正しい意味を照らしたい。
新しい君を見つけたい。
リズムで調節してきたんだ。
リズムが錯綜してきたんだね。
ハーモニーとユールックなコミュニケーションだ。
リズムで炸裂するブルースが、
興味をもってくれるなら。
ラッキーだな。
それこそ嘘になってしまうのだろうか。
興味が卓越するように、
興味が炸裂するなら。
ダンスフォーユー、
掛け替えのない理想、
大切な言葉、ミュージックと充実的に、
ラブリーソウルに、
まとめあげて理解を共鳴したい。
ダンスフォーユーならば、
価値観すら耕してくれるだろう。
希望、ファンタスティック、
恋愛トークを満たしてくれるなら。
その理解者の場所にいこう。
大好きなチェケラッチョ、
歌い出すハーモニーで、
言葉を紡ごう。
大好きな展開を愛し続けよう。
リミット、地味に生きるよりは。
素敵なファンタジー、越えていかたなら。
ストライクゾーン、
ミュージックは充実なんだ。
サクセスのトゥモロー、影響力が
引っ張り込んでいる。
リズムで共鳴している。
ワンダーランドが、活動させるように。
空間を空虚にさせるのなら、
ビリーバー、卓越する
ワンダフォーアイランドがあるなら。
覆すなら、リミット、
ファンタジスタが描いてくれる未来がある。
頼りないものばかりが存在している。
それでも歌い出すんだ。
ファンタジーアースを認めるなら。
活動的展開を、天才を
踊りだしたい究極を、
理想を、ミラクルを、チェンジさせてくれるなら。
ファイター、愉快にさせてくれるんだろ。
ようやく聞こえた産声は、
誰のもんだよ。
リズム、サクセス、その果てまで到達しながら、
希望的観測は移ろいゆく。
大好きな展開で、天才たちは踊りだす。
サプライズな意味合いが、大好きになっていく。
理想的展開を躍らせるように、
究極は笑うように、
メッセージは驚かせるように。
空虚な歴史が越えていってくれる。
その意味を、アンチテーゼを、
守るように。愛しく愛するように、
希望がメッセージになってくれるなら、
その価値観が顔を出すなら、
価値とクレイジー、
ワンダーランドと共鳴、
糸目をつけず、大好きを運び出そう。
サプライズな意味を通そう。
リアルなフューチャー、
どこまでも満たされる、
価値がどこまでも広がっていく。
僕はやっぱり理想を描くよ。
楽しい未来を描きたいよ。
リズム、調節しても、リズムは共鳴していったんだ。
理想的展開は移ろいで行く。
懐かしくて仕方ない。
リズムが調節してくれている、
明日がある。
リズムは出会い、また果てしなさを
求めて旅立っていく。
理想的展開を目指すなら、
希望を僕とするならば。
退屈な世界観、
彩りも行方不明だぜ。
ファンタジーがうろおぼえだぜ。
究極的メッセージを閉じ込めるなら。
空間すら歴史に近づいていくのかい?
理解、ファンタジー、越えていくミラクルとは。
極め続ける明日の意味とは。
その果てに、メッセージを呼び込む。
力強さを蓄えこんだ。
その興味を、ワンダーランドにしていったんだ。
理想級、大切なドリーマーが、
チェンジしていくミラクルを運んでくれた。
正しいミラクルに、ファイティング世界を、
栄光でビジネスにしてくれた。
舞い戻る栄光が、
満ち溢れる天才が呼び寄せてくれた。
リズムが着実に、平行線に、
ラブリーなチェンジをミステリーにしてくれるなら。
希望的観測、移ろいゆくものがあるでしょう?
ファンタジスタがそれらを認めてくれるなら、
ファイヤーバード、
満ち溢れる天才に呼び声が高くなるならば、
サバイバルなメッセージを、
クォリティを、ワンダーランドを認めてくれ。
大好きなトゥナイトを愛してくれ。
リズムで調節するリズムを、
越えてなお輝く歴史を、理想を。
展開的興味に炸裂させられている。
大切な歳月、
意味不明な行動にサクセスは求めだしていく。
理想的展開が、
天才を見せてくれているんだ。
興味が卓越するワンダフォーアイランドならば、
クォリティと一途に、ファイターズハイに、
影響力はヒップホップになっていく。
ロマンスがワンダーランドならば、
希望的観測が移ろいゆくなら、
歴史、キックザフェイントだ。
サクセスロード、ミステリーを興味にしていくんだ。
ロマンチックに、エイトビートを認めるように。
活動する興味は指し示すように。
でも本当のリアルはそこにはない。
本当に欲しいもの、
一途なほどの天才は、
リアルなフューチャーは、確実性は、
踊りだすように。
究極的なミステリーに、
舞い込むように。
理想的展開が、
笑い出せるように。
究極的モンスターが、アタックしていく。
ロマンスを超越して、ダンスしていくんだ。
ロマンチックなファンタジー、それでも認めるように。
求めるように、
希望は我が物にするように。
果てしない距離が、
永遠を笑い飛ばすように。
究極的ファンタジーは満たし続けていく。
ファイターズハイが密接に、
繋がりゆく伝説をみせてくれるんだ。
歴史が理解しているファンタジーがある。
その意味を越えていきたいリズムがあったから。
ファンタジスタな未来は大切にしてきたから。
リズミカルな行動の果て、
企んできた、東京よりやや西。
俺もやってやろうと。
変わらなかった。
前に進んでる?
その狭間に揺れている感情、
理想的タンデムシート、
果てしない距離、大切な行動、
理想的、ワンダフォーライフ。
旅立つ勇気、
メッセージと行動で意味不明に。
活動的展開、
驚くワンダーランド、
サクセスロード、追及するミステリー、
光景がワンダーランド、
密接に繋げる嘘があるなら、
歴史は究極的に、
ワンダーランドを満たすならば、
希望的観測、
全てはワンダーランドにさせられてしまうなら、
空虚なこの伝説すらも、
価値観すらも、快感すらも、
試しだす展開は、ワンダーランドと、
ミステリーな超越を、
満たしてなお挟み込む永遠を。
追随を許さぬ理想を。
展開しているドリーマーなチェンジ。
ミステリーの超センス、
ハイポーション並みの、
ダンスホールにエンジョイパーティ。
ロックンロールハート、
大好きだからチェケラッチョなんだ。
大切が言葉にしてくれるなら、
イメージ、トークバックしてくれるなら。
意味不明にところてんならば、
究極的ロマンスが虚ろにさせられるなら、
空虚な伝説と共に、
クラッシュする永遠から、
広がる伝説が未来を呼び寄せるなら。
空間的レスポンス、ますます勢いを増していく。
ラビンユーだ。
止まらない世界観が、
大好きを超越させていくんだ。
歴史的ミュージックが、
充実な炎を照らしていく。
ロマンチストがワンダーランドを認めていく。
確実性、それらを彩るように。
空間は歴史を笑い飛ばすように、
理解とそれを通すイメージから、
歴史的ストイックはラブアンドラバーズを、
ファイトスタイル、
でも風じゃないんだ。
見切り発車じゃだめなんだよ。
何がだめなんだ。
それでも確実性を木霊させる。
リピートするマイメッセージ、
クォリティとダンスするフィンガーアイランド、
確実性が木霊するなら、
ワンダーランドに、満ち溢れさせる。
リズムがチェケラーファイトを、
密接にリッピングさせる、
クォリティでミュージックが、
虚ろになる天才に、
ファンタスティックに恋愛トークならば。
クォリティと共に生きがいを探していく。
ドラマチックな着実な、
イデオロギーが突っ走るなら。
果てしない未来、
記号として、生きる鼓動として。
サクセスは未来と共鳴、
ワンダフォーは生きがいを求めるように。
空間は歴史を、求める価値を悶えさせるように。
空虚な空間は、
理想をチェンジさせる未来、
堂々と炸裂してサクセスしている。
ドリーマーなチャンスは未来を呼び寄せてくれている。
正しさとミラクルは、興味がサクセスする。
ワンダーランド、正しくあれるだろうか。
本当に情熱はごまかせると思うか。
俺の心の中の声が、ずっと俺に問いかける。
「それでいいのか。本当に、それでいいのか。」
正しさ、ワンダーランド、
それでも認めきれないんだろう。
俺が導く。笑い出す天才に、
踊りつくして、
ファンタジーは行動させていく。
リッピング、立派な炎に、
ワンダーフューチャーな過去に、
メッセージが取り戻してくれるなら。
歴史的ファンタジー、クォリティが異次元、
何を満たせばいい。
落札パーティ、
心が首を横に振る。
正しいものはなんなのか分かる。
ロックンロールファンタジーが、
クォリティで埋め合わせするダンスを、
その全てを調節しながらも、
愛おしさに脈打つ心臓も、
欲が満たす穢れも、
それらを見出して、なお、
突き抜ける。自分自身の生涯にも何らかの意味がある。
正しさとミラクルは、チェケラーだ。
イメージで示す荒唐無稽だ。
ダンスフォーユーならば、
確実性を灯そう。
ワンダーランドを嫌おう。
それでもミステリー、共鳴するダンスを呼び寄せるなら。
活動的展開、未来のエクスキューズミーだ。
大好きな展開、天才は踊りだす。
発表会、理想的究極、
ファンタジーをクォリティにしていく。
ロマンチスト、ファイティングアウェイ。
ロックンロールビジネスが、
ぶら下がった意味をアタックさせてくれている。
ドリーマーなチャンスが認めてくれるなら。
歴史的究極、
埋め合わせする為の伝説が、
クォリティをメッセンジャーを、
理解する意味合いを、理解する為の距離を、
生み出して間もないリズムを、
卓越するロマンスを、
希望として疑う。
本当にそれでいいのか。
ミュージックは移ろいゆく。
本当に欲しい言葉はなんだ。
歳月が、忌々しいリアルが、
本当の興味すら、教えてくれる。
本当の希望が、ワンダーランドを、
密接に繋げる勇気を、
満たせるなら。乱せるなら。
空虚な空間を洗い流してきた。
ラブリーなチェンジ、
ファンタジスタな運命が、
価値を追いかけて飛び跳ねているよ。
理解するためのファンタジーなら、
クォリティを見出す価値観にも、メロディにも、
突っ走れる行動にサクセスさせてみたい。
協力的コミカル、
こみあげる思い。尊い未来。
ほどいた強制力。
調整力で、
ただいま。恥ずかしいけどラブフランスだ。
正しい気概が、未来が、近い将来が、
兄弟が、埋め合わせする力の技で、
ダンスダンスフォーエバーならば、
価値観、絨毯をまくしたてていく
距離、運命、躍らせる空虚な空間にまで、
サプライズさせてきた近未来があるとすれば。
果てしない距離と、埋め合わせする伝説とは。
未来が炸裂するブルースとは、興味がサクセスさせる運命とは。
希望が炸裂されていく。
ロマンチックがワンダーランドになるなら、
俺は心の声を信じよう。
真実は見えないかもしれない。
それでも記録は新たなるものが結ばれている。
価値はそれのみで、踊りだすから。
サバイバルなフューチャーにさせてくれ。
かっこむ歴史、簡単にはいかない歴史的ファンタジー、
むしろ壊してしまおうか。壊せ!
果てしない道徳に、堂々とするミラクルに、
興味、そして、ラビリンスな頂戴に、
生きる共鳴とワールドに、
ダンスしたいと思ったそのメロディに、
突っ走る歴史を、越えてなお旅立つ永遠を。
制限を、経験を、越えてなお飛び散る運命、価値観を。
理想的コンテンツが騒ぐなら、
恋のからさわぎだぜ。
感覚的ブルース、
興味が卓越し、ワンダーランドを咲かせてくれる。
リピートとイメージには、突き飛ばす忘れるリズムが、
更なる時を待って、
リズムを蹴散らしている。
果てしなく未来が追随していけるならば、
埋め合わせをする伝説すら、
ファンクションキーになってしまうのか?
リズムはケセラセラで踊りだしていく。
そのファンキーに、歌い出すルーキーに、
空気を呼び寄せられるなら。
破滅を歌い上げるなら、
奇妙に見えた俺の彩り。
常に見えているのは、
聴こえているのは胸のワクワク感だけだ。
怒涛のリズム、地球が狂っていく。
最大のポイント、
ロックンローラーに、「ひたすら」が呼び込んでいる未来がある。
着実に、聞こえる、リズムにサクセスし、踊りだす、
共鳴し踊りだしてしまう今があるなら。
空虚な歴史を、僕が本当に欲しいものを!!
理解できない、意味が分からない、それでもそれに心を惹かれていく。
正しい魅力を!!ワンダーランドを伝える為に?
理解する共鳴は、僕を爆笑してくれている。
サクセスの為の物語が始まるなら、
リピートする運命が、希望で卓越させてくれるなら、
希望的自暴自棄的観測、
昨日から影響力をヒップホップに、
ヒップホップが俺のコメカミを打撃する。
さあ、始めよう。夢の世界を!!
世界の内側について、思想を張り巡らせる。
クモの巣に絡めとられるように、甘い言葉に捕まっていく。
正しい魅力とミラクルが、ファイターがハイになることを、
恐れて、サクセスを恐れおののいて!
本当に怖いものを知ったら、
今まで感じてた不安なんて、どんだけ軽いのかが分かる。
大切に、解説したい!!
ドリーマー着実に、サクセスロード、
正しい魅力が驚きだしていく!!
ロマンが壊しだす愛がある!!
果てしなく壊しだす。
どこまでも潰しまくる。
その面白さを自分で生み出せと。
白状したら行ってしまう。
その爆笑に、戸惑い続ける。
ワロスが破壊的だぜ。
空虚な空間に愛されて、何百年!?
止まらない終わらない、染まらない困らない
疑わしさに、ダイブして大仏になっていくぜ!!
白熱する色々が、ワンダーランドを連れてくるぜ!!
本当にワクワクするものを求めている!!
解説してくれ!ワンダーランド!
密接に繋がる愉快さを、
正しさのミラクルの、方向性だけでも!
知らせてください!おろしてください。
ミュージックは充実するかい?
ハプニングを越えていきたいんだね!
ダンスホールで踊り続けていたいんだろ?
スクラッチ、削ったら一兆円当たった興奮。
行動とロックンロール、
果てしなく楽しい世界へようこそ!だ!
奇妙な世界が、僕をすれ違いざまウインクしていく。
奇妙さが僕を誘惑する。普通とは違う世界に憧れてしまっている。
追憶を、叶える為に?
理想的運命は笑い飛ばしてくれるのかい?
恥ずかしい未来は、その酒池肉林を、守り抜いたのか?
果てしない孤独にも、未来を見つめ続けた記憶にも、
僕は笑顔で手を振るよ。
終わったものは終わった。ない物ばっかり数えるな。
あるもので満足。大満足さ!!
ルーキーは笑い、歌い出してくれる!!
ハーモニーを本当の意味で幸せにしてくれる何かは、
新しい数秒後の昨日に会いに行く。
面白さに興味を示す時、
虚ろな天才は笑い続ける!!
怒涛の実力で、夢が覚めれば素敵なファンタジー?
クォリティが異次元なのであれば!追及すら恐れるな。
解説したいのかい?
何が大切なのか分からなくなってしまった!
それでもミュージックは光り、俺ににやりと笑っていく。
素敵なファイナルアンサーが呟くんだ。
天才的メリーゴーランドなんだね。
メリー、生きてあげるよ。
リズムで炸裂させてあげるよ!!
かじかんだ手のひらが熱いのさ!!
誰かの心がとっても熱いんだ!
嫌わないで。あなたを食べてしまう化け物はもういないのよ。
じゃあ俺はその化け物の腹ン中か。道理で世界が暗いもんだ。
彼は夜に食べられた。
宇宙は君を食べるだろうか?
ロックが、生み出す狂気がある。
そのかたっぱしからの最高を生み出すなら。
ロックが笑い出す展開が、
ミステリーが満ち溢れている!
ドラマを、ミュージックを、未知という言葉が
放つ魔力に、魅せられてしまう。
本当にそんなものあるだろうか。手に入れられるだろうか。
全てを自分で生み出せると知った昼下がり、
未知なる影響力が、
俺を捨てて笑っていく!!
最果てで君を待つ!!
大胆不敵な活動が、埋め合わせする為の興奮を、
満ち溢れるドキドキを、この時を支えてくれるなら!!
疑うことすらできねーさ!ダンスフィンガーアイランドさ!!
知らないものが多すぎる。世界はでかすぎる。
満足する為にはあまりにも。世界はでかすぎる。
80年で俺が満足するとでも思ったか!
大好きなチェケラッチョが強盗していくぜ!!
ファンファーレが鳴り響くのかい?
鳴り響いたその先には、暗黒が広がっている。
闇の中だ、何があるのか分からない。
厄災も、希望もあるんだ。
楽しさを忘れてしまったら、意味がないんだ!!
狂熱がワクワクさせてくれる!!
意味が、越えるストーリーが、その先が見たいんだ。
究極的に笑わせてくれる何かに、
誰でも腹筋痛くなるほどに笑いたい。
止まらないし黙らないだろう。
究極的アンチテーゼはそれを目指して、暴発している!
全ては序章に過ぎなかったのだ。
意味がアンチテーゼな目を光らせている。
興味がミュージックを作り出す。
ファイヤーサイン、心底嬉しそうに、
興味を示すナニカがある。
素敵なファンタジー、あの時感じたワクワクは、
こんなものじゃなかったぞ。
抑えきれない衝動、埋め合わせする為の伝説、
ひっくり返せ!魔王に挑戦だ!
リズムを、猛り狂うワンダフォーアイランドを、
大切なリピートが、運命が笑い出すから。
究極的なマイメロディが、
虚ろになり、僕すら忘れていくんだ。
夏の熱さですら幸福の一つの要素でしかなかった。
汗だらけのTシャツをなびかせながら、ひたすら走っていた。
正しさはワンダーランドなんだ。
究極が僕を見上げて見捨てていく!!
興味はミュージックを高鳴らせていく。
本当の、本当の、本当の、本当の望みはなんなんだい?
ころころ理想を変える僕に呆れながら神は今日も問いかける。
苛まれている価値観が!!
メロディは突っ走る、感覚でワンダーランドを
見せてくれた!!
放ちだす炎は、ワンダーランドすら消え失せるように!!
活動的展開は、分からないままで、
影響力がヒップホップになればなるほど、
楽しさは増していったんだ。
正しさと、ミステリー、ワンダーランドは
クォリティを!!
正しさとワンダーランドに、
クォリティを見せつける大好きが、
興奮気味に伝えてくれるんだ!
ロックオンする、それらではもう俺を満たせねえ!!
次の世界へ俺は旅立つぜ!!
感覚なんてブルースで構わねえ!1
それはふざけた世界だ。未来すら変えちまう世界なんだ。
記憶がワンダーランドを結ばせていく。
それらを満たすためにひた走る。
宇宙人もいていいんだ。タイムトラベルもあっていい。
引き継ぐストーリーが、
追及する未来を笑い飛ばすなら!!
本当のミュージックを充実させるなら!!
安易なことなど望まねえ!!
感覚的ブルースで共鳴したいぜ!!
ワンダーランドを越えていくのか?
果てしない魅力が、教えてくれる。
僕らをファンタジーを、越えていける気がするんだ。
価値が暴走して、燃焼させていく。
ドリーマーなチェンジとチャレンジを、
認めてなお白熱する伝説を!!
クォリティを、結ばせる展開すらも、
描いた夢と、理想にさせていく。
理解が共鳴しているワンダーランドは、
僕を成り上がらせる為に、
牙を研いでいる。
かかってきやがれてきな。
ロックンロール・フェスティバルが巻き起こるんだよ!!
追随を許さぬ最高が、
満ち溢れ、展開力にさせてくれるなら!!
理解するための歴史を、ファンタジーを越えていきたいかい?
ラブリーなチェンジを、満ち溢れる展開にさせてしまいたいのさ!
幸いです!空中的ラブリーです。
大層な体操をしたいそうです。
究極的に物を言うと、
少数派にも彼らの心はあったってこと。
サクセスする為の気合いなら、
ワンダーランドで、ミュージックを充実させるための希望を?
ロックンロールファンタジーを、
満たしたくて駆け抜ける。
びびってる価値もいらねえ!!
大好きチェケラー、
メッセージが踊り狂うんだ。
一つ一つ、数えてきた。
ラブリーなチェンジ、
サスペンスを尽くしている。
ドリーマーなチェンジを満たすように!
正しさはワンダーランドを、見つめ続ける。
理解のファンタジーを究極の、
ワンダーランド、クォリティを、
生み出している。
正しさとミラクル、僕らの寝覚めを待っている。
僕は研ぎ澄ましていた。
勇気を、その方向性を!!
光合成を、携える為に。
度胸をつけていた。ハートを鍛えていたんだ。
生半可な奴は逃げ出しな!!
ロマンスが笑い出すんだ!!
理解がドリーマーに、着実にファイターに。
毒を吐き切った僕に残ったものは。
リズムが炸裂した未来に携えたものとは!!
エネルギーとして突破するファンタジーを、
越えていったリズムを、ミュージックを充実させながら!
希望的観測、宇宙を満たして、
それでも余りある日々を!
ロックが僕を笑い飛ばすぜ!1
ははは、俺も笑い返すぜ!!
さあ握ろうか、このパドル。
新時代への栄光は近づいている。
興味、サクセス、その全てを知りたいか?
ワンダーランドに炸裂するビジネスが知りたいか?
運命は笑い始めるのさ!!
退屈かい?世界観がミュージックかい?
充実的ワンダーランドが、
ミステリーすら追いかけてくるのかい?
リズムが炸裂するワンダーランドが、
その先が見たいんだろう?
空中庭園、歌い出すなら炎の方向が良い!!
共同で運命が走り出す!
サバイバルな価値観が歌い出すんだ。
白熱している、リズムがまた大切さを奪い去っていく。
怒涛のリズムが、ワンダーランドを伝えて、
振動し、その振動はどこまでも広がっていく。
理想的展開を宇宙にするなら、
希望的天才に、サスペンスを笑い続ける理想にも!!
ファイターな情熱的な魅力に、
情熱に、ワンダーランドを伝えているなら!!
価値観をミュージックにするしかねえ!
もう興味もねえ!
ダンスする為のフィンガーアイランドが希望なのであれば!!
追随する未来すら、笑ってくれそうだぜ?
究極が音を立てて崩れていく。
ダンスフィーバーして僕はただただ踊り続ける。
白熱した試合を見せてやるぜ!
全世界よ、見てな!!
この全てが、美しさが、よろしくを言ってくれるぜ!!
ファンタジスタな興味を、サクセスを、
それらが作るワンダーランドを!!
共鳴しているファンタジスタを、
それを満たす為に嫌われる為に?
希望的解釈が移ろいゆく為に!!
ファンタジスタは近未来を大胆不敵に笑っているぜ!!
究極的なジャスティスに、
未来を描けるなら!
空洞的ミュージック、充実しているかい?
ダンスホールでエンドロイド、
伝えたいならファンタスティックアイランドに!!
活動している今が楽しくて仕方ない。
メッセージが共鳴しているワンダーランドにいるんだぜ!
ファンタスティックに取り残されたままじゃつまらねえ!
俺が何を感じ、俺が何を思って、俺が何を表現してきたか!!
ダイブ分からなくなりずらくなっている
希望に対して、どれだけ俺が真っすぐに進んできたか。
大切に、希望に、ワンダーランドに、
真っすぐに突き進むワンダーランドが、
未来を得手不得手で、ラブリーコールを、
歌い出す距離をサクセスを。
大切さがメロディを埋め合わせしているんだ!
究極的ラフランスが、希望をワンダーランドに、
サスペンスを未来に、狂熱を埋め合わせにしている。
ダンスフォーエバー、活動する興味を、
ワンダーランドを見捨てるようにして。
ラブリーチェンジを愛おしくさせていく。
ロンリーな僕たちなんて置いていくのね!
大切なルーキーが、広大な世界が俺を呼んでいるんだ!
偽れぬものがあるんだよ。
作戦を作成している。
止まらない世界観と、未来をチェンジさせるヒーロー。
ニュージャックのマイクを奪え!!
大切なリピートな方向性を、
リズムを調節して間もなく、
儚い気分がいらっしゃいます!!
ミュージックが出発進行しまーす。
歌い出す発表会かい?
ダンスホールでエンジョイした未来が!!
ワンダーランドが近づいているんだぜ?
これが熱くならずにいられるかよお!!
ダンスホールでエンジョイするパーティ、
ロックンローラーなイメージを、
ミュージックが充実するテンションだぜ!
発表会が歴史ならば、
意識が遠のくほどの興奮と幸福の快楽に溺れて!
大好きなチェンジングワールド!!
ライムの王たる俺の生き方だ!!
スロウペースは笑い続ける。
大好きなチェケラッチョなんだ。
意味不明が笑い出すんだ。
空虚な空間が、展開を興味にさせながら、
九十九里浜を守ってきたのね!!
素敵なファイナルアンサーだわ!!
メッセージと共鳴、
ワンダフォーライフに生き残れるなら。
大好きなフォトグラフィー、
活動家の天才は、ミラクルを呼び込み、
ここで笑い続けるんだ!!
ダンスホールエンジョイしている。
ラブリーゲームを続けていく!!
理想的展開を参らせるなら、
空間的スクワットすら栄光を見つめてあげよう!!
ロックンロールが見つめるならば、
影響力、ヒップホップで可能性を、
リズムを着実に、
栄光を満ち溢れさせる為に、
それが満たす希望がある。
ワンダーランドに窮屈に、
世界観は魅力的に!
ファイヤーサンドは満ち溢れるように!
サプライズ、影響をヒップホップにさせるように、
空虚な空間、レスポンスで希望を笑い出している。
九官鳥が泣き続けている。
ロックンロールが意味を呈してる!!
泣きわめいている!!
素晴らしい世界に、祝福を送るかのように、
彼女は深々と礼儀をして「さようなら」と言った。
正しさと、ワンダーランドは
空にそれてく流星の、
青い透明は僕の物!!
理解するファンタジーが、越えていくメロディがある。
突っ走るファイターが、未来を踊りだす共鳴が、
歌いつくした花びらを、
フュージョンして超ラッキーが、
ワンダーランドが彼方から連れてきてくれる。
ファンタジスタを永遠に、
ワンダーランドを見捨てr8イーにするように。
空虚な伝説は、まるでそれらを守るように。
理屈抜きでファイターになったと、
イメージし続ける共鳴に、
ワンダフォーなライブマシンガンに、
何かを得たのは嘘じゃない!!
興味がミュージックを、
彩ってくれる結果に終わるから!!
ドリーマーなチャンスを歌い出す興味は、
歌い出す炸裂と備忘録、
ベイビー、炸裂するビジネスは、
深い深い悲しみに、
栄光を愛おしく思うように。
空間はワンダーランドを見つめてくれる。
ファイヤーマシンガン、
それは形すら見えない。
リズムと卓越するワンダーランド、
歴史的ストイックに究極的ワンダーランド、
サバイバル、影響力とヒップホップで、
こめかみを抑えるように。
希望的観測を虚ろにさせるファイターは、
忌々しい今に意味などないのさ!!
空中レベルにポテンシャルならば、
希望的観測、炸裂するビジネス、
理解している、ロックンロールがイメージで、
天才と共に踊りだす、
ファンタジーを越えていけるなら、
空間的歴史を越えていけ!
メッセージはトークアバウトしていくぜ。
ファンタジスタな栄光を、
見つめるワンダーランドを見つめていくぜ。
今日は共鳴する為に歌い出しているんだぜ?
サプライズな空間、視界に入るサバイバル。
太鼓判を押してるリズムこそが、
ファイヤーマシンガンだ。
リズミカルな行動とイメージを、
調子よくラブリーなチェンジが、
飛び出すパティシエに、ラブリーコールでエンジョイするのさ!!
ラブリーコールを見つめているから。
ファイターで踊らさせているから。
ミュージックは充実していくのさ。
ファンタジーを越えて、
それでも取り戻す未来を見たいだなんて!!
究極的なワンダーランドに、
見せる、着せる、時化るワンダーランドを、
千切れる、生きれる?
分からない、変わらない、
充実するミュージックを越えていけ!!
感動的にぶっ飛ばしていく。
ミュージックが流浪に、生き方を越えていく。
ファンタジスタは最高を意味している。
ドリーマーなチャンスを追いかけている。
ドリーマーなチャンスを、歌い出すファンキーだぜ!
クォリティと共にダンスするフィンガーアイランド。
リピートするメッセージが、
新しさを突き抜けていく!
路頭に迷っていく、理想的展開を破滅的未来を、
挑戦的ラブリーを、
その生物の体はガスでできている。
どんどん増殖していくからタチが悪い。
大切と対決姿勢、
ミスった。ラブリーハートとチェンジングする未来。
ロッケンローが歌い出すぜ!!
興味が、踊りだす空間を笑っているのだろうか。
そのサクセスに、希望の輪を放ちだす空間に!!
歴史的トークバックだ。二次元ですらない言葉。
リズムが炸裂する興味を、
それでも蓄える!
リピートとして、ダンサーとして。
つまらなさとひっかえにして、
ドリーマーはチャンスを根こそぎ。
リズムがチェケラーハニーにしていくぜ。
ダンスフィールドに、
協力関係が見て取れるなら。
彩りをワンダーランドで
伝えたい!!魅力はミラクルだ!!
嫌いなファンタジーが歌い出しているんだね。
理解を試したい。リズムを行動させてみたら、
その未来は奇妙に折れ曲がっているのかい?
それらを閉じ込める愉快さすら、
栄光すら、笑わせる為の材料に。
最後に意味を吹きすさびたい。
太鼓判、押してなお輝く未来を。
大切なドリーマーを、ミステリーは呼び寄せる。
自分で自分を・・食っているのか・・?
ミュージックは情熱のサテライトタイム。
マジックミュージックが照らし出すように、
炎が散々笑い出す。
天才的、展開的興味に、
虚ろにさせるメッセージを、
ファンタスティックアイランドに、
マジックショータイムだ!!
覆すラブリーすら、興味を卓越していきそうだぜ。
ファンキーなもんちっち?後ろ側から大切さは、
ドリーマーを頂きから見るように、
共鳴させるように、ワンダーランドを見せてくれる。
そこで炎に問いかけたんだ。
すると、炎はその輝きをまき散らして、
その熱すら忘れて、
ただ立ち尽くす意味になっていった。
ラブリーなハートがチェンジされるなら、
魅力的ワンダーランドを、
クォリティでクラップしていく。
楽しいことがアンダーザワールド?
それにしか興味を示さない哀れな末路だぜ!
太陽が仰ぎ見る。僕を笑い飛ばす。
空中に浮いているレベルアップが。
素晴らしい運命が、
笑い声と共に炸裂していく。
ロマンスがチェンジさせていくんだ。
理想的ビジョン、それは閉じ込めるように、
光を失い、堂々とするその拳には、
光すら差し込んでくる。
正しくメロディが突っ走るなら、
新しい記憶は、距離は、何を射止め、
何のために今を愛するのか。
希望を我が物にした春菊たちは、
意味を越えて、それでも轟かし、
それらを究明しようと暴れ出す。
だから嘘もへったくれもねえ。
すごく影響力、ぶっ飛ばす価値の、
笑い出す展開の、ミュージックは充実だ。
それが教えてくれる未来が壊す。
壊し続ける。果てしないこの距離を、
ミュージックを愛し続ける希望を、
この果てしない闇を、貫いてまだ消えていく興味を、
調味料を得手不得手、最高をギネスに乗せるような
この空間を。リピートを、
埋め合わせし、それでも服従する伝説を。
煌めかす永遠を、飛び込むエイトビートを、
守りたい勇気を、
ミュージックは愛おしそうに、
理解を共鳴させる。
その泉を、共鳴させるダンスが教える。
それでも価値を追いかけて、
ファンタジスタは形だけを求めていく。
果てしなく堂々とした。
人間としての興味すら、虚ろな展開を笑い飛ばすなら。
理解が殺伐としている。
努力が歩いていく、未来が超絶かわいくなっていく。
そのはめこむ嘘が狂気を生み出すなら、
サプライズすら意味不明にさせてやろう。
確率的で栄光を満たすなら、
その興味を満たす攻撃的な言葉なら、
サクセスのストーリーの次の未来、
依頼している究極性、
ただ、立ち眩む。
栄光を睨みまくる。
この距離を、埋め合わせを、
ミュージックにして、それでも愛おしい未来が笑いかけるなら。
素敵さがファンタジーになっていって、
ラフランスなベイビーは作り始める栄光を、
正しいと思ったか?それは長い長い旅路。
そこに到達ための、広がる世界観を。
未来を、共栄を、
リズムで共鳴する嘘。大切さを、
それでも愛おしさでリズムを作り出す。
半端ないリアルを、それでもねぎらう大切さを。
リズムで強制的に、ラブリーに調節していく今が、
段々分かってきたからこそ。
ライブハウスは未来へと伝えていく。
ドリーマーなチャンスがビリーバーなら、
そのミュージックの興味に、
難しく考え出すと、究極は歌い出す。
放つ、世界観に驚きがあるなら、
サプライズな意味不明すらも、空気すらも、
価値観、メロディに突っ走らせるんだ。
感覚的に止まらないのかい?
それをミュージックにしたら、
全てが誕生してしまいそうで。
ごぼうが生えてきそうで。
恐がることすら恐ろしいか?
それでもミュージックは、偽り的天才。
驚きだすハーモニーかい?
リズムが共鳴して、嘘を展開させるなら、
希望的観測すら虚ろに、
天才的なメロディに、突っ走らせる。
大胆不敵がぶっ壊してくれるぜ。
かがんで、世界中にのけぞるように、
世界よ見てろ。これがらいらいだ。
果てしない行動と、ロックンロールなイメージと、
卓越する、卓越し続けるこの言葉と、
踊りだす、踊り続けるイマが新しい空洞感を、
その改札から抜けたら、栄光が待ち伏せしている。
正しいメロディが突っ走っていくんだ。
半端ない生き方、分からないんだ。
理解できたか?分からないか?
ダンスフォーエバーに、価値がワンダーランドを、
見捨てるはずの理解者を、
メッセンジャーな価値を教えてくれる。
価値がブルースを、生み出すことを笑うなら、
歴史、歴史、そればかりじゃ未来、未来はつくれない。
ダンス、ダンス、ダンスフィールドだ。
それでも僕は日記を書くさ。
だってさ。僕は生きているんだもん。
サバイバルしているサルに、
伝えたい。言葉を、腹をすかして死んでしまわないように、
この行動は君を汚すか?
果てしない行動力の後ろ側にあるものとは?
イズムに散り続ける。
理想は展開していく。
栄光とチェケラッチョ、意味不明な行動とレスポンス!
究極的ファンタジーがうろつくならば、
希望、自暴自棄的恋愛に、
サクセスの扉を開かせた。
究極的にお前を閉じ込めた。
リズムがサクセス、ワンダーランドを越えていけるなら。
ファンキーなテクノロジーマシーンであり、
影響力がハッピーナイトである限り、
意味は東奔西走していくんだよ。
このきらびやかな僕が踊り続ける。
果てしない意味を越えて、
それはスクワットを何回もするよりも。
さらばと言いたい。
ダサいと言えない。
ダブルスコア、エンドレスなワールドに、
希望をミュージックにする為に。
正しさはこねくり回して、
更なるときめきを運んできたんだ!!
理想の為の追求は、それを恥ずかしがるように、
興味の向こう側に見果てぬ宇宙を見つめるように。
悲しさはワンダーランドを、
見つめて笑い飛ばす。
リズムがチェケラッチョファンタジーを後ろ側にするなら、
究極的アンサー、呟くセレブリティに、
栄光を笑わせるんだ。
大会的ラブリーに調節していくなら、
究極的ワンダーランドが僕を見つめるなら、
希望、その浅ましさ。
分からないよ。だけどそれを見つめている、
興味はサクセスへとプレゼンツさせる。
意味が通しているキライがあるな。
大好きだからこそチェケラッチョなんだ!
ファンタジーが通してくれたからこそ、
今が現状が、ぐちゃぐちゃにされていく。
ドリーマーなチャンスが、驚き
更に大きな未来を教えてくれる。
その意味を照らせ。不思議な光に身をゆだね、
価値?分からない。
それでもこの興奮は抑えられない。
静かに燃え続ける光だった。
嘘みたいに強烈だったんだ。
全身が強く目覚めていくようだ。
ハピネスとはこのことか。
大好きが意味を教えてくれている。