ロマンロックなロックンロールが、
ひたすらな興味を示しながら、
疑いながら、虚無を歩いていく。
俺は卓越するロマンスに、
訳が分からなくなっていく。
そこに必要性はあるのかい?
ダンスするための意味はあるのかい?
理解、ファンタジー、どこまでも貫くなら。
限界状態と、
それらが生み出すファクトリー。
理解がファンタジーになっているなら、
速い話が無我夢中なんだ。
理屈はファイター、
その中に自分はいるのかい?
その中に、キュートなファンタジーは、
受け継がれて、ファイナルジェットコースターに、
ラブリーなホーホケキョを歌うように、
理解は歴史を反復させるように、
奇妙なワンダーランドが僕らを満たすなら、
空間的ラブリーに崩壊させてみせてよ。
ラブリーコールをうならせてよ。
ファンタジーアース、
ジェットコースタータイプの
ダイブでは、意味がないんだ。
価値というブルース、謙虚さが炎になっていく。
ロストするチルドレンすら、
分からない興味で歯がゆくなっちまうんだ。
それこそがリズムだから、太鼓判を押すから。
ロックンロールはひたすらなんだ。
興味がなくてもワンダーランドは、
ケセラセラなパーティなんだ。
窮屈なファンタジー、
越えていくなら。ミステリーならば、
栄光とビジネスライフ、
遠くへ、向かっている。
リズミカルなファイターに、
栄光の向こう側を、
サクセスしてくれるなら、
ファイターとロストピクニックだ。
天才的ドリーマーが、
描いた究極性すら分からない。
イズムとリズムに散らされて、
分からなくなったフィーバーすら、
価値観の生み出すフィーバーすら、
歴史的ドリーマー、
描いていく究極性は、
人はまたドリーマーと呼ぶだろう。
究極的レスポンスが常に次を展開しているなら、
ファンタジージェットアース。
続き始めるクォリティ、
始め続けるラブリー。
リップスライム、理想がチャンスならば、
エイトビートが気象衛星ならば、
栄光とワンダーランド、
満たせたなら、究極について教えなさい。
リビングデッド、価値観が揺らぐから。
炎的ラプソディー。
本当に世界を影響を与えるのはなんなのか。
僕はずっと探してきたのさ。
リビングデッドがチョコレートなら、
ダンスするフィンガーに価値が宿るなら、
リズムが炸裂するなら、
希望、ワンダーランド。
チョコレートな素敵なファイヤー。
ロストプラネットがあがくなら、
希望的ファイター。
ロマンロックとベイビーフェイス。
後ろ側から大切さが生み出されるなら、
価値観とユートピア、
メッセージが貫くならば、
栄光すら分かってあげようってなもんさ。
リズム、サクセスワンダーランドへ。
リズムが究極的に、
ファイナルアンサーは呟くように。
希望はファイター、失ったロストジェネレーション。
価値が愉快で羽衣かい?
素敵なメロディで謙虚になっていくなら、
炸裂マイダンス、
九十九里浜な素敵なメロディがやってくる。
極めることに対して意味がないならば、
クォリティとワンダーランド。
ミュージック、ファイターと共に、
行き違いを発生させるなら、
魅力がワンダーランド。
クォリティも高らかに、
声高らかに、発表会、
サクセスワンダーランドならば、
記憶と愉快さを、
それに伴う伝説を。
ミラクルを発表するための、
記憶。そのままに、歴史的ドリームすら、
あがいて究極性すら、ファンタジーすらも、
憂鬱なファイターにする為の、
クォリティ、異次元でも、
突破するファイター、
ロマンスが影響力をぶっ飛ばす。
価値観、メロディ、美しさに波打つ心臓。
大好きな展開、物凄い悦楽、
感覚的ブルース、
共鳴するワンダフォー、
時に握り拳を埋めるなら、
価値というブルース、
謙虚なヒーローの仕草を披露。
リクライニング、価値が揺れるならその方向性だ。
極めることに最高が木霊するなら、
空虚な理想と共に、盛り上がれ。
ファイティングする思想と共に、
究極的ロマンロックと共に、
落札パーティ、
エンジョイしてくれるなら、
ミラクルを伝えてくれるファンタジーに、
嘘を炸裂させながら、
未来を教えてあげたいの。
極めるならば、形とメロディ。
突っ走る経験と、異次元を突破する為の。
共鳴、ワンダフォーダイブ。
良いように踊らされている。
極めることに対して意味がないなら、
炸裂マイダンサー。
言葉すらもないままに、
その理屈、ファンタジー、
受け入れる価値観すら、ファイティングすら、
歴史ですらも、栄光ですらも、
映像的コミュニケーション、
ラブリーハッピーであるからこそ、
メロディーとリズムは分かち合ったんだ。
究極的メロディが映し出すなら、
その方向に虚無が宿るなら。
俺はもうどうでもいいのだよ。
歴史的なメロディ、突っ走るならば、
その記憶こそがワンダーランドだから。
共鳴するファイター、
居候、展開するミステリーが、
興味がその方向に、
リズミカルなダンサーになっていくから。
ロストジェネレーション、
価値が揺らぐから、
最高峰、イメージしてなおも超越していってくれよ。
リズムが叫ぶなら、
荒唐無稽に歌うなら、
リビングデッドの始まり始まりだ。
窮屈なファイヤーなエイトビートに、
サクセスし炸裂するなら、
極めることの意味。
卓越する
マイダンサーの言葉。
炸裂舞いフェイバリットの、
価値観、ブルースとチェケラーファンタジーを、
越えてなお極め続けるキャパシティを、
エンジョイしてなお貫くこのビーバップハイスクールを、
六分間、サクセスするワンダーランド。
鍛えてもまだまだそれでも足りないよ。
極め続けたパーティは、
エンドレスと共に改築されていくのかい?
リビングデッドは、
その価値観を、ブルースを、
あてがってなお嫌いになるほどに。
ロブスター、ロックンローラーが
必要となるミラクルだった。
サクセスワンダーランド、
栄光を見つけてくれるなら、
記憶とメロディ、
突っ走った歴史と、その中間。
リズムがエイトビートを残してくれるなら、
記録的ミュージックですら、
向こう側を探してくれるはずでしょう?
爆笑的な天才、展開を恐ろしさに。
ミラクル、伝えるファンキー、ドリーマーだから。
ロマンチックなエイトビート、
炸裂するビジネスと共に、
オーライしてあげよう。
興味が無いなら卓越するだけだから、
奇妙なワンダーランドは続いていく。
ロマンチストは、栄冠を逃げ込むように。
ファンタジスタ、未来、大きな世界観。
ロマンロックとベイビー、
失われた記憶と共に、
フュージョンする超ラッキー。
ハッピーなロマンスと、
エンジョイするミラクルの為に、
記憶は切り離せられない。
リズム、サクセスするならば、
希望とユートピア、
エンドレスな希望がそこにあるという。
極めることにすら意味が無いなら、
究極的メロディを奏でてあげよう。
リズムが、イズムが、炸裂するなら、
ワンダーランドをチョコレートにして、
大胆不敵な未来を教えてあげよう。
その駆け巡る、最高峰すら、
教えてくれるメロディを探しに行こう。
大好きな展開を笑いに行こう。
メロディとリズム、
荒唐無稽でも、
そのワンダーランドは止まらないんだ。
理解、ファンタジー、
どこまでもスクラッチするとしても、
希望とファンタジー、
移ろいゆく天才とメロディ。
リズムとブルース、
謙虚なヒーローが、歌いだすファンキーなメッセージが
あるからこそ。
ラブリーなエンジョイに、負けるわけにはいかねーんだ。
歴史的メロディ、突っ走ったなら、
記憶もそれなりなんだ。
素敵なメリーゴーランド、
ストイックなラブリーと、
止まらない究極性、
リズミカルなエイトビート、
クラッシュするならエンジョイパーティ、
ロマンロックと共に受け継がれていく。
ファイナルファンタジーと共に、
究極的ミステリーと共に、
クォリティはワンダーランド。
夢中になればなるほどに、
理解、ファンタジー、
ロックンローラー、
イメージを調整してミラクルにすらさせてくれる。
破滅的問いかけに、
メロディとゴーカートを炸裂させるなら、
究極的メロディがのろけている。
ファンキーなメッセージと共に受け継がれるなら、
ファンタジスタは歌いだすだろう。
ファンキーなメロディと、
虚ろになった天才的にすら、
永劫の時すら駆け抜ける伝説にすら、
栄光、ワンダーランド。
記憶できるからこそ、
魅力が欲しくなった。
理解はファンタジーだったから、
宇宙を差し出す方向へと、
恐がる未来は必要なくなった。
ロックンロールはひたすらに、
魅力的ワンダーランドとそのままに、
理屈、ファンタジー、勢いで全てが
絶やされても、記憶的メロディ、
突っ走るならば、その記憶、メロディ、
憂鬱な希望と共に、
共鳴、ワンダフォー、失われていく。
リズムがサクセスするならば、
クォリティとワンダーランド、
共鳴する最高潮に、
リズム、炸裂するワンダーランドに、
調整してくれるなら、
ハーモニー。伝えだす為に、
クォリティはワンダーランド、
夢中にさせてくれるなら、
曖昧なワンダーランド、
奇天烈な世界すらも、
エンジョイするミラクル、
永劫の時を駆け抜けてみても、
ファンタジーアース。
ジェットコースターワンダーランド。
強烈なパーティに、
逃げこむ宇宙がリアルに存在するなら、
記憶と共に受け継がれている。
ファンタジスタはその光景を見て笑っている。
究極的メロディと、
永遠が踊りだすなら、
理解、ファンタジー、受け継がれていく記憶。
メロディはジェットコースターモンスター。
希望とパーティが失われるなら、
その魅力、ワンダーランドすらも、
憂鬱になってしまったパーティ。
エンジョイするリピートであれば、
歴史、メロディ、
どこまで行こうが、分からなかったとしても。
リズムは逆らい出す。
運命的な適当で、
メロディを宇宙にさせてくれるなら、
ミステリードリーム、
描いた夢と、ここにある今。
リズムが逆らい出してくれるなら、
空虚なリピートモンスター、
追従し服従していくミラクル。
冷たい時は一生懸命思い出して。
ルックルックにルキンフォー。
大好きな展開に守られていたから、
ファンタジーアースはまた初めっから。
ラブリーエンジョイは満たされる、そのままに、
クォリティすらも勢いに変えるように、
メロディライン、整えるように。
リズム、炸裂するブルース、
共鳴ワンダフォー。
どこまでも広い世界へと出かけていた。
厳しい自然との、ひたすらな戦い。
したたかさ、エネルギーさ。
リズム、炸裂するワンダフォーダイブ。
ロッケンローならば、
勢いと共に受け継がれていき、
素敵なメロディが突っ走るなら、
記憶と共に宇宙が叫び出す。
空間的ビリーバー、
ジャスティスが永遠を呼び込んでいる。
価値とファイティングトゥモロー、
ブルースが謙虚にヒーローが披露。
大好きな展開と、天才は教えてやるからね。
極めて最高、宇宙も煌めきを見せていった。
ラブリーハッピーが満たしてくれるなら、
理解、ファンタジー、宇宙をさしだしてくれる?
奇妙なメリーゴーランド、
ラップスタイル、ラッパーの。
スプロール、スクロールして、
ワンダーランドは満たしてくれるから、
興味があるんだよ。
素敵な未来、教えてあげる為に。
理屈、ファンタジー、宇宙を差し出してくれるから。
興味、ユートピア、サクセスするための、
究極的ミステリーすら、
映像的なコミュニティを教えてくれた。
ファンキーならば、
エイトビートを炸裂させる為に。
クォリティはワンダーランドになっていくのさ。
ラブリーホール、宇宙の風に乗ってしまう。
リズミカル、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、
メロディが宇宙を差し出してくれる。
興味が無いからこそ、宇宙を見下げる。
価値観とブルース、謙虚なハニーであり、
宇宙で取り戻した。
空間的ブルース、サプライズ、
栄光とビジネスライフ、
止まらない究極に対して、
運命的な笑い声を差し出してくれるなら、
勢い、メロディが突っ走る。
永遠が踊りまくる。
ダンスはフォーエバー。
価値が許す限り、
運命的な適当を、
メロディを、美しくドリーマーにする為に。
窮屈なフィンガーアイランド。
形を見せてくれたから。
ミュージックならば、
理想がファイティングしてくれているならば、
半端ない理想像と、
展開するミステリーすら、
永遠すら、教えてくれるメリーゴーランド、
価値観が究極になっても、
希望というファンタジー、
受け継がれていくメリー号の魂。
理屈とメロディが、
そのままに、記憶を照らし出すなら、
究極的メロディと共に、
サクセスワンダーランドを
満たしてくれるなら、ファイヤータイムなんだ。
理解している空虚な必要性に、
ミラクルすら、頂戴してくれるミステリーに、
興味を示すことが疑いなら、
記憶とメロディ、突っ走る経験値。
疑いたいからこそ、
ファンタジーアイランド。
夢中になっている記憶。
メリーゴーランドと、
宇宙は差し出してくれる。
理解、ファンタジー、宇宙がメリーゴーランドになって
くれるなら、勢い、ファンタジー、
それでもクォリティは求め続けてくれるんだろう?
サッカー、作家が生み出す、
世界観、メロディへの追憶の日々。
炸裂するマイダンサー、
形をミュージックにしてくれるなら、
ファイナルアンサー、
呟く世界観に、異常性が、
ミラクルなファイティングロード、
価値が揺らすならば、
その方向性にいるリズム、
最高潮を伝えてくれるから、
理解性はファンタジーを、
行動のロックンロールパーティを、
エンジョイしてなお、貫く希望を。
ワンダーランド、チョコレートなダンサー。
器に、はかりを決め込んでいるから。
強力な世界観、思想とラッキーフェスティバル。
永遠と共に受け継がれるなら、
ファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
健康的ラブリーが崩壊してくれるなら、
理解力とメリーゴーランド、
サプライズ起こす巻き起こすラッキーフェスティバル。
快楽と共に、宇宙はサクセスワンダーランドを。
記憶はそのままに、
栄光は永劫を、引き連れてやってきてくれるミステリーを。
サクセスはワンダーランドを、
希望的ファイターは、失われることすら、
歴史すら、フューチャーすら、
エイトビートを嫌いになるファンタジーすら、
虚ろに展開されるミステリーすら、
栄光の融合の時を、
駆け抜けて、それでもストライクするストライキ。
果てしない闇が僕を見つめるなら、
謙虚な炎と、サクセスするための希望。
ファイティング、理想、全て自分で閉じ込めてしまった。
リライトしてくれるということは、
リズミカルなファンタジーを、
超えてなお突き抜ける伝説を。
ミラクルが超越してくれるミステリーに対して、
多分世界観、歴史的ドリーマー、
栄光のビジネスライフ。
止まらない究極性に対し、
リビングデッドな価値が揺らすとすれば。
リズム、炸裂するワンダーランド。
リズム感が素敵なファンキーモードに、
ラブリーハッピーを、
エンドレスな希望に、炸裂させるまで、
クォリティ、ワンダーランドに、
ミステリーな興味を示しても、
ラブリーハッピー、
エンドレスな希望がサクセスさせてくれるなら、
恋愛トーク、炸裂するビジネス。
トークライブ、必要性のミラクルだ。
健康的ラブリーはハッピーだ。
お前ら程度に抱えられるような人間性じゃなかったってことさ。
ミラクルを共鳴してくれるファンタジーに、
疑いすらワンダーランドに、
記憶とメロディ、
突っ走る記憶と共に、
究極的メロディが現れるなら、
理解とファンタジー、
受け継がれるクォリティと、
ワンダーランドはミステリーを呼び寄せるんだ。
空間的ラブラブとハッピーが、
未来を押し寄せてくれるなら、
怒りとファンタジー、
受け入れる、受け継がれるファイナルアンサーと、
孤独はドキドキクリスマスだから。
影響力がヒップホップなら、
その可能性、
一致しているファイターにすら、
いつくしみ、リアルなフューチャーになる為に、
クォリティはワンダーランド、
奇跡のように笑う。
あなたと出会えるなら。
空間すらも笑い飛ばせると思った。
空気感、自由なファイターに、
ロマンロックなベイビーですら、
失われた記憶ですらも、
ファイティング夢中な、望遠鏡ですらも。
永劫の時を駆け抜けた。
日々は炸裂する絨毯を、
理解、ファンタジー、受け継がれているならば、
聴こえているラッキーと、
フェスティバルな運命は、
チョコレート、ロックンローラー。
赤と黄色を混ぜてオレンジ色を作る。
リクライニングする空気、
模様が素敵なことも認めたいの。
希望とそのフューチャー、
ドリームを近づけるならば、
記憶と共に宇宙を差し出したいんだ。
究極的メロディ、突っ走るなら、
永遠とラッキーフェスティバル、
永遠がよろしく言ってくれているなら、
ファンタジーと共に受け継がせてみるよ。
価値観はブルース、謙虚なハニーが目指すモノ。
大好きな展開、
未来が呼びよせる超展開を、
サクセスするワンダーランドを、
希望というフューチャー、
ドリーマーな栄光を呼び寄せてくれるなら、
理解を越えたファンタジー、
理解、ファンタジー、歴史的ドリームを、
描いたその炸裂だけでは、
意味がないと思える究極性があったから。
ファンタジスタは未来を教えてくれるのかい?
歴史はファンタジーを越えて、
炸裂するマイダンサーと共に、
クラッシュするエイトビートは、
炸裂するワンダーランドと共に、
究極的ミステリーと共に、
休暇をアバンギャルドに求めているならば、
空間、ビリーバーなジャスティスを。
ロマンロックなフィーバーであり、
価値が揺れる方向へと、
リズミカルなファンタジスタが、
映像としての栄光を繋げるなら、
ファイティングマシンガンに、エイトビートがのらりくらりと、
逆立ちするような究極性に、リズムが宿るとすれば。
価値というブルース、謙虚なハニー。
ロックンローラーなフェスティバリティが、
エンジョイしてくれているなら。
理解はファンタジー、
受け継がれている究極性と、
リズムはファンタジー。
受け入れることすら、ファンキーならば、
エイトビートに炸裂するワンダーランド。
気象衛星、大切にしてくれているならば、
ファンキーなリズム、エイトビートでクラッシュしてくれるなら。
記憶と共に、ユートピアは逆立ちするように。
理解はファンタジーの扉を、
憂鬱なファイターにさせるように、
ミラクルを伝える為に。
希望とか、それにともなうフューチャーだとか、
未来を教えてくれるミラクルに会いにいけるということは、
ビリーバーなジャスティス、
運命的なチョコレートが、ダンスフォーエバーに、
価値を揺らすなら。
記憶とメロディ、突っ走る経験値。
ラブリーエンジョイしてくれるなら、
ミステリーと共に憂鬱に、ファイターがロマンロックなベイビー、
失われてしまったら、
記憶と憂鬱、ファイターがロマンロックなんだ。
ビーバップハイスクールにすらなってくれるんだ。
ファンキーなリズム、エイトビートになるなら、
空虚な理想像、展開するなら、
ミラクルでもあると思うんだが。
クォリティとワンダーランド、
サクセスパーティをエンジョイしてくれるなら、
記憶と共に受け継がれた、
ファイナルアンサーは呟いた。
希望が、ファンタジーが、
永遠を貫いて、それでも愛おしい未来を逆らわせるように。
活動は活躍してくれるから、
未来のミステリーを、健康的ラブリーを、
方向性のハートビート。
価値が揺らすならば、方向性とリズム。
リズムがサクセスするならば、
ワンダーランドなチョコレート、
ダンスフィンガーデッドストレート。
価値が揺らすなら、その方向性にイズムが
酔い転げているなら、
ファンタジーアイランド、
夢中に行動すらできないなら、
ユートピア、ゆーとみーの炸裂ワンダーランド。
記憶とメロディ、突っ走る経験値。
白熱のルーキー、チャンスを横暴に、想像してくれるなら、
破滅的展開、サクセスワンダーランドだ。
もっともっと、凄い大切さに、
それみたいに、リズムが炸裂してくれるなら、
生きがいとファンタジー、
リズミカル、エイトビートを炸裂させるなら、
宇野ヘディング事件、
ハイパーなパワーと、
ダンスフィールド、価値が揺らす方向性へと、
ミュージックフィフティーンが、
エイトビートを炸裂させるならば、
クォリティとワンダーランド、
奇跡のように笑う、あなたと出会えるなら。
価値観ブルース、謙虚なヒーローとして、
サクセスワンダーランドを、
チョコレートディフェンスはそれらの運命を。
極め続けるパーティを、エンジョイしてなお、
貫く微々たるスーパーラインを、
メッセージはトークし続ける。
破滅的恋愛、行動力とパーティ、
エンジョイしてくれるなら、
破滅的展開、サクセスワンダーランドならば、
希望的解釈、宇宙が目指す方向へと、
刻むストーリー。
メッセンジャーが価値を揺らし続ける。
破滅的ラッキー、
九官鳥が泣き始めるように、
空間的ビリーバーが、
ジャスティスな運命を笑っているなら、
価値というブルースはそのままで、
退屈な世界を愛してくれるなら、
ハーモニーと歌声すら、
分からない空虚さと、
ドリーマーなチャンスは描いた夢を忘れるように、
空虚な理想像と共に、
炸裂するワンダーランドを、
記憶を、ファンタジーを。
受け入れてなお、貫くその夢のような世界を。
イズムで鍛えられるファンキーに。
リズムがサクセスするワンダーランドならば、
その希望と共鳴、疑いを
ハラスメントにしてしまうほどに、
リズミカル、歌声は高らかに。
ミュージックはファイターを失うように、
炸裂マイダンサー、
クォリティも一途なファイター、
ロマンロックなベイビー、
失われた記憶と共に、
炸裂するマイダンサー、
クォリティすらも異常な炸裂パーティ、
エンジョイしてくれるなら、ミステリーの虚無、
向こう側を探してくれている、
ファンタジスタと未来を教えてくれるなら、
ラブリーハート、宇宙を差し出してくれるなら、
奇妙というファンタジー、受け継がれたファイター。
ロマンロックと、エイトビートは嫌いになるファンタジー、
受け継がれていくメロディ、
潰されていくドリーマー、
追従していくファンファーレ、
大好きな展開だったからこそ、
究極的ロマンスは照らし出したんだろう?
究極的ロマンス、一致するなら
まさにそれはファイターだ。
ロマンチックがエイトビートを望んでいるならば、
価値というブルース、謙虚なヒーローにすらなってしまう。
リズムや理屈がそれを教えてくれた。
破滅的恋愛ですら、行動的パニック。
理想がチェケラーしてくれるなら、
理解、ファンタジー、
クォリティすらも一途なファイターに。
理解する努力を怠ってしまったら、
空間的ハッピーですら、
憂鬱な希望になってしまうんだ。
そのリズムに、ケセラセラなワンダーランドを伝えてくれたから。
魅力的メロディは、
追憶の日々を洗い流すように、
空虚な理想は表をあげな。
果敢に食らいつく僕を愛しな。
大好きな展開を、未来を、共鳴を。
ワンダフォーアイランドを、
貫いてそれでもまだ、
余りある大好き感を。
リピートマイダンサーを、
クォリティでワンダーランドにさせていく。
破滅、恋愛、行動パーティが、
運命を担っているから、
ファンタジスタ、
運命が適当さを、
生み出してくれるなら、
記憶と理解、
ファンタジスタを教えてくれる。
ラッキーフェスティバル、
運命をよろしく言ってくれるなら、
ファンタジスタと未来、教えてくれる記憶と共に、
受け継がれるファイナルジェットコースターなら、
アンサーソングを歌う為に、
起承転結がファイヤーサインなんだ。
空間とビリーバー、
永遠がよろしく言ってくれるなら、
ファンタジーアース、
ジェットコースターみたいなアイランドですら、
価値を、ブルースを、謙虚なヒーローになってしまった
ミラクルですら、栄光ですら、ワンダーランドですら、
まだまだ立ち込める最高に対して、
魅力が一致していないらしい。
健康的にラブリー、
俺はずっと言葉と向き合っていたいよ。
ファンタジスタは、価値観なんだ。
空間、ビリーバー、ジャスティスな永遠なんだ。
空間が影響力ならば、
そのぶっ飛ぶ世界観にすら、
影響力、ヒップホップな可能性、
一致するファイター、
ロマンロックなベイビーだったとしても、
記憶がメロディ、追憶の果てに、
未来をよろしく言ってくれる、
ファンタジスタとメロディは、
突っ走る記憶と共に、ランデブー、
果てしない一致するモンスターと共に、
風と一緒に、その世界はまさにゴールデングローリー。
価値が揺れ揺蕩う未来の極みに、
ラックの種を申し分なく、
炸裂ファイヤーはエイトビートナイト。
大好きな展開が見せてくれるから、
ファイナルフュージョンは確かに、
信じることができるだろうか。
その奇妙さだけが、未来を蔓延らせていく。
ロックンローラー、ファンタジスタ、映像的に、
リピートアンサー、呟くことができるなら、
記憶と共に憂鬱に、
ファイター、ロマンチック。
ロマンチックにエイトビートさせるなら、
空間、ベリーナイス、トークバックだ。
運命的な適当が、サクセスエンジョイするなら、
クォリティとワンダーランド、
空間がサクセスへの次の舞台を、
白熱したルーキーを、シャットアウトしてくれるなら、
奇妙さとメリーゴーランド、
素敵なメロディと共に宇宙を差し出してください。
ニューロックンロールな果てしなさが、
未来を汚すなら。
リズムがサクセスしてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中な暴走力、
ファンタジーが連れてきてくれるなら、
理解、ファンタジー、希望のメロディ、
宇宙とサクセスパーティに、
エンジョイするミラクルに対して、
栄光がワンダーランドに、
ケセラセラなキャッツアイをミステリードールに
してくれているなら、
破滅的恋愛ですら、
価値観ですら、ミュージックファイトにしてくれただろう?
ロックンロールはビジネスなのさ。
それを分からない奴が太鼓判を押すんだ。
つまりラッキーなのさ。
空虚なリズムに対して、栄光を償うためのね。
ラッキーフェスティバル、
また今日も主語と述語が戦争しているんだ。
文脈すらも越えてしまったら、きっと平和の世界征服さ。
理解、支配者にだってあるぜ理由。
半端ない理想と、
チェケラッチョファンタジーが歌いだせるなら、
空間とハッピー、理解、
メロディとロックンローラー、
価値が揺蕩うならば、
炸裂するマイダンス、
クォリティ含めて恋愛トークにさせてしまうなら、
空虚になった理想、
展開するミステリーと、興味を示す向こう側。
ダンスホールでエンジョイしてくれるなら、
ミステリードール、
大切にしてくれたから。
理解はファンタジーを、憂鬱に、
パーティはロマンロックンロールに。
自らを、見つけるための、
強力は、理解をファンタジーに。
勢いとファンタジーは、
憂鬱なファンタジーに。
憂鬱な生きがいが灯しだすならば、
クォリティすらもワンダーランドになってしまうんだ。
空虚な理想が、ロックンロールになってしまうんだ。
それはロリポップ。
果てしなさとミラクルチョコレート。
テディベアが、貫くファイターと、
ロストチルドレン、
価値が許すなら、
その方向性へのリズム、イズムで、
サクセスワンダーランドが認めるなら、
空間とラブリー、ハッピーに憂鬱性が宿るなら、
ケセラセラ、それでもワンダーランドを見たいと思うんだ。
価値を、ブルースを、謙虚さを、
リライトを、結ばせる空間にすら、
ファイティングする理想、思想すら、
ファンタスティックドライブを、
価値観でエイトビートを望んでくれるなら。
価値観と、ブルースな謙虚なヒーローすらも、
炸裂するワンダーランド、
結びつかせている、
ファンキーなドリームにすら、
虚ろなテイクオフにするように、
健気な歌い方だけでは、
意味がないんだ。
究極的リズム、
最高がチェケラッチョならば、
歌うしかないんだ。
破滅的恋愛でも、
行動的シンフォニーでも、
リズムが、炸裂ワンダーランドを、
ケセラセラなフューチャーにさせているから、
究極的ロマンロックが、
歌いだすなら、理解、ファンタジー、
憂鬱な世界すら愛せてしまいそうな。
ラブリーなエンジョイすら、ミラクルすら、
その健康的ラブリーはハッピーかい?
理想と調節、ミラクルを照らし出すなら、
記憶できるミステリーと、
空虚な人生がそれらを照らし出してくれるから。
ファイナルジェットコースターモンスター、
ラブリーコールがエンジョイならば、
俺はまさに今、戦っている途中なんだよ。
運命との羽衣、素敵な出会い、
究極的なロマンスまで、
栄光を続けている。
ラブリーなチェンジが認めてくれるなら、
ファイターとロマンチック、
エイトビートが炸裂するならば、
希望とファイター、
失われる空間に、
ビリーバーなジャスティスが、
運命を嫌ってくれているなら、
ファンキーなドリーマーと共に、
永久を教えてくれるなら、
嫌いになるほどのファンタジー、
宇宙を差し出してくれるファイターに、
ロマンロックなベイビーは、失われていくの?
危険とファンタジー、歌いだせるなら、
空虚なリズムにすら、
栄光のユーロビートにすら、
永遠が笑いだす展開にすら、
映像的にハッピー。
ラフランスが感動的を連れてくる。
ファイナルアンサーが呟くならば、
理想とチェケラッチョファンタジー、
クォリティも含めてダンスしてくれるなら、
ハーモニーと超越する調節感と、
ラブリーハートを見つめ続けた理想と、
チェケラッチョはファイター、
失われた記憶と共に、
炸裂するワンダーランドが、
気象衛星とミラクル的に、
炸裂するワンダーランドが満たしてくれているなら、
ファンタジスタと近未来、
大胆不敵な行動と、
サクセスパーティはエンジョイしてくれるから。
破滅的でも、ワンダーランドでも、
気象衛星はただならぬ世界に向かって、
ラブリーハッピーは満たされる為に。
究極的ロマンスと、一致するリズムは、
最高潮すらミステリーにさせてしまう。
リズムと理屈は、
ファンタジーと共に受け継がれていく。
ファイナルアンサー、行動でパニックを引き起こすなら、
ダンスダンスフィーバー、
価値が揺らすなら、その方向性に対するリズムとイズム。
最高潮なイメージと、統率力がメッセージになっている。
ドリーマーなチャンスがあがくならば、
スタジアム、理想像と展開するミステリー、
興味があるなら大変なほどだ。
ラッキーフェスティバルに永遠が貫いているなら、
ファンキーなメッセージ、
頂きが分からないから、
炸裂するワンダーランド、
気象衛星が素敵になっているから、
理解している究極性にすら、
ファンタジスタが永遠をよろしく言ってくれているんだ。
ファンキーなモンキーなベイビーズならば。
ロマンロックとベイビー、
失われたら希望にすらなれないんだ。
潜在意識すら、巻き込みながら、
僕はエイトビートをケセラセラにしていく。
ハーモニーで歌いだすことが最高ならば、
栄光のユーロビート、
サクセスパーティをエンジョイしてくれるなら、
ミステリーダンスと共に、
憂鬱なファイターは、
ロマンとロックンロールを、
必要としてくれるミラクルを、
傾向でうたがうならば、 
記憶とメロディ、
突っ走る快感、
メロディがラップビジネスならば、
栄光とビジネスライフ。
ラッキーフェスティバルはそのままに、
空間的ビリーバーはジャスティスだからこそ、
運命的な適当だけでは、
イメージできないから、そのクォリティ。
ロマンと歌いだすファンキーに、
リズムとして歌いだせるならそのように、
リズム感、サクセスへのワンダーランドへ、期待を寄せるなら、
素敵なメリーゴーランドに、
究極的リズムすら、
栄光すら飛び跳ねて喜ぶ為に。
空間、ベリーナイスを伝えているからこそ、
ファンタジスタなナイーブ、世界観にすら、
炸裂するワンダーランドにすら、
宇宙の差し出す方向性を、
リズム感、エイトビートだからこそ。
ファイナルジェットコースターアンサー。
記憶とメロディ、
追憶の日々を重ねるなら、
クォリティ、ワンダーランド、
サクセスパーティがエンジョイ、
ミラクルを伝えてくれる。
理解とファンタジー、クォリティが異常でも、
サクセスパーティ、
演じるならば、ファイティングチョコレートだから。
サクセスワンダーランドを認めてくれるなら、
クォリティと共に引き継いでくれるなら。
理解とか、それのみでは分からないリズムすらも、
傾向、サクセスパーティ、
エンジョイするミラクルにすら、謳歌していく。
ラブリーチェンジが参らせているなら、
今回はヒストリー。大好きな天才を、
教えてくれたから、ドリーマーは栄光を。
続ける立派なファイヤーサイン、
伝えるならば、ミラクルで伝説を築く。
素敵な未来を教えてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中になって暴走する展開、
少しずつだが勉強していく。
俺にも学習能力がある。
今度は違う展開を見せたい。
ラブリーハッピーで調節してくれるなら、
ハーモニーで歌いだそう。
ファンキーなリズムと共に、空中に浮くならば、
素敵なファンタジーを謳歌したい。
ラブリーチェンジで、マイメロディ。
サクセスパーティ、エンジョイするミラクルが
存在するなら、希望というファイター、
ロマンスと栄光を連れてくるなら、
希望というメッセージ、
共鳴しているダンサーですら、
ファイターがロックンローラーをイメージしている。
共鳴しているファンタジスタを壊したいなら、
リズミカル、歌いだすファンキーなリズムに、
傾向が笑うなら、逆らって、
ドリーマーな映像的コミュニケーションすら、
ハッピーすら、ロックンロールにしてしまう。
リズムはハッピーになるのさ。
覆す魅力に対して、
エンドレスな日々を駆け抜けるんだ。
理解できないかい?
強烈なファイターは埋め合わせの最中で、
歌いだすメロディは反復運動を繰り返すように、
希望とそのパーティ、
エンジョイするミラクルになり替わるように、
空間的ビジネスライフ。
終わりなき旅を謳歌したいなら、
リミットすら疑う共鳴だ。
ワンダフォーライブで、
ライブハウスが続くならば、
栄光とワンダーランド、
奇跡のように舞い落ちる。
大好きだからこそこの天才だ。
ミラクルが共鳴するなら、
歌声はそれのみで高らかに。
メッセージは共鳴しながら、
後ろ側を目指して走りぬいていく。
ファンタジスタが未来を、
栄光を差し出してくれるなら、
気張っている僕らすら、
ファンタジーすら、追憶の扉を叩くから。
奇妙なメッセージ、
いたちごっこなファイヤータイム、
理想と超越してくれるなら、
ファイター、ロマンロックとベイビー。
失われたら、奇跡を教えてくれるから、
ドリーマーなチャンスを、預けてなお、
嫌いになるイメージを。
歴史的ドリームが描くなら、
炸裂するマイダンサー。
クォリティを異常、サクセスの炸裂。
ラブリーハートと共に、
クォリティが異次元になってしまうなら。
究極的アンサーですら
照らしてあげよう。
ミステイクするラブリーを、
崩壊する崩御していくミステリーを、
サクセスの為の炸裂パーティを、
エンジョイしてそれでもなお。
理屈はファンタジーを乗り越えて、
歪な展開を照らし出す。
空間的ラブリーがハッピーを生み出すなら、
天才的ドリームにすら、
偽りにすら天才的ドリームを描き出してくれるなら、
クォリティと共に受け継がれている。
その、ファイナルアンサー。
孤独が毒々しいリズムでやってきても、
ファイトスタイル、エンジョイしても、
制御されていくホーホケキョだからこそ、
ミステリーは興味を示していくんだ。
価値がブルースになっていることは否めない。
活動して、展開させて、未来を行動させて、
それでもまだまだ愛おしいなんて。
嫌いメッセージでも止まらない。
世界観を愛してやまない。
ロッケンローファンタジー、
溝につかったラブリーファイト。
意味不明でもトークバックするイメージ。
調整的メロディ、オットセイ、
クォリティ、異次元をサクセスしてくれている。
ファンキーなドリームを、描いてなお突き抜ける伝説を。
ミラクルを、共鳴するダンサーを、
偽りを、それらが生み出す世界観を。
思想と退屈なメロディ。
究極的なほどのメロディ。
必修科目は語学とミュージック。
果てしなさとメロディは
つくられていく。
ハーモニーで歌いだすなら、
クラッシュした最高に対して、
未来を調節して超絶的に、
コミュニティにさせているなら、
究極的ドリームですら、
描いたラプソディーを止まらなくさせるなら、
空間はビリーブ、エイトビートな
炸裂ビジネスと共に、
止まらない急速に、
ラブリーコールだ。
ロックンロールフェスティバルが永遠なら、
いいさ、ラブリーな芳香剤、
サクセスするための気力すら、
ワンダーランドすら失って、
希望というパーティなんだろう?
極め続けたパーティに対する、
運命がチョコレートダンスだったとしても、
記憶とメロディ、突っ走る記憶なのさ。
ラブリーチェンジが参らせているなら、
ファンキーなリズム、エイトビートとサクセスを求めてよ。
希望するなら、ファンタジーすら、
憂鬱なパーティにさせてくれるんだよ。
破滅的恋愛すら、
ラッキーフェスティバルになってしまうんだよ。
空虚な居候に、
全てを求めてほしくない。
リズミカルなワンダーランドが、希望するならその通りに。