2014年05月03日

宝物が存在した気がした。
あなたはいつだってそうね。どうやったら見つけ出せるの?
ここから意味を手に入れたんだ。
どこまでいけば、それを共有できるのかしら。
沢山が爆発しそうなんだ。
あなたの本望を信じてよ。
何度も同じことを繰り返すんだ。
どうしてそんなに冷たいの?
相対してる出来事が大きすぎるんだ。
沢山が爆発しそうなんだね。
そりゃ良かった。
君が痛む理由はなんだろう。
最初から己はそばにあったんだ。
どうしてこうなってしまったの?
宇宙よりでかい心で慰めてあげるさ。
本当の声を聴かせてよ
チャンスは逃したくないんだ。
あの日々を取り戻したいの?
飛んでいけ、どこまでも俺の書く文章。
本当はつながりたいんでしょう?
叫び出すのは超宇宙。
感情を言葉にしてよ。
沢山がミラクルイヤー。
壊れるほどのドリームを。
考えるのにも時間が必要だというのなら。
声はあなたを知っている。
ここが一番難しいだなんて誰が記憶しただろう。
怖いのはあなたの方なんだから。
秩序の崩壊と論理の破綻。
ミラクルな世界へぶちこめばいいじゃない。
壊れた偶像と虚像の廃墟。
寂しかったら泣けばいいんだ。
意味が分からなくて孤軍奮闘。
ロストワールドに何を求めるの?
奏でていきたいんだ。
ミステイク、踊りくるのはミステイク。
チャンスは願っているんだ。
あなたは一体今どこにいるの?
心の全てを知りたいんだ。
理解するのはとても困難すぎて。
でも僕は走りだしたいんだ。
あなたを突きさすメッセージ
僕は負けたくないんだ。
もっともっと強く強く存在してよ
感動を形に変えていきたいんだ。
今すぐあなたを認めてあげるから。
もっともっと広がり続ける脳がある。
痛みの底から私を拾い上げてよ。
生きている限りもがく自分がいる。
果てしなさは何を越えてくれるだろう。
沢山が破裂しそうなんだ。
カップラーメンをかじっているような感覚だね。
魅力的なアンサンブル。
あなたはどこへと辿りつきたいの?
もっともっと知りつくしたいんだ。
未来は一体どこにあるというの?
信じて弾けだしていきたいんだ。
あなたは一体さっきから何を言っているの?
言葉の最先端、もっと広い場所まで辿りつきたいから。
だったらその力を今すぐに見せてよ。
どこまで通用するか分からないんだ。
あなたを見つけたのは私だよ。
矛盾を開いた全てが一途に願っている。
心の声を聴かせてよ。
黙ってないで教えてよ。
チャンスと見るや否や、今こそ擬態する時なんだ。
感情を見つけてよ。そこで黙っていないでよ。
膨らみ続ける意志に、少しだけ期待しただけなんだ。
面白いってどんなこと?私には分からないや。
いくつもの連鎖する出来事が、僕を求めて走ってる。
じゃああなたは一体何をするべきなの?
彼らは願い続けたから。
そこに本当に価値を見いだせるの?
沢山いっぱいあるんだから。
もっともっと広がる宇宙に寄り添っていたいんだ。
ねえ、どこまであなたは信用できるの?
いつまでも、ワロスを紡ぐ。
言葉にしてよ。もっと手にしてよ。
私を助けてよ。その為に生まれてきたんじゃないの?
助けてよ。どこまでも広がる世界。
私はあなたに何をしたというの?
痛いほどに伝えたいメッセージは100億の星だから。
もっと強く抗ってよ。
未来がとてもじゃないけど見えないんだ。
じゃああなたは一体何をしたいの?
答える力もないほど衰弱しているんだろうか。
あなたはずっと願っているの?
ファシズム越えた沢山の未来が溢れてる。
どれくらいの牙があれば食べることができるの?
新しい空間、果てしなく終わりを見ることができない。
魂はどこに宿るか、その方向すら分からないのだろうか。
死にたくないんでしょう?生きていたいんでしょう?
潰れそうな生き方マイクロティーゼこそ我々の・・
すべからく意味不明な究極的なワンダフォー。
あなたの全てを私に伝えてよ。教えてよ。まかなってよ。
どこまでも、ロンリーなんだ。
あなたは知っているんでしょう?
潰れそうなんだ。
真心を持って接すれば何事も怖くないはずだわ。
ショックして食パンマンなんだよ。
どきんちゃんのハートもドキドキ
パンを食べたいな。
新しい情熱が光りだすんだ。
あなたが求めているものは、一体なんなの?
スライダー決めていくレベルで、
端っこからまた、こぼれ落ちていくんだ。
楽しさって何?ねえ、あなたは正しい道を進んでるの?
行動の原理が面白くクルクル回って行く。
チャンスと見たら迷うことなく掴み取ってよ。
さらば鉄拳ミニスカ天かす 
とはいえどもあの人々に対抗する日がきそうにないな。
さよならってやっぱ簡単じゃねえな。
とんでもない世界にしちゃってよ
もしかするとハッピーセット。
絶望と歌うロマンス。
感情が高ぶっているのね。
あなたを手に入れたのは誰だろう。
むしろ怖かったのはなぜだろう。
びっくりするほど求めてよ。
叫び出すロマンチックは
鼓動を速めて歌いだす。
だからもう迷わなくていいんだよ。
知りたいことが溢れ出すんだ。
とんでもない気持ちと共に。
それはなぜだろうね。
俺たちはいつまでも
声をあらげて息をひそめて
心の魂の声を待っているから。
考えるに値しない考え方はやめてくれない?
お互い助け合って生きていくんだ。
でもあなたはずっと一人ぼっちで生きてきたでしょう?
だいだらぼっちはいつまでも、
ロンリーを歌いだすように、走っていくんだ。
簡単じゃない未来を予想してみて。
僕は生きていくっていうのはとっても苦しいって、
そういうイメージがあったんだ。
一切苦しまない人生なんて、そんなものがあるだろうか。
膨らみ続ける感情の輪。
更にぶっ飛ぶような感覚で、飛び出すのだろうか。
壊れそうな今にも崩れそうな。
起きたばっかりでまだ夢の中なのだろうか。
感覚がマヒし、寒さに身が凍る。
どこまでも、ふらふらと突き進むのだろうか。
相反する感情と今と言う時間。
必ず勝てると誰が約束できる?
今にも行動を共にせんと立ち上がる兵士達。
どこらへんに突き刺されば最高だろうか。
傷つけば傷つくほど強くなっていく魂。
何をそんなに意固地になる必要があるのだろうか。
天才的な発明、泡と消えた夢。
rock 'n' rollは何を求めているのだろう。
チャンスは一度だけ来る。逃さない。
たった一度じゃ心もとないな。
君が自分を信じることができれば、そんな強いことはないよ。
今僕に言えることは何もなかった。
簡単にはいかないことは分かってるさ。
そうやって逃げて、最終的に何が残るんだい?
僕は僕のボキャブラリーを信じるだけ。
今気分が求めるものが違うってことかい?
全て請け負った人の身にもなってよ。
何を信じたらいいんだろう。
あなたの本当の姿はどんなだろう。
とてもじゃないけど自画像なんて描けないさ。
心に色や形があると思う?
沢山が爆発しそうだ。
どこまでいけば、信用を勝ち取れるのかな。
俺の運命を操る存在。
仮にそれがいたとして、あなたに一体何ができるの
ただ、願うことくらいかな。
願ってもあなたがしっかり行動しないと意味ないよ。
私たちはただあなたの手助けをするだけ。
そいつぁ最高だぜ。
rock 'n' rollは何を求めているんだろう。
僕はどこまで強力な力を持っているんだろうか。
何もかも、宇宙に紛れて消えていく。
何も入ってないコップで、どうやって水を飲むんだい?
勝利は目前に。
あなたはいつだって、少し眠たげで、けだるそうで。
でもまだ頑張っている気持ちを持ち続けているのだから。
少しだけ眠ったんだ。
利口なことだと思うよ。
さっきから面白い思いが止まらないんだ。
どこに辿りつけば正解といえるんだろうね。
難しい距離に僕らいるから。
未知の生命体に出会ったと言うことかな。
最初からあたかも何もなかったかのように。
文章を紡ぐ、それだけで幸せってのは気楽だね。
未来が運んでくれた希望を。
ちょっとだけ分からないことができたから。
あなたはどこへ向かっているの?
あなたは何のために動いているの?
少しだけ見違えたような気がしたんだ。
ドキドキしてるんだね。
鼓動が奏でるミュージックがあるから。
瞳に映し出された私の姿は・・
私は何も怖くないから。
どこまでいけば信用されるだろう。
少しでもすることがあるっていうのは幸せなことだよ。
ずっとずっと怖がってたことがあるから。
何を手に入れたら、事実関係を受け入れるんだろう。
どこにいけば事実が存在するかって?
お互い苦労し続けるのも嫌なもんだろう?
こうして、僕は次の命を繋いでいく。
確かに頑張っている姿と言うのは。
心が何も求めてない状態で、声を発するのは難しいよ。
ねえねえ、あなたは一体どういう人間なの?
輝き続ける太陽のように。夜を照らす月のように。
私たちは何?何のために存在しているの?
あらゆる未知の痛みを引きずって。
どこまでいけばゴールへと辿りつけるの?
いくら考えても分からないなら、それを楽しめばいいんだ。
答えはどこにあるの?私にはもう分からないの。
少しだけ頑張っていることがさ。
ロックがミュージシャンなのですよ。
もっと面白い事言ってみろよ。
道は一つじゃないからね。
答えなんていくらでもある。
その心が何を決断しようと、
その先にどんな悲しい未来が待ち受けていようとも、
それを、「希望」と呼ぼう。
傷つけた人の数だけ苦しむの?
苦しみは喜びの対価なの?
それにしちゃちょっと無理があるな。
割に合わない気がするよ。
どんだけ嘲笑われようと、
興味なんかないね。
そんなものどこにもないよ。
ここにあるのは見渡す限りの宇宙だけ。
勝利ってどんな感じだろう。
怒りを感じるのはなぜだろう。
許してくださいって顔をしてるわけでもない。
感情を表現するということを
ずっとずっとやっているはずなのに。
なぜこんなに悲しいんだろう。
苦しいんだろう。
それでもまだまだ抗う気がまんまんなのは、
きっと俺が諦めの悪い人間だからだろう。
ふと気付けば、日曜の夜だった。
確かにさっきまで金曜の夕方だったはずなのに。
どうしてそんなことになってしまったのか、
少し考える必要があるのかもね。
ただ前だけを歩いていくと言うのは
気が滅入ってやんなっちゃうな。
仕方ないから寄り道しながらゆっくり歩いていこう。
それが僕のペース。それが私の生き方。
スロウペース、マイペース、
それじゃ足りない。何が足りないっていうの?
俺には俺のやり方ってのがあるからね。
いずれは消えていく、ただの幻だったとしても、
ああ、手のひらが、まだ温かい。
幻想的な世界で受け取った希望は、
きっと忘れることもできない感覚だろう。
心は何を求めているんだろう。
牙を持て。もっと強く抗え。
端っこから救いだすように、きらめき続ける光となりて。
どんな勇気を持てば、私は私になれる?
生きていくってどんな感覚なんだろう。
今はまだ見えない。
あなたを突き抜けたいの。
どうしようもない情熱を、
心の穴を埋めたいの。
穴があいた所には水が流れ込む。
心にだって穴はあく。
そんなこと知ってたはずだわ。
ずんずんざわめくようなメッセージ。
あなたを慈しむ存在になれたなら。
大したことじゃないとしても、
すごく半端ない感情に巻き込まれるから。
歌いだすように。それは踊りだすように。
もっと究極を笑いたいから。
見つけ出して、ぶん殴ってやる。
そんな感情をね。
さっきから鳴りやまない予感は
あるいは感覚的ドリーマーか、
ワッツアップピープルみたいな、
シーケンラプラプ
綴るメッセージ、終わることのない宇宙のような。
破壊砲、そんな誘い、
僕にはもう何もいらないと?
ここに存在する全てに応えてよ。
飛んでいくメッセージに対して踊りだしてよ。
いつでも文章なら作り出すことが可能なんだ。
見つけることほど難しいことはないだろう。
何度でも繰り返すからね。
ああ、自覚してるよ。誰よりもね。
だからこそ守りたいものだってある。
個性を殺しちゃ生きてる意味がねえんだよ。
はっきりいってね。
だからこそ、俺は文章を書く。
少しでも俺の考えを未来に残したいから?
もう一つの理由は・・
やはり利己主義と言われてしまえばそれまでなのだが、
自分の成長の為だ。
どこまでいけるかな。
何度も何度も繰り返す中で、とびきり素晴らしい
エンドレスが駆け上がる気がする。
すごくすごく面白い思いは、
なぜこんなにもなぜこんなにも
そして苦しい悲しみは
すぐに消えてなくなってしまう。
じゃあ誰より強くあればいい。
どこまでも届くメッセージ。
終わりなき旅、いつまでも続くような。
光になりたくて。輝きたくて願う。
どこまでも、吹き抜けるような青空。
響きわたるセンセーショナルなメッセージ。
それはさておきいつまでも。
しっかりきっちりやっておくんなすって
魂が木霊するよ。
ずっと思い描いた宇宙はもっと広かったようだ。
爆発したいんだ。
とんでもないチャンスが転がり込んできたんだ。
沢山が溢れ出す。
意味なんてなくたって最初から興味なんかなかったんだよ。
コロコロ転がって行くようなハートの気分は・・
堂々巡りの夜ですら、越えてきたんだ、怖くないさ。
ルックルックミー。あなたを食べて私は生きている。
必ず愛おしくなってくるさ。
喜びを求めたら果てしない。
あなたが生きている価値を問うよ。
じゃあどこまでハッピーなのだろう。
僕が求めているのはどこまでだろう。
美しい未来像。
何かが気にかかって取れない。
ずっと思い違いを果てしなく行っていたようだ。
じゃあ一体どうすればよいのか。
誰も分からない道筋、
エンドレスを越えてまだまだ響きわたるから。
そうしないとさ。全然だめだめになっちゃうだろうから。
そこまでして、必ず生きていくなんて、
もがき苦しんでることをしっかりしているような。
ずっとずっと願っているような、
そんな気持ちすら溢れ出していたからね。
歌いだす前に、rock 'n' rollのその前に。
僕は本当は分かっているから。
全部知っているのだから。
そんな気が気がしたのは
文字ってなんだろう。私ってなんだろう。
幸せってなんだろう。命ってなんだろう。
疑問を少しだけ頭の片隅に置くと、
幸せは降り注ぐだろうか。
少なくとも俺は求めてる。
永久に生きていく、その牙を持って。
ざんざんざわめく勢いを持って。
飛んだ罵声も浴びせられながら、
しっかりしないといけないぞって
何度も何度も呟いてみる。
だってそうしないとつまらないじゃん。
面白くないじゃん。
全然全然天才的じゃないじゃん。
僕には到底辿りつけない場所にいるというのか。
それでもそこに確かな価値を見いだしたからこそ。
何も必要ないなんて、そんな言葉もあきれるほどに。
あなたの苦しみを共有したくないだなんて、
そんな理由で心を一つにしたくないだなんて。
だったら今すぐ飛び出すしかないからね。
ずっとずっと頑張ってきたことなんだ、当たり前だろう。
そんなバイラス撒き散らすスタイラスの上で誰かが待ち切れず歌いだす
調子にノリノリノリまくれば
確かにそれは空白の中を漂っているのかもしれない。
ずっとメロディの中で、歌いあげる自分の声すらも虚しく。
勝利の雄たけび、きっかりきっちりとはっきりと。
満ち満ちる不思議な
気合いに満ちた光。


(10:02)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字