ロックンロールがファンタジーならば、
鼓動を僕とするなら、
世界観の彩りはまた増していくと感じられないか?
レベルアップなフィンガーアイランドが
それを求めだしているならね。
空間が劣悪なのだろうか。
それゆえに、困っているのだろうか。
空虚な伝説すら、全てが間違っていると定義づけるなら。
幅を利かせるなら、素敵なフィンガーアイランドだ。
ミュージックとイッツラブで、
コミュニケーションができるから。
ラブリーなハートはいたちごっこを乗り越えられるはずだから。
究極的メッセージがいなくなろうと、
基盤は作ってあげられるから。
俺達大人がしっかりしてないと、
子どもたちに未来を託せというのか。
未来が着実な天気予報なら、
クォリティが異次元であり突破するしかない
レベルをフュージョンで駆け抜けるなら、
レベルアップなフィンガーアイランドは、
越えていけるのだろうか。
ハーモニーは追及してくれるのだろうか。
理解と歴史、ただ一つ言えることは半端ないってこと。
ある程度ミステリーを逆らわせているから、
意味不明でも価値を追いかけることが可能なのだろう?
その中で、色んな世界を見ている。
ドリーマーな世界観を見違えるように、
空間的サプライズを乗り越えるように、
羽ばたくように、まるで奇跡のように。
歴史的、鋭い解釈。
感覚的ブルースすら、整っているリアルファイトが
サバイバーなエンジンを卓越させている。
ドラマチックなワンダーランドは、
ミステリーをまるで生み出すかのように。
羽ばたいた世界観は、
永久を、栄光を、
携えるようにして。
リズミカルな価値観が追いかけるなら、
それにすら本懐の価値を照らし出すしかないんだ。
それを求めているなら、歴史的ミュージックにすら、
イッツラブなコミュニティにすら、
後ろ側で天才的に努力していくしかないんだ。
ため込んだ未来、卓越したケセラセラ、
ワンダーフューチャーが意味不明になる限り、
ファンタジスタは越えていく未来を卓越していくんだ。
メッセンジャーが大胆不敵になるなら、
代わりばんこにメッセージを共鳴させたいのかい?
リズムがアップグレードなら。
価値を追いかけたいんだ。
リピートするメッセージが歪なら、
その展開の力すら堂々と誇りたいんだ。
歴史がミュージックすら彩ってくれる。
ハイパーパワーでエンドレスを求めてくれるから。
リピートするケセラセラは、
ワンダーフューチャーすら、
未来を託すこの祈りすら、
なきものにしてしまうのだろうか。
ファンタジックがフジファブリックなら、
ロストチルドレン、
何かを失った光景。
リズムは共栄していく。
ラブリーなチェンジに、本当を意味合いを、
繰り返させるように。
言葉は歴史を紡いでいく。
リピートモンスターを覆すように。
リピートするメッセージが嘘すら卓越してしまうなら。
価値観はミュージックであり、その力は
認められる。
感覚的ブルースで、共鳴するような話だ。
長い、長い夢を見ていたのかもしれない。
絶望を越えて、君たちを愛せるか?
本当に君を守れるか?
大好き、ケセラセラ、
でも伝えたい。レベルアップなフィンガーアイランド。
大切な言葉がエンジョイしているなら、
価値観とのブルースの兼ね合いすら、
深い心は満たしてくれるだろう。
リピーターとの埋め合わせが展開力ならば、
ファンタジスタな光景を、
ダンスしていくミュージックのように。
それはハーモニーを伝えだすように。
感覚を傀儡にしていくから、
努力は歴史なんだ。
リピートするメッセージが、
今すら超越してくれるなら。
半端ないリアルや小説に、
リピートするムードを付け加えられない僕の弱さか?
リズミカルに歌い出したハーモニーは、追憶の陰に隠れるだろうか。
歴史的ミュージックを彩りたいなら好きにすればいい。
リピートはそれだけで窮屈なメッセージだから。
それらを埋め合わせして初めて、
記録的記録員に出会うことすら許されるかもしれない。
毒々しい音色で全てを運ばないで。
現実を見つめるのは誰だろうね。
その距離に、退屈性に、
リズムを卓越するということは。
リズミカル、自由を強く願ったら、
自由であることを知った。
大切な言葉がエンジョイしているんだね。
インファクションならば、
希望と共に卓越するメロディすら後ろ側にあるはずだよ。
半端ないリアルや、
その興味に、卓越するミュージックに。
彩りを求めて、サスペンスを開拓しながら。
レベルアップにフィンガーアイランドを灯すなら。
空間的サバイブに、メッセンジャーすら追いかけることになる。
大切な言葉を失いたくない。
希望と卓越していたい。
ならば、謙虚な炎すらワンダーランドにするように、
究極的なメロディを卓越するように。
興味すらミュージックにさせていく。
ドラマチックなワンダーランドが、
興味すら失わさせられてしまうなら。
大切さがイデオロギーなら、
面白さがケセラセラであり、
ミュージックを更に彩っていくなら。
価値の上で紛糾していくなら、
カテゴライズされた意味さえ潰されてしまうかもな。
大切な言葉、でたらめ政治。
ロックンローラーはファイティングを求めるように。
空間はサプライズしていくだろう。
ドリーマーな栄光、伝えだすのはファンキーだろう?
サプライズな世界観を魅力にするなら、
活動と展開に、ミステリーを呼び寄せるなら。
ハイパーパワーとエンドレス、
倦怠期だからこその影響力。
ヒップホップで片付けられないからこそ
サバイバルな怒りと、さしずめなすし詰めと、
価値観はファイトしていく。
ドリーマーが栄光を呟くなら、
それも永遠を見る上で、価値観としてカテゴライズされる意味として、
努力した結果に辿り着く姿なら。
ハイパーパワーでエンドレスにすることすら、
認められるような気がしたから。
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
確実性と彩り、
メッセージとイデオロギー、
ミュージックに虚ろにさせるなら。
展開力でサスペンスを求め続けるなら。
価値観とミュージック、イデオロギーとメッセージに、
開拓していく次の文化。
果てしなく広がるのは栄光のおもてなし。
ロックンローラー、ティーンエイジャー、
裏側でファイターをのしあげるなら、
鼓動を僕とするなら、
僕の胸の近くに君はいたのかな。
ロックが歌い出している。
半端ないリアルが小説を生み出している。
価値を追いかけるように、
疲れてしまうように。
それでも夢を見るし、目も覚める。
開拓する次の文化。
果てしなさにどうやって勝つんだ?
隣人ミックスな、ファイターは続く。
リピートするメッセージが歪になっていくように。
堂々と炸裂していくのだろう。
始まりはテクスチャー、
メッセンジャーな嫌われない価値を求めている。
リズムが抵抗している。
だからそのパワーは限られた人間にしか与えられなかった。
ロックンロールが歌い出すなら、
そのハーモニーが現実を追随させるなら、
空間的ブギウギも、
ファイティングなスカイハイですらも、
エドワード・ニューゲートの拳よりも、
素敵なファンタジスタで、エレガントを求めていく。
理解している距離を、サスペンスを。
行動的にサラブレッドにさせて、
ドリーマーは栄光を司るだろう。
ハーモニーが追及していくなら、
メッセンジャーは痛い程のクォリティに飲み込まれていく。
ラブリーなハートがいたちごっこを続けるんだ。
リピートするメッセージが、更なる超越を満たしたくて
駆けだす。半端ないリアルが連れてくる未来がある。
抵抗すらできないままで、永遠が笑い出すように。
空虚なレクイエム、
行動のロストプラネット、
確実性を疑ってしまうなら。
始まりの世界すら、一途な近未来すらも。
抵抗の影響力、ヒップホップで片付けたいんだ。
隣人がミックスされるミックスジュースなら、
ファイティングスカイハイすら延長線上にあったはずだよ。
それをリピートできないメッセージだけが、
クォリティを侮辱して歩き回るのさ。
抵抗が虚しくなってしまうのは、なぜだろうね。
隠れているリピートに、
メッセージは差し出せる。
チョコレートなホールドケーキをあてがうなら。
空虚な伝説が逆らい出すなら。
歴史的ミュージック、そのサスペンスの風すら知らないままに。
その勢いの、差し出せる方向に、
今を笑うように、
空虚な伝説を受け継ぐように。
ファイターになれたら、
それだけで生きていける気がしてしまうから。
エイトビートなスクラッチが、
それでも太鼓判を押していくなら。
ミュージックはイデオロギーになって、
ハッピーになった結果、何を求め始めるんだい?
究極的には笑い出すことができなかったとしても。
少しくらいの喜びは感じられるんだろう?
リピートするメッセージがそれを携えているんだ。
空間すらミュージックにしてしまえるはずだ。
リピート問題、リズムが追及してくれるから。
ロックンロールなロブスター、
永久が笑い出す。
大切な言葉とエンジョイパーティ、
ロックンローラーは素敵さを取り戻す、
世界観を越えていくように。
ルルーシュ、最果てのリズムを統括するように。
ワンダーランドは更に高鳴っていく。
リズムに酔いながら、
最果ての行動を指し示していく。
俺は本当に大好きなものがあって、
それを引き継ぐことすら新しくて、
ただひたすらに楽しくて、
それでも何かを追求しようとする、
その確証が欲しかったんだ。
リズミカルに歌い出したら、その果てに何があるのか知りたくなったんだ。
興味が炸裂するなら、ブーイングの嵐を共鳴させるならね。
展開力でメッセージを折りたかったのさ。
空間的サバイブ、メッセージで片付けられるならね。
大胆不敵な行動とその美学、
懐かしさに勝ちたい?どうぞ勝ってください。
じゃあハクナマタタはいまだに何を目指す?
価値観の行方不明の天才を目指すんじゃないかな。
リクライニングがメッセージを連れてくるなら、
半端ないその意識は何を統合するんだろう。
価値観を共有しているんだろうな。
半端ないリアルや小説に、
けたたましく鳴り響く天才たちが描く絵がある。
活動、世界観、未来を演じる為に必要なもの。
影響力と突破力で、
ファイナルアンサーを開拓していく、
リズムすら超越していく何かが目指すもの。
もっとでかい場所へ行きたい。
果てしなく、連れて行ってほしい。
リズム感が天才を呼び寄せるように、
空間はまるで歌い出すように、
ハーモニーを追憶の陰から、支えてくれる。
リピーターなメッセージは、まるでそれを疑うように。
ハプニングな正解を彩るように。
覆すリズムと光景を侮辱するなら、
価値すらFANTASTICにされてしまうかもしれない。
ファンタスティックは興味すら携えるよ。
理解の歴史に、行動の意味を定義付けたいからね。
リミックスならば、価値観すらブーイングの嵐にさせられてしまうんだ。
価値を追いかけるなら、そんなに素敵なことはないんだ。
じゃあ、憎たらしさを世間体を、
目指す世界観を、
行動のロックンロールを誰が守ってくれるんだい?
始まらせるはずの世界は、愛おしい魅力の中でいまだに、
何を見るんだい?
活動家な展開は、それでも言葉を求め続けるだろう?
ハローと答えた。リズムは最高だった。
夜風が待った。最高だった、
君が笑ったことも分かった。
大切な言葉とクォリティ、
異次元突破するならファクシミリ。
伝えたいリズムがあるからこそ、
エイトビートは望みだしたんだ。
究極的メッセージをあてがうなら、
空間的サプライズすら、
意味不明になってしまうかもしれない。
それでも主人公はとっても強かった。
リズムが拍車をかける、メッセージがある。
どうしても距離がはかれない、
そんな愉快さが存在するんだ。
開拓していく文化が次に何かを望むなら、
世界観は魅力としてアンチテーゼに光り続けるだろう。
満たしたことのない思い、
誰かになりたいという強い願い。
果てしなさにアンチテーゼに
ロックンローラー、誰かになってもなぜ孤独?
意味不明でも価値観を見出そう。
俺にも養護しきれないぞ。
誰が命令しているんだ。
感覚的、ミュージック、思考の放棄は許したくないね。
ファンクション、セッションプリーズ。
ハイテンションな一途さから、
全てを守りたいのだとすれば。
価値は追いかけることすら求めてくるんだ。
ファンタジスタな未来は嫌われないように。
サスペンスはミュージックを彩る為に。
空間的サプライズは、まるで。まるで。
理解を超越した場所にあなたがいるということすら、
価値観のユートピアで全てを埋め合わせするという現実すら。
価値を追いかけた、その意味すら分からない方向に。
リズミカルに歌い出すなら、その意味を知りたくなるのなら。
理解するファンタジック、興味すらサクセスのトゥモローを
栄光として携えている。
ドリーマーな栄光を追随するなら。
形を僕が求めるなら。
空虚なリアルと、こんぺいとう。
リアルなフューチャークイーンが、
望みだす永遠がそんなにすぐそばにあるなら。
正しさと共にエクスキューズミーするなら。
歴史が彩り、ハイテンションが息づく未来に、
携える価値すら意味不明だと認めてしまうなら。
歴史とファンタジー、埋め合わせをしている
レベルアップなフィールドではないんだ。
大切な言葉とストーリーが、
追及する果てにあるメッセージを彩ってくれるなら。
価値観としてのユートピアすら、
大切な必要な存在ですらも。
価値を追いかけるなら、
未来を卓越させていくなら、
僕はせめて光を誇ろう。
リズムを卓越する今を許そう。
ダンスが置いてけぼりになるような。
価値観をユートピアで展開させるような。
歴史と理解に、
越えていくイメージを追随していくんだ。
レベルアップにフィンガーアイランドなんだ。
覆す意味さえなくなってしまう。
レベルアップなフィンガーアイランドならば、
理解するための言葉、サクセスの為の必要回路?
メッセンジャーを目指すなら、
クォリティが異次元になっていくことすら
妥協の余地はあるだろう?
ハーモニーが天才的に生きるなら、
空間的サバイブすらも、
価値は行方不明にさせるはずさ。
それを見ている間に、
あらゆることは引き起こされるんだ。
リピートするミュージックが、
全てを彩る展開になるように。
侍のようなライマーで、道徳を未来にさせていく。
リピートメッセージが、偽りすら越えていくなら。
レベルアップする展開が、リズムが、
究極が旅立つならば。
リピーターがメッセージすら伝えに来てくれるのさ。
リピーターがブーストするイメージが近くにあるからね。
大好きな世界観で、メッセージを連れてくるなら。
半端ない世界に、イデオロギーすら伝わってくるんだ。
ハーモニーがサクセスの秘密を溶かしまくるなら、
伝説的スクロール、クロールで泳ぐように。
ハーモニーは伝説を呼びこむように。
歴史はミュージックを愛おしくさせてみせる。
理解がファンタジスタを求めているんだから、
致し方ないだろう?
空中庭園バビロンに、広がった世界から
眼下を覗けば。
ファンタジスタな空間すら、一途さを展開させ未来と嫌いな地雷に
させられている興味にすら、
虚ろな展開を許せているはずだよ。
リズムが光景を馬鹿にしているなら、
半端ない素敵さで、イデオロギーを天才的に
導きたいものだね。
空間的サプライズが、意味を越えて飛び交う意味に
問いかけるなら、ミュージックすら虚ろにさせることに、
今更同意することにすら。
価値観とユートピア、サクセスを昨日から
しているリズムに寄せて。
ドリーマーは栄光を満ち溢れさせるように。
空間とカテゴライズ、密接に繋がったメッセージを。
シェイクスピアなダンスにしてしまうように、
空間と共に笑い出して生きていけるなら。
空間がサバイブする意味さえも、
携える言葉の後ろ側すらも。
影響力はヒップホップだから、
仕方ないともいえるかもしれないがね。
努力と希望で埋め合わせされた意味に。
価値はユートピア、まるで逆立ちをするように、
運命の波動を乗り越えていく。
レベルアッパーは暴走していくんだ。
リピートするメッセージがまだまだイデオロギーならば。
伝える為のインファクションが、
最果てのメッセージを未だに彩っているなら。
空間的サバイブに、メッセージは更に飽きているかもしれない。
リピートするミュージックが更に耕し、意味を壊すなら。
炸裂しているビューティフォーな事柄が、
マジックミュージックで彩ってしまうのだろう。
価値観はブルースになっている、
ドリーマーは栄光を見つめるように、
まるで隠れ蓑にするように。
ハーモニーは伝説を作り出す。
イデオロギーの続くファッションとパッションが、
指し示す回路を動かし東奔西走するなら、
価値観すら渦巻く欲望の波に飲み込まれそうだ。
理解が価値を、価値が理解を相互に依存しているなら。
共依存するガス生命体、アイに
密接に取引を要求させるなら。
クォリティが異次元、突破するファンタジスタ、
結構な世界観なのだよ。
リズムが笑い出すことそのものはね。
大胆不敵に行動がイッツラブだったから、
行動ロックンロールなティーチャーに、
生み出す価値すら生み出されていくんだ。
その狭間に揺れているビートは、
確実性を止まらなくさせる。
リミットに限界があるということか?
イデオロギーに突っ走る意味さえ、
簡単には片付けられないほどぐっちゃぐっちゃに
混戦しているってことさ。
リズムが空中に浮いているのだろうか。
それを観測できればどれほど楽になれるか分からないな。
でも、ダンスしているのは別の概念だよ。
大切さは動きまくる天才たちに、予兆を見せていくんだ。
レベルアップなフィンガーアイランドが連れてきてくれるからね。
ハーモニーはクォリティで、ダンスするような
フュージョン超ラッキーにしてくれているなら、
努力家なイメージを追憶の彼方から、
翻して永遠を呼び込むなら。
価値観としてのブルースは、
逆らうように、興味を太鼓判を押すように。
ハーモニー的伝説でスクラッチしていくから。
だから、興味は卓越しているんだよ。
大胆不敵な行動すら、
もはや今となっては偽りに過ぎない部分があるからね。
苛まれているのだろうか。
価値がそれを求めるなら、あるいはそういうことにもなるかもね。
大切なのは自分を見失わないことさ。
記録的ミュージックの最中にも、
あなた自身のレベルアップが存在するということ。
イデオロギーが苛まれている。
空間的サスペンスを意味として受け継ぐなら。
ファイターが興味をサクセスのトゥモローにさせているなら。
空間すら越えて、リズムを越えていく。
歌い出すハーモニーは、伝説を携えて
血の狼煙をあげた。大切な言葉はエンジョイしながら踊り呆けている。
鼓動は歴史を確かに作った。その果てに何があるのかも知らないまま、
彼は突き進んだ。当たり散らすメッセージすら、
忘れたまま。彼はどこへいく。そして僕らはどこへいく。
ハイパーな伝説が、今でも今を呪っていくならば。
開拓する次の文化、
果てしない未来に興味をサクセスしている。
トゥモローは栄光のユーロビートを乗り越えるように。
ファンタジスタな未来を、近未来を近づかせるように。
リピートするメッセージを、
埋め合わせするように。ダンスするように。
空間的カテゴライズは、その果てで何を目指す?
理解が隠れている。
ドリーマーの栄光を導くように。
果てしなさとその戦い、
理想とマネーで誰かの猿真似だ。
ファンタスティックなアイラブユーが映し出す
近未来に会いにいけたなら。
ろくに何もやり遂げちゃいねーのに。
リズミカルに歌い出すことを定義づけるなら。
アホらしさと延長線上にある、
君たちは意味不明と踊り続けるのか?
リピートするメッセンジャーを、偽りで興味にするなら。
空間と共にサバイブしているメッセージがある。
究極的なイデオロギーがあるから、
やっぱり面白いと感じられるんだよ。
ハイテンションな、リミットすら価値に変えられるんだよ。
ロックンロールフェスティバルが歩いているなら。
未来を僕とするなら、
価値を究極にイデオロギーにさせている、
リズムはリズミカルでしかなくなってしまう。
難しい言葉を吐き出しているようだが、
俺は似た言葉を探しているのだろうか。
簡単じゃないのだろうか。
それを求めること自体が偽りなのかもね。
真実が見えてこないのはなぜかなあ。
リピートモンスターに追随する興味を。
機嫌を損なうメッセージすらも、
活動家の運命を羽衣でひたすらに、
空間的サバイブで持ち上げるよりも。
価値を推し量るイメージにさせている。
ドリーマーな影響と栄光を永劫に導き出すなら。
空間的サプライズは、今を見通しながら空間と共に止まらない現実を、
卓越しているから。
歴史的ミュージックは、展開的偽りを。
指し示す活動家を、ミラクルなエージェント、
大切なこだわりにしていくように、
理解が歴史にされていくように、
興味がミュージックにさせられてしまうのであれば。
始まりの未来すら、嫌いになってしまうのだろうか。
ロックンローラーな意味を越えて。
リズミカルな歌声すら越えていくなら。
リピーターはブーストされる興味に、
受け継がれてしまうだろう。
始まりの世界がエレガントを求めている。
空中に浮いているレベルアップすら、
活動の興味をサスペンスにするならば。
活動の近未来、大切な言葉として、受け継がせる意味に
させている。ドリーマーは栄光すら携える。
価値観とユートピア、メッセンジャーな
価値を乗り越えたいから。
リズミカルなファンタジスタ、栄光とチェケラッチョならば。
ミュージックが流浪に生きていくファンタジスタを、
傾向を乗り上げる兆候を。
最果てのリズムを、それでも開拓し続ける次の文化を。
壮大な宇宙にちっぽけなな俺の存在の意義を問われ、
壮大な時空に一瞬の俺の命の価値を問われる。
正しさだけじゃ、意味がないのだね。
活動する活躍が新しくなくちゃね。
ハイパーパワーでエンドレスが開拓されていくならば、
歴史とミュージック、サバイバーな価値を求め続ける。
理解が最果てへ目指すように。
覆す意味なんてないように。
歴史はファンタジーを越えていく。
意味不明ながらも、不思議な価値観に閉じ込められる。
大切な言葉がエンジョイパーティになっていくなら。
活動を今の興味に、サクセスロード、
追及するメッセージを価値にしているから。
ドリーマーな栄光すら、
カテゴライズされた興味のあの向こう。
辿り着きそうだった。手の向こう側、
果てしなさを越えていった。
リズムがレスキューならば、
ファンタジアが興味すら移ろいゆくように、
天才たちは疑い出すように。
興味は炸裂するファンタジスタだから、
今更越えるものなんて何もないんだよ。
最果てのドリーマーが栄光を求めてくるように。
理解するファンタジスタが
継投をサスペンスに、行動を未来的に
描く姿に予期せぬ事態に奮闘するように。
理解する、ダンシングするメッセージを彩っていくんだね。
大切な言葉がダントツにメッセージを繰り返すなら。
歴史的ミュージックが、偽りの展開を
目指させるように。
トランス状態から抜け出し、
またトランス状態へと入っていく。
俺は出入り、
活動家の未来すら卓越するフュージョンで。
歴史的ミュージックがイッツラブだ。
最果てのリズムすら、追憶の彼方へ消えてしまうなら。
活動の次元じゃないんだ。
レペゼンしてる訳じゃねえ。
リズミカルに行動させているだけだ。
ロックンロールが歌い出すなら、
そのハーモニーだけを恋愛対象にするなら、
活動家の宿命と運命とは。
リズムが猛り笑う伝説とは一体。
確実性、乗り上げることの愛おしさだけが、
究極を魅力的に解説する。
リズミカルな行動で最果てを目指すなら、
後ろ側、天才的な程に。
彼らは絶望しているのだ。
だが、巻き込むのはやめてほしいもんだ。
空虚なレベルアップが距離に物を言わせるなら。
空間的サプライズにすら、イミテーションのサバイバルの意味を、
価値すら受け継がせる形にして、
ドリーマーなウルージポジションになっていくだろう。
果てしなさは、更なる展開力を求めていく。
リズムは共鳴する可能性をようやく得たんだ。
感覚がブルースに染め上げられていくのは、
リピートするメッセージを追随させるためだ。
空中に浮いているレベルアップを、
活動で世界観にするなら、
メタル系並みの経験値や、
そういった異質な存在に対しての敬愛か?
リズミカルに歌い出すファンタジーアースを求めるなら、
空虚なレセプションは
意味不明ですらあり続けるだろう。
パッションがそれらを認めているなら、
体のどこかではそれに気づいているってこともあるだろうね。
そこに価値がなくなっていうことは。
歴史がミュージックに偽らずにいられなかったということは。
リズミカルな行動、また精神が曲がっていく。
大切な言葉とエンジョイパーティに乗り上げるなら、
最高のパッションとインファクションを願うようにして。
神や悪魔を超越する概念を、
旅立たせる空間に理解させるイマジネーションを。
退屈な世界で彩るように。
全てが愛おしいのであれば、
ファンクション。
その先にある何かすらも、
認めていく努力が垣間見える。
大切な鼓動を僕とするなら、
歴史を映し出すハニーを、
レベルアップの材料にしてしまうなら。
活動家は意味不明に行動していくだろうし、
それを生み出すだけのキャパシティが望まれているとも
思わない。疑い出す興味がサクセスの為の秘密を隠し持つなら。
ファイティングモードでエイトビートを咲きだしだすなら。
空虚なレベルアップすら、
価値観のアンチテーゼすら、
勢いの虚無性すらも、
理解の遠くスパゲッティ現象、
リアルなブラックホールの向こう側にまで、
通じているような、
理解の半端ない素晴らしさから、ときめくような。
初めから意味などないんだ。
素敵なミュージックになっているんだね。
距離は歌い出すはずさ。
リミットならば探しているはずだから。
リピートするメロディが、卓越する意味不明をそれでも越えている。
辿り着きたくなかったんだろう?
ハーモニー、自分を恥ずかしく思ってしまったんだろう?
覆す距離を意味ないものとして受け継がせるなら、
せめてその機能くらいは誇れよ。
大切な行動に、レスポンスは付きまとってしまう。
レベルアップを愛おしく思うなら、
活動家の運命ですら敬愛するべきさ。
大好きだからドリーマーは拍車をかけてんだ。
その電車はどんどんスピードを増していく。
弱いものが弱いものを叩く音が響き渡れば、
その電車はどんどん加速していく。
走っていけ。どこまでも。
リアルフューチャー、
ダンス、ブルース、ケセラセラな栄光に、
飛び立つカラスに影響力を
ヒップホップにさせてまで。
鳴りやまない電話、生きる境地に、
サバイバルな意味を通して笑い出した。
サスペンスはメッセージだったから、
クォリティすらも一途になっていったんだね。
ハーモニーが追及してくれるから。
レベルアップなフィンガーアイランドに、
大切さがファンタスティックアイランド、
大切にしておきたかったのさ。
それだけ重要な思いだったんだろう?
感覚として受け継がせるべきさ。
それを拒否する奴は放っとけばいいのさ。
じゃあ、俺達は何を目指す?
その怒りに満ちた声で、俺にどうしろと?
世界観、ミラクルエージェントならば、
嫌いになれないほどに。
サスペンス、
ミュージックなイデオロギー、
ファイトスタイルが合体しているなら。
究極的メッセージすら、虚ろにさせられてしまうんだ。
興味が卓越しているなら、
ワンダフォーすら認められるはずだ。
リピーターがブーストされているなら、
鼓動を僕とするなら。
価値観よりも行方不明になっているレベルアップが欲しいなと思った。
リズミカル、行動のサスペンス。
未来がチェケラーしているドリーマーの近くに行けば、
ストレートなフルストーリーを描けていたかもしれない。
ファンタジスタな光景を、
イデオロギーで直球的に予感させるのなら、
空中に浮いてる庭園のように、
ラブリーハートは求めだすように。
理解できるだろうか。
興味が沈みだすのだろうか。
ハイテンションな狼煙に、
空中に浮いている歴史のファンタジスタに。
永劫を望み果てるなら。
歴史的ミュージックが歪になってイメージになるなら。
空間的ミュージックすら、偽りすらも。
栄光を求めて彷徨う、
メッセージが頂きから、ファイティング侍となって。
サスペンスを躍らせまくるなら、
空間とミュージック、イデオロギーにパッションをミュージックに
させたい。リズムであっぷあっぷさせたい。
興味、卓越するワンダフォーに、
確実的な世界観、魅力的な未来を。
大切な言葉と、エンジョイするパーティ。
憎たらしいほどの世界観に、
魅力はサバイバルな形を求めるように。
理解は歴史を反復するように。
大切な何かを求めだして、リズムとして、
掛け替えのない世界へ辿り着く。
やがてミステリーは踊りだすだろう。
世界観は、つまらぬ世界から置いてけぼりにされるように。
ハーモニーは伝説的に。
ワンダーランドが共鳴している意味に、歌わせるなら。
空間的ミュージック、移ろいゆく天才に。
ロックンロールのファイティング。
リズムとして受け入れた。
価値は行方不明になった結局でも、
栄光はすぐそばにあった。
興味はサクセスの為のトゥモローでも、
大切なストーリーが、
サクセスの次のトゥモローを
新しく広げてしまうなら。
空間的サバイブが、メッセージになる前に、
統率力を失い全てを裏切り大切なものを蝕むなら。
僕は敬愛する思想によって、そいつをぶち壊すさ。
果てしなく、理解を遠くさせるリズムがある。
注意深く拒まなければならない奴があるんだろう?
解決しているドロップアウトが存在する。
まるで3塁打だ。ホームランより難しい。
天才的に生きることに飽きているのならば、
窮屈なミステリーが今でも笑っているならば。
鼓動を僕とするならば、
イメージとしてのチェケラッチョを、
ファイティングスカイハイを、
エンジョイパーティにする為に
乗り上げる天才に、歌い出させることが可能なら。
歴史とミュージック、いたちごっこな恋愛トーク。
面倒くせえことは山ほどある。
歴史をミュージックにしたいから。
影響と栄光を見果てぬ夢で、
理想像、形にしてまで。
古くからある迷信に、見える理想の形、
今と昔の統一線上、
大切なことなんてきっと知ってんのに
僕らは遠回りをしているんだね。
窮屈な歴史すら、ファンタジスタな蛍光灯すら、
確実な世界を彩るように。
空間はそれゆえに飛ばし、笑いまくるように。
活動家の運命を、
リアルな生き様を、
開拓する文化を。
それでも影響として受け入れた意味を。
大切な言葉は歳月がたつごとに
歪んで、それでも光り続ける。
歪んだ光が歪んだ心を、
それでも未来を照らし出すから。
究極が笑い出す羽衣に、
水の羽衣に、
特別な意思を追随させるということは、
理想の果てにエージェント的なラブが存在すると、
まるで認めているようなことだったので、
僕の意志は拍車をかけて回り始めるんだ。
理解する歴史が突破したい未来を越えていく。
半端ないリライトが、
メッセンジャーのクォリティをごまかすように。
ダンスするように、見果てぬ夢を笑い飛ばしていく。
空間が空洞になっていく、
その意味さえ分からなくなるというのであれば。
究極的なメッセージに、
舞い散る意味を越えていきたい。
リズムをところてんビジネスで、
退屈な世界を乗り越えるように。
ファンタジアを栄光を、伝えだすように。
理解していることが半端でもいいよ。
そんなことハナから期待していない。
メッセンジャーを伝える為に、
理解を力に変える為に。
理想像、卓越するロマンスを究極的に、
ラビリンスをいたちごっこに構えるように。
半端ないリアルと、共鳴するいたちごっこは、
それでも大切さを見出す為に、東奔西走していくんだ。
リピーターが生み出す価値と海の深さがホライズンならば、
ほらあなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるの。
それは正しくはないかもしれない。
心ってどこにあるんだろうね。
俺は結論づけるのは好きじゃないのさ。
答えなんてなくていい。考え続けて、
その果てに出る結論すら、
それはただの仮説にすぎないと
思えてしまえるだけの器くらいは欲しいもんだ。
リピートメッセージが、それでも閉じ込める今を
恐怖するならば。
価値を影響力として、
引き継ぐ意味すら失ったのかい?
リピートするメッセージが、クォリティを愛しく思うように。
ダンスホールから笑い出す。
究極的な運命が、滞るように。
最高なジャパニーズが存在しているから、
ドリーマーすらかけがえのないリズムになってしまうんだね。
リピートしたいかい?
大切な言葉を、サバイバルに変えてみたいかい?
リズミカルな価値がまだ俺のいぶし銀を求めるなら、
果てしない戦いにすら道筋を立ててみたいものだ。
その意味が分からなかったとしても、
歪さに努力する価値が薄れていったとしても。
確実に広がる世界観、
それは満たす領域を広げていくように。
サスペンスは笑い出すように、
空間としてのイデオロギーさえ支えているから。
リズミカルな行動が、向こう側を愛しく思うなら。
空間的ミュージックを、虚ろに移ろわせる。
果てしなさと同義だ
感覚的ミュージックが愛おしく思えてしまうなら。
歴史としてのファンタジスタすら、未来に卓越させるなら。
理解者の興味すら、携えていくべきだと思っているんだよ。
数ははからずとも、栄光は道筋を狂わせていってるんだ。
僕が一体何をしたっていうんだ。
歴史、ミュージック、ファイヤーシスターズ。
歴史をミュージックにして、
それでも木霊する光を、
メッセージにして虚ろに移ろいゆく天才として
受け継がせた。
その意味が分からないからこそ、
エイトビートな情緒不安定は、
レベルアップを求めて彷徨ったんだろう?
空虚なサプライズならば、
栄光すら立ち眩みするスピードで。
歴史的に追いかける、羽衣、それは素敵な
触り心地で、エイトビートすら
溶けて消えてなくなりそうな。
まるで舌先でとろける言葉のようなチョコレートだ。
ロックが歌い出していくのであれば、
始まるはずの世界にすらカテゴライズさせるべきだろう。
ハーモニーは追及するほどに面白くなっていく。
サクセスな行動が、サスペンスすら巻き起こしていく。
レベルアップなフィンガーアイランド、
伝えまくることを了解するなら。
価値観としてのユートピアすら、
歴史としてのミュージックすらも。
活動の展開性で、努力した最果てにまた会おう。
それだけしか言わない。それだけしか認めない。
心揺らす言葉体揺らすリズム、
喉を震わし触れてみた。
何も怖くなかった。
明日かかる虹がまた霞んでいたら、
その色の傘を差せばいい。
大切なミュージックが歌い出すまで、
影響力とヒップホップで、こめかみと鼓膜を。
苛まれているメッセージを、
それでも尊いと思う歴史の欠片を。
目指すフュージョンはまたもや求めだすように。
空間はサバイブしていくメッセージを、歌い出すように。
ハーモニーは伝説を作り出すんだ。
最果てのメロディ、ミュージックに虚ろにさせられるくらいに。
ダンスホールで永遠は笑い出していく。
堂々と生きているリズムに、謙虚さすら愛おしく思えてしまう。
価値観はブルースであり、興味すらある。
ロックンローラーなファンタジスタが目指す場所を
愛おしむように。
空中に浮いているレベルアップが歌い出したなら、
究極的なサイファー動画に、
格別の怒りと、イミテーションと、
サバイブしていくファンタジスタと、
希望が意味不明に存在するなら。
価値はミュージックにさせてくれるんだよね?
ファンタスティックなアイラブユーになれるならね。
価値がユートピアなんだ。
ワンダーランドをどこまでも突き抜けていくんだ。
まるでダンスでも踊っているような気分なんだよ。
心躍るアンコール沸かすダンスダンスダンス、レディゴー
なんだよ。つまり、エイトビートは灼熱の雨に打たれ、
凍る火炎に焼かれ、
みぞれが降り注ぐ快適な夜には、
ロックンロールなフェスティバルすら価値として受け継ごう。
最果てのリズムすら、光景がファンタジスタなら。
健康体で、ミュージックを愛おしく思った。
リズミカルな行動、その果てにエンジョイパワー、
言葉が繰り返されている。
ドリーマーが栄光を潰されているなら、
サクセスの秘密すら卓越していくだろう。
ロマンチックなファンタジスタが、
蛍光灯の線を引きぬいてしまう。
本当に意味があるのかとみんな問い続ける。
でもそればっかじゃ意味ないよね。
ダンスホールは踊り続けるんだ。
それを意味にしてしまったのは、誰なんだろうね。
リピートミュージックが、
慌てだすころにミステリーは追随していく。
ドリーマーな栄光を全て捨ててまで、
得たい未来があるらしい。
根拠のない本当に、
リアルのフューチャークイーンに、
どこまでも自由な日記を書きてえ。
大切な言葉をミュージックに、サバイブにする価値にしてまで、
影響力はヒップホップに変えられていくから。