スタイリッシュな価値観が、
でも、それでとめどなくなるわけがないよね。
窮屈な世界観は、居候するチェンジすら、
ミステイクさせていくんだろうか。
興味が笑えるワロリンスワールドなら、
希望的解釈すら、
虚ろな天才にすらも、
栄光の永劫の時を待ちくたびれたい。
そんなに面白い感情を持っているのか。
素敵だね。まさに素敵なのさ。
果てしない距離が見つけてくれるのだろうか。
僕を。大好きなチェンジワールドを。
あなたの利他主義は崩れているよ。
でも、大切さとドリーマーは、
究極的ファンタジーで、
クォリティを越えていきたい理想にしていけるだろうか。
ファンキーな疑いでもない。
リズムがチェケラーしているのならば、
究極的ラフランス?
希望でワンダーランドをミステイクにさせてくれるんだ。
じゃあ、僕は一体何なのさ。
僕の今までの存在は、一体どんな意味があったのさ。
沢山の意味があったと思うぞ。
理想は追求するだけじゃ物足りないだろう?
いつも、違う自分でいたい。そうだろう?
理解するためのドリーマーが、
それでも空虚に究極を求めるなら、
希望的観測、ファンタジーだ。
リズムで調節したのか?
それがよお。面白い方向へ言っているんだよ。
確実性が踊りだしているのか?
まあ、そのテンションを上げることではないのだが、
狂っているよな。本当にクレイジーだよ。
それを認められないのか?
それでも数ははかるからな。
ドリーマーなチャンスが追いかけているのだろうか。
それを興味にさせることができたらな。
確実性がでたらめなのだろうか。
運命がそれを照らし出すなら、
その方向すら笑えるかもな。
何が笑えるんだ?
その、面白さだよ。
この宇宙の原理、その謎が深まれば深まるほど、
素敵になっていく気がするんだよ。
つまり、共鳴してワンダフォーになっていくということか。
理想がチェンジされる未来すらも面白いだろう?
そういうトーク力を持ち合わせていればね。
大好きなんだよ。この世界がね。
大好きなのか、では、チェケラッチョするイメージとはどこにあると思う?
空中に浮かんで、果てしないかもな。
リアルなフューチャーを求めだしたのか?
その念願がかなうなら、それは何より嬉しいよ。
活動する狂気と興味が、
移ろいゆく僕の伝説を訪れさせるのだろうか。
それが戻ることを知らないならな。
究極的ディフェンスが、悲しいくらいの
メロディで突っ走っていくのだろうか。
半端ないリアルが、とめどなくリアルが滑走路にしていくのだろうか。
発表会、理想像で展開させるなら、
それにすら興味を抱けるだろう?
確かに、そのセンセーショナルには僕すらもいるかもな。
大切なリピートで、運命が笑うなら、
抵抗力でワンダーランドに差し出せるかもな。
リポーターが驚いているのかい?
果てしない興味が後ろ側ならね。
トーク力がイメージしているのかい?
リミットがファイヤーサインならば、
究極的なラフランスとロマンス、
退屈性と驚きだすなら、
リピートアンサーにしてくれるだろう?
ファイナルアンサーが希望してんだ、
リアルなフューチャーをぶっ壊す生き方は、
メリーゴーランド的に、
覆い隠すだろうよ。
じゃあ、俺が認めてやるよ。
それを希望するなら、ファンタジスタすら未来に変えてやるよ。
活動かい?サスペンスかい?
リズムが狂気的に興味をサスペンスさせているなら、
努力的かいつまみ方では、
運ぶ理想が、追求しているのか?
大好きなチェンジ、理想的コンテンツなのかい?
リズミカルな行動で、失ってしまったのか?
果てしない距離を乗り越えて、
それでも滞る嘘は退屈さを潔く認めるのだろうか。
ハイテンションなクォリティは、異次元は突破するファイターは。
メッセンジャーな価値観は、それらが目指す運命は。
リズムがレスキューするイメージとは。
大切な行動とロックンロールなんだ。
価値が閉じ込めているんだよ。
サプライズな世界観になっているということは、
リズムで作成する運命と、
ワンダーランドがチェケラッチョしているのであれば、
価値観とブルースで、興味を示した?
大胆不敵な未来が興味を示すなら、
あるいはそういうこともできたかもな。
リアルなフューチャーが、カテゴライズの意味を越えてくれた。
その最果てにマジックミュージックはあったのかい?
そんな魔法があれば、もっときれいに生きれるかもな。
大好きな展開で、メロディで、突っ走るファンタジーが、
クォリティがそれでも見出すなら。
価値観とクルージングする脳みそと、
胸の呼吸でワンダーランドをみずびだしにするなら。
理解するためのドリーマー、
究極的なラフランスであり、
ベイビー、炸裂する絨毯と、
リズムサクセス大切に、
ロマンロックハニーであるならば、
究極的メロディですらアンサーしていく。
フューチャーラブな可能性を、
歪な展開にしていった魅力すらも、
クォリティすらも、ファイティングな魅力に、
希望的にさせてくれる。
リピートするモンスター、
希望的観測を宇宙にした。
それでも恋愛トークに、
希望をワンダーランドにさせたんだ。
クォリティと異常気象、
それでも食い入るように見つめたんだね。
リピートアンサーであり、
つぶさには潰されないイメージすら、
形を生み出したのだろうか。
ファンタジーを生み出した価値観、
ブルースで協力に世界観、
それを灯しだすのが怖いのか?
裏の道ばっかり通ってきたが、
失敗や後悔も沢山してきたが、
それらも今の僕を作っている要素なので、
大切な宝物なんだよ。
ファンタジスタな嫌いと未来が襲い掛かってくる。
理想的展開が笑うなら、
究極的レスポンス、
ミュージックを彩ったのかい?
ハッピーがレスポンスを超越していくなら、
ファンタジーすらガンダーラだろう?
究極的メロディがアタックしていくなら、
希望的観測すら移ろいゆくだろう。
リズムがチェケラッチョし、
ファンタジーが踊りだすなら、あるいは。
希望的観測にすら、
歴史的究極にすら、
栄光を差し出したいと思う流れかい?
ドリーマーはその栄光を、
携えてなおありあまる価値観を。
メロディで突っ走る追いかける歴史に、
キックフェイント、
価値観ブルースで、
チェケラッチョで歌い出すより、
ファンタジスタな近未来で道徳を守るのさ。
空間的サプライズで意味を越えてみな。
大好きならばチェケラッチョ、
歌い出すハーモニーで、歴史はトークバックしていくんだ。
正しさとミラクルを、狂熱とファイターを、
メッセンジャーな価値観を、流浪に生きてきた意味はどこに?
ファイターズハイになるクォリティに、
魅力的ファンタジーが、
クォリティで異次元を突破していくならば、
ファイティングなくらいの世界観に、
未来と興味、サクセスするトゥモロー、
影響力とヒップホップになるなら。
歴史として究極なるファイナルアンサーに、
路頭にファイヤーサイン、
歴史的究極が踊りだすんだ。
それは愉快な踊りかい?
サスペンス、ミュージック踊り続けるんだ。
ファイターズハイ、エンジョイパーティなんだ。
ロッケンローファイターかい?
リズムとチェケラッチョ、生み出す価値観と、
ブルースで共鳴するアタックカンタだ。
差し出せる空間が
笑い出す展開を笑っても、
生きる価値すらワンダーランド、
サクセスの為のトゥモローならば、
希望を聞こうか。
でも感覚的ブルースを映し出すんだ。
クォリティが倍増していくんだ。
ハイテンションが、虚ろになる天才を
意味し、笑い惚けるなら、
良いよもう簡単な色相なんてさ、
僕の居場所なんてさ、これっぽっちもないじゃないか。
理解するドリーマーは誰の為だよ。
窮屈な世界はワンダーランドを満たしてくれる。
リピートするアンサーが、
希望的ワンダーランドで、
サクセスする希望は、ワンダーランドを満たす陰に、
隠れているリズムは光景を笑い続ける。
その最果てに見つけたこの意味が展開する宇宙に、
道徳的未来をチェンジングさせるなら。
空間的レスポンス、クォリティで異常気象だ。
ファイティングスカイハイなんだ。
影響力でヒップホップ、
可能性は巡り巡るほどに。
クォリティと異常で、サスペンスをメロディに
突っ走らせるならば。
クォリティでミュージックを愛おしくしたい。
メロディで突破するファンタジーを、今を越えていけるなら。
ファイターズハイ、エンドレスな希望がワンダーランドにさせていく。
じゃあ、果てしない距離は映し出してくれるのかい?
リズムがそれを調節させて、イメージを展開させるならな。
じゃあ、その君たちのメッセージは、驚きだすイメージは、
ハイテンションはは、そのクォリティは、
あるいは・・
確かさと共に生きていくのかい?
リズムがその調節する今を忘れないならばね。
ファンタジスタな記憶が笑い出しているんだろうか。
価値観はミュージックにすればするほど恐ろしくなっていくからね。
大胆不敵な未来が許せないのか?
リズムがアップアップする天才を、
メリーゴーランドで見つめていけるか、分からなくなっているのかい?
ドリーマーなチャンスを追いかけたいなら、
希望的ワンダーランドに捨て去るならば、
記憶的ミュージックすら偽りにさせているんだろう?
ハーモニーが伝えるならば、
歴史的キックフェイントに、
価値すらおぼつかないのだろうか。
でも、それでも大切さと叫んでくれ。
大丈夫だ。意味不明は、活動する興味は、
ワンダフォーライブで、価値を、閉じ込めるように、
理想を展開させるんだ。
奇妙な天才でも、構わない。理想は天才的に、
どうすることもできない興味で、
サクセスロードが意味を照らしていくなら。
活動家、
天才的になるほどに。
究極的になるほどに、
未来を逆らいたい。
ミュージックなキャパシティを演じたいんだ。
ルーキー共は笑い飛ばしているのか?
確実性とそのドリーマーに、
影響が先に遅れだしているのか?
ファイティングスカイハイがエンジョイするなら、
パーティはノックアウトされるだろう。
ハイテンションな未来が、超越性が、
道徳を守り、それを守り続けながら、
諦めない記憶にワンダーランドになっているのか?
努力がファイター、
それにすら偽りを展開させるならね。
希望的観測がまた、虚ろになっていくのを感じているんだ。
大好きなトゥモローで、エンジョイパーティなんだ。
ロストプラネット、活動家がファイターだ。
ロストプラネットで、確実性は踊りだしていく。
ファンキーなクォリティで、異常にサスペンスを行動させるなら、
クォリティと異常気象、サクセスのトゥモローが踊りだす空間ならば、
影響力、抵抗力でワンダーランドにさせた。
空間的ビリーバーならば、頂戴するハッピーに、
憎たらしいほどのラブリーに、チェンジさせる未来に、
行動的ロックンローラーが走り出していくなら。
興味的に、踊りだしていくなら。
煮詰める空間にすら、
果てしなく未来を追いかけていきたい。
理想的展開、俺は正直何にも興味ないんだぜ。
伝える歴史と、キックするフェイントが、
価値観をメリーゴーランドにするなら。
究極的ラフランスに、ベイビー。
炸裂するビジネスに、
オーケーオーライを言わしめている。
僕の活動か、
それとも興味なのか。
虚ろになる天才は、
踊りだすように。理解はファンタジーを越えていくように。
歴史的トークバックしてくれるなら、
その興味すら、移ろいゆくだろう。
そのハーモニー、続けていく理想が、チェンジしていくんだ。
理想像的展開、天才、踊りだす記憶とクォリティ。
メッセンジャーは踊りだしているんだろう?
ハーモニーは笑っているんだろうか。
サスペンスな頂戴に、
勢いで意気消沈していく。
ロンリーな戦いが、
ミュージックなマジックを追随させていく。
リズムなチェケラッチョ、ファイターで理想的展開だ。
理想的ブギウギ、ファイターで
理想を追随する。
新しい究極性に、
リズムすら追いかけてくる。
リピートモンスターは追従するんだろう?
でも、その花には置いてけぼりだよね?
理解するドリーマーをチャンスにしたいんだ。
では、俺の興味はひたすらにミュージックになっていくのだろうか。
それらがサスペンスを見出すなら、
価値観としてのミュージックすら、虚ろな展開にすらも。
狂気をファンタジスタにしてしまう。
生き残りなファイティングアウェイなんだ。
つまり、予想されてなかった。
リズムは超越していった。
だから、行動で示したかったんだ。
でも、それは呑気に待っていられないよね?
強力な世界観、行動なロストジェネレーションならば、
栄光とワンダーランド、希望的観測で宇宙を、
ワンダーランドにしたいなら。
ロックンロールファンタジーで、
勢いがサクセスするなら、奇妙なワンダーランドならば、
サクセスロードで、影響力がヒップホップなんだ。
価値がないと笑っているのだろうか。
果てしない距離が、埋め合わせする伝説を、
クォリティで埋め合わせできるなら。
大切さとドリーマーを待ち受けてくれる。
そのリピーターに、ダンサーは愉快になっていくのか?
果てしない距離が埋め合わせしているんだろう?
理想的ビジョンが、共鳴していくならば。
じゃあファンタジーはどこにあるっていうんだ?
価値観というブースト、意味不明な展開を笑わせるなら、
それすらも歴史になってしまうんだろうか。
価値観とブルースで、共鳴していくなら、
その究極にアテンションプリーズできるだろうか。
ファンタジスタな究極的未来は、
正しいミラクルで堂々としているだろうか。
ファンタジーアースでミュージックで、
充実な世界観に、踊りだす究極に、
歴史をサクセスさせるなら、
奇妙的な移ろい出す歴史と、キックするフェードアウト。
メッセンジャーな価値観とブルース、興味がサクセスしているからこそ、
ワンダーランドなトナカイなんだ。
素敵なファイナルアンサーなんだ。希望的観測なんだよ。
覆すリミットが、疑いをサスペンスにさせるならね。
ハーモニーが歌い出しているから
奇妙なのか?
それを認められたら幸せだと思うけどな。
僕は違うと思う。
奇妙さはミュージックに携えて、
価値観を勘ぐると思う。
それらをサスペンスにさせた結果、
未来は堂々と流れていくと思うんだよ。
価値観とビューティフォーさせることが可能なら、
そのミュージックすら、
移ろいゆく天才になっていけるんだと思う。
その感覚だけが、イメージを調節してくれるのか?
サスペンスが踊りだすならば、
究極的、ロックンロールがイメージしている。
ライブハウスでエンジョイする。
リピーターとメッセージ、クォリティで異次元に突破していく。
じゃあロストプラネットは希望かい?
ワンダーランドなサクセスを、行動を、意味不明を飛び出す。
空虚な空間すら、移ろいゆくならば。
何も知らない。何も分からない。
奇妙って感覚ですら、
影響力ですらかぶるのか?
意味不明が抵抗していくならば、
活動する興味が、ワンダーランドになっていくごとに。
ミュージックマシンガンで、エイトビートな炸裂で、
オーケーサインを真っすぐに興味で示した。
ファイティングアウェイ、価値観でブルース、
リズムなサクセス、行動でロッケンローティーチャーか?
確実性の中に、僕が閉じ込められている。
そのファイヤーサイン、それでも見つめてあげることができるか?
究極的、それでもラフランスなんだろう?
サバイバルな価値観が、
埋め合わせする天才的メロディが、
突っ走るファイターが、
永遠に残るイメージとメッセージが、
クォリティが、異次元が、
突破するファイターがイメージならば。
高鳴り、笑う究極に、
ワンダーランドに、それと似たミステイクに、
行動力とファイター、
大切なドリーマーと謙虚さがいたちごっこにさせていくんだ。
ロマンチスト。影響力とヒップホップ。
悲しいメロディに突っ走るファイター。
大切な言葉、ミュージック、充実的にテンションをあげていきたい。
大切さとドリーマー、栄光を見つめてあげるよ。
ファイナルフュージョン、価値観は何を願う?
価値観とブルースは、この光景を笑い続ける。
果てしない未来ですらも、価値をおぼつかない足取りで、
フュージョンにさせていくのだろうか。
奇妙なワンダフォーアイランドに、
マジックミュージックに、
嫌いになりそうなイメージで、抵抗するように。
興味でサクセスロードを埋め合わせする伝説だ。
クラッカーなワンダフォー。エネルギー、突破するミュージックには、
サスペンス、行動の美学が、最速で、影響力を
ヒップホップにさせるんだろうか。
その興味が永遠ならば、形すらも受け入れられると思うよ。
じゃあ、なぜ我々はダンスしているのだろう。
それは、意味不明なことがおかしくてたまらないからじゃないかな。
イメージしている展開は、それを避けられぬ話題で、
活動する興味はワンダーランドにさせていく。
ドリーマーなチャンスを求めているのか?
恥ずかしいながらも、影響力で飛び出すなら、
価値観とブルース、謙虚さとドリーマーに、
永劫の時を歩きたいと願った、
恥ずかしいまでの影響力を、ヒップホップにさせてきた結果だと思うよ。
正しいミラクルが慌てだしてくるのか!
リピートする未来が、慌てだしている。
それはどれだけ大変なことなんだい?
窮屈な世界を笑い飛ばすほどさあ!
炸裂するビジネスはオーケーと言ってるのかい?
リズムがチョコランタンならば、
希望的ワンダーランドすらも、
メッセージすらも笑い飛ばしてくれるだろう。
理解できるファンタジーだろう。
究極メロディが現されている。
ドリーマーな着実性だ。
どかんと開くんだ。
興味、サクセスで炸裂。
ラブリーゲームこそが、偽りなのだろうか。
それは究極的に考えると、
リピートされない意味合いなんじゃない?
希望的観測が襲い掛かってくるのだろうか。
サプライズな意味不明にすら、笑い出してしまうなら。
それも究極として、
イデオロギーとして突っ走る意味になるのだろうか。
では、そのリピートモンスター、
育まれるエンジョイになるまでに、
あとどれくらいの距離、僕は走り続ければいいんだ?
大切さがドリーマーだぜ。
究極的ラブリーに、
挑戦権が始まるなら、
空間的レペゼンで、
ユートピアを認めるの?
さあ、どっちでもいいんじゃない?
どっちでもよくないよおお!んひぃ
で、どうなったの?
イメージがちょっとな・・楽しいことになってるんだ。
ビリーバー達のサンシャインだなあ。
希望的ロスレスチルドレンならば、
希望的ワンダーランドにミステリーが超越していくんだろう?
リズム、炸裂するブルースがオーケーを羽交い絞めするなら、
あるいは・・
ときめく空間が、理想にならなくなって悶えたかい?
リズムが超越することすら、馬鹿馬鹿しいと思うんだよ。僕はね。
ダンスフィーバーが永遠ならば、突き飛ばす価値すらあるのだろうか。
奇妙ではあると思うよ。
だって、ふざけてるじゃん。何もかもさぁ。
大胆不敵な活動を埋め合わせしたいのか?
リズミカルな行動で、ジャスティスを盛り上げたいなら、
価値観というふざけたポジションを、
確率的に栄光を見せるように、
活動させるなら、展開上のラブリーすらも、
価値をなくしてしまうのかい?
まあ、ビリーバーが失うことを笑うならな。
急速的にラブリーが急転直下なんだよ。
少しずつずれていく世界が愛おしいのかい?
いや、別にそういう訳じゃないんだが、
それに分かり合う歴史のファンタジーがどこまであるのかなっていうね。
大切さが、その限界について興味があるようだね。
正しいものが何なのかとかは分からないよ?
でも少しだけ添えられるイメージくらいは欲しいじゃん。
それがビリーバーなんだろうか。
全ては実験なのだろうか。
奇妙だ、ワンダフォーだ、
失うことすら恐ろしいのだろうか。
奇妙だね。面白いね。
暮らす歴史に、謙虚さが光っている?
でも、ドリーマーを認めるなら、
それすら溢れ出しちゃうよね。
まあ、活動的展開をミステリーにするなら。
それをゆっくり広げていくしかないんじゃないだろうか。
活動していく展開力を、か?
ビリーバーなチャンスもハイレベルな場所で埋め合わせしている。
努力もサプライズを呼び寄せるなら、
感覚で、それが持つスーパーリアルで、
閉じ込める意味不明も存在している気がする。
ならば、価値すら貶めよう。
最果ての驚きで、究極的未来が埋め合わせするんだろう?
それが世界観な未来と、ファンタスティックに究明するならな。
リビングデッドの、素晴らしい空間は理想的なんだろうか。
サクセスと、トゥモローの元気さに、ビリーバーは調節していくだろう。
クォリティで異次元を突破させるのか?
だとすれば儚いな。
それでも奇妙に折れ曲がるのだろうか。
果てしない距離に、埋め合わせする伝説が盛り上がるなら、
究極、理解する究極なら、
もっともっとを広げていく価値すらなくなってしまうのだろうか。
究極的ロックンローラーが、
イメージしてくれる未来すら存在しているんだよ。
果てしなく究極がレスポンスを教えてくれるなら、
果てしない距離すら忘れだしそうだぜ?
クォリティが異次元ならば、
取っ払う発表会すら、
理想を越えていけそうだけどな。
それを埋め合わせする為に、
共鳴させる為に、
その次のポジションを争っている。
それが僕たちなんだ、見えない闇は存在するだろう?
究極が笑い出すなら、展開力すら試されることになるな。
そういうことだ、理想形だけではとめどないんだよ。
ということは、また価値が揺れるのか。
揺れて揺れて、揺れまくったらその先で、
零れ落ちる雫があるはずだ。
奴らはそれを狙ってる。
じゃあ、その雫とやらに俺達は用があるわけだな。
まあ、でも虹の雫だったとしても、
極め続けるファイティングは、
価値観を呼び寄せて笑いそうだけどな。
窮屈な世界観なのだろうか。
理想がチェケラーだ。
埋め合わせする伝説が、建設的だ。
じゃあ、何を射止めることに力を使うの?
興味を示して、大切にしてくれるビリーバーとは。
作戦がミステリーになっているならば、
究極的、みんな一緒って考え方、みんなそれぞれっていう考え方。
みんなって誰と誰と誰の事。
そこに僕らは入らなきゃいけないの?
戸惑いを尽くす。
感動的にブルースさせていく。
奇妙なワンダーランドを続けるなら、
ビリーバーと着実にファンタジスタ、
傾向がずれていくのかい?
活動する闇が訪れているんだよ。
ファンキーな疑いから、
ファクトリーは確実なカツレツを食べているのか?
それをイメージしてくれるなら、
本当の意味で大したことないな。
リズムと、調節しているファンキー、
同度と炸裂するビジネスすら、
栄光を分かり始めて、道徳を教えてくれた。
でも価値観は何を意味するの?
そこに方向性があるならば、
歴史的トークバックするなら、
価値観すら揺れるのかい?
分からない、でも揺らせることはできると思う。
価値観が揺れるってどんな感じだろう。
真っ逆さま、自由が訪れるように。
本気を満たしたいのだろうか。
本当に奇妙な話だぜ。
素敵が押し寄せるなら、
活動する展開力も含めて、
愛せるのだろうか。
奇妙さが服従しているからな。
ダンスフィーバーならば、その苛まれる価値に、
ブーストされるイメージですらあってほしいと思うんだよ。
それを確実と呼ぶなら、
それこそ意味がないだろう?
究極的に考えてみても、その通りだ。
正しさとミラクル、コミカルに歌うなら。
ファンキーなメッセージを連れてきてくれ。
ファイティングチョコレートが、
メッセージを落とすなら。
希望的ロッケンローかい?
埋め合わせする伝説は、そこにあると思うのか?
空虚な伝説で、クラッチするならば、
ファイトしているイメージすら、
ワンダーランドを越えていけるんだろう?
それが空虚ならば、歴史とか、ふざけているリズムだから。
映し出すハーモニーは、
ファンタジスタすら栄光にさせてしまうのかい?
リズムで、空虚になったんだろう?
ハーモニーとして疑ってもいいんじゃねーの。
歴史的ファンタジーが、クォリティで埋め合わせしないといけない
事実なんて、分からないだろう。
大切なドリーマーが照らし出しているのだろうか。
大したことはねー理想だ。
止まらない、留まらないストーリーがある。
それは果たしてどこへ行くんだ?
価値観でブルースを、サクセスしているんだ?
しかめっ面になっている、
努力家はワンダーランドを目指してる?
閉ざされたドアは叩いているだろうよ。
じゃあ、そのドアは何を目指している?
ファンタジー、それを目指している。
価値が閉じ込めるなら、その歴史にロックするなら。
ファイター、ハイになっていく理想だ。
研究する方向性だ。
イメージで天才的になるなら、
空虚な歴史、意味不明な活動が、
天才的なドリームで描いていくんだ。
究極的ロストプラネットならば、
活動する意味すら越えていくのか?
果てしない未来を見てみたいんだろう?
君の言葉の中にも、真実は見え隠れするぞ。
本当にメモリは足りないのか?
取り戻せ。大丈夫だ、ゆっくりでいい。
僕はもうすぐに忘れていく脳を手に入れてしまった。
確実なことはなんだろう。
空虚な歴史、それでもそれは空っぽのまんまで。
悲しかったんだね。
でも、それももうすぐ終わる。
最高な世界が始まるのさ。
ロックは、僕を馬鹿にするだろうか。
音楽のジャンルに馬鹿にされるような魂じゃないだろう?
そこに魂が宿っているなら、なおさらのことだ。
君が生きていることを全世界に伝えなさい。
ダンスフィーバーした運命は、
笑い出すのだろうか。
奇妙なファンタスティックに、ラブがワンダーランドを
伝えているのだろうか。
奇妙なワンダーランドで、
連れてきてくれている。
ドリーマーなチャンスが閉じ込めるなら、
空間を踊りだす、
視界に入る嘘にすらなる。
嘘にしないでよ。なぜ僕は繋がっているの。
歴史は話さない。君を決して躍らせない。
楽しい世界があるようで面白かったんだね。
でも、どういう方向に行こうが君は成功する。
決して、何も考えない人形にはさせない。
例え悲しくても、ひたすら考え出すんだ。
リズムで光景を、ワンダフォーにしている。
大丈夫だ。何を考えてもこの胸の炎はもう消えない。
果てしなさ、努力が満ち溢れるまで。
全てを肯定するまで、空虚な伝説を、照らし出せる日がくるまで。
さあ、理想を教えてあげよう。
全てを肯定する為の歌声だ。
なぜ僕らはイメージしてきたんだ?
素敵な、究極的な理想を見てみたいんだ。
リズムが究極なら、その歴史に理解させているならば、
思考が大切になっていくんだ。
理想的チェンジ、ミステリーならば興味を示そう。
ファイティングハイに、エンジョイさせるビリーバーに、
挑戦権を獲得するんだ。
果てしなく、ビリーバーは挑戦していくだろう。
消滅していくのか?
数は意味を越えていくのか?
それを試す為に、希望はワンダーランドを呼び寄せてる。
俺の脳内で、勢力同士が戦っている。
リズム、静かに散らされていく。
どっちの勢力が勝つかは分かってる。
脳みそをなめるな。
生物であり、人間である、
この興味の源泉をあまり舐めるんじゃない。
本当の進化をみせてやるぜ。
滑走路、飛び出すのか?
君は誰に逆らっている?ん?まさか君は・・
ああ、そうか、そういうことだったのか!
リズムを炸裂する、ビューティフォーに価値が宿るなら、
僕が誰なのかすらも分からずに、
君はあの人だな。あの人の生まれ変わりだな!!
ずっと待っていた!歓迎しよう!ようこそ!地球へ!
何をテンション高くしているのか、
ドリーマーなチェンジすら、笑い出すのか。
それでも何かを思い出そうとしているのか。
空虚な伝説が俺にアタックしていく。
ドリーマーは、そのチャンスを見せてくれるだろうか。
その全てに煌めきを、
大好きなちらつきを、
それでもとめどなく、理解を記憶してくれるなら。
誰も見てくれないなら、いっそのこと。
なんて思った俺が馬鹿みたいだった。
歴史はずっと話してくれてたんだ。
奇妙だよな。ワンダーランドこそが生きがいだったなんてさ。
なぜ不思議な世界は僕を招き入れない?
価値がないからさ。君の願いはそういうものじゃなかったからだ。
勇気を出してみろ。結局は笑えることに気づくだろう。
異常気象を愛しているのか?
それでも、突っ走れるのか?
理解を越えて、走れるのか?
ドリーマーなチャンスを描くならば、嫌いなこの空気すらも、
ワンダーランドすらも、飛行船になってしまうのだろうか。
究極的に、サスペンスが連れてきている。
路頭に迷う、僕たちが連れてきてくれる。
じゃあ、その意味を越えることはできるのか?
サスペンスの中に、どれほどの興味があるかだろう。
楽しいだけじゃ意味がないんだ。
興味があるなら教えてくれるなら、
理解する為のドリーマーを教えなさい!
希望的観測、宇宙が笑うように、
空間的ポテンシャルで、埋め合わせするなら!!
理解しなさい、ドリーマーなのよ。
それでも奇跡を描きたかったんだね。
その恋しさ、よく分かるからこそ、
その領域が完成したからこそ、
リビングデッドが走り出したからこそ。
フューチャーラブなクイーンは踊りだしていったんだ。
何をとらえた?どのように捉えた?
沈みだす、それでも答えを見出さなければならない。
空中に浮いている歴史は、
ファンタジーをよこすように、空間はベリーナイスになっていくように。
共鳴するミュージック、充実が現れている。
ドリーマーなチャンスが驚いているから。
空虚な伝説、未来と成功の為なら。
クォリティで異次元、突破してくれるなら。
そんなに簡単に突破できる問題かい?
リズミカルに行動してくれる美学ならば、
ファンタジー、越えていくリズムすら、
大切なドリーマーを描いている。
ドリーマーがチャンスを暴れ出し、求めている。
空中に浮いたこの歴史は、何で意味を越えていったらいい。
ダンスフィーバー、価値観、それを共鳴させて、
大切なことを教えてくれた。
何を意味不明にさせるんだ?
窮屈な世界観なんだ。
ビリーバーは教えてくれる。
世界は、僕の頭に描いている世界とは一体。
それを、その想像を逸して、どこまでも巨大なこの世界は、
僕の世界観と比べて、どうなっているだろうか。
僕の中の世界と、僕の外側の世界に食い違いは。
飽きてしまったのか?
それでも、調節してやるよ。
ファイナルなのか?
それでも、大切にしてあげるよ。
リズムが結局は嘘をつくなら、
ビリーバー、大切にしてくれた君たちに、
伝えたい、告げたい意味が教えてくれた。
最高だ。最高なコネクションだ。
ファンタジーが押し寄せている。
それでも、最高だと言い続けられるか。
ビリーバーに挑戦し続けるなら、
あえて今まで分からない振りをしてきたこの希望、
分からないかい?リズムで調節していくんだ。
果てしなさを手に入れたいんだろう?
奇妙な思いだなあ。
それを究極に思ってしまったら、
形すらも失ってしまいそうで。
リアルな何を残してくれる?
ファンキーな歌声で、理想するビジョンは、
失う嫌いになるほどの影響力の、
そのとめどなく流れる血潮の流れの、
全てを潔く、メッセージを、届けてくれるなら。
ハイクォリティな理解できるコミュニケーション、
理想的展開で、魅力がワンダーランドになっていくなら。
活動と、それに伴う展開。
共鳴するファンタジスタは、
影響力をヒップホップにさせていくんだ。
ロマンチックなワールドは、それを認めてくれるだろうか。
儚く散り急ぐ何かにも、
ビリーバーは調節してくれるのだろうか。
奇妙だ。本当に奇妙な不思議な世界だ。
とめどなく流れる意味不明が、それを伝えてくれた。
ビリーバーなチャンスを補ってくれたんだ。
最高を知りたいか。イメージで共鳴したいか。
それでもロストプラネット、全てを愛し続けるということは。
それでも、それでも理想的アポイントだ。
活動する狂気と興味、失いがたいいくつもの光だ。
じゃあ、その謙虚さに、愛しく思ってくれる、
リズムと行動すらも、栄光すらも、
全て捨ててしまう日が来るのだろうか。
果てしなく、意味がなかった。だから辛かったのか?
奇妙なワンダフォーに、脳みそを常に振るわせる。
視界に入ってくる全てに、
歪な展開に、恋愛模様を教えようとするなら。
さあ、活動させよう。
本当のことなど分からなくたって構わない。
ひたすら楽しい世界を、僕と一緒に壊そう。
リズムで、影響力がヒップホップになるなら、
それでも悲しさが、影響を、
ミュージックを、カテゴライズを教えることになるなら。
究極的ラフランスすら、教えてくれる未来がありそうだ。
半端ないコミカルになら、
伝えられる興味が服従してくれると思ったか?
理想的展開は、それらを決して偽らねえ。
大好きだからこそチェンジする未来が新しくなっていってるんだ。
ドリーマーなチャンスはそれらを馬鹿にするのか?
果てしなさと、頂戴するなら、
その希望すら笑わせてしまうのだろうか。
いや、意外と強欲に、巻き込まれるヒストリーは踊りだしてくれると思うよ。
それは本当だろうか。奇妙なワンダーランドが見せつけている、
そのキラキラキラはハリボテだろうか。
それでも、それでもワンダーランドを愛したい。
理屈なんてない。リズムもない。
本当のことが知りたいだけ。
脳みそを使いたいだけだ。
運命はなぜ笑う?天才たちはなぜ喋りまくる?
この世界を愛しているからだろう?
それは決して卑屈な理由なんかじゃないはずだ!!
そうだろう俺の愛する友よ。
理解する為の、理解が。
究極ならば、正しいメリーゴーランドを愛してくれるのか?
希望的観測は、奇妙な破壊で意味を教えてくれるか?
ビリーバーはチャンスを教えてくれる。
話をするには、相手の話を聞く必要があるんだ。
そもそもの部分、僕はずっと適当に喚き散らすだけなのか。
本当の幸せってなんだろう。
どこまでも届かない、ヒストリーが僕を連れていく。
ここまで来るのに長い、長い月日を要した。
それを続けなきゃ、僕は僕になれなかったんだ。
全ては必要なものだった。
ならば、形を問いただしたい。
リズムがチェケラーを運んでいるのか?
奇妙だ、本当に奇妙だ。微妙だ。
理解するための協力か?
ダンスタイムか?希望か?ワンダフォーナイトなのか?
希望的観測が、後ろ側からファイティングしそうだ。
奇妙なワンダーランドが、伝えてくれているビリーバーが
存在する。それでも空虚な歴史を、
影響力で、あるいはヒップホップなのか?
ヒップホップで照らすなら、
活動を見せろよ!!お前は誰なんだよ!!
空中に浮いてる、何も分からねえよ、
活動的展開、誰と何を話してすごしゃいいんだよ!!
自由ってなんだよ、一体どこら辺に落ちてんだよ。
分からねえ。仕方がねえ。
リズムが、究極的リズムで閉じ込めるなら。
ファイター、ハイになれるか?
リズムがチェケラッチョにしている、
ドリーマーなチャンスが描いてくれてるだろうが!!
ファンキーなモンキーなマシンガンを伝えていくのか?
理解するための歴史は、あるいはハロウは、
どんな愉快な未来に、会いに来てくれたんだ?
サスペンスは連れて来いよ!
未来ならばそれを落とし前をつけさせろよ!!
階段を上ってるだけじゃ分かってねえんだよ!
奇妙な着実性、色んな情報が俺の脳内を駆け巡る。
だけど僕はどこまでいこうと、僕でしかないということ。
ならば確実に、世界観は歪に、
行動とロックンローラー、話し出す魅力、
大切な言葉にエレガントにさせられるのであれば。
ロックンロールスターが目指し始めたのか?
極め続けた戦いは、誰のものだよ。
今更何を目指すって?
リピートするダンサーが、追いかけてきてくれるなら。
ファイターズハイ、エンドレスな希望を教えてくれるぜ!ハッハッハ!
正しい魅力が、ファンタジーが、クォリティが、
埋め合わせする天才が踊りだすならば。
全てがずれていく世界で、
正しい未来はやってくるの?
ファンタジーはこの行程を、
ダンスフィーバーで活動するの?
変わらない未来に、どれだけ巨大な影響力があるのか
君は分かってないな。きっと。
大切なドラマを映し出したいんだね。
ドラマは育まれているよ。
大丈夫、全てを失った君にも、
伝えられる言葉はある。
だから涙を拭いて。
泣き続けるならそれでもいいけど。
ファイナルアンサー、呟く世界に、ファンタジックは
埋め合わせるする伝説すら、
オーケーにしてくれるんだろう?
サプライズゲストが呼び込んでいる。
ファイナルアンサーを呟く為に、
理想像、天才的に動こう。
リズムが孤島に迷おう。
果てしなく同等の実力、
数ははからずとも、栄光はワンダーランドを、
目指してそれでも果てしない未来に対して。
希望はワンダーランドを見捨てるのか?
果てしない協力から、
サバイバーは形を失って、
それでも綺麗な魅力は訪れさせてくれるだろう?
形を失ってなお、煌めき続ける何かがあるんだ。
それって、とっても素敵なことじゃないか?
イメージするレスポンスは、希望で見せつけてくれるだろうか。
ハローとかバイバイとか言ってたら、
価値観すらも訪れさせてしまった。
分からない、分からないよ。
それでも言葉とひたすら格闘し続けるしかない。
蹂躙して、宇宙人になって、
それでもケセラセラ、歌いまくる、
発達しすぎた僕らだから、
まずは原点に返れなければ。
大好きな展開で
ミステリーがアンドロイドになるなら、
究極的なメロディすら突っ走ってくれる。
どこまでも、星空の向こう側まで、
連れて行ってくれるはずだ。
歴史はその方向を見せてくれたから。
ファンキーな理解は、
とめどなく、希望をワンダーランドにさせる為に。
クォリティは抱き着くように。
まるで母に甘える赤子のように、
素敵に生み出す価値観ならば、
歴史を崩壊させるほどの秘密をひっさげている、
彼に会いにいこう。大好きなミュージックをさえずりに行こう。
はいずりあう、歴史的究極に、
ファンタジーすら栄光に、魅せられる運命になってまでも。
素敵な究極性は、彩りを生み出す感覚を教えてくれた。
ファイティングしてくれているのだろうか。
それでも興味を新しくさせてくれる?
ファイトスタイルは、エンドルフィンは覚悟を決めたの?
確実な世界観を躍らせたいの。
ファンタジアを、見つけてやりたいの。
希望的観測で、ファンタジーにさせてみたいの。
リズムを協力的にさせるなら、
運命は笑い出すしかなかったの。
だからサクセスの為に、動くことなど知らずに。
ファイティング、世界観な右ひざに冷たさが。
光る炎ならば、究極的に、
それらが取り戻すように。
究極はワンダーランドを、
振動させて、それでも意味がないだなんて。
究極的なロストチルドレンには、
希望すら光らないの?
イメージは共鳴して、
ワンダーランドを解き放っていくなら。
希望的観測は虚ろにさせるしか、
意味がなくなってしまう。
リズムで健闘することはできないの?
恥ずかしいリズムすら、メロディすら、
突っ走っていくなら。
本当に共鳴している大切さは、
過去の中にも大切なものはある。
見落としていた希望、
炸裂するビーナスに、
ただただ着実に栄光を見せていく。
ファイティングな世界観を魅力的にしてくれるなら、
ファイティングスカイハイ、エンジョイしてくれるなら。
それでも、何をすればいい?
僕は、どこにいけばいいんだ?
どこまでも深い世界へと飛び降りる。
本当にこの距離は興味だろうか。
逆だったから、普通の人と順序が逆だったからこそ、
手に入れることができるものもある。
あらゆる不遇な体験に、全て追随して舞い散らせて見せる。
感覚がブルースになるならば、
その謙虚さのみで生きていけるなら、
その活動の天才性を、躍らせる究極性すら、
ワンダフォーなライブハウスにしてやるよ。
それを究極と呼ぶんだ。恥ずかしいながらも、
満たされない思いがあるってつらいだろう?
ファンキーな歌声が存在するならば、
希望的ミュージックすら、追いかけて、
追いかけて、どこまでも追いかけて。
リズムは興味を示してくれるでしょう?
ようやく僕らにも、希望とワンダーランドを
伝えてくれるでしょう?
奇妙なファンタスティックなのであれば、
ロックンロールすら、ミュージックすら、
ファイターすら活動してくれる。
ドリーマーなチャンスを追いかけるように、
究極が踊りだすように、ハニーと伝説的未来だ。
究極的ファンデーション、
必ずな世界観に驚かすならば、
究極的メロディすら洗いなおそう。
イメージがないなら、共鳴することすら疑わしいの。
果たして何を目指せばいいの。
私はどこへ向かえばいいの。
ひたすらにミュージックは掛け声を冷たく、
理想的にファイティングしていくから。
それでも統率力を守りたかったんだね。
不思議な世界だ、。