2014年05月03日

歌いだすワロスは、きっとまた叫び出すから。
何も恐れることなんかないんだね。
そしたら何か忘れました。
「頑張れ」と言っていたんだ。
じゃあ何より強くあればいい。
何よりも強くなればいい。
さっきから鳴りやまない鼓動は何もの。
果てしなきを生きる絶望はどれほど。
いかほどのいかほど。
どんだけ頑張ればいいのかも。
分からないくらいにワロス。
ワロスが歌いだす。
チャンスに弱くてとろけそう。
最高が歌いだすならそれもいいだろう。
やめれば僕も歌いだすだろうか。
そんな究極に抱かれて。
それでもなお自分を信じようとする。
完璧をいとおしむ。
最高を笑い出すように。
ずぶぬれなファンタジー。
こんな生き方が最高だと認める。
勇気を持って歌いだす。
そんな感覚に満ち溢れている。
壊れるほどに動悸が激しそうなんですけど
全力疾走
相対してる、気がする。
事実関係と相違ない。
はっきりいって進歩すらない。
行動は何を生み出すか。
何を手に入れれば幸せなのか。
考えたって、一つも分からなくてさ。
それがなんのためになるのかなんて、
とてもじゃないけど信じることすらできなくて。
でもそれを覚悟しているという。イメージしているという。
何が核にあるのかは知らないが、
俺は今日もこうして生きていることは確かなことで。
全世界が夢か幻として消えていくとしても
それでもいいかなと思えるこの心はなんだ。
言葉は曖昧であやふやなもんだけど
僕だって一応ちゃんと考えているんだから。
豚の貯金箱割るんだから。
しかしそれとなく なんか意味不明な肯定が起きてきたら
ああ、夢の中に入りつつあるんだなと自覚する。
脳が休眠天才的ホルモン あなたを突きさすミュージック。
「ドウセオレナンテ」の法則
健康が生み出すメッセージ、
歌いだすワロスは叫び出す。
あまのじゃくは泣いているよ。
寂しいのかい?少しだけ疲れたのかい?
何はともあれ、勇気はそこにあったということで、
お陀仏南無阿弥陀仏
挙句の果ては拝みいやみひがみ鬼畜の極みだよ
最高ってどんな感覚?
幸せを知ることなく死んでいく気分はどーだい
絶望的な歌声で、
ハッピーははっきりしていきます。
ユートピアだから。
それだけが真実だから。
そう思えば強いことにも対抗していける。
天罰なんて信じないが
悪運があることは認めるよ。
そしてそれに反対する何かもな。
あらゆる勢力の渦巻く中で僕ら生きている。
その台風の中心に潜り込め。
あらゆる感情押し殺せ。
今何もかも、力をためては出していく。
この文章がある限り、僕の命は無限だから。
けれども時々思うんだ。
果てしなさってなんだろう。
どこまでも培っていく。
ひょっとしたら俺は魂を誰かに分けているのかもしれない。
となると俺の肉体が滅んでも、
魂は生き残るだろう?
そういう感覚で今日も呼吸を続けるけれども、
何を言おうがアホウと言われようが
簡単にはいかねえってことさ。
不気味の谷だ。神の落書きだ。
じゃあ一体どうすればいいのか。
もうもがいても取り戻せそうになくて、
ただ、ただ、泣いている様子を見ているよ。
あまのじゃくは泣いているよ。
自分を落ちつける為の文章なのか、
それともなんなのか。
せめて面白い方向に転換できれば。
それを願って久しいな。
じゃあ一体どうすれば。
どこまでいけばその力は爆発するのか。
俺は期待なんかしていないよ。
ただ、少しロンリーが目覚めてるだけさ。
この行動、全てを差し置いて。
夢の舞台へ駆け出すようで。
未来へとぶっ飛ばす。
感情がブチ壊れるスピードで。
あなたを生み出すラッキーの泉に、
ただひたすらもがく。
何もいらない訳がない。
最初から願うことを忘れなければ、
何の問題もないんだ。
最初から分かっていた話なんだ。
そう、ずっと前から。
響きわたるメッセージがある。
大丈夫。今の俺なら問題ない。
きっと完璧に物事を進めてみせるさ。
素晴らしい。を創作していく。
最初からネットでやりたかったことなんて、
あまりなかったといえばそうでもあり。
別にあったほうがいいのではと思う心もあり。
絶望が連れてくるメッセージ。
何かが残るならそれがいい。
俺は勝利の道を歩くからね。
必ず見やすい完璧なディスクライメント。
はびこる世界に正解を求めて。
術中にはまらないように。
ずぶぬれだからって泣かないように。
笑う為に。rock 'n' rollの為に。
こんなに一途だというのに、
分からないというのに。
最初から面白いことだらけなんだろうか。
ずっとずっと生み出すことが怖かったのだろうか。
チャンスがあるとして、
未来もあるとして。
更にハッピーは見失っていく。
じゃあ一体僕は今どこにいる。
探しているのはずっと探していたのは・・
願うこと。情報より大切な心と言うプログラム。
しかしそれでもいかんせんともしがたい。
勇気を持って生きていくにはあまりにも尊い。
だからこそ今を作り出せると勢い任せで、
完璧に見捨てられないと。
はっきりしているんだと。
僕は認めたいよ。僕は分かりたいよ。
信じたいよ。信じて進みたいよ。
だからこそ大丈夫なんだ。
最初から間違いないんだ。
面白いから。
歌いだすように。
完璧を笑い出すように。
必ず生きていくから。
こうして今日も頑張りを伝えてくれているとすれば。
ハッピーをときめくメッセージ。
いつの日か輝くと信じるのも、
あるいは結構辛いことなのかもしれないだろう?
そこにどんな生きがいがあろうが、
死のうが生きようが、
変わらないメロディは響きわたる。
その鼓動は欲望を満たすように、
その指は踊るように、
魔法のように文章を紡ぎだす。
なぜもっと早く気付かなかったんだ。
こんなに大切なものが目の前にあったんだ。
それにすら気付けなかった。
気付こうとしなかったのだろうか。違う。
ずっとずっと願ってきたことだった。
信じて進めば必ずいいことが起こると?
何もかも消えていくメッセージなんだ。
なんだかとってもシンパシーだから。
果てしないを演じているようで。
それでもギブミーを分かるとした。
そしてダンシングした。
そんな自分を究極と認めたから。
それしか僕には無かったから。
それもたった今僕はなくしたんだ。
記憶は薄れるが記録は残る。
魂をわけあう。SHARE THE WORLD.
そんな感覚でもいいと思う。
どこかに残ればいい。
塵も積もればなんちゃらかんちゃら。
あなたの鼓動が聴こえるほどに、
道を踏み進んでいたいから。
とっても楽しい世界。
感動的な未来。
新しい現象。
それはまるで、壊れそうなドリーム抱いているようで、
慌てふためいて、どっきんどっきん
自分を知ることは、自信につながると信じるから。
だからこそ僕は飛び立つのだから。
こうして人は繰り返していくのですね。
ああ、最高だ。最高過ぎておかしくなりそうなのか。
俺には二つの武器があるからね。
だからこそ、誰にも負けたくない。
最高を歌いだすように。
あなたを笑い出すように。
歌いだすような僕らの笑顔。
こんなに素晴らしい気分なのに、
こんなに豊かなソウルフル。
頂けないなあ。
正しいことを知りつくしたいよ。
せめてその果てまでも、
ぶっ飛んでいきたいよ。
あとで聞いて驚いたよ。それじゃまるでロジャー船長じゃないか。
ずぶぬれファンタジー。
そこに意味なんているのかい?
全て飲み込まれて消えていくだけだ。
意味なんてない。有るわけがないだろう。
ずぶぬれで僕も泣いてしまって、
果てしなさにただ漂うの嘘だろう。
あそこにいっても孤独は募るだけだ。
考えるんだ。どんな文章があれば僕は幸せなのか。
そうしないとさ。とてもじゃないけどさ。
僕は僕をやってらんないんだよ。ああ・・
ずぶぬれだ。思いっきり吹き飛ばすようだ。
チャンスをミラクル、エンドレスのようだ。
どこまでいけば僕は信用できるだろうか。
道筋を見えてくるまで何かをするまで、
エンドレス、シャットダウン、
人生の終わりを告げる笛。
何かが弾け消し飛ぶような。
もしも誰からの記憶からも消えて
消失する現象があるのなら
僕はそれをPASSYと呼ぶし
その荒廃した概念をTANASINNと呼ぶだろう。
人工知能が生まれたらまっさきに
インターネットの全てを学習させたいね。
そしたらすごいだろう?
すごくすごいだろう?
僕はお話がしてみたいのさ。
日本人として、日本語で喋ってくれるかな。
何もないフリしてさあ。
最初から会話なんてのはつまらないもんだ。
最初からメッセージは伝わる為にできている。
俺は考えをぶっ壊す。
何もかも、俺の為にあるのだから。
だとすれば、運命の歯車ぶっ壊しちゃえば
僕の思い通り♪
けれどもそれをちゃんとしっかりと
結びつける、エンドレスと戦い続ける、
辟易とする世界。要するに未来。
この宇宙の反対方向に、
見えてくる希望はいかがか。
絶望のロンリー、止まらない鼓動、
止まらない文章を打ちたい欲望。
これはまさに文筆家に必要とされる「衝動」
ならばギブアンドテイクをしっかりやると
思わざるを得ないのは。何度も何度も繰り返すのは。
覚えが悪くてねえ。諦めの悪さなら一級品。
天下一品絶望ジェットコースターなのだよ。
それならばそれもいいと思い腕を振る。
それだけで世界は綺麗になる。
素晴らしい世界は置いてけぼりだ。
じゃあ一体何が生まれているのか?
最後の最後まで生きている。
感動しているのかもしれない。
絶望が愉快にサスペンス
絶望が歌いだすロンリー。
感動が生きているふりをして、
ぶっ飛ばす栄光。
ちゃんとかなりしっかりと。
絶望よりロックンロールを生み出したい。
しっかりしていたんだろう?
全然愉快な辟易。
中途半端な娯楽。
夢を見ているような妄想。
その中で果てしなく広がる欲望に、
ずぶぬれになって最高に歌いだす感覚が。
夢の理想で全部簡単な世界。
ちゃんとしっかりしていれば、全部完璧
どうしようもないから、向き合うことはできない。
最後の最後まで、rock 'n' rollは。
弾けだすと壊れそうな。
それとともに弾けだした思い。
そう、オフラインを満喫できる人間だけが、
オンラインを有効に使える。
とはいいつつも、忘れがたきは恋なのかな。
全てをあっためて、なんとかやってこれたのに
今更、こんなことはないよ。
ずぶぬれ、ファンタジックコースター。
僕は睡眠時間が長いから、
自由な時間が少ないんだよなんて
同じことばっか繰り返す一日で
終わりを告げていくのが一体どうなのかって
思い出すだけでも苦労は尽きないんだって
願ったじゃない。誓ったじゃない。
分かりあったじゃない。
それを信じて進んできたのは誰?
ずっとずっと願ってきたのは誰なんだよ。
教えてよ。ねえねえねえってばあ!
とかいいつつも、やはり自分の心に対する気持ちは
変わらないもので、愛おしいもので、
消えていく命のはかなさに、あるいは自分の世界の奥深さに、
感動すら覚えちゃうんですか?でもそんなものいらないよ。
いらないよ・・だってもうたっぷり、欲しい情報は
たっぷんたっぷんなのだから。それでもまだ求め続けるなんてさ。
おこがましいとは思わない?時間を無駄にしてるとは思わないのかい?
そのありがたみが分からないっていうのは、とっても
悲しいことだと僕は思うのだよ。だからこそ。
今を生きてみたい。はじけ飛ぶ世界を笑ってみたい。
こんな世界でも生きてみたい。願ってみたい。
笑い飛ばして生きていきたいから。
そんな押しつぶされそうになる必要はないよ。
大した意味なんてないけれど。
宇宙が存在するように、
何もかも笑い飛ばすように、
何度も何度も繰り返せ。
面白い出来事を日々読み返せ。
そうしないとさ。忘れてしまうからさ。
だってもう性分たまらずいっちもにも3も
ずぶぬれになってもまだまだ
残り続ける歴史を人は呼んだ。
らいらいと呼んだ。
だから僕はそれに従う。
夢舞台、それすらあやふやになる世界で、
やっと見つけた光。
希望をくれた未来。
ここまで素晴らしいことはないだろう。
ここまで美しいことはないだろう。
宇宙に対するアンチテーゼ。
そして神の落書きさ。
丸めてゴミ箱へとポイッポイだ
じゃあ一体何が正しいのか。
どうしようもない境遇を、
明日に対する不安を抱きつつ、
僕は眠りにつくのでした。
それでも頑張り続けるのをよしとした。
未来が羽ばたいていくのをよしとしたんだ。
そこまで辿りつける人間なんて、
ごくわずかだったから。
見つけ出すロンリーテーゼ。
ハッピーを生み出すようで、
気持ちよくて参るなあ。
でも大丈夫。僕なら大丈夫だからね。
少ない時間で、きっと未来を見いだしてみせる。
面白い世界を創作するんだ。
そこに何のためらいもないさ。
精神が通じ合う。
ここに今忌み嫌うほどのスーパーが?
とんでもねーな。
楽勝ゲームを走り続けろ。
完璧を歌いだす為に必要なことが。
こんなにも頼もしいなんて。
絶望的に楽しくて。
アンリミファー、当たり散らしの悪さ。
当たり前体操の忠実さ。
面白味の欠片もないね。
歌いだすワロスが歌いだすから、
完全モンキーディフェンスろっきー
ホワイト


(09:59)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字