僕だけがいける世界で
銃声が轟く。
ファイティングな世界観を、
あるいはその妄想を。
大切にしているリピートを、
それでも伝え続けるメッセージを。
大切にしてなお、クォリティは広げていく。
理想像な展開を笑わせるように。
活動は世界を虚無にするように、
ダンシングヒーローにさせるように、
活動家のサクセスに、踊りだす意味を付け加えた。
理想的展開で手ごまにされるなら。
究極的ミステリーすらも、
価値が追いかけてくれるんだ。
リミットがリピートするように、
恥ずかしいまでにロムるほどに。
究極的展開に、
いわゆる必要とさせる為に。
リズムは開拓し、文化を共鳴させていくだろう。
サプライズなゲストを、乗り上げるように。
究極的未来が照らしてくれるはずだ。
その光線銃、
大好きなミステリーに呼び寄せて。
さらに展開させるメロディを甲乙つけがたいと表現するなら、
最高に見えていたこの現実。
オキシドール、抵抗をサクセスさせるまで、
影響力はヒップホップであり、
必ずその場所まで辿り着くぞって言う
リアリズムを追及してくれる。
ハーモニーで伝説を呼びよせてくれる。
リピーターは、あるいはその理解者は、
行動のビジネス、大きなとめどない波動を、
空間をサプライズする意味にしてまで。
エネルギッシュなトークバックを走らせた。
苦情も聞かない、
リズムも叫ばない。
大切がイデオロギー、
もういいよ、黙れよお前って
青木みたいに言ってやりたくなるぜ。
価値観はブルース、
ロッケンローでファイティングでしてやるぜ。
荒唐無稽だからこそエレガントなのさ。
それを分からない奴がただただ呟くんだ。
渦巻くんだ、ごまかすんだ。能書きを垂れるんだよ。
うなだれるんだ。喚くんだ。ぐずるんだ。愚痴るんだよ。
大切ってなんだっけ。
理解できるトゥモローが、
新しい未来を叫び続けてる。
ファイターのジェットコースターアイランドですら、
認めきれないというのであれば。
最高なフィクション漫画だ。
大切な行動と、鼓動。
サクセスストーリー、
追及するミステリーなんだね。
そう、誇りだ。
大切な言葉とエンジョイモード。
理解する共鳴だ。ワンダフォーアイランドだ。
ロッケンロー・ビジネスでオーケーオーライだ。
サクセスの為のストーリーとは。
未来の為のスケッチブックとは。
忌々しい未来に、退屈な行動に、
サクセスするトゥモローに、栄光を呼び寄せる。
それは何度も、何度も。
記憶の底から湧き上がる思いがある。
果てしなく堂々とする近未来があるということは、
リズムがサクセスする為に、
あるいは行動をのけぞらせる為に、
究極的メロディを新しくしていった。
可能性をブギウギで挑戦権を開拓するなら、
ロックンロールビジネスだ。
大きな未来を描こう。
究極的なら、
それでワンダーフューチャーだとか、
色々言えるのだろうか。
始まらせる為の究極に、
あるいはミステリーに。希望をさせるほどの。
歴史を変えてしまうほどの、
エネルギーが確かに存在する。
理解を越えた境地に、ただただ居座るようにして。
全てを閉じ込める、
理解を越えた場所で、エネルギーは突っ走る。だから。
活動的展開が笑い出すように、
究極的ミステリーがのけぞるように。
素敵さはファンタジスタを携えながら、
希望的ドッキングで未来を切り開いていく。
理想の副作用だ。
寝ても起きても夢を見る。
大胆不敵な行動が、サクセスなトゥモローを呼び寄せている。
大好きだからこそ止まらないんだ。
止まることなんてできないんだよ。
クォリティをダンスさせている現在がある。
興味があり、サクセスでもあるんだ。
空中に浮いているレベルアップが、
活動を弱めてダンスを意味不明にするなら、
活動家の天才ですら、
価値がおぼつかない未来ですらも。
影響力、ヒップホップな風に乗せていくリズムじゃなかったとしても。
リアルなフューチャー、ドリームはどこまで
歯がゆくも愛おしく、
ラブリーにチェンジさせてくれるのか。
リピートメッセージ、クォリティを届けさせてくれるまで。
リピート、エレガントなモードを嫌ってまで、
そこまでして手に入れたエネルギーなんだ。
大切なドリーマーが存在しているんだよ。
その数も、はかり知ることなんてできないかもしれないという
一途さも、ミラクルも。回転が呼び寄せている。
隠れているモンスターが存在している。
だからドリーマーと共に、受け継いだんだ。
サラバといったんだね。
理解する意味が、アンチテーゼが面白がるなら。
究極的ミステリーがワンダーランドを連れてくるなら、
理解者、歴史をコンタクトする。
イメージをラスベガスにする、
記憶すら。記録にすらも、
ファイティングな世界観に、ミラクルは酔ってくれるだろう。
ハーモニーで伝説は歌い出すか。
果てしなさと共にスクラッチしてくれるなら。
大切さとドリーマー、
ロックンロールなビジネスと、オーケーオーライが
導くステーションがある。
大切さとドリーマーがあるんだ。
ロックンロールフェスティバルは、
ロマンロックを頂きに、
サスペンスを行動させるように。
理解するドリームは、
栄光を携えるように。
価値観はミュージックだ。
大切な言葉とエンジョイフルメタルならば、
希望が素敵なメロディを突っ走る可能性を、
エンジョイしてなお大切にしてくれるなら。
ドリーマーな適応力、
サバイバルな価値観すら、栄光すらも。
輝かせて、なお余りある大好きに、
歴史的ファンタジーすら潰されていくリズムになっていくんだ。
ハイテンションな行動法に、
スクラッチを削るような栄光に。
満ち溢れる世界の道徳に。
正しさがエレガントなヒップホップを乗せてくれるなら、
リミットなジェットコースターをアタックさせるなら、
希望的観測、宇宙的未来すら、
掛け替えのない素晴らしい世界ですらも。
栄光ですらも、クォリティが低くなっていくだろう。
理想的展開を、笑い出すミステリーを呼び寄せるなら。
退屈な理想がピッコロ大魔王なら。
謙虚なヒーロー、大切さとドリーマーに、
影響力とヒップホップに、
ダンスするメッセージにすら。
虚ろにしていく展開にすら、
そう、それは正解だ。
リズムがマックスになっていれば、
空虚な伝説すら笑い飛ばせるのだろう。
クォリティはダンスしていく。
ファンタジーアイランド、クォリティで見せつけてやるのだよ。
究極的ディフェンスが何を求めているのか。
ひたすらにひたむきに、
理解を越えた場所にあるエネルギーに、
突破する伝説を越えていきたいと。
リズミカルなパッションとファッションで
エネルギーにしたいと。
デメリットに永遠に近づく。
理想的展開は笑い出すだろう。
究極的なミステリアスがある限り、
メッセンジャーが届く焦りだすミラクルを演じるかぎり、
大切な言葉であり、エンジョイしてくれるミステリーが、
大好きな行動がサクセスの上で、
トゥモローを働かせるなら。
空虚な空間を新しくさせるなら、
それはそれなりでトゥモローを栄光にしてくれるだろう。
ハッピープログラムで、大好きな言葉が
延長線上から無くなるくらいなら。
素敵なファンタジスタ、栄光を見つめるワンダーランドを、
大したことのないディフェンスを。メロディを、
開拓する文化を、今をケセラセラで笑うように。
ロッケンローラーでファンタスティックをドリームに、
費やすように。
俺にそんなことをしてる時間はないんだ。
やりたくないことやってる暇はねえ。
ダンスフィールドで、
永遠が満ち溢れさせてくれるなら。
興味と、卓越するダンス。
クォリティでミュージックにしていく偽りにすら、
ケセラセラ、メッセンジャーな形にしていく。
ドリーマーなチェンジが焦りだすなら、ファイターのように
思えてたあの素晴らしさですら、健康法ですら、
影響力で、飛ばす快感を。
エネルギッシュにダンスするあのイメージを、
開拓してもあまりあるダンスを演じるように。
九十九里浜、素敵なワンダーランドにするように。
突破するような、
ファンタジスタに未来を抵抗させる。
ファンタジーなジェットコースターモンスターを
現していく。理想像が、理解させるように。
興味させるように、歪な行動を。
サクセスのトゥモローを、演じさせるリピートに。
メッセンジャーな価値に、驚かされるばかりだぜ。
クォリティと、それを見せつける
空虚な空間に、あるいはメロディに。
大切にさせてしまったんだなあ。
クォリティは笑わせてしまったから、
仕方ないっちゃあ仕方ないのかもな。
ダンスフィールドで、
価値観はエレガントにミステリーを呼び寄せる。
白熱する色々に、
ダンスするフィーバーが落とされるように。
空虚な空間は、理想像、
俺にだって間違っているって分かるぞ。
果てしなさは究極をメロディに、
大切さはメロディックラインを整えるように。
さらば、大仏、ケセラセラなワンダーランドよ。
大切にしてきたドリームよ。描くことは許されるのかい?
リピートと、リピーターとメッセージ。
クォリティが伝えだす未来に、僕は今生きている。
まっすぐ帰っておいでよ。
月の向こうから。
大好きなフィンガーアイランド、
孤独が鼓動を呼び寄せるまで。
素敵なアンチフィールドを乗り越えるように。
ダンスフィンガーは形をのけぞらせて、
それでも空中に浮いている今を笑っているなんて。
素敵さがファンタジーだから、
クォリティすら歪になってしまいそうだね。
リピーターなメッセージが、クォリティすら求めていけるように。
いつだって、今だって必死なんだ。
ご明察なメッセージをエレガントに、
引き継ぎまくってしまう。
リピートするダンスに、共鳴するいたちごっこが消えないなら。
素敵にファンファーレを打ち鳴らそう。
その素敵さに、行動に、祝福を。
メロディックラインが整うならば、
ストロークで堂々と。
ミラクルファンタジアで朗々と、
大切なたそがれ。ファンタスティックなみぞれだ。
大好きだからこそ止まらないのだろうか。
理解が追い付かねえ。ダンスフィールドで
歴史を開拓しているようだ。
ハーモニーは歴史を、
あるいは価値観を、そこに秘められた力を。
ロックンロールは内に秘める。
大好きだからこそ、トゥモローを愛し続けられるんだ。
そこにリピーターがいる限り。
ダンスよフォーエバー。
価値観なミュージックを、
それでも取り戻すその勢いを。
ダンスフィーバーを、
価値観で取り戻す影響力を、
引っ張り込んでなお、伝え始めるレベルアップを。
活動限界にさせてまで、
エネルギッシュにされたんだ。
クォリティはミュージックに、
ファイヤーマシンガンはエイトビートになっていった。
白熱する電球が驚いたんだね。
空虚な歴史が笑うんだ。
展開力は差し出せるかい?
まだ君はすぐそばにいるんだね。
大好きだよ。トゥモロー、
果てしなく、道徳で結ばせたい。
そんな希望が存在する。
その、興味に、あるいはその愛しさに、
魅力に、
感覚を取り戻すことすら虚ろにさせられてしまいそうな、
そのミラクルに、ただ漂っていたのは誰のおかげかしら。
私はスタジアム。いらないものなどいらないのです。
価値がユートピアを笑わせてくれる。
だから私は微笑んだ。
なびくかな。どこまでも。
その為に髪をほどいたんだ。
なびくかな。どこまでも。
その為に髪程いたんだ。
理解している、歴史がファンタスティックに、
希望を分け合うように。
ダンスはフォーエバーになっていくぜ!!
歴史とクォリティ、
私の存在した意味とは。
理解するスクリューリズムに乗せて。
ファイナルアンサーが潰されないように。
興味、脳裏に焼き付けるように。
大切がクォリティを見せるなら、
理解している努力すらミュージックにさせるだろう。
ハーモニー的伝説に、スクラッチされる運命ならば。
クォリティで低く、見積もっても永遠に。
活動しているドリーマーに、
果たして最後に誰が勝つってな気分かい?
サスペンスは行動のサクセスを連れてくる。
リミッターが生きているから仕方ない。
ラブリーコールはエンジョイとドリーマーに、
慌てだす炎は伝説と色とりどりな。
リピートソングライティングだ。
ファイナルなリアリティを、
結ばれるその光景を、
リズムを、取り巻きをエイトビートにさせた
嫌いにさせた未来すら、
歪められてしまうのかな。
リピートするシンガーソングライターに。
書き換わっちゃう可能性があるから面白いんだね。
究極的なメロディなんだね。
大切さがメロディを美しく彩る。
価値観が、追いかけるように、
羽衣を着せるように。
ダンスはフォーエバーだから、
価値観のアンチテーゼだったから。
究極なるミステリーは、
傾向と対策を、
素敵なフィンガーアイランドで認めてくれたから。
だから僕は走れたんだ。
大切な言葉と、メロディにサクセスさせるなら。
ドリーマーとチェンジ、ミステリーワンダフォーだから。
究極は願ったりかなったり。
素敵なファイナルアンサーだ。
大切な言葉とクォリティ。
ダンスするフォーエバーと共に、
炸裂するミュージック、歴史とそれのみに記憶させる。
リピーターとブースターに、
価値観すらメロディにさせていくのか。
果てしなさが追随する魅力で、
アンチテーゼは理解させた。
努力が意味不明になっています。
行動的ロッケンローティーチャーが、
確実性を取り戻すなら。
正しさとファンタスティック、
頭が細切れ劇場だ。
素敵なファンタジーを求めるなら。
空虚な伝説が頂きからやっほーだぜ。
トゥナイト、歴史する今度は。
ラブリーゲームは追従するし、
リピートモンスターは食い違うミステリーでどうこうしてるだろう。
ドラマチックなワンダフォーライフ。
大切な言葉をエージェントにするように、
ロッケンロー、大体不敵、
落札パーティ、エンジョイならば。
クォリティとダンスするイメージに、
時は何を思う?
過ぎ去りし日々は、
メッセージに開拓させて、
その嫌われるメロディにして、
大切さとイデオロギー、
パッションとファッションが見つかり次第、
影響力をヒップホップにさせてくれるなら。
リピートモンスター、追従する歴史に、
ファンタジーすらうろつきだすぜ。
いちいちラブリー。強調線を、
大切な言葉とエンジョイパワーで、
ダンスするエンジョイパーティで、
ロッケンローなハニーは歌われていく。
理想像で行動するように、
ハーモニーはまるで歌い出すように。
理解する歴史、行動のロストプラネットだ。
確実性と彩りに、まさぐる最高に、
エイトビートは炸裂し、
ミュージックがファイティングになってしまうなら。
大切な言葉と行動に、
サクセスロードを突き進むように。
ワンダーランドを行動させる。
リミッターは笑いだすのだ。
抵抗と歴史、ミュージックとファイナルアンサー、
孤独と毒々しいリズム、
開拓する文化、文明すら、
旅立つ世界観にさせた。
大好きがマンネリズムだ。
最果ての孤島で、メッセージを貫くなら。
それも素敵さで疑心暗鬼なのかい?
リズミカルな行動とロストチルドレン。
ハイパーパワーでエンドレスに食い違う。
よほど都合が悪いようで、
大切なドリーマーに影響力を、
ヒップホップを感じてきた、
ラブリーハートで頂きます!
ってなレベルかい?
ダンスホールで影響力だ。
大切さ、こだわりとワンダーランドだ。
ロックンロールなチャンスを、見せてくれるぜ。
ラブリーハートが認めているぜ。
窮屈な世界に閉じ込めるように。
ラフランスは大胆不敵に、
ロックンロールなフェスティバルに、
クォリティはそれと共にダンスするように。
黙らせるフォーエバーに、価値観、
ロマンロックで歌い出す、ハーモニー。
ロックが歴史を作っていく。
その鼓動はどんどん上がってく。
未来に向けて距離は高まっていく。
溢れたってそんなの構わない。
その全てが今君の音になる。
大好きがチェケラッチョならば、
ファンタジスタすら未来、
大切な言葉と、クォリティにメッセージ、
驚かせるファンタスティックドラえもんに。
価値観とフェイク、行動のロックオンパーティ。
君は遠く彼方を見渡す。
理解できる興味を、虚ろに天才的にさせるように。
希望的サクセス、未来と調節して超越していく。
理想的展開、未来が着実に圏外。
ラフランス、どうしようもないラブリー。
大切な言葉と、エンジョイするヒステリー。
ロックンロールなハニーであり、
エイトビートなスクラッチ、
栄光のユーロビートを間違いないって
歪な世界観にさせるリズムにすら、
とっかえひっかえ、ラブリーコールを呟かせる。
リズミカルにエイトビートは、ミュージックをサスペンスにしている。
正しいクォリティ、正しさとワンダーランドに、
フューチャークイーンにしてくれるんだな。
理解してくれるドリーマーに、
栄光が満ち足りていく。
ロックンロールにファイティング、
価値が奥ゆかしい。
大好きなトゥモロー、
栄光を道筋に、
価値観をメロディにしていく。
ロックンロールファイティング、
価値観はメロディ、
窮屈な世界に、彩りを導き出す。
反応する価値もねー。
理解する協力も卓越もワンダーランドもねえよ。
リズミカルに行動に、サクセスに躍らせるなら
意味もねえ。正しい理屈と急上昇。
あつまる歴史と、かいつまむ判断が、
理解のファンタスティックの狭間でクォリティにさせていく。
ダンスフィールドになっていくんだ。
ロックンロールがファイティングを連れてくる。
理想的ビジョンで、未来を見つめる。
理解するドリーマーが、
展開力を連れてくるんだ。
最果てのメロディ、子供だましのような。
理解する炸裂のような。
ダンスフィールドを巻き込むような。
エイトビートにチェレンジしていくかのような。
白熱するダンスを、クォリティを、
認めてなお飛び交うこの神々しい音色を。
大切なメロディを、ミュージックを、
守りたいが為に。
リアルフューチャー、確実な彩りに、
空虚な空間であり、大切な落札パーティである。
努力することがメッセージなら、
強力な味方を携えているぜ。
空虚な空間。寸断されるエイトビート。
昨日から影響している。リミックス、形が乗り越えている。
大胆不敵な行動の美学。
ロックンロールは天下分け目なんだよ。
ストライクゾーンなんだよ。
分からないからリズムにさせれられているんだね。
興味がサクセスワンダーランド、
語られぬ歴史は紡ぐことができる。
ファイヤーマシンガン、
伝えたい魅力を、ワンダーランドにしていく。
ドラマが着実にのろけだしている。
ドリーマーをチェンジさせるように。
理解させるように。
リピーターがブーストして、
イメージをチェケラッチョするなら。
ファンタジーアースを、メッセージを、
クォリティを目指すなら、
価値観を、ブーストを。
飛び出す永遠を、
理解するドリーマーを、
栄光を見つめるその先を。
ユートピア、炸裂するマイダンスを。
メロディを、サクセスするトゥモローを、
エイトビートに変えられたメッセージを、
追随させる魅力にしている。
ドリーマーなファイティングにさせているんだね。
窮屈な理解者、堂々とめぐるだけだ。
ファイヤーマシンガンだ。
正しさとワンダーランドなんだ。
窮屈な世界観に、空洞な未来に、
栄光を差し出せる。空虚な理想を頂戴できる。
レベルアップなファンタジーだ。
クォリティとして受け入れる価値観だ。
メロディックラインが整うまで。
健康的に生きるまでだ。
退屈な世界、
ロックンロールにはまんない?
ダンスフォーエバーだから、
価値を追いかけてくれてんだ。
リズミカル、歌い出すファンタジーに、
クォリティとして受け継がせる未来に、
栄光を差し出せるかって
嫌いにファイヤーマシンガンだ。
エイトビートな炸裂だ。
ビューティフォーな未来に、
正しさがワンダーランドになっていくように。
理想像、展開的に魅力をファイヤーサインにさせてくれる。
リミット、ファイター、ジェットコースターアタックだ。
ロマンチストが吸い取っていく。
歴史と共に、暴れ去っていくんだ。
その愚かさに、
あるいは儚さに、リミット、ジェットコースターアタックだ。
ロマンチストとメッセージ、歌い上げる。
正しい魅力にロマンチストが叫び始める。
退屈な世界観を彩るように。
空虚な伝説を未来に耕させるように。
ハイパワーなエンドレスが、
倦怠期を呼び寄せてくれる。
ハーモニーで伝説は、メッセージを彩ってくれるんだ。
リピートしてくれるイメージと、
ファイヤーサインはださいん?
形がなくなっていく理想に、
謙虚な思想を。舞い込む工程を。
ラブリーなチェンジを認めるように、
大胆不敵な行動の美学を。
サクセスの為のトゥモローを。
新しくさせていく。
ロマンチストはワンダーランドを認めている。
努力的、ロックンロール的なんだ。
価値観がミラクルを呼び寄せる。
大胆不敵な活動は、運命をあげつらうように。
ダンスダンスダンスミュージックで、受け皿となっていく。
果てしなくロンリーになった気分だ。自分だ。
果てしなく光合成、大したことのない奴だ。
金に動かされるような、リミテッド、
価値観とアンドロイドに、突き進むミュージックを、
メロディを。
太鼓判を押させるように、
リミットはリミックスに炸裂しだすように、
ロックンローラーなファイティングを、価値観で彩るように。
究極的なメッセージが、偽り的展開を取り戻していく。
果てしない行動の果てにあるのは、
素敵さと影響、栄光で満ち溢れさせるように。
クォリティはまるでダンスをするように、
生きがいとしてファイティングスカイハイになっていく。
理想像とその展開は、メッセージをクォリティで、
驚かすように。ファンファーレを鳴り響かせるように、
生きているドラマを発表会にするように、
光景がミステリーになっていくように、
理想的展開。ミステリーな興味。
正しさとワンダーフューチャー、
価値観とドラマに、究極性が見え隠れする。
リピートモンスターで追随してきたんだ。
リピートする意味不明は、価値は、行方不明は。
クォリティが違うんだな。
炸裂するビジネスが大きいんだな。
理解する孔明の罠だなあ。
炸裂するビジネスが大きいチャンスを、
描いてハートに届かない嘘偽りを。
ロックンロールファイトで、
生み出せる価値観を。
メッセンジャーなリピートを、
大切にしてあまりある歴史を。
リミット、歌い出すハーモニーを。
歴史的コンタクト、メッセンジャーな価値観を。
ミラクルな行動を、サクセスを。
センセーショナルな頂きを、
笑い続ける展開を。
メロディが差し出せるチャンスを。
理解がファンタジー、クォリティ、
リビングデッドで、
炸裂するビジネス、オーケーオーライ、
大切なロッケンローフェスティバルですら、
価値観ですら、メッセージですら、
音飛び見抜いていく。
理想像を壊していく。
その最中に、踊らされる中途半端な途中が眠っているから、
理想的にコンタクトしていったんだ。
始まるべき可能性も、壮絶な痛み分けも、
メロディックラインの整い方も、
リズムも、それが託す運命も。
ロックンローラーなフェスティバリーだから。
究極的メッセージが、偽り的展開に、
メロディックラインに整わせるところまで
来ている。ドリーマーにチャンスを与え続けている。
リミットに疑うことなく。
サバイバルな価値観に、メロディとリズムは食い違っていくから。
理想像、展開力、
誰が言ったか?
ドリーマーなチャンスを広げていった。
価値観とミュージック、
偽りの天才の方向性か。
ラブリーチェンジなのか。
ロックンロールファイターなのか。
理想的にビジョンを見え隠れするダンスを、
エレガントにすら見える価値観を、
コピーとペースト、
共感できるものを、
リズムをリスキーに、
活動家にサクセスさせるように。
ファンタジスタな傾向に、ワンダフォーアイランドに。
傾向にサクセスワンダーランドに消え失せるように、
ファンタスティックなミュージックに、
嫌われるように。感動を、当てはめるように。
理解するドリーマー、
栄光と道筋を、階段を上らせている努力家だから。
いちいち手打ちするの面倒なんだよ。
価値とそれのみでエレガントになりな。
ファイトスタイルとジャッジメントだ。
価値観とメロディならば、
炸裂するビジネス、
オーケーオーライが伝えていくなら。
ファンタジスタが近未来と戦っていくなら、
理想すら追随させたい。
リミックスな価値観に置いてけぼりにされたい。
果てしなさと共に追及させたい。
そこには自らなど存在しない?
立ち眩み、素敵になるほどに。
影響力、ヒップホップになってしまうほどに。
ラブリーゲームであり、
食い入るように見つめるダンサーは。
歴史とファンタスティックな興味とは。
ミュージックなデコレーション、
確実な世界と、彩り。
ファンタスティックな鼓動に、ワンダフォーが突き抜けていく。
理想がチャンスならば、
栄光で見つめるワンダーランドにすら。
完璧に教える理想にすら。
大切に対決姿勢を願い出す。
ロックンロールだ。
ファンタジスタ、栄光を見つめるように。
理解するドリーマー、栄光を見つめだすように。
影響力、卓越したロマンスだ。
クォリティがダンスしている、
ファンタジスタ、ロックンロール。
価値観、ワンダーランド、両方だね。
奇妙な形を楽しんでる。
楽しみ方で、エイトビートは変わっていく。
理想的展開を、閉じ込めるように。
ファンタジスタ、栄光を見つめる先は。
大胆不敵な行動の果ては。
メロディックラインの正攻法でいかない
メッセージに、栄光として受け入れる。
ファンタジアを見つめるダンサーを連れてくる。
活動家だからこそのエイトビートを求めてくれる。
リピートがブーストしてくれるイメージになるのなら、
その宿命ですら嘘になってしまうだろう?
おれは旅をするのが楽しいのさ。
リズミカルな行動の果てに未来を確かめてえ。
退屈な世界が嫌いなのさ。
かといって言葉で楽しむってのも
中々難しいようだな。
いいよ。適当にのらりくらりとやってみせるさ。
最高峰で、エンジェルたち。
リズムで炸裂するバンパイアは、
素敵なフィンガーアイランドを見つめてくれるはずだしな。
クォリティとダンスしていく。
フィンガーアイランドに、形すら求めていく。
理想像、理解できるか?
そう、ポップコーンの雨あられだ。
弾けるポップコーン、
新しく共鳴させるように。
ダンスはアンチフィールドを乗り上げるように。
リピーターと、このブーストされる運命とは。
昨日から炸裂しているこの感覚とは。
エネルギーとはなんなんだ?
奇妙な位置づけ、大切な行動とロストジェネレーション。
活動する意味を、
それらを越えていけるように。
ダンスダンスダンスフィーバーで、
価値観を求めていけるように。
ロッケンロー、ハニーはエイトビートで、
炸裂するビジネスを光景で、
到底見てくれないようなダンスにさせられている。
なびくかな。どこまでも
その為に髪ほどいたんだ。
価値観がブルースを連れてくるなら、
ファンタジスタが未来を追いかけるなら、
リピートするシンガーソングライター、
始まりの奇跡すら
エイトビートにさせながら。
夢中で無知してアイウォンチューかい?
カテゴライズされた意味不明にのっけから、
素敵なファンタジスタにしているのかい?
努力すらも意味不明なのさ。
カテゴライズが究極を求めているからね。
理解と歴史はファンタジスタ、半端なくナンバーワンなら、
活動するエレガント、ミュージック、サバイバー。
形を求めていくんだろう。
理解してくれる歴史、ファンタジスタを永劫に、
栄光として受け入れている価値観。
大好きなトゥモローであり、エンジョイしている道筋だろう?
なぜならこいつは嘘つかない。
ラブリーなハートを認めてくれるなら、
そのチェンジに理性があるならば。
正しさがミュージックに偽りにされている。
ドラマチックにワンダーランドに、
栄光を乱すなら。
価値観を許すなら、
活動する意味を、越えていくファンタジスタ。
栄光を見つけていくんだね。
大好きなトゥモローをエンジョイさせてくれるんだろう?
ハーモニーが墜落姿勢だね。
ロッケンローがファンタジスタな未来になっていく。
理想像、展開するミステリーにすら、
ワンダーランドを道筋にしていく。
路頭に迷っていくスタイルになっていくんだ。
レベルアップなフィンガーアイランド、
孤独と孤島に密接に繋がる許せる嘘がある。
大切な言葉があるんだね。
理解するためのファンタジアさ。
ドリームをエイトビートにさせられるなら、
興味と卓越させるミュージシャンは、
価値を閉じ込めてそれでも内部情報を。
更に解き明かすように、
それはメロディとして食つなぐために。
理想像、影響力でヒップホップにしてくれる。
リピートするダンスは、厳しい自然とのあくなき格闘だから。
影響力でヒップホップなカテゴライズにしてもらえるなら、
空中に浮いている歴史、
ファンタジアこそが影響力なんだねって。
リアルヒップホップで、ロックンロールビジネスにおーけーおーらい
していく。大好きだからこそ止まらねえ。
ミュージックがペトロシアン・パンチだ。
いや、チンギス・アラゾフだ。
ロックンロールなファイティングだ。
価値を閉じ込めるなら、
空間でイデオロギーを発表会するなら、
クォリティでダンスしていく。
価値観とワンダーランド、密接に繋がる今日ですら。
栄光を見つめるワンダーランドに
してくれるワンダフォーライフが
今ここにある。
素敵なフューチャーアイランドになっていく。
理想像とその展開に、
あるいは勇気を持った俺達のスパイラルに、
生きている価値観すら蝕まれそうな気合いで、
ミュージックサバイバーな価値観をメロディにしてくれるってことは。
果てしなきをドリーマーにさせてきた。
リズムが倦怠期、ラブリーコールでエンジョイしていくのさ。
ハイテンションにのけぞらせるなら、
一騎当千だ。
ラブリーアタックにチェンジングだ。
最高なサイコキネシスだ。
歌い出すハーモニーが、追随すら許さない。
大好きだからトゥモローは運び出すんだ。
つまり究極的なんだね。
ロックンロールビジネスが沸いているんだろう、
始まりの世界から、エイトビートを炸裂させる為に。
奇妙な器用さで、
大切さとドリーマーにさせてくれるなら。
リピートと問答無用になっているが如く。
ファイなリアリズム、
大切な言葉と鼓動、
ワンダフォーライフを繋ぎとめる為に。
リピートする為に。
理解をさせたいから。
協力姿勢でワンダーランドを
見つめるように。サクセスするように。
希望をあてがうように、ミラクルがダンスしていくなら。
行動不能なロッケンロー。
果てしなく転がるでも、恋はサーカス。
リミットならば疑いぬく天才に、
密接に繋がりゆく伝説に、
ミラクルは踊り続けていく。
ロックンロールなファイティングを、
密接に、繋ぎとめていく為に。
理想像はこだわりだ。
メッセージを伝えるように、
リミットは歌い出すように。
ハーモニーで伝説をおりなすんだ。
クォリティでミュージックを偽るようにしてな。
大好きだからトゥモローなんだ。
サクセスするエイトビート、
衣に闇をまといながら、
くるくるくるまって、
ライクライクシャワーだねなんて言って、
ラブハウス、エージェントジャッジメントに。
クォリティダンスに、ミラクルはパンチする。
ロッケンローハニーが育っているのだ。
大切なリミックス、行動のロストチルドレンだ。
対決姿勢は笑い出してんだ。
空間的リアリティ、メッセージは驚きだしてんだ。
究極的ミステリーを躍らせるなら、
空虚に空間が笑い出すなら、
理解しているファンタジスタ、
栄光を永劫にしてまで。
エネルギーとして突破するミステリーにされてまで、
影響力はヒップホップになるのかな。
正しいミラクルは、ワンダフォーアイランドを、
見つける為に。リピートする為に、
記憶を流しこむエイトビートにさせてくれている。
ドラマチックに変動するミステリーに、
空虚になったエレガントに。
サクセスロードに、いわゆる残念だと思わせる為に。
記憶的ラフランスだ。
活動的な意味合いだ。
大好きだからこそ止まらないんだ。
正しさとワンダーランドが連れてくる未来がある。
大切にしている努力が半端なく。
鼓動が鼓舞している
メロディが存在するから、
ずれないんだ。気象衛星、
ラブリーなんだ。価値があるんだよ。
始まりの世界、お前らはフェイクで俺が本物だ。
理解している意味、価値観、その小鳥のさえずりのような。
あらゆることを考えていそうな、
希望、卓越する未来、
ミュージックがファイトスタイルを見せてくれる
エレガントに、あるいは究極的に、
申し遅れそうになるくらいだ。
大切な言葉とフォトグラフィーだ。
価値観がエイトビートを現している。
努力がメッセージすら乗り越えるように、
階段を上っていけるように。
空間的なファンタジスタ、
栄光を満ち溢れさせる、
空間でリピートさせる運命があるんだ。
大切な言葉でエンジョイできるなら、
何もいらないって言えるなら、
価値観がビューティフォーになっていくなら、
恥ずかしげもなく心地が良いね。
こんな日は入れっぱなしの何もかもがないね。
素敵だね。究極だね。
ついでに言うとミステリーだね。
空間的貧困天国。
密接に繋がるエレガント性すら、
ファンタスティックなアイランドに見つめているよ。
今日もまた君が傷ついていくよ OH
正しい世界で、エンジョイパーティだ。
ロッケンロー。
今は立ち上がるな前を向くな涙をふくな、
へこめ、へこみまくれ。
そんな歌があってもいいと思う
そうじゃなきゃおかしいと思う
正しい空間、ロストプラネットだから。
確実性が彩りを求めて、
また歳月を彩るように、
空虚な空間を愛おしむように、
ダンスを続けていく。
リピートするメッセージにすら、
カテゴライズされない意味の最中で。
大好きなトゥモローを愛せる仲間まで。
テイクオフされる、希望にミュージックは移ろいゆくんだ。
天才的伝説に、魅力的ミラクルに、
エイトビートの儚さを知りながら、
行動する運命だ。