トーク力とトークライブだけでは、
何かが足りねえ。
リズムで共鳴する、
疑いすらもねえ。
ライクライクならば、
希望と観測、宇宙の向こう側。
素敵なファイナルアンサー。
家族。選べない。血は赤いだけじゃない。
大切な言葉がエンジョイしそうで困り果てたか?
メッセージが調節する未来なら、
あるいは怖いものなんて無いと思ったかい・
理想がチェケラーするならば、
協力的サクセスにすら、
運命にすら、
希望的解釈を虚ろに、
ファイター共は炸裂していたんだ。
ファンキーなモンスターなんだ。
クォリティが異常なんだよ。
スパイラルなんだ。
ロックンロールなビジネスが、
オーケーしてくれるとは限らないのさ。
ミュージックにファイター、
楽しそうに木霊する空気感。
理解するためのファイターならば、
希望的観測に、宇宙が差し出せるなら。
空間的ラブリー、超越していく。
メロディックライン、
突っ走るファイターで、
歴史は慟哭を素敵にファイナルフュージョンに、
価値観はブルースであり、
興味をしめすなら。
価値観とブルース、共鳴とファンタスティック。
恋愛トークをしていくなら、
理解するフューチャー、
価値観とメロディ、突っ走る歴史?
ファンタジー、クォリティで異次元を突破していくんだ。
理解力と、イメージ、
理解者達が描くドリーマーかい?
ファンタジスタな恋愛トークだ。
下には下がいるねっていって
喜べばいいの?
おいざっけんな。
で、天才が踊りだして、
その方向にリズムがあって、
それでも声高になるメッセージ、
君たちの理由はなんだか馬鹿馬鹿しいよ。
メッセージが伝えてくれるなら、
ファンキードリームで、
素敵なファイナルアンサーに、
希望的ミュージックに、
ファイターすら映すなら。
ファイターとその歴史、
食いつぶすことすらリアルに思えてしまったら。
理解するフューチャー、
ドリーマーなキャスト?
運命が笑い出すなら、
その展開力なんだ。
素敵なリズムがワンダーランドなら、
希望的解釈、
イメージが挑戦権を獲得していく。
ドリーマーなチャンスを、
蔓延らせてなお、
大切にさせたがるイメージで、
調節を展開させた!!
それはミラクルなのかい?
それを希望としてアテンションできるならな。
俺はあまりにも孤独な空間を広げ過ぎた。
ファンキーな路頭に迷うならば、
栄光と差し出すイメージ。
大好きな展開、理想像、
あらゆる方向に広がっていく運命があるという。
理解するためのフューチャーが、ドリームがあるというんだ。
覆す今がファンタスティックならば、
活動的展開、馬鹿馬鹿しいと思うほどに。
クォリティで異次元を突破する如く、
イメージが共鳴していくから。
ファンタジスタな運命は、ただただ立ち眩みだ。
素敵なファンタジスタが今を重い、
ロックンロールにひたすらになっていくなら、
僕の希望、大会制覇、
メッセージなチョコレートすらも、
栄光で永劫にしていく、
ラブリーなチェンジは何を求めればいいの。
究極的ロマンロックンローラー、
それでも立ち上がり続ける、
ファイターは何を望むの。
僕はどこへいけばいいの。
僕の素敵さを逆らわせている。
僕の瞳を見てる。
空間的ラブリーに生み出される超越者。
イメージなところてんとは、
それらが目指し続けるメッセージとは。
確率の世界で、
正しいミラクル、挑戦権だ。
確率じゃねーだろ。
半端ないリアルで、
運で全てを掴み取るのか。
まあそれもあるかもしれないが、
理解するフューチャー、
人と違う部分が大きいということは、
失礼ながらファンタジスタを、
栄光を、願える素敵さを。
ファンタジスタな栄光を呼び寄せてくれるのか?
ファンタジーアースが望むなら、
どこまでも突き進んでやろうか。
このままビリーブの意味を教えてやろうか。
イメージが挑戦的に、あるいはラブリーになってくれるなら、
理解者、ドリーマー、書き綴った永遠に、
未来との挑戦権、
全てが言葉で照らされた、
言葉でがんじがらめにした素敵さに、
栄光と永劫の時を歩むなら。
希望的解釈に虚ろにさせられるのかい?
旅立たせる展開と共に、
宇宙を差し出せるイメージを頂戴されていくのかい?
なあ、奇妙だとは思わないのか。
歪な天才たちが、浴びる共鳴と強制的なメッセージかい?
理想が超越していくんだよ。
つまり、意固地なファイターなんだよ。
それらが意味してくれるなら、
希望すらワンダーランドになってしまえそうなのさ。
覆すミラクルに、希望をアテンダントするということか。
リズミカルな歌いだしながら、
寂しさの隣に君がいて、
悲しさの隣に僕がいた。
寂しさ悲しさ手を繋いで、僕ら二人を会わせたんだ。
4人で並んであるけばいい。
手と手を繋いで歩けばいい。
一人よりも二人よりもほら
にぎやかで楽しい方が良いから。
正しいミラクルに、調節してくれるなら。
半端ない理由と、止まらない歴史?
究極的ロマンスが生き残るなら、
ファイター、
歴史的ドリーマー、
描く究極性ですらも、
傾向を笑い出す展開にさせてくれたんだ。
ファンキーなロックンロールで、
大切な言葉、エンジョイパーティ。
ロックンロール、ファンタジスタ、
時空かくれんぼだ。
メッセージ、超越するファンタジー、
理解するフューチャーだ。
どこまでも深い僕の生き方は、
リズムで調節しているだけじゃ面白くないんだ。
奇妙だろうが、ワンダーランドだろうが、
覆すリミットすら、
馬鹿馬鹿しく思えてしまうんだよ。
究極的ロマンロックがベイビーならば、
覆すさ。意味すら越えていきたいのさ。
理屈を越えて、ファンタジアを越えて、
リズム、リスク、ハイポーションを内側に秘めるなら。
素敵なファンタジスタ、映像が栄光を差し出していける。
大胆不敵なメッセージ、クォリティ、
異次元突破する理解者、
ドリーマーなチャンスを浴びせていく。
大切な言葉、エンジョイパーティに、
オスナヨゼッタイオスナヨ
の呪文を唱えるぜ。
覆すリミット、
ファンタジアはチェケラッチョ?
意味なんてどうでもいいんだ、
適当だこんな感じだ。
キリがないとはこのことか。
無限に天才的になれるなら。
究極的ロマンスが、内側に宿るなら。
素敵はファンキーなんだね、
理解力が足りなくて悲しいよ。
ハイテンションになれなくて申し訳ない。
理想とチェンジする未来、
調節しているラブリーだ。
奇妙なファンタジーを連れてきた。
聞き流すストーリー、
ファイティングチョコレート、
イメージを調節してくれるミラクルに、
理解力もファンタジーにさせていく。
ドリーマーなチャンスを暴れてくれるんだ。
理解するためのフューチャー、
ドリームなチャンスを、栄光に差し出せるか?
空間的ビリーブは、その先に何を望む?
理解的な伯爵は、ファンタジスタの栄光のその最中で、
ドリーマーを食べて遊ぶように。
ただ立ち尽くす今というリズムの中でだけでは、
俺の越えられるミステリーをダンスできない。
イメージが調節するなら、
いくらでも言葉の引き出しを持っている俺の方が。
未来が魅力的になっている、
ファンタジスタとして栄光を灯しださなければ。
素敵なファンタジーが踊りだすならば、
究極的モンスター、
頂戴できるか?
理解するためのフューチャーに、
あるいはドリーマーに、
栄光を頂戴する為に。
クォリティはまるで、それのみにダンスをさせるように。
空虚な歴史、ファンタジーを連れてきた。
半端ないリアルと、それが生む白昼夢のコミュニケーション。
ただ立ち尽くす僕の弱さと青さが日々を駆け抜ける。
そうさ何度も。
リズミカルな行動の果てに、
何を目指すかは好き勝手選び放題な
意味であるべきで。
究極的モンスターの答えがちぎられるなら、
素敵さとモンスター、
追従するミラクルはアテンションを、
理屈は理解を越えていくべきであって、
素敵さはその虚無の中で置き忘れた居候だろう?
興味がないなら卓越することにすら意味はなくなるのさ。
リズムがそれらを笑っているなら、
それに身を任せた俺の歪さとは、
究極的ロマンスとは、
意味のないものに置き換わっていく。
それを誰が喜びと表現できる?
まあ、いいさ。
好きにやるがいい。
俺は俺の道を行くんだ、
それは曲げねえし、
ひたすらな協力姿勢があったとしても、
俺は俺に伝わる伝説を越えさせてもらう。
どんなに技術があっても、
理解できない強力性なら、
ただただ馬鹿馬鹿しくなるだけだろう?
奇妙なファンタジスタにすら、
運命を浴びせてしまったんだ。
理屈じゃないんだよ。それは少なくともね。
希望的コミュニティで、
伝説は踊りだす。
ファイターはそのスタイルは、
影響力をヒップホップにさせていく。
ロマンロックなファンタジーが、
クォリティすらも呼び寄せてしまうなら、
空間的ラブ、意味不明なトークライブすら、
栄光を呼び寄せて笑い出すだろう。
展開的な究極が、
それのみではリズムにならないと
自らの存在を憂いても、
ただ意味のない行動にやつれだす
意味のなさこそが、
アテンションプリーズな行動の美学として
虚ろに移ろいゆく伝説と化していく。
意味はアンチテーゼなんだ。
素敵な究極を、理想を、チェケラッチョを、
生み出してまだまだ果てしない闇を葬るつもりなら。
希望的解釈、虚ろに移ろいゆく天才としてまで、
エネルギッシュとなってまで、
さらばバイバイと言えちゃう僕たちに、
イメージが超越してくれるなら。
ファンキーに路頭に迷っていく侍となっている。
ドリーマーなチャンスが、横暴な失礼を連れてきているんだ。
ファンキーなドリームが、永劫の時を新しくさせようと、
意味なんてないんだ。究極的なんだ。
クォリティが異常なんだ。素敵なんだよ。
ファンタジスタが永遠を望んでいる。
その戦いであがった火の粉で、
泣く泣く僕ら暖を取ったんだ。
ハリーポッターより秘密な部屋だ。
大好きな展開を呼び寄せる。
大切な言葉、エンジョイパーティになれるなら、
覆す希望が、ワンダーランドを伝え始めるなら、
究極的、ロマンロック的とも言える、
ファンタジスタな未来は近未来を連れてくるか?
イメージがそこら中にあるチャンスを是とするなら、
歴史、その光景、
ミステリーが生む白昼夢ですらも、
その謙虚さの一部でしかない。
大切に木霊させてきたのだろう?
よくここが分かったな、
今までのことをすべて謝ろう。そして感謝しよう。
世界とはどういう方向に対して
リズムが調節されていくのか、
その理想のチェンジすら、
差し出せるリアルに、ファイトスタイルに
嫌いにさせてみせよう。
リズミカルなファイター、
美しい歴史がファンタジーを、
越えてなお轟く居候を。
ミュージックなファイターを、
歴史的究極を、
理想をチェンジさせていく理想にすら。
開拓する文明にすら、
虚ろな展開を呼び寄せているんだろう・
ファンキーなロストプラネットが確実性ならば、
ファンタジーなクォリティ、
異次元を突破するファイターだ。
何を望む。未知の世界。
望んだのは想像を越えた未来。
リズムがチェケラーしてくれるのなら、
その足跡を、足音を、
メッセージに貫かせてまで、
それらをファイトスタイルにさせようが、
大切な理解者、道徳な未来像だ。
大切な言葉と影響力が、
ヒップホップな可能性になるなら、
究極的ロマンロック、
歌いだすハーモニーが、
歴史を呼び寄せる、感覚でブルースを頂戴したいかい?
イメージが調節する段階へと辿り着きたいかい?
イメージで調節していくファンタジア、
大切な言葉でエンジョイパーティ、
ロックンロールなファンタジスタ、
影響力ヒップホップ、
悲しいほどのドリーム、
影響力はヒップホップになるだけ?
覆すファイタースタイル、
影響力をヒップホップに、
ドリーマーなチャンス、ファイティングチェケラー。
イメージをチェケラーにしたドリーマー、
影響力とヒップホッパーならば、
影響力とぶっ飛んだ価値観。
影響力とヒップホップな可能性が、
偽りな天才的すらワンダーランドに変えてくれるなら、
リピーターとダンサーするイメージ、
調節してくれるミステリーにすら、
興味を示してくれるから。
それこそがラブリーだと信じているから。
ラブリーゲームで調節していくのさ。
ハーモニーならば、
伝説的ミラクル、調整でイメージしていくんだ。
ファンキーな路頭に迷っていく失礼があったとしても、
クォリティ、ダンスしていくミステリーにさせていくのさ。
ラブリーハートで、影響力でぶっ飛んだ価値観に、
メロディックラインは突っ走る、
ファンタジスタな栄光を呼び寄せてくれるんだ。
ファンキーな路頭に迷うなら、
理解するための究極に対して、
理想をチェンジさせていく未来を、
耕すなら。
その空間に、愛を灯すなら。
希望的解釈、
向こう側にある偽りから、
理想的展開は更に動き出す。
ファイトスタイルでエンジョイしてくれるなら、
ファイター共に新しい可能性すら差し出せそうだ。
クォリティがファンタスティックを望んでいくなら、
今日、共鳴するエキゾチック。
リズムがチェケラッチョファイターならば、
失うことすら馬鹿にされるのであれば。
究極的ロマンロックにすら、
アテンダントプリーズにすら。
開拓されていく文明の、向こう側から。
運命は慌てだしている。
半端ないリアルのその向こうに、手が伸ばせそうだ。
大切な何かを掴み取れそうなんだ。
あとちょっとの世界観で、
理想は調節されて、
リズムは慟哭を呼び寄せ、
大好きは展開され続け、
運命は慟哭を笑い続ける。
だって、俺には才能があるから。
それだけでイメージを調節できるのか。
果てしなく素晴らしいな。
展開力の違いだよ。
ミステリーが興味を示したかい?
ファンタジスタな栄光、影響力、
突っ走る楽しさであったから、
あなたといて楽しいと思ったから、
リズムで調節しているファンタジスタ、
理屈じゃないからこそ、
めんどくさいんだ。
ひたすら慟哭を、未来を、
調整してなお、作り続ける理想を。
展開力を、メッセージを伝えてなお、
素敵なファンタジーを呼び寄せてくれる。
謙虚なドリームが運ぶ場所が栄光なら、
伝えてみせる。ドキドキの未来ですら、
価値観ですら、
ミュージックですらも。
栄光が笑い出す展開に、
ケセラセラ、せせらぎさんでも、
ファンタジアでも、構わない。
理想的展開が爆笑しようと、
メッセージ的な共鳴が、
サクセスしようとイメージが、
大切なミラクルに調整されようと、
大切な慟哭で、未来を守るんだ。
究極的は蔓延らせながら、
それでもメッセージを高鳴らせていく。
リズムが理想的でチェケラーだから、
運命的記録がアップアップだ。
理想的展開が笑い出すから。
究極的ドリームで、
栄光を呼び寄せるなら、
ファンタジスタ、影響力がヒップホップ、
可能性とワンダーランド、
注目してくれるなら、
ラブラバーズ、天才的ドリーマーに、
影響力はヒップホップになっていく。
ロマンチストなファイター、
理想像が狂い出すなら、
結構結局は。
理想がチェケラーパーティになっていくということは。
理想的ドリームで、
栄光を呼び寄せてくれるなら。
ファンタジスタな影響力、
ヒップホップな可能性、ドリーマーでチャンスを教えてくれる。
超めんどうくせー。
破裂するようなラブリー、
挑戦状が炸裂するビジネス。
だって俺は少しも本気を出していないんだもの。
飽きるほどに究極なんだ、
それこそ、踊れるほどにね。
リズミカルにファイトするほどに、
究極的ロマンチックが歌いだすなら。
パーティショータイム。
罪の意識はあるみたいだな。
結局メロディは突っ走るだけかい?
イメージが結局は、
堂々としているパーティにも、
炸裂しているビジネスに、
大したことはないが究極だ。
ロマンロックなベイビーであれば、
理屈じゃないのよそんな感じ。
理想はメッセンジャーは、
未来を満たしだすそのように。
リズムを拝借人間を物扱い。
リズムが整っていないだけで酒池肉林、
でも素敵さは究極をドリームさせていく。
理想はチェンジし、その侍たちに
影響力はヒップホップを灯していくから。
ロックンロールなタイマーであろうが、
究極的なミラクルであろうが、
構わないんだ。
リズムが協力体制にあるなら、
究極的ロマンス、
ベイビーのニューヒーローだろうと、
奇妙なワンダーランドは認め続けて果てしない。
究極なるリズムが荒唐無稽になるから。
リズムでチェケラーする僕たちですら馬鹿馬鹿しくなっちゃうんだ。
それを崩壊するリズムで照らし出したかい?
俺には適当なことすらできるって見せたかったのさ。
その奇妙さを、閉じ込めたかったんだ。
理想とそのチェンジ、
理解するためのフューチャー?
ドリーマーをメッセージにさせていく。
ファンタジーなクォリティを差し出すように、
猛り狂いだすように、
奇妙なファンタジーをどこまでも突き抜ける。
大好きだからこそ、いたちごっこを守り続けるんだ。
それは嘘じゃねえ。
理解するためのフューチャードリームが、
今も尚守り続けるなら。
究極的展開は、
今を、ロックンロールを守りますか。
覆す魅力的ファンタジーは、
それでもクォリティを灯し続けるラブを、
イメージを超越していくはずだから。
リピートとマイダンサー、
クォリティが一途になればなるほどに。
究極的モンスター、何もかも溶けてなくなった。
リズミカルな究極が、
理想がチェンジさせられていくならば。
ファンキーなモンスターとクラッカー。
ファイトスタイルは初めからジャッジメントだったんだ。
大切な言葉がストーリーなら、
埋め合わせする天才が呼びこんでいるなら。
ロマンロックなファンタジー、疑えるなら。
活動する展開、冷えだす気?
関係なく昨日から、
影響力がヒップホップになってしまうなら。
究極的なほどのロマンロックファンタジー。
クォリティで異次元になっていくように、
理想が頂戴されてしまうなら。
覆すリミットと、疑いは破裂する。
意味不明なトークバックと、
理屈抜きでは面白がれないファイター。
理解をしたいよ。
ファンキーなもっちもちなモンスターだった。
追随するミラクルすら、笑ってしまえるほどの。
理解ができたかい?
イメージで調節する未来は、
卓越するように。
奇妙なワンダーランドは、それを越えていくように。
大切な、サクセスの行動の路床で、
大切な言葉をエンジョイパーティにしていく為に。
必要以上にあふれていく人々が。
サクセスする運命が。
妙に懐かしいのはなぜ。
クォリティが声高らかに、
高々と掲げたその拳、
微妙なファイター、移ろいゆくさ。
全ては交換条件だ。
それを素敵にさせたファイターに、どこまで高鳴るこの鼓動かな。
大切な言葉でエンジョイパーティだ。
ロックンロールはひたすらを求めてる。
希望的観測、おもちゃの鉄砲で、
打ち抜いた、歴史的ドリーマー。
究極的なファンタジーが、理解を共鳴させるなら。
ワンダーランド、それで伝えることにアホらしさすら感じたかい?
リズム、揺れる。ゆらゆら、刻みながら。
あなたはなぜこんなにも。
素敵なファイヤー隠し持ち、
素敵なロンリーの最中に、
エイトビートを隠し持ち、
素敵なファイヤー成し遂げる為に。
急遽作ったこのパーティで、
エメラルドな世界を旅しよう。
ケセラセラでも構わない。
理由はあってもなくても構わない。
ただ揺れることが好きだった。
どこまでも、伝わっていくから。
半端ないリアルにゃ協力しねえ。
いつかどうせ終わる旅を、僕と一緒に進もう。
理屈はなくてもいいんだよ。
リズムはあった方が良いんだよ。
大切な言葉、エンジョイパーティで
僕の指が重ねるいろはにほへと、
ちりぬるを、トガなくて死す。
構わねえ。ダンスしよう。
メッセージは置いてけぼり?それでもかまわない。
サクセスの為のストーリーならば、
希望が我が物を失うことを喜ぶならば。
もしも神様が僕の死を望むなら。
理屈抜きで、ファイター。
理想とチェンジ、ミステリーな談合。
素敵なファンタジー、クォリティで異次元だぜ。
突破するファイター、
歴史的究極だ。
ロマンロックが弾けそうだ。
運命と共に、笑い出しそうだ。
究極的ロマンロッカーならば、
理屈さえなくても構わない。
理解とテンション、理屈とイメージ、
理想とチェンジングしそうなマイメロディ。
突っ走るファイター、歴史的ドリーム、
ファンタジスタは栄光を呼び寄せる。
活動的世界観で、
歪な感覚になりながら、
素敵なファイナルアンサー。
大好きな展開だ。影響力、
ヒップホップで叶えられる夢がある。
素敵さと共に運んでくるキャパシティだ。
運命がよろしく言っている。
ドリーマーなチャンスが運び合っている。
歴史的究極ならば、
エイトビート、狂ってもいいから抱きしめたかった。
運命の歯車がぶっ壊れる。
何もかも溶けていく世界で、
あなたはただただ美しかった。
奇妙だった。微妙だった。
ワンダーランドだったんだ。
究極性は友達か?
理解するフュージョン、
失うことすら馬鹿馬鹿しい、
うなぎのぼりな天才は、
炸裂するワンダーランドで、
クォリティをマイメロディにさせていく。
半端なさでは誰にも負ける気がしねえ。
大好きだから。それは、天才的だから。
究極的ロマンスに、希望的観測に。
理解するためのフューチャー、
つまりドリーマーだ。
栄光が我が物にしてくれるなら、
ファイター、歴史的ドリーマーで、
描く未来って奴があってもいいじゃないか。
クォリティでメッセージ、
理屈な影響力、
ヒップホップが叶える夢があるなら、
素敵さはメッセージになれるのさ。
追憶の彼方へと描いた未来。
数ははからずとも、影響力。
ヒップホップな重ね重ねが、
素敵なファイナルアンサーを呟かせている。
ドリーマーなチェンジが、ミステリーを呼び寄せて、
それでもドリームを焦らせるなんて、
馬鹿馬鹿しいイメージだ。
すまんが理解するためのフューチャー。
歴史的にイッツラブならば、
コミュニティ。理解しようとしなかろうと、
意味不明だろうとそうじゃなかろうと、
理屈、沈む、リズム、そして俺イズムが、
最果てで迷い、うつ伏せで光り、
運命として希望となって煌めいていく。
ダンスフォーエバーな価値観ならば、
ファイティングプリーズしたくなるほどの、
究極的ロマンスは合わさっていく。
嘆きの歌を歌っている場合じゃねえんだ。
楽しい世界をエンジョイしている場合かい?
ミラクルな調節力に、
ファンタジスタな魅力を置いてけぼりにさせながら!!
希望的解釈で、ファンタジスタに
永劫の時を泳ぎたいかい?
炸裂するビジネス、体感温度は上昇中、
リズミカルな行動と、サクセスするミュージック。
ファイヤーマシンガン、
まさにエイトビートだ。
炸裂するビジネスをオーケーしてくれる、
リミットまで辿り着いて、
ファンタジアはメッセージを、
究極的なロマンロックなベイビーにさせながら。
強烈なファイヤーに騙されながら、
クォリティで異次元になっちまいそうだぜ!!
歴史的究極ならば、
理解力がファンタジーでしかないということに。
興味が炸裂するワンダーランド。
クォリティで異常気象、
炸裂するビジネスで、
ロックンロールファイターであり、
意味不明なトーク力が存在するなら。
希望的観測で、宇宙を見れるなら。
素敵なファンタジー、クォリティすら
一途なファイターにさせてくれた。
ファイターと歴史、
究極的ドリーマーで、
調節させたミラクルだ。
意味不明に展開させたミステリーが興味なら、
宇宙をサクセスしていくドリーマーな、
チャンスを横暴に逃亡していくのだろうか。
奇妙だとは思わないのか?
理想的なチェンジングはヒーロー、
リストアップする可能性と共に。
記憶が互い違いに。
涙に涙を足せばカラカラに。
大好きだからこその展開力、
メッセージなパーティは移ろいゆく。
伝説的クラッカーがワンダーランドを目指すように、
クォリティはダンスしていくメッセージを、
繰り返す理解のファンタジーを、
意味してなおも突き抜けるパーティを、
ロックンローラーなビジネスを、
追憶の彼方からラブリーにしても超絶的に。
ラブリーな方向性に、
器を試してくれるなら。
理解力とファンタジー、
歴史的ドリーム、
描いた夢とここにある今?
必要性とその向こう側で、
理想はチェンジしていくいたちごっこだ。
理屈はなくていいんだよ。
それでも理由はあっていいんだよ。
クォリティがダンスしようと、
意味不明だろうと、
運命に笑われようと、
必要とされているミラクルは存在する。
だからこそ超絶的なんだ。
ラブリーホールを認めてくれている。
ラブリーチェンジな明日を見ている。
興味を咲かせ、ミラクルを飛び跳ねている。
理屈を越えて、それでも逆撫でしていくパーティに、
明日も眠らず、きたるべき明日に夢を研ぐなら、
希望的観測。宇宙のベイビーソウル。
その儚さに、散る模様に、
素敵さはダンサーを躍らせるように。
空間はラブリーを挑戦させるように、
幾度となく戦い、リズムを作っていく。
理想は歴史をファンタジーにさせながら、
虚ろに極めていく理想は、チェンジしていくから。
ハーモニーは歴史、めんどくさいで済ませられれば
どれほど最高だろう。
でも僕は違う。
大切な言葉とクォリティ、
その前にやっておくべき必要性。
リアルなことにならないのであれば、
恥ずかしいほどの可能性が沈んでいく。
参ってしまうんだ。
自分の記憶に、食べられてしまうんだよ。
覆すことすら馬鹿馬鹿しい。
運命で食べてしまうなら、
覆す距離すら笑ってくれるはずだよ。
リミックス、行動の一致なら。
素敵なファイナルアンサー、
呟けるなら。
希望的観測が向こう側に、
あなたは隣でうつむいて、タンポポで冠を。
リズムがチェケラーパーティを。
理解が協力的に、ラブリーなチェンソー、
リビングデッドが活躍しているのね。
大好きな展開の上で、
白熱するダンサー?
クォリティが異次元を突破している。
ファンタジスタな永遠が、興味を示す
全部食べてしまう、究極的リズム、
ファンタジスタ、栄光を我が物に。
素敵?光景は何を見捨てるだろうな。
そこが分からないまま追突しても意味はないのかな。
俺が描いている幅広い世界は、
どこまでも突き抜けることを許されているよ。
活動する展開に影響力、
ミュージック、虚ろな天才と共に、
受け継がせるリピーターが存在する。
覆すことに意味がないなら、
素敵なファンタジーに、クォリティすら歪にさせるしか
なくなってしまう。リアルじゃなくなってしまうんだ。
覆すことに意味がなくなる?
希望に、後ろ側に、大切にしてきたリズムに対して、
申し訳ないとは思わないのか?
希望的卓越で、ワンダーランドをミステイクしていく。
希望的チェケラー、
生み出す価値観と、栄光のサクセスのワンダーランド、
クォリティで異常になっていく。
理想像、展開するミステリーとは、
サクセス、次の一歩が決めてしまう。
リアルなフューチャー、リズム、
傾向が笑い出す、
展開力、サバイバル、
栄光を踊りだす、空虚な歴史?
ファンタジスタを永劫の時を、
泳げる苛まれている価値すらも、
ビューティフォーな栄光すらも。
究極的ロマンスがあっぷあっぷするなら。
大切さがイデオロギーだ。
突っ走るミステリーはワンダーランドだ。
クォリティが異次元突破。
ロックンロールベイビーだ。
炸裂するビジネスがオーケーと言ってしまうなら。
結局サクセスのベイビーかい?
失うことすら馬鹿馬鹿しいかい?
マジックミュージックは憂鬱だよ。
希望に照らされるならな。
結局ハリボテの世界だってことさ。
運命がかみ合い、俺達は必要以上の
サクセスを手に入れたのだろうか。
奇妙なファンタジーこそが、
影響こそが、
ラブリーなチェンジをミステリーを、
栄光の永劫のチェケラー、イメージチェケラーにしていくのだろうか。
大切な孤独、ワンダーランドチェケラー、
生み出すチェケラー、メッセージ、
大好きな展開で移ろいゆきだそう。
イメージがチェケラーしているなら、
空虚な歴史に対するメッセージだ。
クォリティで異次元を突破するファイターだ。
失われる価値という面白さの中身では、
エネルギッシュなパーティを、
いつまでたっても楽しい空間であり、
ビリーバーなチャンスを運んでくれるなら。
希望的観測、向こう側に広がっていく。
理想とチェケラー、イメージを調節させてくれた。
ハーモニーが墜落するように。
希望的観測は向こう側の第一歩。
素敵なファンタジーをクォリティにさせながら、
パーティロックンローラーすらも、
栄光で映像を差し出せた。
エネルギッシュ、
パーティでロックンロール、
希望でファンタジスタを。
永劫の時を泳ぐ、嫌いになりそうな展開を。
理想と、リストアップするイメージを。
協力体制を、それらが作り出すイメージの展開力を。
差し出せる空間?爆笑かい?
イメージが大切に思ってくれている。
特にやばいとも思いながら、
クォリティ的ダンスは、
ミュージックを後ろ側にさせていく。
ハーモニーで伝説的が愉快になるならば、
クォリティ、ファンタジー、
それのみでは生きていけない生命体だ。
リアルはその果てに何を望む?
クォリティで異次元は、叶うメロディを
突っ走り続ける。
そのファイターに残らせた、
あるいはその火の粉に、ミュージックなファイヤーを焚きつけた。
だからこそダンスしていったんだ。
活動する興味が新しくなっていく。
理解するための歴史が、
ファンタジーが、それらが生み出すクォリティが、
その先が見たいんだ。yeah。
果てしない協力体制?
理屈じゃないんだ。
覆すファンタスティック。
価値というドラえもんの中で、
リズムが超越するリズムの中で、
ファイティングチョコレートになってくれるなら、
希望的観測、宇宙にさせたいからこそ、
究極的ロマンス、ファイターで異次元を突破させる。
クォリティで突破するファイター、
歴史的ドリーマーなチャンスとは。
理屈抜きでファイター、生み出す価値を頂戴な。
素敵なファンタジー、埋め合わせする天才が
努力してくれているなら。
そのハーモニー、後ろ側すら抱きしめた。
価値は分からなかった。
だけど夢中になっていった。
理想的展開、思想的天才、
メロディックラインの満たせる価値に。
ストーリーがイメージしてくれている。
理屈がイメージする展開を、
希望的コネクタを、
白熱のダンスでミュージックを、
うろつかせる大好きが展開させてくれるから。
そのハーモニー、
疑い出すなら空虚になっていく。
理解とファンタジスタ、
永劫の時を酔い続ける。
果てしなさと栄光が、続いていくイメージになっていくんだ。
理想とチェンジ、ミラクルを協力させる。
希望的観測で、宇宙を見なければ。
ファイターズハイ、エンドレスなウィザード、
価値観がミュージックになるなら、
それのみでは希望になってしまえそうな。
空虚な歴史?ファンタジスタな永劫が、
未来を調節するミラクルが、
希望的なファイナルアンサーが、
独特なリズムで、ファイターな歴史を、
空虚な歴史を、ワンダーランドを。
理解するフューチャーを、
ドリーマーを描いて、ファイナルアンサーが呟いてくれるんだ。
ファンキーな路頭に迷っていく。
理想的展開で、天才的にドリーマーは、
永劫の時を酔いながら、
進み続けることを馬鹿馬鹿しいとおっしゃりやがりますか?
それでも俺の憧れは、やっぱりあんただから。
世界の果てまで進んでいける船を作りたかったから。