ファンタジスタな恋愛トークか・・
厄介だな。
もっと素敵な話はないのかい?
リストアップされるような、
興味が示すいたちごっこっていうかさあ。
ビリーブなチャンスを追いかけるなら、
それのみで問いかけるなら、
また別の方向性すら潔く認められそうなもんだ。
理想的に頂戴するミステリーが、
興味を示すまで、
影響力をヒップホップにさせるまで、
正しい魅力があろうがなかろうが、
素敵だろうがそうじゃなかろうが、
素敵はファンタジスタなんだ。
クォリティで異次元を突破していく。
ファンタジスタな未来こそが、
ファンタジーをジェットコースターにしていく。
ロマンチスト共に踊る空間、
理想と理解をファンタジスタに。
未来とチェケラッチョにしてくれるなら、
ファンタジーアイランド、
見つめる、越えていくリスクにすら、
立ち眩みする栄光にすら、
飛び出す栄冠、ビリーバーなチャンスだ。
果てしなき闇、それらすら越えていける気合いだ。
それでもミュージックは架け橋かい?
素敵なワンダーランド、
ミステリーは興味を示すはずだ。
リピートとマイダンサー、
クォリティが異次元ならば、
突破するファイター、
見せつけるリアルとヒッチハイク。
ダンスフォーエバーな価値観を認めてあげたい。
理想的展開を逆らわせてあげたいんだ。
究極的ロマンチックを、
歌いだせるならばファイヤーだ。
うなぎのぼりなテンションに、
サクセスする為の希望を、
ミュージックを、その理想を教える為に。
希望的解釈、路頭に迷うゆえに。
リズミカルな行動と美しさ。
メロディが突っ走る永遠になってくれる。
ファンタジアはジェットコースターモンスターだ。
希望が我が物を、伝えたがっている。
歴史が究極ならば、ファンタジーが音を越えていくなら。
歴史的ミュージック、偽りすら天才的に。
ドリーマーなチャンスを浴びせるならば、
空間、その歴史、頂戴する為に。
クォリティは異次元に、突破するファイターを躍らせるように。
空虚な歴史、ファイティングするのはチョコレート。
ダンスするベイビー、生み出すことを笑う全てに、
偽りの世界観に、理想に、頂戴してなおも
理想を追求し続ける新しさに、
希望的観測を逆らわせながら、
歌いだす、ファンキーにうろつくように。
奇妙な理想は頂戴してしまう。
理解力とそれが示すファンタジー。
クォリティで異次元を突破するなら、
理解するドリーマーだよ。
究極的なロマンとロックンロールが、
ひたすらに未知なるファンタジーを越えてくれるなら。
歴史的究極にすら、
ファンタジスタにすら、栄光を袂を分け合い、
素敵なファイナルファンタジーにさせてくれるなら。
協力プレイでエメラルドだ。
素敵なファイナルアンサーは呟くんだ。
ドクターストップすらストップするのさ。
ドリーマーなチャンスがあぶく銭だぜ。
素敵なファイナルアンサーが呟くのですか?
リミットとファイター、
失うことすら恐ろしいか?
ダンスフィーバーに価値観が灯りだしそうか?
うなぎのぼりなファイナルジェットコースター。
リビングデッドが価値観ならば、
クォリティでマイガイダンス。
伝えきれるならば、ファンキーな方向性がいい!
ダンスするフォーエバーならば、
形すら見失う確かさがそこにはあるよ。
リズムでチェケラーすることすら
躍らせるリズムならば、
ことごとく未来を照らし出してみせよう。
リズミカルな行動が今でも僕に嘘をつくなら、
理解を越えたファンタジーすら、未来すら、
越えていく理想すらも、
影響力すらも、ファイティングなチョコレートにさせてみせよう。
まるで豊臣秀吉のように。
炸裂するビジネス、
オーケーオーライしてしまったら、
その空間は食べられてしまうんだ。
だからこそチェンジする未来に会いたくなってしまった。
究極的ロマンスにぺろぺろキャンディならば、
素敵なファイナルアンサー、ことごとくあの子のごとく、
素敵なファイナルアンサーを呟けるなら、
理想的展開、天才は踊り続ける。
ファンキーな路頭に迷うスタイルならば、
栄光、笑い出す天才、踊りつくすメロディ、
理想とチェケラッチョは歌いだすハーモニーに、
してくれる魅力すら、
歴史すら、ワンダーランドすら、
見果てぬ夢すら見ていくならば、
希望という名前のキャパシティ、
演じるエンジェルと共に生きることへの志。
素敵なファイナルアンサーが呟く理想が存在している。
ドリーマーなチャンスを浴びせている。
歴史的ストイックな、ラブで共鳴してくれるなら。
理想とチェンジングしてくれる未来。
大切にしてくれているドリーマーと、
大切な言葉でチェケラーするなら、
その面白さすら退屈になってしまうのかい?
俺は俺のペースで動く。
ひたすら走り回るがいい、
未来はすでにだいぶ俺の手の中にある。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
握りしめれば怖さすらもない。
退屈かい?理想がチェンジングしそうかい?
ラブリーなハートを掴み取れそうかい?
リビングデッドが立ち向かうなら、
ファンタスティックなドライブマシーンがあるならば、
リズムでチェケラーファイティング、
理想がチェンジングする未来にすら、
太鼓判を押せるなら、
空間的ラブリー、挑戦状だ。
ラブリーハートを見せつけるなら、
希望的解釈、ワンダーランドだ。
クォリティ的異次元で、
突破するファイター、
歴史的トークバック、もうすぐチェケラーだ。
素敵なファイナルアンサーを呟けるならば、
希望的解釈を映し出す。
ファンキーな路頭へ迷うなら、
覆すことすら馬鹿馬鹿しく感じてしまうのかい?
リピートと、マイダンサーを越えていってくれるなら。
リズミカルなファイターですら、
偽りですら、それらが生み出す展開ですらも、
究極性、閉じ込める空間ですら、
栄光ですら、ワンダーランドですらも。
素敵なファイナルアンサー、呟けるか?
希望と道徳、素敵なファイナルアンサーだ。
希望的解釈が虚ろになるなら、
素敵なファイナルアンサーですらも。
栄光ですらも、素敵、不一致だろうが、
サスペンスだろうが構わねえ。
夢の果てにドリーマー、影響力をヒップホップに
させるというのは、リズミカルに。
試験をしなくてもいい、許可する。
これを聞いて驚くものは少なくない。
合格だ。素晴らしい展開力だ。
サクセスする為のストーリーならば、
希望的解釈、イメージでチェケラーだ。
素敵なファイナルアンサーならば、
追憶の彼方から、素敵なファイナルアンサーを呟くのさ。
希望的ロンリーがジェットなら、
素敵なファイナルアンサーですらそれを
呟いてくれるんだ。
半端ないだろう?
理想的であり、究極的だろう?
意味不明な抵抗、
それすらも栄光を満ち運ぶなら。
素敵なファイナルアンサーだ。
大切なトークバックだ。
エネルギーとして、それを通して意味不明ならば、
理解するファイター、歴史的ドリーマーだ。
究極的ファンタジーから、
移り変わるものが何なのかすら教えてあげようか。
今は未だに悲しい世界だ。
魅力がワンダーランドならば、
素敵さは弾け、飛び散っていくだろう。
リズムがチェケラーするなら、
そのファイティングスタイルすらも。
栄光の力すらも、成功に繋げるリズムすらも、
開拓させてエンジョイする。
マイメロディで突っ走る永遠に、
ミラクルエイジは踊りだす。
空間的なラブリーハートであるとすれば、
その空間にすら理想をチェンジさせる
僕の未来すら、馬鹿馬鹿しく思うことすら許してもらえないの?
空虚な歴史、ファイティングチョコレートが失うなら。
希望的解釈、虚ろな天才的にも、
希望的解釈ができないというの?
ファンタジスタ、栄光とファンタジーを乗り越えて、
それでも木霊する僕を愛しいと思った、
君の勝利だよ。おめでとう。
リズムは君が手にしたんだ。おめでとう。
理想的展開がそんなに面白いかい?
システム上の不都合さ。
リアルなヒッチハイクでは、形を見失えなかったんだ。
虚ろに移ろいゆく天才になりたいかい?
ダンスフィールドで永遠を耕したい。
リズミカルなファンタジーは、それすら許してくれるはずだよ。
奇妙に思ってくれているんだね。
ライクライクなキャパシティなんだね。
君はそうやって嘘ばっかりつくんだね。
素敵だよ。ファイティングだよ。
俺が嫁なら破門だよ。
田舎に帰らせて頂きますってか。
素敵なファイナルアンサーを呟けるなら、
むしろそれすらも希望だよ。
ファイティングチョコレートを見守ることができるならね。
それすらも希望だよ。それこそが希望なんだ。
ファイトするエンジョイーパーティにすら、
虚ろになる天気予報を浴びせてくれるとするならね。
究極的なロストピクニック、
歌いだすハーモニーが移ろいゆきだしそうなんだ。
クォリティが異次元であり、
突破するファイターがうろつくならば。
クォリティで異次元、突破するほどのファイターがいるならば、
究極的ロマンス、希望とワンダーランドを伝えることのできる
希望であるならば、
それすら素敵なファイナルアンサーになってくれるはずだ。
理解するファンタジスタ、
影響力がヒップホップになるなら、
覆す意味すら笑ってくれるだろう?
興味がないなら着実なのさ。
素敵なファイナルアンサー、
ことごとく意味のない発表会だ。
理想的な展開が笑ってくれるなら、
その興味に虚ろに移ろいゆくならば、
希望的観測、宇宙がワンダーランドになっていく。
ロマンチスト、影響力がヒップホップなジェットコースターマスターだ。
君は君守ることさえ許されないの?
君といるのが好きで、あとはほとんど嫌いだった。
大好きなチェケラッチョだった。
生み出されるパーティ、
それでも細切れするステーション、
ミラクルを頂戴してくれるなら、
それらは曖昧な意味ではなかった。
チューズしてくれる慟哭に、
未来を調節してくれたのは違うメロディだろう?
突っ走るファイティングならば、
活躍する未来すらも崇め奉る理解者がいたはずだ。
壊れるほどのドリームならば、
栄光、それに差し出せる空間すら、
ビリーバーにすら、調節してくれるんだろう?
ファンキーな路頭に迷えるんだ。
理解するフューチャーが、
ドリーマーな着実性、
ロマンロックに歌いだすハーモニーがあるんだ。
理解力なんてないのだろう?
極め続けるアホらしさならば、
生暖かく見つめるその柱すら、
ワンダーランドすら、カテゴライズする興味にさせられるんだよ。
興味がチェケラーならば、素敵なファイナルアンサーなんだ。
素敵がトークバックするならば、
狂気の運命、ただならぬ破壊兵器。
大好きな展開を喜び、祝福する天使たち。
リズムが興味、狂気を晒して、
それでも閉じ込める宇宙の快感には、
理想に近い運命が眠っている。
その最果てに、結びつけた理由すら、
疑いすら、メッセージにさせてしまったリアルがあるなら。
その究極に対して踊りだそう。
頭の悪い連中は気づかねえ。
大好きなチェケラッチョ、
それらが生み出す行動にすら、
ワンダーランドが眠っているということに。
リズムにリスクがあるなら、
素敵なファイナルアンサーすら教えてやるさ。
そのイメージがトークバックするなら、
新しさすら教えてやるさ。
全ては希望と共に存在してんだ。
価値観とブルース、興味で指し示すことが可能なら。
素敵なファイナルアンサー、そして続くレベルアップ。
ダンスフォーエバーで、
価値観をブルースにしてくれる。
ハーモニーとして、伝説的として。
影響力がヒップホップな可能性に、
リビングデッドな価値観にしてくれるから。
ハーモニーと、歌いだす展開は笑い出す。
歴史的トークバイトーク。
リズムがチェケラーしてくれるから、
ファイトスタイルエンジョイパーティだ。
ロックンローラー、イメージしたいかい?
リズミカルなファイター、
失うことすら許されねえ。
極め続けるしかねえ。
リズミカルに歌いだすしかねえんだ。
理解力、そのファンタジーすらも、
偽りすらも、ファンタジーすら
栄光のチェケラーにしていくんだ。
理想的展開が盛り上がるなら、
その希望にすら卓越させてみせよう。
リズミカルが僕を裏切るなら、
その希望でワンダーランドを培ってくれるなら、
その希望的観測、宇宙的ビリーバーにすら、
栄光を差し出せる仲間として、
受け入れてあげよう。
リズムを行動に、サクセスワールドに、
ワンダーランドに、強力な世界観にしていけるなら、
クォリティすら異常になってしまうのかい?
僕はこの世界の創始者、
大好きな展開を焦らせるのさ。
叩くキーボード、仮想世界の創造主になる。
幻だって今気づいたって、おせえので憂い。
リズミカルなファイターに、
理想を調節するミラクルすら、
うつぶせにするファイターだ。
エンジョイするなら、
空間的ラブリーに、
調節するミラクルに調節していくんだ。
理想的展開にさせるなら、
興味、炸裂するワンダーランド、
クォリティで異常になっていくなら、
理想的展開、天才的ミラクルに希望を、
ワンダーランドに炸裂させてくれるなら、
その興味、
卓越するマイダンサーに、
クォリティすら一途なファイターにさせてくれた。
時間が逆戻りだ。段々楽しくなっていった。
止まらない記憶が踊り続けていたんだ。
ファンキーな路頭に迷い続けるファイター、
歴史的トークバックでイメージしていく。
ラブプラス、重ね重ねで、失礼ファイターになってしまう。
歴史的、ファンタジーをクォリティにしてしまうなら、
強力世界観、踊りだす歴史、
ロックンロールファンタジー、
歴史的ファンタジスタ、
影響力、俺を世界で一番愛した女が金メダルな。
大好きな展開、ミステリーを調節してくれている。
黒いうわさ、絶えねえ。
リズミカルに歌いだすなら、そのキャミソール。
更に進化していくファンタジー。
リピーターがメッセージを呟くなら、
その理想に閉じ込めてしまうなら。
ファンタジスタな恋愛トークだよ。
極め続けるにはアホらしいほどの天才的が必要なのさ。
奇妙過ぎるファンタジスタだよ。
理解する為には距離が必要なんだとさ。
クォリティで異次元突破するなら、
気象衛星、素敵なファンタジーすら、
魅力的な怪盗ルパンすら、
伝え始めてくれる歴史を、
クォリティでダンスする未来を、
大切にする微力ながらのリズムすらも、
開拓する文化、文明を笑わせて、
それでも愛おしさに距離を卓越する、
ダンスフィールドで、
まだなんかいい言葉が思いつかねえ。
それでも記憶はワンダーランドになっていくだろうし、
興味が無かろうが、素敵だろうが、
イメージがチェケラーしようが、
意味不明だからこそのワンダーランドにさせられようが、
リズミカルな行動、サクセスパーティならば、
炸裂する為のオーケーオーライが
必要としているメロディにすら、
ときめく理想とチェンジする思想。
思考の放棄をしてしまったら意味がない。
退屈だからこそ甲斐がない。
だからこそメッセージを伝えてきたのさ!!
ラブリーハートで影響力をぶっ飛ばせるなら、
感覚と、そのブルース。
共鳴するいたちごっこにすら、
ファイターを歴史にさせるリズムとイズム、
散っていくファンタジスタにすら、
影響力をヒップホップにさせて、
運命を笑わせてくれるイメージにさせてくれる。
ファンキーな路頭へ迷うなら、
素敵なファイナルアンサー、
呟く世界線すら、
一途なファイター、理解できないからこその興味。
リズムでもってチェケラーしているならば、
協力姿勢、半端ないリアルで、
閉じ込めるユートピアが存在するなら、
ファンキー、路頭に迷う伝説だ。
クォリティが異次元ならば、
突破することさえ焦らせるファイティングトゥモローだ。
記憶と共に受け継がせる。
ファイティングチョコレートにすら、
ファンキーな路頭に迷いながら、
素敵なファイナルアンサーを呟くなら、
希望というミュージックに、
移ろわせる天才に、埋め合わせする抱きしめる
ルーキーを、伝えてなおおびき寄せる希望を。
ファンタスティックなアイランド、
夢中なワンダーランドを、
ミステリーに強烈していく
ファンタジスタにすら、ミラクルを呼び寄せるのさ。
理想と、リスク的なファンタスティックが、
永遠を望み続けてくれるなら。
リピートとマイダンサー、
クォリティが異次元ならば、
突破するファイター、理想との超越勘。
果てしなく理想を貫いていきたい。
備忘録を大切にしていきたい。
白熱しているドリーマーに、チャンスを追いかけさせる。
リズミカルに沈みだすならば、
その破壊的挑戦状、
リピーターと共にあがく素敵さすらも、
ファンキーなロンリーウェイすらも、
影響力すらも、ヒップホップな可能性にしてくれた、
ドリーマーですらも。
空間的ビリーバー、挑戦的ビンテージを、
可能性で道徳を、未来を挑戦してくれるリズムと、
統率力がそんなに沢山あるのならば、
クォリティでファンタジスタを、未来を、
挑戦権を獲得する為に。
希望的解釈で、虚ろなファイターにしていく為に。
希望的解釈、運命は己を恥じて時を呪う。
大好きな展開、指し示す流浪に、極め続けるファイターだから。
半端じゃねーな。
理想的展開すら、笑い飛ばすぜ。
クォリティすらクラッシュ。
ファイター共が驚きだす頃に、
フューチャーエアラインすら、
カテゴライズすら、
ファンタスティックになってしまいそうだぜ。
空間すらビリーバーかい?
挑戦的ラブリーが喚き続けるのかい?
リピーターと、それらが生む白昼夢のダンサー。
埋め合わせする天才に、
魅力的なワンダーランド、
クォリティで異次元突破するなら、
窮屈な世界にすらも、
愛を呟けそうだぜ。
ハーモニーがクォリティを呼び込む。
その素敵さに、ファンタジスタに、
影響力、ヒップホップになりながら、
驚きのモンスターを伝えてきてくれる。
そういった世界が存在するってことだ。
クォリティが異次元になっていく。
そのハーモニーの調節の痛々しさに、僕も存在するのかい?
サバイバルしちゃうのかい?
チェケラーするためのパーティかい?
向こう側に、奇妙な明日が見えた。
リズムに乗れば新しさすらも、
栄光すらも食べ合わせの問題で、
極め続ける理想にすらなってくれるような気がした。
不思議とそんな気がしてしまったんだ、
そう思えてしまったんだ。
空中に浮いている歴史とファンタジー、
それでも歴史を灯しだす理由とは一体。
果てしなく底がない。
未来とチェケラー、イメージで調整している。
ドラマチックなワンダーランドすら、
創造を越えて走り出す運命と宿命がある。
だから僕らは走り出したんだ。
忌々しい今すら越えて。
リズミカルなダンスに全てを預けるなら、
その空間に美貌をイメージさせるなら。
空間的ラブリー、挑戦的なファイヤーだ。
失わせる努力だ。
歴史的空間だ、神の落書き?いやあ、サルの落書きだよ。
ファンタジーがロックされているということは、
そのリズムに垣間見える負けをワンタッチしているということじゃないか。
いつでも両手を使っていたいよ。
そんな認識を僕にくれないかな。
リズムより、チェケラーより、
歌いだせるハーモニーより、
希望的観測より、
向こう側が跳ねまくるほど、
楽しいものがあるんだってことを伝えてみせるからさ。
ラブリーなジェットコースターモンスターだったとしても、
クォリティが例え異次元だったとしても、
リライトできる興味、炸裂するワンダーランドに、
トークバイトークしているイメージで、
挑戦し続けるファンタジスタだ。
影響力、ヒップホップな可能性が、
痛い程魅力的になっているとすれば、
価値と、それを追いかけるひたすらに、
究極的ドリーマー、チャンスで追いかけ続ける。
理想的展開、笑い続けるのさ。
希望的観測が宇宙ならば、
素敵なファイナルアンサー。
ロックンローラーなベイビーだ。
卓越するワンダフォーアイランド、
ロックンローラーなイメージ、挑戦権。
リライトしているドリーマーなチャンス、
ビリーバーな影響力、
正しい魅力、突っ走れるなら。
ロックンロールベイビーだから、
九十九里浜、
素敵なワンダーランド。
覆す魅力すら、ワンダーランドすら
開拓するリズムを喜ぶ。
それでも一致するファイターに、
踊りだすような空間をプレゼンツ。
したところで意味はなかったとしても、
クォリティが異次元だったとしても、
未来絵図、素敵なファイナルアンサー?
リズムがチェケラーするファンタジスタ、
影響を感じてしまう、リズムになってしまうんだ。
究極的ロックンロールが、
ただただ立ち尽くす我々を行動させてくれるなら。
ファンタジスタな共鳴だ、痛々しいほどのミラクルだ。
大胆不敵な活動の向こう側だ。
天才的ミラクルがおびき寄せるように、
空間的ララバイは伝えてくれるのかい?
そのハーモニー、例えいたちごっこになったとしても
変わらん。変わらん。んでもって止まらん。
必要とあれば太陽系、
リズムに乗ってどこまでも。
クォリティがファンタジスタを見せつけるように。
その意味は壊れていくだろう。
破壊的ワンダーランド、サスペンス、
行動のないワンダーランド、
見つめる歴史、怒涛のリズム、
ファイティングポーズ。
大切な言葉と、エンジョイパーティだ。
炸裂マイダンス、
クォリティと異次元を挑戦状にしているみたいだ。
覆すリアリティすら、
今はひたすらに馬鹿馬鹿しい。
運命が嫌い合っているのなら、
ダンスフォーエバーしているのなら、
それこそ教えてあげなくちゃいけないな。
大好きだからこその展開力を。
イメージを調節する為のアホらしさを。
埋めてなお、続く未来の挑戦状を。
理解しているからこその、究極を。
ワンダーランドを、その趣を。
素敵なファイナルアンサー、呟くだけのこの僕のセレブですらも。
栄光ですらも、ワンダーランドですらも。
影響力、ヒップホップになりそうな可能性、
大胆不敵な活動、
歴史的ドリーマー。
リズミカルな展開、
思想の放棄、リズムのチェケラー。
歌いだすハーモニーが、うろついて、ぎらついてくれるなら。
理解するためのフュージョン、
歴史的バックオーライする為の記憶。
ファンタジスタな影響力、ミュージックすら偽りになってしまうなら。
九十九里浜、素敵なワンダーランドだ。
クォリティで異常だ、サクセスする為のトゥモローだ。
記憶がワンダーランドになっている。
ロマンチックに、ドラマチックに、
エイトビートを運ばせるように。
空虚な伝説、取り戻すように。
歴史的スイッチ、押させてもらう為に。
誰がどういおうが俺は俺だ。
関係ねえんだよ。必要ねえんだよ。
理解したいからこその運命でもあるだろう?
その宿命に、大胆不敵になった未来にすら、
展開する超越心だよ。
ファンタジーなんだよ。
覆す魅力すらワンダーランドなんだよ。
理解するファンタジージェットコースター。
ドリーマーは掴み取る。
ファンタジスタな永遠を、理解するためのフューチャーを、
ドリーマーなチェンジ、
ミステリーで協力する為の理解者を。
ロックンロールはまさにファンタジーだったから。
孤独な戦いなんだよ、つまり、つまりね。
大胆不敵な活動家が、今も虚栄心を抱きしめて笑っているなら、
その必要とされているイメージ、
荒唐無稽なワンダーランドですらも、
栄光、未知数、日記を書き続けることの意味。
大胆不敵な活動家、
サクセスする為のトゥモロー、
希望をワンダーランドにさせてくれるイメージと、
統率力がファンタジアを見せてくれている。
だからこそエイトビートを望んだんだ。
始まりはそんな些細な出来事であるべきなのさ。
クォリティが高まっても、それだけじゃ意味がないだろう?
覆す本気がなくちゃ、僕はいたたまれないのさ。
九十九里浜だろうとなんだろうと、
素敵なファイナルアンサーがそれを呟くなら、
意味など面倒くせえのさ。
素敵がファイナルアンサーならば、
形のみを抱きしめてくれた君の気持ちすら分かる気がする。
ドリーマーなチェンジだから。ミステリーな協力体制だったから。
意味不明はトークバックかい?
歴史的トーク、イメージが超越してくれるのかい?
歴史的究極に、炸裂するサクセスか、
意味不明なワンダーランドなのか?
システムが超越してんだ。
いずれあんたのいる場所に。
いや、もっと高い場所へ辿り着いてみせる。
歴史的はワンダーランドを連れてきてくれるんだ。
半端ないリアルと孤独があるからこそ、
俺は生きていられる。見ろ、また一つ文章が生まれた。
刻む、チェケラー、歌いだせるなら、
その空間に戸惑い出すならば、
空間的歴史、超越心、
訳わからなくなってしまいそうな
リアルですらも。
覆す為のリミットですらも、
活動する為の記憶ですらも、
ファイター、愉快なファンタジーだ。
クォリティが異次元だ。
取っ払う突発的なミュージックですら、
栄光ですら、ワンダーランドにさせてしてしまう。
価値観と絨毯モード、
せっかくの色々すら、失礼で壊していってしまう。
リズムがチェケラーするならば、
たらればの話はもう結構だ。
素敵な話が抵抗するならば、
歴史的ミュージックにすらなれた
俺の希望はワンダーランドに。
理解するフューチャーは、ドリーマーになっていく。
ロマンチストがファンタジーならば、
栄光を差し出せる空間だ。
リピートとダンサー、
理屈抜きでファンタジー、
理解するためのドリーマーなチャンスを、
差し出せる空間、
ビリーバーな挑戦権だ。
リズムがチェケラーしてくれるなら、
そんな半端ないことは存在しないんだ。
それらが究極を求めた?
馬鹿馬鹿しいね、それこそ馬鹿馬鹿しいね。
リズミカルに歌いだした?
ハーモニーとそれに伴う伝説。
クォリティで異次元に。
大切な言葉とエンジョイトゥモローが希望なら、
そのフューチャー、アイラインにさせてくれたまえよ。
リズミカルな行動が、サクセス、意味合い、
行動力で炸裂させてくれるなら。
その希望すら、ワンダーランドになってくれそうなもんだぜ?
リアルファイトが戸惑ってんだ、
価値観すらアンチテーゼにさせてみせろよ。
空間ならば、あるいはビリーバーならば、
挑戦権を運んでやりたいんだろう?
サクセスする未来が、調節するワンダーランドが、
クォリティを求めて逆らうなら、
メッセージな超能力を奪うなら、
炸裂するファンタジー、焦る、リズムに乗っかることもできないや。
イメージでチェケラー、ファンタジスタな
栄光すらも、ワンダーフューチャーすらも、
掛け替えのない素敵さで、
歴史的ファンタジーを、クォリティを、
異次元で突破するファイターにすら、
影響力にすら、ヒップホップにさせてしまう。
リズミカルな行動と、美しきセプテムバー。
影響力とヒップホップならば、
形すら呪い出すのかい?
共鳴しているワンダーランド、
クォリティが低すぎてついていけねーぜ。
半端ないリアルで灯しだす勇気。
サスペンスを閉じ込めて、
それでも嫌いになってしまうなら、
空虚な歴史、ファンタジーを乗り越える馬鹿馬鹿しさですら、
価値観ですら、変わっていく未来がある。
だからこそ究極を求めたんだ。
俺の言語センス、そこにちょっと加えるブランニューワールド。
大切な言葉とエンジョイパーティならば、
炸裂するビジネスにオーケーオーライできなさそうなら、
クォリティ、
生み出す伯爵、
価値観とリズムとブルース。
それのみでは生きられない弱い個体を、
必要としてなお、
突き進むリズムとブルースだ。
リズムがチェケラーしてくれるなら、
ファイター、この楽しさに身を任せ続けるのも
悪くはないかもな。
理想的チェンジ、まるで今が楽しくないみたいに。
協力姿勢はワンダーランドだ、
食いつぶす魅力、なぜ今更焦りだす。
理解者とフューチャー、ドリーマーとチャンスを運ぶ意味不明ですら、
ワンダーランドを行動にさせてくれていたのに。
ハーモニーは追及の陰に隠れていたはずなのに。
理解するための協力体制、
リズムが設計してワンダーランドなら、
食いつぶす魅力すらワンダーランドに、
逆立ちさせてくれそうだぜ?
ファイナルファンタジーなんだ。
それで心を打ち砕き、
素敵なファイナルアンサーにさせてみたんだ。
クォリティと異常地帯、
サクセスする運命と、頂戴するミラクルだ。
チェケラーするファイターだ。
イメージがチェケラッチョならば、
素敵なファイナルアンサーすら滞るだろう?
歴史は参ってしまえるのさ。
九十九里浜、世界がファンタジーになっていく。
理想的になっていくんだ。
なぜ耐えきれるんだ。
このミュージック、虚ろに移ろいゆくとしても。
希望的解釈、
僕はきっと向こう側へ行ってしまうんだ、
それでも何も変わりはしないね。
君と僕の気持ちそれから生まれてからの時間以外は。
ロックンロールがハッピーならば、
素敵なミュージック、充実性、
ファンタジスタな栄光と、ワンダーランドが続いてくれるなら。
半端ないリアルで、
しがみついた僕ですらも馬鹿馬鹿しいの?
ファンタジスタ、栄光が笑っている。
それでもドリーマー、チャンスを運ぶなら。
空間的ラビリンス、伝えたい未来があるんだ。
究極的ロマンロックなベイビーで、
炸裂するビジネス、
ファイティングチョコレート、
イメージでチョコレートにさせてくれている。
半端ないハーモニーが、焼き付くこの異常を、
素敵なハーモニーにしてくれている。
夏の焼け付く香りだ、
素敵なファンタジーすら、うろつかせるリミットがある。
素敵ならば、
ファンタジスタなんだ。
強力な世界観になるなら、
究極的ロマンロック、
歌いだすハーモニーが嫌い出すならば、
クォリティで異次元を突破した。
無限に続く戦いと知った時点で、
リズムと共にチェケラーするなら、
ファンタジスタ、永遠がトークしていく。
ララバイ、この世界きっての問題児。
素敵なファイナルアンサー、
呟けるならば希望すら袂に分かち合いたい。
リズミカルな行動、サスペンス、
欲望の興味が指し示す方向へ。
私が望んでいるものがなんなのか、
それを探す歴史だ。
大切な言葉をエンジョイさせているんだ。
ドラマチックなファンタジスタになったとしても、
覆す魅力として天才的になったとしても、
クォリティで異次元になってしまった。
協力、炸裂、ワンダーランド。
クォリティが高まるなら、
その素敵さにすら、
ワンダーランドにすら、
差し出せる空間をビリーバーにさせてくれている。
ロマンチックなファイターが、
次の世界を見せてくれた。
ドリームはワンダーランドを、
続く歴史は究極を求めだしてくれたんだ。
半端ない半端なリアルが、
歴史的ドリーマーを描いてくれた。
それでも究極をリズムにさせてくれた。
ハーモニーが追憶のラブに。
素敵なファイナルアンサーになったことも、
頂点に立ったという事実ですらも。
こいつには勝てないという勇気ですらも、
ファンタジスタ、認めてしまうことが悲しいか?
ドリーマーなチャンスが運んでいるんだ、
そこに恐怖すらも携えながら、
希望とワンタッチフィールド、
価値観とミュージックは、流浪にファンタジスタを越えていって
くれているんだ。ファンキーだろう?
興味がないだろう?
クォリティが異次元を突破するならば、
究極的メロディが突っ走るならば、
ファンタジー、クォリティ、
異次元を突破するミステリーだ。
興味を示せないから、
ダンスタイム、ミュージックが偽りだろうと、
ファンキーな露呈するドリーマーだろうと、
究極的ロマンス、歴史的メロディに、
突っ走る歴史を求めていった。
リズムがリスクを食べてしまった。
クォリティが異次元ならば、
俺が自分の力で広げまくってやる。
好き放題やることが現実ならば、
素敵さはファンタジスタ?
脳がとろけるほどの素敵さだ。
ファンキーなモンキーなもんちっちならば、
素敵さはファンタジーを狼煙をあげて、
ストーリーにする意味不明すらも、
ワンダーランドなチェケラッチョにしてくれるのかい?
ハーモニーで伝説は笑い続けた。
理解するフューチャー、ドリームで栄光を差し出しまくった。
リズムがチェケラー、ファンタジスタな
栄光が、ワンダーランドが、チェケラッチョが、
生み出したそのパーティが、
理解が、フューチャーが、ドリーマーなチェンジが、
ミステリー興味で示すなら、
クォリティでマイダンサー、
伝えることすらアホらしくなるほどに。
究極的ロマンスは現れだして、
未来を追随して破壊的になるんだろう?そんなの知っている。
理屈はなくていいんだよ!
ハッピーなロックンローラーが、
ファイティングチョコレートを見せつけている。
希望的解釈、ファンタジスタなんだ。
ドラマチックとワンダーランド、
窮屈な世界になってしまうなら、
覆す魅力すら、ワンダーランドすら、
差し出せてしまえそうだろう?
究極的ロマンロックアワーで、
大切にしているドリーマーに、
チャンスを運ばせて、
それでもドリームをチェンジしたいと、
それでイメージしていきたいと、
メッセンジャーと価値観で、栄光が揺れている。
ファンキーな路頭に迷っていく。
理想とチェケラッチョ、
歌いだすハーモニーでうろつきだすなら、
共鳴、それのみではところてんになれないという。
協力体制、デルタフォーだという。
じゃあナンセンスだね。
僕が思っていることすら、馬鹿馬鹿しくなっちゃうの?
恥ずかしいけどドリーマーに挑戦しているのさ。
ファンキーな路頭に迷うなら、
空間的ラブリー、挑戦状だ。
素敵なファイナルアンサーだ。
道徳とミラクル、挑戦権すら旅立たせてしまう。
リズミカルに、行動の美学で美しさを取り戻すなら、
空虚ながら、理想的展開を支えてくれるんだ。
ファンキーな路頭に迷うくらいなら、
歴史、それらが作り続けるファンタジーですらも、
栄光ですらも、
フューチャーですらも。
栄光、ワンダーランド、差し出せるか?
半端ないリアル、超越するセレモニー、
伝えだすファンキーは、それでも愛おしさに脈を打つか?
大好きな展開だからこそ、欲しがってしまうんだ。
それはまさに究極なんだよ。ハーモニーなんだ。
理解するためのフューチャーエアラインがそれを
伝えてくれているなら、もはや間違いないんだ。
素敵なファンキーで、路頭に迷うスタイルなんだね。
理解するためのフューチャーさ。
何もおかしいものはないだろう?
空中に浮いている庭園すらも、爆笑するはずさ。
リミットがあるからこそ面白がっているんだ。
俺の目指す場所はただ一つだから。
究極的ロマンスは、
いつか限界の来る意味不明は、
何を望み続けてる?
果てしない魅力の中において、
それでも細切れ劇場を望み続けてる。
最高が作戦を高鳴らせてイメージしていくなら、
いいよもう理想像なんて。
素敵なファイナルアンサー、
閉じ込めることすら敵わねえほどに。
リアルなフューチャーと戦ってみせようじゃねえか。
それ、それ、それ、
行動となっていく。俺ら毎晩祭りだ。
究極性がドリーマーを呟くなら、
その歴史に対して手駒を選ぶなら、
究極的ロマンス、ファンタジーを求めているなら、
希望的解釈、虚ろにさせるように。