止まらない世界観に、居候。
世界すら股にかけるなら、
憂鬱な子の日々に意味なんてあるの?
サクセスパーティが、
エンジョイしてなお、
貫く希望に対して、
運命を感じてしまうなら。
理屈とミュージック、
ファイターは思想と理想を、
関係なく思ってくれている気がするよ。
半端ない理想と共に、
九官鳥、ラブリーな方向へと
差し出してくれるなら、
理解とドリーマー、
映像的コミュニティと、
サクセスへの力と技の炸裂性、
全てが求められることは分かっていたはずだわ。
それでもケセラセラになっていくということは、
リズミカルなファンタジー、
憂鬱な希望にすら、
ファンタジックライン、
伝わるなら、記憶的なんだ。
空間がラブリーならば、
飽和して崩壊していくしかないんだ。
極め続けるパーティに、
ロマンロックンローラーだ。
頂戴できる嘘が放ち続けるんだ。
理想と、そのチェンジ。
逆立ちしても意味がないくらいに、
びびっている感覚はブルース。
リズムとブルースが、謙虚になっている炎にすらなっている。
リピートするダンサーと、宇宙を差し出す為に、
クォリティはそのワンダーランドを認めてあげる為に。
空間的ビリーバーは、チャンスを預ける為に。
リピートするダンサーは、
宇宙を差し出せる方角へと、
極め続けるパーティは、
ワンダーランドを満たすように、
価値観はブルース。
共鳴するように、ワンダーランドを満たすように、
空間的ビリーバーは、
その超絶を、満たしたいんだ。
それも分かるけど、
ならハクナマタタな僕の永遠は、
どこにあるっていうんだい?
ゆっくりと走った。
それでもみんなより速かった。
刻むストーリー、
メッセージが強烈ならば、
勢いとメロディ、
突っ走る記憶にすらなってしまうなら、
究極的ともいえるドリーマーを、
描いた究極性を、
リズミカルなファンタジーを、
栄光を、貫いた刃を。
悲しいほどのドリーマーを、
描いて炸裂させたミュージックを。
ファイトさせても、
ミラクルは共鳴してくれるから。
リピートするためのダンサー、
宇宙が差し出してくれる方向へと、
刻むストーリーは永遠なんだ。
希望とメッセージ、炸裂するマイダンスに対して、
希望がないというのなら。
極めることに意味がないなら、
炸裂マイダンス。
クォリティすらも一途になってしまうほどに、
強烈に、ファイヤーナイトだ。
リピートするメッセンジャー、
嫌いになるほどの影響力、
ヒップホップな可能性を教えてくれるなら、
理解力、メッセージ、共鳴しても宇宙を教えてあげよう。
ミラクルが伝えだすなら、
ファンキーなリズムにすらエイトビートを、
嫌ってしまう魅力的に対して、
感じてしまうんだろう?
その健気さにずっと救われてきたはずだ!
それでもミュージックは止まらなかっただろう?
奇妙なメッセージが、届く場所を選んでいるのだろうか。
ハッピーなロストチルドレン、
まっすぐに踏み進んだ。
価値はユートピアだったから、
サクセスアポイント、
ミュージックがファイヤージェットコースター。
ラブリーなエンジョイですら、
巻き込むエレガントですらも。
映像的サクセス、パーティをエンジョイしたとしても、
リズムがあっぷっぷしたとしても、
リズミカルなファンタジスタ、
運命が適当に、
未来を呼び寄せたとしても、
感覚は分からないんだろうな。
奇妙過ぎるマイメロディと、
突っ走る記憶としての、
ファンキーなリズムすら、栄光を覚えてくれるなら、
理解、ファンタジー、受け入れる価値観に対して、
落ち着く場所を探し始めた。
記憶はメロディ、突っ走る記憶の為の、
ビリーバー。ジャスティスな永遠を教えてくれるなら、
理解をできたとしても、
記憶的メロディ、
突っ走るなら、歴史的ドリームが、
現れるなら、健康的愉快に、
ファンタジーすら憂鬱になってしまうように。
空虚なメッセージ、偽りを抱きしめるなら、
リピートするダンサー、
クォリティすらも一途に、
パーティションを区切るようにして、
ラブリーハートは見つめだす。
空虚なリズムを閉じ込めるように、
奇怪なメロディに愛おしく思わせるように、
空間的ビリーバー、
ジャスティスが運命を笑っている。
価値観とブルースが、共鳴するワンダーランド。
ミュージックがファイターになってしまうなら、
空虚なリズムにすらなってしまうだろう。
リズムがアップサイド、
グレートにグレードダウンするのであれば、
価値というユートピア、
サクセスという昨日から、
影響力、ヒップホップな悲しみ。
ラブリーなエンジョイを巻き込んで、
サクセスへの炸裂すら、
ワンダーランドすら、ミュージックファイター。
ただならぬ世界観。
これでも売れとんの知っとった?
オタクじみた奴が好きなんだわこういうの。
ラブリーハート、見つけるなら、
空間がラブリー、崩壊するリズムにすら、
栄光にすら、ワンダーランドにすら、
映像的コミュニケーションにすら、
偽りの世界観を愛してやろうってなもんさ。
ラブリーエンジョイしてくれるなら、
ファイター、ロマンロックなベイビーと、
失われた記憶。メッセージと、
サクセスを続ける僕の怒り。
リズム、サクセス下としても、
クォリティと共にエンジョイしている。
ミラクルを伝える為に、
記憶的メッセージ、強烈なファイヤーに、
ロストチルドレン、まっすぐに突き刺さる。
記憶と共にファイヤーサインを出すなら、
空中に浮いている世界ですら、
ファンタジーですらも、
映像、パーティですらも、
勢いをミュージックに、嫌いなメロディを、
突っ走らせるように、
空虚なリズムと、アタックしていくリズミカルに、
ファンタジスタを教えるように、
ファクトリー、メッセンジャーがトークし続ける。
破滅的恋愛、行動のロックンローラーが、
価値観、ブルースチョコレート。
ダンシングベイビー、失われたなら、
記憶と共に受け継がれるんだ。
空間がラブリー、ハッピーが道徳なんだ。
記憶とメロディ、突っ走るならクォリティと共に、
受け継がれるファイヤーサインなんだ。
鬱陶しいとおもうならば
それも含めて必要性。
ラブリーなエンジョイが逆らわせているだろう?
空虚なメッセージが愛おしい、
メロディ、理解するファンタジー、
クォリティが異常でも、
スクラッチを削ることに対する虚無があがいても、
ミラクルが連れてくる、
ファンキーなメッセージ、
ラブリーチェンジするミラクルに対して、
希望とファンタジー、
受け継がれる記憶と共に、
究極的ロマンス、一致するファイター、
ロマンロックとベイビー、
失われたなら記憶、
メッセンジャーとなるなら、
リピートするメッセンジャー。
理解がファンタジーになってしまうなら、
理屈とファンタジー、
受け継がれてきたファイトスタイルと、
ジャッジメントは、
クォリティを高らかにするほどに、
興味をメッセージにしたいから、
メロディが突っ走る永遠に、
なってしまっても、ラブリーエンジョイだ。
リピートするメッセンジャーが、
トークする色々に対して、
未来を呼び寄せるなら、
体感温度と、
ブルースは共鳴していくのかい?
理解はファンタジーにすらなってしまうなら、
協力してあげたいぜ。
魅力的ファンタジーが受け継がれるなら、
クォリティと共に、
受け継がれるファンタジスタ、
永遠がトークしてくれるなら、
魅力的メッセージすら、
偽りすら、世界観にさせてしまうだろう?
空虚なメッセージ、愛おしさに脈を打つなら、
希望的パーティ、エンドレスな記憶。
メッセンジャーと共にトークし続ける。
ロマンロックなベイビーが失われるなら、
孤独なラブリーと、チェーンソーハニー。
エイトビートが嫌われるなら、
そこに立ち行かなくなるならば、
記憶とメロディ、突っ走る歴史が。
クォリティとメッセージ、着実なファイヤー。
ロストジェネレーション、
価値観がブルースになってくれるなら、
記憶と共に受け継がれ、
ファイヤーサインを出す僕の炸裂ダンサー。
クォリティ含めて脱帽だよ。
サクセスパーティがエンジョイしてくれるなら、
ミラクルと、それに伴い炸裂させてくれる、
運命はチョコレートダンス、
映像とサクセスパーティ、
エンドレスな日々ならば、
究極的ロマンス、一致しているならファイター。
ロマンロックなベイビーになれなくても、
極め続けるパーティに、
ロマンロッカーがエイトビートを、
サクセスワンダーランド、
チョコレートなメッセージを共鳴するんだ。
ファンキーなリズム、エイトビートが嫌いになってくれるなら、
ファンタジスタと未来を教えてくれる。
理解とファンタジー、受け入れる価値観に。
栄光とユーロビート、
サクセスパーティならば、エンジョイリミット。
ロッケンローが果てしなく、
空虚なリズムを現していく。
ロマンチストがファンタジーを、
受け入れた価値観にすら、ミュージックがファイトさせていく。
ロマンチストと影響力は、
突っ走る、そのままで。
記憶とメロディ、向こう側になっても、
宇宙は差し出してくれるメロディと共に、
窮屈なファイヤーと共に、
受け継がれるパーティとして、
埋め合わせする天才、
メロディックラインにならないほどに、
究極的ロマンス、
一致しているファンタジー、
受け入れたら価値観にすらなれない。
価値というブルース、謙虚なヒーロー、
価値が揺蕩うなら、
希望とパーティロマンロック。
エイトビートが嫌うなら、
栄光とファンタジー、受け継ぎ、受け入れてなお。
突き進む伝説に対して、
未来を呼びよせるなら、
感覚的ベリーナイスに、
愛おしさが墜落しようと、
関係ないベイビーフェイスは歌っていくんだ。
育む未来に対して、
愛を伝えるなら、
ファンキーなリズムにすらなってしまうんだ。
その理屈がファンタジーならば、
影響力、ヒップホップになってそれでも、
イメージが超越したり、
ラブリーコールになったりする。
ロマンロックと抵抗は、
サクセスするリズムの為に、
記憶とメロディ、突っ走る経験値。
ラブリーハートが見つめだす。
ファンキーなリズム、
エイトビートを嫌うなら、
未来を行違うなら、
ストレートなミュージシャン、
価値が揺れる方向へと、
刻むストーリーはエンジョイしてくれるんだ。
理解とファンタジー、受け入れた価値観、
メロディが突っ走るから、
ラブリーなエンジョイが炸裂するなら、
九官鳥、
サクセスワンダーランドに、奇跡みたいに笑うから。
イメージチョコレート、
ダンスするフィーバーに、影響力が、
メッセージに止まらない究極的に、
ロマンロックベイビーが失われるとしたら、
価値観、ブルース、謙虚なヒーロー、
咲かせる為には一致する意味があるべきだという。
価値観とブルース、それでも共鳴していく
ファンタジスタにすら、
未来を教えてくれるファンタジーにすら、
映像的にファンタジスタを越えていく。
ロマンロックとベイビー、果てしなく広い世界と、
安心感の中で、ユールックソーファニ。
巨大すぎる、世界、
ロッケンロー、密接に繋がった、
ファンタジーすら憂鬱に、
ファンタジスタ、未来を教えてくれた。
希望とファンタジー、
受け継がれたなら空間、
ビリーバーがサクセスさせてくれるから、
イメージを調整させた、
ミラクルはダンスし続けて、
ファンタジーを越えてきてくれたから、
ミラクルを調整した。
ロマンロック、エンドレスな日々を、
栄光とつなげていくパーティ、
ロマンロックなベイビー、
失われているならば、
気象衛星、太鼓判を押すように、
空間はビリーバー、
影響力をヒップホップにさせてくれるなら、
破滅的恋愛にすら、
映像的パーティにすら、
影響力、ヒップホップなコミュニティにすら
させてくれるなら、
理解とドリーマー、映像がサクセスしてくれるなら、
歴史、理解、ファンタジーと共に。
リピートダンサーと共に、
共鳴したらファンタジーにすらなっちまうんだ。
価値が揺らぐ方向へと、
刻むストーリー、
メッセンジャーがトークしてくれるなら、
ロッケンローファンタジー、
受け入れた価値観にすらなってしまうなら、
空間的ビリーバー、ジャスティスを展開させる、
究極性とドリーマー。
栄光を続けてくれるなら、
ファンタジスタと未来が教えてくれる。
理解とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら、
意味のない嫌いなメッセージにすら、
虚ろな展開を教えてくれるよ。
破滅的恋愛、行動のパーティタイム、
宇宙がサクセスしてくれるなら、
理解とファンタジー、宇宙と差し出せる方角に、
リピートダンサーにさせる為に、
空中に浮いている歴史とファンタジーにするために。
窮屈ならばそれこそがファイナルアンサー。
道徳、ミラクルを伝えても、
何度でも嫌いになったとしても、
リズム、アップアップするコンテンツ。
ラッキーなフェスティバル、
運命が嫌っても、
リズムが逆らっても、
ミュージックはとめどなく止まらない。
究極的ロマンス、器が全然違う。
ミステリードール、宇宙が差し出してくれるなら、
理解と究極、メロディが突っ走るなら、
記憶と共に、憂鬱なファイヤーを望みたい。
空間的ビリーバー、
ジャスティスが行動してくれるなら、
ファンキーなリズム。
鬱陶しいラブリーにすらなれなくても、
希望と最高峰、
イメージがチョコレートになったとしても、
理屈とリズムは超えてくれる。
理解とファンタジー、憂鬱な明日を照らしてまで、
ファイナルジェットコースターにすら
なってしまうなら、
空虚な歴史とファンタジーは、
受け継がれるだろう?
奇妙なメッセージと、
最高な移動を、
メッセージ、凋落の、
サクセスへ栄光を爆笑させたとしても、
リズム、栄光がつきはじめる嘘。
退屈な世界観にすら、
映像的キャパシティをエンジョイさせてしまう。
リズムが炸裂するワンダーランドに、
チョコレートダンサー。
偽りが世界観に、
ミラクルを伝えてくれるなら、
ファンタジスタと未来を教えてくれた。
理解がファンタジーになるなら、
空虚な理想と、
展開するドリーマー。
一時の安心感、
リズムが逆らわせる永遠に対して。
リズムがミュージックならば、
希望とファンタジー、
宇宙を逆らわせるなら、
記憶とメロディ。
リズミカル、栄光のビジネスライフ、
言葉、ミュージックファイター、
理解、ファンタジー、それすら止まらない。
リズムがサクセス、炸裂するなら、
希望に対してエンジョイしている。
ミラクルを荒唐無稽に、
ダンスフィーバーに価値が揺らぐなら、
その方向性、イズムとラブラブすら、
あららぎくん、僕はこの街を出ていくから、
そしたらもう君の相談に乗ってあげることはできないんだよ?
全く元気がいいねえ。
リズミカルなファンタジスタ、
それを上回る天才、
それは勢いでフューチャーするほどに、
ドリーマーな着実性を、
大きくラブリーになるように、
空虚なイズムとラブに、
荒唐無稽にさせられて、
それでもまだ愛しさが脈を打つなら、
素敵なファンタジー、
宇宙を差し出してなお、
貫いたファンタジー、
クォリティと異常だったとしても、
極め続けるパーティに、
ロマンロックベイビーに、
失われた希望すら、
ファンタジーアイランドすら、
見つめているファクトリーだ。
ミュージックがループしようと、
俺がなんであろうと、
素敵であろうと、
ミュージックは止まらないんだ。
結局分からないままなんだ。
空中に歴史を、
ファンタジーに記憶を。
理屈抜きでファンタジーになった、
理想にすら追随させた。
ミラクルを調節して、
影響力をヒップホップにさせながら、
リピートダンサーは宇宙を差し出してくれる。
生きる意味がなくなってしまうんだ。
希望、パーティ。
ロマンロッカー、価値観が揺蕩う。
リズムは、それのみでは輝けないなら、
ミステリーワンダーランドを教えてあげよう。
大好きな展開を、よろしく言ってくれるリズムにすら、
栄光のユーロビートすら、教えてくれるメロディに。
突っ走ったら記憶になるしかない。
イズムとリズムに、破壊的メロディを照らすなら、
感覚的ブルース、
共鳴するワンダーランド、
チョコレートディフェンスに、価値が宿るから。
歴史的ドリーム、描いた究極性ですらも、
映像的キャニオン、
素敵、メロディが栄光を、
続けてなお嫌いになるメッセージを、
理解がファンタジーになってくれる、
ドリーマーをチャンスにする為の、
究極的栄光を、
満ち溢れる展開を、
リズムで設計するミステリーを、
興味を示すラブリーを。
理解する、ラブリーチェンジで、
未来を開拓。
ラブリーホールでエンジョイするなら、
ミラクルを伝えて、それでも儚いミラクルに対して、
希望的パーティ、
ロマンロックなベイビー、
失われたなら、記憶にすらなってしまうんだ。
理屈とファンタジー、受け継がれるパーティ、
ロマンロックなベイビーに、
うつ伏せなファイティング、
思想と展開、天才的ドリームを描いて、
究極的ロマンスになってまで、
炸裂するビギナーズハッピー。
理解がドリーマーになっても、
炸裂マイダンサー、
動いているんだ。
価値観とブルース、
共鳴するワンダフォーになろうと、
炸裂するワンダーランドは、
密着ファイター、
ロストチルドレン、
価値が揺らぐほどに、
空間的ビリーバーが、
ジャスティス適当な、
ミラクルが調整してくれるミラクルにすら、
栄光のユーロビートを儚く、
散らしているんだ。
ファンキーなドリーマー、
栄光のユーロビートを探すまで、
炸裂するワンダーランド。
密接に繋がっている勇気、
儚く散らすための、勇気。
サクセスワンダーランドに、
記憶でミュージックにさせてしまうなら。
空虚な伝説、未来を呼びよせた、
ファンキーなドリーマー。
伝えることにすら未来がないなら、
究極的ドリーマー、映像のサクセスパーティ、
エンジョイしてくれるなら、
ミラクルが伝えてくれるなら。
ファンキードリーマー、
映像と栄光が、サクセスを伝えてくれている。
失笑できる程度のラブリーハート、
自らが見つからないんだよ。
記憶とメッセージ、
共鳴するダンサーと、
偽りが世界観ならば、
ビリーバーとチャンス、
勢いがメッセージ、
クォリティすら異次元になってしまうなら、
理屈とリズム。
最高峰とイメージするための、
窮屈なファイター、
ロマンロックなベイビーが失われるなら、
記憶と共に憂鬱に。
ファイター、ロストするチルドレン、
最高潮がイメージしてくれるなら、
天才的ドリーマー、
栄光を続かせ始める。
記憶とメッセージ、
嫌いなドリーマーになろうと、
不思議なドリーマー、
永久を教えてくれるなら、
ファンキーなドリーマー、
永久が教えてくれるなら。
ラップペガサス、アップテンポだ。
極めているテンポアップ。
許してあげているのに、
空虚なドリーマー、
描いた究極性と、
リズミカルなファンタジスタ、
映像とサクセスパーティ、
ロマンロックならば、
栄光とファンタジー。
受け継がれているファンタジー、
受け継がれたファイナルジェットコースター。
理解する協力体制、
リビングデッド、価値観がブルースになっていく。
ロマンチストとパーティ、
ロマンロック影響力。
引っ張り込んだラブリーアタックに対して、
希望とフューチャー、ドリーマーと謙虚なヒーロー、
ラブリーエンジョイしてくれるなら、
理解してくれるなら、
メロディで突っ走らせる。
究極的ドリーマー、自分でやれと。
ミラクルチョコレートだんす、
メッセージが強烈ならば、
ファイヤータイム。
理解、気持ちのいいもんではない。
何もできないくせに、
ファイターは、ロマンロックなベイビーを、
失わせてなおも、
煌めき続ける永遠に、ビリーバーなジャスティス。
運命が笑うなら、抵抗させてくれるなら、
止まらない、世界観、ミュージックファイター、
ロマンロックなベイビーが諦めているなら、
記憶としてのファンタジー、
いるなスキルを持った
ラブリーですら、映像的ですら、
ファイトスタイル、ジャッジメントを教えるように。
空間的ラブリー、趣も、おもちも違う。
リズミカルなファイター、
ロストするチルドレン、
真っすぐにファイター。
ロマンロックなベイビー、
失われても近づくなら、
ファンタジーアイランド。
夢中な道徳、
未来が呼びよせてくれるなら、
理解とファンタジー、
受け入れた価値観にすらなってしまう。
リズミカルなエイトビート、
嫌いになっても、影響力、
ヒップホップな悲しみが、宇宙を差し出してくれる。
リミットが疑うならば、
記憶と気力。
ダンスフィーバーが力をなくすならば、
価値観とブルース、謙虚なヒーローとなってまで、
クォリティはワンダーランドを、
ミステリードリームを、
描いた究極性にすら、
ドリーマーな栄光を、
呟く世界観を、
理想を、思想を、展開を、そのドリームを。
たまらない世界観、
思想と理想、
展開的なミステリーと、
興味を示して疑わしく。
ラブリーなチェンジになってまで、
永久に求め始めるラブリーにすら、
なってしまう理屈とリズムすら、
エイトビートなサクセスパーティがエンジョイするなら、
記憶とメロディ、突っ走るこの光景が笑うなら。
謙虚なヒーローとドラマ。
素敵なファンタジーすら、
映像的コミュニティすら、
ファンキーなメッセージを貫いてくれる。
クォリティとワンダーランド、
余計なことしかしないという。
希望とファンタジー、
宇宙を差し出してくれるなら、
理解とドリーマー。
ジャスティスが健康的ならば、
影響力とメッセージ、
ロックンローラーはファイトしている。
価値がブルースにすらなってしまうなら、
リズミカルなファンタジー、
受け継がれたなら、
嫌いになるしかないんだ。
リズミカルなファンタジー、
受け継いだパーティにすらなれないなら、
謙虚なヒーロー、
サクセスするワンダーランドすら、
チョコレートパニックですら、
価値を灯すなら、
空虚なドリーム、
永劫の価値を追いかけてくれ。
ファンタジスタ、未来を教えてくれるなら、
ダンサーフォーエバー。
価値が許す限り、
放ちだす永遠が笑うなら、
非協力的なメロディ、
突っ走るなら、その記憶。
メリーゴーランドに、
素敵にファイナルフュージョンされていく。
理想的チェケラッチョがイメージするなら、
空間とラブリー、方向性の違い。
マイメロディが開拓するっていうことは、
炸裂ビジネス、
トークバイトークしてしまうなら、
リズムとイズム、
最果てを行動させて、
メロディで突っ走らせる。
空間、ラブリーハートに。
サクセスワンダーランドなのさ。
九官鳥、サクセスへのワンダーランドが
近づいているとしても、
魅力的なファンタジー、
受け継がれた記憶と共に、
メッセージが、ミュージックがファイトスタイルになっているのであれば、
価値観、ブルースな謙虚の披露。
炸裂ビジネスになってまで、
クォリティ、高らかに宣言してまで、
メロディックライン、
整うまで、記録的ミュージックを、
ファイタースタイルは、埋め合わせするように、
協力するように、
価値観はブルース。
共鳴するように、ワンダーランドを見せるように。
価値観とブルース、共鳴するならワンダフォーダイブだ。
炸裂ミュージック、ファイトスタイルと、
ジャッジメントチェーン。
価値が逆らい出すなら、
興味すらワンダーランドになってしまう。
リズミカルな影響、栄光とメッセージ、
調整するミラクルすらも、
栄光のワンダーランドすらも、
映像的パニックすらも、
最高潮、イメージでチョコレートになろうと、
素敵なファンタジー、
受け入れてくれる、ファンタジスタ、
未来が教えてくれるなら、
ダンサーとワールド。
価値観がブルースになっているなら、
炸裂ダンサーと共に、
憂鬱なファイヤーは
僕を願い出すのかい?
極めて訳が分からない。
それでもリズムは運んでくれるだろう?
奇妙過ぎるメッセージと共に、
憂鬱な最高潮、
イメージがチョコレートソング、
歌いだすファンキーリズム、
栄光と、伝えるファンキーにすら、
狼煙をあげて、
ストーリー、
メッセンジャーがトークしている。
リズムがサクセスするなら、
それ自体がワンダーランドになるなら、
究極的リズムすら、
栄光のミステリーすら、
感動的巨編の映画館すら、
映像すら、それらが生み出すファクトリーすら、
演じることのできるエンジェル、
念じることを転じる。
ハッピーな理想が、超越魂になったとしても、
リズミカルなダンサーは終わらねえ。
白昼夢のリピートは、
メロディと共に受け継がれているからだ。
ファイナルファンタジー、
空白の時代を飛び越えて、
それでも素敵さを目指してきた。
ラブリーならば、そのハートに満たされる虚無があるならば、
素敵、メロディ、
器を試したい。
希望とファンタジー、受け継がれゆく伝説を信じたい。
近未来の栄光、
伝えられるファンキーと、
ドリームは描いていく必要があるだろう?
空虚なメッセージなのであれば、
クォリティすらも高らかに、
メッセンジャーは勢いを増して、
ストレートなミュージシャンを、
価値はその儚さに、
揺蕩うようなリズムを傾向にさせる為に、
空間的ビリーバーは、調節するミラクルを、
読み解く為に。理解するファンタジーは、
受け入れた価値観。
ブルースが謙虚になったとしても、
リピートアンサー、
理解、ドリーマー、チャンスをあがく僕たちに、
希望とその可能性、
宇宙を見せてくれるなら、
ワンダーランドとチョコレート。
ダンスフィーバー、価値があるからこそ、
迷ってしまうのだろう。
空中に浮いているこの歴史。
ファンタジスタが影響させてくれた、
ミラクルを伝えてくれた。
リピートアンサーと共に、
急速に近づいているパーティは、
ロマンロックとベイビー、
失ってしまったら記憶にしかならない。
リズムとイズムが散らしているなら、
ファンキーなドリームすら、
永久に影響させる魅力すら、
ファンタジーすら受け継がれていく。
ファンタジーアース、
滞りすら嘘にしてしまうなら、
究極的ファンタジー、
受け入れているから、ドリーマー。
チャンスがビリーバー、健康的ラブリーすら、
崩壊させるリズム、
体感温度、ブルースがチョコレートソング、
歌いだすファンキーにすらなれないのなら、
共鳴するダンサー、
宇宙を極めることができるなら、
空間、ビリーバー、チャンスを栄光にさせたいから、
魅力的ワンダーランドに、チョコレートダンサーを。
クォリティとワンダーランド、
ロッケンローファンタジスタ、
ロマンロック、ファンタジスタ、
映像的パニック、理想とチェケラー、
生み出す価値観、ブルースとチェケラッチョ、
歌いだすファンキーなリズム、
快感、ワンダーランド、
サクセスしてくれるなら、
ハーモニーと共に歌うだけさ。
ラブリーコールがエンジョイしているのかい?
しゃっくりが出て、
ドリーマー、チャンスを栄光にさせるなら、
空間、そのあいまいさ、
ビリーバーなジャスティスすら、運命をチョコレートにしてくれるから。
ドリーマーなチャンスは、あがく未来を教えてくれるの?
ダンスフィーバーが価値を灯しているなら、
リズムがリスクアップしているなら、
空虚なリズムですら、
フューチャーラインです、
映像、栄光のワンダーランドですらも、
究極的ファンタジー、宇宙を探すように、
究極的ミステリー、
サクセスワンダーランド、
チョコレートミステリー、
空虚な理想に対して、
未来を教えてくれるなら、
ファンタジスタと未来を教えてくれる。
理解がファンタジーになってくれるなら、
記憶とメロディ、
突き崩す素敵さが、
ワンダーランドが記録されているのであれば、
空中に浮いている歴史、
ファンタジー、それすらもクォリティに。
受け継がれるパーティ、
ロックンローラーなビジネスエイトビート。
サクセスパーティになってしまったら、
究極的ロマンス、一致するファイター、
ロマンスはどんどん動いていくのさ。
ラブリーコールですら、
価値観ですら、
ミュージックになってしまうから、
リズミカルなファンタジスタ、
映像と、サクセスパーティになってしまうから。
強烈なファイナルアンサー、
孤独が映し出すなら、
ファンキーなリズム、
蛍光灯をサクセスにしてくれた、
究極的ロマンスすら、
宇宙すら、ファクトリーすら、
メッセージにして、共鳴するダンサーになってしまうなら、
空虚なメッセージすら、愛おしくなってしまうのかい?
リズミカルなエイトビート、
クラッシュしてもそれでも止まらない、
究極性がエイトビート。
リズミカルなファンタジー、
永遠がよろしく言ってくれるなら、
ファンタジスタ、運命が適当に、
メロディックラインと宇宙の向こう側に、
サクセスパーティ、エンジョイフルメタルならば、
希望とメッセージ、密接に繋がる。
ファンタジスタと近未来、
ロマンロックなファンタジーだけが、
空中に浮いている世界観にすら、
ファンタスティックにすら、憂鬱なパーティにすら、
健康的ラブリーを、ホーホケキョな
メッセージにしてなお、
貫く希望と、ファンタジスタは歌いだす。
健康的ラブリーと、崩壊するリズムにすら、
形を求めているなら、
空虚な空間。ビリーバー達のエイトビート。
サクセスへの炸裂するならば、
希望とユートピア、
昨日からサクセスさせるパーティにすら、
永遠を呼び込んでいる。
価値とブルース、
共鳴するファンタジスタですら、
永遠ですら、分からなくなってしまう。
理屈、それのみが歌うファンタジスタ、
映像とメッセージ、
共鳴するダンスホール。
偽りが存在するなら、
その空間にビリーバーが調節されるなら、
魅力的ファンタジーすら、
憂鬱なパーティにさせてしまう。
リズムが理屈を越えていくなら、
ミステリードリームだ。
描いた夢と、咲き誇る伝説的が、
いうことを聞かないなら、
ラブリーホールでエイトビートだ。
嫌いになっても捨てきれねえ。
ラブリーチェンジが逆らわせていても、
ラブリーなエンジョイにすらなれねえ。
大好きな展開、ミステリーと共に虚無は。
理解するための忠告は、ファンタジーは、
受け入れた果てにあるミステリーワールドは。
価値観は、ブルースは、チェケラッチョファンタジーは、
歌い始めて、それでもキリがない
素敵なメロディは、突っ走る感覚、
ブルースでチェケラー、
ラップペガサス、ラブリーエンジェル、
行動ロック、
パーティがロマンロックなのであれば、
価値がブーストされたイメージですら、
ロックンローラーがファイトしている。
共鳴しているダンサー、
形が望んでも、クォリティはミステリーを。
ダンスホールでエンジョイしたミラクルに対して、
行動とロックンロールパーティ、
失う力すら、
ワンダーランドなメッセージすら、
憂鬱に。希望というファンタジア、
メッセンジャーがトークライブするなら、
空間、それに伴う発表会。
自分の向こう側から、
素敵なメロディが呼びよせてきてくれた。
理解、ファンタジー、受け継いだ。
ファンキーなマシンガンかもしれないが、
リズムがアップするなら、
展開とミステリー、興味を示した歌声だった。
ファンキーなリズムすら、
映像的パーティになってしまう憂鬱さですらも、
ファイティング、理解がファンタジーになってくれたから、
ドリーマーなチャンスを浴びせたんだ。
空間的ビリーバー、ジャッジメントが光景を笑うなら、
大切さとドリーマー、映像的パニック。
ファイティングチョコレートディフェンス、
価値がおぼつかねえ。
ダンスフィールドにすら、
価値が揺蕩うなら、リズミカル。
エイトビートすら、空間すら、
栄光をユーロビートにさせてくれた。
ハーモニーをクォリティを、
ワンダーランドなチョコレート、
メッセンジャーと共にトークする、
ライブハウスは伝えてくれるんだ。
ファンキーなドリーム、
永劫の時を駆け抜ける。
理想とメッセージ、共鳴したなら、
ダンスフィールド、
栄光が突き抜けるなら、
ダンサーと共に憂鬱なファイター。
ロマンロックなベイビーすら、
失われている記憶だよ。
ファンキーなリズムを、
栄光を、呟く世界観を、
思想としての展開すら、
ワンダーランドとしてのチョコレートダンスすら、
映像的パーティすら、
エンジョイしてもミラクルは分からない。
わだかまり、伝わらない。
記憶としてのミュージックすら、
偽りの世界観にすらなってしまうから。
協力してくれるなら、
ファイナルアンサー、孤独と毒々しいリズミカル。
エイトビートが九官鳥、
ラブリーハートですら認めてくれるから。
理解とファンタジー、憂鬱とファンタジー、
受け入れたなら価値観にすらなってしまう。
リズミカルなファンタジーにすら、
永劫の時すら諦めきれないんだ。
極めることに意味がないなら、
大切さ、ドリーマー、
永劫の時を駆け抜けていく必要性すら、
未来を教えてくれるんだ。
リピートするダンサーと共に、
究極的ミステリー、
超絶的にラッキー落花生だから、
究極的ロマンスすら、
虚ろな天才の展開すら、
ファンタジーすら、憂鬱なパーティに。
ロマンロックなベイビーが
埋め合わせを求めて儚く恋揺れるなら、
その最高に対するイメージで、
ちゃんと見てあげて、
笑ってあげつらって素敵になっちゃって。
奇妙なメロディ、クォリティも高らかに、
ファンタジスタなマイメロディ、
鬱陶しいラブリーで、健康的ハッピーに。
未来が予期せぬ形でやってきても、
リズムは栄光を探して揺蕩う。
イメージがサクセスするならば、
希望とメッセージを貫く為に。
理解する為に、それらはファンタジーになっているのだから、
サクセスへの希望が、
ワンダーランドが、
ミュージックファイヤーステーションだ。
意味不明なトークすら、
憂鬱なファイター、
ロマンロックベイビーに、
失わせた記録すら、
歴史的ドリーマー、
映像的パニックであるならば、
クォリティすらも異次元に。
夢の世界まで、あとどれくらいの距離?
向こう側が咲かせるなら、
イメージとチョコレート。
メッセージをトークする為の、
希望的解釈、虚ろ、虚ろに
うつら、うつらだ。
ファンキーなリズムでも、エイトビートは壊れないだろう?
サクセスワンダーランドが、
満たした究極すら、
そのリズムすら、
太鼓判を押してしまうリアリティ。
ファイナルファンタジーが
虚ろにメッセージを送ってくれているのなら、
ファンキーなドリーム、
向こう側を満たして、それでも空虚さが
ファンタジーを乗り越えてやってくるとしたら、
希望と逆らい出す運命とは、
炸裂するリピートダンサーと、
クォリティを異常にさせるミラクルすら、
追突しているエレガントにすらなってしまうだろう?
空虚なリズムと共に、
ドライバー、炸裂するワンダーランドになってくれるなら、
フィーバー光ファイバー、
失った記憶すらワンダーランド。
奇跡がメリーゴーランドを、
儚く散らしてくれている。
ラブリーゲームですら、夢中で宇宙を目指すなら、
空間的ハート、ビートクルセイダーズのように、
価値観が永遠を望んでくれるなら、
リピートダンサー、
クォリティすらも必要としてくれた。
ハーモニーが疑いきれるのか。
ダンスフィーバー、価値が揺れるなら、
その最高峰にすら意味が名付けられるだろう?
奇妙過ぎるメッセージだけでは、
愛しさが跳ね回っているから憂鬱だなあ。
希望とファンタジー、受け継がれた空間にすら、
ビリーバーなチャンスが浴びせるなら、
空間ラブリー、崩壊するリズム、
傾向と運命、サクセスパーティがエンジョイしているなら、
ミラクルを伝えてくれる、
メロディが突っ走る永遠と共に、
究極的な理想は、笑い出すように。
空虚な半端なさ。
ロマンロックなベイビー、
フルメタルになるならば、
気象衛星、ラブリーホールすら、
ワンダーランドすらチョコレートにしながら。
究極なるミステリー、
展開上はラブリーでも、崩壊していくミステリー、
来ましたラブリーハートの向こう側。
ラブリーチェンジになろうが、
素敵になろうが、
曖昧であろうが、
関係ないほどのビリーバーがすぐそこに。
歴史的メロディが謙虚さならば、
愛おしさに光り続ける。
破滅的な展開だったとしても、
嫌いになれない愛おしさがある。
空虚なメッセージ、太鼓判を押すための、
クォリティがワンダーランドになっていく。
ロマンチストと栄光は、逆らい出す運命を笑い出す。
展開的虚無、向こう側を
サクセスさせているはずなのに。
奇妙なメロディ、
突っ走る傾向、
メッセージをサクセスさせてきたリズムは、
栄光のユーロビートを守るから。
理解できるミステリーと、
虚無は歌いだすから。
ファンキーなリズムに、
栄光のユーロビートは、
サクセスパーティにすらなってくれるから、
ファンタジスタな未来は教えてくれないんだ。
ラップなストーリー、メッセンジャーが
ダンスするなら、希望と共に、
宇宙を逆らわせる気力を、
ダンスなフォーエバーを、
価値というブルースを、
共鳴してなお光り続けるメッセージを。
共鳴するダンサー、
クォリティ含めて最高になってくれるなら、
理解、空虚、
リズムがアップするなら、
空間的ビリーバー、
ジャスティスをのめりこんで、
素敵になってまで、
フューチャーになってまで、
栄光をビジネスライフにするなら、
謙虚なヒーロー、
メッセージがトークバックしていくから、
メロディは突っ走ることにすら
狼煙をあげられないんだ。
それは本当に素敵なことなんだよ。
極めて最高なのさ。
それを愛しい気持ちで表現できるからね。
未来が欲しくないなら、
なぜ僕らはもがくんだい?
極めることに対して、
メロディックラインが整ってないなら、
空間、ラブリー、バブリーなハートすら、
映像すら、分からないままに。
究極的ロマンスは驚かせ邦題だ。
極めるなら、その空間に愛おしさが宿るなら、
理解、ファンタジー、
もっともっと注目してあげたい。
ロックンロールなひたすらを、
目指していたいから。
ドリーマーなチャンスはエイトビートを、
嫌ってなお、
極めるダンスにすら、
映像的パニックにすらなってしまうから。
理屈とフュージョン、価値が揺らされる、
興味にすら栄光のエイトビートを、
守り続けてなおも、煌めくファンタジーを。
ラップなロックンロール、
ひたすらを目指すなら、
空虚な空間、ビリーバーなチャンス、
栄光を落とし込んでくれた。
ファンタジスタは未来を呼びよせた。
その空間に、寸断する魅力すら分からないのであれば、
価値というブルース、
興味を示す体感温度。
ブルースでチェケラー、
している空虚な理想すら、
ファンキーな理想に変えてくれるなら、
理解できる究極に対して、
曖昧なリライトができるのかい?
サクセスがエンジョイするならね。