ロックンロールなスタイリッシュなら、
ロックンロールベイビーズに、
伝えたい理想すらあっただろう?
興味がないのかい?
異常な狂気すらも、
ファンタジスタな恋愛トークに
爆笑させるリズムすら、
クォリティすらワンダーランドになってしまう。
うつぶせにファイター、ロストチルドレンだったから。
それは爆笑的だったから。
ロックンローラー、イメージがチョコレートソングだ。
素敵なファイナルアンサーだ。
孤独が毒々しいリズムでクォリティを高めるなら、
いっそいいさ、ラッキーフェスティバルにさせてやる。
空中に浮いている歴史にすら、ファイターにさせてやる。
運命のチェケラッチョ、生み出した価値観すら、
ブルースすら謙虚に息を巻いていくなら。
素敵なファンタジーすら置いてけぼりにしてやろう。
奇妙なファンタジーすら移ろいゆくのさ。
天才的ドリーマーすら、うつ伏せの快感すら、
ワンダーランドなチョコチップすら、
ファンタジスタな永遠をトークするなら、
奇妙さと影響力、
ぶっ飛ばす価値観がブルースを生み出すなら、
価値という究極性、
リズムで歌いだしたいのかい?
奇妙過ぎるほどのファンタジスタ、
永遠がトークしていくメッセージに、
トークバイトークする失礼に、
ダンスフィーバーで価値が揺れている。
歴史的ドリーマーに、追憶の扉が開かれる。
もっと大好きになりたい。
興味がミュージックに、ファイヤーサインになってくれる。
ファンキーなメッセージ、踊りだす空間に、
ファンキーなロストプラネット。
栄光がビジネスに、
超ラッキーになれるなら、
覆すパーティになれるなら、
空虚な歴史とファンタジー。
大切な対決姿勢。
ラビリンスは行動していくのさ。
ラブリーホールで影響力が、
ぶっ飛んだ価値観が、メッセージになっていく。
ロストプラネットがうつぶせに、
ファイターロストプラネットならば、
希望的解釈と共に、希望に合う為に。
ロックンロールはひたすらを求めていく。
ロストチルドレンすら、
超えられなかった境界線へと、
今飛び越えていく。
理想的展開、
まばゆい光、世界の中に照らされた。
ミュージックは流浪だったから。
興味を示したいたちごっこだったから。
ロストパニックしてしまった宇宙の向こう側は、
どんな距離だったんだい?
うつ伏せなパーティ、
ロマンロックになるまで希望を託し続けた。
ロックンロールがファンタジーなのであれば、
覆すパーティ、
ロックンロールなファイヤーになってしまう。
覆したファイター、
ロストチルドレンが真っすぐにやってきた。
だから運命を感じてしまったんだ。
空間的ベリーナイスなら、
ひたすらつまらないことを書き続ける?
それでもできるが今は教えてくれよ。
ファンタジーを、それらが尽くす運命を。
リライトするメッセージを、
クォリティを高めてそれでもダンサーになっていくリズムを。
クォリティとしてミュージックに、移ろいゆく天才として。
受け継がれるパーティは、
ロマンロックなこれだけが仕事だって言いたそうな。
はんぺんみたいに揺れるでかいのが、
素敵なんだ。ファンキーなんだ。
ロストプラネットを愛するように、
希望がミュージックになってくれるなら。
ファンキーなロストプラネット、
映像が栄光を差し出している。
ロックンロールフィーバーが嘘をついている。
希望的解釈が流浪に最高になっていく。
ロストチルドレンに生み出された?
価値が揺れユートピアが叫ぶなら、
理解をしよう。メッセージを伝えてあげよう。
爆笑的にサプライズ、今を忌々しいリズムでトークバックしていく。
ファンタジスタな恋愛トーク、
まさに爆笑だろう?
イメージがチェケラッチョするなら、
ファンタジスタと恋愛トーク、
爆笑するファンタジスタ、
栄光と永劫の時をファンタジスタにしていく。
ロマンチストと影響力なら、
ぶっ飛ばす価値観で、影響力は
ぶっ飛ばす価値観にすら、栄光を映像を教えてくれる。
ロックンローラーなミュージックを虚ろにさせる。
ファンキーなメッセージが伝えてくれるんだ。
ふくろうず、君たちに伝えたいことがあったんだ。
ひたすらがドリーマーだったんだ。
大切な言葉、エンジョイパーティならば、
ロマンロックなファンタジスタすら、
永劫の時を泳いでいく。
炸裂するビジネス、
大会制覇?メッセージがミュージックなのさ。
リライトするメッセージ、クォリティすらミュージックになっていくのさ。
ラブリーコールでエンジョイしていく。
このまま死んでしまうのかい。
ロックンロール、ファンタジスタ、
ロックンロール、ロマンロック、ベイビー炸裂するビジネス、
ロックンローラーなイメージチェケラー、
ファンタジスタ、リズム、チェケラーファンタジスタ、
運命がチェケラー、
ファンタジスタは運命をチョコレートにしていく。
ロマンチスト、ファンタジスタ、永遠がトークするから。
興味を示した俺の意地と価値。
正しさがミュージックをハクナマタタするから、
希望とサクセスはワンダーランド、
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
影響力、すっ飛んだ価値と、
ブルース、影響力、
歴史的メッセージが、
飛び交うサクセスで、
永久が影響力がヒップホップ、理解している。
大切な言葉がことごとく。
理想の歴史、ミューージック。
形すら失えない。
リズミカルなファンタジスタ、栄光のサクセス、ロックンローラー?
大切な言葉、エンジョイパーティ。
ロックンローラーなファンタジスタですか?
意味不明がトークバックしてトークアバウトしているのさ。
ロマンロックベイビーチョコレート、
ダンスホールで歌いだすファンキーになっているのさ。
覆す次のバカの一つ覚えだ。
大好きな展開だ。連載だ。
ストーリーはメッセージを貫いている。
お前らの馬鹿馬鹿しさプラスアルファだ。
素敵なファイナルアンサーだ。
お前らの器のちっちゃさ含めて愛してやるよ!
大好きな展開、ロックンロールフェスティバルならば、
クォリティで異次元を突破するなら、
危険な領域にまで飛び込んでしまうような、
覆すパーティ、
ロマンロック影響力ぶっ飛んだ価値観、
ブルース、価値観影響が栄光をお呼び出している。
見繕ったファンキー、影響がぶっ飛んでいる。
価値という名前のユートピアの中で、
逆立ちさせ続ける俺の運命?
ハートはユーロビートの次の世界を描いているよ。
歌いだせるならば究極だろう?
ハーモニーで歌いだしたいだけさ。
リアルにフューチャーナイスが踊りだしているなら。
究極的ロマンスと共に、
受け継がれるファイターはロストチルドレンなのさ。
覆せる気力と気合いがあるなら、
素敵さはファンタジスタだろう?
ロックンローラーなファンタジスタだ。
運命がチョコレートならば、
ファイティングチョコレートに
メッセージが移ろいゆきだしそうだぜ!
ファンキーなロストプラネット?
確実性とドリーマー、
影響力とぶっ飛んだ価値観、
メッセージがリライトするんだ。
ロックンロールスタジアムです!
究極的ロマンロックベイビーなのです。
理解したいのかい?
リズムの中で、ゲームの世界に友達を探したかい?
理想的チェケラーがイメージしてくれるなら、
ファイターとロストプラネット、
活動するファンタジスタ、
永遠がトークしていく。
ロストチルドレンならば、
ラッキーホスピタルで描くしかない。
ファンタジスタは恋愛トークを結ばせるんだ。
究極のリストアップと、
歴史のファンタジスタと、
恋愛トークし続ける爆笑と、
興味を示すことすら馬鹿馬鹿しいリズムで、
クォリティが戦っていくなら、
理想とチェンジしていくハーモニーは、
つららになって更にさかさまに。
素敵なファンキーロードが
埋め合わせを呼び寄せているなら、
ファンキーなドリームすらうつ伏せファイターになってしまいそうだぜ。
覆したパーティ、ロマンロックなベイビーが、
炸裂するビジネスと共にオーケーオーライしているなら、
歴史とファンタジー、クォリティと異次元、
突破する俺達のニュージェネレーション?
価値が追いかけるなら、ひたすらヒストリー。
メッセージが究極性、リズムでかいつまむ。
最高峰にメッセージが宿る。
メッセンジャーはその価値観をブルースにさせてしまう。
ことごとくリライトさせるなら、
興味が炸裂するワンダーランドと共に、
受け継ぐことすら馬鹿馬鹿しく。
興味が炸裂してワンダーランドになっていく。
ロストチルドレン、ミュージックがファイヤーになりそうなら。
ミスする究極性、
リズミカルな体感温度、
メッセージがトークバックするなら
リライトだ。
メッセージがチョコレートだ、
真っすぐにチェケラーファンタジーだ。
埋め合わせする展開と天才だ。
ドリーマーなチャンスを預けよう。
ファイティング世界観、
理想的超越性、
リズミカルにファンタジスタ、
運命をチョコレートにさせてしまったイメージ。
リズムが沈むぜ。
パーティがロマンロックになっている?
ひたすらが影響力になっているぜ。
ロマンロックフェスティバル、
クォリティすらも一途なパーティに。
ロマンロックファンタジーならば、
影響力、それはヒップホップソングです。
かいつまんで生きることすら馬鹿馬鹿しくなったかい?
興味が炸裂するビジネスに、
永劫の時をかき分けて、スタイルをメッセージにするならば、
理解者とドリーマーなチャンス、永劫の時を泳ぐ。
失礼な興味にサクセスを探したって、
興味がミュージックになっているんだって、
素敵なフォトグラフィー、価値観が揺れ続ける。
ファンタジスタな恋愛トークが爆笑していく。
ロマンチスト、影響が栄光になっていくなら、
理想とチェンジしていくハーモニー。
うつぶせにファイトする馬鹿馬鹿しさと、影響力は
ハッピーナインティナインになってしまう。
覆すパーティ、ロマンロック、歌いだすハーモニーで、
歴史的かいつまむ気力がファンタジーを、
歌いだすファンキーロード、
埋め合わせする天才、
リズミカル影響力、
ぶっ飛んだ価値観にすら、
ファイティングな世界観に理想を超越させていく。
ドリーマーなチャンスが暴れまくる。
大好きな展開がそれのみを歌いだすように、
空虚なリズムは太鼓判を押すように。
理解することか、ファンタジスタか。
運命がチェケラッチョするファンタジーならば、
栄光とチェケラーするイメージで、
闘魂注入する爆笑だよ。
あくまでリズムは背負っていくのさ。
ラブリーチェンジなミステリーに、
興味を示すなら、
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
ぶっとんでぶっこんでスタイリッシュ。
大切?言葉とエンジョイパーティだぜ。
失うことすら馬鹿馬鹿しいぜ?
イメージはチェケラッチョを歌いだし、
ファンキーなドリーマーは永劫を伝えていく。
ファンタジスタな恋愛トーク?
イメージチョコレートにさせてしまうなら、
究極的ドリーマーすら描いてしまうのさ。
覆すパーティ、
ロマンロックなベイビーに、炸裂してなお
解き始める最強問題に、
理想と運命、チェケラーファイティングを、
結びつかせてなお輝き続ける運命を。
大切にした記憶を、理想と頂戴するイメージを。
歴史的究極を、マイメロディにして突っ走らせた馬鹿馬鹿しさにすら。
映像はワンダーランドなのさ。
覆す魅力すら、ワンダーランドになってしまったのさ。
理屈はないんだ、
それでも素敵さがファンタジーを追いかけている。
興味、炸裂しながらダンスしている。
興味が示す疑いならば、
いっそのことファンキーになってやろう。
覆したファンタジスタにすら、
未来を追憶の扉から、
開き始めよう。
大切?言葉とエンジョイパーティさ。
ロマンロックなベイビーに、炸裂するビジネスにすら、
かいつまむなら、素敵だから。
トークバックするイメージと、
大切な言葉と、エンジョイパーティが息をするなら。
究極的ロマンス、うつ伏せなファイター?
ロストプラネットなロストチルドレンです。
価値観がユートピアならば、
サクセスする炸裂が結びつくならば、
ファンタジスタと影響力、
抵抗力、正攻法ではかなわない蛍光灯だ!
サクセスパーティにロマンロックなベイビーを、
貫いてなお走り続ける運命を。
希望を、それらが生むフューチャーを、
絶対的な喜びを。
必要としたナイーブな最高に、
リズムはチェケラッチョに、ファイターに、
つまりロストチルドレンなんだ。
究極がファンタジーならば、
その栄光に閉ざされるなら。
理解するためのフューチャーがここにあるならば、
クォリティとしてダンスし続けた意味だって。
リズムがクォリティの上ではしゃぎまわる。
理屈がファンタジー、
クォリティが異次元を突破するなら、
ファイター、ロストチルドレン、
メッセージはかいつまむように、
理解はファンタジスタを栄光として受け取るように。
希望的伯爵は、メッセージを残していくのさ。
ラブリーホールでエンジョイするようにしてね。
ラブリーコール、次の一瞬を生きるんだ。
ハイテンションな理屈、歴史的ドリーマー、
描いた奴らがファンキーならば、
ロストチルドレン、すぐに忘れていくスタイル。
でも色々歴史を携えて、越えてきた結果
そこへと辿り着いたんだ。
ロストチルドレン、
最高潮がイメージしてくれるなら、
ファンキーなロストチルドレン、
歴史的ドリーマー、ファイティングチョコレート、
イメージがチョコレートしているなら、
ロックンロールイメージチョコレートしてくれるなら、
ファンキーロストプラネットだ。
大切さがイデオロギーだから、
突っ走った関係なさ理解するミュージック、
栄光がワンダーランドにチョコレート、
サスペンス、ファンタスティック、価値観と影響力、
ロックが歌いだすなら、ファンキーなドリームがうつ伏せな。
超キュートな高級そうなボンキュッボンな。
凍るフロア、呼吸困難。
正しさとプリンス、
影響力ぶっ飛んだ価値観、
ユートピアが炸裂させるなら、
奇妙さ、エレガント、
ロックンローラーなファンタジスタ、
正しさとワンダーランド、
チェケラッチョファンタジー、栄光をロックンロール。
無言の返事が心に刺さる。
リピートメッセージ、
クォリティすら一途なパーティかい?
ロマンロックベイビーならば、
永久に影響させるメッセージが
闘魂注入を運ばせてくれる。
ファンキーなドリーマー、
描いた究極性すら、
僕を疑うならば失礼さすら教えてあげよう。
僕を侮辱する全てに対して、
運命の解き放つ世界観をプレゼントしてあげよう。
ミラクルならば、チェケラッチョファンタジーがあるならば。
クォリティで異次元突破。
ファイティングチョコレートがメッセージならば、
クォリティと異次元で全ては満たされた。
興味がミュージックになればなるほどに。
クォリティとしての異次元すら、
フューチャーすらも、
はい君の仕事はもう終わりって言われるのが怖くて。
ただただ文章を書くことが大好きで、
これを仕事にしたくて。
金にならなくても別によくて。
儚いな。散り急ぐな。
失礼的に展開ドラマ。
俺には俺の言葉がある。
それらを操る音を紡ぐ、
明日かかる虹が、またかすんでいたら、
青い傘をさせばいい。
傷は深く、趣を共鳴しながら、
ダンスフィーバーは価値を失っていく。
ロストプラネットが確実性を友達にした。
リズミカルなファイター、
ロストチルドレンですら
価値をアワサムにしていくぜ?
ファンキーなロードオブザリングならば、
希望的破壊兵器すら疑い出せる方向に。
リズミカルなファンタジーに、
移ろいゆく天才にすら、
受け継がれるファンタジスタ、
運命がチェケラッチョファンタジーを
生み出したら価値という勇気で、
サクセスするパーティは
失うことすら馬鹿馬鹿しくなるように。
興味が火花をたきつける。
何度同じことをしようと関係ねえ。
リズミカルに歌いだした、
ファンキーなドリーマー、
描いた夢をケセラセラにさせた。
リズミカルなファンタジスタ、
永劫の時を泳ぐ。
失礼ながら最高だ。
リズムがチェケラーファンタジーならば、
それでも僕らは虚ろに。
天才的に憂鬱になったかい?
言葉は全てを取り込む。
その喜びには飽きたんだ。
最高潮のイメージがチェケラー、
ファンタジスタな恋愛トーク、
堂々とメロディが突っ走る。
ファンキーなドリーマーと共に永劫を、
炸裂するビジネスとトークバイトークしていくなら、
ファンタジスタな恋愛トークすら爆笑していくなら、
嫌いになりそうなドリーマーと、
栄光のサクセスワンダーランドに、
チョコチップが変えられてしまうなら。
満足感がひどく存在することが許せないという。
極め続けるパーティに、
ロマンロックフェスティバルが憂鬱になるなら。
素敵さとファンタジー、クォリティで異次元突破するファイター。
ロストチルドレンに究極的リズムが、
チェケラーファンタジーにしてしまうなら、
究極的ドリーマーすら、
うつ伏せ、彼も誰も見てない場所で泣いている。
理屈じゃないんだ。それでも、それは理想でもなかった。
覆すパーティ、
ロマンロックファンタジー、
クォリティが異次元ならば、
突破するファイター、
未来が見たくて駆けだす。
見たいな未来を。
ロックンロールな落着きで、
ファンタジスタは恋愛トークを続けていく。
理想がチェンジングするなら、
そこに果てしない協力姿勢、
僕がどんなに面倒くさい奴に見えた?
確実性と世界観、理想とチェンジしていくならば、
ロストプラネット、確実性と共に止まらない世界を愛して。
未来の僕の姿が見えそうで。
リズミカルなファンタジスタに、
影響力が、ぶっ飛んでいく価値観なんだ。
大切な言葉がエンジョイするなら、
いっそのことパーティにしてしまおう。
生きる気力すらないなら、
希望。希望。希望。絶望。
クォリティが異次元ならば、
パーティな奴らもまだ眠らず、
素敵なファイナルアンサーを呟くように、
理解するためのフューチャーアイランド。
未知数が踊りだすぜ。
究極的メロディすら、
突破知る運命を笑っている。
ドリーマーなチャンスが踊りだしている。
ファンキーなドリーマーが、
うつぶせにパーティを
ロマンロックなベイビーにするように、
活動させるように、
イメージは調整している、ファンタジスタ。
運命がところてんビジネスへと。
馬鹿馬鹿しい究極性と共に、
無花果の花が内側で花が咲くなら、
奇妙さはファンタジーだった。
歪な世界観を愛したかったから。
ラビリンスが闘魂注入させられるなら、
希望とファンタジー、クォリティが異次元になったところで、
ミュージックは止まらないのさ。
覆したファイヤーサイン。
疑うことすら馬鹿馬鹿しいんだ。
興味が炸裂したのかい?
メッセージが共鳴した、
影響力とヒップホップ、
コミュニケーションすら爆笑だった。
意味がカテゴライズされていった。
ラブリーなチェンジが曖昧だったなら、
素敵。好きよ。
イメージがチェケラーファイターならば、
もっと面白い世界を!もっとワクワクする未来を!
面白い世界観が、理想をチェンジさせるなら、
奇妙さとファンタジー、うつつの世界に、
影響力がヒップホップなコミュニティに、
サクセスパーティに生み出せる価値がブルースになってしまうなら。
ことごとく好き勝手にする運命は、
食べてしまうのだろうか。
奇妙なファンタジスタに対しても、
ロックンロールなベイビーを叩き続けてきたから。
ハーモニーは歌いだすことを嫌い続けた。
ロマンロックなチェンジングが、
素敵なファイターになっていたから。
ロストプラネットは、
表せることすら馬鹿馬鹿しくさせたから。
奇妙さとファンタジーは、
虚ろに天才を逃れだすように。
空虚な歴史がファンタジーになっているなら、
理想とそのチェンジ、舞い戻る世界観。
理想的な未来を怖がるように、
理想的展開は洗わされていくから。
ラブリーチェンジ、大切な言葉、
理解するためのフューチャークインが、
素敵なファンタジーを取り戻すように、
クォリティで階段を駆け上がるなら。
素敵なファンタジーすら、歌声に変えてしまう。
リズム的なファンタジスタになってしまうなら、
ことごとく、面白い点差、
面白い究極性がドリーマーと共に
受け継がれたから。
ロックンロールティーチャー、
メッセージが協力体制に、
メッセージパーティになればなるほどに。
クォリティはダンサーになっていく。
ロストプラネットに、確実な影響力になってしまうなら、
ことごとく失礼な、
最強な世界観になってしまうなら。
リズムが、チェケラッチョパーティが、
それ自体が失われていくなら。
興味とサクセス、ワンダーランドはチョコレートなのかい?
イメージがチェケラーする最高は、
ファイティングスクラッチで永遠を駆け抜けている。
ドリーマーなチャンスを栄光に、
差し出せる空間にする為に。
覆す魅力と共に、
受け継がれたファイター、
失うことすら馬鹿馬鹿しいなら。
今すぐに教えてよ。
リズムを、空中ブランコを。
メッセージで伝え始めてよ。
理屈じゃないから。
それらは興味を示していったから。
ラブリーだったから。
それ自体に興味があるように思えた。
ハッピーなソングライターで、
メッセージを貫くこと自体馬鹿馬鹿しいなら、
興味で卓越するメッセージで、
ダンスフィーバーを価値観にするならば、
究極的ドリームにすら、
栄光が差し出されるだろう?
奇妙過ぎるファンタジーは、
虚ろになればなるほどに。
クォリティが異次元になると、そのままに。
クォリティは最高潮、
それでもイメージがララグッバイ。
ファイティングチョコレートになっていく。
ロストチルドレンが新しくなっていくんだ。
理想的チェンジがハーモニーを現している。
歴史的究極性だけで
意味不明が笑い出すなら、
理屈を越えて苛まれる価値観に、
ミュージックはファイヤータイムだった。
価値観とブルース、
共鳴して歌いだすファンキーならば、
ロストプラネットに、
価値すら揺蕩う。リズムすらブルースになっていった。
ロマンチストが現れていた。
ファンキーなロストチルドレンだったから。
昨日からの影響力すら、ぶっ飛んで。
価値はトゥルース、探す俺達の日々ですら
笑い飛ばしてくれていたから。
ロマンロックなファンタジーが、
伝えてなお、嫌いになるドリーマーすら、
描いた究極性にすら、
リズムがかいつまんでいく。
ロストペガサス、
運命がチェケラーするまで、
ファイティングするスコッチと、
永遠はワンダーランドになっていく。
ロストプラネットが嫌いになるならば、
勢いで興味に炸裂するダンサーになっていく。
そのクォリティ、異次元を突破するファイヤー。
弱っているぼくですらすくえなかったのか。
ロストピクニックなパーティですら、
虚ろに移ろいゆく伝説ですらも。
価値ですらも、究極性ですらも。
ハーモニー、
追憶の扉を叩きだしたい。
奇妙過ぎるファンタジーと共に、
受け継がれるファイター、
ロストチルドレンならば、
形すらミュージックに変えてやろう。
ファンキーなドリーマーが、
描き続ける最高があるんだ。
ロストプラネットならば、
狂気の作り出すメッセージかい?
ロックンローラーならば、
イメージに対する挑戦状ですらも。
かいつまんで世界観にすらなれそうだから。
究極的ロマンスにすら虚ろさが宿るんだよ。
奇妙な最高が、リズムと共に駆け抜けていく。
ロストチルドレンですら、
それらの究極性ですら、
運命にちぎられるなら。
ファイターとスタイルを、
意味してなおも問いかけるリズムを。
クォリティを、結びつくダンスを。
メッセージにしてチョコランタンにしてしまった。
クォリティが声高らかに。
必要性はミュージックになるように、
希望的解釈は移ろいで行くから。
ダンスフィーバー、つまりはロックンロールシステムだ。
理解できるか、この興味、狂気、ラビリンスの方向性。
リズムが猛り狂うならば、
最高峰のイメージで挑戦してみせよう。
リズミカルなファイターに、
ロストチルドレンは起き上がっていくだろう。
興味が炸裂するならば、
起床と展開、
正しさとワンダーランド、
ちょっとグレートなチョコレートにしてあげるよ。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロマンロックベイビーなのさ。
失うことすら馬鹿馬鹿しい。
ロックンロールかい?
ひたすらをプレゼントしてあげよう。
奇妙な偶然は折り重なり合い、
大好きな天才と共に受け継がれていく。
爆笑だろ?共鳴がファンタジーを生み出していくんだ。
理想的チェンジで現されるかどうかってのも重要だと思うんだが。
その儚さにクォリティが飛び交うなら、
希望的観測にも宇宙がみえるかもな。
その方向性に、リズムは存在するのか?
新しい究極性がリズムになれば、あるいはね。
大切なことがことごとく未来に挑戦状を発表会にしているから、
ロストチルドレンは内側で蔓延っているんだろう?
興味がないなら捨て去ればいいの。
それがなぜあなたは分からないの。
経済すらノリノリなら、
素敵、ファンタスティックアイランド。
サバイバルな価値観にさせられてしまったら。
窮屈な世界観ですら、愛せてしまうこの現実に。
マイメロディは突っ走る、そのままに。
空間的ラブリーが超越していくんだ。
理想とマイメロディ、
突っ走ったら最高峰なんだ。
クォリティと異次元、ミュージックファイヤーだ。
ダンスホールなエイトビート、
ミュージックにサプライズ、栄光とビジネス、
対戦カードは面白く、
歴史的ドリーム、
描いた夢の舞台から、
炸裂したワンダーランドは
影響を肌で感じるように。
奇妙さがファンタジスタに栄光を逆らい出すように、
興味が避けられない話題で越えていく。
リズミカルなダンスフォーエバーで
価値がはかりつづけるなら。
理想的チェンジなマイソウルで伝えられる最高潮ですら、
イメージですらも。飛び出して価値観、
ミュージックファイヤーで、ロストチルドレンな
最高なリズムと、クォリティは異次元を発表するのかい?
理想でチェケラー、運命の技が作り出すなら。
ファンキーなロストプラネットが現れているからこそ、
ラブリーなチェンジ、雲が平たい。
どこまでもイメージできない共鳴の渦の中に、
そこら辺に漂う嘘に対して喧嘩を売るように。
興味を示すように、歌いだすように、
リライト、ぶっ壊れていくように、
失礼さはドリーマーになるように、
理解したはずのファイターはロストチルドレン。
生み出したら価値観になってしまった。
空虚な歴史とファンタジーがオーケーしていた。
どれだけ大切なのか、
意味不明なのか、トークバックした炸裂で、
永遠が踊ってくれるなら。
ファンタジーライン、伝えてくれるファンタジー
ジェットコースターアタックならば、
ロマンロックなチェンジングマイソウル。
伝えられるなら、
ロックンロールファイヤー、
大切なことがことごとく。
素敵になるウェンズデー、
好きになってしまうなら。
スクラッチ削っちゃうなら、
奇妙さと共にファンタジスタ、
永遠が踊り続けるなら、
パーティとロマンロックなファンタジスタに、
運命すら飛び込んでいく。
リズムがチェケラーファンタジー。
クォリティと共に受け継がれた。
最高峰を、メッセージを伝えた。
リズミカルな行動とロストチルドレンなのであれば、
究極的ロマンス、ベイビースタイルで、
空間的サバイブに、メッセージを貫いていく。
ロマンロックなファイターならば、
美しく散っていくラブリーにすら、
価値観な究極性にすら、
いたちごっこなファイターをロストチルドレンにしてきた。
ロマンチックと影響力、
ぶっ飛んだ価値観と、メッセージは貫いていく。
ロストチルドレン、
ロマンロック健康的、
サバイバルならば影響させるしかねえ。
ドリーマーなチャンスを預け合うしかねえ。
ドリーマーなチャンスを、ミュージックにするしかない。
ファンタジーアイランドが見つめてくれてんだ。
ファンキーなロストプラネットが
確実性をドリーマーにさせてくれたんだ。
ファンキーなロストジェネレーション。
覆す価値観、ミュージックショータイムだ。
移ろいゆく天才ならば、希望的ファンタジー、
栄光で別にベンツ、仙豆のんで元気いっぱい?
ロストジェネレーション、
価値観がユートピアならば、
探しているファミリーすら、
形すら、そのロングなポテトすらも。
栄光すらも、ワンダーランドすらも。
影響力、ヒップホップなコミュニティにさせてくれた。
ハーモニー、ハートキャッチプリキュアだ。
素敵なファイナルアンサー。
届く毒々しいリズムは、
ファイナルなカーテン。
リビングデッドが価値を運んでくれるなら、
理解するためのファンタジー、栄光すら運び出して。
究極的ロマンスはたがいちがいに、ハッピーにしていくのさ。
ラブリーチェンジで埋め合わせしたかい?
奇妙なファンタジーに、受け継がれてしまったら。
空間とビリーヴ。最果ての努力家は、
未来地図を広げて、そこら辺に僕の想いを書き記す。
大切な言葉に、エンジョイパーティに、
ロマンロックベイビーに、
炸裂したならば、
究極的ファンタジーに、うつ伏せになろうが、
素敵なファンタジスタになろうが、
究極的ファンタジスタ、
永劫の時を笑って生きる。
ルーキーたちは現れて、
僕を侮辱してしまうのかい?
確実性と偽りに、
世界観すら新しい興味に対して。
ラブリーコールは嘘をつぶやく。
世界観という名前の理想に、
超越するフォトグラフィーすら、
栄光すら、興味すら、
猛り狂うような世界観に。
頂戴している、ドリーマーなチャンス、
闇の世界はひたすらに広がる。
運命は僕らを笑うと思うか。
確実性と頂戴できる
未来に会いに行きたいと。
理想的チェンジ、ミステリーが興味を示すなら。
活動的展開が、天才的なドリーマーで。
描く必要性すら失って、
希望はワンダーランドを探し出し、
弔いだし、理解するためのフューチャーを。
ロマンロックなファンタジーすら、
虚ろな展開にすら、
メロディになってしまうことごとく、
失礼なファンタジーにすら、
うつぶせにするファイターにすら、
移ろいゆくならば、
栄光がビジネスになってしまうなら、
空虚なリズムがチェケラーファイティング。
ミスするラッキーフェスティバル。
価値観と影響しとけ。
ラブリーチェンジ、まさぐり合っていた。
ドリーマーなチャンスがあろうと、
雨が降ろうと槍が降ろうと、
ロードローラーが降ってこようと
宇宙人が攻めてこようと、
空と地がひっくり返ろうと、
異世界に転生しようと、
分からないことはあるんだ。
奇妙なことはファンタジー。
それでもクォリティを逆撫でるか?
秘密とクォリティならば、
得手不得手、素敵なメッセージを置き忘れた。
興味などなかったが素敵だった。
ひたすらに謙虚だった。
そのビリーバーにチャンスを与えることすらできなかったのか?
興味がサクセスするなら、
興味と虚ろ、展開的にラブリーになろうが、
果てしない興味が僕を笑うなら。
ロックンローラーなイメージが、
頂点を目指そうと、ナイトロがないとろうと、
大切なことはことごとく、
失礼なファイヤーになってしまっても、
疑いはファイナルアンサーなのさ。
孤独がリズムを作っていくなら、
最高なリズムに寄せられるなら。
素敵なファンタジスタと共に、
受け継がれるファイヤーサインなのさ。
リズムがチェケラーファイターを目指すなら、
空間的ラブライバー、
頂点に君臨することすら
忘れながら、
その興味は移ろいでいく。
ファンタジスタな運命をチェケラーしているなら、
ファンタジスタな未来を嫌うなら。
価値観という名前のユートピアで、
サクセスする炸裂が、
ミュージックであるならば。
言葉として勢いにさせてくれるのであれば、
他からの干渉を受けずに理解する
爆笑陳列次の崩壊リズムよりも、
階段を上ってチェンジする。
そこに確かなドリーマーが存在し、
歌声が恥ずかし気に虚無をミュージックにしているのなら、
でも不思議だな。
活動していく展開は俺を笑い続けているのに、
なぜ君たちは友達面をしていられるんだ?
空虚な理想を今回は見捨ててるんだよ。
つまり、フューチャーラインという憂鬱さだけでは
奇妙さは取り除けないということか。
リズムが沈むし、この行動が意味ないなら
俺にとってもその価値を失えてしまうだろう?
要するに不安定なのさ。
覆す魅力すらもないほどにね。
クォリティが異次元ならば、
んでもってハッピーならば、
空中に浮いている歴史がファンタジーを連れてくるなら、
歴史的ハッピーに、老獪に生きさせていくしかなかったから。
それを興味にしたのか?
疑いはそれで晴らされたのか?
歌声はその果てに何を望み続けるんだ?
だって、可笑しいじゃないか。
未来が感覚にするブルースに、
抵抗させるイメージが超越しているのに、
なぜ今更今回のことにいつまでも縛られているんだ?
空虚なんだよ。どこまでもな。
捨てきれないストーリーがあったからこそ、
不思議な展開にすら未来を共鳴させる時代の方向を見定められた。
空間的ビリーバーに調節させたんだろう?
ファンキーなドリーマーなんだな。
クォリティと異次元は突破することを
愚かに思っているのかい?
リズミカルに歌いだすならな。
リズミカルに歌いだせるなら、
理解する為にロックンロール、
その方向にリズムはあるのかい?
リズミカルな勇気にサスペンスが、
はねて飛び交うトビウオのように、
炸裂するビジネスがオーライしているのさ。
ラッキーフェスティバルだろう?
リズミカルなファンタジスタに、
永遠は踊るように乗り越えていく。
理想とチェンジする未来が笑い続けるなら、
ビリーバーなチャンスすら展開させられそうなもんだ。
奇妙過ぎるんだよ。
要するにね。
素敵なファイナルアンサーが、
孤独をリズムにして、
それでも空間はビリーバーにしているのか?
それをチャンスと呼んだのか?
それって些細なことすら忘れるほど奇妙じゃないか?
リズミカルに歌いだすことだけがお前の使命かよ。
おい、しっかりしろよ。
価値がブルースならば、
謙虚さに愛しさが宿るなら、
価値というブルースに、影響させた、
ラブライブな追及で、
新しい方向を踊り続けたんだろう?
だとすればそれらは爆笑じゃねーか。
果てしない距離が器をはかっているんだ。
奇妙なファンタジーにすら、
疑いの興味を示すなら。