素晴らしい展開に、ミステリーは共鳴するだけだった。
ファイティングチェケラッチョで、
生み出した価値観すら、
ファイティングすら、価値観すら、
ファイティングになってしまったんだね。
価値という名前の究極で、
リズムが壊れてしまうなら。
理想をチェケラッチョさせてあげよう。
どうせいつか終わる旅を、
僕と一緒に進もう。
リズミカル、行動のロックンロールティーチャーだ。
メッセージ、飛ばすぜ。
価値観がワンダーランドだぜ。
究極的メッセージ、
偽りが展開的になっていくなら、
究極的ドリーマー、
栄光をワンダーランドに変えてくれた。
ロマンチックなファンタジーが歌ってくれたから。
究極性はロマンチックを笑ってくれていたから。
リズムがチェケラー、ファイティングしている。
興味がチェケラー、生み出した価値観に、
メロディックライン、
伝わる歴史、ドリーマーと栄光。
伝えるファンタジスタ、
大切な言葉と、エンジョイパーティを、
生み出したケセラセラすら、
ファンタジスタすら永劫の時を泳いでいる。
究極的リズムは踊り続けている。
ファイナルアンサー。
孤独に毒々しいリズム、
究極的リズムがオーケーかい?
ファイナルアンサー、
轟く世界観に、魅力すら啓もう活動だぜ。
大切な言葉すらワンダーランドなら、
チョコチップにしていくファンタジスタに、
未来に、影響力に、
ぶっ飛ばして保つぜ破壊神。
理解、ドリーマーがチャンスなのであれば、
覆すチャンスすら与えてくれねーのか?
正しさとミュージック、ファイターズハイだ。
どんな時も、恥ずかしくてもレベルアップだ。
活動世界への宣戦布告だ。
素敵なファンタジーならば、
祟り君。
誰も口に出せない恐ろしい話を語りにいこう。
期待通りの顔をしてみせろよ人間。
理屈は通っているな。ベイベーソウルだよ。
意味不明ならばそれすらところてんなのさ。
空中魔観光殺法なのさ。
ファンタジスタが永遠を弔い出すのさ。
理解できないかい?
それのみがフューチャークライアントかい?
リズミカルな行動がブギウギならば、
影響力はヒップホップになったまんまで、
覆すラッキー、フェスティバルで超越はミラクルになっていく。
ロストプレゼンツ、つまりロストんジェネレーション。
形を無いことをひたすら嘆いた。
極め続ける理想にもあまりにも素敵なファンタジーにも、
嘘が無い。伯爵じゃない。
未来、虚無が襲い掛かる。
僕の半分冬眠ごっこ。
綴られる寝ても起きても夢を見る人。
ラップするならヒートアップローストビーフと
ロストジェネレーション。つまり滑空だ。
影響力がヒップホップなら、
叶える夢に限りがあるならば、
理解しよう。フューチャーエアライン。
伝わる理解すら、ファンキーに差し出してみせよう。
傷は深く、リアルなフューチャー、
ドリーマーとチャンスを預け合う。
ビリーバーはそのチャンスを、希望でパニックにさせた。
未来を着実な炎に変えてしまうなら、
リズミカル、沈みだす健康的な体操。
理想とチェケラーパーティ、
失うことすら馬鹿馬鹿しいのさ。
天才的なスクリューリズムで、
荒唐無稽が暴れ出すなら、
天才的ドリーム、
描いた地上の星にすら、
覆ることすらできない興味にするなら、
僕はもうおかしいのさ。
変になっちゃう。
ラブリーメッセージ、
調子よくメロディに、
理屈はファンタジスタと共に、
食い入るように見つめるその瞳からは、
不思議なほどの量の涙が。
素敵ならばファイナルアンサー、
呟けるならばそれは最高の記憶なんだ。
ストーリーがそれらを目指すならば、
ことごとく未来が調節されている。
ファンキーなミュージック、
ちぎられる天才のドリームは、
映像の興味で示した。
ラブリーコールは歌い上げるように。
素敵なファイナルアンサーは、呟いていくのさ。
レベルアップなテンションと共に、
カテゴライズされていくのさ。
ラブリーハートだろう?
サクセスの、ワンダーランドだろう?
覆す魅力すら、ワンダーランド、
チョコチップにさせていく。
本当に使えねえなと思ってくれても構わない。
ぶっちゃけどう思われようが俺は俺だ。
希望ででくの坊で、
スタイルが影響力、
ぶっ飛んだ価値観すらミュージックならば、
希望とインファクション、
その言葉と未来を調節、
果てしなく未来を挑戦状に。
ロックンロールパーティにすら教えてやった。
イメージは着実に走っていた。
ロマンスがワンダーランドだったんだ。
食い入るように見つめる瞳、
サクセスなパーティをロマンチックにするなら、
協力する代わりに意味をおくれよ。
ダンスするフィーバーならば、
形すら失ったことを笑ってよ。
今すぐに、僕を伝えてよ。
ファンキーなロストプラネットだよ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しいんだよ。
興味がないんだよ。炸裂するマイダンサーなんだよ。
クォリティが異常ならば、
素敵ならば、ファンキーならば。
躍らせてくれよ。せめて、伝えさせてくれよ。
ファンキーなんだよ。どこまでも、いつまでも。
捨てられない興味すら、卓越してワンダーランドなら、
サクセスする為の希望が、そのフューチャーが、
永遠が、それらを取り戻すように。
それは究極的に。
ロマンスを歌っていくように。
理想はチェンジングされていくから、
そのハーモニー、
リズミカルなファンタジスタ、
描いたのは誰だ。僕は誰だ。
窮屈な世界にしてくれてありがとう神様!
さあ、好きなだけ利用しよう。
理屈がファンタジスタなのさ。
窮屈なリアルが、止まらないんだ。
理解するためのフューチャー?
ドリーマーならば描けるものもあるだろう?
素敵ならば、ファンタジスタと永遠すら踊りだすだろう?
共鳴するファンタジスタ、
永遠が踊り続けているだろう?
ファンキーなドリームならば、
栄光を伝えたい。
未来に対して、興味を広げたい。
大好きな展開なんだよ。
本当にね。
ラブリーチェンジが舞い戻るならば、
素敵なファイナルアンサーにしてあげよう。
爆笑陳列宇宙ならば、
ロックンロールと共にいたちごっこになりましたか??
究極的メッセージ、ロックンロールフェスティバリーだった。
全体的にファンタスティック?
運命がここで暴れ出しそうだぜ!!
クォリティ異次元突破する、
ロッケンローフェスティバル、
影響力ぶっ飛んだ価値観、
影響力ぶっ飛んだ価値観、
メッセージがトーク影響力なのさ。
気づくと同じ内容の文を二つ。
でもサクセスのワンダーランド、
チョコレートソングライティングならば、
価値観ブルースになった果てしなさ。
クォリティを叩きつけるぜ。
ファンキーなマシンガンならば
統率力失うから悲しいぜ!!
なんてサッドな物語なんだ!!
ロックンロールスターよりはしたないぜ!
窮屈が未来を洗いなおしているぜ!!
ファンキーなロッケンローですか?
それを希望とするなら、
覆す魅力すらワンダーランドな
記憶に落とし込みたいもんだ。
ラブリーなスマイルで歌うなら、
希望的ファンタスティック?
さあ、好きなだけ恋愛しなさい。
メッセージをトークする僕を馬鹿馬鹿しいと笑いなさい。
果てしない究極、ドリーマーと影響力、
ぶっ飛んだ価値観とかいつまんだ積極性。
リズムでチェケラーファイターにさせてくれるなら、
大体が曖昧、メッセージが轟く世界観へと、
見出す僕のチェケラッチョ、
ファイティングならば価値観すら目指したいだろう?
共鳴したいならその人次第だろう?
共鳴する歌声がファンクならば、
至ってリアリティ。
退屈なんだ、つまりそのリアル感。
ライブハウスでエンジョイしているような倦怠感。
ロックンロールなファンタジスタが
永遠を虚無を、ミラクルを見てくれるなら。
ロックンロールシアターです。
マジでまりもっこり体操です。
イメージを超越しています。
まさに想像を越えています。
大切な言葉がエンジョイパーティならば、
ふくれっ面に動き出すレディ。
突き飛ばす影響力の、
ヒップホップな悲しい可能性ですらも、
エイトビート、チェケラッチョなチョコランタンすらも、
永劫の時すらも、
傷つき溢れ出す展開を、
まりもな世界観を。
究極的ファイヤー。
理想がチェンジしようが、
未来が暴れ出そうが、
関係ないって一くくりにして、
ファンタジーを伝えた俺の未来はいかにって、
素敵な声高らかに歌ったところで、
意味はないとケセラセラに動いたって、
意味なんかないんだって。
歴史的ドリームがそれを目指したんだよって。
リズムがケセラセラならば、
歌う僕ですら馬鹿馬鹿しいの。
共鳴するワンダフォーが、
エネルギーになる前に、
ことごとく素敵に。
リズムはチェケラッチョなファンタスティック。
恋愛トークを続ける馬鹿馬鹿しさだよ。
うなぎのぼりな最高が歌いだすなら。
ファンキーなドリームと共に、
受け継がれる共鳴があるとすれば。
栄冠をサクセスにした、
運命は踊り続けた。
最高潮のサクセスと、希望とファンタスティックな
考え方は、共鳴するイメージは。
ダンストゥーダンスなフィーバーは、
それらが生み出す価値観は、
未来への慟哭は。
飛び出す栄光のユーロビートとは。
炸裂するワンダーランドのチップスとは。
炸裂するワンダーランド、チョコレートとは。
エイトビート、ミュージック、歴史、
ファンタジスタが永遠を喜ぶ。
かいつまむ僕たちの恋愛トーク。
ひたすらに考え方を、ファンランダエタな価値観を。
影響力、もっともっとが溢れ出す世界へと、
エイトビートは乗り上げていく。
興味が炸裂するワンダフォーアイランド。
飛び立つ栄光すら自分のものにしてしまえるなら、
うだつの上がらない最高に。
イメージは挑戦的に、
ラブリーはそれらに向かうように。
ファンタジスタと恋愛トーク。
馬鹿馬鹿しい共鳴すらも、
ファンタジスタすらも、
影響力すらも、
ぶっ飛んだ。リズムに傾向が、
意味をする抵抗が、
影響が、
ぶっ飛ぶ前に。素敵なファイナルアンサー。
怒涛のリズムに負けてしまうなら、
屈辱、それらが生み出す次のパーティ。
失うことすら馬鹿馬鹿しいという。
奇妙なファンタジーならば、
エイトビートを差し出したいという。
リズムでチェケラーするファイターならば、
うなぎのぼりに素敵になっていくという。
理想とチェケラー、イメージがチャンス的に、
ラブリーな方向性に、偽りが天才的に。
侮辱的ラブリーに、方向性すら歪になってしまうなら。
理解できるか?歌いだせるか?
リアルは本当を馬鹿にしながらまだまだ解き放つ
その世界観をブルースとして諦めていく。
正しさとワンダーランド、宇宙がメッセージを壊しだす。
確実な世界観をぶっ壊したままで、
永久は影響を感じさせない。
魅力がワンダーランドになる未来とは、
嫌いになれたはずの空虚なイメージとは。
理屈の通らないメッセージの読む次の瞬間とは。
希望が最果てからぶっ壊しに来る。
歌いだすファンタジーは感覚をぶっ潰すように、
ファイナルリアリティでふさぎ込む。
リズムが歌いだすハーモニーに対してまだまだ
うろつくことを是が非でも伝えていくなら、
ことごとく僕の天気予報は、うなりをあげて
ラピュタのあるあの雲へと突っ込む。
必要性のリピートか、
運命性の誓いと違いなのか。
クォリティとして異次元、
栄華みたいに全てがうまくいかない。
それでも僕らの距離は。
それでも僕らの雨は。
必要としたミラクルは。
ケセラセラなワンダーランド、
食い入るように見つめる東のエデンとは。
奇妙なファンタジスタ、
それらが描く強烈な未来すらも、
ファイティングする栄光、ワンダーランドすらも。
映像を振り返り、なおも素敵さをチェンジさせる。
ミラクルが共鳴するなら、
それもいいとイメージをチェケラッチョにしたままで、
クォリティは異次元を目指し続けるから。
それでも努力は葉っぱを失うことを喜ぶように。
活動するそれが一番って感情は、
理想を追求するように。
未来を笑い飛ばすように、
空虚な空間、失礼に感じるほどに。
理想とチェンジング、未来を諦めきれないのか?
イメージをチャンスにしたならば、
クォリティとしての異次元すら、
そのファイティングすらも、
栄光に変えて、ミラクルが挑戦的になっていく。
理想像、天才的ミラクルに。
本当の意味で助けるってのは自分で自分自身を助けられるように補助してあげる
ってことだろ。人は自分で勝手に助かるだけだ。
半端ないリアルに統率力、
イメージが挑戦的ラブリーになってくれるなら。
ファンキーなドリーマー、
影響力がヒップホップならば、
その可能性、いたちごっこをファイヤーにするまでに。
栄光としての受け入れ方、
必要性のドリームか?
リズムがチェケラーならば、
そのファイターに対して水を差すならば、
クォリティ、異次元に取っ払うならば、
常套句のように意味の分からない言葉を呟くならば、
思想と今回は、あれはカモメか?翼の上か?
そのまま長い堤防か?
サクセスワンダーランド。
夢中になっている俺達は笑い出す。
展開力がその違いを生み出していく。
ファイナルファンタジー、
クォリティが異次元、突破するファイター。
上がどうのこうのうざってーんだよ。
中間管理職?
マジでうっぜー歴史のファンタジー。
誰かの奴隷になって金を得るらしい。
自分で考えることもしてみろよ。
活動する天才は、もっと素晴らしい世界を描いている。
必要性がドリーマーならば、
栄光を描く必要性すら、爆笑するはずだぜ?
奇妙なファイターに、ロックンローラーがイメージしてくれるなら、
窮屈な世界観すら恋愛トークするはずだぜ?
もうだめだと思うことは今まで何度でもあった。
理屈とファイター、うなぎのぼりなんだ。
素敵なファイター、失えるから。
活動する世界観、
未来と共鳴する宇宙を見てしまったから。
空中に浮いている歴史とは、
サバイバル、価値観、ミュージックファイヤーだ。
ダンスフォーエバーならば、
活動する展開、それらが見つけるファイター。
ロストプラネット、活動の世界観。
リズム、沈むぜチェケラー。
腐った権力、
ミステリーが挑戦していくなら、
ラブリーハウスなら、
展開していくラブリーすら、
チェンジしていく未来に
共鳴していくなら、
ファンタジーが虚ろに、ディフェンストークにしていく。
ロストプラネットであり、
運命が笑い出すなら、
異常気象、素敵なファンキーなロストプラネットだ。
虚ろに天才的になるなら、
九十九里浜、素敵なファンキー、
ロストチルドレン、
影響力がぶっ飛ぶなら、
いっそのこと伝えてあげよう。
未来が太鼓判を抑えている。
奇妙なファンタジスタとすら、
影響させる、未来とぶっ飛ばす価値観。
エンドレスエイトを見つけていくファンタジスタだ。
リズムがチェケラーファンタジーならば、
影響、栄光、サクセスのワンダーランドを、
大切にしたミラクルすらも、
超越感すらも。
エイトビート、結びつく最高潮すらも、
素敵なファイナルアンサーだ。
ことごとく、失礼なくらいに。
ランデブーしていけるくらいに。
ダンスフォーエバーしていけるくらいに。
ダンスタイムは求めていくのさ。
ラブリーハートをラブにしていくのさ。
歴史的に究極ならば、
もっともっとなファンタジーが
クォリティをエネルギーにしていくなら、
歴史と究極的リズムだ。
サクセスワンダーランドだ。
チョコレートソングを、
歌い始める赤面の影響力、
ぶっ飛んだ価値観ですら、
影響力すら、感覚ですら、
ぶっ飛んだ価値観にしてあげるよ。
空中にほわほわタイムならば、
歴史的究極的に、空き捨てのほわり夢さ。
大切な言葉、エンジョイパーティなのさ。
ロックンロールファンタジスタ。
影響力がぶっ飛ぶなら、
その力技と、
失うパーティに意味不明がトークするなら、
その究極に対して僕は食べてしまいたいね。
覆すルーキーと共にハッピーをどんどん食べてやりたいね。
理屈はないけど興味はあった。
スタジアム、それはその世界観。
理想がチェンジする未来に、
共鳴するダンスすらフォーエバーになってしまいそうだから。
空中庭園、素晴らしき影響力。
ヒップホップなコミュニティだ。
最高なサイコキネシスならば、
ワンダーランドな素晴らしさ、
影響力がぶっ飛んでいる。
脈拍はいくつだ??
半端ないリアル、謙虚なハートで、
びびっている俺達に対しても、
リズムは空間にさせてくれた。
ハーモニーは疑う。その違和感に、
ダンスし続ける運命を感じてしまったのだ。
ロックンロールパーティで、
生み出す価値が笑い出しそうなら。
空虚な伝説、いたちごっこをファイヤーにさせてしまえるなら。
空間とそれらのビリーバー。
挑戦的にラブリーに、
影響力がヒップホップになっていくなら、
理想とチェンジするわずかな楽しみ。
空間、ラブ、フューチャー、
新しさとメロディを突っ走らせなさい。
僕は大好きなことがあるんだよ。
リズムがケセラセラならば、
パーティ、ロマンロックを歌いだせるか。
ロックンロールなファイター、
うなぎのぼりな挑戦状が差し出すものとは。
極め続けるパーティ。
理屈はないがそのファイター、
流浪に生きている気がする。
歴史的究極に全てを閉じ込めた。
記憶はワンダーランドだった。
覆す魅力すらなかった。
価値観との戦い。
意味不明な天才小説家。
リアルにそれらを灯すなら、
希望的解釈へと全てを移ろわせるなら。
理屈はファイターーー?
理想とチェンジする馬鹿馬鹿しさ。
すまないが僕は君を必要としていないんだ。
覆すパーティ?
ポップなロックンロールさ。
それらが必要とした未来だ。
共鳴するワンダフォーダイブをしたいかい?
リズムはもっと究極だぜ。
ファンキーなロストチルドレンになりたいか?
チェケラーなファンタジスタ、
不安定な状態が安定して続いている。
ぶっ壊れた。果てなどなかった。
それでも私がなお望み続けるものとは。
リズム、沈む、やがて気づく。
素敵なファンタジスタに対して、
リアルなヒップホップとこめかみ最強状態ならば、
影響力、栄冠を掴み取るように。
空虚な伝説、一言のえさにつられた馬鹿どもか。
ラブリーハウスな影響力か?
ぶっ飛んだ価値観、歴史的究極?
ファンタジスタな恋愛トーク、
馬鹿馬鹿しいけれども必要としたんだ。
リズムが理屈をハッピーにさせた。
運命と笑い続ける天才か?
リズミカルな歌いだしから、ファンキーなロードだ。
運命がチェケラッチョだ。
裏の道を知らない馬鹿どもが、
貫くついとつ影響力。
ぶっ飛んだ価値観すら、
影響力すら迸る。
空間的ラブリーに超越させるなら、
いっそのことファンキーになってやろう。
覆す魅力が、歴史的影響力。
生まれた意味なんて分からねーけどよ。
必要としているファイター、
失うことすら馬鹿馬鹿しいかい?
リズムでチェケラーファンタジーで
失った形はエネルギーかい?
メッセージが強烈に協力に、
世界観なファイターを望みだすように。
空虚な理想を頂戴するように。
運命はただただ感覚で、
リズムはチェケラッチョで、
ゼロに戻すための旅路だ。
素敵なファンキー、ロストプラネットだ。
活躍と暗躍、素敵なファンタジーを灯しだすなら、
歴史、それらすら空虚にさせる、
馬鹿馬鹿しいリズムとアロマセラピー。
大切な言葉とエンジョイパーティがロックンロールならば、
ひたすらなパーティとロケットランチャーです。
生み出せる価値観すら、
極限状態、リズムが炸裂するワンダーランドから、
極め続けるファイターが
ロックンロールなリズムを作っていく。
それはロストチルドレン。
それは運命の笑い方。
イメージを強力にサクセスしながら、
運命は卓越するダンスにさせていく。
ハーモニーが疑うなら、
お前のその大爆笑な説教は
イメージでチェケラーさせながら、
ファンタジーとして移ろいゆく
世界中に最高にさせてみせよう。
刻む痛々しさと、
ストロベリー。究極的リズムに値千金ならば、
素敵なファンタジスタ。
影響力がぶっ飛んでいく。
リズムがチェケラーファンタジーならば、
影響力とヒップホップにすら!!
永劫の土地勘にすら、
影響力をぶっ飛ばして嫌いになってトゥデイ。
カモンベイベーな炸裂ビジネスがオーケーするならば、
作戦とサクセスする極め続けるパーティ。
ロマンロックがファンタジーを乗り上げるなら、
究極的ファンタジー、
それらを意味する抵抗に、
サクセスワンダーランドをプレゼンツさせなさい。
リズムがチェケラーになっているならば、
ファンタスティック、ドリーム、夢を叶えなさい。
リズムが究極になるなら、
アタッチメント、
素敵なファイヤーすら乗り上げる。
奇妙なファンタジーが連れてくる。
ビリーバーなチャンスを追いかけるならば、
その希望だ。つまり、ファンタスティックなんだ。
歴史が究極的にドリームを食べてしまう。
覆ってしまうんだ。
究極的リズムで、荒唐無稽になる
僕を爆竹でぶっ飛ばすなら、
かいつまんでいける。
大切な言葉と、エンジョイパーティ、
もう少しガキでいさせてくれよ。
ファンキードリームさ。
描いたパーティ、
ロマンがロックンロールにひたすらになっていく。
ループするルービックキューブと共に、
見えない明日に諮りだしたいから。
強力な世界観、影響力をぶっ飛ばしてやる。
価値観とブルースは、その共鳴、
いたちごっこに騒ぎ立てるまで。
空間に炸裂させる意味を問いかけるように。
希望とはくしょん大魔王、
メッセージが伝えてくれるファンキーに、
ロストチルドレンは慌てだして魅力を償う。
理解するためのフューチャーは、
アイランドを見つめるように、認めるように。
空虚な伝説に、未来が天才的になる為に。
クォリティは異常になっていく。
理想とチェケラー、イメージが挑戦的ラブリーに、
崩壊させて、それでもドリーマーをチャンスにさせていった。
恥ずかしげにしていくドリーマーすら、
リズムがチェケラーになっているんですか?
興味はないけど炸裂です。
ワンダーランドなチョコレートです。
運命を感じてしまいました。
それでも正義だと望みました。
空間的ラブリーに、調節しているラブリーが、
ハートが、ワンダーランドなチョコレートにさせていく。
ロマンチストとファンタジー、
クォリティが異次元に突破するファイターに、
ロストチルドレンならば、
影響力、ヒップホップになるまで。
謙虚な理想と悲しさか。
ドリーマーとチャンスと勢いか。
寂しくはないが悲しいのか。
ドリーマーなチャンスをはびこらせるまで。
素敵なファンタジスタは恋愛トーク、
馬鹿馬鹿しい影響力があるんだね。
空中に庭園が存在するという。
そうか、それは素晴らしいな!!
そこまで気力がある訳じゃないんだよ。
じゃあ一体何があるんだ?
謙虚なヒーローと共に歩いてみたいだろう?
えっまじでそんなこと言っちゃってんの?
そんなことマジで言っちゃってるんですよ。
そりゃー半端ないな。理想とチェンジングした未来は・・
謙虚になってしまったということか!
リズムがチェケラーならな。
イメージは狂熱の虜になってしまうのさ。
ということは理想がチェンジしているということか。
リズミカルなファイターがいつまでも笑い飛ばせるとは限らねーだろう?
究極的にロマンロックベイビーならば、儚さだろうな。
で、俺は一体なんなんだ?
歴史を変えるものだよ。
リズムはどこまでいける?
どこまでもいこうぜ。俺達は仲間だろう?
素敵なファンキーに、路頭に迷ってしまったのだろうか。
空中に浮いているモンキーすら、ワンダーランドになっているのかな。
どうも・・嫌いでね。
他人の作った作品に身を任せるってのはね。
奇妙なファンタジーがそれでも劣悪な感覚を。
誰かに合わせることに終始している奴を
救う気力とかはねーよ。
リズムよりチェケラーかい?
ファンタジスタは恋愛トークを探しているはずだぜ。
九十九里浜、素敵な歴史に、
究極的ドリームすら描いてしまうんだ。
空間的ラブリー、挑戦権なてないのか?
イメージが調整する未来、
楽しきゃそれでいいのか。
その先に展望はないのか。
何を願えばいい。何を祈ればいい。
素敵なファンタジー、今に許しを請いながら、
素敵なメッセージに偽りは共鳴していく。
ダンスするフォーエバーならば、
形すら失う力技で、
素敵なファイナルアンサーを呟くのかい?
理想的チェンジング、失礼なくらいに楽しいのさ。
ファンキーモンキーなのさ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しく思えるんだ。
過度の最高が俺を襲う。
奇妙なファンタジスタ、
映像で作戦を、燃え滾る、煮えたぎる血を。
リズミカルなファイター、
極限まで最高になって、
イメージは調整して未来になっていく。
それを言えるという事実が、
感覚を灯し始めるんだ。
理解している、それのためだけのフューチャー。
アイランドは光景を目指し続ける。
ファイター、ロストプラネットだ。
大切な言葉とエンジョイする為に。
希望はワンダーランド、尽くす為に、
希望的ワンダーランド、
そこに未来はないという。
刻んだポテンシャルでうつぶせになっていく
僕のアホらしさに、健気な勇気を儚く散らすなら。
希望、運命、理想。
感覚が、ブルースが僕を溶かしていく。
正しさは閃き。
勇気はそこにあるのか?
運命的、悲しみの距離。
埋め合わせする天才だけじゃ、未来は切り開けないだろうから。
奇妙なんだ、本当に、本当に。
落札パーティだろうか。
失うことはそれに対する希望だろうか。
運命がチェケラッチョならば、
素敵なファンタジー、クォリティで異次元を。
突破するファイターを、
失う気力すらないなら、
理解をしたいよ。
興味が無いよ。
どうすればいいんだよ。
価値観という名前のブルースで、
興味をサクセスへと駆け上らせる。
空間は悲しみを宿らせて、
それでもビリーバーが調節している。
ラブリーなコール、美しいファンキーに、
ドリーマーすら歪になっていく。
理想とチェンジ、ロックしてくれるハーモニー。
理解がファンタジーなのか?
運命がチョコレートならば、
ファンキーなドリームに全てが奪われてしまうなら。
屈辱的ドリーム、
描いた世界観、ミラクルチョコレート。
理想をチェケラッチョにしたとしても、
運命、嫌いになったとしても、
覆したとしても、
気力はファンタジーを、
うなぎのぼりにさせるのか?
サスペンスは渡り歩くのか?
そこに君はいるのか?
何を目指せばいい。
何を託せばいい。
僕は誰だ。
君は僕だ。
では、私とは。
恥ずかしいけれど、それはどういう感情だ。
生きていて恥ずかしいのだろうか。
恥知らずとは一体なんだろうか。
何も分からない。何も知らない。
それで、魅力がファンタジーになっていくのだろうか。
理想、結びつく世界観。
理想的チェンジングを理想にしてきた。
運命は笑い続け、僕を侮辱する。
体じゃなくて重要なのは心だろう?
奇妙なことに迷いがない。
なぜ迷いがないのだろう。
リズム、静かに追いかけた。
根拠が必要な夢だ。
理想的チェンジングに、理想と、
メッセージがたぎる血を追いかけている。
ドリーマーなチャンスは、それらを追いかけるように。
ファンタジーは理想をチェケラーアップしていく、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
馬鹿馬鹿しいことに沈んでいくか?
ファンタジスタな恋愛トークは、
リズム、ケセラセラ。
衰退途上国の未来を憂う。
引っ張り込んでいる。
歴史的メロディは、突っ走る、そのままで。
飛び出す栄光すら、
ワンダーランドすら。
チョコレートすら、
影響力すら、
ぶっ飛ばす為の価値観すら。
ミュージックすら、悲しに灯される。
果てしなきを呟いた。
奇妙なファンタジーは続いた。
理解をしたかったよ。
僕を忘れないでよ。
奇妙な理解、ファンタジー、
クォリティが異次元ならば、
その半端ない理由は挑戦的だろうか。
サクセスとワンダーランドは、
チョコレートサクセスか?
ワンダーランドなチョコレートが、
それでも慌ただしく。
イメージの共鳴を侮辱するように。
活動的展開は、笑い出すように。
いつの間にかパプに飼われ、
アイに依存しているのだろうか。
奇妙なファンタジー、
虚ろな天才画家だ。
イメージがチェケラッチョならば、
歌いだすファンキーすら、
路頭に迷う一つのイメージすら。
階段を上るチェケラッチョに、
イメージは運命を笑い出す。
展開力でサクセスを生み出せるなら、
希望的観測、宇宙を差し出せる日々を求めるまで。
リズミカルなファイター、
ロストチルドレン、
価値観はキュートだから、
炸裂するビジネスすら追いかけてしまうのさ。
リピートしたいかい?
その興味の本質を、つかみたいかい?
リズム、永遠を笑った。
奇妙なファンタジーだったんだね。
器用貧乏が、
サクセスを連れてくるまで。
ファイターなロストプラネットだ。
活動する空虚さを、
リズムにしてしまうなら。
食いつぶす最高と、
リズムとチェケラー、
ファンタジーになったとしても、
移ろいゆく天才になってしまうんだ。
ことごとく、素敵なファンキーだ。
路頭に迷うことが失礼ならば、
悲しみとドリーム、永劫の時を泳いでいるよ。
なぜ私はこんなにもイメージしてしまうのだろう。
空虚な歴史、それらが生み出す確実な運命を、
理想として調節して、それでもクォリティが疑うなら。
大切な言葉はなんだろう。
リズムがチェケラーするならば、
ファンタジスタな恋愛トークを結ばせるなら。
空虚なリズムと共に、
移ろいゆく天才をあがき続ける。
ファイターとロストプラネット、
確実性のドリーマーだ。
謙虚さといたちごっこがファイヤーを連れてきてくれたんだ。
ファンキーなドリーマーを描くならば、
必要性の違いだろう。
理想的チェンジだろう?
ミステリーが共鳴するなら、
それすらも必要だろう。
ファンキーなドリーマー、
栄光を呼び寄せそれでも笑い続ける。
果てしなさと共にある記憶は、
悲しみと興味、示せば示すほどに。
クォリティが異次元なんだ。
突破するファイター、路頭に迷うなら。
窮屈なんだよ。
理想がチェンジングする未来すら、
旅立てる世界観すら、
影響力、ヒップホップなコミュニティだ。
ダンスフォーエバーな力になっている。
冷えだす空気がラビリンスだ。
光景がサクセスするならば、
空虚が理想とチェケラッチョ。
イメージを太鼓判を押させるように、
興味を示すなら。
明らかに逆らいたいだろう?
奇妙なファンタジーすら、
うろつかせる天才にしてしまうなら。
屈辱的ながら、
運命を感じた。
あの日はちぎれそうで、
ファンタスティック、胸がちぎれそうなほどの、
空気感は理想をチェンジングしていく。
ファンタジスタな永遠と共にトークしていく。
正しさは未来絵図かな。
限界を知る度にそのたびに、
無限の世界を知っていく。
リズムが空虚なのか?
思考回路は永遠だ。
呟きたい。続けたい。
リズムを、行動を、
サクセスする為のワンダーランドを。
リズムがチェケラー、
ファンタジスタは恋愛トークをしていくのさ。
レベルアップダンサー、
クォリティが異次元を、突破するファイターが
ミステリーを、興味を示すことに
馬鹿馬鹿しさすら感じてしまった。
理屈なファイター、
失うことすら始まりに過ぎない。
理屈無しで、究極を歌えるか。
始まりの世界は、ケセラセラか。
疑いなど知らない、
興味すらもない、
天候は晴れ、表複雑。
ハイテンションなリアリティが、
それでも取り戻す謙虚さを
理解させるように。
奇妙さはファンタジー。
越えていくメッセージの虚ろさに、
展開的に興味を示せるなら。
活動する展開と、サクセス。
ワンダーランドがチョコチップならば、
素敵さがファンタジスタ。
恋愛トークさせるように、
空虚な伝説、未来を食べてしまう。
覆すリライトは、メッセージを運ぶように。
必要とあれば、生き残る為に。
必要以上、悲しいメロディを必要とした。
ミラクルは調節していくから。
理解とファンタジー、クォリティが異次元だった。
突破していくファイターが、
ロストチルドレンを運んでいた。
奇妙なワンダーランドだ。
極め続けている。
ロストプラネット、充実感、
ミステリーが興味を示す。
ずっと感じていたロックンロール。
ひたすらはそれらすら越えていけるか?
奇妙なファンタジーに、
移ろいゆく天才の意味すら知らないままで。
クォリティすら歪なままで。
素敵なファイナルアンサーなのであれば、
覆すことすら馬鹿馬鹿しく。
運命は笑い飛ばしてくれるのかい?
奇妙さが全てを食べてしまうのさ。
屈辱的だろう?メッセージで共鳴した証さ。
素敵なファイナルアンサー、
呟けるなら希望をワンダーランドにさせたい。
歴史的究極、イッツラブが灯されるなら。
空虚な空間と理想。
超越する可能性?
リリカルテクニックだ。
ファイティングジェットコースター、
つまりエイトビートだ。
サクセスが運命を嫌うなら、
素敵なファンタジーに申し遅れてしまう。
リピートダンサー、クォリティで一途になっていく。
理屈じゃないんだ。
そのファイター、
理想がチェケラーしていくならば、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
サクセスが興味を示す。
パーティな奴らはまだ眠らず、
記憶に狂気を当てはめて、
リアルを求めて爆笑していく。
理想はチェンジしていくドリーマー、
ファイティングチョコレートに、
サクセスさせたなら、
少しは面白おかしくできたかな。
ねえ、僕の指し示す未来は究極的に
ロマンチックだった?
ねえ、楽しかった?
あいつを騙して、俺に取り入って。
理屈はたまらなかった。
リズム、チェケラーファイティングだ。
それらを知っているからこその重みだろう。
深い場所から連れてくるリズムは、
体感温度すら上昇させるんだ。
ファンキーなリズムと、それに伴う素敵さだ。
ドリーマーとチェンジング、
未来が着実なファイターならば、
ロストチルドレン、全ては完成されてしまったんだ。
理屈なんてないさ。
ロックンローラーはファイティングだったんだ。