あざといな。リズムでチェケラッチョにさせられそうだ。
イメージしなさい。
チョコレートになりなさい。
僕を必要とする、
全ての物に対して。希望を。
ワンダーランドはチョコレートを、
イメージしてなおも、追及するワンダーランドを、
覆す意味すらなくても、
希望的解釈が移ろいゆくとしても。
ファンタジーアース、
みつめているグッドフレンズ。
太鼓判を押すはずのリミッターと、
疑わしさは強制的に。
リズミカルに歌いだすというその行動自体は、
馬鹿馬鹿しいほどに。
究極的なほどに。
ミラクルを調節してくれる。
ハーモニーは歌いだしてくれるんだ。
ファンキーは路頭に迷っているだろう?
究極的ロマンス、ベイビーフェイス、
伝えてくれる歴史、
ラッパ狩りや、素敵なファンタジスター、
価値観とブルース、蛍光灯が光る。
メッセージがチョコレートになっていったから。
リズム、つまり究極だ。
リズムでチェケラーしている究極が、
リズミカルなファンタジスタ??
永劫の時を泳ぐのさぁ!!
歌いだすのさあ!
ファンキードリームをな!
素敵なファンタジスタ、記憶がぴっちりだぜ!
ロックンローラーならイメージできるだろう?
空間的ラブライバーなのであれば、
素敵はファンキーになっているのだろう。
空虚な歴史、ファンタジスタな恋愛モード、
覆せるなら希望的ファンタスティック!
行動とビジネスがオーケーオーライしてくれるなら、
当たり前に思えてたあの希望ですら、
ファンタスティックな恋愛トークすら、
必要最小限で理想にこめかみを合わせていく、
リズミカルなファンタジーですらも、
永劫の時ですらも、
究極的ロマンロッカーと共に、
ビリーバーはチャンスを運び続けていくのさ。
さあ、未来を見せてあげよう。
希望的に解釈したイメージを、
空気を読むことに必死になったラブライバーすら。
大好きな展開、差し向ける、希望と、
ミュージックファイヤーだ。
伝えられるなら、歴史的ドリーマーだ。
理解しているからこそ、究極的でありたい。
イメージが調節してくれるなら、
ハーモニー、歌いだす記憶だよ。
メッセージはメッセンジャーと共に、
クォリティは異次元を走り続けるように。
ファイターは歴史を突き抜けるように、
空はどこまでも駆け抜けるように。
ファンタジアが結びつけるように、
その希望はワンダーランドなのかい?
イメージが調節してくれるなら、
それすらも希望だろう?
ファンタスティックアイランドが見つめてくれるなら、
それでしかできないことってのも興味が出てくるのさ。
ファイターだろう?
イメージが調節してくれるからこそ、
それらはミラクルにすら思えてくるだろう?
奇妙さはまさに。
クォリティで異次元を突破するファイターはまさに。
リズムがクォリティを教えてくれる。
そのファイターの最中にいるからこそ、
究極的はロマンスと共に呆れだすことに成功したんだ。
究極的ロマンスがそれらを望むならば、
希望的解釈、虚ろに天才的に、
ドリーマーが着実に表れるなら、
素敵なファンタジスタ、
栄光すら差し出してくれよ。
ファンタジーアイランド、密接になるならそのままに。
究極的になるならば、
それこそ偽りに展開させる。
ミラクルが調節してくれている。
そのハーモニーに、天才的なドリームを、
描いた僕たちのアホらしさすらも。
栄光すらも、チョコチップにされてしまうのかい?
リズミカルなワンダーランドが歌いだすならば、
その方向性にファイティングモードがあるならば、
究極的ロマンス、ファイターで演じたいね。
興味がチェケラッチョならば、
むしろ生み出したい記憶があるのさ。
素敵なファンタジーを狼煙を上げて、素敵にさせたいんだ。
奇妙なアタックモードならば、
栄光すら差し出せる究極に、
リズミカルに歌いだしたファイターは、
理屈を虚無にしてそれでもまだまだ走り出す。
理解させるドリーマーを、
ファイターを。
フューチャーを、ドリーマー的栄光の力を。
ファイティングチョコレートを、世界観を。
大好きなメッセージ、クォリティで異常気象を巻き起こす。
それを知っているから自由にやれる。
働きまくってリズムになっていく。
抵抗色彩物質温度、空間音程重力時間。
理屈はなくてもいいんだよ!
でも理由はあっていいんだよ!
何も知らねえ!何も分からねえ!!
楽しさ、面白さだけが真実だ、俺をもっと夢中にさせる世界であってくれ!
リズミカルなファンタジー、
クォリティで異次元突破、
するクォリティに、ファイターと歴史、
そこにどれほどのあきれ顔が、
素敵なファンタジアをメッセージにさせてくれただろうか。
その中にどれだけでかい物語があるのか、
僕は知らない。僕は知らない。
そこにどれだけでかい思いがあったのか。
でかすぎる何かと、
ウイルス一匹にやられる世界だ、
なあ、くだらないとは思わないのかい?
僕は理想を追求するさ。
果てしなく、興味を示す為にね。
リライトするなら、協力的になってみせよう。
リズムはクォリティを運んでいくのさ。
それにも負けずに、素敵なファイナルアンサーは続いていく。
理想とチェケラッチョ、精々地獄へ連れていく程度のことしか
できないなら、
現代の奴隷になるくらいなら。
理解できるフューチャー、
リズムがその行為を笑っている。
それでもドリーマーを着実に栄光にさせる為に、
クォリティはファンタジーを落とし込んでいく。
理想的展開、思想的天才を、
乗り上げて、希望にして、
僕は宇宙は回っていく。
理想像、展開させたならハッピーなんだ。
リズム、チェケラーなファンタジーであり、
埋め合わせできる歴史、
メロディックライン、
生きている価値が、驚くならば。
ファイティングモード、チェケラーになりそうなら!!
クォリティと共に踊りだせ。
どこまでも面白い世界を教えてくれ。
リズムがチェケラーならば、
生み出せる最高が歌いだすなら、
ファンキーなミュージック、彩りを合わせて、
着実なファイターに、
イズムに散っていく理想になっていく。
果てしなく動き続ける。ファイターは歴史を携えたまま、
理屈を越えて更に飛び跳ねていく。
さあ、テンションを上げようか。
もう一段階、上の人間になってやる。
空虚な空間かい?
いっそのこと愛して見せよう。
クォリティが異次元ならば、そのファイターだ。
リズムがチェケラーパーティなんだ。
素敵がファイナルリアリズムなんだ。
クォリティが異次元ならば、
突破するファイターが生きているなら、
もしそれを活動と表現するならば、
希望的観測すら馬鹿にしてみせよう。
リズミカルなファイター、
歴史的ドリームで調節している。
ロックンロールがファンタジーに、
それでも嫌い出すファンキーが路頭に迷っていく。
理想的展開、思想的天才が
慌てだす頃に、頃合いに素敵な。
理屈じゃ分からなかったとしても、
クォリティがダンスしていかなかったとしても、
歴史的ミュージック、人生はあまりにも楽しすぎる。
クォリティが高々と、
うなぎのぼりな素敵なファイターになるが如く。
イメージがチョコレートならば、
素敵なファンタジーすら集めだせたはずなのに、本当に残念だね。
クォリティが異次元ならば、僕はただキーボードを
叩くだけさ。
イメージが調節してくれてんだ。
ファンキーなマシンガン、どこまで届くだろうか。
奇妙なファンタジーは移ろいゆく。
ダンスフィールドに、永遠が零れ落ちるなら、
ファイター、歴史で歴史を洗おう。
イメージをチェケラッチョにさせてみせよう。
リズムはイズムと愛し合う。
ダンスタイムが永遠と共に踊るなら、
究極的ロマンス、いたちごっこでファイターに、
理解するための究極になってくれるなら、
ロマンロックファンタジー、
それでも理想を追求したいのだろう?
なあ、馬鹿馬鹿しいとは思わないのか?
リズミカルにファイター、
失うことすら汚されて、
イメージは続いていく。
どうか助けてと祈る、神様だって沢山いて、
その違いで人が殺し合う、
誰の為、何の為。
天国へのぼるさよならで
産声上げるものがある。
リズムは究極的に笑い出すだけだ。
イメージが歯がゆかったかい?
いずれこうなることは分かっていたんだ。
君に些細な喜びをプレゼントしよう。
果てしない距離すらも、ワンダーランドすらも、
覆すリミットにすら、パーティを閉じ込める。
理解者がファンタジーをとどろかせるように、
空虚な歴史を崩壊させるように。
それでも戦闘機が買えるくらいの、はした金ならいらない。
統率力がパーティ、
ロマンロックなベイビー、
失うことすら馬鹿馬鹿しい。
うなぎのぼりなパーティだ。
虚ろに展開させる魅力がファンタジーであるなら、
究極的ロマンス、内に秘めているパワーが凄まじい。
だから協力的にさせたんだ。
リズムがチェケラーさせるなら、
イメージで協力体制。
リズムでチェケラー、ハイテンションにさせるなら、
クォリティ的なダンサー。
歴史的ストイックな、
ラブリーなジェットコースターモンスターにすら、
晒されながら。
希望的解釈、移ろいゆく天才として、
受け継がせるファイター、
理屈のみでは呆れられないファイター、
理解するための協力姿勢を見せた。
努力するファイターならば、
覆す魅力すら笑ってほしい。
リズミカル、歌いだすファイターがそこにあってほしい。
正しさとミラクル、希望とワンダーランドが叶えてくれる
夢がある。必要性、行動とのロックンローラー。
価値観とユートピアがそれらを求め続けてくれるなら、
希望、ワンダーランドに逆らいながらも、
素敵なファイナルアンサーを呟かせた。
素敵だからこそ迷っていたんだ。
素敵に彷徨っていたんだ。
理屈でファイトする、クォリティすらイメージだった。
空虚な歴史とファイターとは、
うなぎのぼりになるパッションであるし、
クォリティとファンタジスタになってしまう、
理屈すらワンダーランドだったから。
協力姿勢で、ワンダーランドにさせてしまったから。
窮屈なヒーロー、抱きしめるまで。
ワンダーランドになるほどに、
何も知らなかったことを恥じるほどに。
ミュージックは偽りかい?
素敵がファンタジーならば、
栄光で差し出せるイメージになっていくまで、
理想的展開は天才的なドリームを呼び起こした。
そのファイター、虚ろなリズムになってまで。
エネルギッシュなパーティにさせた。
リズミカルなミュージックに、移ろいゆくほどに。
クォリティはダンサーと共に、
踊り続けていくから。
ファイターとそれに伴う強烈なドリームは、
栄光で灯され出した後、
究極的ロマンス、栄光を踊らせるから。
大切なドリーマー、栄光をワンダーランドに超能力に。
素敵なファイナルアンサーに、
理屈をファイターにさせる為に。
クォリティはにっちもさっちもいかないほどに、
クォリティなんだ。ダンサーなんだよ。
つまり酒池肉林。つまり圧勝。
俺の勝利だべらぼうめ。
素敵なファンタジスタが影響を浴びせるなら、
空間的ラブライブに超越していくなら、
協力姿勢、ラブリーハートだ。
見つめる歴史、
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
リズム、歴史的だ。
究極的ドリームを永劫にさせながら、
ロマンチックはファイターになっていく。
理想的展開を躍らせながら、
僕は僕になっていくんだ。
理想とそのチェンジ、ミラクル、
栄光なんだから。
期待してんじゃねーぞ。お前らはAWEYなんだ。
完全アウェイ、炸裂するビジネス、
活動と世界観、ひたすらな楽しさが宇宙を差し出してくれるなら、
いっそのことファンキーになってやる。
理想的展開が移ろいゆくなら、
轟く超越心、
ただならぬ感動感。
リズミカル影響力、
ファンタスティックなドリーマーに、
栄光を潰されるならいっそのことファイターだ。
埋め合わせされる天才こそが、
ファイター、理屈抜きでファイトスタイル。
エンジョイジャッジメント。
クォリティが異常、サバイバルファンタジー、
クォリティ影響力、
ぶっ飛んで価値観にさせるしかねえ。
ドリーマーなチャンスを浴びせるしかねえ。
大歓声、押しのけて今すぐに君に会いに行くぜ!!
ファンタスティックドリームが踊りだすなら、
理解、その最果て、
苛まれた影響力のぶっ飛び方から苛まれてみても、
大切な言葉はデンジャラス。
理解するための空気感と共に笑い出すしかねえ。
イメージが超能力ならば、
素敵でファンタジーが踊りだすならば、
究極的ロマンス、ワンダーランドを見つめているかい?
協力姿勢にあるワンダーフューチャーアイランド。
大切な言葉、エンジョイ、
悲しいなら掴みなそのドリーム!!
描いた夢は究極的でも、ファイナルアンサーでも、
勇者だけに与えられた、名誉の負傷とでもいうのか?
それにしては随分と割に合わないな・・
明日の希望を持った者だけに絶望はあるんだ。
何かを信じたものだけに裏切りはあるんだ。
大切な言葉、エンジョイパーティだったからこそ、
信じた瞬間裏切りやがった。
大切な言葉とエンジョイパーティかい?
ロストプラネットは着実に、
ファイターはロストプラネット、
活動する展開に、天才たちは喜び勇んで素敵に
なっていく。
理想とチェンジとは、私の本当とは。
リズミカルな行動と、
サクセスパーティが笑い出すならば、
影響力とヒップホッパー、
イメージが調整力を取り戻しても、
まだまだ馬鹿馬鹿しいかい?
あかさたな、はまやらわかい?
それともいきしちにひみいりいかい?
それともうくすつぬふむゆるうかい?
それともえけせてねへめえれえかい?
それかおこそとのほもよろをかい?
ん?分からないね。
ダンスフィールド、
数ははからずとも、
究極を乗せ上げて、
それでも素敵さはファンキーに。
路頭に迷わせるように躍らせたなら、
究極なる理想が始まるんだ。
追憶の扉、究極的ロマンスだ。
栄光のチェケラー、
生み出した価値観だ。
素敵なファンタスティックドリームだ。
描いたからこそのメッセージだ。
クォリティが異次元ならば、
半端ないディフェンス能力だ。
食いつぶすファイター。
イメージがチェケラッチョならば、
栄光なミュージックファイター。
理屈じゃないんだ。
大切な勢いで、空想的にドリーマーになっていく。
異常気象は素敵なファンキーに。
路頭に迷わせるほどにかいつまんで、
素敵に、ファンタジアに。
影響力はヒップホップ、
栄光とチェケラー、
ドリーム、永劫の時を泳げ。
素敵なファイターに乗せてくれるなら、
感覚すら歪になっていくのを感じているんだ。
声が変わって、背が伸びて、大人になっていくのを感じていた。
リズムでチェケラーするならば、
そのファンタジーの方向に僕がいるなら。
究極的ロマンスですら、慌てだしている頃合いさ。
素敵なファンタジーを値千金のアウェイゴールをもたらすならね。
究極的ビリーバーすら、調節している。
大切な言葉と、エンジョイパーティを乗せ上げるなら。
空間的ラブライバーが、
追及する明日を求めてくれるなら。
希望的テンション、
理屈なき栄光?
素敵ならばファンタジーが越えていくのさ。
ラブラブな抵抗が笑い出すんだ。
それってとっても究極だろう?
ファンキーなロストプラネットだろう?
活動する世界観がそれを祝うなら、
素敵さすらもファンタジーに変えていけるはずなのさ。
そこに力強さを感じる限り、
強く記憶に残ってしまうんだ。
覆す言葉なんていらない。
それでも興味を示したい。
理屈で興味をワンダーランドにさせたい。
未来をワンダーランドに連れていかせたい。
理屈はない。理由はある。
リズムもイズムもある。
ファンタスティックなドリームと、
チェンジしていくミステリーに、
協力姿勢が互い違いに。
ファンキーなロストチルドレンならば、
究極的カテゴライズ?
意味不明なワンダーランドさ!!
素敵さがファンキーなドリームを、
結びつかせる究極が
そのドリーマーを。
栄光にすらワンダーランドに差し出しているから、
究極的ロマンロックファンタジーなんだ。
クォリティが異次元ならば、パーティすら始めちゃうんだ。
理解してくれるファイナルフュージョンならば、
歴史的トークバック。
意味不明に展開されるとすれば、
記憶的ラブリー。挑戦的メッセージで、
荒唐無稽なファンタジーを、教えてくれるんだ。
それらはファンキーだからこそ美しいんだね。
理解するためのフューチャーは、
ドリームを呼び寄せてなおも、
続かせてくれるんだね。
ファンキーなロストプラネットなんだね。
確実性が興味を示しているんだね。
ファンキーなんだね。偽りパーティなんだね。
空中に浮く歴史が確かならば、
空洞を意味する僕の馬鹿馬鹿しさ、
失われることへの恐怖?
意味不明にトークバックするなら、
空虚な伝説。やったぜ。ファイティングチョコレート。
イメージが調整する僕の彼方に、
メッセージすら展開させたい。
イメージがチェケラッチョにしてくれるなら、
ファンタジー、クォリティで異次元を突破するならば、
クォリティ的にファンタジスタ、
影響力がぶっ飛ぶ必要性が出てくるだろう?
ハーモニー、宙に浮くならばそれこそが歴史だ。
ファイトスタイル、エンジャッジメントならば、
ストライクゾーンな必要性すら、
舞い戻る空中戦すら、
ワンダーランドにテキーラ行ったら最後はリバースになっちまうだろう?
空虚な歴史、ファンタジーとうつ伏せに、
ファイティングチョコレートにしてくれるのさ。
それこそがハーモニーだから。
伝えられるファンキーだから。
得手不得手あろうが、
メッセージ、トークバックしてくれるなら、
ハーモニー。伝えだしていきたいぜ。
ファンキーならばロストプラネット。
確実に、俺は世界をとりにいく。
果てしなくても構わねえ。
リズミカルでも感動的だ。
サクセスが次の展開をワンダーランドにさせてくれるなら、
曖昧ミーマインちゃんだ。
素敵なファイナルアンサー、
呟けるなら、それこそが希望だ。
フューチャーラブな可能性?
馬鹿馬鹿しいほどの運命を感じるぜ。
素敵なファイナルアンサーが、それを呟くなら。
いっそのこと教えてあげよう。
意味不明に体感温度を上昇させてあげよう。
弱卒ルーキーさんこんにちは!!
炸裂ビジネスでオーケー?
意味不明な展開と共に笑い出した。
空虚な伝説に試され出したんだ。
理屈抜きで笑い続けてきたのに、
奇妙でファンタジスタな意味不明が
トークバックしてくれるとは。
こんなにも素晴らしいとは、
気づかなかったんだ。気づけなかったんだ。
リアルに男らしく。
希望としてあなたらしく。
九十九里浜素敵な歴史を、
階段を上るように空虚になりながら、
素敵なファンタジーで付け合わせていく。
ファンタジスタはそれを望むから、
素敵になれるんだ。
空虚になれるんだよ。
止まらないのさ。大好き展開、
メロディがチョコレートなチェケラッチョになりそうな気がして。
ファンキーなメッセージ、トークバック、
描いた夢とここにある今?
大切な言葉、空の群青。
素敵さが跳ねまわるでしょう?
ケセラセラに、疑いまくるでしょう?
気象衛星も踊り続けるでしょう?
ファンキーなもんちっちが動くならば、
ファンキーなロストチルドレンになってしまうなら。
究極とロマンロックにファイターが動き出す。
ファンキーなロストプラネットだ。
活動するファイター、理想とチェケラー、
イメージが挑戦的に、かつラブリーに敗退していく。
人一人救えなくて何が世界を救うだ。笑わせんな。
白熱のワンダーランド、
気象衛星が素敵になってくれるなら。
希望とワンダーランド、
差し出す空間、ベリーナイスですよ。
チューズミー!!
素敵なファイナルアンサーを呟けるなら、
希望、明日、ロンリー、それでも孤独。
リズムを作りながら新しい世界へと。
僕は踊りだす展開へと、
零れ落ち、更にトークバックさせられていく。
ハーモニー、最高な人間にしか切り開けない未来がある。
挑戦的ラブライバー、
世界の全てを包み込むような、
そんな歌声だ。
リズムがチェケラーしている
ファンタジーを、栄光を、
見つめてなお止まらないスキューバダイビングを。
生きている価値観も、ブルースなチェケラー。
ファイティングチョコレートならば、
埋め合わせする天才にすらなってみせるさ。
空虚な究極は、ワンダーランド。
チョコレートソングで歌うしかない。
ハーモニーは笑い出すのか?
展開的には超ラッキーなのさ。
運命を感じた、あの日は轟き、
それでもどこにいこうが付きまとう、
馬鹿馬鹿しさと共に洗い出せる。
そういう展開にもっていったのは、
確実に俺が悪い?えっおれのせい?
ドリーマーな着実性、
ひたすらが僕を突き進んでいく。
本当に楽しいことにしか興味がない?
素敵なファンタスティックアイランドだ。
活動する宇宙なら、抵抗力だ。
差し出せるナンバーならば、
クォリティと共に引き継がれていけ。
ダンスするフィーバーナイトフィーバーだ。
活動する展開、ミステリーが呼び寄せる僕たちだ。
ミステリーは色んなものを導き呼び寄せる。
僕も歯車の一つであるということ。
希望がファンタジーならば、
栄光で全てが困り果ててしまうなら、
希望的観測、宇宙になってしまうまで、
影響をヒップホップにさせようじゃないか。
イメージで、トークバックするならいっそのこと。
ラブリーハートを見つめだす、
ライクライクなキャパシティに会いに行きたいから。
ドリーマーはチャンスを運ぶのさ。
それでも素敵さに頂戴されるならな。
奇妙な勢いで、どこまでも素晴らしいその意味は駆け抜ける。
大切にされることをまるで喜ぶかのように、
ギャグにすらならないそのしつこさに、
ドリーマーはチェンジさせられていく?
お前らがどれほどちっぽけな存在なのか教えてやろうか!!
奇妙さはファンタジーを生み出していく。
ラップしてハプニングは巻き起こっていく。
理想がチェンジされるなら、
この嫌いな未来に大胆不敵にさせるなら、
ワンダーランドとチョコレート。
イメージを体感温度で上昇させるぜ。
クォリティでメッセージをただ、ここに浴びせる。
理解しているからこそのフューチャーエアラインだ。
伝えきれるなら、
ファンキーな露呈するミュージックは、ファイターなんだ。
リズムとチェケラー、
メッセージをクォリティを、
受け継がせる、感覚的ブルース、
影響力、ヒップホップな可能性だ。
大胆不敵な影響力だ。
ミュージックが偽るなら、
その展開とドリーム。
描いたバカらしさと共にエンジョイしないか?
素敵なライクライクはエンジョイしていくのさ。
大切な言葉とエンジョイパーティとは。
意味がない炸裂だったとしても、
クォリティとワンダーランドなんだよ。
ケセラセラに笑おうとも、
イメージが超越しようとも、
素敵なファイナルアンサー。
呟ける希望がある限り、
ダンスできる限り、
イメージが調節しているラブリーは、
エンジョイしているパーティナイトは、
イメージでチョコレートにさせている。
理屈じゃない、それでもリズムは作られた。
馬鹿馬鹿しい文章と共に、
描いた素敵さと共に、
究極性はドリームを描くのか?
素敵なファンキーになったら、
なっちまったら僕はどうすればいいんだ。
数がはからずとも、
空虚な伝説を作り出す。
ファンキーなメロディは愛おしむように。
究極性は未来を食べてしまうように。
覆すのは未来とワンダーランド。
空中に浮いている歴史を笑いたいかい?
メッセージは続くのさ。どこまでもね。
ラップ現象、メッセージ、
歴史的究極は、
ファンタジーすら求めていくとすら思えるんだよ。
それを希望と呼んだらしい。
イメージは追及する為にあるらしいんだ。
ケセラセラだよな。本当に、器が知れるよな。
空間的サバイブがメッセージになっていくなら。
ロックンローラーなイメージを、
チョコレートにしてそれでも、
究極的ロマンロックは歌いだすのさ。
ファンキーなミュージック、
ファンタスティックな活動、
ワンダーランドなチョコレート、
素敵だろう?ファンキーな路頭に迷いそうだろう?
奇妙なことに一切迷いがなかった。僕の足は最短距離でその場所へ動いた。
リズムがチェケラー、
ミステリーワールドで調節している。
ファンキーなロストチルドレン。
空中に浮いている歴史のように、
空虚なドリーム?栄光すら捨て去るのかい?
希望はワンダーランド、連れて行ってくれ。
ドリーマーがチャンスを、運ぶ場所まで連れて行ってくれ。
今日も僕は言葉とらぶらぶに愛し合う。
大好きなんだ。言葉が。愛してる!
言葉も俺を愛してくれてると信じてるよ。
なあ、言葉たち。そのキュートな前髪を僕に見せて。
大好きな天才、展開力、
メッセージが宿るなら、
言葉たちは踊りだす。
僕の脳みその中で。
あらゆる世界観、踊りだす究極、
ファイターに世界観を見せるまで、
永久的に空虚な伝説を笑い飛ばすまで。
クォリティがファンタジーならば、
栄光と共に受け継がれる。
ファンキーなエイトビートが乗り上げる。
大切な言葉とクォリティ?
ダンスするフィーバーが歌うなら、
希望的解釈、伝説的未来にすら会いにいけそうだよ。
ダンスフィーバーする暇もないってなもんで、
浮き沈みの多い浮世でござんす。
突発的に突破することがヒーローなら、
影響力、ミステリーを食べて昇華してしまうなら、
空中に浮いている庭園。
それでも抱きしめるなら、空間をリライトさせるなら、
希望を照らし出してあげたい。
リズムで笑ってあげたいんだ。
その希望に、ワンダーランドは続くのかい?
理想の調子は、なおも新しく。
希望的解釈で移ろいゆくほどに、
空中に浮いているのは、
理解するためのファンタジー。
それでもクォリティがのろけだすなら、
空間的ラブリーに調節されるなら。
運命を笑おう。君を歌おう。
理解するためのフューチャーアイランドだろう?
理解するためのファイターだろう?
止まらないならドーパミン、
ひどい筋肉痛だった。
素敵なファイターだったのか?
正しさがなんなのかなんて分からない!!
リズミカルなファンタジー、
影響力も哲学も宗教もワンダーランドだぜ!
大切が踊りだすなら、その空間だ!!
ビリーバーなチャンスが追いかけているのかい?
希望的ファンデーション、リライトしているイメージかい?
強烈なサディストやね!!
ライクライクなパーティに埋もれもがいても、
素敵にファンタジー。
正しさがミュージックならば、
希望、ファンタスティックな恋愛模様!!
追従許さぬ素敵さが、
ファンキーモードを連れてきている気がする。
ラブリーなチェンジに逆らう気か?
逆立ちし続けても満たしたい。
リアルフューチャー、ドリーマーを描きたいから。
究極的はロマンチックでしたか?
ファイナルファンタジー、それは倍になるらしい。
感覚的影響力、
ぶっ飛んだ価値観と世界観。
リズムがスカイクレイバーなのさ!!
まさにみんなが君のフレイバーなのさ!!
覆せるベイビーかい?
意味不明にトークアバウトかい?
イメージが超越してくれるなら、
ファンタジー、クォリティ?
異次元突破するミステリー!!
感覚的影響力にぶっ飛んだ仲間を
エイトビートにさせるなら、
運命すら感じてしまいそうだぜ!
リアルなヒッチハイクでどこまでも駆け抜けたいかい?
理想はチェンジするしかないのさ。
希望的観測もいわば虚ろなものさ!!
退屈感に全てを預けたなら、始まるのだよ。
リズム?つまり究極、つまり圧勝なのさ!!
希望的観測、宇宙を差し出せるイメージになってまで、
エネルギッシュなパーティ?
虚ろな方向が崩壊さあ!!
ドリーマーなチェンジがミステリーなのさ。
希望的観測?俺はいつからそんな偉い人間になったんだ。
覆してやる。たらいまわししてやる。
素敵がファンタジーならば、
エイトビート?栄光を差し出せるイメージでありたい。
強力な世界観に、またもやミラクルが飛び跳ねてくる。
大好きな展開、まさにトリップワンダーランド。
空中に浮いている歴史すら、
ワンダーランドにされてしまうならいっそのこと
解き明かそう。未来を連れてこよう。
ダンストゥフィーバーならば、
栄光すらワンダーランドに溶け出してしまいたいぜ。
空中?歴史と共にファンタジスタなのさ!!
クォリティで異次元を突破するなら、
究極的ともいえるミステリー、ヒステリー。
エキゾチックなワンダーランド、
空中に浮いている魔観光殺法だから、
大好きは展開されていくのさ!!
希望的観測に未来と宇宙を見な!
大好き!大好き!
結構だ、素敵だ、ファンキーなロストプラネットだ。
活動する展開が笑い出すなら、
空虚に生きる僕たちが連れてくるなら、
イメージ、むしろファイティングさせちまおうか。
素敵なファイティングはチョコレートだ。
素敵すぎて止まらないんだ。
究極的ファンタジスタだ。
ホットチョコレートみたいにとろとろにとろけて、
甘い君を見たい。ハプニング起こすほどの、
健康体?炸裂するビジネスさあ!
オーケー、止まらないなら叫ぼうぜ!!
理解するファンタスティック、双方向的なラブが
生み出せねーなら意味はねーのさ。
ラブリーチェンジにまさぐり合う。
リズミカル、融通を利かすのが俺の仕事だ。
つまり俺は道を作るもの。
大切な言葉、エンジョイキャプションだ!!
素敵なファンキーに、路頭に迷いそうだぜ!!
リズムがチェケラー、かざす天気予報。
大切が言葉ならば、エンジョイパーティになっていく。
理想がチェケラーならば、
それらを生み出すことが愚かに見えるならば、
固唾をのんで見守る素敵さだよ!!
その空中庭園すらも、
メッセージすらも、
いたちごっこにさせたのは誰なんだよ。
おい誰なんだよ!!
半端ないキャパシティかい?
俺がいっそのこと手に入れてやろうか?
無限に広がる世界と、
歪な今回は、リズムで素敵にさせてあげよう。
それは無限に楽しい世界。
脳みそ膨張、隣人も発狂。
今回は発表、理屈は止まらない、
ジンジンジンギスカンです。
別に笑われようと、歴史にさせた訳じゃねえ!!
生み出した儚さは嫌いだろう?
浮き沈みの激しい渡世はいやでござんすだろう?
半端ないイメージを持っているからって、
素敵な嘘をついてんじゃねえ!
見たことないし聞いたことない!!
それこそ素敵なまやかしだろうが!
理屈な影響力、
ぶっ飛んだ価値観と正攻法ではいかないイメージかい?
信念を貫く人でありたい。
価値が追いかけてきたとしても、
クォリティ、ダンスするイメージにどうかなっちまいそうでも、
大胆不敵な活動家?
意志により動いてる僕の魂を揺るがせるか?
その言葉の一つ一つに魂を揺さぶられる。
言葉で遊んでるんじゃない、僕は言葉に遊ばれてるんだ。
リズムで、影響力、
ぶっ飛んだ価値観、メロディ、
突っ走る。私は影響力。
その脳みそには可能性という奴が一杯詰まってんだ。
理屈は能無しかい?
素敵なぶらり旅かい?
メッセンジャーがトークバイトークするなら、
憂鬱なこの一日すら晴れていきそうだぜ?
俺はヒントを与えてんだ、
そこからの道は知らねえよ。
リズム、チェケラーなファンタジーを
思い知りたいかい?
リズミカル、歌いだすファンクションに、
ひたすら楽しい道へと突き進むぜ!!
ファイティングチョコレートならば、
夢より楽しい世界にゴー!アクエリオーンだ!
素敵がファイター、生み出した価値が悶えだすなら。
クォリティでダンサー、イメージを調節して、
それでもリズムをどうにかさせていく。
ハーモニーは歌いだす。
ファンキーだからこそ、
生み出した大会制覇、
ミュージックはパーティションを区切られないように。
弄ばれないように、
あの子に嫌われないように必死に自分を飾るのもそろそろ疲れたのさ。
静かに沈みだす。
空間ラブリー、調節している勇気がファイティングだ!!
理想的展開と共にファシズムは伝えまくっていく。
理想的展開、天才的メロディに身を寄せるように。
空虚はまた時代を食べ始める。
クォリティが異次元ならば、
半端ない競争力。
サバイバル、価値観を影響力に、
ぶっ飛んだ価値と、影響力、
てっぺんをとるのは俺だあああ!!
興味がないかい?
素敵かい?ミステリードールにすらなっちまいそうかい?
ファンタスティックならば、希望的ワンダーランド?
チョコレートに素敵にさせやがってやっちゃうぜ?
ファンキーならば、路頭に迷っちゃうぜ?
ファイティングチョコレートならば、
素敵なファイナルアンサー。
ことごとく素敵になっちゃえるぜ?
理屈が快感なんだ。
ワンダーランドをミステイクさせていく。
理由なき反抗とそれに伴う反動。
参考書には書いていないことばかり参考にしてきた。
正しさが何なのかなんて俺は知らねえよ。
ただ、言葉で表現する程度のことは俺にもできる。
正義は勝つらしい。いや、勝者だけが正義を主張できるんだよ。
大切な言葉がエレガントだ。
今までに伝えられなかったイメージを乗り越えて、
素敵に成り上がるは、ファンタジー、
アイランドを見つめてございます。
リズミカルに疑います。
嫌いになります、空虚になります。
栄光のエイトビートとユーロビートになっちゃいます。
極め続けるパーティとは、
失うことすら爆笑させていくのかい?
理想がチェンジしていくなら、
それについてこれなきゃ意味ないぜ。
なんも意味ないぜ。ないないぜ。
ハイテンションなブルースが許せないのかい?
僕は君を許すけどね。
地獄にいる奴ら全員天国に連れてきたら大混乱じゃねーか。
それでもカオスが好きな僕は笑うのかい?
すみわけができてねーとよ。
半端ないリアル、メッセージ、
歴史的ドリームだ、調節してくれるミステリーだ。
かいつまんで、歴史がクォリティになってしまうなら。
ドーパミンが溢れ出すぜ!!
究極とはこのことか!!
リズムがチェケラッチョするファンタジーか?
栄光のエイトビートとユーロビートは
サクセスする炸裂を求めていくのさ。
希望的解釈を、
移ろいゆかせる為に、
希望はワンダーランドになさせる為に?
理解を、したいよ。
自らが見つからなかったとしても、
クォリティでダンスするイメージは
太鼓判を押してくれるでしょう?
ファンキーなロストプラネット、
確実性の耕す未来へと、
旅立つ世界観、
ミステリーワンダーランドを追憶の彼方から、
素敵なファンキーをロストプラネットにしてくれるのさ!!
ファンキーならばロックンロールだろう?
奇妙なファンタジスタだったとしても、
嫌いになったとしても、
栄光のユーロビートは楽しんでくれるのさ!!
ファイター共がそれを了承したんだ、
イメージはチェケラッチョになっていくでしょう?
ハーモニーとして歌いだせるなら、
ファンキー、つまりロストプラネットだ。
最高に楽しい人間だけが描けるパンチラインがある。
面倒くせえパンチラよりパンチラインを鍛え上げる。
リズミカル、行動的シンフォニー。
歌いだす破滅的ソングライティングは、
その価値観を押しかえすように?