2016年05月20日

退屈な人生をかきならせ。
次の瞬間を彩るように。
素敵な未来を追い越す動き。
果てしなさだけが追随してくるでしょう。
もったいないとは言わせない。
仮に言ったとしても笑わせないでよ。
その目で見つめないでよ。
恋をしちゃうわ。ただ。
理解できるのか。その声の力を。
退屈な未来と、ダンスするミュージックを。
この怒涛の意味不明から、
抜けだしてって。
アイのある姫、
怒涛のミュージックはボキャブラリー。
伝えてえ後の世に。
秘密のレスポンス・ザ・ワールド。
記憶したいからこそ、
未来を繋げていくぜ。
果てしなく大切なプレイだ。
大きな、ミュージックを灯されるパワーだと思う。
この光線銃で、失うわけにはいかないのさ。
伝えておきたいアンフィールドなゲッツワールド。
素敵をカテゴライズされたなら、
この空間にギブアップさせて見せるんだ。
近づくもの、全てをたいらげる。
大は小を兼ねる、
コイキングの一撃必殺はねる。
寝るだけ、しかし何も怒らない??
ダイブ俺は怒ってるよ。
びびってるよ。快感にただ酔いしれてしまうわ。ただ。
同等の失い方だからこそ、
堂々としていける意味不明さを守りぬけ。
感動の連れてくるミュージックを教え給え。
炸裂するミュージック、楽しいエンジョイロード。
突き抜けるような青空すら、失えてしまう僕らだから。
失ったあとのこのミュージック。
新しさを歪曲して、捻じ曲げて伝えてまで。
理解不能を越えてまで、
堂々と理解をしようとしてまで、
伝えたかった未来だろう?
壊されるミュージックと、次へのフライトだろう?
悲しいほどにメッセージを送ってみよう。
僕なりの言葉で表現してみよう。
それができるなら怖いものなんて何もないのさ。
壊れるほどのドリーマーに立ち尽くすだけの現実を見せられてもね。
だから怖さなんてないんだ。
リリック、秘密はギミギミック、
おととい来やがれなパシフィック、
踊り尽くすなら今この瞬間がいいな。
盛り上がれるなら次のフィールドだ。
カテゴライズされた闇に突き落とす。
そして僕は何を手にするんだろうね。
そこにあげられた言葉では、足りないほどのエンジョイロード。
突き抜けるような未来の青空も、
空間を笑わせて。ただ立ち尽くしてイメージして。
堂々と、勢い良く突っ走れるならその風に乗りたい。
エンジョイしたい。援助したい。
喧騒の闇を抱えたい。
理想像、未来に打ち勝ちたい。
だから俺頑張ってんだ。
理想と共に記憶してんだ。
面白いと思えるから、
今この大地に足を踏みしめているんだよ。
それが足りないから欲しかったんだろう?
そこまでして、突き抜けるフィールドとフィード、
大切に有効活用。
大好きにリアライズ。
遠くならないように、
大切な未来をおとち、何度でも、
ガンツでも、3月でも、サンキューガッツでも
やることは変わらねえ。踊り尽くすだけだと思わねえか?
かくも豊かな、辟易とするような。
できるだけ失うものをなくそうとするような。
追随を許さぬ突っ走り方だからこそ、
エイトビートは更に重ねられていく。
怒涛の勢いだ。貫く姿勢は素晴らしいと思うよ。
記録的な幸せだ、
素敵なエンジョイロードだ。
思ったよりずっと早く、この足で歩けるみたいだ。
リアライズ、沢山の天気予報。
面白い、充実感に満たされていくのを感じる。
言葉の影響力、これで頑張ってくれっつーメッセージだ。
大切なクォリティを守り続けるだけだ。
これを戦い抜く中で、決して見失わない奴が勝利者だ。
炎の劣悪ドーム。
理解者の距離に今はいたのかな。
レクイエム、ダンスチューンを壊してまで。
僕は手に入れる、情熱の炎。
真っ赤に燃えるバラ色のように、
僕も素敵さを生み出せたのかな。
ハイレボリューションな恋愛リズムにも、
壊されて、ただ戦うイズムとリズムに崩されて。
道徳を意味不明にしていくだけのパワーが確かにある。
大切なのは前に出る姿勢。
応援してるという意味では一緒だからむしろ応援しておくよ。
利害の一致だ。楽しさの合致だ。
完全なテクニカルサイドだ。
俺の勝利は揺るがないのだ。
大切に、未来をリズムに載せていく。
徐々にリズムは走り出していく。
俺を追いて、さらに意味不明に。
聞こえてくるのはつぎなる情熱??
響く、次のレスポンス、
ただ立ち尽くす弱さと青さを許してくれ。
ここにいる、ここにある、素敵なマイメロディ。
果てしなくただ戦い給え。
大好きな理解者、踊り尽くす気にもなりたまえ。
どうすりゃ泥沼から抜け出せる?
僕は君を幸せにしてみせる。
サイコリズムでサイコキネシスだ、
おととい、何度でも挑戦したい恋愛感情ここにあり。ジョコビッチ。
だから大切なクォリティを生み出してくれるんだ。
ここに未来が輝いている。
どうしようもなく楽しくなってきたなら、それが合図なんだ。
だから失うなよ今という時間を。
歴史が証明した明かされた記憶を。
おかしくなりそうな時、
いつだって励ましてくれる良心の塊、
大切に生きていきたいもんだ。
リアライズされてーもんだ。
記憶がごっちゃまぜになりてーもんだ。
俺はいわゆるスーパーモンキーだ。
伝えて済むのなら伝説にでも仕立てあげてーもんだよ。
いわゆるハッピーを連ねる能力だな。
大切にクォリティ守りてーもんだ。
記憶したいもんだな。
だからあの夜ふらっと出てきた何も持たずによお。
このくらい、クライシス、エンジョイロードにしておく
必要はあったとは思うよ?実際ね。
ただ、意味不明な生き方だからこそ。
伝えてえな。エンジョイロード。意味不明が確かに鼓動を重ねていく。
ロックンロールとはジャスティスですか?
炎の導きに、リアライズされていくことにいたしますよ。
私は確かにそれを感じた。
未来と共に生きてみたい気がした。
それができりゃこんな場所とはバイバイバイなんだ。
伝えておく。言っておく。ハッキリゆっとく
胸の痛みがなくなるようだったら俺はすぐにでも働きに出かける。
稼ぎどきはその時だからだ。
待ちくたびれたぜ。永遠の流浪。
ロンロンロンロンロンウィーズリー
かまします。さらけだす。
大切に?記憶より路頭に迷っていなさいと。
大切な記憶はいつだってミュージアム。
何をしたいのか分からないままに。
突っ走れるのは俺の現実として。
究極的な未来を笑い歩く、
秩序なんてねえ。奴隷なんだよ要するによお。
何を願ったらそんなこと言えるんだ?
伝えられるんだよ。
面白さが転がっているんだよ。
だからあの夜何もいわずに出てきたんだぶらっとよお。
感情完成 リアライズされたうつ伏せの未来、
果てしなき到来、 地雷を踏み抜くスタイルで豪快に倒壊。そして爽快。
気持ちよさとは裏腹に、曲がっていく袋小路に、
迷える獅子は疑い抜くか。
真実の愛は貫きうるか。
問答無用、突っ走れるなら怖くはない。
連続殺人犯にしたてあげられても幸せ、突き抜ける豪快によお。
だから今すぐ大切な。
生きていく、興味をなくすような今日日、
楽しませることを失わせるような。
記録的な必然。
リアライズされたからには。
素敵なフィールドに立っていたいんだ。
事実を突き抜けてみたいんだ。
リアルな世界ってナンボのもんじゃい?
伝えられる勢いのまま、突っ走る栄光と影響力。
面白さと捨てられたワンダーランド。
記録的憂鬱に、響くメロディにアタックする。
怒涛のミュージック。その時点で終了してしまう。
この勢いのままに、突っ走る勢いそのままで。
環境的に、記憶していく理想だから。
これヒップホップだから、それ当然?
意味不明なワンダーランド。
記録的な素敵な暴風雨。
くたばれ3竜パーティーチューン。
轟くことに驚く。
意味不明?怒涛のミュージック。
片付くレスポンスとその可能性。
一度はまったら止まらないストーリー。
輝きを求めて奪い取る。
実質エイトビートで面白がっている。
チャンスが巡り来るからこそ、
メッセージ性の高いパスで揺らぐ、揺らぐ。
関係ねえのさ。
伝えられねえのさ。
こうやって鍛え上げた結果ここにあるのなら。
素敵なフュージョン、狙いをもって美しく。
大胆不敵に願っちゃおう。
素敵なワンダーランドに飛び込んじゃおうぜ!!
数多多くの、それはマネをするためじゃない。
誰かと同じになるためじゃない。
個性とは魅力である。
何を失えるのか。
片付くメロディ、果てしなく越えていけるのか?
堂々としてられるのか?
環境的に、勢いに、メッセージを創りだす。
糧となり運びこむ。
それができねー奴は全力で潰す!!
飯も食わなきゃ、睡眠もとらなきゃ生きてけねえ。
ただ立ち尽くす僕の弱さと青さが日々を駆け抜ける。
だけど、思い知る、歴史も勢いを増していくだけ。
行動でその原理を奪い取れるなら、
力強さと共にあらんことを誓え。
大切な理解者たち。
黄金の未来を突き抜ける。
彼がいてくれたから。
盛り上がりっぱなしの黄金アイランド。
伝えてくれるなら怖くはないんだ。
素敵にフィンガーアイランド。
行動した結果それが悪夢につながろうと、
関係あるか。俺はただ立ち続けるだけ。
私はただ探し続けるだけ?
崩壊するワンダーランド。
記憶の世界ではいつでも悩みこむのに、
その使い分けが、しっかりしてるからこその。
俺様?何様?いわゆる神様?楽しむサマー
お疲れ様ー 大胆不敵に サマーズでーす
堂々と勢い良く、突っ走るイメージで。
快感のワンダーランド?
近づくもの全て、記憶しておく愉快なユートピア。
魅力がワンダーランドに消えていくなら、
その道のプロを呼び出した方が早い。
実際俺なんて、興味もそがれるほどの、
楽しいことしてるだけの、
意味不明な生き方だからこそ。
素敵なワンダーランドに記憶させるとはどういうことなのか。
教えてやらんでもないしギャランドゥ 会いたくもない。
近づく秘密に、必要とされるこの現実に、
疑いを持つということは。
理解するということは。
大切な行動、理解者、素敵なワンダーランド。
記録を記憶?素敵なメロディ奏で出す。
面白くない未来も笑い出すから。
力強さと共にそこにあることを誓え。
黄金ライフル。
ミュージックはこぼれ落ちるように。
メロディと共に響いていく限りだ。
僕だけが存在している。
僕だけが理解しているんだ。
ひきこもごも、伝えられるならハッピーか?
その合鍵との勝負らしい。
大切なことはその未来らしい。
どうにでもなるがどうにもしたくない。
伝えまくっても理解できない。
行動で可能性をこじあけられるとも思えない。
事実、俺は買いかぶられてんだ。
だいぶ意味不明になっちまったな。だが
俺が影響を受ける全てのものに、
歪んだ脳内、
伝わる伝説?
滅殺される可能性さ。
どうにでもしてやるのさ。
突き飛ばすなら、栄光の風にノリてーもんだ。
盛り上がりっぱなしのエイトビート?
放つ可能性と歪な矛盾の成功率。
どうとでもしてやるさ。
狂っても嫌いでも、
俺ができること、全部アタックしてみて、
それでも失えないなら、次のフィールドに立ち続けるんだ。
嫌いだから続けられるんだ。
色んな意味で俺は学び続けてきてんだ。
理想が理解を越えて、
旅立つ意味を越えていけるなら。
再び吹き飛ばす。
価値ある今日をたまらなく生きる。
堂々と生きるだけ。
私はただもがき続けるだけ。
あるのかさえも分からない、答えを探すだけ。
希望は眠っているだろうか。
本当にそうか?
イメージできたなら、
退屈さを越えていけたなら、
大切なギブアンドテイクに手を出せたなら、
必然性は声を出すと思うか。
大切な未来、道徳も無理をして。
恍惚と共に笑えると思うか。
何もできないことを笑えるか。
大切なんだ、記憶したいんだ。
イメージなんだ、ここにあるのは、ただ、ただ、だから。
ハッピーリバースデーだ。
確実に影響ある、楽しさがここにある。
問答無用で生きていく。
妄想と逃走のリバイバル。
行動してれば後ろめたさはない。
行動の原理、
ハッピータイムの訪れだぜ!!
記憶がミラクル引き連れてくるぜ!!
どうにでもなるけど どうにもしたくねえ!
ハッピーターンなら今すぐライクライクで踊り出すぜ!!
ミラクルパンチいやーん!
理解する距離に伝説を揺り動かさせる!!
無理やりにでも奪ってやらあ!
道徳秩序も天才的なほどに!
環境、理解、兼ねる道徳。
後藤さんちの子犬にもハーイ!ボンジュール!!
だけど悲しい未来はテキサスの暴れ馬!!
大好きだから泊まれそうにねえな!!
ガッツガッツガッツですぜ 石松!!
理解した果てに何があろうがふざけているんだ。
なけなしのロンリー、ぶち込んだそのサイハテ?
希望が失えるなら、ただ差し込もう。
エイトビートで塗りた出そう。
形あるものを閃かせよう。
事実、自分におぼれてんだ。何が自由だ。
頭でっかち。真の自由は隠し持ったトンカチ。
そうだ、送り出したいんだ。
盛り上がりたいんだ。
必然を愛し合いたいんだ。
奇行を事実に、至高を確実に。
路頭に迷う今こそが。ファイティング始める連戦こそが。
果てしない意味を生み出してくれてる。
絶滅していく全てのものに、
奴隷として虐げられる前に。
まず間違いなく、恐ろしい世界に足を踏み入れる。
形だけじゃない。一生汚す。
ただ意味不明にかけ始める。
実質的に意味なくなっても、
偵察衛生、堂々と未来をエンジョイ。
リアルにリアライズされた
スーパークラッカーなラッキーな頂。
炎の意味不明を渡り歩いて、
ダンスするように未来を描く。
なんでも片付く未来がそこにある。
吹き飛ぶような青空の元、
ただ、意味不明を意味する、
行動の美学でテンションあがりまくり。
宇宙に記憶がワン千テンション。
最高は音を立てるように、
崩れるように、伝説を見るように。
再び、笑い飛ばす瞬間までもがく。
理解を越えて、その柱を越えていくだけ。
温めるだけ。オルゴールの音色。
旅立つ、エンジョイロード。
記憶が未来を創りだす。
だけどその言葉にはリズムがあったから。
ふざけていると思うかもしれない。だけどね。
僕には確かに感じ取れた。
事実、ここに立ち続けることができたんだ。
理解を炎とするなら、
記憶を自分とするなら。
確実な未来は堂々だろう。
相当同等だろう。
かまけだすだけ?希望に仇なすだけ。
じゃあ俺は迷う必要ねえな。
俺が色んな世界を見守る必要性の違いか。
大切な未来は暗い暗い闇の中、
もだえるようにして、鍛えるようにして。
絶望とその縁に、
歴史を描く僕達なりに。
だからこそ手に入るんだ。
素敵なエンジョイロードなんだ。
大したこともねえんだよ。
置いてけぼりで何が悪い。
影響力、迸る感情を。
まだまだやりたいことがあるからね。
思いっきり頑張った結果がこれなら。
素敵な意味不明も、叩き壊せる気がする。
それだけは絶対引けねえ宿命。
とりあえず目立ちたい。
なんか知らんがオトトイ来い。
とかなんとかいっちゃってる間に、
鍛えたい意味を越えて行きたい。
ロマンチックをギブミーしたいから。
エイトビートでクラッシュされたいんだ。
誓い未来を疑うように。
煌めくように、踊らすように。
何か、楽しいことが巻き起こっているような。
それでも今日という日をもがき!!
俺たちは弱卒の中で鼓動を高まらせる!!
希望を生きる俺達にしか分からないこと!
行動が試される現実にここにいる!
素敵なファンタジスタになりたい!
プロテクトされた未来!!
確実な世界に御用だ!御用だ!!
果てしない生き方をしてみたいと思うじゃん?
どうにでもなれるという日から、
どうにでもしてやるという気合を見せて。
だから旅立つ、影響力を考慮しながら。
素敵なエレファント、願いこむことに、
堂々たる生きがいを見せていきてーもんだ。
記憶してーもんだなあ。
大好きがチェケラッチョ、
同等の未来も歩き続けるさ。
ロマンチックな生きがいに、
ミラクル、果てしない興味の源泉に、
未来を描きたい。
作らせたい。面白い方向に、活かしていきたい。
ただ、立ち尽くすだけ?思い知らせるだけだ。
この距離に、いつまでもキミはいたのかな。
大切なクルージング、堂々たる生きがい。
環境、ミステリー。ザッツライトなファンタジー。
必ず戦ってみせる。
負けねえ、それだけは絶対引けねえ宿命。
アキレス腱の痛さも、
記憶の流浪も、
面倒くせえこと全部嫌ってしまう。
堂々としてしまう。
面接なら思う壺だ。
大切な生きがいに今を見る。
戦いだす、未来があるから。
存在の証明が他にないから。
腐ったはずの僕のピラフは。
もうどうしようもないねんて。
引っ張りだこのジャパンのピープル
闇はまどろみ、次の世界を合体させていく。
迸る情熱とパワー。
枷となる勢い。
ミラクルを勢い良く突っ走るように。
大切なクォリティを、守り続ける。
今日、沢山の生きがいが、開く。
堂々と未来へと突き進む勢いだ。
戦う、理想像。
面白さと、興味に。アタックしたいと思う。
生きていることは分かってる。
なんとかして駆け上りてえ。
その伝説の炎に、憎しみたいと思うがゆえに。
炎、リズム、何度でも挑戦。
記録的に、生きがいを魅せつける。
堂々と勢い良く、ツッパしるエンジョイロード。
記憶してたいから。
幸せすぎて、アホらしいほど導いてくれる。
事実、儲かってんだ。理想は戦っているんだ。
未来を償っているんだね。
素敵なこと、この上ないね。
沢山色んなもの、素敵なもの。
偵察するように。影響させるように。
歪な感情で色々考えさせられる。
ただ、立ち尽くす。はじめから駆け出さないと意味がないんだ。
伝えておきたい答えの謎。
事実、儲けているんだ。
素敵なフュージョン、楽しませてくれるんだ。
記憶していたいんだ。
貫く恋愛感情?
あまりにも素晴らしい感情。
ときめかすのだ。
必然性を行為で報いるのだ。
素敵なワンタッチメーン!
堂々とデリカシーのない質問を続けられたなら、
ファイティング夢中で
宇宙はドツボにはまっていく。
ミュージックの矛先、
嫌いになれない歪な感情。
かさばったままの心。
どうなっていくの。この距離で。
退屈なほどの幸福感。
どうしようもないね。
綴られたパシフィック、ワールドを飲み込むほどの。
宇宙を恋愛に巻き込むストーリーだよ。
つまんねー世界を描ききるパーティだ。
黄金のナイトフィーバー?
驚くほどのラッキーがそこにあればいいけどね。
花のナイトフィーバー、狂うなら現時点この場所がいい。
ライクライクに一致団結。
今すぐに団結しますか。
聞こえていますか、路頭に迷っていますか。
可逆性措置。
ロックスター、
素晴らしいエンジョイロード、
伝わるエンジョイロードだ。
つたないことで伝える理想像。
生み出す跳ね返す。
怒涛のミュージック。
物凄い影響力。
そして、エンジョイロード、
素敵な、ロンリーウィーズリーになっただけだ。
このまま突き進むなら、永遠とロードしていく。
応える体にこたえるぜ
大層なもんですね。
そういう奴らになっていくんだ。
聞こえる。半端ない勢い。
アヒルがアフラックいっちゃう手前で
聞こえる伝説の疑いの、響き。
なけなしからくる、エイトビート泣き出したから来る。
意味不明にワンダーランドを伝えてくれる。
疲れているからワンダーランドなんだ。
聞こえてくるからワンタッチソングライター。
魅力的アテンション、難しい問題がのしかかる。
俺のために今突っ走る。
何がお前を左右させてるんだ。
記号のようなロンリーナ響き抱きしめ、
今こそ、今こそと戦いだす。
心臓が高鳴って参っている。
その苦痛に耐えるのが生きがいじゃないか?
それも、苦痛なのか。幸せすぎることが苦痛ってのは
嬉しい悲鳴だなあと。
それでも書き続けるって素晴らしいことだなと。
でも、頑張らないと道はやっぱり開けないじゃん?
そういった全ての光景に、ありがとうと呟こう。
栄光ある限り、道への扉を叩くたび、
意味不明は叫びだす。
追随する豊かさと共に、
笑い出すんだ。記憶を思い出すんだ。
吹き抜けじゃない。今更じゃない。
じゃないじゃないじゃないじゃない?思い知れ。
活動期間中、
面白くないニュースは禁止。
たまらなく、ダンスチューンに盛り上がらせる。
退屈な午後を左右する。
メロディックライン、踊り出すならファイターがいい。
ガッツ魅せつける俺の技なり。
炎のチンジャオロード、
魅せつけるたまんねーパーティチューン。
合致してるぜマイッチングまちこ、マチ凍ってるぜ
俺のダジャレが寒すぎて、君の存在が暑苦しすぎて、
ファイターズ共も灰になるかHIGHになるか迫られる
選択の余地?洗濯物の措置?それとも赤ちゃん人間へのヨチヨチ?
それとも地震予知?こっちそっちあっちこっち
どっちってどっちなんだろう。
楽しさがミュージアムならキミにもきっと分かるはず!(はず?)
堂々と生きてらっしゃる。
見違えたぜ!!ハッピーターン!
動き出したらば、願えること全部放り込められたならば。
果てしなさ、追随許さぬパワーだけが。
驚くほど素晴らしいね。
記憶したいほど縁がいいね。
伝えて、理想像、未来との戦い?
テロとの戦い タルとの諍い
らいらいリズムに乗せて、刻むビート、
秘密の部屋で今エンジョイしてるだけ。
盛り上がりっぱなし。
歴史的思い出し笑いを噛み殺す。
伝説のミラクル、脳内びしょびしょの快楽物質。
自然発生した喜びは、誰の体にもおこりうる反応。
結晶と同等のちから技で、どーんと来やがれファイター。
堂々としてられっから、
蠢く魂、レクイエム、堂々と勢い良く突っ走れ。
ただ、立ち尽くすメロディと違和感を残し、
ファイターズハイ、堂々と魅力的に。
牙を尖らせ続ける。
ビジョンを申し分なく、パーティにしてしまうだけだから。
オトトイ来やがれ?
ファイターは蠢くだけなのさ。
大切な記憶をメロディにさせてみる。
面白さのメロディにしてやろう。
キミを幸せにしてみせよう。
大切なクォリティを逃げ出さないように。
幸せすぎて参っているってのは面白い現象だな。
この境地に達した人間が何人いるんだろう。
そして、更に俺は永遠を手に入れる約束をしている。
光と闇と表と裏。矛盾もなく寄りそっているよ。
最強の剣と、最強の矛。
時は満ちている。
やがて、2年の歳月を越えて、
大きなパワーを生み出す時。
果てしなく勢い良く、
突っ走れる誰かになりたいと思えるならば。
環境税、面白さの道頓堀だ。
この距離が虚無を生み出すなら、
体重落としてかかってきやがれ。
自由こそ俺のスパイラル。
怒涛のミュージックにさせてやるのさ。
大切な見事なパワーにしてやるんだ。
記憶が消し飛ぶほどの栄光。
ロマンチックな生き方に魅せつけてやるぜ。
かわいいダンスチューン。
踊り出すファイターになってみせる。
あまりにも、素晴らしくて、びびってしまうほどの。
スパイラルジェットコースターさ。
そこから連ね始める、栄光と次への階段は、
段階を踏んで更に高まっていく。
距離が物をいうなら、
次のパシフィックワールドに合ってみたいと。
思える部分とそうじゃない部分?
枷となる勢いを任せ、勢いに任せ突っ走っていくのならば。
素敵さがファンタジーになってくれるだろうか。
盛り上がりっぱなしになってくれるから。
合体?意味不明。理解しなくていいよ。
秩序をミラクルにしてみたいだけ。
おとといきやがれもっともっと!
楽しい世界wお生み出していこうぜ!!
それだけが僕の生きる道??
堂々とめぐっていこう。
迸る情熱を影にしていこう。
もっともっと盛り上がっていこう。
もう脳みそ爆発するくらい、
エンジョイしてみよう。
これに乗れたら、この波に乗れたら、
いけるかなワンダーフューチャー
次への世界。
盛り上がれるなら次への可能性だ。
退屈な午後と、新しい瞬間を訪れさせる。
退屈な未来と、栄光は近くにありますか。
果てしなく、踊り続けるそこに意味はありますか。
エンジョイロード、つまらないことを捨てる勇気。
裏道抜けたら、楽しいことだらけでした。
そういう方向にみんな頑張っているんだから仕方ない。
素敵なサムシング ピュアな怒り?
炎がジャスティス生み出すぜ
社会の窓、出すぜ顔。
揺れても根っこが硬い稼業。
逆さの教科書読めるかよ
はえー話がどこまで飛べるかよ。
堂々としてれば問題ないねん。
綴られたメッセージにはそうかいてあったからワンダーフューチャーなんだ。
記憶、記録、メッセージにして送りたい。届けたい。
理想像、豊かに未来をフィアンセ、踊り出すまで。
戦うリズムにかまければ、
なしくずしを共鳴させてみせるぜ。
ハッピーな生き方は変わらねえ。
俺が変えなきゃいけねーのはそこじゃねー。
伝えきれるか。破壊の限りを尽くすか。
もっともっと面白い世界を見せたい。
希望は何を目指すか。
最終的に終わる世界には興味ない。
ずっと永遠はループし続けてきたから。
何かを失えるパワーにしてまで。
楽しく踊れるファンタジスタ。
顔が奇妙でも、それは個性でございやす。
愛のままにわがままに僕はきみだけを傷つけない。
綴られたメッセージ、奇妙な戦い、
諍いなく歩いていけると誰が言い切れる?
それでもこの生き方次第で、
蠢く理想を伝えていこうよ。
ハッピーなタイマー、
理解するから距離があるんだねって。
ずっとずっと永遠を求めてるんだねって。
希望ってなんだっけ。面白さってなんだっけ。
続くメッセージ、面白さの鼓動。
貫くやばさ、新しい炎を見渡す。
僕は広い客席を見渡す。
遠く向こうの方に目を向ける
一番後ろで拍手送るのは 地球を一周してみたキミだ。
ロックが歌い出す、
光の反射でなんとかしないか。
内科にいかないか。
問答無用、レスポンスすら狂気に変えてしまうほどの。
大切さがリピドゥー!リピドゥー!!
エンジョイロード、生み出されるパシフィック、
怒涛の彩りを見せたなら、
確実な出て生き方、
炎の着実、超越したパーティにしてしまうんだ。
闇の霧となって、食いつぶされるしかないんだ。
後にも先にも、それ以外はないんだから。
だから僕、俺、私、今を歩いてんだ。
希望、生み出されるんだ。
果てしなさを弧を描くようなワンダーランドを見せるような。
素敵なファンタジーに取り残されるような。
面白さの許容量をハピネスで満開にしていくような。
幸せを魅力を、全て詰め込んだ、データにして詰め込んだ。
たったひとつの炎で、たったひとつの生きがいが煮えたぎる。
果てしなさとともに踊り続ける。
理想は虚無を裏返す。
果てしなく生きていく理由を問いただすから。
それをエンジョイしていく道は何一つ無いというの?
風に任せて踊り尽くされる。
ファンタジアに希望を見せた。
道徳の片鱗が突き刺さる。
風に舞い、飛んで行けはかなきラッパーの
蒼き願いよ。どこまでも、その羽根を広げて
飛んで行け、天使たちよ。
思い出しただけで、違う方向へ向かおうとするだけで、
奇妙な偶然は交差する。
意味もなく笑えてくるような轢殺の意味不明だから。
風が答えを知っているだろう。
我々の行く末を見守ってくれるだろう。
だから大切なんだ、記憶したいんだよ。
何もかもを笑いたい。大切な記憶をバカにしたい。
栄光ある、ファンタジアにしたいんだ。
記憶が路頭に迷う前に、伝説が興味を失う前に。
果てしなさの方向に、
ただ突き進むように。
幸せを追いかける、ただただ夢中になれる趣味があるっていいね。
素敵なこと、この上ないよ。
至らない僕を許してくれ。
僕を壊し、伝説を未来へと駆け抜けてくれ。
合体フィールド、ど根性、
桜の羽となり飛んで行け。
ザッツライトなファンタジー。
美しい、未来が轟くエコロジー。
重ね重ね、イメージしていく。
綴られるメッセージだね。
ある所に、漁師がいました。
来る日も来る日も魚をとりつづけて、
やがてその人自身が魚になってしまいました。
すると、それを食おうと沢山の人が押しかけた。
だから俺はさかなくんになることを決意したんだ。
だけど、それだけじゃ物足りなくて、
海賊王になる決心をした。
そして漁夫の利を得て、
僕は旅立つ。栄光のファンタジアへ。
そこにはかわいい女の子が一杯いる、
まさに酒池肉林のワンダーランドなのです。
でも僕は伝えるのを忘れていた。
そこへたどり着くと、幸せすぎて死んでしまうことを。
普通の人間には背負いきれない運命か。
突然セミが魚雷をはなってきた。
海にこぼれ落ちる桜の花びらは、
まるで菊の花のようでした。
じゃあどっちなんだよって思っていると、
空からおびただしい量の少女がふってきました!
親方!空からパシフィスタが!
そう叫んだパズーの創りだした都も今は昔、
ツインテールをさわるしか道はないのだった。
片付けに時間がかかっていたが、
それなりに俺も生きていける気がしたつもりだった。
ところが奴らはそれを拒否した。
なあ、こんな現実が許されていいのかよ?
らいらいは自分に問いかける。
だけど答えはでない問題だったから、
柿を食いながら、明日の炎を燃やし続けるのでした。
果てしなさはどこにあるんですか。
風に満ちて、そのリンゴの楽園に迷い込む。
甘くて酸っぱくって、栄養がある。
そこに閉じ込められたら、いつか自分もリンゴになってしまうのです。
こんな虚しいことが他にあるかよぉ??
でもリンゴはごろごろ転がって、
僕を食べようとして平気な振りをします。
だから僕はこの世の全てを壊すことにしたのでした。
まず原爆を1000億トン用意。
ついでにベンツの車に羽をつけて、
宇宙遊泳 人類皆死んだと 
思われた!だがしかし!!
もちろん生きているのです。
なぜならそれに抗うものたちが いるからでした。
それは素敵なファンタジーでした。
まるで盛り上がりっぱなしのエイトビートでした。
そう、雪がふってきたのです。8月なのに。
夢をみたのです。真っ昼間なのに。
だから僕は走りだして。誰にも言うことなく、
辻褄合わせのために抱き合って眠るけど、
彼女は朝になったら溶けていて、
いつのまにか僕の体もとろけていくのです。
なぜなら彼は巨大海鮮肌だったからです。
悲しいことに、失える全ては失っていました。
でも、たったひとつのマッチを、日をつければ、
みんな笑顔にハッピーになれました。
こんなことが怒って良いのか?
すべて、ふざけているような気がしました。
だけど、そこから逃げ出すことはできませんでした。
あなたは一体どこにいるの。
それでもふざけた言葉はやめません。
ノーランドは死ぬまで嘘をつくことをやめなかったのです。
しかし、嘘つきと呼ばれてなお、突き通した彼の主張する真実を、
類まれなる正直者を、子孫たちは信じました。
だけど、凍ってしまう心は、
滞ってしまう渋滞は、
僕を失えるような気がしました。
だから降ってくる情熱に、イメージをアタックさせたのでした。
大地から手が生えてきて、足にしがみつきました。
僕は倒れこみ、少し挫折しながら、苦虫をカンだような顔をしてました。
しかし、真実は彼を許さなかったのです。
彼はまるで夢の中でふわふわ漂うように、
意味不明な珍言を撒き散らしました。
けれども、そこに確実な未来はなかったのです。
ということはあのリンゴの社は、
お菓子の家にぶっ壊れさせるように、
滞る永遠を未知数を、
手に入れさせたのでした。
するとダイヤモンドの海に、
きらきら光るギターの線と、
魂をぶっ壊すエネルギーでもって、
思いっきりぶん投げた結果、
視聴率を取ることができました。
しかしそれは物語の始まりに過ぎなかったのです。
彼らは、次の物語を追いかけ続けるのです。
地面から、色んな液体が漏れ出してきて、
やがて海となり包まれました。
しかし人々は溺れませんでした。
なぜなら、肺を酸素が満たしたからです。
水中なのに呼吸できてしまうのでした。
なぜでしょう?輪わからないでしょう。
そして、泳ぎまくり、人々は壊れました。
とても耐え切れなかったのです。
どうしようもなく、歪な炎に負けそうになったのです。
だから人々は、その火元を絶やすことにしました。
そのために必要なのは何かと訪ねますと、
ベベベン、ベベベン、ベートーベンの音がかきならされました。
しかし負けるわけにはいかなかったのです。
つまり、ミュージックをかきらなせ!って
感じで、奪い取るフィールドになっていったのでした。
伝えることを拒否していっただけなのです。
そしたら大地は割れ、やがて水は飲み込まれていきました。
現在、マグマに液体が入り、
地球は心をモチます。
その地球と対話を試みる原住民は、
踊り踊り、酒池肉林のパーティを行うのでした。
少し照れてる女の子の笑顔が、脳裏をよぎりました。
けれども、戦いは始まったばかりで、器もないままだったので、
人々は困り果ててしまいました。
そう、そこに訪れたのが正義のヒーロージャカフスタマンだったのです。
彼が来ると皆は喜びに満ち溢れ、
体中が勇気に包まれ、
みんなええじゃないかと叫びながら
空から雲を手繰り寄せました。
するとどうでしょう。
みるみる血の気が引いていくではありませんか。
でもそれなりの答えを知っているつもりだったので、
みんなは黙っていることにしました。
そしたら、大きな大きなカブトムシが生まれてきて、
卵を沢山産みました。
みるみる繁殖したカブトムシと戦う為に、
FBIとNASAは提携しました。
その上、全ての言語は統一され、
世界は一つの国になりました。
その国王がらいらいだったのです。
どうです?すごいでしょうらいらいは。
この物語ではらいらいが最強なのでした。
なぜなら作者はらいらいだったからです。
余計な燃料をもやし、
地球の回る速度を2.5倍にしました。
すると果てしない意味を知りました。
答えは宇宙のどこかに眠っているのでした。
しかし、このままじゃだめだ。そう呟いたらいらいは、
意味不明な言葉を叫びながら、空間転移をして
別世界に移動しました。
その世界では、何もかもが不思議、
何もかもが不自然、
少なくとも合理的ではない、
無秩序で満たされたカオスでした。
けれども過ごしやすかったのです。
アイルと出会い、旅を指定雲音がたり。
それが起こるのは必然でした。
何もかも、壊れていく世界で、
アイルはただ美しかったのです。
存在とは何か。存在のための音をかなでる人でした。
事実、世界は盛り上がっていったのです。
逃げ場のない牢屋で物語を空想する死刑囚は、
その夢をらいらいに託しました。
確実な世界を、追い越す動きで一気にケリをつけました。
私に足りないものはなんだろう。
必然はどんどん未来を変えていきます。
彼は100mを5秒台で走り、
フルマラソンを1時間ではしれます。
まさに人間離れした格好で、
うつぶせで寝っ転がっていると、
女神がやってきて彼を揺り起こしました。
すると怒りは結晶となり、喜びは涙になりました。
延々と泣く女神を慰めたのは、アイル、その少女でした。
ただ立ち尽くすだけの、意味不明さに驚いていた彼女は、
やがて好みの花を見つけては、
伝説を繕い続けました。
でもそれだけじゃ飽きたらずに、彼女は世界の創造を
試しました。神様はそれを見ていたのです。
絶対なんてどこにもないんだよと、
叫んで伝えても、意味大してないようでした。
でも、彼女は諦めませんでした。
そう、チョウチョウになって飛び跳ねたのです。
するとピョーンピョーンという音色とともに、
何より美しいメロディが、世界中に響き渡りました。
すると大地は盛り上がり、山々を形成し、
谷には涙が流れ込み、海を作りました。
これが聖書に書いてない部分の世界創造です。
だから彼らは求めました。
この広い宇宙の、どれだけを表現したらいいのか、
もっともっと知りたいと思えました。
だから必然に対して手を出したのです。
それがそもそもの間違いでした。
苺の味がする砂を食べ、
水飴の味がする岩をなめました。
だけど、その全てを包むクォリティに、
巻き込ませる勢いになっていくのは、
ひたすらに悲しかったのです。
ただ立ち尽くすらいらいの弱さと青さが
日々を駆け抜けていきました。
意味が分からなくても、そういう人はどんどん置き去りにしていきました。
だって、意味を求める事自体この世界では愚かな行為だったからです。
生み出される色々、ただ立ち尽くすだけでした。
涙ためて睨むのでした。、
だけど、軽い人々は、その軽い心で、
風船にしがみつき、空へと飛んでいきます。
この世界はひたすらに大きい。
そこで、移動手段に風船を使ったのです。
空気は愛で包まれて、大地は希望で満たされていました。
しかし、彼らは知りません、この世界の
どこがどうなっているのか。
科学力の全身全霊をかけても、
この世界の仕組みはわからなかったのです。
その世界は、地球からはあまりにも、あまりにも遠い場所にある
別次元の宇宙なのです。どうです?途方もないでしょう。
すると、リンゴが突然割れました。
そのリンゴは、決して壊れないことで有名で、
傷一つついたことはありませんでした。
リンゴが割れると、中から黄金の雫が零れ落ち、
そして中から虹の雫が漏れでてきました。
ただ、その音色は美しかったのです。
どんなに素晴らしい楽器でも、放てないであろう、
素晴らしい響きを奏でました。
甘い甘いジェットコースターのような快楽に、
身を委ねるとまた心が豊かになっていくのを感じました。
そして、彼はどこへいくのでしょう。
らいらいは何を思い、何のために生きていくのでしょうか。
ただ、今分かることは、
彼はもっと幸せになれるとういうことだけです。
なのに彼の瞳には、若干の悲しみが宿っていました。
いつの日か溢れるでしょう、熱い涙が。
この原因は何か。
閉じ込められた空間で、彼はただただ立ち尽くすだけでした。
何を思って生きていくのか、知るよしもありません。
ただ、彼が歩いた道は、
様々な植物が生えてきて、
そして沢山の野菜や果実を実らせるのでした。
彼の足には秘密がありました。
命を生み出す力です。
それが宿っていました。
彼が歩くと、大地は喜び、
嬉し涙を流すのです。
遺伝子の螺旋状をずっと旅してきたらいらいは、
イメージをさらに越えて、
メッセージを送り続けるのでした。
それでもたまらず、今宵も大盤振る舞いです。
さあ、もう嘆くことすらできなくなりました。
なぜなら世界は幸せで満たされていたからえす。
天国という場所を創造してしまったのは彼でした。
どんなに素晴らしい音色も、彼の素敵な言葉も、
闇に溶けていきます。
そうです、夜がきたのでした。
真っ暗闇でも、放ち続ける光によって、
真夜中の遊園地みたく、綺麗に光っていました。
しかし、彼はどうすることもできませんでした。
ジェットコースターのように、未来を手繰り寄せ、
ついには時間を旅行する術すら身につけたのです。
彼は勢いにのって、ジャンプしました。
地面に辿り着くことは、数分ありませんでした。
彼は空を飛んでいたからです。
翼はないけどこの世界では空を飛べるのです。
偽りが生み出される、大したことのない嘘のように、
彼の心も素晴らしさに溢れていました。
希望を書きなぐったノートには、
輝く未来が、まだ書かれていたので、
描きかけの未来を、ただ立ち尽くすイメージで、
そこに辿り着いたのでした。
しかし、なぜ彼らはもがくのでしょう?
こんなに幸せなのに、これ以上何を求めるというのでしょうか?
彼らは、少しだけ考えました。
しかし、それも無意味であることにやがて気付きました。
意味不明が旅をしていました。
そう、理解しかねることだらけです。
海に一匹の幼虫がマギ込みました。
するとめきめき成長し、巨大な怪物となりました。
当然です、この海は、成長させるパワーがありました。
らいらいは怪物に言葉を教え、
時折冗談をかわしながら笑い合っていました。
すると、元気になった怪物から、形がうまれました。
やがて、マルイ形をして、
らいらいを体内に招き入れました。
らいらいはその怪物を寝床にすることに決めました。
しばらく力をためないといけません。
らいらいは、胸に痛みがあり、時折眠たくなるのです。
それは必然が生み出したのでしょうか?
素敵なファンタジーに巻き込まれていきました。
素敵な勢いに、巻き込まれて、
やがて夢の中へ溶けていくのです。
バスケットボールが一つありました。
それを突き割ると、次へのメッセージが生まれてきました。
彼は何を望むのでしょうか。
その果てに旅をさせる、勢いの良さはただただ突っ走っていきました。
クォリティはどんどん上がってくのです。
なまめかしい、
迸る情熱が器を壊す。
ロックンロールと共に、伝説を紡ぐだけ?
炎のようなトロッコに、
乗りあわせてしまったことが運のつきだね。
吹き飛ばすパノラマを、大好きにしてしまうほどの。
エネルギーが突っ走り続ける理想だ。
大切な未来を守りたい。
究極製の果実を見せてあげたいから。
道徳なんざどうだっていいんだよ。
大切に未来を作り続けたい。
理想をまかない続けたいから。
根拠の無い自信に溢れてる。
大切なものってなんだっけ。
俺が欲しいものってなんだっけ。
俺の目標ってなんだっけ。
俺の夢ってなんだっけな。
戸惑う、必要はあるの?
空間、レスポンス、次への扉。
明日への扉。
だから楽しみたいんだ。
理想ビジョン、昨日以上にしたいんだ。
そして漏れだす。ハチミツの雨、
叩き込まれるのでした。
涙ためて睨むのでした。
死んでしまえるほど美しい景色に、
未来を見てしまった。希望を見出してしまったのです。
堂々と、歩き続ける時点で、怖いものなど失った?
果てしなく行動してるからこそ、
栄光の美貌、失ってからじゃおせーぜアンさん。
だからびびっていたのですか?
風に舞い、飛び続ける。
俺の幸せを奪うものは必ずある。
だが堂々と受け入れよう。
その道を突き進もう。
何もいらないの?
なんでもあるさ。
素敵な生き方だろう?
大したこともない。
快楽主義が行き着く果て、
そこへ早めに到着した俺達に告げる。
ただ、涙ためて睨むのでした。
固唾を飲んで見守る。
ロック、ロック、ロックでスタイリッシュ。
ある意味怖い現象だね。
そうなると、余分になるのは何だと思う?
必然、理解者、そのとおりに生きれたらいいのにな。
永遠なんてあるのだろうか。
必然性、行動の美学だ。
新しい夢を追いかけて。
必然性に未来をアタックさせながら、
堂々と生きる。申し分なくパーティタイムにする。
憎しみ、新しく貫く。
響くメロディに、生きる血潮になってくれるように。
もがくように、ただただ突き進むように。
遠方から来たこのサル どでかいビルの谷間に舞う
風に巻き込まれたんだ。記憶がすれ違ったんだ。
それでよかったよかった万歳万歳なんてどの口が言えるんだ?
吹きとばせ、情緒不安定なこの気持ち。
どこまでも、どこまでも駆け抜けていけ。
飛び出す、意味不明、だけども理解者は、確かにここにいた。
弾けるポップコーンみたく、
ロックの足りない部分を追求。
違和感の正体に気づいたところでなんにもない?
平気さ、俺は大好きさ。
ミュージックは止まらないんだ。
記憶の中に取り残されるんだ。
それを手に入れたがために、失ってしまう。
なんて悲しいんだ。なんて面白いんだろう。
ずっとはねえ。ずっとだね。
数々の勢い、灯される歪な塊。
僕はキミが好きだよ。
大切な彩り、僕を塗り替える。
再び吹き飛ばしてくれ。
何かを思い出させてくれないか。
絶妙なファンシーな意味不明を、
おとといから引きずり下ろしてきてくれないか。
思いっきり、ダンスできるなら盲導犬だね。
獰猛な生き方?挑戦なきラッパーは
崩れるだけ?秘密の方向、道徳を根拠にして吹き飛ばす。
何かを楽しませる方向でいこう。
私を大切だと思ってくれる人に会いにいこう。
大切な攻撃スタイル。
何をしてたんだい。何を失ってきたんだい。
秩序だけは守ってきたつもりなのに。
ずっと喋ってきたつもりだったのに。
エイトビートはクラッシュされることを望むように。
叩き続ける、レベルアッパーになっていく。
迸る情熱になっていくだけ。
私はただ歩き続けるだけ。
思い知るってどういうこと?
僕の至らなさを教えてよ。
僕にチャンスをくれよ。
なんかよくわからないよな。
素敵だよね。そういうこと、全部包み込めそうな勢いじゃないか。
頑張ってるのなら形を見せていこう。
堂々と生きがいを見せていきたい。
怒涛のフラッシュ天国に舞い飛び、
次なるファンタジーを魅せつけてやりたい。
極める、その道を務める。
大好きだから物怖じしない。
そこら辺のカス野郎では敵わない。
だからストロングな勝利。
大好きなチェケラッチョ。ファンタジアだね。
空間が空虚なら、ワンダーランドも認めるべきさ。
確実に、その手の中に、ゲットするべきだ。
果てしない旅に手を出すべきだ。
滑空、虚空をつかむ勢いで、
私は全てを手に入れる。
求める方向、あやふやなままではつまらない。
ゴールで手を振っているよ。
僕にはそうすることしかできないのさ。
素敵な話だろう?
思い出せる限りのワンポイントクッション。
だから黙るしかねーんだ。
明るい一致できるコネクトするキャラクターがいねーと、
やべーんだ。半端ねーんだ。
ジャストアフタヌーン?
この心に包まれてくれ。
ウィーアーレッズ?
預け合いたい、理想をかなぐり捨てたい。
メロディだけにとどめておけない。
正直お前はJの器じゃない。
国腰、逃げ出したいほどの欲求携えて。
記録的豪雨に見舞われました。素敵ですね。
何を思って、何のために生きていくのか。
わからなくなる瞬間、あるよたまに!
それでも僕ら、諦めきれない。
鼓動の闇を包み隠さず。
でもって、モッテモテになってもーて、
マジで間違いない?煌めきたい。
さんざんざわつく場内 余裕だよ
いけるんだよ それなら俺がやってみせようぜ。
環境が虚ろになるのなら俺の御業だ。
素敵なら俺のフュージョンだ。
間違いないなら俺のラッキーだ、空間だ、歪なゴミだ。
片付くヒマを与えない。
それは大好きなミュージックだったから。
今日は黄金の雨が降り注ぎました。
終わりあるストーリー。謙虚な生きがいピュアな初心
理解できるからこそ恐ろしい。
たまらなくたまらない気持ちです。すごくすごいですね。 
闇と戦うキレを見せたい。
秩序の道徳、未来の可能性。
潰されてもイビツに、見たことのない響だ。
素敵なファンタジアだ。
メロディが殴りこむ、
新しい境地を結びつかせる。
道徳でキミを守りぬく。
再び、笑える日がくるように。
逃さぬように、忘れぬように。
希望を見せてあげたい。辻褄合わせでどうにかしていきたい。
道頓堀に沈められるように、道徳をバカにして進むように。
愉快な人になりたい。希望する人と接する仕事?
幸せを与えるってのは苦しみを取り除くってことか?
そうとも言えるよな。じゃあその苦しみから開放する、
道徳、未来の秩序を守る。
偵察衛星、踊るファンタジスタ。
希望がキミを未来へと突き上げる。
この国は今病気なんだ。
だが俺は絶対に治して見せる。
治せない病気などないのだから!!
大切なこと、知りたがる。どこがどことか馬鹿らしい意味不明でも、
記憶したいから驚かせてるんだよ。
吹きとばせ環境のリサイクル。どんどん生きていけ。
怒涛のミュージックステーション。
記憶を記録。するショーケース?
たまらなく器が半端ないですわ。
堂々としてられるパワーになりますわ。
完全体に目指している途中っぽいですわ。
堂々と巡っていくだけ?
果てしない道のりを願ってるだけ。
記憶とともに、偽りと共に、
果てしなくラッキー?堂々としてられるパニックに。
事実上の偽り、炎の可能性。
歪な生き方、面白さだね。
つまらなさがあるのなら、疑い抜く必要もあるかもしれない。
素敵なファンタジー、記憶していく為かもしれない。
俺はねだられたからやってるだけだ。
記憶と共に、記録していく未来。
事実、今日は全然大丈夫だったから。
おいとましていく。
実に面白い空間となれる光。
堂々と煌めく光になりたい。
だいぶ、面白さを増していくばかりで。
大変な記憶、記録にしていきたいという
願うことすら許されない未来なのかな。
たった一度の嘘でさえも、君の涙を産んでしまう
数えきれない程の罪を重ねてきた。
その手にふれたこと、君の隣でそっと生きようとしたこと。
孤独のイメージで和らげるから。
君の隣にそっといさせて。
ジミー・サム・ディーンズ。
果てしなく、勢い良く突っ走る勢いだ。
魂のレクイエム、こっそりというわけにはいかなくなっても、
幸せ、行動していく情緒不安定。
理解できないパワー、
このケセラセラで歌い始める。
怒涛のミュージックと共に、広がる世界観を痛めて。
煌めく次への可能性。
しっかり見とかないとイメージできないだろう。
だから大切にしているんだ。
クォリティ高めて頑張ってんだよ。
俺は俺なりに、必要最小限?
偽りなら、次への可能性。
同等の奴らだと思っていたというのに。
こんなに頑張っているのに、
今更ときめかない訳にはいかないよ。ベイベ。
果てしなく踊ることを良しとできるのか。
イメージ突っ走ることをありがたく思えるのか。
必要最小限で、歩いて行くことを。
きみと愉快にほぐれることを。
ダンスしてミュージックにしていくことを、意味がないと笑えるのか。
伝えられる次への扉、
果てしなきを歩いて行くのかな。
伝えられるのかな。
面白さはどこまで続くのかな。
イメージできたら怖くはない。
飛び込む影響力、
イメージできる最大限のパワーを使った。
何もかも、消し飛ばす勢いだった。
だから俺はもがいてたのかもな。
そういった楽しさですら、
消えていく。闇を引きずって。
だけど俺は怖くないんだ。
何もいらないんだ。素敵なんだ。
記憶してられるから、エンジョイしてるんだ。
近く、思い知る可能性があるのなら。
つかめ!どこまでも歪な、イミテーションなロックンローラー。
かけがえのない痛みで、そんなギャンブルはできませんと。
記憶できたら素晴らしいですねって。
そういった希望になっていくパワーになっていく。
ずっとずっと、生きていることがファンキーならばってな話だろう。
今度しっかりやるのであれば、
俺の向かうべき未来も見えてくるはずだ。
違うか?俺たちのよお。
面白さの果て、クォリティの未来。
言葉を得ました。音楽を楽しめました。
それだけでなんか超いい感じ。
音楽聴きながらキーボード叩く。
それだけでちょっと幸せな感じ。
色んな表現、あるけれど、
僕は言葉に賭けた。
この世界に、値札もつかない宝物で溢れてる世界に、
喜びを感じる。
喜ぼうとする心。
褒められようとする心。
自分で作ったルールのリボンをほどけ。
きっかり、きっかり結びついていく。
戦いは既に始まっているのだ!!
素敵でファンタジーな未来の予感。
来る、きたるべき炎のジャスティスに、
選択を間違えたゆえの面白さがかなぐり捨てる。
面白さがワンダーランドなんだ。
素敵さが忠実に、記憶してくれるんだ。
理想ビジョン。昨日以上?
退屈の、飽き古しの果てに手に入れる闇。
この声のままで、突っ走られたらどんなに幸せなんだろう。
近づく、興味を失いそうな物体。
面白さの果てに、その巨像の果ての未来に、
何を描いた?俺たち何を信じた?
その次の、最先端の未来にどんな格好を、
分かるかこの尻軽が。
でもそれだけじゃ意味がないから、
伝えていきたい伝説が、未来があるんだよって。
大切なクォリティ、間違いなく突っ走れるなら。
大好きだよ。それだけ言って、
大切なのに、言葉が必要なのに。
ダンスするイメージはラリパッパ。
だからあの夜ふらっと出てきたぶらっとよお。
だけどどうしようもない体感速度。
独創モードに入りましたから。
俺は何にも負ける気がしないのですよ。
伝えられるのはワンダーランド、
記憶するなら次の未来だろう。
引き寄せられるだけ?
思い出せるパワーにしていくだけだ。
今だずっとガラケェエ~~
ただ立ち尽くすだけ?
思い描くだけだ、
素敵だろう?ファンシーだろう?ファンキーだろう??
宇宙のチャットモンチー、ちょっと音痴でちゅっとエッチ
だからつまらないんだよ。未来をリズムに変えるだけ。
果てしなくジェットコースターを乗り越えていくだけ??
大切な記憶、理想を炸裂させながら。
堂々たる次のミュージック。果てしなさをエンジョイするだけだ。
良い知らせをすることができそうだ。
素敵なワンダーランド、記憶してくれるなら素晴らしいんだ。
伝えまくって、次の時代に核融合させる。
炎のロケットランチャー、記憶を未来に消し飛ばすように。
伝えられるなら次の腕、申し訳ないほどの、大切さがここにある。
伝説的な、ミラクルを引き起こす。
大切な未来を創造するんだ。
そしてミュージックは奏で始める。
怒涛の色を濃くしながら、
置いてけぼりの君を守りながら。
追憶の彼方から、堂々と未来へと走りだすように。
記憶にないほどの、スパイラル、ジェットコースターな未来を約束するよ。
行動でその美学は働ける?
とっても素晴らしいね。
空間的に、僕は異次元に立っている気がするんだよ。
僕なしではどうにも、伝えきれないと思うんだよ。
必要とされることが、なんまいだー的な。
どんなもんだいそんな音楽?
秩序をかき乱す、次なるファンタジーなら、
記憶させるようなビビッとくるエメラルド。
果てしなきを歩いて行くことを。
連ねる、ダンス、ミュージックを兼ねる。
怒涛のフライハイを記憶させる。
旅立ちの時を願うように。
理解する距離を意味不明にするように。
伝えていって。言葉を、未来を。
嫌いな世界に堂々と。
未来と入っていって、
怒涛のミュージックと化していって。
ふらっとぶらっと頑張る俺は引き返す道が消えていく。
ロマンチックなジェットコースターに、
どれだけ頑張ってるか分からないほどの、
秩序にまみれてまだまだ声を出すように。
伝えきれるなら俺の腕だ。
感謝することに、歪な可能性を手に入れる。
怒涛の次々が、果てしなく思い違いしてくれるように。
知りたがる。わかりたがる。
何かを教えたがる。奇妙な偶然だから。
伝えられるなら、ハッピーな未来がいい。
伝えることなら、何度でも。
クラッシュされても今すぐに。
大切なことは脈絡と軌道修正。
堂々と生きていきたいもんだ。
連ねる連想ゲーム。面白さのワンダーランド。
記憶していたいから、この秩序の闇に飲み込まれてんだ。
俺の全てを奪い去ってくれ。
どうにでもなるし、どうにでもしたいよな。
このままじゃ、意味不明だよな。
どう考えても理想像。
狂っていくイメージで、
突き飛ばす影響力、
果てしなく飛び続けている。
ロックンローラーになっていくようだね。
記憶が、流浪に舞い飛ぶように。
力技で失える。
希望と、大切な記録を、
ここに見果てぬ夢をつかませるように。
移動する物体、大切なクォリティ。
果てしなく、空間を理想にしていくんだ。
大切な言葉、理想像、宇宙のワンダーランドなんだ。
ずっと生み出すことを、手に入れることを。
飛び出す栄光と、影響力。
迸るイメージで、突き飛ばす快感にしてくれ。
響くメロディにしてくれ。
分かってる。したいことだけして生きていけねえのは。
でもいいんだ。俺はしたいことを短時間のうちに全部やれるから。
楽しい世界を追いかけるだけ。
エンジョイしていくだけだ。
炎のように、ワンダーランドを綴ろうぜ。
素敵なファンタスティック、踊り出すならオートマチック。
ミラクルを生み出した、結果的に熱暴走。
色んな言葉が跳ねまくる。
行動の秩序で生み出しまくる。
蹴っぽる伝説に、追随する未来をアタックさせる。
沢山、色々が結びついていくのなら。
行動の美学、次なる果てなき可能性。
俺が進んだ道は、間違っていないことを祈る。
ただ、立ち尽くすだけ?記憶してるだけ。
それはただの言葉に過ぎない。
伝説的に、勢い良く突っ走れる。
たまにならロックンロール。
激烈、ファイターにしていく。
理解できる距離にいつも彼はいたのかな。
だってさ。ロックンロールのジャスティスで、
乗り越えた未来が、大切な意味不明が。
たまらなくジャスティス、希望がわがまうように。
伝え始めるから大いなるうねりになっていくんだ。
ふざけていると思うか?
理解しそこねている感情論に、
今を意味ないと伝える根拠の無さに。
伝えていくのは俺たちなり?
大丈夫。リスペクト。やるならしっかりディスれ。
ディスなら俺の番号、
伝えたいなら未来とリズムに乗せて、
したいことだけして生きていけたらいいのにな。
どうして社会は僕らに嫌なことを強制するの?
まるで僕達奴隷じゃん。誰かの幸福のために犠牲になってるとすれば。
もし仮に俺が億万長者になったとしても、
やりたい仕事、給料いらないからやれると言える?
事実、紛れてんだ。実質的に驚いてるんだ。
大切なクォリティ、ナンバーワンヒステリー。
だから、バケの皮、剥がれるだけの生みの親。
だから伝えたいんだ。理想を高めたいんだ。
大切な理解者に、届けたいんだ。
鼓動が突き刺さるメッセージ。
たまらなく、温まらない。
事実、儲かるメッセージがトリコにしてくれるんだ。
俺は一生懸命やっている。
そこに楽しさはある。
堂々としてられるなら、それがナンバーワンだから。
伝えたい行動の果て、
イグニッション、伝えていけたら僕も幸せ。
だけどね。俺も疑問に思ってることがある。
俺はこのままでいいのか?そのスタイル、僕は嫌いなのさ。
だから奪いとったんだろう?
そっちの使い方を知らずにぶらっとよお。
ふざけてるリズムが戦いだすなら、
エンジョイロードで突き進み続けるなら、
楽しさを快感に変えてまで、
必然を未来に託してまで、
この行為、自分のことしか考えられない??
事実、儲けてんだ。色んな方向で。
伝えたい思いが焦るから、見違えるようなダンスミュージック。
尊い犠牲のそのままに、
突き進む俺のエレクトロックラブ。
大切な記憶と共に、素敵な思い出を。
それを学ぶ力に変えていきたい。
その力技で、捨てられた可能性を、
生きる恥に添える形で、
ミラクル、なしくずし、エイトビートで。
楽しむことをエンジョイしたいね。
意味が被っててもあまり気にしない。
大切なことは他にもあるからです。
伝えたい未来なら今すぐ急ぐ必要もないでしょう。
今更困り果てることもないでしょう。
ああ、キミには言ってない。そう無視してくれていい。
相槌さえ望まない。そもそも大したこと言ってない。
この距離で物を言いたい。
気分的にはラッキーなフェスティバル。
だからこそ、追随する未来に、期待をしないと。
大胆不敵に次の時代を生きてみたい。
ロックンロールの間に、生きがいを見出したいから。
この光景で、素敵なフュージョン。
盛り上がれるなら次の可能性。
道徳、そのさなかに訪れる。危険ブームリングで。
もっちもち、スプラトゥーン。
正しさを、ただ歩くことを。
必要性の問題だ。
期待値あがるばっかりだ。
素敵なハンターハンター。
期待していけるから、次への戦いに期待をモテるんだ。
必然性が距離を持つとすれば。
エイトビートがクラッシュするとすれば。
何かを天才的に求めていく、
スタイルすらも自分のものにしていくような。
驚くファンタジスタ、
記憶がレイク、整形しておきたいかい?
まさに間違いねえ。大胆不敵に踊り出すしかねえ。
正しさ、エイトビート、クラッシュしていくミュージックの。
道徳、理解者、果てしない、空間。レスポンス。
堂々と生きてみる。
何も怖いことなんてないようで、
不思議だなあ。エンドレスなんだなあ。
伝えたい未来が炸裂するから、
今だって、僕だって必死なんだ。
伝えたい未来があるから、
全ての責任を背負うから、
ユートピア、パラダイスへと連れて行ってくれるんだ。
完璧に愛したい。
未来のリズム、正しさの歩き出し方。
正しさってなんだろう。
美しさってどういうことだろう。
思い出しただけで酒池肉林だよ。
加えて、思い出す。
感情問いただす。
エレガントに生きる。唐突な可能性を巻き込んで放つ。
堂々と、生きてみせたいから。
嫌いなことに、ロンリーなごっこ遊びに、
ついていくことすらできない。
思い出すことすらままならない。
大切な記憶がいつまでも。
論理オーなウィーズリーにしていくしかない。
愛されるナカマと化した。
道徳を説明する責任を追求。
大切にしていきたい未来と、転がり始める次の時代に送りたい。
大切な未来を運営したいから。
解説が、ひどく面白い。
エンジョイロード、すごく素敵なワンダーフューチャー。
嫌いだよ、色んな可能性。
道徳的な未来が、引き連れる次への痛みなら。
行動で可能性を奪いたくはない。
危険なアンチフィールドに、確かさを置いてけぼりにしてみたいよ。
伝えることにすら、ためらいを持って生きてみたいよ。
解説がいらないなら、この混沌とした未来の風に、
吹かれてみたいんだ。伝えていきたいんだ。
面白いから伝え始める。
魅を刻み続けるんだ。
その心を持ち続けるからこそ、
素敵なファンタジーに記憶させたんだ。
つらくても、きつくても、理解者を求める。
正しさを、記録の素晴らしさを、伝説をつくり上げるから。
行動で次なる可能性、迸る歪な者だから。
尊い犠牲の上に、成り立つ希望と面白さ。
素敵なファンタジスタ、
堂々としてられるなら、イメージより愉快だろう。
思いっきり、楽しめる。
空間が確かにここにある。
ぐっと曲がって、大切な記憶に殴りこむ。
楽しさの追求、ミステリーの踊りだし。
しみったれた夜を変えていけロマンスドーン。
聞こえる次の舞台。黄金の音色。
素晴らしいエイトビートになっていくだけ?
希望と、炸裂するダンス。
思いっきり、吹き飛ばせるなら次の腕。
申し訳ない体と、意味不明な理解者だけが、正しさを知ってくれる。
申し分のないパワーでエイトビートを走らせる。
もくもくと楽しい世界を独り占めしたい。
大切な未来に会いに行きたいんだ。
連れてくる、伝説の強弱。
己の作ったルールのリボンをほどけ。
モノクロの世界に色がつく。雨の色はモノクロのままか?
世界を信じることはありのままを、
受け入れることだ。見えてる現実は、ありのままか?
大切な今をうのみにして、
大切な未来、旅立ち、
次の時代。新しい、炎になっていくだけ。
思い出せるだけ、希望を失えるだけだろう。
面白さの彼方に、潰される意味不明があるならば。
僕はいっそのこと伝えてみたいよ。
大切な意味も、クォリティも、意味不明なミュージックも、
理解を兼ねて、堂々としてられるように。
潰されぬように、躍らせるように。
吹き飛ばす可能性をイビツに問答無用にしていく。
ここにある世界だからこそ、
僕は求めていけるんだ。
頑張っていきたいんだ。
理解しておきたいだけ。
必然性、ミラクルを引き起こすまで。
なけなしの勇気、ホトグラフィー。
願える行動が美学なら、永遠をループさせてみたいもんだ。
楽しさと、それに追随する物語を共鳴させるんだ。
どうすればいいのだろう。
果てしないジェットコースターのようで、
貫くことすらアホらしくなる。

(14:10)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字