2014年05月03日

さわりっち畜生
果てしなさだけは一級品
ならば簡単に思い出しちゃえ。
僕に取り戻す何かがなくっても、
なんとかなるさ。終わりなんか求めるな。
短所を失くすことは大切だが、
長所を伸ばすことはもっと大切だろう。
完全防備、チャンスに巡りくる世界。
そして友達とパンプキン。
夢見た景色と踊る自分。
こんなにも完璧なのに、
なんでどうしてこんなに新しいのか。
魂は笑いながら叫んでいるよ。
あまのじゃくは泣いているよ。
そしてどうなっていくんだろう。
僕には果てしなさが分かんなくてさ。
しっかりしっかりしているのは分かるけども。
一瞬先の未来も分からないんだ。
忘れていくんだ。
特別なんだ。回路が複雑なんだ。
だからこそ、一つ一つ考えていくしかないんだ。
もう終わりなんだ。消えていくんだ。
だとしたら僕は何をすればいい?
果てしなく意味のない世界へと、
旅立つようだ。何かを失っているようだ。
最初からそんなものなかったみたいに、
地球はグルグル回っていくから。
そんなこと知ってるよ。分かってるよ。
最初から辟易としてきたことじゃないか。
ずっとずっとロンリー、強みを生かして
再確認。泣きながらでもチャンスはつかめるはずだから。
僕は信じるよ?どこまでも、果てしなく。
絶対に信じるよ?未来を。完璧なる日々を。
絶対に見捨てないよ。
僕は絶対に成功するって決めたんだから。
絶対に思い出すんだから。
絶対絶対絶対なんだから。
どうやったって無理がある。
ただ僕はこの世界で生きていくのは大変なことだと
どこかで考えていたみたいなんだ。
でも非常に簡単な生き方があることにも気付いた。
結構ね。そんな感じがミラクルなのさ。
チャンスが激烈、宇宙並みなのさ。
素晴らしいだろう?面白いだろう?
それは当たり前のことなのかもしれないね。
仮にそれが本当だったとしても、
僕にできることなんてたかが知れてるさ。
最初から求めてきたものは同じだからね。
面白さのかけらもないさ。
強みを生かしてっていうけどさ。
一度始まったら終わらない話。
こんな風に鍛えてきた文章力。
どうしようもなさこそ生きていく意味。
行動、その原理、
残す果てしなさ。
ボッキャブラリー! 調子に乗っちゃってアカンアカン
ってな空気が二年と半になる。
絶望と言う名前の生き方で、
始めるいとおかしな面白現象。
歌いだすサボ。絶望と戦う戦士。
僕は本当に大切に思っているのだよ。
なにが大切なんだろう。
言葉は全てを越えて、ミラクルを引き起こしていく。
チャンスは(σ・∀・)σゲッツ!!するために。
終わりなき旅は永遠が故に。
どうしてこんなに悲しいの?
ねえ教えてよ。ラフメイカー・・
僕は何を知りたいんだろう。
おかしいね。辛いねってそんなこと言わないで。
暗いねって君が嘆くような時代なんてもう
僕らで終わりにしよう・・
望んでないから?
たやすいよ。望みを絶やさなければ。
簡単だよ。イメージするんだ。ほら。
考えは移行していくけれど、
メッセージは強烈に。
知らなかったんだよ。生きているってことが、
こんなに楽しいことだったなんて。
終わりを求めてさまようことが。
こんなにできないことだったなんて。
所詮僕の脳みそはこの程度さ。
世界を見る力もねえ。
誰かの心を知ることもできねえ。
人の気持ちになって考えろと言われてはきたけど、
心はとても深くて、理解しがたいものだろう?
チャンスを得て、動き出した。
与え続けるものがある。
吹き飛ばす生き方がある。
感じ続ける。
だからこそ、イメージは終着しないのではないか?
ちょっと考える場所が必要かもな。
大切なのは見捨てないことだ。
その芽をつまないことだ。
願うのだよ。思うのだよ。
ハッピーが動かすからね。
分かったふりをしているだけだ。
曖昧なままで誤魔化していたいだけなんだ。
じゃあその葛藤の理由とは。
果てしなく生きていく理想の想像。
どこまで腐ってんだこの国は。
寝れねえカラスが歌ってやがる。
背中に羽でも生えたら笑う。
電信柱の影だけ長く、
細く長く生きていく日本人の
正しい姿WWWWWW
しかししからずんば 正確にはどういうことだろう。
そもそも正しいってどういうことだよ。
訳が分からないのは当然の話かもしれない。
しからずんば完璧観光
楽しくなくちゃ生きてる意味がないと?
ファイティングスピリッツ。
エンドレスが歌い始めるから。
最高が歌いだすから。
そんなこと許せるはずもなくて。
広く広がる超宇宙。
ワロスが生み出す最高地点へ。
ここからが正念場。
生きている価値を問うように。
見つけた意味を見いだすように。
果てしなく行動パターンが
理解できないレベルで走っていく。
その光線は、どこまでも続くようだ。
まるで果てしない。
僕は君を許さないから。
絶対に許さないから。
なんていってもとんでもねーこった。
ジャストフィーリング、
宇宙より偉大な神様か?
何をなせば轟く。
宇宙の果てまでもがく。
もがけ。
ただしそんな空間、
宇宙をワロスへと変えていく
理想の超絶にだって、
理由は存在するからね。
いつまでもrock 'n' rollを馬鹿にして
いられるわけもなくてさ。
これが真面目な話になったら、
一気に崩れさる砂のお城だとしても、
ああ、手のひらがまだ温かい。
全てが生きているとしても、
全て理に反して死んでいくとしても、
僕は願い続けるから。
それでも私は願うことをやめないから。
考え続けると止まらないね。
ずっとずっと向こう側にいるみたいでさ。
最初から何もなかったみたいだ。
ずっとずっと願っていたことだから。
意味はなくても楽しんでいたい。
願うことを面白がっていたいから。
チャンスは゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*キラキラしてる
ずぶぬれファンタジア。夢のろーりんぐエブリデイ。
監督、大丈夫だから。
その調子でできりゃークズ共に捧げてみます。
天才テレビクン!ユースフルユートピア
でもいかんともしがたい
コミュ力の暴走それが到達した未来。
果てしなきを快感かな。
新しいを現実的に。
魅力的に崩壊していく自分自身。
チャンスは願う為にあるのだと、
何度も伝えたじゃない。
面白いって分かっていたじゃないか。
全てがすべからく意味不明なら、
おしまいまで笑ってられる気力ですらも、
僕は欲しいと思うからね。
少しだけでもいい、願えたなら。
そんな感覚が取り戻す。


(10:01)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字