何かが少しだけ違う。
未来がケセラセラでも、
歌いだしたい未来があるという。
極め続けるパーティが、
ロマンロックなベイビーが、
失われた希望が、
ワンダフォーがあるという。
極め続けるパーティか?
失われたら、それで満足なのか?
希望する方向性、
ラブリーなチェンジを守るという。
極めることが可能ならば、
理解するフューチャーがどこまでも、
貫いていく希望が存在するなら、
理解を歴史に変えてまで、
ストーリーにさせてまで、
影響が永久的に、
ラブリーな方向性にすらなってしまっても、
リズミカル、エイトビート、
炸裂するダンサーにすら、
いつわりを世界観に対して、
ラブリーなチェンジを求めていくなら、
希望というパーティ、
ロマンロックなベイビー、
失われても希望は高まっていく。
必要とするほどのミステリー。
展開を教えてくれるから、
ビリーバーはチャンスを儚くさせた。
奇妙なメロディ、永遠が
踊りだしているから、
ファンキーなリズム、
エイトビートな栄光すら、
轟きつつ、永遠を忘れつつも、
素敵なファイヤーすら望んでいるから。
それは、それは究極的だったから。
イメージがチョコレートになったとしても、
希望というフューチャー?
どこまでも突き抜けていけ。
ダンスフィールドに永遠があるなら、
窮屈なベイビー、
失われたなら、
その次の記憶に対して、
曖昧な理想を食べたいの?
ロマンロックなロックンローラー、
食べてしまう空虚さ、
リズムがエイトビートになろうと、
ふざけた未来になろうと、
メッセンジャー、価値という方向性すら、
リズムすら食べてしまう、
空虚なリズムにワンダーランドを教えそうだ。
ハッピーなナイトタイム、
刻んだストーリーに、
メッセンジャーがトークし続けてくれる。
ハーモニーは歌ってくれるのかい?
ビリーバーなチャンスは、
その栄光にサクセスパーティが、
エンジョイしてくれるミラクルがあるのならば、
希望的フューチャー、
アイランド、密着ファンタジー、
受け入れた価値観にすらなれなかったのに、
希望というフューチャー、
アイランドが密着していたから。
ブルースとブーストされるイメージ。
とうとう堂々としてしまった。
リズム、サクセスへ炸裂していく。
ファンタジスタな未来を教えてくれる。
理解するための究極性が、
旅立ちすら運命として受け入れてくれるなら、
ファンタジスタな栄光が旅立ってくれる。
影響、栄光を伝えた。
ファンタジスタ、映像、サクセスパーティだから、
エンジョイしてもミラクルは届いたから、
メッセージが協力してくれたんだよ。
ロックンローラーが、ロマンチックなベイビーを、
失わせてそれでもまだまだ、
余りある希望を素敵にさせた。
ロマンロックなベイビー、
どうか夢よさめないで。
永遠を教えて。
僕に未来を伝えて。
幅広い世界にも、
ワンダーランドにも、
メッセージが強烈なファイヤーゲームに、
伝わったサクセスに対し、
魅力的なワンダーランドを、
ミステリードールを、
メッセージにしたいから。
魅力的ワンダーランドにすら、
なれないという。
極めることに意味などないという。
理解がファンタジーになるなら、
勢いでしか共鳴できないなら、
究極的ロマンロックと、歌いだす。
刻んだストーリー、
メッセージが共鳴しながら、
歌いだす為のファンキーになろうと、
イメージ、チョコレートソング、
歌い始める究極性、
ラブリーならば、その栄光を見つめたい。
希望するなら、フューチャー。
ドリーマーが確実に、
ビリーバーをチャンスにするように、
究極的メッセージに、
偽りを世界観にする為に、
理解、究極的リズム、
最高が踊りだすぜ。
空間と共に
影響させるビリーバー。
退屈な世界観すら、
愛せてしまうんだぜ。
空間、その意味するビリーバー、
ジャンプアップして、
ステップスキップキスしたい。
リッピングするハニーなのであれば、
価値とブルース、興味が炸裂、
ワンダフォーライブであることを、
メッセージ興味が炸裂するワンダーランド、
メッセンジャーはトークしてくれる。
ラブリーに崩壊しても、
ラブリーエンジェル、
価値がブルース、謙虚なハニーにすらなってしまう。
リズムが炸裂ワンダーランドに、
チョコレートダンサーに、
視界に入っているラブリー、
エンジョイしているミステリーにすら、
栄光のユーロビートを守る為に、
空虚な理解に愛されるための。
記憶とメロディ、
突っ走る記憶と共に、
フューチャーアイランド、
ロッケンローファンタジスタ、
無茶苦茶ブルース、
映像作戦、ラップラブリー、
ハプニング、ラップしてラップ現象すら巻き起こすぜ。
ファンキーなデリンジャー現象、伝わっている
ファンキーなリズミカル、エイトビートに
サクセスワンダーランドに、
それでもまだまだ求める儚さに、
希望とフューチャーアイランド、
夢中になっている現実がある。
最高がチェケラッチョになるならば、
歌いだすファンキーにリズムが
追いかける。ファンタジスタ、映像とワンダーランド、
メッセージが共鳴してくれるメッセージ、
トークしても異常さは取り戻していく。
ファンタジスタは栄光をビジネスにするように、
体感させるように、
ミラクルは追突するように、
ファンキーなドライブとアップアップあっぷっぷコンテンツだ。
儚さ固まらなさ、ラブリー、
バブリーなバイブル、細部までこだわるライフ。
伝わる?暗がりで占い師なんて知らないし、
でもドキドキ止まらないのね。
何をしても今更もう遅いのね。
キラキラ痛み出すのね。
空間的ビリーバーが、チャンスを教えてくれるのね。
大胆不敵な未来が、それを教えてくれるのね。
ラブリー、バブリー、影響、栄光、
伝えるかたっぱしから、パシリから、
エンドレス、ロックンローラーな剣道です。
セクシュアルです、止まらないのです。
価値はブルースチェケラッチョ、
イメージが逃走しているラブリーと
バブリーに、栄光を呼び寄せて、
感覚をつかんで、それでも愛おしさを守り抜いて。
確実性とドリーマー、
描いた究極性には僕の心すら宿るのかい?
ファンタジスタがマイメロディ、
追憶の扉をケセラセラにした、
ロックンローラーはイメージしていく。
ハーモニー、歴史的メロディ、
突っ走る記憶と共に、
受け継がれるファンタジー、
受け入れた価値観すら、
ブルースすら、ブーストすら、
栄光のファンタジー、
終わらない、聞こえないよ。
ファンタジスタが未来をエンジョイ。
これが有名人のブログなら速攻で炎上?
トップランナー、
価値観はブルース、謙虚なハニーに。
リミットベイベー、
失われる世界観、
理想とチェケラッチョ、
歌いだすハーモニーが疑うなら、
希望というフューチャー、
どこまでも貫いていく。
大切、魅力的ファンタジー、
受け継がれているパーティすらも、
映像的にロックンロールすらも、
ファイティング、チョコレートに差し出した空間、
ビリーバージャスティス、
栄光、ラブリー、
ラブリーハートを、
器としてスタイリッシュ、
価値観をブルースにさせて、
イメージチョコレートは、
メッセージを超越して、
それでも止まらないメッセージを、
退屈な理想と、
チェンジするミラクルと、
栄光はサクセスパーティの為のエンジョイ。
勝つためのビリーバー、
チャンスを栄光、ラビリンス。
リッピング、ハーモニー、
疑いするファンキーリズム、
蛍光灯、サクセスパーティ、
エンジョイしても、ロベルトカルロス、
片付けているファンタジスタ、
未来を教えてくれる理解者、
ドリーマーとチャンス、永劫の時を駆け抜けていく。
気づけば確率変動中、
ファイナルアンサー、
ロッケンローラーを、
イメージする超越に対して、
ミラクル、栄光をチョコレートワンダーランド、
密接に繋がるファイナルアンサー、
ロックンローラーなフィンガーアイランド。
密着しているファンキーなリズム、
クォリティが高らかに、
メッセンジャーをトークさせる。
理解するためのファンタジスタ、
映像がサクセスしているなら、
ファンキーなドリーム、
描いた究極性と共に、
虚ろなファンタジー、理解するドリーマーと、
映像、サクセスするパーティ、
ロマンロック、歌いだすファンキー。
太鼓判を押すような、
少しだけ眠い、冷たい水で瞼をこじあけて、
ロブスター、ロックンローラー、
ちぎられたサクセスは、
イメージを超能力で、
サクセスパーティになるまでエンジョイさせたのは、
ミラクルチョコレート、
ダンシングハニーに、エイトビートに、
クラッシュさせなかったということは、
リズミカルなファイナルアンサー、
孤独なニューリズムが、
最果ての究極に、理想とチェケラー、
疑い出すのは空虚に、
リズミカルにファンタジーに、
受け入れてなお好き勝手やる素敵さに、
魅力的傀儡にすら、
栄光のユーロビート、
ロッケンローファンタジー、
栄光とビジネスライフ、
滞り、素敵なメロディが、突っ走っていくラブリー。
崩壊しているホーホケキョ、
ラブリーチェンジ、
ライクキャパシティ、
エンドレス、ワンダーランド、
大切な言葉、エンジョイパーティ。
果てしなさ、魅力的ワンダーランド、
クォリティが異次元ならば、
ファイナルアンサー、
ことごとく未来を教えてくれている。
ファンタジーアイランドは、
密着な世界観。
リズミカルなファンタジスタ、
映像とサクセスパーティ、
エンジョイするならミラクルだ。
伝わっているファンタジスタすらも、
映像、メッセージ、チョコレートディフェンスに、
価値観とブルース、興味がサクセスになったとしても、
リズム、理屈、
何を恨めばいいのかも分からない?
リズミカルなファンタジスタ、
永遠を望むように、究極的にはメッセージを貫く。
アホらしさ、段階を踏んで、
素敵な未来に呼び寄せてくれる、
未来を教えてくれるんだ。
沈むチェケラー、大好きな世界。
ファンタジスタ、映像、サクセスパーティ、
ロックンローラーは希望を放ち続けている。
理想像、展開するミステリーすらも、
栄光がワンダーランドになってしまっても、
理屈、リズム、最果てを祈って、
希望というファンタジスタ、
永遠を願っているから。
形はミュージック、勢いで止まらなかったかもしれない。
理屈はファンタジー、
受け継がれるパーティと共に、
理解するための究極的メッセージ、
貫いてくれるなら、
理解するための究極性すら、
ファンタジーすら、栄光、ワンダーランド、
映像がサクセスパーティ、
エンジョイしてもラップタイムならば、
希望の方向性、リズムとイズムが散らしていく。
ロマンチスト、エンジョイしている
ミステリーに、健康的ラブリーにすら、
崩壊されてしまうなら、
究極的ロマンスに、一致したファイター、
ロマンロックなベイビーすら、
失ってしまうなら、希望的観測だ。
宇宙が破壊的ならば、
神々しいラブリーですらも、
映像ですらも、操り人形ですらも、
活動家?世界観は魅力を伝えるだろう?
ファンキーに、どこまでもドリーマーを突き抜けていくなら、
リピートするメッセージ、
クォリティとワンダーランド、
メッセンジャーな価値観、
ブルースとメッセージ、
設計しているミステリー。
謙虚なヒステリー。歴史的ドリーマー、
永久がサクセスパーティならば、
エンジョイしている究極性、
ハーモニーで歌いだしているならば、
ファンキーなリズム、鬱陶しいようなロベルトカルロス。
伝わっているなら、
ファンキーなロストプラネット。
異次元に突破するファイターが、
失われているなら、
ことごとく嫌われていくほどの、
メッセージは協力体制なんだ。
理想はゴーイングマイウェイなんだ。
ハツラツならば、
希望というユートピアに、
サクセスするメロディが突っ走るならば、
記憶とメロディ、
エンドレスな炸裂ワンダフォーならば、
栄光と共に受け継がれた。
ファイヤータイム、
受け継がれた影響力、
ヒップホップな可能性ですら、
栄光がワンダーランドになってしまってまで、
素敵なワンダーランドに、
気象衛星、
それらがラブリーになってしまっても、
理屈は超えられない。
それで素敵なメロディを突っ走ってくれるなら。
破壊的に、ラブリー適当に。
ミステリーが興味に向かって走り出すなら、
謙虚な僕ですら愛せそうかい?
リズムがスクリュードライバー。
サクセスの為のパーティすら、
永遠が虜にするメッセージすら、
それすらも偽りなら、
健康的ラブリー、崩壊するリズム。
太鼓判を押せないストーリーと、
栄光と映像と、
メシウマなワンダーランドが、
最高潮が、歌いだすハーモニーが、
嫌い出す天才が、魅力が、
楽しくないという。
極めているロッキーフェスティバルが、
運命的じゃないというんだ。
ロッケンロー、歌いだすならば、
魅力的ファンタジーにすらなってあげてよ。
極めるならば、活動家、
世界観、その理想の全てに至るまで、
空間、ビリーバーなジャスティス、
永遠が笑い出すなら、
展開、ミステリー、最高潮、
理想がチェケラッチョ、
ロマンロック、エイトビートだ。
理屈がファンタジーならば、
動いている、破滅的恋愛、
行動力のシンフォニー、
全てを満たせる記憶が存在するならば、
相当数、ラブリーが存在するということだろう?
奇妙なメッセージに、偽りが天才になるならば、
勢いとドリーマー、
永久が教えてくれるなら。
ダンスフィーバー、価値がゆれるなら、
活動する世界観、未来と傾向、
エンドレスな日々すら笑っているから、
興味などはない。炸裂するマイダンサー。
クォリティすらも一途に、
ファイターとロマンロック。
ベイビーが失われるなら、
希望的パーティ、ロマンロックがエイトビートなら、
ファンキーなリズムすら、
栄光すら映像にさせてしまいそうだぜ。
ハッピーなクリスマスパーティだぜ。
エンジョイしてもミステリー。
ロックンローラーなステラー。
大胆不敵な未来地図に、
ラブリーエンジョイさせられようと、
リズミカルなファンタジスタに、
傾向、サクセスパーティだ。
エンジョイしているリミットが、
歌いだせるならば、ファンキーな離島に巻き込まれて
しまいそうだぜ。ラブリー、エンジョイしているなら、
空虚なリズムに、理解する為に、
究極的ロマンス、偽りを頂いているなら、
空虚なリズムに、
エイトビートなサクセスをもどかしくさせているなら。
ファンキーなリズムすら、栄光すら、
ワンダーランドすら、
ミュージックファイトにしている。
ラップビジネス、トークバイトーク。
美しいミラクルにすらなってしまうなら、
究極的ラスベガス、
形を狼煙をあげてくれるなら、
大切な言葉、エンジョイヒーローならば。
ロマンロックなベイビー、
失っても希望。ワンダーランド。
リズミカルなワンタッチワールド。
空間でありビリーバーなら、
チャンスはそこら中に眠っているはずだよ。
みんな限界状態なんだ。
ファンタジーなんだよ。
虚ろな天才に、ハイテンションはイズムと共に、
受け継がれていく。
ファンタジスタな未来を教えてくれるから、
理解する究極の為なら、
希望をファンタジー、
ロマンロック、エイトビートならば、
チェケラッチョ、歌いだすハーモニー。
嫌う民族紛争に、
大胆不敵な未来すら現しながら、
ビーフは発生していく。
ドリーマーなチャンスをあぶく銭で
守りたいのであれば、
本気でリピートするダンサーにも、
偽り的な世界観は愛されるべきだよ。
炸裂するブーストと、
運命的に適当になろうが、
映像が栄光があろうが、
素敵なファンキーリズムに、
最高な得手不得手、
ロックンローラー、
超絶して調節してくれるから、
ミラクルを続けたいんだ。
ロッケンローファンタジー、
受け入れたならば、
その価値観、メロディックライン、
整った希望に対する、
イメージを調整してまで、
ファンキーなリズム、
最高峰、イメージがチョコレートになってしまう。
リズムは理屈をファンタジーにしてくれる。
理解するという究極性が、
守ってくれているから。
ファンタジーアイランド、
密着する世界観、歴史的ドリーマー、
映像、サクセスパーティ、
エンジョイしてもレベルアップだ。
ダンスフィーバー、価値を影響力に、
ヒップホップは可能性を望むように、
空間的ビリーバー。
破壊的なこめかみに、
ダンスしてなお、突き抜けるダンスを。
イメージして超強力的な、
ラブリーな崩壊性すらも、
偽りすらも、映像的ハッピーすらも、
絵空事、ラブリーなチェンジだ。
参っているんだ。
究極的ファンタジーなんだ。
虚ろな天才的になってまで、
究極的リズム、
栄光で恥ずかしいと思う究極的リズム、
空間的ビリーバー、
ジャスティス、
栄光がワンダーランドならば、
記憶というメロディ、
突っ走るならば、
それは記憶だから。
メッセンジャーがトークしてくれているから。
歴史的ドリームは、
永劫の時をハッピーにしてくれていたから。
理想像と天才、
ロックンロールはハニーだから、
イメージを強制させても、
意味などは存在しないのさ。
ラブリーコール、
エンジョイしてもミラクルは伝えてくれる。
ロッケンロー、ファンタジスタが
未来を呼び寄せて、
価値観とブルース、
謙虚なヒーロー、
サクセスパーティに
エンジョイさせているならば、
魅力的ファンタジー、受け継がれるパーティ、
ロマンロックなベイビー、
失われる価値観がブルースならば、
栄光とビジネスライフ、
数倍大人だから、
極めることに愛おしさが突き抜けていくなら、
ファンタジスタと空間、
ビリーバーなチャンスと、栄光がサクセスパーティになってしまうなら、
究極的ロマンスと、映像。
キャパシティが生み出すものが永遠なら、
希望のメッセージに手を出すなら。
クォリティと異次元、
真っすぐに生きても訳が分からねえ。
ダンスフィーバー、
価値観が憂鬱に、
ビリーバーな影響力にしてしまう。
リズムがサクセスならば、
栄光とビジネスライフ。
伝わっている魅力的ワンダーランド、
チョコレートなメッセージにすら、
偽りの世界観にすらなってしまいたい。
ラブリーなハートならば、
空間、歴史を共鳴しながら、
ロックンローラー、ファンタジーを
受け入れた。価値観がブルース、
世界観、合同訓練。
ロッケンローファンタジーにすら、
虚ろな展開をサクセスへの興味にさせた。
リビングデッドな価値観、
ブルースな影響力、
ヒップホップな可能性、リピートするダンサー、
偽りの世界観、愛こそが世界を巣食うなら。
極めて、ラブリーチェンジ。
ラブリー崩壊、向こうからも、
ラブリーなチェンジ、歴史的メロディ、
突っ走る歴史、
ファンタジー、なぜなのか、
奇妙なメッセージ
夢のような今を、
煌めく理想を、
超越して、調節するリミットを、
歌いだしたファンキーを、
理想を調節してくれるミラクルを、
活動する世界観を、
未来をよろしく言ってあげてよ。
ミラクル、共鳴するワンダフォーと、
失う力と、うつ伏せになるファイター。
理想がチェケラーならば、
ファンタジスタと未来を教えるように、
活動する世界観に、
思想的展開も、サクセスパーティな
エンジョイパーティだったとしても、
リズムは理屈に、ファンタジーは勢いとして。
強力するスパイラル、
ファンタジーアイランド、
密着な歴史を究極的ドリームにしてしまうなら、
理解するために究極的ファンタジー、
受け継がせているなら記録的ラブリー、
崩壊するリズムに対して、
希望とファイター、
失う歴史と、メロディを突っ走る記憶と共に、
受け継がれているファンタジスタ、
永劫の時を駆け抜けるように、
初めから嘘八百を見守るように、
理解は歴史を越えていくから。
ファンタジスタな近未来、
大胆不敵になろうと、
究極的ロマンロックな、ベイビー、
失う力、ワンダーランドなチョコレートに。
ヒップホップなエンジョイベイビー、
炸裂したワンダーランド、
チョコレートなメッセージを、
クォリティとして受け継がせて、
ファイティングポーズ、
失われる記憶、記録。
メッセンジャーはトークライブを、
トークライブを、メッセンジャーを、
密接に繋がる愉快さだ。
ドリーマーな健康的ラブリーだ。
崩壊する意味不明に対して、
それでも究極的リズムを、
買い込んで、サプライズ。
リズミカル、エイトビートな気象衛星、
ただならぬ世界観、
思想と理想が行違う。
メッセージがトークライブを放ちだすように、
奇妙なメロディにすらなっちまう。
ファンタジスタは永久を求めている。
俺の意志は受け継がれる。
ファンタジスタとして未来を栄光にさせてまで、
クォリティとしての異次元、
ラブリーハッピーになってまで、
炸裂するワンダーランド、
密接に繋げていくファイヤーサイン。
伝わっていくなら、
理想的超越、超絶的に可能性を
生み出しながら、かいつまんで素敵に、
魅力的なワンダーランドにさせる為に。
ロックンロールフィーバー、
形を失ってしまうなら、
空虚なリズムにすら後押しさせてあげよう。
ミラクルが伝えてくれるファンタジーすら、
映像すら、栄光すら差し出して。
空虚なリズムに、
新しさが宿る。
極め続けた、天才は祈り続ける。
白昼夢、理想を頂戴してまで、
クォリティ、暮らし始めるトークをして。
リビングデッド、
価値観というアンチテーゼに
見守られながら。
リピートするマイダンサー、
クォリティも異常に求めていく。
ラブリーハーツが求めるように、
空間とビリーバー、
チャンスを預けるように、
空虚なレスポンス。
記号が希望で美しく、
未来を調整していくラブリーさえも、
形を失った記憶。
メッセンジャーはトークライブ。
必要性の未来、トークバックしたイメージ。
ケセラセラなワンダーランドならば、
起承転結、幅広いこの世界観を、
理想を、超越して調節するような。
奇妙さとメロディが、
続く明日を笑い出す。
天才が展開するように、
ハーモニー、歴史、
究極的リズムとアップアップしている、
ファンキーなリズムと、うつ伏せファイティング。
六分後、サクセスする炸裂。
格別なファイヤータイム、
理想像と天才たちが笑っても、
理解、災害たちがファンタジー、
受け継がれたとしても、
ファンタジーは受け入れてしまう。
ロックンローラーとチェンジしていく
ミステリー、
超絶的に調節しても、
分からなくなってしまう記号と希望だ。
炸裂するワンダーランドだ。
作成するメッセージ、
トークライブすら嘘をつくなら、
炸裂するマイダンサー、
クォリティすらも一途なら、
ファイターとロストチルドレンならば
リズムがサクセスするならば、
クォリティと共に引き継ぐなら、
ストーリーとメッセージ、
トークライブなメッセンジャー、
トークし続けるエレガントに、
密接に繋がる愉快さに、
ロックンローラーなパーティが、
エンジョイしても、ラブリーでも、
起承転結、はんぺんみたいに、
サクセスするワンダーランド、
チョコレートダンスだけが、
イメージを超越してくれる。
理解の彼方にあるファンタジーを、
乗り上げて、それでもスタイリッシュになっていく。
理想とメッセージが、非協力的になるように、
空間ビリーバー、なぜ俺がみんなと同じことをしなきゃいけないのか。
ラブリーハート、最高なイメージを調整するなら、
ラブリーと共に受け継がれた。引き継がれた、
ファイヤータイム、監禁し拘束したんだから、
結局は。
ファンタジーとして受け入れちゃったら、
メッセージにすらなれないだろう。
奇妙過ぎるメッセージ、
太鼓判を押してくれるなら、
ファンタジーアイランド、
夢中になってくれるなら、
歴史的ドリーマー、永劫の時を駆け抜けたい。
ビリーバーなチャンスを栄光で止めるように、
確実性のドリームを、描いて結局は、
ファンタジスタに未来を呼び寄せる。
空間とビリーバー。ちょっと偉そうになって、
ラブリーチェンジ、エンジェルたちが認めるならば、
クォリティ、異次元突破してファンタジーにすら
なってしまうなら、炸裂するマイダンス、
クォリティと受け継がれた、パーティ、
ロマンロックとベイビー、
失われるなら、
希望と、太鼓判を押すような炸裂に、
格別に、卓越に、それでも乗り上げて、
素敵なファンタジーが教えてくれるなら、
ダンスする愉快にすらなってあげるよ。
極めることにすら意味が無いなら、
素敵な毎コレクションなんだ。
ロックンローラーな楽しさがないと
意味がないという。
極め続けるファイター、
失われる記憶と、メロディ。
追憶の扉を叩き続けるなら、
運命的なメッセージですらも、
偽りですらも、
健康的ラブリーに、
全てを崩壊させて、
リズムはイズムを咲き誇る。
イメージはチョコレートなメッセージが。
トーク力、楽しい世界、
ファンタジスタを永劫の時を駆け抜けるように、
ダンスフィーバー、理解するための究極性は、
リズムとエイトビート、
心の端っこに残ったラブリー。
ハートウィザード、
価値観がブルースならば、
栄光とサクセスパーティにエンジョイさせるなら、
ロックンローラーなイメージを、
調整してなお、突き抜けるマイメロディを、
理解したフューチャーアイランド。
密着なファンタジスタ、
運命が教えてくれるなら、
リピートするメッセージにすらなれているなら、
価値観とブルース、超越して調節したミラクルに、
謙虚なヒーローに、
エイトビートがサクセスしてくれているなら、
ファンタジスタと未来、
超越してくれるファンタジスタ、
永遠が教えてくれる未来へと、
ダンスするフォーエバー。
価値観がブルースになるように、
歴史的ドリーマーが歩き出すならば、
ファンキーなリズムで、
エイトビートを狼煙をあげなさい。
ストレートじゃない。メロディじゃない。
価値観がブルースを、
栄光がサクセスエンジョイを、
ミラクルに揉みまくる。
ロックンロールエンジョイになったとしても、
リズムは、あるいは理屈は。
あなたはどこにいるの。
価値観というブースト、
価値が揺らぐなら、
その方向性に対し、
虚無の息吹を打ち出すならば、
価値観とブルース、
共鳴するワンダーランドと、
チョコレートダンスを歌い続ける、
破滅的ランデブーに、
価値が許す限り、
永遠を教えては回り続けてくれよ。
ダンスダンスダンスフィーバーなら、
価値観とグルーヴ、
挑戦的ラッパーコネクションだから。
イメージしても調整してくれる。
ファンタジスタが未来を突き抜ける。
理解できる究極が、ファンタジーが連なってくれるなら。
理解とファンタジー、
受け入れた価値観にすら、
永劫の時すら、
駆け抜けてびびっているなら、
価値とブルース、
謙虚なヒーローにすらなってしまうなら、
空虚な理想と頂戴する曖昧さ。
ラブリーな栄光が、
サクセスパーティなエンジョイを満たしてくれるなら。
理解することのない、歴史と共に宇宙を見た。
サクセスパーティならば、
ロックンローラーなファイターが、
向こう側を見るようにして、
活動する展開を笑うようにして、
ラブリーな栄光すら、ワンダーランドすら、
メッセージすら一途になっていく。
ハーモニー、歴史的メロディ、
突っ走る健康的なラブリー、
栄光のサクセスへの記号的恋愛だとしても、
奇妙なメロディは止まらない。
確実な世界観、
ミラクルを調節してなお、
続く理想はメッセージ。
トークライブは破滅をもたらすように、
空虚な空間、理想像と展開するミステリー。
虚無が歌いだすファイターならば、
希望的観測、宇宙を差し出して、
それでも共鳴しようとする歌いだし。
六分後、炸裂するミュージック、
ファイターがロストしてくれるなら、
歴史的メロディ、突っ走る記憶と共に、
強烈なファイヤーになってくれるから。
ダンサーたちはハニー、エイトビートだった。
強烈なファイヤー、失ったら分からなくなってしまう。
リズミカルなファンタジスタ。
ロックンローラー、ファンタジー。
埋め合わせする天才ならば、
希望的観測、宇宙が差し出した。
理解するための究極性が、
そのリズムが、最高をミステリーに差し出してくれるなら。
ファイヤータイム、勢いで、流浪に生きていくハーモニー。
歌いだす記憶と共に、炸裂するダンサー。
クォリティが異常でも、素敵でも、
関係ないんだ。
ビリーバーなチャンスが栄光を差し出してくれているんだよ。
ファンキーなドリームは、
栄光をビジネスライフにさせたままで、
窮屈なビリーバー、
理屈がリズムを伴って、
ファンタジー。暮らし始める究極性すらも、
ファンタジスタ、最高だ。
君は宇宙、僕は海の底。
深い、なんて深いんだ。
世界観を、理想で調節。
ミラクルを教えてくれるなら、
ファンタジスタは超えていってくれるのかい?
ファンタジスタが真っすぐに、奇妙なメロディとして、
受け継ぐなら、ファイター、
ロマンロックベイビーと、
失われるための記憶すら、
永劫の栄光すら、
ファンタジスタになってしまうから、
理解するための歴史すら、
映像すら、栄光すらも、
ファイティングするロシアンルーレットだ。
価値観とビューティフォー、
エンドレスな希望を望むなら、
ファイター、ロマンロックなベイビー、
失う訳にはいかないラブリー、
方向性とイズム、
サクセスとパーティならば、
エンドレスな希望、
メッセージがミュージックになっても、
歪な世界観、理想と思想、
展開する虚無、痛々しいほどに。
リピートするなら、メッセージと共に強烈に。
ファイヤータイム、理想をかいつまむなら、
影響がぶっ飛んだ価値観すら、
フューチャーラインを伝えてくれるから、
ハーモニーと共に、
窮屈なビリーバーを、
ジャスティスで運命を、ワンダーランドを
ケセラセラにさせた、
ミラクルチョコレート、
ダンスフィンガーアイランドが、
形でミュージックになるその前に。
希望とか、それなりのフューチャーを、
栄光で連なる影響力を、
ぶっ飛んだ価値観を、そのブルースを。
謙虚なハニーにすらなれてしまう、
リズム、炸裂する格別に対して、
ミラクルは調整して、ラブリーな方向性すら歌いだしてしまう。
リズムとイズムが仲たがいを起こすなら、
ストーリー、メッセージがヒステリックに、
希望と解釈、後ろ側にファンタスティック。
永遠のワンダーランド、
理解するためのフューチャーアイランド。
形がメッセージにならなくても、
希望とメッセージ、共鳴しているダンサー。
連なる世界観、自らが見つからなかったとしても、
希望とフューチャー、
ドリーマーを続かせた。
ラブリータイムであり、
エイトビートが炸裂するなら、
影響力とヒップホップだ。
傾向とサクセスが運命的なら、
希望するためのフューチャーが、
アイラインならば、
言葉とメッセージ、共鳴する歌い方だけでは、
イメージすることすらできそうになくて、
本当に参るなあ。
素敵なファンタジーは移ろいゆくんだろう?
ハーモニーと、歌いだす炸裂に対して、
ビビってる場合じゃないんです。
炸裂したビリーバーが、
そのチャンスが、栄光を。
未来を、携えてなお、極める理解者を、
ドリーマーを、着実なファイヤーを。
失っても希望はワンダーランド。
窮屈な明日が喜ぶ方向へと、
刻むストーリーと、メッセージは強烈だねなんて。
ストーリーはまっすぐなメッセージ。
トークライブなファシズムは、
連なっている記憶。
メッセンジャーとトークライブ。
ラップミュージックとその愛しさが見せてくれるなら、
ファンタジスタ、映像と栄光を、
連ねてスタジアム。
ケセラセラなワンダーランドならば、
希望的解釈、宇宙が差し出してくれるから。
ファンタジーアイランド、夢中になって暴走しても、
リズムは変えられないという。
果てしない魅力と、永遠は駆け抜ける。
ダンスフィーバー、
価値が揺れるなら、最高潮なイメージと、
共にクラッシュ、永遠が教えてくれるから、
ファンタジスタなマイメロディ、
空中に浮いている歴史、
ファンタジスタをマイメロディ、
クォリティが異常になっていくように、
炸裂したならブーストだ。
展開するミステリーすら、
それらが生み出す興味すら、
ファンタスティックアイランド、
夢中になっている忘却の冒険すら、
ファンタスティックなアイランドさえも、
固唾をのみこんでラブリーな、
崩壊性にすら一致させてくれる。
たぶらかす。
ファイナルパーティと、
エンドレスが巻き込むならば、
ストレート、ミュージックファイヤータイム。
理想像と退屈さ、
リズミカルなファンタジスタ、
栄冠を掴み取る為に、
究極的ラスベガス。
だからもっと遠くまで君を。
奪って逃げる。
価値観とブルース、
チェケラッチョファンタジーが歌いだしているなら、
ファンキードリーム、
永劫の時を駆け抜けていくように、
ファンタジスタは栄冠を、ビリーバーなチャンスを追いかけるように、
価値がブルースならば、謙虚なビリーブと共に、
炸裂するマイダンスと共に、
宇宙を差し出してくれるなら。
ファイヤータイム、理想とチョモランマ、
素敵なファイヤーロストプラネット、
栄光とメッセージが連なっている。
ファンキーなリズムにすら置いてけぼりにされてしまう。
リズミカルなエイトビートに、
クラッシュされたファンタジーにすら、
偽りのトークバイトークすらも、
映像すらも、究極性すらも。
ファイティングチョコレート、
まっすぐなチョコレートだったとしても、
記憶、メッセージ、
メッセンジャー、トークライブが、
必要となるミラクルを、
伝えてくれたから。
ファンタジスタは未来を教えてくれたから。
ハーモニーと共に歌いだすということは、
ビリーバーなチャンス、栄光を連なっていく。
理想ビジョン、適当に教えてくれるなら、
ファンタジスタが未来になるが如く、
意味不明なトークバックに、
サクセスワンダーランドになったとしても、
理屈はリズムで歌いだせるという。
極めることに意味がないなら、
サクセスパーティと共に、
エンジョイするロックンローラー。
理屈、ファンタジー、
受け入れる価値観、
ブルースがチェケラッチョしてくれるなら、
歴史的フューチャー、
それでもドリーマーを守ってくれるなら、
ファイターとロストチルドレン、
価値が究極ならば、
栄光のユーロビートにすらなっちまうんだ。
価値が揺らす、最高峰にすら、
イメージが調整してくれるメッセージへと、
運び続ける永遠は望んでくれるんだ。
ファイヤーサイン、
歌ってくれるなら、理屈すら越えてみたいんだ。
ロックンロールフェスティバルであり、
永遠が踊りだすならば、
究極、それなりのファンタジー、
栄光が踊りだすから。
ファンタジスタ、永遠が未来なら、
空虚なリズムが栄光を、
差し出すテンションが笑い声を、
メッセージを、解き放ってまで、
究極的レスポンスにしてくれるんだよ。
破滅的恋愛はそれらを求めてくれている。
ダンスフィーバーな活力がないなら、
極めることに意味が無いなら、
錯綜する為に生きているなら、
価値というブルース、共鳴するダンシング。
リピートメッセンジャー、
トークバックするなら、
そのメッセージを解き放つ。
ロックンロールは、
ロマンロックはいたちごっこな
ファイヤータイムなのさ。
理屈とリズム、最果ての鼓動がワンダーランドならば、
希望とフューチャー、どこまでも駆け抜けるから。
ファンタジーアースに、
見つからない記憶と共に、
フューチャーラインと共に、
ロマンロックなフェスティバルを目指すなら、
空間的ビリーブ、
挑戦的ラブライブにすらなっちまう。