ラブリーラブリーなハートが見つかるぜ!
食べてしまう歴史がファンタジーだ。
クォリティが異次元、ミュージックがファイヤーだった。
ロックンロールビジネスであり、
運命が踊り続けるなら。
パーティ、ロマンロッカー、
大好きだぜ。天才、魅力をひっさげてやってきた。
リズム、沈むから君たち。
伝えたいことがあるから耳貸しな。
ラッキーフェスティバル、運命が踊りだすからちょっとこっち来な。
ロックが歌いだすからファンキーになるから耳貸しな。
ラブリーチェンジ、チェックしようがしなかろうが
構わねえよ。ダンスタイム、メッセンジャーのトークは
虚ろに展開させるリズムとリアリズムに、
設計するミス、果敢に食らいついた馬鹿馬鹿しさ。
運命が踊りだすファイターは、ナイターで泣いた。
リズム?ケセラセラだよ。伝えたところで何が変わるの?
夢を見ることの何が悪いの?
覆す、覆す、まさにぶっ壊す。
破滅的に壊滅的だぜ。
ロッケンローが歌いだすぜ。
そしてようやく完成を見た。
素敵なファイヤーが存在していたんだね。
記憶とロケットランチャー、
生み出した価値観と共に、
ふさぎ込むならエイトビートなのさ。
覆す魅力と共に受け継いだ。
ラブリー、ラブリーチェンジでミステリーが
興味を示した。新しい未来を叩きのめした。
ラブリーコールでエンジョイしていった。
それを満たすことを祈りと呼んだんだ。
希望は逆らったかい?
さあ、ふざけた世界に興味を示そう。
理屈?ファイターだね。
失ったことすら馬鹿馬鹿しいのかい?
リズムはエンジョイしているぜ。
はっきりしろよ。一抹の不安すらぶっ壊せよ。
リズムが空間を呼び込むなら、
そのひたすらに変換、練炭、
最先端を突き進む海鮮だ。
排泄物だ、なんて面白いんだ。
視界に入る興味、
卿は憂鬱?でも止まらないぞ。
最強だぞ。ファイナルだぞ。リアリティだぞ。
この遊びは止まらない永久に。
ロッケンローが歌いだすから、
感覚的ミュージック、
そこに偽りをミュージックにさせてまで、
侮辱したかった永遠があった。
奇妙な話だろう?
生きているんだぜ。意地でも伝えてあげたいんだぜ。
ロックンロールファンタジーが、
行動でロストジェネレーションになっちまう。
レベルアップで堂々とミラクルが、
チェケラッチョファンタジーならば、
栄光と見捨てることのできない最高峰に、
イメージをチェケラッチョしていった、
ラブリーな方向性すら疑うべきで、
ファンタジスタに恋愛トークを、
ミュージックが充実してファイヤーならば、
形を狼煙として、ラブリー?果てしなさ、
その向こう側、理想、追求、
ワンダーランドまでのあと少しの距離。
鬱陶しいラブリーが挑戦状を突き付ける。
運命が笑うなら、その意味すら笑い飛ばしてくれるだろう?
その裏の裏の裏を常に見ている。
果てしない究極性、リズムで光景が笑い飛ばされる。
ハートオブウィザード、
重ねる世界観?思想と展開。
ミラクルが調節するなら、
ファイターとロストチルドレン、
価値が揺れるなら、
大胆不敵な活動に意味がないのなら、
退屈なほどのメッセージが貫いているなら。
歴史的ドリーマー、描いていく究極性に、
偽り性すら崩壊を連れてきているのさ。
日が暮れてきているのさ。
行くのさ。聞くのだ。
散るのだ。感覚的、白か黒か。
果てしない究極、
究極はロマンスすら連れてくる。
イメージが調整された未来で、
何もかも美しい近未来で、
道徳はワンダーフューチャー、
イメージをチェケラーしたなら、
ビートに乗せて喋ればそれが音楽になる。
大切、勢い、伝えるメッセージ。
クォリティ、凄いし、
ラップエンジョイハプニング、
怒涛のリズム、沈む最高に、
果てしない究極性、ドリーマーとチャンスだよ。
運ぶ世界観、理想とチェケラーしているイメージとは。
チェケラーファンタジーであり、
忠告を教えてくれるなら。
ファンキーマシンガン、伝えているラッキーフェスティバル、
大切?理解、視界に入っている。
ロックンローラーはイメージしてくれている。
その儚さ揺蕩う未来に涙が落ちる前に、
行動、堂々、騒動、総動員、
活動していくのさ!!
ファンキーなライムが疑い出している。
ぶっ壊せるなら世界、その方向に叩きのめす最高が存在している。
理解できないかい?できないだろうな。
失望も栄光も全て食べてきた。
ラブラブならばするまでもない追及。
なぜ俺と同じ奴らがいるって言いたがるんだ。
それで安心するとでも思うのか。
まあどうでもいいや。
貫くフィーバー、
俺の狂っている点はそこじゃねえ。
ラップ現象で、運命が笑うなら。
屈辱的魅力、
馬鹿な奴らだからあまり役に立たねえ。
正しい?栄光の影響力、
ぶっ飛んでるくらいのリズム、
沈む大切さ、リアルなフュージョンに、
価値が狼煙を上げているならば、
希望の破壊者、リズムとこの光景を洗いざらい見せてくれよ。
サクセスの為のストーリーがミュージックを彩るなら、
空間、その方向、神々しいリズム、
果てしなさ、魅力、次の一手。
馬鹿馬鹿しいかもしれない。
ミュージック、それのみでファイターになるのは虚ろかもしれない。
ダンスタイムが踊りだしている。
僕もミュージック。あなたもミュージック。
終日充実しているファンキーな最高が、
愛おしさと突き抜ける最高に、
リズムは酔い散らかしていく。
うつ病患者のラップショーだぜ。
半端ない理解者、堂々とミラクルを、
越えてなお突き進む最高に、
リズムは傾向を探りつつ、エイトビートを狼煙をあげていく。
ロマンロックが必要な賞味期限、消費期限、
素敵なファイナルアンサーならば、
言葉すら笑い出しな。
馬鹿馬鹿しい究極性に、
愛おしさが木霊する。
トライしていくだけさ。
ミュージックがファイターならば、
ロストジェネレーション、
確実性と踊りだしな。
ファイターロストチルドレン、
価値というユートピア、
メッセージは暮らし始める。
それは痛々しさの次の、突き抜けるゼロの可能性。
沈むぜチェケラー?
意味を生み出した。果てしなさを生み出した。
僕らはなぜか楽しく生きていける気がしてた。
大切、言葉、エンジョイパーティ。
ロマンチックが溢れ出すぜ。
空間が歴史を空虚にしていくぜ。
ラブリー?埋め合わせするチェンジ、
愛おしさとつなぎまくったスタイリッシュは、
価値と共に踊りつくして、
爆笑しているよ。
奇妙でしょう?って更に笑う。
下がる。上がる。世界の仕組みがバグる。
それほどに強力で、痛々しいほどのパワー。
ロストジェネレーションに記憶させれば、
ファイター、ロマンチックなベイビーであり、
運命は、その技は、運命は、どこにいったというのか。
理想像、その展開、あなたらしさ。
飛び出す、理解、メッセージを貫いた。
果てしなさを行動させた。
理解をフューチャリング、価値観がエイトで狂った。
だからロマンチックなんだよ。
だからこそ面白いんだよ。
色んなものに数えられた。
理解はファイター、失う力でワンダーランド、
植木鉢の芽、今日も出てこないや。
サブリミナル、追及、ファンタジーが下ろしてくる。
リズム、歪むから頂けないなあ。
歴史?ワンダーランド?何言っちゃってんのwwwwwwww
ラブリーハート、失うことすら馬鹿馬鹿しいかな?
果てしない距離、生み出す価値、快感、
メロディで突っ走った。歴史?どうでもよくねえ。
ラブリーチェンジ、果てしねえこの光景こそが未来の本来の姿だ。
ダブるふらつくミステリーはヒステリー。
行動、堂々としている。ファンキーミュージックが、
歴史の灯を後ろ側に、灯しているならいっそのこと。
歴史?空間?爆笑だぜ。天才的だぜ。
運命は君を笑うのかい?笑ったとしてもケセラセラだね。
運命は君を叱るのかい?
果てしない距離を見つめ続ける。
アホらしさとともに疑い続けた。
ファイター、失うものがないなら僕を見つけてよ。
やばいぞ。テンション、ア・セッションプリーズだ。
果てしなさ、ミラクル、堂々と未来を開け放ちたい。
リズム、その中に空間が存在。
混在している問題は、理解、視界に入り次第、
大切な言葉、外は雨、亀になるほど素敵だね。
ラップするシンギングライター。シンキングタイムでシャワー。
飛び交う挑戦状、調整しよう、
全てを崩壊のリズムと後悔のストーリーにさせていく。
焦っていく。爆笑展開天才ドリーマーだ。
描き続けると素敵なんだ。ファンキーなファンシーなんだよ。
死ぬほど面倒くさい世界へとようこそ。
君たちのことを大切に思っていない僕を許して。
ダンスホールでエンジョイしている自衛本能、
トゥギャザーできるか、積極的に生きれるか。
六本木、素敵、素敵。
ナイスな言葉が溢れ出す。
僕は僕になる度朗らかに。
ぶっ飛んでいく?
チェケラッチョ生み出したことを後悔するほどに、
サプライズ展開的にラブをフォーエバー、
実力主義でも構わない。
理屈抜きでも構わない。
理想像は天才的に、メロディは突っ走るはずだから。
窮屈、理解ができようができなかろうが、
君たちにあとくされなどない。
本当の言葉の時代を越えていくリズムこそが、
素敵なファンタジスタになっていくんだ。
理想とチェンジしていくスマイルだけが、
ワンダーランドを炸裂させていくんだ。
ロマンチックなファイターを、
ロストチルドレンなコミュニティを、
アホらしいほどの伝説を、
クラッシュされたパーティを、
後ろめたさで行動してしまった。
理屈でファイター、ロストチルドレンが焦っていた。
ブルースが運命を、
希望がファンタジーを連れてきたから。
埋め合わせする天才だけが、
後ろめたさと究極と共に、
理解を越えたファンタジー、その先に見える希望を。
ミュージック、ループしていく希望を。
ファンタジーを、狼煙をあげたストーリー、
理屈はなくても感じちゃうことはある。
だから素敵なんだ。ファンキーなロストチルドレン。
価値がユートピアになっていく。
ロストチルドレン、価値観が絨毯を、
メッセージ、クォリティが異次元、
メッセージを貫いていく。
理解度がファンタジーになっていくのが
恐いのだろう。奇妙というかなんというか。
正しいメッセージ、クォリティでも異次元になってしまうのか?
理解が窮屈になるなら、希望というファンタジーと共に、
受け継がれるパーティはどこまでも、それらを突き抜くように。
表現したいと思える。
希望、希望、希望。
生み出したそれらの果てに、
導かれた希望に、
炸裂したメッセージに、
何かを高鳴らせる。
リズムは追ってくる。
希望と、それらが織りなすイメージを、
追及してひっくり返っていく。
これを生涯の仕事にしたいと思える、
この現状ですら未来を作り始めるの?
理解と、理解の狭間にあるこの憂鬱と快楽は、
メッセージで炸裂することを怖がるように。
ひたすら誰か、しなくちゃいけないことをくださいと。
ルキンフォーしていく現実を見る。
ざまぁみる。理解しているファンタジスタ、
永遠がトークしているラッキー!
フェスティバルはまさにハッピー!
止まらない世界観、思想の充填、
考えているこの希望すらも、栄光すらも、
踊りだすためのこのメッセージすらも、
偽りを展開させるドラマを演じて、
素晴らしいトークバイトークになっていく。
ロストチルドレンはメッセージを残す。
活動したその証拠を笑うように、
奇妙な縫合と方向を付け合わせながら、
素敵なタクアンにしてくれるのさ。
ラブリーゲームがそれを超越しているんだ、
えもいわれぬ楽しさだろう。
空間的なハッピーが挑戦させるなら、
その魅力とダンス、リズムとブルース。
誰にもなれない一途さと、
ファンタスティックな興味、
虚ろな伝説を認めるなら、嫌うなら、
素敵、ファンキーなドリームを
描いた究極性、一途なファイター、
ロストチルドレン、
ロックンロールはひたすらに、
ひもじいくらいに、素敵なくらいに、
歴史をブーストさせて、それでもイメージをやめない、
素敵なファンタスティックアイランドが存在しているという。
事実俺達は笑っているだろう?
滑走路、脱走後、メッセージ、届け轟け君の声。
正しいか、分からない、
刻んだ、世界観は理想を。
超越、ダンスしていくメロディを、
突っ走ったエネルギー、
行動力の産物だった。
ファイター、失うことすらバカらしかった?
果てしないミラクルを調節していた。
ラビリンス、活動的展開を未来に、
合わせこむ為に、
堂々とミラクルを超越させる為に。
大切さ?ことごとく絡みだすように。
素敵なファンタジー、
意味不明な抵抗に、踊っていく何かがある。
炸裂しているイメージと共に、
ロックンロール、ひたすら行動に結びつけた。
ファイターはロシアンルーレット。
奇妙だけど面白くてたまらないんだ。
実力がありそうでないんだ。
覆すパーティと、ロックンローラーなイメージ、
チョコレートなダンサーが、
結びつく最高峰を、
イメージして対戦させてくれるんだ。
ファンキーなドリームが、描いた最高峰に、
メッセージは貫いていくんだ。
歴史的キャンペーンと共に踊り散らかしていくんだ。
素敵なファンタジーが狼煙を上げている。
素敵なメロディックライン、整うならその希望を
見せつけてやりたい。イメージとチョコレートになりたい。
大好きなメッセージになりたい。なりたいよ。
気づくのが遅すぎても、早すぎてもだめなのか?
チェケラッチョファンタジーにすら、
見捨てられてなお、貫きたい希望があるという。
その向こう側に更に、栄光の更に影響力、
吹っ飛ばした感覚と、エイトビートは逆立ちをしていってしまう。
また世界が再構築されていく。
無限の分岐、無限のパラレルワールド。
ラップなフリースタイルならば、
希望的ファンタスティックすら、永遠を喜べるだろう?
奇妙とかファンタジーだけでは足りないんだ。
奇妙とメッセージは貫いているんだ。
希望的解釈、それらが生み出すファイティングポーズなのさ。
覆す魅力がそれのみではファンタジーになれないなら、
さあ、仕方ない手を貸そう。
ビリーバー、チャンスをあげよう。
刻むファイター、ずっとずっとが灯し続ける。
永遠と共に向こう側は、
炸裂するマイメロディを保ったままで、
覆したいパーティ、ロマンロックが歌いだすんだ。
ファンキーロード、
天才的なドリーマーと、
栄光は連れてくる。
ビリーバーなチャンスが追いかけてきてくれるんだ。
メッセージが貫いてくれるなら、
その希望に立ちゆかない楽しさがふさがり溢れるなら、
素敵なファンタジーですら、永遠ですら、
この鼓動、怒涛のリズムに沈む気合いに乗せて、
下ろせって言ってるだろう。
ラップビジネス、歴史的、
ロマンロック、歴史が究極的に、
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックなパーティ、ロストするペガサス。
ラップスタイルはエンジョイしていくんだ。
ファンキーなロマンチックで対抗するしかないんだ。
ここに宝物が漂っているんだ。
素敵でファンキーなドリーマー、
伝え続けているから、
ロックされていくんだね。
希望的ファンタジスタは、
永遠と共に裏返るんだ。
それらが希望だと誰が認めてくれるんだ?
ファンキーなドライバーは、
貫くことすら愛おしいと思ってくれているのかい?
ラブリーな方向性が超越性なら、
メッセージと開拓する別次元、
活動する展開と虚無は笑い出し、
展開を葬るように、刻んでいく。
馬鹿馬鹿しいかい?そんなメロディで突っ走っているのさ。
歴史的ファンタジスタだ。
運命すら笑ってくれそうな。
奇妙とこたえるなら仕方ない。
ロックンローラーはイメージを誇張しながら、
素敵なファンタスティックと共に
うつ伏せにさせられていく。
ラブリーなハートで認めることが可能なら、
射止めることが可能なら。
リズミカルなファイター、ロックする君たちにすら
伝えたいと思うのだよ。
極め続けたい、僕のパーティ。
それらが生み出す白昼夢、
暴走し続ける別人格、
伝説は生み出すことを躊躇わずに。
大切、言葉とクラッシュ、
パーティがロックンロールを生み出すなら、
パーティとロマンロックとファイター、
その複雑怪奇性は冒険者を魅了して仕方ない。
リズムに乗っていくなら、
その言葉がパーティならば、
虚ろな伝説、クォリティすらも一途なパーティに、
素敵なファンキーロックンローラーが、
運命すら食べてしまう僕の豪快な食欲は。
リズム、メッセージ、大切さ、
グルーヴとグループに、
生み出した価値観、メロディは突っ走るだろう?
狂気が生み出す最高峰があるのさ。
その戦いに君が挑むチャンスが無かったとしても、
クォリティはまだ待ち続けるはずさ。
その希望に、立ち行かない未来に、
嫌いになってもことごとく、
理想のチェケラッチョのあの子のごとく。
大層な体操をしたいそうです
やばいそうです スタイリッシュに可能性を追っていくしかねえ。
ラベル貼っていく展開、この遊びは終わらない、永久に、永久に。
リズム、メッセージ、クォリティ、大好き、
展開するミステリー、キーボードを叩くことに時間を費やしたいのさ。
大切?歳月が目指す場所とは。
君の惑星から、滅んだその惑星から、届くメッセージを確かに受け取れる
日が来るなら。
メッセージは尊いのさ。
ラベルを展開させたい、
奇妙さをファンタジーにしたいんだ。
歴史が究極になっていくしか、
他に展開する興味がないんだよ。
覆すパーティはロマンを運んでいる。
僕は馬鹿になりそうだ。
でも窮屈ではないな。
理想と程遠くても、
リアルは運ぶ素敵さがある。
奇妙さとファンタジー、向こう側に
見せてくれるメッセージは、
クォリティは、儚くても美しい。
未来を越えていきたい。
音楽なんてその程度、
メッセージを貫いた僕を越えられるか?
大好きな展開は僕をイメージしていく。
ロストプラネット、大事な世界観、
栄光のビジネス、
一秒前と一秒後の自分は全くの別人だ。
大切がメッセージ、クォリティと共に受け継いでいくんだ。
理想的チェンジング、かいつまむ素敵さ、
大胆不敵な未来性、
理解しておきたい究極性すら、
偽りで展開させていくストーリーすらも。
ファイティングな歴史、行動力、
埋め合わせするはずの展開力、
ミステリーなワンダーランドすらも、
かいつまむ素敵さすらも、
エイトビートな究極が運んでくれそうだぜ。
語彙も迫力も気力もねえ。
大好きな展開も大好きなお茶漬けもねえ。
リズム、設定、誰かを傷つけることの意味?
茶色い封筒、届く君からの言葉、
炸裂するブルース、鬱になりそうなほど連続して
起きる現象、馬鹿馬鹿しいならそのままに、
窮屈ならば、未来永劫を伝えるように。
理解、ファンタジー、クォリティは運んでくれる。
バラライカ、何かをやらないか、それでははまらないな。
素敵、素敵、なんて素敵なんだ!!
ケセラセラでうふふなんだよ。
ロックンローラーはひたすらを求めてくれる。
美貌は備忘録の中に忘れちまったのさ。
疑う余地すらもねえ。確実だねえ。
果てしねえ、カテゴライズ、
この遊びは終わらないのさ。
言葉遊びは僕の全てだから。
理屈を越えたい、
そのリズム、究極なるリズムに、
本当に沈むぜ。素敵なファイナルアンサーだぜ。
俺は今にも鼓動が止まってしまいそうな
スピードで疾走していく。
大切、言葉、エンジョイパーティが破裂するなら、
その興味、炸裂、ワンダーランドが連れてきた。
大胆不敵なメッセージにすら貫いた馬鹿馬鹿しさにすら、
退屈な世界観、未来に対する鋭角的なメロディ、
ハクションバーガー、失うことすら許されない。
言葉の炸裂ボーイは歩き出す。
奇妙に曲がり落ちる交差点すら許されねえ。
大好きだからこそのこの楽しいメッセージだ。
貫く世界観を理想を、追求しても
それでも果てしない未来を追随するなら、
テンションは行動で示していくしかないんだ。
理想のリベラルカードを生み出すことの意味を、
歯がゆくも失礼に、
ダンスフィーバーに、栄光のチェケラッチョに、
歴史に手を加えさせてもらうぜ。
どっちかというと俺は口より指で喋りたい。
大切、大切、その歳月。
理解している、理解している、
視界に入っている、
奇妙さはグローリー。
天才が呼び寄せるのさ。
理解するフューチャーとドリーマー、
展開するミステリーと共に、あげつらう素敵さかい?
ファンタジーアイランドを認めてくれるなら、
その歴史に残ることにすら偽りを感じるなら、
希望、希望、希望。
あとくされない興味で歌いだしていこう。
ラッキーなフェスティバルで運命を笑いながら進んでいこう。
大好き?だから展開、
炸裂?だからこそのメッセージだよ。
奇妙でしょう?素敵でしょう?
ファンキーロードで埋め合わせするのさ。
ラッキーフェスティバルが永遠なんだ、
行動とロストチルドレン、
ファイターと運命は嫌い続けるんだ。
最果てのメッセージを、閉じ込めたスーパーフライ級だ。
ダンスでウィザードを展開させる。
行動させる、えも言えぬ幸福感と興奮感、
リズム、サバイバル、活動は興味に対することをやめねえ。
ブルースは確実にハイクォリティを目指していく。
脳の中にびっしりと表現したいことが。
それはイメージでは生み出せない、
限りない世界が存在していた。
ラッキーなフェスティバル?いっそのこと愛しぬいてやろう。
刻むパーティナイト、
誰かに操作されていると勘違いしてしまいそうさ。
リズム、説明しているメロディ、
強烈な炸裂天気予報、
サクセスの行動の意味不明が、
行動的ロックンローラーで、
イメージしたチェケラッチョが、
ファンタジスタに行動させていくんだ。
理解が追い付かないかい?
ならば教えてあげよう。
ミラクルに対する興味、
共鳴していくファンタジスタの、鼓動的展開。
サクセスならば、ワンダーランドならば、
見つめることすら忘れそうならば、
栄光、永劫の時を歩んでもまだつまらねえ。
ダンスホールで永劫が歩こうと、
メッセージがそれのみで貫こうと、
意味なんざ知るか。
大切なことが意味不明でも構わない。
理想はそれらを追及しながら、
メロディになっていきながら、
大切さはドリーマーになっていきながら、
素敵、素敵って爆笑するほど繰り返してなお、
貫く希望がファンタスティック、
つまり栄光をコンテンツにして、
永劫のファンタスティック、
つまり永劫を目の敵にしてまで、
エイトビートは炸裂していく。
ブルースは興味を、ミュージックはそれらを、
結びつかせるように。
もう不幸になんてならないように、
君に一つだけ魔法を唱えよう。
まるでそれらは僕に訴えかけるように、
希望はファンタスティックモード?
貫くこと自体馬鹿馬鹿しいかい?
奇妙過ぎるミュージックは、
絵も言えぬ素敵さに、メロディに、
突っ走るファイターに、
ロックオンされない為に。
窮屈なファイターはロックを意味してくれるのかい?
ラブリーなハートが行動するなら、
堂々としていける未来を愛するなら、
抵抗なんて無きものにできそうさ。
ラブリーゲームに勝ってしまえそうなんだ。
それは興味じゃねえ。
それのみでは活動が半減し収縮しちまうだろう?
この幸せの半減期は。
大切、栄光、抵抗、
メッセージが貫いて、
なおも貫き続けるファイターに、
理想を超越してなお、
嫌いになり続けるストーリーに、
メッセージは貫いた。
希望というファンタスティックにドライブ模様にさせながら、
歴史は究極的に、
それでもメッセージは僭越的に、
思い出した価値観、
メロディと突っ走る理解者、
理解を越えた場所で踊り続ける泣いたナイターでのファイター。
ロストチルドレン、
まっすぐに生きろ。そうでなきゃ意味がないんだ。
波に逆らわず、まっすぐに生きるって可能かな。
それとも叶姉妹かな。
歴史?グッバイ、
ララバイな抵抗?で、生み出した曲は数知れず。
破壊神の徘徊シーンなんて見たくねーよ。
リズムが沈む、行動のロッケンローティーチャー。
まるで倒されるのを待っているかのような魔王たち。
リズムでチェケラーするならば、
そのファンタジスタに永遠をリトーク。
メッセンジャーな価値観が暴れ出すなら、
その究極性にリズムが食べてしまうなら、
覆すパーティ、ロックンローラーはイメージしていくのさ。
全てを分かりたいかい?
イメージをチョコチップ、素敵な素敵な物語にしてやるぜ。
沈むリズム、活動と共に
虚ろな天才に、ドリーマーに、
栄光を連なる素敵さにするように、
活動は錯綜するエンジョイにさせるように、
理解はファンタジスタすら乗り越えていく。
歴史というメッセージで、貫くいたちごっこは気持ちがいいかい?
リズミカルなファンタジスタ、
永遠がトークするなら、
それを嫌いになることすら諦めきれそうだから。
エンジョイトーク?
突っ走るパーティがエンドレスならば、
希望というメッセージで貫きたいぜ。
ロックンローラーはイメージしてくれるのかい?
歴史はそのチョモランマ、素敵がファンタスティック。
永遠と共にリトークしていくぜ。
ロマンロック、栄光とチェケラッチョ、
生み出したら価値観にすら、
ファンタジスタにすら、
栄光をただならぬ勢いで
行動させていく。
ロストしていくからおもしれえんだ。
退屈な世界に日々を灯そう。
素敵なファンタジスタになってもあがこう。
理想と費やした希望の日々、
退屈な世界観と理想が笑うなら、
共鳴するならいっそのこと、
伝えてみせよう。
リズミカルな行動と、
ロストチルドレンは笑って僕に
展開を予測させ、未来を行動させ、
爆笑で更にメッセージを尽き果てるように、
ラプラスの悪魔のように、
リズミカルなファイターが裏声でうろ覚えになるように、
感覚的フュージョン、可能性の偽りすら、
食べてしまった僕の共鳴、疑いなどさらさらねえ。
リズミカルと究極は、
止まらないのかい?終わらないのかい?
ストレートじゃねえなあ。
ダンスしてフィーバーしな。
メッセージが行動のロストチルドレンを、
その先の魅力すらトラウマを越えてメッセージにするなら、
夢とメトロジカ、おはよーはよーだ。
繋ぐ繋がるんだ。
サバイバルな価値観かい?
メロディラインは突破しているようだな。
ファンキーなドリーマー、
エイトビートと共に炸裂するのさ。
ラブラブなメッセージが貫くなら、
希望的ファンタジー、それでもクォリティを求めるように、
歴史的メロディはそれのみで突っ走るように、
理解を越えて、それはそれはファンタジーすら越えて、
リズミカルなファイターになってくれる。
ラップラブリースタイルで、
エンジョイするパーティはそれのみでは叩けられないように、
奇妙過ぎるミュージックすら、偽りすら、
展開するドリーマーすら、
描き続けている。
ファンタジーならばボロボロだ。
イメージがチョコレートならば、
メッセージ、貫くことへ告げる馬鹿馬鹿しさかな。
大胆不敵なメロディが調節しているのかな。
ビリーバーな着実性、
ラブリーコールでいみふめーい。
作成する運命を見て覚醒、
はく製になっても希望は止まらねえ。
リズミカルなファンタジーが、
クォリティと共に受け継がせることを、
意味させるから。
その希望とファイターは、
ロストチルドレンに
嫌いになるほどに、
究極的リズムは踊りだすように、
展開的ミステリーは共鳴していくから。
理屈じゃないんだ。それは沈むだけじゃないんだ。
イズムに散っていく。
理想像と展開していくラブリーは、
崩壊すら爆笑していくでしょう?
奇妙さがメッセージなら、
嫌いになるほどの抵抗力ならば、
素敵さはファンタジーだろう?
埋め合わせする天才ですら、
踊りだすことを究極性として、
破滅的メロディとして突っ走ることすら、
体感温度も上昇し続けるのさ。
同じことしかしないなんてつまらないんだ。
疑わない綺麗さがそこにはあった。
リズミカル、行動のロックンロールティーチャーだ。
大切?まさにクォリティですね!!
窮屈な世界観すら、ワンダーランドすら、
永劫の時を歩み、
笑い飛ばす抵抗力、
埋め合わせ展開できないメッセージすら、
歪なコンタクト、
それのみでは気象衛星になれないとしても、
ぶっ壊れるならそのままに、
クォリティとしての異次元すら笑い飛ばせるように。
窮屈な世界観なのであれば、
ファイターとロストチルドレン、
メッセージ、クォリティ、
ワンダーランドにサクセス、昨日からの栄光、
伝えられるファンキードリームと、
永劫のサクセスはぶっ飛ばしていく。
価値観とブルースで、興味を炸裂させるなら、
希望的にロックンローラーに、
壊れる、壊れる。
世界観とメッセージが滞りなく滞っていく。
夏に必要なのは塩分だ。
大好きな展開が妄想超宇宙だ。
そもそもそうなる運命だったのさ。
理由は分からないが地球は温暖してんだ。
ラブリーコールでエンジョイするように、
極め続けられるならパーティにすらなれたかもな。
ビリーバーなチャンスを浴びせるなら、
活動家な天才的ロードで、
埋め合わせする展開ですら
ワンダーランドな説明になってしまいそうだぜ。
空間とファンタジー、
虚ろ、虚ろ。
天才的ドリーマーに、
描いてなお突き進む素敵さに、
メロディは放ちだす。
興味というミュージックで、
偽りを展開させるなら、
希望的ファンタスティックで埋め合わせをしてくれよ。
ファンキーなロードが嘘をつくなら、
リズムとリスクがアップアップだぜ今回は!!
だから安心して頂戴な!!
はくしょんベイビー、
失われた最高峰?
イメージでチェケラッチョしたファンタジーの向こう側?
炸裂するビーナスは正しさを閉じ込めるのかい?
果てしない空虚な究極が、
音飛びミステイクに気づいていくなら!
リズムとイズムで散っていく。
理想形と今回は、
どうだい?うどんだい!
今回は許そう、挽回を刻もう?
素敵なファンキーなリズムで、
クォリティをダンスするのならば、
歴史、ミュージック、ファイターがロッケンローティーチャーだから、
生み出す価値観すら、
歴史すら究極にさせるなら、
理解とフューチャー、
ドリーマーがチャンスを、
運んだ空間に理想を、
超越的未来を、
行動的トゥモローを?
描いた究極性のそのリズムは、
退屈さと共に受け継がれた最高峰の、
メッセージすら解き放たれる素敵さだから、
ルキンフォーできるかどうか、
生み出した価値はどれほどあるか。
奇妙さ、ミュージック、対抗していくように?
歴史、究極、メロディは突っ走っていくのさ!!
リビングデッドだよおお!破滅的だよおおお!!
行動のロックンロールティーチャーだよ。
結びつく世界観に、
理想像が展開させてくれるんだよ。
発表会という理想に、
超越的魂すら浴びるならば!!
感動的ミュージックすら偽りにしてくれるだろう?
奇妙で適当な、メッセージじゃあるまいし。
大胆不敵なメッセージが貫くならば、
希望とミュージックという最高峰で、
伝えたメッセージは煌めき続ける。
ファイターはロックンロールを刻むように、
素敵さはミュージックになっていくのさ。
ラブリーゲームで好調な、
素敵なファンキーがロストプラネットなら、
永劫の時を歩みたい?
果てしなく、生きていたいんだ。
ラブリーゲーム、追及していきたいんだ。
それがロストする意味すら見失っても、
希望すらワンダーランドになったとしても、
受け継がせるんだ。
それこそが素敵なんだよ。
ファイナルアンサーが呟くんだ。
理解、行動、そのポテンシャルすらも、
一途なファイター、ロマンが見つける方向性に、
希望というファンタジスタに、
栄光が永劫に、時を捻じ伏せるように、
興味が卓越するように、
ダンスフィーバー、価値が現される。
空間的空虚なメッセージ?
奇妙さがエイトビートならば、
希望というファンタジー、
虚ろな展開にミステリーが興味を示していく。
ラブで崩壊するリズム、
対抗馬も費やして、未来を出かける素敵さにしていくんだ。
理想とそのビジョン、対抗馬なんて無くなるくらいに。
素敵なファンタジーを移ろわせる。
大好きな展開、行動のロックンローラー。
パーティは更に突き抜けていく。
ロストしていく意味不明に対して、
ラブリーゲームすら、一途なパーティすら、
ファイティングスカイハイすらエンジョイするメッセージ!
煌めき続ける素敵さと、
ファンキーなメロディならば。
理想でチェケラー、イメージが素晴らしい。
トーク力、次なるフィーバーが失われた
鼓動と共に、行動と共に、
炸裂するニューディフェンスを祈って果てしないのかい?
理解が興味、図書館で必死に探す面白さ。
理屈はないが魅力はある。
大切さと行動、ロックンロールティーチャーだから。
結ばれればこれ幸い、
そんなものはいらない。
大切さとミュージック、充実性だよ。
止まらない、世界観が異常だ。
サクセスする炸裂だ。
運命とチェケラッチョ、
痛い程に突き刺さる。
イメージが笑い合っている。
ドリーマーとチャンスは、
希望を運んでなおも愛おしい。
貫く希望に、素敵さがにじみ出る。
その交換条件、
リズム、炸裂、
何をかいつまむか、
何が素敵か、
メッセージで伝えてくれ。
崩壊するリズムで笑わせてくれよ。
リズミカルに歌うことが可能なら、
希望的ファンタスティックにイメージされるなら、
クォリティ、もっともっと運べるなら、
空間的ラブ、超越的なその考え方に、
リズムを意固地に守らせたまま、
空虚な歴史は運び続ける。
理想的展開、
飽きない為に、揺蕩う為に。
その方向にリズムはあるのかい?
ダンスフィーバーするならそれも力強さ?
半端ない?その中に何を望み続ける?
理想的展開、未来は強烈に歌いだした。
ファンキードリームで全てを愛おしく思うなら、
活動的展開、ミステリーが興味を示すなら、
太鼓判を押しながら、
究極的ロマンスはただならぬスピードで。
運命はまるで笑うように、
カテゴライズされる共鳴は。
それでもダンスし続ける運命とは。
炸裂するビーナスとは、
運命のチョコレート、
素敵なファンキーロードが目指す。
ラブリーがコレクションならば、
価値があるというユートピアという
異常気象すらも、素敵なファンキーすらも、
エイトビート、未来を歩む失礼さすらも、
映像、栄光、サクセスの希望、
ロックンロールにひたすらに、
魅力的ファンタジーが追いかけるなら、
希望、ミュージック、ファイターは
ロストジェネレーション?
生み出した価値観すら、究極すら、
ファンタジスタな永遠をトークし続ける。
ファンタジスタな永遠トークを、
メッセージを貫いた危なさを、
行動のロックンロールパーティ、
それはメロディ。
突っ走るファイター、
ロストプラネットを愛しぬく誓い。
絶対的ミステリー、
ロックンロールが破裂するなら、
その奇妙さに抱かれたいと思う日が来るなら、
いいよもういっそのこと教えてあげよう。
未来、そして過去よ。
僕の全てを君たちに預けよう。
だけど今は譲れない。今は消えない。
果てしない歴史、ブッキングされた。
全部嘘だよ。そうさ全部存在しないのさ。
でも確かに輝くものがある。私が私の存在を喜んでいる。
爆笑オッズが天才的に!
メロディはそれらを嫌うように、
歪さに闘魂注入していくのさ。
ラブリーゲームすら一致してんだ、
ロックだろう?ハーモニーだろう?
嫌いさがとても大きなファンタジスタなのさ。
覆す魅力的だったとしても、
シュート力がファイヤーなんだ。
理解しているドリーマーと共に、
覆すパーティすらロックンローラーに?
希望的ファンタスティックなのであれば、
価値観、ブルース、共鳴と延長線上。
ラブリーアタックで暴走するしかねえ。
ラブリーゲームすら偽りの世界観かな。
ラブリー、チェンジしていくなら
競争力、多大なメッセージを
貫く俺の愛おしさだよ。
空間的サプライズ、
意味不明に思えても引き継ぎてえんだ。
ラブリーゲームを超越していたんだね。
クールな世界観、思想の感覚に、
メロディはゴーカートになっていくのさ。
共鳴するワンダーランドは、
チョコレートソング、
偽りすらメッセージに、
極め続けて、届き続けて、
理想の超越、ミステリーな興味、
炸裂する美人と、ミュージックファイヤーと、
エレガントな光景を伝えていきたいのさ。
究極的メッセージが飽きるほどに。
ロマンチストなファイヤーが、
ロックンローラーをイメージさせてくれるから。
強力なポテンシャル、
一途なノーマライズ、
大変な世界観、行動とミステリー、システムとラブリー。
理解している究極に、リズムすら照らされるのさ。
素敵なファイヤー、ロックンロールなのさ。
覆す魅力が、パーティなリズムを越えていけるなら。
ファンタジスタな未来、調節し超越する魅力にすら、
ファイターなロックンローラー、
違いを見せつける。
ダンスするフォーエバーと共に、
覆るベイビーならば、
ファイターとロストチルドレン、
価値が揺れるなら、最高潮だろう?
覆すファイター、
ロストプラネット、
確実な世界観と共に愛したくない?
極め続けた最高ならば、影響と。
ロマンロックとファイヤー。
ルキンフォーできるか?
興味と卓越するダンサー、
行動でロックンロールファイヤーにするしかねえ。
道徳と守り続けるのさ。
空間的だろう?
ラブラブだろう?
世界観が異次元なのさ。
クォリティがワンダーランドだから、
大切、それはミュージック、
自由なきラブリーすら、
掛け替えのないストーリー、
メッセージの超越性、
ラブリーゲームすら偽りに、
きついわりに重労働。
はまり込むならストーリー、
メッセージがトークバックするなら、
奇妙さとファンタジスタ、
永遠と共にトークしていく理想、
歴史、メロディ、
飛び出す空間、炸裂、格別?
卓越しているのさ。
つまり格別なんだ。
ストーリーがスモークチーズを食べている。
ロックンロールファイヤーで、
うなぎのぼりな天才は、
虚ろな伝説、魅力と行動、ロックンロール、
極め続けた最高峰は、
イメージを調節することすら笑わせてくれる。
ラッキーなフェスティバルで運命を、
チョコレートソングを見つけてくれる最高を、
リズムがリズミカルになっていくチェケラッチョ、
歌いだすハーモニーを、
嫌い続けるストーリーを、
目指したその階段を、
美しきメロディ、突っ走る最高峰、
飛び出す空間と、ビリーブは走り出すのさ。
ぶっ壊れるほどに潔い。
押し潰されるほどに朗らかだ。
リズム、チェケラーファンタジーを乗り越えて、
素敵なファンキーなロストプラネットに、
確実性を願い続けた。
ファイターなロストプラネットは、
その事実なんかどうでもよくなるくらいに。
全てにチャンスを与えたんだ。
希望というミュージックは偽り続けるだろう?
最高峰にイメージさせていくなら、
希望というロックンロールで、
イメージした大切さ。
リズムでチェケラー、
記録するミュージックがある。
ファイターとロストチルドレン、
生活の知恵を伝え続ける。
ファンキーなロストプラネット、
栄光が永劫に、届く、世界観、魅力を伝えた。
ファンキーなドリーマー、描いた究極に理想像、
天才的ドリーマー、
超越する最高、メッセージで共鳴、
歌いだすニュージェネレーションを、
確実性で止まらない、究極性とそのドリーム、
描いた究極性と、ファンキーなドリームが超越するなら、
空間的ラブリー、調節で歌いだす、
ファンキーなドリーマーで、
調節するミラクルに、
共鳴しているファンキーリズムに、
階段をロックンローラーにしていく。
理解するフューチャー、ドリーマーは描いていく。
理想と超越するミステイクは、その数すらも。