それでもトークバイトークしたいか。
理想的な細切れ劇場、
素敵なファンタジーを狼煙をあげるように。
空虚な歴史はそれらを閉じ込めるようにして、
希望はワンダーランドを作り始めるのさ。
それこそ最高だろう?
失うことすら許されない痛々しささ。
大好きな展開が、常に喜ばしい方向に。
リズムを調節してくれるビリーバー達は、
運命を読み、風に叫び、
魅力的をアンチトロッコにさせていく。
大切さがドリーマーなのかい?
究極的なロマンロックを伝えてあげよう。
独特の言い回し、
日本語で遊ぼよりも日本語で遊ぼう。
効いてるか椎名林檎、
大好きだぜクォリティ。
ワンダーランドは究極的に、
ロックンロールファイターだ。
埋め合わせする天才で、
踊りつくすイメージを調節してくれるなら。
ビリーバー、チャンスを捧げたい。
意味不明な行動と、ロックンロールなファイターに。
結び付けているファンタジー、
動かしているラブライブに、
追及するメッセージを、
トークバックするイメージでキャパシティを演じたい。
リズムでチェケラーしてくれるなら、
そのファイター、理想が追求してくれるメロディが突っ走り続ける。
果てしないクォリティで、伝説を笑うなら。
究極的モンスターに、
希望がワンダーランドにしていくなら。
希望的観測、ビリーバーなチャンスをあげつらっていく。
ロマンチストはファンタジーを、乗り越える究極性に、
ワンダーフューチャーと共に、
君と一緒に生きてもいいですか。
リズムでチェケラーするファイターに、
埋め合わせする天才は踊りだす。
記憶が路頭に迷っていく。
失礼ながら、テンションは笑い出していく。
ロマンチストがファイターならば、
クォリティで伝説を守り続けるなら、
倒れそうな旗をいつまでも、
支え続けている人がいる。
ロマンロックが歌いだすなら、
ファンキーなマシンガン。
リライトしていくメッセージすら、
裏切ってしまうのかい?
リピートとマイダンサー、
クォリティが異次元ならば、
取っ払う突発的現象すらも。
ファイティングなチョコレートすらも。
大切なドリーマーとチェンジとチャレンジ。
最果てのメッセージが、
クォリティを呼び寄せられていく。
ドラマチックなワンダフォー、
アイランドをサクセスしている
ドリーマーなチャンスを、
リピートするダンサーが欲しいのかい?
理解するドリーマー、
大切な言葉とエンジョイパーティ。
ロマンチックに歌いだしたら、
強烈なミラクルを伝えてくれるのさ。
ファンキーな路頭に迷う。
理解する歴史と、ファンタジーはクォリティを
狼煙をあげるように、
空虚な歴史をミュージックにするように。
理解するためのファンタジーを越えていきたいんだ。
理想とブギウギ、ファイティングチョコレート。
メッセンジャーな価値観と、メリーゴーランドだ。
トナカイ、影響力はヒップホップだから、
影響力は抵抗力。
差し出せる、空間で理想を超越したい。
ドリーマーなチャンス、ビリーバーなベイビーを、
失ったところで意味不明な退屈になるなら、
希望的解釈、メッセージが踊るなら、
その希望でワンダーランドを見せつけてくれた。
サクセスする希望とファンタジスタを、
栄光と永劫の時を踊る為に。
クォリティでファンタジーを、埋め合わせする天才を呼び寄せる。
ファンタジスタな栄光が満ち運ぶ。
大切さと言葉が、埋め合わせする天才にすら、
偽りを共鳴させていくから。
理想的展開はミステリーを呼び寄せるから。
理解の共鳴、鬱陶しいほどのラブリーチェンジだ。
ミステリードールだから。
意味不明に展開していくこの距離が好きだから。
埋め合わせする天才が、展開が、
魅力的ワンダーランドを差し出すなら。
空間的ビリーブであり、影響力がヒップホップになっていくなら。
理想と、それに伴いチェンジしていく理想だ。
展開力と、それらが生み出すファイターだ。
リピーターと、それらを伴わせる理屈が、
怪盗のように、サクセスのように、
希望をファンタジスタに埋め合わせするように、
理解を歴史にさせていくんだ。
それはロマンチックかい?
歌いだすファンキーは路頭に迷っていくのかい?
理想的チェンジ、訳わからねーのは喧嘩買わされた方だ。
リズム、チェケラー、愛しいから距離を逆らい続けるよ。
理解するためのファンタジスタは、それでもクォリティを
求め続けてくれるのかい?
果てしない距離と、それで埋め合わせするチェンジマイソウルは。
充実的なロマンロックワールドだ。
ケセラセラにフューチャーするのは、希望的観測だ。
大好きな展開で笑い出す、
太鼓判を押してはつらつと輝きだす。
運命は理解を共鳴させていくから、
理想像、それなりに展開していくんだ。
理想展開思想的地点。
ラブリーハートをまとめ上げる位置からの力だ。
差し出せる限界とリミットだ。
それを悲しいと思った奴がまけなのさ。
ビリーバーはチャンスを探してそれでものたまうだろう。
窮屈な世界観ならば、
希望的解釈。
リズムでチェケラーしていくなら、
その理想を追憶の彼方に。
理想的展開は常に踊りだしていくから。
路頭に迷う暇すらもない。
げだっぷげだっぷ。ゲップをしながら、
究極的モンスターで追従させながら、
リピートされるメッセージが追随されようと、
イメージに調節される未来が笑い飛ばされようと、
空中に浮いている理解かな?
道徳が炸裂するならば、マイナンバー。
伝える響きあいで、
ミュージックは路頭に迷っていく。
ロストプラネット、
活動する感覚にさせていくんだ。
理想的展開、天才的ドリームに
栄光をサクセスにさせていくから。
ロマンチックにファンタジーにしていく。
大切な言葉と、エンジョイパーティ。
ロックンローラーがイメージを突っ走らせるなら、
その感覚すら傀儡にしてしまうメッセージで、
ドキドキが止まらないぜ。
究極的ロックンローラーなら、
イメージする追憶さえも、
ファンタジーすらも、
栄光すらも、
携えてそのビリーバー。
退屈な世界が描き続ける、世界があるという。
奇妙なファンタジーだ、路頭に迷っているのだろうか。
僕はただのエキストラじゃない。
僕にとっては僕が主役さ。
思いやりの気持ちはあるが、それだけだ。
大切さとリピート、運命が笑い飛ばしてくれる。
理解者達のファンタジーが今を伝えてくれるなら、
理解するフューチャーラブ。
感覚的ブルースで、興味を示した。
大胆不敵な活動であり、
展開が天才的になっていくなら。
理想的メロディが突っ走るのさ。
理解するファイター、
歴史的ドリーム。
栄光をチェケラッチョにした最高級に、
リズムと生み出す価値観を。
理解するためのフューチャーラブな価値観を、
メロディが突っ走るファイターを、
歴史でドリーマーにさせていく。
大胆不敵な活動は、意味不明すら唱えながら。
美貌で備忘録を解きほぐす。
イメージはチェケラーを生み出してくれるはずだから。
希望はワンダーランド、それすら伝えながら、
希望はワンダーランドを目指してくれるんだ。
果てしない距離、埋め合わせをして、それでもドリーマーを描くなら。
素敵なファイティングモード、墜落の微々たる衝動に、
サクセスのワンダーランド。
空間をワンダーランドにさせてくれる未来にミラクルにさせることすら、
イメージさせることすら、ワンダーフューチャーな価値観にさせて
くれるんだろう?
意味なんて最初から無くていいんだよ。
理解するためのフューチャーか?
おいおい目を覚ませよ。
立派なファンタジー、クォリティ、異次元突破。
サクセスなミラクルが、
太鼓判を押しながら僕の前に現れるから。
現れやがるから、
素敵なファンタジーを、乗り越えてなお吹きすさぶ風を。
文脈すら飛び越えてしまえば、
きっと平和の世界征服さ。
リズミカルな行動で失われるものがある。
希望的観測で、宇宙が未来に研ぎ澄まされていく。
理解ができるかい?
共鳴する為のファンタジスタが
生きているというらくらくパーティに
させられて、それでも凶暴に共鳴していくのかい?
理想的展開、サクセスするミラクルに、
行動的ロックンロールティーチャーに
差し出すということは。
理屈でファンタジーを乗り上げるということは、
ワクワク感が半端なかった。
大切なドリーマーがチャンスを運んできてくれる。
ひしめくロックンロールで、
イメージを超越していったんだ。
理想的がワンダーランドならば、
希望的観測が許されてしまうなら。
希望すら我が物にしたいよ。
このまま忘れたくないよ。
遥か昔から語り継がれる。
ビリーバージャッジメントが起き始める。
クラッチしてクラックしてクラックラになっていく。
ドリーマーな成長は繁盛記。
落札パーティで炸裂ビーナスは愉快だから。
ハツラツに影響力を
ヒップホップにさせるその痛みと可能性とは。
リズムがチェケラーしている
僕の馬鹿馬鹿しいメッセージにすら、
退屈を呼び寄せるなら、
空間的ビリーバー、退屈な世界観になってくれる。
ロマンチストとジェットコースターアタックだ。
ロマンチストと影響力で、ヒップホップ、
影響力、ぶっ飛んでいる価値観がある。
ミュージックで充実的に、
ユールックそーふぁにになっているんだ。
理想的展開、泣きだしたオウノーノー。
その狂い方、面白いからこそ北方向へゴー。
理屈抜きでワンダーランド、
見果てぬ夢を見捨てるなら、
その興味、炸裂するビジネスでオーライしてみせよう。
刻む愛おしさ。
ラブリーなハートを見つめるんだ。
気象衛星はラブライバーなんだ。
大切が究極的にドリームを抵抗させるから、
このビリーバーに着実なファイトを、
狼煙を上げる為にフューチャリングしていくんだ。
その天才的に、あるいはドリーマーに、
栄光を願えない奴らの手先か?
ドリーマーなチャンスを追いかけるなら、問いかけるなら、
好きにする、歴史的、メロディで突っ走っていくんだ。
ファイトスタイルが全然違う。だからこそ愛おしいんだ。
クラックラになってしまうんだよ。それは嘘じゃねえ。
理解しているのか?
興味がないのだろうか。
炸裂するミュージックが、ファンキーになっていく。
リズムがチェケラーファンタジーになっていく。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
ロックンロールファンタジーを、
乗り上げてなお希望的にさせるリズムを。
快適にさせるイメージだ。
大切にしている努力家だ。
ドリーマーとチェンジされるミステリーだ。
空虚なことこの上ねえ。
希望的ジャスティスで、
空間は立体感を増していく。
突破するファイターは、
見せつけるように、
ラブリーなチェンジを愛おしむように、
空間的ラブリー、チェンジなんだ。
理屈と、ファンタジーでクォリティを異常気象にさせていく。
ロマンチックなファンタジーすら、
いつくしむなら。
その影響力で、ヒップホップをアテンションさせていくなら。
希望的観測、宇宙はまだ見えないよ。
理解できないよ、統率力が届かないよ。
希望的ミュージック、偽りならばきついわりに低賃金ならば、
素晴らしい方向性?事実との関連性、
リズムとリスクが存在する。
ハイテンションなリズムだ。
体感温度とCO2濃度が上昇中。
空気中に潜む闇だ。
大切なドロップアウト、
希望的解釈がイメージするなら。
覆る日々がワンダーランドを見せてくれる。
歴史的空虚さに、愛おしきドリーマーも
描かれていく。
チャンスなフィンガーアイランドだ。
ウォううぉー的な歌声で、
サクセスを炸裂するなら、
未来よ見ろ、
僕は天国に帰ってきた。
ロストプラネット、
確実性とワンダーランドを鍛え上げていたから。
ドリーマーなチャンスでファイティングモードにしてくれる。
ビリーバーなチャンスが往来してオーライしているから。
ドリーマーなチャンスが弾き出す。
イメージがチェケラー、
正しさとワンダーランドが作られていく。
正しさとワンダーフューチャーとは、
その理解と興味とは、
炸裂するビジネスにオーケーと言えない秘密すらも、
傾向すらも、ワンダーランドに変えていく。
大切さとドリーマーなチャレンジが
サクセスするパーティに、
ロックンロールハニーを伝えてくれる。
ロマンチストはワンダーランドを捨てていく。
ロマンチストは影響力をヒップホップにさせてくれるから。
ビリーバーなチャンス、愛おしい魅力的に、
ファンタジスタに影響力がヒップホップにしてくれるなら、
活動する世界観、怒涛のリズムだ。
ファンキーなオレンジレンジだ。
大切な空虚な歴史、
ファンタジーすらも移ろいゆくだろう。
ファンキーなマシンガンがエイトビートを逆撫で続け、
思いを高鳴らせるなら、
希望的解釈でイメージしてくれるんだ。
そういうビリーバーが存在しているんだよ。
空虚な歴史がワンダーランドを伝えてくれているんだよ。
ドリーマーなチャンスが蔓延る嘘を大切にしてくれている。
ロマンチックなファイターに、
生み出した価値観すら、ワンダーランドすら、
メロディすらメロディックラインすら、
価値として灯して、
リズムがチェケラーファンタジスタを
望むなら、
希望的解釈、メッセージが受け継ぐリライトがある。
ファイターズハイになっていく理想が展開されるんだ。
窮屈な世界になろうが、
大切なドリーマーになろうが、
大切さとビリーバー、
調節してくれるリズム、
大切なフューチャーアイランドだ。
私キーボード叩く文字職人。
私キーボードで跳ねまわる妖精。
たまらなく歴史、ファンタジスタ。
たまらない、世界観だ。未来が歩き続けるファンタジー、
クォリティで異常になっていく。
パニック引き起こすライブハウスだ。
大胆不敵な活動を展開させる。
ミステリー挑戦していく。
ラブリーなチェンジ、歴史的メロディに突っ走らせるんだ。
空虚な歴史であり、ファンタジスタが共鳴してくれるなら。
歴史的ファンタジーが、クォリティでワンダーランドにさせてくれるなら。
理解力を、どこまでも。
希望溢れ出す大会制覇だ。
メッセンジャーな世界観だ、
リアルだ、沖ノ鳥島だ。
素敵なファイヤーがそれを望むなら、
伝え続けてみせよう。
リライトから、動きだすパティシエになってまで、
エネルギーとなってまで、
クォリティをダンスし続ける限りない愛を!愛を!
止まらない世界、大好きな世界観。
ミラクルを超越する、
大好きな展開で連載してくれる。
ファイターはチェケラッチョを生み出す価値観となってくれる。
ロマンチックなファイター、そこで得た友情。
最高品質。止まらない空虚さと、
ビリーバーなチャンスを教えてくれる。
ファイタースタイルで、影響力が止まらないなら。
空虚な歴史、ファンタジア。
つまらないことには興味がないんすわ。
果てしない協力、
理解できるか、このファンタジーの意味。
大切にしてきたリライト。
果てしなく行動、サクセスする為のストーリーとヒストリー。
紡ぎ続けてきたライムライトがある。
理解するための共鳴があるんだ。
それだけは半端ねえ。
理想的に空虚じゃねえ。
ミラクルをエンジョイするほどに、
リライトするほどに、
究極的ラフランスに、
希望を携えながら。
リライトしていくドリーマーを、
伝える元気な埋め合わせすらも。
価値すらも、それらが生み出すファイターすらも。
影響力はヒップホップになるはずかい?
ドリーマーなチャンス、始まる被害妄想と、
ラブリーなジェットコースターモンスター。
ラブリーアタックでロマンスがクレイジーになっていく。
路頭に迷う挑戦権が、
差し出す展開をミステリーにさせていく。
ずっと埋め合わせするワンダーランドが、
抵抗、見せてる理想、
快楽を生み出す機会。
サディスティックな価値観すらも、
置いてけぼりにして、根こそぎ拝借していく。
それを巷じゃヒップホップと呼ぶらしいぜ!!
ロストプラネット、確実性が取り戻されていく。
熾烈な争いの中においても、
希望的観測を失えなかった理由とは。
それはまさに音楽だった。
希望的観測が、宇宙を見せてくれる。
ロックンロールなファンタジスタ、
影響力でヒップホップに悲しくさせるなら、
意味不明が慌てだす夜に、
食い入るように見つめる視線、
闇と黒の猫は、
歌いだすハーモニーに乗せて、
リズミカルにタップダンスをしていくのさ。
理想とチェケラー歌いだすならば、
究極的ロマンスと、クレイジーパーティになっていく。
ロマンチックなファイターが目指すなら、
クォリティでダンスするメッセージすらも、
うつぶせになっているファイターすらも、
栄光すらも、ファンタジスタな影響力に
させてくれるリズムに、
統率力すら抗えなくても。
希望とコンテンツ、サクセスの為のビリーバーは
挑戦権を獲得しているんだよ。
つまり理想との展開なんだ。
リズムでチェケラーするハートはまだまだ終わらない。
空中に浮いている歴史、
半端ないことも分かってる。
理想が展開させるミラクルさえ、
呼吸している。幸せを吐いて、不幸を吸うのか?
少なくとも空っぽはメッセージに。
トークバックするイメージすら、
退屈な世界観すら、
訴えだすリライトに、メッセンジャーはクォリティを教えてくれるだろう。
半端ないリライトと、メッセンジャーは価値を追いかける。問いかける。
果てしない距離と、意味不明に抱き合わせるなら。
空虚な歴史、ファンタジーアイランドを見つめるなら。
階段をのぼって、サスペンスを転がり落ちていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
歴史的メロディは続き始めている。
理想とチェンジングワールドだ。
ミステリーが調節してくれるなら、
ファイヤーマシンガン。
大切なものを受け入れる覚悟はあるつもりさ。
言葉の上の戦いなら面白いのさ。
リベラルカーネーション。
愛おしいと思えるリズムがあるからこそ、
究極的ロマンロックなファイヤーサイン。
大好きな展開が笑わせてくれるから、
ビリーバーにチャンスすら差し出したいじゃないか。
そのイメージを大切に思ってくれるなら、
それこそ面白い展開すら笑えるのさ。
大好きな歴史を究極にしてくれるのなら、
それすらマイノリティに変わっていくのさ。
リライトできないメッセージを移ろわせるかい?
ダンスダンスダンスなフォーエバーが、
確実性と極限状態を結び付けてくれる。
リピートとマイダンサー、
クォリティで異次元は突破していくんだ。
理想的展開、ミステリーを興味に差し出せるなら、
空間的ラブライブ。
追及するミステリーが、ワンダーランドを越えてくれる。
果てしない距離を美しくさせてくれるんだ。
引っ張り込むのはジャパンのピープル、
期待通り一番っぽいし、
ドリーマーなチャンス、大胆不敵な活動が、
意味不明が行動していくレスポンスが存在している。
ドリーマーな栄光が見つめるなら、
その希望的ファンタスティックを、
恋愛トークにさせてくれるのさ。
希望的に移ろいゆくなら、
伝説的ミラクルが動き出す。
ファンキーなロードで埋め合わせするなら、
天才的ドリームを描いた果てに何があろうと、
それを、希望と呼ぼう。
自暴自棄と呼ぶのかい?
炸裂するミュージックはファイヤーかい?
ダンスダンスダンスなフォーエバーは価値観すら
裏返していくのかい?
炸裂するミステリーはその果てに何を思う?
希望を、ワンダーランドを、伝えた果てに何があろうと、
理解する共鳴は歌いだしていくから。
半端ないハンマー投げだろうが
なんだろうが、
炸裂するビジネスをオーケーオーライしていきたいのさ。
ラブリーなゲッチューチャンスが、
頂きますすら言わせないんだ。
リズムがレスキューさせるなら、
希望的観測。虚ろな天才だ。
僕は君のダンスするミュージックに、
移ろわせるんだ。
大好きな展開が、ミステリーを呼び寄せているの。
希望的観測には、虚ろになる天才が存在するということを。
リズムがリスク、アップアップにしてくれるなら、
切なさすらファンタジスタにしてくれるの。
ファンタジージェットコースターアイランド。
密接に繋げる僕が高らかに歌声をあげるの。
大好きだから展開していけるの。
この空虚な歴史、ファンタジスタの未来すら、
食べてしまうリズムすら、ワンダーランド、
大切な理解する、ファンタジスタ。
リズム、チェケラー、
ファンタジスタな運命を影響力として、
ヒップホップミュージックとして、
虚ろに展開させるミステリーとしての
興味を移ろわせるなら、
希望的観測で宇宙を見てみたい。
事実関係を洗いざらい、
伝えてみたいんだ。
希望を洗い流してやりたいんだ。
決して勝てない未来にすら、
フューチャリングにすら、
価値観を灯して、
それでも栄光を欲しがる欲張りなあの子を、
その夢すら、ファイティングすら、
栄光すら、ワンダーランドにさせて。
ドリーマーなチェンジ。
ロックンロールなフェスティバルを描いてもいいかーい?いいよー。
らくらく無線ラン設定しちゃってもいいかーい?いいよー。
適当な武装勢力、
果てしない九十九里浜、
素敵がファンキーロードなんだ。
埋め合わせする天才すらも、
影響すらも、ハッピーすらも、パンピーすらも。
危険な何かを見出したから。
それでも力は意固地に逆らい続けたから。
ドリーマーな着実性を、
止まらない空虚な歴史で、戸惑い出したから。
理解するなら、このフューチャーアイランドだ。
命が消えても、笑い出しても、
運命が取り戻しだしても、
フューチャークイーン、
大好きな展開と天才に、
ミラクルは引き寄せられていく。
尊敬できない人間に対して何かを引き起こすことはしねえよ。
ラブリーアタックで合同訓練だ。
必要以上にラブリーなんだ。運命なんだよ。
活動家ってな天才が、見せる僕らの歪さかい?
ドリーマーなチャンスに大立ち回りを演じてみせた。
リズムが説明できないチェケラッチョならば、
歌いだすハーモニーすら墜落していくのかい?
果てしない距離が美しさすら見せているなら、
努力感のあるファンタジーすらも、
美しい未来や興味でさえも、
リズムとチェケラー、歌いだすハーモニーで、
歴史は空虚な理想にすらなっていってしまう。
理解するファンタジアに、
興味を示したいたちごっこは、
ファイタースタイルを見せてくれている。
努力をファンタジーにしてくれるフューチャーアイラインは、
メッセージを伝えたままで、
影響力をヒップホップにしながらも、
歌いだす究極に歯がゆくなってしまうから。
ビリーバーな挑戦を、それらを表現するという行為を、
いまだに僕は捨てきれずにいる。
それでも僕の脳みそは愉快だ。なぜか分かるかい?ハニー。
大切な言葉とことわざとは。
リズミカルに歌いだすハーモニーであり、
希望的解釈が可能なら。
リズミカルに沈みだす宇宙を笑ってみせて。
ドリーマーは着実性を歩いてくれるから。
ビリーバーなチャンスを、運ぶ俺達の極め続ける
理解と歴史。
ファンタジーとクォリティ。
お金を使わない俺のライフスタイル、
希望はワンダーランド、
歴史的メロディ、ロックンロール、
理解する、ドリーマーなチャンスを運んできてくれる。
ずっとずっと希望に揺蕩うなら、
虚ろに見えていたこの現実すら、
影響力すら、ヒップホップすら、
可能性にすら感じてしまうのだ。
理屈はないのだ。でも理由はあるんだよ。
果てしなさと共に協力していくなら、
理想的展開に見せていたドリーマー。
王国の流す涙は、
クォリティは、ワッツハングリー?
形になっているミュージック、
虚ろ、虚ろに展開させていくミステリーに超越感は。
理想を展開させながらも、
希望的ファンタスティックに明日を燃やしていく。
理想的展開で、サクセスワンダーランドなんだ。
空中に浮いている歴史、
その全ての嘘にまみれても、汚れない何かがある。
ハイテンション、理解するドリーマー、
キャパシティが演じる未来があるんだ。
究極的かい?ロマンチックなファンタジーを、
それでも越えていきたいかい?
俺はイカれたライマー、つなげるリピートと運命。
活動していくなら、その理想に閉じ込められな。
大好きな展開に忘れられな。
私はまた活動を止めない。理解を止めない。
凄まじい程のファンキーモードは、
理解をした上で僕に生き残る許可を与えてくれたよ。
リズムがリスクアップなら、
その希望にすら閉じ込められてしまうなら。
もしも私が希望と呼ばれる何かなのであれば、
欲しがらない私は、理解を興味、
大切な孤独と鼓動。
おどおどしい音色で、
半端ないリアルが咲き始める。
それでもリピートを埋め合わせしたいんだね。
空中に浮いている歴史に対して、反復させたいんだね。
興味?あります。退屈な世界で起こす光合成。
大好きだからこそのチェケラッチョを見出した価値観を、
振り払って進む魔法少女まどかマギカを、
伝えて間もないラビリンス・フューチャーエアラインを、
活動的に展開させるミステリーにすら、
興味にすら、ワンダーランドにすら、
近づいていくファイトスタイルだ。
さあダンスのお時間だ。
素敵なファンキーを見せつけてくれたまえ。
素敵なミュージックを移ろわせてくれたまえ。
リズミカルに空虚になることが無理強いなら、
素敵なファンタジーすら裏声で発表会してみせよう。
沈む刻むリズムが生き様を伝えるならば、
ファンキーなロストプラネット、
それらにすら霊長類の礼儀を教えてやろうじゃないか。
ハイテンションな何かがクォリティと共に何かを引き起こしたいと
もがき続けるなら、いいさ半端な理解者達のドリームなんか。
千年分まとめて裁判を。
理解するフューチャードリームは、
栄光をぶっ飛ばし、旗を翻し彼らは進む。
どうか助けてと願う神様だって一杯いて、
その違いで人が殺し合う。
誰の為?何の為?
掃除が必要?よく言うぜ。
半端ないリライトで、
等身大のヘイトソング、
リライトするままに、超越するままに。
理解者達のドリームは、栄光を結ばせて、
それでも止まらない空気感を教えてくれるから。
あなたたちがなんでそんな愉快そうに踊り続けるのか、
少しだけ分かった気がして今日も手を伸ばす。
届くはずもなく、風が通り抜けた。
なすすべもなく、明るい太陽の下で、
大切な言葉とストーリー?
リズムがチェケラーファンタジーならば、
栄光を見果てぬ夢を、
希望を捨て去る前に。
リズムを強制させる前に、
リピートしてリライトしている
ドリーマーなチャンス、
ビリーバーな勢いを探してまで。
エネルギーはまだ僕を必要としてくれていた。
ドラマチックだった。輝いていた。
地底にはマグマって奴があって、
煮えたぎっているらしい。
それは何のエネルギー?
まさに地熱発電。
大好きな展開力だ。
素敵がファイナルアンサーならば、
僕の頭の中にある言葉の渦、
それはファイヤーの炎の渦よりも最強だ。
大好きだからこそチェケラーしたい。
埋め合わせする天才になりたい。
歴史的ストイックで、ラブアンドラバーになってしまえるなら。
屈辱的リライト、メッセンジャーな価値観を教えてくれる。
リミットがファイヤーシスターを目指してくれるなら。
そこにはまりこめる。
半端ないリアルで、つなげていく、
広げていく理想が、チェンジする未来が、
チェケラーファンタジーが、
素敵なファイナルアンサーが、
呟く世界観、
リライトするメッセージ、
後ろ側さえ灯されるなら、
空間、ビリーブに超越していく
リミットジェットコースターにすら、
半端ないリアルにすら、
協力的にサプライズさせられて。
奇妙なファンタジー。
リズムがリスキーならば、
言葉とファンタジア、
メッセージは共鳴していく。
ダンサーはチェンジしていく、
未来を耕してくれていた。
ドリーマーなチャンス、はびこる嘘、
大切な勇気を、
見果てぬ夢を嫌いたくない。
リズムで共鳴、
彼はどんな困難も、心底嬉しそうに対応する。
そこら辺がかっこよかったんだ。
したたかさ、何かを意味してくれるなら。
その強さには相手が必要だったが、
厳しい環境とのひたすらな戦い。
私が求めた強さとは少し違った。
ずっとずっと大切な言葉、
エンジョイパーティだ。
ロックンローラーなイメージが超越していく。
食い入るように見つめている。
僕が興味あるのはスポーツクライミング?
それともサッカー?
メッセージ、クォリティ、ダンスするメッセージは更なる高みを
目指し続けるから、その果てしなさに、究極に、
ちょっとくらっとしそうになるほどに、
ファンタジスタな永遠を望み続けるのさ。
リズミカルな行動、サクセス行動、
ロックンローラーなファイティング、
夢中になってきた。
馬鹿馬鹿しいほどエレガントになってきた。
全てのことを知りつつ、全知全能を夢見ながら
また宇宙という名前の卵の殻の中で言葉を編み出す。
リズムがチェケラーするファイティングならば、
栄光を見つめるその真っすぐな視線にも耐えかねて、
猫は開けたふすまをしめていく。
結局皆さま他人事?
他人の不幸は知らんぷり。
リズムがリズミカルに歌いだす、
崩壊はリズムを祝福して、
ケセラセラな展開を蠢きだす。
俺の脳内でしかめっ面してる英雄は、
確実に歴史の灯を灯すことを夢見て丸くなっている。
ルキンフォーなエンジョイパーティに乗り上げるなら、
空間的ビリーバーに挑戦権を獲得していくんだ。
ビリーバーなチャンスに追いつきたいらしい。
ファンタジーなアイランドは、
歴史的トークバック、ファンタジスタ、
影響力ぶっ飛ばす価値観に、
メロディは突っ走る。
イメージの彼方で踊り続ける
ファンタジスタに、栄光すらワンダーランドになっていきそうだ。
究極性が火をつける未来がある。
統率力とファイター、
イメージに挑戦する誰かさんと共に、
リピートするアンサー、
伝わるのは歴史。
より深い場所に足を浸す。
大好きな世界で、海も空も大地もないこの脳内で、
蠢く理想は何を求め果てるんだい?
イメージが浮かびやがりますか。
飽きてしまったリライトは、誰が求めるべきものだよ。
密接に繋がるエレガントが、
メッセージを伝えるように、
歴史はファンタジーになるように、
理想はそれらを追及していくのさ。
リズムでチェケラーするファンタジスタならば、
大したこともないビリーバー、
卓越するファンタスティックはドライブで、
巻き込むファイティングロード、だろう?
空虚な生き方はしたくないんだろう?
究極的が求め続けるリライトならば、
クォリティでダンスしていくメッセージにすら、
偽りが天才的なミステリーになってしまうことを、
理想像で展開するミステリーにさせたいんだろう?
その空虚さ、リライトするメッセージと、
トークバックするイメージだ。
ダメージだ。究極的なラフランスだ。
九十九里浜、世界観が歪だ。
ドラマチックなワンダフォーアイランドならば、
僕を食べようとする奴らから守って。
大好きな展開がミステリーを呼び寄せるなら、
空間と歴史、ファンタジスタ、影響力とヒップホッパーは、
形を成し遂げて、それでも木霊し続けられるかい?
微妙なファンタジーを、クォリティでファンタジーをメッセージにして
いきたかった。ラブリーチェンジで、
大切な言葉とチェンジするミステイクは、
ラブリーチェンジでミスするワンダーランドすら、
価値観すら、ワンダーランドすら、
影響力すら、ヒップホップな可能性だ。
大好きな展開、ミステリーが超越している。
ドリーマーなチャンスを追いかけてくれるなら。
希望的ワンダーランド、俺は試したんだろうか。
果てしなく、協力体制だ。
リズムが炸裂する昨日ならば、
希望的ファンタジーになれるなら、
空虚な理想と、ファンタジアになってくれる理想にすら、
大切なドリーマーはチャンスを運んでくれるのさ。
リライトするメッセージ、
一度嫌われたらおしまいらしい。
なんて繊細な生き物なんだ。
悔いることはないよ。
でも男は4次元、女は二次元との戦いが始まる?
空虚な歴史、メッセージ、トークバック。
ファンタジスタな恋愛トークが、
作戦を聞いて愕然、白熱しているドライバー。
どこまでも追及したい。
どこまでもリライトさせたい。
それすら笑っていたのかい?
リズムで直接、ファイターが失わせるように、
希望的解釈を埋め合わせしていたのかい?
ビリーバーなチャンスは、影響力をヒップホップにさせながら。
失い難いいくつもの光を。
大切なニュードリーマー。
影響力をヒップホップにしてなお、
続く理想の形に閉じ込めて。
理想的展開は悲しくなるほどに。
究極的ロマンスは新しく、なればなるほどに。
理想形でチャンスをプレゼントしてくれた。
曖昧にうなづいて、曖昧に笑うダーリン。
大体そうねなんちゃってじゃ済まない。
大好きなチェケラッチョ。歌いだすハーモニー、
歴史的に食い入るように悔いる君には、
大切な大変なリライトでメッセージを。
貫くファイヤーにすら、常識を覆すリライトにすら、
幅を利かせるラブリーでしかなかったという。
白熱するダンサー、
全てを侮辱していく曖昧なスタイル。
ロックンローラーなイメージを追及してくれる。
リピートするダンサーな影響力を、
ヒップホップで夢を叶えたい。
理想的展開です。
水掛け論が得意です。
果てしねえ九十九里浜、
世界の中を駆け巡りたい。
勇気もねえ雑魚ばっかだ。
破滅を天使的にラブリーに
求めてくれる最高峰には、
イメージすらたどり着けない未来すら存在するのかい?
ファンタジアを求めてくれるのさ。
ファンキーな問いかけは絶望的な差を生み出す。
そこらの幽霊より俺の方がよっぽど怖い。
大切な理解者、ファンタジアはメッセージを伝えてくれる。
与太話はこの辺にしますか?
ラブライブ、追及するミステイクにさせますか?
フィート、フィット、フィードでケセラセラ。
ワンダーランドがチョコランタンを目指すなら、
希望的パーティに全てを追いかけて。
リズムとチェケラーに全てを捧げるなら、
永遠のように見えていた希望すら、
ワンダーフューチャーすら、
価値観すらメロディにして突っ走り続けるファイターすらも。
結構ラブライバー。
影響力がヒップホップになる悲しみだよ。
作戦はサクセスの為に。
窮屈はリライトして行ける為に。
理屈抜きでファイティングポーズを取りたかったんだよ。
窮屈な世界と、ジェットコースターアイランドを見たかったんだ。
希望的観測、宇宙とファイナルジェットコースター。
アンドロイド、チェケラーファンタジスタ、
影響力、ヒップホップ。
大好きなチェケラッチョ、
生み出すファイターで、エレガントな気象衛星が、
ぶっ飛ばされそうだぜ。
苦痛と快楽に挟まれてどっちつかずな
ファンキーなロンリーは求め続けるはずだろう?
それを求めないリアル達が、
どよめきあってリライトしていこうとしているのさ。
リビングデッドに価値はあると思うかい?
リズミカルに歌えるなら、
ファンキーなローリングマシーン。
偽りの彼方から、ミュージックは展開させられていく。
ロマンチックファイヤーマシンガンだ。
素敵さがファンタジスタなんだ。
クォリティが異次元突破するなら、
究極的なロマンロックなベイビーだ。
ロックンロールなパーティだ。
炸裂するビジネスがオーケーオーライさせられているなら、
強力なパーティ、暗い未来を押しつぶして、
光よ照らせ。未知数な影響力なら、
ヒップホップをとめどなく流しだして、
運命の歯車はキリキリ回っていく。
リズムがイッツラブなコミュニティ、
作成する作戦、
メロディックラインが整うんだ。
ファンキーなロストプラネット、
本当の狂気と興味は、
サクセスするワンダーランドを満たすように。
ファンキーに路頭に迷っていく。