リズムがチェケラーならば、
大切な言葉、クォリティでダンスさせて。
リズムはチェケラーファイティングだ。
理想とチェンジングしているから、
勇気があった証拠を、
理屈を、それらが生み出す興味を、
炸裂するダンサーを、
生み出した価値観すら、
先の見えないでかすぎる世界に対する。
ハイテンションは理屈を求めていく。
ぶちかましにいくのさ。
天才的ドリームは描いてくれるのかい?
ファンタジスタな恋愛トークなのかい?
サクセスは次の扉を開く為に、
今も準備しているよ。
楽しさと、メロディ、
突っ走るならば、
影響力はヒップホッパーなんだ。
活動する展開、旋回する宇宙すら、
栄光すらワンダーランドになっていく。
必要以上の展開に、
理想は超越していく。
ロックンローラーはファンタジスタを、
運命でチェケラッチョを生み出したから。
ファンタジスタな恋愛トークだった。
イメージが超越したその最中に、
未来があったとしても、
嫌いになれたとしても、
覆すラッキーで、
生み出した価値観は、
ユートピアは、炸裂するワンダフォータイムは。
理解するためのフューチャー、
ドリーマーなチャンスだ。
希望とファクトリー、
全てを灯しながら、
全てを嫌いにならないで。
理屈はファイター、
ロストチルドレン、
運命が咲き誇るなら。
ちぎられた誓い、
ファンタジスタな恋愛トークを、
差し出して、それでも運命を。
希望的ファンタジーを、クラッシュさせた
ファンタジスタを、傾向でサクセスさせる為に。
空虚な歴史、ファンタジスタな永遠トークを。
大切な言葉とエンジョイパーティ。
ロマンロックなベイビーだ。
大切な言葉と、エンジョイパーティだ。
ロマンロックフェスティバルが影響力ならば、
理屈はファイターじゃないんだ。
奇妙な偶然なんだよ。
素敵なファンタジー、クォリティは異次元だ。
突発的に取っ払う馬鹿馬鹿しさで、
エンジョイした果てしなさは、
空間すら切り裂くか?
運命的にラブリーならば、方向性、
リズムに乗せることすら馬鹿馬鹿しいかい?
運命がチェケラーしていることはファンタジーかい?
大切な言葉、エンジョイパーティならば、
ファンタジスタ、影響力、ぶっ飛ばした価値観。
エイトビート、サクセス、炸裂ミュージック。
大切な言葉とストーリー、
まさぐる世界観にすら、
一番の世界観、
支配者にだってあるぜ理由?
半端な罵倒にゃ興味ねえ。
ドリーマーチェンジ、
大好きな展開にも興味はない。
理屈をファンタジー、
恐かったんだろう?その思想と存在が。
奇妙なことに歯車は止まらねえよ。
今更何をやったって無駄だ。
時代はうねり始めてんだ。
理屈はファイター、
理想的ラップ現象だ。
価値観をブルース、影響力。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックエイトビートだ。
炸裂するビジネス、オーケーオーライ。
人間じゃないなら、影響力ぶっ飛んだ。
価値観ブルース、謙虚なヒーロー。
大好きな展開、ミステリーが興味を示す。
活動的展開、理想像と思考法だ。
ワンダーランドなチェケラーには、意味がない。
退屈な世界観、理想をチェンジさせるなら。
空間的ラブリー、挑戦状を受け取れるか?
ハーモニーが世界的ならば、
ワンダーランドすらスクラッチしそうだぜ?
ファンキーなロストチルドレン。
価値観というミュージックで虚ろにさせな。
大好きな展開と共に、移ろい、
大好きなミュージックと共に、ひたすらを声高く掲げろ。
イメージを調整するように、ラブリーゲームは。
伝わる最高と、リズムは共鳴してくれるかい?
ファンタジスタとの恋愛トーク、
歪な世界はそれ自身を守ってくれるのかい?
奇妙さはファンタジー、
それでも夢の世界を越えられないのなら。
精々あがくがいいのさ。
素敵なファンキーなロードだ。
埋め合わせする天才が呼び起こすなら、
希望的解釈、虚ろになればなるほどに。
究極的ロマンロックなベイビーで、
埋め合わせする天才ですら、
覆す意味ですら、フューチャーラブになっているという矛盾。
空気感が違うね。
理想とチェンジする未来に会いにいきたいね。
大切な言葉とエンジョイパーティ。
ロマンロックなベイビーがちぎる最高のテンション。
リズミカルなファイターが、うつ伏せで逆立ちしている。
ドリーマーなチャンスを与えてやろう。
希望的観測ならば、宇宙すらワンダーランドに変えてやろう。
奇妙ならばファンタジスタは、
栄光とチェケラー、
ファンタジスタと影響力、
ぶっ飛ばしたら価値観と共に究極性。
リズミカルなファンタジスタ?
永遠とトークする意味を越えていきたい。
ファンタジスタを永遠に躍らせてくれる。
理解を取り戻して、
今更あがいたところでどうにもなるものか。
究極なるファイヤー、理想がチェケラーするファンタジーだ。
クォリティが異次元なのであれば、
食いつぶす最高峰ですら、
それらが目指す永遠ですらも。
共鳴したワンダーランドに、
素晴らしいストイックが共鳴するなら、
素敵さとファンキーなドリームで永劫を描くべきだ。
日本語に心動くべきだ。
ファンタジスタな影響力、
ぶっ飛んだ価値観とメロディは突っ走り続ける。
ハーモニーは歌いだす。嫌い出す。
ロックンローラーなイメージで調整するならば、
ファンタジスタと恋愛トーク。
ロックンロールパーティだ。
リズミカルに歌いだしたファンキーは、
ドリーマーなチャンスをひれ伏すように、
宗教に興味はないという。
最低の君を忘れない。
奇妙歴史、ファンタジスタな恋愛トーク?
爆笑だぜ!錯綜だっぜ!
俺が何をするかって?
自由を手に入れたらやりたいことはそりゃあるけども、
今は好き勝手文章書くだけだぜ。
意味不明なトークアバウト、君の鼓膜と網膜をノックするぜ。
大切な言葉、エンジョイパーティが
ロマンロックならば、その希望、ジャスティスに。
栄光感もあるからこそ、
ファンタジスタな恋愛トーク。
馬鹿馬鹿しい素敵なファンタジー。
リズムがミュージックを貫くなら、
希望とファイヤー。後ろめたさが動いている。
ファンキーな君たちには分からないのだろうか。
あの笑顔が忘れられない。
奇妙とサスペンス、ミュージックはファイヤー。
ロストプラネットで駆け抜ける栄光。
素敵さはファンキーを狼煙を上げながら。
究極ドリーマーを、誰もが楽しめる世界を。
ミュージック影響力、ぶっ飛ばす価値観、
影響力がぶっ飛んでいくぜ!
価値観と栄光、
サクセスがワンダーランドになっていく。
理想はチェケラー、マッサージする馬鹿馬鹿しさか。
運命が煙のようにまき散らされる。
ガス生命体であるアイは君達すら見つけるだろう。
ファンキーなロストプラネットならば、
メビウス湖、
大切と影響力がぶっ飛んでるなら、
価値観というブルースで興味を示しなさい。
理解しなさい。リズムにノリノリになりなさい。
ではノリノリになった結果、待ち受けるものとは。
そんなのどうでもいい、あがきだせ。
あがいた結果、究極へと根こそぎ落ちていく。
じゃあ落ちて落ちまくって、リアルにフューチャーさせちゃおう。
しかしそのままじゃ全然意味がないよね。
だから意味を問いかけるのさ。
リズミカルなファンタジスタに、恋愛トークをさせるかい?
追及することすら馬鹿馬鹿しいなら、
興味、炸裂するワンダーランドさ。
イメージがチョコレートならば、
空気すら読めないのさ。
じゃあ何を読めるんだい?
そりゃあ本に決まってるだろ。
あるいはラピュタの古代文字でも読めるのかい?
あるいはロビンのようにポーネグリフでも読めるのかい?
ラップするヒアルロン酸タイム、
消える空気、リズムをチョコレート、
本当のことが意味が分からない。
奇妙なファンタジー、
それらは闇をランプを灯すように、
混乱は止まらない。奇妙なファンタジーと共に、
偽りな世界観は理想を追求させていくだろう。
ハーモニーは貫いていく。
その理想に、あるいは共鳴に、
いたちごっこなファイヤーを望んだから。
覆すリミットは、かけがえのなさで優っているから。
理屈は理屈じゃない。
果てしない距離は嘘じゃない。
けれども辿り着ける。その足で、
確実な世界観と理想は、共鳴するいたちごっこに
ファイヤーを灯すように。
空間はラブリーになり、果てしない興味を差し出していく。
共鳴するワンダフォーは、
永久を求め続けるから。
最高なリズムと共に、逆らい続ける。
リピートするミュージックと、
ファイヤータイム。
物語が始まるんだ。
それらはとても究極的だったから。
それは、指し示す展開、
リズムが究極をドリーマーにするように、
急遽、サクセスのパーティで、
埋め合わせする天才にすら、
なってしまうのだろう。
苦慮したくない。イメージを卓越していたい。
僕は誰なんだ?
どうすれば僕は僕になれるの。
それは君だけが知っている。
君だけが君になれるんだよ。
リズムがチェケラーファイト、
それは楽しいのかい?
奇妙なほど面白いのさ。
億万笑者でも目指したくなったか?
やりたいことをやる。それを貫き通した人は、
例え貧乏だったとしても心は億万長者だろう?
大切な言葉とクォリティ、
大切な言葉ってなんだい?
そりゃー、色々あるが、
今までに俺が行ってきた・・
その中で心に響いた言葉だよ。
ていうか響きが好きなんだよ。
僕は。色々、何度でも繰り返すんだ。
繰り返しの果てに何があるんだい?
もっとすごい宇宙がある気がする。
それは君を待っているのかい?
果てしない距離と共に、理解をさせようとはしているね。
あいつらは自分を知ってほしいのさ。
じゃあ、どうすればいいんだろうね。
その宇宙に対し、君はどう干渉していけばいいと思う?
とりあえず書き続けることだ。
キーボードを叩き続けること。
僕はドラマチックなんだ。
君はドラマが嫌いじゃないか。
僕と、同じ領域で喋れる人が中々いないんだ。
で、僕を呼んだという訳か。
炸裂する人格だな。
殺風景な世界に、リズムはあるだろうか。
あるとしたらなんだろうな。
リズムはどこまで綴られるんだい?
ずっと、ずっと。
リズムで叩きのめされたから。
それは究極的だったのかい?
イメージ的には、超越的だったよ。
それはすごいな。
とてもハッピーだな。
その次に求めたものの新しい光とはなんだったんだ?
価値の塊だったよ。
100レベルのポケモンは、成長をやめてしまう。
強さには限界があるという。
その限界を壊せる奴ってどんなに強いだろう。
破壊者は、自分の限界すら壊せてしまえるのかい?
奇妙さがファンタジーを生み出すなら、それらも価値として、
受け入れてもらえるかもな。
それでも難しいことは嫌いなんだ。
それをミュージックにしたかったのかい?
奇妙なんだ、複雑なんだ。
世界観、どこか幸せなんだ。
そして、ふわふわ浮いているんだよ。
なぜ僕らは途中で止まってしまうんだろうね。
限界って奴は誰が作ったんだろう。
ほら、僕たちは遺伝子の操り人形だろう?
自由意志なんて本当に存在するだろうか。
全てが決まっているとしたら。
でも、それも不思議な話だよね。
遺伝子はじゃあ生きているのかな。
そりゃーいつまでも遠い過去の記憶をしてんだ、
素敵な心くらい宿っているだろう?
奇妙だ、本当に奇妙だ、
まるで夢の中の世界のように、
全てが崩れ落ち、大胆不敵に行動していく。
理想は壊れるのかい?
それをイメージすることが恐ろしくなったら、あるいはね。
希望は卓越していくのかい?
ハーモニーが歌いだせるとすればね。
価値とは何だと思う?
素晴らしいって思えるものじゃないのかな。
心惹かれる何かだよ。
あるいは、自分が例えば生きる為に必要になるものだ。
自分がより望み通り生きる為に、必要となるもの。
じゃあその価値を手に入れたとして、
その次に君は何を目指すんだい?
何を目指したって好き勝手じゃないか。
でもしいていうとそうだな。
僕は快楽主義者だったんだよ。
いや、今でもそうかもしれない。
とりあえず、幸福になることばっかり求めてきた。
そして何度も何度もつまづいて、なんとかここにいる。
理屈はファイター、
曖昧が曖昧なのさ。
どれくらい曖昧なんだろう。
希望してくれるかい?
そのイメージの挑戦状の最中に、きっと僕もいるのかい?
発言権があるなら、それも素敵な話だと思えるだろう?
理解がフューチャーならば、望みだすことにすら未来を描ける気がするんだよ。
欲望が未来を切り開くってことか。
確かに欲望は確かなものだ。
ある意味変わらないものかもな。
それを大切にするべきなんだろう?
じゃあなんだろう。
僕は誰だろう。
ソレハ君が一番知っているんじゃないのか?
正しさとミュージック、美しさはファンタジーなのだろうか。
ハプニング、世界が導いてくれるなら。
君は誰かに導かれてここまで来たのかい?
不思議だよなあ。だとすれば、
僕は僕の意志を尊重したいよ。
リズムが興味なら、
意味不明な展開であり、
ストーリーが結ばせるなら、
あながち意味のないことだったって訳でもないって
関係性の頂戴はリズムになっていると思うかい?
その隠れ蓑に俺達が潜んでいるなら、
可能性はあると思う。
っていうか、それしかないと思う。
潜んだ狂気、そして愛。
じゃあどこに僕らはいるんだろうね。
確実性のラブリーが方向性を疑うなら、
謙虚なヒーローにだって明日を夢見る権利はあるはずさ。
だからそんなに自分を嫌うな。
止まらないのさ。
理屈じゃないのさ。
じゃあ、僕らは何を求めてきたんだろうね。
さあ、事実、最高峰へ辿り着こうとしてるんだ、
ファンキーなことは間違いないね。
僕は記憶の仕方が普通の人と全然違っててね。
その方式こそが俺の宝物なんだけど、
まあ、ドリーマーだよね。
飛び込む価値観を求めているのか?
それを理解力で灯すならな。
希望的観測すら存在すると?
奇妙なファンタジーで受け継がせるなら、
それも儚い命ではあるが、
素敵なファイナルアンサーすら
呟くことができるイメージすら、
退屈な世界を彩れると思ったんだよ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しいかい?
奇妙な最果てに、メッセージが閉じこもるなら。
俺は常に0にしていく。
そして残ったものを掴み取り、
また0にしていく。
俺は0にすることで成り上がった。
つまりそれは記憶のことなのだが、
ファンタジーがアースを求めるなら、
記憶的ファンタジーが記録的記憶をメッセージにするなら、
その片鱗さえ見せることにすら、
意味があると思えるんだよ。
理解がフューチャードリームになっているってことか?
その繋ぎ合わせが素敵なファンタジーを手に入れていると思えるんだよ。
それは悲鳴にも似ていた。
正しさとワンダーランド、
そんな救いようのない声を、
それでもドラマを、目指させるように。
空間的ビリーバーは頂戴していくのか?
やはり僕は人間だよ。
そのままでしかない。
伝えられるだろうか。
ファンキーなドリームは、この痛々しさを越えられるのか?
興味が逆立ちするなら、それもあり得ない話ではないね。
そこまで印象のある世界にしなければ、
この未来は彩れないのかい?
リズムが泣き出している。
メロディは怒っている。
その詩は、本当の心を表現していた。
僕はどこまでいっても僕でしかない。
メッセージが共鳴しているファンタジーが、
行動のロストチルドレンを曖昧にしているのかい?
サクセスのストーリーさ。
どうでもいいことに興味がないんじゃない、
この世界の大抵のことにあんまり興味がないんだ。
そうだ、その方向性だ。
俺は諦めているんだろうか。
どうでもよくないことまで忘れてないか。
でもじゃあ逆にどうでもよくないことってなんだよ。
明日の天気か?今晩の献立か?
理屈とリズムは走り出している。
それは素敵な話だね。未来を教えてくれるかい?
君たちは何を目指しているんだい?
覆す距離はワンダーランド。
チェケラーファンタジー、ファンタジスタは求めている。
ということは素敵なファンタジーになっているということか。
価値がそれらの海を揺蕩うならな。
希望とサクセスは未来を呼び込んでいるのか?
素敵なファイヤーと共に、受け継がせられるならな。
奇妙だよ。衣装を着ていたいよ。
リズムが白熱しているのかい?
理解する為にフューチャーが
見つけた虚無を嘆いているんだよ。
価値観が揺れても、どれだけ侮辱されても、
価値に灯らない嘘は退屈な世界にならねえ。
素敵なファンタジスタに、
永遠がトークされていく。
ドラフト、世界観でワンダーランドは
チョコチップを食べていく。
そのチョコチップってのはなんなんだい。
君甘いの苦手じゃなかったのかい。
だけど大切な言葉なんだよ。
チョコレートとチョコチップは大好きな響きなんだよ。
リズミカルなんだよ。嘘だろう。
ファンキーだろう。
たまたま、今ハマっている言葉ってだけだ。
いずれチョコレートもチョコチップもあんまり言わなくなるだろう。
炸裂するビジネスが怖いんだね。
ロックンロールがひたすらにそこにあるからね。
そこに希望という名前の憂鬱はあるのかい?
サクセスはワンダーランドになれるかどうかが
大事なことだと思うんだ。
覆す距離が意味がなかったら悲しいだろう?
共鳴することが違いなら、
ファンキーなドリームすら描いてくれるはずだよ。
奇妙さとファンタジーなんだね。
クォリティと共に受け継がせる気かい?
ラブリーな献立が嘘をつくなら。
素敵はファイヤーなのかい?
イメージを卓越するダンスなら、
極めること自体に意味があるという言い方もできるだろうよ。
リズミカルに歌いだすことがファンキーなら、
ドラマチックなワンダーランドすら
ケセラセラなフューチャーを
ドリーマーにしたのか?
歌いだすファンキーがそれのみを
疑うなら、嫌いになるユートピアも
そこら辺には自由に存在するだろうよ。
価値観とブルースが協力しているってことか。
それのみではララバイになれないって話だよ。
つまりイッツラブなのさ。
コミュニケーションに対する統率が疎かなのさ。
ダンスタイムがメッセージならば、
影響力がヒップホップならば、
その可能性を歪にさせたことすら
笑われるんだろうか。
奇妙なことにそれに関する情報がほとんどないんだよ。
グーグルで検索しても、ヒットしない。
正しい歴史、ファイティングするならば、
影響力がヒップホップになる祟り君にだって。
サバイバルする力はあるでしょう?
究極性がメロディを作っていくならな。
ファンタスティックアイランドに夢中になっている間に、
虚ろな展開を差し出す空間が存在していたみたいだ。
君は一体何を望んでいたんだろうね。
興味がサクセスするなら、
その希望に対する思いも炸裂だろう?
だって君が望んだものは0じゃないか。
0にすることによって、逆に残るものをかき集めてきたんだろう?
0にできないものこそが本当の価値なんじゃないか?
そんな情報を求めてる。違うか?
まあそれもある意味的を得てるかもしれないが。
じゃあなんで僕は0にしてしまうんだろう。
思考停止の乖離だろうか。
大切な言葉がエンジョイパーティならば、
ロマンロックにも歌いだせる興味が宿っているのだろうか。
存在が許せないのだろうか。
でも、存在と虚無は常に裏表だよ。
さっき存在していたものが消えて、
存在しなかったものが出現しているなんてよくある話だ。
リズムがチェケラーならば、
ファンタジスタと共に偽りを記録するように、
モノクロに輝く奇妙なオーロラを見ただろうか。
空中に浮いている庭園を見ただろうか。
ラップ現象なんだよ。
つまり、面白いから全て許せてしまうのさ。
覆す魅力すら馬鹿馬鹿しいなら、
その興味、サクセスのワンダーランドに消えていくなら、
俺は普通になどなりたくなかった。
微妙な卑怯な体感だ。
つまりサクセスなのか?
あっという間に消えていくのか?
失礼ながらも生きていくのか?
求めているものはもっとすぐそばにあった。
極度の緊張から、崩壊する何か。
メッセージが極めるなら、
素敵はファンタジーだろう?
それを愛おしいとすら思えるならな。
気がするだけじゃだめなんだよ。
覆す気力がないと、存在は極められないんだよ。
器が広がってないってことだろうか。
生み出す最高がイメージされてないってことじゃねーの。
リズムに最高が宿っていないということだろうか。
ならば、我々は今まで何をしてきたのだろう。
文明の目標はなんだろう?
何をすれば、君の悲しみは終わるんだい。
理屈はファイターなのだろうか。
それを奇妙に思うなら、
それらも事実かもしれないね。
歴史がフューチャーしているんだろうか。
サクセスが求めだしているなら、
そのファンキーにすら嘘をつけるのかもしれないね。
覆す気力が半端ないってことだろうか。
異常気象に対する日常性が、ドリーマーが、
描いた果てにある未来が、その先が見たいんだ。
リズムがチェケラーするならば、
仮にそれらを素敵と定義するならば、
僕の諦めかけた夢は今どの辺。
漂う未来は新しさを揺蕩うかい?
可能性を残していくリズムに、
身を寄せて。
素敵なファンタジー、クォリティすら維持していくラビリンスとなった。
覆せる魅力すら、ワンダーランドな昨日から。
影響力はヒップホップになりながら、
窮屈な世界すら愛せたのさ。
それは頂点に君臨できたってことだろうか。
全てが計算された上でのことだっていうのなら、
そんな最高にすら身を預けてみたくなる、
この感情は馬鹿馬鹿しいだろうか。
いや、奇妙さがあるからこそ未来を楽しみに思えるんだよ。
活動は活躍の狭間で揺れているはずだからね。
それのみでは価値がないというのだろうか。
微妙な反応を器として記録するなら、
希望としてファンタジスタになる
未来すら、馬鹿馬鹿しいと思える最高さすら、
謙虚さの炎に全て溶けていくのだろうか。
いつかあなたですら消えてなくなるなら、
価値というブルースは共鳴するいたちごっこの
狭間で、何を考えるだろうか。
微妙な奇妙なストーリーに身を預けるのだろうか。
サクセスが真っ先に意味不明を唱えるなら、
その価値観すら揺れ続けることは
果てしないかもな。
リズムは意味不明を退屈にするのかい?
その微妙さに、ぶっ壊れたらね。
価値がミュージックになるかどうかって
話し合いでもあると思うんだよ。
価値観がミュージックになるなら、
炸裂するブルースすらワンダーランドな
興味に、サクセスワンダーランドの
チョコレートにしてしまうなら、
覆すパーティ、ロマンロックが歌うなら、
ファンキードリーム、描いた果てしなさですら、
空間的ファンタジーですらも、
描いた夢とケセラセラですらも、
ことごとく、意味不明がワンダーランドになるなら、
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジスタすら、価値はなくなるんだろうか。
そこには一体どれほどの意味が隠されている?
興味があるならば、チェケラッチョファンタジーなのだろう?
それを面白いと思ったから苦難すら余裕で乗り越えられるんだ。
理屈じゃなかった。それはリアルじゃなかったから。
興味がなかったから。
それでもそれらを愛しいと思えたのは事実だよね。
それをサクセスと呼ぶかどうかは分からないけどね。
白熱するユートピアは、ダンスを求めてくれたのかい?
奇妙さはそれのみではファンタジーになれなかっただろうから、
馬鹿馬鹿しいリズムと共に喜ぶ歌うことを選んだのさ。
それくらい彼らの自由だろう?
ばかばかしさくらいないと、固い世界じゃ息が詰まってしまうんだ。
カントリードリームであり、
栄光がサクセスへのワンダーランドを連れてきているなら。
ファンキーなドリームは栄光を導くのかい?
それに対する答えは今はご贔屓させてもらっていいかな?
果てしない虚無と共に、虚ろになる君の天才がかげる前に。
それでもドリーマーを目指し続けるんだね。
極めて高いレベルで会話をしているといえる。
価値観がそれのみでは計り知れない距離を
愛おしいと思えるとでも思ったか?
夢がなんでも叶うとしたら、
僕の謙虚さすらも、栄光すらも、
ワンダーランドなスタイリッシュになっていくとしたら。
それでも価値は揺れ続けるよね。
それを失ったら意味がないんだ。
価値が揺れるなら、太鼓判を押せるんだろうか。
爆笑なアンチテーゼを結ばせるんだろうか。
ファンタスティックはドリームと共に、
栄光を差し出してくれる興味にすらなってくれるのだろうか。
サクセスパーティが永遠ならば、潰される未来すら魅力として
受け継がせることが可能だろうか。
ファンキーなドリームがそれを願うならね。
価値という意味合いで伝えるなら、
ファンキーなドリーマーと、
描いた失礼は謙虚になっていくのかい?
歴史的ドリームがそれを栄光として受け入れるなら、
関係ないフューチャーとして永劫を伝えてくれるだろう。
ファンキーは影響力を意味合いで行動にさせてくれたのか?
リズムがそれを求めたんだから、仕方ないだろう?
究極は確かにロマンスだ、でも、その代わりに失うものもある。
数あれば、素敵なファンタジーを越えられると言いたいのか?
サクセスドリーマーならば、影響力すらヒップホップになれる。
その偽りを興味にさせるかどうかは、
君の胸に宿るコンピュータが試す実験段階にあるといえると思う。
活動周期から言えばあり得ない話ではないが、
とっくに面白い世界をミュージックにファイヤーを
歴史的で、ドリーマーを描くならば、
栄光すらワンダーランドにチェケラーしているのだろうか。
大切な言葉が蝕まれているのだろうか。
奇妙なファンタジーを求めだせるなら、
空間的ビリーバーすら超越していくのだろうか。
興味があるからこそワンダーランドは、
伝え始めたんじゃないのか?
サクセスするストーリーすら、
ワンダーランドすら、チョコレートすら、
ミュージックの鼓動であり、
意味が笑うなら、
歴史的ドリーマーが、描いているファンタジスタ、
影響をヒップホップにさせるなら、
天才的ドリームで描いて行けるんだ。
刻む世界観に、理想が挑戦的になるなら、
空虚なリズム、太鼓判を押していくのさ。
理想はチェンジするマイソウルだ。
覆す魅力的が攻撃的なら、
ワンダーランドすらマジックミュージックになってしまいそうだよ。
屈辱的かい?恋愛的かい?
メロディがサクセスするなら、そこら辺にも
希望が宿るんだろうが、
そこら辺は急ピッチだし、
意味不明な領域もある程度大きいように感じるよ。
果てしない距離が向こう側を探しているんだろうか。
空虚な究極が、
メッセージと共に受け継がれるなら、
捨てきれない可能性ですら、
ワンダーランドですら、
解き明かすジェットコースターアイランドに、
メッセージがトークライブになるなら、
素敵なファンタジスタを生み出す価値にすら、
なってくれる。ファンキーなドリームに代表されるなら、
嫌いになる栄光すら、ワンダーフューチャーすらも、
価値として追いかけるリミッターになれるのだろうか。
それらは果たして屈辱的だろうか。
その運命に対して、僕はどこまで抗えるだろうか。
リズムがチェケラーハートで、
結びつく世界観ならば、
権力だけ預けて飼いならすような興味の無さだ。
大好きな展開が差し出す興味が仮に明らかなら、
素敵さすらファンタジーに変えていけるはずだ。
奇妙なミステリーは興味すら残すはずだから。
劣悪だろうと、サクセスだろうと、
ロックンロールだろうと、
最高峰はイメージを共鳴させていくのさ。
それをラビリンスとして受け入れることも歯に着せたままね。
リズムが宇宙を作りだすのさ。
宇宙だって呼吸しているんだぜ。
宇宙の膨張は吸っている状態で、
宇宙の収縮は吐いている状態だ。
そんな悲しい一時期の為に、
リアルフューチャー、ドリーマーを大切にしたままに、
ユートピアを差し出せるだろうか。
その虚無との運命とは。
言葉が永遠を目指すのだろうか。
その空間に、リアルって奴があるのか?
未来が差し出せるならば、その空間にすら理想をあてがえるかもな。
簡単なことに興味がないのか?
リズムがアップアップしてるのがあんまり許せないだけだ。
サクセスする為のフューチャーが設けることをやめたのだろうか。
ファンタジスタな恋愛トークが、爆笑の渦へと帰り始めているのだろうか。
サクセスワンダーランドならば、
チェケラーファイティングすら理想にさせてしまえそうなもんだが?
必要性の虚無との戦いだろうか。
自信喪失の為の希望だろうか。
あるいは、必要性の理解度を高めるための、
教育方針だろうか。
それなりの夢は描いているのだろうか。
事実関係を確認する前に、
僕の夢と希望を確認。
果てしなき去る者は永久に理解を永久に
とがらせて輝かせる。
ひざまづいたその先に、運命のような
奇妙なフューチャーすら明日を未来を照らし出してくれるのだろうか。
その微妙な明日に歴史がファンタジスタになるならば、
その意味すらフューチャークインになれるかもね。
その関係なさこそが大好きな展開を生み出すなら、
ありっちゃあありなのかもしれないね。
だけど僕は別の方向を向くよ。
リズミカルが歌いだすダンサーをハイクォリティにさせているなら、
空虚なメロディにすら明日は見えるはずさ。
リピートするメッセージと、虚ろな天才的に、
ドリーマーなチャンスは浴びせるだろうか。
理解できる限りのことを理解したところで、
意味不明は更に高まっていくだろう。
その最果てを目指すことに対する
明け方からの素敵さは、
フューチャリングな可能性を持っていく理解者にすら、
感覚にすらエイトビートをあてがうのだろうか。
果てしなきが未来になっているってことか?
リズムがそれのみでケセラセラになるなら、
宇宙という名前のユートピアすら削られている可能性があるってことさ。
ラブリーなチェンジなんだな。
そこまでユートピアを望み続ける証があるとは思わなくてね。
希望という名前のファンタジスタなんだろうか。
それらをサクセスは求めたのか?
リズムでチェケラーファンタジーになっているならば、
歴史的ファンタジー、クォリティが異次元突破するまで、
リズミカルなファンタジスタに永遠が宿るなら、
ファンキーマスターな僕の心ですら、
永遠を求めて暴れ続けるのだろうか。
その興味、いわゆるサクセスの成れの果てになってまで、
影響力をヒップホップにさせたのは間違いだろうか。
究極的ドリームがサクセスを頂戴していったのだろうか。
大切がことごとく、笑っていく。
そのハーモニー、貫けるだろうか。
サクセスが追いかけるならな。
その希望の方向性すら、先行きが未確定なんだよ。
興味がないから炸裂なんだ。
希望的方向性なんだよ。
それらのリズムが当たり散らすなら、
その快挙にリアルもないかもな。
ひたすらにそれを追いかけるなら、
その希望、わだかまり、必要性の未来も正しくなるだろ?
奇妙さは増すばかりだ。その方向にリズムはあるのか?
少なくとも覆す気力は、ワンダーランドであるから、
興味、炸裂するダンサー、生み出した価値観は、
エイトビートを炸裂しだしている。
ファンキーなロストプラネット、活動する展開は。
リズムがチェケラーハニーしているなら、
慟哭、未来をつぶさに影響させるまで、
器用貧乏の肩書を背負ってまで、
理想は追求されていくんだ。
ハーモニーは歌いだしていくんだ。
歴史とフューチャー、ドリーマーをチャンスに変えていく。
ロマンチストはファンタジーを、
その意味を続かせるように。
希望はワンダーランドを乱したか?
最高ならばその瞬間すらも栄光の時に重ね合わせられるのかもな。
その理由が挑戦する理由を阻んでいるなら、
希望とサクセスの次の時代すら、
方向性の希望としてファンタジーを追いかけられる気がするんだよ。
奇妙でしょ。それでも素敵さは終わらないんだぜ。
覆す協力関係が未来に宿るなら、
生きがいすらファイティング、
その価値に灯されてみたいでしょう?
覆すことがラッキーならば、
フォーエバーな価値観に、
ブルースでチェンジさせられたかったでしょう?
運命は希望的にワンダーランドを見つけていたんだね。
ロックンロールなファイターがエンドレスならば、
希望的観測が嘘をつくなら。
例えばそれのみを嘘に変えてしまうなら。
理解とファンタジー、それでもクォリティを求めるのかい?
リビングデッドが価値観になっていくなら、
理想と究極性、ドリーマーはチャンスを運ぶのかい?
極めて問題的なラブリーをはらんでいると思う。
それがサクセスを求めるなら、
希望としてのファンタスティック、
運命としての希望ですらも。
ファイティングチョコレートなダンスすらも、
栄光を探しているのかもね。
ということは、炸裂するニューダンスは、
ワンダーランドで産み落とされているということか。
リズミカルな歌いだし方から、
エイトビートをのけぞらせるには、
素晴らしい展開を望まなきゃいけないんだよ。
それが覆ることはねえ。
東からどんな太陽がのぼろうとな。
理解がコンタクトを探しているんだな。
それはそれで悲しいことだとも思えるんだが、
空気読む理想とチェンジする未来に対して、
理解をフューチャーラインにしていった嘘は炸裂するのか?
希望とミュージックが移ろいゆくなら、
その天才性すら偽りを見せてくれるだろう?
ファンキーなドリーマーであれば、
素敵なファンタスティックロードに、
埋め合わせしてそれでも天才的に。
魅力が追いかけてきてくれるなら、
その希望にワンダーランドが掴まされるなら、
希望というフューチャーで、
ドリーマーを描いたばかばかしさと共に、
究極的な未来を歩くのか?
それに素敵さが宿る限りな。
素敵さはファンタジーなんだよ。
つまり、それらを満たせるかどうかに回答方法はある。
刻み続けることが仮に愚弄なことならば、
ファンタスティックドライブ、
君の言葉の中の魂は木霊して、
炸裂するだろう。
でも勇気は一途さを拒むよね?
ストーリーが結ばれるなら、
その限りでもないとは思うがね。
必要性とその理由だよ。
埋め合わせする天才にすら、
歯がゆい思いをさせるのかい?
それを認めさせるリアルが今回も
引っ張り込んでいるならな。
どうしてもつまらないのだ。
ぶっ壊れ、ぶん投げて、ラブリーホールにエンジョイさせるのを、
僕は、僕たちは求めてきた。
それなのに、それなのに。
大好きな展開が下すんだ。
奇妙なキーワードが戦うんだ。
理想とチェケラー、そのどっちでもない、
クォリティと異次元、メッセージが浮き沈むを
激しくさせれば、また会えるのかな。
希望とファンタスティックがエンジョイしているかってな
話かい?リズムはこの光景を何と言って祝うんだい?
本当の楽しさって奴はその表現の中にあるとでも言いたげだな。
その素敵さこそがエンガチョライフを助太刀しているのさ。
ラブリーコールすら見たことのない君たちには、
到底分からないかもしれないけどね。
ラブリーハウスと共にエンジョイさせてきたのか?
ラブリーホールにパーティにロックンロールがひたすらならね。
それを表現できるのが君しかいなかったんだ。
見事に仕方ないだろう?
興味がファンタスティックならば、
希望とミュージック、虚ろな天才と共に受け継がせたのか?
ラブリーホールでエンジョイパーティになっているなら、
ロストチルドレン、まっすぐ歩くことすら馬鹿馬鹿しいかい?
俺にとってそれらはミュージックなのさ。
それを分からない奴らが白昼夢を見るんだ。
ラッキーフェスティバルを見ておきたいならば、
究極的リズムを炸裂させたいならば、
希望というミュージックで合わせ技一本だ。
そこに退屈もごまかしも必要ないだろう?
奇妙さがそこらじゅうでメッセージを送るならね。
大好きな展開をメッセージにしてしまったのかい?
九十九里浜、素敵なファンキーならば、
路頭に迷う僕にすら宇宙を差し出せただろう?
奇妙さがファンタジーならば、
叫びたい言葉が分からないなら、
刻む、ファンタスティックなドライブと、
目指すナニカとのせめぎ合い。
本当の言葉はまだ炸裂しているんだ。
ファンキーなロストで全てを拒むなら、
素敵さがファンタジーを越えて笑い出すなら、
理解とフューチャー、ドリーマーがチャンスを預けてくれるよ。
それこそバカらしくて破裂しそうだろう?
興味がミュージックになるなら、
その歌いだす興味にすらハンブルガーに
させられてしまいそうなのさ。
ラブリーコールがエンジョイしているのかい?
それを楽しめるなら何よりなんだがな。
必要な行動はいつも焦って忘却の彼方へ吹き飛んでしまう。
リアルがそれらを共鳴させるなら、
いたちごっこのファイヤーにでもなれた気がするんだがな。