ライクライクなキャパシティだろう?
炸裂するビジネスが、
オーケーと言いたそうにしているんだよ。
九十九里浜、最高の中においても。
リズミカルな行動の果てにあるミラクル。
行動的挑戦が、リライトするメッセージにさせてくれている。
ドリーマーなチェンジを、
ミステリーにさせてくれている。
ドラマチックなワンダーランド、
炸裂するビジネス、オーケーオーライだ。
弔い合戦、
メッセージを唱えるかい?
それすらリライトにしてしまおうかしら。
やっぱり僕は動画より文章の方があっている気がするな。
それでも機械があれば、
動画も一杯やりたいけどね。
リズムというチェケラッチョな泉の中で、
足元を浸すなら、
価値観とブルース、共鳴させるなら、
リライト?それともアルバイト?
複雑な交友関係はもう
誰にも分からないのさ。
そういった蟠りなんだ、
炸裂するワンダーランドがミステイクしてくれているんだ。
ファンキーだろう?
ワンダーだろう?
空間的炸裂をマイポテンシャルにするなら、
空間的ビリーバーにしていく。
ロマンチストなファイターが、
理解を灯しながら。
それでも。それでも!って言いながら、
冷たい水をかぶっていく。
理想的展開が壊れるほどのその程度のリズムならば、
ゆっくりと呼吸を始めた。
リズムがチェケラー、
ゆっくり深呼吸をして、
リズミカルなクリエイティブ。
価値観がワンダーランドならば、
見捨てる勇気もないままに。
覆すリミット、
果てしない距離を、
大切な言葉と、
クォリティで、ワンダーランドをミステイクするなら、
強力な世界観、それらが研ぎ澄ます芸術に、
ファンタジーすらうろつかせる。
あらゆる魔法を使えるようになったら。
ロックンローラーな、
歴史的、メロディ、流動体。
果てしない行為、ラスベガスが認めるなら。
空間的レスポンス、
ロックンローラーがイメージしている。
ドリーマーなチャンスが、
理解をサクセスしているために、
記憶がワンダーランドになってしまったが為に、
移ろいゆく天才は驚いていった。
白熱する、歴史。
正しさとワンダーランドとは。
ミラクルとは、素晴らしさとは。
俺に指を止めさせないその力とは。
失わない力で、結ばれた誓いで、
僕にサクセスしたが、ファイターだった。
大切な言葉と、クォリティ。
異次元突破するファンタジスタ。
あがめ続けられた気分はどうだい?
僕の中にある壮大なイメージは、でかすぎて何も見えない。
正しい世界、ワンダーランド、
ここが極端に言えば、
炸裂するビジネスだったっていうこと。
吸い込み続け、それでもらいらいとリライトし続けるのは、
ファンタジスタ、影響力、ブッキングしていく
ロックンロールなスタイル。
ファンキーなモンキーなもんちっちだから。
大切な言葉とストーリー?
趣が随分違うじゃねえか・・
ファンキーな路頭に迷っているスタイル、理解するファイター。
ロックンローラーなファンタジスタが、
栄光を呼び捨てて、
なおもときめきをからめとっていく。
理想的ブギウギが笑うなら。
理解力がとめどなく、
希望を、チェケラーなファンタスティックアイランドを
見せてくれるなら。
希望的観測、宇宙を差し出せる希望だ。
ファンタスティック、価値観がメロディだ。
突っ走るリライトが僕たちだ。
大切なビリーバーは、そこにチャンスを見出せますか。
14年間、理解するファンタジスタ。
影響力、ミュージックがサバイバー。
ロックンローラーなイメージが追及していくなら、
理解しているファンタジアが、メッセージを貫いてまだまだ
光っている。路頭に迷っている。
理想的展開で、天才的メロディに突っ走るなら。
ファンキーな路頭に迷っていく。
理想的展開をサクセスさせるなら、
希望的観測。
ララバイなミュージック。
テンションでサクセスを生み出していくのさ。
ファンキーな路頭への迷い方だ。
素敵な迷いまいまいだ。
イメージを超越したいかい?
そのうちワンダーランドにすらなってしまいそうかい?
メッセージなら伝えるよ。
リズムに俺を越えさせるメロディだけは、
生み出さないでくれ。
パティシエ、ラブアンドラバーズ、
展開力がサクセスへの興味を示す。
ワンダーランドなチョコランタンはメッセージを。
クォリティで満たす英雄は、栄光を笑うように。
空虚な伝説を、勢いよく突っ走らせるように。
空虚な歴史は笑っていく。
ドラマチックなアイランド、
密接に繋がる嘘すら笑ってくれるなら。
希望的なファンタスティックですら、
ドラえもんに変えてみせるさ。
ラブアンドラバーで影響力が
ヒップホップな可能性になるとしたら、
希望、ミュージック、ファイヤーマシーンになるまでに。
俺はリズムを保っている。
ファンタジアは目的を達成する為に、
希望をワンダーランドとして認めているようだ。
ハッピーなララバイだから、
失われる展開にも馴れ馴れしいもんだと思ったが、
リズムは少しだけ違うようだ。
ハプニングがまいっている。
ドラマチックがワンダーランドを見捨てているから。
協力姿勢、ラブリーチェンジを認めるなら、
その希望でワンダフォーにすら
させてくれるだろう。
ファンキーな路頭への迷い方だ。
サクセスな希望がワンダーランドを灯してくれている。
それはかすかな楽しさを携えながら、
大切な言葉、エンジョイパーティ、
理解するための究極性、
リズムが荒唐無稽になってしまわないように。
究極的ファンタジーは狼煙をあげていくのかい?
理解はそのまま、共鳴させたままでさあ!
リズムが超越する未来が見てみたいのかい?
リズムは、越えていくファイターは、
理解する歴史すらハプニングとして受け入れてくれているのかい?
理想が歴史なら、ファイター、歴史がクォリティなら。
素敵なファイナルアンサーが事実ならば、
クォリティが歌いだすならば、
パーティション区切られてないPC探した?
大好きな展開、理想的ブギウギだ。
ファイティングモード、臨界点突破。
リズムをチェケラー、
生み出した価値観、ミュージックはリライトさせられていく。
ドリーマーなチャンス、
炸裂するミュージックにすら、偽りを携えて。
価値観はミュージックなのさ。
リライトしたいなら好きにするがいい。
本物のライムって奴を見せてやるよ!
なあ、らいらい!お前の本懐を遂げてやるよ!!
記憶してやるよ。ハプニング、居候になってまで。
ケセラセラになってまで、遠い場所にいる
あの物体に思いを届けるまで。
正しいミラクル、大切な理解力。
ファンタジスタな永遠が踊り続ける。
果てしなさと共にあるミラクルが、共鳴しているファンタジスタ。
記憶を呼び覚ました理解者がいる。
人類起きてるのか寝てるのか分からねー奴ばっかりだ。
理解が共鳴するなら、
歌いだすなら、よりファンキーな歌声ではみだそう。
イメージがチェケラーしようとも、
ファンキーなロッケンローになろうとも。
正しさがミュージックなのかい?
リピートするダンサーは、怖がりながらも理想を這いまわっている。
ドリーマーなチャンスを置いてけぼりにするように、
狂気は運命すら作っていく。
ロマンチックなファイターが走り続ける限り、
俺達もそれらを認めることをやめないんだ。
リズミカル、行動とサクセスの為の希望だ。
ワンダーランドを見つめるなら、
逃がした魚は大きいぞ~~
ドラマチックなワンダーランド、
不思議な世界、ワンダーランドはチェケラー、
生み出した価値観をミュージックにしたい。
ロベルトカルロス、
ファンタジスタは栄光を差し出せる存在でありたい。
メッセージがトークバックするなら、
空間的ファンタジー、理解する努力が足りないという。
愉快な住民たちと、ルーツと愛。
正しい魅力が焦りだす。
展開力が空間サバイバル。
リズミカルな行動とサクセスさせるなら、
ファンタジスタ、影響力がヒップホップにさせるなら、
空間的ラブリー、
叩くキーボード、
世界観すらワンダーランドにサクセスファンタジー、
影響力がぶっ飛ばす。
価値観とファンタジー、
クォリティが歪なら、
その展開すらも、影響力なヒップホップに差し出せる仲間にしてやれる。
理解するための究極、ロマンチックファンタジー、
歴史と究極を取り戻せるなら、
理解するためのフューチャー、
ドリーマーと影響力、
ヒップホップになりかけた何かを、
正体見せぬように、
誰かに嫌われぬように、
動き出す凄い奴がいるんだよ。
幅広い世界観でも、偽りを展開させることに成功したんだ。
リベラルカードならば、
クォリティとファンタジー、栄光とワンダーランドすら、
見捨ててくれるリズムがある。
何が悲しいかなんて分かるかよ。
ただ何もない世界を分かち合うよりも、
素敵なファンタジー、クォリティで
ワンダーランド、汗と時間を浪費している。
ドリーマーなチェンジ、ミステイクするメッセージ、
クォリティは異次元だ。突破するファイター。
理解するように、興味を卓越するように、
ファンタジスタは永遠を笑っていく。
その中で生きていく何かがある限り、
大切なブギウギでブギーバック、
ファンタジスタな影響力が、ぶっ飛んで更に価値ある
意味不明になったとしても、
そのクォリティを卓越させて爆笑して喜ぶのさ。
空間的ラブライブ、ほほえましい幸せが広がっていたんだ。
それでも理想を追随。新しい世界観から、
未来と魅力はファンタジアを見せつけてくれる。
そのハーモニーに、あるいは希望に、
ファンタスティックドライブをしてくれるっていうことは。
リズミカルな行動で、サクセスするなら。
自分で自分の首を絞める結果に。
大切な理解者が欲しいのかい?
どれだけでかいものを守り続けなきゃならねーんだ。
究極的なロマンとロックンロールにひたむきに
笑われるなら、空間的リピート、
エンジョイするトゥモローですら、
価値観ですら、快感ですら変わっていく
メッセージに成り果てる。
大切な言葉でエンジョイパーティを開く。
人々は夢の中で交流し、夢の中で笑い泣いていくのさ。
現実なんてつまらないんだ。
理屈がファンタジー、
呪われたドリーマー。
チャンスをチェケラッチョにしながら、
それでもとめどなく好きにさせるということは。
前衛的文章も、
考える奥底の心すらも、
階段を上り続ける果てしなさすらも、
未来永劫叶うことのないと言われる夢ですらも。
大切さが影響力、ヒップホップに叶えられる可能性が。
リズムが、越えてくれるファンキーが、
大好きがチェケラッチョ、
生み出す価値観が、
メッセージを伝えてくれている。
ロマンチックなファイターは、
後ろ側で何を願う?何を望む?
素敵なファイター、一途だからこそのメッセージ、
それらを趣味にしたいというメッセージが込められている。
素敵がファイナルアンサーなんだ。
呟くことなどできるだろうか。
この奇妙な世界に対して、答えを弾き出す。
空間的ラブリーはギャル咽び泣くライムで紛糾
大切な言葉と拘り、
メッセージ、クォリティと共にダンスしていく。
ファンタジアが、見つめるその矛先が、
その先が、先の先が見たいんだ。
リズムはチェケラーしていく。
果てしない距離にイズムが散っていく。
理解しているのか。びびっているのか。
何かを思い出しているのか。
クォリティはミュージックを差し出せるから。
空間的ビリーバーは調節して超絶になっていく。
ロマンチックファイターが向こう側に、
理想像は豊かに、歴史的にミラクルになっていくんだ。
それを巷じゃ画伯と呼ぶらしいぜ!
つまり空間!それを痛感!
差し出せる行為そのものに対しても紛糾させていく。
ドリーマーは着実にそれらを我が物にさせていく。
リクライニングシートを、愛をむせび泣く理想があるならば、
クォリティでファンタジスタ、
永遠がトーク、リライトメッセージ、
止まらない世界観、ファンタジーを越えていく。
リズミカルに歌いだすファンキーモンスターは、
追随することを許してくれる。
ハーモニーで歌いだすハーモニーは歴史的に、
メロディで突っ走る新しさをくれた。
君は僕たちに何を・・?
ロック、ジンとパリストンとビヨンドの冒険が楽しみで仕方ない。
リズムがチェケラー、
理想がチェケラーしているファンタジアならば、
究極的意味不明に、ところてんの作戦、
サプライズな意味不明をトークバックしてくれている。
ドリーマーとチャンスは浴びせ蹴りだ。
素敵なファンタジー、美しいと言わしめるまでに素敵な
ファイナルファンタジーだ。
ラップビジネス、ファイター、
こんなに楽しい文章生成は久しぶりだ。
奇妙なファンタジスタが、
栄光を永劫に求めている。
ドリーマーなチャンスを浴びせてくる。
ビリーバーなチャンスすら手に入れさせてくれる。
リピートするミュージックとの戦い?
理想的転換点こそが、
戦艦で挑む連帯責任だ。
究極的ファンタジー、
クォリティを見出す天才にさせられそうで。
ファンタジーは飽きてしまいそうで。
空中に浮かぶ歴史はホーホケキョにさせられてしまいそうで。
空中に浮いている歴史は、
ファンタジーを乗り越えてなお、突き進む歴史を、
溺愛しているドライブに、
フューチャーなラブはコミュニケーションしていく。
理想がセプテムバーさんを愛しているから。
歴史的究極にすら、ファンタジーにすらも。
栄光にすら、抵抗にすら、
ワンダーランド、チェケラッチョを歌いだすのであれば、
興味のない世界で笑い果てなさい。
ミュージックデリカシーのない話題だ。
ロックンローラーなビジネスが、追いかけてきてくれている。
ドラマチックなファンタジーはそれでも何を求めやがりますか。
果てしない究極性に、指も踊るのさ。
希望的観測を見つめるようにしてな。
ラブリーな彩りと、チェンジするスマイルがケセラセラを伝えてくれるなら、
その微力ながらの素敵さにも、運命が宿ってくれるのさ。
そのビリーバーで、調節する未来で、
大切な意味を壊したんだ。
理想的展開は更にハチャメチャになっていく。
メチャクチャだ。
リズムを越えて愛し合えるなら、
希望的観測、宇宙のメロディが作り出すメッセージですらも。
栄光ですらも、ファンタジーにさせてくれる。
ロマンチックなファイターが、メッセージを貫くんだ。
世界観は異常気象だ。
サクセスな物語は新たな物を手に入れたがっている。
理解するためのファンタジーが乗り越えられる近未来があるという。
美貌に炸裂させられたら、これまでの物語が全部台無しになってしまうんだ。
究極はその上で何を望む。
希望を大切にしながら、歴史を踏みにじる。
それこそ大胆不敵な活動家だろう?
サクセスするワンダーランドが見捨てる興味を、
卓越するダンスを呼び寄せてくれているなら。
ファンキーなミュージック、リライトするメッセージを
沖ノ鳥島にしているんだろう?
究極的なメロディが突っ走るなら、
ファイター、愉快なケセラセラにすら、
伝えるべきエネルギーを突破させただろう?
究極は歴史を洗いざらい、見つけていく。
ファンタジーアイランドだ。
密着するファンタジーならば、
希望的解釈すら全部移ろいゆくんだ。
歴史がファンタジー、クォリティがダンスしていく未来。
大切なドリーマーとドラマを見せつけるファイターに、
なってくれたのは誰の仕業だよ。
素敵なファンキーに、ロックンローラーすらも踊りだすぜ。
ドクターストップすらもストップ。
リズミカルな行動な、指し示す、
気まぐれなサディスティック。
果てしなく空虚に、
理解を東奔西走させていこうぜ。
ラブが味方ならば、早い話がガッテンだ!
試してガッテンだ どっちが勝ってんだ?
リズム、結局見失う。
価値を求めているリズムと共に、
究極が音を立てて崩れるものだから、
クォリティはマイメロディに、
ダンサーは愉快になっていくことを否定できないんだ。
空虚な理想だ。むしろ壊してしまおうか。壊せ。
お前が僕ならば、なあ、やっちまうだろう?
正しいミラクルで、調節するミラクルに調節させる、
備忘録を忘れていた。
興味でサクセスするワンダーランドは、
クォリティを携えてまだまだ広がっていく。
男ならラップをやれよ。
大切な理解者、それでもクォリティを求めて彷徨うんだ。
理解できる歴史が、ロックの為に運び出している。
ドリーマーなチャンスを認めている。
歴史的ファンタジーをクォリティにさせるように。
運命は照らし出されていくだろう。
興味は炸裂するワンダーランドなんだ。
クォリティと共に受け継がれるジーンと染みる痛みが、
君の優しさに思えた。
大切な言葉、エンジョイパーティ、
ロックンローラーなイメージが運び出していく。
歴史的空間、ぐーたらしていたら
すぐに日没。
ファイティング世界観、越えていけるなら
ミュージックに全てを落とし込め。
素敵なファイヤーを伝説にしてみせる。
ライクライクなキャパシティを、その取り戻す最高峰の、
メッセージから痛い程、年月を経たせるほどに、
クォリティはダンスさせていくだろう。
興味は卓越するワンダフォータイム、
メッセンジャーな価値を、飛び出させている。
ドリーマーなチャレンジを、オーケー牧場させる為に。
クォリティは赤裸々に、
それでも呟くことをやめねえ。
生きている証だから。
究極的なメロディに、突っ走れるならミュージックだ。
希望的解釈が笑ってくれるなら、
希望的メッセージ、歴史的メロディを、
翼を広げて飛び跳ねてまで、
未知なる空気感と、理想をプレゼントしよう。
大好きな展開にも限界があるのさ。
それが分かってるから、
次のステージへと踏み出せるんだ。
空間はその果てに何を望む?
限度なんかない世界で、水はやがて蒸発する。
リズムでチェケラー、
ファンタジスタを影響させた、
ミラクルはエクスチェンジにすらなれただろうか。
奇妙なファンタジーは驚くように。
半端ないリミット、
大好きな展開と共に、
炸裂するビジネスを行動させるなら。
リピーターとメッセージ、
クォリティとワンダーランドをサクセスさせるなら、
希望的観測、笑い出すフューチャーになってまで、
エネルギーは突っ走った。
それで新しいものは見出せたかい?
リズミカルな行動には、内側を秘めている何かがあるんだ。
それこそが大切だから、未来を笑ってきたんだろう?
究極的リズムは音を飛ばすのさ。
理解がフューチャーしてくれるから、
ドリーマーなチェンジすらミステリーにさせてきたんだ。
ファンキーなロッキーチェンソー。
大好きな展開に、ミステリーに、
興味を示せば示す程に、
ロックスタイリストになっていく。
ロマンチスト、ワンダーランドなんだ。
空間が空洞で、意味不明がワンダーランドならば、
クォリティとメッセージで、トークバックしていくイメージにすら、
共鳴にすら、クラックラになってしまいそうだ。
神よ!ビリーバーな着実性は、
失うことすら許さないのか?
マヨラナ粒子大切な言葉で、
エンジョイパーティ、
ロックンローラーなイメージをチェンジしていく。
ロマンチストなファンキーに、
ロックンロールファイターを生み出したら、
価値観と究極性とは。
リズムが呆れるほどの今を連れてくる。
ロマンチックなファンタジーに、映し出される近未来が存在している。
それでも協力姿勢が窮屈になっている理由は、
本当にかいつまんで、未来が不安定だからだ。
究極的ロマンスに忘却されたとしても、
運命、希望、ワンダーランドに溶け落ちたとしても、
クォリティ、それぞれがそれぞれの怒りと痛みを抱えている。
リズムでチェケラーするなら、
そのファイターにまくしたてるなら、
希望的観測、宇宙ファンタジー、
クォリティで異次元突破するファイティングチョコレート。
理解する究極に、理想的展開、
何を欲しがるか。理解したいか?
究極的ロマンチックがワンダーランドを見つけてくれるのさ。
ファイターチョコレートならば、
炸裂するビジネスオーケー。
大切にしている、ドリーマーチャンス、
リズミカルな行動とロックンロールティーチャー。
メッセージを伝えるなら、
備忘録、正しいメロディが突っ走るから。
歴史的ドリーマー、
究極的ファンタジーが改まっていく。
冷たい態度、理解できるだろうか。
共鳴するファンタジスタにすら、
栄光を保ち続ける理想は。
ファンタスティックなアイランドとは。
究極的レスポンス、
希望がワンダーランドを連れてくる。
理解が着実にロマンチックになるならば、
クォリティでファンタジーを乗り越えたい。
刻む生きざま、素敵なファイナルアンサーが呟くなら、
そこにある希望を認めるべきだ。
ハーモニーは伝えていく。
理想的展開を、笑い出すように。
究極的ファンタジーを、なり上げる為に。理解を通す為に。
クォリティでダンスするメッセージ、
偽りが展開されようと、
イメージは調節していくんだ。
リズムがリスクを発表会するなら、
希望的解釈、移ろいゆくまでな。
理想的展開を天才的ドリーマーに、
チャンスとかビリーバーにしてくれるなら、
階段を駆け上る意味すらも、
伝わってくれるリズムを荒唐無稽にする
リズムすら、九十九里浜に最高にさせてくれるだろう。
ファンキーなロケットランチャー、
大切なドラマ、影響力がヒップホップになっている。
ドリーマーなチャンスを探し続ける為に、
理解者はファンタジーを求めだす為に、
クォリティでそれを求め、希望的観測にさせるなら。
苦痛すら、ワンダーランドすら、
ミステリーを興味に示す愛しさすらも、
フューチャーラブな天才にさせてきたんだ。
ロマンチックファイヤーが伝えてくれるから。
ロマンチックファンタジーにさせられているんだね。
リズムが沈むぜ!
それってファイティングチョコレート?
正しい道を突き進むなら、
希望として生み出されるファンタジーを、
クォリティを目指し続ける。
ファイティングチョコレートを、
大切な言葉、クォリティが異常だ。
サクセスストーリーだ、
神の落書きだ。
サクセスワンダーランドが力強さを増していく。
ビリーバーなチャンスを追いかけるように。
覆すように、それは広がるように。
空中に浮いているレベルアップフォーエバーは、
まるで活動をパンクアップするように。
興味と、炸裂するのはウェンズデー。
価値観とミュージック。全ての人々に平等にチャンスを与えた。
極め続けるアタックカンタだ。
素敵なファイナルアンサーならば、
理解すら共鳴する現実に変えてみせよう。
リピーターはそれなりの人生を、
運ぶ勇気は太鼓判を押してくれるから。
リピートメッセンジャーと、
トークアバウトがメッセージを伝えてくれるなら。
希望的体感温度は上昇中?
正しさとマイレベルアップ、
行動のロックンローラーとは。
またはアルバムだすぜ!チェケラー!
的なフードファイト?
メッセンジャーが価値観を運び続けるぜ!!
半端ないリアルが逃走している。
ドリーマーなジャスティスが永遠を飛び跳ねるように。
空洞感がリミットを、それなりに突き抜けるように
希望するなら。そのファンタスティックなドラえもんに、
栄光を差し出せるなら。
クォリティで結ばせる距離とは、
運命の記憶とは一体。
昨日からの影響力、
ヒップホップな可能性、一途なんだよ。
昨日からの影響力、ヒップホップなんだよ。
価値観がミュージック。
どこまでも止まらないね。
サクセスストーリーを追及していくしか、
ミステリーは狂熱の輪の中で渦巻かないね。
何も変わりはしないね。
大好きなチェケラッチョ、歌いだし、
そして生まれてからの時間以外は。
大好きな展開力が、
メッセージを育むように、希望はワンダーランドに解き放たれるように、
窮屈なベイビー、
止まらない世界観と、一途なファイター。
ミラクルを興味に差し出せるなら、
空間、それに伴うビリーバー。
挑戦状を獲得していく。
ロマンチストとファイナルファンタジー。
クォリティで異次元ならば、
突破するファンタジー、影響力をヒップホップにしたいか?
運命的ラグランジュエリ、
大切な言葉で永遠は崩壊していく。
ロマンチストとワンダーランド。
クォリティと異次元、
突破するミステリーは興味すら示すか?
リピートマイダンサーは、
クォリティすら一途に。
ファイトスタイルはジャッジメントなのさ。
覆すことすら許さねーんだ。
半端ないリアルが共鳴してんだ。
リアルフューチャー、
ドリーマーを栄光にするまでよ。
大好きな展開に、あきれ果てるまでなのよ。
リズミカルな行動に、サクセスするワンダーランドに、
希望的解釈で向こう側へ行ってしまうなら、
窮屈な世界、偽りのメッセージにすら、
大切な言葉、エンジョイトゥモローなら
いっそのこと望みたいね。
希望と、ワンダーランド、
どいつもこいつも金の亡者で、
大好きなチェケラッチョ歌いだすしか歯にもの着せねえ。
大好きなチェケラッチョ、
歌いだせるからこそハーモニーだろう?
本気だからこそ思いは伝わるのさ。
ビリーバー達は共鳴しているのかい?
リズム、チェケラー、ファンタジスタと共に、
影響力はヒップホップになっていくから。
ロストピクニック、
憎たらしいほどのラバーが存在。
大切な言葉、そこにエンジョイパーティがある限り。
希望とファンタジスタ、永遠が呼び声高く、
イメージを共鳴してしまうのだから。
窮屈な世界観にすら、愛を携えてしまいそうだぜ?
クォリティはクラックしてロックしていくんだ。
大好きな展開に愛されるから。
備忘録、昨日からのユートピアすらも。
白熱しているルーキーすらも、
大切?リピーターよりも。
生み出せる、価値観ファイナルファンタジー。
それでもクォリティを望み続ける。
ファイターたちが永遠に踊り続ける訳がない。
理解する立場だ。
空間とサクセス、昨日からの影響力はヒップホップだ。
悲しいほどの現実だ、
ミステイクすればするほどに、
究極的は音を立てて。
リズムはチェケラッチョを奏でていくのですね。
ラブがコントロールされてしまいそうだぜ。
空中庭園のような、
まるでリズムを侮辱するかのような。
シリーズに兆候をイメージさせたから、
果てしないハイテンションは、
そのリズムの合間に伝えられる美貌を、
果てしないその備忘録を、
生み出してなおも価値のあるビリーバーを、
挑戦状を、結びつけるファイターを、
うなぎのぼりにしていったのですね?
究極的ロマンスを、クォリティを、
ワンダーランドを伝えて、
それでも合間に希望を携えるなんて。
価値観で止まらないミュージックは、
そのファイターの末に、
メッセンジャーなクォリティの果てに
何を望めばいいのですか?
クォリティはワンダーランド、
覆すことはミュージックでした。
大切な行動力、意味不明なワンダーランドだ。
クォリティと異常気象、
大切な言葉とエンジョイパーティ。
彼女は笑っていたね。
スランプってのは存在するんだよ。
奇妙でしょう?って更に笑う。
あんまり普通じゃないよ。
大切な言葉でエンジョイパーティ、
ロックンローラーが生み出す価値は、
それなりにミュージックを移ろわせるから。
感覚的ブルースで興味が、
ミュージックなファイターで、
エンドレスなベイビーに炸裂するビジネスになっている。
ドリーマーなチャンスは運び続ける。
体感温度は上昇中。
部屋に渦巻く煙とCO2.
正しさとワンダーランド、
気象衛星、
大好きな展開を喜ぶ僕たちの愚かさに、
素敵なファンタジーすら虚ろにさせてしまう。
覆すリミットにすらならねえ。
希望的観測、宇宙ですら笑う。
価値観がミュージックにしてしまうんだね。
覆すリミット、正しいメロディに突っ走らせるように。
究極的ロマンチック、
ファンタジスタは影響力を、
ぶっ飛ばす価値観。だからチェケラーなんだろう。
指し示す地図、ライクライクなキャパシティな判定だ。
どこまでも強い奴だけが持っている希望だ。
いわゆるジャッジメントだ。
救うことができるか?
運命は笑わせることが可能だろうか。
奇妙なファンタジアはそれを手を届かせる為に、
奇妙なファンタジーを歌いだすように、
空虚な歴史にファンタジー、
歴史的に、ロックンローラー。
正しいファンタジー、クォリティ、
異次元突破する。
歴史的究極、歴史だ。
正しさとワンダーランドが導く世界がある。
大切なスクラッチモンスターがあるんだ。
それは究極?
歴史的には超越。
ミステリーがワンダーランドであるならば、
覆す余りある歴史すら、
ワンダーランドすら開拓する文化に、
良い読み物になってしまうみたいだぜ?
覆すリミットにファンタジーを乗り越えさせるなら、
希望的ファンタジーすら、影響力すら、
ヒップホップです。
宇宙から来た猫です、
リズムです。
リズムでチェケラーしているファンタジスタです。
朝までヒップホップ。僕はヒップホップ。
正しさとワンダーランドが、サクセスしてくれるなら、
ハーモニーで伝説がクラッシュしてくれるなら、
ビリーバーとそれに伴うチャンスに警戒ください。
炸裂するビジネスとオーケーオーライしそうな
最高なインジャグリンにご注意ください。
それでも展開はワンダーランド、
空中魔観光殺法?
大好きだから影響力なのさ、
ぶっ飛ばす価値なんて無いに等しい!
リズムが共鳴するなら、
歌いだすファンキーが呪い出すなら、
歴史すらワンダーランドにさせてみせよう。
リズミカルな行動とサクセスパーティにさせてしまうなら、
空中に浮いている歴史、トークバックする
イメージで統率力を守りたいか?
理解したいか?
リズムで、ファンタジーにでもなりたいのだろうか。
奇妙なファンタジーが沖に行くなら、
素敵な記憶、苛まれる価値観すらも、
究極性ですらも、運命ですらも、
変えていける自信があった。
リズムに乗れたらあとはこっちのもんだと思えた。
なぜならば、動くならば、
伝えてほしい。分からない、あの時はまだ。
炸裂するのは記憶とワンダーランド。
空中に浮いている歴史と究極性。
リズムが猛り狂うなら、
そのワンダーランドすらも超越して
調節して、ミラクルを健康的に望み続ける。
ファイターは理想を考え続ける。
リミッターを探し出すように。
理解は共鳴、歌いだすファンタジーを越えていけるように、
いつだって、今だって必死なんだ。
クォリティがダンスしている。
そのイメージに少しだけ酔って、
それでもなんとなく今が恋しいんだよ。
苛立ち溢れる九十九里浜、
素敵な世界観を越えていくレベルアップにすら、
体感温度の上昇モード。
亀裂走る歴史とファンタジア。
歴史的ラスベガスが乗り上げるなら、
奇妙なファンタジーに音を灯すなら、
記憶というユートピアの最中で、
素敵なファンタジー達は目を覚ます。
希望的ロックンロールに携わりながら、
運命は声高らかに、
メッセージを伝えていくから。
その理想に究極性を求めた?
恋焦がれる気持ちで悲しくなった?
理想的展開は、どっちにしろ運命だ。
救急救命?
いっそのこと教えてやろう。
スピリチュアルメッセージだ、あらがたく聞け。
果てしなく勇気を持ち込むなら、
その素敵なファイナルアンサー。
呟くことすら許されぬのかな。
ビリーバーなチャンスが逆らうなら、
希望的解釈に虚ろになってしまうなら、
空虚な歴史、ファンタジーと共に呆れながら。
伝えるファンタジーは、ジェットコースターを演じていく。
弱い者の立場だ。
クォリティが異次元を突破していく。
ロマンチストなファンタジーが、
それでもクォリティが。
メッセージを共鳴していくから、
歴史的メロディは突っ走り続けるのさ。
理解が遠い、卓越する未来が怖い。
リズムでチェケラーするダンサーだ。
埋め合わせなど許されねえ。
興味が卓越するワンダフォーアイランドになってるなんて、
今更言えねえ。
希望的観測が宇宙を舞い戻っている。
ビリーバーなチャンスを追いかけたい。
リズムでチェケラーできるなら、
その空間にすら愛おしさを灯しだしてあげたいのさ。
リビングデッドな価値観だ。
ミュージックはループしていくのさ。
リビングデッドな価値観、
ルキンフォーしていくレベルアップか?
価値観がブルースにさせていく暗号がここにあった。
ビリーバーなチャンスは追いかけ続けた。
リピートではなく、運命の歯車回すように。
希望はワンダーランドを続かせるように、
興味は卓越していくんですね。
半端ないリアルとファクトリー?
価値観でブルースになってしまうなら、
究極的ロマンスにファイトさせる。
イメージでチェケラーさせてくれるイメージにすら、
ファイティングチョコレートを差し出してくれるなら。
希望的観測、全てが急に馬鹿馬鹿しくなっちゃって、
ネバーランドへ連れてって。なんて言っちゃって。
会っちゃったりみなかっちゃったりしてる、
リズム、歴史、荒唐無稽?
ワンダフォーならばその限りではないかもな。
それでも素敵さが弾けるんだよ。
リズムがリスクであるならば、
それがそれなりに究極であるならば、
記憶、フュージョン、
価値観が灯しだすクォリティがある。
歴史的メロディがある。
空間的ラブリーに、挑戦状を差し出したい。
それはまるでダンボ。
歌いだす空間を共鳴したいからこその、
ルキンフォーが存在している。
ドリーマーなチャンスを追いかけたい。
リビングデッド、価値観とミュージック、
歴史的ストイックにラバーズがアゲインしてくれるなら、
果てしない行動、偽りの関係、
つまり仮面カップル。
愛すらも道具にして、
優しさすらも道具にして、
何もかもを手に入れた価値観、
メロディックライン、伝わる歴史、
ファンタジスタな影響力、
ヒップホップ、そこに愛などはあるのかい?
浅すぎる。浅すぎる。まるで幼児用プールだ。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
のらりくらりと乗り越えな。
素敵なファンタジーを越えていきたいならば、
ビリーバーなチャンスを逆らい出しな。
究極的ロマンロックなファンタジー、
クォリティで演じるファイヤーサインだ。
それがださいん?歴史は究極です。
誰かの意見が今日も行方不明。
見つけたが最後絶体絶命。
数ははからずとも、
素敵な究極に、
メリーゴーランドはぐるぐる回っていく。
大切な言葉とミュージックが永遠を見せるなら。
知ってはいけない闇に、届く理想のチェンジングに、
スタイリッシュな運命すら食べてしまう。
理屈じゃないのよ?そんな感じでリライト。
メッセンジャーな価値観は、
それが育むブルースとは。
エネルギーが突っ走り続ける運命とは。
サクセスする為のリライト。
果てしない距離を生み出した、
価値観をメロディに突っ走らせた。
それですらも運命にチェケラッチョ、
ファンタジスタなクォリティになるまで、
影響力をヒップホップにさせた。
記憶とワンダーランド、
クォリティを異次元にするまで、
歴史はコントロール不能になってしまう。
一瞬の夢をありがとう?
つまらねえ、つまりこだわらねえ。
答えた。これがこらえた答えだ。
果てしなく途絶えた。
理解する共鳴、大好きがチョモランマだぜ。
空気感がサクセスするワンダーランドだ。
歴史?マジックミュージック。
天才を落とすイメージには、続き始めるリピートだ。
理解、ファンタジー、価値観の違いすらも認めてやるよ。
価値がブルースならば、謙虚なヒーローにすらなれるだろう?
空虚な歴史が、ファンタジーを伝えてくれるなら、
歴史的ミュージック、偽りのテンションはアップ。
果てしない空間を頂戴させて頂きます。
嫌いになって頂きます。
ライブシャワーでエンドレスを改築させてございます。
大好きな適当にサクセスを求めるならば、
ファンタジー、生み出す価値観、ファンタジージェットコースター。
アイランドは堂々、堂々、堂々巡りだ。
リズムがリスクならば、
希望とファンタジー、影響力。
リズムが炸裂するならば、
ビューティフォー、価値が灯りだす。
歴史的ファンタジーが狼煙をあげるのさ。
痛いくらいに面白いでしょう?
空虚な空間は木霊していくのさ。
僕はキーボードを叩き続ける。
クモの糸くらいの、希望の光が見えた。
正しさ、ワンダーランド、
その境地に立たされたイメージで、
ロックンロールビジネスはオーケーで、
イメージをチェケラーするならばそれすらも悲惨で。
参ってしまうほどの究極的なポテンシャルが、
勢いを逆立ちさせてイメージをチェケラーしてくれるなら、
いいよもう半端な飴と鞭なんか。
千年分まとめて裁判を。
九十九里浜、素敵なファイナルジェットコースター。
歴史的トークアバウトで、
メッセンジャーは価値を狼煙をあげるように。
空中の庭園、ラブリーなジェットコースターは
マスターオブセレブリティかい?
サクセスする運命は美味しいかい?
君たちを食べてしまうものばかりだ。
それは上昇気流、
逆立ちさせながら未来に、
圧力を見せていく。
だから止まらないのさ。
希望は集まらないんだ。
素敵さがミュージックだからね。