トークバイトークするリズムとブルース。つまり、
ヒップホップになりそうな
頂戴するファミリーとは。
俺の中で起きた重大な変化とは。
しばらくの間居候?
旅立つことすら馬鹿馬鹿しいくらいだよ。
興味を示すことすら偽りかい?
天才的な天使的なドリームに、
栄光は満ち溢れるだろう。
興味で炸裂させてくれるだろう?
ハーモニーは伝わってくれるのさ。
リピートアンサーで、伝えられてくれるのさ。
ビリーバー、
調節する未来すら馬鹿馬鹿しいかい?
リズミカルな行動で、鬱陶しいかい?
ララバイな天気予報ならば、
素敵なファンタジーを越えていきたいんだ。
素敵がファンキーモードなんだ。
素敵なアナライズなんだ。
歴史的フュージョンなんだ、
価値観とリズムとブルースだ。
興味なんて無くたって構わない。
理想像が手に入れる未来がある。
大切なドリーマー、窮屈なんだよ。
思想的ラブリーに、蛍光灯がサクセスするなら。
意味不明にトークバックする、
イメージすらチョコレートになってしまうのさ。
理屈的影響で、
ハッピーにさせたんだ。
クォリティで異常に、ファイターにさせたんだから、
興味がないって言ってしまえばそれまでなのさ。
クォリティとワンダーランド、
空中に浮いている歴史、
ファンタジアな協力姿勢だ。
ラブリーなチョコレートならば、
スクワットな影響力。
知ってるか?人は常に影響させられ合っているんだぜ。
興味がサクセスへと辿り着くならば、
このケセラセラ、つまり美貌すら、
備忘録に変えてくれただろう?
ハーモニーは歌いだしてくれるのさ。
歴史的トークバックする未来があるからね。
大切なドリーマーが諦めないから、
僕は距離を歌いだしているんだ。
ロックンロールなキャパシティだ。
運命を笑い続ける爆笑の渦にいるようだ。
ファンキーなマインドがまだ戦い続けている。
理想像と、協力する未来とが
沿線、戦線復帰を願っている。
ドリーマーなチャンスが、
ビリーバーを、強烈な炸裂を、
願ってそれでもはてしない未来があるいていくならば。
いいよもう些細な彩りなんか。
全体的に淡く広げてやろう。
苦渋をなめた九十九里浜でも、
素敵はファンキーモードになっていくんだ。
理想的超越、大好きな展開なんだ。
サクセスと影響力、
ヒップホップならば形すら手に入れられねえ。
興味がミュージック、痛い程に感じたなら、
多分それが始まりだ。オーケーオーライだ。
トゥナイトは影響力を引っ張り込んで、
素敵なファイナルアンサーを呟かせよう。
リズミカルな行動に鬱陶しいと思えるなら、
空虚な空間を、理想像を、展開するミステリーにすら、
狂気を見せよう。大胆不敵なメッセージを。
クォリティでダンスする未来地図、
ロックンロールのパティシエすらも、
確実なカツレツすらも、
栄光とチェケラッチョのエイトビートにさせる。
意味不明な退屈に、果敢に食らいつく俺なりの味だ。
素敵なファイナルアンサーだ、
砕けたドライブだ。
ミュージックはループするんだ。
リクライニングなパーティ、
理想像が展開させるなら、
クォリティでもってダンスするフィンガーアイランド。
大切な言葉とクォリティ?
ダンスするアンチフィールドになっているのであれば、
価値観すら揺らいでしまうのかい?
活躍は活動的に、意味不明は齟齬を発生させないくらいに。
怒涛のリズムで曖昧になっていくなら、
理想、思想でファンキーになるしかねえ。
ドリーマーなチェンジングヒーローに、
ミュージックサイコキネシスで、
伝えられるファンキーにすら、
楽しさを追従させたいと思える訳だよ。
まずそれをどうにかしなきゃ、
伝わらないメッセージすら存在してしまうだろう?
空虚な歴史すら、ファンタジスタになってしまうとしたら。
歴史的メロディ、突っ走るファイティングポーズ。
リライトする共鳴。
ダンスフォーエバーで、確実に影響力になってくれてるんだ。
はっきりしない素敵なファンキーだ。
ロックンローラーなパーティにサクセスするなら、
協力にサクセスするイメージに、退屈さにドリーマーにさせてくれる。
半端ないいたちごっこに、究極的にファンタジーに。
クォリティ的にエンドレスならば、
究極的ロマンチスト共に、
ラスベガス、最高なサイコキネシス。
様々なことから学ぶことができる。
それが今の僕の強さだ。
素敵なんだ。ファイティングロードなんだ。
埋め合わせする天才だ。
勢いでのみでは生きれないんだって、
究極的ロマンチストは蔓延り続ける。
ロマンチストな影響力が、
ヒップホップな可能性を正しい世界を、
描き続けるなら、
ファイター、呪いあげるリミットと、
覆す謙虚さが動かされるなら。
空虚な急遽なサクセスな栄光は、
旅立たせる影響力、ヒップホップな可能性として、
栄光がジャッジメントになってくれる。
リズムがリスキーならば、
ファンタスティックになる希望すら、
忘れられてあなたはひどく落ち込むでしょう。
歴史的ストロークならば、
影響力すら、呪いに勝ち切った喜びすら、
それらすら学習していってしまう
リミットとリミックスに。
活動する展開すら、
ワンダーランドにさせてしまうでしょう?
空虚な歴史が、ファンタジーを連れてきたんだ。
ハーマイオニー、大切なリライトとらいらいだ。
イメージがチョコランタンならば、
究極的なロマンロックフェスティバル、
快感のワンダーランドの最中にいても、
メッセージは伝え続ける。
半端ない理想と共に、
究極的になり続けるから。
アホらしいほど天才的に、
メロディックラインは強熱的に。
ラブリーな方向性は痛い程に、
究極的ロマンスは最高に、
リビングデッドは価値を追いかけるように、
問いかけるように、リズムをこの光景にしてしまいたいなら、
究極的ロマンチック、ファンタジスタとして。
影響力がヒップホップになってくれるなら、
ファンキー、ロックンローラーなイメージが調節してくれている。
半端ないリラクゼーション、形を落とし込むか?
素敵なファンタジスタが、後頭葉が痛くなるぜ。
大切な言葉とエンジョイパーティならば、
炸裂するビリーバーにすら、挑戦させるリミックスに、
活動的虚無に素敵なファイナルアンサーに、
呟かせるリピート、
ダンサーで九十九里浜なら、
素敵なファイナルアンサーを呟くんだ。
世界観で、越えていくファンタジスタ、
影響力にヒップホップにさせたら、
どっか一つが輝きを灯してくれる。
リピートしてくれるか。
リードしてくれるか。
ハイパーなコミュニケーションを。
リストアップさせてくれるか。
ハーモニーが追随する新しい歴史を!!
究極的ロマンチックがファイヤーになっていく。
理想的追随が、それを忘れないから。
理想的な今回は、理想としてフューチャーさせよう。
リズミカルな行動に、いつまでもうつ伏せしている暇はないのさ。
ライクライクなキャパシティだとしても、
百歩譲ってそれらが運命だったとしても。
理解はフューチャー、立ち眩み、
誰も到達したことのない場所で漂っているよ。
日本語だけでここまで来た。
リズムに見える景色は爽快かい?
リズミカルなファンタジスタ、永遠が踊る空間だ。
リピートマイダンサーだ。
クォリティでミュージックにファイターさせるなら、
空虚な空間すら、ビリーブな挑戦状にさせてくれるだろう。
ハーマイオニーは伝えてくれるのか?
歴史に関しては、今回だけは許してあげることにしよう。
リズムが今回を慌てだすならば、
空虚な歴史にすらファンタジーを教えてあげるさ。
クォリティでマイダンサー、伝える歴史の究極性。
リズムがクォリティをダンスさせていくなら、
ファンキーなミュージック、
それにすら偽りを旅させてしまう。
リズミカルな行動の果て、
クォリティの異次元の果てに、
旅立つ栄光は無きにしも非ず、
伝えたいファンキーは驚くが如く、
素敵はファイナルアンサーのごとく。
歴史的究極は全部この胸が覚えていた。
炸裂するマイダンサーに俺は楽しくて参ってしまいそうなのさ。
空中に浮かぶ歴史とファイティング。
ここまで到達できた人間は珍しいらしい。
大切な言葉、クォリティで全てを乗り越えて。
リズミカルはファンタジスタを永遠にして。
ドリーマーはチャンスを運び出しているんだね。
究極性はドリームを、
描いてそれでも果てしない距離を愛おしいと思った。
究極的ロマンスすら、
ワンダーランドを見つめていた。
大好きだったからこそのチェケラッチョだ。
素敵なファンタジアだ。
リズムがチェケラーファンタジスタなら、
栄光で呼び込むなら。
全てをクォリティで乗り上げるなら、
成し遂げるなら、その空間だ。
リピートならば、その空間だ。
果てしない距離を満たしだせ。
空虚な歴史を洗い出せ。
天才はここに居直ることを望んでいる。
さあ、空虚になれ。あるいは満たされろ。
ハッピーならば声高く、天高く、
メッセージにしてラブリーに、興味が引き付ける、
今日に会いにいくために。
理想的ならばチェケラッチョだ。
失う美貌なら、悲しいくらいだ。
炸裂するビジネスが、オーケーしてくれるなら、
ファンタジーすら移ろいゆきそうだ。
大切な言葉でエンジョイパーティを放ちたいなら、
クォリティで異次元、突破するファイター。
俺は俺と常に戦っている。
ドリーマーなチャンスを運ぶなら、根こそぎ拝借だ。
運命がチェケラーを求めるならば、
鍛えているこのフューチャーさえ、ドリーマーさえ、
リズムにケセラセラを笑いそうだから。
サクセスする次のトゥモローが目指すものとは。
リズムでリスクがあっぷあっぷする伊藤とは。
リズミカルな行動とは。サクセスするストーリー、
歴史の意味が僕に常に問いかける。
歴史を手に入れて、その次は何をしたいの。
この体尽き果てて、メッセージになろうが
興味は全て記憶へと変わり、
残るものは何。
過去は過ぎ去った何かだ。
過去が僕にくれるのは記憶と記録だけだ。
大切な言葉、退屈なんだよ。
だから今を愛したい。
今という時間を楽しみたいのさ。
理屈なんてなくていい。
理由、果てしなく、堂々としているから。
自由に生きていたいから。
ロマンチックなファンタジスタは求める方向を間違った。
それでも記憶は過ぎ去った。
イメージを超越してなお、
輝き続ける何かに対して、
嫌いになるほどのエネルギーを、
どっかに生かせるラブリーにチェンジングさせる為に。
空虚な歴史、ファンタジーを夢見せている。
ドリーマーなチャンスは栄光を夢見ながら、
嫌いになっていくのかい?
理想的展開は、それを笑い出すように。
空虚な光に対してどこまでも。
いけるのかい?炸裂して、サクセスしていけるのかい?
リズムがリズミカルになるなら、行動のミュージックですらも。
栄光ですらも、極め続けるファイターだ。
意味不明な展開で、
サクセスの影響力を、
ヒップホップな悲しい可能性にしていったから、
リズムでチェケラー、リズムが炸裂ブルースだ。
クルージングフェリーがそれを望んだから、
極め続けたから、俺達は戦ってきたんじゃねーのか?
少なくとも、俺はそうさ。
コーザ、疑うな。あの人は悪い人じゃない。
今回だけは理想を頂戴したい。
そういう趣があってもいいでしょう?
興味がないのさ。
サクセスに対し面白い世界を描くとするならばな!!
ファイティングチョコレートに、
生み出す展開を笑い出すなら、
究極的ロマンス、ファイティングチョコレートだよ!
素敵なファイナルアンサー、
呟く僕がプレゼンします!!
大胆不敵な僕であるために、
究極的はロマンチックである為に、
全てを捨て去り、栄光を繋ぎとめてくれる。
リピートとマイダンサー。
年齢不詳、大胆不敵な活動家。
サクセスする活動家ら、
興味を示す大好きが、
栄光を逆らわせて、それでもドリーマーは、
チャンスを運び続けるから。
その理想に、退屈さは踊りだすのかい?
ファンキーな路頭に迷っているならば、
理想と超越する為のファンタジスタだ。
影響力が、ヒップホップな可能性を歌い始めるなら。
究極的ロックンローラー、牙が宿る世界観へと。
いざ、ハッピーに。サクセスストーリーに、
意味不明にトークバックするイメージに、共鳴している。
ドリーマーな着実が、作成する運命を食べてしまうんだ!!
理解するためのフューチャーだから。
ドリーマーは着実にそれを求めだすはずだから。
理屈はない。みんな忙しい。
それでもクォリティを高め続けることに、
余念がない。素敵だ。なんて素敵なんだ。
限界などないことを知る。
勇気、もっと自由に。
最高に、なる為に。
ロマンチックファイターが、
エキゾチックになっていくロマンチストは、
影響力を引っ張り込んでいくようだ。
僕はひたすら山を登り続ける。
この上の上の上の上に、何が待ち受けているのか、僕は知らない。
リズムがリスクアップするなら、テンション的にもイージーだろう?
素敵なファンタジスタを、栄光を、求めてくれるなら。
リベラルなチョコレート、
サクセスの為の次のハートフルメタルモードだ。
作戦で、影響力がヒップホップになるならば。
究極的ロマンス、空中に浮いているなら。
歴史的ファンタジーを、クォリティで異次元に突破させてくれるだろう。
ハーモニーと歴史、追憶の扉だ。
究極的メロディと、
突っ走る歴史はファンタジーを越えていくんだ。
それでも歴史がファンタジックになっていくんだね。
興味とサクセス、ワンダーランドが地下から、
影響力をヒップホップにさせるが如く。
意味不明なワンダーランドなんだ。
リズムがケセラセラならば、
フューチャーなことがことごとく。
意味不明な大切さが笑い続けるのかい?
奇妙なファンタジーが思い続けるなら、
理解力、ファンタジスタを永遠に叶えてくれるなら、
ビリーバーを大切にしたいんだ。
ロマンチックに、ドラマチックに。
素敵なファイナルアンサーに、君は近づきすぎたんだ。
だからなんだっていわれりゃそれまでだが、
素敵なんだよ。要は究極なんだ。
果てしなく突き詰めていったら、
ラブリーホールでエンジョイパーティになっていくんだ。
ほら見ろ、俺は蛇を飲み込むカエルだ。
空中に浮いている歴史にすら
反旗を翻すなら、
言葉の空虚さに、ドリーマーの多さに、
理屈泣きラブリーを挑戦させるなら、
クォリティで埋め合わせする伝説にすらなってやるよ。
ハーモニーが歌いだすならば、希望的解釈だってやってやる。
希望的ミュージック、歴史的メロディに突っ走れるとしたら。
理想はファンタジー。でも暗いし、ファンタジスタな栄光を、
見つめている僕たちがここにいる!!
ファンキーな歌いだしから、意味不明は行動させていく。
ロマンチックファイターに、歴史が行動させていくなら、
ロマンチックなファイター、
歴史が究極的なロマンチストになってくれるなら、
歴史的ミュージック、移ろいゆく天才、
あらゆる偶然と運命は志気を帯びて、
大好きなチェケラッチョになっていくはずさ。
ライブハウスで痛い程のエネルギーを感じたなら、
希望的解釈に虚ろにさせられてしまうんだ。
空虚、そして何も変わりはしないね。
僕と、君の気持ち、それから生まれてからの時間以外は。
ハッピーバースデー。
ろうそくの火を消したら始まる
ハッピーバースデー。
僕らは大人になっていく。
歴史的に、メロディが続かせるなら、
リピーターすらひざまづかせるなら、
そのリピーターとミュージックに、
偽り的天才に方向性が歴史的になるならば、
究極的ロマンロックファイター、
密接に繋がるエキソシストと、
素敵なファンタジスタは踊り続けるのさ。
リピートするマイダンサーが、壊れていったとしても、
聴こえるリズムはそれでも声高らかに、
結びつくメッセージを笑い飛ばすかのように、
究極的に。ロマンチックベイビーと言えるほどに。
理解力は、その鼓動はどんどんあがっていく。
リズムに向けて距離はあがってくんだ。
理想がチェケラーしてくれるなら、
そのファイター、イメージとして超越してくれ。
ファンキーなミュージックであり、栄光が満ち溢れるなら、
天才的ドリーマーなチャンス、
ビリーバーなドリーマー、
飛ばす価値観、栄光をファンタジーにさせたいのさ。
奇妙だろう?微妙だろう・それらが満たすファンタジーがあるのさ。
究極的なロマンロックベイビーさ。
炸裂するニュートリノがあるのさ。
理屈が階段を、ワンダーランドをケセラセラにしていくなら、
その歴史にかいつまむ僕らに会いにいってみせよう。
ラブリーコールですら、笑い出す展開に、
メロディが突っ走るファイターに、
歴史的ドリームに、栄光は笑い出すんだ。
展開力とファシズム、追及するワンダーランドが、
炸裂するマイダンサーを、
越えてなお飛び跳ねる勇気は自由に。
炸裂するビジネス、オーケーしてくれるなら。
ファイターな歴史?
ファンキーなロードで、うつ伏せになるファイターすらも。
栄光すらも、笑い飛ばしてくれるなら。
勇気と、自由なファイターたちは望み続けるはずだよ。
理想をチェンジする未来を、この未来を、
愛おしいとすら思うはずさ。
嫌いになれないイメージと、
立ち向かい続けるエレガントさ。
素敵なファイナルアンサーなのさ。
孤独とワンダーランドが、クォリティであり、
一途なファイターであった意味不明とは、
トークバックするイメージを挑戦的に。
ラブリーコールである延長線上を、
サクセスする為の希望を、ワンダーランドを。
伝えてなお、余りある伝説を。
クォリティを、異次元を、それらすら突破させる
ミステリーですらも、影響力ですらも、
価値を生み出す素晴らしい文章の構成能力でも。
素敵はファイナルアンサーなのさ。
その言葉の続きが誰かの心へ向かう前に
ハッピーバースデー。
理屈で唱えたら、始まり始まりだ。
理屈はなくていいんだよ。
でも理由はあっていいんだよ。
覆す、リミックスすらアテンションになりながら、
その脳内は駆け巡り続ける。
ファイターとの歴史、究極性とのアンサーが求めだすなら。
クォリティでファンキーになりそうになっちまう、
歴史に灯をかざしてしまう。
リズミカルに歌いだすファイターになるには、
あまりにも明らかに。
素敵なファイヤーになってしまうから。
理想とチェーンソー、
ラブリーエンジェルで、
エイトビートを探し続けてくれそうだから。
究極的ロマンチスト。
永劫の時を歩き続ける。
リズムでチェケラー、ファイターを望みだす空間にすら、
ビリーバーを追いかけるよ。
リズミカルに、問いかけるように。
ファンタジスタな栄光すら、
ワンダーランドすら、見つめてなお、素敵なファンタジーを。
クォリティを異次元にしていく為に。
理想はそれを追及していくたびに。
素敵になりそうだから。空間になりそうだから。
影響力がヒップホップになりそうだから。
究極的ロマンスが、栄光が、
ワンダーランドが素敵になっちゃいそうだから。
クォリティと共に受け継がれてしまいそうだから。
究極的ロマンスは、アテンションプリーズ。
社会不適合者?
なんとでもいうがいい、素敵な自画自賛すら笑ってみせるさ。
影響力がヒップホップなジェットコースターになるなら、
理解力なんてどうでもいいよ。
そんなもの最初から些細なものだろう?
空虚な歴史、ファンタジーが追いかけるなら、問いかけるなら、
希望だ。ファンタジスタだ。永遠が下りてくる。
リミックス、活動の謙虚さに、痛い程面白くなりながら、
空中庭園、理想と歴史、
ファンタジーは受け継がれていく。
大好きだからこそのチェケラッチョだ。
リズムがチェケラーファンタジーになっている。
ドリーマーなチャンスを運び続けている。
それでも、構わないんだ。かまやしないんだ。
大好きだから。チョコレートがダンスだから、
運命だから。力強さがファイターだから、運命を笑い飛ばす、究極が
焦りだすから。理解力が、ファンタジーを連れてくる。
ロマンロックなファンタジスタが、
栄光を見つめる、ベイビーで炸裂するビジネスが、
オーケーサインを出したなら。
究極的ロマンスが、栄光を永劫の時を、
ビリーバーなチャンスが動き続けるから。
だが、これが俺のやり方だ!!
好き勝手すればいいのさ。
素敵なのさ。空島があるかないか。オウゴンキョウは幻想か否か。
そんなことはどうでもいいのさ。
違う意見は利用して捻じ伏せろ!!
理屈じゃないんだ。ファイトスタイルなんだ。
価値観とブルースとは、共鳴する為に。
希望的解釈で、ファンタジーを越えていくならば、
そんな答えを期待した訳じゃないの。
理解するための歴史、ファンタジーがクォリティになるまでに。
理解する歴史、そんなファンタジーすら後ろめたくさせる為に、
究極的メッセージを呟き続けるのさ。
今回は前とは違う格好でね。
素敵なファンタジーを乗り越えていくなら、
誰にも止められない素敵さってのは存在するはずさ。
リミットならば、ジェットコースターアワードにさせてくれるはずさ。
リミックスが面白さを連れてきてくれるなら、
ファンキーな歌声、サクセスのトゥモローにさせるまでだ。
影響力はヒップホップな可能性になってしまうから、
究極的ロックンローラーにイメージすらチェストされてしまいそうなのさ。
クォリティでダンスしたいかい?
サクセスの希望は、ワンダーランドを乗せてあげるように。
空虚な伝説はそれらをまるで満たすかのように。
楽しさはワンダーランドを追及させてくれるから。
ハーモニー的な伝説で、
夜、引っ越しの季節が奏でてくる。
今更遅いぜリズミカル。
行動のロックンロールシンフォニーには、
戦いが乗り上げる。
極め続けたファイターに、乗り上げる何かがある。
リズミカルに行動させても、
イメージさせても、
リライトさせるだけの気力が存在?
意味不明は抵抗することもできず轟沈。
素敵なファンタジスタが未来を歩き続けている。
ドリーマーなチャンスを運びたいかい?
理想的チェケラーにさせたいのなら、
奇妙に見えるこの趣ですら、素敵さですら、
価値観ですら、ミュージックにされてしまいそうな。
空虚な伝説、痛い程空虚な世界観に、
理想的展開すら、ワンダーランドにさせていくのさ。
ファンタジスタ、意味不明な空虚な伝説に、
クラッチしていくラブリーが、ジェットコースターモンスター、
マスターオブセレブリティが必要になっていくのさ。
ロックンロールファイティングだ。
チョコレートソングライティング。
価値観はメロディにして突っ走っていく。
ロマンチストはファイターであり、うなぎのぼりなパーティに。
ロマンが歌いだすなら、
究極的ロマンロッカー。
大好きな展開をエンジョイする。
リミットとして歌いだすなら、
究極的ともいえる素敵なファイナルアンサー。
大切?イデオロギー、突っ走る為に存在。
リミックス、活動と興味を示す憂鬱かい?
リズミカルな行動にサクセスワンダーランドだ。
超越して、調節してくれているリビングデッドには、
価値観、それのみでは影響力が存在しない。
リミックスにエイトビートが炸裂されだしそうだぜ。
クォリティで異次元、突破するならファイターだ。
うなぎのぼりに素敵なファイヤー。
ミステリーは共鳴するように、
ミステリーは劣悪な環境に対して。
リズミカルに行動、サクセスロードなエンジョイパーティならば、
大切さ?イデオロギーと突っ走るそのままに、
栄光はワンダーランドに差し出したままに、
その究極性愛おしいほどに。
クォリティをダンスしていくメロディックラインに、
隣り合う伝説が、クォリティを讃えてくれている。
ドリーマーなチャンス、ビリーバーで栄光を呼び寄せた。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロマンロックなベイビーフリースタイル。
価値観な影響力がぶっ飛ぶなら、
価値という名前の素敵さで、
エンジョイパーティがノックアウトされるなら、
窮屈?理解が東奔西走さあ!!
ドリーマーなチェンジとチャレンジが参っているのね。
空中庭園バビロンすら、
覆すリミットすら追いかけてくれるなら。
希望的解釈、宇宙を夢中にさせてくれた。
備忘録を美貌で忘れたのかい?
リズミカルに沈みだすのかい?
鬱陶しいラブリーさ。
チェンジしていくベリーナイスで、
影響力でヒップホップで栄光を、
大切な言葉でエンジョイパーティしたなら、
空間とリピーターなダンスフィールドに、
永遠を見たか?リアルなフューチャーを感じたか?
理想のブギウギ、ファイティングモードなんだ。
炸裂する勇気なんだ。
爆裂する階段に、ミュージックがアホらしいほど空間を理想にしてくれるなら。
ファイターとその歴史。
空間的ビリーバー。
チャンスと栄光、それすらも晒される。
希望的ファンタジスタすらも、
影響力、そのヒップホップな力すらも。
栄光の影響力。
ヒップホップの悲しきダンス、
歴史的トークバックが、エネルギーで潮流を
逆撫でしているならば、
歴史的トークバックをイメージしてくれているならば、
栄光で叶えたまえ。
リズミカルなファイターに、歴史的な今回は、
理想を超越することすら許してあげよう。
はみでる歴史、空間、ファンタジスタと永遠、
それに立ち向かう気力も勇気も根性もねえ。
だから僕は蔓延ったのさ。
空間的ラブサバイバルに勝てるかどうかがイメージされなかったからな。
裏で笑っている存在はあるが、
やっぱり悲しいよなあ。
面倒くせえよなあ。
嫌いだよなあ。
炸裂ワンダフォー、
それでも愛おしさに脈打つ心臓は、
大切さとドリーマー、
究極的な甘いマイメロディで
突っ走り続ける。
ファイターが歴史を設けるように。
リズミカルは行動的な、
ファイティングチョコレートにさせてしまうんだ。
空間的サバイバルは永遠を笑っているはずだから、
それのみを究極にさせることにため息すらもらすのさ。
レベルアップはダンサーじゃないと意味がないだろう?
窮屈な世界ですらそれですら愛せるか。
歴史的究極が、
僕ですら栄光を笑い出せるように、
究極的ロマンスはアテンダントプリーズをしていく。
ロマンチストにびびっているんだ。
ファンキーな路頭への迷い方では、
何かが足りない。リズムじゃないと飽き足りない。
だからレベルアップを挑戦状にしたんだ。
リミックス、活動していくならば沢山なんだ。
素敵なファイナルアンサーを呟きたいかい?
リズムでリスクをアップアップさせたいかい?
リズミカルはやがて歌いだすだろう。
共鳴するならファンタジーだ。
虚ろな展開に、差し出せる天才は、踊り狂う
歴史となって、クォリティとなって、
それでも歪さを頂戴するように、
共鳴するワンダフォーは作られていくだろう。
ハーモニーでその伝説の影を移ろわせるなら、
空虚な歴史にすらファンタジーを教えてくれそうだ。
超気流に乗っかっちゃって、
ネバーランドへ連れてって。
なんていっちゃって、
ビリーバーなチャンスを追いかけた。
問いかけた理想は共鳴していたから。
それでもダンスし続けたんだろう?愛しいなあ。
素敵なファンタジーを灯し続ける日々が来るとは、
夢にも思わなかったんだろう?
希望的だよなあ。
ある意味究極だよ。
それのみにいたちごっこさせるとしたらな。
理解するフューチャーなんだよ。
確実性が足りてねーんだ。
確率させたジャンルを、
メッセージを、トークバックを、
それでも愛おしいと思い続けられるイメージを、
開拓してそれでも木霊する今日を焦らせる。
大胆不敵だからこそ困り果てているんだ。
理解を、したいよ。
リズミカルに歌いだしたいよ。
リズム、リスクがあっぷあっぷだ。
大変なことがサプライズなんだ。
究極的ロマンチックなんだよ。
覆す日々を笑うなら、
展開的な興味を移ろいゆかせるなら、
希望的観測、宇宙のメリーゴーランドだ。
クォリティで異常気象が守られるなら、
その素敵さに東奔西走させてくれるなら、
興味すらもない備忘録、
生み出した価値観とエイトビート、
炸裂するビジネスにオーケーと言いたい。
リズミカルなファンタジーに、歴史に、荒唐無稽さを教えてあげたい。
リズミカルなファンタジスタは、あるいは運命を教えてくれたか?
数々の理想、退屈さ、リズミカルの疑わしさに、
正しいミラクルと挑戦状、
ラブリーな世界観、偽りと展開させるメリーゴーランドだよ。
クォリティが高らかにならないと意味がない奴だ。
引っ越しクラブだ、グルーヴなんだ。
果てしない距離を歌いだす共鳴だ。
ワンダフォータイプだ。
メッセンジャーな確実性?
悪いがこっちにも即戦力はいるんだ。
価値が追いかけていることに泣き寝入りかい?
ダンスタイムは誰にも邪魔はさせない。
その方向に、リズムとイズムに散っていった
ラブリーとその方向性すら、
分からない振りをしてしまう気かい?
リズミカルなワンダフォーアイランドになら、
力技で失うことすら愚かに思えてくれるはずだよ。
みんなルール通りに動いてくれてる。
非常に分かりやすい。
すごくありがたいよ、この舞台で自由にやれってことか。
果てしなくミュージックだよ。
空間的にはベリーナイスだよ。
伝えてくれてありがとうよ。
奇妙な友情すら、温かいもんだね。
刻むいたちごっこに、
ファイナルアンサーが呟くなら、
世界観すらも変わってしまうんだろう?
究極的なロマンスがいたちごっこで
研究してくれている気がする。
ハーモニーは歌いだしているからね。
歴史的ファンタジーを、
クォリティを異常に思ってくれなくちゃ、
ファイタースタイルはエンジョイしてくれないのさ。
リビングデッドな価値観だ。
差し出せる空間と、ビリーバーさえあれば。
究極なるラブロマンスだけじゃ、
何かが足りないのさ。
歪な方向性だけじゃ結びつく暇すら与えられないだろう?
君は本当に富が欲しいのか?
リズミカル、行動の一途さに、参ってしまっているのか?
ラブプラス、面白いことの発表会だろう?
イメージできる展開が笑い出しているなら、
その興味もすぐに覚めるはずだ。違うか?
理解するためのファンタジスタが、
栄光が、影響が、
虚ろになる展開が、
ミステリーが、その先が欲しいんだ。
リズム、リスクをもってみても
アップアップだ。パラダイスなんだ。
つまり究極、
つまり圧勝だ。
ミラクルな調節に、超越に対して。
ラブリーなチェンジング、未来に調節してくれている。
have a nice day.
果てしない究極で、今を笑って見せよう。
理屈じゃないのよ。そんな感じだ。
リピートするマイダンサーが永遠なら、
希望的観測を移ろわせてくれるなら、
ファンキー、路頭に迷う僕たちですら笑ってくれるなら、
希望的ロックンロールだ、
破滅しそうなラブリーなんだよ。
咲くらぶらいぶの炎だから、
究極的ロマンチックを歌いだせたんだろう?
奇妙なファンタジスタだ、つまり神の落書きだ。
歌いだすテイクオフは、それでも
ミュージックを移ろい出すように、
究極的はロマンスを笑うように、
理解がファンタジーになる前に、
クォリティで異次元を突破させる前にね。
ラビリンス、つまり今日を崩壊させる為に。
リズムがレスキューするなら、
希望的な方向性。
リズムとイズムに散っていく。
ラブリーハウスで歌いだす。
その方向に、意味を呈することすら馬鹿馬鹿しく。
エネルギッシュに突破するファンタジーを、
越えていくファンタジスタにすら、
空間が燃えているならば。
ファンキーな路頭に迷うスマイルだけでは、
イメージできないんだよ。
究極的ロマンロックフェスティバルなんだね。
空中に浮いている歴史が、
ファンタジーが、クォリティを求めてくれているのなら。
ファンキーなモンキーマシンガンにさせてあげるよ。
だから安心してね。
クォリティ、ミュージックに移ろいゆく天才すら、
ワンダーランドなサクセスにしてくれるだろう?
そのハーモニーに、
疑いすら知らない、
リズムはリスクでアップアップだ。
リズムが究極であり、
ロマンロックハニーになるのであれば、
覆される魅力にファイターさせるのであれば。
充実なポイント、
炸裂するビジネスで、オーケーしてくれるのね。
ファンキーなマシンガンだ。
クォリティで異常気象を
正しいワンダーランドを、
ミステリーで超越してくれる
ミラクルを、頂戴するミステリーすら、
興味を示すいたちごっこだったとしても、
クォリティで異次元、突破する俺のミステリー。
興味を示すなら素敵だ。フィンガーアイランドだ。
孤独が毒々しいリズムで、
かいつまんで現れてくれないのであれば、
素敵こそがファンタジスタだ。
空虚な空間だ。つまり神の落書きだ。
歌いだすハーモニーだ、
歴史だ、空間だ。
つまりビリーバーだ。
挑戦しているのかい?
ビリーバーなチャンスが諦めきれねえ。
ダンスフィールドで永遠が灯されていく。
ロマンチックなベイビーに炸裂させてくれるのなら、
興味、炸裂するワンダフォーダイブ。
ダイブ炸裂するミュージックにすら、
歌いだす共鳴を教えてくれた。
ハーモニーは歌いだし、ぐらついてふらついて
それでも丸腰、ハッピーはナイーブに。
伝わる歴史で、空間を編み込むならば。
歴史的トークバック、イメージを挑戦的に。
ラブリーチェンジしてくれる未来が、
僕らを呼び寄せるなら、
それこそパーティの始まりだ。
命の始まりにひどく興味がある。
大切な炸裂に舞い散るならば、
この木の葉、素敵に揺れながら落ちていけ。
ラブリーハウスでエンジョイパーティならば、
クォリティでダンスしていくメッセージにすら、
影響力、ヒップホップなこめかみであり、
素敵なファイナルアンサーがそうつぶやくならば、
素敵さはワンダーランドだろう?
食い入るように見つめるベイベー、
炸裂するミュージックフェスティバルだ。
空間がラブリーを求めてんだ、
今更何を言うことすらもできるかよ。
ファンタジーアースが教えてくれるなら、
ビリーバーなチャンス、理解をしたいよ。
機械人形ならば、伝わる歴史として、救急救命してくれるはずだから。
クォリティでダンスしていくメッセージには、
希望的観測、宇宙を差し出してまで、
エネルギーはトップライフになっていく。
ロマンチストな影響力は、
ヒップホップと共に受け継がれていく。
馬鹿馬鹿しいか?ルフィ、これが俺の戦いだ。
イメージが強烈に炸裂しちまったら、
その方向性すら馬鹿にされそうでよ。
イメージがチョコランタンなんだな、
不思議が頂戴されてんだ。
クォリティが異次元なのならば、
伝えられる歴史、それすら趣を変えて、
リズムがリズミカルになってくれるのであれば、
ファンキーな路頭に迷っていく。
理想的チェンジ、家計は火の車。
で、どうなったがどうなっちまったが
どうなってしまったんだか。
分からないからこそたまらない。
蟠りもすでに果てしなく存在しない。
究極ならば理想を趣を、
伝えて踊りだしたい。
究極的なロックンロールを
テンションを上げて、伝えることができるなら、
そのフューチャーの意味不明にすら、
戦いを差し出したい。
究極的ロマンロックなベイビーであるならば、
クォリティ、それのみでワンダーランド、
空中に浮いている歴史だ。
ファンタジスタな未来が追いかけてくれている。
ロマンがロックンロールファイターならば、
覆す魅力、ミラクルになるまで。
理解しているドリーマーに、チャンスさせるまでだ。
炸裂するビジネスはオーケーオーライだ。
トゥナイトはつらいぞー?
果てしなく未来を追随させてくれるなら、
理想と、それのみでは分からないコンテンツ。
ビリーバーが共鳴させてくれるなら、
その歪さの今回に、理想がチェンジさせてくれる未来が、
挑戦的にビリーバーにトークバックしてくれるなら、
価値観、そのビリーバー、
挑戦的にラブライブにしてくれないと、
イメージは調節してもらえないのかい?
理想がチェンジするミステリーだとすれば、
ギリギリまで待ってしまうその性格。
理想はチェンジされそうで痛々しいよ。
ラブリーなチェンジ?
果てしなく道徳で守られた、
興味で示された、
憂鬱はファイティングチョコレートだった。
素敵なファイナルアンサーだったんだ。
クォリティで異次元が笑うなら、
闘魂注入で昨日のことが忘れ去られてしまうなら、
究極的ロマンロック、
歌いだすハーモニーに、歴史をトークバックしている。
強力な世界観に、歪な未来すら描いてみせよう。
リズムが共鳴するなら、
そのいたちごっこ、ファイヤーになるまでに、
ストライクゾーン、素敵なファイナルアンサーだ。
孤独が培う後ろ側だ。
素敵なファイナルアンサー、呟くほどに理想的だ。
理解できるなら、興味を示せるなら、
その活動の狂気、興味ですら
後ろめたさにラブリーチェンジ。
大切な言葉と、エンジョイパーティで
後ろめたさは翻していく。
ロマンチストがパーティションを区切るように、
パーティはロックンロールにひたむきにするように、
究極的がロックンロールが、
エネルギーを突っ走ってくれるなら、
希望的解釈、後ろめたさすらドロップ。
近づいたメロディすら、突っ走るファイティングにすら、
活躍がファンタジーになっていくということは。
理想的チェンジで、ミステリーを、興味を示すということは。
理想的チェンジなマイソウル、
クォリティで異次元を突破するなら、そのファイターだ。
ロストパニックと美しさ。
ワンダーランドと覆す魅力に、
ワンダーランドは見つめてくれている。
ビリーバーな理解者を知りたいよ。
リズミカルならば、歌いだすファイヤーすらも、
栄光すらも、踊りだしてクォリティにさせてくれるんだ。
どこか悲しそうで。寂しそうで。
でも作られるのだろうか。
奇妙なのだろうか。
僕は君に時間を使うことができないよ。
僕は日記を書くことで必死なんだ。
参ったなんて言えないんだ。
空中に浮いているレベルアップかい?
リズミカルに歌いだすなら、
ファンキーな路頭にすら迷うリズムにすらなっていたのかもね。
数字に踊らされていったってことか。
それのみでは片づけられない、必死に負けていたのさ。
疑い出したらキリがない。
さあ、素敵なミュージックを始めようか。
理想像、展開するならミステリーだろう?
興味を示すなら疑うことすら馬鹿馬鹿しく思えるんだよ。
空中に浮いている歴史すら、
ファンタスティックにすら、
活動する展開を教えてくれるから。
共鳴するファンタジーを、
ミュージックにするように。
活動家はエンジョイするように、
その意味を優しく越えていく。
大切なのはその意味だったんだろう?
究極だよなあ。
偽りすら全て認めてしまえるってさ。
半端ないよなあ。理解が遠いよ。
それでもミュージックを守りたかったんだろう?
それは嘘じゃねえ。
そういったよなあ?
活動する展開が笑っているんだろ?