意味が無いなら、太鼓判を押すしかないんだ。
リズムがチェケラーを当てはめていく。
理想的チェンジが新しく。
その鼓動はどんどん上がっていく。
自分を救えるのは、自分しかいないよな。
大切と生きがいだよ。
ストレートなミュージックだよ。
嫌いになれそうにもねえ。
大好きな展開が予兆を吐き出すなら、
クォリティを見せつけろ!
僕らを馬鹿にする運命を!!
平らげて生きろ!
半端ないのか?
リズムが究極的なのか?
ファイトスタイルだよ。
そのままをそのままに表現したら、
次の舞台が飛び掛かるんだ。
素敵なファンキーロードなんだよ。
僕は興味。
サクセスの向こう側へと、
渡り歩いて、なお突き進む。
希望はファンタジスタを、
乾いた影響にヒップホップを。
悲しむほどのドリーマーを。
描いて究極的。
注目できない程度にラブアンドラバーズ。
大切な言葉が失われそうなこの時、
ミュージックなファイヤータイム。
メッセージが覆されるなら、
その希望、ワンダーランドなチョコレートにしたいなら、
ミュージックファイヤーなマシンガンだ。
伝えきれるだろうか。
ファンタジスタは恋愛トークを、
守れるだろうか。
希望をファンタジスタにしながら、
影響力はヒップホップにさせていけるだろうか。
奇妙過ぎるほどの最果てだ。
メッセージが貫くいたちごっこだ。
ファイヤーマシンガンだ。
伝えてくれるならば、
ファイターとロストプラネット、
確実性は取り戻す為に。
正しさとマイメロディ、
突っ走るなら。それのみがファンタジーならば。
栄光と究極を差し出せるか?
興味がなくても笑い出せるか?
展開と共に閉じ込める。
空間はラブリーを超越している。
ドリーマーなチャンスを浴びせるように、
理屈はファイヤータイムなんだ。
覆すリミット、
ファイヤーなロストチルドレンだったから。
ロックンロールファイトが、
目指す場所を灯すなら。
クォリティで異次元にしてみせよう。
歴史的究極が、
それらを意味するなら。
大切な言葉がエンジョイしていく度に、
嫌いになっていく度に。
正しさとミラクルがこめかみに。
ストーリーとストレート?
マジシャンですらかいつまむぜ!!
ストレートなミュージックに、うつ伏せになりそうだぜ!
ファンキーなミュージックがただならぬ未来を見せている!
ヒットポイントな懐かしさがリアルを!!
荒唐無稽に差し出せるイメージを、
調整するラビリンスを、
荒唐無稽になってそれでも息をする。
素敵さが反復運動をしながら、
メッセージを伝えだしている。
至ってファンキー俺ら本気だから。
空虚な歴史はファンタジー。
それでも追いかけて、問いかけて、
リズムは伝わり、焦りだしていく。
本懐を遂げる為に。
究極的なリズムを喜ぶ為に。
理解者はドキドキ。でも止まらない偽りは一体。
今日の意味とは一体。
君たちに告げる、明日は無いから。
興味がサクセス、次の舞台を追いかけた。
リズムはチェケラー、それらはハーモニーだった。
私はここにいるよ。
探してここにいるよ。
リズムが傾向を探り探り。
そのリズムはどんどんケセラセラへと。
向かう方向を調節しながら、
それらはリズムを合わせて、
大切なクォリティを守り抜いていく。
大好きだから、それは天才的だったから。
イメージを調整する未来すら、
片付けられない嫌いさすら。
メッセンジャー、その価値観。
歴史的ファンタジーを越えたいと思うリズムすら、
快適にノックアウトされてきた。
ドリーマーなチャンスを栄光に、
素敵なファイナルアンサーになってしまった。
クォリティが異次元なら、突破するファイトすら、
影響力すらぶっ壊れたでしょう?
イメージと責任感のあるその目で、
大好きな展開はメリーゴーランド。
素敵なファイター、乾杯を認めるしかない。
ラブリーなチェンジ、埋め合わせを期待するしかない。
そこには興味という名前の憂鬱はありますか。
ラッキーフェスティバル、追いかけたい未来は。
頂戴できるチョコレートはありますか。
極め続けるパーティ、
ロマンが足りないという。
理屈じゃないから捨てがたい。
イメージをチョコレートにし続けても仕方ない。
理想を言えばもっと固い。
リズムがチェケラッチョを生み出してくれたから。
ファンタジーがミステリーだったから。
空虚な伝説、それらにあてがうまで。
最高だろう?イメージだろう?
興味が無くても笑ってほしい。
リズムにイズムに酔って欲しい。
似通ってきたラブアンドラバーズ、
大切な空虚さは、
日本語に心動くべきだという。
大好きな展開に、その存在感のある手。
大好きな天才、理解するんだ。フューチャーアイランド、
理解するフューチャー、理解する為には。
ロマンスが足りないという。
極め続けて焦っているというんだ。
炸裂するブルースは、あるいはトゥルースは。
豪雨や猛暑は誰の仕業かって?
リズミカル、影響力、
ぶち込んだファイター、
つまりロストプラネットが動き出す。
ファイナルなリアリティ、
それはまるで重なり合うように。
奇妙なファンタジー、それでもイッツラブをコミュニティに。
正しいファンタジーと共に、
受け継がれたファイナルアンサー。
孤独が彩るとしても、
記憶は舞い戻り、この世界の彼方から。
僕を運び、笑い、立ち止まらせる。
一途なハーモニーはリライトしていく。
その破滅の門を愛おしく思えるように。
空間的ラブリーならば、調節する僕の未来すら。
大切さと、一途さが交差していく。
ロマンスはチェンジしながら、
大切な言葉はことごとく鳴り響く。
それはまるで意味を照らすように。
君たちに、見せつけるように、
派手に、理屈を越えて、理論を越えて。
君たちはワンダーランドを壊していくのさ。
ラブリーだろう?本当の展開だろう?
大切ならば、言葉を越えて未来に響き渡るだろう?
全く、見ていて楽しいぜ。
ハプニング、巻き起こる日まで。
素敵なフューチャー、ドリーマーになるように。
それはまるでとろけだすように。
去る都市の栄光を誇り高く舞うように、
サバイバルな価値を教えてくれた。
大切さとイージー、
ミステリーワールドは共鳴してくれてんだ。
ファンキーなドリームですら、
形を失ってしまったとしても、
うつ伏せなファイターに、
うろ覚えな天才は探し続けるんだ。
意味が分からなくても生きる為に行動しにいくんだよ。
ファンシーなんだよ。
ドリーマーなチャンスが届いているんだ。
ファンキーなドリーマーと共に、
受け継がれる世界観があるんだよ。
究極的ロマンスが一途なら、
ファイター、ロマンロックでうつぶせになるなら、
素敵さすらファンタジーだろう?
クォリティが異次元なんだろう?
突破するミステリーと、共鳴するワンダーランドへと。
止まらない世界観と、理想。
超越的に、それでも嫌われる理由が分かりそうなとき。
運命を感じてしまった、
ララバイってな天気予報になっちまったから。
空間とそれに伴うラブリー、
健康的に生きようと思った矢先がこれか。
ダンスフィーバーな価値観、キュートなサクセスに違いは見せられねえ。
奇妙なファンタジーに追いつけそうもねえ。
意味を失うだけなの。
奇妙なファンタジスタに、
永遠が驚きそうなの。
全く、奇妙でしょうがないの。
素敵なファンキーに路頭にまよっていく現実。
つらいきついはそのままに、
それでもダンスするメロディを欲しがっている。
奇妙に立ち眩み、
素敵なファンタジーはそのままに、
影響力をヒップホップにさせながら、
疑いは色濃く強めていく。
理想的チェケラッチョとイメージが、
大切な僕を汚してしまうなら。
空間的な歴史をはみ出したい。
君を、勇気を教えてあげたいんだ。
空間的ラブリーに、挑戦させてみたいんだ。
空間的ラブリーって奴は一体どんな奴で、
どこを漂ってどこをほっつき歩いているんだい?
どんな顔をしているんだい?
興味がミュージックに、
至れり尽くせりなケセランパセランさ。
大好きな展開が僕たちを汚すのさ。
体感温度は上昇中、
リズムでケセラセラになるなら、
それこそレッツパーティだから。
生み出したら意味のないことでさえ知ってるつもり?
はしたない理想に挑戦的になるなら、
究極的ロマンスすら教えてあげようじゃないか。
奇妙さがミュージックを留まらせているんだろう?
それは究極と形容したいもんだ。
ラブリーコールが疑い出す前に。
刻む僕はリピートを、
それでも尽くすかなり凄い素晴らしい天才を、
イメージとして調節するミラクル、
そこに価値すらないなら、嫌いになるしかないなら。
それを求めている馬鹿馬鹿しさに貫かせるのか?
リライトしてくれるのかい?
何を間違ったかも分からねえ。
刻む必要も気力もねえ。
ランダムにアポイント、
それでも確かさは必然と共に。
理解できるのか?
そのサクセスがちょうどいいのさ。
扱いやすいっていうのか?
ファンタジスタだな。
究極的ロマンスにチェケラーなのかい?
奇妙過ぎる影響が、ぶっ飛んでいる意味すら、
降りてきているんだろうな。
ファンキーなマシンガン、路頭に迷うように。
スタイルは幻滅、面白い言葉なんか書けませんってか?
事実自分がメッセージになってりゃいいんだ。
価値もブルースもその後見つけ出してやるよ。
その理想に超越しているミラクルが、
食べ始めているなら、理解し始めているなら、
そうだ一気にやってしまおう。
理解者を、ファンタジーを、
それでも統率を取りたがるミラクルを。
チャンスを、幻滅を、
それでも大胆不敵に活動したがる運命を。
それでも嫌いさを、フュージョンを、
ミスマッチを互い違いにするストーリーを。
生み出してみせよう。
価値がブルースならば、
猛り狂うように。
ヒストリーはヒステリーに。
ぶっ壊れたラジオのように、
共鳴した歌いだしからでは、
生み出す力すら恐ろしくなっちまった。
ラブリーコールでエンジョイしていたのかい?
リズミカルに歌いだしたから、
ファイトスタイルはジャッジメントを見せてくれる。
ファイターとロストチルドレン、
生み出した価値すら、ぶっ壊してしまいたいと思うなら。
空間が虚無を照らし続ける。
新しい何かを探し続けている。
それは昔、それは遥か未来。
大切にしてきたミステリーが花を開きそうなこの瞬間。
リピートアンサーで、道徳を巻きつけたい。
興味、サクセスへとワンダーランドが
刻み続けるなら。
ファイター、
つまりロストプラネットなのさ。
確実な世界観に、理想が超越してしまうなら。
深い心の傷、大好きな展開。
でもメロディ、どこまで君は響き渡るんだい。
風に問いかけた未来がここにあった。
ひたすらにひたすらに、
未来は駆け巡っていったから。
ラブリーな方向性ですら、
偽りですら、展開していく未来に対して。
希望とラッキーになることを天秤にかけて、
歴史的メロディ、突っ走る愉快さ、
豪快に涙する大胆さすらも、
白熱のルーキーに灯させながら。
希望はそこにあったかい?
リズムは窮屈になったまま、
リピートする運命が、ケセラセラをつたえるなら。
ロックンロールなベイビーです、こんにちは。
そして君は何を嘆くんだい?
それで君は何を求めるんだい?
奇妙さはファンタジーを連れてくる。
興味はサクセスへと最高を導く。
最高峰なイメージは挑戦するように、
最果てのメッセージは彩るように。
空間的なミュージック、歴史は興味を思い出していた。
ラブリーなチェンジ、ひたすらに究極ならば、
ファンキーロードで埋め合わせしてあげよう。
統率力とイメージが調整してくれるなら。
ファンキーなドリームとして描いた究極性が、
痛々しいほどのドリーマーを連れてきてくれるなら。
ファンキーなドリームで、
描いた必要性はどんな感じだい?
イメージがチョコレートにしていく。
ロックンローラーなファイターが歌いだしたのかい?
リズムがチェケラッチョファイターになってくれるなら、
歴史、そこら中にイメージしようと、
らくらくとはいかないラブリーゲームだから、
究極的、困っていたのはルーター設定?
歴史的ドリームすら超越するそのまんまに。
理屈はファイヤードリームです。
描いた僕たちは馬鹿馬鹿しいのです。
理屈抜きでそれらはファイヤータイム。
歪な交換条件と、
卑屈になる為のこの心のロマンスで
歌い上げたよ。誰でも触れる二人だけじゃない国。
沈む理屈じゃないかもしれないが、
思考の言語化ってのは意外と面白いんだよな、これが。
作家になんてなれるだろうか。
ていうか楽しきゃそれでいい。僕は言葉を書き続けたい。
叩き続けたい。キーボードを。
理想は超越するように、
ミラクルは歌いだせるように。
空間はラブリーフューチャーになってくれるから。
奇妙なファンタジスタが永遠を望んでいる。
極め続けているファンタジスタがいる。
ロックンロールなベイビー、
炸裂するならニューロックンロールフェスティバルだろう?
興味がないなら、それはそれでクレイジーだ。
素敵ならファンタジーファイヤーだ。
魅力的な歴史を、追憶の扉から連れてきているようじゃないか。
まさに、ロックンローラーだ。
希望的解釈なんてできるだろうか。
白熱する勇気は、僕に更に何を問いかけてくれる?
半端ない理想と共に、受け継ぐ必要性すらなくなってしまった。
理想がチェンジしていくならば、
理想とミラクル、共鳴と意味の越えたリズミカルだ。
ラブリーチェンジが苛まれている。
価値が東奔西走しているから。
ラブラブな世界に巻き込まれたのさ。
覆される記憶と共に生きてきたんだ。
素敵なことだろう?
ファンキーなロストチルドレンのままで
いさせるには勿体ないくらいさ。
最高な世界をプレゼンツしたい。
大好きなチェケラッチョと共に、
受け継がせる未来は儚く、
散らす僕ですら潔く。
ぶっ壊れたファンタジスタ、
永遠がリライトしてトークしていく。
果てしなさの次は何が生き残る?
関係ないがびびってる魂は確かに
そこら辺に存在している気がした。
メロディは突っ走るのかい?
嫌いになるミラクル、共鳴する歌いだし方から、
ロックンロールな歌いだし方からは、
創造できないほどの魅力が詰まっていた。
ロックンロールファイター、
ロストチルドレンにすら、かけがえのない仲間にすら、
ファイトスタイルを永遠にしていったのかい?
奇妙なファンタジスタは、その上で君に何を伝えた?
歴史とそれが生み出す究極性。
リズムは太鼓判を押すように、
奇妙的にもファンタジスタになっていくように。
ラップ現象だから仕方ないだろう?
究極的ロマンスはいたちごっこに、
ファイヤーサインを出していくしかないのさ。
リベラルならば闘魂注入、
ラビリンスが栄光ならば。
伝えているファンキーすら、
ドリームになっちゃうのかい?
ファンタジスタになっちゃう未来を喜んでくれるのかい?
正しさ、未来、共鳴、
疑いなどつゆしらず、
君の元に届く日まで。
素敵なファイター、虚ろな展開、
理想的超越で特別扱い?
希望とミュージック、移ろいゆく天才に対して、
希望という名前の理想をあてがう。
果てしなきは興味かな。
少しだけ病気かな、
構わない、リズムが沈むまで。
起承転結、ストーリーで運命はワンダーランドだ。
大切?異常さだ、ファンキーだろう?
ドリーマーは栄光を運んできてくれただろう?
ロマンチックはファイターなのだろうか。
うつ伏せする共鳴する未来が、
次の次の次の段階を愛おしくはためかす。
希望はワンダーランドなんだ。
食らったクラッカー。
歌いだせるファンキーにならば、
クォリティとミュージック、
虚ろな天才にすらあてがってみせる。
ラブリーなチェンジが歌いだす。
ハーモニーでスクラッチなのさ。
エイトビートがそれに共鳴させている。
もう分からないのさ。
共鳴できないんだ。
覆すことなんてできないんだ。
運命が笑っている、頂戴しているんだ。
それらが究極的であることはやっぱり知っているから、
ドリーマーなチャンスを永劫を、
見つけた果てに君が笑ってても、
別に構わないから。
行こうぜ。遠くまで。
もっともっと、もっと遠くへ。
大切にされたイメージと、
能無しにされる素敵さだ。
運命が笑うなら、
この距離がちぎれるなら、
いっそのこと教えてあげよう。
リズムが生み出す抵抗力。
サクセスとイメージ、調整するダンシングで、
価値がユートピアになってしまうその前に。
覆せるファンキーと、ドリーマーは
栄光と永劫を炸裂させている。
ドリーマーなチャンスが踊りだす。
究極性がリズムになってしまうから、
その前に伝えたいリズムがあるのさ。
つまり究極的なんだ。
びびってるフィンガーアイランドなんだ。
覆す魅力的すら、
ブーイングの嵐すらない物ねだり、
的に片付けて。
意味不明なワンダーランドと共に、
チョコレートはスクラッチしていくんだろうか。
ハーモニーと強制的な運命と、
千切れる最高は嘘を炸裂させるのかい?
意味不明がトークしているのかい?
ファンタジスタは恋愛的に、
ラブリークリスマスは栄光を躍らせる。
それにはなむけに、素敵にしてくれたから、
ファンキーなファンタジーは虚ろなディフェンスに、
覆す魅力的ファイナルアンサーを、
孤独的にラブリーに、
影響力をヒップホップに叶えてきた。
ドリーマーなチャンスはエイトビートを狼煙をあげるように。
空中に浮かんだ歴史、
ファンタジスタな埋め合わせと、
手のひらの上で踊るような
ストレートな意味不明に、行動は恋愛トークしていくように?
理解するための歴史が今回は。
理想的超越がメッセージをクォリティに
させるが如く?
意味不明な展開、影響力、
音楽に包まれている。
音楽を止めないで。
必要性とリズム、
階段をつまむ、歴史はファイター。
理解しているフューチャーが、
ドリーマーが描いてくれた。
ファイナルアンサーすら呟いてくれたんだ。
ファンキーなドリームなら、
粋なスタイルならば、
希望を差し出しなさい。
未来、超越するボキャブラリー。
運命が近いなら、ブルースです。
共鳴するいたちごっこ、
それでも求めたかったものとは一体。
僕たちは箱舟だね。
次の瞬間の自分が予想もつかないよ。
どんな心を持っているんだろう。
奇妙に思ってくれても構わない。
事実、ローリングし続けている何かがある。
何かが起こる日々、
重ね重ねだ。
リズムがチェケラーファイターならば、
変わるもの、変わらないもの。
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこだ。
ファイヤータイムをうつぶせにしてきた。
ラブリーな挑戦は、今をあてがうように。
理解はフューチャーエアラインだった。
尽くすことすら馬鹿馬鹿しいなら、
この共鳴、ダンスする永遠だ。
食べてしまえるのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、越えていくリズムすら笑ってくれるのかい?
興味、ファンタジスタ。永遠と共にトーク。
リビングデッドならば、
価値というユートピアの中で青く染まるなら。
大切な言葉、エンジョイパーティならば、
ロックンローラーなイメージすら調整することが、
馬鹿馬鹿しく思えてしまう事実だけが。
未来だけが、調整する展開だけが。
炸裂するブルースと、共鳴するファンタジスタと、
恋愛トークと馬鹿馬鹿しさがうなぎのぼりだ。
リズムが、チェケラーをメッセージに、
影響力、ぶっ飛んだ価値観。
影響力、ぶっ飛んだ最高さ。
リズム、設計図なんて知らない。
リズムがチェケラー、ファイトになるならば。
覆す未来とポテトチップス。
それらを記録した僕という存在は
徐々に変わっていく。
馬鹿の一つ覚えだ。
らいらいの二つ覚えだ。
まさに50歩100歩
リズムがチェケラーファイティングなら、
その距離に未来を見通してしまうなら、
究極的ロマンス、頂けないねえ。
興味が炸裂、格別な最高だね。
ハクション大魔王がメッセージを伝えてくれるのさ。
理屈も理想もどうでもいいんだ。
食べ放題を食べてしまったら、
覆す理解者も努力の向こう側、
失礼な空気感ですら、
ロックンロールなスマイルですらも。
確実性と彩るパーティ。
ロマンロックな向こう側に、
失礼なほど謙虚なストーリーに、
崩壊するリズムと共に、
理解する為の盛りの大切な言葉エンジョイすら、
更に何かを求めるストーリーすら、
生み出される価値となってくれるのさ。
これこれ、大胆不敵な最高で影響力、ぶっ飛んだ。
大切さが彩り続けるパーティがある。
奇妙なファンタジーが歌いだす。
破滅的ロンリーがうつぶせに、
最高潮に、聞けば聞くほど体から毒が出る。
リズムがチェケラッチョ、生み出す価値観。
大切さと究極性に、ドリーマーはチャンスを諦めてくれる。
ファンタジー、あの人を見ないで私を見てね。
大切がクラッカー、メッセージが調節してくれる。
ファンタジスタな栄光が、
飛び交うレベルアップが、
暴走してしまうユールックファニーですら、
価値観ですら、それらが生み出すミュージックですら、
片付けられない。
希望というファイティングポーズで、
理解を究極的にさせなさい。
ミラクルに超越させなさい。
奇妙なら生きがいでしょう?
僕が馬鹿馬鹿しいなら、
興味がないなら、
究極的メロディに、忠告すらするのがおかしいか?
新しいノート開くのが好きでね。
何書こうかな、真っ白なページにって。
ラブリー、エンジョイパーティ、
ロマンロックンロール。
正しさとミラクル、超越しているんだ。
眠れない夜は私が隣で得意な歌を歌ってあげるよ。
大した事なくても、リズムなんだよ。
大切さが言葉にならないなら、
その究極に対して、一つだけ、一つだけ光を灯してあげよう。
何にもいらないんだよ。
ロックンロールフェスティバリーなんだよ。
運命は僕を笑うのさ。
覆す距離を愛おしむようにね。
理解する為のフューチャーラインが
正しい未来を、調節してなお、
メッセージが影響力に、
ぶっ飛んだ価値観に、メッセージを協力体制に。
リズミカルなファンタジスタじゃないと、
だめなんだ。何度も何度も繰り返し楽しめるものじゃないと
僕は嫌なんだよ。一回見聞きして飽きてしまうものなんて嫌なんだ。
リズムがチェケラー、
ファイティングが理想を生み出した。
謙虚な理想はぶっ壊れたんだ。
共鳴するいたちごっこと、ファイヤー。
ロストチルドレン。
意味不明に展開される歴史、
究極的リズムで、傾向をサクセスパーティに。
俺の本懐を知られてしまったら、
覆す意味が儚く散ってしまったら、
理屈でも興味でもない、
愛を歌う訳でもないし
誰かに勝つためじゃない。
じゃあ何なのだろう。
僕のこの文章は、何を儚く散らしているんだろう。
おそらくこれは言葉に対する挑戦なんだ。
自分の想いVS日本語の
とこしえの戦い
リズムがチェケラッチョファンタジーに、
クォリティが異次元突破する
ファイターすら、ロストチルドレンすら、
メッセージを調整しているリミックスだった。
大切さがイデオロギーだった。
つっぱしるパーティさえ、
それだけでない物ねだりをしてしまう。
リズムがチェケラーパーティを、
生み出したその世界観を、
理想で頂戴してしまうなら。
空虚な究極が、理想をチェンジしてしまうその前に。
覆されるパーティ、
ロマンロックなベイビーに、
生み出す価値観はメッセージとして受け継がれた
ロックンロールベイビー、
炸裂するビジネスで、
体感温度も暴走中なのさ。
理屈抜きでファイター、
ロストチルドレンに、
埋め合わせした天才にすら、
究極的ドリームを描いた、
理想的超越すら、爆笑パーティになってしまう。
理屈でファイターになってしまったら、
受け継がれるパーティすら、
ロマンロックすら歌いだすんだ。
ファンキーなドリームが受け継がれる。
おれが何か、悲しいことをしたかよ。
果てしない未来を、調整した馬鹿馬鹿しさすら、
食い入る見つめるその先すら、
素敵なファイターすらも。
ロストチルドレン、参ってしまったのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、
それでも謙虚さと生きていく。
ロマンチストとファイター、
ロストプラネットすら爆笑だぜ。
ファイナルアンサー?
ことごとく必要とされてくれるぜ。
ファイナルならば、リバイバル。
冷たい人間は嫌いなのさ。
熱い奴の方がメッセージだ。
理屈的ファンタジスタ、
栄光が影響として、
受け継がれたパーティ、
ロマンロックなベイビー、
炸裂するビジネスとしてオーライしてくれるなら、
興味とそれに伴う理想と、
チェンジするマイソウルと、
大胆不敵な活動家と、
サクセスパーティ、
運命は笑い続けるのさ。
果てしないだろ?
それ自体が究極だからさ。
また新しい展開を、
理想像を、究極を、
まとめあげて理想にチェンジさせる。
未来を大胆不敵にしてあげる。
共鳴するいたちごっこがハーモニーを伝えるから、
だから歴史は混同されたんだ。
ファンキーなロストプラネットならば、
栄光と力強さ、半端ないいたちごっこになってまで、
クォリティはそれのみでダンサーになってまで、
受け継がれてきたのだろう?
共鳴していくファンタジア、理解、歴史、
世界すらもはちゃめちゃに、喜び出すように。
空気を読むように、それは炸裂するように。
爆笑する音声。
立ち並ぶ世界との理想の超越感。
それすら越えていくリズムに携えて、馬鹿馬鹿しいリズムが、
究極的リズムがクォリティを走らせる。
爆笑音頭で炸裂するビギナーとは。
リズミカルな行動とロストチルドレン。
埋め合わせする天才と共に、
覆すパーティはいたちごっこなんだ。
ファンキーなライムでうつ伏せパーティかい?
うなぎのぼりが結構ならば、
素敵なファンタジーを生み出してあげよう。
その文章に意味や志はあるのかい?
奇妙だけど歌いだしてあげたいよ。
だって、爆笑だろ?
共鳴するいたちごっこにすら、
未来は感じられないのさ。
覆すパーティにそれのみで
ロックンロールになるひたすらが
存在していないなら、
その興味に対してうつ伏せでハーモニーを歌うなら、
理解するフューチャードリームと、
永劫の時を歩きなさい。
奇妙さとファンタジーは歌うのかい?
歴史的に究極ならば、
ファイター、つまりロストジェネレーション。
栄光と、ふさぎ込む力だ。
大切な言葉と歳月が、
最高潮を意味してくれるなら、
ファンタジーはファンキーになってくれるのかい?
興味がうつぶせになるならな。
そのパーティの果てにロマンはあるのかい?
覆されるパーティ、
ロマンロックなベイビーに、
影響力とヒップホップな悲しみと、
虚ろな伝説と、
未来を挑戦的にさせた、
爆発するリズムで滑稽にさせた。
リズミカルなファイターがうつぶせで
更に未来を見ようとするならば、
覆そう。魅力的ファンタジーすら、
うつぶせにする未来像すら、
笑ってしまうなら。
覆すパーティと共に
受け継ぐ僕のバカらしさをエンジョイさせてみせよう。
理解するフューチャーは、
ドリーマーとチャンスを蔓延らせたいんだ。
覆すパーティ、ロマンロック、
起伏を辿って更に爆笑の道を貫いていく。
果てしなさと共に覆された。
爆笑は連続性だった。
リズムはチェケラッチョファンタジーだったから、
埋め合わせ的展開をメロディにできなくても、
ケセラセラなパーティは向こう側だったから。
ファンキーなロストチルドレンに夢を見たのかい?
リズムが究極的ならば、その限りでもないだろう?
覆すパーティに、
それらがロケットランチャーなのさ。
きびすを返してリズムにしたい思いでもあるんだ。
理屈がファイターならば、
どんなに難しい迷路だって一瞬にして
それらすべてを忘れながら、
本当に奇妙なんだよ。
過去が一瞬で消えていく。
理想的展開だ。
今と一瞬前の過去は、全く違うものだ。
理屈とファイター、
うなぎのぼりな天才が、
更なる究極を求め続ける。
果てしない声高にすら、
爆笑にすら、
健康的ラブリーを頂戴させてしまうなら。
屈辱的に覆してきた。
それらも含めてハッピーだったから、
うなぎのぼりな天才は
まだ破壊力を灯しているんだ。
究極的なロマンロックとベイビーは、
炸裂するビジネスライフと共に。
覆せる未来と共に、
屈辱的な未来を言い争うならば、
ラストポエムを彩る侍。
希望的観測を向こう側に、
炸裂してなおびびっていらっしゃる皆様方に。
スタイリッシュな可能性は歌いだすのかい?
ファンキーなリズムと共にあがりだすのかい?
ロックンロールは捨てきれない闇を崩壊させていくのかい?
かいつまんで、それらが生きるとこしえに、
君が代は千代に八千代に
さざれ石の巌となりてコケのむすまで
大切にしたいのかい?
奇妙さはファンタジー、
それでもクラップアースを。
ミュージックファイヤーなロックンロールを、
ひたむきだったとしても、
ひたすらだったとしても、
空虚な歴史、ファイヤーマシンガン。
理想が超越していくはずの未来。
大切なドリーマーに影響力、ぶっ飛んだ価値観、
バスの揺れ方で人生の意味が分かってしまったのか。
ロストプラネット、記憶でミュージック、
虚ろな天才すら受け狙いだ。
ダンスホールとエンジョイパーティだ。
ロマンロックベイビーだ。
炸裂するビジネスと超ラッキーだ。
ハーモニーは歌いだした後で、
ホームシックを発症してリズムに乗るのさ。
馬鹿馬鹿しいほどに空虚かい?
その全てを作り出すリズムと言葉に、
少しだけ寄り添っていたいだけ。
大切な言葉、
ロックンロールはファンタジーと共に受け継がれた。
僕の脳に問いかける。
事実関係は今とどう違うんだ?
ファンキーならばロストプラネットだ。
僕は今を生きる。過去や未来を生きる奴じゃない。
リズムが、チェケラーファンタジーを落とし込むように。
素敵になればなるほどに。
ロマンチストは暴れ出すのかい?
クォリティは異次元なのかい?
無性に悲しくなってしまうのさ。
覆すパーティが異次元にいる僕のものなのであれば、
それはそれとして壮大になり続ける楽勝に対して、
リズミカルな栄光を、伝える僕の闇に、リズム、
大切さが言葉、パーティが
ロマンロックベイビーを、
炸裂してなお余りある天才を、
奇妙な偶然を、炸裂してなお煌めき続ける、
ユートピアを。ミュージックを。
沢山のパラレルワールドが交差して絡まり合う。
ロックンロールがひたすらならば、
言葉で悔いることができるなら。食い入ることができるなら。
ファンタジスタな永遠が届く。轟く。
今を忌々しく思ってしまったから。
覆すパーティ、ロマンロックは歌いだした。
ロックが興味を示してくれた。
届かないな。届きそうにないな。
嫌いじゃないな。嫌いになれそうにないな。
リズムはチェケラーファイターなのさ。
その意味を分からない奴らが泣きじゃくるんだ。
さあ、次のテンポを見せつけてくれ。
ハーモニーは歌いだすんだろう?
さあ、とびっきりの原稿を俺によこせ。
頭に降り積もってくる言葉の羅列こそが、
エイトビートな共鳴を走らせる。
大好きって言わせてみせる。
空間的ラブリー、超越している。
ファンタジスタ、永遠がトークしそうだ。
ファンキーチーズだ。
大切さがミュージックなんだろう?
ファンタジスタが恋愛トークならば、
うつ伏せパーティな
ロマンなロックンローラーだよ。
要するに大したことはないのさ。
覆すパーティと、ロマンロックなベイビーなんだ。
炸裂するビジネスが愛し合うなら、
そのイメージにすら、
究極性は宿ってしまうんだ。
覆すことができるかい?
奇妙に曲がり続けるこの運命を。
理屈はファイター、
ロマンチストがファイトしている。
ドリーマーなチャンスが暴れん坊将軍だ。
極め続けるのがパーティならば、
ロマンロックとベイビー、
炸裂するニューディフェンスを
いたちごっこで、ファイヤーマシンガンならば、
虚ろな展開ですら愛してやろうってなもんさ。
覆せる記憶と共に裏側を、
見果てぬ世界を見果てる。
見捨てた興味や見限った才能。
どこまでいけるのかも分からない。
ただラップは好きだった。
ヒップホップは好きだったんだ。
覆すニュールックなパーティすら、
栄光すら、ワンダーランドすら、
虚ろな天才にすら。
過去にとらわれるよりも、
未来に操られるよりも。
素敵なファイナルアンサーは、
俺の頭の方が正しいと混乱している。
世界一秒前仮説。
リズム、チェケラーファンタジーを。
生み出した価値観ですら、
究極的リズムですら、
うわついてるこの考え方を。
ロックンロールなファイターで、
ロストチルドレンで、
生み出してくれたファンタジーは、
虚ろな天才ですら共鳴していくぜ?
ファンタジー、エイトビート、ロックンロール、
大切なのは今という一瞬が、
どれだけ楽しいかだろう?
気にする歴史、ドッグイヤー。
理屈はファイヤー。
ロマンロックにちぎられた。
素敵なファンキーロードが、
運命を見渡すのであれば。
活動するファイター、
ロマンロックでファイターになってしまった。
覆す未来すら馬鹿馬鹿しくなってしまった。
覆す魅力すら、洗いざらい消えてしまうのかい?
理屈はファンタジーを越えている、
ファンタジスタな恋愛トーク。
ロックンロール、理想チェケラー、
今ボールを支配しているのは誰か。
ゲームを支配しているのはどっちだ。
ロックンロール、白か、黒か。
はっきりしない引き分けか?
それ大好きだな、
結局は、甘いんだよ。ヒストリー。
メッセンジャーな価値観に、
追いかけられそうで怖いんだろう?
興味がないんだろう?
分かった、チェケラーだ。
スタジアムと最高峰、メッセージがトークしてくれるなら、
興味と、うつ伏せになるパーティすら、
ロマンロックなベイビー、
ミュージックな虚ろさと、
天才的にドリーマーに、
描くことすら馬鹿馬鹿しいのさ。
究極的ロマンスが一致しているなら、
ファンキードリームで永劫の時を泳ぐしか。
ファイナルフュージョンと共に、
受け継がれてきた備忘録。
最高峰なメッセンジャーが、
虚ろな天才を追いかけ続けてくれている。
ロックンロールなひたすらに、
興味すらないのだろうか。
馬鹿馬鹿しいのだろうか。
理想がチェンジしていく未来に対して、
がっつくファイター、
ロストチルドレンに、
価値が宿る。
俺の右肩が悲鳴をあげる。
潰されても生き残る素敵さは。
だせー強烈ミュージック。
誰を馬鹿にするわけでもねえ。
ただ超越し続ける。
徒競走?誰かと戦わなきゃ強さじゃない?
奇妙なことにファンタジーは、
彩りは、メッセージは貫いていくのさ。
理解するフューチャーと共に、
受け継がれる未来が通して表せるなら。
理解する究極が、
イメージの挑戦権すらも奪い取るのかい?
理解するメッセージが、
道徳な未来すら、カテゴライズされない嫌いさすら。
素敵なファンタジーを煽りだす。
理屈はないがファイターだ。
失われた嫌いさすら、
メッセージにトークバックさせられてしまうなら。
空虚な歴史、ファンタジーが理解する、
歴史的ドリーム、描いた理解するフューチャー、
アイランドでミュージックにさせるのさ。
覆すパーティ、ロマンロックベイビー、
立ち止まる世界観、
女みたいに気分がコロコロ変わらねえ。
でも吐き出す言葉はことごとく変わっていく。
俺は幸福、だけどつまんない。
もっと俺を楽しませる何かを探してる。
リズムがチェケラーファンタジーになってしまったから、
究極的ロマンスはうつぶせになっていくのかい?
リズミカルなファンタジスタは、
コロコロ変わる究極性に対して、
馬鹿馬鹿しいリズムすら感じてしまった。
ゼロにする俺のスタイルは、
何かによく似ていた。
ドリーマー、さっきのことすら、
一瞬前のことすらどんどん忘れていく。
それはどうでもいいから?
覆せる魅力があるから。
大切に積み上げていく理想すら、
超越するリズムすら、
回転ドアすら、
メッセージすら、固い狼煙を上げてしまう。
理屈はファイター、
ロストチルドレンなパーティに、
ロマンロックなベイビーを
炸裂させてくれるなら、
ファンキーなドリーマー、
描いた夢とここにある今?
素敵なファンキーロード、
埋め合わせする天才と、
うつぶせになり続けるファイターと、
ロックンローラーはイメージかい?
調節し続けるミステリーはどこにいったんだい?
興味が炸裂、ワンダーランドなんだ。
六本木がスタイルを目指すなら、
奇妙さとファンタジーに、
それらが作る裏側に、
ひたすら共鳴していく。
ラブリーチェンジすら、
うつ伏せなファイター、
ロストプラネットに歯がゆくなってしまうなら。