それを手にしたかどうかはどうでもいいんだ!
無茶苦茶な世界を追いかけているだけだ。
ずっとずっと追いかけてるんですね!
トラップとラップにそぐいます
つまり!?
このハートに・・器は・・
待てよ!それを取り戻したらどうなるか・・??
貴様にも分かるってなもんじゃ焼きだろう!
それを分離するのが俺の仕事なのさ・・!
見ろよ!この育まれたペンギンを!!
なんだと・・それを見せつけるということは・・
すでに完成してしまったのか!アレが!!!
っていうかなんか書いててばかばかしくなってきたよ?
子供じみたアニメ調の
セリフごっこにはもう飽き飽きしてんだ。
でもたまには楽しみたいよね。
懐かしいメロディ、響き渡るよね。
なのにそれなのに、それでもいいと思えるものはなーんだ。
鍛え上げた魂が、また首を振っているよ。
風を乗せて、風と一緒に吹き飛びたいから。
伝説のクラッシャーにまだ負けたくないから。
キタエリ、来た帰り。
地道に尽くしたエネルギー。
この可能性に戦いを挑むとは、
随分やってくれるじゃねえか。
踊りだしたい気分だよ。
誰だってそうやって日々を生きてるのさ。
何もかも、壊れすぎている。
俺がすることは変わらねえよ。
事実、面白いんだからさ。
大切な記憶を間違いなく、
理想に近づけるために、
秘密を理解することができているか。
ノックアウトされてしまった。
今夜ロックンロールに殺されたい。
ミスしてミスマッチ。
キスしてキスマッチ。
チーズしてチーズマッチ。
風が答えを知っているのなら、
いつかはその場所までたどり着けるのかな。
風!風!背中を押してよ!
とはいえ はからえども
むなしけれども 伝えけれども
そこが知れるってなもんさ。
ぶっ壊れるほどのエネルギーだ。
魂のレクイエムだ。
凍えてちぎれそうなイメージだ。
壊れてしまいそうなメッセージでぶっ壊れるんだ。
交わす言葉すらもない。
今は一秒の時間ですら惜しいんだ。
不思議とそんな気分なんだよ。
危機感だろうか。本当にそうか?
特別何かがあるというわけじゃない。
ずっとずっと天才をもがき続けさせる。
何を言ってもキリがないのなら。
そうだ。この世界は仕組まれてる。
誰かの手によって、操作されているんだ。
分かっている。そんなことは知っている。
最終的に笑うのはこの俺だ。
闇が意味を壊す。
破壊兵器と化すカスと化す だからそれ貸す
無駄で無駄で死にたかった。
本当は知りたかった。
壊したかった。分かりたかった。
奪いたかったんだ。
でもどうしようもなかった。
そんな瞬間ってあるでしょ?
くどいくらいのメッセージだ。
今ある音楽も全て愛するよ。
僕にとっては全て必然さ。
僕にかかればすべて肯定してみせるさ。
その歪な塊に、反旗を翻すように。
歌声でぶっ壊してみせる。
こいつらの記憶と共に放り込んでみせる。
強がりが、意味が、壊れるこの痛みが。
チャンスにしていく。
壊されていく。
合わさっていくんだ。
壊されていくんだ。
伝えたい思いがぶっ壊れていくんだ。
僕はそれをただ眺めていたんだ。
僕はそれをただ眺めていたんだ。
ここに存在できるか。
無理心中はかって 置いてけぼりの心は、
あなたの幽霊は今何を願っているの。
無駄口叩くほど幸せなんだ。
記憶がぶっ壊れるくらい楽しいんだ。
何を手にすることが本物なのか。
彼らは自分の幸せの大きさすら知らないでいるらしい。
なぜだろう。それを認めたくないのだ。
感じるものを、捻じ曲げてまで、
意味をつけたいのだ。
そのままの姿を受け入れようとしないのだ。
なぜだろう。なぜなんだろう。
なぜ人は意味をつけたがる。
てめえらはなんで生きてんだ?
壊すぞ。殺すぞ。その魂、辟易としてくるぜ。
申し分ない 模範生。
でもいいんだ。何をしてようが、興味はねえんだ。
死人に口なしとは言うが。
何をしたところで無駄無駄よ。
どうやったって俺に言葉で勝つのは不可能なんだ。
黙るか黙らせるかの二択だな。
そして両方、俺に分がある。
無視するなら独り言としてエスカレートしていくし、
俺を黙らせるのは至難の業だ。
だが独り言ってのが難しいな。
だって独り言なら脳内で充分できるもん。
わざわざ伝える必要あんの?
って思っちゃうよね。
でも集団生活では必要だと思うよ。
自分の気持ちを表現、限りなく広がる草原。
俺は文章書きたくてウズウズしてんだ。
楽しくて仕方ないんだから仕方ない。
ずっとずっと追従していくメッセージだ。
壊せば壊すほど調子いい。
何があろうが関係ねえ。
怖がる必要性も甲斐も楽しさもねえ。
無駄口叩くほど楽しんじゃいねえ。
すぐに次の段階が思いつくあたりが、
僕の素晴らしいところですね。
あなたの素晴らしいところですね。
今は一瞬の時間すら惜しいんだ。
0.01秒の未来、
百花繚乱、せんかりょうらん、ばんかりょうらんの世界で、
一喜一憂、じゅっきじゅうゆう、せんきせんゆうしていく。
千思万考、ばんしおくこう、おくしちょうこうの
巡らすこの日記のフィールドだ。
悲しみすらも考えにいれて、
楽しさとミステリーワールドに連れていくスタイルだ。
中々良い時間を楽しませてくれるぜ。
このくたばり損ねたただいまっつー声すら
かきけされてしまうのかな。
何もできなくなるくらいの。
楽しさが踊っている。
道は一つじゃなかったが、
憧れる心はずっとあったから。
求めるものはなんなのか。
天才的に狂っている。
ここに道筋を記録している。
感動的な未来を呼び起こす。
あの人だって仕事に困っているんだ。
俺に必要なものと、そうじゃないもの。
懐かしいメロディ響き渡る時。
今を越えて飛び出す時に。
信じる気持ちすら嘘に変えていく。
ベッドで過ごす時間が増える。
俺は何もできない。何もできなかったんだ。
記憶は確かに通じているというのに。
何を楽しませればいい。
何を壊せばいい。何を望めば・・。
僕にはもう分からなくて。
満たされたい。満たされたい。
どうやったらあなたのいる場所へ到達できる。
あなたになりたい。
あなたになりたい。
あなたのようになりたい。
じゃあ俺の一部になれば?
ていうかお前誰だよ。
つらい。きつい。苦しい。
でもなんでさ。なんでこんなさ。
テキーラリバース
あなたになりたい。
そういって、僕をまたたぶらかすんだから。
きっと壊れているよ。
壊されていくのか。
天才は忘却の未来から、逃れられないように。
地球3個も買えるお金手にしても、
まだまだ物足りない。
なぜ思っていたんだろう。
なぜ考えていたんだろう。
何かが弾けだしているんだ。
ミステリーワールド、
記憶する限り痛ましい限りです。
幸せ途方もなく流れていきます。
私は私であることを誇りうたいます。
全力で戦いことを決してやめません。
緻密なレクイエムなのか。
今日は日曜日なのか。
辛くても平気だよ。
さらに痛みは加速していくばかりだ。
俺は、あなたは、あなたは一体何を。
どうやったらそこまでたどり着けるのですか。
私にはもう分からなくてさ。
とはいえど、想像は膨らむ。
俺は次の次元まで。
楽しませる心を歪なまま、取り戻したまま。
その声の響き渡る方へと、
突き進むだけだよ。
俺は死にたくない。
だけど俺って一体なんだろう。
俺の心ってなんだろう。
消えたら何が困るんだろう。
幸せがなくなることが困るんだよ。
でも消えちゃうからさ。
で、もう一度聞くけど、
俺の心ってなんだ?
どこにある?脳のどこかにあるのか?
分からない。魂。
あんな小さな細胞に全て記憶されてたんなら、
生まれ変わりも信じてしまえそうだ。
あんなに小さいんですもの。
勢いを増していく戦いだ。
理想的なミュージアムだ。
俺を、魂を、記憶を、ネンドロイドを。
俺はこの指とこの目で、
沢山の文章を書いてきたよ。
ずっとずっと書き続けてきたよ。
それでもまだ答えは見えないんだ。
ここに誕生している経験を。
ミステリーワールドを伝えたいんだ。
記憶してくれるならそれがいい。
ぶっ壊れそうなメッセージにて。
弾け飛びそうなこのケセラセラと共に歌う。
自由というのは、はからずも面白いものですね。
風となり攻撃となり、
大切な記憶となり、僕の源流を支えてくれるよ。
ありがとう、パパ、ママ。
悲しい物語。俺にも背負うものがあるのさ。
砕け散るように。面白さを叩き込むように。
正しさの葛藤の中に、その熱さと冷たさは眠っているからね。
更なる場所へ行きたいのなら、
まあ精々目指しな。
ふっと笑って 未来を暗黒に包む。
あなたになりたいって声も、
すごく木霊していることは分かっているが、
まあどうでもいいんだ。
なんならなってみるか?俺のパートナー
伝えといてやるよバカだとな
鋭くとがった眼光と、
何を手にすれば。
悲しみの欠片を持たない幸せなあなたになりたい。
意味を越えて、あなたを乗せて。
俺は言っとくけど永遠に生きるつもりだからね。
飽きたなんて投げ出さないでよ。
僕はいずれにせよ幸せに生きるんだから。
ただ、それが問題なんだよな。
俺は一人で充分幸せになってる。
これをみんなで分けるとなると、
また別の力が必要だろ。
エネルギーの変換だ。
僕と喋れば幸せになれます。
そんなうたい文句でも吐くつもりか?
俺はあらゆる毒を全部出してるから、
好き放題なことが言えるんだ。
冷たくとがったその視線。
ミラクル、引き起こせそうでやべーな。
壊されるくらいのドリーマーじゃないと。
つづられるエッセイ つまり随筆
この言葉の闇に、鍛えに鍛えた馬鹿がいますゆえ。
体操服、君の最高の痛み。
この世界の楽しさを。
プライスレス、プラスマイナスルートB二乗マイナス4AC
ああ、うざってえ公式
色んな所に蔓延るのさ。
だって楽しいんだから仕方ないじゃん。
この楽しさ、そのまま尽くせるかな。
響けユーフォニアムは素敵なアニメだったよ。
辛くても辛くても
悲しくても悲しくても
勢いを増していくだけだ。
必ず戦えるフィールドまで持っていく。
魂をぶっ壊すほどの革命児だ。
それを手にした天才がここにいるんだ。
それは一体どこにいるのだろう。
何を手にしたら僕は幸せを誇れる?
無駄に思える全て、全てすらも、
輝きを放ってまだ僕を殺そうとするから。
今夜ロックンロールに殺されそうだ。
なけなしの勇気を振り絞るんだ。
その目で見られると心まで見透かされそうで怖い。
ぶっ壊れるメロディだ。楽しさのエンドレスな記憶だ。
何も考えない浅い生き方をしてる人に告げる。
くだらねー。本当にくだらねえよ~~
そういって君は振り絞った。
言葉の回廊。
無限の回廊。
時の回廊だ。
本当に素晴らしいものというのは、
いつもいつでも消えていくものですね。
なぜこの日記を書き続けてるのかって?
それは心の支えだからですよ。
続けざるを得なかった。
無駄に頑張ってる俺の歴史をぶっ壊すように。
秘密を驚かせるように。
ぶっ壊れるのなら、沢山のメロディを醸し出したい。
ミュージックは止まらない。
記憶は決して終わらない。
ずっとずっと続いていくから。
あなたを求めて笑っていくから。
だから私は信じたいよ。
あなたの力を。あなたの運命を。
心が痛みます。
真実を続けていきます。
走っていきます。
心臓が痛くなりました。
体は全然大丈夫でした。
心臓を鍛えればまだまだ走れそうです。
そんな適当なつぶやきを繰り返すのさ。
伝えたいことが大きい。
何を失ったって、気づけているんだよ。
残るもの、伝説となりクラッカー。
驚かせるくらいのイメージで。
突っ走るだけのシンパシーがあったんだから。
壊れていくだけの威勢の塊。
若く無様・・そういう馬鹿は好きだぜ。
魂の行動に。
なんかさあ。俺は新しい思想を持ちたいわけよ。
人々を幸せな未来に導くような、
そういった思想を持ちたいわけ。
そのために千思万考、万思億考、億思兆考をしていきたいの。
くだらないと笑ってくれていい。
それでも止まらないものはあるからね。
正しさってなんだろう。
壊されてしまった。
人の不幸を喜びたくない。
悲しいけど俺は。
テラワロスなフィールドで生まれ。
感じ方を考えてるなう。
素晴らしい歴史が証明していく。
難しいメロディのままに、
突っ走る笑顔と炎で、
完璧に未来を許されないことを、
ぶっ壊すことで何ができるか。
それが正しいかどうだかなんて正直もう
どっちだっていいんだよ!
何をしても何を繰り返しても変わらないものってあるでしょう?
秘密の元気、そこで鍛えられる生きがいがないというのなら。
戦いに巻き込まれても仕方ない。
そういったことをずっとしてきたんだ、
当たり前だ!
ずっとずっと思い続けてるくせしてさ。
考え続けているんだね。
申しわけないけど、申し分ない記憶に、
また名前をつけたがる人がここにいるよ。
なぜ、思い違うんだろう。
砕け散るんだろう。続けることが明日をつむぐだなんて。
それが仕事だと認識しているから。
ずっとずっと面白いと信じていたから。
何もできなくなってしまったから。
大切な記憶を爆走していったから。
何を手に入れたら幸せになれるだろう。
ずっとずっと越えてきたんだ。
今更何も怖くはないさ。
ずっとずっと記憶していたんだね。
何を失えば喜んでくれる?
僕は僕を捨てたくないから。
僕は意味を越えていきたいから。
その続くメッセージ、
驚くほどのチャンスだよ。
それを言葉にできるか否かって選択肢もあるだろう。
砕け散ることが本能なら、
ぶっ壊れるのも当然だ。
死ぬことですら遺伝子に刻まれた本能なんだ。
お前はこれだけ生きたら死ねっていう
命令に従ってみんな死んでいくんだ。
全てを知ら占めることが不可能だと?
何を笑って過ごせばいいの。
僕は戦いにまぎれて刃物を隠し持つよ。
どうすれば対抗できるの?
ガタガタガタガタうるせーな!
そうやって適当な生きがいを探してた。
理解するのに苦しむほどの。
影響力をなぜなら、力がないから。
置いてけぼりでも続いていく。
申し分ないパワーを破壊のもとに、
ミラクル翻し、天才と共に生きる術を失うほどに。
面倒くさい生き方を繰り返すように。
モンゴリアンチョップだ。
大切な記憶だ。もう素晴らしい天才なのだろう。
たまらなく幸せになれたなら。
ずっとずっと追いかけているんだから仕方ない。
くどいほどのメッセージが必要だ。
何を歌いだすか。何を進歩とするか。
なんかものすごいパワーを感じるんだ。
なぜだろう。少しだけ憂鬱が動いているような。
空っぽの心のままで、突っ走るんだ。
なぜここまで。
どうやったらこんなに面白く生きれるのだろう。
壊れそうなドリームだけが、
いつも僕の目標だったから。
俺は全てを手に入れたよ。
俺は全てを黄金比で、
力強く、そこに立つために。
大きな力を携える為に。
希望を見せつけるために。
この感覚を宝物にするために。
あなたを、突っ走るエネルギーを。
あなたの恋しい痛みに引っ越すために。
希望とは何か。
変わらざる勢いのつまらなさとは何か。
不敵に笑う姿のままで、
疑うままに、楽しい世界そのままに。
俺は積極性を大切にしてきた。
君たちに願う 君たちが願う
分からないけど確かに見たんだ。
僕は確かに見てたんだ。
記憶が壊す、半端ないフィールドだ。
怖くて怖くて仕方ないんだ。
どうしようもなく楽しいんだ。
何を得たんだろう。
何を失ったんだろう。
希望はどこにあるんだろう。
あなたの心はどの辺にあるんだろう。
詩人でありたい。随筆家でありたい。
適当でいい。あなたを壊したい。
あなたを愛したいから。
好きで好きでたまらない。
そうなったら人は何をしたいと思う?
教えてよ罪花。
なぜか面白い方向へと向かう。
なぜ、なぜなんだ。面白さは宇宙みたいだ。
越えていく馬鹿らしさがあるみたいだ。
誇らしくて涙が出てくるね。
なんだかとってもセンチなの。
くたびれてんな。
申し上げにくい痛みで溢れてんな。
ただの人間とは違うんです。
あるいはってのもあるんだろう。
エンドレスエイトがなんだって?
そうやって高きベーカリー
ぶっ殺される程度の知能破壊図
からかわれてんのか やれてんのか
結びついてんのか
訳が分からないのか
それすら分からないのか
痛みを越えて繋がれるシンパシー
驚きを残しつつファンタジックになりたいと
願うことすら拒む世界なら
僕はけりを入れてやるよ。
難しいメロディと共に、
爽やかなリズムで駆け抜けた。
魂、壊しそうなメロディで。
秩序崩壊していくこの可能性。
いつまでもそれを楽しめるほど柔らかくない。
炎のジャスティスだ。
つまり神の落書きだ。
丸めて捨ててしまえ!こんなもん!
最後の最後にはみんなが幸せになれますように。
願いよ、叶いますように。
そんな馬鹿らしいことをつぶやけるほどに、
俺はシンコサイザー 豊かなロマンスで溢れているのさ。
輝くような瞳に映しだされてしまえ。
神すらこの世界では愚かなり。
かなり愚かなり。
ライムスライム死んでしまいそうな、
ロックンロールとアンドジャスティス
魂、ぶっ壊れるほどだ。楽しみたいならこれ幸いだ。
ここにはいない、ここにいちゃいけない。
(# ゚Д゚)ダマレ!!(# ゚Д゚)ダマレ!!だまれー!!
そういった不思議なパワーで満ち溢れているのです。
かもしれないお化け。誰が読むんだよこんなの・・
って思えてしまうほどのパニック★パニック
だから大切にしたいものがある。
だから手に入れたいものがある。
神よ我々をさばきたまえよ。
そうやって少しずつ挑戦してきたんだ。
のめりこむ宇宙、迸る伝説なのか。
風を感じてまだまだ飛び立つものがあるんだ。
更に世界を広げたいんだ。
俺は生まれ変わる。
何度でも、何度でも蘇生してみせる。
可塑性樹脂のプラスチックだ。
そう何度でも何度でも僕は蘇っていける。
心を手にした気分はどんなだい。
最高の幸せをゲットした感想はどんなだい。
おう神よ。ゴッドイーター
染まっていくのを感じる。
戦いの音色が近づいてくる。
頬染めるワンタッチパス
僕を壊す エネルギーも灼熱のうろ覚えで
なんかダサく見えた。
なんかカッコ悪く見えてしまったんだ。
ちょっと声が震えててさ。
じゃあ、一体どうすればいい?
マンネリとしたこの感覚を変えてくれ。
おいそりゃ無理な相談じゃないか?
じゃあ俺に何をしろってんだよ。
つかやめろ。やめなさい。
君たちはまだ真実に近づけていないのだ・・
だからなんだというのだ!
適当なことばかり言いやがって!
この世界中に染まりゆく世界に、
戦いを挑もうとする馬鹿がいてもよろしくってよ。
だからこそってな記憶もあるからね。
未来を壊すのは誰かしら。
だから、それを受け入れられないっつってんだろ。
じゃあ一体どうしろっていうんですか?
我々はもがくだけですよ?
面白さの水平線で、面白がっていくことが、
果たして君たちに可能かな?
おぼろげな月を見ているだけじゃ、
ワンイーゼンみたいになるだけだぜ?
少しだけ暑くてさ。
かまわねえ、踊り尽くすんだ。
たまらないんだ。記憶できないんだ。
全力で引き起こしたいんだ。
それは本気じゃないかもしれない。
僕には辿りつけないかもしれない。
でもそんなことどうでもいい。
無力感と、世紀の大発見っつーメッセージが、
壊れそうでまだまだ届かなくって、
怖くて知りたいことも多すぎて、
仕方ないくらいなんだ。
だから俺はここで生きてんだ。
理想を言うならもっと欲しい。
何が正しいんだっけな。
だから俺は歌いだしたわけよ。
つまるところのゴールデンファイターなわけですね?
かもしれない。やるかもしれない。
面白いことの一言も。言えないかもしれない。
だけど君は頑張るんだろう?
おうともよ!だって俺を待ちわびる
投げ出したらきっとギャルも寂しがる
俺は罪なるスムーズ・クリミナルだからな!
だからエイトビート刻んだんですか?
風となり、答えを探しただけだ。
つまり、どういうことだってばよ!
成立する愛と言う名前の暴力。
くどいくらいのメッセージのあるパスをやり放題。
かまけ放題、壮大な賭けに打って出るぞ!
ならば負けるわけにはいかねえな。カモンカモン!
黙れボケ!とかいっちゃう可能性!
生前の彼はとっても素晴らしい人でした。
大層なメッセージ送ってもいらっしゃらないのに!?
そして朝が来て夜も来た。
何も楽しいことなんてないじゃない!
だとしたらてめえらは何なんだよ。
ゴミみたいに這いつくばるだけさ。
それはとっても素敵だね。面白いくらいだよ。
大切にしたい記憶が暴走している感覚を取り戻しているようで。
沢山メロディを分かち合うためにここにいるんだ。
今更怖がる必要なんかアルカイダ
何を祐天寺、まさにマイッチング町子だぜ。
そういった全てが、僕を包むすべてが、
愛の、勇気をくれる日々でした。
だったらなんだっていうんだ?
悲しいから踊ってんだ。
絶望するから笑ってんだ。
可能性をぶっ壊すほどのエネルギー携えながら??
なぜ君は応答しない。
緻密に練られた計算の、
その上を行く俺の勘だ。
あらゆる記憶を礎にして、
到底ふつうに考えればたどり着けない答えを
俺は導き出すのです。
知りたいことが溢れ出すのです。
夢のボーイスカウト。
逃げ出す俺の甲斐とあとうかいに追悼
逃げ出し叫びだし
刻みだしたレール 悲しいこといっぱいでこまっちんぐ
やる気ありゃー素敵な複雑な愛をプレゼンツ・フォユー
で、デストレード 悲しいくらいのミステリーワールド
絶望するにゃまだ早すぎる。
生きるにはパードゥンパーードゥン
できればなし崩し的恋愛でぶっつけ本番
この気合のまま突っ走りたいじゃない?
でもそれを叶える夢を預けるのは一体誰の味方だよ!
嵐しか言えない つまらない行動パターン
読まれたら死んでしまいそうで怖いな
この飛び出す影響力、複雑な脳の思考回路で
宇宙人たちも踊るほどにレクイエム、
ファットしてふっと思い出して沸騰する
葛藤とがっちがちと
目ロディックライン?俺のセンセーショナル
聴きたまえよ。
いやそれはごめんだね。
ごーめんくださいだね。
君がつまらないせいでほら世界はぶっ壊れていくよ。
私の基本は音楽でございます
サザエでございます
それを何を祐天寺
構わない構わない
砕け散ることだけが誇りじゃない
まさに正しくありたい。
その世界をただ信じたいんだよ。
それは素晴らしいことだな。
大切にしたい未来が暴走するようで嬉しいよ。
何が嬉しいんだか。
結局どこまでいってもお前はお前なんだな。
どこに自分がいるのか分からなくなったのか?
普通に踊りだして、ロックンロールを魂と刻み込む。
爆笑してしまうほどのエネルギーだ。
ここに存在してしまうほどの。
存在を許されてしまうほどのエナジーだ。
環境感極まれり。
さっきから殺菌してる葛根湯かっこんと飲んでる
ともあれことなかれ主義
指図するファシズムそして俺の生み出すリズム
とことん豚骨ラーメン 俺のやましい心プレゼンツ
一見無駄に思える天才児だ
神様の落書きなんてどこにあるの
再び勝ち取りたい俺の栄光の証
黙れボーイズ スタイリッシュこそ生きる育む
俺の糸ほぐす過疎
さっきから活気づいた悲鳴が聞こえてくるから
蹴飛ばしてぶっ飛ばして
影響力考慮したい。
そんなナンセンスな疑いも壊したいもんだ。
理解できるってのは恐ろしいもんだ。
怖すぎて嫌なんだ。
辛くても成し遂げられるんだ。
この殺し文句で生きてるんだ。
全力で叩き潰すことが。
テロ以来ニュースにへばりついてる俺がいて。
でも漫画やアニメの世界じゃなくて。
だけど気付けずにいる僕らは
なぜこんなにも。なぜこんなにも。
そういや俺は今日は野球を見ようかな。
徒然草の芯を捉えたいな。
プライスレスしたいな。
何かを感じていたいな。
ずっとずっと申し分ない生き方を。
追随する君の可能性と共に。
理解不能な直球勝負だ。
だからこそ俺今生きてんだ。
それがなくなることはひどく退屈なんだ。
この世界は仕組まれている気がしたあの日。
難しい経験を合わせて、
動かざる意志にもう少しテコの原理を利用して。
辟易とするような闇に飲み込まれる。
あなたの話に思考を合わせたくないよ。
そもそも対話による圧力。
可能性を賭けているんだ。
だけど何かが欠けているんだ。
そりゃー大変だ。今すぐなんとかしなくちゃね。
騙され放題 疑い放題
てめえに嫌われることは蚊ほども痛くねーよ
そんな疑い深い心、
何かを伝えようとしている気がしてる。
なんらかのメッセージ、
果たしてこの掌の歪な曲線は
なんらかの生まれてきた意味たりうるのか
奇跡のメッセージさ。
真っ暗闇で、一人ぼっちで、震えてる僕がいた。
ドア叩く音がして、気づいたら君がいた。
俺がどうできるかだろう。
無駄な戯言言ってる暇はねえ。
驚かすほど、天才的なほど、笑っていたのはあなたでしょう?
俺は常に願い続けるぞ。
科学技術の発展の世界へ。
この距離が物を言うなら。
沢山のメロディに加えたいと思ってしまった。
あなたを、あなたが、あなたへ
つまらないことばっかりだ。
じゃあ何か行動したらどうなんだ。
何も生まれないなんてそんなのはうそだ。
外と中は何が違う。
外とこの世界と、
妥協点を探るのか?
馬鹿にするために勢い任せに、
ついていくために。
理解を遠く、殺す度胸の力だ。
なぜ我々は意味を越えていくのか。
くだらねえ。本当にくだらねえんだよ。
知ろうとすれば知ろうとするほど、
おかしな答えが生まれてくる。
俺は、この世界は少し変だぞ。
果たしておかしいのは俺なのかこの世界なのか。
どちらにせよ俺は書き続けるべきなんだよ。
矛盾、違和感、全てのメッキのはがれ目に、
着目して観察して見抜くんだ。
本物を。この正体を。
だから戦うのか。
意味なく抗うのか。
からかわれてる気がした。
あの日の君に僕を見せたい。
黙っているばかりのエブリバディ。
何を求めりゃ幸せになれるというのか。
構わねえ、踊る必要もねえ?
価値ある快感 さらけ出す迸るエネルギー。
たたき上げる。強くなくていいよ。幸せならそれでいい。
そうして、僕は教会で嘘をついたんだ。
言いたいことが沢山ありすぎて困る。
力強くそこに立つことは、
狂気に溢れたミステリーを壊すようで。
もちろんサラサラなあの髪にも、
黙るほどのエナジー。
それがどうしようもなく楽しい理由だっつったら笑うか?
笑うわ。適当にフォーバック
くだらねえ。お前の言うことにはいつだって
おっ馬鹿にするつもりか?
まあ適当がいいよね。
いや真面目に小細工していった方がいいんじゃね?
っていうかお前アホなんじゃねーの。
将来の家はゴミ屋敷なんじゃねーの。
適当に行きやがってよお。
何にも命賭けてねえ。
ぶっ飛ばされるエネルギー、携えてまだまだ力を発揮?
ぶっ飛んでる方向性がいつだって。
それをたたき上げるイメージわかないっつーんだろ?
それを助ける必要性の問題だよ。
くだらねえ。馬鹿らしい。
そうやって人々を貶してきた。
まあ全力で馬鹿にすることはないさ。
大して力もねえ。思い出す気力もねえ。
その力で、奪い取れや。
精々2か月かけて音楽聞いてろ。
つわものたちが夢のあとだな。
勇者たちは強くなる。
そりゃ悪者いなけりゃ世界が盛り上がらないもの。
戦争したいんだろ、要するに。
何が正義か悪かも分からねえな。
だから俺は俺の正義を貫く?
正義なんてほど曖昧なもんはねーよ。
立場によって正しさなんてのはコロコロ変わっていくもんだ。
そもそも正しさってのは誰が決めるんだよ。
ぶつかり合う。
ともあれ、歌いあう。
無駄口だって叩くさ。
イメージレスポンス、地上戦で王道。
この道突き進むメッセージ。
驚かせる笑わせる勢いの良さだ。
じわりじわりと広がっていく。
スーパーゴールだって見てしまうのだから。
負けると分かってる戦い。
どうあがいても取り戻せない距離。
あなたを、あなたを、あなたを、あなたを。
無駄に頑張ってる叫び。
なんかよくわかんない声に包まれて、
引越ししそうなイメージの中で、
なんとかしてやる気を考慮し、
次の段階まで飛び出させようとする。
それを君は笑って、嬉しそうに話したね。
時間を求めてさまよう生きがいを、僕は絶対に忘れないからさ。
だからもう負けないんだ。
なんか嫌なことでも思い出してたような。
そんな気分の悪さがまだ漂っていた。
なんとなく希望が失われているような。
地味に頑張ってる自分がいて、
ことことできたメニーアフライドな生き方だ。
黙る黙り 噛むカムチャッカのガム
蒼白く甘い夜 そして繰り返される痛みはナイーヴ
全滅豊かに放り投げる 全員で作り出す未来
影響力の偉大さ、空間のミラクル性
疑うことすら知らねえ 踊り狂う歯心であれ
絶滅寸前のっけから 再び笑う日までもがく!
そこには新しいメロディと美しき音楽と涙の落ちる音。
魅力的をアンチテーゼにしてぶっ壊す。
時計なんざもういらねえ。
伝える葉隠侍 君を許したい
楽々到着 当番銀行
強盗しちゃうほどメロディカル
自殺しちゃうほどハートフル
情熱的なビビリアン
勇気をもって突き上げん
てめえらの欲求にゃはまらん
たまらん変わらん さわらん
からかわん 疑わん
あーーーーーーー
分かったよ、だからこれをこうしてこうすれば
よろしいんでしょう?ぶっ飛んだエナジー
論理も理論も飛躍する俺のらいらいワールドは
いつも連想力が異常
異常気象今日だって昨日以上
だって仕方がないじゃない。
伝える術もなくなくなくもないじゃない。
つまらなく?踊るファンタジスタですか!
ハロービッグマム てめえらに食わせるタンメンはソーセージ
いつか地球に関節技かけてギブアップさせてやる
広がる宇宙繋がる目と目、
理解を越えてまだまだ飛び跳ねるは
純粋無垢ゆえタチの悪い、
悪逆非道にございます。
しかしなぜ俺はここまで
文章を書いているのか。
思い起こせばパソコンを持ってない時期から、
ずっとノートとペンを手に日記を書き続けてた。
なんらかの衝動があるんだよ。やっぱりね。
遺伝子の命令か神の望みか
あるいは俺のただの自己満足か。
いずれにせよ俺はハッピーさ
脳を使えれば何も考えるこたねーんだ
楽しけりゃ疑う必要性も皆無なんだ
だからもう少し時間が欲しいんだ
だからもう少したけり狂う余裕が欲しいんだ
理解をその度をこえて 巡りゆく
価値などないとのたまう
美しさのメリーゴーランドだ
面倒くせーから立ち会わない。
精々馴れ合ってろクズ共が。
としか思えない俺たちもまたナイーヴ
知り尽くすことから逃げてるだけの臆病者だ
徒然草と文太の気持ちに万々歳
生まれてこのかたビンビンです。
ところでビンラディン 緻密な計算の果てに何があるのか、
教える気もねえが知る気もねえな
ただ立ち尽くす僕の所業を許してよ
圧巻のトリックショーを見ていってよ
てめえらの価値のない戦いに歯止めをかけてよ
それじゃないとさ。そうでもしないとさ。
僕は僕をやってらんないんだよ。
自分を生かすってどんな気持ち?
まーそんだけ描くことできりゃ気持ちE
かもね かもしれないね
だから何 この気だるさの正体は何
だけど色んな感情があっていいと思うんだよ。
なぜなら言葉は生き物だからね。
生きているんだよ。言葉は。
心が通っているんだよ。分からないのか?
言葉たちのこの叫び声が聞こえないのか?
俺はそれと戯れる
俺もまた生き物だから。
俺もやはり自分で物を考える
一匹の日本人だから。
そしてレクイエム 捨てられた伝説
君たちの未来すら包み込む
I'm finek,thank you and you?
I fuck 年中無休で続ける飽くなき探求。
まあ戻りますは。
専門家ですわこちとら随筆の。
そろそろ怒り狂ってもいいんじゃないですか。
俺は究極へと突き進む一匹のアリだ
嵐の海に立ち向かう一匹のアリが、
この海をひっくり返すんだ
素晴らしい物語だとは思わんかねハッハッハ
ただそのアリ、ちょっとだけ頭がおかしいのです
情けは人の為ならず 俺の為にはなる
だからてめえに伝えたい ほったいもいじんなベイビ~♪
メイビ~♪できるなら俺の最高のテンキ~天気もよくて
つかキーボードのテンキー全然使ってねえ
そんなワロス そんなヴァイラス撒き散らすスタイラス
の上で誰かが待ちきれず歌いだす
韻を踏む。傷を広げる。魂のぶっ壊し方次第では
ボインに直すとどうなるかなんつーのは
HIPHOPでは大原則 てめえらのクソみたいな
ラップにゃ毛も生えねえし なんでもいいから
勃発選挙 太平洋で死にました
つづられるナイーブ お前らの伝説
もっともっと開け開け
もっともっと輝け未来を見せろ
乗ってきたなら続きを見せてくれ
俺に聞かせてくれ 島の歌声
破裂するように泣き叫ぶ日本列島
そして歌いだすジパング つまり黄金の国
何をしてきた?何をされてきた?
日本語すら怪しい総理の美しい国作り
その正体は他国への金のばらまき いわゆるATM
くだらねえ 魂はぶっ壊れ
感覚で試される大地
美しいミラクル てめーにゃ理解されたくもねーよ
そうだ そういうことなんだ
適当なことばっか言いやがって。
それってとっても素敵なことじゃない?
ああ、拍手喝采 一億総ブーイング社会
風風背中を押してよ
つって儲かり始めるの 疑い破裂しだすの
適当に愛してみたら人生変わりました
うざったいナイーヴ てめーらの雑魚助
もなちゃも楽しいけど楽しい人いないとつまんないな
日記は残るからいいよなあ。
大体間違ってんだよ。
俺は理想が狂っていらっしゃる。
大層なミュージック奏でていらっしゃる。
疑い晴れない晴れそうにない
そもそも俺はスカイプする暇もねーんだ
自分磨きに必死になっている俺がここにいるとして、
君は何をどうやって巣食ってくれるんだい
体育倉庫で投げ込むラファエル
ラフランス味のガム あるいは歯磨き粉
おいしいものが体の為になるとは限らない
まあなんにしてもやりすぎは毒
毒島みたいな感じ
だから分かったならわかっとけ
辛くても我慢して逃げ込め その足で逃げまくれ
それができねーやつぁ 全力でつぶす
どんどん人が死んでいっても何も思いませんように
なんてなんかちょっとだけ反抗的な
こんなかわいい僕ちゃんですら
成長の兆しみえないようなこんな赤ちゃんですら
韻を踏む 民を踏む 民の意見を踏みまくる
くたばる寸前 痛みを跳ね飛ばして、
今日もまたヘイトスピーチのヘイトスピーチを。
嫌いの嫌いは好きなんですか先生。
訳が分かりません。
特に、頑張らないために頑張るという
日本人の矛盾した行動が先生理解できません
心はすでにえたヒニン
ええもう俺は人間卒業しましたから
宇宙人?未来人あるいは超能力者かしら
どうでもいいから叩き出したい新記録
教え込みたい鼓動が存在 怖くなって記憶すら消去
学べない宇宙人嫌い。嫌い。嫌い。
予言しておくけど、俺の寿命が来る前にこの世界は滅ぶよ。
少なくともぶっ壊れる。
そういう意気込みでやりたいね。
俺がどこまでできるか試したいんだ。
寿命っつったけど俺の寿命長いからね?
色んな科学技術の発達もプラスアルファされて、
まだまだ強い戦いが待ち受けている。
ぼきぼき鳴らす背骨。
風流な肩書はこの際いらんのだ。
ノックアウトの闇に消えていくだけだ。
大切な物を失っているようで怖かったんだね。
楽しみにしてたぜ!
俺は盛り上がってきた!
だがしかし落ち着いてばっかもいらんない。
適当なバイブじゃ満足できない。
はまりこむ たまりこむ そしてメッセージ驚かせる。
くどいほど工藤いファンタジーだ。
心からコロコロ変わっていく魂の羅列だ。
記憶が俺を馬鹿にしているんだ。
理解不能な天才 孤児
ロックンロールで痛めつけたい!
悲しみのネンドロイド、
全ては繋がっていくのです。
今日は無理でしょう。
明日も無理でしょう。
大層な無力感。
感じる痛みと挫折感。
ミラクルなお引越しだぜ。
ばかばかしいほど踊れる空間だ。
理解力が問われてる気がする。
絶望と共に歩くからね。
用事が何もなければできればやりたい。
楽しいことだらけで、大きな未来が開けてくる。
随一のパックンマックン
だから俺は伝えたいわけよ。
変わらない行動、司法の合法。
伝えまくるセンセーショナル。
戦いの幕開けだ。
ロックンロールなマイハニーだ。
大切な何かが奪われる時、
今だって僕だって怖いんだ。
なけなしファンタジスタ。
記憶が理解できる問いだ。
ずっと感覚で美しく、
ロマンチックに儚く散っていくのか。
カンタービレ、大きく願った幸せの形への
近づき、大好き、間違い、からかい方だ。
もう関係ねーから。
お前の席ねーから。
これが壊せるかどうかって、
結構大事だと思うんだよね。俺は。
何を考えていたんだろう。
何を省略してきたんだろう。
彼らは一体誰なんだろう。
俺が求めている姿ってなんだろう。
俺を意固地な馬鹿野郎と思ってくれてちゃ困るぜ。
全部でたらめでも俺は探し続けてんだ。
理解を越えた場所に、更なる展開力をキミに。
だから美しい。だから葉隠
嬉しそうに、楽しそうに話す君の面白さが天才的で。
ロックンロールに殺されそうなイメージで。
伝えることもなく、病弱で手負いの
沢山のメリーゴーランド、
必要性の問題さ。
理解できること、分かるよそれ辛いな。
だけど問題ねえ。
沢山のビジネスチャンス転がっていらっしゃる。
儲けても設けてもまだ足りない。
何が足りないっていうんだろおおおおおお
うぉう いえいえいえいえい
ふざけた 僕のシューター
ブラックロックシューターだ
驚きましたか おののきましたか
おののきよつぎのかわいさに気づきましたか
ロックンロールに殺されましたか
大層 海藻 埋蔵金狙って
飛び込むジャグジー 君たちのポリシー
超楽しい世界へついておいで!
理解不能なジャスティス、まだ葉隠だ。
黙るほどスットンキョー
導く俺たちの理想郷だ。
大切な記憶が暴走しちゃってる現在は、
ホトトギス、ユートピア生み出す金の亡者だ。
馬鹿にされて歯がゆい。
この戦いにおいて、我々こそが最強だ。
そうやって人々は鍛えてきたんだ。
ちょっとは控えてくれよ、ニッポン!
無理難題をなんとかするのは無理なんだい
闘うニッポン クラッシュする炎上する
パイロット、適当な物言いの
この歌声に生きている。
楽しくて仕方ない。
魅力的なアンチテーゼだ。
侮辱されても愉快に崩壊。
キモが大事だね。
キモイのも大事だね。
嬉しくなってしまう。
思わず顔が綻ぶのはなぜ。
魅力的なファイティングポーズ。
嫌われてもまだ捨てきれない。
自分の心の闇、遠く遠い未来へと、
ぶっ壊す勢いでもがくキミを抱きしめたい。
これが大切な思い続けてる。
それを乱すほどのエネルギーが分かる。
沢山の未来を影響力と考慮して、
伝説はクラッシュして、
天才的な勢いのまま突っ走るのさ。
その大切さが、大きな大きな勢いが。
まるで死んだように生きている。
だけど僕の心はいつまでも
この文章の中で生き続ける。
なぜかすごく覚えている。
とてつもない生きがいを、クラッシュ炎上してしまいそうな
歪な炎を、僕は忘れることができんのです。
言葉にしなきゃ、壊れてしまう思いがあるんです。
辛くて辛くてたまらなくても、
言葉にすれば全て消え失せてくれるんです。
大したことじゃないんです。
大したことでは決してないんです。
ちょっとした心の具合なんですよ。
俺みたいな人材が日本には必要なんですよ。
酒に酔わなくても自分に酔ってる。
ふざけた魂、明くる日の天気予報にまで。
キミを抱きしめたい。
あらゆる引き起こされるエネルギー、
君を呼び起こす。
嬉しいニュースに飛び込むように、
快楽の海を泳ぐように、
あなたを満たしたかった。そばにいたかった。分かりたかった。
秩序、崩壊、俺と言うリズムの秩序だ。
悲しくなっても俺は非現実的な夢を見る。
そうさいつだって終わらない物語があるんだ。
俺は試されているんだ。
この世界の設計者に。
どこまでできるのかってのを。
いずれひっくり返してやる。
俺の思想は世界をガラリと変えるエネルギーを
携えている。いずれ誰もが分かる日が来るさ。
俺は科学者じゃない。スポーツ選手じゃない。
芸能人じゃない。だけど随筆家だ。
言葉でこの世界を、
いや正確には自分の心を表現し続ける。
これに何の意味があるのか。
自己満足と言ってしまえばそれまでだが、
他人と自分の心ってのは繋がってる。
俺は新しい道を切り開く。
体で覚える。
秩序が崩壊するように。
HIPHOPの象徴だ。
壊れるのは誰なのか。
歪に固まった俺と言う液体だ。
だから俺は決心したんだよ。
ほう、それは随分なこったな。
適当さ加減も憂鬱なほど素晴らしいのさ。
結局何を得ればいいのか分からなくなってしまった。
この沢山のエネルギーで、
どこまでいけるだろう。どこまでやれるだろうか。
楽しさ、こぼれるほどのダンス。
追憶してほしい。
未来を壊さないでほしい。
大切な何かを守ろうとしたんだ。
適当に生きるというのは。
あなたを権利を主張するのは。
それでも止まらない。止まらない表現だ。
それでもまだだ。音楽でも絵でもない。
俺がたどり着いたのは言葉だった。
国によって言葉は違う。
それほどに限定的な表現手段だ。
だが、最も、いいか、最も表現しやすいのは言葉だ。
レクイエム、君たちにやってくる。
転がる岩、君に明日が来る。
情報量が一番少ない。
動画でも絵でも音楽でも漫画でもない。
そこには文字、ゆがんだ線の羅列。
だが古代、ずっとずっと研究されていくだろう
俺の日記は、
ともあれ爆笑もんなんだ。
そこには答えが記されているからだ。
真実が記入されているからだ。
だけど伝説は、俺がいつまでも作り出したい。
何も逃げる必要などない。
壊されて、作って、また壊されて。
大丈夫。何度でも、何度でも守ってみせる。
君を守りたい。
僕の心はふわふわ漂っているよ。
あなたは一体どこにいるの。
楽しさの限界とはどこなの。
あなたを取り込む。
永遠を愛するように、
壊されるように。
そんな儚い世界を望むしかない。
ずっと書いてきた。これからも書いていくだろう。
俺が生み出すものは果てしないだろう。
ただ、少し金が必要だ。
時間が必要なんだ。
寿命をのばしたい。
科学技術、頑張れよ。
あとちょっとでたどり着けるんだ。
ちょっとっつっても数百年数万年の問題だが。
意志は受け継がれるという。
あなたたちは終わらない痛みを越えていく。
壊されるミュージック、そのままに、
追悼歴史のアウェイホームも関係ない感じで、
沢山のメロディに乗せてただ歌う。
軽やかに踊るように、俺は表現し続ける。
あなたを怖し、更に天才的に。
そのチャンスはやってくる。
俺には一つだけ試したいことがあるんだ。
極度の幸福状態になった時、
頭痛がすることに気付いた。
これは脳細胞の覚醒なのではないか。
あるいはまだ成長できるのではないか。
俺はここに賭けてみようと思ったんだ。
俺の場合少し普通の人間と違う。
仕組みが違うんだ。記憶の。
あらゆる体の変化は、
俺にとって物凄く大きな意味を持つんだ。
常人よりも、遥かに。
俺はただそのゴールを目指すよ。
まあ、その試したいことがたとえ意味のないものでも、
極度の幸福ってのは楽しいもんだ。
言っとくけど俺は麻薬とかやってないからね。
俺は自分の力で幸福を手に入れてんだ。
力強く、まだまだ力強く。
風をぶっ飛ばす、破壊兵器になっていく。
それを伝えた時点で始まっていたんだ。
記憶は確かに俺を呼んでいた。
ああ、なぜだろう少しだけ窮屈な退屈な思いは。
歴史に名を残すだけでこんなに苦労するものなのか。
それはあんたらの責任じゃないのか?
あらゆる細胞が覚醒すれば、
俺はやっと人類の進化バージョンになれるだろう。
グレードアップだ。
栄光にまた一歩近づける。
俺の目標はバタバタ走るバタコさんだけじゃない。
彼女も目標だが、俺の目標は輝くあの栄光だからだ。
僕だけがつかむトロフィーがあるんだ。
特別じゃないその手を特別と名付けるための光だ。
随分な世界に置いてけぼりにされた。
俺は何を願えばいい。
俺は何を信じればいい。
時に人はまぎれて、壊すエネルギーを壊して、
全力で立ち向かうその日は必ずやってくるから。
いつからだろう。
失うことを恐れてしまった。
なぜだろう。
少しだけ究極な。
どこまで文章を書いていられるかな。
何を信じればいいのかな。
僕にはもう、分からなくてさ。
でも心は受け取っているんだよ。
大切な何かが声をあげて邪魔しているんだよ。
大切な記憶もいつまでもそのままなら。
再び笑う日までもがくんだ。
大切な記憶と共に、笑い出すんだ。
誕生日、壊れそうな夢は
見事に砕けてしまった。
俺は何を祈ればいい。
何もしたくない。
でも何かをしなくちゃいけない。
せめて文章を書くよ。
次々と、編み出す言葉を繋げて、
なんとかして表現し続けるよ。
この誇りだけが、俺の俺である証拠なの。
証明なの。ここに俺あり。
ここにらいらいありだ。
大切な記憶はいつだって半音下がりで、
でも伝えたい声はいつだって。
あなたを壊すようなエネルギーだと思う。
ドナルドダック、
どれほど素晴らしい絵でも、
どれほど楽しい世界でも、
記憶なんてできるわけがない。
力強く立っていることしかできない。
失うことを怖がっているのかい。
ダンスチューンに結び付く。
エネルギーは携えるようにして。
あなたを救いにいきます。
戦いはすでに始まっているのです。
記憶、ほーほけきょ、
ミラクル、リップクリーム。
やがて希望はわが物に。
畜生の道突き進む。
文明はリチャード マイ博士。
踊り狂うメッセージと共に、レスポンスワールドは
近づいていく。行動で進歩されていく秩序は、
あなたの声を聴けば聞くほど分かってくる。
壊れていくダンスチューン。
理解できるなら魂をぶっ壊そうか。
楽しさ、エンジョイする天気予報。
この戦いが幕あけた瞬間から、
ほら僕ら気づいてたはずだ。
勢い、まっすぐな瞳。
プライスレス、驚かすほどのエナジー。
君たちの影響力を考慮して、
π二乗して出した公式。
魂のリクエストだ。面白いサプライズだ。
健康的にいきたいよね。
そんなこと誰でも思ってるよね。
続くメッセージ、行動に表れているよね。
無性に問答無用。
切なくファイティング。
窮屈な生き方が俺にゃよく似合う。
果てしなくロングリングロングランドだから。
からっからーな世界?ユートピア?
未来絵図を引き起こす感覚を。
手に取るように分かるぜ。
ビーバップハイスクールだぜ。
ノックアウトステージにおいて、
大層なメッセージ、
壊れそうな戦いだ。
ここに戦う場所があるというのなら。
誰かに頼るというのも悪くはないな。
だからいいんだよ。適当こそ最高なんだよ。
風風背中を押してよ!
九十九里浜、置いてけぼりなワンダーランド。
記憶していたがために、
理解度が得意になってしまったが為に。
たまらなく、たまらない。
固まらない。定まらない。
駆け抜けろ遺伝子。
ミラクルを引き起こす為に、
今全てが繋がっている気がする。
歴史を壊してまで、大切な未来を踏みにじってまで、
君には手に入れたいものがあったんだろう?
それは間違いなく実現したじゃないか(笑)
何かを試したい。勇気を切り開くとき、
いつでも俺たちが邪魔をするのであれば、
闘い続ける勇気だって必要だろう。
身についた差し出がましいうっとうしい
勢いのまんま、適当な拒否リズム、理解度が越えていけるように。
視界を曇らすファンタジー。
絶対的な存在ができました。
あなたに届ける夢の歌声。
ずっとずっと遠い場所から得られた幸福。
あなたは文系で生きてきた。
そうやって生きていくことに、
適当さが求められる。
可能性をはぐくむ歌声だ。
大切な記憶と共に、理解できれば最高なんだ。
大切な記憶が暴走するようなんだ。
理解度を越えて文章力をアップさせる。
大切ならば怖がる必要なんてないんだ。
理解する。戸惑い、移ろい、
記憶が行き過ぎる。
飛び出す幸福、
一発の呪いはかましだす影響力。
魂は求めてる。
破壊とそのジェットコースター。
理解をした途端、幅は狭くなっていく。
あなたのような人間になりたかった。
すごくすごく羨ましい。
俺をうらやむ森羅万象。
そりゃそうだろう。
俺は天下一品の逸材だからだ。
可能性をうらめ。正しさを越えていけ。
理解できるなら遠い場所から出会いにいけばいい。
理解できるなら遠い方がいい。
魅力的な世界を置いてけぼりにするのなら、
俺はもちろん許さないさ。
大切な記憶を、大切な未来を、
守るために俺、生まれてきたんだ。
大切な暴走トロッコだ。
沢山、引きちぎられた。
永遠はループしていくようで、少し怖かったけど、
理想のあくる日の。
伝説を苦労と決めつけるような
俺は正直、もうすでにだいぶ来ているぜ。
ざまあねえぜ、疑い晴れる必要もねえ。
正しさってなんだろうね。
君たちは求めているんだろう?
そういう世界をさ。
絶望的なまでに楽しい空間をさ。
だからもがいているんだろう?
これだけ頑張ったなら結構だ。
何もかも、演算していくだけだ。
算数は好きだが数学はダメで嫌いだ。
もうちんぷんかんぷんだからだ。
そうやって、勢い、増していくフォトグラフィー。
だからこそ生きていけるのだろう。
魂のレスポンスワールドだ。
ここにあるまじき。
耐え切れないくらいになっている。
凄まじいパワーが集まっている。
大切な記憶はぶっ壊すために。
あなたを地上からの戦いから、
取り戻すために。
記憶をぶち壊すために。
そうやって生きてきたんだ。
今更怖いことなんてあるかよ。
俺は別の道を選択したんだ。
理解できるならそれは遠くありがたいことなんだ。
呟いてきたことだった。思い出せるか。
大切な記憶。ミュージアムと冒頭にあった失礼な珍文
理解できなくて、ひたすら遠くて、
何か、面白い世界がぶっ壊れる様子を見ているような。
行動の進歩を今感じ取っているような。
味わう炸裂する痛み。
だが全てを越えてみせよう。
俺ならすぐそばに。
なぜ夢の中で言葉を考えられないのだろう。
起きたくても起きれない時は、
夢の中では文章を考えたいのに。
もう明晰夢ではひたすら言葉を考えたい。
だってそれだけが全てだから。
俺の全てだから。
だから考えたい。
起きてる時も、寝てる時ですらも考え続けたい。
新しいフィールド。新しい世界。
ニューワールドを、歴史を、食い止める俺のあほらしさを。
疑う。理解する。
越えていけ。どんどん越えていけ。
何を手にしたら幸せになれるのかな。
もう少し、試したい場所までもう少しなんだ。
大切なクルージング。思いっきりぶっ飛ばしたい。
記憶はなぜだろう。
もう少し溶けていけたら、どんなに幸せなのだろう。
無茶苦茶な生きがいが、
僕を連れてくる。
イメージできれば大切な勢いとなる。
大切なミラクル、引き起こす絶頂コースター。
忙しくてそれどころじゃないんだ。
期待には応えるしかないだろう。
何もかも、馬鹿にされていても、
ずっとずっとつぶるマブタの裏には。
広がる俺の影響力
事実、俺はエンドロイド。
完成された未来の柱に立っている。
少しだけ呼吸が荒くなる。
もう少しだけ、もう少しだけ幸せになりたくて。
思いっきり、つぶすことを選んだ。
何を求めていたのか。
感覚のままで、食いちぎるディスファクション
サディスディスディスファクション。
考えられるか。思い出せるか、
そして、パリは燃えているか。
風に飛び跳ねるちょうちょ。
俺を虚ろに探すのは誰。
もう少し先へと行きたい。
何を願えばいい。何を信じればいいんだ。
記憶は確かに馬鹿にされたように続いていくようで。
面白い空間は何を意味するだろうか。
風となり吹き飛ぶなら。
あなたを手にするほど幸せになれたなら。
記憶、こんな風に育ってしまった僕だから。
それは色んなランダムで、いろんな効率をあてがいながら。
理論や数式で未来は作れないんだよ。
大切なビコウズ。実力も運のうち。
だってそうだろ、才能が。
枯れ果てるまで、楽しむ自分自身だ。
こんな空間だからこそ笑えるって表現もできんだ。
面白さ、究極、マンネリズムが生み出す次の世界。
東京日本クソみたいな世界に万々歳。
だがしかし待ってほしい。
待って待って待ちくたびれてほしい。
それが得られる幸福の仕業は、どこにあたるのですか。
適当なスクワット、歴史の生きがいだよ。
緻密な生き方が僕を馬鹿にしていく。
だけど俺は願っているのさ。
初対面でいきなりギャグに持っていく僕のスタイル。
いいね、それこそ幸せの源だよ。
償いなさい。思い出しなさい。
お前いくつだよ。っていうギブミーチョコレートが
暴れ出すシンコリズム
飛び出す包丁
虚ろな快感、
理想的な究極ワンダフォーだからこそ。
理解度の問題であり、俺を伝えることは無理難題だとしても。
壊れるほどのドリーマー、いつだの告げるのもあほらしいだの
なんだのって、もう面倒くさいんだって、
追いかけるこおとすら馬鹿らしいんだって、
それをあなたは嬉しそうに話したね。
相棒は真逆のセンスと真逆の趣味を持って、
ありきたりなことを嫌った。なんかそれが羨ましかった。
それを楽しめるか否かって話だろう?
俺は何を考えればいい?
幸せの意味をどう付き合わせればいい?
驚くほど天才的な、記憶にまどろむこの一日でも、
隋隋とやっていくスクラッチ、
音頭に乗って沢山大層なメッセージ、
クラッシュしそうなこの勢いだけが僕の全てだ。
だから面白いこと、天に誓いあげる
砕け散るほどのエネルギー。卵にして
公にしているだけピュアってなもんさ。
叫ぶ俺たちの勢い任せ。
ずっと大きなレスキューだ。
蹂躙していく世界中に
伝える俺のマンネリズム?
越えていくディスファクション
行動でシンパシー、感じる俺のエクスタシー。
ざまあみろ突き上げるメッセージと共に、
価値ある伝説がまた一つ。