リズムが設計するミステリーがある。
大切なビリーバーに、
調節してくれる意味があるなら。
究極的ロマンスすらも、
ワンダーランドすらも炸裂していくから。
ドロップアウトなチェンジングスマイル。
影響力がヒップホップになっていくのさ。
ビリーバーなチャンス、
ファイティングチョコレートにさせてくれたんだ。
理想的展開、理屈じゃないのよそんな感じ。
理想的展開を天才的にメロディを
突っ走らせるなら、
空虚な空間、理想的三半規管にすら、
影響力、ヒップホップにすらなりそうなイメージで。
太鼓判を押すリミットすら、
分からないままで。
リズムが共鳴しているのさ。
それは嘘じゃねえ。
興味が無かったとしても、
心の表現は俺にとって重要な何かだから。
サクセスするトゥモローが慌てだそうと、
関係ないんだ。
理想的追求?
果てしない距離で。
半端ないリアルと、所望するショータイム。
気が付けば僕はリアリティだった。
埋め合わせする天才が、
未来が、行動を示すなら。
活動する展開が、
理想すら逆らわせていくならば。
ファイトスタイル、アンドストイック。
活動の世界観、満たす希望ですらも。
栄光ですらも、
生ぬるい風が全てをさらっていく。
理屈はないがドリーマー、
君に素敵にさせるメッセージが必要なんだよ。
俺は俺の世界を作り上げる。
君はどうする?満ち運ぶ、
正解などない言葉の海の中で、
何をもがき続ける?
果てしない戦いの理想は、
追及するミステリーのアホらしさは、
天才を彩り、それでもクォリティを躍らせていくだろう?
究極的ロマンスはまだまだ焦っているのさ。
そのサプライズに、意味すらあてがいながらね。
リズムが究極ならば、
そのファイターに見せつけた希望すら、
ワンダーランドすら、近づけるだろう?
注意をされて、
それでもドリーマーに全てを預けるなんて。
希望的解釈、虚ろになる天才を育む意味とは。
理屈じゃないからこそ焦ってしまう。
リミットで歌い出すハーモニーにしてくれる。
リズミカルな行動で、
懐に入ってくれる。
リピートとメッセージだ。
クォリティとダンスさせていくには、
あまりにも強力なひたすらが必要で。
ドリーマーなチャンスは預け合っている。
ロックンローラーなイメージが超越状態だ。
リズムをレスキューさせるなら、
その希望的観測にすら、
ワンダーランドな炸裂にすら、
ワンダーランド、記憶すらワンダーフューチャーにさせていく。
ドリーマーなチャンスが横暴になっていく。
ロマンチックなワンダーランド、
壁を越えてなおも続き続ける。
ロマンチックなファンタジーを教えてくれる。
ロストパニックに、
究極的ワンダーランド、
クォリティが異常でも、サクセスを。
それでも僕は奇跡を巻き起こすよ。
普通であることに飽きてしまったんだ。
この窮屈な世界では、何もかも嘘のようさ。
大好きな展開に、天才は踊る。
胸躍る本懐に、リズムすらクォリティにさせていく。
ドリーマーなチャンスが追いかけてくれている。
その上で俺と勝負しなくちゃならない。
その愛おしさが分かるだろうか。
興味と炸裂するワンダーランドならば、
希望的解釈が移ろいゆくなら、
ファンタジスタな永遠が踊り続ける。
ファンタジスタな永遠が呼び起こしてくれるなら、
希望的観測、宇宙が笑い続けていく。
ロマンチックファイターすらも、
虚ろな天才にさせてくれるんだ。
ロッキースマイルが現されているんだ。
それでも究極を求めるのかい?
新しい磁場に対して、何か感傷的になるひたむきさでもあったのかい?
リズムが光景を笑い飛ばす。
果てしない距離と共に、内側は張り裂ける。
大切な言葉とエンジョイパーティが
ロックンロールをメッセージにするならば。
歴史的には究極的ドリーマーを、
永劫の時は素晴らしい栄光を、
差し出せる空間すら、ビリーバーに挑戦状を歌い出したから。
興味なんてないのさ。
ビリーバーなチャンスをあがくならばな。
クォリティとファンタジーにすれば、
影響力とヒップホップな可能性だ。
ブギウギ、形は失うのか?
理想的展開は笑い出すか?
究極はロマンチックと共に、
時に何を祈る?
かいつまむ意味は、荒唐無稽は、
その果てで何を望む?
最初に戻っただけだ。何も変わってねーよ。
変わったのは僕と君の心だけだ。
大切なイデオロギー、突っ走るなら。
永劫の時を彷徨い泳ぐ。
果てしなさが僕を逆らわせていく。
ロマンチックなファイターが歌い出すなら、
究極的ロマンス、
ゴミのように見てしまう理屈すらも、
ワンダーランドすらも、クォリティを高らかに宣言させるなら
自分を納得させるための希望すら、
ワンダーランドすらも。
ロックンローラーなファンタジー、
クォリティで異次元を突破するなら、
勢いとファンタジスタ、
影響力がヒップホップならば、
よく我慢してくれたね。
希望的観測、宇宙がワンダーランドにしてくれるなら、
興味とサクセスに正しい魅力にしてくれる。
ドリーマーなチャンスがビリーバー、
影響力がヒップホップになっていくんだ。
ロマンチックと、あがく歴史。
ファンタジスタ、影響力はヒップホップになっていく。
ロマンチストにファイヤーサインを伝えてくれるなら、
希望的解釈、メッセンジャーなビリーバーだ。
伝えきれないのだろうか。
メッセージが問いかけるのだろうか。
逆立ちしても伝わらないメッセージに、
トークバックしていくイメージならば、
クォリティ、大好きな展開であるならば、
究極的ロマンス、影響力とヒップホップ、
可能性でなんとかできる?
究極的ロマンスはそのあてがい方で、
何を望む?何を祈る?
形をファンタジスタにするならば、
究極的ロマンスに、抵抗させるようだ。
歴史はヒッチハイクに、ベイビースマイルになっていくかのようだ。
サクセスのトゥモロー、影響力をヒップホップにしながら、
クォリティはダンスし続けていく。
ロマンチストはファイヤーに溶け出しながら、
埋め合わせする天才、未来を呼び寄せる。
大好きだからこそチェケラッチョなんだ。
生み出す価値がなくても、ビリーバーなチャンスはあがき続けるんだ。
ファイヤーマシンガンなのか?
それを理想として受け入れる、希望として輪っかになるならな。
素敵さはファンタジスタなんだよ。
奇妙だからこそ微妙なんだよ。
白熱するルーキー?
注目しているなら、
ラブライバーならば、
太鼓判を押すリミットすら、
価値観すらも変わっていくだろう。
究極的ロマンス、価値が追いかけてくる。
リズムが共鳴するなら、
ドラマチックなワンダーランドがケセラセラするなら、
希望的解釈にワンダーランドが逆らっていく。
ロマンチックとファンタジスタは、
未来を栄光にしながら、
ビリーバーなチャンスを全て僕に預けていく。
理想的展開であり、差し出せる空間だ。
ビリーバーなチャンスが追いかけて、問いかけてきてくれているんだ。
最高峰で、エネルギーを突っ走るなら。
重荷にしかならない希望は、ワンダーランドは、
捨てきれないくらいの野望と希望を携えているんだよ。
空中に歴史、ファンタジーをクォリティにしながら、
ファイナルアンサー、呟く生活ならば、
理想的展開、繊細なビリーバーに、
調節するリズムにすらなりながら、
ファイティングチョコレートにさせていくんだ。
ロマンチックなファンタジスタ、影響力、
ヒップホップ、大切なドリーマーに傾向を笑わせていく。
ドリーマーなチャンス、苛まれる価値観とブルース。
興味?炸裂するブギウギだ。
形とメッセージが移ろうならば、
ファンタジスタな永遠をトークしてくれる。
半端ないリアルと今回は、
リズムとして受け入れることすらも馬鹿馬鹿しいほどに。
最高潮で、永遠は続き始める。
理解者とダンサー、生み出すことの愚かさか。
大好きな展開、旋回していくリズムに、
空中に浮いているようなレベルアップ。
ダンサーは伝え始めるから、
その記録的ミュージックに、
充実的にファイヤーサインになるとしても。
大切な言葉がエンジョイパーティになったとしても、
クォリティでワンダーランドにミステイクさせたとしても、
記録的記憶的ラブリー、
狂気が運ぶメッセージがある。
歴史的ミュージック、偽りを天才的ドリームにさせるなら。
空間とリピート、メッセージがリライトしてくれるなら、
希望とサクセスの炸裂パーティにさせるなら、
興味、ミュージック、ファイヤーサインだ。
大切な鼓動とこだわりだ。
サクセスの為のトゥモローならば、
アクセスするための希望ならば、
ファンタジスタ、影響力がヒップホップになってしまうんだ。
今の時点で最高だからな。
こっから先をどれだけ愛おしいと思えるかだ。
大切な究極、リズムがサクセスだ。
ワンダーランドなサクセスな希望だ。
ワンダーフューチャーは、確実性と共に、
憂鬱な世界観になっている。
理想と展開させる。
リズムでチェケラッチョしてくれる。
ロマンチックがファイナルアンサーを伝えてくれているんだ。
発表会だ。理想的今回だ。
リズムがサクセスするなら、希望的解釈に逃げ込むなら、
そのストーリーすら共鳴できるように。
闘魂注入するビリーバーだ。
チャンスが置き換えられる。
ファンタジスタな運命すら、笑い飛ばしてくれるから。
歴史的究極性すら、
笑い飛ばしてくれるから。
ロマンチックなファンタジスタが、
永劫の時を栄光として泳ぐ。
リライトしていくメッセージに、
クォリティすらダンスしていく。
メッセンジャーな価値観は、踊りだすように。
空虚な歴史に、閉じ込めるようにして。
ドリームにキャストさせながら、
うなぎのぼりになっているのさ。
究極的ロマンスがあてがっている。
希望的解釈、イメージが超越するなら、
希望的問題児。
サスペンスが作り出すイメージがワンダーランドなら、
希望的解釈、大胆不敵なメッセージにすら、
ワンダーランドにすら、この光景をワンダーフューチャーにするしか。
イメージとしてチェケラー、
ワンダーランドなフューチャー、
アイランドで道徳を守り続ける。
理解するフューチャーと、
ドリーマーが大切さをはかってリズムにさせられている。
ドリーマーなチャンスは探している。
ドリーマーなかびたスマイル。
リズムが設計してチェケラッチョにしてくれるなら、
言い訳ばっかりの君を愛しく思わせながら。
リズミカル、行動とロックンローラー、
ファイティングチョコレートでダンスを運ばせていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけたい。
問いかけたい。リズムが窮屈な僕を笑い出す。
最高の愛が存在しているから、
未知なるパワーを恐れているんだろう?
奇妙なファンタジーが、越えていく理想が、展開が。
サクセスが、ワンダーランドが満たしてくれるリズムが、
猛り狂って笑い合っているんだね。
リズムが設計する、笑い出す展開が踊るなら。
究極的ロマンス、大胆不敵な活動家。
サクセスの為のトゥモローすら、
ファイティングチョコレートにさせていくのだろう?
奇妙なメッセージだ。
大胆不敵な活動だ。
サクセスの為のトゥモローだ。
神の落書きだ。
大切な言葉とエンジョイパーティになってくれている。
ロマンチックなファイターに、硬い結びとサクセスを叶えさせていく。
ドリーマーなチャンスとエイトビートとは、
結びつくサクセスにすら、
希望的解釈にすら、ワンダーランドを見せつけた上で、
確実な世界観は俺を追いかけるように。
ファンタジーアースになってくれるのさ。
それをビリーバー達は踊ってくれたんだ。
彼女のことをずっと気にかけてくれてありがとうよ。
あいつはあいつなりに、思うところもあったみたいだ。
リズムが超越するなら、
その究極にドリーマーをあてがうなら、
希望とファンタスティック、
ラブライブ的にメッセージにしてくれる。
リズム適当な、サクセスするトゥモローに、
影響力はヒップホップ、形を大切にしている。
ドリーマーなチャンスは希望すら運んできてくれる。
大好きな展開に、ミステリーすら呼び寄せながら、
その記者ポッポは走っていくから。
ロマンスはワンダーランドを、
互い違いに望むことすら、
笑い果てるメッセージにしてくれるはずだから。
美貌とそれに伴うビリーバー。
チャンスと白熱するルーキーだ。
形とミュージックが追いかけるなら、
そんでもって問いかけるなら、
ビリーバー、チャンスが逆らうミュージックにすらも、
栄光の永劫の時の意すらも、
価値観とミュージックにさせていきたいんだろう?
ロマンスがワンダーランドならば、
鍛えられる意味合いすらもあったじゃねーか。
ダンスホールで永遠が踊りだすなら、
その空間にサクセス天気予報なら。
つまるところ、ケラケラなメッセージを、
追いかけた果てにある素晴らしい展開にすら、
ラブリーゲームを解き明かしていったんだ。
ドリーマーなチャンスとチェンジが、チャレンジが、
ミステイクを呼び起こしてくれている。
ドリーマーなチャンスを横暴に、大好きなように。
リズムとそういう光景によって、
らぶらぶになってくれるのは、新しい空間を呼び寄せる。
大好きだからこそのこの超越勘、
理想との欠勤サクセスワンダーランドだ。
究極性がロマンチックにしてくれるなら、
そのファンタジーすら、移ろいゆく天才にさせてくれるんだろう?
ロマンチックなファイヤー、システムという興味。
白熱するルーキーと、伝わるメッセージはこだわりなのかい?
吐き出すその言葉に意味などない。
それでも空間を、リピートさせるメッセージは、
どこまでも愉快に、痛快に、
指し示す価値観を、ビリーバーを伝えてくれるから。
ロマンロックなファンタジーを、
ミスする勇気を、
大切なドリーマー、結びつく栄光になってしまうまで。
究極的ロマンスは、向こう側をしかめっ面をするように。
希望的解釈、君を見ていたい。ずっと逆らっていたいよ。
恥ずかしいくらいのリアルに閉じ込められるなら、
その空間に理想を頂戴させられるだろう。
沈む。チェケラー、
歌い出すのはハーモニー。
理解は歴史。今回は分からなくなった理想すら、
活動周期でやってくるリズムすらも、
蟠りにかえてしまう。
だから価値観が魅力的なんだね。
空間というイメージで、サプライズはイメージされていく。
路頭に迷うスタイルは、エレガントに、とてもじゃないけどハッピーに。
探す魅力はワンダーランドに、近づくたびに広がる運命に対して。
ラブリーなゲームを続けていけるなら、
広がり続けるこの世界にも微妙な栄光を。
食べるレスキュー、正しいミラクルすらも、
一途なファイター。
逃げ出すことの愚かな空間を、
理想的にファンタジアにしてくれる魅力に、
ワンダーランドは伝えてしまう。だから。
価値観とブルースで興味を示した。
大胆不敵な活動が僕の狂気と興味を突き抜けていく。
大切なんだ。ビリーブしたい程度にね。
大切が踊りだしているんだ。
あれはカモメか?その翼の上なのか?それとも長い堤防なのか?
闇に溶けていくぜ。
半端ない理想、深海に溶けていく。
正しい世界は、偽りを拒否して、
ラブリーは認め上げる理想を超越しながら、
素敵さがファンタジーになっていく。
本当の時を教える時計、
思いをはかる温度計。
リズミカルにファンタジーを越えていく。
大好きな展開が笑い飛ばしてくれるから、
僕は持ち上がったんだ。
食らったクラッカーだけじゃ、
意味がないと思えたから。
リズムで共鳴することを疑わなかったから、
炸裂するブーイング。
大切な愛おしさがラブリーを伝えてくれる。
世界すらも作り上げる。
リミットな異世界ブーム。
興味がサクセスさせる為に、
ビリーバーなチャンスを逆らわせている。
逃げ出す空間に入り込む愛おしさかな?
リズムがチェケラーするなら
次のミラクルは新しくなっていくだろう。
その儚さ、あるいは希望に、
どれだけの感覚を抱けるだろう。
空虚な歴史は、どこまで僕を侮辱してくれるんだい?
果てしないミラクルが追いかける。
その糧知らずとも、合格した見せかけのドラマに、
栄光は生み出した風の愉快さに、
大胆不敵なミラクルに、超越するミステリーすらも、
興味として受け入れる、価値観にさせてくれる。
ビリーバーなチャンスをひたすら追いかけた。問いかけた。
風は答える。リズムを教える。
果てしなく行動させられていく。
そのドリーマーに、究極性はエコロジーに、
大胆不敵な活動家はファイターを、
理想は追求するミステリーを、
共鳴していくワンダフォーに合体させながら。
究極的ファンタジーを越えていくんだ。
ファイナルリアリティ。
歴史という究極で、理想がワンダーランドになっていく。
リズムがチェケラーするなら、追いかけ続けるあの旗の音色か。
それでも究極性と共に生きたいんだ。
大好きだから。この展開がミラクルにすら感じてしまえるから。
努力する為のファンタジスタが嫌いにならない程度に、
ラブリーなチェンジは愛おしさを羽衣にするように。
リズムがチェケラーファンタジスタ。
永遠が楽しさと、慈しみを、
ドキドキさせていくのさ。
その炎で上がった火の粉で、
泣く泣く僕ら暖を取ったんだ。
つまらないお話歴史、
大好きな展開、楽にしてごらん。
極め続けるファイターにすら、
偽りが展開されるなら。
空間とビリーバー、チャンスを追いかけたいかい?
リズムが共鳴するなら、
痛い程のラッキーがストライクゾーンなら、
素敵なファンタジスタすら今を越えさせてみせよう。
あなたの心すら僕のものにしてみせましょう。
リズム、チェケラー、束縛感、
リズム、チェケラー、不自由感。
路頭に迷うのは肉体関係。
理想像を天才的に望み続ける。
ファイターが歴史を交換条件にするなら、
その希望にあてがい僕の生きる意味を追求してくれるなら、
新たな世界に未知なるフューチャーを
価値をプレゼントさせてみせましょう。
それらが本気を出した時の恐ろしさを分かってくれていない。
誰にでもあるんだぜ。発言権はね。
ライブハウス、栄光がワンダーランドになってしまう
気力のなさで。リズムで。
メッセンジャーな価値観が、空気感が理想を閉じ込める。
記憶がファイトしてくれるなら、
この希望すらも、ワンダーランドすらも、否定されてしまうのかな。
希望と生み出す太鼓判。
大好きな展開の前に、リズムは強烈に。
ダンスしていくフィンガーアイランドが、
価値観の究極性が存在するとしたら。
理解が興味を示す共鳴なら、
ワンダフォーアイランド、
未知なる素晴らしいアスペルガーだ。
大好きな天才に蜂起するなら、
価値観のブルース、共鳴とミュージック、
偽りの世界観だ。
理想的な究極がその意味を求めあがくなら、
価値観すらミュージックにさせられるなら、
価値とブルース、共鳴していくファンタジーと皇居。
ラブリーなチェンジ、ミステリーをワンダーランドにさせていく。
その方向性にラブリーがミステイクしていくなら、
いいよ、理想すら追随させよう。
その果てしなさに未来の魅力をプレゼントしてあげよう。
何かを生み出すってのがどういうことなのか。
ファイター、理想を追求させなさい。
ミラクルは狂気を運んでいく。
理想像は展開のその最中で、
メッセージを伝えるのだろうか。
奇妙なミュージックであり、
展開するミステリーが興味を示すなら。
価値観とブルース、
育む理想とトゥルース。
価値観とミュージックがショックタイムならば、
希望的ファンタジーでうろつかせる、
大胆不敵さが永遠を望むなら、
その価値観で満たしてみせよう。
価値観がうなぎのぼりになるなら、
その魅力すら、
ファンタジーにすら行動にすら。
傾向にすら、大切さにすら、
ビリーバーなチャンスにすら、
微力ながら力添えさせて頂きます。
理解しているのか?
この努力は意味不明なんだ。
ワンダーランドなんだよ。
それでも嘘はつきたくなくて。
分かるかい?リズムが要するに荒唐無稽なんだよ。
ビリーバーは調節しているのかなあ。
それでも希望を高らかに宣言し続けるのかなあ。
歴史的ミュージックに、天才的にドリーマーになるなら。
究極的モンスター、
追従して追及するミステリーすらも、
栄光となってしまいそうな日々に対して、
理想を追求する新しさのホーホケキョとは一体。
リズムが荒唐無稽になればなるほど、
続いていく理想像と展開がある。
理想的展開が命を育むなら、
それのみに太鼓判を押すリアリティが、
狂気すら連れてくるなら、
いいよもうビリーバー。
調節してきたミラクルすらも、
確実性すらも、
影響すらも、栄光すらも。
旅立つ健康体?
ラブ・ラビリンスで高低差で埋め合わせするような、
歴史が生み出すファンタジーを。
理解している、ドリーマーの為のフューチャーを。
繰り返すリピート、
リミットが歌い出す展開にあるのであれば、
最高潮に歌い出すワロス、開拓する文化が
新しさを共鳴させながら、流浪に流れていく。
ロマンチックはファイター。
憎たらしいほどの究極が存在する。
リミットとファイターだから。
うなぎのぼりは伝説的だったから。
生み出した価値をグルーヴで憂うのかい?
果てしない距離はその奥で何を考える?
リズムはチェケラーしながら
愛おしさを絶倫天気予報にさせる。
リピートする臨界点。
サバイバルするヤバイヤツを。
メッセージ、価値観が鬱陶しいと思うくらいに、
つまらないなんて言わないで。
価値観とミュージック、
まるで違う人が入り込んだような。
素晴らしい世界と共に影響を高らかに、
結び続けるメッセージにすら、
疑いを差し出すのかい?
究極的ロンリーは、ファイトスタイルで歴史を越えていく。
ロマンチックなファイヤー、
歴史的ドリーマーと、
影響力はヒップホップになっていく。
ロマンとリズムで、傾向をサクセスさせるなら。
希望的観測、宇宙が舞い戻るこの地下室に。
離島の孤島でサクセスを探そう。
果てしない距離を愛おしむように、
希望は新しさを追及していくから。
活動をさせ続けよう、理想を追求させ続けよう。
距離はファンタジー?それすら嘘。
退屈な世界がやってきたというのに、
君はどこまでも自由だね。
どこまでもハッピーだね。
ようやく僕も声高らかに歌えそうだよ。
理屈じゃないんだ。
それは、怒りですらなかった。
大切さがハッピーかい?
共鳴するワンダーランドは、
さて、何を求め始めるだろう。
究極的レスポンスは、
極め続けることにイライラすらしていたのかい?
ドリーマーなチャンス、差し出せる空間ならば。
ハイテンションが生み出す空間がある。
歴史的、ファンタジー、生み出す価値観。
メロディが憎たらしいほどのワンダーランドならば、
クォリティでダンスするイメージすら、
変えていく理想すら、耕せる理解にできる気がしたんだ。
そんなことを思えてしまった。リストアップ、炎が伝説なんだ。
it's wonder land so sky high is more more
potato street love love love, It's super. It's more more more super.
大切な言葉が繰り返される。
怒りと痛みがハイクォリティだ。
それでも空間を理解する為に、
希望をワンダーランドにさせる為に、
記憶はミュージックを辿っていく。
理想的展開、天才になるまでの享楽。
果てしないリズムと、それを追及させるメッセージにすら、
愛おしさを甘えさせることを許せたんだろう?
僕が運んだ幸せはそれのみではない。
価値観はミュージックを痛い程に感じて。
理想像と展開するミステリー、
狂気だろうか。本当にそうか?
大好きだ、
可能性を隠した包装紙を開けてみたらただ鏡が入っていた。
空虚な歴史がファンタジーを伝えてくれるなら、
価値観とブルース、筋書きはファイター。
うなぎのぼり、連想ゲームで
歌い始める煌めきは、
素敵にキラキラキラだ。
我は絶望の果てに希望を見出し、
希望の果てに絶望がやってくるのか?
諦めなければライクライクは訪れる。
価値観はメッセージ、クォリティはダンスするように。
興味があるんだろう?
サクセスとスーパーラッキー、
大胆不敵、メッセージが踊りだす急速に、
ラブリーゲームを問いかけてくるから。
新しい経験値がワンダーランドへと羽ばたくことを、
イメージして更に共鳴して、
理解していくファンタジーにすら、
疑いを差し向ける価値観にすら、
ワンダーランドを伝えてくれたんだろう?
興味がサクセスするなら、
その希望、ワンダーランドなチョコランタンなんだね。
サクセスするトゥモロー、影響力とヒップホップとは。
リズムとチェケラー、痛々しいほどに、
究極的ラブリー、
興味が示すなら。活動する展開が笑うなら、
理想形、大胆不敵な未来、チョコランタンだ。
炸裂するサクセスと、リピートするイメージと、
強制力のある共鳴と、
大胆不敵な活動は立ち上っていく。
声じゃなく文字で勝負する。
愛しいメロディは、それらを突っ走らせるように。
そんなことを呟いていた。
明らかに何かを思い出していた。
少し呆れながら問いかけるあなたの声を。
リズムをチェケラーさせてくれた。
希望的観測は宇宙すらとらえた。
未来、チェケラー、メッセージが伝えてくれた。
ロマンスは謎ばっかりだった。
それでもクォリティを抱きしめて、
ファイティングチョコレートはダンスしていく。
ロマンチストはファイターを望むように、
クォリティで生み出すファイターを願うように。
理解するための歴史は、空間を空虚にさせていく。
大切な言葉、エンジョイパーティだ。
大切ビリーバーならば、
大切、もっともっとインポータントなんだ。
クルーズが楽しくなかったかい?
その破滅まで、僕は見通せないよ。
何度も何度も繰り返す、リピートが存在する。
希望を歌うメッセージがあったから。
希望的ミュージックにすら、
偽りにすら、展開にすら。
希望をワンダーランドにさせるのなら、
その自暴自棄、
歴史的、究極的。
影響力がヒップホップなんだ。
価値観がメロディを、メリーゴーランドを素敵にしてしまう。
価値という名前のユートピアで、
差し出す空間、リライトさせてくれるなら。
希望的観測、宇宙を見てみたい。
君を、事実を。自由を。大切にしたいんだ。
理想的展開、思想的天才。
ロマンスが歌い始めるなら、
空間的理想が、
果てしない距離を旅立っていくのさ。
その経験が、更に俺を高めていく。
俺のことを忘れるなって言っても無理だろ。
僕を消さないで殺さないでよ。
リズムチェケラー、生み出した価値観と共に、
ふざけたフィールドは価値を追いかけて、
君みたいにロマンチックな真似はできないよ。
だけど僕にだって考えることはある。
ひたすらにミュージックを灯し続けているんだ。
ファイナルアンサーは孤独を未来に卓越させる。
ミラクルはチョコレートだよ。
大好きだからこそ、ミュージックにしてしまいたくなったんだ。
希望は何だと思う?
僕は分からなくなってしまう。
歪な展開だけでは、意味がないのだと。
ファンキーなマシンガンはそれらを伝えてくれていた。
ドリーマーなチャンスを、ファイティングモードを、
クラックするように、クリックしていくのさ。
リズムがチェケラーハニーになるなら、
食い入るように見つめるビリーバーですら、
価値ですら、ファイターですら、
埋め合わせする天才ですらも、
ファイトスタイル、ジャッジメントを目指すように。
空間は理想を食べてしまう。
活動する世界観は、
理想を歯にもの着せぬラブリーチェンジで。
サプライズは意味不明をトークバックしていく。
ロマンチストはファンタジーを乗り越えるように。
理解するための歴史が混同されるなら、
その価値観ですら、ミュージックですら、
価値観ですら壊れていくのかい?
果てしない興味はその中で何を求める?
価値というブルースに閉じ込められて、
それで翻す。
怒りをワンダーランドにしてしまう。
リズムが共鳴するなら、歌い出すしか仕方ねえな。
したかないがしかたない
リズムがチェケラーするなら、
そのファンタジスタに栄光を、
笑い果てるなら、
希望というフューチャーで、
価値観をぶっ飛ばすなら。
エネルギーとして統率してしまうなら、
愉快さと共に閉じ込められるドリーマーを、
不思議な輝きを。
灯してなおも輝き続けるその光を。
大好きなんだ、チェケラー。
まいっちんぐされてしまうほどに、
究極的を躍らせるほどにね。
サクセスロードが埋め合わせする、天才は踊りつくす。
最果てのメロディとミュージックが、天才的ドリームすら、
描き続ける。
ファイターと、そのスタイルは永遠を見続ける。
ラブラブな関係ならば、
ファイティングモード。
確実な世界観すら、
偽りのロケローションにしてしまっただろう?
ハーモニー、追及していくなら歴史とファンタジーだ。
空間と歴史とファンタジー、
生み出した価値観は、更に飛び交うメッセージを貫く。
果てしない距離が刃のようなホームランボールを。
9回裏、二死満塁、さよならついに本塁打。
正しい世界観、大切なミュージック。
怒涛のリズムで荒唐無稽にさせたいのかい?
興味がファンタジーになっていく理由を、
それのみでは語れない自由を。
果てしない距離を、愛おしいと思う気力すら、
ワンダーランドなチェケラッチョを生み出してくれるなら。
ロマンロックがファンタジーを伝えてくれるなら、
ファイター、理解者がドリーマーになっていく理想すら、
ファンタジスタにしていくんだ。
ロマンチストはファンタジーを越えて飛び続ける。
大切な言葉とそれが生み出すストーリーを。
構造上はファイターなんだ。
炸裂するビジネスで、大きいオーライを
結び続けたんだ。
そこで学んだことは多かった。
リズムでチェケラーしてくれるなら、
そのファイター、理想、チェンジしていく未来すらも、
食べてしまうのかい?
果てしない距離が歌い出すように、
炸裂するマイダンスで踊りだすんだ。
究極的ロマンスが、ファンタジーを乗り越えていくんだ。
理解する歴史であり、今度は何を失った?
それだけじゃ体感できねえ。
果てしない距離は何を慌てだした?
究極的メッセージは、クォリティでダンスしていくメッセージにしてこれた?
意味不明なトークバックがイメージならば、
強力な世界観。
リズムでチェケラーファンタジーにさせられていく。
ロックンロールビジネスが、オーケーオーライしてくれるなら、
ファンタジー、クォリティで生み出した価値観が、
メロディックラインが突っ走るファンタジーを、
生み出した価値観すらワンダーランドにさせてくれるなら、
その快楽主義者を後を追うように。
理解するためのドリーマー、チャンスを運ばせるのさ。
クォリティで異次元突破するファンタジー、
生み出す世界観、ファンタジスタに栄光を見つけるなら。
素敵なファイナルアンサー、
堂々としているぜ。
ファンキーマシンガン。伝えるリズムと、
結局は何を望んでくれるのか。
リピートする次のダンサー、
準備している次の時代の主要キャラ達。
果てしないワンダーランド、
導かれし者たち。
ロックンロールフェスティバルなんだ。
価値観とミュージックファイヤータイムだよ。
理想的にファンタジスタ、
影響力と、飽きてしまう希望にすらさらさらなる気はないから。
リズムは蛍光灯でサクセスさせるしか
意味がないのであれば、空中に浮いている歴史ですら、
価値観ですら、揺れるファイターですら、
埋め合わせする天才になるしかないんだろう?
興味が卓越するミュージシャンならば、
栄光をワンダーランドにさせるしかなかったんだ。
興味がなくてもそれはそれで構わねえ。
リズムはチェケラーしながら、
問いかける理想とチェンジする未来に対して、
新しい悲しむ暇も与えないリズムをプレゼントしてくれる。
リピーターなマイメッセージを貫くなら、
ファンタジー、ジェットコースターマスターオブモンスター。
追随するあきれ顔すら、ワンダーランドにしてくれたなら。
希望的観測、宇宙が笑う。
理解できるはずの距離と興味が歌い出す。
価値観はトゥルースを求めて果てしない。
事実、今回だけは別の道を歩こうと決めてんだ。
沈む、刻むリズムがある。
果てしない悲しみと、慟哭があるという。
大好きな展開を呼び寄せるように。
理解するフューチャーアイラインを、
活動する展開すらも、ワンダーランドすらも。
リズムが立ち戻る。
俺にとっての好き放題を、
僕が許すなら。
魔法で運命を研ぎ澄ませてあげよう。
リズムでチェケラッチョすることへの興味。
サクセスするワンダーランドで、
希望を夢中にさせるなら、
道徳、それすらも確実にさせてみせましょう。
リズムがチェケラーするファンタジーならば、
希望的ファンタスティック。あなたを思うことができそうにないよ。
リズムは退屈なのかい?
奇妙なミュージックは、アテンションプリーズなんだ。
リズム、リスクでファンタジーを乗り越えることができている。
ドラマチックに、揺らがない心を手に入れられるかどうかだ。
サクセスとトゥモロー、エンジョイパーティなんだ。
サクセスし炸裂するメッセージすら、ワンダーランドすらも。
影響力、ヒップホップに差し出していくんだ。
価値は重い思われていく。
その狭間で揺れる波の音に、
理解する価値観、
メッセージが大切にしているなら、
クォリティでダンスしていくメッセージすることすら、
価値観とファンタジア、影響力がヒップホップになっていく
形すら、ワンダーランドに退屈にさせてくれると。
そのドリーマーを続かせたいと、
ビリーバー達は叫び続けるだろう。
果てしない行動で何かを失うとしても、
関係ねえ。ビリーバーじゃねえんだ。
退屈な世界観が理想を追随させている。
ドラマチックに、ロマンチックにファイターは動き出していく。
身動きがとれねえ。
歴史、究極的に舞い戻るなら、
普通に見えていたあの現実ですらも。
活動する狂気と興味、
サクセスするワンダーランドが、
伝えてくれるミステリーがある。
勇気があるからこそのユートピアだ。
リストアップするリアリティが、
失うことすら侮辱してしまうなら。
究極的ロマンス、
大胆不敵な活動を、
意味不明に行動させる嘘ですらも。
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこですら、
ファイターですら、宇宙規模のロックンロール。
イメージが退屈に洗い流してくれた。
歴史とそれのみでは高鳴らないメッセージと、
生み出した果てに越えていくリズムと、
共鳴はファンタジスタ。
海の音色が僕らの子守歌。