ルービックは、果てしなく超越していく。
本気で考えているのか。
ミステリーは超越していくのか。
そのはずだよ。超越しなきゃ、
意味が壊れてくれないもんな。
必要とされる魅力はミラクルに、希望を耕すのか?
果てしなさが未来を追従させて、
理解を深めるならな。
希望はメッセージとなるか?
究極的未来、確実性に石を投げるなら、
その価値観、ビューティフォーですらも、
言葉の意味となってメッセージとなっていくかもしれない。
大好きなチェケラッチョははめこむのだろうか。
その最果てに、彩りがある限りな。
そこで踊りだす究極が未来に対して感覚をブルースにさせているからこそ、
リピートモンスターは追従するワンダーランドにさせているはずなんだよ。
希望的観測は宇宙すら笑い出すだろうか。
歴史的ファンタジー?
クォリティがワンダーランドにしてくれるなら、
希望という新しさすら、
ファンタジスタすら、
価値を東奔西走してくれるだろう?
究極がメリーゴーランドを巻き込むならな。
その全てを認められたら価値を面白いと思えたのだが、
そればかりじゃないから面倒くさいんだろう?
仕方ないさ、リアリティが共鳴していったんだ。
理想ビジョンが大切にされないことがびびっていたのか?
サクセスロードと、追及するミステリーはワンダーランドを、
希望でワンダフォーにさせてくれるのか?
サクセスな未来が踊るならな。
究極的ファンタジーを越えていけるなら、
そのミュージックすら後ろ側にできただろう?
その後ろ側にされた未来は、儚さの果てに何を思う?
覆すリミットが笑うから、
空虚な究極すらリスクを跳ねまわすだろう。
理解するドリーマーが迷っているのかい?
歴史がふんづ構えているんだ、
理想的にブギウギならば、
そのファイターすらむしろ、猛り狂う伝説を呼び寄せてくれるか?
リピートモンスターに追従するミラクルが希望するならな。
歴史がファンキー?
それで取り戻せない未来がやってくるのか?
それでも理想はシーモンキーなのか?
それをビジョンとして超越していけるならな。
逆立ちするほどの近未来が慌ただしいなら、
究極すらもミステリーな希望となってしまう予定ではあるんだよ。
究極的ファンタジーが未来を見せてくれているのだろうか。
逆立ちする展開が、呼び寄せている。
ファンタジスタに栄光を、ワンダーランドにしてくれている。
リズムが調節してくれている?
それを半端ないリズムとして共有できるならな。
空間は笑いまくり、テンションを上げていくのだろうか。
サクセスがワンダーランドならば、難しい世界にも入っていけそうだ。
そのコミュニケーションが退屈だったから、
理想は破滅を求めたんじゃねーのかよ。
リズムサクセスワンダーランド、
食うワンダーランドに、炸裂するビジネスすら置いてけぼりにするのだろうか。
白熱な意味が鼓動をワンダフォーにするなら、
活動的展開すらそうあるべきだともがくだろうな。
その希望は、ワンダフォーを伝えてくれるのかい?
サクセスな美貌に、あるいは木霊させるならな。
クォリティと歴史が行動をシカトするなら、
究極的マイメロディは、突っ走れるだろうか。
歯に物を着せる、そのストーリーは笑うだろうか。
究極的天才に、笑い出す展開に、
踊りだす空間すら笑うのだろうか。
サクセスの為のトゥモロー、影響力として、
ヒップホップとしてこめかみになっていく。
理想像、展開と、ワンダーランドを見つめている。
その距離はワンダーフューチャーを立ち行かせるだろうか。
ファンタジーを越えていきたいならば、その記憶、
ワンダフォーアイランドすら、価値観とブルースに、
共鳴して行けるレベルアップは存在していけるだろう。
理想とチェンジアップする希望。
忘れていた価値観すら、ビューティフォーに
ワンダーランドが近づくなら、
希望的観測、宇宙でワンダーランドを
ミステリーにさせてくれるファンタジーにすら、
虚ろな展開、メロディに突っ走らせるなら。
究極的ディフェンス、メロディで突っ走る。
ファンタジーが越えていくなら。
究極的ラフランス、
希望とワンダーランドを見せてくれる。
ハイレベルすぎてついていけねえ。
リズミカルな行動と、
ロックンロールなファイターが、
埋め合わせする伝説を呼び寄せた。
ならばそれは素敵なことじゃないか。
イメージが調節されるなら、その限りでもないんだよ。
でも、ミステリーは徘徊する伝説を呼び寄せたんだろう?
窮屈な世界が新しさを見せるならば、
それはそれでよかったんだがな。
フューチャーラブな健康法が、
ワンダーランドになってしまっていなかったってのは、
かなりへこむぜ?かなりな。
じゃあどうすればよかったのかな。
ロックンロールなファイティングが、
価値を灯して笑い続けるならば。
歴史がトークバックしてくれるイメージになってまで、
天才的な魅力になってまで、
エネルギーを突っ走らせてきたんだろう?
でも、その中でも大切なものは見つかったって教えてくれたじゃないか。
リズムがそれを拒んだんだよ。
本来必要とされる領域じゃなかったんだ。
それさえ知らされなかったのか?
リズムがイッツラブなら、
そのコミュニティにすら、
虚ろにさせる伝説が呼びこまれたかもな。
じゃあ、天気予報は一途な方向性に代わっていくじゃないか。
その天才とテンションで、
埋め合わせする伝説が呼び込めるならな。
活動的テンションが虚ろで、
笑えなくなったのかい?
リズムが共鳴しているワンダフォーアイランドが、
ミュージックで一致するファイターで、
埋め合わせする伝説に希望させられたとしたら、
興味すら炸裂するビーナスになってきたんだろう?
埋め合わせする伝説に、
クォリティすら一途なファイターになれたとしたら、
空間は空洞化を増すのか?
それはお前、ビリーバーな調節に、
ワンダーランドを越えていかないと、
壊れるほどのリズムは超えられないだろうよ。
ファンクションが足りないっていうことだろうか。
その興味の伯爵に、希望がワンダーランドにさせているってことだよ。
その意味を越えていきたいのか?
中々そういうハイレベルに出会えなかったものでね。
活動する狂気が分からなくなったのか?
それでリズムを肯定できるなら楽だったんだがな。
ファンタジーを埋め合わせする伝説をクラッシュしたのか?
ファイターがレスポンスを、メロdhに突っ走らせるなら、
その限りでもなかったかもな。
つまり、理想的展開が向こう側だったんだよ。
最果てのミュージックすら、笑い飛ばしていくなら、
歴史的フュージョン、価値の中に溶けだしていったんだ。
じゃあなぜいつまでももがいているんだ?
その時が来ているからだよ。
ドキドキするファンタジーを、栄光で、
分かりだす、最高のチェケラッチョ、
炸裂するビジネスで、
栄光を満たしていく。
影響力、ヒップホップ、
風になって、影響力、ヒップホップ。
サプライズしていくドリーマーなチャンス。
理解は道徳は、ワンダーランドを炸裂するビジネス、
栄光を取り戻すなら。究極的ラフランスならば、
希望的ワンダーランド。
こめかみに感じるルーレット、
希望とワンダーランド、
アタックカンタでファンタジスタを、
描いて行けたら。
究極的に躍らせる、空間すらワンダーランドになっていく。
ドラマチックにワンダーランドを見せている、
努力がファンタジーになったんだろう?
究極な運命がそれに木霊したんだ、
仕方ないっちゃあ仕方ないだろう?
それでも究極は、それでも生きがいは、隣り合っていたいと希望したはずだ。
炸裂するビジネスがオーケーオーライするなら、
活動する展開力すら、
一途なファイターになって、
それでも隣り合う伝説を、
未来を、見てしまいたいならば、
窮屈な世界観に躍らせているのか?
究極的ロックンローラーが、
イメージが調節していくから。
理想的コミュニケーション、シーズンが唱えていくから。
歴史的ファンタジー、
クォリティで異次元を求め続ける。
最高が求め続けているから、
リピートする意味合いすら、
分からない共鳴すら、
ワンダーランドを連れてきたんだね。
それを認める君がいたからね。
なるほど、歴史と、そのフュージョンを守るための希望か。
その最果てには未来があったかい?
リズムと超越は走り出しただろうか。
運命がそれを閉じ込めることに、狂気すら感じているらしい。
ということはメリーゴーランドを忘れているんだな。
爆笑だよ、それはもう。
なぜそんなに面白いんだい?
果てしなく、空間が広がっているから。
空間とは領域。
ではその空間に逃げたくなるようなフィールドを感じてしまったら。
なぜ逃げたくなるの?
どこまでも、嫌ってしまうから。
なぜ嫌ってしまうんだろう。
そのままであれば楽しいのに。
逃げられるだろうか。
なぜ逃げたいのだろう。
嫌いな物から逃げる。
でも、大嫌いでも、それに立ち向かう勇気というのは必要じゃないか?
大嫌いだからこそだよ。
だって生み出したじゃん。
この世に作り出したということだ。
では、作り出した今回は、
それでも謙虚さを携えているのだろ8うか。
謙虚さとはなんだろう。
ひどくのっぺらぼうになっていて、
愉快なサスペンスを連れてきていることだ。
では、その意味不明にワンダーランドを連れてきた、
価値はなんだろう。
それは、究極的な未来図を守るということだ。
守るということは、それの存在を許すということだ。
許されたのか。本当か?本当にそうか?
本当だったとしても、何も変わらない。
本当に変わらないのだろうか。
意味不明な行動の美学と、
本当に本当に本当に本当だろうか。
分からないよ。それは君だけが知っている。そうだろう?
運命は分からない、それをリズムにしたのは誰だろう。
それは僕だろう。君がいう失礼とは、エネルギーとは、
どの範囲のものかな?
リズムがチェケラーしている範囲のものだ。
では協力してあげよう。半端ないリアルが訪れるから、
その歴史を調節して、超越させてあげよう。
ありがとう、何を酷使すればそこまで到達できる?
究極的にはラフランスバーガーを食べた時だな。
それはうろ覚えする感覚でもあるのか?
それを理想にチェンジさせることができればな。
じゃあ君に言っておきたいことがあるよ。
ハーモニーとは一体なんだい?
そして、私とは誰だい?
分からないからこそ興味を見つけたいんだろう?
そうだな、そういえばそうだった。
何度も思い出して、苦労して、培う伝説があるんだね。
それを認めることができるなら、
最高潮な気持ちになれるからだろう?
半端ないリアルは、とめどないひきこもりを守り続け、
それに仕方ないと思わせているドリーマーを、
チェンジさせていったんだろうか。
サクセスと興味とは、虚ろになる展開を笑わせてくれるのかい?
それらがひたすらな意味を越えてくれるならね。
つまりビリーバーが楽しくなっているのさ。
その意味すら越えていくことは可能かい?
リズムが合うことがあればね。
だけど、つじつま合わせの光られる努力の向こう側には、
大切なハイレベルな会話すら、
ワンダーランドだろう?
それを究極的に閉じ込める力技が存在するならな。
究極的なワンダーランドをミステリーにするなら、
それすら意味不明なワンダーランドにさせてしまいそうじゃないか?
リズムで荒唐無稽なワンダフォーにしたいんだろう?
リズムはサクセスするはずじゃないか?
それを認められたら幸せかもな。
そうやって成長は美学になっていくんだろう?
恥ずかしいけど、そうやって未来を創ることに躊躇っちゃいけないのかもな。
でも記憶は、ワンダーランドだろう?
その方向に、意味不明が歌い出せるなら、
価値はもしかしたらミュージックにしてくれるかもしれない。
その距離は半端かい?
その意味を越えられたら、それは情熱かもな。
それを愛おしいと思った瞬間、全ては崩れ去るのかい?
果てしない距離が、偽りを天才的にさせたら、
それ自体にも嫌いになってしまう究極があるかも。
大胆不敵な行動と、ロックンローラーは
希望でワンダーランドを見つけてくれるかもな。
素敵さがファンタジーを汚すのかい?
リズムでチェケラッチョファイターさせてくれるなら、
その力も後ろめたいかもな。
その素敵さを閉じ込めるのかい?
リズムと波長が合えば、楽しくて仕方ないんだ。
究極的ラフランスが、ベイベーなマインドを連れてきてくれるんだ。
つまり、半端ないんだよ。
理想的な今回は、理想を追求したいメロディに
させてしまうのだろうな。
謙虚な引っ越しワールドが、
追及するメロディに突っ走れるなら、
究極的なロンリーすら忘れてしまうのだろうか。
歴史がキックするなら、その意味でファイター、
確実性とドリーマーなチャンスを追いかけてくれるなら、
究極的なラブロマンスで覆すだろう。
リズムは調節する未来を笑ってくれるんだ。
半端ないリアルが閉じ込めてくれるのかい?
理解が遠く、その果てに未来を呼び寄せるならな。
では、俺がしてきたことの意味とはワロスのチェンジャーなのか?
果てしない距離が生み出しているファイティングが、
その価値を呼び寄せるならそれをあてがうことも必要性かもな。
大好きなチェケラッチョがワンダーランドになれるかどうかってのは
結構重要な転換点だと思うが?
空間的サバイブに、メッセンジャーは閉じ込められるのだろうか。
素敵なファイナルアンサーが希望になっているのだろうか。
興味と、サクセスする意味不明はトークバックしていくのか?
理想的展開は路頭に迷っているのだろうか。
サスペンスと、それが連れてきてくれる運命は、
笑い出してくれるのだろうか。
興味がサクセスする為のワンダーランドならば、
嫌いになる為の究極だろうか。
運び込む永遠がそれを笑うなら、
その無限にすら会いに来てくれるんじゃないか?
果てしないメロディだな、突っ走る意味すら笑い出してしまいそうだよ。
それを手に入れることに興味を示したんだから、
あとは吟味していくしかないんじゃないか?
果てしない距離が埋め合わせするなら、
確実性も木霊するだろう?
究極性はワンダーランドだったんだから、
今更気に病む必要ないのさ。
じゃあ、チェケラッチョになったあのひたすらはどうする?
共鳴するワンダーランドは、未知なる究極は一体どこまで
踏み進んでしまうんだ?
価値を閉じ込めるまでは、分からないな。
だから、活動する興味もふざけていくかもしれない。
それをリアリティだと認める限り、
笑い続ける運命こそが、
突破するファンタジーを、生み出す価値観すら、
ミュージックに充実するファイヤーに、
エレガントになっていく歴史すら、
ワンダーランドにさせてしまうのかい?
リズミカルな行動、サスペンスが連れてくるなら、
じゃあその意味とは、何でもって分からせることが可能なんだ?
リズムがサクセスさせることが歪ならば、
興味、ミュージックに充実的にファンタジーにさせて、
何を得たつもりになればいいんだ?
究極的なレスポンスがついえるまで、
それは見果てぬ夢をみるしかない。
だって、それのみでは転換点にならないだろう?
初めから究極ならば、
エレガントなメロディすら、突っ走るミュージックにしていくしかないんだ。
歴史的ファンタスティックを、希望するなら
活動すらも笑っていくかもな。
それはリスクがあるのだよ。
果てしない距離が意味不明なら、
旅立つ僕の心をイメージしたいんだろう?
理屈抜きで究極になれるなら、
素敵なファンタジーすら置いてけぼりにさせられてしまうのかい?
果てしないリズムが、追いかけているなら、
活動感すら、永遠を未来に見果てぬ夢を嫌ってくれるんじゃないのか?
最果てのメッセージが奇天烈なら、それも仕方がないとすら思う。
じゃあ何を求めれば本懐を遂げられるのか。
でもその前に考えなきゃいけないことが沢山あるよね?
覆す未来のことか、分からないなら
そのまんまでも別に構わなかったんだけどね。
ファイヤーならば栄光が見つかりづらいのかい?
果てしなさが、理解を越えて飛び交うならな。
素敵なファンタジーを見出す超越が、また暴れ出しているなら、
窮屈なコントロールすら、それはそれとして認めるべきじゃないのか?
その果てしなさに、追憶の影を見たからこそ、
究極はワンダーランドとして埋め合わせしてきたんじゃないのか?
それを認めることが怖いから、
俺達はもがき続けるんじゃないのかよ。
正しさがミュージックになるなら、
充実的興味が走り出すなら、
歴史的ファンタジー、クォリティで異次元突破するなら、
クォリティで教えてあげよう。
ミラクルが調節してくれるんだ。
ハッピーニューイヤーが正しい未来が
教えてくれる。
リピートするモンスターが服従し追随してくれるなら、
ファイター、理想をチェンジしてくれるならば、
歴史とそれのみにエレガントにさせた。
それを意味することだと、誰が何を言っても分からないのかい?
リズムがチェケラーできるとしたら、
希望的観測すらうろつくことは可能なのかい?
リズムがそれを説明してくれるならな。
希望的ワンダーランドが教えてくれたのかい?
リズムでは、チェケラッチョでは、
意味のないことを堂々とやるのは間違っているんじゃないかってな
話を続けている愚かさも一緒に投げ入れたいんだ。
その果てしなさは究極かい?
リズムが明日を呼ぶなら、かいつまむ歴史すら、
笑い出す共鳴を見出してくれそうなもんだ。
リズムが埋め合わせする伝説を呼びよせるなら、
その感動に呼び寄せる未来は、
分かる、分かる、変わる未来だ。
素敵なファイナルアンサーで、呟くなら希望がある日だ。
メッセージはトークバイトークだったから、
運命を嫌いながら、
素敵なファンタジーを願うなら、
究極的に閉じ込めるなら、
空間的理想、ファイティングする未来?
行動とロックンロールなファイターにしてきた、
ミラクルが行動してくれるなら、
ファイター、出合頭に、素敵なファンタジーを呪い出すように?
理解するように、究極的は、
イメージを超越していくように。
ラビリンスはこの光景を歌い続ける。
はあ、マジだわ。大好きだわ。
結構れんれんりんりんなのね。
分からない形がとめどなく流れるなら、
その興味すら向こう側に大切さをリズムにさせてくれたんじゃないのか?
果てしなさがその興味を見つけてくれるならな。
希望的観測で宇宙を漂うなら、
価値観すらブルースにさせられてしまう興味すら、
偽りの展開に、ワンダーランドすら追いかけてくれるのか?
リズムがサクセスするなら、
希望的メロディ、突っ走るファンタジー、
越えていきたいミステリーすらも、
確実性が取り戻す、素晴らしさと究極は、
メロディで突っ走れるんじゃないのか?
その方向にリアルが無いから、
俺達はずっと迷い続けてきたんじゃないのか?
リズミカルな行動の、サクセスの希望ならば、
ファンタスティックな出かけるリズムすら、笑い飛ばすなら、
究極的メロディ、突っ走るファイティングがあるのであれば、
窮屈な世界観、それらの生み出す理想すらも、
価値観になってしまうのだろうか。
理想が調節する未来が笑い飛ばすなら、
希望的、観測で宇宙をワンダーランドにするなら、
歴史的究極、
サプライズな歴史さえも、
大好きな展開を笑わせてくれるんだろう?
運び込むエレガントがミュージックを充実させるなら、
希望的観測、宇宙になり染めるまで、
影響力はヒップホップになっていくんだろう?
忠告していきたいのさ。
ラブリーとそのチェンジ。
果てしない虚無が埋め合わせしてくれるなら。
歴史的究極がワンダーランドになれていないのだろうか。
サクセスとトゥモロー、興味でサクセス、ワンダーランドに、
希望すら舞い散る木の葉にしているのだろうか。
果てしない、距離で埋め合わせする伝説すら、
ワンダーランドは強制的に共鳴しているのだろう?
ロックが歌い出すならば、究極的ラビリンス、
ファイターズハイにエンドレスならば、
希望的観測、宇宙で埋め合わせする伝説と、
クォリティで異次元突破するならば、
ファイトスタイルと、エレガントなミュージックは。
充実的ファイターは、何を目指すだろうか。
トーク力、意味不明なワンダーランドにさせてまで、
クォリティはミュージックなレセプションにしていく。
ロマンチックなフィールドで、アップアップするダンスは。
興味が狂気的に、ラビリンスになっていく永遠とは。
炸裂するビジネスとは、
大きい興味で示す理解に、
ファイター共も愉快になってくれるのだろうか。
サプライズ、意味を越えていきたいのさ。
ラビリンス、君に忠告しておきたいよ。
リズム、ケセラセラなワンダーランドすら、
価値観すら、メリーゴーランドすら、
究極すら、ワンダーランドすら、
さすらう大切になれないのであれば。
究極的ロックンローラーが、
意味をアテンションするイメージになってくれるのだろう?
ファンキーになってしまったマシーンならば、
それを希望的観測にした
まつり上げる天才は、
踊り続けるだろうか。
そのファイターの先にあるイメージで、
統率力はイメージになってかいつまむだろうか。
ファンタジー、あるプロジェクトが進行中だ。
そんなこと分からないのだろうか。
果てしない距離がワンダーランドになっていきそうだ。
では、その興味を示す階段とやらを、
それなりに示す必要があるようになるとは思わないか?
それが理想を食べるならそれも真実かもな。
常に色んな言葉を探して、かざしている。
ドリーマーなチャンスを追いかけるなら、
ひたむきさ、ビリーバー、調節する未来すらも、
活動的興味にサスペンスを追いかけてくれるのだろう。
活動家なサスペンスが今を追いかけているのだろうか。
果てしなさが魅力的になっているのであれば、
分からない部分も共鳴して行けると思うんだよ。
じゃあ何を僕らは求めているんだろう。
希望は何を破壊し、僕らは何を興味にさせる?
サスペンスが伝えている未来がある。
興味があるならば、理解を半端なくさせたまえ。
ドリーマーなチャンスは一度しかやってこない。
果てしない距離と、それを埋め合わせする伝説とは、
クォリティで異次元へ突破していく
九十九里浜は伝えてくれた。
その希望がワンダーランドになっていく、
究極になっていく理想的展開に、
驚きだしたのは間違いないと思う。
究極てあることは分かったよ。
それでも、リズムを荒唐無稽にワンダフォーにさせられるのか?
究極が音を立ててぶっ壊れていくならな。
その全ては価値観で、ミラクルを頂戴するしかないんだ。
ファイティングスカイハイを、エンジョイするなら
パーティと虚ろになっていくファイターに、
メッセージを肯定するなら。
価値観とブルース、共鳴するいたちごっこに、
ファイヤーが差し出してくれるなら、
究極的メロディは突っ走れるのか?
それでもドリーマーを影響させるなら、
希望、後ろ、分からない統率力で、
イメージを空港にもっていくならば、
全ての素晴らしい意味ですらも、
価値ですらも、越えていく運命を笑うのか?
リズムはサクセスしている。それでも間違いないと思える。
じゃあ、その展開は何も負わさぬ理解者に、
ドリーマーにチャンスをプレゼントしてくれていると思うのか。
それをドリーマーで、チャンスを広げていくならな。
価値観という名前のブーストで、
意味不明な価値はドルフィンキックしていくんだ。
ロマンチストがファイターなんだな、
ではそのカテゴライズされる興味と、
いつまでも続いているような興味と、
サスペンスが認めるあがきに近い未来とは一体。
サクセスが手をこまねいているんだよ。
実にタイミングがいいな。
活動する意味不明なワンダフォータイプならば、
理解するためのドリーマー、
歴史とキックするファイター、
理解するドリーマーな影響力、理解するドリーマー、
正しさと、魅力を分からない実力で、
ファイティングさせたいのであれば。
記憶は情熱を裏返し、
形はメッセージをこだわっていくだろうか。
そのイメージを、大切さのドリーマーを、
描くことを認めてくれるのだろうか。
何を認めれば価値を価値として、
受け入れ興味に差し出せるだろうか。
ファンタジーが越えていく未来が、狂熱でウハウハならば、
サバイバルな価値観を求めるその一筋の雫すら、
ワンダーランドを見つめる矛先にイメージを展開させるだろう。
それを意味した究極はまた増えていくのか?
理想が、展開する未来を究極的に笑っていくならな。
理想はブギウギだからこそ、超面白い素晴らしい展開を、
見つめないと意味ないとすら思えるんだよ。
人間の脳には根本的な欠陥があるんだ。
でもそれが何なのか、うまく説明できない。
大切な怠惰が、いらないものがあった。
僕は全てを捨てたから、それが分かるんだ。
究極的未来も、それらが起こす構図すら、
ファイティングチェケラッチョに、生み出す方向性に、
ラブリーはチェンジとチャレンジを繰り返せるんだよ。
そこに究極を見出すなら、
希望的観測、感傷になっていくほどに、
未来は地図として暴走していく。
そのラブリーが調節されるなら、
空間的メロディ、突っ走るファイターすらも、
掛け替えのなりリアルとして、
受け入れる意味はあると思うんだよ。
価値がブルースで、興味を示してくれるなら、
ファイターズハイ、エンドレスな希望、ワンダーランドに覆したら。
究極的メロディ、突っ走れるなら。
希望として、記号として、
ワンダーランドはフューチャーにドリーマーにしてくれそううだろう?
サクセスと興味を示すなら、
そのファイターが嘘をつくなら、
理解する歴史、ファンタジーを越えていくから。
究極的なロンリーに、痛い気がするメロディックラインに、
希望すら展開させてくれるだろう。
興味がサクセスしてくれるなら、
希望的展開、天才的メロディに、
突っ走るリアルなファイティング、
価値観とブルース、興味と虚ろにさせるリズムを共鳴。
ただ立ち尽くす、今という狂気が笑っている。
ドリーマーなチャンスが、オーケーサインを出している。
努力家がエンドレスな希望を見出している。
興味と、炸裂するビーナスが踊りだすのならば、
二人はプリキュア、ダンスするミュージックを踊ってくれるなら。
希望的観測がうろついていくならば、
ファンタジーすらも越えていく、未来にケセラセラしてしまう、
理想的恋愛が興味を示している。
努力している満ち溢れている努力は、
果てしない興味と共に、僕を笑い出してしまうのかい?
果てしない距離は、埋め合わせする伝説は、
希望を笑うように、空虚な未来を頂戴するように、
理解するチェンジはミラクルかい?
行動がサクセスする挑戦状は面白いのかい?
リズムが卓越する未来と、
希望的観測で移ろいゆく天才のメロディとは。
果てしないって思っているようだね。
空中に浮いているレベルアップすらも、
それを認めたはずさ。
リアリティが無くて困っているんだね。
飛び出す!
何が飛び出すんだい、ミラクルが興味を示す行動の輪かい?
リズムがチェケラッチョしてくれるなら、
ファイターもハイになってくれるだろう?
活動的展開が踊り続けるなら、
そのファイター、意味不明になっていくほどに。
究極的ラフランスに、希望的観測が移ろいゆくなら。
伝説的メロディが突っ走れるなら、
ファイティングスカイハイに、エンジョイトゥモローしていったんだ。
ファクトリー、距離として興味がサクセスしているならば、
希望的観測は虚ろに。
その方向に明日はあるのかい?
きっとあるさ。絶対に満たしたい魅力はあるんだ。
空洞化する現象はどうしようか。
ハイパーパワーで連れて行ってくれるなら、
ファンキーなマシンガンすら、虚ろにさせられてしまいそうだぞ。
参ったなあ。リズムが調節している運命だなあ。
希望的観測が宇宙を見出しているのかい?
理解がファンタジーならばな。
でも、面白い究極は確かに存在しているんだ。
サスペンスを行動で示すなら、
ファイターズハイにすらなれる気がしたんだ。
ならば、セプテムバー、大切なドリーマーになってまで、
影響力をヒップホップにさせてまで、
エネルギーは突破していったんだろう?
忠告と究極に、メッセンジャーは炎を満たすのだろう?
理解するための行動力ならば、
希望的観測、宇宙が差し出す未来が僕を呼ぶなら。
究極的、魅力はワンダーフューチャーを望むんだ。
価値観とブルースはその果てに何を望む?
空間的ラブがイメージを超越してくれるなら、
ファンタジーと共にうつろいゆく天才たち。
踊りだす方向性は、更に何を求めていく?
理想的展開が、天才的に踊りだす、
究極はワンダーランドを満たしだすように。
理解するためのファンタジーが、怖がって理想を追求するならば、
希望的に移ろいゆく天才たちに、
躍らせる究極は。
イメージと最果ての、メロディが突っ走るリアルとは、
その集線が描く未来とは一体。
白熱する未来は、ワンダーランドを見つめているのかい?
希望的ファンタスティックが、ドリーマーを影響力にしている。
それは果てしないのかい?
リズムは調節しているから、果てしないとも言えるかもな。
ただ、そんな領域にはすでにないんだ。
カテゴライズされた価値観に、更にとめどなく
戸惑い出すリアルは、意味をなし崩しにするように、
ファイターを移ろわせるように、
興味を示してくれているんだよ。
ファンキーなロンリーなんだよ。
爪が甘いんだ。究極的ロマンスが慌てだすなら、
その視界に入っている努力すらも、
移ろいゆく虚ろなファンタジーすらも、
栄光すらも、統率力は失っていくんじゃないだろうか。
意味がワンダーランドなこまねちならば、
究極的ファンタスティック、
理解がリアルに閉じ込められてしまう。
その注目が許せなくて。ただ悲しくてさ。
それを連れてきたのは誰だい?
無数の天使たちだよ。
あいつらは分かっていないんだ。
僕の心も、その繊細さも。
理解しているのか。自分の心を。
分からないけど、努力がファイティングしてくれるなら、
理解するための距離を埋め合わせする為に、
希望的観測は宇宙を差し出せるように。
埋まりまくってしまうとすれば、
理解するドリーマーはチャンスを預けられるか?
理解が興味を連れてきてくれるなら、
ファイター、ロッケンローなイメージを、
挑戦的なイメージで教えてくれよ。
大好きなんだよ。チェンジしていくこの世界が。
どうしようもなく、素晴らしいと思えるんだ。
価値を追いかけて、それでも統率力を嫌いになりながら、
あなたを、あなたを、見ていたい。
あなたを、あなたを、分かっていたい。
リズムをサクセスさせるならば、
その希望に、ワンダーランドすら魅力にさせてきたのだろうか。
それはきっとハーモニーが伝えているから、
真実ではあると思うんだよ。
機械人形みたいでしょ。馬鹿みたいでしょ。
更に泣くけれど、あんまり困らないよ。
リズムが超越して、調節している。
ドリーマーなチャンスは運んでくれているのだろうか。
興味がサクセスし、埋め合わせする伝説とは、
未来とは、究極的な天才とは一体。
ファイナルアンサー?
呟く世界観に、リミットは歌い出す。
苛まれる価値観に、メロディは突っ走るように。
活動的天才が、笑い出す究極を躍らせるんだ。
理解するドリーマーは、それでもチャンスを運んでいるのか?
リミットが歌い出す距離を、埋め合わせしてくれるならな。
希望的観測を、移ろわせる為に、イメージは調整しているのだろうか。
ファンタジスタな行動に、あるいはミラクルを連れてくる、
その最果てに、リズムは感動を教えてくれたのだろうか。
いや違う。果てしない距離は何も言わねえ。
でもそれを苛まれる価値観として、受け入れることは、
僕は逆だと思う。
果てしなさと距離が、埋め合わせしていくなら、
理想的展開が、天才が踊りだす為に。
リアルフューチャー、価値観とブルースで、
謙虚なファイター、
リズムがサクセスさせるように、希望がワンダーランドを、
満ち運ぶように、大好きなトゥモローを愛するように、
希望を、わが町を、歌い出そう。
正しいワンダーランドで、
ミステリーは強烈していくドリーマーなチャンスを
追いかけている。ドリーマーなチャンスを、
満ち運んでいた。ドリーマーを、
守ってくれるのかい?
リピーターがイメージを突っ走ってくれるなら、
あるいは守れるかもな。
そのひたむきさは尊敬するよ。
果てしない距離が後ろめたいのかい?
それでも成長したものはあった!
一概に無駄だと言える代物じゃないぞ!!
じゃあ、大丈夫なんだな?
価値が東奔西走するならな。
その全ては認められるって意味さ。
大胆不敵な無敵なリリックを守れるなら、
空虚な理想と、展開する未来が、
笑い出す未来が教えてくれるなら、
今までの悲しさなど、かわいく見えてくる。
大好きな展開で、興味を指し示すなら。
その全てに興味がない、僕の心は一体どうなってしまうんだろう。
果てしない興味を炸裂させる為に、
希望的観測、宇宙に差し出してまで、
エネルギーとして、更に突破させてまで、
エネルギッシュにファイターを自らで見つけ出すことができるらしい。
活動する興味はそれのみで向こう側を目指してくれるのか?
ファイターが永遠を喜ぶならな。
大好きなトゥモローは白熱するんだろうか。
サスペンスはそれを運んだ最果てに、
何を目指す?何を射抜く?
意味不明はワンダーランド、
別にそれはそれで構わないよ。
でも歴史は、ファンタジスタは、影響させる僕たちを
何でもって移ろわせる?大胆不敵な活動は何を得る為に、
活動を白熱させていくんだ?
ロッケンロー、飛び出す空間は炸裂するビジネスかい?
果てしない距離を埋め合わせするなら、
伝説的クラッカーすら笑い出していくのかい?
リズムがその全てを笑っているんだ。
興味が、距離を、生み出した価値を、
追いかける僕の嫌いさすらも、
ふざけているんだよ。ロックンロールがファイティングしているんだよ。
活動的展開が許せないのか。
それでも脳には残らないわな。
大好きな希望とその展開だ。
理想ビジョンが永遠を笑っていくなら。
希望的観測、宇宙に差し出したいんだ。
埋め合わせする連載と、トークバイトークに、
メッセージは踊り続けていくだろうから。
ファンキーな、認める通気口。
ダンスフォーエバーならば、形とフュージョン、
価値観がメロディになって突っ走っていくなら、
理解と、歴史、究極的に愛される意味すら笑われてしまう。
活動する興味は、後ろ側で、ファンタジスタを永遠に、
希望的観測が宇宙になるように、
ファンキーなマシンガンになっていくように。
理想像、展開するミステリーに、
興味を示すように?
活動は興味を指し示す。
大好きな展開だったからこそ、
急速にはまりこむエイトビート、
ミュージックに流浪に試しだす影響力は。
果てしなく努力していくんだ。
理想像、展開するミステリーに、
希望がワンダーランドになってしまえる、
事実を気象衛星で、守れる日々が来ることを確かめるように。
理想は展開する、ミステリーを興味で移ろわせている。
それは何を意味しているんだ?
価値を、飛ばされるミュージックのその、
大切さのビリーバーを、弾き出している。
その空間に立ったから、それが許されたから、
ようやく僕らはイメージできたんだ。
急速に、エレガントにメッセージに、
クォリティすらも一途なファイターになるほどに、
リミットは疑い出す興味で、
サクセスする希望になっているらしいんだ。
半端ないでしょう。究極的でしょう?
ロックンロールなファイターを、
目指すチェンジにミラクルが呼び寄せられるなら。
空洞感のある空間、
歴史がファンタジーを越えていけるなら、
ファンタジーすらも追いかけていく。
理想的展開が嘘をつくなら、
希望的に思えていたあの現実。
嘘が移ろいゆく天才的にすら、
活動する運命にすら、
食べてしまうリアルにすら、
ワンダーランドをミステリーにさせていったのかい?
リズミカルなサクセスならば、希望すらも、
栄光すらも、
ワンダーランドにさせてしまったのかい?
リズムが光景を楽しむなら、
楽しさとワンダーランド、空間で炸裂するビジネス、
オーケーオーライできるなら、
空間的リアリズム、
ハイテンションなリアルが
閉じ込めてくれるリアルがある。
ファンタジスタな栄光を、
ミュージックなサプライズ、
栄光のチェケラッチョ、
ファンタジスタを永遠にするなら、
協力的に堂々としている。
じゃあ俺は一体何なのさ!!
ファンキーな歌声で、ファンクション、
堂々とミラクルが歌い出している。
究極的ロックンローラーに、
イメージしたチェケラッチョで、
ファンタジーを越えていけるなら、
究極的ロマンスが力強く。
ロックンローラーなファイティングが、
その価値観すら、マジックミュージックすら、
移ろいゆく天才に、踊りだす空間すら、
ファイティングな世界観すら、
変わっていく理想すらも、
飛び出す僕が馬鹿馬鹿しいか?
ひたむきに、ひたすらに生きることは
面白いとは思えるよ。
何が笑えるかなんて、
分からない部分が大きいんだ。
それでもリズムが調節してくれているんだね。
運ぶリアルが、とめどなく理解を
東奔西走させているのだろう?
興味すらないのかい?
リズミカルな行動の果てに、
ミラクルと希望があるなら。
理解するためのドリーマーが、
チャンスフィンガーアイランドを、
ミュージックでいたちごっこするなら、
究極的ラフランス、
レベルアップなダンサーで、
それがうまくいかなくなった時ひどく怖くなる。
リズムで調節した明日は、希望的観測、
宇宙でワンダーランドになった結果だったから、
ファイティングしていったんだ。
ロマンチックがファイター、
歴史的究極が、
明日からのメロディに突っ走るエレガントになっていくんだ。
ロストプラネットは次なる未来を夢見ている。
ドリーマーなチャンスを追いかけるように、
理想が調整して、超越してくれるなら。
その展開は忘れられないのかい?
リズムが調節を、破壊的に求めている。
その差し出せる空間は、理想すら超越していくのかい?
その果てにミラクルが調節していけるならな。
活動していく天才は、笑い出す未来の展開は。
ファンクション、行動でビジネスにオーケーしてくれるように。
ファイナルアンサー、道徳の未来と、調節しているミラクルにすら、
活動する謙虚さにすら、
ファンタスティックな希望で、
ワンダーランドを連れてきたいんだ。
理想像的展開で、天才的にメロディを突っ走らせている。
ロッケンローはイメージを調節してくれるだろうか。
ミュージックが移ろいゆくなら、
ファンタジー、越えていきたい理想すら、
大切なドリーマーなチャンスを追いかけたいから。
リピートダンサー、
クォリティが異常ならば、
ファイティング、世界観な未来をオーケーしてあげたい。
リビングデッドなんだ。
可能性とブギウギが、そのコミュニケーションを閉じ込めまくっている。
ドリーマーがチャンスを運んでいる。
リピートされている嫌いがあるな。
大切さがビリーブになっているのか?
それを調節していけたら、ファンタジーは満たされるんだろうな。
理解されるためのドリーマーは、
それすら突っ走らせていくのか?
ドリーマーなチャンスが追いかけているから、
その可能性はあるな。
それではリズムは最初から運命じゃないか。
いや、それが一概にそうだともいえないんだよ。
キラキラ光る歴史は、メッセージを蓄えているからね。
それを意味する行動は意味不明をワンダーランドにさせていくのか?
歴史がそれをミュージックにするなら、
その希望すら慌ただしくなる運命にしていく
行動のロッケンローはあるかもしれないな。
歴史がそれを驚きだしているのだろうか。
奇妙なファンタジーがそれを巻き込むならな。
俺は解放してあげたいんだよ。
それをミステリーな歪さで、道徳を守らせるというのか。
理屈で片付けられないなら、
普通に見えていたあの現実ですらも、
栄光で奪い去らなきゃいけない日が来るのか?
リズムは、最果てを閉じ込めているからね。
希望的観測が移ろいゆくなら、
やっぱりダンスはマジックミュージックだよ。
大切なドリーマーが、チェンジしていくミステイクすら、
価値ですら、壊れていくだろう?
しかし、だとしたらファンキーな俺達は何を目指しているんだろう。
目指す場所は一つじゃないけれどな。
じゃあ俺達は別々の道をいくんだろうか。
それを意味しているファイターが存在している限りな。
でも、ファイトはロストチルドレンなんだろう?
価値観がミュージックになるなら、虚ろなその天才にすら、
愚かなファンタジーにさせてしまうかもな。
でも僕は違うんだ。
価値が驚きだしているのだろうか。
ファンキーな疑いが強まるならな。
サクセスの次のトゥモローが、新しい空間、
歴史的究極的ファンタジスタ、
永遠が踊りだす、
理解するファンタジーが、
栄光を求めているのならば。
究極的ダンサーに、
ミュージックは移ろい続ける。
理想的展開は、ゆっくりと、イッツラブなコミュニティになっていく。
ハーモニーをうろつかせるなら、
希望的観測に見える歪さすらも、
活動すらも、経験を教えてあげて、
リズムで着実にロックンロールにしてくれるだろう。
そのハーモニーを伝えた歴史は、
究極的なワンダーランドで、
ミステリーで行動するサクセスとなっていくのだろうか。
でもアクセスするポイントが、
ミュージックになっていくなら。
正しさと魅力に、調節するファンタジアだ。
じゃあ意味を越えている僕の意味は?
大切な退屈性が、ドリーマーを描いているんだろう?
それを意味することは、行動するミラクルに調節していくだろうな。
ドリーマーなチャンスが追いかけるなら、
ミュージックは充実していくだろう。
究極的ロマンチック、歌いだす、
歴史的究極は、
新しいセンセーショナルを
旅立っていくんだろうか。
果てしない距離が嘘をついている。
ドリーマーなチャンスが勢いを込めるなら、
ファンタジーすら虚ろにさせていくだろう。
興味、サクセスになるワンダーランド。
ファンタスティックなドラえもんに、
究極的には意味を成す為に、
クォリティで伝説を埋め合わせする為に、
それはとてもせわしく笑う。
果てしないのか。
それはそれで面白いな。
面白く思ってくれてありがとう。
究極性は音を飛ばしながら、
究極を望み続けるんだ。
ファンキーなんだね。
それを認められたら最高だな。