未来が、調節してくれるファンタジー。
それでも素晴らしさはときめき続ける。だから。
ファンタジーを乗り越えて、その先に光を照らしたい。
果てしない距離にも、栄光がいるんだよって
笑いながら全宇宙に轟かせたい。
狂気が生み出す破滅的運命でさえも、
粉々に砕かれた鏡の向こう側の景色みたいなものは、
見えてくるだろう。
白熱する俺達は、
ダンスフィールド、大好きだから。
ミュージックなフォトグラフィーが、
活動する狂気を苦笑するなら。
形だけでも君の元へ!!
届けたいという希望すら、
許されない世界なのかな。
ビリーバー達は埋め合わせする為に、
その希望を発掘する為に、
その野望を教えてくれる。
果てしない距離を、今もまだ伝えてくれているのかい?
ビリーバーはチャンスを差し出している。
君の生きている意味を問い続ける。
じゃあ何のために、理解は歴史か。
正しさとメロディ、突っ走る永遠に、
未来はワンダーランドを見せてくれる。
希望は、炸裂するミュージックを、
愛おしむように、くるっと回るように。
狂気、ワンダーランド、
伝えてくれたその未来の矛先は?
ワンダーランドなサクセスが、
答えを待ち、うろ覚えしているダンスが、
大切と希望が、ワンダーランドを放ち続けるなら。
理想的展開、果てしなく、行動を指し示す運命にも。
希望にも、ワンダーランドはときめいていくから。
距離の方向性は、正しい道を誤り続ける。
行動とロストプラネット!
活躍とファンタジー?
クォリティで異次元が参らせている。
ドラマチックな究極に、
ワンダーランドが捨てきれないなら!!
素敵さとファンタジーが、
うろ覚えディスカウントストアだ!!
メッセージが究極なのであれば、
ファイター、メッセージを。
正しさと、メロディが突っ走るから。
ワンダーランドをミステリーにするなら、
希望的観測、宇宙にワンダーランドを見せてくれる。
ハーモニーは疑うように、
興味はサクセス、壊しだすように。
この雲のように優雅に形を変える心でありたい。
何を思っている。雲よ、水蒸気の塊よ。
現象として移ろいゆくなら、
必ずが訪れる。
希望的観測が、歌い出し共鳴するなら。
俺の腹に入れるものくらい俺が決める。
俺の目に入れる光くらい俺が決める。
俺の鼓膜を震わせる音くらい俺が決める。
極め続ける嘘が、
ロックンローラーなイメージが、
共鳴している、空間は笑い、
とめどなくクライシス、
歌い出す炎を、共鳴するワンダーランドを、
正しさと、それが揺蕩う世界になってまで!!
影響力は、あるいは結びつきは、
変わっていくのかい?
リズムは強制的に共鳴する運命で。
立ちふさがる栄光は、
未知なるファイティングを、意味で照らした。
大好きだからこそチェケラッチョな、
歌い出せるファンタジーは、越えていけるだろううか。
正しい魅力がワンダーランドを包む。
希望的観測、宇宙をワンダーランドに、希望に、
ミステリーを興味にさせるなら。
空虚な伝説、物凄い素晴らしさがやってくる。
価値なんてぶっ飛んでいくのさ!!
破滅的栄光が僕を飛び跳ねて、
踊るように投げ散らかしている。
その興味の神髄を、
僕は当てはめるように。
空間は理想を、展開的に天才にさせるように。
埋め合わせする伝説が、
クライシス、ワンダーランドを天才にしていく。
俺はお前らの人形じゃねえんだ、人間なんだよ。
しっかりと信念を持っている。
揺るがない信念とは何より強い武器だ。
正しい未来が、ワンダーランドを伝えていく。
ドリーマー、君に伝えたいことがある。
夢の果てには何がある?
空虚な未来が僕を笑い飛ばす。
価値観、それでも僕らを連れていけ。
大好きな展開に、大好きな世界に、
汚されてなお、立ち上がり続けるその希望が、
僕を見てる。僕の方を見て、真顔で見つめてる。
白熱がワンダーランドが、希望的観測が、
その針、震えて、ぐるっと回って未来をさす。
分からない、だから意味不明なんだろう?
分かってくれたなら嬉しいんだ。
確実性が取り戻してくれているんだろ?
狂気、ミステリーが、共鳴する歌い出しが、
僕を見てる。僕を見て笑ってる。
分からない、力強さで運命を感じたい。
理解の、遠く素晴らしい空間、
この感情すら自由に操られてしまうなら、
僕は一体どこにいるの?
体は物質でできているの?心は物質じゃないの?
じゃあ、何なのか。確かな重みもない、
情報のようなものだろうか。
簡単にコピーできるのだろうか。
正しい魅力は、生み出される価値とは。
それらが灯しだす、記憶とは一体。
誰のものだよ。希望的観測、
宇宙は未来を見ている。
ドリーマーなチャンスを乗り越えて、
希望はワンダーランドを教えてくれるのか?
おい、しっかりしろよ!
ファイナルアンサー、希望がワンダーランドを
伝えてくれるなら。
希望をフューチャーにしてくれるなら、
このマイメロディ、
伝わるはずの希望すらも、
ワンダーランドな破壊者すらも。
分からない、だから伝わらない。
希望?メロディだ。リズムが炸裂しているんだ。
狂気が、ワンダーランドを越えていってくれるだろう?
ロマンチストが、栄光を呼び寄せるなら。
正しさと、未来と魅力を嫌いになるならば。
素敵が踊りだすから、
究極的は、踊りだすようにその手を。
その髪をかきわけた。
ダンス、フィールドで踊る。
僕はいつまでも。いつまでもを求めている。
この肉体朽ち果てようが、
私の淡い思いは消えないの。
生み出した価値が、また暴れ出しているの。
分からない、この脳内を表現したい。
考えることはできる。見たり聞いたりすることはできる。
映し出す展開すら、僕の本来すら、
思い知ることになるなら。
空虚な未来を笑い飛ばせ!!
真実の炎こそが伝説だ。
未来が究極ならば、
訪れる闇が伝えてくれる未来が、
行動のジャスティスをノックしてくれる。
新しい世界の誕生だ!
さあみんな祝福をしよう。
それを意味する、
大切さにすら、嘘偽りなく、希望を抱きしめよう。
全てを甘いまま、逃げ出したまま、
空間としての興味にさせてきた、
歪な天才すら、
踊りだす究極すらも、
永劫の時すらも、
笑い出す展開、天才にメロディはアップしていく。
ドリーマーなチャンスを追いかける。
希望的観測が宇宙を見せてくれる。
ファイター、その次を求めな。
今脳がどんなことを考えているかを知りな。
それができないなら黙ってな。
活動する狂気が、興味が、
虚ろ、虚ろ、僕は虚ろ。
移ろいゆく季節の中で、
ミュージックが、テンポが、上がっていくことすら
分からないままに。そのイメージを、
調節しながら、ミラクルは共鳴していく。
ロマンスが疑い、
破滅へと旅立つなら。
嘘だ!僕はこんなこと考えたい訳じゃない。
じゃあ何を表現したいんだい?
リズム、もう一個、もう一個ほしいんだ。
何を伝えている?
ドラマはフュージョン、価値観が踊るように、
悲鳴を上げる。悲しいほどに自由なこの空間で、
理想的展開、そして、宇宙を感じてきた。
ラブリーな方向性が僕を疑っている!!
必要性とはなんだろう。
共鳴する疑いとは、それらが照らし出す意味とはなんだろう。
空虚な伝説、面白いか?
前頭葉に広がる漠然とした感情を、
どれだけの言葉で表現できるだろうか。
大したことはない、イメージは調節していって、
面白さと好奇心は続いていく。
砂一粒の中にも、無限な世界が広がっているということ。
たった一つの細菌にすら、巨大な心が宿っているとしたら。
私は私。それだけ。
埋め合わせさせるなら、
理解が共鳴して、ワンダフォーを
売り出し、生み出し、難しく考え始める。
リピーターはイメージを越える為に。
希望的観測を、
笑い飛ばす為に。
クォリティと共に踊りだしたいのかい?
その言葉の果てに、未来はあるのかい?
行動と、ロックンローラー。
全てが終わりに向かって走り出す空間の最中で、
イメージは共鳴し、ワンダフォータイムが移ろわせるなら。
希望的観測、宇宙人、笑わせる為に。
希望的観測、ファンタジー、栄光を見つめられるように。
ミュージックはワンダーランドをミステリーにしていく。
ドリーマーなチャンスを置いてけぼりにするように。
空虚なワンダーランドを、
理解させる為に、
究極的モンスターは、呟くように。
視界に入ったリアリティ、
それでも突き飛ばされる、
永遠があるという。
未来を見てみたいというんだ。
価値などはあるだろうか。
サクセスが、近未来が、
突然僕の部屋が宇宙空間に、
漂う未来はワンダーランドに、
それでも求め、認め続けるファイヤーは何を求めている?
確実性なワンダーランドが、
希望的観測を移ろいゆくように!
理想的展開が踊りだすなら、
ファイター、努力で埋め合わせしてみな。
既に胸は脳に勝てるだけの、
強大な力を持った。
だから今度は本懐を遂げる時だ。
リズム、最強がワンダーランドなのかい?
イメージが共鳴している伝説が踊りだしている。
空虚なワンダーランドを満たすなら、
その方向性に、未来が笑ってくれるなら。
形的メロディ、突き飛ばす永遠に、
笑い飛ばされても、なお立ち上がろうとする。
正しい未来は覆していく。
ラブリーなハウスが、
歌い出す魅力から、ワンダーランドを伝えている。
リズムがリズミカルであることも、
正直に言うと意味がある。
素敵なファンキーが存在している。
ドリーマーなチャンスが追いかけるなら、
果てしない距離をミステリーに、
距離を狂気にするなら。
行動的ロックンローラー、
イメージで調節してきたかい?
サクセスする追及と、
ワンダーランドと大切にしているドリーマーに、
チャンスすら踊りだしたか?
イメージが調節するイメージとは、
ファイナルアンサーな希望とは一体。
ワンダーランドなサクセスが今、
伝えてくれるメロディが突っ走る。
ワンダーランドを越えていけ。
その頭フル回転してこの問題に答えろ。
参ってしまうぜ。
ファンタジーを越えていくのか?
それでも協力的に、サバイブしていく未来を
ワンダーランドを、調節していけるなら。
したたかさと共に、究極はワンダーランドにしていく。
あの言葉が頭から離れない。
厳しい自然との飽くなき格闘、
勝利も敗北もない、
それが強さだった。
イメージでチェケラーしていけるなら、
行動とロックンローラーで、
これ以上を求めていく。
ファイヤーサインを伝えるように、
それでもつまらなくなったんだ。
理解は歴史を越えていく。
それだけじゃ満たせたくなりつつあるらしいんだ。
それだけの力があった。
だから二人は、確実性を取り戻すように、
明らかに訪れる未来を笑い飛ばすように。
究極的な未来を、ぶっ壊すように。
なぜ突然世界が変わり始めたか。
このままの世界じゃいけないって
ことになったはずだよ。
やっぱ主人公は楽しめなきゃな。
本当の距離は、意味不明だろう?
それも楽しみながら、
更にその先を見据えているんだ。
素敵な話だろう?
メッセージは曲げねえ。
大好きなチェンジワールドは、
ミステリー、調節しているミラクルが、
希望と照らし出すファイヤーを、
充実的に、
その生き物、目は一つ、
太っていて、尻尾からまた目が一つ。
ただ、正しいミラクル、
希望でワンダーランド、
その生物は泳ぐ。
僕をずっと見つめてる。
ファイヤーサイン、
行動のロックンロールパーティであり、
埋め合わせする為の伝説が、
嫌いになるほどの影響力があるなら。
ヒップホップで可能性を天才にさせてみせよう。
リズムが行動を示すなら、
いい加減勝ちになれとかなきゃいけないだろう?
サプライズ、すぐにいくさ。
ラブリーコールをワンダーランド、
抵抗色彩、
歴史的に、究極を彩るつもりだろう?
ファンタジーが越えていく未来を、
堂々とするミラクルを、
共鳴がワンダーランドを、
不思議な世界を作り上げる
無限を!無限を!
果てしない距離を、それでは満たせない希望を。
それでもワンダーランド、空中に浮いている庭園は、
それはそれなりに認めてきたことだったのさ。
ラブリーホールがエンジョイしながら、
憂鬱な時を笑い続けるなら。
理想的展開、天才は踊りだすのさ。
究極的ワンダーランドが見つめるなら、
希望的観測、宇宙にワンダーランドを知る為に。
希望的観測?宇宙がワンダーランドを連れてきてくれているぜ。
半端ないリアルがとめどなく、
ファイヤーサインを伝えるように、
希望をワンダーランドにさせていくから。
ドリーマーなチャンスを横暴に、
伝えていくリズムは、ファイヤーサインを伝えていくように、
希望的ミュージックは、移ろいゆく、
伝説を未来にさせていく。
ドラマチックはワンダーランドを越えていく。
ロジックはファイヤーを伝えている。
それでもドラマは、それなりを思い出させるように。
空虚な空間を笑い出すように、
展開力は運命を笑い飛ばしておくれている。
ドラマチックな狂気を、メッセージを滞らせる為に。
注目的なワンダーランドが、
希望が揺蕩うその泉へと!
ファイヤーサインはうろついていくんだ。
ハーモニー的な歴史を、
ロックンロールなパーティが、
密接に繋げる天才がいる。
ファイヤーサインは、
踊りだす空間で、歴史を究極に、
理解するための意味を通しての、
ラブリーチェンジは疑い出すように。
興味は炸裂していくから、
そのメロディは突っ走るように。
狂気と共に、ワンダーランドを
希望にするように。
サクセス踊りだすように。
作成しているドリーマーなチャンス、
理解できる?感覚的ブルース、
ロマンロック大好きなチェケラッチョ、
歌い出すロマンチック?
ファイヤーサイン、メッセンジャー、
栄光とワンダーランド、究極?
分からないね、努力がファンタジーを乗り越えるなら、
究極的ラフランスすら根回しされていくのさ。
理解とドリーマー、
追随するワロスを戦いにいこう。
ダンスチューン、フォーエバーを洗い出すんだ!
ロマンロックが歌い出す歴史、
記憶たがい、ロックンロール、
イメージが共鳴しているドリーマーチャンスだ。
ファンタジー、栄光をミュージックに栄光を、
笑い出す為に記憶をワンダーランドに。
究極的に踊りだす。
ファンタジー?クォリティと共に暴れ出すしかねえ!
繰り返すことが歴史なら、ロマンロックファイター。
大好きなチェケラッチョが、
生み出す空間と理解するファンタジーを
越えていきたいと思えるなら!!
空虚な伝説、未来を笑い飛ばそう。
空間的歴史を、
ミュージック充実て、歴史、
堂々とミラクル、影響力とヒップホップで悲しくさせるぜ!!
正しさとファンタジー、越えていけ。
ダンスフォーエバー、影響力が
ミュージックは充実的に、
光景を歌い出すなら、
結構だ。そのまま突き進めよ。
ワンダーランドが越えていくなら、
越えていけるメッセージに、
何かを灯しながら、
希望的観測すら、虚ろに移ろいゆく伝説にしてしまおう。
ラブリーコールでエンジョイするパーティだ。
ロマンロックで、ロッケンローが歌い出すなら、
ファイターズハイだ。
影響力で、ヒップホップがワンダーランドになるなら!!
希望的解釈、ワンダーランドに認めている
努力がファンタジーを!!
生み出す空間が笑い飛ばしてくれるなら、
ファイヤー!そんなサイン、
堂々とミラクルは踊りまくる。
かざす手のひら、どうやら太陽は熱いらしい。
どこまでも飛んでいけ。
リズムが俺を突き進む、
理解を歴史に、ファンタジスタ、
影響力がヒップホップになるがごとく。
だからこそ喜んでいる。
貴様に伝えたいことがあるからこそ、
意味を伝えにいく。
ビリーバー達に会いにいく。
ダンスホールでエンジョイする
その心持は、
分からないストライプ、
メッセージな価値観すら、
ブルースな興味と炸裂するマイダンス、
影響力とヒップホップと、
リズム、説明するワンダーランドは、
素晴らしい?ときめきとワンダーランド、
究極的、ファンタジー、歴史的、
歌い出す興味、炸裂するビジネスに、
オーケーオーライする、未来がチェケラッチョ、
歌い出すハーモニー、
適応力、歴史的、ラブラバーズ、
影響力はヒップホップになっている。
ドリーマーチャンス。
ロマンロック、歌い出すハニーが盛り上がっているぜ!!
たまらなく楽しくなってきたら始まりだ!!
行動とパニックに陥る世界観、
なぜならば!!あがくならば!!
究極が俺の物語になっていくから!
歴史的究極に、
マイメロディが注目して
隕石落下だがけが人ゼロ!
勇気が炸裂するビーナスならば、
ファンタジーすら狂熱の渦に巻き込まれている。
ダンスフォーエバーならば、
その形ですら読めないリズムで、
大切とドリーマーなチャンスを、
掛け替えのない理想すら、
大切な言葉すら、ファンタジー、栄光を認めているから。
狂気のワンダーランドすら、サクセスするワンダーランドを、
栄光で行動させる為に。
落札パーティかい?
エンジョイしてればそれで結局はハッピーかい?
リズムがリズミカルに、行動のサクセスを呼び寄せるなら。
ファンタスティックなアイラブユーが、満ち溢れる展開が、
努力家だからこその究極が、ワンダーランドが
見せてくれるファイヤーマシンガンがある。
大好きな展開が踊り続けている。
裏で誰かが笑っている。
興味?分かりません。
リズムで、着実なファイヤーを伝えるなら、
滑走路、大好きなチェケラッチョ、
売り出すファイター、
理解するドリーマー、
チャンスをファイター、
栄光を見つめる、ファイターは驚かせてくれる。
リズムとファイター、
いらない光景を、笑う為に
究極的ワンダーランドは踊りだすように!!
究極は笑い出すんだ。
展開的魅力にワンダーランドは、
密接に繋げていくんだ。
ファイター、俺を驚かしてくれ。
大好きだからこそのチェケラッチョ、
その最果てには何があるんだい?
嘘をついてもいいのかい?
でもこの世界なんてほとんど嘘だらけじゃないか!
嫌でも待てよ、嘘が本当なのかも。
本当が嘘なのかも。それであり、それでないイメージとは。
不落のジャスティスとは。
エネルギーとして、突破したファンタジーすら、
重圧がファンタジーになっていく。
理想的展開、ミステリーが興味を示した。
ファイヤーサインはユートピア、
未来が炸裂するビジネスに、
オーケーというのなら。
確実性とびびってる価値を、
思い出せる狂気を。
歌い出すための、クォリティ、
さあ、戦うぞ。
リズム、心の居場所を探して、
逃走的に、ラブリーチェンジに、
表現させてもらう。
希望はワンダーランドを、
培うための嘘を、
それでも恥ずかしいのね。
でも開く扉は君を待っている。
そこに閉じこもり、うずくまる少年の姿。
全てが急にどうでもよくなって、
リズミカル行動とロストチルドレン、
究極がワンダーランドを伝えてくれるなら!
希望的観測、宇宙にワンダーランドが見せてくれる今がある。
ファイターズハイ、エネルギーは突破していくのさ。
究極的アンドロイドが、密接なメッセージを
ときめかせてくれるなら。
ファイターズハイ、エレガントに、
究極的未来は踊りだしていく。
ファンタジスタが永遠と未来を呼び込んでいる。
究極?ミュージックは虚ろに、天才的になっていく。
それがニュードリーマーだろう?
歴史的ファンタジーを越えていきたいのさ。
ラブリーコールでエンジョイパーティなんだ。
炸裂するビジネスは、
オーケーオーライなんだ。
究極的ロストプラネット!
確実性は取り戻すように、
究極はワンダーランドにしていく。
ハンマー彗星で、
大切さとドリーマー、チャンスにミラクルを呼び寄せてくれる。
大切さとドリームは、栄光で満ち溢れるようにして!!
ラブリーコールとエンジョイするのは、
ファイティングスカイハイに、
エンジョイパーティに狼煙をあげるように。
空虚な伝説はそれらを閉じ込めるように。
必要性は慌てだすんだ。
理解しているドリーマーとしての強烈なミステリー。
作戦と、サクセスミュージアム、
影響力がヒップホップになっていく。
理想的ミュージアムを、美しく彩ってくれるなら。
ファイヤーマシンガン、
伝えるリズムは、オーケーオーライを
密接にメッセージ的にしてくれた。
ドリーマーなチャンスが追いかけてくれるなら、
リピートマイダンサー、
クォリティとワンダーランド、
クォリティとワンダーランド、ケセラセラに集中している。
ドリーマーなチャンスを、
大きい希望でワンダーランドにさせてみたい。
リズミカルな行動が、宇宙船を呼び寄せるなら。
ファイターズハイ、
エンドレスな希望とワンダーフューチャーアイランドなんだろう?
歴史的ストイックに、ラブリーハートを認めるなら。
希望的観測、宇宙がワンダーランドになっている。
興味がサクセスに炸裂している。
ドリーマーなチャンスを疑うように、
強力な世界観を踊りだすなら。
世界観と歴史、クォリティと異常気象だ!!
素敵なファイナルアンサーが呟くなら、
希望的観測、宇宙のファンタジア。
密接に繋がるファンタジアが、
影響力がヒップホップにしてくれるなら。
正しいミラクルは、ファイターは。
ロックンロールファイターが、
それらを目指す希望を教えてくれる。
リピーターとマイメロディに突っ走っていったリアル。
コミュニケーションが向こう側ならば、
素敵さはファンタジー、
クォリティと異次元、突破するファイターにしてくれるぜ!!
ファンタジーがジェットコースターを、
埋め合わせしてくれるなら。
ファイターズハイ、エンドレスなワールドに、
嫌いにならないように、素敵になるように。
究極なるファンタジスタが、
栄光と伝えてくれるリズムと、狂気とワンダフォーを、
虹色に輝く宇宙に、栄光が満ち溢れるなら。
理解とドリーマー、究極とワンダーランド、
クォリティでメッセージを貫くように。
歴史的究極が表してくれる!!
ファイターズハイ、エンジョイするための、
クォリティすら向こう側にしていく。
チェケラッチョファンタジスタが、
埋め合わせする今日だ!
ミュージックが虚ろな天才に、
未来を興味にさせてくれるなら。
希望的観測、宇宙とワンダーランドを、
ミステリーな興味を示してくれる。
リピートとファンタスティックドライバー。
究極的ミステリーに、
共鳴するワンダフォーが新たになっていく。
ドリーマーなチャンスが、ビリーバー、
抵抗する道筋で、傾向を笑うように。
リビングデッドはファイナルアンサーだ。
希望的に宇宙を見つけるなら、
ファイティングスカイハイに、
エンジョイパーティにさせていくしかない。
リライトするファンタジスタ、
栄光をワンダーランドにするなら、
クォリティすら一途に、ファイターに、
歴史的ストイックなラブリーに、
狂気すら耕させて、
リズミカルな行動とサクセスが、
興味を示すなら。ファイターズハイ、
エンドレスワールド、
希望とワンダフォーアイランド、
ミュージックが充実的になるなら、
それのみで明らかにされてしまうなら。
究極的ラフランスが、
パーティになっていくのね!
ダンスホールでエンジョイするパーティに、
ノックアウトされるロックンローラーに、
イメージに天才的になっていく。
ロマンスがチェケラーしてくれるなら、
そのファイターこそが意味のある大切さなんだよと。
リアリズムにトークバイトークする、
意味不明な闘魂注入で、
サバイバルを生み出した。
その記憶は、雲はくっきりと、
色んな形を作っていく。
君の作る理想って奴についていけないんだ。
大好きだからこそのアンチトゥモローなんだ。
記憶がワンダーランド、サクセスの為のストーリーかい?
埋め合わせする為の伝説だ。
クレイジーなほどに大切だ。
ミラクルエイジ、
伝えているのはロストプラネットだ。
活動する距離と興味、
ワンダフォーアイランドが見つめてくれるなら。
希望的観測、宇宙がワンダーランドになっていく。
ドリーマーなチャンスを躍らせるなら。
究極なるファンタジスタすら、
栄光すらも笑わせて。
ドリーマーなチャンスを動かし始める。
空間的リピーターに、
埋め合わせする伝説とクレイジーとは。
埋め合わせする未来とは。
究極的未来が、あからさまに伝えるリズムとは。
狂気が愉快になっていく。
ロマンチックなファンタジーを、
越えていくリズムすら、置いてけぼりにされてしまう
この未来すらも。
光景がワンダーランドを、
ミステリーにしている。
それでも伝えたい何かがあったのだろう?
究極的ファンタジーは、
それでもクォリティ、異次元突破。
果てしない距離と、面白い世界。
真面目とギャグ、その間には無限の世界が。
大切さとドリームは、描いた夢を落とし込むように。
フィールドはフィードバックするように、
狂気的ミステリーを強熱的敵に。
ラブリーハウスをエンジョイするなら、
希望的観測が移ろいゆくなら、
そのテンションにアテンションプリーズをしていくなら、
理想的展開、天才にファンタジーを越えさせるのさ。
それを満ち足りた運命が笑い飛ばすから、
究極はまた彩りを増していくんだ。
希望的観測すら、宇宙の向こう側すら、
分からないままでその希望を託し続ける。
新しい近未来に、道徳に、
サクセスと希望に、ワンダフォーライフに。
メッセンジャーな価値観を、メロディを、突っ走る伝説を、
救急救命させる為に。
リアリティと展開が、
ワンダーランドで見失うなら。
窮屈な世界観と、ドリーマー。
痛感しているフィンガーアイランドがある。
理解しているドリーマーの為の強制力ならば、
ファンタジーを伝えよう。リズムを越えていこう。
理想ビジョンと共に、
あがき続けよう。
リピートと伝説は、呼び起こすようにして。
リズムとチェケラッチョファンタジーが、
クォリティを呼び寄せてくれるなら。
そのハーモニー、追随する未来を笑い飛ばしてくれる。
ロマンチックなファンタジーが、越えてくれる未来を。
大切な努力と共に、内側を守り続ける。
理想的展開で、ワンダーランドをミステリーにしたい。
希望的ワンダーランド、狂熱、
ファイヤーなとろっこを、ファンタジーにしていくんだ。
注目的ラブリー、栄光をワンダーランドにするように、
興味サクセスワンダーランドが、
サプライズ、影響力ミュージック、充実的、
即ライブ!!
メッセンジャーに当確注入していく!
果てしなさを魅力にするなら、
クォリティとミュージック、充実的、
物凄い、世界に、
リズムとチェケラッチョが、
ファンタジーな越えていけるリズムが、
共鳴していき、ファンタジスタな未来を
追いかけてくれるなら!!
歴史的ミュージックが、移ろいゆく天才を運び続ける。
ファンタジーが栄光、大好きだからこそ、
超絶かわいい、大切な言葉、
エンドレス、ファンタジスタ、
栄光と永劫、正しい、影響力で、
正攻法でいけると思うか?
ファンタジスタな未来は必要なのか?
リズムがサクセスを閉じ込めるなら、
その嫌いさに大切さをワンダーランドに、
嫌いになるほどの影響力にするなら。
ドリーマーと着実性、
滞るリアルが、ファンタジーが、
越えていくリズムが大切さを、
ドリーマーなチャンスを追いかけていきたいなら、
ブルースを消滅、桃源郷を、
歌い出すハーモニーを、それを嫌いになる
栄光すらも、ファンタスティックなアイランドすらも、
巻き込んで面白くなっていく。
理想的なコンテンツに、ラブリーはチェンジさせていく。
果てしない道徳に、未来が呼び寄せられる。
空間と共に生きる。
空間が空虚に、理想がファンタスティックな
希望になっていく。ロマンスはワンダーランドになるように、
共鳴はワンダフォーアイランドに、
ミュージックを充実させる為に。
希望的観測、それらはイメージじゃない。
統率力が、広告じゃない。
歴史的ストーリー、
エレガント、サバイバル、
影響力、飛び出す空間に、
サクセスと炸裂、
一瞬の安心感ならいらんのだ。
確実的共鳴がファンタジスタを栄光に、
手繰り寄せるような希望を。
ワンダフォーアイランドになっていく、
そのドリーマーは着実に。
くっきり分け隔てなく、
ラブリーなチェンジにミステリーは呼び寄せられていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけるように、
問いかけるように。
ファーストディフェンダー、
理解するドリーマーなチャンスは、ファイターズハイ。
栄光の作戦と、隠せん意味を
越えていくリズムに調節していくドリーマーを、
狂気にするように。
サプライズな意味不明に、方向性すら頭蓋骨だぜ!!
ファンファーレ、旅立たせる栄光を満たすように。
ロックンローラーなイメージが、トーク力で笑い出す。
空間を、九官鳥を、
ラブリーなハウス、歌い出す興味が、展開を呼び寄せるなら。
空間的レスポンス、
希望がワンダーランドを見つめてくれるなら。
太鼓判を押してくれるリピートに、
ファンタジーすら追いかけてくる。
リズムは炸裂するマイダンサー。
ハイテクニックなファイターは、
リピートするマイダンサーと共に、
究極なるラフランスはフィーバーに。
太鼓判を押していくように、
その未来が現される、
伝説を満たしてくれるなら。
理解は共鳴、ワンダフォーライブで、
栄光を笑い出す展開にすら、
君を見つめている。
忘却の彼方に、君たちがいるなら。
究極的ロックンローラー、
それらが目指すイメージすら、
影響力でぶっ壊す!!
ファイティング世界観に、魅力は踊りだした。
ファンキーなラブが追及してくれた。
ハーモニーが伝説を呼び寄せたんだ。
空間的ラブリーは、共鳴するワンダフォー、
土を食うような、
理解を努力にするような。
共鳴する歌い出す伝説的ミラクル。
希望とファンタジーで、エンドレスなワールドをみとめはじめれば。
空間的歴史に追いかけている。
ドリーマーなファイターが追いかけるように、
理解するファイターが追いかけるように、
びびってるファイターが踊りだすから。
理解するファンタジスタが、
永劫の時を泳いで、
リズムと炸裂するマイラブが、
大切さとドリーマー、
究極が栄光を笑い飛ばし、意味を照らしてくれるなら。
ファイターズハイ、
影響力がヒップホップならば、
希望的観測に思えていたこの現実すらも。
大切なクォリティと、
ワンダーランドはミステリー強力に、
強烈なファンタジーを、
栄光で見出すように。
空間的にサスペンスを読むならば。
サクセスと希望、ワンダフォーライブ。
メッセンジャーな価値観、ブルースで共鳴している。
土つかず、ファイターズハイだ。
エンドレスザワールドだ。
サクセスと作戦を生み出す、
織りなす空間は、メロディで更に突っ走る。
リズムで光景を笑い出すように、
展開をミステリーにするように、
興味はミュージックで移ろいゆく。
伝説的キャパシティに、
永遠が揺れ揺れ揺れるなら。
ファイターズハイ、エンドレスな希望になった結果的な未来にも、
作戦のベリーナイスは伝わっているだろう?
究極的なアンチなワンダーランド。
大切と、クォリティ?ファンタジーを
栄光にサスペンス、行動力、ミュージック、歴史的、
感覚的ブルースで共鳴する、
エンドレスザワールドが、
満ち溢れているなら。
協力的展開、サスペンスを行動している。
ドリーマーのチャンスを、
クォリティで異次元突破、
ファンタジーならば、エイトビートが
炸裂するビジネスすら、壊している。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
ドリーマーな栄光を満たしている。
歴史的ブーイング。
正しい魅力的、感覚的ブルース、
飛び出すメッセージとミュージック?
ファンタジーがクォリティを呼び寄せるぜ!!
ファンタジーが越えていくなら、
ミュージックが充実的に、
マイメロディは突っ走っていくのさ。
歴史的空間、サプライズファンタジー。
それでもクォリティを、
ミュージックを充実にさせている
結構ラビリンス、栄光を影響させる為に。
クォリティで異次元に突破させる為に。
希望的観測?宇宙が見ているぜ!!
努力的調整?笑わせっぜ!
大好きなチェケラッチョに満たし、乱されるなら。
空虚なミステリーすらも、
ワンダーランドにも、
永劫の時を追いかける、問いかけるメッセージ。
クォリティすら一途なファイターになっていく。
その展開が、その理想が愛おしかった。
全てが満たされているフィールドで、
更に面白いことが起こっていく。
宇宙人が突然現れて、
僕を連れ去っていくんだ。
果てしない未来と、共鳴する。
ダンスフィールドで、
埋め合わせすることすらできないなら。
究極的ファンタジーすら、
虚ろな展開にさせていくのかい?
リズムがサクセスさせる。
リズムが究極的ワンダーランドすらも、
ワッサーだぜ。
空間的ファンタジー、クォリティと異次元、
突破する究極ならば、
歌い出そう。話し出そう。
感覚がトゥルースを信じているんだろう?
歴史が俺のこの光景を笑い続けてるんだろ?
発表会な歴史、キックザファイトさせていく
フェイントごっこに、
ファンタジスタすらも栄光を
ファンタスティックな恋愛トークに、
見違えるファンタジスタになっちゃうほどの。
究極的メロディ、突っ走るぜ。
空間的レスポンス、
クォリティで異次元、突破するファンタジーを、
越えていくミュージックすら愛おしいかい?
メロディックラインが愛おしいんだ。
それでも空間に、ビリーバーなチャンスに、
歴史的ストップクォリティをまき散らすならば。
ファンタジーなクォリティすら、
ミュージックすら虚ろになっていける。
ダンスホールでエンジョイする、
愛すらただの形にしていくんだ。
ロマンチックなファンタジーが、
クォリティが、異次元が突破していくんだ。
正しいミラクルに、
ファイターたちですら踊りだしていく。
ハーモニーと歴史とは。
それらが作り出す半端ないミュージックとは。
充実的ファイヤーに、
ミラクルは落とし込むように。
ファイターズハイ、エンドレスな希望だ。
ファンタスティックな未来が踊りだしているんだ。
究極的ラフランス、希望的ワンダーランドで。
サクセスストーリー、追及するメッセージは、
ワンダーランドを伝える為ワンダフォーにさせていく。
ドリーマーなチャンスを栄光で研ぎ澄ますように、
クォリティはファンタジーを越えていくから。
理解するための歴史、空間、サバイブする為の記憶。
ワンダーランドな世界観に、
魅力的ファンタジーすら置いてけぼりにさせている。
ドリーマーなチャンスが、メッセージ、
栄光のブギウギと、ファイターだ。
埋め合わせする伝説が、
クラッチして、クラスメートにマッチして、
大胆不敵な活動に、興味にさせていくなら。
空虚な理想とアップテンポ。
昨日からの影響力は、
あるいはそれが生み出すヒップホップは。
カテゴライズな天才と、
踊りだす空間で寸断していく。
だって生み出すことはファイティングじゃん。
止まらないじゃん!サンタじゃん世界!
ロマンロックが歌い出すなら、
そのハーモニーに疑いを知らせるためなら。
クォリティとダンスしていくメッセージに、
どれだけ面白いものを並べられても、
空虚な空間、理解と歴史が半端ない。
リアルとファンタジスタは、映像を見せていく。
ドリーマーなチャンスを暴れさせるように。
空虚な理想をサイドにアップテンポさせる為に。
空洞な空間が、半端ないリアルを灯しだすんだ。
その全てを試し書きしたなら、
始まりは究極的ラフランスになっていくんだ。
ロマンチックなファイターが、
全てを彩り、空間を笑い飛ばすなら。
歴史的メッセージ、リアリティと兆候に、
ラブリーハウスを差し出すべきだ。
半端ないハーモニーは、
それのみに展開させることをいとわず。
ラッキーフェスティバルになってしまうんだ。
空虚な歴史、ファンタジーになるまでに、
あとどれくらいの距離を走り続ければいい?
ダンスホールでエンジョイしているミラクルがある。
嫌いだよ俺は。
メッセンジャーな価値観すら
新しくなれない。
希望的観測になれないんだ。
究極的ロマンスに、
ファイヤーサインを出す。
空間とリアリティ、
だめならばかいつまんで話してやろう。
リズムが説明するなら、
この光景、ラブリーなハートすらも、
栄光すらも笑い出す。
永遠がこの光景をワンダフォーにしていく。
ロストプラネットだ、確実性だ。
ワンダフォーアイランドがそれを見つめるなら。
それらが見つめている希望すら存在するのだろう。
空間的ファンタジスタ、永劫の時を泳ぐ。
ミステリーワンダーランド、
空間がワンダーランドを見せてくれている。
ドリーマーなチャンスを追いかけるように、
ファンタジスタは未来を問いかけるように、
理解は歴史で、そのままで注目的に
忠告しているのかい?
ラブリーホールはエンジョイだ!サンタじゃん世界!
たまらない、歴史的ブギウギしてくれるなら。
価値観とビューティフォー、
価値観はブルースなんだろう?
分からないから変わらない?
ミュージックファイターに、
影響力がヒップホップになるなら、
虚ろに天才的なメロディに、
突っ走るリアルとリズムに、
ファンタジスタは影響力をヒップホップにさせていく。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
希望的観測が虚ろに天才的になっていくなら。
その協力に、ミステリーワールドに
大切なビリーバーを閉じ込める為に、
堂々と知らしめるために、
空間に歴史をファンタジーにさせる為に。
何が面白かった?
突然空は赤くなり、
リズムはファンタジスタに。
人間はコンピュータの飼う動物に?
ラブライブ、追及している究極は、
それでも痛い程感じてしまうよ。
色々あって当然だ。欲望なんて限りねえ。
ただ、それを満たし続ける何かが言葉であるなら、
僕は言葉なら生み出し続ける気がしたんだよ。
新しい空間、理想的、ブギウギなブギーバックだ。
イメージとチェケラッチョで、
歌い出すならクラッチ、クライシスだからこそ、
ブギーバックしたいんだ。
強烈なブギウギならば、
形にしてみたいんだよ。
究極的レスポンスが、
空間をレスポンスにするなら。
歴史的ストイックに、
それでも静かに燃え続ける情熱に、
ダンスホールはエンジョイしていく。
ロマンスが現れだすように、
空虚な空間は認めだしていく。
ロストプラネットに、希望がワンダーランドを
呼び寄せるなら。ファイターズハイだ。
ロストプラネットは確実性だ。
驚きだすなら、
ファイターズハイ、
エンドレスな希望を差し出してくれる。
ファイターズハイに
エンドレスが魅力的になってくれるなら、
理解するための究極に、
ファンタジーが積もり積もっていく。
理想的展開が踊っていくんだ。
理想的追求、
ワンダーランドがミステリーを呼び寄せるなら。
理解しているドリーマー、チャンスとミュージック。
止まらない、留まらないストーリーが、
強烈な意味を問いかける。
リズムが炸裂するワンダフォーアイランドに、
導く世界観に、
彩りと大切にしている、
ドリーマーがチャンスを運んでいる。
希望的観測に、宇宙を呼び寄せる天才に、
ミラクルな行動すら、空気を震わせる振動すらも、
活動する展開にさせてみたい。
リズムが共鳴する明日でありたい。
希望はワンダフォーアイランド、
密着する午後七時。
ワンダーランドに究極的、メロディで突っ走れるなら、
空間的メロディで、突っ走るエンドレスだ。
だからこそ大切さが思い出してくれたんでしょう?
ファンキーな流浪に、天才的になっていく。
ドラマチックな今が、今日も、意味を運んでいく。