ロックンロールなファンタジー、
空間と共にワンダーランドが
映し出すなら、
いいだろう。素敵なことにしてやろう。
イメージが調整して、
挑戦的になってくれるなら、
ハーモニーすら歌いだそう。
キャンペーンなら、
ロックンロールなファンタジスタ、
永遠を教えてくれるなら、
理解とファンタジー、受け継いでくれるなら。
ファンキーなリストアップ、
行動のロックンロールパーティが、
エンジョイしているミラクルすら、
偽りの世界観すら、
映像すら、ファンキーなマシンガンになってしまうから。
空虚な究極が、
メロディがアップテンポを生み出していく。
価値観とブルース、
共鳴するならワンダーランドへ辿り着きたいだろう?
ファンキーなマシンガン、
エイトビートで炸裂するなら、
リズミカルな影響力、
ぶっ飛んだ価値観すら、栄光のユーロビートすら、
映像、サクセスパーティ、
エンジョイしているロマンロック、
歌いだすファンキーリズム、
快感とワンダーランドは、
ミュージックファイヤーが手に入れてくれたリズム。
最果ての鼓動と共に、
憂鬱なナイーブな最高潮は、
イメージをチョコレートにして、
それでも愛おしさと痛々しさを連ねていく、
ファンタジスタと未来。
大切なドリーマーを守り続けるなら、
太鼓判を押す為に窮屈なファンタジーになっている現状。
ラブリーハウスがエイトビートなら、
チェケラーチョコボなチョコレートボックス。
沈むエイトビート、
白熱するルーキー。
ロッキーチェンソー、
ラブリーアタックを疑うなら、
共鳴とダンサーで、
器をはかっているならば、
鬱蒼と茂る森すら、
ファンタスティックなドリーマーですら、
あがいてみせよう。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠を教えてくれる時まで、
もがく。もがく。
炸裂する、もがみもががもがく。
リズム、リスク、ファイナルリアリティ。
白熱するルーキーと共に、
サンシャイン、歌いだせるなら、
記憶と共に、フューチャーラインだ。
伝わっているならば、
ヒストリー、メッセージを共鳴する為に、
ファンタジスタなマイメロディ、
突っ走る為の記憶すらも、
ワンダーランドになってしまうから、
究極的メロディに、
通告しているラブリーヒルズ、
太鼓判を押す為に、
ロッケンローハニーを、
エイトビートを煌めかせてまで、
憂鬱な日々にさせてしまうんだ。
空間、ビリーブなエイトビートだったとしても、
クォリティが一途なファイトを、
逃げさせない魅力にするために、
空間的なビリーブナイト、疑い出すまで、
クォリティと、共に受け継ぎ続けるファイターだったとしても。
クォリティはワンダーランド、
夢中になっている気がする。
ファンキーなリズムに、エイトビートが乗っかるなら。
いいさ、必要としている情報は
限界状態なんだ。
極めているハッピーと、
ロックンロールは違いを見せていくんだ。
ハッピーなラフランス、
それらがイメージするチョコレートソングでさえも、
リズミカルなエイトビートを、嫌いになってなお、
あがく僕を予兆してなお。
刻んだストーリーと、メッセージは貫いてくれるんだ。
理解が歴史ならば、
究極的メロディ、突っ走る永遠すら、
全てが分かっていないのかい?
リズムがどんどんあがっていく。
メリー豪、追悼の意を示せば示す程、
大好きな展開は狼煙をあげていく。
白熱するルーキー、
つかず離れず、
大好きな展開を取り戻す為に。
クォリティはワンダーランドを満ち溢れさせる。
理解はファンタジーの最中に、
歌いだすロマンスは歪な陰に、
ストレートになっていく。
ファンタジーにすらなっていくんだ。
九官鳥、叫び出すならストーリーなんだ。
埋め合わせしても、天才は動かないなら。
嫌いだよ。メッセージ、
狂熱の輪っかの中に置いてけぼりにされるなら、
宇宙、その向こう、ニシヘヒガシヘ、
カテゴライズ、ラップスタイル、
運命が呼びよせる最高のチェンジから、
ミステリーは興味を示していく。
ラッキーだから、それらは運命だから。
チョコレートソング、
歌い上げるから。
大好きだから、急展開を
望んで、それでも白熱するルーキーに、
通気口、サクセスワンダーランド、
ミュージックファイトにすら、
偽りが世界観に動かされるなら、
究極的ドリーマー、映像の具体化すら、
ファンキーなメッセージ、
愛おしい魅力が、ファンタジーが裏側を。
続けていくロマンスはハッピーを。
理想はチェケラッチョ、歌いだすファンキーを、
エイトビートは、ミュージックファイトを。
後ろ側を、のめりこんでも、
素敵なファイヤーサイン、
映像的コミュニティ、
映像がサクセスされても、
奇妙なメロディにドーパミンが狂っても、
理解、ファンタジー、その中にあるのは希望。
儚く揺れる、散り急ぐ。
スーパーライン、
理解、ファンタジスタに、
面白さがトークしてくれるなら、
究極的メロディと共に。
ラッキーフェスティバル、
ロックンローラーが近づいているのだ。
杭を打って、
それでもストレートにいかないんだねって。
極めてそれでも最高に対して、
生み出すファンタジーを狂わせるなら、
理解、ファンタジー、その方向に、
リズムを卓越させてまで、
理解がファンタジーになってしまうまで。
強烈なファイヤーは、
失った力と技。
失った炸裂とマイディフェンス、
価値が揺らぐ、神輿も揺れる。
果てしなさ、メロディックライン。
理解、ファンタジーがお祭りなら、
歴史的メロディ、突っ走る揺れる神輿。
この今回が、炸裂しようと、
答えに辿り着こうと、
運命はチェケラッチョ、
最高が生み出される。
揺れる神輿が、
ファンタジー、
ジェットコースターアイランドを
見つめるように、それらは空間。
ビリーバーなジャスティスが、
運命的に適当にさせてあげた。
ミラクルを伝えるなら、
空間的ビリーバー、
着実な崩壊すら、
ファンタジスタ、未来を呼びよせてくれる。
理解がファンタジーになってくれるなら、
理解、ロッケンロー、
果てしなさが魅力的。
リズムがサクセスするなら、
ワンダーランドへの興味が、
歌いだすなら、ひたすらファンキーならば、
栄光とビジネスライフ、
トークバックした永遠にすら、
分からないメロディが突っ走ることになる。
究極的ミステリーが、
浴びせる次の世界。
未来というドリーマーの最中で、
歌いだすファンキーはリズムを持って、
素敵なメロディになっていく。
破滅的展開を是とするならば、
栄光、ビジネス、ライクシャパリティ。
理解、ファンタジー、クォリティ、
シャンパン、ランターン。
果てしなくメロディ、突っ走るならクォリティ。
異次元を突破するミステリーは、
空虚なメロディと共に、
憂鬱なほどのファイターを、
理想に近づけてしまうから。
ビリーバーはジャスティス運命的、
ラブリー芳香剤、
荒唐無稽なラブリーがそこにあるならば、
記憶とメロディはワンダーランドを見せてくれる。
記憶と揺れる最高、
果てしなさとメロディは、追憶の果てで
目指したものすら違っていた。
ドリーマーがジャスティスならば、
記憶のフレイバーにジャスティスがのっかるならば、 
記憶と共に悠長になっている。
ファンキーなリズムすら、
栄光のユーロビートを泣かせる。
リズミカルなエイトビートと共に、
クラッシュするエンジョイは、
ミラクル伝えるファイティングスタイル、
価値観がブルース。影響力がトゥルース。
曖昧なケセラセラであるなら、
九官鳥、サクセスワンダーランドに、
記憶すら宿るなら、
歴史的ドリーマー、
栄光を見出すまで、
あとどれくらいの距離?
疑いなどははかり知れねえ。
大好きな天才的ドリーマーは
栄光を呟かせる為に、
クォリティはワンダーランド、
見せてくれファイナルジェットコースターアイランド。
行動のロックンロールパーティは、
ひたすら祭り上げるように、
キーボードを叩いているだけで気持ちいい。
きっとこの遊びは終わらない永久に。
リズム、炸裂するワンダーランド、
空間はビリーバー。
ジャスティスとクォリティ、
異次元に舞い続けるなら、
ストーリーとメッセージ、
共鳴するならワンダーランドなんだ。
空間がビリーブを、
栄光は伝えるための極みを、
歌いだしてファンキーになってしまうほどに、
クラッシュするエンジョイは、
ミステリーでドリームを、
描いてなお究極になっていく炸裂に対して、
リビングデッドは価値観を、
影響力はヒップホップを。
リピートダンサー、
クォリティすらも一途なら、
ファイティングチョコレート、
メッセージがハーモニーを歌うなら、
リズム、和の心。
果てしないミラクルは、
栄光サクセスパーティ、
エンジョイするなら、
ミラクルとチョコレート?
ダンスフィーバーに、価値が揺れるだろうから、
ハーモニーが歌いだす経験、
ラブリーエンジョイ、
リズム、炸裂するワンダーランドならば、
希望とファイター、
失ったら炸裂ダンサー。
ロックンロールなリズムは、
傾向をサクセスにした痛み分けは、きっと。
ミラクルを伝えた発表会、
理想像がテイクオフするミュージックと、
ファイトスタイルをジャッジメントにしてしまった、
空気感と理想だけは、埋め合わせする展開をよろしく言ってくれる。
ハーモニーが歌い続けるならば、
記憶とメロディ、突っ走る記憶というユートピア。
ゆっくりと走った。
リズム、炸裂するワンダーランド、
ケセラセラに歌いだせるなら、
空間はビリーブ、
飛び移れ、次の次元、次の空間。
リズミカルに影響させるなら、
ファンタジー、栄光とビジネスライフ。
止まらない究極性と共に、
宇宙をケセラセラに笑っていく。
ダンスするフォーエバーにすら、
虚ろに展開させるなら、
ミステリードリームを栄光に、
サクセスパーティにすら、
描いた究極性にすら、
ファンタジーを予兆させた、
ミステリードールを作成させた。
ミラクルフィットさせた
栄光とビジネスライフ、
止まらない究極性を、
リズムでアップテンポ、
ポテトフライを
食べてなお嫌い続ける栄光を、
満たしてなお続ける
十二支んの涙ぐましい努力を、
ファンタジスタを、光景を、
肯定を失ってそれでも、
聴こえるラブライバーの歌声。
未来はないけど泣いちゃだめさ。
クォリティが異次元ならば、
メッセージと共に止まらない究極性を、
リピートするダンサーを、
見せてくれるだろう?
奇妙なメッセージ、
どんな女の子より言葉が愛おしい。
これ以上ない。素晴らしい空間だ。
ファイトスタイル、価値観がブルースになっていく。
ハーモニーを伝えて、
理解するための究極性、
ドリーマーをチャンスにしていくから、
ハーモニーは歌いだすしかないんだよ。
ケセラセラなワンダーランドに、
記憶させるリピートどじり貧コミュニケーションを、
イメージしてなおも突き抜ける、
ダンスフィーバーは価値を揺蕩いリズムを壊していく。
儚さで狂熱が動くならば、
ファンタジスタと未来を伝えた。
ファンキーなリズムですら、
栄光のユーロビートを支えるのであれば、
価値観とブルース、共鳴するワンダーランド、
忘れる度に出会っていく。
果てしない行動の果てに、何があるのか。
パラレルワールドのパラレル僕。
きっと見つかる。
ロッケンロー、ファンタジスタが栄光を連ねていく。
ファンタジーアイランドが、
夢中になる為のこの希望が。
サクセスの為のワンダーランドが、
移り変わるこの大切さが、
メロディが、クォリティが、
歌いだすようにファンキードリームを、
描いたなら最高峰なんだ。
イメージを調整したミラクルに対して、
レベルアップを教えてくれるなら、
希望とファイター、
失われる希望すらも、
ロックンロールなフェスティバルすらも。
価値が揺らぐこの方向性、
ラブリーゲームに負けたのは、
ラブリーエンジョイしていたのは、
奇跡のように笑っていたから。
ミュージックは止まらないことを知ったから。
ミュージックファイター、
ロマンロックなベイビーが、
失われたらただではいられないから。
究極的なミステリーと共に、
動くことだけが幸せだったから。
空中に浮いているんだよ。
最高潮、イメージしている最高峰に対しても、
メロディとリズムは最高峰を伝えてくれる。
ファンタジーアースが限界を越えていくなら、
ミステリー、炸裂するワンダーランド、
宇宙がファンタジーになってしまうなら、
究極的ミステリー、
超能力、ラブリーハッピーを
訪れさせる為に、
クォリティはワンダーランド、
ミュージックパーティ。
理屈、ファイター、
ロマンロックが歌いだすなら、
謙虚なヒーローですら、
ファンタジーアイランドですら。
ラップスタイル、
エンジョイしてしまったから、
リズムとファイター、失われたら最高潮。
イメージがチョコレートになったとしても、
クォリティはワンダーランドになってしまうんだ。
空間を炸裂させながら、
ミステリーを興味で、
歌いだすファンキーに、
リズムとサクセスパーティに、
エンジョイしてもミラクルを伝えてくれるから。
ミステリードリームは、
描いた夢と、サクセスパーティ、
エンジョイするならリッピングだ。
サクセスワンダーランドならば、
希望とユートピア、
炸裂するマイダンス。
カテゴライズされない究極ならば、
エイトビートと勝ち取ったサクセスパーティ、
エンジョイしてもミラクルは伝わらない。
サクセスパーティはエンジョイしてくれるから、
ミステリードールすら新しくさせてくれたから。
曖昧な居候、かいつまむ素敵さ、
魅力がサクセスを続けていく。
悲しみが歌う、メロディがうろつきだす。
ファンキーなリズムが歌いだす。
ロッケンローファンタジーガ疑っているなら、
協力する視線。
ラブリーハートを見つめる究極性。
イズムは貫く。希望はワンダーランドなんだ。
サクセス、チョコレートがメッセージを貫くなら、
希望とファイター、
ロマンロックとベイビーを失いたくないから。
希望とファイター、
失われた記憶と共に、チェケラッチョファンタジーを。
疑いを炸裂させるワンダーランドに、
共鳴する伝説、
ミラクルを道頓堀、
素敵なメロディを共鳴させる為に。
クォリティはミステイク、
サバイバル、それでも愛しさが続く。
ファイターはロマンロックなベイビー。
失われたら記憶されてしまう。
リズミカルな影響力。
サンダーガール、
眠れない夜すら蹴飛ばしていくのさ。
ラブリーハッピーがエイトビートならば、
クラッシュするエンジョイと共に、
嫌いになってもミステイク。
ラブリーハッピーがえんじょいしてくれるから。
ミステリードール、
サクセスへと乗り越えてくれるなら、
ファンタジーアース。
夢中になって暴走、
想像以上、ミラクルを伝えてくれたから。
歴史、ファンタジー、
それでも満たせるクォリティ。
密接に繋がるユートピア、
協力体制、
自らが見つからなかったとしても、
刻む時間はファイティングだから。
空中に浮いている最高だったとしても。
止まらない世界観に対して、
メロディが憂鬱にならないように、
記憶、ワンダーランドに、
チョコレートダンスにすらなっちまったら、
価値観とメロディは、突っ走る記憶と共に。
ワンダーランドはフューチャー、
どこまでも貫いていく歴史。
ファンタジージェットコースター、
アイランドを満たしてくれるから。
記憶とメロディ、突っ走るなら、
歴史的ドリームと、
歪な方向性、
リズムとイズムで散らしていく。
半端ない理想が、僕を叫び立ち尽くしていく。
リズム、炸裂するワンダーランド、
栄光がミステリーならば、
栄光とチェケラッチョ、
歌いだすファンキーに、
リズムすらエイトビートなら、
クラッシュするファイター。
ロマンロックと歌いだすまで、
ファンキーなリズムに、
エイトビートを残すまで。
ストーリーはそのままで、
チャンネルFに、炸裂ブルースに、
サクセスパーティにエンジョイさせてまで、
クォリティは求めたのに、
クォリティは異次元だったの?
ミステリーガールは宇宙を飛び跳ねる。
価値観とブルース、共鳴するなら、
ワンダフォーアイランドが
見つめてくれたから。
理解は歴史を、ドリーマーなチャンスを、
エイトビート。
ミュージック、子供たちは少しトランス状態だから、
ちょうどいいんだ。相性がいい。
リズミカルな影響力、
ぶっ飛んだ思考法だけがちょうどいいんだぜ。
空中に浮いている歴史、
様々な部分を使っている。
理屈、ファンタジー、
越えていくミステリー、
影響力、ヒップホップな可能性、
ラブリーならば、チェンジしていくものがミステイクならば、
影響力、それに超越させるヒップホップ。
エネルギーとして突破するミステリー、
興味がないなら疑いすらも、
消えてなくなるんだ。
理解はファンタジー、その全てが僕の言葉になる。
リズム、炸裂、サクセスワンダーランドへと、
続く理想は共鳴していく。
理解、ファンタジー、歌い上げる、
理解、ロックンローラー、
果てしない記憶と共に、
弔い出すのはファンキーだから。
ひたすら六本木、ストレートなストリートを、
田世界解釈で向こう側へ。
リズミカル、エイトビートがサクセスするなら、
ワンダーランドチョコレート、
ダンスホール、
歴史的ドリーム、理解、ファンタジー、
憂鬱な世界、魅力的ワンダーランドにさせてしまう。
究極的なドリームを、
永劫の時を駆け抜けて掴み取るなら、
ファンタジスタは恋愛してくれるかな。
九官鳥、ラブラブなハートを見つけてくれるの?
理解はファンタジー、偽りを歴史的ドリーマー。
理屈、ファンタジー、
それすらトレモロ、
歌いだせるなら
ファンキーなドリーマー、
栄光を呟くように、
世界観、ワンダーランド、
崩壊するリズム、
サクセスワンダーランド、
昨今の影響力、
ヒップホップになるなら、
ロックンロールファンタジーを、
クォリティで受け継がせた。
ファンタジーアイランド。
夢中に世界観、ロックンロール、
理解、ファンタジー、
歴史的ドリーム、
映像がキャパシティならば、
エイトビートなサクセスを連ねていく。
価値観はブルース、
謙虚なヒーローと共に、
クォリティが異常になったら、
炸裂するワンダーランド、
宇宙がサクセスワンダーランド、
宇宙を食べ始めるなら、
ロマンロックが歌うなら、
ロッケンローファンタジー、
聞き違い、炸裂するワンダーランドが、
ミュージックを食べて栄養にして、僕は生きる。
理解するファンタジー、
行動のロックンローラー、
価値がブルース、謙虚な炎に、
ワンダーランドな奇跡を起こしてくれる。
ロマンロックと希望は、
ワンダーランドを見つめだすように、
ファンキーなリズムに置いてけぼりにされるなら、
空間、それのみの見せるビリーバー、
体感温度がブルースなら、
サクセスパーティならば、
エンジョイするミステイクする
ワンダーランドだろうと、
自らが分からなくなろうと、
謙虚なヒーロー、サクセスするワンダーランドに、
気象衛星、炸裂するワンダーランド、
サクセスへと魅力をハイクォリティに。
ワンダーランド、居候だ。
リズムが究極であるなら、
素敵なファンタジー、
宇宙を未来と共に見るように、
空虚な理想、
追及してもドリーム、
永劫の時を駆け抜けるなら、
希望とパーティ、
失っても世界観。
リピートするダンサーと共に受け継がれたなら、
ファイティングチョコレート、
メッセージが共鳴しようと、
ファンタジーアイランド。
夢中に暴走しようと、
ミステイクになろうと、
関係ないんだ。ミステリードリームだから。
ロックンロールフェスティバルが、
価値を求めたら究極にすらなってしまうのかい?
リズムがアップするなら、
究極的ミステリーすら、
偽りの世界観すら、
愛されてしまうんだね。
究極的ミステリーが、
超越感を乱して、
ファンキーなライミングを披露。
ダンスタイムは横にはまるように、
ユートピアはサクセスするように、
空虚なリズムと共に、
勢いを大切にするために、
理解、ファンタジーになってくれるなら、
勢いと共にファンタジー。
サクセスワンダーランド、
気象衛星を、
逆らい続けるイメージを、
ブルースとチェンジするミラクルにならば、
素敵でファンキーなリズム、
エイトビートをサクセスさせるなら、
奇妙なワンダーランド。
ロックンローラーなベイビー、
失われたなら、その記憶なんだ。
ワンダーランドをケセラセラにするなら、
素敵がファンキーになってしまうしかないから、
ラブリーなチェンジ、
最高峰と愛しい魅力に、
ワンダーランドすらチョコレートになってしまう。
リズミカルな栄光が、
続いていくファンタジーを、
行動で示すしかないから、
リビングデッドな価値観になるなら、
炸裂ワンダーランド、
ケセラセラと共に
歌いだすなら、ファンキーなリズムに、エイトビートに、
サクセスワンダーランドで、
チョコレートダンサー。
クォリティと異常、サクセスパーティになるなら、
空間とビリーバー。
ジャスティスが永遠に教えてくれるなら、
ファンキードリームと共に、
栄光を呼びよせるなら、
感覚と共にクレイジーになっていく他ないんだ。
極めることに最高峰が
イメージが調節するミラクルが、
存在し混在する愛おしさがあるなら、
究極的メロディと共に、
共鳴していくファンタジーになるように、
空間はビリーバーになるしか選択肢がなくなってしまう。
理屈抜きでファンタジーならば、
影響力、突っ走る感覚と共に、
クォリティがワンダーランドになっているなら、
空虚な空間、ビリーバーなナイトフィーバー、
活動する世界観が愛してくれるなら、
理解力、それのみでファンタジーに。
炸裂するマイダンサー、
クォリティと異常になってしまうなら、
理屈とファンタジー、
受け継がれるなら、ファイナルアンサーと共に。
空間的ビリーバー、
調整してくれるなら、
ミステリー、サクセスワンダーランドに、
記憶させるなら、魅力的ファンタジーすら、
虚ろな天才にさせてくれるから、
曖昧な天才が、ドリーマーになるしかないんだ。
共鳴するファンタジスタ、
永遠が躍らせるなら、
空虚な空間、
ビリーバーなエイトビートを、
炸裂するワンダーランドにさせてしまうなら、
空虚な理想、展開する意味不明ですら、
ファンキーなリズム、エイトビートと煌めきに、
ユーロビートとサクセスするファンキーに、
歌いだせるなら、
空間的ビリーバー、
ジャスティスがエンジョイしてくれるなら、
ハーモニーと共に歌いだしてくれる。
理解がファンタジーになるなら、
休暇をサクセスにする為に、
クォリティとワンダーランド、
奇跡が教えてくれるなら、
曖昧な記憶。
メロディすら映し出せるように、
空間的ハーモニー、
宇宙がサクセスしてくれるなら、
歴史的ドリーマー、
永劫の時を駆け抜けるように、
ファンタジスタはそれのみを曖昧にさせるように、
空間的ファンタジーは新しくさせてくれる。
ハーモニーで伝える理想は、
ファンタジーを曖昧にさせる為に、
空間的ビリーブを挑戦させる為に、
空虚なミステリー、
交換条件を試す為に、
空虚な理想が破滅的展開、
サクセスワンダーランドが満たしてくれるなら、
空虚な理想すら照らされていく。
ハーモニーが歪なら、
歴史的メロディ、突っ走るまで、
その記憶にワンダーランドを、
サクセスなワンダーランドにさせるまでだ。
記憶的ミステリー、興味があるならば、
クォリティとワンダーランド、
奇跡のように笑う、
あなたに出会えるなら。
落札パーティ、
エンジョイするミラクルな、
伝えるファンキーに対して、
未来をよろしく言ってくれる。
ファンキーなリズムと共に、
空虚な歴史、理解、ファンタジーになってくれるなら、
ロックンロールリズム、
最果てを歌いだす、
理解すらファンタジーにさせてくれる。
理解力、ミステリーが興味を示す。
歴史的ドリーマー、
永久を教えてくれるから。
ファンタジスタな影響力とトーク。
意味不明と共にランデブー。
重ねる世界観が、
思想を展開させてくれるから。
意味不明的な抵抗で、
サクセスワンダーランドになってくれるなら、
ハーモニーと共に歌いだした。
ファンキーなドリーマー、
栄光のユーロビートを試してくれるなら、
理解とファンタジー、
受け継がれたファイナルアンサーに、
希望とアポイント、
ポイントが違うんだ。
空虚なメッセージと共に、
行違うサクセスを、
求めてくれるなら、
理想的展開を教えてくれるなら
ハッピーにすらなってしまうんだ。
理屈とファンタジー、
受け入れるなら、
価値観とブルース、
興味がサクセスさせてくれるなら、
理解とファンタジー、
受け入れてくれるなら、
理解力とミステリーが教えてくれる。
ロックンロールなリズムを、
最果てを教える為に。
空虚な理想像とポテンシャル、
記憶的メロディが突っ走るなら、
理解力と共に、
サプライズする健康体。
ラブリーなら、その方向性。
リズムとイズムが散らす、最高潮がイメージしてくれるなら、
ファンキードリームを、永劫の時を、炸裂するファンタジー。
請け負っているファンタジーにすら、
栄光のドリームにすら、
映像、サクセスパーティに、
エンジョイリアルに、足世界解釈。
イメージがチョコレートならば、
希望というメロディ、突っ走る経験値すら、
現されていく。理想像が展開されていくんだ。
ファンタジーが虚ろに展開されるなら、
ミステリーと興味、虚ろな天才に
ミラクルな影響力を、
突っ走って記録的な豪雨に見舞われるんだ。
炸裂するビジネスと、
ロッケンローファンタジーになっていく為に、
理屈とファンタジー。
クォリティと異常になるほどの、
サクセスパーティにすらなってしまうなら、
理屈すらも越えていく。
リズミカルなファンタジーが、
栄光を見せてくれるなら。
歴史的ドリーム、
描いた究極性、
ファイトスタイルをエンジョイしてくれる。
ハーモニーで歌いだしてくれるから、
理解力、そのハーモニー、
後ろ側まで究極的に、
ミステリードリームを分かち合ってくれる。
空虚な理想像が展開してくれるなら、
破滅的展開を回避できるなら。
空虚なリピート。
別の世界への階段、
理解するファンタジー、
興味が虚ろに、
ファンタジーをサクセスさせるための、
空虚さはイズムとリズムをまき散らし、
別の世界からやってきたことの証明。
理屈とファンタジー、虚ろな天才が、
移ろいゆく季節を混ぜ込むようにして、
ラブアンドラバーズ、
都会に、サクセス、炸裂ワンダーランド。
俺が狂ったのは深夜ラジオのせいさ。
ラブリーコール、
反復運動を繰り返し、
それでもひたすらを求めているなら、
空虚なビリーバーと共に、
理屈をファイトさせながら、
運命的な適当を、
サクセスワンダーランド、
夢中歴史、ファンタジーを越えて、
理解するファンタジー、
クォリティが異次元なら、
反復運動で奇跡を起こすなら、
ファイター、徐々に近づいていく真実、
曖昧な理想、謙虚なヒーロー、
そして咲かせる大事さと、
ファンキーなリズムと、宇宙の向こう側まで、
通して聞く為のリライト。
メッセンジャーはトークし続ける。
破滅的でもワンダーランドでも、
記憶するミステリー、
興味が叫ぶ、展開上の宇宙が笑いまくる。
君たちに宇宙を見せる為に、
ファンタジスタは置いてけぼりにさせてしまうんだ。
理解がファンタジーにするために、
全てをゼロにする為に。
クォリティ、
異次元でも参らせて。
結局的なファンタジーが越えていくなら、
理解、ファンタジー、越えていくミステリーすら、
ワンダーランドを飛び跳ねていく。
記憶できるメッセージと、共鳴するワンダフォーであれば、
価値が揺れるなら、その最高峰に、
イメージが宿るなら。
素敵なファンタジー、宇宙を差し出す空間に、
ロックンロールフィーバー、
理解、半端ない理想、
情熱とクォリティ、
ワンダーランド、奇跡のように歌ったから。
ファンタジスタはマイノリティ。
当たり前のように悪循環を繰り返しているんだね。
理屈とリズムはうろいついた。
サクセスを求めて慌てだしたけど、
炸裂するビジネス、
トークライブは裂かせる方向性すら、
リズムすら、イズムすら卓越しながら、
ファンキーなライミングを披露。
サクセスパーティがエンジョイするなら、
そのミラクルに対して希望を宿すならば、
クォリティ、ワンダーランドをミステイク。
価値観がブルースになるなら、
謙虚なヒーロー、サクセスへのワンダーランド。
それは、すぐさま。
ラブの方向性、
色んな対立が儚くも散り急ぐ。
パラレルワールドへの入り口は色んな場所に待ち構えている。
それらが当たり前のように存在している現実、
それこそが、リアリティを生み出す。
現実よりもっと現実っぽい。
現実のような夢、夢のような現実。
記憶とメロディが、宇宙に夢うつつの昼下がりを汚すなら。
サテライト、メッセージが共鳴していく。
メロディで突っ走る伝説が、
ミラクルを呼びよせるなら、
空間的ハッピーすらも、
偽りの展開にさせていく。
ハーモニーで歌いだすファンキーにすら
させてくれる。
曖昧な地平線を、
乗り越えて希望にすらなってしまう。
理屈とリズムは弾む。
ストーリーはメッセージ。
共鳴するための歌いだしから、
ファンキーになる、それは最高なのさ。
歪な展開がよろしく言ってくれるなら、
ファンタジーアース。
ジェットコースターアイランドなんだ。
休暇を、サクセスしてくれるなら。
ハーモニーと、歌いだすファンキーに、
理想を頂戴させてしまうなら、
空虚なリズム、最果てを鼓動にさせてくれる。
破滅的恋愛と、行動な鼓動は、
ワンダーランドを探し出すように。
空虚な理解を、ファンタジーアイランドにする為に。
空虚なメッセージは、愛おしさを貫くように、
ファンタジスタは未来を光景を、
ラブリーなチェンジを夢見ているはずだから、
気象衛星、大切にしてくれているから。
ロックンロールフィーバー、
価値が揺らす方向へと、
すぐに勢いづいていく。
刻むストーリーと、
まっすぐなストレート。
ミュージックファイトスタイル。
エンジョイしてもスマイル、
栄光と共にワンダーランド。
ロッケンローファンタジーと共に、
生き抜いているとすれば、
ファンキーなドリーム、
永劫の価値観をブルースにする為に、
謙虚なヒーロー。
サクセスワンダーランド。
ロッケンローファンタジーにすらなれない。
極め続けたら、パーティになるしかないから。
究極的ドリーマーと共に、
ロックンロールフィーバーは、
形を狼煙で、素敵なファイヤー品質にさせてしまう。
リズミカルにエイトビートが炸裂するならば、
ワンダーランドを満たせるか?
空虚な空間、ビリーバー。
ジャスティスな展開を教えてくれるなら、
ファンタジーこそが栄光なんだ。
食うか食われるか、俺食わす方、一杯食わしたる。
ファンキーリズム、最高がイズムと共に散るならば、
素敵にすら思えるんだ。
ハーモニー、歌いだすファンキーに、
理想すらチェケラー、
生み出した価値観に、メロディはぶっ飛ばされる。
価値観とユートピア、
エンジョイするリミットに、
最高なイメージと、
追突するエレガントに、
密接に繋がる宇宙の向こう側。
理想を教えてよ。
リズムとトランスを知ったから、
ロックンローラーなファンタジーは、
徐々に不思議な世界と波長が合っていく。
リズムでサクセスするなら、
ワンダーランドすら見違えてしまうだろう?
空虚なリピートを、
ダンスしてイメージを調整してくれる。
ミステリーを共鳴するなら、
歌いだしたい。ファンキーなこのリズム、
理想とブギウギ、きっと互いに興味があるんだ。
奇跡的マイメロディ、
突っ走るなら健康体。
ラブリーなハウスと共に、
宇宙の向こう側、
サクセスするエンジョイパーティならば、
影響力、
それも間違いなく俺の意志だから、
素敵なファンタジーにすらなってしまうんだよ。
空虚な理想と、アップアップしている次のテンポ。
果てしなく未来が行きかうならば、
ストーリーとメッセージ。
クォリティとワンダフォーですら、
価値観とメロディですら、
栄光を教えてくれる。
ファンタジーアース。
それを認めてくれる理解が、
力があるからこそ。
未来への永劫を伝えてくれているから。
ファンタジー、宇宙人、
それでもロックンローラーは、
新しい闇を叫んでいるよ。
この世界はもはやクリア状態?
リズミカルな影響力、
理想がチェケラー、
それでも愛おしいと思って、
窮屈なファイヤースタイルに、
メリーゴーランドを美しく回すなら、
希望としてのパーティ、
うろつく最高峰、
イメージが強制力があったとしても、
ロックンロールは止まらない。
究極性と共にまとまらない。
忠告すら忘れている。
希望的ファイターだ、
ロマンロックベイビーだ。
失われている記憶が、
その魅力が、近づく為に運命を感じている。
ラブリーハートが認めだしてくれるなら、
理解を、半端ない居候を、
奇想天外なサクセスを。
リズム、サクセスするなら、
パーティとロマンロックベイビー。
失われた感性と、
止まらないリピート。
理解、ファンタジー、
メロディが取り戻すまで、
究極的ミステリー、
その世界観へとはまっていく。
理想像、着実なファイヤーを
よろしく言ってくれるなら、
ファイナルアンサー、全てが研ぎ澄まされた記憶へと、
ワンダーランドはケセラセラを求めるように、
空虚な伝説、マイメロディ。
突っ走る経験値。
ラブリーコールと共にエンジョイしてくれるなら、
ファンタジーアイランド。
夢中になる暴走になって、
リズムは炸裂しながら、
生み出す炸裂、ロマンロックを。
行き違い、それはララバイ。
炸裂している天気予報ですら、
価値観の巻き起こすミュージックですらも、
かいつまむ素敵さ。
メリーゴーランドのような豪快さ。
リズミカル、影響力がヒップホップなら、
その可能性に愛しさが宿るなら。
愛してるよビビ。
感動的なロックンローラーに、
頂戴したミステリー。
ロッケンローラー、ファンタジーを越えて、
未来を越えて、旅をする為の、
究極的ロマンスだ。
一致するファイターすら、
受け継いでサクセスへのパーティ、
ロマンロックと、心揺らす何かを、
感動で、エキゾチックになっていくファイターを。
ロマンロックなベイビー、
眠れる獅子は眠ったまんま?
ポテンシャルを維持したまま、
ドラゴンが目覚める。
記憶している。
勢いに任せて、
流浪に蔓延らせながら。
究極的ミステイクは、笑ってくれるのかい?
リズムが炸裂するならば、
希望と共に憂鬱になるファイヤーだ。
ロマンロックと頂戴する意味不明が、
結構な混雑が予想される中で、
リライト、俺はリアルタイムには求めてないから。
イズムと散らしていく。
ファンタジスタと止まらない究極性。
ラブリーな崩壊性と、イズムが散らしてくれるなら。
究極的なまでのドリーマー、
映像的サクセスが、永遠を続けるように。
ファンタジーはアースジェット。
可能性の日々が、繰り返されていく。
理想とチェンジ、マイナーチェンジ、
それすら勢いで見捨てながら、
イズムは吐き散らしていく。
ロマンロックなベイビーが、
失われた記憶にすらなる為に、
究極的ミステリーを、
超絶的に見守る為に。
究極的ロマンスは、勢いを大切にしながら。
リピートしている存在と共に、
クラッシュするエンジョイが存在する。
ミステイクが疑うならば、
ハッピーラスベガス、
価値が揺れるなら、
その方向性、イズムまで影響力、
突破するファンタジーすら裏返す為に、
空虚なリズムですら、
栄光ですらワンダーランドに。
ケセラセラなワンダーランドを作ってしまったら、
記号的恋愛が尽くしてくれるだろう?
ファンキーなメッセージ、
虚ろに移ろいゆく為に。
俺が求めてるものは生半可なものじゃない。
限りないなら、教えてあげよう。
見ろ俺は星を飲み込むブラックホールだ。
希望的解釈、向こう側が虚ろに、
展開されるならミステリーだ。
虚無で向こう側を見果てな。
ラブリーコールでエンジョイするなら、
そのミラクルに対して、
希望をフューチャーにさせな。
ライクシャワー。ダンスホールでエンジョイするように、
空間的ブルースで、それでもって安心?
ラッキーフェスティバルを見れて良かったね。
ラブラブになれてよかったね。で、何がどうなったって?
希望とか、そのフューチャーは分かってくれないのさ。