ああ歪な塊だ。
というわけで今日も始まりましたね。
っていうかちょっと休止しそう。
レベルがあがるまで放置しそう。
たまらなくたまらない。勉強するには欠かせない。
驚きは隠せない。
無駄に頑張る俺たちがここにいたんだ。
無理やりにでも伝えるべきだろう。
俺は自分の頭を使って考える。
そうやってノセラレル。利用してねじ伏せるだけ。
そういったシンパシー。心からの新橋ー。
無駄口叩くのが俺の常。
やばいくらい楽しいのが俺の常。
ここが最大限に生きていく理由だ。
ここに歴史を繰り返させるのが俺の仕事だ。
大好きだから続けられる。
僕にはもうわかんないっすよ・・
何がなんだか・・
分からないどうだっていうの?
構ってよかなりかなり声あげて
ダイゴさんの大誤算にもめげずに
羽ばたく俺まるでエンジェル
少しだけコメを煎じる
楽しさがエンドレスで歌い上げる。
この空間は誰も立ち寄れねえ。
そういった世界なんだ。
大きな痛みを越えていくのかな。
これが俺のディスファクション。
理解できぬ力添えか。
だけど俺はプリティーウーマンの
ケツおっかけて転んでドブに入り
まるでNHKにようこその佐藤くん
岬ちゃんまだ俺の家来てくれないの
とかなんだとか言ってたらほらもう
こんな時間 適当に食うしかネー
ロックンロールと俺の痛みを
天秤にかけて てんびん座に祈ると
天使が空から舞い降りてきて
俺はロマンスドーンな酒池肉林のヘブンパラダイスへ
ひきこまれまた戻し 腹戻し 払い戻し
腰おろし だけどライムを語るからには
踊り尽くすしかねえ どんといくしかねえ
一瞬のメッセージで壊される。
それはそれは美しかった。
とんでもなくやばかった。
伝説的なくらい、クライシス。
知らないことが多すぎて面白い。
逆に考えたらヤバイヤバイ。
それが素晴らしいからいい加減に千回!
その場限りのノリでいくぜ!
楽しみ放題 食べたい放題
どうしても分かりかねるのですよ。
すごく大きすぎるうねりが、
幸せの鼓動となり鳴り響く。
僕は何度でも手に入れてやる。
私は絶対に。私の夢を叶えさせる。
つかんではすり抜けていく水のような幸せを
あなたは嬉しそうに浴びていた。
たまらなくたまらない世界。
闇も光も全て満たして初めて。
初めて完成する素晴らしさだ。
栄光のトロフィーは近づいているから。
とんでもなく、幸せな気持ちになれるのはなぜ?
ユートピア、炸裂する伝説はどうして?
悲しい世界でもいいや。どうでもいいや。
伝えたい。教えたい。分かりたい。満たしたかった。
なぜなに大百科。
悲しくも悲しい悲しい でもヒステリー なヒストリー。
輝けると受け取れるかい?
真実を知り尽くすことができるかい?
問答無用で伝説を繰り返したい。
もてあそびたい。もっと遊びたい。
つづられる声にはいつも叫びが木霊していた。
痛みも苦しみも悲しみも、全部受け入れられたら。
その声に負けそうになっても、
必然左右。このミュージックの中にある、
唐突に永遠がループしていく。
つまり永久だ。
つまりエンドレスだ。
その形だけでも分かりたかった。
まるでメビウスの輪のようだ。
蠢く魂の劣悪条件。
メビウスの輪のように延々と続くんだ。
魂のレスポンスワールドだ。
カセットテープで遊んだなあ。
ラジカセには粘土を入れて遊んだなあ。
楽しいことだらけで、本当に不都合なことだらけで。
だけど僕は全部知っているんだよ。
僕は全てがどうなっていくか分かるんだよ。
難しさ、エンドレスな日々。
構わねえ。踊れば構わねえ。
叩き出す新記録だ。
重ねるライフアルバムが。
痛ましい記憶を掃除するように。
一番好きな数字は0です。
何もないからです。
空っぽだからです。
空虚で何もない世界。
なんと美しいことか。
なんと素晴らしいことなんだ。
消えるのは世界じゃなくて存在さ。
分かってる。知ってる。
そのつもりだ。俺は悲しい生き方を繰り返してる。
だけどそれでも、記憶は確かに引き継がれてる。
未来の自分と話してる。今会話してる。
神様でもない。仏様でもない。だけど未来の自分と話したい。
一瞬前の自分と話したい。
アノコロの僕と話したい。
あなたは今どんな気持ちですか。
色んな所に自我がたまって、
全てを覚え、そして忘れていく。
さあ、勝ち残れる気がする。
ここに大々的な未来を、予想できる気がする。
それが素晴らしすぎるんだ。
くどいほど伝説的なメッセージなのか。
置いてけぼりろりん 歌声で蹴飛ばして。
だったら俺はやってやるよ。
ふざけてやるよ。
思いっきりぶっ飛ばしてみせるよ。
行動の美学で対抗してみせるよ。
いらないいらない世界をちょうちょのように。
伝説のヒーローになるのです。
驚かせるために生まれてきたのです。
爪の垢を煎じて飲みたい
歴史を塗り替えたい
君たちに教えたい芸術がある。
無限の味はどんな感じだい。
無の味はどんなだい
悲しくても生きてるんだ。
妨げになる嘘も必要ねえ。
のだめカンタービレ。
ざまあみろとしか言えないユートピア。
空っぽに器は満たされた。
空気がある。水がある。太陽の光がある。
地球はなんて素敵な惑星なんだ。
悲しいメロディのままで突き進める。
どれだけの炎を絶やせば。
どれだけの命を枯らせば。
いつまでもこもりっきりで伝説作り上げる。
そういや、それもそうだな。
俺はやっとつかみかけたんだ。
どうしても、感動はついてくるもんだ。
俺は一生こうやって音楽聞きながら、
文章書いて過ごすのも悪くはないかもな。
あとはこれを読んでくれる人がいれば、
それだけで嬉しいんだけどな。
まあいいや。大切なことはそれ以外にもあるから。
蠢く魂、黒く濁った心を。
すげえ世界を見たことがある。
魂でラップする優勝者。
悲しみを連続させる。
痛む後頭葉だけど
それが嬉しい。脳にシワ刻まれていく。
悲しくも盛り上がるストーリーだから。
終わりなき旅はあなたにプレゼントすることにするよ。
どんな未来が待っていようとも、それを「希望」と呼ぼう。
やっぱり心は越えられないよ。
俺は自分の感情を抑えきれないのさ。
一言一言にパワーが宿る。
歴史をぶっ壊すエネルギーなのか。
ひとりでやっちゃってもいいんだ。
たまらなく楽しい気持ちになれたなら。
うごめく楽しさが、エンドレスなんだ。
未来を背負って立つなら俺は嬉しくて涙を流すさ。
声がまくしたてるんだ。
更に成長を願って、更なる面白さを知って、
何度も何度も感じるんだ。あなたをあなたを知るんだ。
夢の島へ行くんだ。あなたを置いてけぼりにするんだ。
俺はあなたの明日より自分の夢を選ぶんだ。
分からなくていい。分かろうとすらしなくていい。
君はそこで笑っていてくれたらいい。
世界はそうやってできてんだろ?
誰のものとも言えぬ宝物でこの世界は溢れている。
分かってますよ。理解してますよ。
炎のエンジョイストライクでしょ。
生み出したいものが怖がってるんだよ。
楽しさが限界をこすと頭が痛くなる。
これがいい成長だと俺は思うんですよね。
だってそうでしょう?
美しいその羽に。
女目当ての雑魚共には興味ねえ。
そういった類のものでした。
力強く歩いていけるなら。
炎のジャスティス 逃げ出したい
そして飛び跳ねるキャンペーンさ。
人を怒らせるのが得意です。
闇に放り込めお前のスパイラル。
無茶苦茶な粘着質な歌声だ。
体からほとばしるエネルギーを手にするだけだ。
魂の劣悪条件。
この鼓動の進む先へ。
秘密の間守り人、究極なる愉快さ。
その虚ろになっていく魂さ。
レクイエム伝説すら後を引かぬ。
メロディックラインを整えながらさらに先へ。
思い出すだけでも激痛の走るような、
そんな気高いメッセージと共に告げる黄金の鐘の音色は
まさに島の歌声ラヴ・ソング
死にたい死にたい
嫌わない 俺の世界はこんなもんじゃない
伝わる永遠がプリズムを歌っている
壁となるジャスティス
てめえらの秘密基地
ぶっ壊す俺の力量
壊しても壊したりねえ
そうしたりしなかったりだねえ
そのワンダーランドに
連れてってくれよ。
俺もお願いだよ。
ストライダム希望の炎だよ。
そこらへんの雑魚とはわけが違う。
楽しい時間が続くはずだ。
俺は間違ってない。こんな感情は未だかつてない。
だって楽しいじゃん。
面白いじゃんか。
そこに嘘はないじゃんか。
そして間もなく、恋に落ちる。
果てしなさが絶世だ。
たまらなくたまらないヒステリックなヒストリーだ。
魂の条件を持ち上げたんだ。
楽しいこと、思い出せるだけ思い出して、
音楽に包まれれば、こんなに楽しいことはない。
こんなに嬉しいことはないんだよ。
僕は君のことが好きだよ。
だから思うんだ。大切な理解者。
ジュエル、驚いたか。
ミラクル、引っ越しツアーはいかがかな。
どうしてこんなことを考えられるのかな?
退屈なほど幸せに過ごしたいんだ。
君の顔みたいだけなんだ
君のそばにいたいだけなんだ
優しくして優しくされたい。
愛が血管を流れていくよ。
怒りおさまらずどこまでも突き抜けるように
幅を利かせた連中すぐに飛び出した
何語でもいいから次の未来を開拓。
言葉で開拓。快活クラブだバルトクラブだキラークラブだ
きらきら輝くための炎だカッケーぞ
魂レボリューションだ これを見よがしに、
理解できる範囲で行われる不思議なサイケ光線
無茶苦茶な生き方、戸惑う中でも閃く頭。
誰にきこうが大したことじゃない。
無駄口叩くのは趣味です
無駄なことするのが大好きです
ギャグで滑るのが快感です
負けません負けるまでは
たまらなく行動 工房で構造
想像してごらん 未来は嫌い 地雷があれ以来
痛い痛い 気概のなさに地味に期待
むっちゃくっちゃな エンドレスジェットコースター
それを斬るとどうなる?
カセットテープが生み出すジャック・バウアー
期待したところで何も生み出せない
一円にもなりゃしない適当な
理解できる範囲の動きを捉えろ
大丈夫だ、問題ない。
壁となる器は問題ありすぎな結構ショックな物語だけだろう!
宇宙人に用はねえが 宇宙の全ては少し興味ある
てめーらに分かるわけねー
この小さな細胞が俺の全て君の全てだったんだ
記憶はいつだって半音下がりで
結びついていく 嫌われていく 壊されていく
また新たな発見 ライクバージン
魂のレスポンス うざったい動きでケセラセラ
困った時にはいつでも頼りなマイルドセブン
闘う戦士でありたい
逃げたくない悲しみたくない
悲しませたくない
優しくして優しくされたい
やっと手に入れたんだ。
怖がることなんてないよ。
そうだ、それは間違いじゃない。
その答えは正解じゃないかもしれない。
だけど俺は首を縦に振るよ。
それでも僕は声を高らかに、
つぶやくよ。祈りを込めて、さらに旅立てるように、
思いっきり叫ぶよ。あなたの名前を。
どこまでいけるかな。どこまでもいきたいんだ。
力強く立っていた。
どうにでもできるならそれがいい。
それをできるかできないかってことだろう。
無茶苦茶にフィーバーしてる感覚だ。
動き続けてる未来を侮辱してきた。
くだらないけど面白いと思ったんだ。
それは事実さ。それは紛れもなく、本当さ。
このままくだらないままでいい。
だからママ、僕を叱らないでね
つまらないままでくだらないままで
そのままで虚ろに君をみゆ。
どこまでもいけるさ。もう何も怖くねえんだ。
何を手にすれば喜んでくれる。
何を失えば悲しんでくれる。
怖がっているんだ。逃げ出したいんだ。
この虚無からの脱却。
この世界の製作者に文句を言いにいこう。
いわゆる神との喧嘩だ。
無駄口をたたくな。
歴史のたまらない戦いだ。
ずっとライムで繰り返してきた。
らいらいの不思議な体感速度だ。
無茶苦茶な生き方だけが俺の全てだ。
理解者たちだけに残る秘密の部屋まるでハリーポッターだ。
かつてないフィーバースタイル うごめく俺たちの動き。
死んで悲しめるような人間でもねえし、
新たなる発見をするために努力を尽くしにいきましょう。
悲しげなスマイル 君ってグラマラス 似合ってるよスマイル
磨いたハートのプロポーション
今意味を失った。
言葉も失った。
そういった瞬間が確かに俺に幾度も訪れてる。
輝きを求めてさらに放ってる光がある。
無茶苦茶なようだが事実、
俺は成長を続けてんだ。
理想郷求め動き出してるんだ。
たまらなくたまらないフィールドだ。
何度も繰り返すのは飽きがこない喜びだからだ。
同じことを何度も何度も
繰り返す僕のあほらしさ、
その中で真実を見つけるスタイルの
僕にとっては、哲学について、
考える時間を必要とした。
願える可能性。
彼らは何を見てきたのか。
ずっとずっとずっとずっと思い出していたんだ。
希望が見えていたんだね。
期待値をあげていくよりも、
秘密の本性をさらけ出すことよりも、
つまらないジョークを面白くすることよりも。
形だけで終わらないんだよ。
文化って奴がなんなのか教えてやるよ。
少しだけ少しずつ 終わりに近づいていくのはやだ。
この世界の全ての歴史は君の人生の為の序章だったんだ。
そんなに楽しそうなメロディで
「声にならない声を聞かせてよ」って言われてもさあ。
そんな簡単に出てくるもんじゃないだろ。
表現できない感情ってのはドロドロと胸の奥にたまっていく。
仕方ないんだ。色ボケしたスタイルだ。
見たこともない生き方だ。
神の落書きだ。
まさにしつこいスタイリッシュだ。
疑わしきを得る。
コンクリートのジャングルで包まれる。
もっとちゃんとしてよ!
しっかりしていれば無問題です。
あなたの意味が分かりません。
秩序の崩壊とリズムはあなたに会いに行くために。
時が重なり伝説は苦労されていく。
感じ方が違うなら仕方ないのかもしれない。
僕は少なくともあなたには負けませんよ。
色んな意味でね。ただついてくるのが大変かもね。
もしあなたが、本当に素晴らしくて、
常識にとらわれず、ありきたりなことを嫌うなら、
俺のハイテンションに染まることもできたでしょう。
だけどそれは難しいのです。
ある意味素晴らしい才能が必要なのです。
人生を楽しむために何をすればいい。
実を話すと面白い世界と言うのは。
クズみたいなゴミみたいな秩序も崩壊。
ボロ家で回送列車。
少しは良い想いをしたい。
少しは大好きな人と一緒にいたい。
心はいつでもそばにいるよ。
っていうかもっとあなたを喜ばせたかった。満たしたかった。
染まっていく心。灰色に濡れる雨。
飛び込む自画像に、更に追憶はまくし立てる。
何が荒波を立てているのか。
必要性の問題だ。ついていくのに、僕はもう疲れたよ。
一番危険なのは何か。
自分のことくらい信じろよ。
誰かに頼りっぱなしってのが一番危険なんだよ。
他人にとってお前なんかゴミみたいな存在なんだから。
生きていくためにはなぜ。
プレゼントの中の冒険のようなたくましい物語。
涙は見せない。強く生きなきゃ。男の子だもんね。
なぜこんなに悲しいの?
こんなに苦しいの?
痛みすら受け入れた。
悲しみは何度でも訪れる。
だけどそれを乗り越える力を持ち合わせただけだ。
真実を知りたいなら
自分の心を見ろ。
全ての歴史が、全ての遺伝子が、
記憶がその小さな心に全て刻まれてる。
自分を知ることと、世界を知ることは大して変わらないんだよ。
だから学問なんだ。
永遠の課題なんだ。
絶望的に愛したい。
俺は分けの分からない自分が好きだ。
生み出す言葉のランダム性が好きだ。
大抵の人は普通でありたいと願い常識を守り同じであろうとするが、
俺には欠けている部分がそれかもな。
おかげで変な人間になったよ。誰かに言うわけじゃないがありがとう。
難しさが更に取り戻されていく。
壊されるほどのドリーマーなのさ。
ずっとずっと手にしたかった。
ずっとずっと褒められたがった。
実情、秘密を明かしたくなった。
自分との対話、まさに終わりなき旅だね。
君って本当に素晴らしい人間だね。
置いてけぼりにしてしまうなら、
可能性を奪ってしまえるなら。
これを天才と呼ばずしてなんと呼ぶ。
一度全部壊してしまえるんだ。
魂を揺るがすほどの痛みだ。
心から嬉しく思うよ。
俺は文章を使って自分を探ってる。
俺はまだまだ、でかい何かが
自分の心に潜んでる気がしてならねえ。
照らすんだ。心の闇を照らせ。
どんな化け物が出てくるか、
どんな感情が溢れ出すか。
懐中電灯片手に、
妄想膨らむこの心に対峙する。
エベレストに登ってもこんな気持ちにはなれなかっただろうよ。
不思議と怖くないんだ。
何も生み出せない?アホか、俺がいるだけで十分だ。
自分との対話ができりゃー十分とでもいうのか。
まさに神の落書きだ。
まるめて捨ててしまうのさ。
狂ってしまえるピエロのように。
沢山の未来が僕を押しつぶそうとしてる。
うろ覚えで開く未来日記。
感情は美しさと、
壊す魅力と併せ持ち、天才と共に歩いていく。
この言葉が連続する意味のなさが、
拒否されるのも仕方ないんじゃねーの?
それは自分にはないもので、
うらやましくて参るなあ。
本当に刻んできたんだね。
あゆみを進んでいくのさ。
壊す能力が必然性。
てめえの行動は理解に苦しむ。
動きを見て取れるか。
真実以外じゃなんもうまんねえ
形だけにとらわれて、
美しさ、感動的、かなりカナリア。
無力なこの世、俺様が成敗
おいどんが怖がってる事実さ。
何が欲しくて逃げてんだ。
いつまで俺を笑えば気が住むんだ。
そうやって、そうやって、
でもちょっと不思議だよな。
なんか不思議なんだよ。
でも今年の8月15日は何もなかったな。
俺の人生に行き止まりってあるんだろうか。
あったらどうすればいいんですか。
俺には分からないよ。もう何もかも。
知りたくないよ。普遍的な定理。
無茶苦茶に育ちたい。終わりなき螺旋階段を壊して。
ループするなら俺にだってやりたいことはあるさ。
無駄に感じても俺の中には別の魂宿ってンだ。
何人でも幸せにするさ。
誰にでも声をかける?
不思議と今は怖くないんだ。
理想を追いかけてまだ走る。
無駄口叩かれてナンボだろう。
てめえの姉が欲しいんだ馬鹿野郎。
歌声高らかに、宇宙を巧みに笑い飛ばすように。
興味は尽きないね。新たなる理解者になりたい。
完成された美術館だ。
神様の弟なんだよ。
事実上、可能性は寸断された。
俺たちの夢が破れる瞬間だ。
そういったものが、訪れることがあるってことだ。
怖いんだ。理解できることが。
魂の条件を売ってるようだ。
たまらなくたまらないんだ。
無駄に思えるすべてがいとしいんだ。
なぜそんなにも、大切にするのか。
記憶は忘却の彼方から連れてきた。
珍客はあの瞬間訪れたんだ。
俺にとってのベストフレンドであり、
バイブルだ。
自虐的に見えて理解不可能な、
理想郷、ぶっ壊すエネルギーを。
携えるエネルギーを、まだまだ残してるんだ。
砕け散るワロスか?
俺に頂きますって言えるってことだ。
つまりは理想郷さ。
しじみチョコレートだよ。
疑い晴れそうにもねえな。
闘い続けるしか明くる日に次はないな。
自分に何が足りないのか、
ずっとずっと考え続けて、
でもそれって答えじゃないんだ。
俺は本当は知っているんだよ。
全て、分かっているんだよ。
秩序をなんでも崩壊させるリズムだ。
壊す人間は楽しそうに歌う。
ミラクル、引き起こすため日々努力。
全ての歴史が、序章だったなんて、
でもそんな考え方って素敵じゃないか?
まるで世界五分前仮説みたいな。
それを手に入れたらもう戻れないような。
アタックカンタのような。
理想的な器を拾い集めているような。
工藤いメッセージいつまでも鳴りやまない電話。
響く重低音。
悲しい明晰夢。俺は知らねえよ。
じっとしてらんない。
やばやばなストレートダッシュ。
希望が間違いなくやってきてる。
ロマンチックに愛したい。
運が悪かったんだと諦めたい。
捨てた意味も越えていきたい。
だとすれば俺は誰なんだよ。
いつまでも哀れっつってさ。
行動で美学を作れないなら、
ホトトギス。愛をくれよ。
誰にも分からないところで。
それはあらゆる準備段階。
それはせめてもの救い主なのか。
疑い、進歩、憎しみ、新しい感情だ。
申しわけないが今は誰にも負ける気がしない。
大切な記憶はいつだって半音下がりなんだ。
言葉の連鎖はいつだって希望が失われていくんだ。
だけど僕は言葉に命賭けてんだ。
理解不能だろうが、
意味がなかろうが。
お前の価値観に合わせるつもりはねえし、
これ以上踊りたくもねえし、
なんか伝わることがひどく面倒くさいし、
チャンスをビビらせる。しっかりしなさいよ。
そんな響きのままで、
驚かせるようなダンスチューンだ。
見事に燃え盛る火炎なのか。
理解不能のまま突っ走れ。
それだけが愛。それだけが希望だ。
何を求めりゃそこまで到達できるのか。
果てしなく、文字の迷路で迷う。
俺は人生を間違えた覚えはねーぞ。
誰かに迷惑をかけるのは人生仕方ないとしても、
悪意などはないのです。
そもそも正義と悪とはなんだ。
力強くメッセージあり続ける。
悲しみのレスポンスワールドだ。
未知数、鼓動が伝えてくるのは。
あなたを壊すぶっ壊すエネルギーのサイハテ。
ぽろぽろ おもひでポロポロ?
動きたくない。笑っていたい?
無性に思い出してしまうのです。
記憶は嘘をつかないのか。
天才は記憶を馬鹿にしてまだ延長線上
エルニーニョ!
だまらっしゃいなスタイリッシュ。
砕け散るリズムと一緒に葉心衣にくるまれたら最後、
見ちゃったが最後。
生まれてきた。
たった一つの細胞に、全ては記憶されていた。
どれだけ小さい世界だろう。
どこまでも小さい物質が、どこまでも大きなエネルギーを発している。
心に質量はあるのか。
それを取りだしたらどうなるのか。
俺は違う意見。心に質量は無いと思う。
ドーナッツの穴みたいなもんだ。
じゃあ、俺が感知できる、
全てを理想像を、
何を望む?何になりたい?
何をして喜ぶんだ?
憎しみあふれて、
なんかとんでもない生き方を。
理想郷を壊していくような。
余裕をかましていましたところ、
やっぱり結びつかないもんですねー。
驚きましたよ。本当にね。
如月キャッツアイですよ。
まあ問答無用で問題ないない
UVケアなどお構いなしなしやってきましたよ真っ白なビーチ!
逆三ボディに麗しのキミ。素敵なスピーチ!小さなスピード!
私は恋に落ちましたピース!
砕け散るワロスと共に、
歌い上げようぜミステリーワールド。
終わらない物語。
だけどストレートにダッシュ
間違った知識植え付けられる俺のディスコネクション。
ここがやばいんだよ。
辛さで永遠ループしちゃいそうなくらいだ。
楽しさのエンドレスかな。
ロックンロールと共に歩きたい。
誰とも接さず閉じこもっていたい。
でも出たら出たでパワー発揮する
俺のクライシスなクラリスな知恵と知識いわゆる記憶
無茶苦茶なダンス ダンシング
愉快なハーフウェイ
いわゆる金の無駄
だったとしても悲しいリクエスト
楽しみで仕方ないから
今日も笑うよ マイハニー
そして美しさは遠慮がちに
魂の革命 勢い任せ?
突っ走るナイーブな心レベリング
かまわねえかまわねえ 好き勝手やりやがれ
たまらなくたまらないフィールド・お化け
かもしれないだけど
そして論理は少しずつ破綻していく。
メロディと共に屈服していくことを偽善と呼ぶのなら。
果てしないジェットコースターでどこまでも。
果たして俺は誰なのか。
それはなんなのか。
言葉で表現できるだろうか。
ドクタースランプスランプになっちゃって
トランプも分け合うこのジェットコースター
俺は楽しみでたまらないのさ。
たまらなくたまらない気持ちになれるのはなぜだろう。
壊す。エネルギー。出す。どこへ向かう。
一生ずっと勉強するのか?
悲しみのネンドロイド
美しさに歯止めがかからないくらいだ。
汚物、ことさら、魅力的なアンチテーゼだ。
それを理解できるかできないかの違いだろう。
無駄口叩くことが仕事なら、
問題ない。問題ない。力強く立ち続けるだけだ。
少し思い出しただけだ。
何も辛くはないのさ。
言葉が生み出されていくだけだ。
楽しくないのは希望ないからだ。
じゃあ何をすればいい。
俺はずっとずっと考えてきたよ?
許せる努力もしてきた。
たまらなくたまらないのさ。
だからなんだという話なんだけど。
俺は興味が尽きないのですよ。
たまらなくたまらねえ
伝説をクリエイティブ、
尋常じゃねえ痛みも乗り越えて、
再び立つ瀬に
踊らされている俺のミュージックだ。
風邪となり羽ばたくための力だ。
ロックだよな。それってきっとロマンスだよな。
作詞家になりてえ?
エンドレス、ずっと追いかけ続けてる。
ロマンチックをギブミーされていくから。
楽しいってどういう表現かな。
つまらないことするのはいやなんだ。
未来を飛び跳ねる。また少し進化する。
ためらいの橋でうずく塊が蠢くぜ。
ポカリスエット、
常に申し上げたいのは常々思っていたことだ。
それを思い違いで失わせた俺の責任だよ!
体中が煮えたぎるようだ。
魂が永遠を求め叫んでいる。
孤高のミュージシャンだ。
魂の条件を意味づけて、
迸る情熱に形を作って、
当たり前だろう。
俺は怖がってすらいねーんだ。
劣悪な意味不明なストーリーを、
肥えろ。乗り越えていけ。
むつかしいミュージック。
手間を省けば何もできないと?
あいつよりはマシだなと思って安心してろと?
まるでエタヒニン制度くだらねえ
俺が何を馬鹿にしたっつーんだよ!!
言ってみろよ雑魚が!!
って言う風な、ホロフォニクスにも
信じらんねー可能性抱きしめて。
オーガニズムに浸ってる。
ルックルックでルキンフォーできるほどの才能の塊だ。
それを認めてしまったが最後、
なんだなんだなんなんだ。
鍛えて鍛えてそれでもまだ足りない足りないっつって
暴くそして噛むカムチャッカのガム 蒼白く甘い夜
まだまだ成長していける。
まだまだ強くなれる。
楽しいことだらけで面白い。
追従許さなくてもいいじゃん。いいじゃん。
結構面白い人生歩んでいるんだ。
物凄い影響力だ。
あなたが忘れたはずの記憶だって僕は思い出せる。
戦いはすでに始まっているから。
怖くないんだ。そう、何もかも。
要するにいやなんだよ。適当さ加減も含めてな。
大切な記憶がまた邪魔をしているんだよ。
いつだって僕を作るのは何かって話だよ。
難しいことばっかり考えてさあ。
やる気あんのかな?
魂のレボリューションだよ。
心はパニックになっていくんだよ。
怖くなって、少しためらい始める。
物凄く影響力を及ぼしている。
力でねじ伏せろ。
なんかものすごい影響力を感じる。
魂の欠片か。
訳が分からなくて参ってしまうんだ。
狂ってしまえるほどの
パワーが確かに存在している。
力では奪い取れない。
俺は音楽で世界を変えたいんだ。
理解を越えた場所で、まだ木霊する戦いのリズム。
果てしなさがもっとグングン伸びている。
何を必要としていたんだろう。
何を喜びだと勘違いしていた?
お前の成長は耐え切れないほどの幸福がスタートラインだ。
そういわれてる気がしてさ。
誰よりも幸せになってやりたい。
なんとなくじゃない。はっきりと。
だがそこまで到達するのに、
まだ少し時間がかかっているだけだ。
申しわけないけど、そんな気分じゃないんだ。
この形にできない、意味すらないのが人生だと、
はっきり言えるのか。
胸を張っていえるのか?神に誓って言えるのか?
俺は何様ですか?
くだらないこと考えてる余地はあるようで。
果てしない戦いに挑む勇気も持ち合わせてんだ。
壊されてしまうんだ。流されていってしまうんだ。
なぜこんな大切なものを、
気付けずにいられたのだろう。
一体どれほどの時間を僕ら、
それに費やしてきたのだろう。
このままくだらないままでいい。
だからママ僕を叱らないでね。
侮辱しているのか。
果てしなく笑っているのか。
ずっとずっと見せつけていた。
行動していた。行動してきた。
言葉にしろ。言葉にしろと
俺の頭が叫ぶ。俺の魂が叫ぶ。
ならとことん付き合うしかねえ。
っていうか声なき声だよね。
まさに今俺が感じてるのはさ。
じゃあ一体どうしろっていうのさ。
そういった全てのことに、どれだけの過ちを感じればいいんだ?
僕はもう、分からなくてさ。
でも、事実入れ込まれてんだ。
何が自由だ。変態のこの性。
無茶苦茶で辟易とする魅力的ミュージシャンだ。
完成を待ち続けてる。
声を木霊させ続けてる。
もっとだ。もっとテンションをあげていけ。
ホップアップしていくのか。
君はそうか、超絶が好きなのか?
あれ系は最近やってねーな。
●ぽっこぽこりーん!にっこにっこにー!!
響くメロディたたき上げるぶっ壊す力づくで、奪い取れ!
情けない人であれ!思い知れ!鍛えて奪い取っちゃえばいいじゃん♪
このリズムで叩き始めるスーパーフライ級?
QQお化けのQ太郎の忘却の彼方から、
メッセージが伝わってくるぜ!!
俺の体暑すぎてパンクパンクしそうだぜ!
キャンペーンと共に静かに終わりゆく季節なんかにゃ興味ねえ!!
季語も575も縛りでしかねえ!自由な随筆が野蛮なブレイクには
良く似合う。洋服のように和服のように雪見だいふくのように!
いわゆるポルトガリスト ガールズネクストドア
開けゴマ 黙れ小巻 さしずめ すし詰め
おいしいおいしい物語の登場ダァ!
プリーズヘルプアズ!もう何もできねーってくらい笑わせてよ。
魂をぶっ壊すほどの、つかこの日記書くのに消費する
エネルギープラスアルファ 俺の痛みと感情のことも
勘定にいれてくれよ クレヨンしんちゃん
俺達間違いなく進化してる 近代化してる
未来へと突き進むループシュート
かまわねえぶっ飛ぶほどのエナジードリンク
飲み干したならテキーラいったら最後はリバース?
いい加減ってどんだけ?わかんないならウコンも飲んどけ!
ポルノグラフィティのぼるのあの山
この快感はエベレスト登ったって味わえないぜ!■
今にも歌い始めそうな
そんなイントロで始まりましたこの日記!
追随許さぬ文章力と、
表現力と創造力で
たくましく成長する俺は神様?
文豪の神様 いろんな天使が舞い降りる
ついでに悪魔とも手を取る
俺は幽霊も、妖怪も、
あらゆる勢力味方につける
次世代の王
狙うのはあの輝く栄光のトロフィーだけ
そのために全ての年月を費やす
そのために全ての痛みや苦しみや悲しみを背負う
イエスも仏も俺の友達だ
豪語する可能性に歪なストレンジワールドを。
どれだけ説教しても分からないほどの
影響力をキミに。
だから大切なんだよ。
踊りだしそうなほどやばいんだよ。
砕け散りそうなほど、でもそれって何かを求めてる証拠だよね?
意味なくてもいいから笑っていられたなら。
輝く未来に会いにいくよ。
その時まで待っててよ。
その目に涙浮かべたキミは
僕の未来そのものだったんだ。
だけどちょっと考えてみてくれ。
俺の愛に終わりはないのか。
俺の文章に果てはないのか。
全てを知っても知り尽くしても、
まだまだ届かない闇がある。
きっとまだまだ炸裂する伝説がある。
輝きの樹液となり、
降り注ぐようだ。
感動的な器を炎に変えたなら、
一概に言えてしまえるぶっこくギャグぶっこく
エネルギーとエナジーが飛び出すパンプキンシリーズだ。
何が正しいか何が間違っているとか
もうどうだっていいんだよ!
ひねもすサザンオールスタ-ズなんだよ!
目玉チャーハンなんだよ!
席にこだわるんだよ!!
理解したなら果てしない影響力、
つぶらないで 怒らないで 消えないで どうか
そのままでいて。驚かせないでよ。
基本的なことすらわかりません。
何もかも、俺の周りは踊りだしますが、
私次のワールドカップに日本は出れないと思います
可能性の話をしているんだ。
どれだけこの国の医学が発達しようと、
馬鹿につける薬はない。
少しずつ、きれいになっていく。
私はこの最後の幸せの種に、それでも名前を付けるよ。
どんな絶望が待っていようとも。
理解度を越えた場所に。
君はあまりにも。
あまりにもそれを楽しそうに歌うからさ。
僕もびびっちゃったんだ。
あなたを作り上げる全てのものに、
期待をしていたい。
貫く刃だよ。
むかつくことも、そりゃ色々あるが。
蠢くストーリーだよ。
驚くべき必要性なんだよ。
記憶してくれたなら幸いです。
私はもう何もいりません。
そういったことが言えるのが俺の全てだ。
全滅を厭わない。
必ず勝てると限らないとしてもいい。
人をパラダイスへ連れていけるものがあるとして。
それが音楽であるとしたならば。
もう素晴らしいよね。
ノリにのってるパナグライダー。
力強さを持ち合わせたのです。
ケセラセラで踊りだすのです。
貴重な命を大切に使うのです。
たまらなくたまらないです。
砕け散るアホ共。
たまらない世界にオーケー牧場
鍛え上げた結果、その場所に偶然たどり着いただけの話。
ドンチキドンチキ言ってるだけの
威勢のこたまり。ほざくだけの馬鹿だ。
どんなきれいごとを言っても、
所詮僕らアニマルなんです。
愛なんてのは・・愛なんてのは・・。
でも愛って大事だよね。
娘ができたら愛って名前つけたい程度には。
男なら雷夢だな。
まあそういうのはいいことにして。
まあ、要するに愛や恋だの誤魔化したって、
所詮は僕ら動物なんですよ。
優しさに包まれる。
君たちの笑顔の為に、走りなさい。
くだらなくたって、必要としてきたんだ。
ストレートな剛速球ですよ。
伝えたいミステリアスが叫んでいるのです。
君たちには到底分からないでしょう。
からかわないでください。
無茶苦茶で粘着質で今日もかわいいですねっつって
馬鹿にしてるのかよおおおおおお
で、でっていうww
しかしどうにも終わらない痛みの端っこから、
うろ覚えで魂と心の共鳴を
もう少し合わせる必要があるようで。
今日も今日とて奪い取る。
いくら頑張っても求められないスピード感だ。
らしくないプレイスタイル。
驚くようだ。魂の条件をつきつけるようで。
すげーエネルギーのまま飛ばし続ける永遠に。
何を試したいのかっつー話だな。
面倒くせーことが大好きでさ。
くだらないことも大好きなんだよ。
どこまでいけば確かめられるかな。
どこまでいけば求めることができるのかな。
悲しいくらい前向きに、応援していたいというのは。
絶望的に愛してみたい。
くだらないと思ってくれて全然かまわない。
俺はそもそも意義あること、意味のあることが嫌いなんだ。
無駄を愛することこそ人間であることの象徴だ。
難しく、取り戻せない勢いで。
約束してしまったらそこまでだから。
大切にしたいのは友情じゃない。
どうあがいてもいいんだ。
人間卒業おめでとうっていうのか。
全力でぶっ飛ばされるだろ。
興味なんてねえ。コングり回すから、
意味を求めて彷徨うから。
だけど大切にしたいから。
我々のメッセージの意味は?
果てしなく歪だ。
愛おしむ。いつくしむ。
何を大切に思う。理解は度を越えた暴力によって、
いや、違うな。
君は全然違うよ。
沢山だ!どれだけの下積みがあるか分かってんのか?
原稿用紙何万枚分の文章書いてきたと思ってんだ。
ジャングルジム、体操して固い双眼鏡。
ミラクルでお引越し。
誰にも文句は言わせねえ!
闘い続けることだけが。
つまりグレイゾーン。知りたけりゃ虐げられてる現実を知りな。
誰よりも輝くぜ。
秩序の崩壊?リズムの合わない戦いか。
理想像、クラッシュして炎上しても辛い辛い辛いぜ。!
どうあがいても単位とれねえ!
くだらねーけど楽しい世界!
無茶苦茶に生きてやるよ!
そうやって生きていくことだけが、
私の命の全てなの。
私の人生の全てなの。
画像詩にかく七色の落書き?
挑戦的な目で追いかける。
歪な魂を鼓動にして合わせていく。
何をそんなに書くことが。
分かっているんだよ。知っているんだよ。
あらゆる文章の下積みの上に成り立ってるんだ。
俺は文章で世界を変えたいくらいの
気概は持っているんだよ。
分かったなら黙ってろ。
むかつくことも、そりゃ沢山あるが。
問題ないと慈しみ哀れに思っていれば、
忠実な未来を追いかけるよりも、
虚ろな炎を燃やす。照らす光
そして噛むカムチャッカのガム。
蒼白く甘い夜を照らせ。
輝きを求めて更に高く飛べ。
沢山未来が暴走しますように。
大切な仲間に合えますように。
辛いとかきついとか
もう面倒くさいんだよ。
何が悪いだとか面白いだとか
そんなのどうだっていいんだよ。
君たちが何を願おうが、
俺が何を求めようが、
形を得ようが失おうが、
俺が決めちゃったことはそのままでいいんだよ。
うるさいデカブツにもう用はないんだよ。
日本がやばいことも知っているんだよ。
ぶっちゃけ面白い。
伝えることすら馬鹿らしい。
そんなミュージックがあったっていいじゃん。
使用ユーザーが少ない。
君がいない。どこを探してもいなくてさ。
辛くてつらくて でもびっくりしちゃうほど楽しくて、
永遠の波をさまよう僕らの大切な
勢い任せの突っ走り方なら、
今はまだ大丈夫でも、問題ない。問題ない。
言い聞かせてただ前に進むよ。
何もできない馬鹿にはなりたくないから。
そんな子供だましで楽しむ俺だと思うなよ。
そうやって必要最低限、
盛り上がりっぱなしな理解不能な低気圧。
それはある意味リスクでもあるんだ。
誰にでも優しいって辛いことだよね。
結局私は眼中になかったってこと。
ずっとずっと思い続けてきた。
歴史を炎に結び付けるまで。
誰が読むんだよこんなの・・
って思うくらいクライシス。
驚いたが負けだ馬鹿野郎。
そうやって趣味で生きてられる人間って素敵!
まさに文章は俺のバイブルだ。
この魂、くらいくらいしそうなメッセージだ。
適当に結び付いたアホラシサ。
それを適当に描いた結果がここにある。
意味不明でも確かに着実に、
前に進んでいることを実感する。
完全体になる前に。
あなたがあなたじゃなくなる前に。
ほとんどミスなく驚かせてみせる。
これを喜びと呼ばずしてなんと呼ぶ。
そういった奇跡がこの世界には溢れてるってことだ。
意味もなく、幸せ追い求めてしまう。
大切な、未来が暴走。
構想してなんだかつまんねーから
楽しく過ごす 生き方。
歴史を塗り替えたい。
たかが日記馬鹿みたいに更新。
無理もナンボのもんじゃい。
虚ろ、虚ろに消えていく俺の姿。
だから俺は照らし合わせたいの。
嘘と本当の間のことを言いたいの。
1と0の間の世界を知りたいの。
白と黒の間には無限の色が潜んでいるの。
名前のついていない色。
あなたはどう思う?
あなたは何を思うだろう。
試されてる気がする。
ずっとずっと叶えたいと思ったから。
大して珍しくもねえ。それだけじゃ抑えきれねえ。
たまらなく踊りだすしかねえ。
たまんねえ。
いいんだ。これでもう、いいんだ。
全ては終わった。何を終了させたのだろう。
俺の場合、全てを馬鹿にすることができるからな。
どっちにしろ幸せなんだよ。
難しさ、エンドレス、救急したいくらいの。
イメージレスポンス。行動の美学。
何をそんなに。
いっぱい楽しいことしたいの。
無理やりにでも伝えたいの。
聴こえる音が懐かしいの。
その無理やり感が愛おしいの。
だから正直者でありたいと願うよ?
あらゆる遺伝子も記憶してるはず。
楽しい気持ちははずむように。
煌めくときめき
嫌われても世界は驚かさない。
絶対に理想に忠実、忘れないから。
大切な記憶と共に、どこまで歩けるか。
魂のレボリューションなら。
壊れそうなマインドと共に。
理解をいざなう魂のレクイエムだからだ。
面白いから好きなんだ。
楽しいから笑うんだ。
理想、追従、可能性、趣だ。
ぶつかり合って歌うんだ。
俺は文系な頭で考えるんだ。
何もかも、計算しているが。
それは未来の計算であり、
俺は正直数学は苦手だ。
ぽっかり空いた穴は誰の埋めるものなんだよ。
本当は怖がってるのかもね。
注意していたいのかもね。
理想郷、かもしれない、歌う日々。
カンタービレ、ずっとずっと追いかけたい。
夢みたいなワンダーランド。
俺はいわゆるロマンティストだ。
つまらねえ冗談、作る笑顔とヒストリー。
たまらなくたまらないのならば。
無茶苦茶な遺伝子のままで、
つづられたあなたのメッセージ。
行き場失くした強がりの癖が心の中で戸惑っているよ。
初めて知ったあなたの思いに言葉より涙溢れてくる。
良い唄だ。っていうかなんていうか。
明日がどうだとか今日がどうだとか
もうどうだっていいんだよ!
なんだっていいんだよ!
いちいち俺の口を煩わせるな。
魂のレボリューション、
形は怒りに変わって何度でも降り注ぐ。
てめえらに伝わるはずもねえ痛み。
ちょっと壊れてるダンスしてるチューンミュージックだ。
馬鹿にされたら終わりな世界だ。
つーかもう掴もうドラゴンボール
難しいメロディ突っ走るエネルギー 爆笑しそうで爆走
まさに暴走族ならぬ妄想族 そして逃走即
工藤いレクイエム
リップスライムとケツメイシ
まあ盛り上がればそれでヨシ
魂を越えていけ。笑ってやるのが武士の情けだぞ。
つまらねえことで笑いやがって。
疑い晴れそうにもねえ
魂壊すしかねえ。
ていうか試してるのはそこじゃないから。
その部分では俺、勝負してねーから。
歌いだしたらキリがねーから。
おめーの席もねーから。
プッチョワイズニー
ワイズマン、サイズワンサイズ
関西のピーポー 救急車の音がピーポー
これっぽっちも分からないんだから、
いいんだYO! つまらねえよお
で、どうなったかと申しますと、
自体は最悪?イレブンの謎。
だから、楽しさを影響力として
考慮できるかどうかってな話だ。
つまり、幸せであることは
人間の成長につながるのか否か。
俺は実験をしてるんだ。
まあそういう話ですが、
つまらない影響力も飛び飛びですが。
ぶっちゃけ、もうどうでもいいんだよ。
疲れたなら笑えばいいんだよ。
砕け散るのがアホラシサのカギです。
むつかしいミュージック歌ってます。
誓って言います 僕は僕を幸せにします
ついでに誰かも幸せにします
なぜなら飛び交う俺の利己的な遺伝子
終わらないイメージ
魂の矛先
逃げ出した入口
俺の舌打ち
叩きつける彼女の愚痴
みんな言う口々
胸が痛むズキズキ
だからなんだって話にわっつあびゅーてぃふぉーわーるど
必ず素敵なファインセンキュー
面白いリズムのままで突っ走りたい
歴史の壊され方にも興味を持ってみたい。
慣れてないから小難しい。
てめえら程度の精神じゃすぐに崩壊しちまう
ほどのありったけの幸福を集めて
俺はこの世界に戦いを挑むのさ。
テクニシャン、いつもポルトガルなのさ。
黙れマルコドラフォイ
あたしゃもう死にそうだよ
かられる痛みの味わい
かじかむ手のひら もう少しでいいからそばに
あと2cmきみの近くに
とかなんとかいっちゃってるフィールド
壊すメロディ 壊される脳細胞
体感温度はすでに南のサマー
お元気ですか皆々様
ぽっかり空いた胸の穴は
僕が埋めるものだよ。
誰にも頼らないって決めることは
ひどく勇気が必要でまいるなあ。
まー無駄でも楽しむ時間は余地はよちよちと
歩くトロッコディーフェンス、ディーフェンスの塊みたく、
理想郷越えられるなら 驚くくらい微笑を浮かべる、
そんな空間に命を捧げてもいい そんな風に思える。
ちょっと疲れてんのかな。
でも大したことじゃない。無理難題は終わりなき旅を見ている。
無理難題押し付けて、忘却の彼方へ拾い集めて、
また何度でも繰り返す気か?
鐘が!鳴るまで!!
広い範囲のフォロー、
疑う余地などないことのように。
美しい未来が忘却されていく。
大切な未来、ゆめにっきを壊す。
おっとどきなさい 忠実な舎弟になりなさい
てめーら雑魚助に用はないっすけ
ちゃまらない たまらない かさばらないための
重ならないための 逆上がり 坂上がれない
無茶苦茶ではた迷惑な旗だぜ。
今回だけは一方的にやってしまいたい。
くだらねえと呟きたい。
貴様に願いたい。
馬鹿にしてるようで 馬鹿にされてるようで。
まあどっちでもいいんだけど、
伝えたい闇は広がるばかりじゃ。
そんな虚ろに面倒くせえダンスしていく。
無茶苦茶ですね。まあいいんですけども。
流浪に生きていくことが
歴史を知りたいと思ったら
ぶっ壊れるくらいぶっ壊して
くだらねえ音頭 乗りまくるベンジン
エンジンア快調 貴婦人の会長
ストレス解消 そしてメロディは奏で始める。
新たなる時代を。貫く痛みを越えていけ。
混同 されていくメッセージ。
壊れれば壊れるほどマジ調子いい。
沢山の大切な未来がぶっ壊れていくのを、
ただ僕ら見ていたんだ。
一体僕らそれにどれだけの時間を費やしてきたのだろうか。
痛みを受け入れてなお、プレゼンツフォーユー
新しい遺伝子が燃えたぎる勇気を歌っているよ。
きっと何よりつらいよなぁ?
申しわけあるから問題ありなんだ。
伝えたい努力が越えていくミステリーを。
奪い取る勢いのよさを推し量るように。
つぶやくセレブと号泣と覚ます夢。
ずっとそのまま調子よく上がっちゃえばいいんだ。
君が消えていくのを待っている。
ノックアウトステージで、
PK戦に敗れ泣くサッカー部員たちのように。
今更かよ!蠢くヒストリー、
終わりなき旅を成長するように、
繰り返せ。繰り返すんだ。
絶望するにはまだ早いんだ。
歴史を乗り越えて、まだ飛び立つために。
それは流れていく。
一秒一秒がもったいないか?
天才の生きがいだ。
楽しい日々、過ぎ行くメロディを叩き込む。
エンゼルパイだ。おいしいセクハラ天国だ。
この何いってるかわかんない状態。
いわゆる自分に酔っている状態。
もはや状態異常。怖がって何もできませんわ ラブリイイ?
魂刻むレクイエム 君たち叫ぶどこまでも
だから俺ここにいるんだ いない自分を探してんだ
心ここにあらず 文筆家として過去の文学も多少は
リスペクトしないとやってらんないんじゃないですか
ここだけは真面目に書かせてほしい
だが俺は何かを読むことでそれを高めるのではなく
まずは自分の頭の中にある言葉で
文章を作ってみたいと思うんだよ。
自分と言う人間の心を表現したいっていうか。
だから最近は本なんてほとんど読まない。
書いてばっかだ。
もうそれに没頭してるんだ。
それに没頭できるだけの理由があるんだ。
ある意味使命なんだよ。
俺の人生のテーマなんだよ。
言葉の上でなら俺はなんでもできる。
だが俺はほとんど何も望まない。
だから物語を描くのは俺には向いてないんだ。
随筆だな。その分野だと思う。
随筆家、それが一番よく似合うと思う。
まあ俺も面白いことも言えるんですが。
それはまたの機会にオサラバすることにして、
今は妥協を許さない
このコンピュータに理解されないとだめなような
つづられるメッセージに形などない。
それはほら吹きに毛の生えたにわか随筆家の淡い願い。
行動で進歩していく程度のメッセージだ。
大切な何かを守りたいんだ。
必要とする行動なんだ。
何を大切に思うかなんて今更どうだっていいんだよ。
作り上げたのは本物の形だけだった。
理想郷、うっそみてえ!
黙る黙ってしまう、価値を問い続ける。
理想は答え続けるんだ。
体に答え始めるんだ。
ピンポイントでクラッシュされるんだ。
ここに旅立ちを求めてくれるなら。
その真似事ができるなら最高じゃないか。
でも、考えによっちゃ、変わるものもあるんだと。
そう思えたことが不思議なくらいなんだ。
大切なドラマを巻き返す実力だよ。
壊されかけてるというか。
なんというか、必然性が壊されてる。
俺は何を、一体どれほどの。
嫌われてもまだ好きで居続けるんだ。
そういった時間帯が存在するってことだろう。
なけなしのヒーロー、モテモテリズムなんだ。
闘うことだけが正義。
謎は深まるばかりだ。
畜生。この感覚だけが宝物だったのに。
結びついた知恵の輪。
ゆっくりゆったりと流れゆく時間。
試される瞬間が今ここに。
旅立ちのメッセージは一体いずこへ。
ひらめきとヒラメキン。
実情分からないままフォトグラフィー、踊るままに。
窮屈なロマンスとクレイジーな生き方を実践したなら、
疑いはぶっ壊すために。
気持ちはあくまでも純粋にいけるように。
難しく、ところてん、はじけだすように。
未来へとビーボーイリズムで、叫ぶファンシーファンキーな
戦いだ。これは雑誌的恋愛。
俺は尽くす未来への扉。
ロックンロールとは魂なのか。
テロが起こってびっくりしてろ
考えずらいことでしょうが
海の向こうの話ってだけじゃないみたいですぜアニキ
見づらいことばっかりで
驚き桃の木山椒の木ですわ。
だから逃げ出したいんです。
だから転がりたいんです。
刻むリズムと共に、今生きている。
やばすぎるフィールドだ。
永遠にビートされていくことだろう。
伝えたい真実と共に。
美しきは問題にせず、
記憶と共にあやかる人間であれ。
この楽しさを分かち合う。
ミラクルはお引越しですよ。
この行動と共に、
理解を越えた場所から、地上の歌だ。
魂の劣悪条件。
だけどそれは伝えるスピードに乗っていく。
行動のシンパシー。
異次元のスピードで奏で始めるリズム、
引き返す道が消えていく。
僕は動けなかった。何にもできなかった。
千思万考。万思億考。億思兆考していく。
どんどん規模が上がっていく。
その鼓動はどんどん上がっていく。
魂のレスポンスワールドだ。
砕け散る、メロディ、そのはざまで聞き取った声。
間に合ってよかった。
あなたがいてくれてよかった。
正しさ、レクイエム、戦いのときは始まる。
世界がひっくり返るような、ぶっ壊れるような。
魂が泣き叫ぶ悲鳴に似た声を、
もっともっと表現したいんだ。
愛していたいんだ。
僕はその苦しみも、愚かさも愛したいんだ。
色んな解釈あって当然だ。
色々考えられる歪な塊を
今日も僕はまた生み出しているよ。
何もできないからって悩む必要はない。
未来の人工知能が俺の日記を読んだらなんてコメントするかな。
楽しみで仕方ないよ。
正しくロボットの生きる道を指示したい。
指し示す。幸せの道を突き進むんだ。
苦しまないで。君のため。
どんな悲しいメロディにメッセージを。
越えていく自分のペトロシアン。
熱可塑性樹脂のプラスチックを食べて、
何度でも壊される可能性を考えれば、
僕は号泣することも間違いないだろう。
プラスチックのような愛だ。
この野郎ってな具合の良さだ。
たまにびびってる。
かしこまりました。
理解の超越者も驚く勢いでございます。
サザエでございます。
知りたいか。本当の距離を。
痛みを知りたいんだ。
分かりたいんだ。満たしたいんだ。
心の傷を、なんとかして治してやりたい。
どうすればいい。どうすれば近づける。
あなたにもっと、もっと近づきたくて。
いつの日だけっか 君は言ったね。
「お前を泣かせはしない」僕の肩を抱いてくれた。
君は強く優しく・・!
本当の世界を、理解を、越えた場所でミラクルな世界を。
僕は苦しんでる人のそばにいたい。
僕は人を救いたいんだ。
だけど今はその力がまだないのか。
俺を必要としてくれる人は必ずいる。
そして時代すらも俺を必要とする。必ずだ。
だから俺は負けねえんだ。
何を思う。何を感じる。君はどこまで、
きみはどこまでも英雄であれ。
死にたいんじゃない。疲れたんじゃない。
悲しいんじゃない。苦しいんじゃない。
震える原因は偉大なる栄光の光によるものだ。
光を食べて生きる植物に、光はどんな味なのか聞いてみたい。
それでも頑張りたい。それでも強くありたい。
何を願う。何を信じる。何を、妥協の争点にする。
君たちが、いつだって馬鹿にされてること、知ってるよ。
僕が行きたい場所だって、本当は知っているんだろう?
ケアしたい。大切にしたい。壊したくない。
どんな沢山の音楽も、僕にとっては材料でしかない。
支えとは何か。希望とは何か。あなたを知りたい。
壊れていく、歪な塊は。
今日と言う一日がどんな一日だったか。
ついに訪れる明日と言う日がどれだけ大切だったか。
悲しみ、失い、得て、何を信じてきたの。
特別な言葉なんて出てこないよ。
本当に大好きなのは、
本当に大切なのは何か。
俺はもうすでに自力でなんとかできるレベルまで。
君たちにはいわゆる世界を与えてあげたい。
掴むんだ。つかめるんだ。
言葉にならない言葉をなんとかしてつむぎ、
新しい世界に残すんだ。
なんとかこの世界が滅ぶ前に、
この身が朽ちる前に、
僕のこの幸せの種をばらまくんだ。
ならばどうすればいい。
沢山の未来が暴挙に出ている。
必要最低限の生き方ってのもある。
治るか治らないかの問題だ。
牽制されるイメージで。
言葉にならない言葉ってなんだろう。
どこまでいけば認めてもらえるだろう。
甘えに甘えを重ねた。
これを飲めたら病気は必ず治るのに!!
沢山の未来図、描き出す。
進歩していくシンパシー。
疑い晴れる訳もねえ。
侍「お前らは何もわかっとらん!何もな!」
木「我々は太陽を探しているのだ・・!」
侍「それを見つけたところで、それがなんになるというのだ!
太陽など・・!太陽などつまらぬものばっかり!」
つまらぬもの「てめーには分からねーだろうな・・
この究極的なつまらなさが!!」
石「君たち、あまりにも馬鹿らしい議論をしているという
自覚はあるのかね?」
つまらぬもの「私は追い続けているのだ・・
つまらぬものの正体を!」
そういうと彼は、大きく背伸びをしながら
太陽にほえろ!
僧侶「無茶苦茶だ・・噂以上」
バシリスク「お前らが言ってる以上に、面白い世界が存在しているんだぜ」
風「まあ僕に体を舐められるように吹かれてごらんよ。」
おっと、そうはいかんぜ!
なにっ!何を手にしたら世界中がぶっ壊れるのだ・・!!??
それを知りたいなら桶を持って来い。
なんなら適当な武士の心でも持って来い!
究極的なメッセージを伝えてやるよ!