて、
ワンダーランドを満たしてくれるなら、
崩壊性の制御、
リライトするハーモニーすら、
虚ろな展開にミステリーすら卸売しそうだよ。
ファンキーなリズムがそれでも僕が疑うなら、
いいさいっそのこと教えてあげよう。
ミラクルの差し出す栄光の果て、
距離の生み出すメロディのリズムの最果てを。
ミュージックは生み出し続ける。
価値観はブルースを天気予報にするように、
丸め込まれたら、
そのストーリー、まるでメッセージを美味しくいただくように、
ハーモニーはクラッシュされていくのさ。
ラブリーハートが見つめ合っているからね。
ラッキーフェスティバルに超越するなら、
ファイティング、歴史的ドリームですら、
偽りな世界観を満たしてくれるのさ。
理解できたかい?
メッセージは、調整する未来に対して、
はんぺんみたいに素敵なことになるんだ。
究極的ドリームと共に、
永劫の時を逆らわせるなら、
素敵なんだ、ファイター。
失わざる御業の前では、
リズム感サクセスパーティだ。
ロマンロックなファンタジー。
受け入れた価値観にすら、
ファイティングチョコレートしてしまうから、
究極的ドリーム、宇宙を差し出して。
リズム、炸裂するワンダフォータイムにならば、
記憶とメロディ、
宇宙とその向こう側、
炸裂するワンダーランドに対して、
ロックンローラーは気がしている気がしてる。
ファンキーにリズムを歌っている。
ロマンロックと、歌いだせるならば、
ファンキーならばドリーマーを、
リズムは沈む。
ホーホケキョなリライトを疑いながら、
儚くも揺れる、最高峰でリズムを続け続ける。
リピート、アンサー、行動のロックンロールティーチャー。
結ばれる最高峰へと、
イメージして直接調節していく。
ハーモニーは疑う為に、
何もかも変わり始める現実のその中で、
ハワイアンなリミット、
リズム、炸裂するワンダーランド、
記憶がメッセージになるその前に、
記憶的メッセンジャー、
価値が揺らすホーホケキョ。
ダンスフォーエバー、
謙虚なヒーロー、
サクセスするワンダーランドすら、
栄光を見つめてくれるから。
理解とファンタジーは、
殺伐としたエイトビートすらも、
栄光、永劫、サクセスパーティになるほどに、
クォリティとミステリー、
興味を示しても、
いたちごっこは終わらない。
大好きな展開はそれなりのミステリー、
空虚な伝説、立派なラップです。
ございます。リズミカル、歌いだすなら、
ファンキーにすらなってあげるから、
奇妙なワンダフォーアイランド。
夢中に暴走する近づいた、
ファイターから、ロマンロックなベイビーは
改めだす。
そのクォリティを、結ばせるようにして。
リズムと空中は、サクセスを求めて笑い出す。
謙虚なヒーローが、まくしたてるように。
空間はビリーバー、
着実な運命を乗り越えて、
それでも怖いから指し示していく。
ロストするチルドレン、
マイメロディで伝説が愉快に、
ファイティングスカイハイになってくれるなら、
運命的な適当を、
クラッシュ炎上しそうな未来を、
憂鬱な月曜日を、
曖昧なミーマインちゃんを、
理解、ファンタジー、疑うことすらできない強烈さを、
ファンキーなリズムを、
浮かばせたファンタジーを、
超えてなお輝くリピートを、
それでもかいつまむ素敵さ、
ファンキーなボーイズ、
失ったらちぎれ忘れるしかない。
ルキンフォーしてくれるなら、
曖昧というポテトスナック?
希望がファイティングしてくれるなら、
はまりこむ歴史、
ファンタジーアイランド、夢中な暴走すらも、
歴史的ファンタジー、
究極的リズムで、
炸裂しているサクセスからのエンジョイトゥモロー。
影響力がヒップホップなら、
重なる唇に栄光の光が見える。
いずれ全て歪になってしまうから、
空虚なリズムにすら当たり散らせない。
リズミカルな影響力、
突っ走ったらファイナルアンサー。
孤独な毒々しいリズムは、
最果てを歌いだすように、
それはまるでファンキー、
理想を追求してくれる未来に会いに行きたいぜ。
そしてパラレルワールド、
全てが蠢く世界へようこそウェルカーム!
だからトゥギャザーしたいんだよと言っただろうハニー?
関係なくラブリーならば、崩壊するリズムと、
制御不可能なこのエンジンと、
ストレートにいかないラブリーホーホケキョは、
未来で炸裂するワンダーランドに、
炸裂してサクセスさせても分からないな。
サクセスワンダーランド、
チョコレートダンサーにすら、
憂鬱なパーティにさせてしまう。
リズムが理屈を運んでくれるなら、
ケセラセラなワンダーランド、
気象衛星、素敵なメロディで、
歌いだせるファンキーすらも、
虚ろになっていくから、ハニー。
伝説的メロディを教えてくれよ。
ロックンロールなフィフティーンと共に止まらないのは、
究極的リズム。アタックしても、
ファイティングスピリッツは永遠を求めだしてキリがねえ。
素敵だからこそ、ミュージックはファイトさせられていく。
ハーモニーで歌いだす為に、
嫌いになろうが関係ないんだ。
リピートするアンサーにしてみせるぜ。
感覚的ブルースは、
ロックンロールなフィフティーンであれば、
究極的ミステリーですら、
笑ってくれるのかい?
理解、ファンタジー、憂鬱な希望に灯されてしまう。
リズムと、鬱陶しいほどのファンタジー。
理解が、サクセスパーティにしてくれるなら。
ひゃっほうパーティに、
意味不明がドッキングされていく。
理想が頂戴してくれるなら、
理解、ファンタジーすらも。
栄光とワンダーランド、
リピートするマイメロディと、
ダンスしていく意味不明。
理解が傾向を歌いだしている。
ファンキーなリズムに、
また頂戴されていく。
理想像が炸裂するならば、
ワンダーランドと共に歌ってくれるなら、
強烈なパンチラインを、
価値が許す方向へと、
リズムとイズムを調節。
ミラクルは素敵に崩壊。
そして制御されていく物凄い影響力、
ヒップホップ、ようこそ、今日こそ、
ファイナルファンタジーをクリアしてやんだ。
ファンキーなリズムと共に究極性を教えな。
素敵なファンキーなモンスターならば、
劣悪なメッセージを、
強烈なファイター?
失われたなら炸裂する意味すらなくなってしまうんだ。
空虚な理想に全てが灯されそうなら、
愉快さすらファンタジーになってしまうんだ、
究極的メロディ、
突っ走る永遠と共に、
クラッチしていくワンダーランドと共に、
ロックンロールはひたすらを求めてくれるから。
連鎖して開く未来が、その先が見たいんだ。
価値はブルース、謙虚なヒーロー。
炸裂するならばワンダーランド。
記憶してくれるメロディを、
突っ走った世界に対する愛を、
希望を、それらが生み出すワンダーフューチャーを、
理解しても狭間から愉快さは破裂しだして、
ファンキーなリズムすら、
栄光のユーロビートを重ねていく。
だからこそ生み出したラッキーフェスティバル。
運命が笑うなら、それがもしチョコレートならば、
運命の時を騒ぎ出す。
ルキンフォーしてくれるなら、
破滅的恋愛、
行動とパーティ、
失うことすらもどかしい。
結局はストーリーがうまくハマらない。
記憶と共に憂鬱になっていくだけ。
その全てを越えて、それらが全て僕の音になるまで。
究極的リズムは歌い続けるから、
リピートアフターミーが
当たり散らすならば、
その記憶の最中に君がいるなら、
素敵な話だね。
ストーリーは君を憂鬱にさせるのかい?
奇妙なメロディ、疑い出すなら結局は。
ストレートでストイックなミュージシャン、
形のみにこだわらない僕の姿勢は、
リライトしても結局は、
リズムを愛するピンキリ嘘にさせたままで、
究極的を教えてくれる。
ハーモニーは歌いだしてくれるから、
伝説的ミラクルを教えてくれたから。
ドリーマーなチャンスを預け合っても、
ストーリーはメッセージと共に、
クォリティは異次元を走り続ける。
ロマンチックなエイトビートに、嫌われつつも。
大好きな天才と展開に、
ワンダーランドが共鳴しようが、
素敵さは止まらないんだ。
理解、ファンタジーが憂鬱なんだ。
炸裂へとサクセスしている、
ファンキーなドリームですら、
栄光のユーロビートを温めてくれるんだ。
クォリティと共に一途に、
ファイターはロストチルドレン。
真っすぐに突き進むことすら、
影響を教えてくれたのに、
破滅的恋愛に全てを託すの?
歴史、メロディ、突っ走った結局が、
意味不明がトークしていくレベルアッパーが、
ダンスフィールドに価値を揺らす方向へと、
刻むリズム、最高潮へとダマスカス。
ラッキーフェスティバル、永遠が踊り続ける。
リズムがサクセスを求め始めるなら、
空気感すら張り詰める。
最高潮がイメージを調整してくれる。
ファンタジーを認めてくれる。
理解はファンタジー、宇宙の差し出す方向を、
イメージを教えてもらう為にね。
クォリティと異次元、別世界を教えてくれるよ。
理解、ファンタジー、宇宙のサクセスワンダーランドに、
希望とサクセスパーティ、エンジョイしても、
魅力は伝えだしてくれる。
理解は共鳴、歌いだすファンタジーから、
栄光をビジネスライフにしながら、
その鍛え上げる言語センスを、研ぎ澄ましていく。
ファンタジーアイランドが認めてくれるなら、
ケセラセラと共に歌ってあげたいぜ。
クォリティすらも一途だぜ。
ファンキーなリズムに、エイトビートが、
ユーロビートなサクセスを伝えてくれるなら。
ファンタジーアースをジェットコースターにしてくれるなら、
理解は破滅になってくれるから、
理解、ファンタジー、それも含めて、
クォリティになるほどに、
理解をファンタジーにさせながら、
歌い上げる素敵さは、
それでもドリーマーを、栄光を、
ユーロビートをサクセスさせる為に、
クォリティはワンダーランドになっていくだけだから。
破滅的恋愛だったとしても、
リズムがサクセスさせてくれるなら、
クォリティ、ワンダーランドを満たすように。
空虚なリズムに、最高を伝える為に。
クォリティすらワンダーランドになっていくから。
ストリートはストレートなものを求めてくれている。
理解するための歴史、
ファンタジーを見つめる為だけの希望ならいらんのだ。
それを全て音楽で表現しな。
素敵なロッケンロー、
ファンタジーがジェットコースターアイランドならば、
希望とユートピア、炸裂するサクセスの為に、
希望はフューチャー、
ドリーマーが着実に、
歴史的ドリームを、
栄光に差し出すように、
空虚なメロディは、疑いすら分からなくさせるほどに、
クォリティと、それなりのワンダーランドを、
空虚なリズムにすら、
偽りの世界観すら、
栄光をユーロビートにさせながら、
リピートモンスター。
追従する歴史すら、
ファンタジーになってしまうなら、
空虚なリズム、最果ての鼓動。
メッセンジャーが飛ばしてくれる宇宙儀と、
サクセスハーモニーと、
ロックンローラーとチェンジ、
サクセスワンダーランド、
究極的ミステリー、
ラップタイム、理解、ファンタジーなんだ。
クォリティ、歴史的ドリーム、
ロックンローラーなファンタジスタは未来を教えてくれる。
理解はファンタジーに煮えたぎりながら、
ファンタジスタは永遠を貫いてくれる。
理解はファンタジー、行動のパーティを寄せては返す波のように。
記憶はメロディ、突っ走る記憶と共に。
リズム、サクセスするためのワンダフォータイプならば、
勢いとメロディ、究極的メッセージを教えてよ。
ラブリーコールすら疑うなら、
ファンタジーアイランド。夢中に暴走してまで、
クォリティをワンダーランドにさせてまで、
理解をファンタジーにさせようとした運命だよ。
サクセスする為の炸裂パーティなのであれば、
空中に浮いているサクセスリズムとは。
リズミカルなエイトビートとは。
究極的メロディ、突っ走る永遠が、
新しい空虚さをエレガントに、
求め続けているのであれば、
ファンタジーアースですら、
結局分からないことだらけになってしまうのかい?
それらを含めて興味がないのかい?
炸裂マイダンサーは、それらを疑わないのかい?
リズム、サクセスするなら、
希望とフューチャー、
ドリーマーを退屈にさせる為の、
希望すら分からなくさせる為に、
究極的メロディ、
突っ走る永遠が教えてくれるなら、
奇妙なファンタジスタ、
運命が滞るように、
理解、ファンタジー、越えていくミステリーにすら、
映像的キャパシティにさせてしまう。
リズムがかいつまむように、素敵さはファンタジーを狼煙をあげて、
素敵さはメロディを突っ走り、
勢いでドリーマーを描いていく。
ファンタジーアイランドは、ミュージックをファイティングさせるように、
空虚なメッセージは、
居候を展開させるように。
究極的メロディは、
突っ走る為の永遠を教えてくれている。
ハーモニーが疑い出してくれているから。
リクライニング、価値を許す為に走り出そう。
我ここにあらんことを誓おう。
ハイテンション、ブルース、
炸裂するワンダーランドすら、
ミュージックに変えてしまうファイターに、
変わっていったとしても、
リズムとそのフューチャーは、
アイランドを満たす為に、
究極的メロディは、
エイトビートをクラッシュさせる為に、
空間的ビリーブは、
着実なファイターとファイヤー。
ロマンロックなベイビーと、
止まらない究極性と、
そのリズムはエイトビートを。
嫌いになっても果てしないメロディは、
超能力で疑いを炸裂させるから、
微妙なファンタジーを、
越えていきたいから。
ミステリードリームを、
描いていくファンタジーに。
勢いとして受け入れた、
メロディすら突っ走る、結局は。
君たちは恐れてるんだ。
対して僕は恐れてない。
そこが儚くも面白いサクセスだよ。
奇妙過ぎるメロディすら、突っ走る栄光を教えてくれるから。
ファンタジーアイランドが夢中になっているというのは。
希望とファンタジー、受け継がせるファイナルに、
ジェットコースターアイランドに、
サクセスパーティになろうが、
憂鬱になろうが、関係ないんだ。
リライトしてくれるメッセージであれば、
究極的ミステリー、それすらも、
栄光が支えてくれるミラクルですらも、
ファイティングチョコレート、
ダンスフォーエバーに価値が揺らされるなら、
価値観とハーモニー、
理解と歴史と攻撃的文章、
理解が共鳴するなら、
理解、もっともっと冷たい、
理解を越えて飛び出したい。
飛び跳ねるように喜びたい。
奇妙さはメッセージ、愛おしさはドリームを連れてくるから。
歴史の羽衣、素敵なファイナルアンサーを、
呟くならばリライト、
果てしなさが行動してくれるから、
ハーモニーは歌いだすように、
謙虚なヒーロー、
サクセスパーティ、エンジョイしてくれるなら、
歴史的ドリーム、永劫の時をサクセスしてくれる。
理解はファンタジー、影響力、
突っ走った、歴史。
ドリーム、サクセスするための希望。
リズム、サクセス、ワンダーランド、
究極的リズム、最高峰が、
サクセスしてくれるから、
理解はファンタジー、憂鬱なパーティ、
ロマンロックなベイビー、
失ったらそれは記憶なんだ。
ファンタジーになった瞬間、全てが崩れ落ちてきた。
リピートダンサーだ。
宇宙が差し出してくれるなら、
理解、ハーモニー、
歌いだしてくれるファンタジスタにすら、
魅力的ドライブを、サクセスさせて、破滅的恋愛に、
行動とかロマンチックなパーティ、
エンジョイしてくれるなら、そのメロディ。
歌いだすルーレットが存在している。
極めるならパーティ、
エンジョイしてもミラクルは終わらない。
大切なリピートモンスターと、
追従し追及してくれるミステリアスが、
アースジェットが、ファイナルジェットコースターアンサーが。
リズミカルなファンタジスタが、
永遠を教えてくれるなら、
いっそのこと未来を預けてあげたい。
魅力がワンダフォーになるなら、
活動する展開、ミステリーにたいする興味ですらも、
ファンタジーになっていく。理想的になっていくんだ。
破滅的恋愛がそれらを許したんだ。
クォリティとして生きることに、
何の躊躇もないんだろう?
そして猶予もないんだぜ。
白熱するルーキー、
大変なミラクルから、
伝わる伝説にすら、
永劫の時の駆け抜け方すら、
セントマーチンズランドに、
希望のサクセスパーティに、
エンジョイミラクルに。
ロックンローラー、
ひたすらを食べて生きる。
ハーモニーが歌い上げるなら、
クォリティとワンダーランド、
夢中に暴走したとしても、
素敵なファイナルアンサー。
孤独と毒々しいリズム、
かいつまむ素敵さと、ファンタジーアイランド。
全てを笑っている。空虚な理想、
大切なドリーマーと、
栄光を伝える為に、
究極的メロディ、
突っ走る永遠が教えてくれる。
理解とファンタジー、
クォリティと受け継ぐ。
ファイナルジェットコースターアンサーが、
理解を越えていくなら、
ファンタジスタと協力、
理解は栄光を満ち溢れさせ、
軌道が展開するなら、
空虚なリズムすら、
鬱蒼と生い茂る森すらも、
理解とファンタジーが、
憂鬱になっても、
希望とパーティ、失われたなら、
記憶とメロディは、
憂鬱なパーティを、
ロマンロックなベイビーですら、
ファンタジーアイランド。
夢中な暴走、歴史的メロディ、
理想的チェケラーが歌いだしてくれるなら、
気力で盛り上げた、力強さで共鳴させる。
ファンタジーアイランドが、夢中にさせてくれた。
ハーモニーと歌いだせる、
空虚なリズムだけが、未来の縮図だけが。
ファイナルジェットコースターを、
起こす奇跡。
メロディとリズム、最果てを勢いで、
伝えてくれるなら、理解、ファンタジー、
サクセスワンダーランド、
クォリティが高らかに宣言するなら、
一致するファクトリーですら、
究極的になってしまうでしょう?
リズムが、サクセスを、エンドレスを、
希望をファイトさせながらも、
憂鬱なファクトリー。
追及するためのワンダフォーライフが、
痛々しさを未来を共鳴させるように。
勢いでドリームは、
描いていくように。
ハッピーになっていくように、
理想は追随して、新しくなっていくから。
ドリーマーは描く侍を、
希望は来るべき空気を、
リズムを、最果てを。
刻むためのストーリーにさせてしまう。
ペガサスが披露する未来を、
大切さのドリーマー、描いた究極性を、
リズムでサクセスするためのワンダーランドを。
希望とかファイター、
失うものすらなんだかよく分からないんだ。
大切さは本当にドリーマーなのかい?
掛け替えのない炸裂には、
生み出せる展開が、意味不明が舞っているのかい?
共鳴、ダンスフィーバーが、
理解が、ファンタジーが、
憂鬱な方向にチェンジしても、
それでも楽しく明るく振舞って、
希望とかそれなりのファイター。
失うことすら馬鹿馬鹿しくても、
頂戴していけるか。
メロディは覇気潰されるのか。
大好きな展開は、流浪に生きていくように、
ハーモニーは伝説的に、
未来を呼びよせるように。
階段は炸裂するマイダンサーを、
クォリティで維持するように、
駆け抜けるように、
レベルアップは最高を満たしてくれるから。
記憶とミュージアム、
素敵なメロディと、徐々に成長していくヒストリー。
メッセンジャーがトークバックするなら、
ファイタースタイルですら、エンジョイしてしまうだろう?
空間がビリーバーを求めているんだ。
究極的なまでのファンタジーは、
虚ろ、虚ろに展開されていくのかい?
ハーモニーは歌いだす。食らい出す。
暗がりから、
ラップペガサスも、一致しているファンタジスタ。
運命的なチェケラッチョは、
ファンタジスタを未来適当に、
立派です。クォリティです。
ワンダーランドです。宇宙を差し出すようで
儚く散り急ぐ最高がメロディになっているみたいだ。
ケセラセラ、ワンダーランドですら、
ラブリーなエンジョイ、
立派です、それはそれはハーモニー。
歌いだせるくらいにニュータイプ、
理想をチェンジしてしまったら、
意味がないのだから、
炸裂するボンバイエを、
活動する展開にあてがう素敵さを、
立派なことは作戦?
びびってるファイターすら、
作戦すら、ワンダーランドを奇跡にしていったの?
希望とか、メロディとか、宇宙とか。
サイエンスを貫くなら、
希望とかメロディを映し出した、
破滅恋愛トークですか?
未来を教えてくれるなら、
ケセラセラ、ワンダーランドで満たしたい。
究極的な空虚に、
リズムすらも偽りに、
世界観を行動にする為に、
謙虚なヒーローは新しさを求めて。
空間的なベリーナイス、
歌いだせるならば、クォリティとワンダーランドを、
見せてなお嫌い続ける。
ハッピーな発表会、
理想が展開するならば、
栄光を委ねたい。
サクセスの為の炸裂だけじゃ、
何かがやっぱり足りないな。
希望とかフューチャーとか、
望むものが全部健康的だなんて。
理想の超越感、
昨日の炸裂の意味不明すら、
ワンダーランドのナイーブすら、
伝わってなくて崩壊しそうだよ。
メリーゴーランド、素敵なメロディが歌うなら、
希望とかフューチャー、アイランドを宇宙にしてくれるの?
理解はファンタジー、宇宙を差し出そう。
空間と共にビリーバーが、
永久を教えてくれるなら、
極めることにすら意味を。
リズム、サクセスするならそのワンダーランド。
気象衛星、ただならぬ世界観を感じました。
リライトするなら、究極的リズミカルでさえ、
イズムでさえ、最高でさえ、
ファンキーなリズムを躍らせていく。
六分間のサクセスに対して、
運命を転がすならば、
ストーリーはメッセージを、
共鳴してそれでもなお果てしなく。
ラッキーフェスティバルは宇宙を見ている。
大好きな展開はメッセージを運ぶように、
空気を読む必要性は、
ミラクルとサクセス、ワンダーランドだ。
記憶とメロディ、共鳴するなら歌いだしから、
ファンキーなファンタジーを歌ってくれるなら、
空虚なリズムと、歌いだせるなら、
ラッキーフェスティバルと共に、
歴史的ドリーマー、永久を教えてくれるから。
リピートアンサーが宇宙をみるなら、
素敵なドリーマーを、
映像的にサクセスしたいだけ。
意味不明にときめき、
ラブリーチェンジに新しさを求めていく。
ラブリーはハートに強烈に、
ファイターはロストチルドレン。
ラブリーハートが見つかるってことは、
素敵なメロディとファンタジスタ、
スパシーボ、世界観を影響力にするほどの、
炸裂マイダンサー、
形を失ったら希望は見えないんだと。
極め続けたパーティに対して、
運命を感じてしまう理解者。
ファンタジーが共鳴するなら、
歌いだしからファンキーにならなければ。
ファンタジスタ、永遠を驚かせて見せる。
価値がないなら、素敵さのファンタジー、
永遠が揺れる方向へと、
イズムは散らされていく。
ファンタジスタな永遠が望み続けるなら、
ファイターとロストプラネット。
確実性がリズムを作る。
果てしなさがメロディを、
永遠を作る優しさを、希望を。
ファイティングしそうでも、ファンキーなリズム。
エイトビートをクラッシュさせてしまいそうなほどの、
クォリティ、ワンダーランドを見つめたとしても、
記憶はワンダーランド。
究極的ミステリーと共に、
追憶の扉は開け放たられる。
ラッキーフェスティバル、
運命が嫌うならその方向性に対するイズムだ。
最高がチェケラッチョならば、
歌いだせるからこそファンキーだ。
歌いあぐねる、果敢に食らいついた最高が揺れ続ける。
破壊的にラブリー的に、サクセスワンダーランドを認めてくれるなら。
記憶とかメロディ、追憶の日々。
先に炸裂させても、クォリティはワンダーランドを外さないから、
リピートアフターミーが炸裂するならば、
記憶と共にユートピア。
リピートするのはメッセージ。
クォリティが歌う夏。
指し示す勢いと、
ダンスフィールドは活躍していく。
ハーモニーが歌いだすなら、
クラッチ、エイトビートを差し出そう。
空間的ビリーバー、
調節してなお極めるなら、
価値観、ブルース、謙虚なハニー。
エイトビートがチョコレートなんだ。
書きたいんだ・・
ひたすら、願うこと。
ラッキーフェスティバル、行動の次の舞台。
それでも書きたい。メロディは虚ろに。
ロックンローラーなファンタジスタが、
運命を適当に探している。
運命的にサクセスを求めるなら、
希望、サクセスするためのワンダーランド。
窮屈な世界に対する愛。
大好きな展開をよろしく言ってくれるよ。
ファンキーなメッセージ、
歌いだせるなら空虚でもあるんだろう?
空虚、リズム、最果てを求めた。
理解できないほどの、ファンタジーが今ここに。
炸裂するなら、
ワンダーランドを満たすしかない。
ケセラセラな歌声と共に、
ファイナルアンサーを呟くなら。
リミットと生きがいが、
炸裂してなお、
嫌いになっていくなら。
破滅的展開すら笑い出しそうだな。
チェケラッチョファンタジーが蠢いているのだろうか。
奇妙さがメロディになっているのであれば、
空中の庭園すら、
ワンダーランドなチョコレートですら、
運命を笑うんだろう?
究極的ドリーマーが嘘をつくなら、あるいは。
ダンスフォーエバーな価値観、
メロディが突っ走るなら、
永遠とユートピア。
吹っ飛びそうなくらいのミラクル、
大胆不敵に行動した結果がこれだ。
意味不明な大胆さだ。
ラッキーフェスティバルが永遠なら、
希望というユートピアに、
メッセージが炸裂しているのであれば、
空間すら、ビリーバーですらジャスティス。
運命的な適当なミュージックですら、
栄光をはねのけまくる。
ダンスフィーバー、価値がゆらすなら、
最高潮、イメージを調整しながら。
ミラクルを伝えてなお、煌めく歌声がサクセスするならば、
クォリティとワンダーランド、
密接に繋がる宇宙を教えてくれるなら。
希望とファイター、
失ったらそのままに。
記憶するためのメロディ、
突っ走った記憶と共にひっさげて。
リピートさせるならばリミットを、
歌声はファンキーさを連れてきてくれた。
曖昧な伝説、歴史を満たしてくれるなら。
クォリティとワンダーランド、
また違う要素が、
また違う炸裂が、
ワンダーランドが、メッセージが、
共鳴していくから。
ファイティングモードがマイノリティ。
書けないなら意味すらないじゃないか。
極めることに値する伝説、
ミラクルが伝えてきてくれるハーモニー。
歴史と魅力、
大胆不敵な未来と、炸裂し合ったとしても。
ロックンロールフィンガーが、
大切な趣ですら、
ファンキーなメッセージを頂いてしまう。
理屈とファイナルフュージョン、
価値が揺れる方向に対して、
運命的なチェケラッチョを運び続ける。
運勢的な運命の力だけじゃ、
未来を教えてくれるミステリーに、
高級なラブで栄光を運んでいる。
空虚なリズム、エイトビートと、
それを咲かせるイメージと、
調整しているファンタジーにすらなって、
希望を分かち合う天才へと、
動きまくるルーキーは運び出していく。
理想像と、その展開だ。
リップスライムな世界観とドリーム。
永劫の時を駆け抜けたら、
希望すらワンダーランドになっていってしまう。
理屈とリズムが、最果てを求めるなら、
空間的ビリーバー、調節するミラクルを届けよう。
奇妙なファンタジーがあるのであれば、
確実性の引き起こすドリーム。