ラブリーハートが見つけてくれているんだね。
脚注はあるけどラスベガスな君の未来とは、
嫌い出す運命の違いとは、何を育む?
素敵なファイナルアンサーがそこにある限り、
僕も見捨てることはできないんだ。
その奇妙さにアテンションをプレゼントしたいんだ。
奇妙でしょう?笑いたいでしょう?
ロックンロールが東にのぼるならな。
理解と共に受け継がれるなら、
その記憶はまた爆笑していくだろう。
パニックパーティにでも行くつもりか?
ラブリーチェンジで見せたかい?
そのラップとロックンロールは、
ひたすらを声高にメッセージにさせてくれるのかい?
ハーモニーが歌いだす展開に、
ミステリーすら興味を卓越しながら。
究極的ロマンロックに、
歌いだす行動で示したくなったか?
未来は調整と挑戦を預けてくれた。
ラブリーコールでエンジョイしていったんだ。
それは未来に抵抗させるのかい?
果てしない距離を生み出すならな。
その最果てに何を望むんだい?
空間とエイトビート、
ミュージックは、楽しい。ひたすらに楽しい。
奇妙さがカテゴライズだ。
全てのことを覚えてるっていう風な
その奇妙な前提が、
そもそもおかしいのさ。
ラブリーコールを見つめていたのかい?
リズミカルなファイターに、
虚ろになる天才として明らかにさせられるなら、
大好きな展開と共に、
炸裂するビジネスと共にオーライしていきたいぜ。
興味が炸裂するブルースで、空虚なリズムに。
ファイティングする影響に、
ぶっ飛んでいく価値観すら、
ミュージックすらファイトしていくんだろう?
奇妙さとファンタジー、クォリティが異次元だろう?
最高がうなぎのぼりならば、
素敵なファンタジーを越えていきたいかい?
リズミカルがこれらを読むファンタジスタならば、
希望的観測、宇宙に差し出していけるなら。
悲しみが差し出す未来がある。
究極なら、そこにロマンロックがあるなら、
果てしない世界は花開き続けるだろう。
興味がないかい?
そして少しだけ眠い。
興味が無いからサクセスを、
ラブリーにさせない、ミラクルだ。
気持ちがランデブーにファイティングされているのです。
それは奇妙ですねー。ワンダーランドですねー。
食いつぶすことすら馬鹿馬鹿しいと?
イメージを調整する僕を馬鹿馬鹿しく頂戴するのか!
そこにイメージがある限り仕方ないじゃないか。
果てしない未来に対しても君は願ってしまったのだろう?
でもいかれてもサンシャインだね。
素敵なファイティングなら、メッセージとして
受け入れることすら馬鹿馬鹿しくなってしまうかもな。
刻んだ明日に未来がないってことか。
ファイティング夢中なら暴走中って言い方もできるね。
かいつまんでリアルがフューチャーならば、
歴史的スクラッチにすら削られてしまうってことさ。
リズムが強制的に慌てだしているのか?
空虚なリズムが方向性をガイダンスしているんだよ。
つまり崩壊し続けているんだ。
それはイメージを共鳴させ続ける。
そこに儚さを散らすつもりか?
ダンスタイムが迫っているんだ、
奇妙で素敵なファイティングはチョコレートだろう?
意味不明な体感温度にジャスティスが飲み込まれるなら、
活動的展開すらワンダーランドになってしまうだろう?
空中にラブリーが展開するなら、その面白さでもあると思うんだよ。
覆すことへの興味か。
それも素晴らしいと思うけどね。
リズミカルなファイターがまだ嘘をついているのか?
奇妙なことにね、疑いは晴れてくれないんだよ。
そこにどれほどの未来が存在するんだ?
世界中に歴史がファンタジーならば、
うろ覚えでさえ、そんな世界にさえ飽きてしまったんだろう?
俺は何を望んでいるのか、問いかけているんだ。
それを自分自身にだろう?
奇妙なファンタジーだな、
クォリティをそこまで求められる人間は中々いないよ。
自分の命の意味に気づけたかな。
ファンタジスタはそれでも生み出すことを笑い出しているはずだから。
未来が嫌いになったのかい?
奇妙とうつ伏せならば、
素敵なファイナルアンサーですら
呟ける鼓動を忘れてくれると思ったんだよ。
覆す興味はいつだってハーモニーを奏でているだろう?
そこまで到達できる奴がどのくらいいるかな。
まあ、君は好きなようにするがいい。
適当に生きればいい。
そこそこ幸せなら満足だろう?
歴史的ファンタスティックが今日も・・
異常が炸裂しそうなのかい?
奇遇だな、サクセスはワンダーランドになるはずさ。
クォリティが声高らかになっていくなら、
理想とチェンジし、未来を光景で笑い出す天才に、
魅力的にさせたのは誰だよ。
奇妙過ぎるファンタジーに、
影響力がぶっ飛んだと感じたのは誰だい?
奇妙さがいたちごっこになるのは、
ファンタジスタな恋愛トークにさせてしまう理由とは。
希望とファンタスティックとは。
エネルギーとは、その歪さとは。
エネルギーを越えていきたいと願えるかい?
奇妙なファンタジーを尽くしているね。
素敵だとは思えるよ。
覆す魅力が果たしてそこにあるかどうかは、
勿論分かったもんじゃないけどな。
リズムが炸裂することを爆笑しているのかい?
奇妙さが目指すなら、僕はことごとく嘘すらも
言えちゃいそうなんだよ。
空飛ぶゾウだ。まるでダンボだ。
大切な言葉とストーリー。
発表会はリストアップ。
可能性と共にドラマを歌うぜ。
極めたら最高峰なのだ。
イメージが調節している大切さなのだ。
奇妙がファンタジーなのだ。
理解できないかい?
努力をサクセスに近づけるなら、
言葉ですらも踊りだすさ。
さあ、最高峰のリズムを教えてあげよう。
僕についてきて!
ファンキーなドライブ、
でも持ち合わせがない。
究極的ランデブーならば、
価値を追いかける僕たちですらも。
理屈はないが最高だった。
イメージが調子よく、最高になっていくなら。
理想と展開力、
ファシズムの伝える最高潮だ。
イメージが調整してくれるなら、
ファイティング、チョコレートへと変わっていってしまえるなら。
理解と統率するドリーマー、
健康的ラブリーに挑戦させるのさ。
嫌いになるほど影響力がぶっ飛んでんだ。
最高潮にサクセスする僕ですら必要ないの?
爆笑な温度はハクナマタタさ。
いわゆる残念すぎるのさ。
最低かい?あるいは最高かい?
最高に最低、
つまり最低な最高。
覆すリミットすら、
影響力を引っ張り込んでしまうのさ。
覆すことに対し、興味があるなら。
炸裂するダンスを届けてあげるよ。
奇妙でしょう?困るでしょう?
究極的ロマンロックは、
歌いだすのさ。
ファンキーだろう?
路頭に迷いそうだろう?
世界観、未来に共鳴しそうだろう?
でもラブアンドラバーは一体どこへいくんだ?
価値とユートピアの方向とは?
リズムがチェケラーしているなら
そのファイティングの方向もリズムで分かっちゃうだろう?
そこに到達してるけど分からないって話か?
興味がないなら捨てることすらできないのさ。
その程度のものなんだ。
嫌いになるほどの抵抗がそこら辺にあるならね。
空間的ラブリーの超越性の話だろうか。
奇妙過ぎるファンタジスタは、
恋愛トークを差し出して、
それでも未来を笑う為に屈辱的な、
ファイターを目指すのだろうか。
幸せの定義はどんどん変わっていく。
理想との距離が近づいていく。
歴史と僕が果てしなく理解を興味を示す。
太鼓判を押す、僕のことも嫌いなの?
興味がサクセスするなら、
その希望に嫌いというなら、
素敵でファンキーな路頭に迷うまで。
スタイルとロックンロールだ。
リズミカルな行動と美しさならば、
ファイティングロードでチェケラーファイトだ。
埋め合わせする天才が面白いか!!
ゲットコミュニティと共に炸裂させてやるぜ!!
ファンキーなドリーマーと共に描いてしまったか??
屈辱的だぜ!まさに恋愛トークだぜ!!
美しい未来が超絶的に、
ラブリーハートになりそうだぜ!
覆しそう?
ラブリー、ブッキングしてやるぜ!!
ファンキーなドラマ?太鼓判を押させやがって。
ファイティングポーズに失いやがって。
理想とチェンジする未来が、
大胆不敵な活動に
天才的ドリーマーですら、描いてしまいそうだぜ!
クォリティが異次元ならば、
ファイター、ロストプラネットに嫌いになっちゃうように。
理解するフューチャー、
あのドレミが忘れられない。
ドレミファソラシドだ。
価値観という名前の自由で、
いろはにほへとだ。
理屈に影響力ぶっ飛ぶなら、
楽しさでまきちらされるぜ!!
ファイティングプリーズをさせそうなら、
奇妙さと共にファンタジーーイイイイ?
ラブリーチェンジとまくしたてるぜ!
ロストプラネットに嫌いになりそうだ。
究極的に踊りだしそうなら、
ファンキーなマシンガンオブミュージック。
リライトしてくれるということは。
リズムがチェケラーファイティングだから、
狂気のサクセスワンダーランドだぜ。
食いつぶす最高峰がイメージされるなら、
空間にだって最高峰は描けるのさ。
素敵な影響力にぶっ飛ばされるのさ。
覆すファイター、
ひたすら楽しくて楽しくて仕方ないんだ。
窮屈な世界すら愛せたんだ。
極め続けたリピートがあった。
意味不明なトークライブかい?
メッセージが調整する運命にあるなら、
空虚な究極、
理想と天才的な展開で、
ミステリーを興味にさせていけるなら、
行動的ロストジェネレーションで、
数ははからずとも、素敵素敵素敵!!
ファンキーなドラマであり、
ストレートが存在するなら。
極め続ける最高峰だぜ!
イメージが超越するバカらしさだぜ?
クォリティが異次元ならば、
取っ払う最高峰にイメージが調節されるならば。
嫌いでありファンキーであり、
僕たちの希望なら。
ミュージックの充実度。
サクセスの今回は、
理想を超越してなお
突き進もうとする希望に、
ファンタスティックアイランドを見つけてくれるのさ。
リズムが炸裂する今を大切にしてくれるのさ。
ファンキーなドリームですら、
描いた究極ですらも。
傾向がサクセスになろうが、
回転しようが、関係ないんだ。
理想が超越してるって話か?
奇妙なファンタジスタと
永遠が踊りだす空間に、
ビリーバーが調節してくれるなら、
ファンタジスタと恋愛トーク?
馬鹿馬鹿しさと共鳴する
疑いのないラブリーが調整してくれているのさ。
至ってファンキーだろう?
路頭に迷う僕たちですら馬鹿馬鹿しいだろう?
興味がサクセスならば、
ファンタジスタ、影響力、
馬が二匹、鹿が二匹、全部合わせると馬鹿馬鹿しくなっちゃう。
言葉に愛を足すと嗚呼、たちまちに。
リズミカルなファンタジスタ、
永遠へのトークしていく。
ドリーマーなチャンスを浴びせるように、
活動的展開で美しいと思えるほどに。
究極的ロマンスで、歌いだすファンキーなドリームを、
描いてなお突っ走ろうとする君たちに。
興味を示して、大胆不敵になって。
理想と超越していくミステリーと、
それらが生み出し続ける興味に対して。
ラブとスマイルよりも、
興味があったのはライクライクだったから。
奇妙なファンタジスタが現在だったから。
奇妙さはただならぬ世界を描いていった。
必要とする為の究極は、
ロマンスと共にエイトビートをサクセスにさせていった。
なぜならば、届くならば伝えたい。
リズミカルなファイター、
歌いだす運命と共に、
覆すパーティと、移ろいゆく天才と共に。
ファンタスティックなドリームで、
展開を彩るなら。
究極的ロマンスでいたちごっこな
ファイターにロストチルドレンを、
まき散らすように、空間はビリーバーに。
調整させるように、
ミラクルは頂戴させるように。
運命が分かった気がした、
その日々は、舞い散る木の葉を素敵に
ファンタスティックにさせてくれた。
疑いはミュージックを、
嫌いなメロディは抵抗を、
差し出してなお共鳴するファンタジスタ、
永遠が訪れる。ファンキーなメッセージだ。
堂々とミラクル、挑戦的ファイヤー。
理解している究極的ドリーマー、
描いた僕と調子にのった素敵さ。
ドリーマーなチャンスを追いかけたんだ。
クォリティが異次元、
突破したファイターですら、
失うことですら、
魅力的なファイティングなんだ。
ロストプラネットが確実に。
生きているファイターがロケットマシンガンに。
素敵なファンタスティックを名乗るのであれば、
素敵さとファンキーに、路頭に迷える失礼に、
大好きな展開に、ワンダーランドは溶けていく。
大好きな展開がミラクルになるから、
それに対する興味さえも歪なものだろう?
空間的ラブリーは超越するのさ。
ミラクル、ところてん、
炸裂するビジネスと共に、
世界観は宇宙を差し出してくれるんだ。
パニックで影響力が。
ぶっ飛んだ価値観にさせてくれるんだ。
大切な言葉とエンジョイがストーリーなんだ。
奇妙なことに、ファンタスティックアイランドが
密着してくれているんだ。
ファンキーなドリーマーだろう?
屈辱的だろう?恋愛的だろう?
サスペンスを伝えてくれるなら、
ファンキードリームだよ!
永劫の時を歩いてみないか?
サクセスのパーティ、
ロマンロックなファンタジーすら、
描いて素敵なことにすら。
栄光のワンダーランドにすら、
描いて究極的に。
ロマンロックパーティなのさ。
クォリティが異次元、めっちゃ素晴らしい。
残酷ならいのテーゼ。
らいがメッセージを送るだろう。
サスペンスは伝えだすだろう。
ファンキーなミュージック。
それのみでは止まらない、メッセージに強烈に。
素敵なファンタジーを描くように。
活動していくように、
傾向はサクセスへと近づいていくから。
理想的な歴史であり、
ファイティングが運命ならば。
大切な言葉は、エンジョイパーティだ。
失ってきめ細やかになったとしても、
覆すリピートなんだ。
運命的にワロスなんだ。
覆すパーティに、
ロマンロックすら歌いだす。
ファンキーな路頭に迷ったままで、
素敵な好きなマッサージミュージック・
パニックになってしまったら。
覆すリミットと共に、
覆す魅力すら。
意味が分からなくなってくる嫌いにすら、
それは影響力なのかい?
イメージが着実なんか、
影響力、それなりにヒップホップにさせてきた。
その未来がここにあるならば、
素敵さと共にぶっ飛ばせる感覚になれたはずだった。
ぶっ壊れ性能、埋め合わせできる伝説なのであれば。
覆すための魅力的に交換させなさいや!
ドリーマーとチャンス、ファンキーなモンチッチと共に
歌いだすことにしましょう。
ラブリーハートを見つけることすら、
興味として示しましょう。
メッセージは行動としてロストチルドレン。
埋め合わせする天才として、
受け継がせるファイター?
ロストプラネットとして、
どーまんせーまんですか?
リビングデッドな価値観が、
ミュージックファイヤーになってしまうのなら。
正しい未来が頂戴している。
ラブリーな世界観が差し出せるなら、
空間とラブリー、超越性すら自分のものにして。
ラブリーなチェンジすら、バカらしさにエンジョイさせて。
奇妙なミュージックすら、ファイターになってしまうとしたら。
覆すリミットに、ファイヤーサインを出したいぜ。
リミックス、歴史的なドリームであるならば。
素敵さがファンタスティック、恋愛模様だよ。
覆すファイターにすら、うつ伏せしてしまうのさ。
ロックンロールなパーティをロマンロックにさせてしまうのさ。
覆す興味に対して虚ろになりたいかい?
大切な言葉とミュージックさ。
ファイヤーマシンガンなのさ。
覆すリミットで歌いだすのさ。
ファンキーかい?ドリーマーかい?
着実なファイターかい?
ロストチルドレンなハッピーかい?
ロストプラネットな確実な世界観かい?
リズムで美しくあがきだすなら、
ファンキードリーム、描いてなお突き進む僕たちですらも。
覆すハッピーに対して、
ラブな列強が、イメージしてくれるのさ。
ファンキードリームを描いてくれるのさ。
パーティだろう?
ロマンロックなファンタジーだろう?
やり直したいかい?
興味があるかい?
指し示すパーティにすら、
一途なファイター。
ロストチルドレンなのさ。
リミックス、活動と展開上は、ラブリーになっちまうのさ。
大切な言葉としてのエネルギーが突破していくなら、
充実的なパーティに、
ロマンロックになってしまうなら。
屈辱的恋愛トークにすら、
差し出せる最高峰があるなら。
空間的ラブリーに挑戦権が移った。
ラブリーなホールである、延長線上である。
奇妙に折れ曲がった大切さ、
リミックス、活動の展開だ。
ラブリーホールで展開させていった。
ラブリーチェンジをまくしたてる。
ファンタスティックなアイラブユー、
世界観とのミスマッチこそが、
ダンスするメッセージを貫いていく。
歯がゆさに天才的に、
ドリーマーを描けるなら。
素敵さをミュージックにできるなら、
ラストなホワイト。リズムは着実に。
世界観は理想を超越していくから、
ファンタジスタな恋愛トークを続けていきたいのさ。
ラブリーコールでエンジョイさせてみたいのさ。
リズムが沈むぜ。
階段、チェケラッチョなパーティかい?
失う歴史と、ファンタジーはクォリティとして。
受け継がせるファイターとして、
失うことすら馬鹿馬鹿しくなる。
興味があるからこそ、しみ込むのさ。
素敵だろう?ファンタスティックドリームだろう?
死ぬまで死ぬなよ。
最後に残した言葉、
ロックンロールパーティだ。
失う力があるのだろうか。
奇妙さは未来を食べてしまう。
覆す距離を、理解させるように、
リズム、チェケラーファンタジーを、
越えてなお飛び続ける歴史を。
ファンタジーな光景すら、
置き忘れて、リズムにさせた。
運命にさせてしまった、
嫌いな方向性ですら、
ファンタスティックにした。
ロマンチストにファイティングチェケラー、
イメージが調整したミラクルに、
サクセスするワンダーランドに、
影響があるなら。
素敵なファンタジーすら、
栄光でワンダーランドにさせてあげるよ。
空虚な歴史と共に明らかにうつぶせになるパーティがあるなら。
覆すリミットと、受け継がれる思想。
ファンキーなロストチルドレン。
マジックショータイムだ。
受け継がれるパーティだ。
ロマンロックフェスティバルだ。
クォリティが高まって、希望がワンダーランドに
させたがっている。
興味はないが、
サクセスを求めている気がする。
ファンキーなドリームに受け継がせられるなら、
空虚なリズムと、統率力すら
ワンダーランドになっていくのさ。
世界5分前仮説が常に頭のどこかにあって。
リズムが最果てを目指し、
狂気を逆撫でる興味に、
サクセスストーリーが影響している。
それは半端な理想なのかい?
追及するためのミステリーはワンダーランドさ。
振り払い進むだろう。
俺を誰だと思っている。
らいだぞ。
最果てのドリーマー、チャンスを栄光にさせてきた。
大切さとクォリティが高めになっている。
理想像とチェンジしている未来は、
サクセスの為のストーリーすら、
ミステリーワールドすらも、
価値観という最高峰すらも、
形を失ったという記録的なマインドでは、
エネルギッシュなトークバックに、
エイトビートは炸裂していくのさ。
ハーモニーはそれで、疑い出すのかい?
奇妙さはファンタジーなのさ。
運命をとどろかせた馬鹿馬鹿しさかい?
究極的な広い世界に挑むなら、
準備をしっかり整えないとな。
リビングデッドな価値観を持ち合わせているのかい?
興味があるのは、今という瞬間。
全ては歴史に変わっていく。
心の移りゆく模様を、
全て言葉にしてみたいという
俺の喜びは、嘘だろうか。
退屈な未来だろうと、
興味がなかろうと、不思議だろうと、
関係ないのさ。リミットがあろうとなかろうと。
不思議だろうとそうじゃなかろうと、
今という瞬間に対して未来を見出さないと、
窮屈なんだ。
未来像が不思議なほどなんだ。
退屈な未来は呼び寄せるのかい?
ダンスするフォーエバーが価値観を認めればな。
それのみでは近づけないかもしれない。
でも大胆不敵な活動をしていく意味はあるだろう?
覆すパーティ、ロマンロックなのか?
イメージがチャンスになっているということは、
そういうことだろう?
イメージが無理やりだな。
ファンキーな路頭にすら迷ってしまったんじゃないのか?
リズムが攻撃してくるなら、
半端ないこの素晴らしさすら、
階段を上っていくしかないだろう?
そのランダムの中に、虚無とリズムがあったから、
面白いと思えたんだよ。
それは君にとって、そんなに馬鹿馬鹿しい概念なのかい?
奇妙だね。宇宙がそれらを包み込んでくれるとは思えないが。
リズムが協力しているんだろう?
そこら辺をサクセスにできないなら君たちの負けなはずだ。
だけど、君たちはきっと何かを求めて
この場所へ来たんだろう?
ハーモニーは伝えられるはずだ。
ファンキーなドリーマーと共に、
受け継がせることだってできたはずだ。
協力体制にあるはずだ。
未来を驚かせたいかい?
奇妙過ぎる不思議さに、
魅力を追いかけて、それでもどこかしらバカらしくて、
ずっと待ってたんだろ?この存在を。混在をさあ。
ダンスホールでエンジョイすることすら
魅力的に映らないなら、
結構だ。ラブリーハートを見せつけてやるよ。
ファンキーなロードにうつぶせになるなら、
素敵さと共に食いつぶせる気合いでもあるべきだと
思えるだろう?
覆せるファンキーと、そうじゃないミステリーがあるんだよ。
その距離すら分からないのか?
リズムに、影響力がぶっ飛ばすなら、
今という虚無に対して愛を宿しているなら、
果てしない、理屈もない、
この距離に祝福をしようぜ。
僕の作業は馬鹿馬鹿しい行為かもな。
だけど真実でもあるはずだぜ。
全てを研ぎ澄まし、宇宙を笑い続けるなら。
今だけを冷たい目で見るスタイルは、
気色悪いけど本来の姿なのさ。
リズムが、チェケラーファンタジーならば、
ゼロに変えられた僕たちの運命とは。
沈むぜ。ケセラセラパーティだぜ?
うなぎのぼりな最高かい?
イメージがチェンジしていく、
それに逆らい出す。
興味がサクセスワンダーランド、
サクセスする為なら、協力してくれるか?
イメージがチョコレートソングになっているって意味か?
まあ、サクセスの行動にもよるがな。
極め続けるパーティ、
で、協力内容というのは。
生半可な交渉なら、受け付けねえぞ?
俺に分かるように、分かりやすく、面白く伝えてくれないと無理だ。
ファンキーだな。そのスタイルが好きだよ。
でも分かった。ゆっくり伝えることにしよう。
君の成功を約束する。その代わりに、地球人の為に
ある程度の文章を書いてもらうだけだ。
ファンタスティックだな、
記憶が路頭に迷いそうだぜ。
まあ、文章を書くだけなら軽いかもな。
ライムキングにてめーらの本音を伝えようってか。
随分人使いの荒い奴らのようで。
まあそういうなよ。極め続ける
宇宙人ごっこも、楽しい未来なんだ。
リズムが炸裂しているのかなあ。
ブルースはその先に、どんな興味を見せるんだろう。
理解がフューチャーならば、
踊る僕たちですら笑ってくれるんだろうか。
実は、もう実用化段階にあるんだよ。量子コンピュータは。
その次の世界に関して、我々の間でも大きな議論が巻き起こっている。
大切な言葉とストーリーとは、
埋め合わせできる天才とは、
ミラクルが生む白昼夢とは、
それなりの希望を灯してくれるだろうか。
本当にファンキーな野郎だな。
面白い、これはすごいぞ。
面白い文章を書けば書くほど巨大な成功が待っているのか?
そもそも俺が何を欲しがってるのか分かっているのか。
俺は俺の望むものがなんなのか、探している途中なんだ。
とりあえず金とか権力は欲しくないか?
んー。そうだな、それも一つの用途ではあると思う。
でも目的そのものではない。
でもまあ悪い気分ではないかもな。
何をもって必要とするか、
その定義も含めて、色んな感覚だろうな。
リズムがチェケラーパーティならば、
失うことすら馬鹿馬鹿しく感じてしまうのかい?
君は素晴らしいぞ。エイトビートだ。
ミュージックなファイヤーが移ろいゆきだし、
天才的ドリーマーなチャンスをオーケーにしてくれているのは、
なんとも心地がいいね。
リズムが避けられない話題なら、
行動とサクセスパーティなのかい?
イメージをシフトした後には何が残るんだい?
奇妙さとマジックミュージックさ。
希望とチェケラーファイティングが、
ケセラセラを歌うなら、
僕の存在は一体どうなってしまうんだい?
大切な言葉とストーリー?
埋め合わせする為のダンスならば、
結構だ。文章の上ならばある程度自由にやってやろう。
で、対価はどんな形で支払われるんだ?
君の欲しいもの、全てを与えてやる。
リズミカルだな、俺は金にも女にもあまり興味はねーぞ。
大好きな展開なら、理想を追求できるだろう?
らいはらいが思う通り生きればいい。
ロックンロールなファンタジスタが、
リズムがチェケラーファイターなんだろ?
埋め合わせするロックンロールにすら、
ひたすらの力をこめるなら、
分かった、ストーリーを生み出す手伝いをしてやろう。
奇妙なファンタジーだな。
確かにあるていどちょっとした額のものは欲しいと思ってたところだ。
空中庭園、ずっと文章書いて生活できればいい。
リズムがチェケラーファンタジーになっていることも、
含めて理想に追求させるってことにも
なったのかもしれないしな。
半端な空気には興味ないんだ。
サクセスパーティならば、ファンタスティックドライブに、
健康的ラブリーなチェンジであり、
意味不明な行動とサクセスが伝えるならば、
ファンタジーアイランド、
夢中にワンダーランドならば、
栄光とサクセスワンダーランドならば、
チョコレートスタジアムになってくれるなら、
奇妙とそのサクセス、
あらゆる最善手を取り続けるべきだ。
ファイナルフュージョン、それを
見つめられる方向性も、リズムも存在するだろう?
奇妙さはそれなりのファンタジーを追憶の彼方へと、
運び続けているのさ。
ラブリーハートが密着にサクセスするならば、
希望とロックンロールティーチャー、
幅広い未来を、
卓越するダンサーすら、
価値観という素晴らしさに、ファンキーな路頭に迷う
歴史すらファンタジックに、
影響力がヒップホップになってしまうから、
力強さが馬鹿馬鹿しいのだから仕方ない。
リズミカルなファンタジーが越えていくリズムを、
階段を上らせるように記憶させているのか?
それだけなのか?望みは。
ただ言葉を書いて音楽書いてれば満足なんて、
どこの仙人だよ。
けっくだらねえ。
俺はそこらの欲望の奴隷とは違うんだ。
あらゆるものを操ってここまできた。
ラブはヘイトは勿論面倒くさいのさ。
そして、それらを使って全てを友達にしながら、
究極を理論上の武装経路にしてきた。
リズムがチェケラーならば、
ファイティングスタイルを見つめるならば。
でも、誰よりそれを自由にしたいからこそ、
それこそ無限大の興味は引き付けるべきだぞ。
だてに地球人代表やってる訳じゃねーんだぞ。
最も権力があるものとは、
自分を持っている人間だ。
少なくとも世界観、
死なないように、取り戻せるように。
空虚な理想が諦めきれそうなほど、
サプライズにさせられていったかい?
歴史的ファンタジーを越えていけたかったら、
目先の利益より遠くにある真の財宝を目指すのさ。
リズムがチェケラーファイティングするなら、
価値すらもあるかもな。
希望的な解釈ができれば、
ファンタジーすら絶対的になりそうだ。
ファンキーなことは間違いないな。
奇妙だ。問い詰める最高峰とは、
違いを見せつけているのに、
間違ったことをしようとすると
圧倒的幸福感でノックアウトされる。
俺が望んでるのはこんなもんじゃないんだよ。
覆したリミット、
疑いきれるだろうか。
そのサクセスの扉、
極め続ければパーティだろう?
ロマンチックなパーティを携えたままで、
どこまでいけるかだ。
それこそが力のファイヤー、
リタイアしない程度の成功感だろう?
この感覚について、ある程度考える必要はあるかもな。
どういう条件でこれが起こるのかも分からねえ。
何も書けなくなったら死んでるも同然だ。
俺は結構文章を書く為に生きているような部分があるからね。
まあ、それはともかく、必要な世界線は常に存在しているはずだ。
ロックンロールパーティに引き継がれた。
でも、ドリーマーがチャンスならば、
その希望の伯爵、メッセージを届かせることが希望ならば。
幸福を望んだ僕は幸福におびえながら暮らさなきゃいけないのか。
リズムは炸裂するブルース、
興味はミュージックになっていく。
理想的チェンジングは、
新しい未来を描ける可能性があるってことか。
そういうことか。書くという行為自体、
本質的には異質的なものなんだろう。
それらが得る莫大なエネルギーが、
突破力を滑らせているということか。
最適な言葉が見つからないことも、
ピザになったハーモニーですらも、
ことごとく、未来に伝え始めた記録的フュージョンになっていったということか。
大切な言葉すらファンタスティックにならば、
大切な言葉、エンジョイパーティ、
しかしそれだけでは立ち消えるな。
表現はあれだがメビウスの輪みたいな感じなんじゃないか?
裏と表があって、それが繰り返される。
文章を書ける時間帯と、幸福な時間帯が存在するとすれば。
そうすればこの現象についても
納得できる?
ていうか、それは月日がたって見ればすぐに分かる話なんだけど、
俺の状態はサクセスを、パーティを、
ロマンロックにしていく為に。
引き継ぐために、必要にサクセスさせる為に。
リズムがチェケラーファイティングならば、
影響力、それらをヒップホップにさせてまで。
リズムがチェケラーファイティングを、
理想として思ってくれてるならば、
ファンキーなロードですら、
価値観ですら、ミュージックですら、
この成功ですらも。
ファイティングする威力すら、
快楽ですらも。
正しさとミラクルを調節する、
必要性にも今回は逆らいながら。
共鳴する為のファンタジスタが疑い続けているなら。
リズムでチェケラーファンタジーなのならば、
覆すことにすら馬鹿馬鹿しさを。
ロストプラネットを、
それに抵抗するランデブーを、
連れてきて、ラブリー。
挑戦を明け渡すなら、
ロックンロールはひたすらに。
興味がないならそれこそ歌いだしている意味だ。
リビングデッドな価値観だ。
メーデーメーデーだ。
続きがあり、素敵なファンタジーが未来を揺蕩うなら。
希望とファンタスティックで、ドライブしている最高が
リミックス、形を求めていくなら。
形とフュージョン、残るものなどないのだろうか。
奇妙過ぎるファンタジーは、そのままで。
クォリティは異次元を保ったままで。
覆すことができる?
運命と、チェケラッチョファイター。
失うことすら馬鹿馬鹿しいなら、
共鳴、歌いだしからエレガントになってる僕たちですらも。
傾向がサクセスワンダーランドを伝えてくれているとしたら。
ファンキー、ドライブ。
世界観と理想、成功と埋め合わせする為の希望。
何を手に入れたら最高だろう。
奇妙に動き続ける。
果てしない世界観と、
理想は超越して超絶的に、
ラブリーな健康体として。
ラブリーなジャスティスは、運命を笑いながらも。
素敵にファンタスティック、
それらが希望を育むなら。
希望的観測が移ろいゆきだす。
ファンタジーがクラッシュするなら、
クォリティが異次元ならば、
突破するファンタジー。
埋め合わせする展開すら、
ミュージックなファイターになっていく虚ろさに。
ロックンロールなスタジアムだろうか。
ファンタジスタは恋愛トーク、
サクセスの慟哭に、
錯綜しているミルクティーは、
ワンダーランドなチョコレートを。
イメージとして突っ走るなら、
極め続ける僕たちにすら、
ファンキーなミュージックにすら、
虚ろな展開にさせていく、
理想と理想と相まって。
ラブリーなチェンジでダッシュしていく。
最高が埋め合わせするなら、素敵なファンタジー。
クォリティで異次元。
突破するならファイター。
しばらく、ぼーっとしていた。
確実なものが、押し寄せてくる。
大切な言葉と、エンジョイパーティだ。
失われているのだろうか。
寂しい気持ちが、ループしていく。
本当に欲しいものってなんだ。
理解が統率をとれてないんだね。
いいよ、手伝ってあげよう。
何をするってんだ。
どうせ何もできないだろ。
そんなことはないさ。好き勝手にやれるのさ。
大胆不敵な未来像に、素敵なファンタジーを追いかけるのは、
密接に繋がる馬鹿馬鹿しさだよ。
ふん。ファンタジーアースに求めるものが一杯あるってことかい?
意味不明ならば、影響力すらヒップホップだろう?
うなぎのぼりな天才が踊るのさ。
大切さはどこにいるんだい?
あいつらにとって俺は最高に羨ましいらしい。
共鳴することがそんなにうなぎのぼりかい?
素敵なファンタジーを、書けない余力を、
イメージが追悼する未来を、
行動力の生み出す天才を。
メロディを、突っ走る歴史を、快感を。
メッセージで協力姿勢になってくれるなら、
ファンキーなドリーマーと描くことは可能だろう?
奇妙さがファンタジーならば。
大切さと言葉、結構炸裂している。
ファンキーなドリームと共に炸裂するミュージック、
中途半端に頭がよさそうに見えるから
今回は止まらない。
大切さと言葉、エンジョイパーティなのさ。
覆すリミットばっかり破裂している大好きに、
共鳴しているルーキー、いたちごっこなファイナルアンサーだ。
孤独でも毒々しくても、ラブリーなチェンジだ。
破壊的ラブリー、挑戦権などいらないのです。
奇妙さが作り出すのです。
俺は自分を持ってる。
だけど幸福にぶっ飛ばされそうだ。
本当に俺が望んでいるものってなんだろう。
リズムは超越しながら、
またグラングランになっていく。
でもこんな日が来ることですら、
分かっていたはずだわ。
イメージがチェケラー、
その先に何を求めるか、
それが面白いんだろう?
世界観とその歴史、
負けるわけにはいかないのさ。
ラブリーコールを歌いだしてもね。
密接に繋がった僕らの距離と、
うつぶせになったファイター、
失われる、近づくファイターですらも、
価値観が憂鬱になっていく。
ロストジェネレーションかい?
覆すパーティと共に、
うつぶせになるルーキーであれば、
素敵なファイナルが伝えてくれるのさ。
リズム、チェケラーファンタジー。
それでもクォリティを求めるように。
欲しい情報だけ手にして、
それでも究極性は食べず嫌いなんて、
奇妙さと共に受け継がせたくなるよ。
ファンタジーなジェットコースターアイランドは、
見つけてくれるのかい?
それのみが、奇妙なのかい?
ループしそうだ。
サクセスのワンダーランドだ。
まさにパーティだ。
ロマンロックフェスティバルだ、
クォリティが異次元を突破する前に。
覆せる日々を笑う前に。
リズミカル、行動のロックンロールパーティだ。
失われたいのかい?
希望はチャンスだと見ていてくれるかな。
リップスライムが!
そこら中に素敵なマイメロディを突っ走らせながら、
興味はサクセスしているんだろう?
ファンキーなドリーマー、
俺が本当に望んでいることとは。