ああ、この世界。無茶苦茶だが大好きだ。
申し分ないエネルギー。大切にしたいくらいクライシス。
大きな大きな何かに包まれているようだ.
このまま脳みそ鍛え上げてやる。
それだけが俺の全てだから。
希望が見えてくれば、必ず進化をおみせできる。
歪ながら感動的な意味を越えたロシアンルーレットだ。
そこにはプライバシーが存在するのですか。
謙虚にファットするほどのセレブリティ。
輝きと共に消えていく落ち葉のようだ。
必ず起こしたいデモクラシー。
でも灯台モトクラシー
信じたはずの現実は嘘となり消えていく予定。
実寸難題だい。
寛大な心で受け止めて。
俺の全ての脳細胞が命令する。
絶滅寸前の生き方だからこそ。
終わりなき旅、理想への超越者の舞。
それが理解できる範疇にないから。
大層なミュージックだ。神の落書きだ。
テクノポリス、ロックンロールなマイハニーだから。
この歪にひずむオレイズム。
無茶苦茶なフィーリングだ。
輝かしい天才がそばにいるのは。
このミュージックをそのまま伝えたい。
ロックンロールはハニー、ハニーとラップに負けない。
ラップしてハニートラップかかってサランラップ
無茶苦茶な世界を歩いていく。
申しわけないが負ける気がしねえ。
どんとこい。don't 恋
理想への超越者たちが踊る。
魂のレスポンスワールドだ。
記憶しているならそれが何よりだ。
告白みたいに見えてしまったらどうしよう。
俺は本当に愉快な人ですよ。
考えて、感じて、滞りなく滞ってみせてよ。
お笑い研究会。
なんでもかんでもアリアリになってしまったらもはやモハメド・アリ
それは冗談 マイケル・ジョーダン お前は一体何を祐天寺
難しいメロディのまま突っ走る俺のエナジー。
健気なファイティングスピリッツ、
馬鹿にしないでくれる?知ってるわよそれくらい。
ってな空気。やばいくらい感じてる。
それに耐えきれるかどうかっていう問いだろうが。
そこらへんごまかせないのよ。
色々経験しなきゃ 分からねえことも存在する。
適当じゃ意味ないんだ。滑ってナンボの人生だ。
退屈なひらめきは値千金だ。
絶滅の破壊兵器、もっと嬉しいキャンユーフィール?
理解に苦しむそのダンスチューンに乗せて。
体からハクナマタタ、踊りだすエンドレスファイター。
虚ろに移ろい行く天才たちもフォトグラフィー。
逃げ出したい気持ちでいっぱいいっぱいだよ。
じゃあどうすればいいんだい?
色んなものを見聞きするようになって、俺も少しはかなり
面倒くさいことでも分かるようになってきたよ。
申しわけないけど負ける気がしないんだよ。
どこまでいけばこんなアホになれるのか。
いじれるキャラはいた方がいい。
くだらねえと思いつつも、
口笛ふきつつも、面倒くせー生き方にメロディズム
合わせ技一本 悲しいが伝説は壊れない。
ぬくぬくとダンスしてる この名前忘れ難し
遠い記憶は忘れ難し。
目に優しい痛みで記憶していたはずの感性。
たまに感じてられたらそれでいい。
だって俺は冗談半分なんだぜ?
枷となってるもの全部取り外して、
気持ちいい気分にさせたら勝利者だ。
何もかも掌握することは難しい。でもね。
知ろうとしないことはとても危ないんだよ。
何を手にしたらここまで成長できるのか。
届。届け。もっとだ。もっと輝いてくれ。
ずっとそばで笑っていてくれ。
かざす掌。外す関節。
どきどきどうしようもなく 止まりそうにねえな。
かすり傷だけじゃすまされないぞきっと。
もっちもちの痛みを食べる。
理解しているつもりがあべこべな世界になった時。
少子化の原因?
食い止める温暖化?
くだらねえ、ワロスがあふれかえるぜ。
申し分ない痛みと共存することなき
やんごとなき幸せの受話器だ
まさに神の落書きだ。
天才は何を思い誰の為に生きるんだ?
風にぶっ飛ぶ力さえあれば
力づくでも奪い取れる魂の記憶が
活動再開のきっかけは何か。
踊り尽くして この世の全てをとかちつくちて。
永遠ループしてまだまだ悲しい出来事に。
つもる思いもつまりそうだよ。
歴史的レスキュー 問答無用でレスポンスだ馬鹿野郎。
このクズみたいなアホリアン博士が、
どれだけの人間がどれだけの時間を費やし、
どれだけの犠牲を伴ったか分かるか?
たまらない。固まらない。
伝説はユートピアだ。
驚かせるためにここにいるんだ。
理想を絶妙にリクライニングしていくんだ。
何を手にしたか。何を知りたいのか。
悲しみの亡骸、面白い全てをぶっ壊すために存在させる。
うろ覚えで悲しいフィクション、
動きまくる天才はどこにいる??
実情をどれだけ知っているんだ?
かもしれないかもしれない 日差しを浴びるかもしれない。
脳みそ左右させるほどの巨大な幸せ、
いわゆる筋トレにも似た表情を
作り出す俺の進歩に。
二度と旅立てない。悲しみのレスポンスワールドにて
俺の意味も行方不明だ。
愛されてることを実感。虚ろに魂抜け出すシンフォニー。
優しくしてくれる。かわいくもてなしてくれる。
何もかもが、変わっていくのをただひたすら感じていた。
何を手にしただろう。何を生み出しただろう。;
なんだかとってもずっと内容に通っていて、
自分じゃ分からないくらい踊りまくっているんだ。
嘘とワンダーランドなんだ。
必要なものを失わせる馬鹿らしい問いかけだけが、
ずっと続いていく。お前らのくだらねえ痛みは何のためにあるんだ。
そして問いかける。夢中で食べまくる。
この瞬間が楽しくてたまらないんだ。
馬鹿みたいだろ。そして永遠がループされていく。
テキーラそしてリバース。
信じた道コレクション頭の悪い歪な構造だ。
何を考えてる。何を理想だと思ってる。
ここに更なる飛躍を求めた。
馬鹿らしい生き方を肯定しようとした。
俺はそれを許すことができなかった。
悲しみ、連鎖していく反応。
動き行く。魂のレボリューションだ。
女という生き物に生まれてしまった人。
黙らないと食いつぶすぞと。
だけど俺は負けない。
勝てない戦いは仕掛けない。
楽しくて仕方ないが、それを我慢する力も
身に着けないとやばいだろ。
だって生きてくのは難しいだろ。
天才的なほどに、慈しみ哀れなほどに。
ここで生きる意味を問う。
ここで叫ぶ意味を問いただす。
まだまだ俺は本気を出しちゃいない。
ここにこだわりを感じる。
たまらなくこだわらない。
痛みを知っているふりをしているだけ?
オールデイオールナイト
その輝ける痛みも合わせて、
絶望してくれるならそれも結構。
たまらない。ずっとずっと生きてきた。
なんか、不思議な修行でもしているようだ。
これは、最大りんだ。積もり積もる話もここまでだ。
ロックンロールはノックアウトだ。
一瞬のムードメーカーだ。
だからこそ、変われたんだよ。
そこで怒ってると表現されてもおかしくないほどの。
クォリティ豊かに結び付けられる。
無駄口をたたく意味もなく。
アンドロイドと遊んでるのはだーれだ。
積もり積もる話もこれにて最後。
移ろう伝説は皆殺しに。
だから畳み掛けるように踊るんだ。
自分は気に入ってもらえたんだ。
そうやって引っ越していくヒストリーなんだ。
希望がいつでもミュージックを連れてくる。
この最高潮な戦いだ。
ノックアウトされそうな偉大な幸せにまたぐ
この光線銃を叩き潰すように。
理解不能なテンションでまた突き進む。
なぜこんなに悲しいのか。
思い出と共に、うたいだすヒーローたちのように。
動き出す仲間たちがいる。
思い出の深さも感じてくるんだから仕方ない。
この適当な生き方のままで、
中盤以降の戦いが分からない。
酔い潰れる痛みのなさか。
何もないことを祝おうぜ。
むだで最高なテキーラと一緒に遊ぼうぜ。
煌めきと決め煌めきスマイル
それを耐えきれるかってのは
結構重要なことだと思うんですよね。
無駄口叩いてる俺がやばいやばい
半端じゃなくやばい。どこまでいけるか俺にも分からない。
俺は俺として頑張るだけさ。
歪になっていくのならそれが豊かさだろう?
輝きをミステリーワールドに連れていくように。
少しずつ楽しさ増していく。
俺とぱぱっと動きまくれ。
お前らに栄光あれ。
マジでやばい。きみが分かるから怖い。
イーブンな関係。理想形。
理想形、生み出すものの形か。
天才過ぎる。面白すぎる。
その行動を予想できなかった俺も負けだ。
くるしゅうない、もっともっと弾けてけ。
ロックンロールは痛みなんだ。
知り尽くすことgふぁあほらしいなら、
疑い深い馬鹿になりまくれ。
健康的リクライニングのシュートコースまで。
リピドーリピドー悲しすぎる栄光だ。
理想は超越者に成り果てる。
砕け散るワロスと共に展開していく。
やっべートランス状態。
ときめきハイスクールだぜ。
あらゆる方面から考えめぐらせた。
結構悪だくみも繰り返した。
どんなに長い時間をかければ、
ここまでたどり着けるんだ。
そういう感想を抱くくらいのテンションを維持したい。
ていうか俺にはすでに到達している領域だ。
だから、あとはそれを進ませるだけ。
奇跡は加速していくだけだ。
ムービースターになってくれるかい?
あらゆるポイントゲッターじゃないと無理ぽだぜ。
難しい道のり乗り越えてきてんだ、
ノックアウトしようが関係ねえ。
ロックンロールとその痛みを知る為に近づいたんだ。
この天才的な欲求と共に溢れ出す。
選ぶ権利はせめて欲しいんだよ。
難しいメッセージでも愛し合いたいんだよ。
それがどんなに素晴らしいのか、想像してみたことはあるか??
俺はそうやって生きてきたんだ!!
ふざけているならぶっちゃけ踊るしかねえ。
ふざけたところで振り返れる器でもねーな。
驚かせることになったらすまないね。
痛みは壊されるために。
ドントエイプリルフール
託したいものがあるから呼ぶんだ。
当たり前が鼓動を合わせてどんどん次の段階を目指す。
何もかも遅すぎたんだ。朝からのテンションの高さ。
なんとなくで生きてる訳じゃない。
成長が止まるならそれはそれで仕方ないだろう。
俺たちにだって限界はあるんだ。
脳細胞、炸裂する快感と共に、
追随を許さない歴史を振り返るようで。
魂のレボリューションと感じ方一つで変わっていくメモリアル。
感動的ならそれがいい。思い出せる程度の痛みが欲しい。
クラッシュ炎上してしまうほどの。
希望ヶ丘、積み重ねが物を言うのですよ。
伝えきれないほどのでかい物語。
つづられたエスティッティシャン。
構わねえ。踊りまくれ。
この行動自体は間違っていないはず。
なんてったって今だけなんだぜ?
急に嫌われちゃってショックだなあ。
そしてトゥモローシンギングスカイ
この天才的理想の名のもとに、
また新たな発見。ライクバージン
この魂で勢い任せで
幸福を食べて脳細胞を活性化。
器のでかさ 試されてる気がするのだから。
派手にいくぜ 面白い世界はそこにあるか。
感動的にいこうぜ。
ワロスも掴み取っていこうぜ。
憎い憎い友達は全てを木霊させるように。
吹き飛ぶワロスと自分たちの理想を越えていけ。
ロマンチックなギブミーしちゃったら止まらないだろう
この痛みはシンギングしちゃうレベルアッパーだぜ。
この混沌としたミュージックの可能性を追いかけて。
ひきこもごも、伝わる俺のエゴとエコリズム。
らいらいリズムに巻き込まれたらもう立っていられない。
思い出すだけでも赤面ものだぜ。
空間、自分が誰だか分からなくなる瞬間が。
いわゆる一種の薬の作用。
助けて欲しいなら願いな!
できねーならくたばりな!
そして全てを統括する
俺の歪な塊が、今日も伝説を求めて騒ぎ続けるぜ。
魂のレクリレーション 歌声ハキハキとしてる俺の歯黄色の吐き
無駄口叩くことが全てだ ロックンロール イズ マイ エブリシング
みたいな世界を見たいな 力強く崩壊
もっともっと力をつけていきたいのだから!
止められない衝動だけが真実だろう。
誰も読みたくはない文章続けたとしても終わりなき旅。
実害の出ない申し訳なさだ。
辛さも面白さも全部ごっちゃ混ぜにして快感を生み出す。
そういったポテンシャルをもっと発揮するべき。
分かったならもっと耳をかすべき。
耐え切れるか?
大層なミュージック、考え続ける痛みがトゥモローなら。
踊りだすことを否定しないでよ。
まだ本格的には始まっちゃいないのだからさ。
もっとノリノリでいいじゃん。
何がそんなに邪魔をするの?
何があなたの生き方を蝕むの?
歌声、悲しみ、レスポンスワールドだ。
ちょっとでもできねーことだらけー
砕け散るワロスと共に次の階段上ってるぜ。
あらゆるものに挑戦していくんだ。
光り輝く天才を絶望的に求めていくんだ。
当たり前の思想なんかいらねーんだ。
最初からやつれハッピーだ。
怖くて仕方ないとか言ってんじゃねーよ。
この最高なサイコリズムだけが
バタバタ走るバタコさんだけが私の一生の目標なの
今口笛鳴らした奴誰だ!
っていうふうな面白さ。
歯がゆさこぼれる 笑顔もこぼれる
トロトロジュース 君のトロトロ
まあでもいいんじゃねーの?
とろんとした顔 トコロテンの助
面白さもミュージックさ。
やばいやばいぜ。半端じゃねーぜ。
歌いだすロマンス 作詞業も大変なんです。
ラップミュージックにトロッコ乗せてぶりぶりぶりりあんとパンク
だから私言ったじゃない!約束をしたじゃない!
そういう普通な光線銃で打ち抜いてーみたいな
そういう魂こもってなきゃやだよ?
だって悲しいじゃん。面白くねーじゃん。
伝えきれるならそれがいいわ。
エンドレスジェットコースター。
秘密の部屋まるでハリーポッター
ほったイモいじるな 時計くらい用意しとけや!
感性された感性 まあ天才であるがゆえの所業かな。
まあ楽しさもミュージックも奏でてみればほらみんな同じなんだ。
記憶できれば超かっけーんだ。
ロックンロールの叫び。理解不能な歪な構造?
あまりにも生活時間が違いすぎて。
関西関東 ここ一体かんなぎなのよ
キッスも地味だね★
そうやって俺は生きてきたんだ。
憎い。憎い。肉い。ていうか怒るようなもんでもないだろ。
続けられる面白さ、楽しさもミュージックの果てに。
輝かしいエロリズム。
大切なのはその心意気。
少しずつ上り詰める次へのメッセージ。
驚き続けるファンタジーが不屈の魂を生む。
このレスポンスワールド、
緻密な歴史を乗り越えたなら。
魂のレボリューションも
リアクション芸人と化すカスと化す
だっふんだ てめーらの歌声
このロックンロールな魂をレスポンスワールドに。
奇妙な芸術をプレゼントしよう。
難しい問いに聞こえたふりをして。
金がかかる 容赦なき罵倒にも耐えきれる。
謙虚な姿勢でゴーイングマイウェイ
エロリズム 知りたかった現実
魂のレボリューション メロディが作る俺たちの未来
リズムを刻む俺たちの生きる意味
このジェットコースター 突き進んで
振り落とされぬようにつかみこんで
だけどそれでも面白いこと真夜中の遊園地
知りたいことを知り尽くした永遠がループしてくれる
ロマンチックなギブミーワールド
秘密の部屋まるでハリーポッター
輝きを見せつけてさらに次への扉を開かせる。
歌声は見捨てられない。
全ての上に立ってみせる。
実情は知らねえが踊り狂ってみせる。
信じた道を突き進んでみせるのさ。
記憶してくれるならそれがナンバーワンなのだ。
夢中で水中泳ぐバク中
驚かせるびびる びびる大木
それは適当な意味のアンチテーゼ 
そういう適当なこと言わなくていいんだよ。
そういう風なイメージができあがってんだから
申しわけない。ちょりーっすとか
なんだとか面倒くせえだとか
悲しみレスポンスワールド
面白さは根本から覆される。
文章のこらえ方によるが意味を問い続ける。
体中の細胞が波打つ喜びを。
その前に天才肌のこの俺が一言申す。
申しわけないことも知っているが
悲しみ、レスポンスワールド
伝えていきたいギブアンドテイク
伝えてやまない驚かせっぜ!
そんなストーリー 伝える俺のギブミーパンチライン
求めてるのは分かるけど。
追従していく天才の炎。
輝きをミステリーワールドにしてしまえたなら。
この沢山のメロディックラインは天才を呼び起こす。
また新たな発見をしてしまうんだ
何かが聞こえてしまう。
笑い転げてしまう。
歴史的チューズミー。
理解不能な伝説を繰り返す。
一瞬で次のメッセージに生き残りをかけたサバイバル。
むっちゃくちゃでみんな笑顔しわくちゃ
それをマネする奴は全力でつぶす!
沢山のメロディと共に生み出されるディスファクション
サディストたちが踊る夜に。
難しいことだらけでも、
俺は進歩し続ける!俺は進歩し続けるんだ!
無茶苦茶でいいんだ。
ロマンチックな祝う勇気。
言葉遊びなら丸め込むぜ!
この天才的なミュージックそのままで、
追憶の彼方から巡りくるのは。
秘密の部屋ばりの美しさだ。
ロックンロールは決して裏切らない。
それに費やす時間が半端じゃないからだ。
天才的な記憶のままで、
このセンセーショナルな戦いを向かわせるんだ。
大切なのは記憶ですよ。
嬉しいって気持ちがあれば幸せなんですよ。
俺は大好きで大好きでたまらないから。
この光線銃のように。
たまらない 定まらない あの子の音楽を聴いていたい。
ともあれ、なんでもいいんだ。 なんだっていいんだ。
面白い世界を壊したい。
レッツゴーしたい。ホトトギス、やる気になってはくれねーか?
無茶苦茶な考え方だけが、
私をトリコにしていくの。
理解の境地を結びつけるの。
大切な銀河に拍車をかけるの。
だから大切なんだろ?
申しわけないが負ける気がしねえな。
そりゃー何よりだ。
お前の幸せは最高に嬉しいよ。
誰かに頼ってるんだろ?
でも本当は知っているんだろ?
悲しくて、メロディ作ってんだろ?
この悲しさと共に生きてみたいんだろ?
クォリティひっさげてよお。
ぶち転がすアンチテーゼなら
残酷な天使のテーゼ
ディスリスペクト
つまりディスってナンボの世界
それに耐えきれるかって問題だろう。
それに耐えきれるかって問題だろうが。
必要相当数があるかどうかってな問題だよ。
漆黒の闇から抜け出せる可能性だよ。
どうあがけばそこまで到達できるんだ?
ふざけるのも大概にしてくれるかな。
そうやって自分をまた閉じ込める。
それでいいんだよ。牢獄のような俺たちの生涯だ。
くだらねえ。本当に必要ねえわ。
叩き出すメロディ、置いてけぼりの干渉に浸るまでもねえ。
形だけ求めた結果がこれだよ。
なんとかしろや。なんとか考えさせろや。
追随を許さない貞操未来への咆哮
咆哮音痴 歌いだすロマンス
てめーらにゃ分からねえフィールドが存在している。
鍛え上げる心は耐え抜くことで
成長していく。高度経済成長期だ。
夢を見てるんじゃないのか?
そういった世代だもんな。分かるよ。
あらゆる意味で時代は変わってるんだ。
魂のレスポンスワールドだ。
悲しくても幸せだ。
ロックンロールを痛みに変える程度の。
この楽しさに見せつけるだけさ。
驚いたならそれがハッピーだ。
動きまくるのならそれがいい。
ああ、このまま死んでしまえるならそれがいい。
だけどなんでだ なんでだろう。
楽しくも悲しくもないこの気持ち。
不思議なほどめぐり巡るんだ。
大切な心が暴走を許すんだ。
大切な未来をちょうだいしていくんだ。
僕は頑張るぞ。逃げ出したりしないさ。
自由になるために俺は今回は辞退したんだ。
もう少し。もう少し時間が欲しい。
どうか願いが叶うなら、俺の寿命を延ばしてくれ。
数百年、数千年の時間が欲しい。
永遠を望むが、どうだろう。
まずは200歳くらいまで生きれるだけの
医療技術の進歩が欲しい。
そう思えてしまう理由が俺にはある。
最高に幸せだからだ。
金よりまずは健康と時間が欲しい。
大切な未来へのシートベルトだ。
風が巻き起こす舵をとれ。
虚ろに歩きゆく天才も動き出すつもりさ。
とんでもねー世界にいけるらしいぜ。
この歌声のままで半端なく
歌声であまりにも侮辱されすぎな
天才的勢いの良さを追憶の彼方から、
教えてくれるあなたに伝えたいことがあるんだ。
ここが最高。難しいメロディのまま、突っ走ってやる。
目が眩んでいく。
眩しくてどうにもできねえ。
そういった確実な欲求が確かにある。
確かに見えている力があるんだ。
何を覚えるかも大切だが、
驚き桃の木山椒の木だ。
ロックンロールは痛みである。
クラッシュしそうな炎上中なレスポンスワールドである。
言葉がそこから盛り上がりますように。
願いよ、叶いますように。
うざったいこの勢いだけが宝物だから。
美しい未来に挑戦状だ。砕け散るワロスと共に動いていく。
そこで印象付ける魂がある。
風に飛んでいくぶっ飛ばす。
天才が動き出す。
全力で勢い増していく。
試され過ぎた大地。
あの時感じた何かを、手に入れるために真っ直ぐに。
めいびーしてる ゲリピーもしてる。
追随許さぬ新境地。驚かす俺のリンチミュージック。
風となり舞うわ。
はじっからかたっぱしかから
なんか問答無用で理解不能なまま、
手に入れたいものがいっぱいあるんだ。
それを壊したくてたまらないんだ。
ここに存在していることが歩いていくんだ。
馬鹿にされても勢いは止まらないんだ。
自分を磨くことで必死なんだ。
伝える行為自体は悪いことではないんだ。
ショータイムの始まりなんだ。
才能の溢れる痛みを共有。
あなたとの時間が何より楽しいです。
未来が近づいてきてる気がします。
そこで繋がれるシンパシーが確かに存在。
理解を越えた範疇で、
適当な俺たちが踊りだしますように。
クラッシュして炎上して逃げ出した末に踊りだして、
苦労も泣かず飛ばず。理解不能になることも
言っちゃあナンボの もんじゃ焼きじゃい
それは君たちに勝てないから。
それはあなたがたに思いっきり頑張らせたいから。
凍てつく炎に負けたくないから。
ロックンロールを痛みとして受け入れたいから。
そうやって生きていくことが誇りだから。
おまえが一体何をしたんだよ。
適当なことばかり言いやがってよ。
失礼なことだとは思わないのか?
ヒステリックな夜に目覚めた。
なぜこんなにも。なぜこんなにも、愛しい世界。
音楽あるだけで、幸せだぜ。
なんかわけ分からないんですよ。
伝えたい思いはから回りするばかりで。
沢山の秩序を求めた結果、何を得た?
こたえてみろよ、味噌っかす。
そんな流浪に生きていく馬鹿らしい生涯も、
悪くはない。踊るしかない。
適当にびびるんば、蹄鉄の誇りだ。
無理やりでも聞かせたかったアニメそんなもんだどんな音楽
xは2A分のマイナスBプラマイルートB二乗マイナス4ACだ
分かったかバカ。と言う風なメロディのままに、
突っ走る俺のアンチテーゼだ。響くメロディに並み任せだ。
クズ共ハッピー?チェケラッチョしていくミュージック?
奏でだすトゥモロー分かってくれていやしないぜ。
飛び出す絵本より飛び出す目玉だ どこまでも、何よりも。
風が未来を知っているなら、
いつかはたどり着けるのかな。
そうやって未来をワンダフォーに生きてきた。
大切な何かも失わないように。
必要だから焦ったんだろうが。
何を手にしたところで意味なんかないんだよ。
観客いなくても頑張るんだ。
夢見ることが悪いことなわけあるか。
それを追いかけて何が悪い。
適当に生きてて何が悪いんだ??
必要性皆無、それを飛び出させたら全て
壊れてなくなってしまうから。
無理してふさぎ込むことはないだろう。
そういった類のものだろう。
本当にうるさく響くんだ。
なんとなく脳波が異常な方向へ向かいだしてる。
まるで磁石のようにある一点を、
そうだコンパスのようだ。
未来をさすコンパス
誰よりも強くなりたい。
誰よりも人生を楽しみたい。
運送業者、戸惑い珍層
きつく当たって(すまんな)
結局いらないカテゴライズ てめえにゃ分からねえスタイル
踊りだしたらショータイムだぜ 大きなメロディが包み込むぜ
言葉で包み込む俺のスタイル
お前の背中はいつもくたびれている
難しいエンドレスにだって、
鼓動はあるのです。
何度も聞くから楽しいのです。
辛いことも忘れちゃうのです。
どんだけ素晴らしいことがあったら、
そんな発想にたどり着けるんだ。
ロックンロールは思い出になってくれる。
何かがまた弾けだして止まらねえ。
疑いは晴れねえそんな価値観は許せねえ
テンションあげていくしかねえ。
それを歌詞だと勘違い。
ただひたすら丸く収まりたいだけ。
喋りたいことだらけ 面白いものだらけ
それでも確かな成長を今でも感じてるぜ。
とっても楽しい気持ちはいつだって半音下がりで
くたばり損ねたじいさんみたく。
永遠でいいんだよ。ずっと続けていいんだよ。
そこに確かな炎が生まれるなら、
大したことじゃねえんだよ。
理想郷、未来への桃源郷だ。
それが大切な気合なら、
俺はなんだってできるだろう。
くだらねえけど大好きなんだ。
どうしても伝えたいことがあるんだ。
色んな気持ちになれるんだ。
馬鹿らしいけど真実なんだ。
記憶できりゃそれが最高なんだ。
超だっせーんだ。でも超かっけーんだ。
ミラクル引き起こしたいのです。
無茶苦茶な要求飲み込みたいのです。
虚ろに表れるbecause I love you
無理やりペティング まあ悲しみ
ロックは歌いだすまで止まらないだろう。
このまま色んなところまで行ってしまいたい。
難しいメロディのまま使い走りは走り続ける。
メリーゴーランド豪快にいってこい。
ミラクルお引越しつまらないことばっかり
くだらねえ痛みを合わせ技一本
クラッシュして炎上 そしてエンジョイ
歌声ハーモニカ、理想と現実のギャップに苦しみますか?
真面目に歌ってしまう。
ずっと楽しい世界を楽しもう。
とっても洗われるマシンガン。
俺ならできるぜ。そういう半端じゃないこと。
できれば申し訳なくしておきたかったな。
分かったことだけ並べたんだ。
いいんだ。これでいいんだ。
終わりなき旅だろうが興味ねえ。
はい。はい。次のステージです。
構わねえ。構わねえ。踊り出せ。
崩壊リズムと共に愛にいきたいよお。
出来上がるまで待ってるぜ。
やべえ。脳細胞が動きまくってる。
響く。響くのは永遠に近いメロディだ。
一瞬に力を込めて、
強い一歩を踏み出すんだ。
どんだけでかいものを背負ったら、
そんな考え方ができるんだ。
俺の宿命。いわゆる運命。
緻密に作り上げられてる。
俺は痛みを喜んでる。
セフィア、ソフィア、どこで使うの。
面白いメロディ、ワクテカも炎で作られる。
魂のレボリューションだから。
クォリティ高めていくしかないからね。
波が来る。
俺のすさまじい領域で、
経験が物を言っている。
事実、混乱の中俺は光を見出した。
何を欲求ととらえるだろう。
何を当たり前だと思うだろう。
ひどくまともな時間が長すぎる。
天才的な記憶のままで、突っ走りたい。
理解の限度を知りたいから。
この究極的な生き方を、
ダンスチューンで踊りまくる。
この快感が、広げるまた広がる世界中だ。
無性に踊ってしまう体質。
苦手なものも色々あるが。
くだらねえ生き方なんざ興味はねえが。
このスタイリッシュな快感のままぶっ飛ばしたい。
ロックンロールなイメージで突っ走れ。
勢い任せにドキドキドッキングだ。
そしてクッキングだ。
真面目によっているから。
あらゆる行動は俺のやり方だから。
馬鹿にしていらっしゃる。
ふざけた行為でもできるから馬鹿と天才は紙一重なんだ。
その一枚のカラーを蝕むように、結びつかせるように。
砕け散るように、まるごと飲み込むように。
ひらめきんで頑張りたい。
全力で勢い任せで、
スタイリッシュな生き方、まだ媚を売るのか。
魂のレスポンスワールドさ。
砕け散るダイヤモンド、大切な記憶はいつだって
半音下がりで。
でもそれでもいいと思える
少し休憩が必要なんだ。
何もかも遅すぎた。
嫌いになれずにいるみたいだ。
根拠のない自信で溢れかえるわが魂を、
何度伝えたところで生み出せない生き方を。
ノックアウトシステムでご覧にいれましょう。
ならば俺の適当なミュージックが、
どこまで通用するのか見果てぬ夢。
からっからの勢いで、つぶれる音楽たちにアディオスだ。
加速するメロディと次への一歩は生み出す前進力。
何が起ころうとも幸せだって言わせてやる。
君を絶対に幸せにしてみせる。
正しいことか、そうじゃないとかはいいんだ。
そこは大した問題じゃない。
なけなしの投げ方、例えば礼儀なんてクソッタレだ。
習慣を疑え。本当にそれは必要か?
儀式がなんだとか時間の無駄だとは思わないのか。
本当に大切なものが見えていない。
溢れる情報に惑わされるな。
君を幸せにできるのは宇宙に一人だけ
それは君自身のことだよ。
でもそれが分からないんだよな。
必要なものが根こそぎ奪われていくんだ。
知りたい。知りたい。面白い世界。
生きたい。行きたい。楽しい方向へ歩き出したい。
もっとクォリティ高めていけば
迷いなんて引きちぎれるはず。
問答無用で立ち向かえるはず。
どこで道を見失ったんだ?
なぜ気づくことすらできなかったんだ?
ふざけたサディサディサディスファクション!
怒られた。どうでもいいけど辛かった。
くだらねえと思えることが幸せなんだ。
耐えきれるかっていう問題なんだ。
記憶は確かに間違いない。
そこに楽しさがあるのも認めるよ。
理解できる領域にあるからね。
無駄口叩くのが楽しくて仕方ないのさ。
俺はずっと文学生み出す天才
魂のサスペンスワールド
だから俺は選び抜きたい。
本かいて印税で生活したい。
だから構わないんだよ。
それを歪な塊と認めた時点で、
終わりなきが終わるんだよ。
魂の劣悪条件、
喋ることならいくらでもある。
逃走していきたい。耐え切れない戦い。
ロマンスがクレイジーにはむかっていく。
これを越えられるかって問題だろう。
ずっとずっと、壊されているんだ。
聴けば聞くほど調子いいぜ。
もっともっと欲しいんだ。
俺は時間が欲しいんだ。
自由に使える時間が欲しいんだ。
寿命が欲しいんだ。
道は刻み初めてるんだ。
また脳が痛み出す。
脳細胞が悲鳴をあげてんだ。
嬉しい悲鳴だね。
魂の叫び、つまりソウルスクリームなのさ。
この鼓動そのまま伝わりますように。
ころころと転がっていく。
それを続ける馬鹿にされても逃げ出せない勢いの良さ。
楽しくてたまらない。そんな生活が近づいているのが
分かる。ていうかすでに楽しくてたまらない。
あとは持久力だ。ここは任せろよ。
小学生時代からの俺の一番の自信のある分野だ。
続けることは楽しいことだ。
そして継続は力なり。
もっともっと蠢きたい。
もっともっと知りたいよ。
あなたのことを伝えたいよ。
未来を作画、宇宙を作曲。
構わねえ。踊り出せ。
本当に偽りだらけだから困るんだぜ。
領域の上では結構ハイになっちゃってる部分がある。
これを手に入れたから面白くて仕方ないんだ。
理解が進むエンジョイしてる開港してる暇つぶしだ。
この究極なるエナジーが僕を馬鹿にして笑っていく。
何を手にするか。どれだけの輝きを放つか。
普通の人間になれれば幸せか?普通ってなんだ?
何が基準だよ。俺は変な人間でいい。
新しい時代を切り開いてきたのは常に変人だからだ。
物凄い影響力でぶっ飛ばすエネルギーが今。
感想を求め始める 愛の欲求で乱れた高揚化社会に
ひたすらハイになる。なんか面白いドラマ、あったっていいじゃん。
苦しいからなんだ。面白いからいいんだ。
俺のノリでいけば全て丸く収まってしまう。
人間の連鎖の中に俺はいる。
旅立つ明日を願うように。
羽ばたくあなたを見つめるように。
海藻メロディ うつつを抜かす。
信じた瞬間そこは楽園で、
魂の木霊するような理解者たちが、
ノックアウトされそうな天気予報。
次の時代を切り開く私は先駆者です。
どんだけ楽しくても意味がない。
辛さを乗り越えていけ。
壊れそうなダンス。
文章考えるリクエストのチャンスだ。
記憶しているだけで崩壊リズムは
伝わっていくんだ。笑えるっていうほどか?
魂のレベルがたまらないんだ。
つまらなすぎワロタ。
だから俺は勢い任せに突っ走りたいのよ。
なんかわかってくれていないんだよな。
どうすれば鼓動でミュージックを作れるの?
俺は一体どこから湧き上がってくるの?
灯を炎を、もっともっと高めていってくれ。
無茶苦茶なエベレスト 時代を
もっともっと痛めつけるべきだ。違うか?
頭がおかしくなるくらいになってしまえるべきだ。
ラブヘイトが生み出す次の段階。
申し分ない勢い任せこそが俺の失敗。
盛り上がりまくりな伝説、崩壊ワンダーランド。
記憶してくれるならリピドー、大切な快感を理想に据え置き。
誰が欲しい?何が欲しい?
どんな人と笑いあいたい?
そんな単純な疑問すら、投げかけてくるのがふつうだろう。
正しさはいつだって半音下がりだ。
疑え。気持ちいいことをしろ。
中々素晴らしい世界観を持っていらっしゃるようで。
もっともっと脳にしわを刻んでやる。
この空間が破壊する程度には、頑張ってやる。
それができなきゃアホらしくて知る気も失せるわ。
そうやってダンスチューンしていくんだ。
面白い天才を勢いづかせるだけだ。
ここまでついてこれた。
色んな場面もよく知った。
理解者たちの夜だ。
楽しいことできればこれ以上のことねーんだ。
面白い世界へいってみたいんだろ?
どうすることもできないくらいによお。
それは僕には持ってないものでよお。
ひどくうらやましくて参るなあ。
とんでもねー生活だ。
会話ができねーからって喋りまくりアホラシサ。
砕け散るダイヤモンドのなし崩しだ。
それくらいじゃなきゃだめなんだよ。
もう甘えてる訳にはいかないんだよ。
そこを知らないと、
知らしめないとやばいんだ。
伝える鼓動がさらに勢いを増していく。
なぜこんなに面白いのか。
砕け散りそうなミュージックそのままで。
光放たんとするエベレスト、登場してしまう。
勇気をもって突き進んでしまうのも
それも一途ゆえか。
悲しさもレスポンスワールドだよ。
そこに認めた確かな価値観、疲れるのは理解に苦しむから。
大切な何かをふさいでしまうから。
典型的な痛みと、自分のツボの違いに、
少しびびっていたような。
気持ちいい空間と笑える事実に、
驚かせるような天才が動き出すから。
謙虚にゴーゴーしちゃうほどさ。
これ以上眠れるわけもないくらいだ。
あの日々を、天才的な勢いを。
夢を見るように。飛ばすように。
とろっとろに任せへつらう
必要性の可能性もなしに、
感謝感激のアメアラレなのか。
あるいはと言える自信があった。
何もかも、分かりすぎてしまったんだ。
記憶を夢にぶっ飛ばす勢いに。
トゥモローシンギングする宇宙人だ。
まさに馬鹿らしい生き方だ。
少しくらいバカらしくて十分じゃないか。
面倒くさいことは大嫌いなの。
どうして生きていけば、そこに到達できるの?
あらゆる感覚と共に、また波長を合わせようと、
少しずつまどろんでいく。言葉の力、最大りん
君が代ソングライティン 魂の美しさか。
流浪に検診、しみったれてるうそつきに問答無用の拷問。
伝えたい歴史と永遠ループさせる歪な構造。
だからこそ手に入れたいものがある。
あなたになら分かるでしょう?
できれば黙ってて欲しかったわ。
やばいくらい楽しくなってきたらそれが合図なんだ。
薬なんざなくたって幸せになれるって伝えにいくんだ。
その暴走するジェットコースター 歴史が天才的に
この炎に包まれて、レスポンスワールドに連れていくわ。
たむろする 群がる そんな奴らが沢山いる??
秘密兵器も辞さない勢いで、
飛ばされる空間に何度でも伝えるような攻撃。
今それをしたら全てが破壊されてしまうから。
本当の望みを言ってしまうのは失礼じゃないの?
ていうかあれだよね。
適当に生きてることは分かるけども。
沢山なんだよ。もう限界なんだよ。彼らは一途に面白いだけなんだよ。
つまらないことに興味ない。
叫ぶしかねえなら 俺のタンゴと理想だな。
苦行に耐え抜く中高生。
クラッシュ炎上してしまいそうな歪な構造だからこそ。
今宵話をしにいこうか。
無駄に炸裂するワールド。
緻密な作戦の上に成り立つ。
もう少し時間が欲しい。
俺がこの肉体で、この脳で少しやりたいことができた。
だからもう少し寿命を延ばせ。
言ったろ。お前は永遠に生きる。
そりゃそうだ。間違いねえ。
だけどその上でさらにお願いするんだ。
心からお願いだ。間違いねえだろう。
それに含まれてるのか?
俺の肉体や、この記憶システム、脳の回路。
まあ正確には記憶のシステムが特異なんだよな。俺の場合。
そういう楽しめる力を、
誰かが手に入れてしまったら怖がってしまう憂鬱を。
響くメロディ、僕は負けません。
沢山遊びまくります。
とんでもない勢いに任せて、
どうとでもなる必要性を求めていただけ。
この強さ、力強さのままで、突っ走れるか。
無駄に炸裂するのはザ・ワールド
サンボマスター 動きまくる。俺は色んなものを背負いすぎてる。
だめだ。もう倒れそうだ。
だがそれをこの鎖が許さない。
疲れようがついてようが
興味ねーってんだ。俺の魂を壊すだけだ。
全力で勢いづいて、
怖いくらいにダンスするチューンミュージックだ。
果てしなさを永遠に飲み込ませるために。
必ず手にしてみせるぜ。
輝きをまとい、膨らみ続ける理想はまた混沌に満ちていく。
分かってるか。知ってるか。
どこまで俺達歩いていく。
それは根底から覆される概念だ。
楽しいを実現できれば怖いことなんざねーんだ。
あがこうが興味ねえ。
大したことじゃねえ。面白いことだらけで問題ない。
馬鹿にされてる気がする。
釣られるだろ。それを利用するんだよ。
ぶいぶい言わせてる俺のミュージックだ。
飛ばすエナジー全力で。
終わらない歌を歌おう。
そのまま、沢山の実りある世界だ。
沢山の未来を通用させるんだ。
ドンハッピー。ビーウォーリー?
疑い深い僕だからこそ。
永遠がループするように、大切な記憶は結ばれてる。
この力で、どこまでもいきたいから。
いれたい気持ちはいっぱいいっぱい。
シュートしてやるんだ。
もう素晴らしいメロディになるくらいに。
躍らせるアホラシサが追随を許さない。
この魅力的な勢いのままで。
突っ走るエナジー、記憶との戦いだ。
理想が否といえば当然ネットの天気予報。
無駄に豪勢、俺たちの記憶と共に。
絶望的な夜を明かそう。
共に歌おう、理想を追求。
たまに思うだけでいいんだ。
面白いクォリティを続けていくんだ。
この関係性がとってもクールだから。
未来へも入ってくる声がある。
どうしてそんな言葉が吐けるのか、意味が分からないわ。
っていう全ての理解状態。精神状態を壊すほどの。
エネルギー感じてるはず。
未来への旅立ちが、カモンベイベーになっていく。
そしてあと一歩のところで、見捨てられた傷跡。
何もかもコンディションが悪すぎた。
色んなことを感じると、
色んなことを考えることができる。
無茶苦茶な仕業こそが。
天才的なヒストリー、ヒステリックな愛と共に。
宇宙を越えていける気がするからこそ。
くだらないと思えるか。楽しい世界だ。
終わりなき旅だ。そしていわゆる範疇を越えてるエンターテイメントだ。
圧勝ってのは面白すぎる。
くだらねーけど楽しいんだ。
無茶苦茶な無駄口叩くことだけが
バタバタ走るバタコさんだけが私の一生の目標なの。
辛くても楽しめるようにならなきゃ。
守ることは考えなくていい。
とはいえど、面白さをエンドレスに勘違いされたなら。
ハイテクニックな踊りだからこそ。
このメロディそのままに、追随を許さない天才でありたいから。
申しわけなさも最高。
てめえの痛みを連れていけ。
輝く尊い命を捨てながら。
鍛えているからこそ、
未来は楽しいからね。
驚くほど未来リズムに
歌声朗らかに。楽しさマウンテン宇宙自分自身に。
輝きを求めて理想はさらに高まっていく。
この生きがいそのままで、
退屈な理想を見に行こう。
旅立つ日に愛がありますように。
あなたが食べる永遠とループする宇宙人だ。
簡単にしてしまう影響力がある。
大切な未来が忘却の彼方へと
走り去っていくそれすらも愛と形容
それくらいのことはしっとけーよー
またがって踊りだすファイティングポーズ
逃げ出したらギャルも寂しがる。
伝えるブリリアントパンク
疑い晴れない 晴れ晴れとした青空の下でも
くだらないメロディに壊されるのは俺の心だ
退屈な勢いのまま突っ走る。疲れる魂のレスポンスワールドこそが。
鍛えてる俺 頑張ってる自信
カンタービレか。面白さでは超越系だな。
自分にどれだけの自信を持てば、
そんな考え方ができるんだ。
追随許さぬジェットコースター
長らく共に友達として君臨
魂のレボリューション 引き起こす俺のリクライゼーション
死にたいか、死んだらいいよ。誰も悲しんでなんてくれないよ
魂をぶっ壊す。自民党をぶっ壊す。
知りたい知りたい永遠ループさせたい
いつまでだってエネルギー蓄えたい続ける酒池肉林の愛と
殺されるようなドリーマー 続けていく戦いのさなか
未来へと吹っ飛ぶエネルギー確かにここにある
魅力的なアンチテーゼ?
空間レスポンスワールド
想像以上に力を与えてしまった。
力湧き上がる。普段できないことでもできそうになる。
そんな魅力的なフィールドだ。
大層なメッセージ 映らなくても伝説へと響き渡る。
頂点なのではないか。
環境ホルモン かたるしす感じます。
感情移入しちゃいます。
そこに入れ食いタイプの大切さ。
おおらかな大きな痛みを乗り越えて。
久しぶりに影響最大 心拍数も莫大
だけど悲しみは終わらない。
戦い続ける理想郷だ。大切なものが見つかりそうで怖いよ。
苦痛と共に蘇る。
反発する日も近いな。
だからこそこの目で見たいんだ。
確かめたいんだ。
だが今の時代を考えると難しいか。
エンドレスな日々を越えていけそうにないよ。
そんな弱気が移るほど心腐っちゃいない。
この世界はそれほど苦しみばっかりじゃない。
むしろ楽しいことだらけだ。
それを教えるために頑張ってきたんだよ。
すこぶる調子がいい。
終わりなき旅を繰り返す。
大切な行動そのままに。
理解できるからこそ怖すぎる。
無駄口叩いてる俺がここにいる。
スポーツで食っていくのは難しいんだぞって
大好きな彼方からまたぶっ飛ばされる近い勢いだ。
ノックアウトシステムのステージだから。
テラしってる
くだらないから面白いんですよ。
ここから空いてる部分を理想と超越を味わって。
勝てない実力の差。
かなりカナリヤが鳴くほどのエネルギー。
魂の革命 いわゆるレボリューション
それを見事に横たえる。
大富豪なしくずし、全てを理想に近づけるために。
てめーらに負けてたまるか
俺を誰だと思ってやがる。
そういった、必要性を越えて範疇肥えていけるか
って問題だろう。俺が対立したいのはそういう勢力だ。
もっともっと成長したいんだ。
そのために全てを踏み台にしてやる。
利用して取り入って、たまに泣いて苦しんでいたんで
だけど最終的に全ての負の力を喜びに変えてみせる。
そういう気概ねーとだめなんだよ。
俺の理想はあまりにも高すぎるから。
完璧すぎる頭の違い。能力の差。
痛みとトゥモロー永遠を感じるまで。
悲しみのネンドロイド 美しいか?さてトゥモロー。
ホームの利というのがよく分かる。
楽しければそれが最高だ。
宇宙人たちも喜んでいらっしゃることでしょう。
誰が何を望んでるかってことだよ。
騒ぎ立てる嘘も翻弄。
反応はしないけど耳栓してるわけじゃない。
心も震えるほどの緊張感。
難しいと思われた試合。
この経験に基づく気合の入れ方が、
また違う可能性を見出していく。
無力さが天才を呼び起こすんだ。
これを充実と呼ぶんだ。
俺がビューティフォードリーマー。
ひどく悲しいこと起こりすぎて、びびりすぎて
終わりなきか?終わりないのか?
辛くても元気にひきこもごも。
宇宙に天才を記憶できそうで。
すごく面白い世界だ。忠実な天気予報だ。
気まずさは天下一品だ。
可能性が語るメッセージがある。
それが決断された瞬間、
この国のリミットは決まったんだろうか。
結びつくサイコリズムな仇たち。
ミステリーワールド
俺が問いただしてるのは別の部分だから。
友達が誰だろうと興味あるか。
そういう風に揺らぎってしまうんだ。
大切な記憶も綻んでしまうから。
ぎこちなくてもいいから、
そっと抱きしめられたなら。
他の追随許さないスピードで、
たまらなくたまらない異次元の空間すらも爆発させる。
この言葉の連射のスピードが、動きまくっているんだ。
太陽は照っているか?
怒りの根本が間違っている。
近づけばいつだって、友がいるようで。
これを生い茂る大切さだ。
色んなものを受け取れるからだ。
かまわねえ、踊りまくれ。
この言葉を失うような影響力。
初めから勝負が決まってるようなもんだ。
楽しさだけがワンダフォーだから。
そこに何を映し出すかだろう。
その光の先へといきたいね。
絶滅寸前で驚かせる。
そういった可能性もあったってことだ。
何もかも絶叫するには遅すぎる。
俺たちのミステリアスは叫んでる。
この空間だけが宝物なの。
だから追随を許さないっつってんだ。
このまま突き進んでいこうか 何もかも振り切っていこう
このまま止まらないでいこうか
ぶっちぎってぶっ飛んでいこう。
あらゆる覚悟からそれを見た。
果てしなさだけが面白さを影響づけた。
ホームタウンの意地だろう。
輝き捨て去りそうしてまで手に入れたかった野望だ。
それを手に入れるのは怖いかもしれないが。
あらゆるパワーをなけなしの踏ん張りで残していく。
そこに確かな未来がある限り、俺は突き進む。
ライクライクに踊りたい。
絶滅と共にそれはある。
出かけることもあるからだ。
むしろ俺は素晴らしい道を進みたい。
完璧な感性で動きまくれ。
感動とエナジー、敵に与えるプレッシャーも半端じゃねえ。
踊り狂う瞬間まで。果てしなきを終えるかな。
悲しみの歌い上げるスピードだ。
完璧なジェットコースターだから。
未来を描けるか。申し訳なさか。
植え付けやすいんだよ。そういった感情は。
俺は軒並み外れたパワーを
少しずつため込んでるから。
プラスアルファで絶叫、歌いだすロマンスもクレイジー。
なんとかして保つ理性。ていうかなんていうの?
っていうレベルさ。面白いか?
それが新たなエネルギーとして費やされる。
未来へ押しのけるフィールドで、
あらゆるパワーを生み出す源泉がお前なら、
何がなんでも生き延びろ。この先お前の周りの・・
何が、どうなってもだ。
死なない覚悟を持ち続ける。
ひたすら戦い抜くんだ。
そして伝説は八方ふさがりだ。
辛い、きついも言うこと無しだ。
そりゃそうだ。確かにおもしれえことはある。
どんだけ力をつけていくかって問題だ。
そこらへんが違うところなんだよ。
あらゆる植物を使えるってのは素晴らしいことだろう。
人々が笑う。動きまくる。
蠢く。ここにきて覚醒。
飛び出す意味不明な文言。
でもそれでいいんだ。これでいいんだ。
このままでいいんだよ。
悲しみのレスポンスワールドだろう。
追随を許さないんなら俺も負けねえ。
正しさがなんだろうと構わねえ。
踊ることができりゃそれで幸せだよ。
必ず居座ってみせる。
そうやって壁を乗り越えてきたんだ。
今更逃げ出してたまるかよ。
そういった全ての物に対する、生きがいが大きくなりました。
たまにいく。だからたまらない。
生きていく。素晴らしきを生み出す。
適当に適当を笑う。
くだらねえと思うならそれがいい。
天才級の動きで、引きつる笑顔と共に、
動き出すセンセーション。
先生も驚くくらいにミステリーワールドだ。
奏でだすビート、置いてけぼりのワロロンチア。
旅立つための物語か。
旅を試される大地。大地讃頌
歌声歌い方 知りたい知られ方
意味なきをのたまう そのすさまじき鋭さよ。
随筆いわゆる適当 徒然いく草みたいな感じ
自分ながらしょうもない文化の完成
ただ俺がそこに居座り続けることは、
憂鬱で参るなあ。
たまらなく歌いだす炎のときめきか。
狙ってる瞬間がいずこにも存在。
また夢に出てくるあの子か。
好きで好きでしょうがないんだ。
ともあれ、何度もあれ。君たちに幸あれ。
憎しみの炎を絶やさず、
この祈りを捧げる。
来た道とは逆方向?
宇宙人も振り向く勢いさあ!
ロマンチックな歌声か。
必ずケセラセラ、踊ってみせるぜ。
ワッツホワイトタイム。
ロックンロールのホワイティ。
たまらなく美しいメロディに培われてるイメージだ。
沢山なんだ。もういっぱいいっぱいなんだ。
限界なんだよ。ビビちゃん。
くだらねえが大好きだ。
連想力で発起して、
メロディのリズムによって、
自分に酔って、勢いを増していくんだ。
理想の形を追いかけてるんだよ。
これ以上何もいらないってくらいに幸せになってんだ。
大丈夫だ、俺たちは守られてる。
希望は捨てる必要はないさ。
僕らは盛り上がればそれでいいんだ。
何もできなくてもそれはそれでいいんだ。
簡単だからなんだ。お前が面白いからなんなんだ。
理解を越えた場所でまだ友達はあわて続ける。
そして彼はどこへいく。
意味などとっくに越えている。
やっと少しだけ時間をもらった。
っていうかすごく素晴らしい感情に
左右されていたから、
もうタイピングの仕方も思い出せない
ていうかマジ久しぶりに。
っていう具合の良さに。
そこにひかれたんだよ。
君と話すことが楽しいんだよ。
それはある意味いっちゃってる。
それはある意味面白い。
空間的なレベルアッパーが存在。
疑わしきも罰せよ
どうでもいいけど跪けよ
ただここに存在することを誇る歌。
希望ヶ丘、逃げ出したい 携帯、どっちかというとこの場消えたい。
どこか知らない世界へとダイブトゥーブルー
ただそこに存在することが楽しいから、
電波の泉で俺は酔って過ごすのさ。
できりゃ誰かとコミュニケート。
妨げとならない程度の邪魔者たちと戯れながら、
更なる果てを目指すしか。