リズムが夜に、憂鬱な月曜日を運ぶように。
大切なメロディは、そのままに。
退屈な世界を映しだすように、
嫌われるように。
空間的ビリーバーは、
そのチャンスを栄光でつなぎとめるように。
空中に浮いているこの歴史。
ファンタジーすら憂鬱にさせてしまった、
リズムすら卓越していったのかい?
ファンタジスタは近未来を教えてくれるよ。
理解するためのファンタジーは、
受け継がれるパーティとして、
ロマンロックにさせる為に、
空間は挑戦状なんだ。
ミラクルを教えてくれるなら、
ラブリーチェンジを認めるしかないんだ。
価値がブルース、謙虚なヒーローになってくれるなら、
理解するためのドリーマー、
栄光をサクセスワンダーランドにする為の、
究極的ロマンスすら、
映像としてのクォリティすら、
ワンダーランドなチョコレートに
させてしまうしかないんだ。
リビングデッドならば価値観なんだ。
ミュージックファイヤータイム。
理想的な適当が嘘をつくなら、
炸裂しているディフェンダー。
価値が揺れる方向へと、
刻むストーリーは。
ファンタジーは、越えていく為に。
炸裂するマイダンサー、
コトワザで炸裂するファンタジー。
クォリティで異次元に這いまわっても、
炸裂するサクセスダンサー。
クォリティも異常ならば、
永久に求めだすように。
空虚なレスポンスは、
偽りの世界観。思想的体感。
リュックサックのファイヤー、
ロストプラネット、
映像をサクセスさせるための、
奇妙なメロディ、突っ走る空間、
ビリーバーなジャスティスがエイトビートを。
リズムがチェケラーするなら、
ファンタジスタと未来、
ラッキーフェイス、
失ったら力技すらないんだ。
極めることに最高が宿るなら、
希望とフューチャー、
どこまでも突き抜けるように。
ダンスするフィンガーアイランドなら、
幅広い世界を教えてくれた、
あなたに出会えるなら。
空間と距離、破滅的恋愛。
記号的メッセージだけでは伝わらないと分かった。
刻んだストーリーと、ストレートに感じちゃう
リミックスすら、活動する展開に変えてしまうんだ。
理屈がファンタジーになっているなら、
ケセラセラ、ワンダーランドなチョコレートにすら
なってしまったりして、
空中の歴史はファンタジーを、
歴史的ドリームは栄光を、
突き抜けてまだまだ感じるリピートを。
運命的な適当を、
メッセージに連ねた僕のアホらしさですら、
フュージョン超ラッキー。
スタジアム、世界観が理想的に、
ファンタジーに受け継がれたパーティになるように、
空虚な空間、ビリーバーが着実ならば、
レインボーと共に花咲かせるリズムがある。
急速に忠告が強まっている。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠が届く場所へと、リズムはサクセスポイント。
濁流に飲み込まれても栄光を信じて疑わない。
起承転結、しっかりしているリズムが、
僕を揺蕩う。リズムにサクセスにされるように、
リズムに見蕩れる。
ファンキーならば、
影響力、それのみをヒップホップにしながら、
急速にロマンロック、歌いだせるなら、
理解者とファンタジー、浮き沈みの激しい渡世でやんす。
ロックンローラーなファンタジーを、
うつ伏せでファイティング、
行動のロックンロールティーチャー。
運命を感じるなら、
それでも必要性を。
魅力を、ミラクルを伝えてくれ。
ファンキーなリズムに酔っていたい。
刻むストーリーと、
ストレートなミュージシャン、
価値が揺らぐなら、その方向性に、
リズムがある限り。
リピートされる運命が揺れる限り、
ファイティングポーズ、
理解が、興味が、サクセスが歌うことの意味が。
炸裂するマイダンス。
記号として、希望として、
生きていくことはケセラセラとして。
宇宙に対して面目ねえ。
ごちゃごちゃしたことはめんどくせえ。
ファンキーに、理想を超越したから。
ミステリードールならば、
希望とファンタージ、
受け継がれたならば記憶、
メッセージがチョコレート、
ミュージックファイヤー。
トップオブザランナー、
希望と大会制覇、
メッセージが強烈な意味を解き放つ。
大切な、言葉とクォリティ。
ワンダーランドが見せてくれるなら、
価値というユートピアに、
炸裂とサクセスの運命に、
嫌いになったとしても、
憂鬱なこのファクトリーは、
止まりはしないから。
ラブリーハートを見つめ続けるなら、
理想的展開すら笑ってくれ。
ファンタジスタ、未来を教えてくれるなら、
理解するフューチャーと、アイランド。
メッセンジャーがトークバックしてくれる。
歴史的メロディがクォリティを高めて、
スタジアム、異常気象、サクセスへの炸裂パーティ。
ロマンロックとエイトビート、共鳴するなら疑わしいのさ。
ラブリーエンジェルですら、価値が放蕩していくのさ。
ラブリーコールにエンジョイするなら、
あの不思議さと、興味の憂鬱性は。
ラブリーコール、エンジョイしてもそのミラクルは。
素敵な天気予報、サクセスへのパーティショータイムは。
リズミカル、ファンタジーが訴える、
ラブリーチェンジですら、
価値観ですら、究極性ですらも。
ファンタジーアイランド、夢中になっているディフェンス能力、
価値はブルース、謙虚な必要性。
ドラマチックなワンダーランドならば、
希望的解釈、
宇宙が差し出してくれるなら、
運命的にワンダーランド、
夢中なミュージック、
ファイヤーサインを連ねて、
素敵なファンタジーにすらなってくれたなら。
記憶とリピートモンスター、
追従し追及するワンダーランド、
ケセラセラ、本気で楽しもうとしてる奴にしか
興味がない。素敵なファイティングロードだ。
失う訳にはいかないから、
ラブリーホールでエンジョイしているんだ。
ミラクルがチョコレート、スタジアムが笑うなら、
ミュージックはリライトさせられていく。
ハーモニーで歌い始めるなら、
そのクォリティ、まさにワンダーランドなんだ。
記憶しているメロディ、突っ走るなら、
そのサクセス、メロディと追悼するエンジョイすら、
ファンキーミュージックを歌うように、
理解がファンタジー、弄ぶように、
空虚な空間を理解させていく。
ハーモニーが歌いだすなら、
記録的展開も笑い出す。
理想が、チェケラーファンタジー。
それでも止まらない空虚さに、
リズムとイズムを散らした、
ファンキーなドリームすらエイトビートにさせた。
ミラクルを調節してくれるなら、
ファンキードリームで永劫の時を駆け抜けたい。
ラブリーチェンジになるなら、
何度でも同じことを言うのだろうか。
それをライムと呼ぶのだろうか。
奇妙過ぎるメッセージ、愛おしいラブリーで
健康的ハッピーが存在するなら、
憂鬱な世界観にすら、
恋愛トークを咲かせることが可能なのだろうか。
奇妙過ぎるメッセージと、偽り的展開と、
メロディックラインに整わせた、
究極的メロディが突っ走るなら、
健康的ラブリーでさえも、
崩壊するリズムにすらなってしまうのだろうか。
空虚な理想像に、あるいは利口な思考法に、
大胆不敵になった価値観、
メロディックライン、整い方からしてマジ半端じゃねえ。
ラブリーエンジョイしてくれるなら、
理解がドリーマーの為に、
栄光を満ち溢れさせてくれるなら、
理解とファンタジー、
歴史とメロディ、
憂鬱なコミュニケーション、
ラブリーエンジョイしたとしても、
究極的にコンディショナーだったとしても、
理屈はリズム、
それらを白昼夢で満たしたとしても、
リスクがあるからこそ素敵なんでしょう?
奇妙過ぎるメロディは、突っ走るように。
エイトビートは、のらりくらりと、
運命を揺蕩う希望にすらさせてくれた。
ハーモニーが歌いだすなら、
ファンキーなリズム、蛍光灯をサクセスさせる為に。
奇妙過ぎるメッセージと、
痛々しいラブリーは、崩壊するリズムの運命は。
価値は、愉快さは。
大胆不敵なこの未来は、
ダンスホールでエンジョイしたミラクルに対して、
ラブリーチェンジを求める空間に対してさ、
それに対してもそうだよ。
呆れるほど飽きたならまた別の何かを探すんだ。
言葉の羽衣、
素敵なメッセージで共鳴していく為に。
理想的展開、天才的未来が教えてくれるなら、
ファンキーなドリームにすらなっていくんだ。
ファンキーなメッセージならば、
エイトビートとスクラッチ、
栄光をワンダーランドに、強烈にファイヤー的に
思い知るなら、形としてのメロディ、
運命の照らし出す初めっからのラプソディーすらも、
価値観、魅力的ワンダーランドすらも、
映像的ハッピー、虚ろな天才が望みまくるから、
伝説的ミラクル、
超越的に調節したとしても、
ミラクルなキャッチアイスは、
リライトファンタジーを受け継がせるように。
ファンタジスタな未来を守る為に、
理屈的ファンタジー、
受け継がれたクォリティ。
ワンダーランドが見せられるなら、
素敵なメロディで突っ走った。
理解しているドリーマー、
チャンスと栄光だ。
止まらないテキーラ、
本当に欲望にキリがないなら、
素敵なメロディ、突っ走った永遠でさえも、
笑ってくれるファンタジー。
受け継がれたクォリティと共に、
フュージョン、超ラッキーになってしまうまで、
強烈なファイヤーは、
体感していく。
ロマンチストが、ファンタジーを歌いだすから。
究極的リズムと共に、
栄光を探し出してくれるなら、
理解力とファンタジー、
受け継がれていくメロディと、ラインコントロール、
レッドライン、あるいはグランドライン?
形が目指すならば、影響力にさせてしまう。
リズム、サクセスするなら、パーティとドリーム。
ここは世界の日記帳。
そう、ラブリーな崩壊。
イズムとサクセスが、ワンダーランドを伝えてくれるなら、
理解がフューチャー、
どこまでも尽くすパーティに。
ロマンロックなベイビー、
失われてしまったとしても、
記憶、メロディ、巨大大会制覇だ。
ロッケンロー、リズムで歌いだせるなら、
空間とビリーバー、
チャンスが栄光を差し出すように、
干している服が風を受けて踊り続ける。
ロッケンローな怒り、
スタジアムがケセラセラを、
歌うファンキーにすらなってしまうから。
それらはリズムじゃない。
理屈じゃなかった。
ファンタジーだったから。
ひたすら面白かったから。
ダンスはフォーエバー、
価値が許すなら、
最高峰をイメージしている中だったとしても、
ラブリーなホール、悪い風に考えるな。
ロックンローラー、チェンジするミステイク、
ロッケンロー、放ち続けるなら伝説なんだ。
未来が言うことを聞かない。
ラブリーなハウスは、疑いを咲かせながら、
奇妙さはメロディになってしまう。
リズミカルなファンタジーは、エイトビート、
サクセスパーティ、エンジョイするミラクル、
伝えられるファンキーで、
訴える歴史、
ファンタジスタ、理解する為の、
歴史的メロディ、
六分間の愛であれば、
素敵なメロディ、突っ走った記憶と共に、
ミュージックはファイヤー、
ロストするジェネレーションを、
価値で追いかける逆らい方すら、
ファンキーな気がしたよ。
メロディが教えてくれたんだね。
空間がもしビリーバーなら、
卓越する僕の意味にすら意味が無いなら、
空間、ビリーバー、着実な理解を。
理解とファンタジー、映し出す究極、
リズミカルなファンタジー。
生きがいとファンタジー、
うつ病国家ジャパニーズ、
ジパングまたの名をジャパン。
日本、ニッポン、
大切、メロディ、空虚な理想が渦を巻く。
素敵なメロディにワンダーランドにさせられるなら、
空虚なリズムと、合わせていく究極的
ロマンスは、体感温度を。ブルースはチェケラッチョを、
イメージしてチョコレートソング、
歌い始める究極から、
メロディで止まらない究極にさせてしまう。
リズミカルなファンタジスタ、
永劫の時を歩むなら、
炸裂ダンサー、価値がないからって
塞ぎ込んで閉じこもってばかりいたら何にも見えなくなっちゃうよ。
リズムが、サクセスパーティ、
エンジョイするミラクル、伝えられるファンキーに対して、
行動のロックンローラーすら、
ファイティングすら、運命すらチョコレートになってしまう。
リズミカルなダンサー、宇宙を羽交い絞めするなら、
理解、ファンタジー、行動的ロッケンローラー、
価値と、それを許す最高峰に対して、
イメージした超越心、ラブリー、
ある宝物を発見した。
希望というメッセージすら、分からないようで。
炸裂するビリーバー、
謙虚なヒーローと共に、
受け継いだはずの奇跡すら、
メロディすらこの光景は、
ワンダーランドなミステイクを教えてくれるから。
理解はファンタジー、その領域で党歌津したから。
メロディックライン、整ったなら、
空間、ビリーバー、着実な炎を灯したかったから。
ラブリーなチェンジでも、ミステリーが興味を示しても、
知らんぷりを決め込んだのは誰。
空中に浮いている歴史、
ファンタジーが疑うなら、
サクセスへのジャパニーズすら、
永劫の時を駆け抜ける、日々すら
笑ってしまうの?
こんな僕すら許せなくなるの?
時間がない。4年間、
残された残りの時間、
理想とチェケラッチョファイター、
宇宙人に対抗しても、
メロディックライン、統率力があったとしても、
魅力はファンタジー、憂鬱な記憶が、
メッセンジャーなトークライブが、
ファシズム、つららが降ってくるように、
ミステイクするラブリー、方向性すら崩壊してしまう。
なあ、トコナX。俺はあんたとは違う道を選ぶよ。
君は頼り過ぎた。
運命を分かち合えなかったことを痛ましく思うよ。
リズムが炸裂する。
ロマンロックなベイビーが、
失われた歴史にファンタジーを灯すなら、
空虚な空間、ビリーバーとジャスティスを見させてくれる。
ファンキーなドリーマー、伝えすぎるための、
空間は空虚に、未来を
永遠に、歌いだせる為に。
空虚な理解、ファンタジーにすら、
映像をサクセスパーティにさせるなら、
空間、ビリーバー、ジャスティスなアンドロイド。
空虚な理解、ファンタジーとして受け継がせて、
ファンキードライブ、価値観がブルースにすら
なっちまう。感覚的トゥルースに、
影響させるなら、
未来と怖がることはないんだよと。
極め続けるパーティに、ロマンロックが宿るなら。
リズム、サクセスするためのパーティ。
ロマンロックなベイビーが、
失われたとしても、希望、フューチャーアイランド。
ことごとく、フューチャーラインになってしまうなら、
空間的ビリーブに挑戦してしまうなら、
理屈とファンタジー、受け継がれるクォリティと共に、
究極性は音を越えて。
リズミカルなファンタジーを、
理解を越えて、ラブリーな方向を向いて、
炸裂するワンダーランドになってまで、
影響力、ぶっ飛んだなら、
価値という言うことを聞かないラブリーにすら、
世界観、ビリーバーなジャスティス、
交換条件飲むぜ。
ストーリーを描くなら、
今ある曲など聞けても二回。
ファンタジスタ、未来が見たい。
落札パーティ、
エンジョイするなら、ミラクル、
チョコレートダンスが存在しているという。
極めることに意味がないなら、
大切さとドリーマー。
栄光を伝えても、
ファンタジーアイランド、夢中になっている。
希望とファンタジー、宇宙を差し出せるなら、
空間的ビリーバーをジャスティスにしてくれるなら、
そのハーモニー、歌えるくらいの、
ドリーマーになれるくらいの、
ファンタジーアイランド。夢中な冒険次元が
ちゃいます。リバーズ。アンドロイド、
価値が揺らぐ方向性すら、
リズムで食ってかかる必要性、
ミラクルを伝えても、始まりの瞬間は
終わってしまうから。
強烈なパーティ、ロマンロック、
ファンタジーを越えて、それでも嫌いだと伝えるの?
モンキーマジック、伝えることすら分からなくなりそうなの?
空間的ジャスティスが、
運命を、そのチョコレートソングを悲しむなら、
ストーリーとミュージック、
ファイターはロストするチルドレン。
価値はないのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーと、
受け継がれていく理解と、
ファンタジーは共鳴的に強制させられて。
ラブリー、エンジョイラブリー、
崩壊するなら、リズムとイズムに教えてあげよう。
未来が魅力的ならば、希望、その意味を問いかけよう。
ロマンロックなロックンローラーが、
必要としてくれたミラクルへの、
カウントダウン。
蔓延る嘘に我慢ができなくなりつつあるなら、
空虚なメッセージ、愛しさに波を打つ。
大好きな展開がメッセージを、
強烈に、ファンタジーを越えてくれるから。
理解する興味すらも、
消え失せてしまうなら。
活動家の魂、
炸裂するマイダンサー、
形から入って、
カラスで始まりカラスで終わる。
リクライニング、意味不明しか顔を貸してくれないなら。
ファンキーなリズムに鬱陶しいリズムが
予兆してくれてるぜ。
ファンキーなリズムに、栄光を伝わりやすくなって
しまっているならば、形すらメロディにしてあげよう。
ミステリーな協力性、ラブリーなチェンジ。
ほとんど雑音にしか聞こえなくても、
ビリーバーなジャンピングは、
価値を許さず最高峰。
イメージしてなお超越性、
未来に対する栄光性と、
ラブリー性と、放つ大切な言葉と、
男性女性の 気象の浅さを、
ファンタジー、そのおこりっぽい性格を、
リズムを、階段を、サクセスするための希望を。
ファンタジーアイランド、
夢中になっている希望すら、
ファンタジーすらミュージックを追いかけるなら、
炸裂するビジネスと共に、
憂鬱になってしまうなら、
究極性すら教えてあげよう。
全てをぶっ壊すことに対して価値を感じているなら、
ブルースは共鳴、歌いだすファンキーにすらなってあげよう。
ミラクルが近づいてくるなら、
パーティとリズム、
階段をワンダーランドにさせたいの。
ミラクルでチョコレートソングなのであれば、
空中に浮いている歴史すら、
ファンタスティックだと認めてしまうの?
価値が愉快なら、崩壊するリズムアップ。
ここはでかすぎると言わしめた価値観ですら、
ファンタジーですら、栄光ですら、
ファンタスティックアイランドですらも、
価値観、ブルース、共鳴するワンダフォーだったとしても、
リズミカルな影響力、
突っ走った儚さ?
ビリーバーなジャスティスが、
運命を笑って頂戴してくれているなら。
炸裂マイダンサー、
言葉にならずとも、
スクラッチ、ファイナルジェットコースターモンスター。
リズミカルなファンタジスタが、
影響力、ヒップホップになってまで、
ストーリーとして共鳴させた、
ファンタジスタと未来を、栄光にさせたんだ。
だから言ったじゃないか。
未来が分からないことの意味か?
炸裂するマイダンスだよ。
お前、俺の話よく聞いてなかったろ。
ビギナーズハッピーなのか。
それに協力してくれる奴がいればいいね。
価値をマンネリズムでねじ伏せるなら、
価値すらないものねだりだろう?
それを憂鬱にさせたのは誰だよ。
奇妙過ぎるメッセージに、まだついてこれてないようだな。
価値が分からないのは分かったが、なぜ今なんだ?
ファクトリー、飽きたからだよ。
サクセスにな。感覚の傀儡になるのを恐れたんだろう?
究極的なメッセージが洗いなおすなら、
その記憶すらも@止まらなかったかもな。
それをビリーバーにしたんだ、頂戴するミラクルはあっただろう?
奇妙過ぎるくらいのメロディであれば、
憂鬱なファイターですら、
価値観とブルースになれたかもしれないね。
ビリーバーなジャスティスが、
運命をチョコレートディフェンス的に。
ラブリーコールがエンジョイしているのであれば、
空中に浮いている歴史すらも、
ファイティングな世界観すらも、
栄冠を望んでいた。そんな気がしないか?
素敵なメロディがケセラセラすればな。
価値観という根拠のない嘘で、
また俺を騙す気か?
ステージが違うんだ、言ったろ?
ファンタジーはそのままでは呼び覚ませられないって。
それでも君はいい記憶を持っている。
ファンタジーだよ。ミステリーだ。
交換条件すら忘れそうなくらいだ。
価値観がミュージックになっているのか?
果てしなさが儚さを憂鬱に思い出すならな。
それを認めることができないから?
憂鬱なメッセージは高まる期待を押し上げるんだよ。
炸裂するワンダーランドに、未だに意味がないってことか。
リズムがアップグレードしているなら、
ファンキーなドリームすら、憂鬱にさせてしまうのか?
リズミカルな疑いがアンバランスならな。
起承転結があった方が面白いだろ?
それをサクセスと呼んだのか?
それはあまりにも、横暴過ぎやしないか?
ラブリーなチェンジが認めているんだ、
ハッピーになろうと関係ないだろう?
窮屈なファイター、それで生み出される別次元か。
形を失ったら、それはそれで綺麗なんだよ。
メッセージが足りないならいいよ。何度でも教えてやる。
ファイティングする世界観なら、それすら愛してやるさ。
ファンキーなんだろう?
愛おしさに波打つ心臓が。
理解がファンタジーが、越えていくミステリーが、
興味を示してくれているんだろう?
ファンキーなリズムがエイトビートならな。
空間とそのビリーバー、
大切にしたいことが一杯あるんだ。
じゃあ死ぬ気でそれらを守り抜けよ。
その程度の事はできるだろう?
破滅的恋愛に、行動パーティのリズムがのらりくらりと
乗っかっているなら、気象衛星、太鼓判すら押せるはずなんだよ。
奴を適当な扱いしやがって。
それでもストーリーは、探し出す明日を笑っているだろう?
奇妙な温度は体感速度なんだよ。
空間はそれのみでは膨張しねえ。
ラブリーハウスを認めてこそ、次の世界が垣間見えるのさ。
不思議なことに対する興味か。
虚ろになれれば違いすらも分かってくるかもな。
そのビリーバーにチャンスを預けたいんだよ。
希望的コミュニティだけじゃ悲しくなるだろう?
歴史的メロディか、それも悪くないな。
さほど意味はないんだろう?
器用な奴だな、理解できるのか?
リピートできるなら、それに対する興味はあるよ。
リズミカルなエイトビートに全てを任せている気はないさ。
ラブリーゲームが逆らわせているんだろうな。
きっと、価値を追いかけているんだよ。
ビリーブできたかな。
ロックンロールはひたすらだったかな。
イメージがチョコレートになっているだけなんじゃないの?
価値観がブルースなら、
それを謙虚に思うことにすら
愛しさは宿ったかもな。
ビリーバーなジャスティスが運命的なのか?
そこにはかるための意味があるならな。
空間と、擬態する運命に対して、
ラブリーチェンジを認めさせるわけにはいかないって
話か?
リズミカルなエイトビートが炸裂する今を笑うなら、
メッセージすらも共鳴するダンサーズを驚かせるだろって話だ。
宇宙はまだまだ広いんだ。窮屈なんだよ。
それでも良く分からないな。必要としてなぜ、
それでもまだまだを求めてしまうんだ?
理屈がファンタジーならば、疑う意味すらないってか?
ファンタジスタが舞い戻っているんだ、
必要性はミラクルだった。
分かるだろう?
その空間に理想が存在したのさ。
ファンキーなリズムが歪さをメロディにさせていたのか?
ビリーブなチャンスが寝返ったからね。
必要とされてのことだった。
意味なんかないさ。
元々そんなもの俺達は興味が無い。
ロックンローラーにディフェンスを守らせたってことか。
リズムがスキューバダイビングしたら、
その価値ですらユートピアになっちまうのか?
ビリーバーがジャスティスを埋め合わせする展開を望んだらな。
価値観というミュージックが、果てしなさを魅力として受け入れたのだろうか。
メロディックラインが整う前から必要としていたなら、
謙虚なヒーローですら爆笑してくれたはずだよ。
その理解の果てに、俺がいるってことか。
でも、空間だけじゃビリーバーは保てない気もするがな。
リピートするメロディがアンサーを返すんだよ。
それは必要としてるミラクルが頂戴するのと
同じ原理だ。メッセージがつなげるのは価値観だけじゃないんだよ。
ブルースも含まれるってことか。
だとすれば、ますます訳が分からねーな。
俺は、いや俺達は何のために存在しているんだ?
価値を考えることに歯がゆさが揺蕩っているんだな。
分かった、ブルースを頂戴する意味すら教えてやる。
ファンキーなリズムに栄光がナイーブならば、
その方向性にこそリズムが宿っているってことを
教えてやるよ。
ファンキーなリズムがエイトビートを望んだんだ、
不思議な話ではないだろう?
奇妙ではあると思うよ。
若干場数が悪いし。
ラブリーなことは愛おしさなんだ。
その高いレベルで会話できるなら、
ハナっからそんなものはいらなくなっちまう。
歴史がファンタジーになっているってことか?
一緒なら怖くはないだろう。
奇妙なメロディと共に、受け継がせることが、
楽しくて仕方ないんだ。
それはリピートするダンサーだけかもしれないが、
メロディックラインは整わせているんだよ。
ひたすらファンキーなんだ、
イトウシロウみたいにな。
価値観がブルースになっている?
何を寝ぼけたことを言ってんだ。
ブルースはハナからそのままだろう。
歴史をぶん殴る気か?
それともファイティングの傘に隠れて、
逃げおおせるつもりかよ。
おい、しっかりしろよ。
ファイターはそれを望んでいたか?
ブルースはエンジョイしてくれたはずだ!
それを認めることが、本来の意味での邂逅か?
果てしなさは道徳を生み出してくれるはずだから、
その意味では価値観は揺らぐべきじゃないんだよ。
それすらも変わっていくとしたら?
ミュージックは、彩りを増すしか道がなくなるな。
そういうハイな状況に対して、
歴史的メロディを超越させたら、
運命すらも塗り変わっちまう。
分かるか?
たった一つの嘘が、巨大な運命を壊しちまうんだぜ。
ロックンロールなフィーバー、
それも価値として受け入れる。
大好きな展開と話なら盛り上げるべきだろうよ。
滑走路がメッセージになっているんだろう?
空虚なメロディと、地図で全てをあてがおうとした、
その根性は立派なものだとほめたたえてやるよ。
でも、まだ分かってない部分があるね。
大勢、ミラクルを連れてくるなら、
ハイパーインフィニティだろう?
いつまでも続けることだってできるんだ、
さて、どういう道を選択する?
運命は君に強制はしない。
選択権は君にあるんだ。
最高になることも、簡単だ。
理解、ファンタジー、どれに対して、
君は曖昧な疑問符をつきつける?
ファンタジーが、越える今が、
交わってる時間が、愛おしいのだろうか。
それは炸裂的な意味の無さをはらんでいるとおもう。
必要最大限の努力をしたところで、
報われるとは限らないし、
メロディは統率力を失わないだろう?
奇妙過ぎるメロディを原点とし、
その破壊力に全てを預けるなら、
希望的解釈でもできるってことか?
それに伴うリズムが笑うならな。
空虚なんだよ。要するに。
その中に、炎が存在するのか?
ミラクルを伝えだすなら、
ファンキーなリズムになったところで、
ロックンロールは変わらないだろう?
必要とするミラクルが、伝えてファンタジーになっているということは、
理解、ファンタジー、疑う必要すらなくなってしまうの?
それは空虚さが教えてくれるはずさ。
希望とワンダーランド、密着なファイトが
後ろ側を灯すなら、空間的ラブリー、
崩壊的メッセージすらも、
映像を叶えてくれるはずだ。
違うか?
サクセスへのワンダーランドが違いを見せつけるなら、
俺も生きがいを求めて旅をすることが可能かもな。
それに伴う意味の無さは、
その果てに何を僕に見せつけるんだい?
起承転結があいまいなまま、物語を閉じてしまうのか?
理想は超越的に調整しねえ。
ラブリーなコールだけでは愛おしさは宿らねえ。
本当に必要なものが、理解されていない気がするんだよ。
ファイターなんだ。ロストチルドレンに
守られているっていうイメージですらも、
理解できないのか?
果てしない究極がそこにあるってことか。
リズムが最高ならば、
愛おしさですらも半減期を通り過ぎるまで
良く万年かかるってことさ。
ラブリーエンジェルならば、
形を見出せると思ったか?
リズムがアップグレードなら、
隠れる意味すらなくなってしまうんだぞ。
リピートするアンサーが孤独なら、
発表会すら理想になってしまったはずだろう?
歴史的メロディがそれを笑わせたんだ、
だって、仕方ないじゃないか。
イズムとストーリー、まっすぐなファイトを、
ファイターを失ってくれるのであれば、
価値観とブルースというサクセスですら、
意味のないものになってしまうじゃないか。
そのリズムが怖いのか?
必要とされたいからってもがく凡人みたいだな。
そんなに急ぐことはねーよ。
ゆっくり周りを見渡せばいい。
その頂戴マシンガンに、
エイトビートがスクラッチしているのか?
ファンキーなドリームが歌いだすなら、
それも含めて失礼なほどに仕方ないと
思えないか?ビリーバーなジャスティスを
影響させられるかってことか。
イメージは調整させたミラクルの狭間で、
揺蕩うように君の音色を待っている。
活動する世界観にすら愛されるなら、
希望的解釈、嘘偽りですら、
愛せてしまう力強さが必要になってくるんだよ。
興味が無くてもそれは本当なんだ。
ああ・・ちょっと色々変わるな。
大好きな展開と共に、
宇宙を見れるなら。
空間的ビリーバー、ジャスティスをエンジョイできるなら、
行動、確かにパーティ。
ロマンロックなエイトビートすら、
栄光すら、映像すら、
パーティになってしまいそうだ。
ようやく分かったよ。
極め続けるパーティ、
その意味がね。
炸裂するダンサーにすら、
偽りを世界観にしてしまいそうな、
リズムが揺蕩うように存在しているってことが。
必要としているミラクルが、
行動のハニー、
現れるあいつを、
対抗させる為に、
俺も力強さを増していかなければ。
その繰り返しこそが、
本当の自己実現を作り出すんだろう?
ファンキーなリズムを、
エイトビートで塗り替えるとすると、
ファンタジーアイランド、夢中になってる行動すら、
ファンタジーアイランドですら、
満たせる価値観を探し始めてしまう。
リズムってそういうことだろう?
それに対する無限の戦いが存在しているってことだろう。
メロディを愛し、メロディに愛される。
価値観とブルース、共鳴するファンタジーにすら、
憂鬱にすら、記憶にすら、
ミュージックを理解させる。
ドリーマー、自分のものにする為に、
四苦八苦だ。
希望とファンタジー、受け継がれたなら。
記憶とメロディ、突っ走ることが許されるなら。
記憶とメロディ、窮屈なファイティング、
理想が思想を展開させるなら、
空間的ビリーブ、
ジャスティスをエンジョイするように、
ロッケンローは歌いだすファンタジーを、
歌って、それでも果てしない魅力を、
追随させて、それでも愛おしさを止めたくないの?
奇妙なファンタジーですらないのなら、
空中に浮いている歴史、
ファンタジーにすらなれないのなら、
言葉、ファンタジー、憂鬱なパーティ、
ロマンロックとベイビー、
失われたらことごとく、
意味がないものたちとの戦いだ。
イメージが強制的にロッケンローを
耕しているなら、
ファンキーなリズムすら愛さなくてはいけない。
リズミカルに、行動するパーティは、
それを忘れたら意味がないんだと。
極め続けるハートにすら、
ワンダーランドにすら、
チョコレートにすらメッセージを、
トークさせて、それでも愛しさが舞い戻るなら。
空間がビリーバーならば、
そのジャスティスに対して、
運命を協力してくれるなら、
ファンタジーを受け継いでくれるだろう。
奇妙過ぎるメロディは、
突っ走るように、栄光はワンダーランドを満たすように、
空虚な空間が、僕を愛おしむ。
リズム、炸裂するサクセスパーティへと、
エンジョイさせてもミラクルは、
永遠を教えない。
ダンスタイムがミュージックを運ぶなら、
伝説的メロディ、
突っ走るなら、その記憶を愛おしいと思ってくれるなら、
理解というフューチャー、ドリーマーを、
謙虚なヒーローにサクセスワンダーランドにさせながら、
リピートとダンサー、クォリティすらも、
一途なパーティに、ロマンロックなベイビーを失われているなら、
気象衛星、大会制覇すらも、
ファンタジーすらも、映像的ファンタジー、
受け継がれるパーティナイト、
ケセラセラなキッズたちが、
ファンタジーを乗り越えて、
希望をファンタジーにしていく。
理想的超越が、
馬鹿馬鹿しいリズムを教えてくれるなら、
理解とそのファンタジー、
憂鬱な希望にサクセスが宿るなら、
希望とパーティ、
失われた記憶すら、
ファンタジーすら、憂鬱にさせてしまうんだろう?
空虚な理想と共に、
最高の友を得た今、
リズミカル、そして確信する。
リズムアップ、
私はまだまだ成長できる。
それが分かるから、今こそコソコソ、潔くてさ。
ファンキーなドリームにすら、
エイトビートを栄光にさせてしまうのかい?
ビリーバーなチャンスが、あげつらう
ことも必要性。
魅力的ファンタジーにすら、
憂鬱なパーティを守ってあげよう。
ミラクルを伝えることに対して、
意味がそんなに沢山ないことにびびっているのかい?
奇妙過ぎるメロディは、時に新しくなるよ。
価値観がファンタジーを呼び覚ますからね。
ビリーバーなジャスティスがそれを望むなら、
空間、それも放ちだす、
空虚な空間と共に、
炸裂するワンダーランドは願い出すだろうよ。
空虚なメッセージ、愛おしさを貫くまで。
リピートするアンサー、
ことごとく嫌いになるまで。
ファンタジスタはリピートするメッセージに対して、
共鳴するファンタジーを、
受け入れてなお、極め続けるパーティを。ロマンロックなベイビーを、
失われてもサクセスがワンダーランドになってしまう。
理屈がメロディになるなら、
理解するためのファンタジーを、
憂鬱なファイターを、
ロマンロックなベイビーを、
失われた記憶と共に、ファイターが
ロストチルドレンを見守るなら。
理屈が、それなりのファンタジーを、
越えてくれるなら。
理解してくれるなら、
こんなに嬉しいことはない。
それが、望むものなのか。
サクセスのパーティの次は、やっぱりエンジョイしたいだろう?
ファンキーなリズムにエイトビートが乗っからないのかい?
奇妙なファンタジーは、時に何を思うんだろうね。
空中に浮いている歴史などが、
空間ビリーバーなジャスティスを、
健康的にさせているのかい?
ハーモニーが歌いだすなら、
嫌いなファンタジーですらも、
映像的な栄光を見せてくれるだろうか。
ファンキーなリズムに酔うならね。
ストーリーとストレート、
真っすぐじゃないから極め続けることすら難しいのさ。
ラブリーエンジョイが満たされないんだろうか。
ファンキーなマシンガンに、いつまでも酔ってはいられないってことさ。
リズミカルなファンタジーに、虚ろにさせられたら意味がないってことだろうか。
究極的にはロマンスを食べるっていうことだから、
空虚なメッセージと、
愛おしさが走り出すのかい?
興味はないけど炸裂するんだろうか。
奇妙なメロディが当たり散らすならね。
究極的ロマンスだって君に見せたい。
だって、そうだろう?
メッセージは統率力を、
ファンタジーを受け入れた価値観は、
メロディで突っ走るように、
クォリティはワンダーランドを、
ミステイクするように、
ファンタジーが受け入れられるように、
ファンタジスタな未来を繰り返すように。
ファンキーなドリーマー、
エイトビートを炸裂させるようにして、
運命的な適当さは、運命を越えていく。
炸裂するディフェンス、
能力が集をくくっていく。
ラブリーハウスなジェットコースターモンスター。
追従するハッピーは、理想すら追いかけてくれる。
理解してくれるメロディが、
突っ走る栄光を笑うように、
空虚なリズムと共に、
受け継がれるファイヤーがあるから。
理解とファンタジー、受け入れた価値観が、
エイトビートに狼煙を上げるなら、
空間、ビリーバー、ジャスティスをエンドレスにする。
発表会は理想を、思想を、
展開的ドリームを、
永劫の時を駆け抜けるように、
ロックンローラーなファンタジスタ、
受け継がれているパーティと、
ロマンロックはエイトビートを、
嫌うように。ファンタジスタな未来を、
影響力、ヒップホップに重ねていくドリーマーすら、
映像的パーティすらも、
ファンタジスタを描くように、
ファンタジスタは未来を教えるように。
空虚な伝説と、
未来を教えてくれるから。
奇妙な愛おしさは、
ファンタジーを、スクラッチアゲイン。
大胆不敵なドリーマーを、
栄光で伝えるように。
立派なフェスティバル、
運命がチョコレートダンスを、
栄光で歌いだすように、ファンキーなリズムは
それにノリノリになって、
愛おしむように。
ファンタジーはクォリティを求めてくれるから、
ファンタジスタと永遠、
リミット、ジェットコースターアタックを、
希望させてもドリーマー。
その為に磨いていっているんだ。
ファンキーなリズムが。
栄光のユーロビートが、サクセスさせるように。
イメージはチョコレート、ダンサーズをハッピーにさせるように、
空虚なリズムは愛おしむように。
空間、ビリーバーなチャンス、
勢いでのみってのはぶっちゃけツライわ。
ダンスホールでエンジョイするなら、
ミラクルに対する共鳴でさえ、
ファンタジスタですら、
健康的ラブリー、方向性、
それらに対抗する為に、
強力な世界観に対して、
魅力的ファンタジーが、
受け継がれていったから。
それは、敵も一緒だから。
ファンタジスタな未来、でかすぎる世界に対して、
ラブリーなエンジョイを認めてくれるなら、
価値観ブルース、選曲、ファンタジスタを、
映像的にファイナルアンサー。
孤独に毒々しいリズムを、
追及するアホらしさなのであれば、
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジスタな未来を教えてくれるから。
理解するための究極的、
ファンタジスタ、未来を教えてくれるなら、
理解できるファンタジー。
サクセスがサクセスへと、
栄光のワンダーランドへと、
白熱するルーキー?
伝わらないなら結局は。
イズムで散らした、俺の御業かな?
素敵がファンキー、リズムがエイトビート。
嫌われても僕たちは。
イメージを調整する中で、
その中においても、希望とファンタジー、
受け継ぐ理想とチェンジング、
ファンタジスタが未来を呼び寄せるなら、
最高が歌いだせるならば、
空間的ビリーバー、
調整してみせよう。
リズミカルなエイトビートすら、
映像的コミカルすら、
ファンタジスタとして
映像にさせてしまうなら。
空虚な理屈さえ、
ファンタジスタすら、
魅力的ファイナルアンサーにしてあげよう。
ミラクルが伝えてくれるなら、
理想的に適当に、メッセンジャーなクォリティに、
ダンスホールでエンジョイしてくれるなら、
パーリーナイト。
エレガントに繰り返されるなら、
ファンキーなリズムすら、
エイトビートな栄光すら、
分からなくさせてしまう
リズムとアップテンポに、
美貌すらも炸裂してしまいそうだぜ。
ロッケンローなファンタジスタが、
未来を呼び寄せてくれるなら、
理解をしたいともがくなら。
希望的パーティ、ロマンロックなベイビー、
失われる記録的ミュージックパーティ。
失われるなら、サクセスとエンジョイしている
ミラクルすら、伝わってきてくれるだろう?
発表会、理想がチェンジしてくれるなら、
理解とファンタジー、受け入れる価値観すら、
映像すら、ワンダーランドすら、
分からなくなってしまうなら、
究極的リズムを教えてあげよう。
リズムがアップサイドポテトになってくれるなら、
白昼夢、理想的感覚でさえも、
リズムでさえも、
リズミカルなファンタジスタ?
運命的に適当になろうが、
それは必要のないことなんだ。
静かで、やわらかで、
照らされるものがあるんだ。
記憶が豊かなんだね。
炸裂するユートピアすら、存在しているんだ。
リピートしているダンサーが、
クォリティと共に引き継がれてくれるなら、
リピートマイダンサー、
クォリティも全然違う場所で、
イメージしたら、究極的にすらなれるのだろうか。
リズムがチェケラーファンタジーに、
受け継がれたなら、ファンタジーアースなんだ。
止まらない究極性と、
リズムをサクセスパーティにさせたから、
メッセージ、協力的にラブラブだったとしても、
記憶はメッセージにすらなれないだろう?
奇妙で器用なファンタジーならば、
ネガティブなものも全てを利用してやる。
ファンキーなリズムに、蛍光灯、傾向がサクセスを生み出すなら、
空間、ビリーバーなジャッジメント、
空間的炸裂ワンダーランド。
窮屈なファイナルアンサー、
道徳がそれらを守ってくれるなら、
理解してくれる協力性、
ラブリーチェンジで認めてくれるなら、
理解をしてあげよう。
ミラクルが注目するリピートと、
モンスターマシンガン。
リピートダンサー、
黒いサクセスに対して、
運命的な適当でも、
ミュージックファイター、
ロストチルドレンにすら、
ファンタジア、ジェットコースターアイランド。
ミュージックがファイターであるなら、
空中に浮いている歴史、
ファンタジーになってまで、
栄光のチェケラッチョファンタジー、
歌いだす、疑い出すファンタジーは、
虚ろな展開として、受け入れた価値観にすらなってしまうんだ。
究極的メロディと共に、
窮屈なファイヤータイムが、
描いた究極性と、
居候の展開にすら、
ファンタジスタを光景として受け入れていった。
ファンタジスタと未来とは、
影響力、突っ走る描いた夢でさえ、
ファンタジスタでさえ、その意味を問いただすなら、
空間的にはベリーナイス?
空間を炸裂させたなら、
空虚な理想に閉じ込められたなら、
その空間にリピートする意味は逆らえるのかい?
微妙な着実性ですら、
映像ですら、ファイティングチョコレートだ。
ダンシングしているファンキーに、
リズムすら何をするか分からない興味が勢いで、
究極的ロマンスにすらなってくれるから、
ダンスはフォーエバー。
価値が揺れるから、つまり最高だ。
奇妙なメッセージ、愛おしさが連なるなら、
活動してくれるファンタジー、
虚ろな天才に、ドリーマーすら、
ラップスタイル、ハーモニーが歌いだすなら、
クォリティとワンダーランド、
チョコレートダンスと共に、
受け継がれたら、パーティ、
ロッケンロー、
ファンタジスタを思い出した。
記憶と共にユートピア、
炸裂するなら、
ニューディフェンスだ。
価値が揺らぐなら、
その方向性、イズムとの戦い、
長い時を越えて、
リズミカルなファンタジスタになったとしても、
理屈がファンタジーになったとしても、
リピートモンスター、
追従し追及するワンダーランド。
空中庭園が笑うなら、
究極的ドリーマー、
映像をサクセスへと片付けてくれるなら。
ロッケンローハニーだ。
エイトビートが炸裂させるなら、
奇妙なメリーゴーランド、
空中浮いてる歴史。
リップスライムな世界観、
魅力的ワンダーランドに全てを満たすなら、
記憶というファンタジーすらも、
栄光すらも、ワンダーランドすらも。
映像的コミカルなスクラッチ、
果てしない言葉の果てには何があるんだい?
窮屈なリアルナイト、
フィーバーさせるなら、理解する。
究極的リズム、
注目するなら、そのファンタジーと、
勢いで共鳴したら、
ファンタジスタにすらなれないの?
大胆不敵な未来を愛したいの。
刻んだストーリー、舞い戻るなら、
ストーリー、メッセージを超越してよ。
ラブリーな影響力を突破してよ。
ファイティング歴史、
ミュージック、理解が
ファンタジーになる為に、
空虚なリズムは、
エイトビートに狼煙をあげて、
ストーリーをミュージックにさせてしまう。
リズミカルなファンタジスタに、
映像的サクセス、ワンダーランドをチョコレートに
してしまうなら、リズム、サクセスワンダーランドに、
記憶がメッセージになっていく。
理想的調節、ミラクルを演じても、
記憶は、記録は、結ばれることに対し
虚無を演じない。素敵なファンタスティック、
運命が笑い出す。
展開、鼓動、メッセージが超越するたびに、
君に会いたくなる。
それらが、イメージしている直接に対し、
運命的なロケットランチャーを探したい。
奇妙でも、記憶はファンタジーなんだよ。
記憶と、メロディ。
クォリティを高めていくなら、
理想と超越、調節しても、
ミラクルは続けてくれるでしょう?
イメージが超越して、ミラクルを素敵にさせるなら、
ファンキーなドリーム、永劫の時を歩こう。
理解ができなくても、
ファンタジーがうそぶいても、
理解、ファンタジー、その声高らかに、
メッセージを強烈にさせてくれるから。
曖昧なストーリーだけじゃ戦えないんだ。
極めることに、ひたすらが乗っかった。
ダンスフィーバー、価値がゆれるなら、
方向性のイズムとリズム、
体感温度がブルースを共鳴させていく。
ロマンロックと共に、受け継げるものがあるのなら。
クォリティと異常、サクセスパーティにすらなってしまうなら、
空間的ラブリー、
それにすら挑戦権を委託するのであれば、
価値観、それに伴うブルースとは。
エンジョイするためのミラクルとは。
ケセラセラなワンダーランドに、
チョコレートダンサーが、
窮屈なファイターと共に、
潔く、耳鳴りを立ち込めて、
希望とファンタジー、
受け継がれるパーティになるように、
儚く散らすように、
ファンキーなリズムと最果てだ。
メッセージが強烈に、ファンタジー。
理解、ファンタジー、宇宙だ。
リズミカルなファンタジスタ、
空間、それらがラブリー、
崩御性のラブリーチェンジすらも、
価値的なブルース、謙虚なヒーローに、
サクセスするワンダーランドに、
チョコレートソングだったとしても、
綺麗にファンタジー、受け入れたなら、
価値観ブルース、
影響力ヒップホップ、重ねたドリーム、
描いた究極性リズム、
異次元にコントロール、
パーティにロマンロックベイビー、
大切、理解、ミュージック、
理解している究極と、
うそぶくサクセスへの旅。
希望とメッセージ、強烈なファイヤーとして、
受け入れた価値観にすらなってしまうなら、
機関銃、ラブリーハウス、
エイトビートが究極で、
ファイナルアンサーを呟くことすらできない。
奇妙なメッセージとエレガント。
メッセージがチョコレートダンスを、
イメージしてなお、突き抜けるダンサーを。
リズム、炸裂がワンダーランドならば、
希望とミュージック、ファイターは理想を
超越して、それでも嫌いになりそうな。
ミュージックと、ファイトしている伝説。
魅力的ファンタジーすら、
虚ろな天才に教えてくれるのであれば。
価値とユートピア、
炸裂しても、昨日からの影響力に
なったとしても、記憶はメロディ。
突っ走る記憶と共に受け継がれているなら、
ロッケンローなファンタジーを、
歌いだせる空間と、ビリーバーなチャンスだよ。
希望とファンタジー、宇宙を差し出してくれるなら。
理解とファンタジー、宇宙を差し出してくれても、
理解とミュージック、
鼓動、行動で示す。
宇宙に対する抵抗の御業は。
ストレートじゃなくても、希望じゃなくても、
リズムはあった。不思議な世界はあったんだ。
希望とミュージック、リライトしたとしても、
リズミカルなファイト、
永遠が悲しんだとしても。
リピートして、
リライトして見せてよ。
極め続けることがファイターならば、
勢いと共に強烈なパーティになってしまうなんて。
希望とファンタジー、受け継がせる行動を、
落札パーティにすらなれないというのであれば、
価値とブルース、謙虚なヒーローに。
ロマンロックとベイビーに、
失われた記憶と共に、
頂戴するハッピーは居候に。
展開ドリーマー、影響力を、
ヒップホップな可能性を、
歪な展開を、メロディを、
宇宙を、差し出せる方向性を、
リズムで鬱陶しいと思える記憶を。
ファンキーなメッセージ、
歌いだせるなら記憶なんだ。
理解がファンタジーになっているなら、
思想的展開、ミュージックをファイヤーにしてもなお、
貫く希望は、ファンタジーを伝えているんだ。
リズミカル、影響が伝えてくれるなら、
ファンタジスタと未来を教えてくれる。
リピートアンサーが、
希望的解釈を、
虚ろになっても思い知れない記憶を。
メッセージチョコレートを、メッセンジャー、
トークし続ける運命と共に、
リズムが炸裂するなら、
それがワンダーランドなのなら、
食いつぶす最高峰、
イメージをチョコレートにさせてまで、
止まらない感覚と、その価値はブルース。
世界観を越えてくれたから、
ファンタジスタは未来を教えてくれたから。
その方向に君はいるのかい?
サクセスパーティを望んでくれるならな。
希望的パーティが、
ロマンロックなベイビーになっているとも限らないんだよ。
サクセスパーティが、エンジョイするならば、
魅力的ワンダーランドが、
サクセスへのメロディを突っ走っているとも限らないだろう?
奇妙な憂鬱は、サクセスの為に。
クォリティは異次元だからこそ、
ミュージックファイターは、
ロマンロックを希望して歩き出すだろう?
奇妙さは、時にメロディを見せるのさ。
空間的ラブリーが、調節してくれるなら、
破滅的なこの距離にすら、嘘をつけるはずだ。
でもその魅力だけでは半減するだろう?
極め続けることに怒りがあるなら、
それも含めて素敵かもね。
ビーバップが、永遠を望んでいるなら、
価値というミュージックですら、
栄光を忘れてしまうんじゃないのか?
リズミカルなファンタジーがそこら中にあって困るね。
大好きな展開と共に受け継がれてきたんだろう?