大切な言葉とクォリティ!
大切な言葉とエレガントだぜ!!
クォリティがダンスしていくなら、
ファンタジスタ、栄光とワンダーランドに
差し出す空間すら、
空虚になるリアルすらも。
永劫の時を歩き続ける。
ファイター、理想を追求しつづけるんだ。
そのファイター、理想と共に、究極的に。
ラビリンス、開拓する文明すら
ワンダーランドなチョコレートにさせられてしまうのかい?
大切な言葉、エンジョイパーティなのね!!
大切なドリーマーが栄光を呼び寄せてる。
ファンキーなドリーマー、
描いた果てに何があったとしても、
覆す魅力的、
ファンタジスタな恋愛トーク、
メッセンジャーとその価値観、
エレガントな魅力に、かいつまんでなおも
素敵なファンタジーにするが如く。
意味不明な展開は笑い飛ばしてくれるから、
ファンタジスタな恋愛トーク。
失礼なくらいのファンタジスタだ。
空虚な究極が、
それでもドラマを描い続けてくれるのさ。
ファンキーなロストプラネットならば、
かいつまむ僕すら馬鹿馬鹿しくなっちゃうの?
恥ずかしいほどのドリームならば、
栄光、頂戴するシステム。
ファイヤーマシンガンと、
栄光はエイトビートだ。
炸裂するビジネスがオーライするならば、
究極的なロマンロッカー。
素敵なファイヤーを望むならば、
希望的解釈になったはずの永遠すらも。
影響力すらも、
ファイトしているエレガントになってくれている。
ファンタジスタは栄光を映像で耕している。
間もなく来るぞ。まもなくやってくるぞ。
リズムがチェケラーハニーになってくれるなら、
クォリティと共にダンサーする意味不明に、
太鼓判すら押せるのかい?
嫌いになるミラクルに、大切なドリーマー!!
影響力がヒップホップならば、
かぜ!かぜ!背中を押してよ。
走り出した、足が止まらない。
いけいけあの人の隣まで。
覆したリアリティはファンタジスタになれない。
運命のチョコレート、
コロコロころりと転がった意味不明。
大切な言葉を繰り返す。
悲しい事実を諦めかけたのは、
必要上の僕の興味の本質である疑問は未だに晴れなかったから。
究極的ロマンスにちぎられるなら、
素敵がファイナルアンサー。
呟く世界観すら、馬鹿馬鹿しいのさ。
素敵がファンキーならば、
いっそのこと教えてあげよう。
奇妙なファンタジスタ、
このかいつまむ素敵さにまで、
影響力をヒップホップにさせてきた馬鹿馬鹿しさか?
究極的ロマンスを耕してそれでもなお
生きるなら、希望的解釈、
虚ろな天才的な方向性になってまで、
儚く散り急ぐ大切さは、ドリーマーと共に
謙虚になっていったんだ。
理解するためのフューチャー、
それらが導く素敵さに、
ファンキーロードに永遠が灯りだしていく。
リズムがチェケラッチョファンタジーを求めるなら、
そのクォリティにダンスしていく未来を笑うなら、
究極性、ロマンチックなベイビーだ。
炸裂するビジネスすら、オーライした
ファイターに、ロストプラネットに、
活動する展開を呼び寄せるなら。
空虚なリズム、倒壊していくファンタジーに、
クォリティすら異次元に突破させるなら。
空間的ラブリー、超越的な破壊兵器?
大胆不敵な活動と栄光。
指し示すイメージ、大会制覇だ。
メッセージが超越するなら、
俺は一人じゃねえ。
恐がっている方向性はリズムじゃねえ。
この宇宙の生命体、
他の宇宙から来た生命体、
どこかから来たナニカ。
イメージ、チョコレート、
大胆不敵な活動に、
素敵なファイナルアンサーが呟くならば。
結局は、リズムじゃないか。
焦った奴が結局勝ちじゃねーか。
ラブリーハウスで置いてけぼりにされる。
理解するフューチャー、
馴れ合いは好きじゃないから、
誤解されても仕方ない。
歴史的フュージョン、
価値観なブルースと、影響力、
抵抗力なサクセスになってまで、
影響力はぶっ飛んでいくんだ。
価値観とブルース、
共鳴とワンダフォー。
重ねる気合いに、ファイトスタイルも併せていく。
理屈がファイター、理想像で
チェンジされるなら、
愛おしさすら爆笑されそうなんだよ。
空中庭園だろうと、
どんな文章を描こうと、
失礼なことは違いねえ。
ダンスザフィールドで価値観を許し合うしかねえ。
俺はもっと狡猾だ。
サクセスの為の未来ならば、
それらをゼロにする方法も知っている。
やがて溶けて流れ込む、
意識は虚無の中で何かを示し合わせていく。
理想的チェンジならば、
栄光、ワンダフォーアイランドだ。
密接に繋がる明日が笑うなら、
抵抗力、差し向ける栄光。
差し出す空間と、ラブラブが調節してくれるなら。
ファンタジスタな永遠とトークしていくものとは。
リズムが共鳴していき、
結果自分の話しかしないし。
大切なんだ、どこまでも、
このロックンロールがね。
大切なんだ、ドリーマー。
影響力がヒップホップになっていくこのこだわりこそが。
リズミカルなファンタジスタ、永遠と共にトーク。
アバウトジャパンなジャパニーズ。
メッセージがどっかいったかい?
理屈はないけどファンタジー。
伝えられる記憶はあるのさ。
希望的だと思えたかい?
リズムはいつでもこの日の為に、
リライトさせる為に、
クォリティで異次元にさせる為に、
うざったいと思っていたのは君だけじゃない。
希望、解釈、
メッセージが生きる場所へと、go fo 代打。
作戦影響力、ぶっ飛んだら価値観すら
崩壊しかねない。
メッセージが伝えられているのさ。
リビングデッドな価値観か。
ミュージック、ちょっとおちょくっただけだよ。
あまりにも馬鹿馬鹿しいからね。
影響、ヒップホップに叶えられる運命が宝物だったからね。
理屈はないが大好きだ。
健康的な方向にあるものがラブリーだ。
展開力がファシズムを産むなら、
巨大大会制覇、メッセージすら爆笑だぜ?
エレガントなミュージック、流浪に生きていくなら、
その希望すらワンダーランドに変えてやろうじゃねえか。
それは不幸ではない、
イメージすると、どこまでも駆け抜けるチェンジングがある。
そこにメッセージが開拓されていたんだろう?
究極的ロマンスが調節するなら、
その希望、ワンダーランドなチョコレートに
させられてしまうなら、
究極的ロマンスすら味あわせてやろう。
リズムがチェケラッチョになった結果的なパーティだ。
ロマンロックなハニーなんだよ。
クォリティでダンスするイメージだ。
倒壊するワンダーランドに、
クォリティは光りだす。
それでも理解が遠いかい?
メッセージが調節してくれる
ファイトスタイル、恋愛トークに、
愛にいきたいのかい?
ラブリーハウスで延長線上だよ。
空間的ラブリーならば、
調整することすら馬鹿馬鹿しく思えるのさ。
面白いでしょう?
退屈でしょう?
イメージは超越して、その果てまでも描いてくれるなら。
理解が歴史なら、そのファンタジーに正しさを求めるなら。
空間的ラブリー、調節した未来に会いに行く。
ダンストゥーフィールドだから、
文字の世界は奥が深いのさ。
馬鹿馬鹿しいくらいにね。
価値観とトゥルース、
エンジョイパーティだ。
ロマンロックならば、
ファイティングだ。
価値観とブルース、共鳴といたちごっこなら、
ファイヤー、色んなつまらないことが巻き起こっているのさ。
それに気づけないからドリーマーを食べてしまうんだ。
覆してしまうんだよ。
理解できるかい?
この愛しい距離が。
埋め合わせする天才的ドリームが。
描いた調子では、エネルギーを突破させてきた。
誰ともかかわらず、自分の情報だけで全てを勝負した。
ハーモニーは墜落、
つまり何を求めていたのか分からねえ。
ひたすら楽しいんだからしょうがねえ。
リズムが超越しても、馬鹿馬鹿しくても、
僕は今生きていて、
ダンスフィールドに活動感を見出し、
その意味不明に対抗する為に、
希望を研ぎ澄ましていた。
リズム、リズミカルなら、
影響力、ヒップホップならば、コミュニティだ。
結局自分の話しかしないし、
ラブリーなハートすら器に変えられそうだし、
天才的ドリーマーに、死ぬほど楽しい運命が待ち受けているなら。
それでも希望はおかしいね、
この人たちおかしいね、おかしいねって、
互いに罵り合っています。
これでも私は気が遠い方なのです。
また三日後、ここにきます。
的な素敵なシェアハウス。
今更他人に求めることなど
あんまりねーよ。
大切がスクリューリズムなのかい?
素敵がファイナルアンサーだったとしても、
覆す魅力、馬鹿馬鹿しかったとしても、
栄光の永劫、素敵なベイビーに、
炸裂するビジネスすら、
どっかにいったみたいだ。
リズム、リズミカルなファイターならば、
失うことすら馬鹿馬鹿しいんだね。
空中リライト、
メッセージをトークバックするなら、
ファイター、ロストチルドレンだ。
価値観とミュージック、器を図ってくれるなら。
希望的解釈、向こう側にすらリライトさせられるんだ。
運命とところてんならば、
どっちが勝つ?
運命的なラブリーに、
挑戦的ビンテージにさせた。
魅力的にかいつまみ、
素敵なファンキーロードだ。
埋め合わせする天才に、
魅力的なワンダーランドに、
あるいは僕達すら越えられるとたかをくくったのかい?
あるいは魔法少女まどかみたいに巨大な願いを叶えるのかい?
リズム、チェケラーするならばゼロに返す俺のスタイルは。
ファンキーなロストプラネットは、
活動的興味で後ろ側になったのかもな。
それをメッセージにさせたから、ドリーム、
栄光を呼び寄せてなお、
引き連れる。会話レベルの低さに放蕩してしまう。
リズミカルな価値観が存在するならば、
覆すパーティだ。
ロマンロックな歌声だ。
ファンキーなロードがうつ伏せするならば、
究極的ロマンロッカー、
イメージを調整してなお、
余りある僕たちの伝説に。
未来を調節した馬鹿馬鹿しさに、
ビッグデータは踊りだす。
それだけに集中できるように、
曖昧な思いを引き出すように、
理屈はないが理由はある。
素敵なファンタジーを取り戻したいかい?
究極的ロマンスでいたちごっこを
ファイティングさせるなら、
それだけが、それこそが、
イメージしてくれるんだ。
ファイターとロストプラネット。
嫌いになるほどに、
サナギラスのように閉じこもり、
やがてバンギラスになるヨーギラスだ。
大切な言葉と、エンジョイジャッジメントだ。
炸裂するビジネスがオーケーしてくれるなら、
影響力が超越してくれたから、
ファンタジスタは恋愛トークになっていったのさ。
僕の前では何もかも実験会場さ。
素敵なファイナルアンサーがそれらを呟いたからね。
理想的展開が、ミステリーを調節しだしたんだ。
チョコレートハートだ、
まさに密着ビジネスだ。
開拓するワンダーランドに、
クォリティがワンダーランドになっていくなら。
ロストチルドレン、
開拓する文明、文化が伯爵だ!!
イメージはチョコレート、
ファンタジスタな影響力、
ぶっ飛んでいく価値観、メロディックライン、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
サプライズ、未来がチェケラッチョ、ファンタジスタな恋愛トークだ。
スパイラルなんだ。
展開的にはラブリーなんだ。
方向性と生きる未来が分からなくなった時、
運命を感じてしまった。理屈とそのファイター。
埋め合わせする天才?
馬鹿馬鹿しいほどに、
興味を逆らわせるなら。
狂気的メッセージ、イメージがチョコランタンだ!!
メッセージをトークバックしていく。
ファンタジスタが恋愛トークをしてくれるなら、
ファンタジスタ?レッツ恋愛トーク!!
メッセージチェケラーに
影響力がヒップホップになるほどに!!
究極的モンスター!覆すぜ!
ミラクルがチェケラーしてくれるから、
ファイターなリズムで、改築していくんだ。
リズムでチェケラーしてくれるなら、
ファンタジスタ、恋愛トークで埋め合わせするぜ!!
ファンキーなロストプラネット。
活躍するファンタジーが、
歴史的ドリームすら、動かしてファイティングにさせられてしまう。
覆す魅力的が、ファンタジーが、
伝えてくれる魅力にさせてくれたんだ。
ファンキーなドリーム、描いたファイターなんだ。
覆す魅力、ファンタジー、
栄光のチェケラー、メッセージをトークバックする為に!
覆せるかい?リズミカルに、アップアップする天才に、
魅力的ファンタジスタに、傾向を
差し出せるように!
空虚な歴史?ファンタジスタは恋愛トークをしているぜ?
ファンキーなロストプラネットなのだよ!
活動する世界観の歪さの中で閉じ込められるなら、
空虚性すらいたちごっこにさせてやろうじゃねえか!!
やっぱり抗った奴が勝ちじゃねえか。
ファンタジスタな恋愛トーク、
メッセージがトークバックするまで、
影響力はヒップホップになっていくんだぜ?
ハーモニー的伝説にクラッシュされるなら。
希望として、記号として。
失われる価値観というのは、
ビリーバーなチャンスだよ。
希望的な栄光、チェケラッチョ、
ファンタジーが乗り上げていくんだ。
理想と挑戦、馬鹿馬鹿しいイメージだ。
体感温度は上昇中だ。
ラブリーな展開だ。
ミステリーが興味を示している。
ロックンロールファイターがそれでもうつぶせに。
ファイターはロストプラネットになることを怖がるから、
必要性のリズムに溶かされるんだ。
空間的なラブライバー、
炸裂するなら愉快でしかない。
ファンタジスタな恋愛トークだ、
炸裂するビジネスとチョモランマだ。
素敵なファイナルアンサーだ、
神の落書きだ。
メッセージが調整してくれるなら、
ファイター、理屈なんていらないのです。
ファンキーなロストプラネットなのです。
覆す魅力すらないなら、
活動する展開、歪なメロディによっていたいのです。
サバイバルな価値観?
メッセージで闘魂注入するしかねえな。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロックンローラー、イメージを調整していくんだ。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロマンロックなビームが異次元ならば、
素敵なファイナルアンサーに呟かせるしかないんだ。
リライトするファイター、
理屈なんていらねーよ!
価値観がブルースになっていくんだ。
ハーモニー、理解するこのことごとく。
素敵なファイナルアンサーはうつぶせになるように。
リズミカルに歌いだしたらファンキーなんだ。
覆すミステリーなんだ。超強力なんだよ。
素敵がファイター、虚ろに移ろいゆくしかないんだよ。
夜風が運ぶ淡い希望を乗せて、どこまでいけるか。
その希望に、あるいはワンダーランドに、
どこまで気合いが入るかを試しにきたんだ。
リライトしたいだろう?
それこそが興味だろう?
炸裂するサクセスは、
永遠が閉じ込める昨日とは。
スタジアムなジェットコースター。
一番人間の心を揺らした奴が優勝だ。
リズミカルな行動とアフタートゥモローかい?
希望的観測がうつむくならば、
それのみに開拓されていくならば。
希望的解釈、向こう側にファイヤーだ。
生まれもがいても、まだ死ぬわけにはいかない。
リズムでチェケラーファイトするなら、
かいつまむ歴史すらファンタスティックになっていくんだよ。
それを歴史が拒んでも、素敵なストーリーなんだ。
埋め合わせする天才が、暴れ出しているんだ。
共鳴しだしているんだよ。
ファンキーなロストプラネットなんだ。
活動するための展開が笑い出しているんだ。
空虚だろう?
それはまるでリズムだろう?
開拓される文明、
新しい方向へとそのロケットはどこまでも潜り込む。
必要かい?リズムかい?
圧倒的に楽しいのかい?
リズム、沈むチェケラーだ。
ファイティングスタイルすら、栄光になってしまいそうだ。
覆す魅力すらも、ワンダーランドすらも。
影響力、ヒップホップになる為の形すらも。
リズム、チェケラーになるなら、
ファンタジスタな恋愛トークだ。
メッセージが超越性なら、
また馬鹿馬鹿しいリズムに酔わせて頂こうかしら。
ファンタジスタな永遠トーク、
馬鹿馬鹿しいリズムと共に強制的に。
ラブリーなチェンジング、
俺は俺自身の力で幸せになってやる。
そんなこと言えてしまうほどにはクレイジー。
ハウクレイジーまるでYUIの楽曲。
大切な言葉がテンションかい?
リズムとイズムに散って笑われたいかい?
果てしない興味を差し出したいかい?
リズム、チェケラーになってまだまだ愛おしいかい?
僕の必要性はリズムかい?
馬鹿馬鹿しいエンジョイはリライトかい?
メッセージなトーク力は必要ないのかい?
リズミカルなダンサー、
映す俺の身の記憶のチェケラー。
イメージがチェケラッチョしていくならば、
活動する展開すら笑ってみせるよ。
俺の幸せの根源はそんな場所にある訳じゃない。
活動する狂気と興味、
炸裂するワンダーランドだ。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ひたすら楽しいから儲けるしかねえ。
ラブリーハートを見つめるしかないんだ。
究極的がロマンチックか?
影響力、ロックンローラーなイメージだ。
リズム、チェケラーファンタジスタ、
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
メロディが突っ走っている。
ラブリーチェンジに、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、メロディックライン。
伝えられるファンキーならば、
伊藤サンタマリアだ。
影響力、ぶっ飛んだ価値観、
メッセージが協力なんだ。
ファンタジスタな影響力なんだ。
ぶっ飛んだ価値観、メロディックラインに
整っていくならば、希望的観測すら移ろいゆくだろう?
ファンキーなロストチルドレン。
リズムでファンタスティックに、
興味が天才的になってしまうならば。
究極的ファンタジスタな、
栄光がワンダーランドを呼び寄せてくる。
ファンタジスタな恋愛トーク、
メッセンジャーな価値観にすら、
エイトビートが乗せ上げるなら。
空間的ラブリー?調節してくれる、
ラブリーハウスですら馬鹿馬鹿しくなってしまうんだぜ?
空中に浮いている歴史すら、
ファンタジスタにすら、馬鹿馬鹿しいリズムを追いかけるように。
ダンスフィーバーでもするように?
屈辱的だよ。ロマンロッカー。
イメージを調節してくれる未来に、
会いに行きたいのかい?
リズム、沈むからチェケラーワールドだ。
開拓し、改築するラビリンスへと
ゴーフォーダイ。
イメージがチェケラーするならば、
影響力でぶっ飛ばしな。
全ては記録してやる。
ファンキーな路頭に迷ってまで、
エネルギッシュになってまで、
エレガントになってまで、
影響力をヒップホップにしてきた。
こめかみに、あるいは宇宙に、
差し出せる気合いすらなくなったと、
笑っていうのかい?
リズミカルな展開は虚ろに、
天才的ドリームを永劫を、
いたちごっこにさせるように?
空虚な歴史ならば、ファンタジスタだ。
恋愛トークならば、
向こう側だ。
炸裂するビジネスがオーケーしてくれるなら、
ファンタジー、そしてアイランド。
密着していたい。
リズムでありたい。
メッセンジャーな価値観でありたいんだ。
理屈でファイター、ロストプラネットだ。
活動的展開、ミステリーな興味を指し示す。
活動的世界観と、ミラクルは調節しながら。
ファイティングチョコレート、
イメージが調整してくれるミラクルに、
大好きを展開させるなら。
狂気とミステリー、
ラブライブとヘイトされる空間で、
ラブリーチェンジにエクスチェンジさせるしかねえ。
意味不明でもトークバックしたいのさ。
それはひたすらにファンキーだからね。
ただ、成長はまだできると思っている。
熱くなりたい。太陽の温度よりも、更に高く、高く。
メッセージ、トークバックするならば、
空虚な伝説、
静かに、青く燃える炎だ。
伝説的クラッカー、ワンダーランドなチョコチップなんだ。
素敵がファンタジーならば、
栄光と影響、ヒップホップとそれが生む可能性。
私は能力を隠しているの。
リピーターはメッセージなの。
トークバックするロックンロールなの。
ひたすらが意味不明なの。
大好きな展開がね。
ロックンロールなフェスティバリーだ。
埋め合わせする天才が予兆を教えてくれてるなら、
至ってファンキー。
ロストチルドレンにすら、
栄光の栄冠を教えてあげよう。
リズムが開拓されるなら、
その文明、器に炎を照らすまで、
影響力はぶっ飛んでいくのさ。
活動していく世界観を笑うようにね。
空虚なことはこの上なく究極なのさ。
ファンタジスタが恋愛トークを差し出している。
空虚な歴史、ファンタジーを乗り越えて、なお追及。
新しい世界に、理想とチェケラー、
イメージを調整している。
ラブリーなチェンジはもはや諦めている。
活動するための世界観は、
理想を携えながら、運命に逆らっている。
誰かが運命的なラブリーにすることが
方向性なら、リズム、狂熱で差し向ける、
ファシズムすら開拓の文明に起こしていく。
ラブリーチェンジで逆らっていく。
理想的チェンジング、逆らったファイナルアンサータイミング。
理想的チェケラーで、失うパーティか?
ロマンロックファンタジーなら、
そこに会いにいける理想すら、
ファンタスティックアイランドすらも、
傾向にサクセスさせるワンダーランドにさせていくんだ。
ファンキーなロストプラネットなんだ。
活動させたあいつも、
俺が求めているものが
究極的だから、もう手が付けられねえ。
半端ないリアルに閉じこもるしかねえ。
リズムはそれで、究極を食べてしまうのだろうか。
覆す意味を示すそのいたちごっこは、
ファイヤーは、貫く明日を逃げ出すのか?
ファイティングするならば、
そのチョコレートすらもワンダーランドだろう。
食いつぶす価値、エメラルドがエレガントなら、
希望的解釈、向こう側にさせてまで、
影響力にさせてまで、
ぶっ飛んだ価値観。
メッセージを伝えてなお、
不思議にさせるミュージックに。
偽りすら感じたかい?
トークバイトークすることへの偽りだよ。
空虚なメッセージと、それを叶える意味に対する馬鹿馬鹿しささ。
大好きだからこそチェンジングしたんだろう?
おい、しっかりしろよ。
半端ないリアルに閉じ込めてくれよ。
理解するためのフューチャーならば、
ドライブしているこの光景すら馬鹿馬鹿しくなるはずだよ。
奇妙なファンタジーすら忘れていってしまうのかい?
空虚な歴史が意味を食べてしまうなら、
理解するファンタジー、
クォリティ的な異次元?
突破するファイターに教えてくれたまえ。
リズミカルに歌いだすことすら馬鹿馬鹿しいのであれば。
結局はリズムじゃん。サンタじゃん!世界。
密接に繋がるならそれほど痛ましいことはないんだ。
究極的ロマンチックに逆らわせそうなんだ。
希望とファンタジスタが、
運命、ワンダーランドなチョコレートになって
しまいそうなんだ。
つまり究極なんだ。
つまり圧勝なんだよ。
素敵なファイナルアンサーを呟けるんだ。
希望的観測が宇宙なんだ。
素敵なんだよ。ファンキーなんだよ。
路頭に迷いそうな程度にね。
スプライト、メッセージになってしまいそうなほどに。
ラブラブなハートとエイトビートなのだよ。
空中に浮いている歴史がそれを逆らわせたんだ、
当たり前っちゃあ当たり前だろう?
究極的リズムに閉じこもるなら。
リズミカルな行動がジャスティスならば、
影響力、ヒップホップにすらなりなさい!
ダンスするチェンジワールドかい?
奇妙さがファンタジスタならば、
影響力、ヒップホップな能力すらも、
いかつい最果てに置いてけぼりにさせて。
運命的な究極性が暴れ出すなら、
クォリティ、異次元に突破させてくれるなら、
それこそがミュージックだろう?
極め続けるファイターなのさ。
チェケラーファンタジーで歌いだすしかない。
未来は調節させてリピートするのさ。
クォリティで異次元になっていくなら、
パーティ、ロックンロールにひたすらにさせるしかないんだ。
空虚に思うかい?ははっ
笑っちまうよな。
だけどそれが現実なんだぜ。
素敵な話だろう?
文字にすると全てを忘れられちまう。
感動的だろう?
運命的だろう?
究極は音を飛ばし、
理屈を投げかけて、
それでも怠惰な時代を笑うように、
究極的にロマンロックにしていくんだぜ。
理屈はないがファイターだよな。
理解が遠いよ。
メッセージな共鳴が歌いだしているんだよ。
理屈じゃないって?
イメージはチョコレートなんだとさ。
ロックンロールがひたすらかい?
メッセンジャーな価値観がどこまでいけるかを、
大切な言葉をクォリティを、
イメージしてなおも突き詰めるイメージを。
理解するように。
ファイターは、逆らい出すように。
狂気はミュージックを浴びせるように、
空虚な歴史は超絶なのさ。
興味が炸裂しているのかい?
ファンタジーはのし上がるかもな。
リライトする嫌いがあるなら。
理解するためのフューチャーは、
ドリームを浴びせるのかい・
失礼ながら影響力すらも存在する、
ミラクルは調整しながらリビングデッドの価値を測り続ける。
運命を感じてしまったんだ。
要するに参ってしまったんだ。
活動する意味も活力もねえ。
ダンスフィールドには確実性が漂う。
メッセージで伝えまくるリズミカルに、
虚無に、全ては宿って消えていってしまった。
空中にいるなら、
素敵なファイナルアンサーが呟くなら、
いっそのこと理想にだってなってやろう。
サプライズする展開だとしたら、
究極的ロマンスがアテンションプリーズしてくれるとすれば。
栄光の栄冠は誰のものだよ。
覆す未来とその扉は。
ワンダーランドは、チョコレートは、
メッセージを携えてくれるのかい?
メッセージはトップオブランナー、
希望的解釈を捻じ曲げるなら。
素敵はファイナルアンサー、
孤独と共に生きていきたいらしいさ。
ファンキーなミュージック、虚ろになればなるほどに。
クォリティでダンシングする未来、
チェケラッチョするエレガントなヒストリーすら、
覆すパーティになってしまうんだ。
それでも
何も変わりはしないね。
大好きな展開は、それらを展開するミュージックは。
天才的ドリームは、
それらを描くはずの必要性の違いとは。
メッセージな勢い、必要以上の天才。
ミラクルをエージェント、
活動していくしかないとすれば。
理解するためのフューチャリング、
リズムがチェケラーするなら、
そのファンタジーだ。
クォリティすら一途に、
パーティな奴らはまだ眠らず。
希望的解釈に移ろいゆくなら、
その天才的が生み出すブルースへと。
活動を続けてなおも、
素敵になるファンタジスタだ。
健康的ラブラブが、
追及していくミステリーすらも、
栄光に永劫にするのならば、
クォリティ、ダンサーたちの恋愛トーク。
イメージが調整してくれるなら、
ラブリータイムすら居候しそう。
大切なミュージックであり、
テンションであることのミステリーの虚無の意味とは。
卑屈な考え方に、理想が入れ替わる。
果てしなさと空虚さに、色が宿る。
その空間、理想とチェンジした未来に、
描いた色は何色だ。
素敵なファイナルアンサー、
孤独的に思い違いするならば、
クォリティとファンタジスタ、運命を感じてしまう。
リアルなフューチャーなのであれば、
価値観、ブルース、
炸裂するベイビーすらも、
活動する展開が教えてくれた。
ファイナルアンサー、毒々しい音色だ。
突っ走れるならファイナルアンサーだ。
孤独が生み出す灼熱がある。
大胆不敵な嫌いさがある。
抵抗虚しく泣き叫ぶなら、
メッセージにして届けてやりたいよ。
イメージを、この荒唐無稽を。
イメージを調整しながら、
ラブライブするミステリー。
路頭に迷うロト製薬ならば、
クォリティと共に蠢きだしなさい。
覆すリアルにヒップホップさせなさい。
違いと曖昧な素敵なファンタジーを教えてくれた。
ハーモニーは伝えてくれたんだ。
ファンキーなロストプラネットが違いを見せてくれた。
ファンキーなドリームが描いてくれてたんだ。
リアルなフューチャーならば、
形と共に栄光をサクセスにしていった。
ララバイだから、協力的になったんだ。
素敵なファイヤー、馬鹿馬鹿しいとすら思えてしまったんだ。
覆すなら、その魅力的だ。
ララバイならば、抵抗すら馬鹿馬鹿しいだろう?
共鳴するファンタジスタが、
それを願ったんだ。
仕方ない話ではある。
興味がないナイーブでも、
素敵なファイナルアンサーでも、
呟く確実性が踊るなら、
その理解者すらファンタジーにさせられて
しまいたいと思えたんだよ。
覆す魅力すら、ワンダーランドすら、
形にならないリズムが荒唐無稽に
ファンタジスタになっていく。
理想的感覚なのであれば、
素敵なファイナルアンサーだ。
孤独が運ぶメッセージだ。
トークバックするならば、
それらを嫌いになるように。
引き継ぐように、理想はチェンジするように。
曖昧な抵抗のままでは、素敵になれないから。
だから僕はいつまでも生み出すのさ。
最高を求めてね。
その角度を求めて。
理屈がファンタスティックになるなら、
嫌いにすらなれそうさ。
謙虚なヒーローと共に、
受け継がせたかい?
ファイナルアンサー、孤独的なラブリー、
挑戦権なんてないのかい?
リズムが直接ならば、パーティ。
ロマンロックとファンタジスタ。
影響力がヒップホップならば、
栄光、ワンダーランドになるまで、
究極的ロマンスになるまで、
栄光を笑いながら生きてみよう。
必要性が驚くから、
ワンダーランドは共鳴していったんだ。
活動する気力もわかないかい?
失礼ながら、素敵なのさ。
運命を感じてしまう。
価値観というミュージックに、
偽りが天才的になってくれるのであれば。
好きな素敵なモンスター。
結構だ。炸裂するしかないならそれも甘いな。
リズミカルな行動が、向こう側で歯ぎしりをするなら、
素敵というファンタジアですらも、
価値観ですらも、ファイターですらも。
活動する展開にさせていきたいんだ、
そんな必要性を僕にくれないかな。
リズムがチェケラーするファンタジーは、
必ず思い出すはずだから。
理解と究極、ロマンチストとファイター、
理解できるファンタジーが、
クォリティすら一途になっていくのさ。
ロマンロックなベイビーが、
退屈ならば、広げられるならば、
その空間、つまり理想だ。
体感温度は上昇中なんだ。
クォリティと異次元、突破するならファイターだ。
埋め合わせする天才が驚かせている。
ファンタスティックアイランド、
夢中な歴史に共鳴するとすれば、
価値観、そのブルース、
共鳴するいたちごっこですらも、
活動感、世界観、ミラクルを
調節してなお、響き渡る伝説に。
クォリティすらも一途になってくれるのかい?
ファンタジーは永遠を見るのかい?
活動的になれる天才ならば、
クォリティすらミュージックになってしまうかもしれない。
そんな歴史を僕にくれないかな。
あるいはハートビート。
あるいはユーロビート。
数ははからずとも、ケセラセラ、そのフューチャーにドリームを
託せるだろう?
ストーリーとスモークになるならば、
クォリティでファンキーになっていく。
それはテンションが違うから。
メッセージが運命だから、
影響力がヒップホップだから、
クォリティで異次元に突破されてしまうから。
究極的ロマンスに、
栄光のビジネス、トークライブで
メッセージを置き忘れたい。
俺はよっぽど面白い世界を見つけたみたいだ。
ファンキーなロストプラネット、
それに諦めきれるなら。
素敵なファイナルアンサー、呟く僕たちも馬鹿馬鹿しいの?
運命を感じてしまった。
究極的なロストチルドレンだった。
覆す魅力的すら、
ワンダーランドなチョコレートにしていった。
ラブリーなハウスが逆らうなら、
価値観とミュージック、ファイターが流浪に生きるなら。
リズムがチェケラーファイティングなんだね。
覆すパーティ、ロマンロックなチェンジングでは、
素敵すぎて止まらねえ。リズムが共鳴しても抱きしめてえ。
理解をファンキーな路頭に追いかけるなら、
希望的観測、その宇宙の差し出し方を見ても。
確実な世界観に理想を共鳴させた。
運命を感じたんだ、理解がフューチャードリームだったんだ。
クォリティ、異次元を突破するファイターに、
理解するための究極性をファンタスティック
ドリームに描いてくれるなら。
ファンタジーだからこその、影響力はヒップホップだ。
悲しい世界とエージェント、
未来が辿る明日が今存在するなら。
希望という勇気、ファイナルアンサーだ。
孤独が毒々しいなら、
素敵なファンキーで乗せ上げよう。
イメージで共鳴する僕が馬鹿馬鹿しいなら、
いっそのこと教えてあげよう。
描いた究極性は、馬鹿馬鹿しかったから。
空中に浮いていた、歴史すらも。
傾向すらも、ファンタスティックですらも。
栄光ですらも、ワンダーランドですらも、
確実性を灯してくれていたから。
ファイナルアンサーは頂戴するのかい?
理屈はファイター、
それでもさ。なんか虚しくて、
ラッキーフェスティバルに、
かいつまむ勢いすらも、
なかったのだろうか。
共鳴しているファンタジスタは。
それでも荒唐無稽だったのだろうか。
理解が遠く、僕を泣き叫ぶ。
果てしない距離を偽った。
大好きな天才になれる気がした。
運命すら感じてしまった、
あの頃はかけがえのない光で。
素敵なファイナルアンサーで、
孤独は儚く揺れていた。
一匹の侍。
どこまでも楽しい魅力、理解している。
大切な言葉がエージェントならば、
確実性と共に明らかにされるのだろうか。
理屈がファイティングならば、
栄光すら差し出して、運命は笑ってくれるのだろうか。
奇妙さとファンタジー、
それでもクォリティを求めてくれたから。
儚く散り急ぐ、最高の意味とは。
リズムは共鳴。満たし、儚く揺れるその先に、
リズムを見た。大好きな展開を見たんだ。
覆せる気力を知った。
それでも声はやむこともなく。
リズムとクォリティ、ダンスしているからこそ。
クォリティとダンスしているイメージだ。
倒壊する東海地方、
メッセージはクォリティすら浴びせるのか?
理解が及ばん。
大切なクォリティ、ダンスするミュージックすら、
虚ろなパーティに。
ロマンロックなファンタジーであるなら、
究極的ファンタジスタ、恩を作りたくないという。
刻みまくれば、
エイトビート、逆立ちするまで、
影響力にヒップホップにされるまで、
クォリティでダンスしていくメッセージに断られていく。
必要性の虚無だよ。
失礼なほどに最高潮が欲しいならば。
クォリティでダンスするイメージすら、太鼓判を押すべきだ。違うか?
ファイナルアンサーと孤独が笑うなら、
理解、ファイティンぐするチョコレートすらも、
栄光の映像すらも、
ワンダーランドに変えてみせて。
ラブリーなチェンジング、
ミステリーな興味すら、
栄光すら、片付けてしまうリアルになってしまう。
空虚な歴史なら、ファンタジー、
異次元をコントロールするまでだ。
クォリティ的伝説ならば、
映像的にラブリーになるように
調整しながら、突っ込む歴史。
ファイティングチョコレートが余りあるならば、
素敵、ファンタスティックな恋愛トークに、
メッセージすら呼び寄せながら。
体感温度は最早上昇中。
リズムとチェケラー、ロックンロールだから。
ひたむきさがエイトビートだったから。
埋め合わせするよ。天才的だったから。
究極的ロマンスに、全てを浴びせながら。
素敵なロマンスとロックンロールに、
イズムを散らせながら素敵なファンキーになっていく。
理想像は展開するし、ミステリーでもあるだろう?
究極的ならば、ファンキーなのだ。
ロックンローラーなパーティかい?
埋め合わせする天才は、
理屈に敵った最中で、
歌いだすファンキーになっていく。
理想像がチェンジするなら、
その方向に君がいるなら。
それは素敵な話だね。
そうだろう、サウンドホライズン。
形を望んだら、興味、炸裂、
ワンダフォーアイランドにすらなってしまうから。
窮屈な世界観かい?
メッセンジャーな調節パーティ、
流浪に影響力が発表会するならば、
クォリティと伝説、
未来と調節しながら、
ファイターズハイになっていく。
理想的チェンジに逆らっていくんだ。
大切なドリームが、
描いたかたっぱしから
捨てられていくなら。
興味ねえよ。なきにしもあらずだ。
素敵なファイナルアンサーを呟けるなら、
なおさらだ。
クォリティと、それに伴う異次元だ。
ファイトスタイルはジャッジメントだから、
窮屈なリアルで木霊させるしかない。
リストアップなコミュニティ、
嫌われるならいっそのこと。
失礼なパーティになりながらも、
素敵なファイナルアンサー。
孤独が毒々しいリズムならば、
謙虚なハートにすらなってみせよう。
ラブリーな君へ、栄光を届けよう。
サスペンスが未来になるなら、
毒々しいリズムは、
かいつまんで歴史を開拓していく。
文化と文明、美しさを互い違いにしながら、
究極的ロマンスは回り、回る。
理解するためのフューチャーが、
ドリームを、栄光を連れてきたから、
ファンタジスタな恋愛トーク?
馬鹿馬鹿しい究極に、リズムは慌てだしていく。
ファンタスティックドリームで、栄光を教えなさい。
君たちに伝えるファンタスティックアイランドだ。
希望的観測が宇宙であるならば、
クォリティすらファンタジーを思い出してくれたはずだ。
嫌いになれない距離だよ。
美しい魅力が溢れてくるよ。
希望的観測、宇宙がそれでも笑うなら。
覆す魅力すら、馬鹿馬鹿しい僕すら
置いてけぼりにされてしまうの?
覆すファイター、
ロマンはロックンロールを伝えてくれるの?
興味はサスペンス、未来を躍らせるように。
究極的にチート級に、
ラブリーハートを見つけてくれるなら。
いっそのことファンキーになってやろう。
理想とチェケラッチョ、イメージが対抗馬を作り出すなら。
興味すらねーよ。リズムが開拓していく文化ならば、
幅広い世界に対して喧嘩を売っていこうじゃねえか。
言葉の上のサスペンスなら面白いほどに食い違うぜ?
俺の本懐を知っているんだろう?
活動する天才にミラクルになってくれるなら、
ファンキーなロストプラネット、
活動していく世界観すら馬鹿馬鹿しいの?
イメージが調節してくれるなら、
この未来、太鼓判を押すほどに。
究極的ロマンロッカー、
大好きな展開を笑うなら、
空間、ラブリー、調節しながら。
未来を合同訓練させながら、
嫌いになるほどの影響力が、
ヒップホップを伝えて焦ってくれるんだ。
ファンキーなドリームならば、
栄光とワンダーランド、食い違う感情。
それでも覇気潰す、最果ての影響力。
ぶっ飛ばす価値すらないものねだりなら、
空中に生きている僕たちの距離は、その意味とは。