大切さが踊りだす。
戻りだす、方向性、
光合成する高校生で補うしかねえ。
折りだすしかねえ。
折り紙を?取り巻きを!
ときめきを、ドギマギを、
歌にして、言葉にして、
外は西で、
サバイバル、さわりあう、
夢を見る。
数名を見る。
大好きな、やみつきな、相槌を。やりすぎなんだ。足踏みを続けていく。
気を張りすぎだ。でもミュージック、
開きすぎだ。
滑走路、脱走を、発想を、変えてみると、
陰で見ると、みるみると変わっていくものがある。
関わっていく未来がある。
依頼がある。地雷がある。
しらじらしい怒りがあるんだ。
それでも究極性は、中国製だったのかい?
中毒性は輝く。
終局系で、終わりを求めて旅をすることの、
なんて浅ましいことか。
なんて恥ずかしいことか。
でもなんだろう。なんかあんだろう?
正しい未来に結局は、
積極性は、短い時間じゃ足りないと。
ああしないと、誰も分かってくれなかった。
変わってくれなかったんだ。
どうしようもねえ。申しようもねえ。
通しようもねえ。さあ、そうしよう。
共鳴する愉快さが、
透明さが、リピートを連れてきてくれるなら。
火をくべてくれるなら。
ファイヤーサインはださいん?
ミュージックなルーツなループ。
正しい方向性?新しい高校生!
堂々とせい、そう分かんだろ?
変わるんだろ?鼓動が高鳴るんだろ?
時代の波に逆らうんだろ?
体が重なるんだろ?
あの日の記憶が、フラッシュバック!
クラッシュガッツ!だ。意味不明だ。
君もクレーター。埋めた?売れた?
うぜーなー。分かった価値観は変わった快感だ。
かじかんだ。最悪が共鳴、改札が透明。
同盟、維持張ってもどうせ。
変わらないならいこうぜ。集らないなら指向性。
止まらない、終わらない、困らない、染まらない
ストーリーの、不届きな、
うろつきの、ぎらつき、いらつきだ。
ファイティングが、回転して認めてくれるなら。
射止めてくれるなら、仕留めてくれるなら。
ファンキーな歌声、パンピーな裏声。
正しいし新しいよ。
メッセージ?劣勢時の、メッセンジャー、停戦じゃー。
半端ないリアルとコミュニケーション。シリアルとシリアス。
で、どっちでもいい嫌う誓うしまう世界観が、
健在か?冤罪か?止まらない天才か?点在か?
借金返済か?俺こそが免罪だ、
繊細な心を持ってる。
リピートする運命をただ思ってる。
希望の火が灯ってる。
だから俺ら勇気を出して、数奇な運命を辿り始めたんだ。
遊び始めたんだよ。運び始めたんだ。
その空間に、ぐうたらに、
笑い出す、交わしだす、運命や宿命の類。
軽い、あるいはダルい。
ダルビッシュゆう。そういう奴だ。
明日ティッシュブー。
不都合な嘘と真実に、
メロディはケロケロに炸裂格別卓越ロマンスだ。
トランスだ。焦がすのだ。
傷を負わすのだ。
分からない?変わらないから黙らない。
このディフェンスラインは下がらない。
イメージ、しめじで入れ知恵。
キレッキレでしれっとただいまー。
あら今洗いまーす。
分からないかなあ。変わらないかなあ。
黙らないかなあ。さわらないか?
だから体からだらだらこぼれる何かから!
さらばだ!と言われること、確かだ!
焼肉焼きにいく。
でもトゥモロー、うもろう。ストロー。
分からない?それとも変わらない?
ファックスで送信、ダックスで光輪、
更新していくホームページ。当分政治。
関わりたくないね。さわりたくないね。
逆らいたくないね。ジョインミー。
ロックがドックドックな
キャパシティをドッグイヤーにするのなら。
即ライブ、酷なイス。
分からないから黙らない。
ストーリーはグローリー。
果てしなくスモーキー、
時代は移ろうのにー。
でも着実性、
確実性を閉じ込めるなら、
織り込めるのなら、
僕は大好きといいたい。
効きたい。抱きすぎ!
半端ないダンサーじゃない。
ロマンロック、傲慢トークはいらない。
だけど嫌わない。今じゃないと意味がない。
君じゃないと意味がない。
落札パーティ、企むシャーシン。
じゃあ俺が漏れた放射能、
校舎の裏側の、裏方の、
食らったの?
売り払ったの!!
ドリーマーな着実に、確実に、さくじつに、
白日の下に晒された。運命、交わされた。
消えるちぎれるその狭間、挟まったまんまじゃ意味がない。
君がいないと訳が分からない。
ドープな気がする。
そう、ラフな美学がある気がする。
だから止まらないんだ。
終わらないんだ、染まらないんだ。
恐がらないで、踏み進むしかない。
売り続くしかない。
ラビリンス?倍インク、
止まらないのか、終わらないのか、
染まらないのか、困らないのか。
訳が分からなくなったって、
だけど変わらなくなったって、
イメージはしめじ、
理系ならちけーのに。
いえーいとか言っちゃえるのに。
知っちゃえるのに。
見ちゃえるのに、
ダンスフィーバー。
ガイダンスは乗りな。
チェケラッチョファイター、説明をしたいなー。
怠惰な今に平らな明日を、咲いた花には
書いたただ、まさに吐いた穴だ。
炸裂ブースト、格別のフルーツを。
ルキンフォーできるかどうかは
ニヒルかそうか、
止まらない、終わらない、
困らない、染まらないストーリーと
スモーキーとグローリーに
守られて。運ばれて、
生きていく、聞いていく、
ちぎれていく、埋まっていく。
うろたえていくんだね。
むしろ耐えていくんだ。
大切?解説するリミテッドだ。
意味えっと、分かんなくなっちゃった。
変わんなくなっちゃった?やっちゃった♪
びびってる、俺達が。
漏れるタチだ。サクセスの剥がし方だ。
運命?ワロスで超越だ。
調節だ。ギャロップで対抗だ。
開港だ。最高だ。配合だ。
ループし続ける、
グールになり続ける、
意味とラフランス、君とフランスパン。
確実か?昨日か?
白日か?活字中毒か?
意味不明でも構わない。もう黙らない。
携わらない?明日からかわない?
だからこの商品はもう買わない。
違わない、ダンスフィールド、
ガイダンスシールを、
感覚でブルース、トゥルース、スムーズに
グループをグルーヴ。
意味不明でもそれが価値観なら、かじかんだ。
ラップストーリータップするのに。
感覚で山岳を上り続ける。
おごり続ける、そして怒り続ける。
ファイターはイマジネーション、
やるのは今じゃねーっしょ。
だから体からだらだらこぼれる何を、
守りたくて必死だ。湿地だ。一致だ。
それらが認める、射止める、
しとめる空間が痛感するほど存在するのだ。
だから交代制。東大生よりもこうじゃいねえ!
ダンスフィーバー、ガイダンスでシーザー。
ついでにレーザー。果てしなくイミテーション、
染みでしょ?分からない、変わらない、
黙らない、関わらないからかわない
メッセージが節制時のごとくあるならば。
カツならば、勝利を解くならば。
この方程式、冒険しにいこう!
つらい?暗い?ふらりふらりとワンダーランド。
サンダーバンドを、あんたーのハンドを、
見つける地図蹴る しつける
分かるからこそ見つめる。
必要に応じて増えていく費用の、
使用上の注意。周囲を気にして急に、
何かを考え出しちゃって、ハンガーで出しちゃって、
災難は貝ナンバー。気分はすでにハイなんだ。
大切?解説してくれ、排泄のことを考えると、
解決したい。採決したい、対決したい。
分からないから変わらない。
黙らないから疑わない。
それらを認める、
射止める何かに。
しとめる為に、
何かが、かにかまが、
歌い出す。占い出す。
迂回しだす。分からないからこそ黙らない。
狙いが一向にさだまらない。
限界を旋回中、
ついでに言うなら展開中。見解は中止。
船体は壊れかけ、
健在の僕らだから。
天才が踊りだすぜ!!
戻りだすぜ!!
おごりだすぜ??
ミラクル、ちらつく、
意味不明に大胆不敵に、
階段無敵になっていく。
その未来、嫌いになるほどの地雷。しらじらしい?
飛び交うジャスティス!
運命を確実、
サクジツのことも忘れそうな、
黄昏そうな、
ヒップホップ。チップコップ。
だからジャスティスはクラッカーを
食らった。餅をついた。
もちろん俺はついてる。
食い入るように見つめてる。
きりつめてる。ファイヤーサインはださいん?
メッセンジャーな価値観、
快感が分かってねえ。何も変わってねえ。
ダンスフィールドで永遠に、政権に、
ダメージ、雨に濡れて、亀に悟られて、
分かったよ、変わったよ。
リズムが着実逆らったよ。
そのイメージに、超越する調整に、
ラビリンス、マジ瀕する。
愛してるリンスの、
心底愉快な仲間たち。
栄光すらも、抵抗力すらも、
果てしなさ、ばてないさ、
覆す、繰り返す何かが。
ファンタジー、虚ろになりだす。
歴史、石碑、大切な言葉。
解説は外だ。
ハイテンション、ミラクルに揉みまくる。
必要上の、執拗今日も、
ラブリーハートを見つめ続ける。
ダブリバードを仕留め続ける。
その狭間に揺れる、傘までこすれる、
ミュージックが充実に、終日運転?
休日に、秀逸な中一を
メッセンジャーな注目度で、
通告をするので、
ファンタジスタは待ってなさいな。
今忌々しい期待らしい鹿らしい
仕方ないらしい、いざゆかん、
キザに痛感、ヒザにピザ、
歯科衛生法にのっとり司会者をぶんどり、
忌々しいラブリーイカ同文 いかがわしいイカはいかん。
地下で鹿を見るキザなシーザーを見る。
刻む生き様いかがかな?
火が漏れる鹿しかいない、
理解したくない、イライラキラキラしている。
焦らしてく半端ないか?地下では賭博、
理科を勉強鹿しかいねえ!
忌々しいランデブー依頼はキラキラ
ちらちら見せてくるチラリズム、散らして
気がしただけ、芝居は分からない、キザな行動たまらないか。
被害は理解、誓いへの視界。良好、
孤高の生き方ここで外で音で戻って
躍らせて、小躍りさせて、
トドのつまりは音のそよぎだ。
風がそよぐ 外で泳ぐ
孤独感じても轟く その未来 このアフターフォロー、
怒涛の言葉の滝 独特の外は
孤島音が轟く 宇宙は怒涛の
ロンドンの外 もっともっともっと、
放蕩するホント浮かれる、
ハナッタレの馬鹿垂れが、
されば彼はたらればばかりか?
会えば彼は足せば焦るのか。
風を感じたぜ。さーせん
枷を解き放って焦っている、
カセットテープに残っている音はなぜ
はぜる風、猛り狂うさーせん。
羽目になった仮面
だから亀さんになってハレ晴れユカイなのさ。
されば都、彼は誰なの。
あれあれあれ。彼はどこへいったの
馬鹿垂れは ハナッタレなの?
枷を外して今、だっせー音を紡ぎにいくんだぜ?
風は未知なるだせー奴らを這えー奴らで、
分かったぜ。させこの方角を。
風のまき散らす、さーせんと謝りまくる、
分かったぜ。焦ったぜ。
かさばったぜ。はぜるはずだった
風にまき散らされたがった。
汗だらだら
たらたら荒々しい風が、
また正しい未来がかったるいか?
温めますか?肩叩きますか?
新たな距離と、妨げな嘘を、
掲げて、朝が来るまで待って、
違って携わっていたからこそ、
関わっていたリズムは沈む。
カカロットー!!
駄々こねるんじゃねえと。
定まった、浅ましい 正しい
朝らしい。だからかざしたんだ。
剥がしたんだ。 ララバイって言いたかったんだ。
朝だったんだ、まさにそうだったんだ。
ララバイって言っただけだった。
分からなかったが下がったりあがったり大変だった。
ララバイだった。かざす手のひらから、
逆らった馬鹿だった。
駄々こねたばっかだった。
定まるはずのララバイすらも、
はためかすララグッバイすらも、
足に足し算貸してあげたのは何よ。
らりってるの?参っているの?
血がたぎっているの。価値が東奔西走、
ラッキーだから、ハッピーだから、
カギを携えて、覇気をまき散らす
バキにも負けない力技で、
然るべき気がしただけ。
理解しようとした興味、誓いにサスペンスを、
意外に痛いのはなになんだ?
庭には二羽ニワトリがいる。
地下には歯科衛生士がいる。
気がする近い気がする。
未来が明るい気がする。
そんな日が来る気がした。
美学だから近づく。いかついてる
いらついてるラブリーは意外にも。
視界にも入ってくる、理解しようと参っている。
着る散る知る為の、
イルミネーション鼻汁を垂らす。
着る為に見る為に、知る為にいるんだ。
だから傷、静かにイムラに負けない、
木村にも負けない、伊豆から初冬を、
静かな自らが、傷深くだから
キスしたから、ミクルから、
しぐるい きぐるい
でもチーズは食べたかった。
伊豆半島に探しにいきたかった。
傷深く、それでも静かにカニカニ合戦。
だりいから、あちいから、
ラッキーだからハッピーだから、
さっきから悶えてるのはラッキー?
大好きーだから、貸し借りはなしにしようぜ。
足を洗おう。ダシに使おう。
カギをあけよう、たじたじになってやろう。
明らかにバキのような。
丘を見る。空とか見る。
飛ばしまくっている。負わしまくっている。
溶かしまくって、飛ばしまくって、
おわす。おらおらなコラコラを、
とらドラをみせつける。
小判をまき散らす。
寅年に、もっとオラオラでいこうぜ!!
溶かしていこうぜ!どうかしていこうぜ!
ほだされ、傷を負わされ、それでも
旨焦がされ、溶かされ、
飛ばされていく言葉。
丘に立つお母さんと、こだわりのそば。
そばかす、音は、コラコラとか言ってることは。
ドワンゴ、ドアに炸裂、コーラを飲んでもドラえもんだ。
空からの力、こらこら、
家からチケット しれっと いけると、
チケットしけると、いけないから会いたいぜ。
自然に優しく毅然とやっていいぜ。
だりいぜ。それでも歌詞を書きたいぜ。
必然、ひげを生やして茂るイケスから、
シーケンス、意見を言うのはいけん!
治験で何とか試験的に、
危険だから、ミケランジェロ、
時化がやってくる。事件だまさにいれいれだ。
キレキレだ。しれっと教えてくれたのは危険度だ。
試験に受かっても、理研で研究しても、
ちげーんだ。こんなのじゃないんだ。
ひげを生やしたいんだ。
解き放つ。
沖にドキドキ。
そう、気になるんだ。国旗に形容
西洋太平洋。もーきになる。
オチになる、どっちになる?
措置を講じる、時を論じる。
研ぎ澄ます不安が、
時に澄まし忘れる。
餅にもっちもちな肌を、
どっちつかずな正義を、
こっちに気にならせている。
どっちでもいい、こっちでもいい。
多い大きい気になる方へ。
どっちか分からないからこそ、
おびき寄せるように、
怯えさせるように、
閉じ込めさせる。
こびりつく大切なこと、
おいたわしや、こぎたまえや。
自転車をこぎ、 降り、色とりどりの、
ソリティアをミュージックに、
そぎ落とすメロディを伝えに、
こっちおいでーってな具合に
研ぎ澄ます不安が、その早期発見が、
下ろし、轟き、それでも滞り、
押しに弱いからおじさんに聞いてみたんだ。
こじれていく。
押し殺していく。
年がたっていく。
轟き、驚き、ファイヤーマシーン。
もじもじしているだけだよ。
閉じているだけだよ。
こじれていくだけだよ。
閉じている、ドリーマー、
おびき寄せられている。
押しに弱くなってきている、
もしもし、気になる年年と、
もりもり食べる、ロリポップだ。
大切な氷、滞り、
掘りまくる。取りまくる。
ドキドキしまくる。
時が土器、縄文土器?弥生土器?
ドッキリ成功大胆に早期発見。
こき使われないように、
置き忘れないように、
時に君、ドキドキしている時じゃないぞ!!
その時が来るのは、土器が完成してからだ!!
ほどき、鈍器、でサクセス、まさに簿記だ。
早期に決着をつけたい。
動機に措置を講じたい。
もじもじしている場合じゃない。
掃除に閉じられている。
教示させられている。
ロックンロールと、コクーン、
僕分からないや。毒々しい音色な奴をほどく。
六という数字は、ごく普通にありふれた属。
その意味ほどく、
即構造をそる。
掘る穴の凝る韻の創造、
こぐ何か、問う力。
鼓舞して、毒を吐き、
ろくろくびから逃げ回って、
即ロックライブに乗る。
ホグワーツなら、研ぐロスタイム、
ほつれる糸、途中でも、
僕は勇気、そぐ周期。
ごく普通の、飲み物をごくごく飲む。
牙を研ぐ。即ライブするには、どく必要があった。
そんな中でもなぜ孤独。外づらだけ気にしても僕は、
どく訳がない。ほどく訳がない。
置く訳がない。卵をとく。
もぐもぐタイムだ。
しんどくなるのだ。
こぐ自転車、ドームに立ちふさがる。
依頼は、嫌いだ。
地下にいました。視界に入ったのはいつの日か。
リライトしていった。東へと向かった。
叱った。でも欲しかった。
理解は、嫌いだったからこそ、
誓いは、知らしめたかったからこそ。
美大な、肥大化する現実の、
視界は、良好か?
機械人形、じゃねーぞ人間は。
地下に負わします。理解しておきます。
みだらに乱す行為は僕が許さない。
意外とそれを司会に言えちゃう人は少ないんだ。
違いを見せつける。理解を押し付ける。
見たいな。そんなみたいだな。
シーザー、キザな埋め合わせとダンスだ。
機械に頼る日々、鹿しかいない。
見たいから未体験。
違いから、あるいはイカイカしいから。
いかりを抑えきれない。見たい、聞きたい、期待はあふれるばかりだ。
じゃあ忌々しい活動家ら、
誓いましょう。違うでしょう?
見た!さりげない地下世界!!
歯科衛生法にのっとって、
会う、買う、手繰り寄せる。
足るを知る為に、
狩る、現実。
ある、とある世界に、
待つ、ただ繋ぐ、クラップする。
ラップする。楽をする、
その狭間で狩る、明日を待つ。
だから数、気にしないバク。
そのはず、だって恥ずかしい。
ダズボーネス、去る日を待つ、
数、気にせず立つ、
恥ずかしくても、バズーカ打ってる。
数ははまってる。立つから、かすってる。
さすらってる。恥ずかしがってる。
それでも脱原発。咲く菜の花。
吐く言葉、吐き散らす言葉、
バクは夢を食べる。
数うちゃ当たる鉄砲、
説教、鉄橋。
バズーカでエレガントを外す。
出す、答えは心をかする。
だからカスになる。バクになる。
抱く、欠く何かを刺す。
果てしなく刈る。
ご飯を炊く。
アタックして、貸すイメージで、
爆笑を生み出す。確証はないままに、
楽勝に生きていく。グッドラックそれしか言わない、言えない。
恥ずかしいくらいに、ゴムゴムのバズーカだ。
授かるものは何。携えるものは何。
かすっても、ばくばく食っても、
ラズベリーは変わらない。
恥ずかしいほどに、まずはまずまずの出だしから。
数は分からず、それでもいつかきっと分からす。
大胆不敵な出す何か、
貸す何かを、
伝えて救命。
だからこれを食え。
打て。憂いている。
くれくれって騒いでいる。
群れている。グレている。
ヘンゼルとグレーテル。
ずれているから、崩れている。
こすれている。ぶつけているんだ。
だから売れる。これは群れる。
すれる、こすれる、崩れる、
だからうずくまる。
受け狙いなら単調、
ヌケニンならば究極的に。
打て!って運勢を占うから、
公家に憂いを携える。
受け狙い、分かってる、武家じゃない。
くれくれ詐欺でも、憂うことはない。
くれることもない。群れることもない。
ずれる、新しい明日。
公家に何かを伝えたいなら、
うっせー音を鳴り響かせる。
やってくぜ。うろつくぜ。
吐くぜ。大好きになるぜ。
寸前で切り裂かれる。
猫のしっぽ踏んでひっかかれる。
だからぶて。
水くせーこというなよ。
公家、くらげのよう。
うずけ!ずけずけと言えちゃう大人になれ。
濡れている。ぐれている。
止まらない、崩れているから。
すれている、声もかすれている。
売れている果実の、
ぐれてる息子たちの、
うずけこの傷。
ずけずけ言っちゃう大人になれ。
崩れていく。武家はいるけど、
知るけど、見るけど、
打てないなあ。受けないなあ、このネタは。
寝たから、メタルスライムを、
ゲッターした。絶対に分からなかった。
セラピー、メラミ、
寺いのしし。
けだものみたいになってしまった。
世帯を持ってしまったから、
絶対レターは忘れない。
セーターを着ている。下手をうちゃ涙もんだ。
はぜた。ゲッターは蹴った。
焦った。めげた。レジェンドだ。
出た!世帯餅、
蹴ったイマジネーション、
焦っただけ。出ただけ。
何かを張れた。
ばれた?枯れた。
何をされた?割れた。
交わされた。
それでも勢いは、エタノール。
べたになーる。
ゲッターになる。
アロマセラピーを、
げらげら笑って未知の破壊光線。
切羽詰まっていたんで、
風にレターを運ばせたんで、
ろくに何もやりとげちゃいねえが!
急かすきみに 焦った僕の髪の毛が、
出た!焦った、レターを書き忘れた。
でも減った、セッターはビジネスだった。
レッサーパンダを見つめていた。
絶対ミラクル、接待したくなる。
とめどなく流れるノンキな涙。
劣等感の塊となる。
ケアしてないから。照らしてないから。
てからせていなかったから、
てりやきバーガーになれなかった。
果てしなかった。
ベタな展開も面白くなかった。
おなかが減った、
レターはゲッター。
焦っただけ。割れただけ。
陰だ、下げただけだった。
果てが見つかりそうなだけだった。
ラスベガスへ行きたい、
ケガをしないように気をつけなさい。
劣化していくでっかい何か。
おなかが減ったなら、歴史がべたなら、
劣化したテカテカを、
連載しなさい。
返済しなさい。
展開させなさい。
メメタァ!絶対分からなかったが、
レターは取り戻せた。
倦怠期、見解に、
ベタベタするのはやめなさいよ。
減ったベターな話はべただね。
せがんでいる。
へらへら笑っている。
けらけら笑っている。
照らしてくれている。
会えてよかった。
化けてみたんだ。
だけど悲しくなかった。
開け放たれた扉。
だけど、避けられなかったから、
開けられない自らが、
避けられないミュージックが、
陰で支えていた。
咲けて、陰で見守ってくれていた。
あげてあげながった。
だけどつまらなかった。
冴える頭の脳みそに、
影を落とす究極に、
だけど開け放たれた、
化け物に、嘆くものになってしまう。
あげつらうことはできなくても、
だけど意味不明を笑い続けたんだ。
開け放たれた扉、
だけど分からない、避けられない話題、
橙、最大の意味。
会えてよかった。
陰で支えてくれてありがとう!
咲けてミラクル、花よ咲け。
陰から見守る、僕は化けた。
それでも風だ、避けた、
陰から見守ってくれていた。
デマに踊らされないように、
ラケットを取り戻すように、
化けて出ている。だけど分かっている。
果てしない未来を夢見ている。
避けられない鼓動を、
果てのない生き方を、バテているこの体を、
癒すように。冷やすように。
糧となってカテゴライズされていく。
それでも涙がブワッ
不和の分からない、食らってしまったら
暗いお蔵入りだ。
だから無駄にしない。
うだつが上がらない。
くだらない世界観に、
無駄にしない武士のたしなみだ。
ぐだぐだ言ってないでやっぱり。
ぐでんぐでんになっている。
スケスケになっている。
ずけずけ言い放っている。
武家が公家ならば、
ずけずけ言える訳もない。
やっておくぜ。
エアー、吸い込む。
レターで取り戻す。
今朝教えてくれたのは、
下手をうたない為?
レターを書き記す為に、
競れた。ケラケラ笑えた。
だからたまらず焦った。
化けた、陰だ。でも俺の負けだ。
ケガをしないように、下手をうたないように、
絶対に分からすために、
せめた。
劣化していく全てに、
でっかい意志を託すために。
石灰になろうと、
めっちゃ張り切って入れた。
照らされた、けがされた、
それでもレアだったから。
蹴りを入れる。
てりやきバーガー、
めりこんでいる。
競り歩いている。
照り返している。
めりこんでいる。
そうするべき!
するべき!ベッキーになるべき。
できものなんだ。劇で成功したいなら、
傾向を分からなくちゃ。
抵抗させなくちゃ。
蛍光灯に、抵抗力を。
エイになるほどに、水泳をするのさ。
けじめをつけるんだ。
飯を美味しく食べるんだ。
消しゴムで全てを消す。
石碑には、歴史には、
何がかかれていた?
人工知能のTAY.
取らまらない礼儀。
正義とは何か。
明記を求める。
景気よく笑う。
飯が美味しすぎて、恋しすぎて、
血気盛んになっている。
れっきとした栄養の美学だ。
できもの、できるもの、
できないもの。
元気が境目。
できればもっと宇宙へだ。
目にもの見せてやるぜ!
口紅、何をやるべき?
果てしなく去るべき。
元気に生きている、
ドリーマーがぜひぜひと言っている。
レミーボンヤスキーならば、
盆休み。
ペイントで落書き、
セイイエイ。とか言える。
消えるのはなぜ。
チケット、取り逃した。
キレると怖いんです。
いけるかどうか、分からない。
時化るけど構わない。
チケット売れるかどうか、分からない。
ひげを生やしている。
時化ている。
見せている。
着せている。
時化ても別に、ちげーと思える。
否定の裏側にあるものは。
地形の次に必要なものは。
死刑なんていらない。
未定の言葉に躓かない。
理性がまだ東奔西走している。
着せている。ドリーマーなチャレンジと、
一定の意味を越えて。
理系の足を身だしなみ揃えながら。
食うかい?
そのなっているのは鈴かい?
図々しい未来が来る。
狂った、潤った、
来るはずの、るるるだ。
くるるだ。むずがゆい。
うるさい煩いも、
来るくらいスルスルとすり抜けた。
売る、攻めたファイター。
渦を巻いていく。屑をまき散らす。
渦を壊している。鈴を鳴り響かせて、
うずいている傷を、
続いている理想を、
崩れている、静けさを、
腑抜けが落とし込んでくれている。
飯を食っている。
エシラは知っている。
歴史を守るように、
石碑を守るように、
血気盛んなのね。
電気ビリビリ。
ゲド戦記、赤道直下、
明治牛乳の、
政治を介入だ。
セミの鳴き声、
できるかな。できないのかな>
歴史はもっと、陰に、隠れている。
何をするべきか。何をしないべきか。
駅はその向こう、
石碑の向こうで待っている。
この感情はなんだろう。
無性に虚しい。悲しい。
どうでもいい?
堂々でもいい?
理解するためのファンタジー?
さあ、なんだったかな。
僕は忘れてしまったよ。
果てしない距離、美しい未来かい?
遠い場所から、ミラクルを探し続けてきたんだね。
ロックンロールかい?
ドラマチックかい?
癒される為にここに来たのかい?
理想は見えたか?
そこに何かは広がっていたか?
天才的に展開するなら、
その全て、魅力すら、一途に。
ファイター、魅力的な言葉が欲しいんだろう?
空虚な伝説に、光を灯してあげよう。
それに気づいた時、やっと始まるものがあるんだ。
大切さとドリームだ。
今のむなしさと悲しさはなんだろう。
きめ細やかに、運ばれてきた答えに、
色が宿り始める。
止まらないストレートディフェンス、
価値観が未来をフィールドアウトしているなら、
ぶっ飛ばそう。埋めなおそう。
大胆不敵な活動を、
サプライズを、意味不明にさせた。
リアリティ、ダンスショータイム。
理解が共鳴する意味を越えていくなら、
理想像、展開するミステリーすら、
旅立たせる意味不明すら、
カテゴライズする狂気に、
ラブリーチェンジは、失っていく。
ただ立ち尽くす意味すら笑っていく。
ドラマチックなワンダーランドに、
ミステリーは呼び寄せていく。
儚くも、散りゆく伝説を。
かざす手のひら、ブルースを。
共鳴するワンダフォーを、
きつく握ったサヨナラすらも。
果てしない距離すらも、いたちごっこだった。
究極的ロマンス、希望を探した。
リズムがサクセスを求めるなら、
空間的ラスベガス、活動するぜ!!
半端ないリアルが、システムを連れてくる?
葛根湯、かっこんどる!!
不埒なシャワー、
ワンダフォーアイランド、
満たす価値に、融通を利かせる。
超しょっぱいな。
伝えられる意味は反吐がでるな。
でもサクセス、確実性と踊り続ける。
リピーターマイダンスは、
関係ないリズムで踊りだす。
視界に入るレスポンスに、
希望すらワンダーランドに、
ロマンロックが歌い出すなら、
その方向に、リズムを卓越させながら。
嫌いになるならそれも結構。
大好きなチェケラッチョと共に受け継がせるだけだ。
半端ないリアルが閉じ込めるなら、
その空間にリアルが運ばれているなら、
究極的ラフランス、
サバイバルなミュージックを、充実的に、
理解、関係ない。
ポジティブになるんだ。
ハーモニー、歴史的ブーイング、
価値すらミュージックに、
充実的にしながら、
怒りに似たそのタイピングは、
全てを越えていく為に。理想を教える為に。
クォリティをファンタジスタにする為に。
リアリティを、追及させる為に。
理想的に、感動的になる為に。
それらはすべてを満たしていく。
乱していくんだ。
それでも悲しみを携えたのか?
価値は何を呼び込んだ?
不埒なリアルは、何を求め彷徨った?
活動的展開に、天才的メロディに、
突っ走る栄光すら忘れそうか?
ドリームがチェストされていくなら、
懐かしさに悶えるだけなら、
永遠に満たされないこの感情を、
リピートする伝説を、
クォリティで埋め合わせし続けよう。
ダンスフィールドが、
価値を落として、
それでも集中的にサクセスを求めるように。
苦い悲しみすら、影響すら、
栄光すら笑い飛ばしていくから。
ベリーナイスなんだよ。要するにね。
希望的展開が、天才が、繊細な心が、
呼び寄せているんだろう?
悲しみが歌い出すなら、
消滅的恋愛に興味があるなら、
ファイナルアンサー、どれだけ表現しても足りねえ。
大好きなミュージックだからこそ、
充実的観測だったからこそ。
メロディックラインは
止まらないからこそ。
夢中になっている伝説に、
クォリティに、
一途さを求めるその空間に、
空洞にサクセスを。
イメージは超越して、
新しい空間を生み出していく。
白熱する彩りは、誰の手に。
大好きなメロディ、
突っ走る大切さを、
リズムすら超越して、
果てしない距離を歌い続ける。
その果てしなさに、あるいは距離すら認めたか?
ダンスフォーエバーなら、
価値観すらブルースに猛り狂うように思えるんだよ。
価値観と絨毯、
リビングタイムが、タイマーを呼び寄せるなら、
価値を取り戻せ。
記憶を取り戻せ。
なんとなく幸せならそれでいいんだ。
活動的興味、サプライズを呼び寄せた。
大好きな展開を未来に、
リビングデッドが歌い出すなら、
破滅を笑い出すなら、
展開上のラブリー、
超越性、痛みを合わせているイメージですら、
イメージさせたいリアルがある。
強力な世界観があるんだ。
理解したいドリーマーがある。
だから俺は究極なんだ。
理想的展開を、舞い込み、それでも今を忘れている。
ドリーマーなチャンスを求めているのだろうか。
リピートマイダンサー、
クォリティが一途なら、ファイター。
ダンサーズハイ、メッセンジャーズ踊り子。
でも伝えていくのさ。
ラブリーチェンジを認めるためにな。
リピートするマイダンサーさ。
彩りが溢れる共鳴で、
ワンダフォーが歌い出すなら。
炸裂するビジネス、オーケーオーライ、
到底到来しないだろう、
価値観と快感をぶら下げて。
不埒なワンダーランド、くらっちまいなサンダーバード。
大切なクォリティ、解説したいすごいし、
半端ないリアルが飛んできている。
意味が無くても飛び跳ねる。
そういう空間に俺はいる。