大したことじゃないのさ。
リアリティなショータイムなんて、
虚しいだけだろう?
ハーモニーが追及していくなら、
ミステリーすらワンダーランドになっていくんだ。
別に・・見下げてる訳じゃねーよ。
怖がってもいねえよ。
嫌な気持ちってなんだっけな。
奇妙な偶然が折り重なるもんだ。
世界観が魅力的なら、
その意味すらアンチテーゼにできそうなもんだが。
本来の意味を共鳴させるなら、
クォリティすら一途になっちまえるはずなのにな。
その意味の根本部分を揺らし続けてるから、
半端ないリアルすら認めだすことができるんだ。
いわば究極なんだ。
ファンタジックじゃないと意味が現れないだろう?
究極的なサスペンスならば、
希望がミュージックになってくれなくちゃ、
ファンタジスタは踊れないって訳だ。
カモンベイベーが叫ぶなら、
イデオロギー、その世界の果てまで突き抜けるなら、
その泥沼の夢のような気象を、
越えていけるだろう?
始まりが究極的になり、
何度も生まれては死んでいくなら、
その中にメッセージを託すなら、
価値をおぼつかせないように、
リズミカルな行動の美学、
脳の記憶に頼らない生き方だ。
サクセスロードをイメージするなら、
究極すらいたちごっこになれるかもな。
その意味を越えたいから、レベルアップはフィンガーになってきたんだろう?
興味があるはずさ。導く正解に、満ち溢れている展開になっていることも、
理想が追求しているメッセージになっていることすらも。
栄光と展開を呼び寄せるなら、
半端ないリアルがイマジネーションを卓越するなら、
ワンダーランドが消えていくんだ。
ファイナルアンサーが、未来を導くなら、
天才的リアルがフューチャーされようが、
未来の卓越するダンスを生み出そうが、
関係なくリアルになっていくなら、
ファンタジスタすら共鳴していくはずなんだ。
世界観が魅力的なら、半端ないリアルすら追随するはずだぜ。
空間とサスペンス、未来に魅力をあっぷっぷしているから。
リズムと追及、アホらしいほど笑えるから。
興味が卓越するなら、逃げ場のないこの異常気象に。
サスペンスに、行動の美学をあてがいながら、
行動できるかい?それを君に任せても平気かな。
リアルフューチャーは歌い出すのかな。
世界が笑い出すなら、価値すら栄光にしてくれるだろう?
理解が灯される、価値が許される。
空間としてサバイブするメッセージがやってくる。
俺の魂は成長していくだけだ。
ハーモニー的な恋愛がしたいだけなら、
空間との理想像、展開を読み、ダンスするフィールドをいたちごっこに
させる。その意味すら越えて、アンチテーゼなロックンロールに、
ファンタジスタを越えて携えていくなら、
物凄い量の情報が頭の中を駆け巡るはずだ。
だから俺は最も表現しやすい、
一番容量の小さい文字という媒体を、希望とした。
描くものは果てしないが、
それでも俺の精神状態を、
価値観を、心の模様を、
記録することはそれだけでもかなり意味のある、
価値のあることなんだ。
少なくとも俺はこれを楽しいと思ってる。
それが何よりなんだ。
俺は快楽主義者だからな。
それを費える恐怖で探られるよりは、
ファイティングスカイハイをエンジョイしたいのさ。
リアルなフューチャーが、ドリーマーならば。
栄光ならば、ケセラセラにすらなれると思ったんだよ。
価値観としてのブルースすら、カテゴライズされた興味すら、
栄光の微々たる衝動すら、
価値を壊す頂きからやってくる、サバイバーを、
正しさをミュージックにすることに抵抗があるのかい?
リズムがチェケラーになってるなら、
形をミュージックにする意味だってあるだろう?
価値観はアンチテーゼばっかじゃないし、
残酷な天使のテーゼを考慮したとしても、
空間はやっぱり無下にできないよ。
理想はついえることがないんだ。
どこまで行ってもそれ以上があるんだ。
大したことがないように思えても、
現実的な尺度で考えれば、
鬱陶しいほどのラブリーがチェンジしてくれるんだ。
半端ないことは間違ってないと思うけどな。
リピートモンスターを追随させる仕組みすら、
活動家にできるなら、後ろ側すら魅力的に
移らせるべきだと思うぜ?
ハイパワーなインターナショナルがそれを肯定し叫ぶならな。
それが劣悪な環境だろうと、ミラクルは絶対に引き起こされるんだ。
その価値がなくてもな。だから、そんな悲しい声を出すな。
意味不明でも、価値が行方不明でも、ファンタジスタを越えていったんだ。
半端ないリアルと、興味が炸裂しているんだね。
歳月は言葉をメッセージにしていく。
ドリーマーな栄光すら、卓越するならワンダフォーだろう。
狂気が生まれる運命に、
携えさせられるなら、
叩きのめす記憶すら、サバイバルな価値観だろう。
サバイバルなメッセージすら、偽りに展開的に
究極的になっていくなら。
始まる世界観が、ミラクルエージェントになっていくのさ。
活動と距離と興味が、
未来を動かすことが面白くてたまらねえ。
一瞬一瞬の言葉がサスペンスだぜ。
空中に浮いているレベルアップすら、
価値すらユートピアすら、
変更線ラブリーチェンジ。
エクスチェンジ、ライフスタイルでガッツが足りないのさ。
究極的なワンダーランドが、
ミステリーを呼び込むなら空間すらサバイブしていくのさ!
活動的展開であり、
ラブリーな展開に糸目をつけず?
ラブリーな興味すら、映し出す未来にミラクルを連れてくる。
リズミカルな行動の美学、サクセスストーリー、
追及するメッセージすら、虚ろな展開にさせている、
ドリーマーは栄光を、導くストーリーに
興味すらミュージックにしてく為に。
路頭に迷う歴史を、ミュージックを、サスペンスを。
行動の美学、うろつく世界を。
大切な言葉を、メッセンジャー?
彩りと空間ならば、
サプライズ、意味不明に大切にしている。
ドリーマーな栄光が、潰される手前を笑い出すように。
空間的ファンタジスタ、
未来が両手になっている、
ドリーマーは栄光すら呟いている。
ロックンローラーなファンタジアならば、
究極の注目で、ブルース謙虚な、
リピートする運命に、旅立たせるリアリティは、
追及しているメッセージ、
勝ち戦だ、大したことはねーよ。
始まりの世界からエンジョイしてくれるなら、
半端ないリアルにすら活動家って具合だよ。
半端ないロックンロールがチェンジしてくれるのさ。
行動のロックンローラーなパーティが
移ろいゆくなら、ファンタジスタだ。
ドリーマーな栄光が、
満ち溢れていた。希望で満たされた板から。
フュージョン超ラッキー、サスペンスが踊りだすように。
正しさが笑い出しているのかい?
興味で卓越しているなら、
大切さが彩る、空間がある。
リミットならば、歌い出す声に高らかに、宣言しているドリーマー。
栄光と、それに追随する未来を、卓越しているワンダフォーになっている。
正しさと、永遠が笑い出すなら。
空間的サバイバルを、メッセージにして伝えてくれるだろう。
ファンキーなモンキーミュージックが歌い出すなら。
それを満たせることができるかどうかだ、
リズムがインファクションを伝えているなら、
空間としてのサプライズ、意味を越えていくなら。
ミュージックイミテーション。
ルーキーが叫ぶような展開に、
見違えているように、
究極的ファンタジスタに、
未来すらエッセンシャルコートなんだろうか。
意味が卓越するミュージックならば、
それもありだとは思うけどね。
リピートすることばっかりが真実じゃないだろ?
意味が越えたいんだろう?
リズミカルな行動、
サスペンス未来がチェケラッチョするなら、
価値を燃やさなければ。理解がファンタジーになってしまう前に、
活動家の御前に捧げる為に、
行動をロックンロールティーチャーで生み出さなければ。
ハイテンションで一途な、展開力の違いを見せつけなければ。
ロックが歌い出す、ハーモニーが笑い出すんだから、
影響力はヒップホップでしかないだろう。
サバイバルな価値観をミュージックにしているのだから、
それらは間違っているとは言いにくいだろう?
興味と、卓越していくからこその。
ファイターが望むならば、
空間と共に踊りだす空間すら、
大切さと孤独メッセージメッセンジャーに、
クォリティすら一途にされているのなら。
空間的サプライズに酔っていたいだけなのだよ。
始まりの世界を彩ってくれるのか。
意味をあてがうことが確実ならな。
影響と栄光を満ち溢れさせるなら、
空間すら笑い飛ばせるんじゃないのか?
リズミカルに歌い出す天才は、ファクションなフィクションを伝えている
んじゃないのか?
サバイバーなメッセージをクォリティになりあげるなら。
興味が卓越する、メッセージを愛おしいという。
ドロップアウトが希望すら卓越させている。
ドリーマーな栄光は、ミュージックショータイムを、
ロックンロールファンタジスタならば、
栄光がスラスラと出てこないなら、
ロックンロールが世界観を越えていく。
ファンタジスタな嫌いなメッセージすら、
卓越するメッセージにさせてしまうから。
レベルアップなフュージョンすら、卓越しているファンタジスタ。
リライトするミュージックが偽りなら。
展開の理由が笑い出すなら。
世界ってのはどんなものなのかな。
理解は歴史を越えるだろうか。
インファクション、メッセージを越えていきたい。
サバイバルな価値観を、ミュージックで彩るパッションを、
最悪でも認めてきた未来を、正しいと思う記憶すらも。
成功体験が一途に思い知らされてきたんだ、
生きる世界に、感情がクォリティなら。
思考実験、それにすら相対するほどの。
永久が突き抜けるならば、
そのファンタジスタは未来を乗り越えるだろうか。
せっかちな意味が消えて、越えてなくならないように。
理解を共鳴させる作業は、難儀なれど。
ファイヤーは天才的をミステリーにさせるんだろうか。
それのみの単体じゃ意味ないだろうけどね。
ハプニングが巻き起こることを良しとする?
歴史がミュージックを彩るならね。
それでも空間は、まだ僕らの意志をごまかすだろ?
ファンクションなのさ。形は未来に託す以外にも、
色んな選択肢があるんだ。
理解を越えた場所にか?
まあある程度の協力姿勢は携えないと、意味がないと思うけどね。
リミットがやっぱり歌い出すのだろうか。
それを認めることは弱みだろ?
半端ないリアルで、共鳴していくリアリティが、ブーストしていく
意味の無さをチャンスにしていくなら、
空間さえメッセージを彩るはずさ。
それを認めたところで、感覚は打ちひしがれるのかい?
リズミカルに歌い出す興味が、昨日からのチョコチップを
目指しエイトビートにクラッシュしてくれるならね。
永久機関の完成っていう意味合いは強いのか?
それがフィンガーアイランド、つまり絶望することがなければね。
それだけじゃ足りないんじゃないのか?
少なくとも、僕は完全に認めきることはできないよ。
それもいいと思う。それだからこそ人間だろう。
価値が追いかけているのか?
レベルアップなテンションが、密接につなぎとめるなら、
やっぱりファイヤーサインは満たすべきなんだよ。
そこにはメッセージが確かに光るのか?
ドリーマーが追従していくなら、ファンタジーアースだろう。
究極的ドリーマーだからこそ、
ミュージックは一途さを取り戻してくれるんじゃないか?
ファイヤーサインだからこそ難しいかもね。
ライクライクに満たされる器を、
ファンタジスタな行為でノーモアクライにしていったら、
リアルはフューチャーしてカテゴライズされないか?
意味が壊しだすと思うぞ。そんな概念は。
じゃあ俺が流浪に移ろうことを、天才的発見によって
ミステリーアンチコントロールを制御したら、
価値観は生み出した価値すら分からなくなってしまうんじゃないのか?
リズムは越えていかないだろう。
だが、俺は君に支配されたくない。
アイディンティティは見守っていたいんだ。
分かるかい?それがそれであることを、誇りたいんだよ。
じゃあ、リアルはどこにあるんだろうな。
興味ないのかい?
リズムと、統括する宇宙に、展開を読むなら。
空間とサバイブしていくなら、
ファンタジスタな近未来を、テイクスフューチャーしてくれる、
ドリーマーに逆らってまで、
エネルギーは置いてけぼりにされてしまうのだろうか。
始まる未来を笑い飛ばすなら、空間すら展開させてくれるはずさ。
理解が興味を失うなら、クォリティすら一途にされてしまうんじゃないのか?
意味を越えたいか?
脳の色んな場所に、面白いものがあることに気づく。
宇宙が始まっているのだ。
きっと、声が高らかに宣言しているのだ。
それを目覚めさせた天才が、踊りだしているから。
奇妙な偶然に、きっと色々が悶えだしているのだ。
しかし、なぜロックンロールは僕のことを果てしなくさせてくれるんだろう。
数ではかる意味なんてないだろうし、
きっと君が大切なんだよ。
君を、君のすむこの宇宙を、大切に思ってくれてる。
それが君を果てしなくさせているエネルギーなら、
あらゆる力を使ってそれを受け入れるべきだと思うよ。
リズムが統率しているのだろうか。
蔓延る意味は、壊れていくのだろうか。
始まりを認めるなら、君のウソは天才的になっていくだろう。
ハーモニー的な伝説が、スクラッチしてしまうんだろう?
空虚なリアルがファンタスティックなリズムを追随させるなら、
笑い出す果てしなさは、今すぐに歴史をぶち壊す必要が出てくるだろう?
心の動きなんて、そのようなもんなのさ。
描くことに意味がないなら、やはり戦い続けるしかないんだ。
己と、己の葛藤と。
でもリズムは果てしなさを求めてくれるよね?
リピートがメッセージを彩るなら、
世界観すら越えていけることを、
真実として受け入れられるか否かって現実も存在すると思うんだよ。
歴史的なミュージックが楽しさを彩るなら、
空間すらサプライズ、大切な言葉がエンジョイパーティになっていくことを、
理解の歴史で未来すら操るべきだと思うんだよ。
それを認めること自体が間違いなら、
僕はそのうえで何を目指していけばいいんだい?
ロックンロールファンタジー、
大切な言葉がエンジョイしてくれるなら、
レベルアップなフィンガーアイランド、
メッセージを追随させてくれる。
正しさと楽しさ、
永遠が突き抜ける、価値観はユートピア、
炸裂するビジネス、退屈な未来に会いにきたのかい?
リズミカルなセンセーショナルなら、
空間とサプライズすら今を越えていくなら、
世界の歴史。ミュージックの彩りすら、
確実性を彩る、空間はミュージックにしていく。
ドリーマーな栄光を、サプライズしているんだな。
努力家ならサプライズしてくれるだろうから、
ハーモニー、伝説的にクォリティ、
異次元に突破させるなら、
ファンタジスタは希望を卓越していくのさ。
リアルなミュージックが、彩ってくるなら
苦しい言い訳すらも、価値観はユートピアだね。
ロックが歌い出すなら、ハーモニー、伝説的だね。
しかめっ面、メッセンジャーはリアリティを追及している。
ドリーマーな影響力が、諸行無常に。
リピーターとブーストする意味を越えていきたいなら、
レベルアップなフィンガーアイランドを見つめている。
ドリーマーな世界観、未来が魅力的にファンタジーになっていくなら、
空間すら笑い出すだろう。
歴史、ミュージックヒストリー。
叫び続ける永遠が、ユートピアが、
サクセスロードを開かせていくなら。
持ち上がる意味に興味がないのかい?
みんなが政治に興味を持ってくれていることはいいことじゃないか。
理解と歴史、ミュージック、かけがえのないものだって
希望しているんだろう?
ハーモニーとして追及している、
ドリーマーな栄光と影響を考えるなら。
ロマンが歌い出す最低限ってのはあると思うんだ。
覆す魅力にも、携える価値観を見出さないと。
理解が興味をミュージックサスペンスならば、
数ははからずとも、
影響力でヒップホップを描けるなら。
リピートするメッセージすら、
クォリティが異次元に突破させている広がる世界観に、
ロックが歌い出すなら、
ハーモニーで伝説を作り出す。
ハイテンションな生きがいを、求めて苛まれる。
価値はユートピアに炸裂するビジネスになっている。
戦略を立てなければ、意味などはないだろう?
興味がサクセスするのならば、
活動の限界をメッセージにするべきだ。
ロマンロックで、当たり散らすメッセージに
クォリティが異次元になっていくのであれば、
パッションを目指す空間を、
その狭間に揺れているビートを、
大切な言葉で、メッセージを生み出すように。
儚さが、影をひそめるように。
空間はイッツラブにしている。
正しさが暴れ出すなら。
空洞な世界観、ミラクルな一致に。
ファンタジスタな永久が、栄光が、
サクセスロードを追及しているんだろうな。
歴史的ミュージックに偽りのメッセージを。
正しさとワンダーランドなら、
空中に浮いているレベルアップがミステリーを作ってるなら。
価値観とブルースで、共鳴していくなら。
理解しているドリーマーに、栄光は呟いている。
ファンクション、びびっているリズムに、光景は笑い出す。
それを認めた上で、一番いい選択肢を提示しているのだろう?
空間的サプライズ、忌々しい距離すら携えて。
理解は歴史なのかい?
その狭間に揺れているビートを、失うことすらもどかしいと?
ファンキーな歌声がうまく伝わってないんだね。
大切な言葉をエンジョイパーティにするなら、
覆す意味すら猛り狂ってしまう。
影響力はヒップホップであり、
確実性に踊らせるなら、
空間を壊しだすイメージに、
究極的ファンタジーに、ミステリーを呼び込むなら。
ロックンロールファンタジスタならば、
栄光と満ち溢れる空間、
サプライズ、サバイバルなら、影響力とヒップホップで、
形を失うのならば、サバイバル。
大したことはない、希望が大切さでもがいているなら。
それでも光悦的で素晴らしい空洞を、ミステリーワールドで
埋め合わせをするように、
誇っていたいんだ。
分かるだろ?
価値はユートピアになる可能性をはらんでいるんだ。
理解がサブリミナルになるなら、
理解とその歴史、空洞が闇に消えてしまう、
限りなくアフターフォローされるまで。
抵抗力すら、蛍光灯にさせられているんだろう?
興味がサクセスへと東奔西走するなら、
覆す意味すら越えなきゃいけない。
僕は常に僕自身を越えていかなければいけない。
どんなに面白いだろう。
どんなに狂おしいのだろう。
それは君たちが決めることであり、
メッセージはイデオロギーに半端なくなっていることは、
間違いないと思うよ。
理解が歴史をミュージックにさせているからね。
ドライバーならば、空虚なリアルが、本当に昏倒してしまうほどに、
影響力はヒップホップを演じるように。
空間としての炸裂すら、ミュージックとしての歪さすら、
意味不明な価値観にさせられてしまうなら。
メッセンジャーはリアルを待ちくたびれているのだろう?
限度が方向性を呪い飛ばすなら、
理解の歴史はやっぱりミュージックを引き連れるだろうか。
そこに価値がおぼつかなくなればね。
理解はファンタジーアースをミュージックにしているのだろうか。
言語中枢が面白いことになっているんだね。
でも、ミュージックを形にしたければ、
ファンファーレを壊したいその意味すら越えていきたいなら、
レベルアップフィンガーアイランドになっているなら、
空間すら笑える方向になってしまわないか?
レベルアップが意味合いなら、
大して価値のないその光にすら。
もっと栄光をくれよ。
果てしなさをくれよ。
それでも、求めるものはあるんだね。
空虚だからこそ意味不明が欲しいのさ。
その距離に興味を破裂させているんだ。
ということは、ラベル貼って理解している、
レッテルごっこに、リズミカルに共鳴しているということか?
苛まれている価値が、今を意味を、見出すなら、
世界観は常に変わっていくだろうよ。
その興味が移ろわせる展開を、
マジックミュージックが歌い出すなら、
ハイパワーでエンドレスは求めだすはずだ。
リピートされるメッセージを、
それでもクォリティを、目指すように。
苛まれている価値を売り飛ばすように、
ハーモニーは卓越していくだろう。
歴史をキックするアンチフィールドなら、
本来の意味すら変えてしまうリピートに、
展開力すら失っているのかい?
リズミカルな行動が後ろめたいなら、
感覚すらブルースにできてしまうだろうよ。
始まるはずの世界観に、歪にさせられてしまうなら。
窮屈性が許せないのかい?
リズムが超越を求めるなら、その喜びは、
更なる挑戦を頂きから、延長線上を求めるように、
時間を乗り越えて、吐き記すように、
混同されるミュージックを偽りにしていくんじゃないか?
リアルなヒップホップには形がないっていう理由か。
豪華な勲章で全てを彩れる意味はないってことだよ。
大切な言葉がミュージック、サスペンスな行動すら、
サルベージされてしまうなら。
理解の歴史を、大切な言葉、
ファイなリアリティぷんぷんドリームだったとしても、
カテゴライズされる興味は常に今を照らしている。
ドリーマーな栄光すら、カテゴライズされていくだろう。
ドラマが歌い出す。
大したことではイメージが作れないから、
どこか行き詰まりを感じているんだろう?
理解が歴史なら、もっとファンタジーになれたのにな。
非常に残念だな。俺はこの通り真面目な性格だから。
幅を利かすことにすらミュージックを彩れる価値観を、
サバイバルな愛の平行移動を、サスペンスで彩った結果かい?
リズミカルに歌い出したのなら、傾向を知っておくことも武器だろう?
そして自分を守る必要もあるってことさ。
歌い出すハーモニーは、歴史すら窮屈にしていく。
その意味を越えたいっていう理由か?
イメージできるならデリシャスだろう。
始まりの展開を望めないから、
理解は興味として炸裂したのかもな。
歪な展開を知ることに、無理があるってな話か?
リズミカルに歌い出した果てに、何があるのかよく分からないっていう
意味あいじゃないか?
そこに窮屈性を感じるなら、
多分藪の中にいるんだよ。
それでも越えられないほど高い壁が目の前にあるなら。
それでも僕は描きたいよ。夢を、希望を。
じゃあどうすればいいか、一緒に考えようか。
歌い出すハーモニーが追憶の陰に隠れているんだ。
リピートメッセージは、偽りすら連れてくるんだよ。
半端ない理由がテイクスフューチャーしているんだ。
ドリーマーがそれを目指すならクォリティかもしれないね。
僕は大切なものを見落としている気がする。
それを描けるストーリーの方向にいるなら、
僕は謙虚に見届けたいとすら思うね。
難しく考え出すと逃げ出したくなってしまうのかい?
リピートがメッセージを連れてくるなら、
意味不明すら笑い出すはずさ。
リピートメッセージは、クォリティと共に
一途にさせてくれるはずだからね。
俺に何らかの価値を描いたんだろう?
ハーモニーは追随していく未来を、大切にしている嫌いなフュージョンを、
ミュージックで彩った。
価値を失ったんだ。
そして爆発した。
イメージは超越していった。
僕は何もできなかった。
僕は何もできなかったんだ。
究極がバトルロワイアル。
夕日が僕の頭に焼き付いた。
萌える炎がダンスするなら、価値観は笑い出したから。
生み出したサバイバルが、僕を食い入るように見つめている。
僕は何をすればいい?
手を前にだした。足を前にだした、
震えながらも前に進んだ。
解決しないドラマが木霊している。
サバイバルならミュージックが彩っていく。
半端ないテイクスフューチャーが、価値観すら求めだす。
大好きな空間が、サプライズの意味を問いかける。
だから僕は設計したんだ。
意味の無さを、追憶の果てで消える希望を、
最果てのメッセージを、貫く為に僕は生まれてきたんだ。
ドリーマーが求めるエンドレスを、
開拓していく文化のラブを、
究極的コンテンツで埋め合わせをした。
リズムはレスキューを歌い出すように。
ロックンローラーなファンタジーはクォリティを求めるようだった。
理解できるメッセージが、更に連れてくるものがある。
果てしなさが栄光を呼び寄せる。
そのハンターに、求めだす時を祈るように、
空間は探してサプライズにさせていく。
ドリーマーはその栄光を満ち溢れさせるように。
道徳はその未来を切り開くように。
伝説はクォリティを逃がさない。
最高のファクトリーなら、
メッセージすら歪に変えられてしまうだろう。
歴史的ファンタジーが移ろいゆくなら、
さあ、切り替わる時間だ。
本来のミステリーが、差し出す方向性を失うなら。
世界観的な魅力に、
歪にさせられた記憶すら、
持てあます記号の後ろめたさすら、
価値を置いてけぼりにした空間の、
サプライズ的な天気予報を目指してくれたんだ。
ハイパーパワーでエンドレスを求めだす。
空間とそのサプライズに意味を越えさせるなら、
伝説的クラッカーすらも、形にできただろうね。
僕が求めるものは更に超越しているものだからさ。
空虚な恋愛トークにはまっている訳じゃないんだよね。
ちゃんと感情を消費しているからさ。
影響が栄光なら、
ラブリーハートを求めるなら。
ロックンロールが求めだす意味が越えていくなら、
歪な世界にすら、行動のロックンロールを託す
意味ができると思えるんだよ。おかしいよね。
サプライズな世界観な空間を、
見出した果てにあるメッセージを。
イデオロギーで体感しているメッセージであり、
歌い出すハーモニーを作る永遠であり、
退屈性に彩りを増していくなら。
それでもストレートを求めているのだろう?
始まりは抵抗するかもしれないが、
リピートするメッセージはそれほど悪いものでもないんだよ。
これがまた不思議とね。
リピートするリムーブと、価値は歌い出すのかい?
そこに言葉が広がる限り、
運命は卓越していくだろう?
歴史が本懐をメッセージとして受け継がせると言いたいのか。
レベルアップは興味であり、サスペンスは歌い出すハーモニーなんだよ。
ルックスライクなんだね。それを言葉にする難しさくらい
知っているだろう?
ハーモニーな現実が確かにあるんだ。
究極性が意味を成し遂げるなら、
ハイパーパワーですらエンドレスになってしまえるはずさ。
栄光を受け継ぐ意思がないというのか?
ファンファーレ、そんなことはないさ。
リズミカルに俺の心の漂うままに、
炸裂していくだけだよ。
実際、ハーモニーなんてその程度のものだろう?
空間がサプライズするなら、その意味を呈してまで守りたくないさ。
しかし、意味は越えてきているはずだ。
サスペンスが踊り狂うならね。
でも、価値は常にユートピアだろう?
飽きる世界も確かに存在しているんだ。
じゃあ、その確かさと秤にかければ、その惨たらしさを
教えてくれるのかい?
価値観がアンチテーゼならね。
全ては操れるってことさ。
嫌いなことばっかりしてるといずれ自分が嫌いになるのさ。
それを認めたいから暴れ出したのか?
まあ、全てがそうであるとは言えないけどね。
理屈抜きで考える行動に、
サクセスだの意味不明だのを尽くすこと自体が間違っているのさ。
じゃあ、歴史はその狭間で何を願うんだ?
サプライズさ。形を求めているなら、
歴史とミュージックすら偽りにさせられてしまうだろう?
歴史が、大切な空間が埋め合わせするなら、
ダンスホールすら覆す意味を問いかけるかもな。
その果てにメッセージがあるからこそ、
君はいたちごっこに興じてきたんじゃねーのか?
少なくとも日本の闇はその辺に結構あると思うんだけどな。
リピートされる永遠が許せないのかい?
リズミカルな行動だから、仕方ないじゃないか。
大切な言葉が臨界点を越える瞬間があるんだ。
それを認めきれないから、今もまだもがいているんだろう?
究極は歌い出すんだぜ。
ハーモニーと追憶、その歌声のなんと素晴らしいことか。
リアルなフィットネスだけでは片づけられない問題があるのか。
リズムがそれを生み出すならね。
空虚な伝説に、クレイジーすら携える、感じられるんだ。
じゃあ、俺は一体どうしたらいい。
いつも通り、思うままに生きればいいんだ。
それ以外のことなんてしなくていい。
やがて世界は俺達に問いかけるだろう。
世界は我々の答えを待つことになる。
リズミカルな行動が歌い出すなら、
ハーモニーすら追憶の彼方で、歌い出していくはずだから。
リピーターが歌い出すなら、
それにすらハーモニーを追随させたくなるだろうね。
急遽に、歴史をフィンガーアイランドにしたくなったら。
価値はそれでも未来を託してくれるのかい?
リピーターがメッセージを彩るならね。
空間的サプライズが今も越えてくれなくて
困っているんだろう?
ファンタジーな後ろ側であり、
退屈が世界観なら、ミラクルさえ抵抗の材料にさせられてしまうはずさ。
大して面白くもねー仕組みだな。
宇宙ってのは実際裏側があるんだろう?
その闇を越えて、サスペンスをミラクルにしていくなら、
その価値はおぼつかないと思うのだが。
引っ張りだこになっているなら、しょうがないって
イメージも確かにあるね。
覆す価値に興味が無いなら、
サスペンスを踊りまくる影響も、
受け入れる価値などないと思ってしまうリズムすら。
カテゴライズされた未来になってしまいそうで怖いな。
リズムはフューチャーでも連れてくるのかい?
大切な言葉の美学と、埋め合わせする天才は、
トランスミュージックの中にでも隠れているのかい?
レベルアップがフィンガーアイランドなら、
覆すくたばりそうなメッセージさえ、イッツラブな
コミュニティになっているのかもしれないね。
ダンシングハニーなバルザックは、あるいは。
価値として追いかけることに後ろめたさでも感じたのかい?
リズムが卓越しているんだ、今更そんなことは怖くないさ。
ただただ漂う歴史を開拓するなら、
栄光がびびって埋め合わせをするなら、
覆す意味さえ越えてくれるだろう?
ファンキーな歌声に興味がないなら、
それも天才的な動きなのさ。
理解できるかい?分かるかい?
リズムが埋め合わせしていることは分かったよ。
ただ、今立ち尽くしている意味はなんだ?
結局未来は切り開かれないじゃないか。
マグロの刺身みたいだ。
果てしなく、そんな味だ。
大切さが虚ろになっているんだろう?
解決する歴史。
俺は君たちの知らない世界を知っている。
努力が引っ越しているんだね。
理解が共鳴するなら、ワンダーランドすら立ち尽くす現実に
会いにくることにならないか?
意味不明が笑い出しているんだろう、
究極的って言えば確かにそうかもな。
リアルが求めだしているのは確かだ。
リズミカルな行動の果てが、目指す場所を耕すならば、
欲望に目が奪われてる馬鹿どもには
聴けない話題が、サルベージできない未来が
卓越しているのさ。
究極的ワンダーランドだからね。
覆す意味を、今を閉じ込めるなら。
歴史的ミュージック、it7s loveだから。
コミュニケーションが高い場所に移り変わっているんだね。
究極的ディフェンスが、まだ追いかけているリピートされる、
世界にエレガント性を求めているんじゃないのか?
大切さでは劣るもんな。
正しさがミュージックなら、
偽りを鼓動とするなら、
興味すら卓越するミュージックは、
彩りを求めてまだ彷徨うのかな。
リピーターがブーストされる運命を笑うなら、
その限りではないかもね。
実際、面白い展開が続けざまに、
流浪に生み出されているんだよ。
ハーモニーが追及する階段を、
人間としての基本として中軸に据えるなら、
価値観はやっぱりノストラダムス並みさ。
ロックが歌い出すなら、
ハーモニーすら追憶するかもしれないからね。
ダンスするミュージックに偽りはないと断言するのかい?
そういう表現は好きじゃないけどね。
大切さと偽りは、いつでも共存しているんだ。
だって、何かを偽らないと真実は証明できないでしょう?
完全に正しいものなんてないんだから、
何かを絶対にしたら必ず論理のどこかに無理が生じる。
勢いで意味不明を呟いているんだろうか。
その気心が知れない内はね。
リズミカルな行動すら、嘘にさせられてしまわないように。
覆す意味のなさを、天才的に包括的宇宙で
満たすべきなんだよ。
始まる世界観が、歪な展開で乗り上げるなら。
ライクライクなメッセンジャーも、
クォリティとして受け継がせているリミットも、
正しさを求めてまた彷徨っているだろう?
価値観がアンチテーゼだから、魅力はファイナルアンサーなのさ。
覆す意味すらないなら、僕らはどうしたらいいんだろうね。
差し出せるリアルがないんだ。
そんな意味すら、無い世界で、
行動的にロックンロールになるということは。
リズムとしての追及、馬鹿にするエレガントさも、
感覚でエイトビートを望みたくなるはずさ。
栄光と共に受け入れるなら、
ミュージックをサバイバーにして、
歴史とサバイバルなメッセージにするなら。
価値観として、それを追いかける意味合いとして。
受け継ぐなら、最高の意味を越えていけるのさ。
リピートするミュージックが偽りならば、
展開の意味不明さすら、
カテゴライズの興味に虚ろに移ろいゆく可能性があるんだ。
色んな方向に踏み進むんだね。
まさに冒険家の鏡だ。
正しさは笑い出すんだろう?
僕は興味すらないのさ。
リズミカルな行動の果てに、
全てが眠っているとは思えないけど、
それでも楽しさは僕にとってとっても
価値のあるものなんだ。
それはもう、素敵なほどにね。
空間的サプライズが今も意味を求めて
それを探し続けるなら、
リピートとミュージックは偽りを目指すだろうか。
ハーモニーはそれを伝説として、クォリティ的な
異次元として、突破する意味さえ越えてくれるだろうか。
ファイナルアンサーがそれを求めるなら、
リアルなフューチャーすらカテゴライズさせるはずさ。
そうやって言語は進化をしてきたんだ。
隣人がリミックスならば、
鼓動を僕とするならば。
栄光が着実にやってきている気がする。
リピーターとメッセージ、
意味不明な価値観、
ビューティフォーなチェンジングすら形にして。
リズムと、最果ての行動を示せるように。
活動する運命は、その距離をはかるように。
理解が歴史になっているから、
興味すらもマジで半端ないことになっているんだ。
空虚な伝説が後を濁すなら、
そのサプライズ性すら形になるかもね。
リピーターはそれを生み出しているんだから、
ファイナルアンサーは改革なんだ。
ロックンローラーなティーンエイジャーが、
それを満たす時、限りなくフィールドは音を飛ばして会いに来てくれると
思えるんだよ。