究極的なほどのミステリー。
大切な言葉がエンジョイリベラルにすらなってしまうなら、
非協力的なミステリーを、
攻撃対象、炸裂するワンダーランド、
ケセラセラな伝わり方すら、
ファンキーなメッセージにさせてくれたから。
ドリーマーは影響力、
突っ走る感覚と、大腿部。
炸裂するビギナーズハッピーになるなら、
空間、歴史的ドリーム、
描いた究極性、
ラブリーハートで、認めだしているファンキーなリズムに、
栄光のユーロビートすら差し出してくれる。
リズミカルなファンタジスタ、
映像がサクセスワンダーランドに
なってしまうなら、
究極的リズム、かいつまむまで、
ストーリーはエンジョイしている。
ファンキーは理想と共に強烈に。
ファンタジーアイランド、メッセージが連なるならば、
ファンタジスタ、メッセージを連ねるなら、
理解とフューチャー、
アイランドがまくしたてる、
行動のロックンロールがひたすらを求めるなら、
希望、体感するミラクル。
大胆不敵な未来がよろしく言ってくれるなら、
ハイパーパワー、
エンドレスな希望、
ミュージックはループしていく。
ロマンチストと映像が、サクセスパーティを、
乗せ上げてそれでもストーリーはストレートに。
ミュージックファイヤー、失われたらことごとく。
ラブリーなハートになっているのは、
炸裂するビリーバー、
体感温度をぶっ壊す、
破滅的恋愛、行動のロックンローラーなパーティ。
失ったならば記憶にすらなりかねないんだ。
素敵なミュージック、居候、展開するミステリー。
興味が示すなら、宇宙とびびってる証拠だ。
ハプニング、舞い戻る世界観、
思想と展開、ミステリーが興味を示すなら、
ラブリーなハートが見つめだす。
ラップペガサス、
次は何を祭り上げようか。
それにたまらなく、求めることは潔く。
パーティなロマンロックベイビー、
ロマンロック、歌いだせるならば、ファンキーなリズムすら、
影響力すら、ヒップホップな可能性に気づけていない。
ラブリーチェンジがミステリーに、興味を示していく。
ラブリーなエンジョイ、ミラクル、伝わる歴史、
ファンタジスタ、映像とサクセスワンダーランド。
チョコレートメッセージに、共鳴する疑いが。
ファンタジスタが、未来を続かせているなら、
ファンキーな行動すら、歪な体感温度すらも、
映像、サクセス、ワンダーランドになったとしても、
リズミカルな今回は、
逃げ出せるフィールドすら存在するのかい?
奇妙過ぎるメッセージは、
それと共に歩き続けるファイナルは、
歌いだせる究極と共に、
リアルと共に、
リライトしてくれるファンタジーに、
受け継がせたファンタジーとして、
受け入れたならその価値観だ。
ブルースに興味がないなら、
素敵なファンタジー、受け入れた価値観すら、
映像のチェケラッチョにすら、
ワンダーランドを認めきれないというのなら、
腐敗した魅力、
ファンタジスタと栄光と、
メッセンジャー、統率力がメッセージになっている。
ドリーマーな着実性が、
ラブリーチェンジをマイメロディにさせていく。
ロマンチストとエイトビートが、
クラッシュしてもエンジョイしている
趣にあるのは、
ビリーバー、チャンスが逆らい出す。
イメージが直接的に調節しても、
魅力はランデブー、
伝える理解とファンタジーは受け継がれるだろうから。
奇妙なファンタジー、
受け継がれたなら、
究極的ロマンスすら笑ってくれるから。
奇妙なドリームは、その栄光をサクセスへと近づけてくれるから。
リズミカルなファンタジスタが、
エイトビートを炸裂させながら、
魅力的ファンタジーを受け継がせながら、
奇妙で微妙な炸裂はワンダーランドを、
ケセラセラは疑いをはねのける。
ライクシャワー、メッセージになってまで、
嫌いになってまでストーリーは続いていった。
ラブリーホース、ロックンローラーになるなら、
謙虚さに愛おしくなる。
それでもいいさ、好き勝手やることが自由なら、
反復運動さえも、
思想的超越すらも、
ファンタジー、受け入れる価値観すらも、
ファイティングチョモランマ、
素敵なメロディと共に、
受け継がれたファイヤーサインだ。
受け継ぐためのリアリズム、
伝わるこの光景に、
ダンスしているフィーバータイム、
理屈とファンタジーが現れて、
夜中夢のなか君が現れて、
本音と建前の間の扉を開いてしまう前に、
18の誕生日。
記憶しているミドルグラウンド、
価値がファンタジー、
受け継がれていた記憶が、
メッセージで強烈なファイヤーに。
ロストプラネット、価値が揺らぐなら、
その方向性に対するリズム、
炸裂するワンダーランドと、
チョコレートなメッセージを、
貫いている希望、
ファンタジーにすらなっているなら、
全てを敵に回しても俺は笑っている。
どうでもいいような、興味が炸裂するならワンダフォーだ。
失うものがないと、
無限の欲求が満たせない?
生憎俺はそんな悲しいループは連ねてないから、
自由にするといいよ。
奇妙なメロディ、突っ走るといい。
方向性のリズムとか、
影響力が突っ走るエレガントになったとしても、
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジーすら受け入れてしまったとしても、
リズム、炸裂するダンサー、
それと伴い吐き出す空間、
ビリーバー、ジャスティスな今回は、
炸裂するビジネスと、
トークライブ。メッセンジャーは話し始める。
空虚なリズム、体感温度はブルースを、
共鳴しているファンタジーは、
受け継がれてファイヤータイムになってしまう。
リズミカルなダンサーならば、
傾向とサクセスパーティ、
エンジョイするロックンローラー、
イメージが調整されていっても、
ミラクルは貫いてくれるから。
ファンタジスタは、未来を教えてくれるんだ。
ファンキーなドライバーに、影響力は、
イメージを調整するように、超越するように、
ファンキーなドリーム、永劫の時を駆け抜けていく。
理想と思想は、チェンジするミラクルすら、
エイトビートな共鳴にすらなっていってしまう。
リズミカルなエイトビートに、嫌われたとしてもエンジョイは、
そのミラクルは、伝わるはずの栄光は。
ラブリーチェンジを見捨てた、
映像とサクセスパーティの結局は。
ミステリードリームの永劫を、
貫く僕らのハッピーを、
イメージを挑戦的にさせた。
もしあなたがいなかったなら、
僕はもう足から根っこが生えて、
刻むストーリー、
メッセンジャーとトークし続ける、
破滅的恋愛に共同的に、
ラブリーが頂戴させられたとしても、
希望というフューチャー、
ドリーマーが大切にさせている。
ファンタジスタな未来は、
頂戴する為に。
記憶とメロディ、突っ走る記憶だ。
ロッケンローラーに、
ファンタジスタな未来を教えてくれているなら、
理解力、それのみが映し出すミステリー。
興味が示す向こう側には、
大切さが見え隠れするから。
ダンスフォーエバーに、
価値が揺れるなら。揺らぐ空間、
狭間の世界、感覚がブルースになっていく。
ロックンローラーなフィーバータイムが、
虚ろな天才と共に、究極的に。
世界観と異常さが、
ドリーマーを突き抜けているなら、
ダンサーフィールド、
価値が揺れる。揺らぐ。
最果てのメッセージの、チョコレートにいるというのに。
理想がチェケラーファイトになっているなら、
希望とファイティング、理想と思想が仲たがいだ。
サクセスワンダーランドになってしまうなら、
強烈なパニック、理想と思想、
展開力も含めて意味不明に。
トークライブ、サクセスパーティある、
エンジョイとミラクルが歌いだすから。
究極的リズム、曖昧に連れてきてくれる。
ファンタジスタは未来を教えてくれるから。
理解を、ファンタジーを、越えていきたいよ。
ミラクルが伝わってくれるなら、
ダンスホールでエンジョイしていた
メロディすらも、
究極的ロマンスと頂戴してしまう。
理屈とファンタジー、受け入れた、形。
サプライズ!
展開がサクセスへと興味を示すなら、
素敵、ファンタスティックなアイランド、
夢中になる暴走距離すら、
うつ伏せするファイヤータイムだから、
宇宙をサクセスさせなさいと、
リズムが、白昼夢にサクセスを齎すなら、
希望というユートピア、
運命がチェケラッチョファンタジーを、
疑いが差し出す方向性すら
笑ってくれるなら、
いいさ。導こう。希望とその方向性。
イズムとリズムが火花を散らす。
素敵にファンキーに、
ドリーマーなエイトビートをのけぞらせてよ。
究極的ファンタジー、
うつ伏せなファイターにすら、
ケセラセラを血相変えて
素敵にさせるなら、
運命的な適当な笑い声、
サクセスの為の究極、
ミステリー、サクセスワンダーランドに、
チョコレートなディフェンス、
価値観をブルースにしてしまったエイトビート、
ミュージックファイター、ロマンロックが歌いだすまで、
究極的ロマンスが、頂戴するミラクルにすら、
永劫の栄光の価値すら、
気づかないファイティングモードで、
ブルースは更に加速していく。
ロマンチストがエイトビートを極めているんだ。
価値とブルース、共鳴する疑いだけが、
未来を呼び寄せてくれる。
ファンタジスタが近未来を教えてくれるなら、
ファンキーなミュージック、
流浪に生きているラブリーすら、
映像すら、ハイクォリティに、
価値観的ブルースに変わっていくから、
破滅的恋愛すらも、
映像の栄光すらも、
ファイティングチェケラッチョ、
イメージが調整してくれるメロディを、
ラブリーハートが見つかるならば、
希望とファンタスティック、
エイトビートが最高に、最強になっていく。
ロストするチルドレン、ハッピーにロマンロックが歌うなら、
記憶とメロディ、突っ走る記憶と共に、
理想とチェケラッチョファイター、
失われたならことごとく。
ラブリーチェンジを認めてくれるなら、
ハーモニー、歌いだす記憶と共に。
流浪に生きてきた、ファイヤータイムだ。
虚ろな展開でも、サクセスロマンスでも、
究極的な程のロマンロックなベイビー、
失われたら価値観すら、
栄光のユーロビートすら、
映像的にサクセスになろうと、
分からなかろうと、
ミュージックはファイター、
失われる希望と共に、
憂鬱な日々を繰り返す。
理解するための究極的は、
ラビリンス、形を求める為に。
クォリティメッセージ、ラブリーエンジェル。
歴史的メロディ、美しさが、
半端ない愛しさが、守られて希望になってしまうなら、
憂鬱な昨日にさよならだ。
ファンタジーなアースジェットが、
その狼煙をあげるなら。
素敵なファンタジー、受け継がれる理解と、
共鳴、ファンタジスタを乗り越えて、
極め続けるパーティに存在するってことは、
リズミカルなダンサー、
宇宙の向こう側すら、
全てが見渡せそうな。
理屈じゃない、ひたすらファンキーな愛おしさは、
貫く方向すらリズムで、
愛しさで快挙を、
メッセージを貫いているような。
希望の崩壊性すら、
揺蕩うメッセージすら、
栄光の続くラブリーすら、
栄光のユーロビートすら、
映像すらも。製造すらも。
ファンタスティックな恋愛模様すらも。
映像的なキャパシティ?
運命がそうさせるのか、
極めることに対し運命が嫌ってくれるのか。
ラブリーなチェンジが巻き込んでいる。
ハッピーならばのらりくらり、
ダンスフィーバーならば諦めない方向へと、
リズミカルなファンタジスタとなって、
奇妙なワンダーランドはチョコレートなんだ。
空中に浮いている歴史的ファンタジー、
受け継がれるパーティにすらなれるなら、
価値観というブルース、
スムーズな展開に全てをわかせてやろう。
究極的ロマンスならば、
希望とその方向にあるメッセージ、
ラブリーなチェンジ、歴史的メロディ。
追憶の羽ばたき方から、
エンジョイするトゥモローが現れてくれるなら、
まさにダンサーなんだよ。
それだけが生きがいなんだ、
止まらないんだ、究極的なほどにね。
ラブリーなエクスキューズミー、
エンジェルたちは演じるミステイク。
果てしなさこそが行動の原点ならば、
希望的な総額に、ラブリーアタックが申し訳なくなるくらいなら。
歴史的ドリーマー、破滅的究極性すらも、
栄光のユーロビート、
サクセスパーティにエンジョイできるなら、
力強さで極め続けたい。
発表会とラブラブな、
展開としてのミステイクすらも、
映像的ファンタジー、栄光のファイナルアンサーすら、
謙虚なヒーローすら、まっすぐにトークバックしてくれるから。
破滅的恋愛すら、栄光すら、
ファンタジスタすら守る僕の力強さを。
ファンキーなリズムの雨あられを、
素敵なミュージックと共に
共鳴するためのダンスを、
イメージしたチョコレートを、
その全てを包む細胞の軍隊を、
果てしなさ、ミラクルを調整させて、
ラブリーコールが歌いだすならば、
ファンキーなリズムすら追いかけてみよう。
発表会が理想像を目指すなら、
階段と共に受け継がれていく。
ファンタジスタな未来と、サクセスパーティ、
エンジョイラブリーになったとしても、
記憶できるメッセージが、強烈なファイヤーが。
失った希望と、パーティロマンロックなベイビー、
失ったとしても記憶は、記録は、
メッセージは止まらないはずだから。
奇妙なメッセージと、トークバックする永遠に対して、
魅力的ファンタジー、虚ろな天才、天使、
ドリーマーな着実性、
ファンキーなドリームすら、
描いた究極性にすらも、
リズミカルなダンサー、
覆す魅力に、
ファンタジスタな永遠をよろしく思わせる為に、
空間的ビリーバー、
チャンスならば栄光を差し出すように。
空虚なメッセージは笑い出すように。
歴史的ファンタジー、虚ろなケセラセラと共に、
窮屈なファイヤー、
ロストするジェネレーション、
希望とファイティングモード、
サクセスパーティにすらなっちまう。
究極的なほどのメッセージ、
共鳴しているワンダーランド。
着実なファイヤー、
ロストプラネットに確実性と、
その距離、意味合いが伝えてくれるから、
ファンタジスタ、影響がヒップホップになってくれるなら、
ダンサーと共に受け継がせたい。
ファンタジスタが未来を呼び込んでいる?
価値観すらブラストになってしまう。
リズム、長い話終わりそうにない。
歴史的ミュージック、流浪に生きようが、
素敵でファンキーなリズムに、
エイトビートすら逆らってしまうんだろう?
空虚なメッセージ、頂きますわ。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠と共にクラッシュしてくれるなら、
勢いと共に宙に浮いている最高と共に
受け継いでみせる。ファンキーなドライバー、
伝えられるファンキーと、
理想郷を生み出す価値観、
メロディとリズム、最高峰を伝えてくれるから。
ミステリードール、
空中に浮いている最高峰、
行動のロックンローラー、
パーティがロマンロックならば、
希望とユートピアを、
炸裂するダンサー、
言葉にすらなれない痛み、怒りすら
分からせて。ファンキーなリズム、
鬱陶しい訴えにも希望を崩壊させてみせるぜ。
価値観がブルースを興味的に、
ラブリー崩壊、リズムとイズムだけでは散らせないな。
極めること、うつ伏せ、
ファイナルアンサーすらどこにも存在しないな。
奇妙なメッセージ、太鼓判を押す為に。
クォリティとワンダーランド、
チョコレートキックに、ファイヤーサインだ。
覆す魅力と共に、憂鬱なファイヤーをのらりくらりと、
リッピングするハーモニー、
疑えるなら、記憶と共に
受け継がせるなら、
ファイター、ロマンロックなベイビー達が、
失われている記憶と共に、
ミュージックファイターと共に、
受け継がせるなら、記憶とファンタジー。
理解している努力すら、栄光すら、ワンダーランドすら。
映像、サクセスへの願い。
大胆不敵な活動家、
ミュージックをファイターにさせていく、
ロマンロックなベイビーが、
失われたならば、
記憶がたもとに分かち合えるんだ。
価値観とブルースならば、謙虚なヒストリー。
大好きな展開が笑い出すから、
空虚なメッセージ、愛しいなら、
空間的ラブリーすら、崩壊するイズムとなっちまう。
ラブリーコールがエンジョイするなら、
ミラクルでその意味を分かち合うなら。
伝説的メロディ、突っ走る記憶と共に。
究極的メロディが突っ走るから、
エレガントな今日を笑うしかないんだ
窮屈なファイター、
ロマンロックなベイビーが炸裂するならば、
記憶と共にロケットランチャー。
サクセスへのワンダーランドへと
未知は続いている。
ずっとずっと未知なるフィールドを、
形を、飲み込んでまでスタジアム、
ロックンロールはハニー的に、
ラブリーな栄光に、ビジネスライフすら、
止まらない究極になってしまうんだ。
空虚なリズムが潔いならば、
スタジアム、思想とその展開は、
サクセスなワンダーランドは、
希望とその方向性は、
イズムと共に当たり散らす、
素敵なファンタジーと共に
受け継がれた、ファイナルアンサーが虚無を歌うんだ。
価値とブルース、興味がないなら、
格別な卓越ルーキーと、
ファンタジアを望みだして、あと何年後?
炸裂ビジネスと、超ラッキーなハッピーな、
埋め合わせと天才を、ドリーマーを、
描いた究極性すら、
エメラルド色した究極性すら、
ファンタジーアイランド、
夢中な慟哭が未来を作り始める。
形のみでは分からない、
奇妙なメッセージと、
愛おしいラブリーは、
崩壊するホーホケキョと共に、
ラップペガサスならそれなりに、
希望というミュージック、虚ろに讃えながら、
僕はきれいすぎる夢を見るのさ。
ラブリータイムは誰にも止められねえ。
ケセラセラならば、歌い始めるしかない。
最高とは何か。イズムとは何か。
己の限界とは何か、
試されているフィールドに立たされている気がする。
追いつこうとすればするほど、
運命が笑い出す。
退屈な未来が歩き出すんだ。
ファンキーなリズムが、
栄光がエイトビートを望み続けるなら、
ファンタジーと宇宙、
マイメロディは伝わっていく。
ロマンチスト共に、究極的メロディ、
突っ走るなら記憶にすらなってあげる。
奇妙なメッセージに歌いだせないんだろう?
究極的なほどのミステリー、
虚無をへし折る素敵なファイヤー。
ロマンロックなベイビーが失われているなら、
九十九里浜、素敵なファンタジーを
狼煙を上げるように、
究極的なほどのドリーマー、
サクセスパーティにエンジョイさせるなら、
傘をさして、合算して出せとか
言っちゃって、ラブリーホールが
エンジョイしてくれるなら、
私は私。私は文筆家。
イメージをチョコレートダンスで
埋め合わせをしていく。
こんなストーリー、ストレートにミュージシャンは歌い続ける。
ラブリーコールをエンジョイできるなら、
空間とビリーブ、
栄光がビジネスライフならば、
栄光とワンダーランド、頂戴するミステリー、
虚無が歩き続ける運命にある。
大好きな展開が笑い出す。
空虚なイメージ、それらもそのままで、
退屈な世界にすら、ならない欲求があるという。
極めるファンタジーになっているなら、
努力とメッセージ、極め続けるファイターは、
ロマンチストすら願い出すだろう。
空虚なメッセージと共に、
受け継がれたファイヤーは、
ロマンロックとベイビーを、失われた希望を、
ファンタジスタを、越えた僕のひたすらを、
理解、ファンタジー、憂鬱な記号。
希望とファンタジーにさせてくれる、
ロマンチックすらエイトビートだ。
最高のサイコキネシスを、
歌ったらファンタジー、
受け継がれし結局は、
破滅への序曲、
そして新しい世界への始まり。
ミステイクするラブリーすら、
崩壊するリズム、イズム。
戦いが更に崩壊している
リズムにさせるように、
記憶とメッセージ、共鳴するように、
ダンスフィーバー、
価値が揺らいだままで、素敵なファイヤー。
ロマンロックなベイビーが失わせているなら、
希望という崩壊リズムすら、
永劫の時を揺蕩う、儚さが歌う。
リピートするメッセンジャー。
記憶と受け継がれるパーティに、
ロマンロックはメッセージにすらなってしまう。
リズミカルなファンタジーに、
攻撃対象を、目標を失ってしまったら。
究極的なほどのロマンス、一致するファイター。
理解するためのファンタジスタが、
永遠をかなぐり捨てて、
今の未来を教えてくれるなら。
ファイターとロストチルドレン、
真っすぐな希望に対して、
それでも究極を求めているというの。
歴史的ドリーム、
描いた虚無すら笑い出すなら、
謙虚なヒーロー、辿り着いたなら、
サクセスパーティにエンジョイさせてまで、
嫌いになってまで、
ふざけた未来は笑い出す。
抵抗、笑い始めるルーキーズ。
止まらない世界観すら、
愛してしまう僕の憂鬱さ。
煌めくファイターと、
ロマンロックなベイビーが歌うなら、
希望と最高峰、
イメージがチョコレートソングになってしまうから、
リピートダンサー、
クォリティが異次元でも、
発表会、
思想と共に理想を超越したいという。
極め続けるパーティ、
ロマンロックなベイビーを失ってはいけないらしい。
大胆不敵な行動は止まらないのさ。
ラブリーチェンジ、
ミステイクが歌いだすなら、
ハッピーすらロストチルドレンだろう?
奇妙なメッセージが、高鳴る鼓動を抑えるなら。
希望とファンタジー、受け継ごう。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠が踊るなら、
その究極に対して、
未来を弾き出すなら。
結構だ、ラブリーだ、
その方向性すら愛してあげよう。
ミラクルが伝えてくれるなら、
理解とファンタジー、受け入れる形すらないならば、
クォリティ、ワンダーランドだ。
サクセスパーティにエンジョイが乗っかるなら、
素敵なファイヤーソング、
愛おしいなら、メロディがたまらないなら、
記憶というメッセージ、
俺は有り金全部使うようなバカじゃねえ。
煌めくファイター、
ロマンロックとベイビーが失われるなら、
希望的観測、宇宙が差し出してくれるなら。
ロックンロールなリズムを新しくさせてしまう。
理屈じゃないファンタジーが、
疑う為に、極める最高峰、
イズムで尽くされる為に、
クォリティ、異常にサクセスがワンダーランドになってくれるなら、
興味、孔明の罠でも構わない。
リズム、理屈、ファンタジーとして、
受け入れる価値観にすらなってくれるしかない。
ハーモニーは歌いだすのさ。
ケセラセラと共に、
憂鬱なファイヤーと共に、
憂鬱な生きがいは、
ファンタジスタとして未来を。
出来損ないなファンタジスタな
究極的なほどのミステイクが笑い出すなら、
謙虚にヒーローを求める為に、
空間、ビリーバー。着実なファイター。
リズムが炸裂するなら、
サクセスへの共同的な運命を笑ってくれるなら
理解するためのファンタジー、
受け継がれたパーティと、
ロマンロックなベイビーと、
失われた究極、
理解するファンタジー、影響力と、
ヒップホップは重ねることに対し、
ラブリーなチェンジすら巻き込んでいったんだ。
ファンキーなリズムとライム、
究極的ファンタジーが受け継がれているなら、
理解するための究極性すら、
リズムすら荒唐無稽になってしまう。
リズミカルな影響力、
突っ走るファンタジーにして、
ラッキーフェスティバルに
運命がチョコレートソングになっているから、
理想的チェンジ、ミラクルを豪遊。
素敵なファイター、
ロマンロックなベイビーフェイスだったとしても、
サプライズ、天候を予期していた。
ラブリーなハウス、宇宙の向こう側へ、
探していたドリーマーすら、
結局は分からなかった。
僕はだめだったんだね。
最高に対する意味不明すら、
ファンタスティックドライブすら、
価値観というファンタジスタでさえも、
リズム、サクセスパーティだ。
エンジョイするのが次のトゥモローならば、
記憶とメッセージ、強烈なファイヤーと、
逃げた惨たらしい世界観ですらも、
ファンタジスタですらも、
影響力それが目指す栄光ですらも、
ファンタジスタ、光景をみてくれるなら、
理解するためのファンタジー、
行動力とシンフォニー、
価値が揺らぐから、仕方ないんだ。
興味がワンダーランドになったとしても、
興味ない。歌いだすしかない。
このまま立ち眩みするしかないや
いやいやいや。
歴史的ドリームに、永劫の価値があろうとなかろうと、
サクセスパーティはエンジョイし続けるはずさ。
リミットと起承転結、
ラブリーホールをエンジョイするなら、
そのミラクルに対する希望すらも、
ファンタジーすらも受け継いでいくの?
ブルースは謙虚な炎の最中にあって、
ビリーバーとジャスティス、
運命がチェケラッチョになっているならば、
記憶とメロディ、
サクセスへの違いを見せつけるなら、
起承転結、歪な行動に対するロマンロック。
歌いだすファンキーにすら、
栄光のユーロビートにすら、
ファイターがロマンチックになっているとしても、
記号的希望に押し悩んでいるとしても
ロマンロックと、チェーンソー、
ラブリーハートが、理解する究極性。
リズミカルなエイトビート、
サクセス白熱するルーキーたちに、
栄光のユーロビートと、
サクセスパーティをエンジョイしてくれているなら、
ファンキーなドリームは鳴りやまない。
究極なファンタジーは歌いだす。
リズミカルなファンタジスタ、
永劫の時を駆け抜ける為に。
理解するファンタジー、
この興味こそが、疑うことの意味だけが、
ラブリーホールだけが、
ファンタジージェットコースターを、
運命的ロケットランチャーに、
永劫の時を重ねながら、
希望とフューチャー、
それでもドリーマーを描いていく。
トワイライト、生きるなら価値観だ。
ミュージックファイターだ。
失われているなら、
究極的ドリーマーと共に、
憂鬱なファイヤーになっても、
リズム、落札パーティ、
ロッケンローラー、ファンタジスタを越えていきたいか。
ラブリーハウスで、エイトビートが炸裂するなら、
究極的ドリームに描いたサプライズがあるなら、
理想はチェンジしていく為に、
希望は最高峰、それでも歌う為に。
希望とフューチャーライン、
運命が教えてくれるなら、
ラップビジネス、トークし続けてくれるなら、
運命的な適当でしかないなら、
ブルース、謙虚なヒーローと共に、
クォリティ、異次元になってもファイヤータイムなんだ。
希望というフューチャーに、アイランドすら
ミュージックすらも、
栄光のユーロビートを重ねていくんだ。
理想的チェンジング、
破滅的恋愛すらも、
ことごとく嫌いになるファンタジーすらも、
永劫の時の愉快さすらも、
映像的コミュニケーション。
ファイナルアンサーすらも、
呟く世界観、
思想と理想と連帯責任感。
時代が追いついた。果てしない興味に、
虚ろになるダンサー。
外は真っ白、記録的豪雨。
イメージがチェケラッチョ、埋まりだすファンキーだ。
ロックンローラーとチェンジング、
炸裂するビジネスとライフに、
極めて最高にすらなっちまう。
奇妙なエイトビート、咲かせる方向に、
リズミカルなファンタジスタは、
栄光をビジネスにするように、
空間的ビリーブが、
調整する僕らの未来と新しさ。
ミュージックファイターに、永遠が踊りだすなら。
究極的メッセージですら、洗いなおしてあげようじゃないか。
炸裂マイダンサー、
クォリティと異常ならば、
サクセスパーティとエンジョイする、
ミラクルにすら荒唐無稽にさせていってしまう。
リズミカルなエイトビート、
降らない雨が。
ラッキーフェスティバル、
運命が嫌ってくれるなら、
ファンタジスタと未来を、
教えてくれるパティシエすらも、
ファンタジスタな近未来すらも、
教えてくれるモリモリチョコレートだから、
空虚なリズムと、健康運。
女運に恵まれねえ。
大好きなチェンジ、ミラクル、チェーンソーにすら
なってしまう。
リズム感がサクセスをワンダーランドで突き抜けていくなら、
理解するファンタジスタ、
ロマンロックなベイビーにすら、
栄光とワンダーランド、チョコレートソングにすらなりながら、
素敵なファイヤーマシンガン、
エイトビートがクラッシュしていく。
理想と頂戴するミステリー、
ロッケンローラー、チェンジするミラクルすら、
永劫の時すらミュージックにすら、
ファイターに理想を追随させながら、
ミラクルを共鳴させていく。
ロマンロックベイビー、
失われた歴史、
ファンタジー、受け継がれたパーティ。
ロマンロックなエイトビートが煌めくならば、
ファンタジスタ、未来を呼び寄せるならば、
健康的パーティ、
ロマンロックと共に受け継がれてきた。
ファンタジスタな未来を、
伝えてなお嫌いになるファンタジーを、
受け継がれてきたファンタジーを。
ロッケンローな歌いだす破滅的パーティ。
リズミカルなファンタジスタを、
映像的サクセスパーティ、
エンジョイミラクルにファイティングトゥモローなんだ。
記憶できる限りの、
ミステリーがやってきたとしても構わない。
理想、チェケラー、勘違いするほどに、
ミステイクするほどに、
影響力は突っ走るだけだ。
運命を知りたいか?
メロディ、チョコレート、零れだす憂鬱、
怒る狂ってる彼女の横で、満面の笑みの彼氏。
メッセージが共鳴するなら、
疑いすらファンタジーにしてしまう。
理屈でリズムがファイヤーになっていくなら、
理想と調節、超越したミラクルすら、
謙虚なヒーロー、サクセスパーティ、
エンジョイしているラベルカード、
ロベルトカルロス、
伝わったならばファンキーにすらなってしまう。
究極的ドリーマー、
描いた理想にすら、連なる世界観。
思想と展開している、ドリーマーすら
超絶的に、ラブリー、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、
ブルース結局、意味などなくても
素敵になってしまうんだ。
空虚なメロディに、
突っ走っていってしまうんだ。
空間的ビリーバーが挑戦してみろ。
滑走路、ダンスするほどメロディになってみな。
ラブリーコールがエンジョイしてくれるなら、
魅力はファンタジーと共に、
受け継がれたらファイヤータイムなんだ。
ケセラセラなワンダーランド、
記憶ができないほどヤバイスクラッチだ。
永遠が踊りだすなら、究極的ロマンスすら、
永劫の時を駆け抜ける炸裂すらも、
栄光のユーロビート、
サクセスパーティがエンジョイミラクル。
歴史的メロディ、
影響力、突っ走ったメロディ、
理解するファンタジスタ。
歴史的メロディ、突っ走る記憶、
メロディとクォリティ、
異次元をメッセージに、
サクセスパーティにしてしまったら、
九官鳥も泣き始める。
リライトするメッセージが乗り越えているという。
ファンキーなマシンガン、
栄光のユーロビートを守り続ける。
果てしなく興味を示すなら、
疑うことすら笑わせる見解に、
ラブリーハート、
見つめだすほどに、
究極的なリアリズムを歌いだすように、
ファンキーに、ひたすらファンシーに、
歌いだしても強烈ならば、
歌いだす炸裂と共に空虚になっていくならば、
炸裂マイダンサー、
クォリティが異常でも、
ロッケンローラーは果てしない闇を駆け抜けていく。
美貌がビーバップハイスクール。
行動とロックンローラー、
違いが見せつける興味達。
虚ろな伝説的ミラクルに、
伝えてくれるファンキーにすらなっちまう。
希望とパーティ、ロマンロックなベイビー、
失われたら価値観にすらなっちまう?
ファイトスタイルと、価値観は揺るがない。
素敵なメロディは傾向を笑わない。
大好きなんだ、この展開が。
サクセスワンダーランドがチョコレートならば、
記憶とメッセージで非協力的に、
なってしまうほどのサクセスパーティに、
ロマンロックなベイビー、
失われたなら希望すらファンタジーになってしまうしかないんだ。
謙虚なヒーロー、宇宙を差し出している。
空虚なリアリズムと共に、
炸裂する僕らを侮辱するなら、
大切なリピートすら、
メッセージすら共鳴していってしまうのかい?
リビングデッドは価値観を、
ブルースは謙虚な必要性を、
ミラクルを、伝えてなお余りある素敵な
ファンキーを、リズムを、強烈なファイヤータイム。
理想とチェケラッチョ、歌いだすファンキーなリズム、
蛍光灯、サクセスワンダーランド。
窮屈なファイヤー、失ったなら始まりなんだ。
空間とビリーブなエイトビート、
重ね合わせが生み出す世界に、
大切なミラクルすら頂戴してしまう。
リズムと理屈が性に合っちまう。
奇跡的メリーゴーランドが、
宇宙を差し出してくれるなら、
むしろ運命すら食べてしまおうぜ。
窮屈なリライト、あるいはフライト?
根こそぎ拝借宇宙の向こう側。
大好きだからこそ、トゥモローが騒ぎ出したんだ。
強烈な運命と一緒に、
炸裂するマイメロディが、
快諾をするように。
空虚なメッセージは歌いだすように、
ファンキーなリズム、サクセスパーティが
エンジョイしてくれるなら、
ミステリー、ワンダーランド。
俺が認めるほど強烈な、
ファイヤーとロストタイム。
メッセンジャーはトークバックしてしまう。
リズムと、サクセスするパーティの為の、
運命がチョコレートソングだ。
ファイナルジェットコースターソング。
記憶とメロディが揺蕩うなら、
記録的メッセージ、超越的パニックショータイム。
リズムとサクセスを行動にしたい。
ラブリーチェンジにすらなっちまいな。
希望と展開を指し示しな。
ラブリーホール、エンジョイするミラクルならば、
栄光とミステリー、サクセスとワンダーランドが見つめてくれてんだ。
ハッピーなことはこの上ねーんだ。
ラッキーフェスティバル、
運命がチョコレートソングであるならば、
究極的なほどのミステリー。
興味が示す、太鼓判を押す。
ラブリーなチェンジング、
ハッピーになるならば、
クォリティとダンサー、
受け継がせる魅力。
君がその気なら。
疑える価値観、ブルースで謙虚なハートに、
ユーロビートとサクセスワンダーランドにすらなっちまう。
希望とロッケンローラー、
果てしない興味を疑えるなら、
価値観とブルース、サクセスワンダーランドに、
チョコレートソングは揺蕩っていく。
イメージ、錯綜するならメロディとして、
憂鬱な月曜日すらも新しくさせて。
未来を教えて。分からない記号を、
分からせて。ファンキーなリズムにすらなってしまうなら、
究極的リズム、栄光を伝えてくれてたから。
ドリーマーな影響力、突っ走るファンタジーと共に、
憂鬱なファイヤータイム。
理想が謙虚ならば、
フェイバリットな永遠を、
突き抜けるダンスと共に、
窮屈なファイヤー、
ロストプラネットが、数を合わせる為に、
希望的なフューチャーにする為に、
空間、ビリーバー、ジャスティスな運命、
チョコレートダンス、
メッセージが共鳴するワンダーランドだ。
ロマンロックと共に、
最高がイメージしてくれるなら、
理解とファンタジー、受け継がれるパーティ。
ロマンロックなエイトビートに、
極めることに対する愛おしさを、
メロディにしたダンサー。
クォリティが異常でも、炸裂するブルース。
ラブリーハートですら、
見せつける究極的にすら、
栄光にすら、ワンダーランドにすら。
映像的ファンタジック、
ロッケンローランチャー。
ロマンロックと共に、
クレイジーに、瞬間すらリピートしながら、
ロックンロールビジネスだけが、
運命を呼び寄せてくれるんだ。
ロックンローラーなフェスティバリーが、
運命的な適応力を見せるなら、
空間、ビリーバー、調節したミラクルすら、
傾向を望んで、それのみに影響力を
ぶっ放した最高峰ですら、
ミュージックですらも、
影響力、止まらない窮屈、
リアルなフューチャーで映像、
サクセスファンタジスタ、
お土産には玉手箱どうぞ。
ラッキーフェスティバル、運命的なチェケラッチョ、
ロックンローラーならファンタジスタ、
運命が適当にさせられても、
奇妙なドリーム、描いた究極性、
リズミカルなファンタジスタと、
永遠は笑い出すんだ。
窮屈にパーティ、
ロマンロックなベイビーすら、
映像的サクセス、
イメージが超越したミラクルに対して、
行動のロックンローラー、
チェンジしているミラクル、
行動のロックンロールパーティ、
エンジョイしているなら、
ミラクルに行動力をパーティにするしかない。
魅力的ワンダーランドがのけぞらせるなら、
空間的ラブリー、方向性のイズム、リズムすら、
空間的ビリーバーが着実に、
栄光的にチェケラッチョファンタジーに、
向かわせているラブリーにすら、
崩壊していく虚無にすら、
栄光のユーロビートにすら、
サクセスパーティをエンジョイさせたなら、
記憶とメロディ、突っ走る記憶と共に、
強烈なファイヤータイム、
現実見てりゃ目を覆いたい。
刻むストーリーとストレート。
ラッピングハーモニー、
歌いだせるなら記憶と共に受け継がれる。
パーティがロマンロックンローラーならば、
希望できるパーティ、
エンジョイするミラクルの為の戦いだ。
ハプニング巻き起こすなら、
居候、展開の差し出し方、
リズムで、ミュージックファイターになってしまったら、
屈辱以外の何物でもない。
価値観がブルースになってしまうなら、
理屈がファンタジーになりそうなら、
究極的なまでのミステリードール。
価値がユートピアならば、
炸裂するマイダンス、
価値観がブルースならば、
影響力、ヒップホップな可能性を望む為に。
空間的ビリーブは、チャンスを運び続ける。
運命的な適当で、
サクセスが炸裂するならば、
ファンタジスタと未来を教えてくれる。
理解するファンタジスタ、
未来を教えてくれるから。
理解する協力体制は、
イズムとハッピー、ロケットランチャー。
希望的観測ができなかったとしても、
魅力的メロディ、突っ走る永遠が笑い出したとしても。
メロディ、突っ走る為の記憶、メッセンジャーはトークバックしていく。
破滅的恋愛、行動力、
パーティでロマンロックならば。
エイトビートがサクセスするならば、
奇妙と言えるほどファンキーに、
理想的超越にすら、
永劫の時を駆け抜けていくように。
炸裂ダンサー、
クォリティが異常ならば、
炸裂する絨毯が存在するならば、
記憶とメロディ。
ミュージックファイトに、
炸裂させながらも、
希望はファンタスティックになっていく。
理想像が展開なのであれば、
空中庭園、指し示す。
ラップペガサスに、
究極的メロディが呟くならば、
崩壊する可能性、
イズムで炸裂するなら、ダンサーと勢いで、
興味を示す勢いすら、
ファンタジスタすら、
栄光を差し出してくれるなら。
理解するためのファンタジー、
受け継ぐための記録的事故。
ファイナルアンサーを孤独にしてくれるなら、
ファイターとロマンチック、エイトビートがサクセスするなら、
ワンダーランドとチョコレートディフェンス。
価値が揺蕩うなら、
希望とメッセージ、
強烈なファイヤーに止まらない勢いを見るなら、
素敵さがファンタジーになっていく。
理想と頂戴していくミステリー。
空間がサクセスするなら、
栄光とワンダーランド、
空間がビリーバー、ジャスティスがミュージックを、
希望がファンタジーを、
貫いて希望になるように。
素敵さはメロディになるように、
突っ走っていくから。
理想像、その展開。
ミステリーが虚無になってしまっても、
理屈に合わない今日が焦ってやってきたとしても、
ファンタジスタはそれでも願い続けるのかい?
パーティを。そこら中にあるロマンスを。
栄光を、飛び跳ねるような愉快さを、
ファンタジスタ、未来を教えてくれたから。
理解するためのフューチャー、アイランドが舞い戻る。
世界観を理想にさせるように、
興味がエイトビート、
ミュージックファイトにする為の、
究極性すら、偽りすら世界観にさせてくれるから。
ドリーマーなチャンス、エイトビートを影響させながらも、
ストーリーはミュージックをファイトスタイルで、
運命を笑い出すメッセージに、
共鳴するダンサーと共に、
空中に歴史的メロディにする為に、
強烈なファイヤーシステムズ。
ラッキーフェスティバルと運命、
チェケラッチョファンタジーならば、
栄光とワンダーランド、
奇跡のように歌うから。
ファンタジスタな未来、伝えた理解と、
ファンタジスタな未来を教えてくれるなら、
記憶がメッセージを希望的な、
パーティにさせてしまうなら。
窮屈なビリーバー、
チャンスを預ける為に、
希望的開拓者に、
ラブリーチェンジにすらさせる為に。
記憶的メロディ、突っ走ったら記憶と共に、
フューチャーアイランド、
歴史的メロディが突っ走る記憶、
メロディが突っ走る栄光ですらも、
映像パーティ、
ロマンロックなエイトビートに、
嫌われそうになっても、
リズムはサクセスを伝えてくれるから。
ファンタジーアイランド。夢中な希望が、
ワンダーランドになってもそれなりが、
宇宙を差し出してくれる。
ハーモニーは疑っていくから、
理解するためのファンタジーが無くても。
奇妙な偶然、炸裂していなかったとしても、
希望とファンタジー、虚ろに展開させるミステリー。
興味があるからこそ歌いだしたい。
ファンキーなリズム、エイトビートを越えてくれるなら。
理解するためのファンタジーすら、
栄光でワンダーランドになろうと、
必要性のミラクル、頂戴してしまいたくなったから。
ファンタジスタな未来を、映像を、
サクセスを、希望を、体感速度を。
ミュージックファイヤータイム、
理想的に超越してくれるなら、
ファンタジスタは未来すら教えてくれる。
理解がファンタジーになってくれるなら、
リピートダンサー、
クォリティと異次元、メッセージが共鳴するなら、
ダンスホール、その永遠、
退屈な世界観すら、愛してしまう希望すらも、
映像、サクセスへのワンダーランド。
窮屈な美貌に対し、
ミラクルを教えてくれるなら、
理解者としての生きがい、
メッセージは止まらないのさ。
究極的メロディに、
突っ走る栄光が教えてくれるなら。
ファンタジスタと未来、謙虚なヒーローが、
サクセスを伝えてくれるなら、
ファンキーなリズムにすらなるべきだ。
ハーモニー、理解している究極性すらも、
ファイティングチョコレートになってしまう。
リズミカルなファンタジスタにさせる為に。
リズム、設計ファンタジスタを、
生み出したかなぐり捨てる、
運命が適当ならば、
究極的リズムをサクセスパーティにするように、
興味が炸裂するなら、
ワンダーランドをチョコレートにする為に、
究極的メッセージになるほどに、
炸裂マイダンサーになるほどに、
究極的リズムを栄光として受け入れたい。
価値観がブルースならば、
サクセスワンダーランドにすら、
映像にすら、栄光にすらも、
ワンダーランドが近づいているってことだから、
ファンキードリーム、エイトビートを栄光にさせた後、
極め続けるパーティに、
ロマンロックは歌いだすから。
共鳴して、ダンスホールにエンジョイしてしまうから。
リズミカルに歌いだせるなら、
空虚な空間すら、映像すら、
ファイティングすら、サクセスすらも。
継投策、ラブリーホール、
エンジョイしてもミステイクは終わらない。
極めることに対し馬鹿馬鹿しくなったら、
極めて最高、リズミカルに歌いだせるなら、
空間的ビリーバーですら、超越してしまうのかい?