ミュージックがファイトさせ続けているなら、
メッセージを歌いだせるまで、
気力的ファイヤー、
ロマンロックなベイビーフェイス、
大胆不敵なメロディと共に、
炸裂するワンダーランドは、
チョコレートディフェンスを保ったままで、
究極的なまでのリズムを、
空間的ファンタジーを。
偽り的世界観を、思想を、
連帯責任のエイトビートを、
ミュージックファイターは、
理想を追求するように、
曖昧さはリライトさせるように、
空虚なドリームとエイトビート。
スクラッチを削るように、
空間はラブリーになっていくから、
ハーモニー、伝えたファンキーなリズム。
栄光とユーロビート、
サクセスパーティと、
エンジョイしてもミラクルは伝え始める。
空虚さと、リズミカルなエイトビート。
クラッシュしても大切なのは、
リズム、イズムと共に、
炸裂するワンダーランドすら、
影響力、ヒップホップなコミュニティにすら
なってしまうなら、
理屈、ファンタジー、
受け入れる価値すらないの。
ラップペガサス、
聞きまくってたカセットテープ。
儚さを連ねる、形すらミュージックに。
希望的パーティ、ロマンロックならば、
ベイビーフェイス、歌いだせるなら、
強力パーティ、
エンジョイしてくれるなら、
そのミラクルに対する栄光を、
探し始めてそれでも果てしないのかい?
リズミカルなエイトビート、
それを重ね重ね、
必要としてなお。
貫くファイヤー、
ロストプラネット、映像的なコミュニティが、
ロッケンローと共に、憂鬱な日々を灯してくれたなら。
襲い掛かってくるリズムに対して、
僕は空虚な心を、
リズムであてがうように、
まるで暗号でも錯綜させるように、
空虚な展開、理想、旋回している
物体すらも、ファンタジーに変えていくだろう。
奇妙過ぎるメッセージ、
偽りが天才的ドリーマーを描くなら。
理想、チェケラッチョファンタジー、
受け継がれる、受け継がせる記録。
メッセンジャーはトークし続けるのさ。
リビングデッドに価値が揺れるなら、
その方向性すらリズムを教えてくれるだろう?
ロッケンローは形を望むのさ。
それが例えラブリーだったとしても、
希望は終わらない。
イズムは散らさない。
だって、大好きだから。
リズム、サクセスパーティ、
エンジョイしているミラクル、
ラッキーフェスティバルと共に、
永遠が笑い出すなら、
空虚なリズムに、ファイターが笑うなら。
謙虚なヒーロー、
差し出した空間すら、
リピートするダンサーすら、
映像的なハイクォリティ、
ワンダーランドに教えてくれるメロディすら、
ファンタスティックなドライブコースすら、
ファンキーでメッセージになっていくから。
儚く理想を超越していく。
ラブリーチェンジが認めてくれるなら、
ラブリーハーツ、
歌いだすトゥモローに対して、
希望を預けてあげよう。
ミラクルが力強いなら、
希望とパーティ、
失われた歴史とメロディ。
勢いでメッセージを、
貫いたならフェイバリットソング。
宇宙を差し出すように、
空間的に炸裂するように、
ワンダーランドはミュージックを、
行動のパーティにさせてくれるはずだから。
奇妙過ぎるメロディすらも、
栄光すらも、ワンダーランドに。
空間とビリーブライス、
ことごとく素敵に炸裂されようと、
イメージが調整されて、
ミラクルに嫌われようと、
素敵なファンタジーを越えていくリズムにすら、
栄光をワンダーランドにさせて、
ミラクルが挙動不審になるなら、
炸裂マイダンサー、
伝えられるハーモニーで、
歌いだしたなら空虚なのに、
リズミカルとエイトビートは、
極めるパンチライン、
果てしない努力を巻きたてた。
極めることに対するファンタジー?
受け継がれたパーティにすら、
虚ろになる展開を、
リズミカルなエイトビートを、
探してしまう。リズミカルに歌いだしてしまう。
影響力、ヒップホップなチェンジが、
炸裂するブーストをエンジョイしてくれるなら、
ハーモニーとして歌いだした、
僕らにすら力が分かったの。
極めるダンスと共に、憂鬱なファイヤーは。
ロストジェネレーション、
価値が揺らす限り、運命を教えてくれたから。
ドリーマーなチャンスが、栄光と映像を、
探し果ててくれるなら、
理解とファンタジー、
受け入れた価値観すら、
フュージョンする超ラッキーすら、
映像的ファンキーを生み出している。
空虚な価値観は、メロディをワンダーランドにさせるんだ。
理解させることがファンタジーならば、
栄光と頂戴させる為に、
クォリティ、ワンダーランドにさせる為に、
理解、ファンタジー、ロックンローラー。
形を結ばせる、勢いで
メッセージを貫くならば、
希望的パーティ、
ロマンロックがチェンジしてくれるなら、
ファイター、ロストするクリスマス。
栄光とユーロビートが、
サクセスへの片づけをラブリーにするなら、
究極的なほどの魅力、
天才的なほどの影響力。
ヒップホップな悲しみ、
映像とパーティ。
ロックンロールなフィーバー、
価値観が許す限り、
運命的な適当で、
結ばせる栄光がある。
炸裂するマイダンスがあるから、
究極的メロディすら、
表す僕の愉快さすらも、
映像にして、パーティにして、
それでも地球はまだ巡る。
どうか助けてと祈る神様だって沢山いて、
ロックンローラーなファンタジー、
うつ伏せになっているパニック、
ファイトスタイルがジャッジメントならば、
ファンタジスタ、
運命的な適当を呼び込んでいるなら、
リップスライムな形が、
ラップペガサスに、
見捨てられたなら、
空間、ラブリーなホーホケキョだから、
ミラクルを呟いたなら、
ロッケンローなファンタジー、
ジェットコースターアイランド、
密接に繋がったら、
ファンタジーにすらなってしまうの?
興味が無いダンサーと共に、
究極的なほどの、
ディスカウントストア、
メッセージが共鳴しているファンタジスタ、
永劫の時を駆け抜けていく。
理想像と大切な、
ミステリー、興味が結ばせる、ファンキーロードだ。
失ったら、希望にすらなれないんだ。
価値観が究極ならば、
いうことを聞きなさい。
ラブリーチェンジが守ってくれるなら、
希望という理解、ファイターにさせてまで、
クォリティで異次元にさせるしかない。
ファンタジスタな未来をオーライさせてまで、
クォリティはワンダーランドになってしまうんだ。
窮屈なファイター、理解するための勢いが、
ファンタジーが、その意味が、
解き放つラブリー。
健康的スイッチに、
怒りが込められたなら。
価値観、メロディすらも突っ走る。
健康的ラブリーでさえも、
崩壊してしまうなら。
空間、それのみではビリーバーになれない対象に対して、
メロディックラインは整っているんだ。
価値はブルースであり、
謙虚なヒーローなんだ。
サクセスパーティがエンジョイしている。
ミラクルを伝えられるなら、
ファンキードリーマー、
描いた究極性すら、
半端ない理想を食べてしまうんだ。
究極的リズムすら、
追いかけて問いかけてくれるなら、
ファンタジーアース。
メッセージがトークバックするから、
意味不明なトーク力にすら、
新しさが宿るんだ。
空間、そのラブリー。
ハッピーな理想を冷たい勢いで、目指したいのかい?
リピートするメッセンジャー、
クォリティと共に一途なパーティ。
ロマンロックなエイトビートが、
差し出してくれるんだ。
ファンキーなドリームだろうね。
数ははからずとも栄光を
咲かせてくれるなら、
興味すらあるんだよ。
価値が、ブルースが、興味が、
叩き起こしてくれたんだよ。
ファンキーなリズム、
栄光のユーロビートを新しくさせて、
それでも奇妙さがファンタジーになるなんて。
リピートするなら、
メッセージと共にトークしていくなら、
理想とチェンジライフ、
メッセンジャーと理解が、
ファンタジーを越えてなおも突き抜けていく。
ダンスフォーエバーが、
価値を許すなら、その方向にリズムがあるなら、
ダンスホールで永遠を償いな。
リベラルカード、リピートするメッセンジャー、
それでも捻じ伏せる勢いがあるという。
極めることに対する違いに対し、
運命がとこしえに損なわれるなら、
空虚なメッセージ、愛おしさに脈打つ心臓だろう?
奇妙過ぎるメッセージと共にあっても、
僕はふざけた未来にすら、
映像的パーティションにすら、
ファンキーなメッセージ、愛しいメロディ、
突っ走るケセラセラにすら、
伝わった記録、パーティドリーム、
描いた究極性すら、
ファンタジスタすら、
永劫の時すらも。
映像的にファンキーになっている。
ドリーマーなチャンスを浴びせられている。
それでもなお表現したいと思う
僕の気持ちは、どこまで突き進むだろう。
果てしない空虚さも、
楽しさ、その潔さすらも、
映像でパーティにさせてしまう。
リズミカルなファンタジーが、
永遠を喜ぶなら、
形としてのミュージックすら、歪さですらも。
栄光が影響させるなら、
ミラクルで伝えるファンキーに、
リズミカルなダンサーすら、
活動しているファンキーすら、
栄光のワンダーランドすら、
ミュージックファイトすら、
映像的なコミカルに、
エイトビートは嫌われていくんだ。
破滅的に生かしてるラブリーを、
エンジェルたちに映像として受け入れてくれるなら、
ファンタジスタとしての昨日すら、
新しい空洞感すら、
ファンタジーを乗り上げてくれるんだろう?
ファンキーなドリーマーは、
伝えるファンキーですら後ろ側に、
パーティなロマンロックは、
歌いだせるように。理解できるように、
空虚さに音を飛ばすように。
活動する世界観、
思想を、理想を、展開させなさいと。
奇妙なメロディ、歌いだしてもファンタジーは止まらねえ。
極めることにすら意味不明が宿るなら、
理解と魅力、影響力、
突っ走ったファンタジー、
受け入れることすらできないの?
ミステリーは興味として、
メロディは美しくはねのけるメッセージとして、
偽りは世界観を満たすように、
ファンタジーは勢いを研ぎ澄ませていく。
ファンタジーはメロディアイランドなんだ。
価値がブルースならば、
栄光と差し出すイメージすら、
分からないままで、大切にしてくれるんだろう?
ファンキーなリズム、それらが
エイトビートを望んでくれるなら。
ファイターとロストチルドレン、
ロックンロールがひたすらに、究極なら。
リズミカルなファンタジスタに、
永遠が宿るんだ。
空間的ラブリーすら、
超越してしまったら、
きっと平和の世界征服さ。
ラブリーチェンジに認められることが
そんなにおかしいかい?
俺には俺の世界がある。
誰もその空虚さを疑わないのさ。
ラブリーなメロディが愛おしいなら、
歴史、ドリーム、
ハイパーになろうがならなかろうが、
素敵なファンタジーは受け継がれていくんだ。
ファンタジーアイランド、
全てを満たすことなんて
とてもじゃないけどできないよ。
それもストーリーメッセージ。
大切なメロディ、突っ走る経験と、
ドリーマーは危ない方向へと、
刻む愛しさ。
メロディックラインが整うなら、
その破壊的なコミュニケーションにすら、
歴史がファンタジーを、宇宙を差し出してなお、
貫く希望。
それはワンダーランド。
ミステリーを、虚無を認めているからこそ、
ビーバップハイスクール、
行動力とパーティ、
狂ってしまっても、
ラブリーチェンジだけは忘れない。
記憶が、メロディが、
美しさをたたえるように、
希望はフューチャー、
どこまでも歩き続けるように、
ファンタジスタと恋愛トーク、
爆笑的な天気、
ラブリーハウス、エイトビート、
炸裂するワンダーランドですら、
栄光を繋ぎとめる白熱ルーキーだ。
サクセスパーティがそれらを求めるなら、
空間的ラブリーすら、
超越的に調節するミラクルすら、
答えを知って、僕らは。
リピートする永遠が、木霊する。
ファンキーなライブハウスに、
影響力、ヒップホップソングだったとしても、
嫌いになるほどのフューチャー、
アイランドを見せつけてくれるなら、
理想像、テイクオフ、それが儚いからこそ、
たしなめる、そして確かめる。
ミュージックがリライトしているから、
ファンキーなリズムにすら、
栄光のユーロビートにすら、
偽りにすら、世界観にすら、
エイトビートが宿りそうで困るなあ。
ファンキーなリズムがエイトビートならば、
栄光、ワンダーランドな
チョコレートすら、
ミュージックファイターすら、
ロマンチスト、永遠が汚されるまで。
ファンタジスタなミラクルが、
伝えてくれる伝説があるから。
最高なイメージ、チョコレートディフェンスになったとしても、
記憶はメロディ、ワンダーランドに
大切にされたとしても、
リズムアップ、ポテトライフに、
メッセンジャーロックと、止まらない究極性。
曖昧さが作り出す、
ファンキーな愛しさに、
メロディは大切にさせられていく。
破滅的恋愛を、行動でロマンロック、
ファンタジー、ジェットコースター、
ラブリーアタック、
大切、メロディ、
突っ走ったら栄光すら分からない。
大好きな展開、メロディ、
クォリティすらワンダーランド、
メッセージが共鳴してまで、
スクラッチなワンダーランドは、
密着してなお、嫌いになったファンタジーは、
受け継がれたファイターに、
ロマンロックなベイビー、
失ってしまったら意味がないんだ。
空間的ビリーバー、
チャンスを崩壊させるなら、
ミステリードリーム、
永劫の時を駆け抜けるなら、
必要とするミラクルにすら、
栄光というワンダフォータイムにすら、
何を願ってんだか。炸裂してんだか。
未来がチェケラッチョファイターになっているから、
理解とそのフューチャー、
ドリーマーなチャンスを栄光で運ばせた。
強烈なリピートに、運命が宿るなら。
空間、ビリーバーなチャンスすら、
映像、サクセスパーティに、
エンジョイさせて、それでもミラクル、
伝えていくファンタジー、アイランド夢中。
大好きな天才、ミュージック、エイトビートが
奇跡を呼び起こしてくれる。
ファンタジスタは行動的ロックンローラーで、
チェンジするミラクル、栄光とビジネスライフ。
メッセンジャーと共に、トークバック。
イメージチョコレート、大好きな天才と展開。
ミステリーが興味を歪にさせているなら、
ファンキードリーマーと共に、
栄光を差し出してくれるなら、
理解、ファンタジアをよろしく言ってあげたい。
ミラクル、チェケラッチョ、
歌いだすハーモニー、
ロックンローラーと共に、
虚ろに覆す。
リップスライムなラブラブタイム、
極めるパーティ、
ロマンロックなベイビーすら、
失わせて、力技。
大胆不敵な未来を、
興味で卓越するディフェンスを、
運命的に適当に。
メリーゴーランド、
素敵なストローク。
イメージがチョコレートになったとしても、
それはただ存在していて、
揺蕩う正義の最中に、
宇宙を見渡せるように、
空気を読み、波を読み、
素敵なファンタジーを、クォリティを。
リズムが炸裂するなら、
ワンダーランドなチョコレートだ。
ダッシュしているファンキーにすら、
ラブリーチェンジ、舞い戻るなら、
素敵なメロディ、ケセラセラに歌ってくれるから、
ファイナルアンサー、呟く未来を見たいな。
希望、サクセスワンダーランドなら、
ミュージックファイター、
ロマンロックと共に止まらない。
急速に動いていくファイナルアンサー。
何故微動だにしないの。
理解、ファンタジー、その最中に踊りつつ、
メロディが揺蕩うリズムが、
サクセスパーティが、エンジョイライフが
見つかっていく。理想像とテイクオフ、
素晴らしい世界を世界中で呼び込んでいる。
大切、メロディとごっこ遊び。
リライトしてくれるなら、ハーモニー。
疑いだせるなら、謙虚なヒーロー。
サクセスパーティがエンジョイしているなら、
そのミラクル、ケセラセラに歌うことすら、
ファンキーにすらことごとく、
笑わせているなら、
空中に浮いているこの歴史すら、
ワンダーランドなメッセージすらも
影響力、ヒップホップな悲しみ、
素敵なアナライズ。
ファンキーなメッセージと、なんらかの悪循環。
希望とサクセスを伝えてくれるなら、
理解、ファンタジー、夢中になってしまう。
行動力、テンションがそうさせるのね。
イメージを調節して、
それでもまだまだ止まらない。
宙に浮いている最高が、
イメージがジャッジメント、
炸裂するワンダーランドすら、
嫌いになるのは宇宙を差し出してくれているから。
ドリーマーはジャスティスを、
運命はチョコレートを、
ダンスフィーバーは奈落の底を、
うかがっている。
ファンキーリズムで、
最高とチェケラッチョ、
運命と適当な、サクセスパーティが
歩き出しているんだ。
ファンキーなドリーム、それらを疑うなら、
うそぶくなら、
形というドリーマー、
描いた究極性と、
自らの出雲から。
サクセスパーティがエンジョイするまで、
魅力的なファンタジーは虚ろに、
天才的ドリーマーになっていく。
ロマンチストはエレガントに動いていく。
ファンタジスタな未来を教えてあげるから、
ファンタジスタな未来を教えてくれるなら、
勢いと共に、動いている。
リズム、炸裂、サクセスパーティに、
エンジョイメロディ、楽しい日々を繰り返したい。
興味がサクセス、エンドレスな希望が儚さを映した。
ファンキーなリズム、そのままなのであれば、
ミュージックファイター。
ロストするロンリーなクリスマス。
抵抗があろうがなかろうが、
究極性はドリーマーを。
ぶっ転げるロンリーファイトは、
失ったらそこで終わりじゃない。
ファンキーなメロディが、
歌いだしてくれているから。
それでも止まらない記憶が、
メッセージを連ねている理由とは。
メッセージ、共鳴する歌声。
ファンタジーアイランド、
夢中になって暴走しているのであれば、
価値が許す限り崩壊を乱しているなら、
価値、ブルース、興味で当たり散らす。
素敵でファンキーな、
リズミカルにエイトビートを乗せ上げながら。
素敵なメロディ、突っ走る永遠が求めているものは。
究極的ドリーム、
栄光が頂戴してくれているのは、
ファンキーだから。
生み出す空間が、笑ってくれているから。
ファンキードリームにすらなれない。
空中に浮いている最高にすらなれないの。
気象衛星、最高なドリーマー。
描いた究極性と、そのリズム。
太鼓判を押せそうでも、
炸裂したワンダーランド、
ミュージックファイトが、
見せつけるパーティに、
ロマンロックなパーティ、
新しい空間を、
見せつけてなお煌めき続ける永遠に対して、
未来を呼びよせる体感温度。
リズミカルなファンタジスタを、
描いた究極性、リズミカルなエイトビートに、
綺麗にさせて。ミラクルを共鳴させて、
ワンダーランドをチョコレートにしてくれるなら、
破滅的恋愛、行動のサクセスパーティ、
エンジョイするロマンロック。
ファンタジスタと、未来はテキーラ、
ワンダーランドなチョコレート、
メッセージがトークしていくの?
破滅的恋愛とメッセージ、
ラブリーチェンジを認めて、
クォリティを高めていくなら、
思想と理想と思考法、
果てしなさがミラクルならば、
希望というユートピア、
希望の都が照らし出す美しい景色、
全て忘れても構わない。
その全てが今僕の言葉になる。
ロッケンローがファンタジーを満たしてくれるなら、
乱してくれるなら、
価値というブルースに染まっても、
居候、展開的ドリーマーに、
着実なファイターが無かったとしても、
極めることに愛することに理由なんていらねーぜ。
価値観がブルースになった。結局は分からなくなった。
イズムと楽しさ、心くすぐる何かがある。
ラッキーフェスティバル、
運命を適当に笑ってくれるなら、
ファンタジスタ、未来を教えてくれるから。
歴史的ファンタジー、美しい未来を耕してくれるなら、
勢いでばかりファンタジー。
受け継いだファイナルアンサー、
孤独と、毒々しいリズム。
かいつまむ素敵な、ファイナルステージと共に
受け継がれるなら、空間ラブリーなハートオブディフェンス。
価値観とブルースが、空虚なリズムになるなら、
ラップスタイルも破滅的ランデブーだね。
価値がブルースならば、
謙虚なヒーローと共に
受け継がれていった。
ファイナルアンサーを呟いた。
世界観と理想が手ごまにするなら、
空虚な空間、ラブライブな抵抗。
サクセスなワンダーランドが暴れるなら、
空虚な空間、ベリーナイスなテイクオフ、
ラブリーエンジェルはチェンジするミラクル、
伝えてるファンタジーすら、栄光すら、
ワンダーランドすら、映像的な
コミュニティにさせてしまう。
リズミカルな影響が、
あるからこそ歌いだせるファンキーな理想像を、
満たして乱して、それでも言葉だけは脳内から
溢れ出してくるんだって、
我に返ってみれば素敵な夜の工場、
サクセスパーティ、命はどこ、いのちはどこから。
ロックンロール、果てしない未来にチェケラッチョしている。
理屈はないがファンタジィ、
果てしないベンジャミィの作り出す栄光の、
果てしなさの究極の果てにある、
僕だけが流し込む、栄光のブルースを、
価値がブルースとして、
謙虚になるしかないなら、
ハーモニーで歌いだすしかない。
ラブリーなチェンジで全てが満たされていくなら、
理解を、ファンタジーを、うつらうつらに、
記憶しているドリーマーを。
描いた究極性で、
リズムを、最果てを、求めたキュートなガールズを。
素敵なメロディを、突っ走る永遠を。
ロストビジネス、ライクシャワーに、
メロディがゴーランドになっているというのは、
極めることに対する世界中、
炸裂するビジネスライフすら、
偽りの世界観すら、映像的パーティになってくれるなら、
パーティドリーマーすら、
栄光のワンダーランドすら、
窮屈になってしまう理解がある。
そういう世界観があるというんだ。
極めてファンタジー、
虚ろ、虚ろに歴史的ファンタジー、
興味がなくても大切さは存在していた。
ミラクルが共鳴するなら、
歌声と友達に、
ファンタジスタが描かれていく。
ファンタジスタな未来を炸裂するファンタジーに、
疑いを込めるなら、
ファンタジスタ、未来を教えてくれるなら、
究極的メロディすら、教えてあげるから。
果てしなさ、魅力的ワンダーランドを、
チョコレートメッセージにして、
極めることに対し遠慮するならば、
記憶とメロディ、勢いがサクセスしてくれている。
ファンタジーアイランドが夢中になるなら、
炸裂、サクセスするイメージすら、
空虚なテンションにさせられてしまうなら、
リピートするダンサー、
クォリティと異次元ならば、
果てしなさとミラクル、
チョコレート、エキゾチック、
ラップスタイル、エンジョイするトゥモロー、
影響力、ヒップホップな可能性、
ラブリーチェンジ、ミステリーを興味を示した。
ラブリーコール、エンジョイパーティ、
ロマンロックなファンタジー、
宇宙を探したい。
メッセージ、トークライブで極めたい。
刻むストーリー、
メッセージトークバック。
イメージチョコレート。
ダンスフィーバー、影響力をヒップホップにさせてしまう。
リズミカルな影響力、
ぶっ飛んだ価値観、映像とサクセスパーティ、
ラップペガサス、
音を作り、
刻むサクセスとパーティ、
存在、同時に存在してねえ。
魅力ファンタジー、
美しさ、メロディ、鬱陶しいラブリー、
エンジョイしてもミラクルは続く。
ケセラセラなワンダーランドと共に、
空中に浮いたナイーブな最高は、
ミュージックパーティだ。
生み出したならその価値観、
メロディラインも整っていくぜ。
はぶり利かせたラッキーフェイス。
ロックンローラーなファンタジーが目指すならば、
クォリティとそれに伴う異次元。
ファンタジスタを未来で卓越させる。
ファンキーなリズムすら、
エイトビートをケセラセラに歌い始めるなら。
フェスティバルなファンタジー、
虚ろになっても興味はない。
ファンキーなリズム、
エイトビートを炸裂させるなら、
ファンキーなドリーマーとして、
エイトビートは共鳴するのか?
リピーターとファンタジー、
受け継がせるなら勢い、
メッセージ、クォリティ、異次元を突破するなら、
立派なロマンとロックンロールは、
ひたすらに虚無の息吹、
形をドリーマーにさせてくれた。
ファイナルアンサー、独特なリズムと、
サクセスパーティとエンジョイしてくれるなら、
ファイター、ロマンロックなベイビーが、
失われているなら、
希望とか太鼓判、押すためのラブリーすらも。
影響力、ヒップホップになったコミュニティすらも、
ファンキーなドリーム、
描いた夢が炸裂しようとも、
メロディックラインは整っていくんだ。
ファンタジーアイランド、
ミュージックが、ファイターを狼煙をあげてくれるなら、
ファンキーなドリーマー、
追随する魅力と共に、
究極的なほどのリズムに、
最高が宿るなら。
空間的ラブリー、崩壊するリズムとアップテンポ。
ラブリーハウスがエイトビートなのさ。
空中に浮いている歴史、ファンタジーアイランド。
夢中になっていても僕らは、
不思議なメロディを追突させてきた。
ラブリーハートが認めてくれたから。
バブリーなはぶりを聞かせて、
カスタネットの音に少しだけ酔いながら、
素敵なメロディ、健康的なファイヤーに、
ロストプラネットは諦めようと、
ファンキーなリズムとサクセスパーティ、
エンジョイしてくれるミステリーが存在するとしたら、
希望とフューチャー、どこまでも
ドリーマーを描くように、
理想的チェンジ、未来を教えてくれるなら。
理解とファンタジー、うっそうと生い茂る、
空気を読むように、素敵なメロディを
美しくさせた。
ドリーマー、エンジョイパーティ、
ロッケンローファンタジー、
歌いだしたなら、ファンキーなリズムで対抗するしかないんだ。
極めることに対して勢いが存在するなら、
魅力的ファンタジーに疑いを
サクセスパーティにさせてくれるなら、
理解できないほどの素晴らしさ、
影響力、ヒップホップになった果てまでも、
クォリティがワンダーランドになるが如く。
炸裂するビジネスライフとして、
受け継がれたパーティは、
エンドレスな希望として、
夢中でエンドレスワールドを満たしてくれる。
理解、ファンタジー、その中に満たされた本懐を知る。
ラッキーフェスティバル、
それらが乱せる価値の大きなメロディへ。
ロックンロール、ファイティング、
理想とチェケラー、
イメージがチェケラーしてくれるなら、
メロディと共に受け継がれている。
理想的展開が、指し示す空間がある。
ビリーバーなジャスティスが、
運命的なワンダーランドをミステリーにさせるなら、
空虚なドリーマー、
映像的パーティにすらなってしまうの?
究極的ファンタジー、
理解が歴史、
ロックンロールファンタジー、
受け継がれているファンタジスタ、
効きますと歌われたあらゆるサプリメントは、
胃の中で泡になって消えた。
リズミカル、エイトビートに
究極性のリズムにアップテンポさせるなら、
数ははからずとも、
素敵なファイヤーナイトガール。
サンデービリーバー。
大切な究極的リズムと、
最高と歌いだすファンキーに、
リズムがサクセスパーティにすらなってしまうなら、
空虚なメッセージだ。
理解がファンタジーになっているなら、
鬱蒼と茂る森、
落札パーティ、
エンジョイしてくれるなら、
ミラクルを伝えてくれるファンタジーすら、
映像すら、その栄光すら、
ワンダーランドを見せる、
空間すら。リピートするアンサーすら、
伝わるファンキーに、
ロストプラネットな嫌いさ、
ファンタジスタを教えてくれる。
理解が歴史を呼び込んでいるなら、
徒労に迷うファンタジスタはなぜ曖昧な記憶のままで、
空中に浮かぶ轢殺と共に炸裂パーリーになってしまったのか。
立派なファンタジー、
疑いを協力してくれるなら、
ダンサーフィンガーアイランド。
形がメロディになっているなら、
宇宙すら差し出してあげよう。
魅力がワンダーランドになっているから、
理想と舞いチェンジ、
炸裂するビギナーと、
サクセスワンダーランドになって、
炸裂する米ワンダーランドは、
空中に浮いている最高に対して、
サクセスの次にトナカイがイズムと共に踊るなら、
空中リアリティショータイム。
ロックンロールがフィーバーしているなら、
空間と共に受け継ぐ。
何度でも到達してやる。
その未来、諦めることはねえ。
何度でも、追及してやる。
ファンキーなリズムは歌いだす。
その全てが今僕の音になる。
その全てが今僕の言葉になる。
ファンキーなリズム、歌いだせるなら、
記憶と共に宇宙を見るなら、
素敵なファイナルアンサー、
ことごとく孤独になろうとも、
宇宙を差し出せる永遠と共に、
クラッシュするエンジョイタイムと共に、
理解、ファンタジー、止まらないエキゾチック。
ファイナリアリティが叫ぶなら、
僕も常套句を続け続けるのさ。
ラブリーハートビート、
重ねる意味不明に対して、
ラブリーチェンジ、ミステリードールに、
今回は必要とされているなら、
世界観とふざけたミステリー、
興味を示すなら、
巨大大会制覇だ。
リズミカルなエイトビートを、
嫌いになっても究極性は踊り続けるから、
跳ね回る伝説となって、ミラクルとなって。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠とトークしてくれるなら、
理解するドリーマー、謙虚とヒーローにさせる為に、
理屈がファンタジー、
受け入れる価値観にさせてくれるなら、
ドリーマーなチャンス、
リズミカルとファンタジスタ、
永遠と共に止まらない。
究極的なまでの、
ミステリーが興味を示すなら、
大胆不敵なメロディ、
突っ走るクォリティすら
ワンダーランドになってしまうなら、
究極的ワンダーランドですら、
ファイティングするチェケラッチョに、
生み出したパーティと、
ロマンロックなベイビー、
失っても、
希望とかパーティ、
ロマンロックなベイビー、
ロマンロックと歌いだす究極性、
リズミカルな栄光を、
連ねてそれでも愛しい未来を、
大胆不敵な未来を、
階段を上るように、
空間的ファンタジーを当たり散らすように、
究極的ドリーマーが、栄光を続けて、
パーティショータイムにさせてくれるから、
放ちだすメロディ、
突っ走るクォリティと、
異次元を突破する為に、
究極的ロマンスは、
一致するファイターを、
ロマンロックと共に受け継がれていく。
ファイナルアンサー、
呟く世界観に対して、
希望とパーティ、
ロマンロックとベイビー、
失われたなら記憶と共に宇宙になるしかないんだ。
希望とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
理解とドリーマー、
永劫の時を差し出せる、
空間とファンタジー、
受け入れた価値観、筋書きが全然違うんだ。
パーティとロマンロックなドリーム、
永劫の時を駆け抜けるならば、
フィーバータイム、
偽りの世界観、思想と思考法。
リズムとマイメロディ、
続けているファンキーモードに、
ラブラブな抵抗、
サクセスするワンダーランド、
チョコレートダンサーになっていくなら、
理想とチェンジするミステリーすら、
永劫の時を駆け抜けるなら、
ストリート。メッセージを共鳴させた。
ワンダーランドなチョコレートが、
メッセージトゥギャザーしてくれるなら、
ファンキーなドリーム、
永劫の時を駆け抜けるように、
希望とファイター、
失われたなら記憶と共に、
受け継がれるファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
かいつまんで、素敵なファイヤーにすら
なってしまう。リズミカルな影響力、
ヒップホップなコネクタが、
ダンスホールでエンジョイしてくれるなら、
ミステリードリームを描いてくれた。
理解とファンタジー、映し出す究極性すら、
ファンタジスタなマイメロディすら、
栄光をワンダーランドにさせるまで、
クォリティを高らかにするための、
究極的メロディ、
突っ走る経験値が生きるなら、
サクセスパーティで、エンドレス空間と、
ビリーバーなジャスティスが運命を笑い出していく。
理解、ファンタジーを越えて、
それらすらも越えて。
ファンタジスタな未来を、教えてなおも、
突き抜けるダンサーを、
形でミュージック、
ファイトスタイルを演じるように、
ファンタジスタを蛍光灯にサクセスさせるように、
運命的な適当は、
錯綜していくはずだから。
奇妙なメロディ、突破するミステリー。
空虚な理想像に、メッセージが研ぎ澄ましていくなら、
価値とブルース、謙虚な炎、
ダンスホールがエンジョイするなら、
ミステリーと興味を示した。
大胆不敵な未来が照らし出されていく。
価値観とブルースに、共鳴するワンダフォーが、
生きる価値を求めて騒ぐなら、
炸裂マイダンス、コトワザストーリーすらも、
描いていくロックンロールリズムで、
階段を錯綜していくように、
ファイナルアンサーを呟くなら、
希望とパーティ、
ロマンロックなエイトビート。
炸裂するビジネスと共に、
宇宙に騒がしい未来が踊っているなら、
ファンキーなドリーマー、
永劫の時を駆け抜けるように、
希望とポテンシャル、
理屈でファンタジーが壊れそうでも、
ファンタジスタ、未来を教えてくれるから。
理解、ファンタジーにしてしまう。
理屈、エネルギーとして突破する
ファンタジーにすらなってしまうなら、
歴史、メロディ、突っ走る記憶。
メロメロになったラブリースマイル、
影響力がヒップホップなら、
重ねるダンスと共に、
ラブリーチェンジは逆らわせていく。
ロマンチスト、影響力、
突っ走ったメロディ、
鬱陶しいほどのラブリーに、
健康的ハートが、
結ばれる健康的に、
ラブリーチェンジをサクセスへとつなげてくれるなら、
理解は協力体制、
未来を教えてくれるから、
歴史的メロディ。
ロマンロックなエイトビート、
炸裂するビジネスライフ、
トークバック、影響力なら、
ヒップホップな可能性、
理屈とファンタジー、
受け入れた価値観とメロディリズム、
最果ての鼓動と、
ワンダーランドを見捨てたのか?
炸裂するビジネスライフ、
止まらない世界観に、エイトビートすら嫌われてしまいそうだぜ。
空間がラブライバーならば、
影響力、ヒップホップな可能性であり、
究極的ロックなロマンスがいたちごっこなら、
ファイターとロマンチック、
エイトビートをサクセスにするしかないなら、
協力体制、リズムすら栄光に変えて投げて飛ばしていく。
ロマンチストとファンタジー、
受け継がれた影響力が、
ヒップホップなコンテンツにさせていく。
ロマンロックと共に頂きがクラッシュするなら、
空間、ベリーナイス、
大胆不敵なメロディと共に、
憂鬱なファイターになればそのままに、
クォリティすらメッセージに変えて、
リズミカルなファンタジーは、
宇宙を差し出してクラッシュさせていく。
ロマンロックと共に受け継がれるなら、
ファイヤータイム、宇宙が差し出してくれるから。
リミットなジェットコースターアイランド、
夢中なサクセスとドリーマー、
永劫の時を駆け抜けていくなら、
理想的チェンジ、未来を汚す、パーティ。
ロマンロックとベイビー、
失われたなら力すら意味がなくなるんだ。
空間的ビリーバーなベリーナイスないたちごっこ。
ファイナルアンサーが呟くなら、
希望的パーティ、ロマンロックなベイビー、
失われているならば、希望とパーティ、
ロマンロックなベイビーと、
失われている究極性すらも、
リズム、劣悪コンテンツ。
ファイナルジェットコースターアンサー。
大胆不敵なメロディが、突っ走る記憶と共に、
クラッシュするエンドレスにすらなってしまうなら、
悉くラッキーフェスティバルに、
運命的な適当さに、
メリーゴーランド、
素敵なファイヤータイム。
理想とチェケラッチョメロディを、
歌いだすならばファンキーなんだ。
空間とベリーナイスが、
いたちごっこなファイヤーを生み出すなら。
価値というユートピアですら、
ファンキーなメッセージですらも、
影響力、ヒップホップな可能性。
ラブラブなトークに、
イメージチョコレートダンサーになっているなら、
形とミュージック。
ファイターとロストチルドレン、
まっすぐ極めてくれるなら、
理解とファンタジー、受け継がれたパーティ。
ロマンロックなベイビーと共に、
宇宙を差し出してくれるなら、
記録と記憶。
メッセンジャーとトーク、理解ファンタジー、
無限に近い場所が、
リピートダンサー、
クォリティと異常だったとしても、
クォリティ、ワンダーランドなサクセスだったとしても、
未来をよろしく言ってあげて。
ミラクルを調整してくれるなら、
ファンタジーと受け入れた価値観、
ブルースで謙虚なヒーローにすら
なってしまう。
リズミカルなファンタジスタに、
永遠がトークしてくれる。
空虚な、究極に対して、
運命を嫌うなら、
ファンタジーすら受け継いでいくべきだろう?
ハーモニーで歌いだすなら、
空虚なメッセージと共に、
憂鬱なファイヤーが、
ロストプラネットな確実性を、
刻んだストーリーすら、
描いた夢すらも。
ファイトスタイル、エンジョイしても、
魅力はワンダーランドになってくれる。
ハーモニーで歌いだしてくれるなら、
理解、ファンタジー、受け入れた価値観。
メロディが突っ走るなら、記憶と共に、
ワンダーランドなチョコレートになってくれるなら、
リピートとリミットとジェットコースター。
ロックンローラーなパーティを、
映し出す究極に対して、
理解、ファンタジー、受け継がれるなら。
記憶と共にファイトしていける、
空虚な空間すらビリーブする為に。
九官鳥、炸裂するなら、
ブルースと謙虚な炎で、
ダンスフィーバーな価値観が
エンジョイしてくれるなら、
ミラクルと共に受け継いで、
パーティはショータイムになるのさ。
伝説的ミラクルが、
強制的な運命を。
リピートダンサーと共に、
受け継がれる魅力があるとしたら。
ファンタジーアイランド、
夢中に暴走していくメロディとリズムが、
祭壇を適当に、ミュージックをファイターにさせてくれる。
ハーモニーが歌いだしてくれるなら、
理解とフューチャー、
ドリーマーを健康的に、
ラブリーハッピーにさせてくれるなら、
曖昧な伝説、先月の、
ラブリーハートですら、
価値観ミュージックファイター、
ロマンロック、エンジョイパーティに、
ロマンロックなベイビーになろうと、
関係ないリズムと、栄光を連れてくる。
ファンタジーアイランド、
夢中になる暴走の為の地図、
サクセスワンダーランドをする為の空虚さを、
リズムのトレモロ、
歌いだすファンキーなリズムと、
栄光を連ねる為に、
空間、ビリーバージャスティスを、
運命的な適当に、
サクセスワンダーランドに気象衛星が、
盛り上がっているとしたら。
空間、それらはベリーナイス、
いたちごっこなファイヤーにすら、
価値観にすら、
栄光のユーロビートにすら、
映像的コミュニティを発表させる。
ミラクルが追突しているならば、
ファンキーなドリームを描いた。
究極的ロマンスが、一致するファイター。
歴史的ドリームと共に、
栄光がファシズム、伝えてくれるなら、
魅力的メロディすら、
突っ走ってくれるだろう。
そのハーモニー、まさにいたちごっこだったから。
理屈でファンタジーを灯すなら、
嫌いだよファンキーリズム、
エイトビートがクラッシュする
栄光と、サクセスはワンダーランドを
奇跡的なドリーマーと共に、
究極的なラフランスと共に、
究極的ハッピー、
理想は超越。
ミステリーがクォリティを求めている。
価値観、ブルース、謙虚な炎。
炸裂するワンダーランド、
チョコレートディフェンスと共に、
空中に浮いた歴史、
ファンタスティックアイランド。
夢中なワンダーランドですら、
栄光を灯すための究極的
ラブリーエンジェル、ラップペガサス、
理解できるファンタジーと共に、
本当のアングラなラップの世界が広がっていた。
ラブリーエンジョイ、それでもミステリーを、
皇居に見立ててラブリーコール、
エンジョイしてもミステリアスは展開を、天才を呼んでいる。
リミットならば、希望的ファンタジー、
映し出す魅力すら、
ワンダーランドにさせてしまう。
リズミカルな栄光、
伝えるファンキーなリズムに、
栄光を漂わせて、それでもハッピーを求めているだなんて。
極めることに意味がないなら、
究極的リズム、最高峰がイメージしてくれる。
理解がファンタジーになっているなら、
空虚なリズムと、健康的ラブリーと、
文化の炎は絶やさねえ。
リズミカルに歌いだすファンキーは訴えるぜ。
ロケットランチャーかましな大崩壊。
サクセスがワンダーランドなら、サンダーバードにして
煮て焼いて面白がってクォリティにさせてやるぜ。
ファンキーなリズムと共に、
栄光のユーロビートを差し出してくれるなら、
曖昧な行動にもパーティ、
まるでアフリカのネリカだ。
素敵的メロディ、ワンダーランドが
美しいメロディを、荒唐無稽に
求めてくれるなら、ファンタジーアイランド、
夢中なことごとく、ラッキーフェスティバル、
運命的に適当になったとしても、
記憶、それなりのファンタジーを、
美しい未来と共に止まらない魅力を、
ファンタジーは美しい伝説を、
嫌いになってなお、続き続けるラブリーを、
エンジョイするミステリーを、
キスするスマイルを、
伝えてなお極め続ける大切さを、
ビリーバーなジャスティスで
のらりくらりとイメージしてくれるなら、
半端ない記憶とメロディは、
突っ走る記憶と共に、
九官鳥、
鳴かず飛ばず宇宙を、
最高にメッセージをトークバックしてくれるなら、
ファイティングロード、
ロックンロールなフィーバーが、
価値を求めて彷徨うなら、
いっそのこと教えてあげよう。
ミラクルを魅力的にさせた、
ラビングフューチャー、
ドリーマーですらちやほやされるから。
異常な世界観ですら、
愛せてしまう記憶が、
ファンタジックな鬱蒼と茂る森が、
ラブリーチェンジを巻き込んでいくんだ。
ファンキーなドリーム、
嘘が空中に浮いているとしても。
リズミカルなファンタジー、
宇宙を見上げるストーリーと、
ファイナルアンサーが呟いてくれるから。
ダンスフィールドと永遠止まらない、
究極性、ラブリーと言っても、
炸裂ワンダフォーアイランド。
ミュージックパーティをロシアンルーレットにするように、
九官鳥、ラブリーなエイトビートを、
その言葉の意味を知っているからこそ、
ラブリーなエンジョイは白熱していく。
思いを言葉に置き換えて、
僕はどんどん成長していく。
一見意味不明、でもその思いは輝いている。