メッセンジャーなクォリティ。
フィンガーアイランドで、見つめるパーティになっていく。
ロマンとリズムが、共鳴する新しさを。
ミュージックなジャパニーズを、身を挺してラブリーにさせていくから。
ロマンチックなファイターが、
歴史的ラブに影響力をヒップホップにさせながら。
呆けた顔をしている。
面白そうだ。退屈そうだ。
リズムでチェケラーしていくなら、
歴史的ファンタジーを呼び寄せるなら、
空間とビリーブ、調整する魅力すら、
笑い出す展開にさせてくれるんだ。
ハッピーな理解者、ドリーマーだ。
大切なドリーマー、チャンスを運ばせてくれる。
ドリーマーなチャンスを、オーケーする為に。
クォリティでダンスしていく為に、
理解者とドリーマー、
ミュージックなファイター、
理解するドリーマー、チャンスをビリーバーに変えていく。
ロマンチストは踊りだしていく。
価値観、メッセージ、
誰かを傷つける最高すら、
ワンダーランドすら、メリーゴーランドに変えていく。
素敵なファイナルアンサーは、希望的解釈だ。
メッセンジャーが価値観を乗り越えていくから。
ビリーバーなチャンスが追いかけるなら、
その希望にサクセスする意味を越えていきたい。
リズムがチェケラーしていくミステリー。
狂気が運ぶイメージで、
大切なクォリティ、ワンダーランド、
影響力はヒップホップと共に。
記憶とワンダーランドは伝え始めるように。
空気を読めだと?空気が俺の気持ちを読めよ。
ロックンロールなファイターであり、
エンドレスな希望にサクセスされていくんだ。
ファイトスタイルでジャッジメントなクォリティに
させてしまうなら、
空虚さすら、リアリティすら、
埋め合わせすら、ワンダーランドすらも。
栄光すら、影響力すら、
ワンダーフューチャー、価値観でブルースに共鳴させていくんだ。
ロマンチストなワンダーランド、
クォリティで異次元を突破するなら、
見せてあげたいよ。
リアルにフューチャーしたいんだ。
ドキドキが止まらなかった。
大好きだった。ただ、大好きだった。
理解するフューチャー、どこまでも愛情をこじらせて、
素敵なファンタジアに、マジックミュージックは奏でだす。
何に対する愛なのか分からねえ。
大好きな展開すら分からねえ。
努力家だからこそのメッセージだ。
応援するものとされるものだ。
面白い世界観、歪な未来。
行動力とアテンションプリーズならば、
ファイティングポーズをとるしかない。
あの異常者に対して、
何かを差し出せる空間は、リピートさせたままで。
こんな狂った世界でよく普通を謳歌できるもんだ。
尊敬するよ。
正しいワンダーランド、
まともに生きたかったら
何かを間違うしかねえ。
ドリーマーなチャンスを追いかけていた。
リズムがチェケラッチョだったから。
ファイターでチェケラッチョするイメージなのであれば、
空中に浮いているイメージだ。
大切な理解と理解者、ドリーマーと着実性を
乗せ上げる為に。
希望的観測、宇宙に差し出せるようになるまで、
空間はビリーバーを伝えていく。
愛着がわいていくんだ。
それでもクォリティはワンダーランドを伝えてくれるはずだから。
奇妙な偶然は折り重なってくれる。
最果てのメッセージすら、クォリティすら、
ワンダーランドになってしまう一致するクリスマスの最中で。
俺からすれば貴様らが病気。
大好きな薬を飲み続けている重症患者。
理屈、影響力、
ヒップホップで悲しさをミュージックにメロディライン。
伝えるファンタジスタ、
影響力は、見果てぬ希望は、サラス世界に影響力を。
ミュージックなららばいを、伝えて間もないギブアンドテイクを。
僕は信用してもらえなかったようなのか?
いや、本当は何をすることもできなかったのだろう。
そうすることしかできなかった?
夢中に遊泳するしか方法が無かった?
理想的展開、思想的天才、
それでも好きでいるっているのは心地いいもんだ。
大切さとイデオロギー、
突っ走るファイターと歴史、
九官鳥は泣きわめくのかい?
歴史的ファンタジーを、クォリティを、
いつまでも幸せそうに歌うファンタジーを、
クォリティを異次元に、突破させるまで究極的に、
永遠の意味を知るように。
サクセスワンダーランドに、
クォリティで伝説を未来を、
見ているような興味と狂気だ。
差し出せる空間のリピートは運命だろう?
白熱するダンサー、クォリティでワンダーランドにさせてみたい。
リズムがチェケラーファイトにさせてみたい。
リズムでファイトしていくメッセージは、
超越していく、どこまでも、貫いて。
儚すぎる愉快さは、ドリーマーなチャンスを、
駆け抜けていくような音楽が好きだった。
リズムがチェケラーしてくれるなら、
そのファイターでメッセージを越えていけるなら、
ファンタジスタな永遠すら、満ち運ぶ狂気すら、
それらが生み出すジェットコースターワンダーランドすらも、
栄光を見つける為のファンタジー、
それを声を高らかに宣言する、
理解するファンタジー、
歴史的ブーイング、価値観と歪んだ感情、
リズムでチェケラッチョファンタジー、
歴史的どんな人間、理解するファイター、
理解する興味、着実なファイター、
理解するための究極が痛い程に。
究極的ファンタジーを改めるように。
理解するフューチャーを、アイランドを、
求めているラブリーを。
ドリームを、チェンジするミステイクすらも、
価値観すらも、クォリティすらも、
変えていくメッセージすらも、
ファイティング、価値観を狼煙を上げる素敵さすらも、
果てしなさ、究極がロマンチックだ。
ファイナルアンサー、ときめきの作り始めるミュージックだ。
流浪に生きていくスマイルだ。
希望の崩壊だ、リズムがチェケラーしている声が、
声高らかにダンスしていくメッセージだ。
声高に、愛が突き抜ける。
価値が、汚す未来が。
大切さと記憶。遅刻しないリズムにさせる為に。
クォリティというダンスフィールドで、価値観は悩み続ける。
大切な言葉と、コトワザはストレート。
リクライニングしていくパーティだ。
ロックンローラーなパーティリズムだ。
大切な窮屈さだ。
リズムでチェケラーファンタジーを乗り越えていく。
ドリーマーな調整力を生み出しながら。
活動するパーティ、ロックなリズムを伝えてくれる。
ロマンロック、歌い出す狂気、ロッケンローファンタジー、
大切さと理解者、ドリーマーとチャンス、
希望的観測で、宇宙を見る。
希望的観測を見捨てることなどできない。
イメージが着実に、ファイターを乗り越えるように。
活動家なイメージで、大切にしているドリーマー。
影響力でヒップホップに可能性をダンスさせていく。
ロマンスがよりロマンチックになっていく。
涙ためて睨むのでした。
正しさワンダーランド、
クォリティが一途になっている。
ファイター、歴史的ミュージック、
クォリティを異次元、ロックンローラー、
ロッケンローなファイターを、
理屈している、リズム、理解した。
幸せが似合わない人なんていない。
夢はいつか必ずかなう?
ビリーバーなチャンスを、追いかけて、問いかけて、
それでもビリーバーはチャンスをくれる。
大切さとビリーバーは、
時に何を思う?
希望の果てで、愛おしさの果てで、
ミラクルは興味を示し、その果てでミラクルをエイジさせる。
大好きな展開、ミステリーを興味で示すように。
活動する展開、天才的にメロディックラインになるしかねえ。
ドリーマーなチャンスを、追いかけるしかねえんだ。
ハッピープログラムに参加するしかねえ。
ドリーマーなチャンスを追いかけてくれている。
理解するためのフューチャークイーンだ。
サクセスする為の希望と、ワンダーランドが伝えてくれるなら。
ビリーバーなチャンスが怒りだしていく。
大好きな展開、天才的なメロディに突っ走らせるなら。
大切なドリーマー、影響力とヒップホップとは。
悲しみで移ろいゆく伝説だ。
滅茶苦茶面白い。リズムに乗っかっている。
ドリーマーなチャンスを追いかけているリズム、
チェケラーなファンタジーを、
クォリティで伝説するミステリーにすら、
影響力ヒップホップだ。
悲しませるほどの究極ならば、
栄光とチェケラー、イメージがセプテムバー、
生活ができないの。
あなたのいる場所に行きたいの。
でもドリーマー、着実な世界観にしたいの。
リズムで運命をはかるなら、
希望的観測を宇宙にするが如く。
イメージでチェケラーするなら、希望的観測。
差し出せるファイター、
メッセージがクォリティを呼び寄せてくれている。
ドラマチックなワンダーランド、
密接に繋がる日記との距離、
さあ、脈拍はいくつだ?
リズムで、チェケラッチョを生み出した感覚に、
リズムの超越していく魂の吹きすさぶ風に、
リズムはチェケラッチョしていくんだ。
ロマンスが抵抗していくんだよ。
始まりの世界観から、ちょっと気難しい奴でな。
ライクライクな、キャパシティだ。
運命がうろつく。ぐらつく。
ファイトスタイルと、ジャッジメントはラストに狂騒曲を
イメージするように。
狂気が歌い出す、ファンキーなロンリー、
正しさとフューチャー、
価値観をメロディに突っ走らせる。
空虚な空間、理解するためのドリーマー、
リスペクトな世界観。
リッピングする立派なファイター。
ドリームを掴み取る為に慌てだせよ。
ドリーマーな着実性は、
ラブリーを伝えるように。
歴史的ファンタジーはクォリティを、
生み出す価値観を、メロディにしていくように。
理想的展開は天才を呼び寄せる。
白熱する展開は笑い出していくから。
ロマンチストは、ワンダーランドを運んでくれるんだ。
理解する、歴史の為の展開力だ。
差し出せる方向性、
リズムで着実にロックンローラーになってしまいそうだ。
究極的ロマンロックが、素敵なファンタジーを狼煙をあげるなら、
空中に揺れる庭園のごとく、
指し示す空間の歪さのごとく。
全てを奪い去っていってしまった。
少しも配慮のない、遠慮のないギャグだ。
果てしない究極に、
ラブリーなチェンジを見せつける。
ライクライクなキャパシティが、運命を笑い飛ばす。
空間的ラブリーが現実ならば、
まだ終わらないで。
大切なドリーマー、究極を忘れないで。
素敵なファンタジアを、メッセージを、
共鳴するいたちごっこにすら、
ファイターを価値観にするが如く。
イメージするチョコランタン、イメージできるかい?
誰かに書けるような内容は書いてても仕方ないのさ。
俺は俺の独自の道を行く。そっちの方が楽しいだろう?
リズムもあるしな。
そこら辺に高鳴る伝説がユートピアならば、
確実性と共に。
リズムでチェケラーファイティングチョコレートならば、
サクセスの為の昨日?
運命が笑う抵抗、差し出すメッセージにさせてまで、
影響力、抵抗力、正攻法ではいかない蛍光灯だ。
サクセスと運命、共鳴とファンタジスタ、
栄光を、栄冠を、手に入れる為の旅路だ。
どうでもいいことが多すぎる。
果てしなさの意味が少し分かりそうな今日この頃。
リズムでチェケラーされる未来とは、
それらが生み出す栄光とは、
エネルギーとは、それらが結集する痛々しさとは。
リズムが炸裂するベイビー、
生み出した価値観、筋書きなんて狂ったまんまで構わない。
リズム、チェケラー、ファンタジスタを越えていきたい。
リビングデッドな価値観だ。
サクセスするトゥモローだ、
影響力はヒップホップになっていくのだろうか。
理想と、それらをチェンジさせる未来に、
会いに行きたいんだ。
それだけが希望なんだ。ねえ、ちゃんちゃらおかしいかな。
でもストイックなラブはコレクトされていく。
僕は僕の大好きなことをやめられないの。
大切なクォリティ、歳月は痛みを乗り越えて。
リズムを乗り越えて、まだまだ続き続けるハクナマタタは、
希望とチャンスを携えて。
明らかにはき違えてる運命を価値観にしながら。
究極的ロマンスが、ビーボーイの
今を伝えていく。
ドリーマーなチェンジとチャレンジだよ。
素敵だろう?素敵すぎるファンタスティックだろう?
永遠を笑われても、俺はこの道を突き進むよ。
ファイタースタイル、韻スパイラル。
イメージが超越して調節する未来にがっちゃんこしてコンニチハだ。
理解するための歴史がクォリティを運ぶなら、
魅力的なあの人にすら、
叩き潰されそうだよ。
奇妙なルーキーが、歌い出すように。
理解はファンタジーをなり上げて、
ライブハウスで歌い始める。
理解するためのドリーマーとチャンスを運ぶ。
リズムでチェケラーファンタジーを越えていくなら。
理解するためのファンタジスタすらも、
大切な言葉すらも、
影響力に変えてきた。
そのイメージがあるからこそ、そいつは強いんだよ。
果てしない戦いを乗り越えている。
それでもドリーマーを、栄光を、ワンダーランドを伝える為に、
希望的展開を移ろわせる為に。
リズムで、沈みだすチェケラッチョはファイターだ。
埋め合わせする展開が、
理想像が、埋め合わせする未来像が、
愛しき未来を愛し続けてくれるんだ。
ロマンチックなファンタジーを越えてきてくれているんだ。
ハーモニーは調節してくれている。
あいつは喜んでいたよ。
なぜか分からないがひどく愛しかったんだ。
ドリーマー、着実にファイター、
らくらくパーティを埋め合わせする天才を呼びこんでいく。
大切な言葉と、ことわざ。
素敵なファイナルアンサーが、呟き続けるなら。
希望的観測がうろつく。
ぐらつく。果てしなく、興味を示すように。
活動する世界観に、歪な展開を笑うように。
究極的ミステリーは、
そのちょうどをイメージして、
ラブリーなコールで歌い出して果てしなくなっていく。
ロマンスはチェンジされているんだ、
新しい空間が欲しい。新しい理想が欲しい。
それでも、流れ込む涙の海に、
大切なルーキーを生み出す声の高らかさに、
メッセージは、鬱陶しいほどの
希望を携えて。
理解はドリーマーを、究極的に運ばせるから。
運命を抱いて、それでも涙をためて睨む。
果てしなく究極的な、
ロマンチックが走り出しそうな、
あの空間はどこへ行ってしまったんだい?
究極的ロマンスは、
愛しさだけが白熱していく。
ロマンチックな勢いは、
それらを閉じ込めるように。
理想的展開が新しさを連れてきてくれる。
ロマンスがファンタジーを、それでも記憶したかったから。
僕の細胞の一つ一つに、君の思い出を焼きつけたかったから。
リズムは共鳴していったんだ。
さらばと語られることなかれ。
何よりも愛しいラブリーを、
チェンジしていく僕の理性すら、
今回だけは止まれそうにないのさ。
リズミカルにファンタジーに、
歴史を越えていくリズムになれないのなら。
理解するためのファンタジスタが、協力的に、
未開の地へと歩くように。
理解するファイター、
歴史と究極。
ロマンロックで歌い出すから、
ファンタジーを乗り越えていきたいんだ。
ロマンチックな勢いで、
大切にしているフューチャーがあるなら。
リズムでチェケラッチョなファンタジスタ、
影響力、飛ばしまくる栄光を、
憎たらしいリズムを、共鳴する狂気を、
ダンスタイム、メッセージにするべき運命を、
冷たい声の合唱を、
また一段階成長した俺の言語センスを。
ミラクルを卓越するように、奇妙さは味を乗せて、
ワールドを越えていく素敵さに代わっていくんだ。
理想的展開が理解を越えていくならば、
ファイティング、チョコレートだ。
差し出せる空間、リピートする運命だ。
価値観とメロディ、突っ走る快感だ。
それでも後悔は走り続ける。
ドリーマーなチャンス、あの子は泣いているよ。
涙を奪う、価値観を奪う、
果てしない距離をそれでも満たせるか。
理解のファンタジー、虚ろになった展開すら、
ユートピアをサクセス、昨日からの影響力にできるか?
究極的が虚ろに移ろいゆく。
理想的な展開と共に、偽りは競争していく。
ラブリーチェンジで愛おしく思ってくれる。
ラブアンドラバーズは、展開するミステリーを呼び寄せるように。
感動を連れてくるように、
理解する歴史をファイターにしてくれる。
ロマンチストがファイターを乗り越えるんだ。
究極的ロマンロックなんだ。
クォリティでダンスする未来が見たいんだ。
その先が見たいんだ。
希望的観測、宇宙すら見せてくれるのか?
最果てのドリーマー、
チャンスをビリーブしているよ。
狂気が運ぶメッセージ、
残念、ちょっとだけずれたな。
全く、恐ろしいものだよ。
究極的にな。
素敵なファイナルアンサーだよ。
孤独な世界観だ。
リピートする運命が、伝え続けている。
ドリーマーなチャンスを、動き出させるように。
空虚な空洞に、
イメージを突き合わせるように。
理解するためのフューチャーとドリーマー。
影響力が、永久に差し出せる。
空間とビリーバーとは、
リズムがチェケラーファンタジーを、
クォリティでダンスする未来を狂熱に変えている。
ドリーマーなチャンスとチャレンジが、
希望的にサクセスする究明と、
炸裂するブルースの興味を示し続ける。
リピートモンスター、
追従するミラクルを呼び起こし続ける。
正しい世界観、
越えていくミュージック、
ラブリーメッセージ、
理解するドリーマー、
影響力とヒップホップに、
こめかみ、ステッキに素敵だ。
リズムがチェケラッチョに、
イメージが助けられる運命を現していく。
ドリーマーとチェンジしているミステリー、
共鳴しているファンタジーすら、
影響力とヒップホップ。
悲しいリズムを共鳴させていく。
ロマンチストと影響力、
ヒップホップでこめかみを揉む。
理解力とファンタジー、
クォリティと異次元、突破するファンタジスタ、
永遠が共鳴する痛々しさか。
それでも空中、歴史的ファンタジーにすら、
偽りにすら、展開していく旋回していく
ドリーマーな勢いと、ファンタジー、クォリティと異次元突破、
大切影響力、
正しいミラクルにエンジョイパーティ、
大切なミラクルエンジョイパーティに、
ロックンロールならばファンタジーだ。
クォリティが異次元を見せている。
それでもドラマを見せたいか。
究極的なファンタジーが越えていくのか。
リズムがチェケラーしている
ドラマとチェケラーとは、
エネルギーが突破するミステリーとは。
興味のサクセス、意味がファンタジスタ、
大切と希望はワンダーランド。
密接な努力にファイターも唖然。
大切な言葉と、ミュージック、虚ろな展開にさせていくのだろうか。
理屈でファンタジーが、
だって人間は馬鹿すぎる。
価値観揺らすメッセージが欲しいんだろう?
俺にどうやって言葉で対抗するんだ。
興味が炸裂するならば、
メッセージすらクォリティにさせられてしまうだろうよ。
究極なるファンタジーで、埋め合わせする天才が息を巻いているんだ。
究極的ファンタジーが、クォリティで
一途になっているファイターが、
失うことすら恐れながら、
ミラクルな超越性を抱きしめているんだ。
ドリーマーなチャンスが追いかけるリピートがある。
ファイナルアンサーが呟く世界観があるのさ。
リビングデッド、
それはあくまで表向きの目標だ。
裏はもっと深い。
闇の深さは限りない。
全てを操る記憶にすら、
ファイターにすら、九十九里浜で
栄光を見つけるしか見えないんだろう?
興味がサクセスさせている気がする。
リピートしているモンスターに、
ラブリーアタックが調節してくれるなら。
ドリーマーなチャンスを浴びせるなら、
その空間、歴史、ファンタジーすらクォリティにさせながら。
究極的ロマンスで、痛い程の究極を教えてあげよう。
リズムが強制的に共鳴するなら、
言葉の力、永遠を愛しく思う力強さだ。
半端ないリピートと、
共にあるのはクォリティだから。
理解するためのフューチャーが、
アイランドが、大切さをドリーマーにさせてくれるんだ。
興味が炸裂するなら、
運命的に笑うなら。
究極的モンスターにすら、
偽りにすら、抵抗にすらも。
ファイティングチョコレート、埋め合わせする伝説が、
痛い程未来に突き刺さる。
ファンキーなロンリー、
それのみでは生きていけない弱い個体だ。
僕たちは弱い生き物なんだ。
空中庭園、
バビロン、サクセスする為の空中要塞だ。
メッセージが改まるなら、
空間的メッセージ、クォリティで異次元を突破するなら、
ファイターたちはエンドレスに求めてくれるのか?
リピートメッセージより、
やらなきゃいけないことがあるだろう?
究極的とも言えるマスターオブモンスター。
リピートする為のアンサー、
希望的解釈が移ろいゆくなら、
希望的観測すら泣きわめく未来に、
大切な努力、メッセージでクォリティを結ばせる。
大好きな展開の力が、
それらすべてを閉じ込めるように、
空間的理想を追求するように、
新しさと共に展開されていく。
ロマンチックなファイター、絡むとマジで面倒くせえ。
それでも答えを合わせておくれ。
涙目を凝らして遅れ。
響く、鐘の音のような・・
甘い甘いキャンディのような。
果てしなさの向こうに笑い出す君がいた。
真っ暗闇で一人ぼっちで震えてる僕がいた。
ドア叩く音がして、気づいたら君がいた。
いつの日だけっか、君は言ったね。
「お前を泣かせはしない」
僕の肩を抱いてくれた。
君は強く、優しく、
大切さ、終わりのこない大切さと出会いたい。
魅力はメッセージとマッサージにしてしまいたい。
リズムがこの光景を笑い出す。
展開力がファイターになるように。
全てが否定されるように。
ハーモニーは伝えだすから。
リズムがあっぷあっぷなパーティならば、
影響力、ヒップホップに成り果ててまで、
クォリティとしての伝説を受け入れてまで、
ストレートじゃねえな。
スマートじゃねえなあ。
愛しい侍、
琉球クリスマスだ。
大胆不敵に行動することが意味であるなら、
クォリティと共にダンスする俺の今の意味ですらも。
活動していく天才に成り果てて、
それでも希望を失っていくというのなら。
歴史的ファンタジー、
理解をしたいよ。
ひたむきに、下向きに、
リベラルカードを裏返し、
希望的観測はまた宇宙を夢見ていく。
ドリーマーなチャンスが蔓延っているんだ。
正しいミュージックを、イデオロギーを、
突っ走ってなお極め続ける理解を。
大胆不敵な意味とチェケラッチョ、
歌い出すハーモニーは伝え始める。
苦慮する意味を、越えてなお飛び交う嘘を。
理解するドリーマーを、描いた夢を。
リピートするエンジョイパーティが損なわれているなら、
そこに究極が実在しているなら。
理解するためのファンタジスタ、
栄光を永劫に見果てぬ夢を見る為の自暴自棄だ。
究極的ロマンス、フライアウェイするダンスカーニバルだ。
埋め合わせする天才だ、神の落書きだ。
ロマンがロックンロールになるなら、
そして希望が開かれるなら。
ループするルービックが嘘なら。
抵抗、それすら焦らせるリミットを。
行動力、それらが生み出すケセラセラを、
ワンダーランドな共鳴を、
ファンタスティックな事実を、
行動で示すことができるかっていう。
半端ない理想と、超越する魂とは。
リズムが共鳴していく。
ロマンチックなファイターを、
失うことさえ許されない希望を。
ワンダーランドを、伝えて間もない希望と解釈を。
理解するためのフューチャー?
アンドロイドな素敵なファンタジーがうなぎのぼりだ。
大好きな展開をよろしくやっといてくれ。
リズムが炸裂するなら、
愛おしさすらミュージックに奪い取られるなら、
この空中に浮いている僕の爆笑さえ、
ただならぬ世界を描いてみたくなっただろう?
究極的ロマンスで、ファンタジスタを
栄光的に、ラブリー的に、
ミュージックファイヤーマシンガンだから。
影響力はヒップホッパーだから。
影響力、飛ばす力を、
失う力を、飛ばす実力を。
理屈じゃねえんだ、
希望なんだよ。
炸裂するミュージックが、
希望が、それらが生み出すワンダーランドですらも。
記憶がミュージックになる流浪なら、
理想的にラブリーチェンジになってしまうんだ。
それのみでは空間にできないんだ。
埋め合わせする天才は、偽りの炎を抱きしめるように。
希望的解釈は、移ろいゆくように。
ロマンスがどーまんせーまんしているとしても、
知っても、ロックンローラーは形を呼び込むことをやめない。
なぜならば、届くならば、
希望を咲かせたい。
リズムを越えさせたいんだ。
究極的ロマンスを、歴史的ミュージックを、
リライトしてなおも突き抜ける偉人たちを。
ファイター、影響力、ヒップホップな可能性だ。
美貌がチェケラーしてくれるなら、
その希望に思えていた事実ですらも、
活動する最中にいるルーキーすらも、
影響力すらも、ヒップホップにさせながら。
歴史的ドリーム、
ミュージックが偽る天才ならば。
クォリティとファンタジスタ、
大好きな展開が酔い続ける。
ファイトスタイルがジャッジメントだ。
ミュージックと、それを通しての
メッセンジャーな価値観を越えていきたい。
ドリーマーなチャンスは逆らうが、
それでも退屈さをイデオロギーにしない為に。
究極的にはファンタジーなんだ。
空間が理想を突き抜けていっているから。
ドリーマーなチャンスを追いかけてくれているから。
理解するなら、その理解者、
道徳を越えていくリズムにすら、
虚無が押し寄せるイメージで。
太鼓判、終わりなき物語。
君が感じている鬱々としている
ラッキーフェスティバルにすら、
価値観にすら、ファイターにすら、
影響力をヒップホップにさせながら、
埋め合わせする伝説すら存在するなら、
空間的ラブリーに、挑戦的にラブリーに健康体だ。
大切、ビリーバー、着実なファイターにさせる為に。
理屈は失い、希望でワンダーランドは溶かされる。
その火の粉で上がった炎で、
泣く泣く僕ら暖を取ったんだ。
リズムがレスキューならば、
その希望に託せる最高が存在するならば。
理解力がまた果てしなさを追憶の陰で放ち続けている。
ロマンチックが歌い出すファンキーを狼煙をあげるなら、
リズムでチェケラーすること自体がファンタジスタの影響ならば、
クォリティで埋め合わせする天才すら、
価値観としてのミュージックに移ろいゆく果てしなさと
なってしまわないか?
それのみでは戦えないというコンプレックスだよ。
価値がブルースならばなおさらだ。
でもそんなこと言われても、何をすればいいのか
皆目見当がつかないのだよ。
ビリーバー達は呆れだしているのだろうか。
それでもつじつま合わせに東奔西走している、
僕たちを女神はどうやって祝福するのだろう。
極めて愉快で痛快だ。
そのリズムを生み出したのは誰だ。
零れ落ちる笑い声を出したのは誰だ。
踊れないのはだーれだ。
半端ないリアルと、混合させるダブルスならば、
希望的解釈、
意味不明なワンダーランドにすら、
聴こえてくるメロディに突っ走らせるんだ。
空間的ワンダーランドが、
理解させるから。
ロマンロックな歌い出しから、
影響力がヒップホップファイターに、
逃げ出す空間は理解を灯しだすように。
いつでも会える。希望に合える。
大好きな展開はまた計り知れない闇を背負い、
リズムは究極で愛おしくなっていく。
理解するためのキャパシティ、
運命がただただ僕に襲い掛かるのさ。
希望的ワンダーランドなんだ。
空中に浮いている歴史なんて、
どうでもよくなるくらいに。
希望的観測を宇宙にしてしまいたかったんだ。
その炎で上がった火の粉で、泣く泣く僕ら暖を取ったんだ。
希望的解釈をしたいか。
ドリーマーはファイターを生み出したか?
ビリーバーなチャンスはそれでも勢いを残し続けていく。
ロマンチストは動き出していくから、
理想的チェンジを、サスペンス、影響力を
ぶっ飛ばす栄光と、
大切さとビリーバー、
チャンスで影響力をヒップホップにさせたいなら、
運命すら感じてしまうさ。
ビリーバーなチャンス、
ファイトスタイルでエンジョイパーティになっていくなら、
理想的展開、天才的ドラマ、
ファンタジスタな栄光を、見つけてなお余りある素敵さに、
ドリーマーなチャンスに、
影響力、ヒップホップなコミュニティ、
全てに対応できる理解者は、
道徳を守り続けるように。
本当に手を焼いているようだった。
奇妙なファンタジーが乗り上げるなら。
空間的ビリーバーで、チャンスを運び続ける。
理想的展開を、笑うように。
興味、サクセスウェンズデー。
大好きだからこそトゥモローに会いに来たんだ。
理想的チェンジ、サクセスするトゥモローだ。
希望的解釈は必ず転がってくる。
一瞬の勝利よりも、素敵なファンタジーを、
埋め合わせする天才にすらなってしまうのは、
希望、ミュージックに流浪なファンタジー、
大好きな展開で、サクセストゥモロー、
影響力とミュージック、
ファイターで歴史、トークバックしていくメッセージだ。
クォリティと共にうつろいゆく伝説を、
価値観と共に止まらない理解者になっていこう理想を、
天才的なドリームで打ち明けたい。
ドリーマーなチャンスを運び続けたい。
その言葉の世界、リアルなフィット。
ロックンロールなビジネスを、オーケーする為に。
希望的解釈でむかつく奴らを一網打尽なのさ。
さあ一列にならべ。
酔ってらっしゃい聞いてらっしゃい
街にまった今日は学芸会。
リズムでチェケラー少年Dのセリフは一言「おやすみなさい」
僕がいないと僕の物語は始まらないんだよ。
僕がいないと意味がないんだよ。
理解するフューチャー、
それらに意味を名付けていく。
希望はワンダーランドを捨てながら、
それでもクォリティを見せつけるようにして、
希望はワンダーランドを失うことを躊躇っていく。
理想的展開を、天才を、
躍らせるように。
究極的ロマンチックに、ベイビーが
炸裂されるように。
大好きな展開だ。さえずりのような歌声だ。
ラスベガス、メッセージをクォリティで埋め合わせしたい。
ロマンチックなファイターに、器を取り戻し呆れだす。
究極的リアルは、
システムを越えて、なおもリアルを投げかけて、
ドリーマーなチャンスを運び出していく。
あの人も思い悩む意味を抱えているんだろうか。
壊れちゃえばいいって、分かる、分かるよ。
それでも希望を捨てきれない君の気持ちも。
大好きな展開、ミステリーに興味がある。
素敵なファンタジーを失わない為に。
記憶は流浪に、影響力にする為に。
六本木、ひらるロンさん的イメージ。
ダメージすら共鳴していく。
ロマンスが大切にしてきた未来がうろついてくる。
合格を告げる声は高らかに、
メッセンジャーな価値観を追いかけるひたすらは戻るように、
希望的ワンダーランドを炸裂させるように、
理解者、そのドリーマー、
栄光を見つめるその矛先ですら、
価値観ですらも、ファイティングですらも、
影響力、ぶっ飛ぶファイターだ。
失われようが、好き勝手されようが、
イメージは解き放っていくだろう?
興味がないからこそ笑いたいのさ。
クォリティでダンスするイメージだ。
大切なフューチャー、アイランドを見つめたいんだ。
希望的解釈、
メッセージが行動する、
リズムとしてのチェケラーファイター。
イメージがチェケラーしていくドリーマーとは、
チャンスでビリーバーになっていくから。
どれだけ計り知れない何かを持っているのか分からなかったが、
騙せなかったが、何度でも繰り返すそのスタイルに、
憎たらしいほどのラブリーを抱え込んだ今という瞬間はどうだい?
ミラクルが挑戦してくれるなら、
その希望が止まらないのであれば。
素敵なファンタジー、僕はただ愛を歌うよ。
理想的展開だ。サクセスの次のトゥモローだ。
僕は僕にできることをやるだけだ。
底知れないほど優しくて、
ビリーバーなチャンス。
理解を、したいよ。
刻み付けるワンダーランドは、
ミステリーを興味にしながら、
それでも戦い続けるんだとさ。
リズムで共鳴するだけの力は持ち合わせていないよ。
だけど言っておきたいことがあるんだ。
究極的ロマンス、踊るようなメッセージがあったとしても、
一秒間の未来があったとしても、
クォリティがワンダーランドを目指したとしても、
クォリティで道を運ぶラブリーが、
チェンジさせるリライトに、
メッセージをクォリティとして受け入れたとしても、
理解、ファンタジーにすら、虚ろな展開にさせられようと、
イメージが調節して超越。
楽しさがミュージックを駆け抜けていく。
ロマンチックなファンタジーが、
それでもクォリティを泣き叫んでいるんだね。
理解できるよ。フューチャーラブなクイーン。
大好きだからこそ展開させたいよ。
君の名前を呼びたくないよ。
白熱するリアルフュージョン。
価値観とメロディが突っ走るなら、
その価値観、未来に照らし出す。
空虚な空間が映し出してくれる。
ハーモニーは歌い出すのさ。
その謙虚さに、痛い程の素晴らしさを感じつつも、
リアルフューチャー、
価値観で、メッセージで愛おしさをつなげたい。
希望的ワンダーランドを差し出したいんだ。
究極的ロマンスで、恥ずかしいベイビーになってしまう希望だ。
そのワンダーランドに、炸裂、サクセスする為の希望か?
自暴自棄的恋愛トークだよ。
興味がないのです。
適当なフューチャーなのです。
クォリティでダンスしていくメッセージにしたいのか?
ファンキーな路頭に迷っている。
大切なビリーバー、チャンスで理解をしている。
フューチャーラブなクイーン、
価値観とビリーバー、
大切なドリーマーを
影響力を、ヒップホップを、その嘆きを、可能性を。
溢れ出す思いの受け皿が必要なんだ。
ピッタリな世界をまだ願い続けてる。
ばかだよなあ。馬鹿馬鹿しいよなあ。
でもたまらないんだ。温まらないんだ。
どれだけ国語の意味を問われても。
卑屈なメッセージに統率力すら失われようが、
大切さ、だからこそのドリーマー、
着実なファイナルアンサー?
理解できるからこそ空虚なんだ。
ドリーマーはチャンスを運ぶだろうか。
その醜い思いに、
大切さはビリーバーを、チャンスをプレゼントしてくれるのか?
ファイトスタイルがジャッジメントでも、
そこに投げかける意味不明が行動を起こすとしても。
理屈じゃないからこそ、耐えがたい。
メッセージを追いかけるのだろうか。
希望はワンダーランドを、ミステリーを興味を示すだろうか。
リピートするダンサー、クォリティ、異常気象だ。
炸裂するビジネスがオーケーオーライを見せつけている。
ドリーマーなチャンスを追いかけたい。
それでも希望的観測を続けたい。
理想的展開を、展望を、
サクセスさせる為に、
あなたに理解をさせる為に、
リアルにフィットするイメージで、
共鳴するダンサーを、伝え始めるクォリティを、
驚かせるような希望で、
ファンタジーは貫いていくんだ。
理解ができるかい?
共鳴、ファンタジスタの真っただ中で。